以前の作品との差別化を図ったSylvaSylvarumの特徴は何でしたか?

以前の作品との差別化を図ったSylvaSylvarumの特徴は何でしたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Sylva Sylvarum(1627)は、最初の「博物学に関する論文」として認められています。その日のために、それを最も完全な仕事と見なす人もいます。

しかし、早くも70ADには、プリニウスの博物学に関する作品など、他の作品が存在していました。

なぜF.ベーコンの現代はそのようなランドマークだったのですか?彼はまったく異なるコミュニケーションのスタイルを導入しましたか?


スミスの入り江のコンクリート壁の解釈。

エピソードはスミスズコーブで始まります。そこでは、乗組員が前のエピソードの終わりに発見された神秘的なコンクリートの壁を調べます。こてで軽く掘った後、レアードニヴェンは、壁の土台から突き出ている2本のゴム製のパイプを発見しました。これは、この構造が19世紀または20世紀の捜索者によって作られたことを示しています。

その日の午後、乗組員は戦争室に集まります。奇妙な新しい発見について話し合った後、マーティ・ラジーナは、おそらくコンクリートの壁はゴム製のパイプよりもはるかに古いものであり、以前の検索者は構造をドリルで貫通し、発見後にパイプを挿入したと示唆しています。次に、コンクリートの壁の隣にある船台に話しかけます。ゲイリー・ドレイトンは、スリップウェイがオリジナルの作品を構成し、オリジナルのマネーピットに導くのに役立つという彼の信念を表明しています。

スミスの入り江の滑走路の解釈。

その後、リック・ラジーナとデイブ・ブランケンシップがダン・ブランケンシップの家を訪れます。そこで、彼らは年配のトレジャーハンターに新しい発見を知らせ、彼にそれが何であるかについて何か手がかりがあるかどうか尋ねます。ダンは、ロバート・レストールが1960年代の宝探し中にそのようなものを建てたことは一度もなかったので、壁は1950年以前に建てられたに違いないと説明します。彼は続けて、コンクリートの壁の周りに建設された、または新しい船台を建設した人がいる可能性があるため、隣接する船台の炭素年代測定による木材があることを示唆しています。

次に、乗組員はIrving EquipmentLtd。がH8で作業しているMoneyPitで会合します。請負業者は、ハンマーグラブで底に移動した材料を掘削する前に、発振器を使用してH8ケーソンを数フィート持ち上げます。 168フィートの深さから来る最初のハンマーグラブの負荷は、古い木の破片を生み出します。これは、クレイグテスターがチャペルボールトの一部であると示唆しています。

ざっと調べた後、H8の戦利品は洗面台に置かれ、ジャック・ベグリーとチャールズ・バークハウスによって手動で検査されます。ジャック・ベグリーは、さらにいくつかの木片を見つけた後、黒くなった羊皮紙の破片のように見えるものをいくつか発見しました。その後、彼は紙に似た繊細な白い材料の切れ端を発見しました。

その日遅く、クレイグテスターとジャックベグリーはオークアイランドリサーチセンターでダグクローウェルとポールトラウトマンと会います。そこで彼らは、H8スポイルで発見された新しい材料をデジタル顕微鏡で調べます。黒いスクラップの1つは革のようです。羊皮紙と思われる別の素材には、黄色と赤のペンキまたはインクでマーキングがあります。ダグ・クロウェルは、色が装飾写本の様式化されたイニシャル、またはドロップキャップからのものである可能性があることを示唆しています。乗組員は、専門家に着色顔料または染料を分析してもらう必要があることに同意します。

その後、オークアイランドの乗組員はマネーピットエリアでランドールサリバンと会います。ラギナ兄弟とサリバンは戦争室に歩いて行き、そこで作家はトレジャーハンターに彼の新しい本の最初のコピーを提示します オークアイランドの呪い:世界最長のトレジャーハントの物語。サリバンは、彼の本が「オークアイランドの最も権威があり、面白い歴史」であるという彼の信念を表明しています。彼は、彼の研究により、マネーピットの発見の人気のある伝説が正確であり、フランシスベーコンがオーク島の謎の背後にいる男であるという理論に部分的であると信じるようになったと主張しています。その後、彼はフランシスベーコンの博物学の本からの一節を見つけます Sylva Sylvarum これは、最高水位標の上から海面下まで「海の岸に穴を掘る」ように読者に指示します。


Jamesgray2

数年前、1990年代初頭、著名な司書から「ベーコンが5つになるまで待ってからカタログを印刷しますか?」と尋ねられました。他の人?

でも、本当に何かあると思ったので、それに応えてベーコンの短いカタログを作りました!

今、私は新しい一連のカタログFascicule VIIを書いているので、ベーコンを含めるべきだと思いますか?当然のことながら、答えはなぜ私がそうしないのかということです。ええと、実際、私はベーコンのタイトルが入っていないカタログをたくさん持っていますが、ほとんどの場合 一般、バリア、新着 また 棚リスト ベーコンは常に1つか2つありましたが、それには正当な理由があります。フランシス・ベーコンの作品は、どの英語の執筆よりも、近世イギリスの精神を体現しています。

694Gベーコン、フランシス。 1561-1626

フランシス・ローのエッセイまたはカウンセル、ciuillおよびmorall。ヴェルラム、子爵セントアルバン

ロンドン:Iohn Hauilandによって印刷され、R。Allotによって販売されています(1629年)。

$3,500
Quarto、7 X6インチ。これは、&#8220の良い色とeuillの色を含む初版です&#8221は、分割されたタイトルページの登録が継続しています。一部のコピーはこれなしで発行された可能性がありますが、現在のコピーにはそれがあります。 A- 2V 2X(a)2Y-3C。元のリンプベラムにバインドされており、(ネクタイがない)最近再ケースされ、少ししわくちゃになっていますが、初期の四つ折り版の非常に大きく、きれいで洗練されていないコピーです

「[ベーコンの]エッセイは、彼の政治的および社会的観察の成果であり、1597年に最初に出版され、1612年に拡大され、1625年に再び拡大されました。この1629年版には、58のエッセイがすべて含まれています。
&#8220ベーコンの文学の中で、彼の哲学的および専門的な作品とは異なり、最も人気があり重要なのは、ベーコンのすべての作品の中で最も独創的なエッセイであり、詳細には、彼が最も完全に考え出したようです。本やありふれたコレクションは別として、彼自身のために。この版は確かに引用とイラストでいっぱいです、しかしそれらは彼自身の問題によって提案されて、それを示唆しません。エッセイはモンテーニュのより大きなコレクションと同じタイトルを持っていますが、刺激的な興味のまれな力と両方に感銘を受けた紛れもない天才のマークを除いて、2つの作品にはほとんど共通点がありません。&#8221(DNB)彼の長いヨーロッパの心の知的習慣を改革する試みは、1605年のThe Advancement of Learningの出版から始まりました。これは、知識の成長を阻害する不採算のスコラ学と、男性を無知に保つのに役立つ精神的偏見を攻撃しました。とりわけ、彼は自然界の運営についての貧しく混乱した知識の状態を嘆きました。 1608年頃に始まり、1620年に出版されたNovum Organumは、自然界と物事の原因の体系的な研究を求め、最も信頼できる調査手段として帰納法を提案しました。ベーコンは、

この本の実験方法は、1623年にDe Augmentisで開発されました。1,000回の実験の提案であるSylvaSylvarumは、1617年頃に書かれたユートピアの断片であるNew Atlantisとともに、1627年に死後に出版されました。科学研究のための大学。彼の生涯で多くの人気を博した短い本は、1609年のDe Sapientia Veterum(1619年のThe Wisdom of the Ancientsとして翻訳された)であり、ギリシャ人の神話が物理世界に関する知識の説明としてコード化されていることを実証しようとしました。 (17世紀から引用、Graham Perry著、264〜265ページ。)

STC1149ギブソン15プフォルツハイマー31。

179Fベーコン、フランシス。 1561-1626

Sr Francis Baconの2冊の本、学問の進歩と進歩、神とHvmane。王様へ。

オックスフォード:I.L。による印刷Vniversityへのプリンター、Thomas Huggins、1633 $ 1,750

Quarto、6.75 x4.8インチ。第3版。 A-Z4、Aa-Tt4。

このコピーは完全な19世紀の羊にバインドされています。
「ベーコン[&#8230]は、彼の哲学、つまり彼が長い間考えていた男性の教育のための計画に取り組むことにしました。ベーコンは今本格的に計画を立て、計画を紙に書き留めて、この最初の本を「学習の進歩」と呼びました。 [&#8230]ベーコンは予備的な簡単な声明を書きました。[&#8230]「自然の解釈、または人間の王国。」ベーコンにとっての自然は人間の真の王国であり、何世紀にもわたって探していた教会員によって無視されていました。天国の王国、または彼らと彼らの感覚の証拠について世界を軽蔑した学者によって。しかし、この新しい自然の王国を達成するために、男性は探検の新鮮な地図を描かなければなりません。 「推測したり神聖にしたりしないことを熱望する人々」とベーコンは書いた。フランシス・ベーコン男の気性、カサリン・ドリンカー・ボーエン、105ページ)

STC 1166、F、HN、HD、ILL、PML、+。ギブソン83

213Fベーコン、フランシス。 1561-1626

ヴェルラム男爵の最も著名で有名なフランシス・ベーコン男爵とイギリスの大法官によってラテン語で書かれた、学習の進歩と熟練度または科学の分割について。ギルバート・ワッツによる通訳。

オックスフォード:レオンによって印刷された:リッチフィールド、大学へのプリンター、ロブ:ヤング、&ampエド:フォレスト、1640 [1640年の奥付] $ 2,800

小さなフォリオ、260 x175mm。この作品の英語での最初の完全版。 ¶4、¶¶2、¶¶¶1、A2、B-C4、aa-gg4、hh2、†4、††2、†1、A-Z4、Aa-Zz4、Aaa-Qqq4、Rrr2。完了。

「そして、タイトルページ[このコピーにある刻まれたタイトルページ]でさえ、今や明らかになり、この図を発表します。ヘラクレスの柱は、黙示録的な探検の船が通過する世界の神殿も表しています。 1つは、ソロモンの神殿の前で2本の柱を通過します。したがって、偉大なインスタレーションのモットーに加えて、ウルトラ、および学問の進歩におけるダニエルの予言について議論するとき、ベーコンは次のように述べています。私たちと私たちの父親の時代まで、世界には決して光が通っていませんでした。」彫刻家のトーマス・セシル[1620年版の画像を彫刻しました。ここの彫刻家は、セシルがこの素晴らしい建物をソロモンの神殿と見なした後のW.マーシャルです。」 (Francis Bacon and Modernity、Charles Whitney、33ページから引用)ベーコンの刻まれた肖像画がタイトルの前に綴じられています。それは1626年の日付です。このコピーは通常の小さなさびがあり、紙は非常にパリッときれいで、元のタイプの印象がまだ見えています。これは非常に重要な本の素晴らしいコピーです。バインディングは完全な17世紀の子牛です。金色の中央飾りの周りにF.Lゴールドのイニシャルが刻印されています

「PartitionesScientiarum、当時存在していた、または新たに構築する必要があるような科学の調査。実際には、

人間の心のすべての所有物の目録。この調査が進む有名な分類は、人間の知識の学部と対象の分析に基づいています。この部門は、De Augmentis Scientiarum [The Advancement ofLearning]によって代表されています。」

「科学を新たに発見しようとしたベーコンの大きな動機は、人間が持っていた知識は彼にとってほとんど役に立たなかったという強い信念でした。 「世界が現在所有している知識、特に自然の知識は、作品の規模と確実性にまでは及ばない。」知識のみに基づいた自然に対する人間の主権は失われ、物と物との自由な関係の代わりに人間の心には、無駄な概念と盲検実験しかありませんでした。 &#8230哲学は神聖で人間的なものの科学ではなく、真実を追求するものでもありません。 「私は、利益や誇示、または人生の過程での実用的な可能性のためではなく、自分自身のために知識を求めた人々でさえ、それにもかかわらず、間違ったマーク、すなわち満足(男性は真実と呼ぶ)と作戦ではありません。」「人の心が物事の混乱を超えて浮かび上がるような幸福はありますか?しかし、これは喜びだけの見方であり、発見の見方ではありませんか?満足のではなく、利益の?彼は彼女の店の美しさほど自然の倉庫の豊かさを見分けませんか?真実は今までに不毛ですか?彼はそれによって価値のある効果を生み出し、人間の生活に無限の商品を与えることができないでしょうか?」哲学は完全に実用的であり、人類の性質と原則に関してどのような抽象的な概念を楽しませることができるかは人類の幸運にとってほとんど問題ではありません。もの。しかし、この真実はまだ認識されていません。すべての科学の真の目的が「人間の状態と生活に新しい力や働きを与えること」、または「人間の限界をより広く拡大すること」であることがまだわかっていません。人間の力と偉大さ。」(ブリタニカ百科事典、第11版、第3巻、145ページから引用)

464Fベーコン、フランシス。 1561-1626

Sylva Sylvarum、または、10世紀の自然史。閣下フランシス・ローによって書かれました。ヴェルーラム、聖アルバンの子爵。著者の死後、彼の陛下の牧師の一人である神学の医師であるウィリアム・ローリーによって出版されました。 Hereuntoには、10世紀に含まれる主要なもののアルファベット順の表が追加されました。

ロンドン:ウィリアム・リーのためにジョン・ハビランドによって印刷され、Iohn Williamsによって販売される予定です、1635 $ 3,200

Folio、7 x10.4インチ。第4版。 π2、A-Z6、Aa-Bb6、Cc4、a-g4(g4は空白)。それぞれ1631年と1631年の日付の刻まれたタイトルページとベーコンの肖像画は両方ともこのボリュームに存在します。このコピーは、元の完全な子牛にバインドされています。しっかりとしっかりとバインドします。初期版のきれいなコピー。

「新しい方法[ベーコンの大きな計画、Instauratio Magna]は、適切に収集され提示された資料が提供されない限り、実際には、現象大学の有能な博物学が形成されない限り、適用できないため、価値がありません。ベーコンによれば、不可欠であり、必要であり、基本的なトティウス・ネゴティである、そのような博物学の必要条件の短い入門スケッチは、ノヴム・オルガナムに添付されたパラスケーブ管に示されています。歴史の一部を形成することを目的とし、彼自身が出版するか原稿に残した主な作品は、ヒストリア・ヴェントルム、ヒストリア・ヴィテ・エ・モルティス、ヒストリア・デンシ・エ・ラリ、そしてシルバ・シルバラムと題された事実と観察の広範なコレクションです[&#8230 ]

「このように、自然はベーコンの心に現象の巨大な集合体として現れました。それは、物事自体の複雑さによって私たちから隠されていた、いくつかの単純で原始的な性質の現れです。世界は広大な迷宮でした。その曲がりくねった道の中で、知識への道とそこから権力への道を追跡するための手がかりや糸が必要です。この糸、門の迷路は、新しい誘導方法です。しかし、よく指摘されているように、事実を観察して収集するまで、新しい方法を適用することはできませんでした。これは欠かせない予備です。 「自然のしもべであり通訳である人は、多くのことを行い、理解することができます。そして、彼が実際に観察したか、これを超えた自然の流れを考えた場合にのみ、彼は何も知りませんし、何もできません。」私たちの自然の知識は必然的に観察と経験から始まり、ベーコンと多くの現代の科学改革者に共通していますが、彼はそれに独特の強調を置き、それに新しい意味を与えました。彼が観察によって本当に意味したのは、有能な博物学または事実の収集でした。 「より純粋な自然哲学の確固たる基盤は自然史にあります。」「まず第一に、私たちは自然で実験的な歴史を準備しなければなりません。それは十分で良いものであり、これがすべての基盤です。」 (EB)

この本は「すべての基礎」であり、ベーコンのすべての経験的実験と、彼のユートピア的な寓話であるニューアトランティスで構成されています。 STC 1172ギブソン#174。

693Gベーコン、フランシス。 1561-1626

ヘンリー王の治世の歴史第7回。閣下によって書かれた:フランシスロー:ヴェルーラム、子爵S.アルバン。 Whereuntoは、非常にvsefullで必要なテーブルが追加されました。

ロンドン:I.H。による印刷とR.Y. PhilemonStephensとChristopherMeredithによって、1629年にPauls-Church-yardのGoldenLyonのサインで販売される予定です。$ 1,100

Folio、11 1/3 x 71/2インチ。第3版。 1628年版のタイトルページをキャンセルした再発行。 [A2]、B-Z4、Aa-Ll4、Kk5。タイトルページは、大きくてハンサムな木版画の境界線の内側に印刷されています。

このコピーにはヘンリーの肖像画はありません。

「歴史的作品の中には、英国の投影された歴史のいくつかの断片に加えて、ヘンリー7世の歴史が残っています。これは貴重な作品であり、治世の明確で活気に満ちた物語を与え、ヘンリーを優れたスキルで特徴付けています。スタイルは問題と調和していて、活発で流れるようですが、当然、より思慮深く独創的な文章に適した趣のある豊かさは少なくなっています。」 (ブリタニカ百科事典、第11版、ベーコンのエントリ。)ベーコンの「歴史」は、実際には英国の歴史的モノグラフの最も初期のものと見なされる可能性があり、おそらくベーコンがタワーから解放された後、1621年に作曲されました。ゴーハムベリー。 [&#8230]それは主に、バーナード・アンドレとポリドール・ヴァージルに基づいて設立され、ファビアンとその後の年代記者、そしてストウ、特にスピードによっていくつかの追加があり、その間違いのいくつかはベーコンによってコピーされました。
&#8220しかし、この人生は、設計においても実行においても、単なる編集の一部ではありませんでした。ヘンリー7世の性格の概念は、ベーコンのキャリアの初期にさかのぼります。これは、ヘンリー8世からエリザベスまでのチューダー朝の歴史の断片によって証明されており、スペディングによって発見されました。 'は、ジェームズ1世を正当化するためだけでなく、ヘンリー7世をモデル王として、また君主の原型として表現することによって、ジェームズ1世を称賛するために書かれました。 [&#8230]&#8220この作品のスタイルは、常に深海に魅了されているベーコンのいくつかの著作にはない一種の魅力を持っており、作品の結論文は非常に優雅です。著者のラテン語形式(&#8220militar、&#8221&#8220indubiate、&#8221など)に対する愛着は、彼の本のラテン語訳が自分自身または彼自身の目で行われたように見えることは非常に明白です。&#8221 (ケンブリッジ英文学史。第7巻第9章)


1.はじめに

野菜の研究は、ベーコンの主要なトピックの1つです。 Sylva sylvarum。植物は本全体の約3分の1を占めるため、量的な観点からだけでなく、植物の何世紀にもわたって最も構造化されたものの1つであり、これはこのトピックに対するベーコンの特別な関心を示しています。ベーコンの興味を理解するための鍵は、彼の両方にあります。 Sylva sylvarum そしてその Historia vitae et mortis、ここでベーコンは、植物の特定のプロセスを研究した結果を後で動物や人間に転送して適用する方法を説明しています。栄養のある食べ物や飲み物についての彼の議論の文脈で、ベーコンは栄養がどのように体内に吸収されるかという問題に取り組んでいます。同化のプロセスが遅くなる方法の1つは、体の一部が栄養を迅速かつ活発に引き込むことができなくなったときです。これは崩壊につながります。アリストテレスを言い換えると、ベーコンは植物が動物よりも長生きする理由を説明しています。なぜなら、植物は新しい葉や枝を絶えず成長させるからです。新しい枝は栄養を引き出すためのより多くの力を持っており、それはまた、植物の古い部分にも栄養を与え、それらの寿命を延ばします。植物について議論するときのベーコンの目的は、彼の観察結果を動物の領域に移すことです。しかし、動物が新しい枝に似たものを育てるのは不可能であることを考えると、動物は別の方法に頼る必要があります。つまり、簡単に修復できるものを復元し、これによってそうでないものを活性化することです。

したがって、この観察を生き物の栄養の助けに移してください:その最も高貴で主な用途は、ある程度の若さの寿命の回復と部分の強化のために、生き物の中にある部分があるということです栄養補給と修理が簡単で、栄養補給と修理がほとんどない部品は、栄養補給しやすい部品をリフレッシュして更新する必要があります。他の部品は、通路で栄養補給して飲むことができます。 ((フランシスベーコンの作品、ed。 Spedding、Ellis、and Heath、II、p。 364.以下SEH)

あるクラスの存在から別のクラスへのこの種の知識の移転は、ベーコンの博物学作品に非常によく見られます。たとえば、 Historia vitae et mortis 無生物を研究することから始め、その知識を人体に伝えます(オックスフォードフランシスベーコン XII、p。 151.以下OFB。)。同様に、成長や前述の栄養と同化などのプロセスは、植物全体で調査されます シルバ そしてその Historia vitae et mortis 病気を治し、健康を維持し、寿命を延ばすために、それらを動物に、そして最も重要なことに人間に移すことを目的としています。別の例を挙げると、ベーコンによれば、調合された食品は健康の維持と寿命の延長につながります。この理論を支持するベーコンの議論は、接ぎ木、つまり、一方の植物がもう一方の植物のすでに調合された樹液に栄養を与えるプロセス(したがって、接ぎ木は栄養の処理に時間を費やさず、それを同化するだけです)との間の明確な類似性です。スープやスープはすでに調理されているため、すぐに吸収できます。 1より重要なのは、何世紀にもわたって植物の大部分が シルバ この栄養の魅力を生み出すことができるプロセスと物質、および移植と同化のプロセスを研究し、実験とレシピは Historia vitae et mortis またはの他の部分にあるレシピへの参照 シルバ.

ある調査領域から別の領域に知識を移すこの可能性は、ベーコンの自然哲学の重要な特徴であり、優れた手術科学である彼の自然魔法の概念を特徴づけています。自然の魔法は、物質理論に基づく自然の知識(ベーコンが「形而上学」と呼んでいる形而上学、形而上学)に依存しているため、オブジェクト自体を調査しても発見されていない手法でオブジェクトを変更できます。この特徴は、基本的な食欲と物質の動きがすべての構成された体で同一であるというベーコンの前提に基づいています。 2

植物で彼の実験を編集する際に シルバ、ベーコンはデラポルタから多額の借金をしました マギアナチュラリス 後者の実験報告を彼自身の自然調査システムに組み込んだ。この論文の目的は、ベーコンがデラポルタからの借用に基づいて自然魔法の科学を構築する方法を示すことです。その実験は、ベーコン自身の定義によれば、力学のレベルで、魔法と比較して劣った手術科学のままです。個々の植物の変容と「好奇心」の生成に関心を持っていたデラポルタとは異なり、ベーコンの目的は物質の秘密のプロセスの発見であり、この情報を使用して人間の寿命を延ばすことを最終目標としたと私は主張します。 3ベーコンがデラポルタのレポートを使用して魔法の科学を構築する方法は、イタリアの実験レポートに対する彼の変更を詳細に分析することによってのみ理解できます。インスタンスの選択、借用したケースの説明の特定の変更(一般化、因果関係の説明の追加、および方法論的批判)、およびセクションの再配置は、この論文を支持する議論を構成します。ベーコンの情報源の取り扱い方法の特徴を明らかにするこの比較に加えて、このペーパーでは、これまでに特定されていなかった、 マギアナチュラリス.

ルネサンスの魔法の伝統とベーコンの関係が議論されています。パオロ・ロッシは、魔法と錬金術は「ベーコンにほとんどまたはまったく影響を与えなかった」(Rossi 1987、p。21)と考えており、彼の科学はルネサンスの魔法に対する反応であった(Rossi 1987、p.11)。このビジョンは、ベーコンの魔法は反発ではなく、虚偽や空想からの浄化であると主張したソフィーウィークによって異議を唱えられました(ウィーク2007、p.22)。さらに、ベーコンの魔法の科学について議論しているウィークスは、 シルバ はそれを応用したものですが、トピックをさらに発展させることはありません。週の議論は、ベーコン自身が提示したという事実に基づいています シルバ 自然の魔法として4、「バージョン」、「変換」、「完全な調合」、「成熟」などのプロセスの存在について(Weeks 2007、p。29n70)。私は彼女の一般的な主張に同意しますが シルバ ベーコンの魔法の科学について説明します。ウィークスが言及した操作は力学のレベルでも実行でき、魔法の特異性を表していないため、この主張を支持するためにより良い議論を行うことができます。

以下では、実験がなぜ借りたのかを示す議論を提供します マギアナチュラリス ベーコンが自然の魔法に割り当てた特徴を示していますが、デラポルタは劣ったレベルのままです。 2番目のセクションでは、ベーコンの博物学の概念においてソースの使用が非常に重要である理由と、植物に関するデラポルタの本が同じトピックに関するベーコン自身の世紀の主なソースであった理由を示すことから始めます。 3番目のセクションでは、DellaPortaの実験に加えられた変更について詳しく説明します。主題の一般化、因果関係の説明の追加、方法論的批判、実験の選択、セクションの並べ替え、さまざまなトピックの下での実験など、これらすべての変更は、デラポルタとベーコンが異なる関心を持っていたという結論につながります植物を実験し、ベーコンはデラポルタの本を使って自然の知識を進歩させました。この側面については、この論文の最後のセクションで詳しく説明します。ここでは、ベーコンの物質理論、形而上学、魔法の概念を紹介し、これらの変更が植物を使った実験を行う理由を説明します。 シルバ、から借りた マギアナチュラリス、自然の魔法のレベルに。


フランシス・ベーコン:エッセイと主要な作品のまとめ

これらのメモは、GradeSaverコミュニティのメンバーによって寄稿されました。私たちは彼らの貢献に感謝し、あなた自身で作ることをお勧めします。

Lasya Karthik、Bala Murugan、Claudia Santos、NilanjanaRoyによって書かれました

フランシスベーコンの作品の多くは学習に基づいていました。心に内在する欠点がそれを妨げていること、私たち人間が学習を間違える方法、そして知識を収集する効果的な方法です。彼のすべての作品は、何らかの形で批評、知識の進歩と向上、そして学習に関連していた。このセクションでは、ベーコンの作品に見られる主要な命題、つまり心の偶像、学習の不機嫌、知識の分類、ベーコンの帰納について説明します。

心の偶像

ベーコンは、人間であるという理由で、心にはいくつかの固有の欠点があると信じていました。それは、私たちが何らかの真の意味のある学習に従事するためには修正されなければなりません。偶像という言葉は、ベーコンが心の偶像が世界と自然の誤ったまたは幻のイメージを作成すると信じていたように、幻またはイメージを意味する古典ギリシャ語の「エイドロン」に由来するものとして使用されます。心の4つの偶像があります:

1.部族の偶像:ここでいう「部族」とは、人類全体を網羅する部族のことです。人間として、私たちは生まれつきの欠点を念頭に置いて生まれています。これらの生来の過ちは部族のものです。なぜなら、それらは出生時に私たちにやって来て、すべての人間に共通であり、必ずしも与え​​られた一連の経験への暴露を通して獲得されるとは限りません。これらの偶像には、感覚の欠陥、時期尚早の決定を下す傾向、希望的観測に従事し、現象を考えすぎる傾向があり、実際に存在するよりも多くの合併症と秩序を生み出します。

2.洞窟の偶像:この偶像のセットは、「部族」に共通ではなく、各個人と彼らが住む「洞窟」、つまり彼らの心に固有のものです。一人一人のユニークな経験、世界や他の人との関係、特定の分野への露出に応じて、彼らは人生の経験の合計としてこれらのアイドルを開発します。これらの偶像は、私たちが訓練された分野に関して物事を見る傾向があり、この狭い世界の理解を利用して、すべての現象を自分の知覚にまで減らします。例:哲学者は、自然のすべての現象を疑わしいものと見なし、目的を見つけようとします。

3.マーケットプレイスのアイドル:マーケットプレイスとは、男性間のコミュニケーション、またはベーコンが「男性同士の関係」と呼んでいるものを指します。これらの偶像の存在に貢献する道具は言葉と言語です。私たちは抽象的な用語を割り当てるか、私たちの心にのみ存在するものに名前を付けます。これは、不完全で漠然とした理解につながります。皮肉なことに、言葉は人間が自分自身を表現できるように作成されましたが、このジステンパーは私たちがそうすることを妨げます。

4.劇場の偶像:これもまた、私たちがそれぞれの文化、社会化と文化的露出を通じて人間が習得した慣習を通して学んだ偶像のセットです。それは知識における演劇性と詭弁を指しますが、それは真の知識ではなく、単なる模倣です。そのため、演劇の比喩が紹介されています。ベーコンは、哲学者がこの特定の偶像のセットに従事していると非難しています。

学習の嫌悪者:

ベーコンは当初、学習の3つの不機嫌を「虚栄心」として特定しました。絵具は、ベーコンが効果がなく、実際の進歩をもたらさないと信じていた学習の方法と形式にすぎません。識別された3つの主要なディステンパーがありました:

1.幻想的な学習(または無駄な想像力):幻想的な学習は、実践的および科学的な現実に強い根拠がなく、単なる信念、アイデア、議論です。観察と実験の科学的原理を強く信じている男であるベーコンは、彼が「疑似科学」と呼んでいるものを信じていませんでした。 This kind of learning may be found amongst magicians and astrologers in Bacon’s time and amongst religious leaders and fundamentalists today.

2. Contentious learning (or vain altercations): Contentious learning refers to excessive contestation amongst those deeply entrenched in a particular academic discipline, including arduous arguments about the most minute, inconsequential details, which ultimately lead to no fruitful gain. Bacon lashed out at classical philosophers such as Aristotle for engaging in such learning which ultimately benefits no one.

3. Delicate learning (or vain affectations): Bacon named this particular learning as “delicate” because in his opinion, it lacked true academic rigor. The rigor was missing because those engaging in this type of learning merely focused on form and not content, or “style over substance”. Such emphasis leads to beautifully worded prose, which lacks any kind of depth. No new discoveries or recoveries of knowledge are made, and therefore, such learning is delicate and not true and rigorous. Bacon believed that engaging in these three kinds of learning would lead to two main ill effects, namely “prodigal ingenuity” (waste of talent and mental resources) and “sterile results” (no fruitful outcome beneficial to the wider world).

Induction, as per its definition, is the inference of general from specific instances. Classically, philosophers had a method wherein they would jump to general conclusions after examining only a few specific instances, and then work backwards for a thorough verification processes. Taking an example of clothes. If we conclude that “all clothes bought from stores are clean and without holes” we are immediately skipping over the process of identifying each store, and concluding and confirming that clothes from Forever 21 and H&M and Primark are all clean and without holes. Instead, we just jump to the conclusion. If we set out to verify this fact, and we find one garment in a particular shop that is dirty and has a hole in it, our entire theory and research up to that point become nullified.

Bacon’s approach to induction was rather different. He believed in going from very specific to general, over a rigorous period of research to confirm a hypothesis. Instead of directly drawing a conclusion, a researcher following Bacon’s method would first visit all the shops available, survey the garments and ensure they are clean and without holes, and only then proceed to make a general conclusion like “all clothes bought from stores are clean and without holes.” Bacon’s approach, according to him, is foolproof. This is because it enables the researcher to build “a stable edifice of knowledge”. If one shirt at a particular store does not match the condition, then the survey work done before does not go to waste. Instead, the researcher merely concludes that only store X and Y sell clean and hole free clothing. Therefore, knowledge is stable.

However, there were criticisms to this method, with contemporary thinkers questioning just how much research is needed before making a general conclusion. Moreover, such an approach completely ignores the role of imagination and theorizing a hypothesis. Many great discoveries in history were made by those who imagined a particular idea and proceeded to test it, and not vice versa. Either way, Bacon provides a unique picture of rigorous academic research and induction.

Classification of Knowledge

Not only did Bacon have strong ideas about how knowledge should be collected, he also held strong ideas about how existing knowledge must be classified for optimum benefit to human learning. In his expanded version of the Advancement of Learning (De Dignitate), he proposed a threefold classification of knowledge: History, Poesy (poetry) and Philosophy. These three disciplines represent memory, imagination and reason respectively. He believed that these three disciplines would lead to true advancement, and that the importance of philosophy must be greatly elevated in order for academics to truly progress. As a scientific thinker, he denounced and greatly looked down upon the humanist subjects, namely literature and history. To him, history was a mere collection of facts and poesy was an expressive device it was philosophy that had to take center stage.

Bacon's essay "Of Studies" shows his abilities of persuasion. He creates a metaphor between literature and medicine, stating that as medicine can cure the problems of the body, literature can heal the defects of the mind. The essay has a clear structure, and it groups elements in groups of three. Indeed, Bacon exposes his opinion, but with structure and a formal philosophical language make it appear as the truth in order to convince the audience of what he is saying. Studying different genres helps to cure different defects of the mind.

Other Works:

However, Bacon did publish a great number of works that were not, at the surface level, of a philosophical nature. Some of his historical and biographical works include the History of the Reign of King Henry the Seventh and a subsequent volume about Henry the Eighth. These were a product of Bacon’s prolonged involvement in British political life as a statesman. He also authored “A Natural History in Ten Centuries” or “Sylva Sylvarum”. This was a work divided into ten parts (each roughly designed to represent one century) and each part was divided into an impressive one hundred subparts. In this work, Bacon covered anything and everything that caught his attention, from bodily processes to geographical phenomena by chronicling experiments and observations as well as penning down his own personal thoughts on this varied range of subjects. His science fiction novel, “The New Atlantis” was published only after his death. It tells the story of a group of researchers in Salomon’s House (a research institution) who conduct experiments and attempt to gather knowledge.

These academic endeavors are seen to culminate in inventions which are both useful and practical for society, and will ultimately be shared with the world. While it is not a “literary work” in the truest sense of the term, it provides a valuable insight into Bacon’s vision for what true academia must aim to accomplish. Bacon did not end up publishing a “Magnum Opus” work, but his work Magna Instauratio or the Great Instauration was in progress, and parts of it were published after his death. He decided back in 1592 that he would devote himself to the field of learning, and restructuring and even “rehabilitating” it. The Magna Instauratio was visualized by Bacon to be an all-encompassing work, consisting of his views on learning to logic to science. Bacon’s wide body of work was created in an astonishingly short period of time, reflecting his genius. His contributions to learning and classification of knowledge, and his dedication to the same is highly commendable.

Update this section!

You can help us out by revising, improving and updating this section.

After you claim a section you&rsquoll have 24時間 to send in a draft. An editor will review the submission and either publish your submission or provide feedback.


An intellectual journey for the discovery of new worlds

Re-reading the New Atlantis, one aspect in particular caught my attention in the beginning of the story. I noticed that the sailors’ attitude is very similar to the one described by the Spanish conquistadores, as it appears, for instance, in Bernal Diaz del Castillo’s story of Conquering the Aztec Empire.の場合 New Atlantis and the arrival of the Spanish sailors, the Bensalemites take up the role of the natives, with only one difference. While both the natives and the Bensalemites are offering gifts to the respective ‘visitors’, the natives’ gift to the Spaniards is gold, the Bensalemites’ gift is the method of science. Before describing Salomon’s House, the Father says: “I will give thee the greatest jewel 私が持っています。 For I will impart unto thee, for the love of God and men, the relation of the true state of Salomon’s House.”

Upon noticing this parallel, a new reading of the text occurred to me. A reading according to which Bacon sees himself as the equivalent of Columbus in the field of science: while the conquistadores were returning from the Great Atlantis with material jewels, Bacon’s sailors were returning with a more precious one: the method.

What is so special about the Island of Bensalem? We don’t know much about it, in fact. Bacon describes three main episodes: the revelation, the Feast of the Family, and the description of the House of Salomon. The first can be seen as a necessity in Bacon’s time, given the power of the Church. The second is a puzzling ceremony celebrating fecundity, and the last is an inventory of the discoveries, richness, and the scientific offices. Scholars have engaged in long discussions, and showed that the Feast of the Family as well as Salomon’s House are reflections of Bacon’s method in general (Garber 2010), of the Instances from the Novum Organum or of some experiments from his natural histories (Colclough 2010). If this is so, then Salomon’s House instantiates Bacon’s laboratory, maybe the ideal one, since Bacon didn’t own mountains and caves, and all the metals and precious stones. However, it has also been suggested that some of the machines he describes were already existing at James I’s court (Colie 1955). Why do we have to travel to the New Atlantis then? My suggestion is that Bacon’s travel is an intellectual one: Bensalem is the place where his philosophical method is put into practice.

In several parts of his works, Bacon talks about the discovery of Americas as the emblem of leaving behind the world of the ancients with the aim of pursing knowledge. Philosophers should follow Columbus, Bacon says, who crossed the Pillars of Hercules and ventured into the great ocean, finding the lost island of Atlantis. In other words, they should leave behind the philosophy of the Scholastics and discover new things through a careful investigation of nature. Accordingly, the frontispiece of the Instauratio Magna, Bacon’s project for the reformation of knowledge, depicts ships crossing the Pillars of Hercules. The frontispiece of the edition including the New Atlantis depicts the Pillars again, but this time instead of the ocean and the ships, we see a globe on which it is written “Mundus intellectualis。」 For this travel to the intellectual world we only need the right method.

The New Atlantis ends with the suggestion that the sailors should go back to their homeland and describe what they have seen and heard. Correspondingly, Bacon himself is the messenger of the new philosophy, in spite of the fear of not being believed. But then, of course, hundreds of years later one can claim that he will be believed by all those who founded societies and academies in the early modern period.

I would like to finish with one question: the text mentions thirteen other travellers who returned from Bensalem to Europe, but probably their stories were not believed. Following my interpretation, these would be Bacon’s predecessors, who had founded the right method, but no one believed them, and their philosophies did not have the desired consequences. Who are these thirteen? Let’s try to find out together.

Colclough, David. 2010. “‘The Materialls for the Building’: Reuniting Francis Bacon’s Sylva SylvarumNew Atlantis” Intellectual History Review 20/12, pp. 181-200.

Colie, Rosalie, L. 1995. “Cornelis Drebbel and Salomon de Caus: Two Jacobean Models for Salomon’s House,” Huntington Library Quarterly 18/3, pp. 245-260.

Díaz del Castillo, Bernal. 1943. Historia verdadera de la conquista de Nueva España。 Mexico City: Nuevo Mundo.

Garber, Dan. 2010. “Bacon, the New Atlantis, and the Uses of Utopia,” Studii de Stiinta si Cultura 23/4, pp. 37-45.


4. Experimental Series and Patterns of Inquisition in Sylva Sylvarum: An Example

In order to further inquire into the heuristic of Bacon’s natural historical recordings, it is worth having a look at a more particular example of experimental series. In this section I propose to investigate a particular experimental series recorded in the Sylva Sylvarum, under the name “Experiments in consort touching the version and transmutation of air into water.” The series consist of seven experiments, apparently very diverse. 8 The first is a transcription of a Plinian recipe for obtaining fresh water at sea from wool hung around the sides of the ship at night. The second also begins with “it is reported by the ancients” and transcribes a report of the “version of air into water” in sealed caves. 9 The third records instances of sympathy: fresh wool or cloves can “drink” water from a bowl even if they lie at a certain distance from the water. The fourth is an extension of the same inquiry, showing that sympathetic effects work even if the wool is placed on a closed wooden vessel (SEH vol. II, p. 373). The fifth and the sixth are clearly directions for further experimentation: they extend the discussion to other substances and phenomena, such as the “sweating” of stones and the swelling of wooden doors in cold weather etc. They contain theoretical distinctions and suggest causal explanations. The sixth experiment of the series contains a provisional general rule, i.e., that air always becomes “moist” and “thickened” against a hard body (SEH vol. II, p. 373). The last experiment of the series is also a “direction”: it suggests that one can extend a well-known recipe for turning water into ice (by adding niter or salt) into a recipe for turning air into water (SEH vol. II, p. 374).

The seven experiments have a similar structure: each begins with a report, continues with a test, and further develops the report either into an experiment properly speaking or into a direction for further experimenting. Here is how the first experiment goes:

It is reported by some of the ancients, that sailors have used, every night, to hang fleeces of wool on the sides of their ships, the wool towards the water and that they have crushed fresh water out of them in the morning, for their use.

And thus much we have tried, that a quantity of wool tied loose together, being let down into a deep well, and hanging in the middle, some three fathom from the water for a night in the winter time, increased in weight (as I now remember) to a fifth part.

A woollen fleece lying on the ground for a long while gains weight, which could not happen unless something pneumatic had condensed into something with weight. (OFB XIII, p. 141)

By hanging four ounces of wool to a rope which I let down into a well to a depth of 28 fathoms, yet which still failed by six fathoms to touch the water, I found that in the course of one night the weight of the wool increased to five ounces and one dram and that evident drops of water clung to the outside of the wool, so that one could as it were wash or moisten one’s hands. Now I tried this time and time again and, although the weight varied, it always increased mildly. (OFB XIII, p. 141)

There are other experiments in the series with a very similar structure and a similar abridged recording. For example, the second experiment begins with a report on air turning into water in sealed, cold caves. In order to test and study further this ancient report, Bacon proposes a “laboratory model” of the described situation. The instrument used is the same inflated bladder I have already discussed in the previous section. Suggestions are again formulated under the form of “directions:”

Try therefore a small bladder hung in snow, and the like in nitre, and the like in quicksilver and if you find the bladders fallen or shrunk, you may be sure the air is condensed by cold of these bodies as it would be in a cave under the earth. (SEH vol. II, p. 373)

In this way, each experiment in the series can function as a pattern of experimental research in a given experimental situation. And the way Bacon achieves this is by developing sub-series of “directions” and “advice” directing further research.

The question remaining is: what is the relation between the seven experiments of the initial series? In the next section I aim to show how they can be seen as being generated one from another, with the help of what Bacon calls the “modes” of literate experience.


Access options

1 It is worth noting, as others have, that Bacon did so not only in his writings, but that he spoke in favor of policies to encourage scientific-technological innovation while in Parliament and throughout his public life ( Farrington , Benjamin , Francis Bacon: Philosopher of Industrial Science [ New York : Schuman , 1949 ], 48 Google Scholar ). Jardine , Lisa and Stewart , Alan cite the same speech, but with a view to a separate point in Hostage to Fortune: The Troubled Life of Francis Bacon 1561–1628 ( New York : Hill and Wang , 1999 ), 256 –57Google Scholar . See also the general remarks of Rahe , Paul in Republics Ancient and Modern: New Modes and Orders in Early Modern Thought ( Chapel Hill : University of North Carolina Press , 1994 ), 116 Google Scholar .

2 Aristotle 政治 1267b23–1269a26 cf. 1330b31–1331a6. Consider also Thomas Aquinas, Summa Theologica I-II q. 97 a. 2 and the discussion of Archimedes in Plutarch's “Life of Marcellus.” Of course, this is not to claim that the full transformative potential of the institutionalization of a technological science was known in advance. I am aware that there are some prominent and powerful arguments suggesting that modern technology has roots that precede Bacon, but I believe that on the matter of the political encouragement of technological innovation, pre-Baconian thought is virtually univocal. Be this as it may, reconsidering Bacon's arguments provides an occasion for reflection on the fundamental problem.

3 The clearest statement to this effect is found in his rendition and interpretation of the fable of Daedalus in デサピエンティアベテラム。 For a forceful statement of the importance of this writing and a helpful interpretation see Studer , Heidi , “ Francis Bacon on the Political Dangers of Scientific Progress ,” Canadian Journal of Political Science 31 , no. 2 ( 1998 ): 219 –34CrossRefGoogle Scholar . Consider also the essay “Of Innovations” and Novum Organum, I. 129.

4 Compare the essay “Of Honour and Reputation” and Nov. Org., I. 129. This tension is discussed further below.

5 Peltonen , Markku , “ Politics and Science: Francis Bacon and the True Greatness of States ,” The Historical Journal 35 , no. 2 ( 1992 ): 279 – 305 CrossRefGoogle Scholar “Bacon's Political Philosophy,” in The Cambridge Companion to Bacon、ed。 Markku Peltonen (New York: Cambridge University Press, 1996), 283–310.

6 学習の進歩, II. viii。 5. Citations to 進歩 are to book, chapter, and paragraph, following the W. A. Wright edition of 1869 (Oxford: Clarendon), and the Kitchin and Weinberger edition of 2001 (Philadelphia: Paul Dry).

7 While in most of Bacon's works there is no doubt but that he is the speaker, Bacon is also a great writer of prefaces and dedicatory epistles. In these he virtually always speaks of himself, and gives some indication, if only elliptically, of what the aim of the work in question is. Examples worth considering in this regard include the prefatory material to Instauratio magna, the epistle introducing The History of the Reign of King Henry the Seventh, that introducing An Advertisement Touching a Holy War, those introducing デサピエンティアベテラム, and finally, those introducing the two books of 学習の進歩。 For an indication that Bacon gives some thought both to the content and the addressee of these epistles, that which introduces The Essays should be consulted. Bacon's silence in New Atlantis thus stands out all the more. This cannot be explained simply by the posthumous publication of the work, for the evidence is clear that Bacon intended the work to appear as it does, and An Advertisement Touching a Holy War, also posthumous, is introduced by a substantial dedicatory epistle. The status of Rawley's note to the reader is discussed below.

8 “From a strictly literary viewpoint, New Atlantis resembles a narrated Platonic dialogue” ( Yaffe , Martin , Shylock and the Jewish Question [ Baltimore : Johns Hopkins University Press , 1997 ], 97 Google Scholar ). Compare, by way of contrast, More's role in Utopia。 In his otherwise intelligent essay, David Spitz treats the narrator as Bacon (“Bacon's New Atlantis: A Reinterpretation,” Midwest Journal of Political Science 4、いいえ。 1 [1960]: 52–61). Interpreters occasionally identify Bacon with the pity-faced Father of Salomon's House. Manuel , Frank and Manuel , Fritzie speak of the scientist as “Bacon's idealized self-image” ( Utopian Thought in the Western World [ Cambridge, MA : Harvard University Press , 1979 ], 254 )Google Scholar .

9 Again, compare More's “authorship” of Utopia。 If only in jest, More goes to much greater lengths than does Bacon in protesting the truth of what he reports. Perhaps this is some indication of a difference in the status that the description of Utopia has for More as compared to Bacon's relation to Bensalem.

10 This occurs in the course of the discussion of the Bensalemite institution of “Adam and Eve's pools,” which bears a certain similarity to an institution encountered by Hythloday in Utopia. As is typical, the Morean precedent is invoked only to be importantly modified.

11 See the オックスフォード英語辞典 entries for “utopia” and “utopian,” and the introduction to Manuel and Manuel's Utopian Thought。 The question of when “utopia” becomes a genre is controversial. Diskin Clay and Andrea Purvis offer what is perhaps the standard view that More's Utopia was the origin of the genre (Four Island Utopias [Newburyport: Focus, 1999], 1). Paul Salzman suggests that New Atlantis plays a key role in originating the genre (“Narrative Contexts for Bacon's New Atlantis、" の Francis Bacon's “New Atlantis”: New Interdisciplinary Essays、ed。 Bronwen Price [New York: Manchester University Press, 2002], 30). Machiavelli's reference to the “many” “imaginary commonwealths” suggests that something like a genre is well established before either of these works.下記参照。

12 Bacon, The Essayes or Counsels, Civill and Morall、ed。 Michael Kiernan (Oxford: Oxford University Press, 2000), 126.

13 学習の進歩, II. xxiii。 49. Of course, little light is not no light. Consider in this connection the methodological advice from 進歩, II. xxiii。 44. Prior to the discovery of the compass, one navigated by the stars more about this below. Michèle Le Doeuff would have us notice how this remark is quietly altered in De Augmentis (VIII. 3), and suggests that this is an indication that Bacon's view on this matter of utopias underwent a change (“Introduction” to La Nouvelle Atlantide、トランス。 Michèle Le Doeuff and Margaret Llasera [Paris: Flammarion, 2000], 21). I am less impressed by the alteration than is Le Doeuff, though I am open to her suggestion that New Atlantis is on Bacon's mind while he is reworking 進歩 (according to Spedding, after 1620, and probably sometime in 1622: Spedding, Ellis, and Heath, The Works of Francis Bacon [Boston: Brown and Taggard, 1861], 1:415).

15 王子、トランス。 and ed. Harvey Mansfield (Chicago: University of Chicago Press, 1998), chap. 15。

16 Quoting Rawley's note to the reader. We discuss that note further below.

17 Farrington is famous for regarding Bacon's entire corpus as a “blueprint for a new world” (フランシス・ベーコン, 76), though he doesn't mention the paradox in question. Works that do include it are White , Howard , Peace Among the Willows ( The Hague : Martinus Nijhoff , 1968 ), 133 –34CrossRefGoogle Scholar Kennington , Richard , “Bacon's Humanitarian Revision of Machiavelli,” in On Modern Origins: Essays in Early Modern Philosophy , ed. Kraus , Pamela and Hunt , Frank ( Lanham, MD : Lexington , 2004 ), 57 – 77 Google Scholar Faulkner , Robert , Francis Bacon and the Project of Progress ( Lanham, MD : Rowman and Littlefield , 1993 )Google Scholar , chap. 3 and 239ff. Timothy Paterson, “The Politics of Baconian Science” (PhD dissertation, Yale, 1982), 86–87. Relying on different passages, Marina Leslie calls attention to the same paradox (Renaissance Utopias and the Problem of History [Ithaca: Cornell University Press, 1998], 81ff.).

18 Faulkner, Project of Progress, 238 Sessions , William , Francis Bacon Revisited ( New York : Twayne , 1996 ), 163 Google Scholar .

19 The edition including Sylva SylvarumNew Atlantis was reprinted more often in the seventeenth century than any other edition of Bacon's works. Bronwen Price includes this observation as part of a very clear and sensible treatment of the influence of New Atlantis in her “Introduction” to New Interdisciplinary Essays (especially pages 14–19). Brian Vickers includes a succinct statement on the influence of New Atlantis in his collection of Bacon's , writings, Francis Bacon: A Critical Edition of the Major Works ( Oxford : Oxford University Press , 1996 ), 788 –89Google Scholar . Rose-Mary Sargent concludes her essay “Bacon as an Advocate for Cooperative Scientific Research,” in The Cambridge Companion to Bacon、ed。 Peltonen, 146–171, with some remarks on the legacy of Salomon's House. The introduction to Lynch's , William Solomon's Child: Method in the Early Royal Society of London ( Stanford : Stanford University Press , 2001 )Google Scholar is helpful not only for its remarkable collection of secondary material but also on the general question of Bacon's influence. Sprat's , Thomas History of the Royal Society ( 1667 )Google Scholar , which includes Abraham Cowley's prefatory poem likening Bacon to Moses leading the way to the promised land, and which divides all philosophy into pre- and post-Baconian periods, is among the important primary sources for Bacon's influence on English science. While now frequently criticized, the classic work on Bacon's influence on the seventeenth century is Jones's , Richard Foster Ancients and Moderns: A Study of the Rise of the Scientific Movement in Seventeenth-century England ( Berkeley : University of California Press , 1965 )Google Scholar , which includes many references to New Atlantis in connection with the founding of the Royal Society. Antonio Pérez-Ramos's “Bacon's Legacy,” in The Cambridge Companion, 311–334, provides something of a glimpse of the ostensibly more nuanced current scholarly view. Lynch's , William T. recent “A Society of Baconians?: The Collective Development of Bacon's Method in the Royal Society of London,” in Francis Bacon and the Refiguring of Early Modern Thought , ed. Solomon , Julie Robin and Martin , Catherine Ginnelli ( Burlington : Ashgate , 2005 )Google Scholar , offers a reply. Caton's , Hiram The Politics of Progress: The Origins and Development of the Commercial Republic, 1600–1835 ( Gainesville, FL : University of Florida Press , 1988 )Google Scholar and Paul Rahe's Republics Ancient and Modern include sustained arguments for the historical significance of Bacon's writings both for modern science and modern politics.

20 White (Peace Among the Willows, 105) treats each of these features of Bensalem simply as a device to encourage its implementation, but to do so is to say that such details both matter and yet don't matter.

21II。私。 1. The discussion of poesy is found at II. iv。 1–5. See also Faulkner, Project of Progress, 236–37.

22 Within quotations, all underlining will be mine, all italics Bacon's.

23 In De Augmentis (II.13), Bacon incorporates the general discussion of the uses of poetry sketched above into his account of narrative poetry.

24 “And even now, if someone wishes to pour new light about anything into the minds of humans, and not incommodiously or harshly, the same way must be insisted upon, and refuge must be taken in the help of likenesses” (デサピエンティアベテラム, Preface). Cf. Nov. Org., I. 77.


Counsel and Statesman

Fortunately for Bacon, in 1581, he landed a job as a member for Cornwall in the House of Commons. Bacon was also able to return to Gray&aposs Inn and complete his education. By 1582, he was appointed the position of outer barrister. Bacon&aposs political career took a big leap forward in 1584 when he composed A Letter of Advice to Queen Elizabeth, his very first political memorandum.

Bacon held his place in Parliament for nearly four decades, from 1584 to 1617, during which time he was extremely active in politics, law and the royal court. In 1603, three years before he married heiress Alice Barnham, Bacon was knighted upon James I&aposs ascension to the British throne. He continued to work his way swiftly up the legal and political ranks, achieving solicitor general in 1607 and attorney general six years later. In 1616, his career peaked when he was invited to join the Privy Council. Just a year later, he reached the same position of his father, Lord Keeper of the Great Seal. In 1618, Bacon surpassed his father&aposs achievements when he was promoted to the lofty title of Lord Chancellor, one of the highest political offices in England. In 1621, Bacon became Viscount St. Albans.

In 1621, the same year that Bacon became Viscount St. Albans, he was accused of accepting bribes and impeached by Parliament for corruption. Some sources claim that Bacon was set up by his enemies in Parliament and the court faction, and was used as a scapegoat to protect the Duke of Buckingham from public hostility. Bacon was tried and found guilty after he confessed. He was fined a hefty 40,000 pounds and sentenced to the Tower of London, but, fortunately, his sentence was reduced and his fine was lifted. After four days of imprisonment, Bacon was released, at the cost of his reputation and his long- standing place in Parliament the scandal put a serious strain on 60-year-old Bacon&aposs health.


ノート

1 See G. Rees, “An Unpublished Manuscript by Francis Bacon: Sylva Sylvarum drafts and other working notes,” Annals of Science, 38 (1981), pp. 377-412 G. Rees, Introduction, in OFB, XII and XIII. D. Jalobeanu, “From natural history to early modern science: the case of Bacon’s Histories,” in Analele Universitatii Bucuresti, 60/2010, pp. 23-33 D. Jalobeanu, “The Philosophy of Francis Bacon’s Natural History: a Research Program,” Studii de ştiinţă şi cultură, 2010, pp. 18-37.

2 “For once a faithful and abundant history of nature and the arts has been collected and arranged, and once it has been unfolded and placed as it were before men’s eyes, there will be no mean hope that those great intellects of whom I have sppoken (such as flourished in the ancient philosophers, and are even now not unusual), who till now have built with such efficiency as far as the work goes certain philosophical skiffs of ingenious construction from a plank or shell (i.e. from slight and paltry experience) will, once the right timber and material have been obtained, raise much more solid constructions, and that too although they prefer to follow the old ways and not the way of my Organum (which seems to me to be either the only or the best way). And so it comes down to this, that my Organum even if it were finished, would not carry forward the Instauration of the Sciences much without Natural History, whereas Natural History without the Organum would advance it not a little,” OFB, XII, p. 13.13。

3 Parasceve, OFB, XI, p. 451. See also OFB, XII, pp. 13-15.

6 Examples can be found in Parasceve, in the preface to Historia naturalis et experimentalis (1622), but also in the Latin natural histories properly speaking. D. Jalobeanu, “The philosophy of Francis Bacon’s Natural History: A Research Progam” in Studii de stiinta si cultura, 4/2010, pp. 18-37

7 OFB, XII, p. 12 is referring to natural histories as the “timber and material” (Sylva et Materia)。 Rawley’s preface to Sylva Sylvarum refers to this and other natural histories as being ‘materials for the building.’ D. Jalobeanu, “Francis Bacon’s Natural History and the Senecan Natural Histories of Early Modern Europe,” in Early Science and Medicine, 1-2/2012, pp. 197-229.

8 Parasceve, appended at the end of 番号, 1620, but also Norma Historiae praesentis published in the Historia naturalis et experimentalis, 1622.

9 D. Jalobeanu, “The fascination of Solomon’s House in seveteententh-century England,” in Vlad Alexandrescu, Branching-off. The Early Moderns in Quest for the Unity of Knowledge, Zeta Books, 2009, pp. 225-256.

10 M. Le Doeuff, “Bacon chez les grands au siècle de Louis XIII” in M. Fattori ed., Francis Bacon: terminologia et fortuna nell XVII secolo, Rome, Edizioni dell Atento, 1984, pp. 155-178.

11 Lettres de Peiresc aux frères Dupuy edited by P. Tamizey de Laroque, Paris, 1840, pp. 17, 31-32, 35, 142, 198, 231-232

12 28 December 1623, “le premier volume de l’Instauratio magna de Verulamius que nous attendrons en grande impatience” in Lettres de Peiresc aux frères Dupuy, op。 cit。、 NS。 17.

13 W. Boswell was the English ambassador in The Hague and a part of Bacon’s manuscripts went to Holland with him. Some of them eventually got in the hands of I. Gruter and were published in 1658.

14 For the complete story see P. Fortin de la Hoguette, Lettres au frères Dupuy et à leur entourage (1623-1662), edited by G. Feretti, Firenze, 1999. See also Lettres de Peiresc, I, p. 35。

15 16 May 1627, “Cet autre livre de pauvre Bacon de divers meslanges en anglois, seroit encores bon a recouvrer par cez libraries anglois, parce qu’il s’en peult tousjours faire traduire quelque piece,” 11 November 1627, “J’ai admire d’entendre que le chancellier d’Angleterre se soit amuse a faire des romans. Je crois que c’est l’air de ce pais la qui porte quasi generalement un chascun a la romanserie. Mais je verrois volontiers ceux la, ne doubtant pas que la gentilezze de cet esprit n’y paroisse. Il faudroit induire le traducteur de son Henri VII de traduire encore cela en françois…” , in Lettres de Peiresc aux frères Dupuy, op。 cit., pp. 231-232.

16 See Lettres de Peiresc aux frères Dupuy, op。 cit., pp. 319-320, p. 527.

17 Ibid., pp. 692-693: “J’ai decouvré par hazard d’un gentillhome qui venoit de Rome une petite piece du chancellier Bacon de son projet pour un ouvrage de ヴィータ, ou il a encore quelque conception qui n’est pas a rejecter. Je vous envoye coppie et bien qu’incorrecte vous ne laisrez pas, je m’asseure, de la voir volontiers.”

18 G. Ferreti, Un ‘soldat philosophe:’ Philippe Fortin the la Hoguette (1585-1668?), EGIG, Genoa, 1988, P. Fortin de la Hoguette, Lettres au frères Dupuy et à leur entourage (1623-1662), op。 cit。 See also G. Rees, “La Hoguette’s Manuscripts,” in “Introduction: Contexts and Composition,” OFB、XIII。

19 “Si vous pouvez achever la traduction du Sylva Sylvarum a l’aide de votre anglais et la donner au public, je crois que vous feriez une chose fort agreable a beaucoup de monde. Pour moi, je vous dirai que je n’estime pas tant en Bacon la curiosité de ses experiences comme les consequences qu’il en tire, et la methode avec laquelle il s’en sert. C’est pourquoy (encore que ses observations soiend fort ordinaires) je pense que ce seroit une chose fort agreable a beaucoup de monde de cognoistre ses procedés,” CM, I, pp. 611-612. As Buccolini has shown, there is a lot of interesting background to this often quoted letter. Mersenne visits Rouen on May 1625 and enters the circle of savants centered around R. Cornier, seigneur de Sainte Helene a group of people interested in experimental philosophy. The subsequent Mersenne-Cornier correspondence mentions a numerous number of Baconian experiments performed at Rouen: concerning the nature and transmission of sounds and light, the relation between light and heat, experiments of gravity and others—partially taken from 番号, later (in the second part of 1626) taken from Sylva。 See C. Buccolini, “Mersenne traduttore di Bacon,” in M. Fattori, Linguagio e filosofia nel seicento europeu, L. Olschki, 2000.

20 C. Buccolini, “Mersenne traduttore di Bacon,” op。 cit。、 NS。 7 sq.

21 Mersenne to Sorbière, 1647, CM, XV, p. 468.

22 He seemed to be especially interested in the observations of parhelia made in Rome by the Jesuit Scheiner (see the letter from 3 May 1632, CM, II, p. 297, 10 May 1632, CM, II, p. 305). In the letter from 10 May 1632 he is asking about recent observations concerning comets.

24 “Illud insuper praecipimus, ut omnia in Naturalibus tam Corporibus quam Virtutibus (quantum fieri potest) numerate, appensa, dimensa, determinate proponantur. Opera enim mediatamur, non Speculationes. Physica autem & Mathematica bene commistae, generant Practicam. Quamobrem exactae Restitutiones & Distantiae Planetarum, in Historia Coelestium…,” OFB, XI, p. 464.

25 G. Rees has shown that they were present in the manuscript he discovered in British Library. See G. Rees, “An Unpublished Manuscript by Francis Bacon: Sylva Sylvarum Drafts and Other Working Notes,” in Annals of Science, 38, 1981, pp. 377-412.

26 P. Amboise, Histoire naturelle, “Privilege du Roy,” n.p.

27 M. Le Doeuff emphasized that the fact that one could not find out anything about P. Amboise does not necessarily mean he was in the mid-seventeenth century an unknown or a mysterious person. The book is, however, certainly mysterious, as I shall argue further. See M. Le Doeuff, “Bacon chez les grands au siècle de Louis XIII,” op。引用。

28 “… pour avoir trouve trop de confusion en disposition de matières, que semblent avoir este disposées en plusieurs endroits plustot par caprice que par raison. Outre qu’ayant este aide de la pluspart des manuscrits de l’Auteur, j’ay juge nécessaire d’y ajouter ou diminuer beaucoup de choses qui avoient este obmises ou augmentées par l’Aumosnier de Monsieur Bacon, qui apres la mort de son Maistre fit imprimer confusement tous les papiers qu’il trouva dans son cabinet.”

29 P. Amboise, Histoire naturelle, “Privilege du Roy,” op。 cit., pp. 21-22.

30 “Monsieur Bacon estoit si amoureux des sciences naturelles, qu’il avoit envie de faire bastir pres de Londres un College destiné particulierement à cette sorte d’estude : mais prevoyant bien que cet ouvrage estant du nombre des grands desseins qui demeurent souvent dans le simple project, ne pouroit pas estre si tost achevé, il a voulu au moins nous en laisser le modele. Pour cet effect il s’est servy de la fiction d’un voyage en la terre Australe, où il depeint estre abordé dans une Isle parfaitement bien policee, dans laquelle (entre autres establissemens) il rencontra un College semblable à celuy qu’il avoit dessein de fonder. Je laisse au Lecteur son jugement libre sur cette piece, & me contenteray seulement de dire que cet ouvrage me semble estre à peu pres de mesme nature que la Republique de Platon, ou L’Utopie de Thomas More &semblables autres reglemens dont les hommes ne sont pas capables & qui ne se peuvent faire que sur du papier. Nous devons neantmoins regretter que ce soit une fable, & que non pas une verité car je doute point qu’on ne tirast une grande utilite d’un pareil establissment,” P. Amboise, Histoire naturelle, “Privilege du Roy,” op。引用。, pp. 417-418.

31 See the letters of Gruter to Rawley—showing a plan to incorporate material from Amboise’s translation into the latin edition of Sylva Sylvarum。 The translation is quoted by T.T in An account of all the Lord Bacon’s Works. In the context of introducing Sylva: “This Book was written by his Lordship in the English Tongue, and translated by an obscure interpreter into French, and out of that translation, into Latine, by James Gruter, in such an ill manner, that they darkened his Lordship sence, and debased his Expression. James Gruter was sensible of his miscarriage, being kindly advertised of it by dr. Rawley: And he left behind him divers amendments, published by his brother I. Gruter, in a second edition (Amstel, 1661). Yet still so many Errors have escaped, that the Work requireth a Third Hand” (Baconiana, or Certaine Genuine Remains of Sir Francis Bacon…, London, 1679).

32 Gruter’s letter, May, 1652: “The Design of him who translated into the French the Natural History of the Lord Bacon […]私の兄弟の序文に簡単に示されています[…]あなたが書いた私の兄弟のその版は、あなたがそれを大いに喜んで読んだものであり、まもなく彼の修正といくつかの追加で説明されます。の代わりに置き換えられる引数のような ニューアトランティス、 ここでは省略します。これらの追加は、前述のフランス人のバージョンのものと同じであり、彼が翻訳した英語の原文が見つからなかったため、ラテン語に入れられます。ただし、本を見るときに、これらの追加を粗悪品として非難する必要があります。」 (バコニアナ、またはフランシスベーコン卿の確かな本物の遺跡, op。引用。、 NS。 224-226)。

33たとえば、第4章の本IIIにあるように、「Le quatrieme&amp le dernier moyen est l’Assimilation de l’aliment、dont je n’entretiendray point icy le Lecteur、ayant traitte cet matiere assez au long dans mon Histoire de la vie&amp de la mort」(アンボワーズ、 博物学の歴史、「Privilege du Roy」、 op。引用。、 NS。 157)。

34 P.アンボワーズ、 博物学の歴史、「Privilege du Roy」、 op。引用。、 NS。 281-282。

35これがパッセージが比較的どのように見えるかです。私たちの財団の終わりは、原因と 物事の秘密の動き 人間帝国の境界を拡大して影響を与える 可能なすべてのものの.」「Lafin&amp le but de notre Institute est de travailler a la connoissance des cause&amp des secrets de lanature。 Comme aussi d’essayer an enstendre la puissance de l’homme a toutes les selected dont elle estcapable」(p.540)。

36「Quantauxstatus&amp regles de nostre Societe、la premiere loy&amp la plusimportante est celle qui commande de garder la silence&amp de ne reveler les secrets de la Compagnie、」p。 564。

37翻訳では、秘密、秘密、または自然の秘密の暴露へのさまざまな言及の繰り返しが英語版よりも頻繁に行われていることは注目に値します。

38出典はアリストテレスのようです デミラブ。 53(しかし、対応する箇所が言っているのは、血管と骨が石化しており、水に起こったと述べられている対応する変化はないということです)。

39実験326およびCenturyIVからのその後の実験における成熟の公理。

40実験387でベーコンによって記録された観測の起源はアリストテレスです。 確率 XII、1および2。段落は次のように実行されます。匂いやその他の匂いは、これまで部分的に触れられていた鼻の近くよりも、ある程度の距離の空気の方が甘いです。原因は2つあります。まず、匂いのより細かい混合または取り込みです。同じように音でも、すべての部分を単独で聞くことができない場合に最も甘いことがわかります。他の理由は、すべての甘い匂いがそれらといくつかの土臭いまたは粗野な匂いを混ぜ合わせており、ある距離でより精神的な甘いものが知覚され、土がそれほど遠くまで届かないためです.”

41 P.アンボワーズ、 博物学の歴史、「Privilege du Roy」、 op。引用。、pp。65-66。