エンリケ航海王子-歴史

エンリケ航海王子-歴史

ヘンリー王子

エンリケ航海王子は、1394年3月4日にポルトガルのサグレスで生まれました。彼はポルトガルのジョン1世とランカスターのフィリパの三男でした。ヘンリーはセウタを占領した軍事遠征隊を率いました。これはポルトガルの最初の海外征服でした。ヘンリーはポルトガルのアフリカに関する知識を拡大することを決意しました。当時、ボハドール岬の南を航海したヨーロッパ人はいませんでした。船員たちは、ボハドール岬の南の南風が北に戻ることを許さないのではないかと恐れていたので、そこから南に向かって航海することを恐れていました。南の海はとても暖かく、文字通り海が沸騰したという噂がありました。

ヘンリーは、これらの障害やその他の障害を克服することに決心しました。彼はその地域について可能な限り多くの知識を蓄積した。彼は地図製作者(地図製作者)を雇って地図を更新し、船の設計者に優れた探査船となる船の設計に取り掛からせました。これらの設計者は、風に向かって航行できる有名なキャラベル船を開発しました。

その後、ヘンリーはアフリカの海岸を体系的に探索するためのコースを設定しました。彼は遠征の後に遠征を送り、毎回さらに南に航海した。ヘンリーは当初、ポルトガルに利益をもたらさなかった探鉱に多額のお金を費やしたことで批判されました。彼の探検家がアフリカへの道をさらに見つけると、ポルトガルは西アフリカと非常に有利な貿易を展開しました。

ヘンリー王子は1460年11月13日に亡くなり、アフリカの南端に到達するという彼の夢が実現するのを見ることができませんでした。探検の邪魔になったすべての障害を克服するという彼の決意は、ポルトガルの東への貿易を開いたディアスとダガマの航海への道を開きました。

.



ハリーと彼の兄であるウィリアム王子が王室の特権を超えた世界を体験したいというダイアナ妃の願望のために、彼女は彼らを公共交通機関やファーストフード店に男の子として連れて行き、ディズニーワールドで彼らと並んでいました。彼女は「人々の感情、不安、人々の苦痛、そして彼らの希望と夢を理解している」と判断し、ホームレスの避難所、孤児院、病院を訪れたときにハリーとウィリアムを連れて行きました。 36歳でのダイアナの死は、ハリーに大きな影響を与えました。ダイアナの棺の後ろでウィリアムと一緒に厳粛に歩いている12歳の彼の画像は、ロンドンの街を運ばれ、ハリーをイギリスの人々に愛するのに大いに役立ちました。

ウィリアムのように、ハリーは一流のイートンカレッジに入学する前に一連の私立学校に通いました。 2003年にイートンを卒業した後、ハリーはアルゼンチンとアフリカを訪れ、オーストラリアの牛舎とレソトの孤児院で働きました。ハリーは大学に行く代わりに、2005年5月に英国有数の陸軍士官学校であるサンドハーストに入学しました。2006年4月に士官に任命されました。

ハリーは英国王位継承順位にあり、しばしばメディアの注目を集めました。 2005年1月、彼は卍の腕章を付けたナチスの制服を着たパーティーに出席したとき、激しい批判に遭遇しました。王子は後に彼が認めたことは重大な判断の誤りであったことを謝罪した。


ヘンリー8世:初期の人生

ヘンリーは1491年6月28日に、テューダー朝の最初の英国統治者であるヘンリー7世の次男として生まれました。兄のアーサーが王位に就く準備をしている間、ヘンリーは神学、音楽、言語、詩、スポーツの幅広い教育を受けて、教会でのキャリアに向けて舵を切りました。

知ってますか?熟練したミュージシャンであるイギリスのヘンリー8世は、ルネッサンスヨーロッパ全体で人気のある「PastimeWithGoodCompany」というタイトルの曲を書きました。

アーサーは2歳から、スペインの支配者フェルディナンドとイザベラの娘であるアラゴンのキャサリンと結婚し、1501年11月に10代の夫婦が結婚しました。数ヶ月後、アーサーは突然の病気で亡くなりました。ヘンリーは次の王位継承順位になり、1503年に兄の未亡人に婚約しました。


エンリケ航海王子から守られた秘密の悲劇アリス王女

ジョージ5世とメアリー女王の三男、ヘンリー王子、グロスター公爵は1900年3月31日に生まれました。

彼は君主の長男で学校で教育を受け、イートンカレッジで勉強しました。

彼の人生は悲劇に満ちていました。彼が関係を持っていた女性、ベリル・マーカムと彼の人生を続けることができず、彼女と彼女の夫に彼女の残りの人生のためにハッシュマネーを支払わなければなりませんでした。ウォリス・シンプソンと弟のケント公爵ジョージ王子と一緒に退位してフランスに移住したとき、彼は兄のエドワード8世を亡くし、軍の航空事故で亡くなりました。悲劇はこれ以上ないので、自分の息子の死について学ばない。

ヘンリー王子が脳卒中を起こして自動車事故に遭ったとき、65歳の誕生日を数か月間恥ずかしがりながら、グロスター公爵夫妻はウィンストンチャーチルの葬式から家に帰っていました。ヘンリー王子は車から投げ出され、公爵夫人は顔面の怪我を負いました。これは多くのストロークの最初のものにすぎませんでした。デュークは最終的に車椅子になり、1974年に亡くなるまで、人生の最後の数年間で話す能力を失いました。

彼の死の2年前に、彼の息子であるウィリアム王子が亡くなりました。ウィリアム王子は英国航空センターの社長であり、アマチュア航空ショーのレースに参加するのが大好きな免許を持ったパイロットでした。

1972年8月28日、ウィリアム王子は30歳で最後に離陸しました。彼はハーフペニーグリーンでグッドイヤー国際航空トロフィーに出場していました。王子と一緒に飛んでいたのは、彼がしばしば競争したVyrellMitchellでした。

彼らは黄色と白のパイパーチェロキーアローを飛んでいました。離陸後すぐに、飛行機は急に木にぶつかり、地面に急降下しました。
ゲッティイメージズから埋め込むwindow.gie = window.gie || function(c)<(gie.q = gie.q || [])。push(c)> gie(function()<>)>)// embed-cdn.gettyimages.com/widgets.js
デレク・パートンはウィリアム王子とバイレル・ミッチェルを救出しようとした3人の少年のうちの1人でしたが、炎は大きすぎました。その瞬間を思い出して、パートンは次のように述べました。「飛行機のドアに侵入しようとした後、尾を引っ張って半分に壊そうとしました。

&#8220しかし、それは良くありませんでした、私たちは暑さのために戻らなければなりませんでした。&#8221

消防士はほんの数分後に現場に到着しましたが、その時までに火からの熱は彼らの装備に対してさえも大きすぎました。炎が制御されるまでに2時間かかりました。

男性の遺体は翌日の歯科記録によってのみ特定されました。

女王とアン王女がミュンヘンのオリンピックを訪問する計画は中止されました。すでにミュンヘンにいたエディンバラ公は、葬式のために早く帰ってきました。

グロスター公の健康状態が悪いため、グロスター公爵夫人は、哀悼の意を表したにもかかわらず、夫に息子の死について話すべきかどうか確信が持てませんでした。

当時の首相、エドワード・ヒースは、グロスター公爵夫人と女王公爵夫人の両方に哀悼のメッセージを送った最初の一人でした。

アリス王女は自分自身を認めました:&#8220私は完全に唖然とし、それ以来まったく同じではありませんでしたが、彼をまったく知らなかったよりも、彼を知って失った方が良いと自分自身を説得しようとしました。&#8221

1981年に最初に出版された彼女の回想録で アリス王女の回顧録、グロスター公爵夫人 1991年に 90年の思い出、 公爵夫人は、ヘンリー王子に息子が殺されたことを決して伝えなかったことを明らかにしました。しかし、彼女は続けて、ウィリアム王子の死についてテレビの報道から学んだかもしれないと言いました。

ウィリアム王子はフロッグモア王室墓地に埋葬されました。 2年後、ヘンリー王子は亡くなり、同じ場所に埋葬され、再び再会しました。


ポーランド王とリトアニア[編集|ソースを編集]

1572年7月7日にポーランドの支配者ジグムント2世アウグストゥスが亡くなった後、ジャン・デ・モンルクはフランスの使節としてポーランドに派遣され、ロシアに対する軍事的支援と引き換えにヘンリーのポーランド王位への選挙を交渉しました。オスマン帝国、および財政補助。 1573年5月16日、ポーランドの貴族は、ポーランド・リトアニア連邦の最初に選出された君主としてヘンリーを選びました。しかし、リトアニアの貴族はこの選挙をボイコットし、彼の選挙を確認するのはリトアニアの公会議に任されました。したがって、連邦は、オスマン帝国(フランス・オスマン同盟を通じたフランスの伝統的な同盟国)により同意し、同じく有効であったポーランド・オスマン同盟を強化するために、ハプスブルク家の候補者ではなくヘンリーを選出しました。

9月13日のパリ議会前の式典で、ポーランドの代表団は「ポーランド・リトアニアの王位への選挙証明書」を手渡した。ヘンリーはまた、継承の主張をあきらめ、ヘンリク条項とパクタコンヴェンタの下で「自由選挙の原則を認めた」。ヘンリーがポーランドの国境に到達するのは1574年1月になってからでした。 2月21日、ヘンリーの戴冠式がクラクフで開催されました。 1574年6月中旬、彼の兄弟であるフランス国王シャルル9世の死を知ったヘンリーは、ポーランドを離れてフランスに戻りました。ヘンリーの不在は「憲法上の危機を引き起こし」、議会はヘンリーに1575年5月12日までにフランスから帰国しなければ王位が失われることを通知することで解決しようとしました。ポーランドのヴァヴェル城でのヘンリーの短い統治は、ポーランド人とフランス人の間の文化の衝突によって特徴づけられました。若い王と彼の追随者たちは、いくつかのポーランドの慣習に驚き、田舎の貧困と国の厳しい気候に失望しました。一方、ポーランド人は、すべてのフランス人が彼らの新しい王がそうであるように見えるのと同じくらい彼らの外見に関心があるかどうか疑問に思いました。


バイオグラフィー

1512年以前

ヘンリーが子供の頃、王室はアンボワーズ城に住んでいて、そこで彼はいくつかの小さな木々の間の中庭で遊んでいました。しかし、彼が「戦争」と呼んだ後、住居は放棄され、1512年までに廃墟となった。

1512年、ヘンリーは若い男です。しかし、彼の父親によると、彼は人生で「困惑」しています。したがって、フランソワ王は彼をスペインのガブリエラ王女に婚約させました。しかし、王女と王子はどちらも結婚中に他の誰かと結婚したいと思っています。

ダニエルとの彼の最初の出会い

ヘンリーはこの決定に抵抗し、夜はジェノヴァに逃げるつもりです。彼の馬は途中で靴を滑らせたので、ダニエル・デ・バーバラクの亡き父の馬を盗んで、彼を追いかけている近衛兵から逃げ出しました。しかし、ダニエルが彼を捕まえ、リンゴで馬から叩き落とすので、彼は遠くまで行かない。彼は自分の身元を明らかにした後、ダニエルに彼女の沈黙のために20フランを支払い、馬に乗って続けます。

森の中で、彼はレオナルド・ダ・ヴィンチに出くわします。レオナルド・ダ・ヴィンチは王宮に向かう途中でジプシーに強盗されています。ヘンリーは立ち止まり、旅を手伝うか続けるかを考え、ほとんど後者を選びますが、ダ・ヴィンチは彼を見て、絵を取り戻すように頼みます。ヘンリーは容赦し、泥棒を追いかけます。馬に乗った追跡が続き、ヘンリーは勝利しましたが、彼と泥棒はその過程で近くの川に落ちました。彼は絵を返します、それはであることが判明しました モナリザ、そしてキャプテンローランが率いるロイヤルガードによって逮捕されます。ローランはヘンリーにダヴィンチが誰であるかを伝え、ヘンリーはダヴィンチが彼を助けることができることに気づき、ガブリエラとの取り決めの結婚から父親と話すのを手伝ってくれるようダヴィンチに頼みます。

マルグリットとの彼の最初の出会い

近衛兵とレオナルドダヴィンチと一緒に城に戻る途中、ヘンリーはダニエルが住んでいる邸宅に立ち寄り、盗んだ馬を返します。彼は、マルグリットとジャクリーンが家から出て行く前に、ダニエルとロドミラとの出会いについて説明します。マルグリットは、彼女の卑猥な大きなブローチを胸につけています。ヘンリーは女の子をほめたたえます。それから彼はロドミラに、スペインの王女との婚約に関して新たな展開があったと語った。彼の目はマルグリットのブローチに描かれ、彼は去る前にそれをほめたたえます。

ダニエルとの2回目の出会い

ヘンリーは城で再びダニエルに遭遇しますが、今回は彼女が召使いのモーリスの釈放の交渉に失敗しました。ヘンリーは彼女を認識していませんが、彼女の勇気と率直さに打たれ、モーリスの釈放を命じました。それから、彼はトマス・モアの引用に興味をそそられて、中庭を横切って彼女を追いかけます ユートピア、そして彼は彼女が彼に別名コンテスニコールデランクレットを与えるまで彼女の名前を繰り返し尋ねます。彼らはヘンリーの母親であるマリー女王に邪魔され、ダニエルは逃げ出し、ヘンリーは戸惑い、失望したままになります。

マリーはヘンリーを父親のフランソワ国王に連れて行きます。フランソワ1世は、ヘンリーが自分の国への義務を真剣に受け止めていないことを叱り、ガブリエラ王女との結婚を要求します。ヘンリーはそれが彼の人生であると主張し、暴走する前にフランスの皇太子としての彼の立場を拒否します。

ボールの計画

その夜、ヘンリーと彼の母親は一緒に庭を歩きます。ヘンリーは「ComtessedeLancret」が誰であるかを彼女から見つけようとしますが、失敗します。フランシスは彼らに加わり、ダヴィンチに敬意を表して仮面舞踏会を投げていることを発表しました。王はヘンリーに妥協案を提示します。彼は仮面劇の前に愛を見つけるか、ガブリエラと結婚します。ヘンリーはこの申し出を受け入れます。

川で、ヘンリーはレオナルドダヴィンチとソウルメイトの性質について話し合います。次に、ダヴィンチの最新作である水の上を歩く靴を試してみます。ダヴィンチは濡れたダニエルを連れて戻ってきます、そしてヘンリーは彼女に彼のマントを提供します。彼とダニエルは話し、彼らは恋に落ち始めます。ダニエルが急いで去ったとき、ヘンリーは再びがっかりしました。

後になって、ヘンリーは、社会の悪についての「ニコール委員会」の演説の結果として、父親に犯罪者と債務者の奴隷化をやめさせたことが判明しました。

市場

翌日、ヘンリーはマークイス・デ・リモージュとテニスをします。試合中、彼は後ろ向きに観戦中の群衆の中に落ちます。彼はすぐに、彼がハンカチを返すことを期待して、ハンカチでいっぱいの彼のダブレットを詰める十数人の女性に急いでいます。不満を持って、ヘンリーは代わりにそれらを彼から拾い上げて地面に投げます。マーガレットは彼にボールを渡すので、もう一度ヘンリーの注意を引く。

その後、市場で、ヘンリーはマーガレットと一緒に歩きます。彼は彼女にチョコレートを提供し、マルグリットがチョコレートを自分で取る代わりに彼女の口を開けると、王子に礼儀正しさからチョコレートを自分で口に入れるように強いることに不快感を覚えます。ヘンリーがド・ゲンツの使用人であるルイーズとポーレットに会うと、屋台でダニエルを認識する前に、彼は鶏を顔に投げつけます。

ダニエルとの彼の3回目の会議

その日曜日、ヘンリーは彼に会うためにそこに群がる多数の求婚者のために教会を避けます。ダヴィンチを探している間、彼はダニエルによって飛ばされている発明者の凧を見つけます。彼はギュスターブに乗り、ダヴィンチを求め、若い画家が「ニコール」はロドミラデゲントの邸宅に一人で住んでいると彼に話すと興奮します。彼はすぐにそこに乗り、ダニエルに修道院に同行するように頼みます。そこで、彼は本と学習に対するダニエルの情熱に夢中になっています。

帰り道、キャリッジホイールが壊れます。最初、ヘンリーはダニエルの提案を嘲笑しますが、少し説得した後、彼はそれに同意します。しかし、彼らは道に迷うので、ダニエルは下着の崖を登って城を見つけます。ヘンリーは彼女のアマゾンの資質に感銘を受けています。それから、ジプシーは後ろから彼を待ち伏せします。そのうちの1人との剣闘の後、ヘンリーはダニエルを手放すために降伏しました。ダニエルがジプシーのリーダーと契約を結んだ後、彼を背中に連れて行ったとき、彼は再び恥ずかしくて感動しました。ジプシーは彼らを食事に招待し、ヘンリーが彼女の家を護衛する前に、彼とダニエルはその夜、話し、飲み、そしてゲームをします。彼らが別れる直前に、ヘンリーはダニエルに翌日アンボワーズの廃墟で彼に会うように頼みます。

ダニエルとの彼の4回目の会議

翌朝、ヘンリーは両親を起こして、人々のために大学を建設したいと宣言し、ジプシーはボールに招待されます。

その後、彼はダニエルと会う。彼はダニエルの動揺した表情を完全に知らず、アンボワーズでの幼少期と大学建設のプロジェクトについて興奮して語り、ダニエルへの愛を宣言します。ダニエルはまだ「ニコール」だと思っています。&#160ダニエルが急いで去ったとき、彼は混乱しました。彼が家に帰ると、彼の母親の女王は、ロドミラによれば、「ニコール」はベルギー人と婚約していると彼に知らせます。ヘンリーは激怒して動揺しています。

ボール

ヘンリーは最初はボールに参加せず、代わりに空の廊下で沈むことを選択します。仮面劇に戻って、ダニエルが見事な衣装で到着したとき、彼はスペインの王女との婚約を発表しようとしています。しかし、ロドミラがダニエルが実際に誰であるかを議会全体に発表すると、ヘンリーは当惑し、冷たく彼女を拒否します。ダヴィンチは彼が城の胸壁をやめているのを見つけ、ダニエルをひどく扱ったことで彼をかみ砕きます。ダヴィンチが去った後、ヘンリーは芸術家が残したダニエルの靴を熟考します。

ボールの後、彼はガブリエラと結婚しようとしていますが、彼女が泣いている理由は彼女が別の男を愛しているからだと気づきます。これに触発されて、彼はダニエルを見つけるために教会を去り、彼女がピエール・ル・ピエウに売られたことを知ってぞっとしました。彼は彼女がすでに自分自身を救ったのを見て驚かず、彼女にプロポーズする前に彼女の許しを請う。

エピローグ

ロドミラが法廷に連れて行かれ、ダニエルから罰を受けると、ヘンリーはにっこり笑う。レオナルドがダニエルに結婚式のプレゼントを贈った後、彼女とヘンリーはキスをします。


チャーターされていない水 - (言及された)
キャサリン女王はナルシス卿にリーザ女王がスペインに戻ったことを知らせましたが、彼女は幸せではありません。キャサリンは彼女に知らせた ヘンリー王子 彼はカトリック信仰のためにトルコ人と戦っていたので、フランスへの帰国は遅れていた。彼女を喜ばせる何か、彼女は非信者の虐殺が好きでした、しかしそれでも彼女は彼の兄ではなく、王位にアンリを望んでいます。リーザは、ヘンリーが遅れている間、チャールズ王が王であり続けることを許可しました。その間、彼女はメアリーとダーンリーの結婚式に出席するように要求しています。彼女はフランスとスペインの両方がカトリック連合を支持していることを代表していると主張した。

より良い男
ナルシス卿はキャサリン女王に、ニコール・タッチエットが適切な女性になりつつあり、彼女は遊女になりたいと言っています。その見返りに、彼女はチャールズを彼らのために導き、彼を一列に並べます。しかし、リーザはまだチャールズを王位から外すことを望んでおり、アンリはフランスのカトリックを維持する人であると信じています。そして、彼女に問題を処理させることに同意した後、リーザは彼女の後ろに行き、彼女はアンリに直接手紙を書きました、彼はスペインが王位に彼を望んでいることを知って、トルコ人の彼の最近の敗北から新鮮な今フランスに向かっています。

その後、アンリが到着し、チャールズが具合が悪く、すぐに必要とされたというリーザの手紙を座った。彼の母親は彼を保証しました、彼の兄弟はかなり回復していて、退位することはありません。

デッドオブナイト
アンリ王子 彼はより良い王になるだろうと主張している。リーザは、チャールズが頭の中で正しくなかった、そして彼が必要とされたと言いました。

シェイクダウン
キャサリン女王は息子のチャールズ王に、彼を強くすることで彼を守りたいと言いましたが、彼は彼が弱いと主張し、あなた以外の誰もがそれを見ることができます。最初にリーザ、次にアンリ。彼はイングランドにそれや彼自身の人々を見せることができなかったので、彼は恐れている真実を隠すためにそれらの頭を切り落とすように命じました


旅路の果て
キャサリン女王は息子たちにチャールズ王と アンリ王子 彼らの妹リーザがそれらを使用し、それらを互いに対立させたこと。


コンテンツ

魅惑の森の王国では、ザビエル王の息子であるヘンリー王子が王位継承順位5位です。ある日、城で彼と彼の父親は、訪問に来た北の王女、エヴァ王女を楽しませています。彼は、小麦粉を運ぶ製粉業者の卑劣な娘であるコーラに出会います。コーラは、床全体に小麦粉をこぼし、エヴァのスリッパを台無しにしたことで非難されていますが、コーラを支持するのは、女の子が害を及ぼすとは思わないと言った唯一の人物です。しかし、ザビエル王がコーラにひざまずいてエヴァに謝罪した後、彼らが中庭を出るとき、彼は残りの王族と一緒に立ち去ります。その後、エヴァに敬意を表して開催された仮面舞踏会でコーラに出会い、ザビエル王が割り込むまで二人は踊ります。彼女が主張するようにストローを金に紡ぐことができれば、彼の結婚の手はコーラに約束されます。コーラは法廷全体の前で金を紡ぐことによってそれを証明し、謙虚なヘンリーは結婚してコーラに手を差し出し、彼女はそれを受け入れます。ヘンリーと彼の妻には、最終的に娘のレジーナが生まれました。王宮の前で、コーラは娘がいつか女王になると宣言します。 (「粉ひきの娘」)

数年後、ヘンリーとコーラは、コーラの杖からの魔法で意識を失った後、レジーナの側に急いで行きます。彼は妻に、彼女が彼女の杖を引き出しに閉じ込めたので、これがどのように起こったのか尋ねました、そしてコーラは彼女が彼女と一緒に鍵を持っていくのを忘れたことを残念ながら認めます。娘の痛みを引き起こしているのは彼女の魔法なので、コーラは彼女を傷つけていないレジーナの近くの誰かだけが彼女を癒すことができると推論します。彼女は後に、かつてあきらめた最初の子供であるゼレナと一緒に戻ってきます。女の子は魔法でレジーナを治します。レジーナが再び元気になった後、ヘンリーは彼女の奇跡的な回復に驚いて、コーラにゼレナのアイデンティティについて質問しますが、彼女は真実を明かしません。 ("姉妹")

この数年後、彼は娘の従者を務めています。故郷で、彼はレジーナが乗馬のデモンストレーションを行うのを誇らしげに見ていますが、コーラはそれがあまりにも女性らしくなく子供っぽいと感じています。彼がレジーナを守ろうとすると、彼の妻は彼に娘を甘やかすのをやめるようにひそかに頼みます。レジーナは母親の言葉に腹を立てて立ち去ろうとしますが、コーラは魔法で彼女を止めます。どうしようもなく、ヘンリーはコーラが空中に浮かんでいるのを見て、彼女が「良い」ことに同意するまでレジーナを宙に浮かせます。コーラは娘に女王を任命するという彼女の探求において、レジーナがレオポルド王の娘である白雪姫を救助する状況を意図的に設定しました。その後、ヘンリーも出席している間、感銘を受けたレオポルド王はレジーナの結婚を求めます。提案の直後、言葉のないレジーナは助けを求めて父親をちらっと見ますが、コーラが娘に代わって結婚を受け入れる間、彼は黙っています。 (「うまやの青年」)

差し迫った結婚式が近づくと、レジーナは父親に、自分の将来についてどれほど不幸かについて相談します。彼女は母親のようになりたくないので、コーラがどうやってこのようになるのかと尋ねます。漠然と、ヘンリーは魔法の本を通してコーラの魔法を教えた男がいたことを思い出します。 (「私たちは両方です」)

レジーナがレオポルド王と結婚している間、彼女の夫は彼が解放した魔神を彼の3つの願いのうちの1つで家に持ち帰ります。魔神は一目で彼女に恋をし、レジーナは彼女の愛のない結婚から逃れるために彼女の利点に彼の夢中を使用します。彼女は彼への「愛」を日記に書いています。レオポルド王はエントリを読みますが、彼女が追いかけている男が魔神であることに気づいていません。怒って、彼は彼女を城に閉じ込めた。娘の命を恐れて、ヘンリーは毒蛇が入った箱を魔神に届け、レジーナが自由になる唯一の方法だと言ってレジーナの部屋に持っていくと期待している。結局、レジーナは魔神をだましてレオポルド王を毒蛇で殺しました。 (「毒樹の果実」)

ダニエルの死の記念日に、ヘンリーは彼女が彼女の城の近くの敷地で行われている結婚式を中断するとき、レジーナに同行します。彼女は彼らにそうする許可を与えなかったので、特にそれが誰の記念日であるかを考えると、彼女の父親が彼女に過剰反応しないように頼んだので、彼女は新郎の心を引き裂きました。レジーナは今日が何日かを思い出させるために彼にスナップします、そして彼女が彼女の弱さの彼のほのめかしに腹を立てるにつれて、彼女は新郎の心を押しつぶします。馬車に戻ると、彼女は父親を置き去りにする前に、自分の帰り道を見つけるように冷たく彼に言いました。後で、ヘンリーが寝室でレジーナの髪をブラッシングしている間、コーラは入って来て、娘と話すことができるように外に出るように彼に軽く言いました。 ("母親")

白雪姫が隠れていると噂されている村にレジーナを連れて行くと、ヘンリーは雪を殺すと彼女の被験者の目には不利になり、彼女は女の子を慈悲として惜しまないようにすべきだと提案します。レジーナは彼のアドバイスを拒否し、小屋に入って雪の心を引き裂きましたが、彼女の代わりにおとりのダミーを見つけました。後にレジーナの宮殿で、ヘンリーは娘を導き、コーラの魔法の本の1つから、雪を見つけるためのアイテムに連れて行く地図を手伝ってくれると信じさせます。彼らが想定されたアイテムへの出入り口に到達すると、彼はティンカーベルからその場所について学んだことについてきれいになります。ドアの内側で、ヘンリーは彼女が最も愛する人を指すことができる矢を持っているキューピッドの像を彼女に見せます、しかしレジーナは彼女の父親の彼女の認識された裏切りに腹を立てます。次に、レジーナは矢印に逆の呪文をかけ、彼女を最も嫌いな人に導きますが、彼女とヘンリーはそれを宮殿に戻し、矢印がレジーナを鏡に導き、彼女が最も嫌いな人が自分であることを証明します。 (「23ページ」)

レジーナの誕生日の日、ヘンリーは彼女が白雪姫について仕事をしているのを見て、復讐をあきらめるように彼女を説得しようとします。白雪姫の代わりに、彼はコーラのせいを指摘します。コーラはダニエルの心を引き裂いてレジーナを容赦のない女王に成形しました。彼は、レジーナが復讐を望んでいる限り、コーラは常に彼女を捕らえていると主張している。レジーナは彼の言うことを聞かないので、ヘンリーは魔法の鏡を押してコーラを召喚します。彼は彼女にレジーナが先に進むのを手伝ってほしいと思っていますが、コーラがこれに興味を示さないとき、彼は会話を終わらせようとします。コーラは彼を止めるために近くの見ているガラスに再び現れます、しかし、彼は白雪姫と話す彼の意図を発表します、そして彼はもうコーラの助けを必要としないと言います。彼には知られていないが、コーラを召喚することで、彼女は鏡を通して魔法の森に再び入ることができる。ヘンリーは森の中で白雪姫とのミーティングを設定しますが、ヘンリーを装ったコーラが最初にそこに着きます。本物のヘンリーの到着は、コーラに心を奪われた白雪姫の気をそらします。コーラがレジーナにハートを渡す前に、ヘンリーは密かにハートを白雪姫に戻し、ブラックナイトのハートに置き換えます。レジーナがこれを発見した後、ヘンリーは自分の利益のためにそれをしたと主張します。白雪姫を殺すと彼女は永遠に暗くなり、コーラのようになるからです。彼はレジーナが他の場所で幸せを見つけることができると信じています、そして白雪姫を手放すことによって、レジーナは償還のチャンスがあります。ヘンリーは、彼女が彼の干渉で彼を罰することを知って、彼がどうなるかは気にしないと主張し、レジーナは彼をミニチュアサイズに縮小し、箱に閉じ込めます。レジーナは父親がコーラについて正しかったことに気づき、不可逆的な呪文を唱えて見た目のガラスのポータルを封印し、魔法の鏡に母親を連れ去らせます。コーラが不思議の国に引き戻される前に、彼女は箱を盗み、レジーナをヘンリーから永遠に切り離します。 (「冥への魂」)

レジーナは父親を救う他の手段がないため、元ポータルジャンパーのジェファーソンを雇い、不思議の国に到達するために彼と契約を結びますが、ハートの女王が人ではなく彼女からアイテムを盗んだと言ってジェファーソンをだまします。ハートの女王のヘッジ迷路の中心に到達した後、レジーナはヘンリーが入っている金庫から箱を取り出します。不思議の国を出る途中で、彼女はヘンリーにキャタピラーの成長キノコの一部を与えて、彼を通常のサイズに戻します。その時だけ、ジェファーソンがなぜ彼に嘘をついたのかが明らかになります。彼らが不思議の国に来ていたポータルハットは、世界に入る同じ量の人々だけが去ることを許しているからです。その後、レジーナはジェファーソンを不思議の国に閉じ込め、彼女と彼女の父親は魔法の森に戻ります。 ("ハットトリック")

レジーナは白雪姫とチャーミング王子との戦いを繰り広げますが、最終的には捕らえられ、死刑を宣告されます。これが起こる前に、彼は刑務所の独房で彼の娘を訪ね、後に白雪姫によってすぐに止められた死刑執行の目撃者です。レジーナが白雪姫の命令で王国から追放された後、ヘンリーは彼女と一緒に宮殿にとどまります。彼はRumplestiltskinの到着を発表します。Rumplestiltskinは、彼女が最も嫌う人々に危害を加えるためにダークカースを使用するというアイデアをレジーナに与えます。これに、ヘンリーはレジーナを白雪姫とチャーミング王子の結婚式に連れて行くために馬車を召喚します。 (「クリケットゲーム」)

レジーナは呪いをかけようとして、最も暗い魂の毛を集め、お気に入りの馬の心臓を犠牲にしますが、呪文は機能しません。彼女が失敗を見ている間、ヘンリーは彼女に呪いの創造者、Rumplestiltskinと話すように忠告します。彼女がそうした後、レジーナは宮殿で彼女の父と再会します。ヘンリーは話がどのように進んだかについて尋ねます、そしてレジーナが彼女が彼女が最も愛するもの、彼であるものの心をとる場合にのみ呪いが働くと言うとき、彼は唖然とします。彼は彼女がいつも憎しみを持って生きる必要はないことを彼女に納得させようとします、そして彼らの2人は再び新しい人生を始めることができます。涙を流しながら、彼女は同意し、彼を抱きしめます。しかし、レジーナはショックで地面に倒れると心を引き裂きます。彼女の決定を辞任したレジーナは、この世界では決して幸せになれないと謝罪しました。その後、彼女は「ヘンリー、最愛の父」と書かれた墓標でヘンリーを埋め、彼のために黒い花を置きます。 (「あなたが一番愛するもの」)

冥界では、ヘンリーの魂は彼の未完成のビジネスのために進むことができません。レジーナがこの世界に到着した後、彼女はソナイードのエールを使って父親を召喚します。彼女は彼を殺したことに対する大きな罪悪感を抱き、彼の許しを謝罪し、懇願します。彼は彼女を許し、何があっても彼が彼女を愛していることを彼女に安心させます。レジーナは、コーラが今アンダーワールドを離れなければ代償を払うと言ったので、苦しみを和らげるために今できる限りのことをすることを主張します。ヘンリーは、コーラがレジーナを去らせるために彼を使っているだけだと警告しますが、彼は彼女の力が必要なので、彼女にとどまって彼女の友人を助けるようにアドバイスします。その後、レジーナはヘンリーを火の中に押し込もうとしている母親に出会い、レジーナがとどまることを選択した場合の運命を示します。それは燃えるような深淵で燃えることです。ヘンリーが火の輪に引き込まれると、コーラは煙の雲の中でテレポートします。レジーナは、ヘンリーを取り巻く炎が消えて橋が形成される前に、父親の運命に恐怖を感じながら、冥界から移動するように彼を招きます。この場合、ヘンリーは、人生で最大の後悔がコーラに彼女を支配させたことだったので、彼の未完の仕事は彼の娘が人生の正しい道にいることを確認することであったことに気づきます。レジーナが自由になったので安心し、彼は彼女を称賛し、彼が彼女をどれほど誇りに思っているかを述べ、彼女に自分自身であることを思い出させます。彼は養子の孫で同名のヘンリーに会い、できなかったときに彼女を探してくれたことに感謝します。彼は少年に彼女の世話をするように思い出させ、それで彼は彼とレジーナの両方に涙の別れを告げ、ついにオリンパス山の彼の最後の住居に登った。 (「冥への魂」)


メーガン・マークル

Prince Harry began dating actress Markle, star of the television show Suits, in 2016. They met while Harry was attending the Invictus Games in Toronto, where Suits is filmed. In November of that year, Kensington Palace issued a statement confirming their relationship. The statement also requested privacy and respect for the couple after Markle had been subjected to racist and sexist attacks on social media, as well as harassment by paparazzi.

On November 27, 2017, it was revealed that Prince Harry and Markle had secretly gotten engaged earlier in the month. An official announcement said the two would marry the following spring and move to Nottingham Cottage at Kensington Palace in London. Later, it was revealed that the couple would marry on May 19, 2018, in St. George&aposs Chapel at Windsor Castle.

Prince Harry and Meghan Markle.

Photo: Max Mumby/Indigo/Getty Images

News of the engagement was greeted with enthusiasm by other members of the royal family. Prince Charles and the Queen and Duke of Edinburgh all declared they were "delighted" at the announcement, while Prince William and Catherine, Duchess of Cambridge, said they were "very excited for Harry and Meghan," adding, "It has been wonderful getting to know Meghan and to see how happy she and Harry are together."

In March 2018, the デイリーメール reported that Prince Harry would not sign a prenuptial agreement. According to a source, "There was never any question in Harry’s mind that he would sign a prenup. He’s determined that his marriage will be a lasting one, so there’s no need for him to sign anything." Additionally, prenups were not considered to be legally binding in the United Kingdom, though judges were known to take them into consideration during divorce trials.


Prince Henry 'the Navigator'. A Life

Peter Russell's Henry 'the Navigator' is one of those rare books which has had classic, or rather legendary, status even before it was published. It was no secret that Russell was long at work on a full biography of a figure whom he had already drastically redrawn in his Canning House lecture forty years ago (Prince Henry the Navigator, Hispanic and Luso-Brazilian Councils, 1960), and in subsequent lectures and articles. Even his first book, The English intervention in Spain and Portugal in the time of Edward III and Richard II (Oxford, 1955), pointed the way towards this interest in Henry, for both at the start and at the end of his new book Russell makes much of Henry's English ancestry, through his mother Philippa of Lancaster, and of his pride in his membership of the Order of the Garter and in both books his fine mastery of the sources and his understanding of the Spanish as well as the Portuguese dimensions are plain to see.

Fortunately quite a few of Russell's earlier studies of Henry and his era were gathered together in a volume of the Variorum Collected Studies entitled Portugal, Spain and the African Atlantic. Chivalry and crusade from John of Gaunt to Henry the Navigator (Aldershot, 1995). Here already was a title that gave away a good deal about Russell's understanding of Henry as he says in the last words of his new book:


The Gothic tomb he had designed, its representation of himself and everything else about it belonged wholly to the later Middle Ages. So, when all is said and done, did he and all his works. The Henrican discoveries, as well as the way the Prince explained and justified them, are seen to be an entirely medieval phenomenon in which, uniquely, the doctrines of the crusade and the ideology of chivalry came together to make possible, under Prince Henry's direction, a major scientific contribution to European man's knowledge of the wider world about him.

Naturally, the image he presented of Henry in 1960 was not to the taste of a Portuguese régime which sought to identify in the prince one of its greatest national heroes, the founder of Portugal's then still surviving empire, and a scholar who was (it was often suggested) for the art of navigation and the science of geography what Leonardo was for the art of painting and the science of engineering. Indeed, even today the era of the discoveries remains the foundation on which most Portuguese believe their national history rests. Just as for the Catalans a slightly earlier period is seen as the greatest period of national glory, so for the Portuguese the end of the Middle Ages is a time both glorious and highly significant. It was also in this period, as the Portuguese insist with reasonable accuracy, that Portugal established its national boundaries, which have hardly changed since the late Middle Ages, unlike those of every other European state.

But those boundaries do not tell the whole story. Quite apart from the fact that they exclude the region of Galicia, where a language close to Portuguese is spoken, they also do not coincide with the boundaries which Henry conceived for Portuguese power and influence. To the continental lands of Portugal must be added the uninhabited Atlantic islands discovered by his sea captains, colonised by Portuguese and Italians, and made into major sources of wealth, particularly in the case of Madeira, and to some degree in the Azores as well this was mainly as a result of the development of the Atlantic sugar industry. Henry, as Russell shows, was well aware of the financial advantages of sugar production, and he had an uncanny understanding of the fact that Italian merchants were keen, in the early to mid-fifteenth century, to lessen their dependence on eastern Mediterranean sugar and to exploit sources of sugar in western areas such as Granada. So when a group of Venetians, including Henry's eventual chronicler Alvise da Mosto (often wrongly called Cadamosto, by Russell as well as by others), called on the prince in the Algarve, Henry went out of his way to show them examples of Madeiran sugar. And, as Russell surmises, Henry wanted to attract foreign capital after all, sugar production was a complex process, involving elaborate machinery and intensive labour. He did not close his Atlantic voyages to foreign navigators and merchants.

As if founding the Atlantic sugar industry was not enough, Henry can also be blamed for founding the Atlantic slave trade. In the early sixteenth century slaves and sugar would come together to form a tragic combination, and Russell is understandably prepared to allow his own very justifiable feelings to intrude here, when he describes the first public sale of African slaves at Lagos, on the Algarve, in 1444. This he judiciously balances with a survey of the longer history of slave trading in the Mediterranean, particularly in Genoese hands. The horrors of the sale at Lagos, as mother and child were separated while Henry, mounted on his horse looked on (and in due course claimed his royal fifth of the slaves) were not lost on the chronicler Zurara, even though Zurara did not falter in his admiration for Prince Henry. This of course takes us to the heart of Russell's assessment of Henry. He is not, one might say, a very nice man. He proves capable of abandoning his brother to a ghastly death in a Moroccan prison, because Prince Henry is not prepared to honour an agreement to return the city of Ceuta to the Muslims, following the failure of an expedition to Tangier for which he carries much of the responsibility. His refusal to listen to good advice, and his preference for the advice of those in his entourage, is a character flaw that leads on this occasion to disaster.

And yet Russell's Henry is a man with a plan, or rather several interlocking plans: the achievement of great victories against the infidel. Even the settlement of uninhabited Madeira was at one point proclaimed a victory over the unbeliever, though to say this was to lose a sense of reality. Broadly, Henry's schemes can be understood as four projects: one, to gain for himself the crown of Granada or at least a slice of Granadan territory, was completely at odds with Castilian interests, though maybe that was why it appealed to a prince who had an obsessive hatred of Castile. But even the parallel project of Portuguese expansion in Morocco was indirectly hostile to Castile, which had broadly agreed with the Catalans that Morocco should be within its sphere of influence, while the kings of Aragon pursued Catalan objectives in eastern Algeria and Tunisia. The Portuguese plan to attack Ceuta in 1415 had to be kept secret not just so that the Marinid rulers of Morocco would not hear about it at the time, there were rumours that Portugal was fitting out a fleet to capture Málaga, the major port in Nasrid Granada, or Gibraltar, the other Pillar of Hercules facing Ceuta. Moreover, as any reader of L.P. Harvey's authoritative history of Later Islamic Spain, 1250-1500 (Chicago, 1991) will know, the delicate triangular relationship between Castile, Morocco and Granada was placed at risk by Portuguese intervention in Morocco. Ceuta was a prize that Muslim rulers of Spain had often sought to gain for themselves, just as the Moroccans had occasionally reached across to try to grab Algeciras or Gibraltar.

The security of the Straits was a longstanding matter of concern, since on it depended the free movement of Italian and Catalan shipping from the Mediterranean to the Atlantic and, by this time, we can add as well the free movement of Portuguese, Galician and Basque shipping from the Atlantic into the Mediterranean (the first signs of Portuguese shipping in the Mediterranean, according to Heers [Société et économie à Gênes, London, 1979], date from the 1390s, while studies by Elisa Ferreira Priegue have much enlarged our understanding of links between Galicia and the Mediterranean: Fuentes para la exportación gallega de la segunda mitad del s. XV, Santiago, 1984, and Galicia en el comercio marítimo medieval, Santiago, 1988). And if the aim was to capture Ceuta's trade, including its gold trade, as some have argued, that was certainly not achieved: business henceforth by-passed Ceuta entirely, and it became the garrison city which it has remained ever since for although Portugal lost Ceuta in 1580 it was lost to Spain, of which it remains a part, and not to the Moroccans. And even in the fifteenth century the running of Ceuta proved a massively expensive business the main return was prestige, particularly for Henry, whose heroic role in the capture of the city was well known. Throughout Henry's career, Morocco continued to fascinate and attract Henry, who was present at the fall of Alcácer-Ceguer, a not very important fortress between Ceuta and Tangier) to the Portuguese in 1458, as he had been at the fall of Ceuta forty-three years earlier. Equally, antagonism to Morocco presented commercial difficulties: the Atlantic coast was an important source of grain (favoured by the Genoese), and Portugal too had need of food supplies it also needed local Moroccan products for its trade further down the African coast. All this is extremely well explained by Russell.

The third project concerned the Canary Islands. The Canaries were sometimes seen as a jumping off point for penetration into Africa and one of Henry's great obsessions, Russell reveals, was the conquest of the Canary Islands. Russell deftly shows how the Canaries stand for many of Henry's faults and virtues. He displayed little understanding of the logistical problems involved in attacks on islands which, unlike Madeira and the Azores had substantial warlike populations, though it was a clever move to win over some Gomerans to the Portuguese side and to let them help in slave raiding on other islands than La Gomera. Still, the familiar priorities are there: an interest in the islands as a source of slaves a wish, in conjunction with King Duarte, to convince the papal curia to uphold Portuguese claims in the face of existing grants of the islands to Castile a wish to present the conquest of the islands as a crusade, while at the same time Henry was only too glad to entertain Gomeran princes in style, or even to use captive Canary islanders in a dance routine set up in order to impress visiting dignitaries. Russell offers a very clear and well balanced account of the lively debate which arose at the papal curia the Portuguese sought to portray the Canary islanders as brute savages, ignorant of letters and of civilised manners. But this can be set alongside another tradition, going back to a Portuguese expedition to the islands as early as approximately 1341 and to a report on that expedition by Boccaccio, which portrays them as innocent beings living in a state of nature: knowledge of the 1341 expedition seems largely to have evaporated outside Italy by this time, though some Florentine humanists were still interested in it in the fifteenth century (see T.J. Cachey, Le isole fortunate, Rome, 1995, and J.K. Hyde, Literacy and its uses. Studies on late medieval Italy、ed。 D. Waley, Manchester, 1993, pp. 199-202).

What all this points to, as Russell well knows, is that the west African expeditions which, in the very long term, launched Portugal on the route to the Indies and to empire were only one part, and not the major part, of the schemes of Prince Henry, the fourth of the four interlocking schemes outlined here. We see the traditional obsession with the need to find the sources of gold which were believed to fuel the military machine of Islam this can be traced back to the visit of the king of Mali, Mansa Musa, to Cairo in the mid-fourteenth century, during which he scattered so much gold in the streets that there was a bout of serious inflation. Moreover, as Russell is careful to observe (with the help of contemporary portolan charts) the search for the Rio de Oro had a long pedigree, with particular honour being accorded on the map legends to the Majorcan Jaume Ferrer in the 1340's. He reappears aboard his vessel with monotonous regularity on later illustrated charts, such as the mid-fifteenth-century Este world map in Modena.

When the attention switches to da Mosto's reports, and to the visual images that hung in da Mosto's memory such as hippos and giant palm trees, as well as the physical attributes of newly discovered peoples, we are also reminded that what was being discovered was a world altogether different from those, Christian and Islamic, with which medieval Iberians were familiar. But there were certainly periods when African exploration was a secondary concern of Prince Henry and, more to the point, his interest in it was less obviously guided by the wish to convert the native peoples than he liked people in Portugal and western Europe to think. All this is demonstrated by Russell with enormous skill and any summary does not do justice to the subtlety of his approach and the way he shows Henry's ideas developing and changing back and forth.

Russell is keen to disclaim any understanding of Henry's emotional life the real man, he insist, is not easily accessible. Yet in fact he has done much to make him so by revealing the depth of his commitment to holy war against Islam, the callousness of his approach to the violent seizure of slaves on the African coast, the patronage he was keen to extend to his favourites, and his relationship to other members of the royal family such as his nephew and heir Fernando. On his own entourage there will be more to be said, particularly once Ivana Elbl of Trent University in Canada has completed her own study of Henry and his squires. For Russell is often briefer on the social, economic and institutional setting than the subject deserves. He has tried to concentrate as far as possible on Henry, though in the latter stages of the book we are treated to more discursive discussions of subjects such as slavery and what Alvise da Mosto saw on his journeys along the coasts of west Africa. It is a pity that the background in Portugal itself is dealt with so briefly. There are interesting and relevant questions about how the Portuguese navy emerged, and what the role of Italian businessmen was in the emergence of Lisbon as significant centre of trade for some, such as Jacques Heers (Gênes au XVe siècle, Paris, 1961) the commercial ties between Italy and Portugal were weak, even though there was a significant community of Italians in Lisbon, quite well integrated into local business networks. Charles Verlinden, on the other hand, tended to see the Italians as a major source of inspiration for Portuguese, and later for Castilian, methods of colonial exploitation (The Beginnings of Modern Colonization, Ithaca, NY, 1970). Particularly helpful in setting out the antecedents is a small study by Bailey Diffie, Prelude to Empire (Lincoln, Nebraska, 1960), which in fact Russell does not cite Diffie insists on the importance of several centuries of Portuguese fishing and commerce in explaining the career of Henry the Navigator.

Indeed, it is interesting to compare Russell's approach here with that of the author of another book on Henry, also published in 2000 (though the book in question is a shorter version of a work first published in 1994): Michel Vergé-Franceschi's Un prince portugais (Paris, 2000). Frankly, Vergé-Franceschi's work is very disappointing: it is extensively based on Zurara and da Mosto and it makes little attempt to challenge the classic view of Henry as a far-sighted patron of exploration and discovery in fact, it repeats a number of now exploded errors such as the view that a converted member of the Jewish Cresques family of Majorca was the prince's cartographer. Its author does not even cite Russell's earlier work on Henry (though he does mention The English Intervention, mis-spelling Russell's name). The only reason for dwelling on the work is that Vergé-Franceschi devotes some space to the antecedents (such as the role of Portuguese fisheries in the development of the fleet) and to wider problems of navigation, issues which tend to be summarised rather briefly in Russell's book. The obvious explanation is that Russell did not want to make a long book even longer on the other hand, there are certainly passages where cuts could have been made, because points are repeated within a page or two. Thus on pages 90 and 91 we are twice told that Zurara rejoices in the quantity of wood found on Madeira (whose name means just that: wood), so that it will be possible to take it back home and build houses several stories high back home in Portugal. Da Mosto's interest in dragon's blood (a dye extracted from trees found in Madeira's neighbour Porto Santo, and in the Canaries) is also mentioned twice not many pages apart. Clearly a book so long in the making has gone through many recensions, and to some extent we can identify the different layers in the way the author returns to favourite themes and repeats what are rarely anything but fascinating points. In any case, some room could have been found for more material on the context. And, while Yale are to be congratulated on producing such a handsome volume at such a reasonable price, it is also a pity that there are so many misprints the last chapter seems especially riddled with them, and they should be corrected before a paperback edition is issued, which will, it is to be hoped, also include the excellent colour illustrations. This problem, along with that of occasional repetition, suggests that Yale have not sustained the meticulous standard of copy editing characteristic of some other leading American university presses.

Vergé-Franceschi accepts that the famous panel of St Vincent in Lisbon attributed to the painter Nuno Gonçalves contains a portrait of Henry along with the rest of the court and Yale have chosen this portrait for a very attractive book cover. Russell is somewhat sceptical about this identification. Quite helpful here is a book by Anne Francis, Voyage of Re-discovery (Hicksville, NY, 1979), which seeks to identify each of the figures in the painting without denying that there are infinite problems in so doing. But we can take this painting as an emblem of the Henry problem. Not merely his portrait but the so-called School of Navigators at Sagres (above all its 'wind rose', marked out on the ground in the Sagres complex) and James of Majorca go up in smoke. Yet, far from being left with charred remains, Russell provides us with a living portrait of the career and obsessions of a man who, unwittingly - and that is the point - opened the way to the Indies. The image favoured by modern Portuguese sculptors is of a far-sighted scientist gazing across the open Ocean at the unknown - or not so unknown, because of course he can sense Portugal's destiny out there in the Great Blue Sea. Now the hero's vision is narrowed. His human faults are identified. This is not merely henceforth the standard study of Henry it is also a book with wide ramifications for the study of fifteenth-century Europe and for the study of the early phases of European expansion. And, on top of that, it is immensely enjoyable and readable, a model of scholarly history, well based in the sources, which is also accessible to a wider audience.


ビデオを見る: 60 דקות של דרדסים אוסף 1 הדרדסים