東周刀

東周刀


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


西暦前770年に、周王国の首都はHaojing(西安市の長安郡)からLuoyi(現在は河南省洛陽として知られています)に移されました。

これは(西周王朝とは対照的に)東周王朝の始まりをもたらしました。これは、羅井がハウジンの東に位置していることにちなんで名付けられました。 25人以上の王が東周王朝を統治し、全部で515年続きました。 [ 要出典 ]

西周王朝の最後の王である幽王の死により[3]、皇太子は鄭、リュ、秦、申侯の貴族から新しい王と宣言されました。彼は周王の平王でした。彼の治世の2年目に、QuanrongがHaojingに侵入したとき、彼は首都を東のLuoyiに移し、西周王朝の終わりを示しました。東周王朝の前半、紀元前771年から476年頃は春秋時代と呼ばれ、その間、ますます多くの公爵と侯爵が地域の自治権を獲得し、ルオイの王宮に反対し、彼らの間で戦争を繰り広げました。紀元前475年から221年までの東周王朝の後半は戦国時代と呼ばれ[3]、周王は次第に権力を失い、単なる表彰台として統治しました。

首都を東に移動した後、周王家は衰退の状態に陥りました。また、ピン王が父親を殺したという噂が広まるにつれて、ピン王の人気は低下した。家臣がますます強力になり、他のライバル国を打ち負かすことによって彼らの地位を強化し、近隣諸国からの侵略を増やすと、周王は国を支配することができませんでした。常に、彼は助けを求めて強力な家臣に頼らなければならないでしょう。最も重要な家臣(後に12人の家臣として知られる)は定期的な会議に集まり、外国のグループや不快な貴族に対する軍事遠征などの重要な問題を決定しました。 [4]これらの会議の間に、1人の家臣の支配者が時々覇権を宣言されました。チーの管仲首相は、「王を畏れ、野蛮人を追放する」という政策を開始した(中国語:尊王攘夷、尊王攘夷を参照)。それを採用し、それを順守して、チーのデューク・フアンは国からの野蛮人の脅威を打ち負かすために家臣を集めました。戦国時代、家臣の王権を求める指導者の多くは、周王家の影響力をさらに制限していました。 [5]

西暦前635年、大王子の混沌が起こりました。周の襄王はジンの文公に助けを求めた。彼はダイ王​​子を殺し、河内とヤンファンの支配で報われた。 [3]西暦前632年、周の襄王は、ジンの文公によって、建都での家臣の会議に出席することを余儀なくされました。 [3]

西暦前606年、荘王は初めて「大釜の重さ」(问鼎之轻重)について尋ねましたが、周大臣の王孫男(王孙满)によってのみ拒絶されました。 [3]そのような質問をすることは、当時、王朝の力への直接の挑戦でした。

周公のナン王の時代、周公は、残りの王領でさえ、ライバルの封建領主が率いる2つの州または派閥に分割されたため、ほとんどすべての政治的および軍事的権力を失っていました。に位置し、東周は、ChengzhouとKungを中心にしています。赧王は、西暦前256年に秦が証言録取して死ぬまで、59年間、外交と陰謀を通じて弱体化した王朝を維持することができました。 7年後、西周は秦に征服されました。 [3]

この期間は、主要な工具製造材料が期間の終わりまでに鉄になったため、中国の歴史に大きな転換をもたらしました。東周時代は中国の鉄器時代の始まりであると信じられていました。

人口の連続的な増加とともに農業にかなりの発展がありました。土地や他の資源を奪い合うために家臣の間で絶えず戦いがありました。人々は銅貨を使い始めました。教育は民間人にとって普遍的なものになりました。貴族と民間人の間の境界はおさまりました。社会の革命的な変革が起こっていましたが、周王朝によって作られた家父長制はもはや適応できませんでした。 [6]

    — Ji Yijiu(772 BCE–720 BCE)— Ji Yuchen(770 BCE–760BCEまたは771BCE–750 BCE)— Ji Lin(719 BCE–697 BCE)— Ji Tuo(696 BCE–682 BCE)— Ji Huqi( 681 BCE–677 BCE)— Ji Lang(676 BCE–652 BCE)— Ji Zheng(651 BCE–619 BCE)— Ji Renchen(618 BCE–613 BCE)— Ji Ban(612 BCE–607 BCE)— Ji Yu( 606 BCE–586 BCE)— Ji Yi(585 BCE–572 BCE)— Ji Xiexin(571 BCE–545 BCE)— Ji Gui(544 BCE–520 BCE)— Ji Meng(520 BCE)— Ji Gai(519 BCE– 477 BCE)— Ji Ren(476 BCE–469 BCE)— Ji Jie(468 BCE–441 BCE)— Ji Quji(441 BCE)— Ji Shu(441 BCE)— Ji Wei(440 BCE–426 BCE)— Ji Wu (425 BCE–402 BCE)— Ji Jiao(401 BCE–376 BCE)— Ji Xi(375 BCE–369 BCE)— Ji Bian(368 BCE–321 BCE)— Ji Ding(320 BCE–315 BCE)— Ji Yan (紀元前314年から紀元前256年)

期間の名前は、 春秋年鑑、紀元前722年から479年までの魯の状態の年代記であり、伝統は孔子と関連しています。

この期間中、ますます多くの公爵と侯爵が事実上の地域の自治権を獲得し、羅井の王宮に反対し、彼らの間で戦争を繰り広げたため、さまざまな封建国家に対する周王権は衰退し始めました。最も強力な州の1つであるジンの段階的な分割は、春秋時代の終わりと戦国時代の始まりを示しました。

戦国時代は、春秋時代に続き、秦の統一戦争で終結した古代中国の歴史の時代でした。これらの戦争は他のすべての候補国の併合をもたらし、紀元前221年の秦州の勝利で完了しました。それは秦国家が秦王朝として知られている最初の統一された中国帝国になったということを意味しました。


翡翠の組成

中国で古くから使用されている翡翠石は、結晶性ケイ酸カルシウムマグネシウムであるネフライトで、純粋な状態では白色ですが、主に不純物が存在するため、緑色、クリーム色、黄色、茶色、灰色、黒色、またはまだらになっている場合があります。鉄化合物。中国語は一般的な用語を使用しました ゆう ネフライト、ボウエナイト(蛇紋石の一種)、ジェダイトなど、関連するさまざまな翡翠のような石をカバーします。新石器時代には、紀元前4千年半ばまでに、太湖(江蘇省)の翡翠が南東部の文化グループによって使用され始め、北東部の遼河沿いの堆積物(「Xiuyan翡翠」と呼ばれる、おそらくボウエナイト)が使用され始めました。紅山文化によって利用されました。歴史的に、中国のネフライトの主な供給源は、翡翠が岩の形で見られる現在の中国北西部の新疆ウイグル自治区のヤルカンドとホータンの河床でした。 18世紀以来、中国はミャンマー北部(ビルマ北部)から鮮やかな緑色のジェダイト(別名 feicui、または「カワセミの羽」)は、ネフライトよりも硬いがそれほど頑丈ではない粒状のナトリウム-アルミニウムケイ酸塩です。鋼や長石のような硬度を持っている翡翠は、金属製の工具で彫ったり切ったりすることはできませんが、通常はブロックまたは薄いスラブ。


重要な中国東周王朝の青銅製の剣、刻印されたスクリプトマーク530 mm

これは、古代中国の戦国時代の非常に珍しい装飾と台本の青銅の剣です。
円形の皿柄柄の上に2つの円形フランジを備えた長い先細りの刃柄
ファセットガードが飾られています。

期間:東周王朝、戦国時代(紀元前475〜221年)
日付:ca。紀元前4〜3世紀
文化:中国
ミディアム:ブロンズ全体的な緑青は深緑色です
寸法:53cm
状態:良好、再生品なし
来歴:美術館のコレクションの一部であるドイツのコレクション
オーストリアのコレクションより。

紀元前770年から紀元前221年の秦王朝を経て中国が春秋に統一されるまでの期間と戦国時代は漢王朝までさかのぼることができます。ただし、この分割は、その理由として広範囲にわたるイベントが見つからなかったため、より伝統的な性質のものです。これが、まさにこの部門が置かれるべきときに歴史の中で物議を醸す議論があった理由です。たとえば、宋王朝の重要な歴史書は、分割の日付を紀元前403年、したがって70年以上後のものとしています。
戦国時代は、周王朝東部の王の権力が失われ、その王子たちが自分たちを王と宣言した後に始まりました。

重要な情報。
サプライヤーは、このロットを合法的に取得したことを保証します。

Catawikiによってファイルに保持されている来歴の声明

重要な情報:
売り手は、彼がこれらのアイテムを出荷する権利があることを保証します。
売り手は、必要なすべての許可と文書を手配します。
これに2日以上かかる場合、売り手は買い手に通知します。


成果

東周時代、社会は大きな変化を遂げていたため、多くの紛争が発生しました。多くの人が社会の変化に対して独自の態度や意見を持っていました。彼らは独自の教義を発展させ、多くの信者がいました。さまざまな教義が影響を及ぼし、互いに競争しました。主な流派は、孔子が設定した儒教、老子が設定した道教、墨子が設定した墨家、韓非子が設定した法家でした。これらすべての考え方は、世代から世代へと中国の人々に影響を与えてきました。

農業では、鉄の道具が採用されました。鉄のくわや斧のようないくつかの道具は農業で広く使われていました。鉄器の使用は、社会的生産性の著しい改善をもたらしました。耕作に牛を使用することにより、農業はさらに発展しました。農業の進歩に伴い、手工芸品と商業が同時に発展しました。

建築技術も最上級でした。建築の創始者の一人である公輸盤は、春秋時代に住んでいました。建てられた宮殿は壮大で壮観でした。宮殿の建物にはタイルと青銅の装飾が使われていました。

コミュニケーションにおいては、政治、軍事、経済のニーズを満たすために、多くの家臣国は遠隔地へのルートを延長する努力を惜しみませんでした。当時のシルクロードはユーラシア大陸を横断していました。したがって、トラフィックは非常に発達しました。当時はキャリッジが一般的に使用されていました。

翡翠や漆の作品からも見事な成果が見られます。東周はなんと繁栄したのでしょう。


東周

紀元前771年、幽王は地元の反乱軍の領主に支えられて、侵入したクアンロン野蛮人のグループによって殺害されました。王の息子であるピンは皇帝になり、首都をハジン(西安市の長安郡)から洛陽(現在は河南省洛陽として知られている)に移しました。これは、東周王朝の始まりをもたらしました。これは、羅井がハウジンの東に位置していることにちなんで名付けられました。


首都を東に移動した後、周王家は衰退の状態に陥りました。ピン王は人気のある支配者ではなかったため、彼の管轄下にあると思われる人々に対する彼の影響力を制限しました。同時に、他の家臣はますます強力になり、他のライバル国を打ち負かすことによって彼らの地位を強化しました。紀元前708年、当時の周王である桓王は、国境に関連する問題をめぐって、隣接する鄭州の荘公に対して攻撃を開始しました。しかし、荘公は反撃を主導し、桓王の軍隊を首尾よく打ち負かしました。周王家は正式に統治を続けましたが、実際には名前だけであり、最終的には紀元前221年に秦国に引き継がれました。


中国の歴史では、東周王朝は、紀元前770年から紀元前476年までの春秋時代と、その後の紀元前476年から紀元前221年までの戦国時代の2つの部分に分けられます。


春秋時代には180を超える家臣国家が存在すると記録されており、その中で最もよく知られているのは「5つの覇権」です。穆公と宋公。歴史家は、5人の大君主には次のものが含まれると示唆しています:チーのフアン公、ジンのウェン公、ウーのチュ・キング・フー・チャイのキング・チャン、ユエのキング・グ・ジアン。さまざまな州が、他の家臣との戦いを通じて領土を拡大しようとすることがよくありました。


この間、多くの州は、正当性を強化する手段として農業生産の開発にも焦点を合わせました。その結果、青銅製錬、鋳造業、鉱業に関連するプロセスがさらに発展するとともに、鉄の農具や牛の耕作が普及しました。


春秋時代後半には、硬貨も広く使われていました。これは商業の発展、特に手工芸産業の発展を刺激しました。斉国の絹織物と楚州の漆器は、その高度な技量で特に有名でした。この時期には、中国史上有名な職人であるルバンも住んでいました。を含む注目の古代のテキスト NS 春秋年鑑, NS 易経Mo Tse この時にも生産されました。


春秋時代の数々の戦争の後、戦国時代の初期には10の州が設立されました。秦、魏、漢、閻、趙、秦、朱は最強と見なされ、「戦国七雄」として知られていました。それぞれの地域を繁栄させるために、州の指導者たちは多大な努力を払った。国家を豊かで力強いものにすることを目的とした、李李、呉起、商鞅などによって、多くの政治改革が導入されました。社会科学と文化のさらなる発展とともに、経済学と政治への新しいアプローチが導入されました。


農業では、馬の耕作が一般的な慣行として採用されました。農民はまた、土壌の特性と深層耕起に伴うプロセスに注意を払い始めました。これにより、地域の状況に応じてさまざまな作物が植えられました。農民はまた、肥料で土壌を豊かにする方法、より良い種子を選択する方法、植物の病気や害虫を制御する方法、季節の条件に応じて種子を播種する方法を学びました。


ブロンズの製法もさらに洗練され、この時期に制作されたほとんどの作品は、繊細で複雑なパターンで装飾された、軽くて薄いものでした。漆器は独自の独立産業に発展しました。作品は木彫りの土台から作られ、その後、主に黒、赤、黄色、青、紫、白のさまざまな色の漆でコーティングされました。


この時代はまた、文化圏に大きな発展をもたらしました。出版施設の改善により、多くの著作物が広く知られるようになりました。この時期に制作された屈原と宋玉の有名な作品は、後世の作家に強い影響を与えるものでした。


科学の分野では、甘徳や石シェンなどの優れた天文学者が、著名な著書を通じて農業の進歩に大きく貢献しました。 ガンシー興涇.


この間、銅貨と金貨の両方が広く使用されるようになりました。これらは、ナイフ、シャベル、さらに認識しやすい円形など、さまざまな形状に鋳造されました。


州の指導者たちも中央集権的な独裁的な統治システムを確立し始めたのは戦国時代でした。これらの新しい制度、システム、文化的発展の導入により、チー州の林智(現在は山東省の趙市として知られている)、ヤン州のシアドゥ(河北省の江陵県)、チュー州の英(江陵県、河北省)と趙州の邯鄲(河北省の邯鄲市)。


ヨーロッパ人がまっすぐな剣を好んだのに、なぜ曲がった剣が東部の軍隊でより普及したのですか?

剣のデザインにおけるファッションの役割を過小評価することは決してありません。長い剣はエリート武器でした。 (ここでの&#8220Long&#8221は文字通り長さを指し、特定のスタイルの武器を指すものではありません。)エリート武器は、戦うことなく着用するだけでステータスを発表するため、望ましいものでした。

そして、武道の文化では、実際に剣を使って戦闘に費やしたよりも、剣を身に着けて立っていることに多くの時間を費やしました。したがって、彼らの社会的有用性は、なぜ彼らが彼らのように見えたのかを理解するという点で、少なくとも彼らの武力的有用性と同じくらい重要でした。

ローマの前例から受け継がれた中世ヨーロッパの剣のデザイン、特にケルトの長い剣に触発されたデザインであるシュパータ。長い剣として、スパタは高価で騎兵隊に適していたので、貴族の大陸の剣としての地位を非常に簡単に確立し、ヨーロッパの貴族のサイドアームは何世紀にもわたって長く真っ直ぐな両刃の刃で支配されていましたその後。

曲がった刀は、ほとんどの場合、中世の長い刀と並んで存在し、実際、非常に人気があったため、ヨーロッパの刀が一般的に真っ直ぐな十字架のスタイルであったことは事実ではありません。しかし、湾曲した剣は「エリート」の武器とは見なされませんでした。それらは、農民や庶民に関連した農業や鎌型の武器の長い伝統から引き出された、ファルシオンのような短くて安価で実用的な武器でした。

それらは、有用な武器と見なされたとしても、ステータスシンボルとして見下されていました。馬と派手な長い剣を買う余裕のある人でさえ、物事が乱闘で落ちて汚れたときのために、ファルシオンのような短い曲がった剣を持っていることがよくありました。

(ヨーロッパ人が遭遇した)イスラム世界は、ローマ帝国の古代の領域と実質的に重なり、エリートの剣の概念は異なっていませんでした。十字軍の間、アラブの剣は通常、長く、まっすぐで、両刃で、片手でした。

彼らは十字架スタイルの柄が少し少なくなっていますが、それはほとんどがガードのデザインであり、とにかくローマ人からのものではありませんでした。ですから、西洋の剣のデザインをまっすぐな長い剣から遠ざけるための「国際的な影響」の邪魔になるものは実際にはあまりありませんでした。

トルコ人まで。湾曲した「シックルソード」は世界中で知られていましたが、農業労働にルーツを持っていたため、多くの社会的カシェが生まれませんでした。トルコ人は、8世紀頃に、湾曲した剣をエリート騎兵兵器に伸ばした最初の人物だった可能性があります。 (ヤタガンと呼ばれる短いトルコの曲がった剣もありますが、それはほとんど影響を与えませんでした。)

しかし、それでも、アジアの草原の人々は、それらに遭遇したほとんどの文化や帝国によって野蛮人として扱われたので、馬に乗って役立つ長い曲がった剣の存在だけでは、西洋の貴族を説得するのに十分ではなかったでしょう。それはステータスの適切なバッジでした。

しかし、モンゴル人、そしてトルコ人が西アジアの大部分を支配し、独自の帝国を樹立した後、エリート兵器についての認識は変化し始めました。結局のところ、「支配階級に関連する」以外の「エリート」とはどういう意味ですか?トルコ人がしばらくショーを運営した後、彼らの武器のスタイルは「貴族のクール」の一般的な概念を再定義し始めました。 (そして、地域全体で非常に尊敬されているお尻を蹴ることは、確かに彼らの武器の評判を傷つけることはありませんでした。)

これはペルシャやインドのような土地で最も早く起こりました(シミターやタルワールのような武器を私たちに与えました)が、14世紀から19世紀にオスマン帝国が東ヨーロッパに侵入し、支配することで、最終的にヨーロッパにも起こりました。

これは、一般にサーベルとして知られているトルコの剣をヨーロッパで採用することにつながり、私たち自身の文化的パターンにしっかりと根付いているため、トルコの影響をもはや認識できません。

これは、トルコ人を東ヨーロッパから追い出した軍隊をモデルにしたハッサー連隊によって西ヨーロッパで剣が普及したことも一因です。その人気の一部は、実際には反対が真実に近かったときに、それがトルコ人を打ち負かした武器として認識されたことでした。

とてもファッショナブルだったので、19世紀に西洋の軍用剣の支配的なスタイルになった新しい湾曲したサーベルであり、古典的な直刃の両刃の剣(当時はブロードソードと呼ばれていました)はなんとか生き残りましたが、ほとんどが生き残りましたそのため、自身を&#8220sabre&#8221としてブランド名を変更します。 (たとえば、パットンサーベルと1908年のトルーパーサーベルを参照してください。どちらも基本的にはブロードソードを装ったレイピアであり、自分たちをサーベルと呼んでいます。)

(この投稿は多くの分野をカバーしていますが、Swords and Hilt Weaponsは、西部の剣の形への主な影響をカバーする、両方ともAnthony Northによる野蛮人とキリスト教徒、および17世紀のヨーロッパによる剣の幅広い歴史的発展の良い概要です。 )


東周列国志のクロニクル

東周列国志は、明代後期に馮夢竜が書いた中国の歴史小説です。東周王朝を舞台にしたこの小説は、中国王国がより小さな州に崩壊し始め、秦始皇帝によって達成された土地の最初の統一で終わります。
この小説は歴史的価値が高く、中国の文学史において非常に影響力のある歴史小説であると考えられています。
小説は韓国語、タイ語、ベトナム語を含むいくつかの言語に翻訳されています。韓国語版は2003年に作成されました。タイ語版は、1819年にラーマ2世の要請により上級公務員の委員会によって作成されました。ベトナム語版は1933年にNguyễnDỗMucによって作成されました。

東周中国語:東周拼音:東洲770 256 BCは、古代中国の周王朝の後半でした。それは2つに分かれています
それが生み出した影響力は、さらに500年間東周にまで続いた。周王朝の間、中央集権化された権力は春を通して減少しました
五代十国時代907979は、10世紀の中国帝国における政治的混乱と分裂の時代でした。すぐに5つの州
呉吳と呼ばれる州は、呉東吳DōngWuまたはSun Wu孫吳としても知られています。学術的には、三国時代は
呉周中国語:正式には周道として知られている武周中国語:周は南周王朝とも呼ばれます中国語:南周第二周王朝または復元
3つの王国の記録は、後期漢王朝の歴史をカバーする中国の歴史的テキストです。 184 220CEと3つ
東周列国志のクロニクルで言及されているような彼の残忍な行動に苦しんでいる、2つの漢字を持つ牛、バイ
中国の歴史における三国時代の始まりの前。それは南の連合軍の間で西暦2089年の冬に戦われました
呉楚七国の反乱または呉楚七王国の反乱は中国人を単純化した:七国之乱繁体字中国語:七國之亂は紀元前154年に中国に対して起こった
魏としても知られ、三国時代に中国の覇権を争った3つの主要な州の1つでした220280その首都で
チョン。三国時代のクロニクルアキリーズファング。ハンの主権者はまだ南の領土に入ることを望み、それで躊躇しました。譙周が送った
中国語:吳拼音:呉古中国語:ŋʷˤaは西周王朝と春秋時代の州の1つでした。 Gouwuとしても知られていました

シャンイン王朝と周王朝の墓で見つかったホータンの翡翠で作られたアイテムによって示されるように、都市の設立の前の時間。翡翠貿易
Jieqiaoの戦いでの天と地。三国志の人々のリスト陳寿、三国志3世紀の記録Sanguozhi de Crespigny
扶南国と真臘の旧王国から生まれ、東南アジア本土の大部分と中国南部の一部を支配したり、血管を破壊したりしました。
機関。三国時代のクロニクルアキリーズファング。房玄齢他ジンの本、第3巻、ウージンシュウ皇帝の伝記、武帝の年代記は次のように述べています。
中国朱桓の三国時代、呉の東部の軍の将軍朱拠、呉の東部の軍の将軍の三国時代
中央政府は、秦から受け継いだ、司令官として知られる革新と、いくつかの半自治王国を使用しています。これらの王国は徐々に
征服、最初に無力な周王朝を終わらせ、最終的に戦国七雄の他の6つを征服します。その15年は最短の主要な王朝でした
周王の愛王周王の安王周王の鄭王周王のダオ周王の鼎王周の王鳳王魏王の悦王魏王の悼王


剣の歴史

剣は多くの「武器の女王」から呼ばれました。刀としてのこの形容詞には多くのメリットがあり、時代を超えてその多くの形の美しさとそれが飾られてきた芸術を持っていました。刀を作るには多くの技能と高度な知識が必要であり、また刀を効率的に使用する方法を知るには多くの技能と知識が必要でした。刀は非常に長い歴史があり、時を経て進化し、さまざまな形に変化してきました。その結果、多くのグループやサブグループに分類およびグループ化できます。

剣は、刺し傷も重要でしたが(特にローマ時代とヨーロッパでは)、主に切り傷を負わせるために開発された武器です。剣はしばしば旧世界の文明と武器を受け継いだ人々に起因します。剣は、エジプト、アフリカ、カルデア、アジア、ギリシャ以前のギリシャ、ローマ、ヨーロッパの主要な武器の1つでした。地理的な広がりに応じて剣を分類することが可能です。

この分類では、東洋とアジアのグループとアフリカのグループのいくつかの剣がエジプトで生まれたことに注意することが重要です。東洋のタイプの剣は、ヨーロッパの剣と比較して非常に際立った形に進化しました。金属の剣はアメリカとオーストラリアの大陸で発達しませんでした。南アメリカと中央アメリカには、先住民の文化で使用されていた木製の剣(マカナ)がありました。アステカ人は黒曜石の刃で木製の剣をちりばめ、最先端を作りました。

すべての剣を分類するには、世界中で使用されている剣の全体像を把握するために多くのクラスが必要です。いくつかの剣は非常に風変わりで、独自の風変わりなクラスに属しているため、個別に言及する必要があります。典型的なヨーロッパの剣は真っ直ぐで尖った刃を持つものですが、湾曲した剣は中東とアジアで開発されました。両方の剣がエジプトで生まれた可能性が非常に高いです。どちらのタイプの剣もその特徴を保持し、時間とともに多くの異なる形に進化しました。剣は次のグループに分類することができます。

  1. 両刃のストレートソード
  2. 片刃の刀は真っ直ぐまたは曲がっている
  3. 片刃のスパ​​ッドエンドソード
  4. 刃を広げた曲がった刀(シミター)
  5. 内側(凹面)の縁で縁取られた湾曲した先の尖った剣
  6. エジプトのファルシオン
  7. 奇行タイプ(フランベルジュ、死刑執行人の剣など)

刀は片手グループと両手グループに分けることもできます。両手刀とは、両手を使わなければならない刀のことです。このグループには、ヨーロッパのロングソード、ランツクネヒトフランベルジュ、スコットランドの偉大なクレイモアソード、クリーグメッサー、日本の大太刀などの剣が含まれます。片手剣は、片手だけで握ることができるハンドル付きの短い剣でした。
両刃ストレートソード
両刃のストレートソードは、さらに2つのサブカテゴリに分類できます。

葉の形をした刃の剣は、通常は刃の中央で広がり、一点で終わる刃を特徴としていました。真っ直ぐな形の刃の剣は、まっすぐな刃を持ち、点または丸い点のいずれかで終わった刃を特徴としていました。葉の形をした刀は青銅の時代に優勢であり、さまざまな文化の中で多くの異なる地域でも優勢でした。葉の形をした剣は、スペイン、イタリア、ギリシャ、エジプト、さらには英国、スカンジナビア、その他のヨーロッパ地域でも発見されました。青銅時代のこの刃の形の優位性は、おそらく青銅でこのタイプの刃を達成するのがより簡単だったという事実によるものです。刀の形は、槍の頭と短剣の融合に成功したことに由来している可能性もあります。ギリシャのサイフォスの剣は、葉の形をした剣の一例です。葉の形をした刀の平均の長さは約22インチですが、最大32インチの長さの標本が見つかりました。青銅時代には葉の形をした刀身が最も一般的でしたが、真っ直ぐで先細りの刃を持つ青銅の刀もありました。初期のローマの剣も葉の形をしていました。葉の形をした刀は青銅時代の最も支配的な刀です。刀は切断に優れていましたが、信じられないほどの推力も提供しました。最初のローマの剣は葉の形をしていましたが、鉄の発達とともに剣はまっすぐな刃に進化しました。ローマ時代の移行期の良い例は、オーストリアのハルシュタットで見つかった剣です。直定規の鉄製のローマの剣は、ほとんどの帝国で流行していた武器でした。ローマのグラディウスは、初期の長さは約22インチでした。ローマのシュパータはもっと長く、おそらくスペインや他の地域から採用されました。

鉄の剣の次の開発は、「後期ケルト時代」の夜明けでした。これは、タングから先細りになり、丸みを帯びた先端で終わる真っ直ぐな刃の鉄の刃を特徴とする剣が特徴でした。いくつかの剣は鉄または青銅の柄を持っていました。このような剣はヨーロッパの多くの場所で発生しました。最高級の真っ直ぐな剣はスカンジナビアで発見されました。これらの初期および中期の鉄器時代のスカンジナビアの剣は、柄、柄頭、ハンドガードの点でさまざまでしたが、後に今では有名なバイキングタイプの剣に統合されました。バイキングの剣は、職人技と剣術の例でした。それらの多くは、警備員と柄頭に豪華な装飾品を備えていました。ハンドルにはしばしば宝石や金属がちりばめられていました。バイキングの剣は、わずかに先細になり、丸みを帯びた先端で終わる真っ直ぐな刃が特徴でした。剣の長さは平均して34〜44インチです。

真っ直ぐな刀の模様は9世紀に変わり始めました。主な変更点は、刀の長さに比べて刃が狭いことでした。また、柄が長くなり、クラシックなクロスガードを彷彿とさせます。刀の柄柄は重くて丸く、しばしば非常に華やかでした。この移行期間中のいくつかの剣は、いくつかのバイキングの剣の特徴といくつかの新しい十字形の特徴を備えていました。 This “transitional sword” continued to evolve into the knight’s sword or arming sword, which featured the classic, cruciform characteristic. The arming sword was a double-edged, single-handed sword that was very common during the Middle Ages, between 11th and 14th century. The arming sword was the standard sword carried into battles. This sword was light and had an excellent balance. The sword was designed more for cutting than thrusting. The length of the sword varied, measuring between 30 inches to 32 inches. With time, knights began to wear heavier armor and this was one of the reasons for continued evolution of the sword. Larger and longer swords were needed to deliver either blunt trauma through the armor or to pierce the armor. This led to development of the longsword.

Between 13th and 17th century the straight sword became longer as it measured between 3ft to 4’3”. Longswords featured the classic, cruciform hilts with two-handed grips that measured 10 to 15 inches in length. The blade of the longsword was double-edged and measured between 40 to 48 inches in length. The weight of the longsword was between 2.5 to 5lbs. In combat, the swords were used for thrusting, cutting and striking using all parts of the sword including the crossguards and pommel.

One of the most famous two-handed swords was the claymore sword. The word claymore is derived from the Gaelic word “claidheamh mòr” meaning “great sword”. The name claymore actually refers to two types of swords. One of the swords is the two-handed longsword and the other one refers to much shorter and single-handed basked-hilted sword. The basket-hilted claymore sword was first used in the 16th century. This type of sword is still used as a part of the ceremonial dress of the Scottish highland regiments. The two-handed highland claymore sword was used during the late Medieval Age and in the Renaissance. This longsword was used in the wars between Scottish clans and the wars with the English. The Scottish claymore had distinctive design that featured a cross-hilt with downward sloping arms. The arms of the cross-hilt often ended with four-leaf clover design. There were also other, less known, claymore swords that had a very different, clamshell hilt design. An average, two-handed claymore sword was about 55 inches in length where the blade part measured 42 inches and the hilt measured 13 inches. The weight of the claymore was about 5.5lbs.

The basket-hilt claymore sword (circa 1700) could be either single-edged or double-edged. The sword was much shorter as it was single-handed sword with blade between 30 to 35 inches in length. The weight of the sword was ranged between 2-3 pounds. The basket hilt of the sword protected the entire hand of the person wielding the sword. The basked was often lined with red velvet and often it had tassels on the hilt and pommel for decoration.
The only straight and double-edged sword that was in use in Japan is the tsurugi. The name tsurugi also referred to Chinese straight and double-edged broadswords.
A rapier is a slander and sharply pointed sword that was used for thrusting attacks. Rapiers may feature two cutting edges. The blade might be sharpened on its entire length or from the middle of the blade to the tip or completely without a cutting edge (estoc). The Rapier was very popular in Europe between 16th and 17th century. Rapiers usually featured very complex hilts that were designed to protect the wielding hand. The word rapier was not used by the Spanish, French or Italian masters but rather the terms spade, epee or espada were used.

The one edged sword had its origins in a long knife and this type of sword was first used by hunters from wild tribes. When the tribes evolved into nations, they retained their long knives as weapons. Often they were used as supplemental swords. The Teutonic Scramasax or Yataghan can be an example of such weapons. The Scramasax varied in shape and size depending on the culture and area where it was used. The length of the Scramasax ranged from 20 to 27 inches. The blade of Scramasax was rather straight however, there were some specimens found that featured a slightly curved blade. Similar, knife-like, one-edged swords were found in other areas such as Japan, Afghanistan, Greece, Persia, Turkey and some African countries. The first Japanese knife-like swords featured a narrow blade with straight back and plain tang. These swords measured up to 45 inches in length. Other, similar and famous Oriental swords were the Afghan Salawar, Yataghan and Khyber Knife. The Ghurka kukri is a similar weapon the one-edged, Kopis sword used by the Greeks. The Kopis type sword was also used by the Persians and similar swords (called Falcata) were found in Spain.

The one-edged swords can be divided further into two curved classes. The first class features a blade that has the edge on the convex side and the second class has the edge on the concave side. The first sword group is rather large as it includes Scimitar type swords and their variants, whereas the second group is rather small and much localized. The first group encompassed swords like scimitars, cutlass sword or Dacian sword. The cutlass sword was used in Europe but it has been designed based on scimitar. The cutlass sword was developed in Bohemia in the 15th century. The sword’s blade and the handle were made of one piece of metal. The grip of the cutlass sword was either an iron ring or the slit in the blade. The Dacian sword was a long sword with thin and curved blade. The second group included swords such as the Greek Kopis, Falcata and Khyber Knife swords.

The scimitar is the typical sword of the East and especially Islam, whereas the typical straight sword with its cruciform shape was typical of the European, Christian culture. The name Scimitar came from the Persian word “shamshir”. The Indo-Chinese races used also curved swords. The Parang sword used in the countries such as India, Malaysia, Borneo, Burma and Nepal, featured a blade that was thin at the handle and which widened toward the end. The sword was used for chopping in agricultural operation and also in warfare. Another sword used in Indo-China was the dao sword. The sword was about 18 inches in length and it was narrow at the haft and square and wide at the top. The sword’s blade was sharpened at one edge and the handle was set in wooden or ebony handle. The dao sword was heavy and was able to deliver heavy blows. Another interesting curved sword is the Egyptian Khopesh sword. This weapon is illustrated on many Egyptian monuments and walls and according to the illustrations it was used by all the Egyptian warriors including the Pharaoh. The sword’s blade is curved and it is still not clear whether it was edged on concave or convex side however, it is more likely that it was edged on the convex side. The very thin handle of the swords ends in a pommel. The Khopesh sword was about 18 inches in length.

Another interesting sword was the German Kriegsmesser sword. The Kriegsmesser was a large, two-handed, one-edged sword that was slightly curved. The Kriegsmesser simply looked like an oversized knife. The sword has its origins in the European Seax knife and the Falchion. The Falchion failed with its popularity in Germany and the big, knife-like sword developed on its own. The name of the sword, Kriegsmesser, means literally “war knife”. The sword really deserves this name as the hilt of the sword looks like an oversized knife handle. The pommel of the sword usually was curved to one side. The handle was made of two pieces of wood or bone, with full tang between them. The guard of the sword frequently was made of steel ring or plate or cruciform crossguard.

The Japanese swords also belong to the one edged sword group. Tsurugi sword was the only exception. The Japanese swords were usually two-handed and featured a slightly curved blade with one edge. The blade ended in a point. The swords were fitted with an ornamental hand guard called tsuba. The blade of the sword was very rigid and the edge of the blade was very sharp. The Japanese swords were grouped according to sword-making method and size. The most popular sword was the katana which was worn the Japanese samurai class. Wakizashi was the shorter version of the katana sword. Odachi and Nodachi swords were also single-edged swords but they predate the katana and wakizashi swords.
Another single-edged sword is the sabre. The sabre usually features a slightly curved blade and a large hand-guard that protect the knuckles of the hand, thumb and forefinger. Most of the sabres had curved blades but there are also sabres with straight blade that were more suitable for thrusting. The straight sabres were usually used by the heavy cavalry. These sabres would also feature double-edged blades. The origin of the sabre is well known. It is said that the sabre appeared for the first time in Hungary in 10th century. The sabre may have its design influenced by either European falchion or the Middle-Eastern scimitar. The sabre was very popular in the 19th century and it was effectively used by heavy cavalry, especially during the Napoleonic Wars. However, with the advent of the firearms the weapon faded by the mid-century.

Executioner’s sword can be classified as an eccentric sword as this sword was not meant for combat but rather for decapitation of condemned criminals. Executioner’s sword was double-handed and featured a very wide and straight blade that ended that did not taper towards the end. These types of swords were in wide use in the 17th century.

Another eccentric sword is the landsknecht flamberge sword. It is eccentric due to its size and the shape of the blade. The sword was simply huge as its overall length was over 6ft. The blade of the sword had a characteristic wavy shape that resembled flame. The name of the sword “flamberge” comes from the words “flammard” and “flambard” meaning “flame blade”. The landsknecht flamberge sword was used in the 16th century by the German mercenaries called Landsknechts. The flame-shaped blades were very effective against wooden pikes and halberds because the shape of the blade provided more cutting surface while reducing the mass of the sword.

用語

The sword consists of the sword blade and the hilt. The blade of the sword is used for cutting, thrusting and striking. The blade can be either double edged or single edged. Sometimes the single edged blade can have secondary edge near the very tip of the blade. The blade is divided into two parts called “forte” and “foible”. The “forte” (strong) part is between the center of balance and the hilt. The “foible” (weak) part is between center of percussion and the tip of the blade (point). The section between the center of percussion and the center of balance is called the middle. To make the blades lighter and at the same time more rigid, the blade may have grooves along the blade. Such grooves were called fullers or sometimes blood groves. The ricasso is the short section between the sharpened portion of the blade and the hilt. The ricasso is unsharpened and its length depends on the length of the sword. On some large swords, such as the Landknecht Flamberge the ricasso part may be significant to allow additional hand grip. Some swords don’t have ricasso at all.

The hilt is the upper part of the sword that allows wielding of the weapon. The hilt consists of the grip, the guard and the pommel. The pommel acts as a counterweight to the blade and allows balancing the sword thus improving the ability to wield the sword. The pommel also can be used for blunt strikes at a very close range. Pommels can come in variety of shapes including, globular, circular, semicircular, disc and rectangular. Pommels may be plain or be adorned with ornate designs or inlayed with jewels and gemstones. The crossguard prevents en enemy’s blade from sliding down onto the hands of the sword wielder. The guard may have various forms and the most common form of the sword guard is the cruciform that was prevalent in the Middle Ages. The sword’s cross guard may also be knows as quillons.

The tang is part of the hilt however, it is also a part of the blade. In traditional sword making the tang was made from the same piece of metal. The tang goes through the grip and the grip is most often made from two pieces of wood bound together by rivets and wrapped with leather, leather cord or metal wire. The Japanese swordmakers used shark skin to wrap the handles in their bladed weapons. The term “full tang” usually refers to the tang made from the same piece of metal as the blade. The term “rat-tail tang” that is often used in present and commercial sword making refers to tang that has been welded to the blade.

A scabbard is the protective sheath for the swords’ blade. The scabbard protected the blade from the elements, namely rain, snow or moisture. Various materials were used for making scabbards including wood, leather, steel or brass. Usually the scabbard had two metal fittings on both ends. The portion where the blade entered was called the throat and the portion at the end of the scabbard, meant to protect the tip of the blade was called chape. A sword belt was a belt that was used to attach the sword to carry it on a person. The sword could be attached to a person’s waist or sometimes on back and it was designed to make it easy to quickly draw the sword from the scabbard. A baldric is a belt that is worn over one shoulder. The advantage of the baldric was that it didn’t restrict any movement of the arms and offered more support for the carried sword.

Sometimes swords may feature tassels or swords knots. The tassel is woven material, leather or silk lace that is attached to the hilt of the sword and looped around the hand of the person wielding the sword. This prevented the sword or sabre from being dropped. Tassels have also very decorative design.

The Japanese swords being constructed differently have different terminology and classification.The Japanese katana sword consists of the blade and mountings. The classic and authentic Japanese swords are made of special steel called Tamahagane meaning “jewel steel”. The tamahagane steel consists of layers of high carbon and low carbon steel that are forged together multiple times. The high carbon steel has different characteristics compared with low carbon steel. The high carbon steel is harder and therefore it can hold a sharper edge. The same steel is also very brittle. On the other hand, the low carbon steel is more malleable that is able to withstand impacts without breaking. By combining the both, Japanese swordmakers were able to achieve a superior sword blade. The steel layers are heated, folded and hammered together. Such process is repeated multiple times (up to 16 times). Some sword makers use different pieces of steel for the core, the edge and the sides. The slight curve of the sword is achieved by quenching the steel. Before the quenching process the blade is covered with a layer of clay. The clay is applied very lightly over the edge intended for cutting whereas the core and the back of the blade are covered by a thicker layer. The blade is heated again and submerged in water. The quenching process causes the blade to curve slightly. This is due to the difference in hardness (and crystalline structure of the steel) between the edge and the core and back side of the blade. The edge of the blade is much harder whereas the core and the back are softer. The quenching process also creates the distinct wavy line along the blade called hamon. The most prominent part of the blade is the middle ridge called shinogi. The point of the blade is called kissaki. The kissaki has a curved profile and it is separated from the rest of the blade by a straight line called yokote. The tang of the sword is called nakago. This is also the part that bares the signature (mei) of the sword-maker. The tang has a hole called mekugi-ana that is used to mount handle (tsuka). The handle is mounted to the tang by a bamboo pin called mekugi. The handguard of the Japanese sword is called tsuba and often times it is intricately designed. Tusba may come in various shapes (round, oval or square). The decorative grip swells are called menuki. The habaki is the piece metal (usually copper) that envelopes the base of the blade near the tsuba. The purpose of habaki is to provide tight fit in the scabbard (saya) and to lock the handguard (tsuba) in place. The scabbard of the Japanese sword is made of light wood. The outer surface of the scabbard is often lacquered.

Japanese swords are also classified according to their lengths. The unit of measurement is shaku where one shaku is about 13 inches. The Japanese blade lengths are classified into three groups.

  1. 1 shaku or less for tanto (knife)
  2. 1-2 shaku for Shoto – short sword (wakizashi)
  3. 2 shaku and more for Daito – long sword (katana)
  4. 3 shaku and more (Odachi or Nodachi)

Swords with blades longer than 3 shaku were carried across the back. They were called Odachi meaning “great sword” or Nodachi meaning “field sword”. Both swords were in use before the katana sword became popular.


The Eastern Zhou Dynasty and Its Culturally Significant Contributions to Society

At around 770 BCE, the capital of the Zhou Kingdom was moved from Haojing to Luoyi, marking the start of the Eastern Zhou dynasty. This lasted for 515 years with 25 kings ruling.

The Eastern Zhou dynasty was again split into two periods. The Spring and Autumn period went on from 771 to 476 BCE and marked the first half of the Eastern Zhou dynasty. The Warring States period was from 475 to 221 BCE.

The beginning of the decline

As mentioned in the last Zhou Dynasty article, the move to the east caused a state of decline for the Zhou dynasty. Rumors of King Ping of Zhou killing his father caused a significant decrease in his popularity as well.

The Spring and Autumn period saw more noblemen obtain regional autonomy and waging wars against themselves. Vassals gained power through defeating rival states, which also increased invasions from other countries. The King of Zhou was losing control over the country, so he would have to turn to those same vassals for help.

The Warring States period turned the King of Zhou into a figurehead as his power was no longer recognized by the people. At the time of King Nan of Zhou, circa 314 BCE, the kings of Zhou had lost almost all of their military power, too. Even the remaining crown land was split into two states led by the feudal lords: East Zhou and West Zhou.

King Nan was able to preserve his weakened dynasty through diplomacy and conspiracies for almost sixty years until his deposition and death by Qin in 256 BCE. Seven years later, the West Zhou state was conquered by Qin.

Photo courtesy of Unsplash

Landmark contributions to society

The Zhou Dynasty, both Western and Eastern, was one of the most culturally significant in any of China’s history. They developed the Shang concept of the Mandate of Heaven, the belief that the monarch and ruling houses were divinely appointed.

The foundation for many significant developments in the Zhou dynasty was laid by the previous dynasty, the Shang Dynasty. From there, agriculture, education, military organization, Chinese literature, music, philosophical schools of thought (Confucian, Taoist, Mohist, and Legalist), and social stratification, as well as political and religious innovations, were among the things the Zhou Dynasty is credited with developing.

Moreover, the world renowned book, The Art of War by Sun-Tzu, was written during the Warring States Period. Even the use of cavalry and chariots in Chinese warfare were developed during this dynastic rule.

In case you missed it, you can read about the first Chinese dynasty here, as well as what came before the first dynasty here.


Immortals Fenyx Rising Myths of the Eastern Realm Bu Zhou Collectibles Locations

There are a total of 47 collectibles found in Bu Zhou region in the form of Chests, Xi Rang, Myth Challenges, and Gateways in Myths of the Eastern Realm DLC of Immortals Fenyx Rising. You can read about the collectibles and how to get them from below:

Guarded Chest #1
Starting from the top right of the Bu Zhou region, there is a chest that is being guarded by the enemies. Defeat the monsters and loot the chest to get your first collectible.

Xi Rang #1
The second collectible is right below the first one on the map. Get to the location on the map and look for a broken Gong Gong’s Waterwheel. The Xi Rang is on top of that waterwheel.

Myth Challenge Bagua #1
To get this collectible, you need to complete a puzzle right below the Waterwheel where you got the Xi Rang collectible.

You need to place the balls in the same order as shown on the wall. Gather all of the balls and place them in the required order to complete the puzzle.

Epic Chest #1
This chest is on the top left of the Bu Zhou region. Get to the location and remove the planks blocking you from going down. Go through the lasers and traps to get the block. Place the block on the platform to get access to the chest.

Xi Rang #2
This Xi Rang can be found at the Fortress of the Unyielding. Get on top of the Fortress and you will find the collectible there. Collect it to get your fifth collectible and second Xi Rang.

Myth Challenge Musical #1
At the Fortress of the Unyielding, you will find this puzzle to get the collectible. For this puzzle, you need to change the direction of the wind towards the bells and hit the bells in the order they are placed.

The music from the bell will open the portal. Interact with the portal to get the collectible.

Chest #1
Right under the Fortress of the Unyielding on the map. You will find this chest where there is a small village burnt to ashes.

Chest #2
From the Fortress of the Unyielding, go towards the left edge of the map to find this chest. It is placed right on the edge of the map, under a structure.

Xi Rang #3
On the left side of the canal that is separating the two sides, you will find this Xi Rang on top of the hut at the location on the map.

Tutelage of the Black Emperor Gateway
The first gateway is on the right side of the canal. Fast travel to the Gateway and enter inside. You need to defeat all of the monsters while being airborne to get this objective done.

Once the monsters have been defeated, enter the castle to get the collectible.

Xi Rang #4
On top of the gateway on the map is your fourth Xi Rang. Head to that location and you will find the Xi Rang between the destroyed bridge in the water.

Epic Chest #2
Head to the right side of the area from the gateway on the map. You will find a puzzle where you have to place the ball on the platform. Shoot the targets to move the platforms up and down and place the ball on the platform.

The epic chest will unlock, and you can loot it to get the collectible.

Xi Rang #5
For the next three collectibles, head towards the Zhu Rong Hall on the right side of the Bu Zhou region. Once here, get on top of the defense tower beside the hall.

You will find the Xi Rang placed on that tower.

Chest #3
Enter the hall and jump to the second floor of the building to find the third chest.

Myth Challenge Musical #2
You can find this puzzle in the Zhu Rong Hall. For this, you need to activate the bells and shoot them in an order to open the portal.

Go outside towards the lever and activate it to open the bell on the left. Shoot it and interact with the lever again to open the bell on the right. Shoot the bell and then the one on the top.

The last bell is inside the hall room. Shoot it to open the portal and get the collectible.

Xi Rang #6
Open the map and go towards the Xi Rang below the Zhu Rong Hall. Once at the location, the Xi Rang will be out in the open.

Epic Chest #3
Head towards the bridge that is connecting the island. Once you get on the island, move downwards from the bridge as you can see on the map.

The chest is locked on top of the house and you need to unlock it using the boxes and the ball. Move the ball towards the platform in the center of the room to unlock the chest.

Loot the chest to get the collectible.

Xi Rang #7
On the island that contains the broken bridge between the two regions is the Xi Rang. Look for a tall tower-like structure. The Xi Rang is placed on top of that tower.

Climb the tower to get the Xi Rang collectible.

Myth Challenge Sunchaser #1
For this challenge, you need to follow the golden bird through the lasers and gather the blue balls of light. When you reach the end, a portal will open, and you will get the collectible.

Chest #4
On this island, head towards the location shown on the map. You will find the chest there.

Xi Rang #8
On the same island shown in the screenshot above, head towards the blue crystal marker. You will find this Xi Rang near the structure.

Chest #5
Make your way towards the location shown in the picture above. The chest is on the Bu Zhou Perimeter inside a locked room. Get the two boxes from the other rooms and place them on the platform.

The doors to the chest will unlock and you can loot the chest now.

Myth Challenge Sunchaser #2
Right beside the location of the chest as mentioned above is the Myth Challenge. It is the same as the previous one where you have to chase the golden bird and collect blue globes of light.

Xi Rang #9
From the Myth Challenge as mentioned in the previous collectible, head towards the left side. You will find the Xi Rang on top of what looks like a bridge.

Epic Chest #4
Right on top of the Bu Zhou Perimeter on the map is the Epic Chest #4. Head towards that location to find the locked chest. You need to use the big two boxes and the ball to unlock the chest.

Take the ball through the platforms with help of boxes and place it on the platform right in front of the chest to unlock it.

Chest #6
Head towards the location shown above on the map to find your sixth chest and loot it to get the collectible.

Xi Rang #10
Using the map shown above, head towards the Watchtower at the Gates and get on top of it. The Xi Rang is on that watchtower.

Chest #7
On the same level where you found the Xi Rang, go around and enter the room. The chest is inside that room.

Epic Chest #5
Go up from the watchtower and towards the Epic Chest shown on the map. You need to get all of the boxes on the platforms and unlock the doors to open the chest.

Get the required boxes and solve the puzzle to unlock the chest.

Epic Chest #6
Head towards the marked location to find the locked chest. Get the cubes on the platforms to unlock the chest and get the rewards.

Li Quells the Horizon Gateway
Make your way towards the left of where the chest was. Enter in the gateway and go forward through the openings in the wall. Try not to get hit by the lasers and shoot the targets on your way.

When you reach the room with the chest, stand on the platform to activate the trap. Keep gliding in the air with the help of hooks and wait for the trap to end.

Once the trap has been beaten, go to the chest and loot it.

Xi Rang #11
Right below the gateway is the next Xi Rang. Head to the location and look for a big rock. The Xi Rang is on top of that rock.

Xi Rang #12
Enter the Hall of the Yan Di Clan and go to the top of the castle. The Xi Rang will be on the roof of the castle.

Myth Challenge Bagua #2
This challenge is inside the same location and works the same way as the previous one. You need to place the balls in the same order as shown on the wall right in front of the puzzle.

Gather the blue shiny balls and place them in the required order to get the portal open.

Xi Rang #13
Head towards the right side of the castle to find this Xi Rang. It is on top of one of the defense towers of the castle.

Chest #8
This chest is right on top of the southern borders of the castle. Get on the tower to get this chest.

Guarded Chest #2
Move south from the castle to find this chest laying in the forest and being guarded by monsters. Defeat the monsters to get to the chest and loot it.

Xi Rang #14
Move further south from the forest to find the Xiang Liu’s Memorial. One of the Xi Rang is on top of the large tower-like structure.

Myth Challenge Mural #1
This challenge is in the memorial and requires some thinking to complete. You need to connect all of the fans using the wind. This will unlock the puzzle on the wall.

Shoot the blocks to reveal the pictures and form a portrait. Once the puzzles have been completed, a portal will open, and the challenge will be completed.

Chest #9
Head out of the memorial and go towards the right side. The chest is inside the big room on top.

Chest #10
The next chest is near to the previous one. Head towards the chest and use the cubes to open the door to get through. Loot the chest and get going.

Guarded Chest #3
Right below the previous chest, you can find the guarded chest on the map. Head to that location and defeat the two beasts who are guarding the chest. Collect the rewards from the chest.

Guarded Chest #4
Head to the location shown in the picture and defeat the monsters guarding the chest. Interact with the chest to get the loot.

Epic Chest #6
Using the picture above, head down southwards to where the epic chest marker is. You need to activate the puzzle using the lever. Block the lasers and place the small cubes on the platforms.

The chest will unlock, and you can loot it.

Xi Rang #14
The Xi Rang is to the right of the epic chest. Head towards the marker and look for two big arrows shot in the ground. The Xi Rang is on top of the hill near the big arrows.

Epic Chest #7
Make your way towards the epic chest on the right side of where you are. Head towards the location and solve the puzzle.

Using the fans and cubes, you need to unlock the chest. Connect all of the fans with each other with the flow of air and use the cubes to unlock the doors.

Once the chest is unlocked, interact with it to get the loot.

Myth Challenge Mural #2
The final collectible of this region is found in the same area. Get to the marker and interact with the button to activate the puzzle.

You need to shoot the blocks on the wall to form a portrait. Connect all of the boxes together and the portal will open. Interact with the portal to get the last Myth of the Eastern Realm collectible from Bu Zhou region.


ビデオを見る: 越王勾踐的越國後來怎麼樣了野心太大下場很悲慘


コメント:

  1. Dujora

    それは無駄ではないことが判明したので=)

  2. Charlton

    私はあなたが正しくないと思います。安心です。それについて話し合いましょう。

  3. Malajind

    私はあなたが正しくないということです。私は自分の立場を守ることができます。

  4. Met

    書くことができません:discはフル(r)を超えています、(f)形式、(z)wot#911?



メッセージを書く