カホキア墳丘のモデル

カホキア墳丘のモデル


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


カホキアの政治

NS カホキアの政治 カホキアを中心に存在し、周辺地域を支配する政体でした。他のミシシッピの諸公国とは異なり、カホキアの諸公国は、異常な初期の出現、高い人口、そしてより大きな地域の影響力を持っていました。多数意見は カホキアの諸公国 または、前状態が存在したのは、状態の特定の指標がカホキアの遺跡では明らかではないという事実によるものです。カホキアの規模が大きいにもかかわらず、典型的な州を示す特定の決定的な技術的および政治的進歩は、カホキアの研究では発見されていません。 [1] [2]

用語 ラミー州 1972年に学者のコンラッドとハーンによって造られ、古代のラミー陶器が発見されたすべての場所で影響力を持っていると信じられているカホキアの首都によって支配されている理論上の国家を指します。 [3]ラミー州が存在したと主張する学者たちは、ラミー州がアメリカン・ボトムの領土支配権を握っていると主張し、その首都は古代都市カホキアにあった。理論によれば、州の経済は主に農業労働から派生しており、熟練していない労働者が小さなエリートのために大きな儀式用の建造物を建てています。トレーダーのクラスとトリビュートシステムが存在しました。 [4]


Résuméderecherche

Au cours depresquecinqdécenniesdetravaildansledomainedel'archéologiepubliquesurlesitehistoriqued'étatdeCahokiaMounds、j'ai pu constater etfairel'expériencedel'importancedelasensibilisationdupublicàl'archéologie ainsiqu'auxculturesamérindiennesmaisj'aiégalementrelevélanécessitédesurmonterlesstéréotypesdupublicàleuregard。 CeciapuêtreaccompliàCahokiaMoundsdansle cadre d'expositions、de visits scolaires、deprésentationssureet hors site、d'événementsspéciaux、desériesdeconférences、depublications、grâceauxréseauxsociauxet参加denatifsaméricains。 Jeprocéderaiàuneétudedelaphilosophieet de la planificationsous-tendantcesdifférentesapprochesetlamanièredontellesontévoluéaucoursdesannées。


カホキア

カホキアは気候変動の影響で破壊され、地球寒冷化によって損なわれました。世界で最も偉大な都市の1つであるカホキアの人口は、西暦1250年のロンドンの人口よりも多かった。西暦700年から1400年に占領され、都市は4,000エーカー[約1600ヘクタール]にまで拡大した。規模を比較すると、偃師市の創設は夏王朝の崩壊(紀元前2100年から1600年)と殷王朝の始まり(紀元前1600年から1046年)を示しました。遺跡は、北から南に長さ1,700メートル、東から西に幅1,200メートル[200ヘクタール]の都市の敷地で発見されました。カホキア(西暦650. 1400年)の人口は2万人から3万人で、古代メソポタミアの都市国家であるウルまたはバベルの人口と同じです。

現代のイリノイ州にあるカホキアは、ヨーロッパの探検家が到着する前は、かつては現在の米国で最大の先住民の都会の中心地でした。西暦1200年頃のカホキアの人口は、独立前のアメリカ植民地のどの都市よりも多かった。ピラミッド、マウンド、そしていくつかの大きな儀式エリアがあるカホキアは、外国の病気による社会の衰退と荒廃の前に、何百万人ものネイティブアメリカンの生活様式のハブでした。

「小氷期」と呼ばれる1250年頃の世界的な冷却傾向は、成長期を傷つけた可能性があります。 4つの大規模な熱帯火山噴火の珍しい50年にわたるエピソードは、小氷期の始まりをもたらしました。気候モデルは、噴火後の寒い夏の持続性が、北大西洋で始まった海氷-海洋フィードバックシステムによって最もよく説明されることを示しました。

氷河の氷は塩分をほとんど含まないため、溶けると地表水の密度が低くなり、北大西洋のより深い水と混ざり合うのを防ぎます。この弱体化した熱輸送は北極に戻り、火山性エアロゾルの影響がおさまったずっと後に海氷上に自立したフィードバックシステムを作り出しました。家畜は死に、収穫は失敗し、人間は飢饉と病気の頻度の増加に苦しんでいました。

「カホキア」という名前は誤称です。それは、東から来て、1600年代までその地域に到達しなかったイリーニのサブ部族の名前に由来します。マウンド、家、農場の元々の複合体は、4000エーカー以上をカバーしていました。カホキアの適切な人口の推定値は10〜20,000の範囲です。イーストセントルイス、セントルイス、およびその他の周辺地域を含めると、「グレーターカホキア」の人口は40〜50,000人になる可能性があります。

カホキアの衰退の正確な原因は明らかではありませんが、いくつかの異なる出来事がカホキアの衰退に寄与したことは明らかです。この地域の人口過多は、カホキアの終焉の決定的な要因でした。

ラリー・ベンソンらは、「 急速な発達は、最後の千年紀の最も湿った50年の期間の1つで起こりました。次の150年の間に、一連の持続的な干ばつがカホキア地域で発生しました。これは、アメリカンボトムの最終的な放棄に関連している可能性があります。西暦1150年までに、15年間の深刻な干ばつの後半に、リッチランド農業団地はほとんど放棄され、カホキアの農業基盤の不可欠な部分が排除されました。ほぼ同時に、モンクスマウンドとグランドプラザの周りに2万本の丸太の柵が建てられ、社会不安が高まっていることを示しています。この間、人々はカホキアを出始め、スターリングフェーズ(西暦1200年)の終わりまでに、カホキアの人口は約50%減少し、西暦1350年までに、カホキアと中央ミシシッピ渓谷の多くが放棄されました。 "

アメリカンボトムは、ミシシッピ川に沿ってカスカスキアからカホキア川まで伸びる豊かなアルビアンの土地であり、長さ約80マイル、幅5のいくつかのハンサムな小川が、最も豊かな種類の土壌を蛇行していますが、主題はほとんどありません。ミシシッピ川の洪水の影響に。古代の人口の痕跡が見つかった場合、これはそれを探す場所になります。したがって、この地域は、西側の川の土手としても、膨大な人口の証拠を示しています。

このプロパティはイリノイ州によって所有されており、イリノイ州法によって、特にその保存と公の解釈のために州の史跡として指定されています。州立史跡の中核は、1925年以来、保護された公共の場所として保存されています。その考古学的資源は、州の法律と規制によってさらに保護されています。

プロパティの境界内には、中央のマウンド、パリセード、ほとんどの「ウッドヘンジ」、機能エリアなど、カホキアマウンド州立史跡の卓越した普遍的価値を理解して表現するために必要な主要な要素があります。 3種類の塚はすべて保存されており、土取場もあります。パリセードのコースはほぼ完全に無傷のままです。敷地の中心部に隣接する広いエリアが取得され、開発から回収され、歴史的な環境を維持するために復元されました。したがって、プロパティは、プロパティの重要性を伝える機能とプロセスの完全な表現を適切に保証するのに十分なサイズであり、開発や怠慢の悪影響を受けません。

1811年に書かれ、1814年に公開されたブラッケンリッジの説明は、フラッグが表面に散らばった多数の遺物と同様に、おそらくその後消えた多くの小さな標高があったことを観察しました。彼や当時の他の人々に感銘を与えたのは、マウンド自体の魅力と謎だけでなく、グレートプレーンズの快適な場所であり、このプレーンは完全に大草原ではなく、重い植生と水の池。

考古学的記録は、氷河期の最後の段階で更新世後期の人々を狩猟採集することから始まります。彼らはマンモスやバイソン、鹿を狩り、季節ごとに果物や植物を集めました。彼らの石斧の頭や他の物体は、高レベルの象徴的な活動を示しています。ルイジアナ州北東部のバイユーマオン川のほとりにある既知の最大の集落は、太陽の道に沿って配置された高さ50フィートの儀式用の塚に固定されていました。

紀元前500年頃、オハイオ州中部は新しい文化活動の中心地になりました。アデナの人々は部族の指導者を記念して円錐形の塚を建て、その慣習は西暦1年から400年の間に存在したホープウェル文化によって拡大されました。ニューアークアースワークスはおそらく最もよく知られています。この場所は4平方マイルを含み、2つの巨大な円、楕円、正方形、八角形が含まれ、すべて平行な壁で接続されていました。

ホープウェルの人々は、この時までに芸術的なレパートリーを、鼻の長い神、鳥人、死ぬことのない老婆などの特殊な超自然的な人物にまで拡大していました。彼らは、メキシコ湾の貝殻、現在のミシガン州の銅、現在のノースカロライナ州の雲母、ワイオミングになった土地の黒曜石などのエキゾチックな素材を使用していました。ホープウェルの人々は最終的に西に向かってイリノイ川渓谷とテネシーに広がり、そこでミシシッピ時代は西暦800年以降に始まりました。カホキアは、ミズーリ川、オハイオ川、イリノイ川がミシシッピ川に流れ込む場所の近くに建設されました。

この地域の首都であるカホキアには、フラットトップのピラミッド、古墳、商業地や住宅地、そして郊外の農業地帯に囲まれた広大な儀式用コンコースがたくさんありました。中央の塚は100フィートの高さに成長しました。これは、メキシコ盆地の北にある最大の塚です。

カホキアマウンドは、アメリカインディアンミシシッピ文化の地域の中心地であり、複雑な社会システムと大規模で恒久的な中心街を備えた近代的な大都市に似ています。カホキアマウンズの世界遺産は、接触前の先住民の複雑な社会的および経済的発展の真にユニークな例を表しています。

モンクスマウンドは、その基部で304メートル(1000フィート)×213メートル(700フィート)の大きさで、5.7ヘクタール(14エーカー)をカバーし、一連の4つのテラスで約100フィートに上昇します。ギザのクフ王/クフ王の大ピラミッドは一辺が約750フィートです。マウンドの基部のすべての側面に、長いまたは緩やかな傾斜または「羽」の縁があります。あるオブザーバーは、マウンドが実際にどこから始まったかに関して、別の調査員と30〜50フィート異なる場合があります。コミュニティを支配していたのは、新世界で最大の先史時代の土の建造物であるモンクスマウンドでした。 14段階で建設され、6ヘクタールをカバーし、4つのテラスで高さ30メートルまで上昇します。

カホキアの土墳は、中央メキシコの北にある最も複雑な遺跡のいくつかを提供しています。世界遺産を支配し、その中心近くに位置するモンクスマウンドは、中央メキシコの北にある最大の人工建造物です。これは、1808年から1813年までの短い期間にトラピストが存在したため、長年モンクスマウンドと呼ばれてきました。それは多くの洗浄と耐候性があり、その本来の魅力の多くを失っています。実際、1890年代に撮影されたマウンドのさまざまなビューを、1920年代の写真と比較すると、2つが同じ構造を表しているとはほとんど想像できません。

市には職人や政治大使館があり、宗教的な巡礼者の目的地でした。カホキア人は母性の継承の下で支配され、人身御供を実践しました。指導者の死は、配偶者と時には他の家族の犠牲を必要としました。

カホキアから発せられるすべての権力を備えた高度に統合された複雑な諸公国の伝統的なモデルは、初期の社会の抜本的な再構築を必要とします。このモデルによると、アメリカンボトム全体の力の弱い首長は、カホキアのエリートに迅速かつ完全に取って代わられました。伝統的なモデルは、カホキア自体の崩壊の直接の結果として、アメリカンボトム全体のミシシッピ社会の終焉を見ていた。つまり、従来のモデルは、文化の変化を理解するためのトップダウンアプローチです。

代替モデルは、アメリカンボトムがミシシッピ時代を通して、いくつかの準独立しているがカホキアが支配する諸公国を支持したと主張している。この保守的なモデルでは、開発には、カホキアの行政機関と機能者が小さなコミュニティでカホキアの最高首長からの指示を実施する社会の大規模な再構築は含まれていませんでした。むしろ、カホキアが支配する複雑な諸公国の台頭は、さまざまな主にエリートとカホキアの人々の間で最も重要な人々(首長とその近親者)の間の関係の確立にすぎませんでした。

したがって、この地域の社会政治システムは、複雑な諸公国と呼ばれることもあり、それぞれが最も強力なカホキアと同盟を結んだ一連の単純な諸公国にすぎませんでした。したがって、保守的なモデルは、カホキアの終焉を、農業によって促進された世帯の独立が諸公国間の同盟の変化とモノリシックなカホキアの政治への統合の欠如に反映された、競争が激しく不安定な社会システムの結果として見ています。

街の永続的な遺産は、首長やエリートに作品を供給した高度な訓練を受けた職人の形でもたらされました。カホキアのエリートは、パイプに細工された置物、超自然的な文字が刻まれた貝殻、様式化された銅板、その他のアイテムを、エトワ、ジョージア州スパイロ、オクラホマ、マウンドビル、アラバマの古代の首長を含む郊外のコミュニティに広める手段として使用した可能性があります。カホキアで制作された芸術の本体は広範囲に広がり、当時の人々に共通していた中心的な神話や儀式を永続させ、強化するのに役立ちました。

この時代にヨーロッパ人がネイティブアメリカンと行った接触は、はしか、天然痘、ジフテリア、さらには風邪の壊滅的な発生の波を引き起こしました。インドの人口の90%以上が1世紀以内に亡くなりました。彼らがアパラチア人を渡ったときにほとんどの入植者が見つけたインドの国は、カホキアとマウンドビルダーの洗練されていませんでした。

ジョージア州のミシシッピ時代は、南東部でのヨーロッパの存在感の高まりによって終わりを告げました。初期の探検家や入植者によってもたらされたヨーロッパの病気は、一部の地域の先住民を荒廃させ、ヨーロッパの商品への欲求と先住民の奴隷とその後の鹿皮の取引により、社会集団全体がヨーロッパの集落に近づいたり遠ざかったりしました。その結果、人口が減少し、権威構造がヨーロッパの貿易によって破壊され、人々が地域全体に散らばったため、先住民の諸公国が崩壊しました。


アメリカで最も有名な華やかな先史時代の墓の1つに埋葬された人々は、私たちが思っていた人物ではない、と研究者たちは言います。

ほぼ50年前にイリノイ州で最初に発掘された900歳の人間の遺体に関する新しい研究では、実際に埋葬された人の数から、埋葬された人の性別まで、彼らの埋葬は根本的に誤解されていることが明らかになっています。

死者は、1100年頃のピーク時に、10,000人もの人々が住んでいた中西部の文化の中心地である古代都市カホキアのエリートでした。 [街の中心部で最近発見されたものについて読む:&#8220カホキアの古代都市の中心部で発見された儀式用の「軸」道路&#8220]

そして、埋葬地(マウンド72として知られる集団墓地の一部)で行われた新しい発見により、人類学者は、アメリカで最も影響力のある先史時代の文化の1つである政治、文化、宇宙学を再考する可能性があります。

「マウンド72の埋葬は、この時期から北米でこれまでに発掘された最も重要な埋葬の一部です」と、イリノイ州考古学調査(ISAS)のディレクターであるトーマスエマーソン博士は報道機関への声明で述べています。

1967年にマウンド72が最初に発掘されたとき、研究者たちは一連の集団墓地に埋葬された270人以上の人々を発見しました。アーティストは、カホキアで西暦1000年頃に若い女性が大量に犠牲になり、マウンド72で最も悪名高い墓の1つを埋めた可能性があると考えています(クレジット:ハーブロー)

それらの多くは人身御供の犠牲者でした。 [犠牲者についての新しい洞察について学ぶ:「カホキアでの人身御供の犠牲者は地元の人々であり、「外国の」捕虜ではなく、調査結果」]

しかし、マウンドの目玉は、考古学者が6人のエリート男性の輝かしい墓として描写したシーンでした。

スケルトンのうち4つは、一種の3面フレームに配置されていました。 1つは骨の束で、他の2つは平らに置かれ、もう1つは裏向きで、片方の脚が胸まで曲がっていました。

男性は、オクラホマやテネシーから遠く離れた場所から追跡された陶器、ゲーム用の石、銅で覆われたシャフト、宝石、工芸品で埋葬されました。

これらの遺跡の中央には、さらに2つの遺体があり、一方は他方の上に積み重ねられ、海洋の貝殻から作られた20,000個以上のビーズで覆われていました。ビーズのコーティングは、鳥の頭に似た先細りの形に配置されているように見えました。

このタブローでは、マウンドの掘削機であるメルヴィンファウラー博士を含む当時の多くの人類学者が、スー族からオーセージまで、現代のネイティブアメリカングループの信念体系への明らかな言及を見ました。

具体的には、いわゆるビーズの埋葬は、カホキアからジョージアまでの遺物にくちばしの顔が現れた伝説の鷹戦士の英雄、バードマンの神話へのオマージュであると理論付けました。

いくつかの伝統では、バードマンは、双子の息子が巨人の種族と戦った別の英雄的な人物であるレッドホーンのバージョンとして解釈されます。

したがって、これらの人類学者は、鳥の形をしたビーズの毛布の下に埋葬された2人の男性は、バードマン/レッドホーンの伝説の代理人として生きていた戦士の王、家長であったに違いないと述べました。

&#8220男性の戦士の神話の概念を促進したものの1つは、鳥のイメージでした&#8221エマーソンは、ビーズの想定される配置に言及して言いました。ゲームで使用される可能性のある分厚い石、カホキアスタイルの3ノッチの尖頭器、マリンシェルディスクビーズなどの副葬品は、ビーズの埋葬で見つかった遺物の1つでした。 (L.ブライアンスタウファーによる写真)

この考えに沿って、墓にいる他の4人の男性は、バードマン/レッドホーンの物語で、戦士の子分、またはおそらく他の支援プレーヤーの代理人であることが示唆されました。

とにかく、その意味は明らかでした。カホキアは男性の戦士によって支配されていました。

&#8220ファウラー&#​​8217sなど&#8217これらの塚の解釈は、この時期のネイティブアメリカングループのステータスと性別の役割と象徴性を理解するという観点から、東部の誰もが見ているモデルになりました。&#8221エマーソンは言いました。

しかし、ファウラーの半世紀前の発掘の記録に矛盾があることを認識したエマーソンと彼の同僚の4人は、ビーズの埋葬からの骨の新しい調査に着手しました。

そして彼らはそこに埋葬された男性の多くが男性ではなかったことを発見しました。

&#8220私たちは、私たちが見ている個人が彼らがどのように説明されているかと一致することを確認するためにチェックしていました。

&#8220そして、ビーズの埋葬を再検討したところ、中央の埋葬には女性が含まれていることがわかりました。これは予想外でした。&#8221

独立して働いている人類学者は、骨盤、太もも、頭蓋骨の性関連の特徴に焦点を当てて、ビーズの埋葬からのすべての骨格の残骸を分析しました。

それぞれの研究者は、ビーズの埋葬の中心にいる2人は、2人の男性ではなく、男性と女性で構成されていると判断しました。

同様に、関節のない骨の束は男性と女性の両方のものであり、チームはこれまでに報告されたことのない遺体、3歳から6歳までの子供と別の女性を発見しました。

総じて、研究者たちは6人ではなく12人の遺体を占めており、そのうち少なくとも4人は女性でした。 [人身御供の犠牲者の間での同様の最近の発見について読んでください:&#8220カホキアの古代都市の若い女性の悪名高い集団墓地も男性を保持しています:研究&#8220]

この発見は、カホキアが戦士主導の家父長制であったという考えに疑問を投げかけている、とエマーソンは言った。

&#8220これらの地位の高い埋葬に女性が含まれていたという事実は、ビーズの埋葬機能の意味を変えます&#8221と彼は言いました。

&#8220今、私たちは、男性がこれらの支配的な人物であり、女性が端役を演じているシステムを持っていないことに気づきました。ビーズの埋葬を含む集団墓地の図は、そこに埋葬された人々の新たに発見された数と性別を示しています。 (ジュリー・マクマホンによるグラフィック)

「それで、カホキアにあるのは非常に貴族です。それは男性の貴族ではありません。それは男性と女性であり、それらの関係は非常に重要です。&#8221

エマーソン氏によると、埋葬の初期の誤解は、人類学への「上流アプローチ」の例であり、オブザーバーは、最近の社会で見たものに基づいて古代社会を再構築しようとしています。

この場合、彼は、歴史的なネイティブアメリカンのグループ、特に南部での鷹戦士の象徴主義の蔓延により、考古学者はマウンド72でそれらの象徴を見るようになったと述べた。

実際、ファウラーと彼の同僚は、ビーズの配置が鳥の頭のように見えると考えていましたが、エマーソンのチームは、「この画像の意図性には疑問があります」と述べています。

&#8220ビーズの埋葬で戦士の象徴を見た人々は、実際には数百年後の南東部で戦士の象徴が支配していた社会を見て、それをカホキアに投影し、次のように言っていました。 、 '&#8221エマーソンは言った。

実際、チームは、新しい証拠がビーズの埋葬の完全に異なる解釈と、それが象徴する世界観を支持していると言います。

彼らは、男性が支配する戦争に基づくのではなく、埋葬の重要なモチーフとカホキアの宇宙論が農業に関係している可能性があることを示唆しています。

エマーソン氏によると、この時期の置物や陶器に見られる画像の多くは女性のものであり、画像は戦争ではなく出産に関連しています。

&#8220私にとって、カホキアに寺院を掘り、その多くの資料を分析したことで、象徴はすべて、生命の再生、出産、農業に関するものだと彼は言いました。

&#8220そこにある石の置物のほとんどは女性です」と彼は付け加えました。

「鍋に現れるシンボルは、水と冥界と関係があります。

「そして今、マウンド72は、カホキアの残りの象徴と宗教について私たちが知っていることと、より一貫した物語に適合しています。&#8221

エマーソンのチームの調査結果は、アメリカ最大の先史時代の都市を研究する科学者の間で議論と再調査に拍車をかける可能性があります。

しかし、チームは、その調査結果は古代都市が階層ではなかったことを示唆していないと指摘しています。彼らが示しているのは、カホキアの階層は男性によって支配されていなかったということです。

&#8220実際、ここでの区分は性別ではありません&#8217sクラスです&#8221エマーソンは言いました。

エマーソンと彼の同僚は、ジャーナルで彼らの発見を報告します アメリカンアンティクティ.
Emerson、T.、Hedman、K.、Hargrave、E.、Cobb、D。、&amp Thompson、A。(2016)失われたパラダイム:カホキアのマウンドの再構成72ビーズの埋葬アメリカンアンティクティ、81(3)、405-425 DOI:10.7183 / 0002-7316.81.3.405


カホキアマウンズ州立史跡

ミズーリ州セントルイスの北東約13kmにあるカホキア墳丘は、メキシコ北部で最大のコロンブス以前の集落です。主にミシシッピ時代(800〜 1400年)に占領され、約1,600ヘクタールをカバーし、約120の塚が含まれていました。

これは複雑な諸公国社会の印象的な例であり、多くの衛星マウンドセンターと、多くの郊外の集落や村があります。この農業社会の人口は、1050年から1150年のピーク時に10〜20,000人だった可能性があります。このサイトの主な特徴には、南北アメリカで最大の先史時代の土塁であるモンクスマウンドがあります。

「モンクスマウンド」(1982)、著者–カホキアマウンズ州立史跡ユネスコ世界遺産

南北アメリカで最大のコロンブス以前の土塁であるモンクスマウンド。長方形の形で、推定2200万立方フィートの地球が含まれています。この土はすべて手で掘られ、約40ポンドの土で満たされたバスケットとバッグを使用して運ばれました。ベースは14エーカー以上をカバーし、100フィートの高さまで上昇します。今日では、それぞれ独自の特徴と歴史を持つ4つのテラスで構成されています。

かつて、首長が住み、儀式を行い、統治する山頂に巨大な建物が立っていました。訪問者は頂上につながる156段の階段を上ることができます。そこからは、グランドプラザとツインマウンド、そして西に遠く離れたセントルイスの街が見えます。

「ウィリアム・アイザミンガーが描いたカホキア墳丘」(1982年)、著者–カホキア墳丘州立史跡ユネスコ世界遺産

ミシシッピ時代(この場所では800〜 1350年)にさかのぼるカホキア墳丘は、メキシコ北部で最大のコロンブス以前の遺跡であり、ミシシッピの大規模な集落の中で最も初期のものでもあります。これは、先史時代のミシシッピ文化の伝統の文化的、宗教的、経済的中心地の卓越した例です。

「ツインマウンド」(1982)、著者–カホキアマウンズ州立史跡ユネスコ世界遺産

カホキア遺跡の周辺には、長方形のプラットホームマウンドと円錐形のマウンドで構成されるペアマウンドがいくつかあります。 「ツインマウンド」と呼ばれる最大のペアは、モンクスマウンドの向かいのグランドプラザの南端にあります。これらの2つのマウンドは、共有の土製プラットフォーム上に構築されています。これらの墳丘は遺体安置所の一部である可能性があり、プラットフォームの墳丘の上の構造物はおそらく、おそらく隣接する円錐形の墳丘に、故人の遺体が保管または埋葬のために準備された納骨堂であったことが示唆されています。サイトにはこれらのペアのマウンドが4セットあり、それぞれ寸法が異なります。


カホキア墳丘のモデル-歴史

米国には11のユネスコ世界遺産の文化遺産があり、そのうち5つはアメリカのインドの遺跡です。メサヴェルデは、崖の住居であるタオスプエブロとチャコで群を抜いて最も有名ですが、チャコは少しドライブで、アルバカーキから3時間、最後の荒れた未舗装の道路です。私はカホキアのことを聞いたことがありません。

あるクリスマス、私たちはタオスを通り抜けました。通りは氷でいっぱいで、私のボルボ850Rはすべり回り、オハイオ生まれの運転技術に逆らい、町はほとんど閉鎖されました。私たちはメキシコ人にサービスを提供しているオープンな場所を見つけました、そしてそれは地元の人々で忙しく、食べ物は熱くておいしいです。

プエブロでの式典では、私たちは見ることはできましたが、話すことも対話することもできませんでした。私の長女は、おそらく当時12歳で、道路に疲れていて、踊っている男性が振り回して肩にかけた血まみれの鹿の皮に主な方法で反応し、吐き気を催し、私は彼女と一緒に厚い群衆の中を逃げました。彼女はプライベートで嘔吐することができました。

チャコのことを最初に聞いたのは、10年ほど前に家族と一緒にレストランで夕食を食べていたときです。私たちは、クロスカントリーの1つである小さな町にいて、曲がりくねったロードトリップをして、次の目的地について考えていました。若いカップルはテーブルに座って、はっきりとした理由もなく、静かな口調でお互いに話しました、そして彼らはチャコについて話しました。私たちはこれに近づくことはできず、行くこともできないと彼らは言った。素晴らしかったので見逃せません。彼らは興奮していた。妻と私は耳を傾け、お互いに向き合いました。「チャコに行きたいですか?」と私たちは考え、言いましたが、それが何で、どこにあるのかはわかりませんでした。

その数年後、末娘と一緒に旅行したところ、カホキアマウンド州立史跡の看板が見えました。インドのマウンドサイトに行ったことがなかったので、急いで立ち寄って道路に戻るつもりでした。

さて、先に進む前に、私のために何かしてほしい。コロンブス以前の時代に住んでいたインド人を頭の中で想像してみてください。彼らはどんな見た目ですか?彼らは何を着ていますか?彼らはどのような場所に住んでいますか?彼らは人生でどんな感じでしたか?彼らはどのようにして死者を葬ったのですか?

頭の中にある画像が何であれ、カホキアはそれらを変え、劇的に変え、私たちの教科書や映画、テレビ番組がほのめかしたものとは大きく異なる現実の歴史的世界への扉を少しだけ開きます。書かれた記録はありませんが、地球から掘り出された、物語の断片、つなぎ合わせることができる断片を伝えるアーティファクトがあります。彼らが見たものを記録する外部の訪問者はいませんでしたが、考古学はあります、そしてカホキア遺跡の考古学のほんの一部、おそらく1パーセントだけが調査されましたが、これまでのところすべてを書き直しています。

私に衝撃を与えたのは体でした。とても多くの体。しかし、私たちはすぐにそれに到達します。まず、カホキアの概要を説明します。

インドの塚とは何ですか?まあ、それらは土の山であり、私はそれが非常にエキサイティングに聞こえないことを認めます。それらのすべてがxxxxx [リンク]の巨大な円のようであるわけでも、サーペントマウンド[リンク]のような絵文字(少なくとも空中から)のようでもありません。ほとんどはほんの少しのふりの丘です。

ドーム型のものは、周囲が丸く、上部がドーム状または湾曲しているという点で「円錐形」と呼ばれています。他の塚は違います。多くは周囲が長方形で、上部が平らです。まるで何かがそこにあり、マウンドが長い間失われた構造のプラットフォームであったかのようです。それはおそらくまさにこれらのマウンドが何であったかであり、当然のことながら、プラットフォームマウンドと呼ばれています。カホキア特有のマウンドの3番目のスタイルは、小さな家やロッジのように見える尾根の上のマウンドで、周囲が長方形で屋根のような形をしています。すべて「屋根」で、「壁」はありません。 #8221

モンクスマウンドについて言及する必要があります。これは、高さ100フィートのピラミッド型のプラットフォームマウンドであり、北、南、または中央アメリカで最大のコロンブス以前の土塁です。フランスの宣教師は、ある時点でそこに住んでいたので、その名前が付けられました。

その多くの憤慨の1つに苦しんでいる僧侶のマウンド。

私が言ったように、プラットフォームマウンドは特定の構造物の基礎として使用されたようです。埋葬はいくつかの下で発見されましたが、他のものでは発見されていません。宗教的な目的は、円錐形のマウンドと尾根の上のマウンドの両方の品種によって提供された可能性があります。

すでに何かを垣間見ることができます。さまざまなスタイルとサイズの塚は、最初に予想されていたよりも複雑な文化システムを示唆しています。これらのマウンドを構築し、維持することは簡単ではありませんでした。したがって、これらのマウンドは、この失われた文化の性質に関する強力な手がかりを提供します。

モンクスマウンドの頂上からのセントルイス。

しかし、私がたまたま読んでいる本(そしてパート2で再び言及します)でうまく作られている点を指摘する必要があります。ニールプライスで アッシュとエルムの子供たち:バイキングの歴史 he suggests thinking about the ending of a Shakespeare play—if I call correctly he used Hamlet。 There, after the final scene, you see the stage. There are bodies on the stage, arranged in a certain way, the set, the curtains, the clothes the dead people are wearing all meaningful to the story of the play. But you get to see just this one scene moment at the conclusion, the final frame of the movie. What can you tell about the play from the clues in front of you? What can you surmise about the actors and the audience, about the playwright, about the society in which they worked?

The answer is, you can surmise very little—there are so few clues and many are mystifying, suggesting many possible meanings. But the answer also is, you can surmise quite a lot, since, lucky for you, this isn’t the only last scene of the play you have found, there have been discoveries of this same play performed elsewhere with their own set of bodies and set dressing. In fact, there have been discoveries of other plays aside from Hamlet。 Taken in context with all of the available knowledge great mysteries will remain, great errors will still be made, but much starts to make sense.

Cahokia reached its peak in the 1200s, three hundred years before Columbus, although being within sight of present-day St. Louis, Columbus never got near it. French explorers found the place abandoned is the late 1600s, built a mission and trading out nearby, and named the town, and the cluster of mounds Cahokia after the local Indian tribe, which don’t appear to be the dependents of the people who built the mounds. Aside from what you can find in the ground, there are no records of them.

Model of existing mounds at Cahokia.

As far as anyone can tell there were about one hundred and twenty mounds here before development of the area and about eighty remain, all but a handful on what is now state property. All of the mounds have suffered and sometimes suffered badly, victims of unchecked development. The area was farmed and the plow went right up and over the mounds wherever they could. Houses were built atop some, a convenience store, and a drive-in theater decorated the land, too, which in its later years became a drive-in pornography theater. I didn’t know such things ever existed.

There were depressions in the area of the mounds that farmers wanted to fill so mounds were shoveled down, the dirt dumped into the holes. Which was okay with the first, I suppose—these depressions were caused centuries before by Indians digging up the land, the dirt used to build the mounds in the first place.

Steam shovel at work on the Powell Mound.

Don’t judge the farmers too harshly. The Powell family, horseradish farmers, had a mound on their land. They knew it was historically important and so tried to sell the land to various historical associations and local and state governments. Offers were made to a mushroom-shaped area—the area around the pond plus an access road—but the Powell’s reasonably thought that a dumb idea, leaving them with an odd-shaped lot. So they gave up, hired a steam shovel, and filled in that low area on their plot, the soil shifted to the mound seven hundred years ago shifted back in 1931.

The worst of the destructive development occurred just west of Cahokia in St. Louis, as it was becoming St. Louis. Nothing stopped the onrush in make-a-buck development and all but one of the mounds there were flattened, including the second-largest mound in the region. There’s a roundabout there now, with a boulder in the center to remind residents and visitors of their greed and stupidity.

Big Mound as it was being destroyed in about 1869. Daguerreotype by Thomas M. Easterly.

Not to be outdone, the Federal government routed an interstate through the area, bisecting the northern part of the mound cluster. The only good news here is that the legislation that funded the project also funded archeological projects along its length, and much of the initial archeological work on Cahokia stems from this funding.

Before the highway there was the old National Road, built in the early 1800s. It’s a high-speed road now. You have to look both ways before you cross. Sometimes you have to run across. The National Road passes directly in front of Monks Mound, touching it along its south side, dividing it from the plaza area.

A sign in the gift shop asks visitors to consider donating to help them purchase additional parcels of land with the remaining mounds. When I inquired about the sign an administrative employee soon appeared to answer all my questions and to ascertain if I was a wealthy Californian.

The mounds aren’t arranged at random. Instead, they form a main plaza and you can see where streets may have been. The alignment of the layout matches celestial signs, and you can imagine, filling the area around these mounds, where special buildings were built and where special ceremonies held, the hundreds if not thousands of more basic structures for housing and storage and for everything else, all around.

Monk’s mound rises above Cahokia in this depiction.

It looks an awful lot like a city, although archaeologists will argue about the precise definition of “city” with all of its attendant implications. But this was a city, twenty-five thousand, maybe forty-thousand people inhabiting it at its peak, bigger than London at the time, bigger than any city in the United States until Philadelphia took first place in the 1780s.

So our thinking about Indians has already been dramatically revised. And now, the biggest surprise of all, we can talk about Mound 72.

It’s a city.

This is part one of a two-part article. Part two is here.).

This post is from a series of articles chronicling a 2020 cross-country trip with my wife and two daughters and a boyfriend, from California to Ohio (to visit family) and Pennsylvania (to drop off my oldest daughter at grad school), and then back. We spent over five weeks on the road during the pandemic.


Study Reveals Evidence About Ancient Land Use at Cahokia

Around 1100AD (European reckoning), Cahokia on the Mississippi was one of the largest population centers in the world. Yet by 1400 the site had been abandoned. Without formal records or written traces, we really don’t know what happened. With limited evidence, archaeologists construct possible stories to explain how things collapsed.

There is a familiar list of the usual suspects, including invasion, civil strife, disease, environment catastrophe. In the case of Cahokia, one of the favorite stories has been one of ”ecocide”—a disaster caused by human activities, especially deforestation. This hypothesis has been around quite a while, but has been quite prominent in recent years, undoubtably reflecting contemporary anxieties about human impact on the planet.

This spring researchers from down the street report a new study of the area, examining the geological record for evidence of flooding [2]. These careful analyses show no evidence of changes in frequency or severity of flooding or erosion during or towards the end of the occupation. In short, this evidence suggests that, whatever happened, it wasn’t due to deforestation. (This is consistent with studies of pollen from the same period, which shows no change in ecology during the occupation.)

In fact, there is evidence of environmental damage at the earliest occupation, which abates for the rest of the period. This suggests that the inhabitants reacted to the problems and changed their practices to carefully manage their resources.

There are many frequent and serious flood and erosion events, but they date after the European occupation of the area. We have historical records for this later period, so we know there was dramatic deforestation, leading to massive ecological damage.

As Professor John E. Kelly remarks, the ecocide story “actually reflects how later European settlers used the area’s land” in the 1860s (quoted in[1]). This narrative actually projects our own recent cultural practices onto the unknown Cahokians, reinforced by well placed contemporary anxiety over world wide human impacts.

So why was Cahokia abandoned?知るか? We don’t know why people gathered at Cahokia, so we can’t really guess why they stopped gathering.

But this new study helps rule out certain kinds of simple environmental deterministic explanations. It also hints that the Cahokians were perfectly capable of sustainably managing this area for several centuries. Can we do as well?


As the river rises: Cahokia’s emergence and decline linked to Mississippi River flooding

A painting of Cahokia Mounds State Historic site by William R. Iseminger. Horseshoe Lake, where core sediments give a timeline of flooding from the Mississippi River, can be seen in the upper left.

Courtesy of William R. Iseminger

As with rivers, civilizations across the world rise and fall. Sometimes, the rise and fall of rivers has something to do with it.

At Cahokia, the largest prehistoric settlement in the Americas north of Mexico, new evidence suggests that major flood events in the Mississippi River valley are tied to the cultural center’s emergence and ultimately, to its decline.

Publishing May 4 in the Proceedings of the National Academy of Sciences, a research team led by UW–Madison geographers Samuel Munoz and Jack Williams provides this evidence, hidden beneath two lakes in the Mississippi floodplain. Sediment cores from these lakes, dating back nearly 2,000 years, provide evidence of at least eight major flood events in the central Mississippi River valley that could help explain the enigmatic rise and fall of Cahokia, near present-day St. Louis.

While the region saw frequent flood events before A.D. 600 and after A.D. 1200, Cahokia rose to prominence during a relatively arid and flood-free period and flourished in the years before a major flood in 1200, the study reveals. That was also a time of political instability and population decline. Two hundred years later, Cahokia was completely abandoned.

A modeled map of Cahokia and present-day St. Louis after the historic 1844 flood of the Mississippi River. Courtesy of Samuel Munoz

While drought has traditionally been implicated as one of several factors leading to the decline of many early agricultural societies in North America and around the world, the findings of this study present new ideas and avenues for archaeologists and anthropologists to explore.

“We are not arguing against the role of drought in Cahokia’s decline but this presents another piece of information,” says Munoz, a Ph.D. candidate in geography and the study’s lead author.

“It also provides new information about the flood history of the Mississippi River, which may be useful to agencies and townships interested in reducing the exposure of current landowners and townships to flood risk,” says Williams, a professor of geography and director of the Nelson Institute for Environmental Studies Center for Climatic Research.

Munoz didn’t set out intending to study flooding. His findings were “kind of an accident,” he says.

Originally, Munoz was looking for the signals of prehistoric land use on ancient forests. He chose to study Cahokia because it was such a large site and is famous for its large earthen mounds. At one point, tens of thousands of people lived in and around Cahokia. If there was anywhere that ancient peoples would have altered the landscapes of the past, it was Cahokia.

The team went to Horseshoe Lake, near the six-square-mile city’s center, and collected cores of lake mud — all the stuff that settles to the bottom — to look for pollen and other fossils that document environmental change. Lakes are “sediment traps” that can capture and record past environmental changes, much like the rings of a tree.

At Cahokia, Monk’s Mound, the largest earthwork built north of Mexico prior to the arrival of Europeans.

“We had these really strange layers in the core that didn’t have any pollen and they had a really odd texture,” Munoz says. “In fact, one of the students working with us called it ‘lake butter.’”

They asked around, talked to colleagues, and checked the published literature. The late Jim Knox, who spent his 43-year career as a geography professor at UW–Madison, suggested to Munoz that he think about flooding, which can disrupt the normal deposition of material on lake bottoms and leave a distinct signature.

The team used radiocarbon dating of plant remains and charcoal within the core to create a timeline extending back nearly two millennia. In so doing, they established a record of eight major flood events at Horseshoe Lake during this time, including the fingerprint left by a known major flood in 1844.

To validate the findings, the team also collected sediments from Grassy Lake, roughly 120 miles downstream from Cahokia, and found the same flood signatures (Grassy Lake is younger than Horseshoe Lake, so its sediments captured only the five most recent flood events).

The new findings show that floods were common in the region between A.D. 300 and 600. Meanwhile, the earliest evidence of more agricultural settlement appears along the higher elevation slopes at the edge of the central Mississippi River floodplain around the year 400. But by 600, when flooding diminished and the climate became more arid, archaeological evidence shows that people had moved down into the floodplain and begun to increase in population and farm more intensively.

“Rarely do you get such fortuitous opportunities where you have these nice sedimentary records next to an archaeological site that’s so well studied,” says Munoz.

Early on in the study, Munoz and Williams enlisted the help of Sissel Schroeder, a UW–Madison professor of anthropology whose doctoral studies focused on the Cahokia area. Schroeder accompanied the Geography Department scientists out in the field and helped provide historical and archaeological context.

She explains that while there has been little archaeological evidence to suggest flooding at Cahokia, it can’t be ruled out. It’s possible, she says, that researchers have simply missed the signals.

For example, archaeologists know that around the year 900, people in the area began to cultivate maize and their population exploded, shown by the number and size of buildings and structures that sprang up in the region. Archaeologists often think of Cahokia as a chiefdom, with a hierarchy of smaller settlements that spread out from the city, much like the small county seats that surround the major government centers we’re familiar with today, Schroeder explains.

But around 1200, coinciding with a major flood fingerprint in Munoz’s sediments, the population began to decline along with other shifts in the archaeological record.

“We see some important changes in the archaeology of the site at this time, including a wooden wall that is built around the central precinct of Cahokia,” says Schroeder. “There are shifts in craft production, house size and shape, and other signals in material production that indicate political, social and economic changes that may be associated with social unrest.”

Cahokia appears to have fractured and its people began to migrate to other parts of North America. By 1400, after the arid conditions that suppressed large floods and favored Cahokia’s rise had passed, it was deserted.

While many factors likely contributed to Cahokia’s decline — from extreme events like droughts or floods, to the inherent instability archaeologists and anthropologists have documented in other chiefdom societies — a major flooding event could have been the proverbial last straw.

“It would have had a particularly destabilizing effect after hundreds of years without large floods,” Schroeder says.

In order to deposit sediments into Horseshoe and Grassy Lakes, the Mississippi River would have had to rise 10 meters (about 33 feet) above its base elevation at St. Louis, according to models run in the study. This substantial flood would have inundated the region’s crops, impacted essential food stores, and created agricultural shortfalls.

Food and other essential resources would have been currency in a civilization like Cahokia and could have been leveraged for political gains following a flood of the scale documented in the study.

“We hope archaeologists can start integrating these flood records into their ideas of what happened at Cahokia and check for evidence of flooding,” says Munoz, who plans to continue studying flood records in lakes around the country once he graduates this year.

The study also provides new information about the river’s behavior in the central Mississippi Valley, Williams says. Relatively little is currently known about its prehistoric flood cycle but the study suggests that major floods like those in 1844 or 1993 happened every century or two prior to European settlement and intervention, with the exception of the unusually arid years that facilitated Cahokia’s growth.

“We have managed the river so much to prevent floods from happening, we don’t have a good baseline for how the river behaves without human modification,” he says. “This may help us understand not only how it once behaved, but how it may behave in the future.”

The study was supported by the National Science Foundation, the National Geographic Society, the National Lacustrine Core Facility, The Geological Society of America, and through a Packard Foundation fellowship to study co-author David Fike at Washington University in St. Louis. Kristine Gruley and Ashtin Massie, both at UW–Madison, also co-authored the study.


Cahokia (Other Keyword)

Determining the timing and magnitude of Cahokia’s demographic rise and fall is crucial to understanding the reasons for its advance and collapse. Fecal stanol biomarker analysis is an emergent geoarchaeological method that may provide a more direct record of Cahokia region population change than previous population estimates. This study analyzed sediment from Horseshoe Lake, Illinois for fecal stanol content to establish a population proxy of the Cahokia region. The stanol record indicates.

The following is an interpretation of Long-Nosed God masks. From O'Brien 1991 "Early State Economics: Cahokia, Capital of the Ramey State."

This resource is a citation record only, the Center for Digital Antiquity does not have a copy of this document. The information in this record has been migrated into tDAR from the National Archaeological Database Reports Module (NADB-R) and updated. Most NADB-R records consist of a document citation and other metadata but do not have the documents themselves uploaded. If you have a digital copy of the document and would like to have it curated in tDAR, please contact us at [email protected]

Human engagement with the world includes forging and maintaining relationships with social agents, both visible and invisible. Among Native North Americans, these relationships are simultaneously religious, social, and political. We explore these relationships using data from our 2016 excavations at Cahokia’s CABB (Courtyard Area Between Borrows) Tract, located southeast of Woodhenge and west of the Grand Plaza. The CABB Tract is situated north of two known borrow pits (Fowler’s 5-5 and 5-6) and.

Cahokia stands as the flagship city of the ancient Mississippian world. One of the enduring mysteries concerning Cahokia has been how to account for its skewed orientation and unique layout of its mounds and plazas. What accounts for the site's orientation east of north and why are the mounds situated where they are? In this presentation I use recently obtained LiDAR imagery together with archaeoastronomic analyses to explore the idea that Cahokia was built according to a grand master plan.

Cahokia was the largest and most complex pre-Columbian Native American society in North America. Its cultural influence extended throughout the Mississippian period Midwest (A.D. 1050–1400). A diachronic investigation of greater Cahokia from its western periphery provides insight into the polity’s consolidation, fragmentation, and collapse. Cahokian groups appear to have annexed portions of the Big River Valley (BRV) in southeast Missouri as part of the polity’s formational Big Bang. However, by.

The paper summarizes the results of six field seasons since 2011 by a joint Italian/American archaeological project on the Merrell Tract 300 meters west of Monks Mound. The extensive excavations, expanding upon the area of Wittry’s 1960 salvage work on Tract 15B, revealed a complex sequence of occupations covering the entire sequence of Cahokia’s history spanning the Edelhardt through Sand Prairie phases. Throughout its history the Merrell Tract experienced important changes: first as a domestic.

The goal of archaeology, rigorous in its method and theory, is to reconstruct past practices and events. Our pre-conceptions, knowledge, and training channel our analyses through varying theoretical lenses. These perspectives provide context within which to hypothesize about the past, creating narratives about human relationships with the environment, materials, places, and practices. While these theoretical perspectives add nuance and structure to archaeological analyses they sometimes miss.

The wide scale abandonment of Mississippian towns in the lower Midwest by the beginning of the fifteenth century has been the focus of interest for the last four decades beginning with the work of Stephen Williams. The largest urban center, Cahokia, is one of the earliest to be abandoned before the end of the fourteenth century. Recent evidence has been presented on a massive flood in the twelfth century as perhaps an important factor in this process, that occurs over a century later.この。

This project consists of articles written by members of Santa Fe Institute’s cosmology research group. Overall, the goal of this group is to understand the larger relationships between cosmology and society through a theoretically open-ended, comparative examination of the ancient American Southwest, Southeast, and Mesoamerica.

This is an abstract from the "SAA 2019: General Sessions" session, at the 84th annual meeting of the Society for American Archaeology. Monks Mound is the largest prehistoric mound north of Mexico, and is arguably the Cahokia World Heritage Site’s most dramatic monument. Major slumps that occurred in 2007 did significant damage to the mound. Repair of the slumped area revealed a complex stratigraphy, multiple features, and evidence for previous prehistoric and historic slumps. Mounds, like.

This is an abstract from the "Archaeology as a Public Good: Why Studying Archaeology Creates Good Careers and Good Citizens" session, at the 84th annual meeting of the Society for American Archaeology. During nearly five decades of working in public archaeology at Cahokia Mounds State Historic Site, I have witnessed and experienced the importance of public awareness of archaeology and American Indian cultures and found the need to overcome stereotypes the public has about both.This has been.

The 110 mounds that characterize Cahokia’s landscape represent the most visible aspect of anthropogenic transformation of landscape. Recent ongoing efforts on the northern edge of the east plaza at Cahokia are uncovering a hidden landscape of earthmoving, illustrating the social complexity of this urban center. Traditionally, mound building has been perceived as a simple process of moving and reshaping earthen material. Because of this simplified model of mound construction, studies of mound.

This paper provides an investigation of Cahokia’s East plaza and its associated architectural remains. Defined here as the area bounded by Mounds 31, 36, 38 (Monk’s Mound), and 51, the plaza was initially distinguished by an absence of surface debris, noted during controlled surface collection efforts in the Ramey Tract by Elizabeth D. Benchley and Barbara J. Vander Leest. Based largely on ceramics that were acquired by these investigators, the proposed time of construction has been placed.

Community is an expandable concept, at once representing social groups from scales as small as the household to those as broad as pathways of communication. This paper highlights the importance of examining archaeological data at these multiple spatial scales, but also at various scales of time, in order to more fully explore the social and historical processes that directed community development along their varied courses. Examples from several Mississippian period mound centers in the American.

The Merrell Tract is located west of Monk’s Mound and just outside downtown Cahokia. It is well known for excavations of the famous Woodhenge at its west end and a large residential district at the east end. However, very little is known about what lies between. In 2012 and 2013, with logistical funding from the Cahokia Mounds Museum Society and the Illinois Association for Advancement of Archaeology, a large-area magnetic survey was undertaken to determine the density and extent of the area’s.

Cahokia, the earliest and largest Mississippian (A.D. 1050–1400) mound complex, is situated in the American Bottom of Illinois. It is widely considered to be the center of a regionally integrated polity complete with subsidiary centers, specialized settlements, and rural farmsteads. Investigations at Cahokia proper and in the surrounding countryside over the past 50 years have provided a wealth of data concerning settlement layout, structure size and shape, and the differential distribution of.

Monumental Construction at Cahokia, a geoarchaeological perspective Amber Laubach and Sarah E. Baires Examining Pre-Columbian earthen mounds from both a macro and micro-scale lens can reveal geotechnical knowledge of construction as well as the cultural significance of this pervasive past practice in the Eastern Woodlands. Micromorphology soil samples provide a rich volume of data to examine fine-grained construction fill composition, pedogenic activity and the relative rate of monumental.

In the Cahokian world the sounds and sights of night would have brought stories: the moon, morning star and evening star human origins. Origin stories generally abound with sex, (mother earth, father sky) but our analyses are oddly devoid of sex. Yet Mississippian figurative art plays with the seen and unseen of sex as it hints at how cosmic principles, sex, and gender were entangled and tied to night and reproduction. By focusing on reproductive themes, but not sex, archaeologists have not.

The relationship between cultural interaction and religion as a catalyst for long-term historical change is an underdeveloped line of inquiry in pre-Columbian archaeology. Particularly in North American archaeology, Mississippian cultural expansions and intrusions have been considered primarily in political or economic terms. Missionizing – defined as the intent to convert someone or something to a new idea or religion - in cultural and religious change may have facilitated the spread of a.

Working hypotheses link selected rock art sites in Missouri with the religious and political ideologies of the Mississippian tradition. For example, petroglyph sites such as the Bushnell Ceremonial Cave (23SG89), Washington State Park (23WA01), Madden Creek (23WA26), and the Commerce Site (23ST255) have been linked with the Mississippian tradition. Likewise, a cluster of three pictograph sites preserve Mississippian iconography: Rattlesnake Bluff (23FR95), Willenberg Shelter (23FR96), and the.

In this paper we report on new collaborative research that seeks to investigate the history of pre-Columbian urbanism and Mississippian culture in the greater American Bottom region of eastern North America. Our research is being designed to take advantage of a wide range of archaeological methods, technologies, and analyses to produce information for Cahokia and other sites in the region. Here, we present initial results from our first season of work at Cahokia. In July 2016, project members.

What practices generated the largest and most complex Mississippian centers? We examine this issue through an analysis of Mississippian public and ritual architecture from Moundville in west-central Alabama and Cahokia in southwestern Illinois. Politico-religious buildings and associated practices or powers constituted the historical development of both places. Cahokians created a wider variety and more complicated distribution of such buildings than did Moundvillians. We argue that the Cahokian.

Drawing primarily on data from the Carson Mound Group located in the Mississippi River floodplain of northwestern Mississippi, this paper considers the timing, duration, and nature of the substantial evidence for what appears to have been direct contact between the polity that centered on Cahokia and the people who built the mounds at Carson. Distinctive northern traits include raw material, lithic technology, projectile point styles, ceramics, and architecture. These traits appear for a very.

Anthropocene: a hotly debated geological epoch entangled with climate change, the Industrial Revolution, and the perceived deleterious effect of humans on the natural world. A dialectic surrounds the Anthropocene because identifying this epoch, geologically, has real implications for global politics and the future of humanity in a changing global environment. Crossland (2014) suggests that to understand the palimpsest of global human action that resulted in the Anthropocene requires us to.


ビデオを見る: Toyota PRADO 2021