Springfield IStwGbt-歴史

Springfield IStwGbt-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

スプリングフィールドI

(StwGbt。:t。146; 1。134'9 ";b。26'11;dph。4'4; dr。
4 '; NS。 624-pdr。どうやって。)

最初のスプリングフィールド(1862年にオハイオ州シンシナティに建設された船尾の川の汽船)は、1862年11月20日にその都市の海軍によって購入されました。 1863年1月12日、イリノイ州カイロでヘンリーA.グラスフォード中尉が指揮を執った。

軽ドラフト砲艦は、オハイオ川、テネシー川、カンバーランド川で運用され、輸送機関を護衛し、陸軍の通信と供給のラインを保護し、川岸でゲリラ軍と交戦することがありました。 1863年4月3日、スプリングフィールドはテネシー州への遠征で砲艦レキシントン、ブリリアント、ロブ、シルバーレイクに同行し、前日に南軍の砲艦による攻撃の報復としてパルミラを破壊しました。とルミナリー。

おそらくスプリングフィールドの最もエキサイティングなサービスは、ジョン・ハント・モーガン将軍が率いる大規模な南軍を追いかけるために他の多くの砲艦に加わった7月に来た。大胆な南部の襲撃者は7月8日にオハイオ川を渡り、インディアナに入り、東への野生の乗り物を始めました。ユニオンのホームガードが彼を追跡している間、ユニオンの砲艦は川を上って移動し、彼が南部で安全に再横断するのを防いだ。最後に、約500マイルを超える10日間の追跡の後、追跡者は襲撃者に追いつき、バフィントン島で横断を試みるように強制しました。連邦汽船のムースとアレガニーベルは、モーガンの軍隊を川の南に移動させる努力を繰り返し挫折させた。両方向から押されて、襲撃者のほとんどは降伏しました。

モーガンと数人の信者はなんとか丘に後退し、さらに1週間乗りました。

彼らが囲まれ、オハイオ州ニューリスボンの近くで捕らえられる前の北。

スプリングフィールドがこれ以上の興奮を報告する前に、ほぼ1年の定期的な船団とパトロールサービスが過ぎました。 1864年6月3日、ティンクラッドがカンバーランドを下っていたとき、彼女はシェリー島で川を渡ろうとしているゲリラの一団に出くわしました。砲艦は、4頭の馬、数ポンドの馬蹄形の釘、および「反逆者の馬に靴を履く」ために印象づけた「禁制品」の鍛冶屋を残して徒歩で逃げた南軍に発砲した。

スプリングフィールドは最後まで上流の川で奉仕しました。南北戦争の。 1865年4月29日、彼女はイリノイ州マウンドシティに命じられ、6月30日に退役した。汽船は1865年8月17日に公売でR.G.ジェイムソンに売却された。 1866年4月1日にジェニーD.として再文書化された船尾の荷車引きは、1875年までミシシッピ川の水系で働いていました。


スプリングフィールドでウォーキング、ハイキング、自転車の歴史ツアーが提供されるようになりました

イリノイ州自然資源局は、スプリングフィールドの州立史跡が11月中旬まで続く一連のツアーを主催すると発表しました。

「この新しいイニシアチブは、ゲストと必見の美術館やモニュメントとの間に有意義なつながりをもたらす、楽しく教育的な屋外体験を生み出します」と、IDNR土地管理局のディレクターであるフォンバンディは述べています。

ツアーは、IDNR土地管理局の歴史教育通訳が案内します。各ツアーの期間は1時間から2時間です。必要となる予約は、IDNRのウェブサイトから行うことができます。すべての経験の能力は制限され、イリノイ州公衆衛生局によって概説された健康と安全のガイドラインに従います。すべてのツアーは無料で、地元の史跡を支援する寄付を歓迎します。

スプリングフィールドでの2021年の「ウォーキング、ハイキング、自転車の歴史」体験の最初のスケジュールには、次のものが含まれます。 •リンカーンハイキングの友達 -オークリッジ墓地の美しい丘を通るこの90分間のハイキングでは、エイブラハムリンカーンの友人、隣人、政治家の墓が通り過ぎます。各停留所で、その人の人生について話し、第16代大統領との交流を強調します。快適な靴と水をお勧めします。

•軍事史のハイキング -オークリッジ墓地周辺のこの90分間のハイキングでは、多くの退役軍人の最後の休憩所を訪れます。これには、著名な役職に就いた著名な人物と、今日ほとんど知られていない兵士の両方が混在します。快適な靴と水をお勧めします。

•歴史バイクツアー -首都の史跡のカジュアルでペースの速い自転車ツアーのガイドに従って、自分の自転車に乗ってください。この近所スタイルの乗り物は、デイナトーマスハウス、ファーストブラックファイアハウス、リンカーンホーム、オールドステートキャピトル、リンカーントゥームなどの史跡を通り過ぎます。情報はルート沿いの9つの停留所で提供されます。 8マイルの往復乗車には約2時間かかります。ヘルメットが必要で、水筒をお勧めします。

•1908年のレース暴動ウォーキングツアー -エイブラハムリンカーンの暗殺から43年後、生誕100周年のわずか6か月前、1908年のスプリングフィールドレース暴動の際、故郷のアフリカ系アメリカ人の友人とその子孫の生活の多くが人種的憎悪と経済的嫉妬によってひっくり返されました。この1時間のツアーでは、壊滅的な1908年のレース暴動の一部について説明します。

•ブラックヒストリーウォーク -オークリッジ墓地を歩くこの90分間は、スプリングフィールドのブラックコミュニティの歴史に焦点を当て、深刻な逆境と偏見に直面したときの大きな悲劇と成功の物語について話し合います。水とハイキングシューズをお勧めします。スプリングフィールドと中央イリノイアフリカ系アメリカ人歴史博物館で発表されました。

•フランクロイドライトドローイングツアーのようなデザイン -ハンズオンアクティビティを使用した1時間1マイルのツアーと、アリストクラシーヒル地区への散歩で、ライトの象徴的な建築様式の発展を、子供の頃の経験からデイナトーマスハウスの設計まで探ります(1902-04)と他の大草原の家。フランクロイドライトのようにデザインすることを学ぶにつれて、すべての年齢のゲストが有機建築の基本原則を理解するようになります。このツアーでは、サイトの外観のみを探索することに注意してください。

•変化する女性の歴史ウォークのためのデザイン –参政権者の道を歩み、スーザン・ローレンス・ダナがフランク・ロイド・ライトとどのように協力して、民主主義についての彼女の考えを前進させた家を設計したかを学びます。 1時間の1.5マイルのウォーキングツアーでは、ライトのスプリングフィールドプロジェクトとイリノイ州の女性の参政権への道との関係について説明します。このツアーでは、サイトの外観のみを探索することに注意してください。

春のウィークリースケジュール

午前10時、フランクロイドライトドローイングツアーのようなデザイン、デイナハウスの中庭の開始/終了

10:00-11:30 a.m.、オークリッジ墓地でのリンカーンハイキングの友、リンカーン墓地での開始/終了

10:00 a.m.-正午の歴史バイクツアー—8マイル、州議会議事堂ビジターセンターの開始/終了

1:00〜2:30 p.m.歴史バイクツアー5軒/ 5マイル、州議会議事堂ビジターセンターの開始/終了

10:30-11:30 a.m.、1908年のレース暴動ウォーキングツアー、旧州議会議事堂で開始/終了

午後1時から午後2時30分、オークリッジ墓地での軍事史ハイキング、リンカーン墓地での開始/終了

午前10時-正午、8マイルの自転車ツアー、州議会議事堂ビジターセンターの開始/終了

10:30-11:30 a.m.、フランクロイドライトドローイングツアーのようなデザイン、ダナハウスの中庭の開始/終了

1:00-2:30 p.m.、ヒストリーバイクツアー5ハウス/ 5マイル、州議会議事堂ビジターセンターの開始/終了

午後1時30分〜午後2時30分、女性史ウォークの変更のためのデザイン、ダナハウスの中庭の開始/終了

午後3時から4時30分、オークリッジ墓地の黒人の歴史ウォーク、リンカーンの墓で始まり/終わり

10:30-11:30 a.m.、1908年のレース暴動ウォーキングツアー、旧州議会議事堂で開始/終了

午後3時から4時30分、オークリッジ墓地でのリンカーンハイキングの友、リンカーン墓地での開始/終了

個人またはグループは、IDNRのWebサイト(http://historicspringfield.dnr.illinois.gov/)にアクセスできます。

詳細を確認して予約するか、217-524-3971に電話するか、DNR.HistoricSpringfield @ Illinois.govに電子メールを送信してください。スプリングフィールドの州立史跡では、相互に合意できる日時に追加のツアーについて問い合わせることをお勧めします。予定されているツアーは2021年11月中旬まで続きます。

Copyright 2021 NPR Illinois | 91.9UIS。詳細については、NPRIllinoisをご覧ください。 91.9UIS。


スプリングフィールドI(Zagonyi&#039s Charge)

北軍騎兵隊の上級警備隊はミズーリ州警備隊と戦った。

北軍の損失は100未満、南軍は約130でした。

西部部の指揮をとってからほとんど達成できなかった(セントルイスに本部を置く)ジョンC.Fr _ _mont少将は、スターリングプライスの反乱軍を州から排除し、可能であれば、運ぶ計画を策定した。アーカンソーとルイジアナへの戦争。
1861年10月7日にセントルイスを離れ、Fr _ _montは最終的に20,000人以上の軍隊を集めました。彼の騎兵部隊は、フランクJ.ホワイト少佐の「プレーリースカウト」、チャールズザゴニー少佐の「Fr _ _mont'sBodyGuards」、そしてそれほど壮大な称号のない騎兵隊を含む5,000人の兵士を数えました。ホワイトは後に病気になり、彼の命令をザゴニーに引き渡した。

2つの部隊は、情報を収集するためにFr _ _montの軍隊の前で活動しました。 Fr _ _montがスプリングフィールドに近づくと、地元の州防衛軍司令官であるジュリアン・フレイジャー大佐が近くの地域に追加の軍隊を要請しました。 Fr _ _montは、スプリングフィールドから約50マイルのPomme deTerre川にキャンプしました。しかし、ザゴニーのコラムはスプリングフィールドに続き、フレイジャーの1,000から1,500の部隊はそれに会う準備をしていました。フレイジャーはザゴニーの道に沿って待ち伏せをしたが、顎が折れたとき、歯はそれほど強くなかった。北軍は反乱軍に突撃し、彼らを逃亡させた。

ザゴニーの部下は町に侵入し続け、連邦の支持者を歓迎し、北軍の囚人を釈放した。南軍の反撃に嫌気がさして、ザゴニーは夜の前にスプリングフィールドから撤退したが、Fr _ _montの本体は数日後に到着し、町にキャンプを設置した。

11月中旬、Fr _ _montが解任され、ハンター少佐に交代した後、連邦政府はスプリングフィールドを避難させ、セデーリアとローラに撤退した。連邦軍は1862年初頭にスプリングフィールドを再占領し、それ以降は北軍の拠点でした。スプリングフィールドでのこの交戦は、1861年のミズーリ州南西部での唯一の北軍の勝利であり、南軍がこの地域を統治していた。


コンテンツ

先住民編集

コネチカットリバーバレーでの人間の居住の起源を推定することは困難ですが、少なくとも9、000年前にさかのぼる物理的な兆候があります。ポコムトゥクの伝統は、巨大なビーバーによるディアフィールドのヒッチコック湖の作成を説明しています。これはおそらく、少なくとも12、000年前に後退した氷河の行動を表しています。さまざまな場所で、何千年にもわたる釣り、園芸、ビーバー狩り、埋葬が示されています。過去150年間の発掘調査により、古い埋葬地から多くの遺体が取り出され、UMASSアマーストなどの機関のコレクションに送られました。 1990年のネイティブアメリカンの墓地および帰還法の成立により、西部ミサと全国の博物館は、これらの遺体を先住民に帰還させるよう命じられました。これは継続的なプロセスです。

この地域には、アルゴンキン語を話すネイティブアメリカンのコミュニティがいくつか住んでおり、文化的にはつながっていますが、それぞれのコミュニティに割り当てられた場所の名前で区別されています:アガワム(低地)、ウォロンコ(循環)、ノノタック(川の真ん中) )、ポコムトゥク(狭くて速い川)、ソコキ(隣人から離れている)。現代のスプリングフィールド大都市圏には、アガワムインディアンが住んでいました。 [8]アガワムや他のグループは、アロンキアンインディアンのより大きな文化的カテゴリーに属しています。

1634年、オランダの貿易業者は、この地域の先住民の間で壊滅的な天然痘の流行を引き起こしました。 [8]マサチューセッツ州のブラッドフォード知事は、ウィンザー(オランダの交易所のある場所)で、「[インディアン]のうち1,000人のうち150人が死亡した」と書いている。非常に多くの死者が「埋葬を求めて地上で腐敗している」ため、イギリスの入植者たちはこの地域の重要な定住を試みるために大胆になりました。 [9]

植民地集落編集

ピューリタンの毛皮商人ウィリアム・ピンチョンは、マサチューセッツ州ロクスベリーの最初の入植者であり、治安判事であり、マサチューセッツ湾植民地の会計補佐でした。 1635年、彼はジョンケーブルとジョンウッドコックが率いる偵察遠征隊に依頼して、農業と貿易の2つの目的にコネチカットリバーバレーが最も適した場所を見つけました。遠征隊は、ボストンからスプリングフィールドを経由してアルバニーまで内陸のベイパスを横切って移動したか、おそらく海岸に沿ってコネチカット川の河口から北に向かって移動しました。それは、ウェストフィールド川がコネチカット川と合流するアガワムで終わり、当時の「グレートリバー」の最北端の集落であった現代のスプリングフィールドからコネチカット川を渡った。この地域の多数の川と地史は、その土壌が北東部で最も優れた農業の1つであることを示しています。 [10]

ケーブルとウッドコックは、コネチカット川の西岸にあるアガワムのポコムトゥク(またはおそらくニプマク)の村を見つけました。川の近くの土地は、インディアンによる火傷のために木がなく、洪水と氷河のヒッチコック湖の両方からの栄養豊富な川の沈泥で覆われていました。 [11]ウェストフィールド川のすぐ南で、ケーブルとウッドコックは現在のマサチューセッツ州アガワム(現在のピンチョンポイント)にプレハブ住宅を建設した。

1636年5月15日、ピンチョンはコネチカット植民地によって管理される入植遠征隊を率いました。これには、ヘンリースミス(ピンチョンの義理の息子)、ジェヒュバー、ウィリアムブレイク、マシューミッチェル、エドマンドウッド、トーマスウフォード、ジョンケーブルが含まれていました。 [12]そしてアホートンという名前のマサチューセッツインディアンの翻訳者。ピンチョンはおそらくアルゴンキン語を学んだことがなく、土地について学び、その先住民に対処する上で、先住民の通訳の助けが非常に重要になっています。オランダ人とプリマス植民地人は、コネチカット州ウィンザーまで北にある「グレートリバー」を飛び越えて、この地域の原材料への最大のアクセスを得るために最北端の村を設立しようとしていました。ピンチョンは、コネチカット川の最初の場所であるエンフィールドフォールズのすぐ北にある場所を選択しました。ここでは、すべての旅行者が高さ32フィート(9.8 m)の滝を交渉するために立ち寄り、外航船から小さなシャロップに貨物を積み替える必要があります。スプリングフィールドを設立することにより、ピンチョンはコネチカット川の最北端のトレーダーとしての地位を確立しました。コネチカット州イーストウィンザーに、エンフィールドフォールズの近くに、出荷待ちの商品を保管するための倉庫を建設しました。この倉庫は、現在でも「ウェアハウスポイント」と呼ばれています。 [13]

1636年、ピンチョンの党は、スプリングフィールドのロングヒルストリートの現在の場所にある柵の砦に住んでいた18の部族から、コネチカット川の両側の土地を購入しました。支払われた価格は、18のくわ、18ファゾムのワムパム、18のコート、18の手斧、および18のナイフでした。 [14] [15]アホートンは署名者であり、証人であり、証書の交渉者である可能性が高い。インド人は、採餌と狩猟の権利と既存の農地に対する権利を保持し、英国の牛がトウモロコシの収穫を台無しにした場合に補償する権利を与えられました。 [16]多くのインドの証書の場合と同様に、文書の先住民の署名者が彼らの部族に代わって署名する政治的権威を持っていたかどうかは疑わしい。 [8]

1636年、イギリスの入植地はアガワムプランテーションと名付けられ、マサチューセッツ湾植民地ではなくコネチカット植民地によって管理されました。

コネチカットを離れてマサチューセッツ編集

分離日[17]
ウェストフィールド 1669
サフィールド(CT)(サウスフィールドとして) 1682
エンフィールド(CT)(淡水として) 1683
スタッフォード(CT) 1719
サマーズ(CT)(エンフィールドから) 1734
ウィルブラハム 1763
イーストウィンザー(CT)(北部) 1768
ウェストスプリングフィールド 1774
ラドロー 1774
サウスウィック 1775年(ウェストフィールドから)
モンゴメリー 1780年(ウェストフィールドから)
ロングメドー 1783
ラッセル 1792年(ウェストフィールドから)
チコピー 1848
ホールヨーク(スミスのフェリーを除く) 1850年(W.スプリングフィールドから)
アガワム 1855年(W.スプリングフィールドから)
ハンプデン 1878年(ウィルブラハムから)
イーストロングメドー 1894年(ロングメドーから)

1640年と1641年に、コネチカットリバーバレーの政治的境界を永久に変えた2つの出来事が起こりました。スプリングフィールドは、設立からその時まで、コネチカットの他の3つの集落、ウェザーズフィールド、ハートフォード、ウィンザーとともにコネチカットによって管理されていました。 1640年の春、穀物は不足し、コネチカット植民地の牛は飢餓で死にかけていました。ウィンザーとハートフォードの近くのコネチカットリバーバレー集落(当時は「ニュータウン」と呼ばれていました)は、ウィリアムピンチョンに3つのイギリス人集落すべてのトウモロコシを購入する権限を与えました。原住民が彼らのトウモロコシを市場価格で売らないならば、ピンチョンはより多くのお金を提供することを許可されました。原住民はトウモロコシを市場価格で販売することを拒否し、その後ピンチョンが「合理的な」価格で販売することを拒否しました。ピンチョンはそれを購入することを拒否し、イギリスの入植者の弱点を放送しないことが最善であると信じ、また市場価値を安定させたいと考えました。 [18]

ハートフォードになるであろう一流の市民は、穀物を購入しなかったためにピンチョンに激怒した。ウィンザーとウェザーズフィールドの同意を得て、コネチカット植民地の3つの南部集落は、有名なネイティブアメリカンの征服者であるジョンメイソン大尉に、集落の穀物を手に入れるために「片手にお金、もう片方に剣」を持ってスプリングフィールドに旅行するよう依頼しました。 [19]スプリングフィールドになるものに到達すると、メイソンはポコムトゥクが「リーズナブルな価格」でトウモロコシを売らなかった場合、戦争でポコムトゥクを脅した。ポコムトゥクは降伏し、最終的には入植者のトウモロコシを売りましたが、メイソンの暴力的なアプローチは、ネイティブの英語に対する不信を深めました。メイソンは去る前に、ピンチョンを公に非難し、ピンチョンが鋭い取引慣行であり、ポコムトゥクが彼を恐れていたので彼とだけ取引することを強制したと非難した。 (コネチカット植民地南部の3つの集落は、スプリングフィールドとは異なる部族、つまり、より好戦的なピクォートとモヒガン族に囲まれていました。)

最終的に、1640年に、ピンチョンとアガワムのプランターは、コネチカット植民地の管轄から離れて、他の川の町から離れることに投票しました。マサチューセッツ湾植民地は、スプリングフィールドの亡命を利用することを目指して、アガワムを含むコネチカット川に隣接する土地の管轄権を再主張することを決定しました。

スプリングフィールドとコネチカットの間の緊張は、1640年の最後の対立によって悪化しました。ハートフォードは、さまざまな部族とニューネーデルラントコロニーからの保護のために、オールドセイブルックのコネチカット川の河口に砦を維持していました。スプリングフィールドがマサチューセッツ湾植民地の側に立った後、コネチカットはオールドセイブルックの砦を通過するときにスプリングフィールドのボートに通行料を支払うよう要求した(当時はコネチカット植民地ではなく、短命のセイブルック植民地によって管理されていた)。スプリングフィールドがセイブルックの砦に駐屯することができれば、ピンチョンはこれに同意しただろうが、コネチカットはスプリングフィールドが砦にいることを許可することを拒否したため、ピンチョンはボートにコネチカットの通行料の支払いを拒否するように指示した。マサチューセッツ湾植民地がこの論争について聞いたとき、それはピンチョンの側を取り、すぐにコネチカット船がボストン港に入るときに通行料を払うことを要求する決議を起草した。当時ボストンとの貿易に大きく依存していたコネチカットは、すぐにスプリングフィールドへの課税を取り下げました。 [18]

ほこりがついに落ち着いたとき、ピンチョンはマサチューセッツ湾植民地によってアガワムの治安判事に指名され、彼の重要性を称えて、イギリスの出生地にちなんでスプリングフィールドに改名されました。 [18]何十年もの間、当時のウェストフィールドを含むスプリングフィールドは、マサチューセッツ州の最西端の集落でした。

1642年、マサチューセッツ湾は、現在のアメリカで最初の1つである、定義可能な境界線の作成を依頼しました。ナサニエル・ウッドワードとソロモン・サフェリーが率いるグループは、今日のウィンザーのダウンタウンの北にあるウィンザーの古いビッセルズフェリーの国境検問所を出て、現在の米国国道44号線の近くの路線に入りました。結果が発表された後、この路線は大幅にマサチューセッツ湾植民地に利益をもたらした。サフィールド、エンフィールド、サマーズ、スタッフォード、グランビーの町は、スプリングフィールドの土地の管轄下に置かれました。コネチカットは結果に抗議し、彼らは歩いていなかったが、チャールズ川からケープコッド周辺をボートで航海し、エンフィールドフォールズの近くまで上がったと主張した。これは、アメリカの歴史の中で最も長く続いている国境紛争の1つをもたらしました。

初期の「最初の」編集

セイラム魔女裁判の46年前の1645年、コルネットジョセフパーソンズの妻であるメアリー(ブリス)パーソンズが、ウィンザーからスプリングフィールドに引っ越してきた未亡人を魔術で非難したとき、スプリングフィールドはアメリカで最初の魔術の告発を経験しました。その後、死によって罰せられます。 [20]このため、メアリー・パーソンズは中傷の罪で有罪となった。 1651年、メアリーパーソンズは魔術で告発され、自分の子供を殺害したとしても告発されました。 [20]次に、メアリー・パーソンズは自分の夫であるヒュー・パーソンズを魔術で非難した。アメリカの最初の魔女裁判で、メアリーとヒュー・パーソンズの両方が、満足のいく証拠を求めて魔術の罪を犯していないことが判明しました。しかし、メアリーは自分の子供を殺害した罪で有罪判決を受けましたが、死刑判決が下される前に、1651年に刑務所で亡くなりました。 [14]

ウィリアム・ピンチョンは、新世界初の商業用食肉包装業者でした。 1641年に彼は塩豚の樽の輸出を開始しましたが[14]、1650年に彼は新世界で最初の禁止された本を書いたことで有名になりました。 私たちの償還の価値のある価格。 [20] 1649年、ピンチョンは1650年にロンドンで出版された本を書く時間を見つけた。いくつかのコピーがマサチューセッツ湾植民地とその首都ボストンに戻った。マサチューセッツのカルヴァン主義ピューリタン主義に対する彼の批判的な態度のために、ピンチョンは異端で告発され、彼の本はボストンコモンで燃やされました。 4つの既知のコピーだけが生き残った。 [21] 1650年のマサチューセッツ州立法廷の宣言により、 私たちの償還の価値のある価格 新世界で初めて禁止された本になり​​ました。 [22] 1651年、ピンチョンはボストンで異端の罪で告発された–スプリングフィールドのメアリー・パーソンズが死刑を宣告されたマサチューセッツ州立法廷の同じ会議で。コネチカットリバーバレーで最大の土地所有権をすべて失うことに立っていたウィリアムピンチョンは、所有権を息子のジョンに譲渡し、1652年に友人のモクソン牧師と一緒にイギリスに戻った。 [21] [23]

ウィリアムの息子であるジョン・ピンチョンと彼の義理の兄弟であるエリズール・ホルヨークは、すぐに和解の指導的役割を引き受けました。彼らはスプリングフィールドを毛皮貿易の減少から農業の追求へと動かし始めました。 1655年、ジョンピンチョンはアメリカで最初の牛追いを開始し、スプリングフィールドからボストンまで古いベイパストレイルに沿って群れを追い出しました。 [14]

インド人からの広大な土地の購入は17世紀を通して続き、スプリングフィールドの領土を拡大し、コネチカットリバーバレーの他の場所に他の植民地の町を形成しました。ウェストフィールドは1725年までマサチューセッツ湾植民地の最西端の集落であり、スプリングフィールドは現在も残っているように、植民地で最も人口が多く重要な西部の集落でした。 [15]数十年から数世紀にわたって、スプリングフィールドの一部は分割されて隣接する町を形成しましたが、何世紀にもわたって、スプリングフィールドはこの地域で最も人口が多く、最も重要な都市であり続けました。

植民地境界の調査が不正確だったため、スプリングフィールドはマサチューセッツ湾植民地とコネチカット植民地の間の境界紛争に巻き込まれ、1803年から4年まで解決されませんでした。 (マサチューセッツ州とコネチカット州の国境の歴史に関する記事を参照してください)。その結果、元々スプリングフィールドによって管理されていた一部の土地(ウィリアムピンチョンのウェアハウスポイントを含む)は、現在コネチカットによって管理されています。 [15]

貿易と侵害編集

次の数十年の間、先住民はヨーロッパの入植者との複雑な関係を経験しました。毛皮貿易は彼らの経済的相互作用の中心にあり、他の多くの政策決定を導いた儲かるビジネスでした。白人の入植者は、毛皮や園芸作物と引き換えに、ワムパム、布、金属を交換しました。ネイティブの人々が提供する商品の季節的な性質のために、英語の商品が常に入手可能であるのと比較して、クレジットシステムが開発されました。利用可能性が変動しなかった天然資源である土地は、ビーバーの将来の約束と引き換えに先住民が英国の商品を購入する住宅ローンの担保として機能しました。しかし、イギリス人との交易により、毛皮は非常に儲かったため、ビーバーは急速に追い詰められました。取引量は、1654年の最高値である3723毛皮から、10年後のわずか191頭に減少しました。すべての住宅ローンで、先住民はより多くの土地を失いました-彼らの人口基盤が古い病気から回復して拡大したとしても。 [24]

リサ・ブルックスが「証書ゲーム」と呼ぶ過程で[25]、イギリス人は借金、アルコール、その他の方法で先住民からより多くの土地を奪った。スプリングフィールドの入植者であるサミュエルマーシュフィールドは、アガワムの住民から「植える余地がほとんどない」ほど多くの土地を奪い、マサチューセッツ州立法廷が介入してマーシュフィールドに15エーカーの土地を割り当てさせました。先住民は、事前に必要ではなかった構造物である、柵で囲まれた「砦」を建設し、集まり始めました。スプリングフィールドの外にあるアガワム要塞はロングヒルにありましたが、一般的に(誤って)「キングフィリップスストッカデ」と呼ばれる現代の公園に立っていたと考えられています。これらの遺跡は、19世紀から20世紀にかけて人類学者によって発掘されました。人類学者は、前述のように、文化財や遺骨を取り、地域の博物館に何年も展示していました。 1990年にネイティブアメリカンの墓地および本国送還法(NAGPRA)が成立すると、長い帰国プロセスが始まりました。

一部の個人は植民地時代の生活に深く巻き込まれ、白人の家庭に雇用されるようになりました。しかし、異人種間結婚の禁止、インド人の間の英国人の居住、夜間の英国の町での先住民の存在など、社会的分裂を強制するための英国人による同時の努力がありました。

フィリップ王戦争編集

何年にもわたってインドの土地に侵入し、ヨーロッパの病気で先住民を滅ぼした後、マサチューセッツ州東部のワンパノアグインディアン部族のリーダーであるワムスッタは、プリマス植民地人から銃を突きつけられて尋問された直後に亡くなりました。ワムスッタの兄弟であるチーフメタコメット(スプリングフィールダーズには「フィリップ」として知られている)は、この地域全体に広がるイギリス人との闘いを始めました。

紛争が最初の数ヶ月で拡大するにつれ、スプリングフィールドの指導者たちは「私たちのインディアン」の忠誠心を維持することに深く関心を持っていました。 [26]アガワムは協力し、英語に貴重な情報を提供した。

1675年8月、ハドリーのイギリス兵はノノタックインディアンの「要塞」の武装解除を要求した。彼らは武器を手放すことを望まず、8月25日の夜に出発しました。100人のイギリス兵が彼らを追いかけ、シュガーローフヒルのふもとに追いつきました。シュガーローフヒルはノノタックにとってはグレートビーバーと呼ばれる神聖な場所でした。イギリス軍は攻撃したが、ノノタックは彼らを撤退させ、動き続けることができた。 [27]

神聖な土地への先住民の血の流しは、彼らの親族ネットワーク全体への攻撃であり、その意味はジョン・ピンチョンに失われませんでした。彼はロングヒルのアガワムに人質をハートフォードに送るように強制し、アガワムの人々が彼らの親族と一緒に戦うのを防ぐことを望んでいた。これらの努力は成功しませんでした。

1675年10月、他の村の戦士がロングヒルの村でアガワムに加わり、フィリップ王戦争で最大の戦いの1つに備えました。歴史家のチャールズ・バロウズは、攻撃を実行する前に、そこで拘束されているアガワムの人質の脱出を促進するために、メッセンジャーをハートフォードに送ったと推測しています。おそらく、これらのメンバー、ウィンザーのスプリングフィールドとハートフォードの間に住んでいて、英国のウォルコット家と関係があったトトという名前のネイティブの男性が、差し迫った攻撃について英語を知り、警告したためです。

1675年10月5日、事前の警告にもかかわらず、スプリングフィールドの包囲中に、スプリングフィールドの60軒の家のうち45軒が焼失し、村のリーダーであるジョン・ピンチョンの製材所もくすぶっていました。 [28]スプリングフィールドの包囲に続いて、スプリングフィールドの村を放棄し、近くの町に亡命することを真剣に考えたが、スプリングフィールドの住民は包囲された条件下で1675年の冬に耐えた。その冬の間、キャプテンマイルズモーガンのブロックハウスはスプリングフィールドの要塞になりました。メッセンジャーがハドリーに派遣されるまで持ちこたえ、その後、サミュエル・アップルトン大尉の指揮下にある36人の兵士(マサチューセッツ湾植民地の常備軍)がスプリングフィールドに行進し、包囲を強化した。今日、フィリップ王戦争で息子のペラティアと義理の息子のエドマンド・プリンリデイエスを失ったモーガンの大きな銅像がスプリングフィールドのコート広場に立っており、彼の肩にライフルを持った猟師のドレスを着ています。

フィリップ王戦争中に、800人以上の入植者が殺され、約8000人の先住民が殺され、奴隷にされ、または難民になりました。 [29]いくつかの歴史は、1676年の夏にメタコメットが死んだことで戦争が終わったことを示しているが、紛争は現在のメイン州にまで拡大し、ワバナキはイギリス軍と戦った。 [25]

戦争後、ネイティブアメリカンの人口の大部分はマサチューセッツ州西部を後にしましたが、先住民とイギリス人の間の土地証書は1680年まで続きました。[30]戦争の多くの難民が北部のワバナキに加わり、彼らの子孫は今日も残っています。 。七年戦争中にネイティブの戦士がフランス人と一緒にマサチューセッツ州西部に戻り、オーラルヒストリーは1830年代にディアフィールドを訪れたアベナキ族を思い起こさせます。 [8]

今日、フィリップ王は、現在フィリップ王の柵として知られている丘の上で、アガワムインディアンを攻撃に駆り立てたと主張されています。コネチカット川、街のスカイライン、ピクニックパビリオン、そしてスプリングフィールドの住民に差し迫った危険を警告しようとした有名なウィンザーインディアンを描いた像の素晴らしい景色を望むスプリングフィールド都市公園です。囲い柵のあるインドの村の実際の場所は、ロングヒルストリートから北に約1マイル、川を見下ろす絶壁にあります。 2005年、ウースターのNipmuc Nationの先住民グループが、「囲い柵」の再奉納式を行いました。 [31]

スプリングフィールドアーモリー編集

その後、現在のように、主要な岐路に立った1770年代、ジョージワシントンは、スプリングフィールドの高い断崖を米国国立兵器庫の場所として選択しました。ワシントンは、重要なアメリカの都市と資源への中心性、コネチカット川への容易なアクセス、そして今日のように、都市がよく旅行された道路のつながりとして機能したため、スプリングフィールドを選択しました。 Washington's officer Henry Knox noted that Springfield was far enough upstream on the Connecticut River to guard against all but the most aggressive sea attacks. He concluded that “the plain just above Springfield is perhaps one of the most proper spots on every account” for the location of a National Arsenal. [14] During the War of Independence, the arsenal at Springfield provided supplies and equipment for the American forces. At that time, the arsenal stored muskets, cannons, and other weapons it also produced paper cartridges. Barracks, shops, storehouses, and a magazine were built, but no arms were manufactured. After the war the government retained the facility to store arms for future needs.

By the 1780s the Arsenal was the United States' largest ammunition and weapons depot, which made it the logical focal point for Shays' Rebellion (see below). [32] On the recommendations of then U.S. President George Washington, Congress formally established the Springfield Armory in 1794. In 1795, the Springfield Armory produced the first American-made musket, and during that year, produced 245 muskets. [4] Until its closing in 1968, the Armory developed and produced a majority of the arms that served American soldiers in the nation's successful wars. Its presence also set Springfield on the path of industrial innovation that would result in the city becoming known as the "City of Progress" [33] [34] [35] and later as the "City of Firsts."

The term Springfield Rifle may refer to any sort of arms produced by the Springfield Armory for the United States armed forces. Other famous arms invented in Springfield include the Repeating Pistol, and the Semi-automatic M1 Garand. [36]

The 55 acres (220,000 m 2 ) within the Armory's famous ornamental cast-iron fence are now administered by Springfield Technical Community College and the National Park Service. Most of the buildings were erected during the 19th century, with the oldest dating from 1808. The complex reflects the Armory commanders’ goal of creating an institution with dignity and architectural integrity worthy of the increasing strength of the federal government.

シェイズの反乱編集

Shays's Rebellion – the most crucial battle of which was fought at the Springfield Armory in 1787 – was the United States' first populist revolt. It prompted George Washington to come out of retirement, and catalyzed the U.S. Founding Fathers to craft the U.S. Constitution. On May 25, 1787, General Henry Knox, the Secretary of War, addressed the Constitutional Convention in Philadelphia: “The commotion of Massachusetts have wrought prodigious changes in the minds of men in the State respecting the Powers of Government. They must be strengthened, there is no security of liberty or property.” [37]

Shay's Rebellion was led, in part, by American Revolutionary War soldier Daniel Shays. In January 1787, Shays and the "Regulators" as they were then called, tried to seize the Arsenal at Springfield. The Arsenal at Springfield was not yet an Armory however, it contained brass ordnance, howitzers, traveling carriages, muskets, swords, various military stores and implements, and many kinds of ammunition. [38] If the Regulators had captured the Arsenal at Springfield, they would have had far more firepower than their adversaries, the Commonwealth of Massachusetts, led by former U.S. General Benjamin Lincoln.

Court at Springfield shut down by angry mob Edit

In July 1786, a diverse group of Western Massachusetts gentlemen, farmers, and war veterans – often characterized as "yeoman farmers" by the Massachusetts and Federal governments, convened in Southampton, Massachusetts, to write-up a list of grievances with the 1780 Massachusetts State Constitution. Among, the conventioneers was William Pynchon, the voice of Springfield's – and the Connecticut River Valley's – most powerful family. The convention produced twenty-one articles – 17 were grievances, necessitating radical changes to Massachusetts' State Constitution. They included moving the Massachusetts State Legislature out of Boston to a more central location, where Boston's mercantile elite could no longer control the state government for its own financial gain abolishing the Massachusetts State Senate, which was dominated by Boston's merchants and was in essence a redundant given that Massachusetts already had a State Legislature that dealt with similar issues and revising election rules so that State Legislators would be held accountable yearly via elections. Grievances were also voiced about Massachusetts' excessively complex, seemingly money-driven court system and the scarcity of paper money to pay state taxes.

Rather than address the Southampton Convention's grievances, both houses of the Massachusetts State Legislature went on vacation. After this, "Regulators" began gathering in mobs of thousands, forcing the closure of Massachusetts' county courts. The Regulators shut down court proceedings in Northampton, Worcester, Concord, Taunton, Great Barrington, and then finally, even the Supreme Judicial Court in Springfield.

Massachusetts' Governor Bowdoin – along with Boston's former patriots, like Samuel Adams, who had, it seemed, lost touch with common people – were zealously unsympathetic to the Regulators' cause. Samuel Adams wanted the Regulators "put to death immediately." In response, Governor Bowdoin dispatched a militia financed by Boston merchants led by former Revolutionary War General Benjamin Lincoln, as well as a militia of 900 men led by General William Shepard to protect Springfield. [39] The militia members, however, generally sympathized with the Regulators and more often than not, defected to the Regulators rather than remain with Massachusetts' militia. News of the Rebellion in Western Massachusetts reached the Continental Congress in late 1786. The Congress authorized troops to put down the rebellion however, the government insisted that it was for fighting Indians in Ohio. In the Massachusetts State Legislature, Elbridge Gerry noted that the 'fighting Indians in Ohio' excuse was "laughable." [40]

The Battle of the U.S. Arsenal at Springfield Edit

By January 1787, thousands of men from Western Massachusetts, Eastern New York, Vermont, and Connecticut had joined the Regulators however, many were scattered across the expanse of Western Massachusetts. On January 25, 1787, three major Regulator armies were coalescing on Springfield in attempt to overtake the U.S. Federal Arsenal at Springfield. The armies were commanded by, respectively, Daniel Shays, whose army was camped in nearby Palmer, Massachusetts Luke Day, whose army was camped across the Connecticut River in West Springfield, Massachusetts and Eli Parsons, whose army was camped just north of Springfield in Chicopee, Massachusetts. The plan for commandeering the Arsenal at Springfield was for a three-pronged attack on January 25, 1787 however, the day before the scheduled attack, General Luke Day unilaterally postponed the attack to January 26, 1787. Day sent a note postponing the attack to both Shays and Parsons however, it never reached them.

On January 25, 1787, Shays's and Parson's armies approached the Arsenal at Springfield expecting Day's army to back them up. General William Shepard's Massachusetts militia – which had been withered by defections to the Regulators – was already inside the Arsenal. General Shepard had requested permission from U.S. Secretary of Defense Henry Knox to use the weaponry in the Arsenal, because technically its firepower belonged to the United States, and not the Commonwealth of Massachusetts. Secretary of War Henry Knox denied the request on the grounds that it required Congressional approval and that Congress was out of session however, Shepard used the Arsenal's weapons anyway. [41]

When Shays, Parsons, and their forces neared the Arsenal, they found Shepard's militia waiting for them – and they were baffled by the location of Luke Day's army. Shepard ordered a warning shot. Two cannons were fired directly into Shays's men. Four of the Shaysites were killed, and thirty were immediately wounded. No musket fire took place. The rear of Shays's army ran, leaving his Captain James White "casting a look of scorn before and behind," and then fled. Without reinforcements from Day, the rebels were unsuccessful in taking the Springfield Arsenal.

The militia captured many of the rebels on February 4 in Petersham, Massachusetts. Over the course of the next several weeks, the rebels were dispersed however, skirmishes continued for approximately a year thereafter.

Governor Bowdoin declared that Americans would descend into "a state of anarchy, confusion, and slavery" unless the rule of the law was upheld. [42] Shays's Rebellion, however, was – like American Revolution – an armed uprising against a rule of law perceived to be unjust. [43] Ultimately, Shays's Rebellions' legacy is the United States Constitution.

The City of Progress Edit

The City of Springfield, and, in particular, the Springfield Armory played an important role in the early Industrial Revolution. As of 2011, Springfield is nicknamed The City of Firsts however, throughout the 19th and early 20th centuries, its nickname was The City of Progress。 [33] [34] [35] Throughout its history, Springfield has been a center of commercial invention, ideological progress, and technological innovation. For example, in 1819, inventor Thomas Blanchard and his lathe led to the uses of interchangeable parts and assembly line mass production, which went on to influence the entire world – while originally making arms production at The Springfield Armory faster and less expensive. [45] Blanchard – and Springfield – are credited with the discovery of the assembly line manufacturing process. [36] Blanchard also invented the first modern car in Springfield, a "horseless carriage" powered by steam. [46]

The first American-English dictionary was produced in Springfield in 1806 by the company now known as Merriam Webster. [4] Merriam Webster continues to maintain its worldwide headquarters in Springfield, just north of the Springfield Armory.

In Springfield, "The City of Progress," many products were invented that are still popular and necessary today. For example, in 1844, Charles Goodyear perfected and patented vulcanized rubber at his factory in Springfield. (The automobile had not yet been invented, so Goodyear patented his rubber stamp rather than tires, for which he later became known). In 1856, the world's first-ever adjustable monkey wrench was invented in Springfield. In 1873, America's first postcard was invented in Springfield by the Morgan Envelope Factory. [4] Also, America's first horse show and dog show were both produced in Springfield – 1853 and 1875, respectively. [4]

Well known for it “firsts," Springfield also has the distinction of being the last New England city to free another state's slave. In Massachusetts, the cruel institution was outlawed by 1783, in a court decision based on the 1780 Massachusetts Constitution. In 1808, a man from New York – where slavery, at the time, was legal – came to Springfield demanding the return of his escaped slave: a woman named Jenny who had been living in Springfield for several years. In a show of support for abolitionism, the citizens of Springfield raised enough money to buy Jenny's freedom from the New Yorker. Jenny lived a free woman in Springfield thereafter. [14]

John Brown, the celebrated abolitionist and hero of John Brown's raid on Harpers Ferry, became a national leader in the abolitionist movement while living in Springfield. Indeed, Springfield's role in the abolitionist movement was far greater than the city's population at the time, (approximately 20,000 before the separation of Chicopee). In 1836, Springfield's American Colonization Society was its first radical abolitionist group. Nearly all Springfielders – from its wealthiest merchants to its influential newspaper publisher – supported abolitionism. In 1846, Brown moved into this progressive climate and set up a wool commission. Brown began attending church services at the traditionally black Sanford Street Church (now St. John's Congregational Church.) In Springfield, Brown spoke with Frederick Douglass and Sojourner Truth, while learning about the successes of Springfield's Underground Railroad. Also, in Springfield, Brown met many of the contacts he would need in later years to fund his work in Bleeding Kansas. [14] In 1850, in response to the passage of the Fugitive Slave Act, John Brown formed his first militant anti-slavery organization in Springfield: The League of Gileadites. Brown founded the group by saying, "Nothing so charms the American people as personal bravery. [Blacks] would have ten times the number [of whites friends than] they now have were they but half as much in earnest to secure their dearest rights as they are to ape the follies and extravagances of their white neighbors. " [47] The League of Gileadites protected slaves who escaped to Springfield from slaver-catchers. After the foundation of Brown's organization in 1850, a slave was never again "captured" in the city. As of 2011, St. John's Congregational Church – one of the Northeast's most prominent black congregations, now celebrating its 167th year in existence – still displays John Brown's Bible. [48]

Even following the Civil War, Springfield remained a locus of early black culture, as the place where Irvine Garland Penn's The Afro-American Press and Its Editors was first published in 1891. Among the notable residents of the city was Primus P. Mason, a real estate investor of the city for whom Mason Square is so named, who donated his estate to found the Mason-Wright Retirement Home.彼の本の中で Efforts for Social Betterment Among Negro Americans W.E.B. DuBois described Mason as "one of the chief Negro Philanthropists of our time" for his creation of what Mason himself wrote in his will of "a place where old men that are worthy may feel at home". [49]

In 1852, Springfield was chartered as a city however, only after decades of debate, which, in 1848, resulted in the partitioning off of the northern part of Springfield into Chicopee, Massachusetts – in order to reduce Springfield's land and population. The partition of Chicopee from Springfield deprived Springfield of approximately half of its territory and approximately two-thirds of its population. To this day, the two cities of Springfield and Chicopee have relatively small land areas and remain separate. [20] Springfield's first mayor was Caleb Rice, who was also the first President of MassMutual Life Insurance Company. As of 2011, the MassMutual Life Insurance Company, headquartered in Springfield, is the second wealthiest company from Massachusetts listed in the Fortune 100.

Wason Manufacturing Company of Springfield – one of the United States' first makers of railway passenger coach equipment – produced America's first sleeping car in 1857, (also known as a Pullman Car). [4] On May 2, 1849, the Springfield Railroad was chartered to build from Springfield to the Connecticut state line. By the 1870s the endeavor had become the Springfield and New London Railroad.

In 1855, the formation of the Republican Party was championed by Samuel Bowles III, publisher of the influential Springfield daily newspaper, The Republican。 The Republican Party took its name from Bowles' newspaper. [14] On Friday, September 21, 1855, the headline in The Republican read: “The Child is Born!” This marked the birth of the Republican Party. By 1858, the Republicans had taken control of many Northern States' governments. In 1860, Bowles was on the train to the Republican convention in Chicago where his friend, Springfield lawyer George Ashmun, was elected chairman of the convention that would eventually nominate Abraham Lincoln for president. [14]

In 1856, Horace Smith and Daniel B. Wesson formed Smith & Wesson to manufacture revolvers. Smith & Wesson has gone on to become the largest and, it can be argued, the most famous gun manufacturer in the world. The company's headquarters remains in Springfield and as of 2011, employs over 1200 workers.

On September 20, 1893, Springfielders Charles and Frank Duryea built and then road-tested the first-ever American, gasoline-powered car in Springfield. [50] The Duryea Motor Wagon was built on the third floor of the Stacy Building in Springfield, and first publicly road-tested on Howard Bemis's farm. [51] [52] In 1895, the Duryea Motor Wagon won America's first-ever road race – a 54-mile (87 km) race from Chicago to Evanston, Illinois. In 1896, the Duryea Motor Wagon Company became the first company to manufacture and sell gasoline-powered automobiles. The company's motto was "there is no better motorcar." Immediately, Duryeas were purchased by luminaries of the times, such as George Vanderbilt. [50] Two months after buying one of the world's first Duryeas, New York City motorist Henry Wells hit a bicyclist – the rider suffered a broken leg, Wells spent a night in jail – and that was Springfield's peripheral role in the first-ever automobile accident. [50]

The birthplace of basketball Edit

Today, the city of Springfield is known worldwide as the birthplace of the sport of basketball. In 1891, James Naismith, a theology graduate, invented the sport of basketball at the YMCA International Training School – now known as Springfield College – to fill-in the gap between the football and baseball seasons. The first game of basketball ever played took place in the Mason Square district of Springfield. (The game's score was 1 – 0). As of 2011, the exact spot where the first game took place is memorialized by an illuminated monument. The first building to serve as an indoor basketball court resides at Wilbraham & Monson Academy in suburban Wilbraham, and has since been converted into a dormitory (Smith Hall). In 1912, the first ever specifically crafted basketball was produced in Springfield by the Victor Sporting Goods Company. [4] As of 2011, Springfield-based Spalding is the world's largest producer of basketballs, and produces the official basketball of the National Basketball Association. [53]

Basketball became an Olympic sport in 1936, and since its burst of popularity during the 1980s and 1990s, has gone on to become the world's second most popular sport (after soccer).

On February 17, 1968, The Naismith Memorial Basketball Hall of Fame was opened on the Springfield College campus. In 1985, it was replaced by a larger facility on the bank of the Connecticut River. In 2002, a new, architecturally significant Hall of Fame was constructed next to the existing site, (which was subsequently converted into restaurants and an LA Fitness club). Shaped like a giant basketball and illuminated at night, the Basketball Hall of Fame is currently one of the most architecturally recognizable buildings recently constructed in Springfield.

Today, both amateur and professional basketball are an integral part of Springfield's culture. Springfield's professional basketball team, the NBA Development League Springfield Armor – the official affiliate of the Brooklyn Nets – play in the MassMutual Center, several blocks from the Basketball Hall of Fame and the site of the first-ever basketball game. Basketball-related events take place in Springfield year-round, including the Basketball Hall of Fame's annual enshrinement ceremony, the NCAA's college basketball Tip-Off Tournament, the NCAA MAAC division tournament, and the high school Hoop Hall Classic, among numerous other basketball-related events. Many non-basketball-related events in Springfield also draw inspiration from the sport for example, the annual Hoop City Jazz Festival brings jazz greats and tens of thousands of people to the "Hoop City."

"Art & Soles", a 2010 public art installation in Springfield, featured 6-foot (1.8 m) painted basketball shoes commemorating the city's history as birthplace of basketball and home of the Hall of Fame. Each of the nineteen shoes was painted by a local artist and displayed in a prominent location in the downtown area, with the overall goal of providing an artistic answer to the question “What Makes Springfield Great?” [54] The shoes were sold at auction in March 2011 with the proceeds going to support public art in Springfield. [55] [56]


History of Springfield

Springfield, Vermont was chartered August 20, 1761. The town, part of Windsor County, celebrated 250 years in 2011. Springfield history is well known for its development into a mill town. Located along the Black River companies used the power of the falls to power their machines. It is located in the center of what is known as the Precision Valley and was the home of the Vermont Machine tool industry. Springfield played an important role in production of machine tools during World War II. It was for their war efforts that Springfield was placed as the 7th most important bombing target in the country. Springfield has machine shops that are still in operation today.

It is not only for the machine tool history that Springfield is famous. Springfield is home to Vermont’s oldest one room schoolhouse: the Eureka Schoolhouse. This school house was completed in 1790. The school house is still part of our community and is located near Interstate 91 and serves as a Welcome Center for visitors in the summer months. The Springfield Telescope makers, the oldest amateur telescope makers club in the United States, have had their headquarters in Springfield since 1920. Each year they hold an event called Stellafane for telescope makers to gather from around the country. Springfield is also home of Hartness State Airport: the first airport in Vermont. The Hartness State Airport, named for Governor James Hartness of Springfield, is still in operation today offering hangers and runways for privately owned planes. In 1927 Charles Lindbergh, after completing his transatlantic flight, stopped in Springfield as part of his tour around the United States to promote aviation. James Hartness was the Governor of Vermont from 1921-1923. He was active in the machine tool industry as an inventor and entrepreneur. When Hartness ran for governor he campaigned on the issue of enticing Vermonters to stay in their home state instead of seeking employment in other States. This is still an issue that faces Vermont today.

Springfield is a place with a long rich history. While we have moved forward we are still connected to a past that has given current residents a sense of pride. Springfield has a long history of entreprenuership that can still be seen today. The majority of our businesses are locally owned and operated. We are proud of all that has been accomplished in our town and look forward to the future and new endeavors.


Cityscape

The city is divided into a number of districts, including Skid Row, the Lower East Side (a Jewish neighborhood), Springfield Heights, Bum Town, East Springfield, Recluse Ranch Estates, Junkieville, Pressboard Estates, South Street Squidport, Little Newark, Crackton, a Russian District, West Springfield, Tibet Town, Waverly Hills, Sprooklyn, Little Italy, and a gay district. For a brief period, Springfield divided itself into two cities, Olde Springfield and New Springfield, on the basis of an area code division. Wealthy Olde Springfield, with Mayor Quimby, anchorman Kent Brockman, and bullies such as Nelson Muntz, was separated from the rest of Springfield by a wall that was erected by poor New Springfield. Mayor Quimby maintained control of Olde Springfield while Homer Simpson ran New Springfield. The cities were later reunited through a concert by The Who.

The city's Main Street is in a pitiful state of disrepair, owing to citizens driving along it while carrying excessively heavy weights and leaving snow chains on their tires after the snow has melted. Some of the potholes have become so wide that entire cars and trucks can (and have) fallen into them.


Springfield I StwGbt - History

/>

311 Service Center

Request Online 24/7
Phone: 311 or (413)736-3111
TTY: relay to (413)736-3111
M-F 8:30 a.m. - 4 p.m.

Collector's & Clerk's Offices

City Hall
36 Court Street
Springfield, MA 01103

Collector: Room 112
M, Tu, W, F 8:30 a.m. - 4 p.m.
Thurs 8:30 am - 6 pm

City Clerk: Room 123
M, Tu, W, F 8:30 a.m. - 4 p.m
Thurs 8:30 am - 6 pm
.

歴史と文化

Historical Perspective

William Pynchon and a company of six men from Roxbury, a town near Boston, established Springfield in 1636 at the junction of the Agawam and Connecticut Rivers. Pynchon bought from the Indians the land that now contains the towns of Agawam, West Springfield, Longmeadow, and the city of Springfield for the purpose of establishing a trading and fur-collecting post. In 1641, the town of Springfield, named in honor of Pynchon's English birthplace, was incorporated. Springfield officially became a city in May of 1852.

Springfield's location at the crossroads of New England is the most significant reason for its progress and continuing economic success. The Connecticut River served as an easy and economical means of transportation north and south for early settlers. Midway between New York and Boston and on the road between New York and Canada, Springfield is ideally located for travel in all directions.

From its fur-trading and agricultural beginnings, Springfield gradually grew into a thriving industrial community. In the eighteenth century, the power of the Connecticut River was harnessed. Mills of all varieties grew up and a skilled labor force came into being. Because of the area's location and technological advancements, particularly in metal crafts, the United States Armory was located here in 1794, resulting in further industrial development.

In the nineteenth century, Springfield became a major railroad center and experienced another industrial boom. The city grew, and such industries as printing, machine manufacture, insurance, and finance took hold and prospered. As affluence increased, it became a gracious city with a noted educational system.

In 1990 Springfield was a city of 156,983. It is a multicultural community, and is the regional center for banking, finance, and courts.

River, railroads, and highways were the assets that made Springfield what it is today. Its central location now offers the potential for development of high technology communications leading to new growth in the twenty-first century.

About City Hall

The Springfield Municipal Group, built in the early 1900s after the original city Hall was destroyed by Fire.

Do you believe that this Architectural structure was redesigned and rebuilt in the early 1900's because of a monkey? Apparently the little creature overturned a kerosene lamp at a City Hall fair, resulting in a fire that destroyed the building.

In an effort to restore the City of Springfield's formal place of business two architects, Harvey Wiley Corbett, and F. Livingston Pell, designed a Greek revival structural trio commonly referred to as the "Springfield Municipal Group."

In between these two Greek columned structures is a striking fourteen foot diameter illuminated clock tower, that plays sixteen notes of Handel's Messiah.


The baccalaureate curriculum is organized for students who hope to place their world in historical perspective. Education in history at the University of Illinois Springfield is broad-based humanities training, providing students with research capabilities, analytical methods, and communication skills that are useful in many fields. The curriculum prepares students for careers in fields such as history, politics, government, business, law, journalism, writing, and administration. Through internships, students are able to test career possibilities where the research and analytical skills of the historian are appropriate.

Advising (All HIS Majors)

Each student is assigned both an academic advisor and a faculty advisor to assist in planning an individual program of study responsive to the student’s interests and goals and designed to meet the requirements of the History Department. Students are strongly encouraged to consult with their advisors regularly, especially before enrolling for their first and last semesters. Questions about advising may be directed to the History Department by email ([email protected]), or phone at (217) 206-6779. Students who are enrolled in the Teacher Education Program (TEP) must consult regularly with their TEP advisor.

Grading Policy (All HIS Majors)

History courses for which the student has attained a grade of C or better will be applied toward the B.A. degree (grades of C- or lower will not be accepted). History courses taken as CR/NC will be applied toward the degree if a grade of CR is attained. History majors may repeat program courses for grade improvement only once without seeking department approval.

Degree Requirements for All HIS Students

Lower-division Requirements

To pursue a major in history, students must complete two courses from the following list of classes on historical regions and themes (six hours total). The two courses must be from different categories of historical regions and themes. Alternatively, students can transfer equivalent courses from an accredited institution. Comparative Societies courses with an HIS prefix can be used to fulfill both the Comparative Societies requirements and history lower-division requirements provided students graduate with sufficient total credits.