中国とソビエト連邦はベトナム民主共和国を承認

中国とソビエト連邦はベトナム民主共和国を承認

中華人民共和国は、共産主義のベトナム民主共和国を正式に承認し、軍事援助を提供することに同意します。ソビエト連邦は1月30日にハノイに外交承認を拡大しました。中国とソビエト連邦は北ベトナムに大規模な軍事的および経済的援助を提供し、北ベトナムが最初にフランス人、次にアメリカ人と戦うことを可能にしました。 1950年から1970年までの北ベトナムへの中国の援助は200億ドルと推定されています。中国は1949年以来ハノイに与えられた総軍事援助の約4分の3を提供し、残りのほとんどはソビエトが提供したと考えられています。北ベトナム人が中国人とソビエトの両方の援助なしに戦争を続けることは不可能だったでしょう。


中国とユゴスラビアの関係

中国とユゴスラビアの関係 中国と現在は分裂したユーゴスラビア社会主義連邦共和国との間の歴史的な外交関係でした。冷戦時代の長い間、中国は、過度の自由主義、西側諸国との緊密な協力、またはユーゴスラビアは社会主義国ではないと主張するユーゴスラビアの市場社会主義に対して批判的でした。 [1]関係は、1972年から1978年にかけて中ア対立が分裂した後にのみ大幅に改善し、継承国、特にセルビアとの関係では関係が改善する傾向が続いた。 1980年代の鄧小平の外交政策は、ユーゴスラビアの非整合的かつ非対立的であるというスタンスに似ており、胡耀邦の1983年の「ヨシップ・ティトのすべての共産党間の独立と平等の原則、および帝国主義、植民地主義、覇権主義に反対する原則’。 [2]旧ユーゴスラビア共和国6か国すべてが、一帯一路イニシアチブについて中国との了解覚書を持っています。 [3]

中国とユゴスラビアの関係

中国

ユーゴスラビア

1948年のティトー・スターリン分裂後の短期間で、1949年の中国内戦と中国共産主義革命の終わりに、ユーゴスラビア共産主義者は、ソビエトの「修正主義」に対して「マルクス・レーニン主義」を擁護する革命的な同盟国として中国を見ました。 。」 [4] 1949年の秋、新中華人民共和国は、外交関係を樹立するというベオグラードの申し出を拒否し、コミンフォルムの反ユーゴスラビアの立場を採用した。 [4]毛沢東がユーゴスラビア共産党代表団を歓迎し、過去の貧弱な関係、沈黙、そして「私たちがあなたを失望させた時". [5]

1960年代後半の中ソ対立に続いて、北京はアルバニア人民共和国にユーゴスラビアへの批判を和らげ、この地域におけるソビエトの影響力に異議を唱えるためにバルカンゾーンの創設を提案するよう要請した。 [6]

ユーゴスラビア大統領ヨシップ・ブロズ・ティトは1977年に初めて中国を訪問し、続いて1978年に華国鋒首相がユーゴスラビアに再訪した。[7]


コンテンツ

一般名 中国 ソビエト連邦
正式名称 中華民国 中華人民共和国 ソビエト社会主義共和国連合
1912–1928 1928–1949 1949–
紋章
国旗
領域 11,077,380 km 2(4,277,000平方マイル)(1912)
9,676,204 km 2(3,736,003平方マイル)(1949)
9,640,011 km 2(3,717,813平方マイル)(1991)
22,402,200 km 2(8,649,538平方マイル)
人口 472,000,000 (1920)
541,670,000 (1949)
1,172,327,000 (1991)
148,656,000 (1926)
293,047,571 (1991)
人口密度 55.3 / km 2(143.3 /平方マイル)(1949)
140 / km 2(363 / sq mi)(1991)
13.1 / km 2(33.9 /平方マイル)(1991)
資本 北京 南京 北京 モスクワ
最大の都市 上海 モスクワ(1991)
政府 連邦半大統領制共和国 軍事独裁政権下の単一一党共和国 単一マルクス・レーニン主義・毛沢東派一党社会主義国家 連邦マルクスレーニン主義者
一党社会主義国
与党 北洋軍 国民党 中国共産党 ソビエト連邦共産党
立法府 国民議会 立法院 全国人民代表大会 最高会議
公用語 マンダリン ロシア
他の言語 モンゴル
チベット人
ウイグル
荘(中国の言語を参照)
ウクライナ語
ベラルーシ語
ウズベク語
カザフ
ジョージア語
アゼルバイジャン
リトアニア語
モルドバ
ラトビア語
キルギス
タジク語
アルメニア語
トルクメン語
エストニア語
通貨 人民元 ソビエトルーブル

1917年から1991年までの中国とソビエト連邦の指導者。

中国北部の北京政府は、ロシア内戦への連合国の介入に加わり、1918年からシベリアと北ロシアに軍隊を派遣しました。

モンゴルとトゥバは争われた領土になりました。 1919年に中国の徐樹錚将軍に占領された後、1920年に独立した武将であるウンゲルンフォンシュテルンベルクに転向したロシアの白衛兵将軍の支配下に置かれました。そして、1924年までにモンゴル人民共和国となった新しい親ソビエトモンゴルクライアント国家を設立しました。

1921年にソビエト連邦は国民党(KMT)の支援を開始し、1923年にコミンテルンは中国共産党(一般にCCPと略される)にKMTとの軍事条約に署名するよう指示した。 1924年5月31日、両政府は外交関係を樹立する協定に署名し、ソビエト政府はその協定で中国のツァリスト政府に与えられたすべての特権を放棄した。 [1]しかし、1926年に国民党主席の蔣介石は突然ソビエトの顧問を解任し、政府へのCCPの参加に制限を課した。国民党の北伐の終了後、1927年までに、チェンはCCPを国民党とCCPの同盟から一掃し、毛沢東が主導する中華人民共和国の宣言から数か月後の1949年まで続く中国共産党をもたらした。ゼドン。戦争中、ソビエトはCCPにいくらかの支援を与え、1934年に国民党が中国ソビエト共和国に終止符を打ったときに壊滅的な打撃を受け、陝西省からのCCPの長征を引き起こした。ソビエト連邦は、[ 明確化が必要 ]中国に敵対するホイ。 [2]

1929年の中ソ紛争は、満州東清鉄道をめぐるソビエト連邦と中国の間の軽微な武力紛争でした。中国人は1929年に満州の東清鉄道を押収し、ソビエトの迅速な軍事介入は危機をすぐに終わらせ、中国人にソビエトと中国の合同鉄道管理の回復を受け入れることを余儀なくさせた。

1934年、イスラム教徒で構成された中華民国第36師団(国民革命軍)は、ソビエト連邦が新疆ウイグル自治区を占領しようとしたときに、ソビエト連邦赤軍とその白軍同盟国を厳しく殴打しました。 [ 要出典 ]

ソビエト連邦は1937年に新疆に再び介入した。

1931年、日本は満州に侵攻し、満州国の傀儡政権を樹立し(1932年)、日中戦争の始まりを告げました。盧溝橋事件の1か月後の1937年8月、ソビエト連邦は中国と不可侵条約を締結しました。中華民国は、ソビエトの武器の購入に対して2億5000万ドルのクレジットを受け取りました。その後、銃、大砲、900機以上の航空機、82両の戦車を含む大規模な武器の配達が行われました。 [3] 1,500人以上のソビエト軍事顧問と約2,000人の空軍メンバーが中国に派遣された。 [3]ドイツがソビエト連邦を攻撃したため、1941年8月に配達が停止した。スターリンは日本を潜在的な敵と見なし、その結果、国民政府の努力を弱めないために、1937年から1941年の間に中国共産党に助けを提供しなかった。 [3]第二次世界大戦中、両国は他のどの国よりも多くの損失を被り、中国(日中戦争)は約3000万人を失い、ソビエト連邦は2600万人を失った。

ナチスドイツが降伏してから3か月後の1945年8月8日、そして広島と長崎へのアメリカの原爆投下の週に、ソビエト連邦は満州への侵攻を開始しました。 、最後に残った日本軍の存在。ソビエト軍は決定的な勝利を収めましたが、クワントゥングは70万人が降伏し、大規模な死傷者を出しました。ソビエト連邦は、捕らえられた関東軍の武器のいくつかを中国共産党に配布しました。中国共産党は、中国内戦でまだKMTと戦っていました。

中華民国が日中戦争に集中している間、ソ連は新疆ウイグル自治区でのウイグル民族主義者の蜂起を支援し、国民党に対して東トルキスタン共和国を設立しました。中国共産党が1949年に国民党を破った後、ソ連は東トルキスタン共和国への支援を終了しました。

ソビエトは新疆ウイグル自治区の少数派に反中国プロパガンダを広めようとしたが、ウイグル人の暴徒が白人ロシア人を攻撃し、新疆ウイグル自治区から追放するよう求めたとき、これは裏目に出た。 [4]

この事件では、中国のイスラム教徒軍がソビエト軍とモンゴル軍と戦った。

1946年以降、CCPは南北戦争でますます成功しました。 1949年10月1日、中華人民共和国は毛沢東によって宣言され、1950年5月までに、国民党は中国本土から追放され、台湾の支配下にとどまりました。中華人民共和国の創設により、両国の最高の政治的権威は、革命的なマルクス主義-レニニストのイデオロギーを支持する2つの共産党、すなわち中国共産党とソビエト連邦共産党に集中するようになりました。

1949年後半、マオは経済的支援を求めてモスクワに行きました。スターリンは彼を数週間待たせ、小さな家臣にふさわしい治療でマオを屈辱させた。 [5] [6]中華人民共和国の設立後、デリケートな問題が浮上しました。第二次世界大戦終結時の関東軍との戦いの条件として、ソビエト連邦は中国極東鉄道、南満州鉄道、旅順口(別名ポートアーサー)、大連の使用権を取得した。これらの特権はソビエト連邦のアジア戦略において重要でした。なぜなら、ポートアーサーと大連はソビエト海軍にとって氷のない港であり、中国極東鉄道と南満州鉄道はシベリアとポートアーサーを結ぶ重要な幹線通信であり、大連。毛沢東は、東清鉄道、南満州鉄道、ポートアーサー、大連の使用権は中国の国家主権の一部であると考えたため、ソビエト連邦にこれらの利益を中国に返還するよう要求し、これは中ソ友好同盟。ヨシフ・スターリンは当初この条約を拒否しましたが、最終的にこの条約に同意しました。しかし、スターリンが死ぬまで港は返還されなかった。 [7]

スターリンは金日成が朝鮮戦争を開始することを許可した。 [8]しかしながら、金日成とスターリンはどちらも、米国がその戦争にすぐに介入するだろうとは考えていなかった。金日成は米軍に対する攻撃に耐えることができなかった。金日成がソビエト連邦と中国からの軍事援助を必要としたとき、マオは中国軍を派遣することに同意したが、ソビエト空軍に空軍を提供するよう要請した。二人の指導者がお互いに不信感を抱いたため、スターリンは中国軍を韓国に派遣することに同意したが、空気の覆いを提供することを拒否した。 [9]ソビエト連邦からの空気の覆いがなかったので、マオはかつて中国が韓国に軍隊を派遣しないと考え、スターリンはかつて朝鮮半島を放棄することを決定した。 [9]多くの騒ぎの後、マオは1950年10月19日、非常に厳しい中国の経済的および軍事的状況の下で、中国軍を韓国に派遣しただけだった。この活動は最終的に中ソ関係を変えました。中国軍が戦争に参加してから12日後、スターリンはソビエト空軍に空気の覆いを提供することを許可し、中国へのさらなる援助を支援した。 [9]朝鮮戦争に参加するために中国軍を派遣したマオに続いて、中国とソビエト連邦の間の大規模な経済的および軍事的協力が行われ、両国の友好関係は名目上のものから仮想的なものに変わった。中ソビエトの軍事協力のあまり知られていない例では、1952年4月から6月に、ソビエトのツポレフTu-4航空機のグループが北京に拠点を置き、太平洋でのアメリカの核融合爆弾テストの偵察任務を遂行しました。 [10]

したがって、中国が宣言された直後の数年間で、ソビエト連邦は最も近い同盟国になりました。モスクワは何千人ものソビエトのエンジニアと労働者、そして大量の機械と道具を送りました。 1950年代後半までに、ソビエトは中国全土に近代的な産業プラントのネットワークを構築し、軍艦、戦車、軍艦を生産することができました。モスクワはいくつかの核技術さえ提供しました。 [6]しかしながら、マオはレーニンとスターリンの厳格な伝統を放棄したことでニキータ・フルシチョフに深く不信感を抱いていました。 1950年代後半から1960年代初頭にかけて、関係は深刻な緊張状態になりました。マオはソビエトの修正主義を攻撃することで、北京での政治的闘争を強化し、敵を打ち負かした。フルシチョフは大躍進政策と人民公社運動の失敗を嘲笑した。 [11]中ソ対立は、1969年の中ソ国境紛争での小規模な戦闘によって特徴づけられた。モスクワは先制核攻撃を検討した。 [12]それは決して起こらなかったが、ソビエトはウイグル人に中国に反抗するように勧めた。 [13]さらに重要なことに、中国は世界中の共産主義運動を統制する独自の入札を開始し、ほとんどの場合、地元の共産党は2つのスポンサーに分かれ、仲間の旅行者を混乱させ、第三世界の共産主義運動全体を弱体化させた。北京は、ソビエト連邦が社会帝国主義の罠に陥り、今や直面した最大の脅威と見なされていると述べた。毛沢東は米国のニクソンに序曲を行い、1972年のニクソンの中国訪問で最高潮に達した。

1976年に毛沢東が亡くなり、1978年に四人組は華国鋒に打倒され[14]、間もなく市場経済改革を実施することになった。中国がもはや階級間の対立的矛盾という反修正主義的概念を支持しなくなったことで、両国間の関係は徐々に正常化した。しかし1979年、中国が支援するクメール・ルージュを権力から転覆させたベトナムのカンボジア侵攻に対応して、中国はベトナムに侵攻した(しばらくの間、ソビエト連邦の側に立っていた)。

中ソ対立の間、中国とソビエト連邦の間の緊張した関係は、中国と親ソビエトのアフガニスタン共産主義政権の間の緊張した関係をもたらしました。中国とアフガニスタンは、ザヒル・シャー王の統治の間、互いに中立的な関係を持っていました。親ソビエトのアフガニスタン共産主義者が1978年にアフガニスタンで権力を掌握したとき、中国とアフガニスタン共産主義者の間の関係はすぐに敵対的になりました。アフガニスタンの親ソビエト共産主義者は、中越戦争中にベトナム人を支援し、アフガニスタンの反共産主義過激派を支援したことで中国を非難した。中国は、ソビエトのアフガニスタン侵攻に対応して、アフガニスタンのムジャヒディンを支援し、新疆ウイグル自治区のアフガニスタン近郊での軍事的プレゼンスを強化した。中国はソビエトの攻撃から身を守るために米国から軍事装備を取得した。 [15]

中国はムジャヒディンの訓練キャンプをパキスタンから中国自体に移した。何億もの対空ミサイル、ロケットランチャー、機関銃が中国人からムジャヒディンに渡されました。中国の軍事顧問と軍隊は訓練中にムジャヒディンと一緒にいた。 [16]

ソビエトの指導者ミハイル・ゴルバチョフは、1980年代後半から1990年代初頭にソビエト連邦が解散し、中国の億万長者が社会主義の道を失ったことを認めたとき、毛沢東主義後のCCPを批判し続けたが、ソビエト連邦自体は民営化に転向した。 。


勝者側からの珍しいベトナム戦争の画像、1965年から1975年

活動家たちはナムカンの森で集まり、捕獲や尋問の際に身元を隠すためにマスクを着用します。ここからメコンデルタのマングローブ湿地では、画像を北に転送するのは困難でした。 &#8220途中で写真が紛失したり没収されたりすることがありました&#8221と写真家は言いました。 1972年。(Vo Anh Khanhによる写真)。

ベトナム戦争の歴史は、政治によって複雑化されてきたものであり、今なお書かれ、書き直されている歴史です。戦争は、共産主義のベトナム民主共和国(北ベトナム)と非共産主義のベトナム共和国(南ベトナム)の間の殺戮紛争を含み、隣接するラオスとカンボジアにまで及んだが、冷戦コンテストの代理戦争でもあった。共産主義ブロックと西部ブロックの間。

北ベトナムはソビエト連邦と中国とそれらの衛星国の大規模な支援を持っていたが、南ベトナムは米国とその同盟国の支援を持っていた。戦争の反響は、ベトナムや紛争に参加した国々をはるかに超えて広がりました。

ベトナムは変革のイベントであり、1960年代と1970年代の抗議運動の国際的な象徴となりました。戦争は、ベトナムから他の国や大陸へと広がる波及効果をもたらしました。その影響は、時間的かつ地理的であり、戦時の世代だけでなく戦後の世代にも及んでいました。

戦争の歴史は部分的なものであり、戦争の英語の歴史学のアメリカの支配とアメリカの政策と戦争のアメリカの経験への焦点、そして南ベトナムのほとんど否定的な評価によって強調されました。

いわゆる最初の「テレビ戦争」であるベトナム戦争は、カメラとその背後にいる大胆な写真家によって定義され、形作られました。この記事で収集された写真は写真集の一部です 別のベトナム:反対側からの戦争の写真 ベトナムの視点から戦争を示します。

この本は、最初にフランス人に対して、次にアメリカ人に対して、彼らの人々の30年の闘争を記録した北ベトナムの戦闘写真家の見解を提示します。これらの写真は、どんな犠牲を払っても勝利を約束する社会を描いており、勇気、ドラマ、決意、そしてしばしば暴力的な美しさを示しています。

西洋の写真家は最新の設備と設備を持っていましたが、ベトナム人は厄介な時代遅れのカメラを使って作業しました。その中には1930年代にまでさかのぼるものもあります。フィルムの各ロールは貴重であったため、1人のカメラマンが戦争全体で70枚の写真しか撮影しませんでした。

彼らは自家製の化学物質を使用して、B-52ストライキの絶え間ない脅威の下で、屋外または地下トンネルで写真を現像しました。これらの写真の多くは、世界の他の地域では言うまでもなく、ベトナムではめったに公開されていません。この本には、これらの目に見えない写真が180枚含まれているので、コレクションに含める価値は間違いありません。

新入社員はハイフォンで身体検査を受けます。北のボランティア制度は、すべての健常な男性が徴兵された1973年に強制制度に変わりました。 1950年の約35,000人の軍団から、NVAは1770年代半ばまでに50万人以上に成長しました。これは、米軍が認めた軍隊が世界で最も優れた部隊の1つでした。 1967年7月。(BaoHanhによる写真)。

ベトコンゲリラがメコンデルタを警備している。 &#8220戦争中、ほとんどどこでも彼女のような女性を見つけることができました&#8221と写真家は言いました。 &#8220彼女はまだ24歳でしたが、2度もやもめになりました。彼女の夫は両方とも兵士でした。私は彼女を理想的なゲリラの女性の化身として見ました。彼女は彼女の国のために大きな犠牲を払いました。&#82211973。(写真提供:Le Minh Truong)

メコンデルタのゲリラは、枯葉剤によって落葉したマングローブの森を漕いでいます。アメリカ人はベトコンへの覆いを否定するために化学物質で風景を露出させた。ベトナム人はマングローブ林を農業と漁業の豊かな地域と見なしているため、写真家は彼が見たものにうんざりしていました。 1970年。(写真提供:Le Minh Truong)。

女性はメコン川の上流にある重い漁網で運搬し、通常は男性だけが行う仕事を引き継ぎます。 1974年。(写真提供:Le Minh Truong)。

民兵のメンバーは、ハノイ郊外でダウンした米海軍の飛行機の残骸を整理します。スティーブン・オーウェン・マッセルマン中尉が操縦したTLV A-7Cコルセア航空機は、1972年9月10日にハノイ近郊で撃墜されました。マッセルマン中尉は墜落する前に航空機から飛び出しました。彼は1978年3月1日、海軍長官が推定上の死の発見を承認するまでMIAでした。 1981年7月7日、彼であることが確認された遺骨は、ベトナム政府によって米国に返還されました。 (Doan Cong Tinhによる写真)。

ゲリラは、毒竹のパンジスティックで保護されたベトナムとカンボジアの国境にある前哨基地を守っています。研ぎ澄まされてから火で固められ、敵の兵士が踏む場所にパンジスティックが隠されることがよくありました。そのようなブービートラップは、負傷した兵士が部隊の速度を落とし、患者がその位置を譲ったため、殺すのではなく、負傷することを意図していた。 1972年。(写真提供:Le Minh Truong)。

ベトコンは、おそらくメコンデルタまたは葦の平原で敵と顔を合わせます。この珍しい画像は、戦闘中の両側、上部にARVN兵士、前景にベトコンを示しています。 VCは左右で敵に隣接しており、これはおそらくARVNユニットが一掃されたことを意味します。 (ホアンマイによる写真)。

民兵会社は、頭上のターゲットを使用して、タインチでスピード違反の航空機に先立って発砲する練習をしています。これらのような時代遅れの第二次世界大戦のライフルを使用したとしても、ベトナム人は多くの米国の航空機を無力化または撃墜することができました。この民兵グループ、Yen My CommuneのCompany6は、3年連続で「ExcellentMilitia」の称号を獲得しました。 1965年。(ミンダオによる写真)。

建設作業員は、ベトナム中部の爆撃されたハムロン橋の修理について話し合います。大型トラックと機械のためのマ川を渡る唯一のルートである橋は厳重に防御され、いくつかの米国の飛行機が近くで撃墜されました。アメリカのMIA検索チームは、パイロットがそこに残っていることを発見しました。 1973年。

軍隊は、ベトナムの750マイルの背骨を形成するTruong SonMountainsのHoChi Minh Trailを歩き、国の西側の国境の大部分に沿って伸びています。北の兵士にとって、ホーチミン・トレイルはチュオンソン通りとして知られていました。 1966年。(写真提供:Le Minh Truong)。

ラオスのゲリラは、南ベトナムがトレイルの阻止を試みている間、ラオス南部のルート9近くのNVA軍に象と足で物資を運びます。侵攻であるラムソン719作戦は、米国の支援が終了するにつれ、ARVNの能力をテストすることを目的としていました。南軍がパニックで逃げるという悲惨な結果となった。 1971年。(ドアンコンティンによる写真)。

アメリカの爆撃の犠牲者であるカンボジア人のゲリラ、ダンソンフオルは、カマウ半島のマングローブ湿地にある即興の手術室に運ばれました。このシーンは実際の医療状況であり、宣伝の設定ではありませんでした。しかし、写真家はその画像を例外的ではないと考え、印刷することはありませんでした。 1970年。(Vo Anh Khanhによる写真)。

ラムソン719作戦中に、NVAの兵士がラオス南部の戦略的な高速道路9の近くの広場を駆け抜け、南部のホーチミン・トレイルの切断に失敗しました。 (Nguyen Dinh UUによる写真)。

戦闘用ブーツがサイゴン郊外の道路に散らばっていて、身分を隠すために制服を脱いだARVN兵士によって放棄されました。 &#8220I&#8217llは靴と、私たちが靴を乗り越えたときの大きな&#8216サンプ、サンプ、サンプ&#8217の音を決して忘れません。&#8221は写真家を思い出しました。 &#8220数十年の戦争が終わり、ようやく平和になりました。&#8221 1975.(写真:Duong Thanh)

北と南の長老たちは、ベトナムが再会し、外国の勢力に占領されていないのを見るために生きてきました。 1975年。(Vo Anh Khanhによる写真)。

(写真提供者:National Geographic Books / Another Vietnam:Pictures of the War from the Other Side)。


米軍の撤退

最後に、1973年1月、米国とベトナムの3つの政党すべて(北ベトナム、南ベトナム、ベトコン)によって平和条約が調印されました。それは60日以内に米軍を完全に撤退させることを規定し、南部の紛争を平和的に解決するための政治的プロセスを生み出した。しかし、南ベトナムに10万人以上の北ベトナム軍がいることについては何も言われていません。パリ協定の調印はベトナムでの戦闘に終止符を打つことはありませんでした。サイゴン政権は南部に残っている共産軍を排除するために断固とした努力をしましたが、北部の指導者たちは将来の対立の可能性に備えて軍事力を強化し続けました。 1974年後半までに、ハノイは武力闘争によってのみ勝利を達成できると決定し、翌年の初めに北ベトナム軍は南に対して大規模な攻撃を開始しました。サイゴンの軍隊はパニックと混乱の中で撤退し、ティウ大統領はいくつかの北部の州の放棄を命じました。しかし、状況を安定させるためのティウの努力は遅すぎた。そして1975年4月30日、共産主義者たちは勝利を収めてサイゴンに入った。第二次インドシナ戦争はついに終結した。


1971年11月29日:北ベトナムは継続的な支援のためにソビエト連邦と協定に署名

ソビエト連邦、中国、北ベトナムの関係の三角形は、1948年のフランス植民地支配への抵抗以来、そして第一次インドシナ戦争の間に培われてきました。それぞれが一連の動機、野心、目標を持っている、それぞれの権利を持つすべての関係者は、3か国間の個々の関係は、時には補完的であると同時に、骨の折れるものでもありました。インドシナでの影響力を高めるために、ソビエト政府と中国政府はしばしば北ベトナムとの緊密な関係を求めて互いに争いました。

1971年半ばまでに、ソビエト大使館は、モスクワに有利になった北ベトナム政府の外交政策の大幅な変化を認識するようになりました。 5月にモスクワに宛てた政治書簡の中で、イワノビッチ・シュチェルバコフ大使はこの変化を2つの指標があると分析しました。最初は、1968年にベトナム人が戦争への戦略的アプローチを拡大し、軍事的、政治的、外交的な形態の闘争を組み込むことを決定したことでした(パリ協定で米国との交渉を開始するという彼らの決定に関連しているようです)。 2つ目は、ベトナム労働者党がソビエト連邦共産党の政策をより理解し、理解しているという事実でした。ソビエト大使は、彼の報告の後半で、ソビエト連邦に傾倒することによって、ベトナム労働党は、中国の指導者たちの粗野な圧力に耐えてきた。&#8221 [1]

そのため、ソビエト代表団による公式および非公式の訪問は、1971年末までにほぼ標準的な慣行になりました。1971年4月14日および10月3日の以前の訪問に基づいて、ソビエト大統領ニコライ・ポドゴルニーが率いる代表団が民主共和国を公式訪問しました。同年11月29日のベトナム(DRV)。訪問中、ソビエト社会主義共和国(USSR)とDRVの間のさらなる友好協力の問題について交渉が行われました。双方はまた、相互に関心のある他の国際問題についても検討した。

これらの定例会議の効果は、1971年から1974年にかけてソビエト連邦による北ベトナムへの軍事的および経済的援助の投資の増加に見ることができます。 1971年、軍事援助は1億7500万ドル、経済援助は3億7500万ドルでした。 1974年の終わりまでに、これらの数字は両方ともそれぞれ2億2000万ドルと6億4500万ドルに上昇しました。ソ連とDRVの間の総貿易売上高は1971年の1億7,870万ドルから1974年には3億1,050万ドルに増加しました。[2]この関係の強化は、第二次インドシナ戦争後の東南アジアにおけるベトナムの立場に決定的な影響を与えるだろう。1978年にベトナムはCOMECONに参加し、ソビエト連邦との友好協定に署名する。ベトナムと中国の関係は、第三インドシナ戦争を促進します。

参考文献と脚注:

[1]スティーブン・J・モリスが引用したように 1970年代のソビエト-中国-ベトナムの三角形:モスクワからの眺め、ポールH.ニッツェ高等国際研究大学院、ジョンズホプキンス大学ワーキングペーパーNo.25。

[2]キャプテンリンA.ハリス、USAF、 1970年代のインドシナとのソビエト関係、1976年8月、ノートルダム大学、インディアナ州ノートルダム、レポート番号CI77r11。


1858-1975-植民地時代、独立、そして戦争

900年の独立後、不和と反乱の期間を経て、フランス植民地時代は1858年から始まり、フランスは国の支配権を掌握し、北(トンキン)、中央(アンナム)の3つの部分に分割しました。 、および南(Cochinchina)。 1861年にフランスはサイゴンを占領し、1883年までにラオスとカンボジアだけでなくベトナム全土を支配しました。フランス植民地支配は、ほとんどの場合、政治的に抑圧的で経済的に搾取的でした。ベトナム人は、いつものように、しぶしぶ黙認し、可能であれば、オープンな抵抗で外国の支配に反応した。

19世紀後半に始まったフランス統治のほぼ1世紀の間、フランスの支配のさまざまなパターンは、国の文化的変化にさらなる堅実さを与えました。フランスの統治は北部や中央部よりも南部でより直接的で広範囲に及んでいたため、フランスの影響の影響は南部でより顕著になり、文化的に異質な社会が生まれました。フランス人は、彼らの前の中国人よりもはるかに多く、人々にとって異質なままでした。

日本人は第二次世界大戦中にベトナムを占領しましたが、フランス人が留まり、ある程度の影響力を行使することを許可しました。第二次世界大戦中、フランスの統治は、明号作戦によって終結した1945年3月まで、日本の苦しみの中でヴィシー政権の代表によって行使されました。

インドシナに関するルーズベルトの政策は、彼の反植民地主義の概念から発展した。インドシナでのフランスの立場は支持できませんでした。フランス人はこの地域を利用し、それを改善するために何もしていませんでした。フランス政府(Decoux)は、1940年と1941年に日本の要求に熱心に屈服しました。彼はフランスの支配を回復するために何もしませんでした。 FDRはインドシナの受託者としての地位を想定していましたが、これは常に漠然とした概念であり、チャーチルを苛立たせることを恐れてすぐに辞任しました。ルーズベルトが保持したインドシナについての計画が何であれ、彼らは独立へのベトミン(または国家主義者)の願望を決して含んでいませんでした。少なくとも、FDRはフランスの帰還を助けません。 1945年3月に日本軍がフランス軍を政権から外したとき、中国のアメリカ軍司令部は後退する列を助けるためにフランス軍のすべての嘆願に耳を傾けることを拒否した。アメリカの司令部は2週間、地元の軍事資源が継続的な作戦に専念していると主張した。彼らはまた、ワシントンからの指導はなく、フランス人の悲しみの高まりに大いに貢献したと主張した。 FDRの死後、アメリカの政策は、主に戦後のヨーロッパにおけるフランスの役割を考慮せずに、フランスの立場に向かって揺れ動いた。

After Japan's surrender, the French returned to a position which the events of the war years had made irretrievable. At the war&rsquos end in 1945, Ho Chi Minh, leader of the communist Viet Minh organization, declared Vietnam&rsquos independence in a speech that invoked the U.S. Declaration of Independence and the French Revolution&rsquos Declaration of the Rights of Man and of the Citizen. However, the French quickly reasserted the control they had ceded to the Japanese, and the First Indochina War (1946&ndash54) was underway.

In the First Indochina War, which broke out at the end of 1946 and ended nearly 8 years later in the French defeat at Dien Bien Phu the French found themselves confronted by the skillful and determined Communist leadership under Ho Chi Minh. The Communists, exploiting popular opposition to the continuation of any form of foreign control, soon came to the forefront in the increasingly bitter struggle. Under a nationalist disguise within the Viet Minh - a Communist-led coaliton group - they attracted the active or passive support of most of the population.

French control ended on May 7, 1954, when Vietnamese forces defeated the French at Dien Bien Phu. The 1954 Geneva Conference left Vietnam a divided nation, with Ho Chi Minh's communist government ruling the North from Hanoi and Ngo Dinh Diem's regime, supported by the United States, ruling the South from Saigon (later Ho Chi Minh City).

With the achievement of independence and the partitioning of the country in 1954, Vietnam entered a new phase of conflict. The struggle was between the non-Communist government in the South, supported by the United States and its allies, and the Communist regime in the North, backed by Communist China and the Soviet Union. Beginning in 1958 the northern regime stepped up its efforts to subjugate the South through a well-organized campaign of subversion and terror. Eventually the United States, at South Vietnam's request, intervened to help the Saigon government repel armed aggression from the North.


認識

Division of Germany and U.S. Non-Recognition of GDR, 1949 .

Following the German surrender to the Allied powers on May 8, 1945, Germany was occupied and divided into four zones. Each of the main Allied powers (the United States, the Soviet Union, Great Britain, and France) was responsible for the administration of its zone. In 1947, the United States and Great Britain merged their zones. After tensions arose between Soviets and the Western powers, the German Federal Republic (FRG, commonly known as West Germany) was created out of the American, British, and French zones on September 21, 1949. The Soviets then oversaw the creation of the German Democratic Republic ( GDR , commonly known as East Germany) out of their zone of occupation on October 7, 1949. The United States responded by stating its position that the GDR was “without any legal validity,” and that the United States would “continue to give full support to the Government of the German Federal Republic at Bonn in its efforts to restore a truly free and democratic Germany.” As prospects for early reunification of Germany dimmed, the United States established full diplomatic relations with the FRG on May 6, 1955.

Recognition of the German Democratic Republic, and the Establishment of Diplomatic Relations and the American Embassy in Berlin , 1974 .

In response to the improvement of relations between the two German governments, representatives of the United States and GDR negotiated arrangements for U.S. recognition of the GDR and the establishment of diplomatic relations, which occurred on September 4, 1974 , when the United States and East Germany released a joint communiqué to that effect. Despite this step taken to deal with the reality of the German situation, the United States continued until German reunification in 1990 to view the FRG as the sole legitimate successor government of the historical German state and a future reunified Germany.


Soviet Aid to North Vietnam

The Soviet Union had three clear objectives regarding the Vietnam conflict: to maintain the advantages of peaceful cooperation with the US to support national liberation movements and their role in the eventual final victory of communism and to reduce the influence of the People's Republic of China (PRC) in the world communist movement. The PRC was a major factor from the Soviet position. Moscow was ostensibly "pressing" for negotiations while watching the protracted conflict sap the strength of its major international foe. Washington's repeated use of bombing just after proposing an initiative for reducing the hostilities undermined Moscow's credibility.

North Vietnam initially acknowledged the Soviet Union as leader of the "socialist camp" and accorded Moscow first place in its eulogies of the Communist countries. Had there not been the Russian October Revolution, there would not have been an Indochinese Communist Party, the precursor of today's CPV. Had the Red Soviet troops not defeated German fascism and Japanese militarism, the 1945 August Revolution in Vietnam would never have occurred. Had the Soviet Union not been powerful, Vietnam would not have been able to defeat French colonialism, US imperialism and international reactionaryism.

Comrade Ho Chi Minh, still in France at that time, was the first Vietnamese who, after reading the first draft of Lenin's thesis on national and colonial problems, realized the truth that, to save the country and liberate the nation, there was no other road than that of proletarian revolution. (Ho Chi Minh: "Forever Following the Road of Great Lenin," Su That Publishing House, Hanoi, 1970, page 51) From that moment, Marxism-Leninism spread to Vietnam.

Ho Chi Minh wrote "The Great October Revolution Has Opened the Way to the Liberation of All Nations" [1 November 1967] "By following the path charted by the great Lenin, the path of the October Revolution, the Vietnamese have won very large victories. Therefore, the bond and the gratitude that the Vietnamese feel toward the glorious October Revolution, the great Lenin and the Soviet people are exceedingly deep."

Since the rise of Communist China and the deterioration of Sino-Soviet relations, however, North Vietnam maintained the position, as did other Communist states, that all "socialist" states are equal and independent. Nevertheless, it acknowledges that the Soviet Union has been an important contributor of economic and military aid, especially since early 1965 when Moscow initiated measures to improve Hanoi's "defense potential."

Soviet emphasis on military intervention began with Soviet aid to Cuba and Vietnam. Both countries faced confrontations against the United States. Military aid to Egypt, Syria, and Iraq was directed at Israel, considered an outpost of American imperialism. Soviet military aid to Vietnam began after the Second World War to assist Ho Chi Minh in his struggle against returning French rule. This aid continued after Vietnam divided. North Vietnamese-backed guerrillas tried to overthrow the South Vietnamese government using this aid. Estimates of the total cost of the Soviet Union's support to the North Vietnam government range from $3.6 billion to $8 billion [in then-year U.S. dollars].

The top leaders and other officials of the two governments had also consulted during visits to each other's capitals: President Ho Chi Minh in 1955 and 1957 Soviet Deputy Premier Anastas Mikoyan in 1956 and President Kliment Y. Voroshilov in 1957. At the 1960 Lao Dong Party Congress, Premier Pham Van Dong supported the Soviet Union's thesis on the possibility of avoiding open warfare with imperialist powers and on the tactical importance of peaceful coexistence with the West. For its part, the Soviet Communist Party representative declared his government's intention to broaden its cooperation with North Vietnam.

An agreement signed with Moscow in December 1960 assured Hanoi of Soviet economic and technical assistance a similar Soviet pledge was made in an agreement signed in September 1962. Between 1961 and late 1964, Hanoi's relations with Moscow were generally cordial, although there were indications, especially after March 1963, that Hanoi was inclined to agree with the militant position of Peiping in ideological disputes between Communist China and the Soviet Union.

At the 16th session of the UN General Assembly (1961), the Soviet Union proposed that 1962 be declared the year of the total elimination of colonialism and demanded an end to wars of aggression, the dismantling of military bases overseas. During this period, various nations won large and continuous victories in their brave struggle.

Beginning in November 1964, relations with the Soviet Union took a new turn, evidently because of Moscow's avowed intention to render active support to Hanoi in its political and military confrontation with the United States. On 17 November 1964, the Soviet Politburo decided to send increased support to North Vietnam. This aid included aircraft, radar, artillery, air defense systems, small arms, ammunition, food and medical supplies. They also sent Soviet military personnel to North Vietnam-the Democratic Peoples' Republic of Vietnam (DRVN). Some 15,000 Soviet personnelserved in Indo-China as advisers and occasionally as combatants. The largest part of the Soviet adviser personnel were air defense officers.

In February 1965 Soviet Premier Aleksei N. Kosygin visited Hanoi, accompanied by Air Chief Marshal Konstantin Vershinin, who was commander in chief of the Soviet air force and a deputy defense minister. A joint communique issued at the conclusion of his visit on February 10 announced that the two. governments had signed an agreement on measures for strengthening Hanoi's "defense potential." After returning to Moscow, Premier Kosygin said that his government had already taken necessary steps to implement the agreement. It appeared that the Soviet military aid consisted mainly of surface-to-air missiles (SAM's), jet fighters and technical advisers. In late March 1965 the Soviet Communist Party's first secretary, Leonid I. Brezhnev, announced that his government had been receiving "many applications" from Soviet citizens offering to serve as volunteers in Vietnam.

Since 1965 the Soviet Union and Communist China had been haggling over the military aid each is providing North Vietnam and over the mechanics of moving Soviet aid to North Vietnam. The dispute was a facet of the broader Sino-Soviet conflict and was interwoven with issues arising from US-North Vietnamese negotiations. Parts of the continuing argument surfaced, periodically in polemical exchanges between Moscow and Peking.

Both Moscow and Peking, throughout the dispute, had other considerations in mind in addition to North Vietnam's war needs. A paramount Soviet purpose was to use aid to Vietnam as a means of strengthening Moscow's influence over Hanoi and elsewhere at the expense of Peking. Sino-Soviet political enmity and military rivalry worked to limit to some extent what aid the North Vietnamese received and how they received it. Because of China's insistance on a right to inspect Soviet shipments in transit to North Vietnam, the Soviets appear to have held back or delayed shipment of some sophisticated military equipment. Third, both Moscow and Peking were been constrained in their aid to North Vietnam by a desire to avoid a direct conflict with the US.

The USSR repeatedly suggested that it believed the Chinese wish to provoke a conflict between the Soviet Union and the United States in the Gulf of Tonkin. A widely-distributed CPSU letter to other parties in February 1966 claimed that the Chinese sought such a conflict "in order to be able to, as they themselves say, 'observe the battle of the tigers while seated on the hill.'" In April 1966, the Soviet leaders circulated a document at the 23rd CPSU Congress which accused the Chinese of trying to force the Soviet Union to ship its military aid by sea and risk a clash with the Seventh Fleet, and thereby to force a Soviet-US showdown.

The Hanoi government received continued support from Moscow on the political, military and economic fronts. Moscow endorsed the peace proposals of both Hanoi and the National Front for the Liberation of South Vietnam. The Soviet Union, in agreements signed in July 1965 and December 1965, respectively, also pledged to give increased military and economic aid.

In early March 1965 (presumably in accordance with the understandings Kosygin had reached with the Vietnamese in Hanoi in February) the Soviets proposed to send to the DRV by rail through China eight battalions of SAMs and four thousand Soviet advisors and technicians. The Chinese strongly objected, but they repeatedly claimed in April and May that it was North Vietnamese reluctance to accept Soviet personnel that had caused the offer to be rejected, On the other hand, the Soviets claimed that the Chinese were placing a limit on the transit of Soviet personnel. Under the influence of the mounting US bombing, the DRV prevailed upon China to permit a limited quota of Soviet SAM personnel to pass. It was not until 24 July 1965 that the SAMs were fired for the first time, by Soviet crews.

In December 1965 the Soviet army newspaper, Red Star, reported for the first time that Soviet antiaircraft missiles had been supplied to North Vietnam. Still another Moscow pledge of military and economic assistance was made in an agreement signed in January 1966, when Aleksandr N. Shelepin, a member of the Soviet Communist Party Presidium and Secretariat, visited Hanoi.

The extent of Soviet aid, though never officially announced, was reported by various sources. In February 1966 the chairman of the Canadian Communist Party, Tim Buck, was quoted by Radio Djakarta as having said that some 5,000 North Vietnamese were being trained in the Soviet Union to become fighter pilots. This information was reported to have been obtained from President Ho Chi Minh while the Canadian Communist was visiting Hanoi in late 1965. The extent of the Soviet aid to Hanoi was estimated in some quarters to be "worth about half a billion rubles", ranging from rocket installations to planes, tanks and warships.

In March 1966 Le Duan, First Secretary of the Lao Dong Party, headed a delegation to Moscow to attend the twenty-third Congress of the Communist Party of the Soviet Union. Communist China had boycotted this Congress. In his speech before the Congress, Le Duan declared that he had two fatherlands, North Vietnam and the Soviet Union, and thanked Moscow for its "huge and many-sided aid."

In August 1966 Soviet authorities confirmed that an undisclosed number of North Vietnamese fighter pilots were being trained in the Soviet Union. In addition, Radio Moscow on October 2, 1966, announced for the first time that Soviet officers and specialists had been sent to North Vietnam to train antiaircraft units in the use of Soviet-made surface-to-air missiles. Nhan Dan announced in October that Hanoi had signed in Moscow an agreement on the new Soviet "nonrefundable" aid to Vietnam and an agreement on supplementary Soviet loans to Vietnam for 1967.

The USSR obviously had great anxiety over the sea supply route to North Vietnam -- the main channel for Soviet economic and military-support shipments to the DRV. The Soviets were concerned over U.S. bombing of DRV ports and over the possibility that the United States might take steps to close DRV ports by mining or blockade. Through repeated vigorous protests the Soviet Union sought to convey the impression that the USSR regarded access to DRV ports as important to Soviet interests.

What the Soviets apparently wanted was a way to carry weapons by sea to the Far East, yet have someone else assume the burden of actual delivery to the DRV. Such a solution would be available if the Chinese were willing to accept Soviet shipments at Chinese ports -- such as Canton -- for transshipment to the DRV either by rail or by Chinese ship.

After the 02 June 1967 strafing incident at the DRV port of Campha, a Soviet Foreign Ministry note threatened "to take appropriate measures to insure the safety of Soviet ships" if the incident were reported. On 05 January 1968, after two more incidents had actually occurred, a Soviet protest note said that "the corresponding Soviet departments will be compelled to take measures for insuring the safety of Soviet vessels bound for DRV ports."

It is possible that the Soviet navy, in the spring of 1967, was instructed to prepare contingency plans for a possible Soviet attempt to break a hypothetical US blockade of Haiphong - leaving implementation open as a matter for politburo decision. Czechoslovak Defense Minister Lomsky reported to the collegium of the Ministry that the Soviets had issued an order to the Soviet navy to provide escorts for Soviet merchant vessels in the event that Haiphong was blockaded or a Soviet vessel bombed in Haiphong harbor. This order also allegedly called for efforts to break any blockade, including steps to sweep minefields. Lomsky, who had just returned from Moscow, said that the Soviets had told him that they would resist any U.S. moves to prevent Soviet ships from going to Haiphong. The Soviet order was supposedly issued at a time when U.S. statements pointed to a possible blockade of Haiphong. However, no Soviet naval escorts were in fact provided.

The Soviet Union indicated that some of the weaapons requested by the DRV had been denied. The CPSU document on Soviet military aid to Vietnam circulated among visiting foreign Communists in Moscow in November 1967, stated that "the USSR has speedily satisfied practically all the requests of the DRV for delivery of military equipment." The DRV did not receive the KOMAR or OSA-class guided-missile-firing patrol boats, which it wanted and, apparently, at one time thought it was going to receive. The failure to receive such boats must be particularly annoying to the DRV because, over the previous decade, the USSR had distributed KOMARs and OSAs to about a dozen countries around the world, including some whom the DRV must regard as far less deserving than itself.

The military aid figures reflect the level and intensity of combat operations in Indochina. The high level in 1968 resulted both from replacement requirements for ground forces equipment following the 1968 Tet offensive and the delivery of substantial amounts of Soviet air defense equipment before the bombing halt that year. Combat levels were lower during the next two years and military aid declined. This trend was reversed in 1971 when Hanoi began preparations for the 1972 spring offensive. Military assistance jumped sharply again in 1972, reflecting an upsurge in deliveries of ground forces equipment and air defense equipment. Shipments apparently turned down in 1973 following the ceasefire agreement.

Economic aid from the USSR exceeded $300 million annually during the l968

7l reconstruction period'and could have been higher if North Vietnam's absorptive capacity were not so limited. Soviet aid fell sharply in 1972, however, as a result of the mining of North Vietnam's ports and the halt in reconstruction activity during the 1972 bombing.

196819691970197119721973Cumulative
Economic Aid3053853453202102001,765
Military Aid415175901653751751,395
US Intelligence estimate, 1974 dollars

Following the conquest of South Vietnam in 1975, Hanoi sought to retain the equilibrium of its wartime relations with both China and the Soviet Union, but mounting tensions with Beijing, culminating in the loss of Chinese aid in 1978, compelled Hanoi to look increasingly to Moscow for economic and military assistance. Beginning in late 1975, a number of significant agreements were signed between the two countries. One coordinated the national economic development plans of the two countries, and another called for the Soviet Union to underwrite Vietnam's first post-reunification Five-Year Plan. The first formal alliance was achieved in June 1978 when Vietnam joined Comecon.


Documents

From the Diary of V.M. Molotov, Reception of the Chinese Ambassador to France, Jing Tai, on 6 May 1946 at 3:00 p.m. in the Soviet Embassy in Paris

The conversation is concerning the "German question" in terms of the conditions and aftermath of the surrender. PR China sees the negotiation on Germany as becoming an agreement that might apply similar to the question on the Japanese surrender. For this reason Jing Tai asks Molotov to allow China to take part in the negotiations on Germany. The trials of Japanese war criminals were also discussed.

Report of Pham No Mach [Pham Ngoc Thach] to the Soviet Envoy in Switzerland, A. G. Kulazhenkov

Report of a meeting with an emissary of the Viet Minh government who requested Soviet support for Vietnamese forces in their independence war against the French. Pham Ngoc Thach stresses the communist nature of the Republic of Vietnam's government, explaining that the Communist Party was only dissolved in 1945 "to avoid provoking a negative American reaction." Pham also discusses his meetings with the French Communist Party in Paris, and the situation in other Southeast Asian countries, including Malay, Indonesia and Thailand.

Explanation of the Dissolution of the Indochinese Communist Party in 1945

List of reasons for the dissolution of the Indochinese Communist Party by the Viet Minh in 1945. The list was provided by Pham Ngoc Thach while meeting with the Soviet Envoy in Switzerland A. G. Kulazhenkov in September 1947.

Notes by Anastas Mikoyan ahead of Meetings with Mao Zedong

Notes taken by Minister of Foreign Trade Anastas Mikoyan during a meeting with Mao Zedong in Beijing. They discuss relations with the United States and other Western powers and the nationalization of foreign-owned factories in China. Mikoyan also gave advice on developing the new Communist government in China. Noteably, Mikoyan wrote that "the path of the regime of the people’s democracies, or the path of the Russian Soviet revolution, is not quite appropriate for China. China has its own path of development."

Memorandum of Conversation between Anastas Mikoyan and Mao Zedong

Anastas Mikoyan and Mao Zedong converse about the mediation talks between the CCP and the Guomindang, Yugoslavia, coordination between the communist parties of the Asian countries, and the history of the CCP.

Telegram, Mao Zedong to Zhou Enlai and CCP CC

Mao Zedong reviews New China's foreign trade and foreign economic relations.

Telegram, Mao Zedong to Liu Shaoqi

Mao Zedong announces that the People's Republic of China will recognize Ho Chi Minh's government in northern Vietnam.

Telegram, Mao Zedong and Zhou Enlai to Liu Shaoqi

Mao Zedong and Zhou Enlai offer their greetings to Ho Chi Minh and wish the Viet Minh success in their confrontation with France.

Report from P. F. Yudin to I. V. Stalin on Meetings with the Leaders of the Communist Party of China, including Mao Zedong on 31 December 1950

Yudin recounts his meetings with Mao Zedong, Liu Shaoqi, and Zhou Enlai. In three meetings, Yudin learned more about China's relations with other communist parties in Asia, economic conditions in China, and developments in the Korean War.

Report, Zhou Enlai to the Chairman [Mao Zedong] and the Central Committee

Zhou Enlai updates Mao Zedong on the latest conversations with Stalin and other members of the Soviet leadership. Topics of discussion included Soviet technical assistance to China, developments in the Korean War, the United Nations, and the formation of a regional organization for Asia.

Minutes of Conversation between I.V. Stalin and Zhou Enlai

Conversation between Stalin and Zhou Enlai focusing on the Korean War. They discussed the exchange of POWs (and the Mexican proposal), peace negotiations, Chinese cooperation with India and Burma, and the creation of regional organizations. They also mentioned Germany (reunification), the situation/reforms in Xinjiang, Taiwan and Chiang Kaishek (Jiang Jieshi), and military aid.

Report, Zhou Enlai to the Chairman [Mao Zedong], Comrade [Liu] Shaoqi, and the Central Committee

Zhou and Stalin discuss potential meetings with representatives from Vietnam, Indonesia, and Japan.

Report, Zhou Enlai to the Chairman [Mao Zedong] and the Central Committee

Zhou and Stalin discuss the POW issue, the United Nations and the formation of a new regional organization for Asia, and military cooperation.

The Political, Economic and Social-Cultural Situation of the Democratic Popular Republic Of Korea, 1954

A report on the DPRK's economic and socio-cultural situation, including political parties and mass organizations in North Korea.

Cable from the Communist Party of the Soviet Union Central Committee to CCP Central Committee, via Comrade Yudin

Comrade Pavel Yudin asks the CCP to inform Comrade Ho Chi Minh that the discussion at the upcoming conference in Geneva will include the Korea question and restoring peace in Indochina.

'Preliminary Opinions on the Assessment of and Preparation for the Geneva Conference,' Prepared by the PRC Ministry of Foreign Affairs (drafted by PRC Premier and Foreign Minister Zhou Enlai) [Excerpt]

Zhou discusses the need to make agreements at the Geneva conference in order to open a path for discussion and negotiation with the west. Zhou notes that because the US, France and Britain are not united in their opinions, the CCP must hold fast to their positions on the peaceful unification of Korea, and of peace in Indochina. Finally, Zhou suggests that the CCP prepare to discuss issues of trade, relaxing international tensions, and breaking the US embargo, although these issues are not on the agenda.

Cable from Zhang Wentian, 'Reporting the Preliminary Opinions of Our Side on the Geneva Conference to the Soviet Side'

Zhang Wentian discusses his visit with Molotov. During this meeting, Molotov says delegations from China, Korea, and Vietnam are welcome to Moscow before the Geneva conference to discuss its proceedings. Molotov also mentions several issues that still need to be discussed, such as relaxing tensions in Asia, Korean unification, ministers in attendance at the conference, and India's participation in the Indochina discussion.

From the Journal of Molotov: Secret Memorandum of Conversation between Molotov and PRC Ambassador Zhang Wentian

Soviet Foreign Minister Molotov and PRC Ambassador to the USSR Zhang Wentian discuss their respective views on the situations in Korea and Vietnam in preparation for the upcoming Geneva Conference.

Telegram, Zhou Enlai to Ho Chi Minh (excerpt)

Telegram from Zhou Enlai to Ho Chi Minh encouraging him to send a delegation to attend the Geneva Conference. According to Zhou Enlai important decisions will be made in Geneva, including decision on where the boundaries will be drawn in Vietnam.

From the Journal of Ambassador Pavel Yudin: Memorandum of Conversation with Mao Zedong, 26 March 1954

Chairman Mao and Soviet Ambassador Pavel Yudin discuss the "Gao Gang affair." Mao recounts Gao Gang's scheming within the ranks of the CCP, and how he tried to use Mao's name to attack Liu Shaoqi and Zhou Enlai.


China and Soviet Union recognize Democratic Republic of Vietnam - HISTORY

President Nixon pursued two important policies that both culminated in 1972. In February he visited Beijing, setting in motion normalization of relations with the People's Republic of China. In May, he traveled to the Soviet Union and signed agreements that contained the results of the first Strategic Arms Limitation Treaty talks (SALT I), and new negotiations were begun to extend further arms control and disarmament measures.

These developments marked the beginning of a period of “détente” in line with a general tendency among Americans to favor a lower profile in world affairs after the Vietnam War, which finally ended in 1975 with the last withdrawal of U.S. personnel. While improvements in relations with the Soviet Union and the People’s Republic of China signaled a possible thaw in the Cold War, they did not lead to general improvement in the international climate. The international economy experienced considerable instability, leading to a significant modification of the international financial system in place since the end of World War II.

During the Nixon Administration, international scientific, technological, and environmental issues grew in prominence. In October 1973, Congress passed legislation creating the Bureau of Oceans and International Environments and Scientific Affairs (OES), to handle environmental issues, weather, oceans, Antarctic affairs, atmosphere, fisheries, wildlife conservation, health, and population matters. The Department had difficulty filling the new Assistant Secretary position until January 1975, when the former Atomic Energy Commissioner, Dixie Lee Ray , took the job. However, she resigned six months later claiming that OES was not playing a significant policy role.

Although Secretary Rogers still had broad responsibility for foreign policy, including Europe, the Middle East, Africa, Latin America, and international organizations, the Department of State resented its exclusion from key policy decisions, and the Secretary continually fought to make his views known.


ビデオを見る: ロシア革命の100周年を記念して大規模な集会171108