ミトリダテス6世のタイムライン

ミトリダテス6世のタイムライン


毒に免疫をつけようとした王様&#8211うまくいかなかった&#8217t

あなたが妄想的であるからといって、人々があなたを連れて行かないという意味ではありません。ミトリダテスに聞いてください。古代ローマの時代に住んでいた支配者にとって、パラノイアは美徳でした。権力を握っている人々に裏切り、暗殺、そして裏切りが絶えず起こっているので、自己防衛の方法を開発するのが賢明でしょう。

一部の支配者は身を守るためにボディーガードを雇うことを好んだかもしれませんが、ミトリダテス6世は暗殺だけでなく毒からも安全であることを保証するために別の方法を取りました。ミトリダテス6世は、食べ物の毒をチェックする味覚テスターを雇う代わりに、免疫力が上がると思うまで、さまざまな毒にゆっくりと慣れていきました。当然のことながら、これはうまく終了しませんでした。

ヘラクレスとしてのポントゥスミトリダテス6世の王の肖像画。大理石、ローマ帝国時代(1世紀)。パリのルーブル美術館。

ミトリダテス6世は、ポントス王国の統治者の息子であるシノプ市で生まれました。ミトリダテス5世ポントスは現在、トルコ、ロシア、ルーマニア、ギリシャなどの国々の一部をカバーしています。彼の父の治世は共和政ローマと緊密に連携し、しばらくの間、王としての職務で見事に活躍しました。

紀元前120年、ミトリダテス5世は未知の暗殺者によって殺害され、饗宴中に投与された毒によって殺されました。彼の父親のこの突然の出発は、彼も彼の弟のクレスタスも王位に就く年齢に達していないため、ミトリダテス6世を危険にさらしました。代わりに、彼の母親であるラオディケ6世が摂政になり、代わりに支配しました。

ラオディケ6世の目は、成功する者としてミトリダテス6世の兄弟に向けられました。これはミトリダテス6世にとって厄介でした。なぜなら、彼の命は母親の支配下で危険にさらされるからです。彼女が彼の兄弟を王に任命した場合、それは潜在的に内戦につながる可能性があり、ラオディケ6世は長男を殺すだけでそれを防ぐことができました。

ミトリダテス6世はかなり長い間隠れていました。彼が王位に就こうとする準備ができるまで、母親の手に負えないように安全を確保していました。

ミトリダテス6世は、隠れている間、父親と同じ運命をたどらないようにするために自分自身にそれを引き受けました。

彼は、致死レベルを下回る用量を服用するように注意しながら、定期的に毒を消費するレジメンを開始しました。

彼は、この絶え間ない露出が彼の敵によって毒殺されることに対する免疫を彼に構築すると信じていました。

あらゆる毒に対する解毒剤を作るためにハーブと他の成分の特別な混合物についての伝説が生まれたのもこの時期でした。この解毒剤は後に ミトリダティウム、その発明者の名前の後。

紀元前116年から113年の間に、ミトリダテス6世はシノペの故郷に戻り、王位を掌握し、母親を逮捕して最終的に処刑しました。

ミトリダテス6世が王位への彼の主張を確実に保持できるようにするために、彼の兄弟もすぐに死刑に処せられました。

ポントゥスの新しい王として、ミトリダテス6世は彼の民に深刻な拡大と繁栄をもたらすことに着手しました。

彼の父はローマ人と友好的な関係にありましたが、時間の経過とともにミトリダテスは彼らに反抗することになりました。

ポントス王国の地図:ミトリダテス6世の治世前(濃紫)、征服後(紫)、第一次ミトリダス戦争での征服(ピンク)、ポントスの同盟国であるアルメニア王国(緑)。

彼の軍事的征服は、当初、共和政ローマにとって何の影響もありませんでした。彼は黒海を越えて移動し、ボスポロア王国を支配する過程でスキタイ人と戦い始めました。

彼らはスキタイの人々に対する保護と引き換えに自由を交換しました。勝利するたびに、ポントゥスはサイズとパワーが大きくなります。

しかし、カッパドキアの地域をめぐる紛争は、ミトリダテスとローマ人の間の紛争につながりました。

パンドラの箱の神話

ミトリダテス6世は、政治的策略と慎重な結婚の手配を通じて、カッパドキアを自分の領土として確立するために取り組んできました。

これは彼がその地域に主張をすることができることを確実にするでしょうが、カッパドキアを支配する彼自身の計画を持っていたビティニアのニコメデス3世王の間の開かれた紛争につながるでしょう。

これらの2人の支配者の間の戦いは、彼ら自身の主張を承認するようにローマに懇願するように導きました。

しかし、ローマは、ミトリダテス6世とニコメデスの両方がこの地域への支配を解放し、カッパドキアを独立国家に戻すことを要求しました。

古代ポントスコインのレプリカ。ポントゥスのミトリダテス6世。写真提供:Andrew Butko&#8211 CC BY SA 3.0

ポントス王国の勢力と数が拡大するにつれ、カッパドキアが傀儡政権の支配下にあるという考えはローマ人にとって当惑させられました。彼らはミトリダテス6世の存在が取り除かれることを望んでいます。

当初、ミトリダテスは元老院の要求に準拠していましたが、紀元前89年までに彼は再びカッパドキアに侵入するでしょう。これは、第一次ミトリダス戦争として知られているキャンペーンでローマ人からの軍事的反応を促しました。

彼は自分が所有していた領土を維持することができず、5年間のキャンペーンの後、ポントゥスに押し戻されました。そこで平和条約が調印されましたが、ミトリダテス6世が彼の軍隊を再建することを許可されるという規定がなされました。

ミトリダテス6世を描いたコイン

さらに2つのミトリダテス戦争が続き、3番目の戦争は最も長く最も破壊的なものでした。

ミトリダテス6世が他のいくつかの王国と同盟を結んだことで、彼は共和政ローマに対する深刻な脅威と見なされ、同盟を完全に破壊することを意図した別の戦争を引き起こしました。

ミトリダテス6世のイラスト

要するに、ミトリダテス6世は結局彼の軍隊を失い、黒海の向こう側の北部の土地に逃げることを余儀なくされました。

思いとどまらず、彼は軍隊を編成しようとしましたが、彼の徴兵方法はあまりにも厳しく、ミトリダテスに終止符を打つと脅した地元の反乱につながると考えられていました。

ミトリダテス6世が、手に負えない暴徒の手で死ぬのではなく、自殺することによって(当時の慣習として)高貴な道を切り開くことを決定したのはここでした。彼の選択の方法は?毒。

残念ながら、彼の体は本当に毒の影響を受けず、彼が飲んだものにもかかわらず、彼は自殺願望で死ななかったことが判明しました。

ジョンリーチによる画像、から:ギルバートアボットA.ベケットによるローマのコミックの歴史。 Bradbury、Evans&amp Co、ロンドン、1850年代。ミトリダテス、彼の発疹行為。

彼がどのように死んだかについては2つの異なる説明があります。 Appian’sによって提供された最初のアカウント ローマの歴史、 彼は彼の親友に彼の剣を与え、彼に行為をさせたと主張している。

カッシウスディオの2番目のアカウント ローマの歴史、彼は毒か剣のどちらかで自分の人生を終わらせることができず、代わりに反逆者の手で彼の運命に出会ったと主張している。

いずれにせよ、物語には一つの定数があります:毒による暗殺を恐れた男は彼の免疫のためにそれで死ぬことができませんでした。本当の皮肉。

Andrew Pourciaux フロリダ州サラソタ出身の小説家で、ほとんどの時間を執筆とポッドキャスティングに費やしています。


ポントゥスがローマの支配に異議を唱えたとき:ミトリダテス6世の台頭

ミトリダテス6世の下でのポントスの拡大

西暦前122年、ローマの 流星の上昇 地中海での覇権への挑戦は止められないようでした。共和国は、ギリシャとアナトリアでの影響力を、 いくつかのクライアントの状態 戦略的提携。しかし、その同じ年に、別の運命的な出来事が起こりました。 ミトリダテス6世 ポントゥスの王位に昇る、 ちっぽけな王国 アナトリア北東部。

彼の治世の過程で、ミトリダテスは 単一の最大の挑戦者 ローマ軍の黒海への拡大へ。ポントスとローマは、25年の間に、ミトリダテス戦争として知られる3つの血なまぐさい紛争と戦うことになりました。最初のそのような紛争は、西暦前85年のダルダノスの条約で終わります。 ローマの支配 ギリシャとアナトリアの。

ミトリダテス6世の台頭

ミトリダテス6世ユーペトールが上昇しました ポントゥスの玉座 13歳の時、母親の摂政下で、父親の暗殺に続いて。彼の冷酷な筋は、ほんの数年後に明らかになりました。 兄のミトリダテス・クレスタスの殺害 ポントゥスに対する彼自身の唯一の支配権を確保するために。彼は母親を投獄し、そこで彼女は自然の原因で死亡したとされ、16歳の妹と結婚して王国に対する彼の支配を固めました。

第一次ミスリディア戦争(紀元前90年)が勃発する前の小アジア

ミトリダテスの最初の大きな成功は、現代のジョージア州にある政体であるコルキスの征服でした。 クリミアの併合 ボスポロス王国は紀元前115年か114年頃です。これはの口実の下で行われました ギリシャの都市を保護する スキタイ人からの地域の, 前進するサルマティア人によって彼らに向かって押されていた遊牧民。

この脅威は明らかに深刻で、この地域の都市や王国は 喜んで彼らの独立を放棄した ミトリダテスに。後者は彼がすることを可能にする活発なキャンペーンに着手した スキタイ人を倒す 複数の機会に、そしてそうすることでクリミアの大部分を支配します。ミトリダテスが力と外交の組み合わせを巧みに利用して彼の新しい領土を支配した方法のために、彼の軍隊は今や彼によって強化されました 新しい主題と同盟国、 スキタイ人自身といくつかのサルマティアの王子を含みます。

戦争への道

これらの出来事の約20年前に、ローマはこの地域に決定的な足場を確立していました。 ペルガモンを獲得する 平和的な手段を通じて。彼の死にゆく意志で、ペルガモンの最後の君主は、ローマが彼の王国に降りるのを見るのではなく、彼の王国を継承するようにローマに提供しました 継承危機、 これはまた、ペルガモンの貪欲な隣人を誘惑する恐れがありました。さらに、ギリシャのローマ支配、およびギリシャの州との強力な同盟 ロードス、ローマに行動するための強力な立場を提供しました。

しかし、ミトリダテスが彼の注意を向けたように、ジャーグルシンとキンブリの戦争はローマ人の気をひどくそらしました 西に。 ポンティック王はこの機会を利用して パスラゴニアを占領し、 ビテュニア王国と協力して。占領は短命でした。ローマの財産が増加する中、上院はミトリダテスに次のように命じました。 領土を離れる、当時のビテュニアはこの要求を無視していましたが、彼はそれを行いました。彼の次の拡張の試みは、カッパドキアを征服することでした。これは、主にアリアラテスVIとVIIの暗殺によって達成された偉業です。今回、ローマ人は迅速に対応し、ミトリダテスに撤退を余儀なくさせ、 ビテュニア軍の追放 Pathlagoniaから。

ライオンの頭をかぶり、ヘラクレスになりすましたポントゥスミトリダテス6世の王の肖像画。大理石、ローマ帝国時代(1世紀)。

これらの拡張の試みは、 ローマ人に真剣に関心を持っています。 マリウスは、この地域での外交的役割において、ミトリダテスは「ローマ人よりも強いか、黙って彼らの命令に従うべきである」と主張していました。ローマはミトリダテスを完全に期待していました それらに挑戦する ある時点で、彼の試みをうまく行うために、小アジアの大部分に拡大しようとしました。しかし、ミトリダテスは予想よりも速く動き、アルメニアの王ティグラネス1世との同盟を打ち出しました。アルメニアは 重要な地域大国、 そしてポントゥスと組み合わせることで、それはこの地域のローマの覇権に現実的な脅威をもたらす可能性があります。

挑戦的なローマ

ローマの抵抗が強まっているにもかかわらず、ミトリダテスは 悪用する機会。そのような機会の1つは、イタリア半島が 同盟戦争、 イタリアの長年の同盟都市国家と部族に対してローマを戦わせた軍事紛争。ローマが戦闘に気を取られている間、ミトリダテスは急速に 押収されたコントロール 小アジアの多くの地域で、南のカッパドキアまで素早く奪還し、偽装者を使って事実上ビテュニアの支配権を掌握しました。ローマ人はマニウスアクィリウスを派遣して、これらの国の元の王を配置しました 彼らの王座に戻って、 ミトリダテスはすぐには反対しませんでした。アクィリウスがビティニアのニコメデスにポントスを攻撃するように強要した​​ときだけ、戦争は本格的に始まりました。

この時点で、ポンティック大使はローマをの扇動者のように見せるためにイベントをうまく設計していました ポントゥスに対する攻撃、 したがって、ミトリダテスが彼の戦争を防御的なものとして提示することを許可します。紛争が勃発すると、彼の軍隊は小アジアの大部分を急速に制圧し、 戦いでアクィリウスを破った。 彼がこれらの領土を確保し、それらを統治するためにサトラップを任命した後、ミトリダテスは彼らの家族と解放奴隷を含む小アジアのすべてのローマ人とイタリア人を虐殺する命令を出しました。

この虐殺は、 アジアの晩課、 関与した 80,000人から150,000人の虐殺、ロードスは肉屋の標的に利用できる唯一の本当の安全な避難所です。この都市は残った ローマ人の頑固な同盟国 他のギリシャの州がミトリダテスを支持して反乱を起こし始めた間でさえ。

第一次ミトリダス戦争でミトリダテスを破ったローマの将軍、スラの胸像。彼はローマの独裁者になり、第二次ポエニ戦争の終結以来初めて事務所を復活させました。

ローマはこれらの激変に真剣に対応しました。 スラ すぐに軍事遠征を指揮するために派遣されました ギリシャの州を鎮圧した ミトリダテスに渡っていた。この作戦はローマにとって完全な成功であり、スラはアテネを包囲し、紀元前86年に降伏を余儀なくされました。アテナイの高官がなんとかした後 スラを侮辱する 降伏しようとしている間、後者は都市を守る壁の巨大な部分を倒すために工兵を使用しました。街への道が開かれると、スラの軍隊 アテネを略奪 司令官の従者の上院議員が完全にしないように彼に懇願しなければならなかったような残忍さで 街を荒らします。

アテネが解任された後、スラはカイロネイアでアルケラオスの下で、自分の2倍から4倍の大きさのポンティック軍に対して圧倒的な勝利を収めました。その後、彼は別の勝ちに進みました 決定的な勝利 彼の軍隊が同様に数が多かったOrchomenusでのオッズに対して。スラは頑固にこの偉業を達成しました 彼の立場を定着させる 繰り返されるポンティックの攻撃に対して、攻撃者を出血させて乾かします。同時に、フラッカスとその後のフィンブリアの下のローマ軍はなんとかして ペルガモンを取り戻す 小アジアで。

ダルダノスの条約

これらの劇的な勝利にもかかわらず、スラは敵を待つ余裕がなく、 長い戦争に耐えなさい。 自宅でのトラブルは彼の帰国を必要とし、将軍は迅速にその必要性を認識しました 折り合いをつける ミトリダテスと。ミトリダテスによって犯された残虐行為に照らして、ポントゥスとの和平交渉が認識された 裏切りとして スーラ自​​身の兵士を含む多くの人によって。これは、ミトリダテスに強制しただけの条約の規定によってさらに悪化しました 領土を放棄する 彼が戦争中に得たものであり、戦争の経済的費用に等しい賠償金を支払うために。

NS ギリシャの州 ポントゥスの側に立っていた人は同じ寛大さを示さなかった:ローマは周りの集団戦争賠償で彼らを平手打ちした 10倍高い 紛争の費用よりも、そしてプルタルコスによれば、多くの裕福な家族を台無しにした厳しいビレット条件を課しました。平和はまたローマがすることを可能にしました ギリシャでその力を強化し、 そこの都市を完全にローマの支配に服従させます。さらに、ミトリダテスは、彼の個人的な賠償金が支払われると、ローマの友人であり同盟国であると宣言されました。しかし、条約は 批准されなかった 上院によって、そしてそのようなものとして、その法的力はもっぱらスラの個人的な力に依存していました。

戦争は好奇心旺盛でした 文化的影響、 プルタルコスによって詳述されたように:アテネの袋の間に、スラは多くを含んでいたアペリコン・ザ・テイアンの図書館を買収しました アリストテレスとテオプラストスの作品。 これらの本は当時公開されていませんでしたが、これはSullaの発作後に変更されました。 コピーが作成されました そして、主にロードスと共有され、テキストがより広く知られるようになり、完全に失われることからより安全になりました。

第一次ミトリダス戦争は 最終的に決定的ではない、 ローマがミトリダテスとその同盟国であるティグラネス1世の脅威を消し去るには、さらに2つの戦争が必要でした。その時点で、ギリシャと小アジアの西と南でのローマの支配はようやく挑戦されなくなりました。


プトレマイオス8世フィスコンとクレオパトラ3世の娘、トリファエナ[編集]

トリファエナは、プトレマイオス9世ラチロス、プトレマイオスXアレクサンダー1世、クレオパトラ4世、クレオパトラセレネの姉妹でした。 &#911&#93&#912&#93この場合 トリファエナ 名前もありました クレオパトラ、証明されていません。このトリファエナは、9861年初頭または9860年に生まれた可能性があります。彼女は9877年にシリアの王アンティオコス8世グリパスと結婚し、セレウコス6世エピファネス、双子のアンティオコス11世エピファネス、フィリッポス1世フィラデルフス、デメトリオス3世ユーカエルス、アンティオコス12世ディオニュソスの5人の息子を産みました。夫婦にはラオディケと呼ばれる娘もいました。トリファエナは、シリアの首都アンティオキア(ギリシャ語:Αντιόχεια)で、アンティオコス9世シジセヌスによって、妹のトリファエナ(9890年)の命令による自分の妻(クレオパトラ4世)の死への復讐として殺されました。 &#913&#93


ミトリダテス王と中毒

ミトリダテス大王と呼ばれるミトリダテス6世(紀元前120〜63年頃に統治)は、共和国後期のローマ人の最も裕福な支配者であり、最強の敵の1人でした。紀元前88年から63年にかけて、4人のローマの将軍、スッラ、ルキニウス、ルクルス、ポンペイが彼に対して派遣されました。 25年間の戦争の後、ポンペイはついにミトリダテスを破り、勝利のパレードの主要なトロフィーとして彼をローマに連れて行くと脅しました。

グナエウス・ポンペイ、c。紀元前50年 ヘラクレスと握手するミトリダテス

「ミトリダテスは自分自身を片付けようとしました。最初に妻と残りの子供たちを毒で取り除いた後、彼は残ったものをすべて飲み込みましたが、それによっても剣によっても自分の手で滅びることはできませんでした。毒は致命的ではあるが、彼が憲法を制定したので彼を支配せず、毎日大量の予防的解毒剤を服用し、彼によって引き起こされた彼の手の弱さのために彼の剣からの打撃の力は弱められた年齢(71歳)と現在の不幸、そして毒を飲んだ結果…。したがって、彼は自分の努力で自分の命を奪うことができず、適切な時間を超えて長居しているように見えたとき、彼が息子に対して送った人々は落ちました彼と彼らの剣と槍で彼の終わりを早めた。このように、最も多様で驚くべき幸運を経験したミトリダテスは、彼の人生を普通に終わらせることさえしませんでした。彼は死ぬことを望んでいたのですが、自殺を望んでいましたが、死ぬことはできませんでしたが、一部は毒で、一部は剣で、すぐに自殺し、敵に殺されました。」カッシウス・ディオ、 ローマの歴史37.13

ミトリダテスが中毒に対して定期的に解毒剤を服用した主な理由は、母親のラオディケ6世が父親を中毒させたためであることは間違いありません。彼の母親は弟を好んだので、ミトリダテスは父親の死後隠れるようになりました。彼はついに前に出て、王位を主張し、母親と兄弟を刑務所に投げ入れました。しかし、彼は彼女が彼を毒殺しようとしている宮殿の共感者がいないことを確信することはできませんでした。

フランスの薬局の瓶、c。 1725-1775 TacuinumSanitatisのイラスト

彼の死後約2、000年間、後にテリアカと呼ばれる解毒剤ミトリダティウムと呼ばれる薬が深刻な病気の万能薬として使用されました。それは最大60の成分を含み、ほとんどの病気に対する免疫を引き起こすことが保証されていました。ギリシャの医師であるガレン(129-c.200 AD)は、「 Therike そして彼の忍耐強い皇帝マルクスアウレリウスはそれを毎日服用しました。中世にはテリアカを作って売る店がありました。啓蒙時代の後でさえ、人々は病気と戦うために毒を摂取するという原則を信じていました。

ミトリダテスの原則を実際に有用な場所に持って行った歴史上最初の人物は、敬虔なクリスチャンであるエドワードジェンナー(1749-1823)でした。若い医学生として、彼は牛痘のある牛の世話をしている乳搾り女が牛痘を起こさないことに気づきました。彼は牛痘の水ぶくれから水分を取り、それをジェームズ・フィップスという名前の8歳の少年の皮膚にひっかきました。水疱が発生し、かさぶたを形成し、フィップスは後遺症を患いませんでした。約6週間後の1796年5月14日、ジェンナーは天然痘の水ぶくれから男の子に液体を注入しました。病気は発生しませんでした。

これは世界を震撼させました。ジェンナーは最初のワクチンを開発しました。それ以来、科学者と医師はジェンナーの原則に従い、ポリオ、はしか、腸チフス、その他の病気のワクチンを開発してきました。

ミトリダテスの1日の毒物投与量は、現代のワクチンと同じ原理で機能しました。天然痘と戦うために、天然痘ウイルスを注入すると、体は天然痘に対する免疫を引き起こす抗体を産生します。中毒による死を防ぐためのアジアのミトリダテス王の毎日の毒の投与量は機能しましたが、今でも機能しています。

「男性が私に感謝しているのは驚きではありませんが、神が私を仲間の生き物に伝える道具にしてくれた善を神に感謝しているのではないかと思います。」エドワード・ジェンナー—サンドラ・スウィーニー・シルバーによる記事


ポントゥスのミトリダテス5世

ミトリダテス5世オイエルゲテス(ギリシャ語:&#x039c&#x03b9&#x03b8&#x03c1&#x03b9&#x03b4&#x03ac&#x03c4&#x03b7&#x03c2&#x1f41&#x03b5&#x1f50&#x03b5&#x03b5&#x1f50&#x03b5&つまり、「恩人をミトリダテス5世」は、紀元前2世紀に栄え、ポントスのミトリダテス5世、ポントスのミトリダテス5世、ポントス5世のミトリダテス5世としても知られ、裕福なポントス王国の王子であり、7番目の王でした。

ミトリダテス5世は、ギリシャのマケドニア人とペルシャ人の祖先でした。彼はポントゥスのファルナセス1世とニサ女王の息子であり、妹はカッパドキアのニサでした。彼の母親は、母親が妹またはミトリダテス5世を出産していたときに、出産中に亡くなったと考えられています。彼はポントス王国で生まれ育ちました。ミトリダテス5世は、父方の叔母であるラオディケと父方の叔父であるポントゥスのミトリダテス4世をポンティアの王位に引き継ぎましたが、ミトリダテス5世の加入は不明です。

ミトリダテス5世は、前任者によって始められた共和政ローマとの同盟の政治を続けました。彼は第三次ポエニ戦争(紀元前149&#x2013146)の間にいくつかの船と小さな補助軍で彼らを支援し、その後の期間に彼らにペルガモン王、エウメネス3世(紀元前131&#x2013129)との戦争で有用な援助を与えました。

この機会に彼の奉仕に対して、ミトリダテス5世は、フリュギア州のローマ執政官マニウスアクィリウスから報われました。しかし、ローマ執政官の行為は賄賂を理由に元老院によって取り消されましたが、彼は死ぬまでフリュギアの所有を維持したようです。ミトリダテス5世はまた、長女であるカッパドキアの娘ラオディスとカッパドキアのアリアラテス6世との結婚により、ポントス王国の権力を強化しました。彼の治世の終わりは、紀元前120年にミトリダテス5世の治世の終わりに割り当てられた息子のミトリダテス6世の加入に関する声明に基づいてのみおおよそ決定することができます。

ミトリダテス5世は、紀元前120年頃にシノプで暗殺され、彼が開催した豪華な宴会で見知らぬ人に毒殺されました。ミトリダテス5世は、アテネとデロス島での彼の寄付を示す、生き残った貨幣と敬語の碑文を示すギリシャ文化の大きな恩人であり、ギリシャの神アポロのために彼が守った大きな崇拝を持っていました。ローマのカピトリーノ美術館では、彼へのバイリンガルの碑文の献身が展示されています。ミトリダテス5世は、アマスヤにある彼の先祖の王家の墓に埋葬されました。

ミトリダテス5世は、アンティオコス4世エピファネスとラオディケ4世の娘であったギリシャのセレウコス朝のラオディケ6世と結婚しました。ミトリダテス5世とラオディケ6世は関連していたため、彼はセレウコス朝の血統を持っていました。

LaodiceはMithridatesVの7人の子供を産みました:CappadociaのLaodice、PontusのMithridates VI、Mithridates Chrestus、Laodice、Nysa(Nyssaと綴られることもあります)、Roxana、Statira。紀元前63年にポントス王国が崩壊した後、ロクサーナとスタティラは毒で自殺を余儀なくされました。ニサはローマ人に捕らえられ、2人のローマの将軍の勝利で行進させられました。


ローマの最大の敵ギャラリー

ミトリダテス6世のユーペーターディオニュシウスは、彼のフルネームを与えるために、黒海の南岸を中心としたポントス王国の最大の王でした。彼は紀元前2世紀にローマがカルタゴを破った後、紀元前1世紀にローマで最も危険な敵でした。

ミトリダテスはクリミア半島と北ユーシンを征服することから始め、黒海の海岸のほぼ完全な支配を確保し、それによって彼の戦争のための莫大な資源を確保しました。この時点で、ローマの力は東地中海に進んでおり、対決は避けられませんでした。

ミトリダテスは慎重に準備し、ビテュニアとカッパドキアを併合してパワーベースを増やしました。彼の最初のローマ戦争(紀元前89-85年)で、彼は小アジアのすべてを征服し、そこで彼はすべての居住者のローマ人とイタリア人を虐殺しました。彼は5つのローマ軍団が彼をアジアに強制的に戻す前にギリシャを連れて行きました、そこでその後の平和は彼を彼の元のポントス王国に閉じ込めました。 (ローマの権力の不吉な進歩に対してギリシャの支持を得るために、彼はアレキサンダー大王の支配スタイルとイメージを注意深くエコーしました。)

第二次世界大戦(紀元前83-81年)は一連の小競り合いに過ぎませんでしたが、紀元前73年にビテュニアをめぐって再び本格的な紛争が勃発しました。ローマ人は勝利を収め、彼を一時的にアルメニアに亡命させました。彼は紀元前68年に再びポントゥスに戻ることができましたが、最終的にポンペイ大王に敗れ、クリミア半島の堡塁に戻されました。

そこで彼は息子が彼を倒したとき、奇妙な野心的なイタリア侵攻を計画していると言われました。ミトリダテスは、何年にもわたって毒を飲んで毒殺されたため、喜んで警備員に駆け抜けるように頼むことを余儀なくされました。


アテネの終焉:都市国家の民主主義がどのように破壊されたか

紀元前1世紀のアテネからの2つのシーン:紀元前88年の初夏、歓声を上げる群衆が使節アテニオンを取り囲み、彼は興奮したスピーチをします。彼はエーゲ海を越えてアナトリアに向かう任務から都市国家に戻ったばかりで、そこで偉大な王との同盟関係を築きました。近年ローマ人に謙虚にされたアテネは、その運命の支配権を握ることができる、とアテニオンは宣言します。彼の演説の後、興奮した群衆は公式の集会が開かれるディオニュソス劇場に駆けつけ、アテニオンを重装歩兵の将軍、市の最も重要な幹部職に選出します。アテニオンは群衆の前でステージに立って、現代の政治家のスローガンスキルを披露します。 あなた あなた自身を指揮しなさい、そして私はあなたの最高司令官です。あなたが私にあなたの力を加えるならば、私の力はあなた全員の結合された力に達するでしょう。」それから紀元前86年3月、ローマの兵士、剣が引かれ、街を駆け抜けるとき、叫び声とトランペットの爆風が夜の空気を吹き飛ばします。ローマ人がアテナイ人を虐殺するとき、血は狭い通りを流れます—女性と子供が含まれます。死者の数は数え切れないほどです。絶望して、多くのアテナイ人は自殺します。

2年以内にこれらのシーンを分離します。アテネはどのようにして陶酔感から大惨事へとこんなに速く揺れたのでしょうか?答えは、デマゴーグのアテニオン、無知な暴徒、暴君、そして残忍なローマの将軍が主演する劇的な物語にあります。この物語の中心は、裏切りと巧妙な包囲戦を特徴とする1か月にわたる戦いです。そして、その非難はアテネのローマの袋であり、独立国家としてのアテネの終わりを効果的にマークした血なまぐさい日です。

1世紀初頭のアテネにはエネルギーと文化がありました。市はフェスティバルを開催し、コメディーと悲劇の両方で毎年9つの演劇を上演しました。その民衆議会は、民主主義のショーケースとして内政を指揮しました。しかし、これはすべて、都市が頂点に達した紀元前5世紀の強力なアテネの前でした。アレキサンダー大王の父であるフィリップ2世のマケドニア人は、紀元前338年にアテネを破り、アテナイの港湾都市ピレウスに駐屯地を設置しました。マケドニアの支配下で、アテネは外交の独立と取るに足らない軍隊で、三位の権力に衰退しました。

229年、マケドニア国王デメトリオス2世が亡くなり、9歳のフィリップ5世を相続人として残したとき、アテナイ人は権力の真空を利用して、ピレウスの守備隊の撤去を交渉しました。しかし200年に、フィリップは年をとって王冠を主張し、港を取り戻すためにアテネに向かって軍隊を派遣しました。独自の軍事資源がほとんどないため、市は当時の勢力拡大である共和政ローマに助けを求めました。ローマはそれに応えて、フィリップ5世を寄せ付けないために、ピレウスに20隻の軍艦と1,000人の軍隊を急いで送りました。

この新たに発見された同盟は当初、アテネに利益をもたらしました。ローマ人が168年にマケドニア王国を破壊したとき、上院はアテネにエーゲ海のデロス島を授与しました。アテネはデロス港を免税と宣言し、島は主要な貿易の中心地として繁栄しました。紀元前129年、ローマがアジアの州を設立した後、エーゲ海の向こう側のアナトリア西部で、デロスはアナトリアとイタリアの間で出荷される商品の貿易ハブになりました。

しかし、時が経つにつれて、ローマ人はあまり友好的ではなくなっていました。 146年、彼らはコリントスの都市国家を容赦なく破壊し、ギリシャの大部分に対する権威を確立しました。その後、紀元前1世紀初頭、アテナイ人の国制の1期の制限を遵守することを拒否した「名を冠したアルコン」、つまり治安判事が政治危機に巻き込まれました。同盟戦争(91-88)でかつてのイタリアの同盟国との戦いに夢中になっていたローマは、問題を解決するために介入することができず、アテネでの憤慨を強めた。

一方、エーゲ海の反対側では、事件が爆発を引き起こし、その力がアテネを襲った。ローマ人は彼らの新しいアジアの州から可能な限り多くの収入を強要していました。心から苦しんでいるアナトリア沿岸のギリシャの都市は助けを求めに行き、アナトリア北東部のポントス王であるミトリダテス6世に配達人を見つけました。ペルシャ王朝から来たミトリダテスは、ペルシャ人とギリシャ人の両方を含む文化的に混合された王国を支配しました。ペルシャ人に、彼は古代ペルシャの王からの彼の降下を強調しました。ギリシャ人にとって、彼は自分自身を「新しいアレクサンダー」、ローマに対するギリシャ文化のチャンピオンとして表現しました。

ポントスとローマの間の戦争(第一次ミトリダス戦争)は、紀元前89年に、アナトリア北西部の小さなビテュニア州をめぐって勃発しました。ローマ人はビテュニアの王位に代理人を置き、ポンティックの領土を襲撃するように彼に勧めました。ミトリダテスは迅速に報復し、ビテュニアに侵入し、追い越しました。ポンティック軍は戦車に取り付けられた鎌を恐怖の武器として使用し、ビテュニアの階級を一帯に切り裂いた。西暦2世紀に書いた歴史家、アピアンは、ビテュニア人は「男性が半分に切り刻まれ、まだ呼吸している、断片に砕かれている、または鎌にぶら下がっているのを見るのを恐れていた」と記録しています。

ビテュニア人を打ち負かした後、ミトリダテスはローマのアジア州に車で行きました。 Most of the Greek cities there welcomed the Pontic forces, and by early 88, Mithridates was firmly in control of western Anatolia. At the king’s order, the locals slaughtered tens of thousands of Romans and Italians who lived among them. Terrified Romans fled to temples for sanctuary, but to no avail they were butchered anyway. Not all the Anatolian Greeks wanted to do the dirty work: the citizens of the inland town of Tralles hired an outsider—a man named Theophilus—to kill for them. Theophilus even hacked off the hands of Romans clinging to statues inside a temple.

About the same time that the Pontic army was sweeping across the province of Asia, Athens dispatched the philosopher Athenion as an envoy to Mithridates. The Greek emissary became an enthusiastic booster of the king and sent letters home advocating an alliance. Athenion promised that Mithridates would restore democracy to Athens—an apparent reference to the archon’s violation of the constitution’s one-term limit. He also said that Mithridates would free the citizens of Athens from their debts (whether he meant public or private debts is not clear).

According to a fragmentary account by the historian Posidonius, Athenion’s letters persuaded Athens that “the Roman supremacy was broken.” The prospect of the Anatolian Greeks throwing off Roman rule also sparked pan-Hellenic solidarity. When Athenion returned home in the early summer of 88, citizens gave him a rapturous reception. People rushed to greet him as he was carried into the city on a scarlet-covered couch, wearing a ring with Mithridates’s portrait. The next day, as he made his way to the Agora for a speech, a mob of admirers strained to touch his garments. With the help of bodyguards, Athenion pushed through the crowd to the front of the Stoa of Attalos, a long, colonnaded commercial building among the most impressive in the Agora. Athenion at first feigned a reluctance to speak because of “the sheer scale of what is to be said,” according to Posidonius. Then he recounted events in the east. Gloating over Roman misfortunes, he declared that Mithridates controlled all of Anatolia. The Roman leaders, he said, were prisoners, and ordinary Romans were hiding in temples, “prostrate before the statues of the gods.” Oracles from all sides predicted Mithridates’s future victories, he said, and other nations were rushing to join forces with him. Athens, too, should throw in with this rising power, he asserted.

Athenion had the mob eating out of his hand. His election as hoplite general quickly followed. Yet his plans hit a snag when Delos refused to break from Rome. The island had many Roman and Italian residents and relied heavily on the Roman trade. When Athenion sent a force to seize control of Delos, a Roman unit swiftly defeated it.

But where Athenion failed, Mithridates was determined to succeed. The Pontic king sent his Greek mercenary, General Archelaus, into the Aegean with a fleet. Archelaus was to seize Delos, then solidify Pontic control of Athens and as much of Greece as possible. The king probably wished to engage the Romans far to the west, away from his core territories in Anatolia. As the “new Alexander,” he may also have seen the conquest of Greece as a natural move.

Arriving at Delos, Archelaus quickly took the island. Historian Appian states that the Pontics massacred thousands of Italians there, a repeat of the slaughter in Anatolia. Though Archelaus restored Delos to Athenian control, he turned over its treasury to Aristion, an Athenian citizen whom Mithridates had chosen to rule Athens. When the fleet reached the city, Aristion quickly seized power, thanks in part to a personal guard of 2,000 Pontic soldiers. Athenion’s fate is not clear. He disappears from the historical record Aristion must have deposed him.

As the Pontic general Archelaus persuaded other Greek cities to turn against Rome—including Thebes to the northwest of Athens—Aristion established a new regime in Athens. City residents who had cheered lustily for Athenion, the demagogic envoy, now found themselves ruled by a tyrant. Aristion executed citizens accused of favoring Rome and sent others to Mithridates as prisoners. Such brutality may have been carried out with a design Athenians fearing a Roman military intervention were growing restless under Aristion. Many tried to flee, but Aristion placed guards at the gates. When some topped the walls and ran away, he sent cavalry after them.

The Athenians had reason to fear for their lives. The Italian Social War ended in 88, freeing the Romans to meet the Pontic threat in the east. They didn’t act immediately a fight over who would lead the army against Mithridates was settled only when Consul Lucius Cornelius Sulla secured the command by marching on Rome, an unprecedented move. Sulla arrived in Greece early in 87 with five legions (approximately 25,000 men) and some mounted auxiliaries. As he advanced, Thebes and the other Greek cities that had allied with Archelaus nimbly switched back to the Roman side.

Once near his target, Sulla moved to isolate Athens from Piraeus and besiege each separately. The famous Long Walls that had connected the two cities during the Peloponnesian War had since fallen into disrepair. He detached a force to surround Athens, then struck at Piraeus, where Archelaus and his troops were stationed.

Following standard Roman procedure, Sulla’s men made a quick assault on the walls of the port, trying to catch the defenders by surprise. When that failed, the Romans settled in for a long siege. Sulla had siege engines built on the spot, cutting down the groves of trees in the Athenian suburb of the Academy, where Plato had taught some three centuries earlier. Sulla obtained iron and other material from Thebes and placed his newly built siege engines upon mounds of rubble collected from the Long Walls. Inside Piraeus, Archelaus countered by building towers for his siege engines.

As the year 87 drew on, Mithridates sent additional troops. Archelaus, who had more men than Sulla at the outset, tried to make use of his numerical superiority in an all-out attack on the besiegers. In the furious fighting that followed, he kept his army close to Piraeus to ensure that his archers and slingers on the wall could still wreak havoc on the Romans. Neither side gained an advantage until a group of Romans who had been gathering wood returned and charged into battle. Some 2,000 of Archelaus’s men were killed. The Romans drove the rest back into Piraeus so swiftly that Archelaus was left outside the walls and had to be hauled up by rope.

The stalemate continued. With winter coming on, Sulla established his camp at Eleusis, 14 miles west of Athens, where a ditch running to the sea protected his men.

Throughout the siege, Sulla got regular reports from spies inside Piraeus—two Athenian slaves who inscribed notes on lead balls that they shot with slings into the Roman lines. The two either supported the Romans or were currying favor with the side that they expected to win. Regardless, Sulla benefited greatly. With Athens running short of food, Archelaus one night dispatched troops from Piraeus with a supply of wheat. Sulla, tipped off by a lead-ball message, captured the relief expedition.

Eventually Archelaus realized someone was divulging his plans, but turned it to his advantage. He sent out another convoy carrying food for Athens, and when the Romans attacked it, his men dashed from hiding inside the gates and torched some of the Roman siege engines.

As winter stretched on, Athenians began to starve. They butchered and ate all their cattle, then boiled the hides. Becoming more desperate, they gathered wild plants on the slopes of the Acropolis and boiled shoes and leather oil-flasks. (According to Plutarch’s Life of Sulla, the tyrant Aristion and his cronies were drinking and reveling even as famine spread. Plutarch also claims that Aristion took to dancing on the walls and shouting insults at Sulla. However, Plutarch drew on Sulla’s memoirs as a source, so these anecdotes may be unreliable Sulla had an interest in denigrating his opponent.)

To protect their money, some Athenians buried coin hoards. Archaeologists discovered these caches thousands of years later and found bronze coins minted during the siege, when Aristion and King Mithridates jointly held the title of master of the mint. These bronze coins bore the Pontic symbol of a star between two half-moons.

Sulla had logistical problems of his own. His political opponents had seized control of Rome, declared him a public enemy, and forced his wife and children to flee to his camp in Greece. The capital would be sending no more reinforcements or money. Sulla’s solution: rob the Greek temples of their treasures. The Romans looted even the great shrine at Delphi dedicated to Apollo. As soldiers carted away their prized and sacred possessions, the guardians of Delphi bitterly complained that Sulla was nothing like previous Roman commanders, who had come to Greece and made gifts to the temples.

Meanwhile, the siege of Piraeus continued, with each side matching the other’s moves. The Romans built a huge mobile siege tower that reached higher than the city’s walls, and placed catapults in its upper reaches to fire down upon the defenders. Archelaus in turn built a tower that he brought up directly opposite its Roman counterpart. An artillery duel developed. Men on both towers discharged “all kinds of missiles,” according to Appian. Sulla eventually gained the upper hand, thanks to large devices that Appian said “discharged twenty of the heaviest leaden balls at one volley.” These missiles killed a large number of Pontic men and damaged their tower, forcing Archelaus to pull it back.

At one point, the Romans carried a ram to the top of one of the mounds fashioned from the rubble of the Long Walls. But without warning, it sank into the earth. Archelaus’s men, Sulla discovered, had dug a tunnel and undermined it. The Romans quickly got to work on their own tunnel, and when the diggers from both sides met, a savage fight broke out underground, the miners hacking at each other with spears and swords “as well as they could in the darkness,” according to Appian.

As below ground, so above. When a Roman ram breached part of the walls of Piraeus, Sulla directed fire-bearing missiles against a nearby Pontic tower, sending it up in flames like a monstrous torch. The Romans then fractured a nearby portion of the wall and launched an all-out attack. The opposing forces clashed bitterly for a long time—Appian records that both Sulla and Archelaus held forth in the thick of the action, cheering on their men and bringing up fresh troops. Ultimately, the Romans grew exhausted, and Sulla ordered a retreat.

During the night, Archelaus sealed the breaches in the walls by building lunettes, or crescent-shaped fieldworks, inside. Sulla attacked again the next morning with his entire army, hoping the wet mortar of the lunettes would not hold.

But geometry worked against him. Attacking into the half circle of the lunette, they were hit by missiles from the front and both flanks. It was too much. Sulla ordered another retreat, and turned his attention to Athens, which by now was a softer target than Piraeus.

With the city starving, its leaders asked Aristion to negotiate with Sulla. Though he at first refused, he later relented and sent a delegation to meet with the Roman commander. But when one of the Athenian delegates began a grand speech about their city’s great past, Sulla abruptly dismissed them. “I was not sent to Athens by the Romans to learn its history, but to subdue its rebels,” he declared.

Soon after, Roman soldiers overheard men in the Athenian neighborhood of the Kerameikos, northwest of the Acropolis, grousing about the neglected defenses there. One night Sulla personally reconnoitered that stretch of wall, which was near the Dipylon Gate, the city’s main entrance. In the dark early morning of March 1, 86 BC, the Romans opened an attack there, launching large catapult stones. Centuries later, archaeologists discovered some of these in the ruins of the Pompeion, a gathering place for the start of processions. Apparently, some Roman stones had missed the gate and crashed into the Pompeion next door.

Eventually the Romans breached a section of the wall and poured through. The Athenian defenders, weakened by hunger, fled. A mass slaughter followed. According to Appian, Sulla “ordered an indiscriminate massacre, not sparing women or children.” Many Athenians were so distraught that they committed suicide by throwing themselves at the soldiers. Inside homes, the Romans discovered a sight that must have horrified even the most hardened among them: human flesh prepared as food.

Realizing the city’s defenses were broken, Aristion burned the Odeon of Pericles, on the south side of the Acropolis, to prevent the Romans from using its timbers to construct more siege engines. He and his allies then retreated to the Acropolis, which the Romans promptly surrounded. Aristion didn’t hold out long: He surrendered when he ran out of drinking water. Sulla had the tyrant and his bodyguard executed. He also helped himself to a stash of gold and silver found on the Acropolis.

Now, Roman senators and Athenian exiles in Sulla’s entourage asked him to show mercy for the city. Sulla called a halt to the pillage and slaughter. Scorning the vanquished, he declared that he was sparing them only out of respect for their distinguished ancestors.

With Athens under his thumb, Sulla turned back to Piraeus. Weary of the siege and determined to seize the city by assault, he ordered his soldiers to fire an endless stream of arrows and javelins. Others brought up rams and entered the breach they’d made in the walls earlier. This time, they burst through Archelaus’s hastily constructed lunette. The Pontic troops had built other lunettes inside, but the Romans attacked each wall with manic energy. Sulla circulated among his men and cheered them on, promising that their ordeal was almost over. At last, Archelaus saw that the game was up and skillfully evacuated his army by sea. Sulla, lacking ships, could not give chase.

The war had one last act to play out. Archelaus landed on the Greek coast to the north and withdrew into Thessaly, where he joined forces with Pontic reinforcements that had marched overland from Anatolia. Sulla also moved north, however, and defeated Archelaus in two pitched battles in Boeotia, at Chaeronea and Orchomenos.

Those defeats persuaded Mithridates to end the war. The terms of the 85 BC peace agreement with Sulla were surprisingly mild considering that Mithridates had slaughtered thousands of Romans. Though Mithridates had to withdraw from territories he had conquered and pay an indemnity, he remained in power in Pontus.

Sulla had reason to let Mithridates off easy—he was anxious to deal with his political opponents back in Rome. In 83 BC, Sulla and his army returned to Italy, kicking off the Roman Republic’s first all-out civil war, which he won. In the meantime, Mithridates used the respite to rebuild his strength. Rome would have to fight the Pontic king again before his final defeat and death—purportedly by suicide—in 63.

Athens, meanwhile, was devastated. The Pompeion was ravaged beyond repair and left to decay. Buildings in the Agora and on the south side of the Acropolis remained damaged for decades, monuments to the poverty in postwar Athens.

The effect on the city’s model democracy was also staggering. Archaeologists have found no inscriptions with decrees from the Assembly that date within 40 years of the end of the siege. A small number of families came to dominate the leading political offices and ruled almost as an oligarchy—one that was careful not to provoke the Romans. Thanks to Sulla’s ruthlessness, Athenion’s demagoguery, and the Athenians’ manic enthusiasm for the proposed alliance with Mithridates, Athens’s days as an autonomous city-state were all but over.

Originally published in the Spring 2011 issue of Military History Quarterly. 購読するには、ここをクリックしてください。


The popular toys at of the decade were The New Digital Based Toys and Computers including Simon and the development of the Atari computer and gaming system. Other Popular toys also included Hot Wheels For Boys and Barbie For Girls, with space, music and pop culture toys also popular.

1970's cars and some of the advertising from cars in the 70's the prices are drastically different due to 10 year timespan where inflation was pretty bad
Datsun 1200 Sports Coupe parking is a breeze only $1866.00
Ford Torino Special Trim inside and Out with a vinyl roof
Toyota Corona $1,950.00 quality from thousnads of tests and solid construction
AMC Matador Mid Size family car with sweeping clean lines and low profile
Monte Carlo 1975 for when a car makes you feel good about its looks thats styling
Plymouth Arrow prices start at $3,175.00 and 39mpg highway 24mpg city due to its aerodynamic design and all this from the trusted name of Crysler


ファイル履歴

日付/時刻をクリックすると、その時点で表示されていたファイルが表示されます。

日付時刻サムネイル寸法ユーザーコメント
現在17:05, 15 June 2019800 × 390 (189 KB) LouisAragon (talk | contribs) UploadWizardを使用してユーザーが作成したページ

このファイルを上書きすることはできません。


ビデオを見る: ミトリダテス6世