タルサ人種虐殺の前、最中、後の「ブラックウォールストリート」:写真

タルサ人種虐殺の前、最中、後の「ブラックウォールストリート」:写真


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

20世紀の変わり目に、アフリカ系アメリカ人はオクラホマ州タルサにグリーンウッド地区を設立し、開発しました。以前はインディアン準州であった場所に建てられたこのコミュニティは、1921年5月31日まで、黒人の経済的および文化的メッカとして成長し、繁栄しました。

その時、白い暴徒が約35平方ブロックを暴れ始め、「ブラックウォールストリート」として誇らしげに知られているコミュニティを壊滅させました。多くが地元の警察によって代理された武装暴動者は、企業、家、学校、教会、病院、ホテル、公立図書館、新聞社などを略奪し、全焼させました。タルサ人種虐殺の公式の死者数は36人でしたが、歴史家はそれが300人にも上ると推定しています。10,000人もの人々が家を失いました。

この事件は、これまでアメリカの地で犯された人種的暴力と国内テロの最も恐ろしい行為の1つです。

見る:タルサバーニングの全エピソード:1921年のレース虐殺がオンラインになりました。

虐殺から100年後の2021年5月、107歳のビオラフレッチャーは議会で証言しました。「21年5月31日、私はグリーンウッドの家族の家で寝ました」と彼女は語りました。その夜の眠りは、富だけでなく、文化や遺産の面でも豊かでした。私の家族には美しい家がありました。私たちには素晴らしい隣人がいました。一緒に遊ぶ友達がいました。安全だと感じました。子供ができることはすべてありました。必要です。私には明るい未来がありました。」

それから、彼女は言った、殺人的な大暴れが来て、100年後も彼女の心の中でまだ生き生きとしています。私はまだ煙のにおいがして、火が見えます。私はまだ黒人企業が燃やされているのを見ます。飛行機が頭上を飛んでいるのが聞こえます。悲鳴が聞こえます。」

以下は、悲劇の前、最中、後のグリーンウッドを示す写真の抜粋です。

タルサのノースグリーンウッドアベニュー(上)、1921年のタルサ人種虐殺の前、 グリーンウッド商業地区の主要な道でした。この写真は、イーストアーチャーストリートから通りを北に向かって見下ろして撮影されました。黒人居住者が白人の近所で買い物をすることを禁止する人種差別法と、自分たちのコミュニティでお金を循環させ続けたいという願望の間で、グリーンウッドの居住者は集合的に地元の黒人企業に現金を注ぎ込みました。グリーンウッドは、理髪店やサロン、衣料品店、宝石店、レストラン、居酒屋やビリヤード場、映画館や食料雑貨店、医師、歯科医、弁護士の事務所を誇る、堅固で自立したコミュニティになりました。

続きを読む:「ブラックウォールストリート」の構築を支援した9人の起業家







グリーンウッド:タルサのブラックウォールストリート

虐殺の時、グリーンウッドは多くの人から国内で最も裕福な黒人の飛び地であると考えられていました。上の7枚の写真が示すように、 住民がスタイリッシュな服を着ているのを見るのは珍しいことではありませんでした。いくつかは新しい高級自動車を誇っていました。

続きを読む:1900年代初頭に自己完結型のハブとして栄えたタルサの「ブラックウォールストリート」

事件は1921年5月30日の朝、輝く靴を履いていたディック・ロウランドという若い黒人男性がタルサのドレクセルビルのエレベーターに乗って、ダウンタウンにある数少ない隔離された公衆トイレの1つを使用した後に始まりました。女性のエレベーターオペレーターが叫んだ後、ローランドはエレベーターから逃げ出し、性的暴行の噂がすぐに広まった。翌日、彼は逮捕され、ローランドがリンチされるのを防ぐことを望んでいる白人の群衆と黒人男性の間で、裁判所の外で武力衝突を引き起こした。物事が熱くなり、発砲されると、非常に多くのアフリカ系アメリカ人がグリーンウッド地区に撤退しました。白いグループが続き、夜が明けると、暴力が爆発した。

その夜から6月1日まで、グリーンウッドの多くは 渦巻く暗い煙に包まれて、暴徒のメンバーが家から家へ、そして店から店へと行き、建物を略奪し、そしてトーチした。逃げる住民は時々通りで撃墜されました。多くの生存者は、低空飛行の飛行機を報告し、一部は弾丸や可燃物を降らせています。

続きを読む:タルサ人種虐殺で飛行機はどのような役割を果たしましたか?

白い暴徒によって略奪され、焼かれた多くの建物の中には、シオン山バプテスト教会がありました。 上記は、2か月以内にドアを開けた印象的なレンガ造りの構造物です。それは虐殺で破壊された数多くの礼拝所の1つでした。

グリーンウッドアベニューとイーストアーチャーストリートの東の角、「ブラックウォールストリート」の震源地は、攻撃の初期の余波で上に示されています。くすぶっている廃墟に残された大通りのランドマークの中には、ストラッドフォードホテルとドリームランドシアターがありました。

6月1日の正午までに、オクラホマ州知事ロバートソンは戒厳令を宣言し、オクラホマ国家警備隊に派遣されました。当局は何千人ものブラックタルサンを逮捕して拘留し、地元のコンベンションセンターや見本市会場に連れて行った。その上、 黒人を拘留するために輸送するトラックの背面図。

銃剣を持ったライフルを持った州兵が非武装の黒人男性を護衛して拘束する、 その上。

上に、トラックが示されています 兵士と黒人男性を運ぶ タルサ人種虐殺の最中。当局は、グリーンウッドの黒人居住者を切り上げ、殺害して略奪した白人暴徒のメンバーではなく、彼らが法と秩序に対する主要な脅威であると見なした。実際、その後数十年の間、事件は「人種暴動」として誤って特徴付けられ、それは黒人コミュニティによって扇動されたことを意味します。生命の破壊や喪失を説明するために誰も拘束されたことはありません。

聞く:HISTORY®ChannelとWNYC Studiosの「Blindspot:TulsaBurning」

戒厳令の下で切り上げられた後、 外傷を負ったグリーンウッドの住民は、武装した警備の下に置かれました。何時間も、何日も。 リリース予定、 トゥルサンは雇用主または白人市民によって保証されなければなりませんでした。

タルサのアメリカ赤十字病院で、虐殺の犠牲者 数ヶ月後も怪我から回復していることが示されています。 800人以上が怪我の治療を受けました。

虐殺の最も包括的なレビューである2001年のタルサ人種暴動委員会の報告によると、攻撃の翌年、タルサの住民は、180万ドル以上の価値のある都市に対して暴動関連の請求を提出した。しかし、保険会社のように、市議会はほとんどの請求を否定しました。1つの例外は、白人の事業主が自分の店から持ってきた銃の補償を受けたときです。その上、 ブラックタルサンは彼らができることを救いました 彼らの燃やされた家や企業から、そして彼ら自身で再建し始めました。

1921年11月:何百万もの物的損害があり、市からの援助がないため、 それにもかかわらず、グリーンウッドの再建はほぼ即座に始まりました。

多くのブラックタルサの住民は街から逃げ出し、二度と戻ってこなかった。しかし、多くの人が滞在し、ゼロから始めました。一部は赤十字のテントに収容されていました。 彼らが家を建て直すことができるまで その後、ドリームランドシアターのようなコミュニティのランドマーク。 2001年、タルサ人種暴動委員会の報告書は、生存者に賠償金を支払うことを推奨し、それを「道徳的義務」と呼んでいます。返還の追求は続いています。


ブラックウォールストリートに戻る:タルサ人種虐殺の子孫がコーヒーショップを通じて家族の遺産を継続

彼の家族の起業家精神が彼を呼び戻しました。

57歳のドワイトは、オクラホマ州タルサの歴史的なグリーンウッド地区にある第3世代のビジネスオーナーであり、かつてはブラックウォールストリートとして知られる繁栄しているブラックビジネス地区の本拠地でした。 1921年、タルサ人種虐殺の最中に、白人の暴徒が住民、家、企業を攻撃しました。

ドワイトの祖父であるジョセフ・イートンは、虐殺に至るまでの数年間、工場で働き、グリーンウッドで髪を切っていました。

「(私の祖父は)それについて話しました。私が思い出すことができれば、おそらく2回、3回以下です」とドワイトは言いました。 「彼はそれが非常にトラウマだったと言った、あなたが知っている。その間、彼は虐殺でかなりの数の友人を失いました。そして、それは非常に恐ろしい、試練の瞬間でした。」

ドワイト氏は、コミュニティの恥ずかしさは、グリーンウッドの住民が自分たちを救うためにもっと多くのことができたという感覚に根ざしていると感じたと述べました。 高度に組織化された攻撃 一致する応答のための余地はほとんどありませんでした。

「彼らは、それについて話すことは、コミュニティでより否定的なことを引き起こす可能性があり、それが再び起こる可能性があると感じました。」

国内で最も致命的な人種的暴力のエピソードの1つを生き抜いたにもかかわらず、ジョセフイートンの事業主になるという夢は決して衰えませんでした。グリーンウッドが1930年代に再建された後、彼は自分の理髪店を開きました。彼の息子(ドワイトの父)は後に事業を継承し、グリーンウッドコミュニティの組織ハブとして機能しました。

虐殺の陰に住むことは、タルサの黒人市民にその犠牲を残しました。タルサは、深く分裂した都市のままでした。 1960年代から70年代にかけて北タルサで育ったドワイトは、何年にもわたって彼を悩ませてきた人種的暴力と偏見のいくつかの事件を覚えています。彼がたった8歳のときに、ある特定の事件が起こりました。

1971年の夏、ドワイト、彼のいとこ、そして彼の兄弟は、約1年前に閉鎖されていた地元のスケートリンクとボーリング場に降りました。子供たちはスケートリンクがローラースケートを配っているという噂を聞いていたので、建物の周りを歩き回ってドアを試しましたが、彼らは施錠されていました。

「見よ、警察はただ引き上げた」とドワイトは言った。 「ご存知のとおり、子供たち—私たちは怖かったです。だから私たちは走った。そしてもちろん、私は8歳なので、あまり速く走ることはできませんでした。」

警察は少年たちに追いつき、逮捕し、刑務所に連れて行った。子供たちは指紋をとられ、彼らの顔写真が撮られ、そして彼らの両親は彼らを迎えに来るように呼ばれました。ドワイトは警察が「恐怖のテクニック」を使っていると思った。しかし、それは技術ではありませんでした。警察は8歳のドワイトを窃盗罪で逮捕しました。彼は逮捕がまだ彼の記録に残っていると言いました。

「何も盗まれませんでした」とドワイトは言いました。 「私たちはただ周りを見回して、[ドアを]少し引っ張った。不法侵入した可能性がありますが、大規模な窃盗は確かにありませんでした。」

ドワイト氏は、学校でも虐待に直面していると語った。彼は白人の生徒にジャンプされ、教師に蹴られ、Nワードと呼ばれた。ドワイトは1981年に高校を卒業すると、街を後にする時が来たと言いました。

これらすべてのトラウマ的な瞬間が彼に尋ねさせました:ここに未来はありますか?

「つまり、私は他のどこにも行ったことがなかったので、本当に知りませんでした」とドワイトは言いました。 「しかし、それらのことは、あなたがこのようなことから逃げたいとあなたをガラガラと鳴らし、あなたをかじります。 …卒業したら、どこか別の場所を見たかったのです。」

ドワイトはタルサに別れを告げ、振り返ることはありませんでした—昨年、彼の長年のビジネスパートナーであるガイ・トルーペがそこに引っ越したときまで。元NFLプレーヤーの家族も、グリーンウッドにルーツを持っています。

ドワイトは彼の先祖が彼らの夢を築き上げてコーヒーショップを開いた都市に戻りました。彼の祖父の遺産は生き続けていると彼は言った。

「ブラックウォールストリートリキッドラウンジを所有しているのは、家族の血統の表れのようなものです」と彼は言いました。 「私たちは、ブラックウォールストリートの最初のパイオニアのビジョンを更新するために、これを宇宙の場所に戻すことができると決めました。」

コーヒーショップは集合住宅の最下階にありますが、ドワイト氏は、リキッドラウンジに住人がほとんどいないと言いました。毎朝、彼は潜在的な常連客が彼のビジネスを通り過ぎて歩くのを見ています。

ドワイトは、黒人コミュニティが自分自身や他の文化的ビジネスを支援することを提唱していますが、リキッドラウンジは、特に黒人文化を尊重しているため、同じ考慮事項は与えられていないと述べました。

「ブラックウォールストリートはエスニックブランドです」とドワイトは言いました。 「他の文化は受け入れられることに問題はありません。中華料理、メキシコ料理、イタリア料理、アイルランドのバーなどがあります。私たちの文化と同一視するなら、それはネガティブです。」

グリーンウッドコミュニティを擁護することは、彼の祖父のトーチを運ぶ方法です。ドワイト氏は、コーヒーショップの文化がブラックネスとブラックウォールストリートの復活を尊重していることを謝罪しないと述べました。最終的に、彼は、特にタルサで黒人の事業主であるということは、課題を乗り越える方法を知ることであると言いました。

「私にはスポーツのバックグラウンドがあり、サッカーをしました。したがって、逆境はその特定のスポーツの中核です」とドワイトは言いました。 「それで、あなたは立ち上がるためにノックダウンされます。あなたはノックダウンされ、あなたは立ち直ります。ですから、私はその移行を通じて、常に準備が必要であることを学びました。私はいつも3、4歩先を考えなければなりません。最初は、一歩先を行くために2つ、あるいは3つノックバックされることを知っているからです。」

このストーリーは、オクラホマ州立大学メディア戦略コミュニケーション学部とKOSUが主催するNPRの次世代ラジオの一部としてBeth Wallisによって報告され、制作されました。


暴力と荒廃

1921年の春、人種間の緊張が高度に隔離された都市で高まっていました。 5月30日、ディック・ロウランドという19歳の黒人男性が、タルサのダウンタウンのサウスメインストリートにあるドレクセルビルのエレベーターに乗り込みました。若い白いエレベーターのオペレーター、サラ・ページは、未知の理由で叫びました(最も一般的な説明は、彼が彼女の足を踏んだか、つまずいたということです)。ローランドは現場から逃げ出した。

翌日、 トゥルサトリビューン 「エレベーターで少女を攻撃するためのナブ・ネグロ」というタイトルの記事と「リンチ・ネグロ・トゥナイトへ」という社説を発表しました。ローランドは逮捕され、裁判のために郡庁舎に連行された。その夜、ローランドが開催されていた場所に、激怒した白人の群衆が集まった。


&#x27沈黙は階層化されています&#x27

タルサ大学の考古学者であるアリシア・オデワレ氏によると、タルサ市当局は、虐殺の物語を「暴徒」と呼び、黒人コミュニティを非難することで、虐殺の物語を故意に覆い隠しただけでなく、

虐殺はまた、アフリカ系アメリカ人コミュニティでも長い間公に議論されていませんでした。最初は恐れから—一度起こった場合、それは再び起こる可能性があります。

「あなたは加害者が通りを自由に歩いているのを見ています」とオデウェールは言いました。 &quotあなたはジムクロウサウスにいます、そして現在、全国で人種的な恐怖が起こっています。彼らは理由で身を守っています。」

さらに、これは生存者にとってそのようなトラウマ的な出来事となり、ホロコースト生存者や第二次世界大戦の退役軍人のように、彼らの多くは子供や孫にこれらの恐ろしい思い出を負わせたくありませんでした。

エルズワース氏は、40代と50代になるまでそれを知らなかった虐殺生存者の子孫を知っていると述べた。

「トラウマが重なるのと同じように、沈黙も重なる」とオデウェールは語った。 「歴史的なトラウマは現実のものであり、特に正義、説明責任、補償や金銭的補償がないため、トラウマは長続きします。」


写真が物語を語る

シオン山の話をする際に、コールは419Nエルジンアベニューにある現在の教会の建物のホールを飾る多数の写真を指摘しました。

写真は、1921年の春に教会員が新しい建物に足を踏み入れたときにかなり興奮していた会衆の物語を伝えるのに役立ちました。コールは、建物プロジェクトの推定費用は当時92,000ドルだったと言いました。

「あなたが建物の92,000ドルの価値について話し始めるとき、私たちは1921年に途方もない金額について話している」と彼は言った。

完成時の壮大なシオン山の建物の写真は、虐殺の最中に黒い煙の煙が空に向かって噴き出している、構造物が燃えている様子を描いた一連の写真と並べられています。別の写真は、建物の焦げた殻を見ている何人かの人々を示しています。コールは、火災後に残ったのは建物の地下室だけだと言った。

コールはある時点で、弾薬が教会の建物に保管されていたという嘘が広まったと言いました。彼はこれがウィタッカーに関係していると言ったが、虚偽は続いた。

「その施設で数ヶ月しか礼拝できず、その施設が煙に包まれているのを見るだけの荒廃。炎上した教会の写真を見ると、気付くのは近所の人たちはショックを受けているようだ。実際に何が起こっているのか信じられない」と語った。

虐殺の間に家が破壊されたブラックウォールストリートの住民のように、シオン山は教会の財産に保険をかけた保険会社が損害賠償請求を支払わないという壊滅的なニュースに直面しました。コールは、教会がその時点で建物に約5万ドルを借りていると言いました。

「彼らが戻ってきて教会を再設計したとき、勢いは熱かった。保険契約の問題は、「暴動」が起こった場合は無効だったため、彼ら(保険会社)が保険契約を尊重しなかったことだった」とコールは述べた。 「だからこそ、彼らは「暴動」という言葉に固執したと私たちは信じています。」

コールは、この一連の出来事は「恐怖のために扉を開き、鬱病のために扉を開いた、すべて同時に」と述べた。

しかし、ウィタッカーはまだあきらめる準備ができていませんでした。

彼は、教会を再建するために材木を寄付することに同意した同情的なユダヤ人実業家に目を向けました。シオンの山の記録によると、ビジネスマンと説教者は書面で合意を表明せず、新しい教会の建物の建設が始まる前にビジネスマンが亡くなったときに契約は成立しませんでした。

コールは、ウィタッカーがその時落胆したと言いました、そしておそらくその頃、フードラインに立っている大臣の写真が撮られました。

コールは最近のシオンの山のツアー中に写真を指さしました。彼は、ウィタッカーの目の悲しみと説教者の肩の落胆したスランプを一目見ただけで、彼がどれほど落胆したか想像するのは難しいことではなかったと言いました。

「彼は身なりのよい男だったことがわかりますが、彼の表情はそのように落ちていました。もちろん、彼は非常に多くのつまずきに遭遇したために辞任するまで、そのようなトラウマ的な考え方にとどまりました。 」とコールは言った。

彼は、ウィタッカーが虐殺を生き延びた多くのブラックタルサンのように意気消沈したと言った。

説教者は虐殺の直後に生き残った教会員を勇敢に結集させようとしました。しかし、コールは、虐殺の生存者は貧しく、悲しみに打ちひしがれ、恐れを抱いていたので、ウィタッカーと彼の教会員の多くが意気消沈したのは当然のことでした。

教会の建物は1937年まで廃墟となっていました。

その時、残りの会衆は牧師J.H.牧師としてのドットソン。

コールは、ドットソンはタルサ出身ではなく、ブラックウォールストリートの破壊によって引き起こされた荒廃を経験していなかったと述べた。

このため、彼は彼の新しい会衆とは異なる考え方を持っていた、とコールは言いました。現在の教会の壁の写真は、シオン山のバプテストの再建に使用される最初のレンガの1つを持っている笑顔のドットソンを示しています。

「その時、主はトラウマを受けた人々に希望を与えるために、虐殺によって荒廃していない誰かを外部から送らなければならなかったと私は信じています」とコールは言いました。

ドットソンは使命を帯びた男だったことが判明しました。


ブラックウォールストリートの歴史:タルサ人種虐殺

ブラックウォールストリートの創設者はO.W.裕福なアフリカ系アメリカ人の地主、ガーリー。 1906年、ガーリーはタルサの40エーカーの土地を購入し、ミシシッピ州の町にちなんでグリーンウッドと名付けました。そこから多くの新しい入植者が訪れました。ガーリーは「黒人によって黒人のために何かを作る」というビジョンを持っていました。

ガーリーは、黒人のための下宿を建てることから始めました。次に、起業したい人にお金を貸す制度を作った。グリーンウッドが黒人に機会を提供したという噂が広まり始めました。抑圧から逃れた元黒人奴隷と黒人小作人がこの地域に移住した。

すぐに、他の成功した黒人起業家がグリーンウッドに移り始めました。弁護士で元奴隷の息子であるJ.B.ストラッドフォードは、グリーンウッドアベニューに一連の賃貸物件と有名な54室のストラッドフォードホテルを建設しました。ガーリーはまた、複数の賃貸物件、彼自身のホテル、そして彼が80エーカーの農場から農産物を供給した食料品店を建設しました。

グリーンウッドに引っ越した他の著名な黒人経営者には、750席のドリームランドシアターシネマを製作したジョンとルーラウィリアムズ、タルサスター新聞を運営したアンドリュースミザーマンが含まれていました。このレベルの投資により、グリーンウッドはすぐに独自の病院、公共図書館、そして高く評価されている学校制度を手に入れました。黒人の弁護士や医者、レストラン、高級店の事務所がありました。

1921年までに、グリーンウッドは完全に自立した黒人の富の繁栄の中心地となりました。グリーンウッドで費やされた1ドルは、近所の黒人所有の企業内で少なくとも36回循環します。地区の成功は、黒人作家のブッカーT.ワシントンに、「ブラックウォールストリート」という造語を思い起こさせました。

しかし、これはすべて変わりつつありました。 1921年5月30日の朝、ディック・ロウランドという若い黒人男性が、サラ・ページという若い白人女性が運転するエレベーターに乗りました。次に何が起こったのかについての説明はさまざまですが、ローランドが誤ってページに接触したのは、おそらくつまずいて転倒し、悲鳴を上げたためだと広く信じられています。

目撃者は悲鳴を聞いて、ローランドを逮捕した警察に電話した。 Tulsa Tribuneの記事は、ローランドがページを攻撃したと誤って主張しました。何が起こったのかについての大げさに誇張された説明が街の白人コミュニティの間で広まり、彼が女性をレイプしたことを示唆する人さえいました。

6月1日の朝、1,000人を超える白い自警団の怒った暴徒がタルサで暴動を起こし、見つけた黒人を攻撃して射殺しました。白い暴徒は企業や家を略奪し、燃やしました。黒人居住者は彼らのコミュニティを守るために勇敢に戦いました、しかし彼らは非常に数が多くて勝つことができませんでした。

暴力が終わったとき、推定300人が殺され、1,200戸の家が焼かれました。グリーンウッドの10,000人の黒人居住者のほとんどはホームレスになり、テントに住むことを余儀なくされました。ローランドは最終的に免罪されたが、真っ白な大陪審は白人の居住者に暴力を請求しないことを決定し、代わりにすべてを黒人の居住者のせいにした。


再構築:成長するために知っておく必要があります

5月30日の記念日、ディック・ロウランドはエレベーターに乗りました。白人の女の子が叫んだ。

5月31日、暴動が始まった。

6月1日、ブラックウォールストリートはなくなりました。

それがどれほど迅速に起こったかは、黒人の卓越性に対する憎しみと恨みがどれほど根深いものであったかを理解するのに役立ちます。

そして今、私たちはこの虐殺の100年の記念に達し、再建するための努力と運動を認識し、支援するので、私たちはこの瞬間をとって次のことを考える必要があります。

•なぜこの物語や、1917年のセントルイス人種暴動、1919年の赤い夏、1923年のローズウッド人種虐殺などの時代の物語が学校や教科書で教えられていないのですか。

•奴隷制の最中と後に米国で成功した多くの黒人コミュニティについて知らないのはなぜですか。また、それらのほとんどに何が起こったのかわからないのはなぜですか。

•生存者またはその直系の子孫に補償が支払われないのはなぜですか。

これらの質問すべてに1つの答えがあります:白人至上主義。

多分あなたはその用語が気に入らないでしょう。あなたは構造的、体系的、または制度的人種差別を好むかもしれません。これらの言葉は問題ありませんが、誰がこれらの構造を実装し、誰がそれらを継続する力を保持し続けているかについては言及していません。構造的人種差別の構造から誰が恩恵を受けますか?

白人コミュニティの強力なメンバーは、経済的または教育的背景に関係なく、白人にあるレベルの優越性を割り当てる制度的人種差別の「システム」を作成しました。

タルサ人種虐殺の生存者は、1921年6月1日に見本市会場の入り口に集まりました。GHI/ユニバーサルヒストリーアーカイブ/ユニバーサルイメージズグループ/ゲッティイメージズからの写真。

白人至上主義はタルサ人種虐殺の根底にあり、グリーンウッドや他の成功した黒人コミュニティを一掃することの重要性を最小限に抑えるという今日の考え方を永続させています。

それが奴隷化されたアフリカ人がえび茶色のコミュニティを作った理由です。

白人至上主義の生の理解は、パップシングルトンがテネシーを放棄し、すべて黒の町を設立するためにカンザスに移った理由です。エドワード・マッケイブがオクラホマを真っ黒な州として確立しようとしたのはそのためです。

一部のブラックナショナリストとパンアフリカニストがアフリカへの帰還を求めたのはそのためです。

グリーンウッドが燃えてから100年経った今でも、私たちは白人至上主義と戦っています。

どうして?またはもっと重要なことに、いつ停止しますか?

1921年の戦没者追悼記念日後の数日間にタルサで起こったことの歴史を知ることは、白人至上主義の力を知ることであり、それを解体する動機を与えることです。

歴史とこの力を理解することは、アメリカ合衆国と私たち自身を理解することです。そうすることで、奴隷制、ジム・クロウ、リンチ、住宅差別、教育格差などの賠償、そしてグリーンウッドのような人種に基づく虐殺など、全国的な修理要請を得ることができます。


ブラックウォールストリートの歴史家は、タルサレース大虐殺100周年の間に感動的なメッセージを持っています

Kode Ransomは、オクラホマ州タルサの歴史的なグリーンウッドアベニューにあるブラックウォールストリートの歴史ツアーガイド兼ビジネスオーナーです。

「ツアーをするときはいつも、これらの人々を利用しています」とランサムはブラックウォールストリートのコーヒーショップの壁画を指差しながら言った。

彼は、ブラックウォールストリートの歴史家であることが彼にとって重要である理由を共有しました。

&#8220主な理由は、ストーリーが本来あるべきほど公開されていなかったからです」とランサム氏は述べています。 「私には、数人の生存者と一緒に座って彼らの話を聞くことができるという特権があり、彼らは私に情報を与えてくれました。彼らはそれを私に売ったことはありません。&#8221

身代金は、&#8220私が学び、私に与えられた物語を追加しました。他の人にあげてみませんか?&#8221

1921年、ブラックウォールストリートはタルサのグリーンウッドアベニューにある繁栄したビジネス地区でした。 35以上の街区をカバーし、この地域には推定10,000人の黒人が住んでいました。

オクラホマ州タルサのVinceSims Black WallStreetサイン

&#8220あなたはあなたの家を持っていました」とランサムは言いました。 「あなたにはホテルがありました。ビリヤード場、カフェ、ボールルーム、病院、食料品店がありました。&#8221

1921年5月、若い黒人男性がダウンタウンのエレベーターで白人女性を暴行したとして告発されました。それがタルサ人種虐殺の火付け役となった。それは白人男性の暴徒をブラックウォールストリートに送り込み、その地域を破壊し、何百人もの黒人を殺害した。

身代金はその暗い歴史を共有していますが、破壊後のルネッサンスにも光を当てています。

&#8220それが再建され、虐殺前よりも再建中に多くのお金を稼いだという事実」と身代金は言った。 「それで、私はここの人々の回復力についてもっと教えようとします。なぜなら、それはアフリカ系アメリカ人が聞く必要があると私が思う話だからです。」

有名なR&ampBグループのジャクソン5のティトジャクソンにつながる歴史。

グリーンウッドアベニューを通り過ぎて買い物をしている間、彼はNBC5のレポーターであるVinceSimsと、彼の偉大な叔父であるタルサの事業主について話しました。

&#8220サミュエル・M・ジャクソン、彼は葬儀場の所有者でした」とティト・ジャクソンは言いました。 「それで、彼はその期間中に何千人もの黒人を埋葬しました。&#8221

彼はここにいる人々をとても尊敬しており、彼の親戚を含む歴史が失われないようにしています。

&#8220黒人の歴史は私たちの人々にとって特に重要であり、私は家族の一員としてこの状況全体にいくらか関係しているので、私にとってはもう少し個人的なものになります」とジャクソンは言いました。

スミソニアン国立アフリカ系アメリカ人歴史文化博物館のコレクション、プリンセッタR.ニューマンS.M.の贈り物偉大な甥とジャクソン5。1972年7月

身代金は、彼が共有するすべての訪問者に個人的で関連性のあるものにするために彼の役割を果たします。

&#8220 5月31日と6月1日だけでなく、この場所についてもいくつかの良い話を持って人々が去ることを知って楽しんでいます」とランサムは言いました。 「それで、人々は前、中、後を知っています。&#8221

彼が言った後、それはインスピレーションとして役立つべきだということです。

&#8220私たちは虐殺を経験しなかったので、特に私たちが持っている知識で彼らがしたことを正確に行うことができます」とランサムは言いました。 「そのコミュニティの感覚、その魂の感覚、私は人々にそれを残してもらいたい。&#8221


タルサ人種虐殺から1世紀後、医療インフラの不平等が健康格差を拡大

シャリーニ・ラマチャンドラン

100年前、タルサ人種虐殺の最中に、グリーンウッド地区にある一連の黒人医師の診療所が全焼しました。短時間の回復の後、黒人コミュニティの医療インフラストラクチャは大幅に衰退しました。回復したことはありません。

健康は、黒人居住者がコミュニティの約3分の1を占める市内のエリアである北タルサと、タルサの他のほとんどの場所との間で分かれています。居住者の約70%が白人で、10%が黒人である南タルサと比較すると、格差が最も大きいことがよくあります。

2018年に収集されたオクラホマ州の健康データによると、北タルサンは南の隣人よりも最大13年早く死亡します。データは郵便番号間の平均余命のギャップを測定しました。

違いは他の米国の都市でも見られ、このトピックに関するバージニアコモンウェルス大学の研究が示しています。

North Tulsansはプライマリケア医の不足に直面しており、連邦政府のデータによると、その4分の3近くが「食の砂漠」に住んでおり、食料品店、生鮮食品、栄養価の高い食品へのアクセスが制限されています。タルサ郡の健康状態レポートによると、この地区は心臓病、肺疾患、糖尿病、癌による死亡率が市内で最も高い地域です。

タルサ郡全体では、黒人の乳児は白人の乳児よりも最初の誕生日の前に死亡する可能性が2.5倍高いと州の健康データが示しています。

「北タルサであるという感じ方、そして私たちのコミュニティがかつての素晴らしい医療制度で破壊されて以来、タルサ市は私たちにとって決して場所ではなかったということでした。コミュニティの健康と教育の組織であるMetcaresのディレクターであるGregoryRobinsonは、次のように述べています。 「データは本当にそれを裏付けています。」

近所が焼け落ちた後、1940年代と1950年代に、黒人コミュニティは多くの繁栄している黒人医師の診療所と食料品店でグリーンウッドを再建したと、高齢者は言います。

政府は後に近隣に州間高速道路を建設し、都市再開発の名の下に建物を取り壊し、土地収用を使用して黒人の事業や不動産の売却を強制しました。この動きはコミュニティを引き裂き、その住民の多くを分散させ、彼らをさらに北に押しやった。

北タルサで育ち、最初の黒人シニアリーダーであるタルサ保健局の最高執行責任者であるReggie Iveyによると、北タルサには緊急医療センターがなく、最寄りの病院はダウンタウンにあり、住民はコミュニティの外にいると考えています。デパート。

ここ数十年の多くの黒人医師は、個人開業ではなく、近隣の主要な病院システムで機会を追求しており、プライマリケア医の不足の一因となっています。

「リソースが彼らが住んでいるコミュニティにないので、それは私たちの居住者が世話をするのを遅らせる原因になります」とアイビー氏は言いました。 「彼らがケアを求める時までに、彼らの多くにとってそれは慢性疾患に変わり、そして彼らのいくつかにとっては手遅れかもしれません。」

Mr. Ivey said hospitals that were in other parts of the city never set up satellite branches serving North Tulsa.

In 1920, before the massacre, the Greenwood district was home to roughly 9,000 Black residents, and their medical needs were served by at least 17 doctors and physicians, including the nationally renowned surgeon, Dr. A.C. Jackson.

The neighborhood also had its own hospital and four well-equipped drugstores, according to Mary E. Jones Parrish, a Black typist and journalist who fled the violence with her young daughter but came back to gather eyewitness accounts. At least 10 doctors’ offices were destroyed, she said in her 1922 book, “Events of the Tulsa Disaster.”

Dr. A.C. Jackson, who was killed in the massacre.

Dr. Jackson was shot dead by the mob, after he walked out of his home with his hands held up, Ms. Parrish reported.

Another physician, James M. Key, was “forcibly arrested and taken to a detention camp” on June 1, according to a lawsuit he later filed against the city of Tulsa and its leaders. His property “had been burned to the ground” after the police dropped turpentine bombs from an airplane, according to his suit.

He tallied property losses totaling $13,798, including the destruction of two houses and valuables including a piano—the losses would be around $209,000 in today’s dollars. Dr. Key was “practically out of doors” for a “long time thereafter,” and his health was “seriously impaired,” the lawsuit alleged.

Gospel singer and Grammy Award nominee John P. Kee remembers the stories his father told him about the race massacre and his father’s great uncle, Dr. Key. Though his father’s family largely lived in poverty, the family knew there was a well-to-do family member named “Dr. James” in Tulsa and “he was an educated Black man”—at times resented for changing his last name from “Kee” to the more anglicized “Key,” according to family stories Mr. Kee’s father told him.

After Dr. Key lost everything in Tulsa, he migrated to New Jersey, the family lore goes. Mr. Kee doesn’t know what happened to the doctor’s direct descendants.

Greenwood residents after the massacre had closer access than North Tulsans do today to a hospital, the health department’s Mr. Ivey said.

The American Red Cross, which provided relief efforts after the 1921 massacre, helped set up a full-service hospital in North Tulsa, operated by Black nurses and physicians. It evolved to become Moton Memorial Hospital, named after a president of Tuskegee Institute, Dr. Robert Russa Moton.

The hospital closed in 1967, due in part to funding issues and competition from other hospitals, which after the end of segregation opened their doors to Black patients, residents say. It retained only its outpatient services.

The outpatient center, later renamed Morton Comprehensive Health Services—after a local physician named W.A. Morton—now operates primary-care clinics in North Tulsa but has no emergency room or urgent-care center.

A proposed remodeling and expansion of the Moton Memorial Hospital that was never built.

The old campus of Moton Memorial Hospital in North Tulsa this month. It closed as a full-service hospital in 1967.

A plan proposed in the 1950s to expand and remodel the old hospital never materialized, said Julius Pegues, 86, a lifelong Tulsan whose uncle, a survivor of the massacre, gave him the blueprint for the new hospital when he was 15 years old.

Oklahoma State University Medical Center is the closest full-service hospital to the North Tulsa community, home to about one-fifth of the city’s residents, though Mr. Ivey says North Tulsans consider the OSU hospital to be in downtown, since it is south of Interstate 244.

Another quarter of the city’s population lives in South Tulsa, where there are three general hospitals and another two specialty hospitals for heart disease and psychiatric care.

Between the two neighborhoods is the downtown area, with slightly more than a quarter of Tulsa’s residents, which has two hospitals and two psychiatric hospitals.

“If you break a leg, you have at least a 15-minute drive to get to a hospital,” said Janel Pasley, a longtime resident and advocate through the North Tulsa Community Coalition, an organization focused on community healthcare.

Healthcare inequities are worsened by discrimination in economic and social policies, such as banks’ past practice of avoiding lending in certain areas, and often to lower-income and Black communities, said Derek Chapman, interim director of the Virginia Commonwealth University’s Center on Society and Health, who helped map the life-expectancy gaps across ZIP Codes. “It didn’t happen by chance,” he said.

Life-expectancy gaps like Tulsa’s were found in 20 other communities across the country, from major cities to rural towns, the university’s research found. Dr. Chapman said residents in neighborhoods need access to an emergency room during a heart attack, but to prevent heart attacks, they need safe housing and access to affordable, nutritious food.

The Red Cross Hospital in 1921, set up after the massacre.

North Tulsans, on average, are exposed to a greater number of negative events during childhood, including substance-abuse and mental-health conditions, than South Tulsans, leading to chronic stress and worsened medical conditions in adulthood, according to new data compiled by Dr. Jason Beaman, chair of Oklahoma State University’s psychiatry and behavioral sciences department. The damaging effects of the massacre and racism also reverberates throughout generations, he said.

“Your body teaches itself to stay in that fight or flight mode,” said Dr. Jennifer Hays-Grudo, another psychiatry professor there, “and you see the rates of cancer, heart attacks, strokes” go up.

Susan Savage, the CEO of Morton and a former mayor of Tulsa, said 40% to 50% of Morton’s patients are uninsured. She said the health system has a variety of outreach initiatives for the community, including door-to-door transports and protocols in place to transport those with emergency needs to hospitals to get treatment.

In the decades after the massacre, there were a number of Black primary-care doctors who set up private practices in North Tulsa, older residents say. Among them was Dr. Charles James Bate, who was the first Black physician admitted to the Tulsa County Medical Society professional group, according to his obituary.

Dr. Bobby Woodard helped found the private-practice Westview Medical Center in North Tulsa.

But in the 1980s and 1990s, many private practices began to close their doors, Mr. Ivey of the health department said, as older doctors retired without anyone taking over their practices, and many doctors found it harder to run clinics without being connected to a major hospital system.

Dr. Bobby Woodard, a pharmacist, helped found the private-practice Westview Medical Center, a community clinic, in 1984, hoping to recruit Black physicians to work in North Tulsa. Westview became an incubator for attracting talent, he said, but there still aren’t enough doctors. He and others said North Tulsa is a tough sell for aspiring young, Black physicians in medical school, as many choose opportunities connected with working for a major research institution or hospital system elsewhere.

The dearth of community doctors has heightened the mistrust against the medical establishment, residents and healthcare workers say.

“A lot of African-Americans before would go to their private doctors because they trusted them, and now they are afraid to go to the big clinics because they may see someone new every time, and they have trust issues,” said Darlene Reynolds, a nurse at Morton, whose family has lived in Greenwood for generations.

Ms. Reynolds said she recently saw a patient who made no follow-up visits after a mastectomy. “There was no care coordination, no one sought her out,” she said. She later died, Ms. Reynolds said.

Such mistrust also is a factor in the slower pace of Covid-19 vaccinations among Black residents in North Tulsa. Only 16% of Black North Tulsans have received at least one vaccination dose as of late May, according to Tulsa Health Department data. Roughly 26% of the white residents in North Tulsa have had at least one dose.

Philanthropies, such as the George Kaiser Family Foundation, and the Tulsa Health Department have expanded outreach to the North Tulsa community in the past decade, including opening a community health and wellness center in September 2012. The city and philanthropic groups also have provided backing for a grocery store, Oasis Fresh Market, which opened its doors in North Tulsa this month.

Stephanie Vanterpool, whose mother began working in North Tulsa in the 1960s as a surgical nurse, said before the new store opened, it was common for North Tulsans like herself to drive at least 15 to 20 minutes to reach the nearest full-service grocery store.

For Dr. Runako Whittaker, a pediatrician who works at Westview, parents shopping for groceries at dollar stores—the primary option for groceries in North Tulsa—makes her worry about the increase in childhood obesity and the impact on the health of pregnant women. “I can counsel patients and their families all day long about, ‘Eat healthy, eat healthy,’ but when they are out of my office, where are they going to go to get the healthy snack foods that I talk about?”


Insurance Exclusions Left Black Tulsans Footing the Bill for the Massacre

Jared Council

Loula Williams ran a popular theater and candy store in the Greenwood section of Tulsa, Okla., during the 1910s, making her one of the most prominent businesswomen in the neighborhood.

Williams Dreamland Theatre was doing so well that she started two other theaters near Tulsa, according to newspaper accounts and Charles Christopher, her great-grandson. Together, the three formed the Dreamland Theatrical Co.

Ms. Williams bought insurance for her businesses—though like some in the neighborhood, she was only able to patch together partial coverage through several policies. Even that did her no good when white mobs destroyed Williams Dreamland Theatre, along with most of Greenwood, during the city’s race massacre in 1921.

Ms. Williams suffered an estimated $79,164 in losses, according to lawsuits she later filed, equivalent to $1.2 million today. The three insurance companies to which she paid premiums denied her claims.

The massacre took the lives of dozens of Black residents. It also left behind a devastated neighborhood and many property owners struggling to cover their losses. Ms. Williams was one of at least 70 Greenwood property owners who filed insurance claims after the massacre. After many of their claims were denied, Ms. Williams and others sued the insurance companies and later the city of Tulsa, unsuccessfully.

Loula Williams ran a popular theater and candy store.

Greenwood property and business owners suffered at least $1.5 million in losses in 1921 dollars, according to a 2001 report from a bipartisan commission appointed by the state to study the event. That’s roughly $22 million in today’s dollars, according to the U.S. Bureau of Labor Statistics. The figure likely underestimates total losses, as not everyone had full insurance coverage or went to court.

Ultimately, insurance companies fell back on an exclusionary clause that prevented payouts on many claims. The policies with that clause said insurers wouldn’t be held liable for loss “caused directly or indirectly by invasion, insurrection, riot, civil war or commotion, or military or usurped power.”

Examined alone, riot exclusions weren’t intentionally racist, said Christopher Messer, a sociology professor at Colorado State University-Pueblo who has studied the Tulsa massacre. However, in the early part of the 1900s, insurance companies knew what the outcome would mean for Black property owners when the clause was enforced, due to the prevalence of such attacks, he said.

“These riots didn’t just happen anywhere—they were primarily characterized by white mobs coming into Black neighborhoods and destroying them. It was never the other way around,” he said.

The insurance issues have long cast a shadow over Tulsa. A lawsuit in Oklahoma filed by survivors and descendants of the massacre against the city of Tulsa and other local agencies cites insurers’ refusals to pay claims. Tulsa residents and politicians have questioned how insurance companies classified the event as well as the implications. Descendants of massacre victims wonder how their ancestors’ assets could have benefited their families today had claims been paid.

After the massacre, Ms. Williams is believed to have sold her two theaters outside Greenwood, her family said, and to have used the funds to help rebuild the one in Greenwood. “Maybe those insurance claims could have just gone to rebuilding the Dreamland, and she could have kept the other theaters,” said Danya Bacchus, Ms. Williams’s great-great-granddaughter. “The empire could have continued to grow.”

A view of the Williams Dreamland Theatre on North Greenwood Avenue that was destroyed during the 1921 massacre.

Court records don’t paint a complete picture of how insurers responded to the massacre, researchers say. Some business owners may have had their claims honored, while others may have been unable or unwilling to pursue litigation for denied claims.

Some people filed multiple lawsuits. Of the 96 lawsuits filed against more than 30 insurance companies, 76 were dismissed and the other 20 didn’t have documentation of the outcome, according to records maintained by the Oklahoma Historical Society.

Historians said the records indicate that before the massacre some of Greenwood’s most successful businesspeople had to piece together insurance policies with narrow coverage options that didn’t fully protect the value of their properties. Insurance regulators say having multiple policies on a property wasn’t uncommon for the time.

Ms. Williams suffered an estimated $79,164 in losses, equivalent to $1.2 million today.

Ms. Williams’s Greenwood properties and their contents, including the theater and the building that housed the confectionery, were worth nearly $80,000, according to her lawsuits. Her eight insurance policies through three companies on her various assets only covered $31,700. Ms. Williams reported paying $865.51 in premiums for policies that were in effect during the massacre, but her lawsuits don’t specify whether that was over one year or multiple years.

After nearly a year and a half of litigation, two insurance companies paid Ms. Williams $566.25 in returned premiums, court records show. Her claims were still denied.

One criticism of insurers at the time was that they didn’t conduct their own due diligence and instead relied on a characterization of the Greenwood event that proved to be false: that the destruction resulted from a riot instigated by unruly Black residents.

“It appears that it was convenient to take the words of the newspapers and the people that did it than to investigate and do the right thing,” said Kevin Matthews, an Oklahoma state senator and founder of the state’s 1921 Tulsa Race Massacre Centennial Commission, which formed in 2016 in part to commemorate the tragedy.

Danya Bacchus, great-great-granddaughter of Loula Williams, believes if the insurance claims were paid, it would have helped in the rebuilding of Dreamland.

Using the word “riot” to describe what happened remained a sore spot for Black Tulsans for decades, Mr. Matthews said. It suggests that there was a Black uprising and that Greenwood residents destroyed their own neighborhoods, he said. “Many people in my community still have heartburn with that word ‘riot.’ ”

When Mr. Matthews founded the centennial commission in 2016 it was originally called the “Race Riot” commission, he said. In 2017, Oklahoma passed bipartisan legislation to help fund its work. A year later, he and other leaders decided to change “riot” to “massacre” after constituent feedback, altering how people and historical markers in Greenwood refer to the event today.

Investigations into the event by insurers might not have made a difference in denied claims because the exclusion clauses were so broad, said Mr. Messer of Colorado State, including the words “invasion” and “insurrection.” The era’s racism would have made it easy to justify dismissing claims, no matter the actual reason, he added. “And the city really tried to paint this as an event that was caused by militant Blacks,” he said.

Two insurers that sold policies to Greenwood residents still exist today— Hartford Financial Services Group Inc. and Great American Insurance Group.

Hartford wrote a $1,500 policy for Emma Gurley, who owned multiple Greenwood Avenue properties. Great American wrote a $1,400 policy for a property Hope Watson owned. After denying claims for losses due to the massacre, each company was a defendant in separate lawsuits that were ultimately dismissed.

Each company declined to comment on the lawsuits or riot clauses, citing the difficulty of getting information about policies written decades ago. “Unfortunately, it is extremely difficult to comment on litigation and what coverage may have been available a century ago,” said a spokesman for The Hartford.

Ms. Williams is said to have financed the rebuilding of the Greenwood theater by selling cinemas she owned in other towns.

CNA Financial Corp. and Chubb Ltd. have made acquisitions that could give the two companies control over the policies cited in as many as half of the 96 insurance lawsuits, with 39 for CNA and nine for Chubb. CNA and Chubb declined to comment.

Riot clauses date to at least the late 19th century, likely influenced by the tumult of the Civil War and concerns around labor strife, said Robert Hartwig, an insurance researcher and director of the Center for Risk and Uncertainty Management at the University of South Carolina.

By the 1930s, insurance regulators set out to simplify policy language. The National Association of Insurance Commissioners proposed removing riot exclusions in 1937, according to the proceedings of its annual meeting that year. The proceedings said the riot exclusion wasn’t needed as manufacturers, who risked facing labor riots, were often able to secure coverage against riots by getting endorsements, or riders, at no extra cost. The proceedings also noted that riots rarely resulted in building fires.

Assessing the risk associated with riots paved the way for the industry to eliminate riot clauses, said Mr. Hartwig. Since the 1950s, policies have generally covered multiple perils such as riots and civil unrest, he said, including riots in the 1960s and nationwide protests in 2020.

Scores of businesses and homes were burned during the 1921 Tulsa Race Massacre.

After the Greenwood massacre, some property owners took out loans or mortgaged their land to rebuild. By 1941, there were more than 240 businesses in the section, according to a recent copy of the neighborhood’s application for the National Register of Historic Places.

Ms. Williams’s Dreamland theater doesn’t appear to have ever returned to its prior prosperity, Ms. Williams’s great-granddaughter Jan Elaine Christopher said, citing a 1924 letter she wrote to her son, William Danforth Williams, about the theater’s struggles.

“At first, the whole family was running it,” Ms. Christopher said. “And then after everything happened, it looks like she was just running everything, pretty much by herself. So it was a lot smaller.”

Several of Ms. Williams’s descendants said the trauma of the massacre played a role in her death in 1927 at age 47. Her husband, John Wesley Williams, who owned an auto repair shop in Greenwood, died in 1939. The theater is believed to have been sold after her death, but the family didn’t know any details of a sale. Today, part of the interstate highway sits where it once stood.

A view of the main commercial strip of the Greenwood district after the attacks.

&mdashLeslie Scism contributed to this article.

に書き込む Jared Council at [email protected]

The Tulsa Massacre | 100 Years Later

The Wall Street Journal explores the legacy of the Tulsa Race Massacre and its economic reverberations, piecing together a story of both resilience and loss.


ビデオを見る: VERY RARE Footage of Black Wall Street, Before The 1921 Tulsa Race Riot