フランシス・ゲーリーがソビエトからの解放に力を注ぐ

フランシス・ゲーリーがソビエトからの解放に力を注ぐ

彼が米国に戻った後、アメリカのU-2偵察機パイロットであるフランシスゲーリーパワーズは、1962年3月6日に上院軍事委員会での彼の捕獲とその後の公聴会についてメディアから質問されました。 1960年5月1日、ソビエト当局によって逮捕されました。 2年後、彼は米国とのスパイ交換でソビエトによって解放されました。


ソビエトは1960年7月8日、諜報活動でU-2パイロットを起訴

1960年のこの日、ソビエト連邦が米空軍とCIAU-2パイロットであるフランシスゲーリーパワーズをスパイ行為で起訴したとき、米国とソビエト連邦の間の新たな冷戦の最悪の事態が後退しました。この事件は、ホワイトハウスとクレムリンの間で何年にもわたる不信感を呼び起こしました。

権力は1960年5月1日にスヴェルドロフスク上空で撃墜されました。彼は8月17日に有罪となり、3年の懲役と7年の重労働を宣告されました。彼は、ソビエトのスパイ、ルドルフ・アベルと交換される前に、1年9か月9日務めました。

ワシントンは当初、パイロットが「酸素装置に問題を抱えていた」後に「気象飛行機」が墜落したと主張して、カバーストーリーで彼の捕獲に応えました。ドワイト・D・アイゼンハワー大統領は、飛行機がほぼ無傷で着陸したことを知りませんでした。ソビエトは、彼が「自白」をして謝罪する前に尋問した写真機材とパワーズを回収した。

米国、ソビエト連邦、英国、フランスが関与する首脳会談は、その月の後半にパリで始まることになっていた。しかし、ソビエト首相のニキータ・フルシチョフは、アメリカ人が「彼らの[冷戦]戦争努力の停止を呼ぶことができない」と非難して、会議から急襲した。

CIAと空軍からの報告を受けた後、パワーズは1962年に上院軍事委員会に出席し、リチャードラッセル上院議員(D-Ga。)、共和党のプレスコットブッシュ上院議員、バリーゴールドウォーターが議長を務めました。アリゾナ。パネルは、パワーズが命令に従い、ソビエトに重要な情報を明かさず、「危険な状況下で立派な青年として」行動したことを発見した。

アメリカがタリバンとの麻薬戦争に敗れた方法の秘密の物語

パワーズは1977年に47歳で亡くなり、ベル206 JetRangerヘリコプターが燃料を使い果たし、カリフォルニア州エンシノのセプルベダダムレクリエーションエリアで墜落しました。バーバンク空港の着陸予定地から数マイル手前です。彼は当時、ロサンゼルスのテレビ局の交通レポーターとして働いていました。パワーズはアーリントン国立墓地に埋葬されています。

1998年に、新たに機密解除された情報により、パワーズの任務は空軍とCIAの共同作戦であったことが明らかになりました。 2000年、U-2事件の40周年にあたり、彼の家族は、死後授与された捕虜勲章、殊勲飛行十字章、国防勲章を授与されました。さらに、CIA長官のジョージテネットは、職務における極度の忠実さと並外れた勇気に対して、パワーズが死後にCIA長官のメダルを授与されることを承認しました。

2012年6月15日、パワーズは、「モスクワのルビャンカ刑務所での厳しい尋問に2年近く耐えながら、「並外れた忠誠心」を示した」として、死後シルバースターメダルを授与されました。空軍参謀総長のノートンシュワルツ将軍は、ペンタゴン式典でパワーズの孫であるトレイパワーズ(9歳)とリンジーベリー(29歳)に装飾を贈った。


冷戦で最も話題になった出来事の1つは、1960年5月1日にフランシスゲーリーパワーズがソビエト連邦上空で操縦したアメリカのU-2偵察機の撃墜でした。この出来事は、最近、スティーブンスピルバーグの映画「スパイの橋」に描かれました。 。権力はKGBによって捕らえられ、テレビで見せしめ裁判を受け、投獄されました。これらすべてが国際的な事件を引き起こしました。ソビエト当局は最終的に、捕らえられたソビエトスパイのルドルフアベルと引き換えに彼を釈放した。彼が米国に戻ったとき、パワーズはロシアに投獄されている間、いかなる不正行為も免除されましたが、悪い報道と政府がパワーズを心から擁護することを望まなかったため、1977年の彼の早すぎる死まで論争の雲が続きました。

現在、彼の息子である冷戦博物館の創設者であるフランシスゲーリーパワーズジュニアと、高く評価されている歴史家のキースダンナヴァントは、これまで入手できなかった個人ファイルに基づいたパワーズの人生の新しい説明であるスパイパイロットという本を書きました。古いオーディオテープ、ソビエト連邦に投獄されている間に父親が書いたり受け取ったりした手紙、CIAによる父親の報告の写し、U-2プログラムに関する最近機密解除されたその他の文書、スパイパイロットの同時代人であるパワーズとインタビューダンナヴァントは記録をまっすぐに立てました。

「私の父は、彼の墜落を引き起こした原因の問題が、両側で最も厳重に守られた秘密の核心に切り込んだ根本的な問題を反映していることを理解しました」とフランシス・ゲーリー・パワーズ・ジュニアは彼の本で述べています。

「 『私は印象を受けた』と彼はテープで言った。 『飛行機に故障があったという事実や、[ソビエト]が持っていた事実を黙らせるために誰かが邪魔をしている」防御兵器 (SA-2 SAM) それは[空からU-2を撃つ]ことができました。 。 。 。私が見ることができたのは、私の友人がやって来て、自分自身を撃墜したことだけでした。私は彼らがこの能力を持っていることを知ってほしかった。誰かがこの能力を持っているという事実を隠そうとしていたようです。」

「特に1962年にキューバ上空で撃墜されたU-2に照らして、私は父の欲求不満を理解しました。突然、ワシントン当局は、ソビエトが彼らが認識したよりも進んだことを認めなければならないという政治的ジレンマに直面した。これを片付ける代わりに、政府は誤った情報が流通し続けることを許可しました。

「私が最初に父の日記を書き始めたとき、ジョージメイソンの大学院にいる間、私は言葉を系統的にタイプすることに細心の注意を払いました。それは、夜に家に帰ってから、一度に1、2時間、コンピューターにぶら下がって、いつもやっていることになりました。私はいつも何かを学んだように感じました。それは、父が飛行機のコントロールを失った後の瞬間を説明した初期の部分を含めて、ゆっくりと私に明らかにされたパズルの一部でした。

「私の最初の反応は、破壊スイッチに手を伸ばすことでした」と彼は書いています。 「それらをアクティブにした後、爆発の前に飛行機を離れるのに70秒かかることを私は知っていました。次に、スイッチをアクティブにする前に、射出座席を使用できる位置に入ることができるかどうかを確認したほうがよいと思いました。私がこれをしたのは良いことでした。なぜなら、私が思うに数分(回転する飛行機にどれくらいいたかはわかりません)、足を適切な場所に置き、十分に座席に戻ろうとしたからです。キャビンから飛び出したときにキャノピーレールで足を引き裂くことなく排出できるように。私は正しい位置に入ることができませんでした。私はまったく座っていませんでしたが、シートベルトにぶら下がっていました。ベルトに力を入れてベルトを短くすることは不可能でした…。」

「このシーケンスは、CIAの報告の重要な部分になりました。

米国の質問者:あなたがその奇妙な逆さまの位置で座席に降りたとき、飛行機は炎上したり喫煙したりしていませんでした、あなたがそれを思い出すことができる限り、それはそうでしたか?

パワーズ:関連する火災はなかったと思います…

米国の質問者:火災は発生していません。言い換えれば、…それは煙を渦巻かせていなかった、または…

パワーズ:もしそうなら、私はそれについて何も知りませんでした。

米国の質問者:そして、そして、そして…

パワーズ:これでエンジンが止まったと思います、ああ、これが止まっていたので、ああ、操縦が始まりました。これに沿ってどこかで、ああ、RPMゲージが下がっていたことを思い出すことができるからです。でも、いつ気づいたのか正確には思い出せません。いくつかありました—鼻が落ちたとき、いくつかの非常に激しい操作がありました。私はそれのようなものをまったく経験したことがありません。そこで何が起こったのか正確にはわかりません。そして、それは長くはかかりませんでした。でも、逆さまになってしまい、時計回りに回っていたと思います…。

「保釈を決意し、最終的には地面にパラシュートで降下した後、パパは彼の差し迫った運命に関する彼の気持ちについて書いた。遅い拷問の1つ。 。 。 。」

米国の質問者:地面に着いたとき…逃げようとしなかったのですか?

パワーズ:いいえ、ありました。 ..パラシュートが私を引きずって地面に横たわっている間、一人の男が私をパラシュートから助けようとしていて、もう一人の男が私を助けようとしていて、私が立ち上がってヘルメットを脱いだときまでに、周りに大きなグループがありました。

米国の質問者:逃げることさえ考える機会がなかったのですか?

パワーズ:武装していなければ、このグループを通り抜けることはできなかったと思います…。どれもそうではなかったと思いますが、それはただの大勢の人々の報道であり、とにかく私は通り抜けることができませんでした。

米国の質問者:ええ、今は。 。 。

パワーズ:そして、私がそれについて考える機会を得る前に、彼らはまた、この.22ピストルを私から奪いました。

米国の質問者:抵抗しなかったのですか?

パワーズ:いいえ、私はアクティブな抵抗を与えませんでした。

米国の質問者:なぜ抵抗しなかったのですか?

パワーズ:人が多すぎます。

米国の質問者: うん。言い換えれば、それはばかげたことだっただろうか?

パワーズ:それは私には思えたものです。どうやら…まあ、私は今生きているので、逃げようとすることができました。それはやりたかったことです。当時もかなりショックでした。あまりはっきりと考えていたとは思いませんが、周りを見回して、逃げ道や何かをしようとしていたのです。 …私の意見では、何もすることは不可能でした。

「尋問を終えた後、国防情報局を代表していたハリー・コーデスと彼の同僚のジョン・ヒューズは、国防長官ロバート・マクナマラを含む一連の高官に説明するためにワシントンに飛んだ。自動操縦が誤動作しました。コーデスは、彼の話を疑った軍隊、特にジョン・マコーン(パイロットがより低い高度に降下し、ダウンする前のスヴェルドロフスク」)。

「パイロットが撃墜される前に30,000フィートを下回ったことを示唆するNSAの報告に直面して、コーデスはRB-47の喪失(偵察機が7月に失われた)を含む同様の事件の間に生成された不正確なデータを引用することによって理論に穴をあけました。 1960年1月1日、ソビエトに撃墜された北極海での秘密任務中に、RB-47撃墜の唯一の生存者であるジョンマッコーン大佐とブルースオルムステッド大佐は、私の同時にルビアンカに投獄されました。父)「私は同じ諜報情報の知識を持っていた」と彼は言った、「しかし私はパワーズを信じた。」


フランシスゲーリーパワーズジュニアへのインタビュー

1960年5月1日、CIAのU-2偵察機プログラムのパイロットであるフランシスゲーリーパワーズが歴史に激突しました。ソビエトの軍事施設の写真撮影を任されたパワーズは、ロシアの領土に飛び込んだ。彼の航空機がスヴェルドロフスクの上空に近づいたとき、彼の飛行機はSA-2地対空ミサイルに見舞われました。彼はソビエトに捕らえられた。

米国は当初、ダウンした航空機は気象飛行機であると主張しました。 U-2が無傷で回収されたことがわかった後、アイゼンハワー政権はパワーズがスパイ任務に就いていることを認めました。ソビエト連邦の首相である激怒したニキータ・フルシチョフは、アイゼンハワー大統領との首脳会談をキャンセルした。

その間、パワーズはKGBによって広範囲に尋問されました。彼は公に謝罪したが、それでも彼はロシア政府によってスパイ行為で裁判にかけられ、有罪判決を受け、懲役10年の刑を宣告された。彼の捕虜は1962年2月10日、ベルリンのグリエニッケ橋でのスパイ交換で、FBIに捕まったソビエトスパイのルドルフアベルと交換されたときに終了しました。権力は22ヶ月間ソビエトによって保持されていました。

ステートサイド、パワーズは当初クラウドの下にありました。政府の何人かは、彼が飛行服に縫い付けられた自殺薬のおかげで、彼が偵察機と彼自身を破壊するべきであると感じました。しかし、CIAからの報告を受けた後、彼は上院軍事委員会に出頭し、上院軍事委員会は極秘情報を捕虜に漏らさず、「危険な状況下で立派な青年」として行動したと結論付けました。

パワーズのキャプチャと最終的なリリースは、新しいスティーブンスピルバーグ映画で取り上げられています。 スパイの橋。 Ron Capshawは、Powersの息子であるGary Francis Powers、Jr。にメールでインタビューしました。

RC: あなたはの顧問でした スパイの橋、そして映画は正確でしたか?

FGP: はい、私は映画の技術コンサルタントであり、エキストラです。 [映画が制作されている間]私は、パワーズ家の懸念をプロデューサーに伝えました。プロデューサーが1960年代のマスコミからの私の父に関する情報に基づいていると、彼は否定的な見方をするでしょう。彼らが過去50年間のFOIA要求と機密解除会議の結果として明らかにされた情報を使用した場合、彼らは私の父が私たちの国の英雄であるという正しい見方で描写するでしょう。私はプロデューサーの一人から、スピルバーグは私の父をヒーローだと考えており、心配しないでくださいと言われました。

この映画はよくできていて、その間に父、アベル、ドノバンに対してアメリカ人が感じた気持ちを捉えていると思いました。幸いなことに、過去55年間にCIAとUSAFが主催したFOIAの要請と機密解除会議のおかげで、U-2事件と私の父の関与を取り巻く誤った情報は静まりました。

彼が撃墜されたとき、彼は割り当てられた高度70,500フィートにいました。捕らえられると、彼は命令に従い、機密情報をソビエトに明かさず、アメリカ合衆国を非難することを拒否した。

これは、私の父が死後に捕虜メダル、CIA局長官メダル、USAFシルバースターを授与されたことを認めた追記の間に映画に反映されています。この映画は、記録を正すのに遅すぎることは決してないという私の信念を強化しています。

RC: あなたのお父さんは、彼らが彼を持っていた22か月間、ロシア人によってどのように扱われましたか?拷問が含まれ、彼は秘密を明かしましたか?

FGP: 肉体的な拷問はありませんでしたが、精神的な苦痛/精神的な拷問がたくさんありました。死の脅威、睡眠不足、独房監禁、荒らし、怒鳴り声を上げ、協力するインセンティブを提供しようとするなど。ソビエトが情報を抽出しようとするすべての試みにもかかわらず、最近の機密解除された文書には次のことが示されています。私の父は秘密を明かさず、アメリカ合衆国を非難することを拒否しました。

RC: 彼は何が起こったのかあなたに話したことはありますか?

FGP: はい、父と私はU-2事件と私が子供の頃の彼の経験について話しました。私が10歳から12歳の頃、彼の本を読んで質問したことを覚えています。

RC: JFK暗殺の強迫観念は、当時ロシア市民だったリーハーヴェイオズワルドがソビエトにあなたの父の航空機を撃墜するのに十分なレーダーデータを与えたと言っています。これに真実はありますか?

FGP: オズワルドが亡命した後、彼はU-2が飛行する高度に関する情報をソビエトに伝え、ソビエト軍がミサイルシステムを改善するのに役立ったと私は信じています。 。 。しかし、オズワルドがソビエトにU-2の高度制限に関する情報を提供したことを確認する具体的な証拠はまだ見つかりませんでした。とにかく、私の父の飛行機は、スヴェルドロフスク上空でソビエトSA-2ミサイルに撃墜される前に炎が出たり下がったりすることはありませんでした。

RC: 若い世代の多くは冷戦についてほとんど知らず、特にあなたの父親についてはほとんど知りません。彼らにスピルバーグの映画から何を奪ってもらいたいですか?

FGP: この世代が冷戦の歴史を理解することは重要だと思います。冷戦について学ぶことで、第一次世界大戦、大恐慌、第二次世界大戦が冷戦の舞台をどのように設定したか、そして冷戦の終結が現在の対テロ戦争の舞台をどのように設定したかについての洞察を得ることができます。

RC: その時代に生きていた人々にとって、フランシス・ゲーリー・パワーズの息子であったことはどのようなものでしたか?

FGP: フランシス・ゲーリー・パワーズの息子にならないのはどういうことかわかりません。彼は普通のお父さんだと思った。私たちは一緒にハイキング、サイクリング、水泳に行きました。私は彼と一緒に飛んで、彼が撃墜され、尋問され、ソビエトスパイと交換されたことに気づきました。子供の頃、みんなのお父さんがこんなことをしたと思っていました。その認識は、1977年8月1日、父がKNBCで働いていたときにヘリコプターの事故で亡くなったときに変わりました。彼の死後、私は、すべての人のお父さんが撃墜されたり、ソビエトスパイと交換されたりするわけではないことに気づきました。しかし、それでは、彼にこれ以上質問するのは遅すぎました。


パワーズは1929年8月17日、ケンタッキー州ジェンキンスで、石炭鉱山労働者のオリバーウィンフィールドパワーズ(1904–1970)とその妻アイダメリンダパワーズ(旧姓フォード1905–1991)の息子として生まれました。彼の家族は最終的に州境を越えてバージニア州パウンドに引っ越しました。彼は2番目に生まれ、6人の子供の唯一の男性でした。 [ 要出典 ]

彼の家族は鉱山の町に住んでいました、そしてそのような町に住むことに伴う困難のために、彼の父はパワーズが医者になることを望みました。彼は息子がそのような職業のより高い収入を達成することを望み、これが彼の故郷のどの仕事よりも苦労が少ないだろうと感じました。 [2] [ 非一次資料が必要 ]

1950年6月にテネシー州のミリガンカレッジで学士号を取得し、10月に米国空軍に入隊しました。彼は、アリゾナ州ウィリアムズ空軍基地でUSAFパイロットトレーニングクラス52-H [3]で高度なトレーニングを完了した後、1952年12月に少尉として任命されました。その後、パワーズは、共和国F-84サンダージェットパイロットとして、ジョージア州ターナー空軍基地の第468戦略戦闘飛行隊に割り当てられました。

彼は1955年4月2日にジョージア州ニューナンでバーバラゲイムーアと結婚した。[4]

1956年1月に彼はCIAによって採用されました。 1956年5月、彼はネバダ州ウォータータウンストリップでU-2トレーニングを開始しました。彼の訓練は1956年8月までに完了し、彼の部隊である第2気象観測隊(暫定)または分離10-10は、トルコのインジルリク空軍基地に配備されました。 1960年までに、パワーズはすでに多くの秘密の空中偵察任務のベテランでした。 [5]家族は、彼がNASAの気象偵察パイロットであると信じていました。 [6]

権力は1956年に大尉の階級で空軍から解放されました。その後、彼はGS-12の民間グレードでCIAのU-2プログラムに参加しました。 U-2パイロットは、ソビエト防空軍の到達範囲より上にあると思われる高度70,000フィート(21 km)でスパイ任務を遂行しました[7] [8] [9]。 [10] U-2には、ソビエト連邦を含む敵対国の成層圏から高解像度の写真を撮るように設計された最先端のカメラ[10]が装備されていました。 U-2ミッションは、軍事施設やその他の重要な場所を体系的に撮影しました。 [11]

偵察任務編集

U-2の主な任務は、ソビエト連邦の上空を飛行することでした。ソビエトの諜報機関は、少なくとも1958年以降、U-2の飛行に侵入することを認識していたが[12]、1960年まで効果的な対抗策を欠いていた。[13] 1960年5月1日、パワーズのU-2A、 56-6693、パキスタンのペシャーワルにある軍用飛行場を出発し[14]、バダベルの米国航空基地(ペシャーワル航空基地)の支援を受けた。これは「ソビエト連邦をずっと飛び回る最初の試みでした。しかし、ギャンブルの価値があると考えられました。計画されたルートは、これまでに撮影されたことのない重要なターゲットを横断しながら、これまでにないほどロシアに深く入ります。」 [15]

撃墜編集

パワーズはスヴェルドロフスク上空でS-75ドビナ(SA-2「ガイドライン」)地対空ミサイル[16]によって撃墜されました。合計14機のドビナが発射され[17]、そのうちの1機はU-2を迎撃するために送られたMiG-19ジェット戦闘機に命中したが、十分な高度に到達できなかった。そのパイロット、セルゲイ・サフロノフは退去したが、彼の怪我で死亡した。別のソビエト航空機、トランジット飛行で新しく製造されたSu-9も、パワーズのU-2を迎撃しようとしました。武装していないSu-9はU-2を攻撃するように指示されましたが、速度の大きな違いのために逃しました。 [NS]

パワーズがウラル地方のコスリノの近くを飛行したとき、3機のS-75ドビナが彼のU-2で発射され、最初の1機が航空機に衝突しました。 「飛行機の残されたものが回転し始め、逆さまになり、機首は空に向かって上向きになり、尾は地面に向かって下向きになりました。」パワーズは、キャノピーとシートベルトを解放した後、飛行機から投げ出される前に、飛行機の自爆メカニズムを作動させることができませんでした。パラシュートの下に降りている間、パワーズは彼の脱出マップを散らし、彼の自殺装置の一部を取り除きました。彼は毒ピンを保持していましたが、毒の入った注射ピンを含む銀貨が首にぶら下がっていました。 [18]「それでも私はまだ脱出を望んでいた。」彼は激しく地面にぶつかり、すぐに捕らえられ、モスクワのルビャンカ刑務所に連れて行かれました。 [19]パワーズは、地面に着陸した後、「少し離れて非常に高い、赤と白のパラシュートだけ」という2番目のシュートに気づいた。 [20] [ 非一次資料が必要 ] [21]

米国政府による欺瞞の試み編集

米国政府がソビエト連邦でのパワーズの失踪を知ったとき、彼らはパイロットが「彼の酸素装置の問題」を抱えた後、「気象飛行機」がコースから外れたと嘘をついた。 CIA当局者が気付いていなかったのは、飛行機がほぼ完全に無傷で墜落し、ソビエトがパイロットと極秘の高高度カメラを含む飛行機の装備を回収したことでした。パワーズは、スパイ活動における彼の役割について自白と公の謝罪をする前に、KGBによって何ヶ月にもわたって広範囲に尋問されました。 [22]

米国メディアでの描写編集

ホワイトハウスがパワーズを生きたまま捕らえたと認めた後、アメリカのメディアはパワーズを全米のパイロットヒーローとして描写しました。実際、パワーズは社会的に喫煙し、飲んだ。 [23]:201 CIAは、彼の妻バーバラがマスコミに話す前に鎮静剤を与えられるように促し、彼女が献身的な妻として描写するために彼女がマスコミに繰り返し言った話のポイントを与えた。彼女が口にしたというCIAの偽情報によると、彼女の足の骨折は水上スキーの事故の結果でした。実際、彼女は飲み過ぎて別の男性と踊っていたために足が骨折しました。 [23]:198–99

ソビエト連邦でのスパイ活動の裁判の過程で、パワーズは彼に対する告発を自白し、ソビエト空域を侵害してソビエトをスパイしたことを謝罪した。彼の謝罪をきっかけに、アメリカのメディアはしばしばパワーズを臆病者として、そしてアメリカの「道徳的性格」の衰退の兆候としてさえ描写しました。 [23]:235–36

新聞報道によって妥協されたパイロットの証言編集

パワーズは、彼がKGBと共有した情報を、彼の飛行機の残骸の残骸から決定できる情報に制限しようとしました。彼は西側の報道機関に掲載された情報によって妨げられました。 KGBの専攻は、「あなたが情報を差し控える理由はありません。とにかくそれを見つけます。あなたの報道機関が私たちにそれを与えるでしょう」と述べました。しかし、彼はCIAの連絡先の開示を、「コリンズ」のペンネームで1人の個人に限定しました。同時に、彼はU-2の最大高度は68,000フィート(21 km)であり、実際の飛行限度よりも大幅に低いと繰り返し述べました。 [24]

政治的影響編集

事件はフルシチョフとアイゼンハワーの間の交渉を後退させた。パワーズの尋問は6月30日に終了し、彼の独房監禁は7月9日に終了した。1960年8月17日、彼の裁判はソ連最高裁判所の軍事部門の前でスパイ活動のために始まった。ボリソグレブスキー中尉、ヴォロビエフ少将、ザハロフ少将が主宰しました。ロマーン・ルデンコは、ソビエト連邦の検察総長としての彼の立場で検察官を務めました。ミハイルI.グリネフはパワーズの弁護人を務めました。出席したのは彼の両親と妹、そして彼の妻バーバラと彼女の母親でした。彼の父は彼の弁護士カールマカフィーを連れてきましたが、CIAは2人の追加の弁護士を提供しました。 [25]

有罪判決編集

1960年8月19日、パワーズはスパイ行為で有罪判決を受けました。「ソビエト連邦の法律「国家犯罪に対する犯罪責任について」の第2条でカバーされる重大な犯罪」です。彼の判決は10年間の監禁で構成され、そのうち3つは刑務所に入れられ、残りは強制収容所に入れられた。パワーズによれば、米国大使館の「ニュース速報」は、「政府に関する限り、私は与えられた指示に従って行動し、投獄されている間は全額の給料を受け取るだろう」と述べた。 [26]

彼は1960年9月9日から1962年2月8日までモスクワの東約150マイル(240 km)のウラジミール中央刑務所の2号館で拘束されました。彼の同胞は、ラトビアの政治囚であるジグルド・クルミシュでした。パワーズは監禁されている間、日記と日記をつけていました。さらに、彼は時間を過ごすために彼のセルメートからカーペット織りを学びました。彼は家族との間で限られた数の手紙を送受信することができました。刑務所には現在、パワーズに関する展示のある小さな博物館があり、そこでソビエトの囚人との良好な関係を築いたとされています。飛行機の一部とパワーズのユニフォームは、モスクワ近くのモニノ空軍基地博物館に展示されています。 [27]

捕虜交換編集

編集を交換するCIAの反対

CIA、特にCIA防諜部長のジェームズ・ジーザス・アングルトンは、FBIに捕まり、スパイ行為のために投獄された「ルドルフ・アベル」として知られるソビエトKGB大佐ウィリアム・フィッシャーと権力を交換することに反対した。 [28] [23]:236–37最初に、アングルトンは、パワーズが故意にソビエト側に亡命した可能性があると信じていた。 2010年に発表されたCIA文書は、U-2が65,000フィートから34,000フィート( 20〜10 km)コースを変更してレーダーから消える前。 NSAレポートは2020年の時点で分類されたままです。[29]

いずれにせよ、アングルトンはパワーズが彼が知っているすべてをソビエトにすでに明らかにしたのではないかと疑ったので、彼はパワーズが米国にとって無価値であると推論した。一方、アングルトンによれば、ウィリアム・フィッシャーはまだCIAにほとんど明らかにしておらず、拒否した。彼の本名さえ開示するために、そしてこの理由のために、ウィリアム・フィッシャーはまだ潜在的な価値がありました。 [ 要出典 ]

しかし、フランシス・パワーズの妻であるバーバラ・パワーズは、しばしば飲酒していて、浮気をしていると言われています。 1961年6月22日、彼女は不規則に運転した後、警察に引っ張られ、飲酒運転に巻き込まれました。 [23]:251有名なCIA工作員の妻の評判が悪いことを避けるために、医師はバーバラを脚光を浴びないようにするようCIAに任命され、ジョージア州オーガスタの精神科病棟に厳格な監督下で従事するよう手配された。 [23]:251–51彼女は最終的に母親の世話に解放された。しかし、CIAは、ソビエト刑務所で苦しんでいるフランシス・パワーズがバーバラの窮状を知り、その結果、彼がまだ明らかにしていない秘密をソビエトに明らかにする絶望的な状態に達するのではないかと恐れました。したがって、バーバラは無意識のうちに、夫とウィリアム・フィッシャーが関与する捕虜交換の承認の原因を助けた可能性があります。 [23]:CIAの253アングルトンと他の人々はまだ交換に反対したが、ジョンF.ケネディ大統領はそれを承認した。 [23]:257

交換編集

1962年2月10日、ベルリンのグリエニック橋で広く知られているスパイスワップで、パワーズは米国の学生フレデリックプライヤーとともにウィリアムフィッシャーと交換されました。交換は、FBIに捕まり、スパイ行為のために投獄された「ルドルフ・アベル」として知られるソビエトKGB大佐ウィリアム・フィッシャーのためのものでした。 [28]パワーズは、彼の父親にスワップのアイデアを認めた。解放されたとき、パワーズの捕虜の合計時間は1年、9か月、および10日でした。 [30]

パワーズは当初、帰国時に冷たい歓迎を受けました。彼は、カメラ、写真フィルム、および関連する分類された部品を破壊するために航空機の自己破壊チャージをアクティブにしないことで批判されました。彼はまた、CIAが発行した「自殺ピル」を使って自殺しなかったことでも批判されました(1975年のチャーチ委員会へのCIAの証言で明らかになった、貝毒が溝に埋め込まれたコイン)。 [31] [ より良い情報源が必要 ]

彼はCIA、[32]ロッキード・コーポレーション、および空軍から広範囲に報告を受けた後、CIA長官ジョン・マコーンから次のような声明が出された。そしてアメリカ人としての彼の義務において。」 [33] 1962年3月6日、彼はプレスコットブッシュ上院議員、レヴェレットサルトンストール、ロバートバード、マーガレットチェイススミス、ジョンステニス、ストロムサーモンド、バリーを含むリチャードラッセルジュニア上院議員が議長を務める上院武装サービス選択委員会の公聴会に出席した。ゴールドウォーター。公聴会で、サルトンストール上院議員は、「あなたの指示に従い、非常に困難な状況下で最善を尽くした勇気のある、立派な若いアメリカ市民としてあなたを称賛します」と述べました。ブッシュ上院議員は、「彼が模範的なやり方で、そして自国への最高の奉仕の伝統に従って行動したことに満足している。そして、彼が捕らえられた行動をしたことを祝福する」と宣言した。ゴールドウォーター上院議員は彼に手書きのメモを送った:「あなたはあなたの国のために良い仕事をした」。 [34]

離婚と再婚編集

パワーズと彼の妻バーバラは1962年に別居し、1963年1月に離婚しました。パワーズは離婚の理由には彼女の不貞とアルコール依存症が含まれていると述べ、彼女は彼の帰国直後に絶えずタントラムを投げ、ピルを過剰摂取したと付け加えました。 [35]彼は、CIA本部で短時間働いていたときに会ったクローディア・エドワーズ「スー」ダウニーとの関係を始めた。ダウニーには、以前の結婚から子供、ディーがいました。彼らは1963年10月26日に結婚した。[36]息子のフランシスゲーリーパワーズジュニアは1965年6月5日に生まれた。[37]結婚はとても幸せなものであることが証明され、スーはその後夫の遺産を守るために一生懸命働いた。彼の死。 [38]

賞賛編集

1964年3月の演説で、元CIA長官のアレン・ダレスはパワーズについて次のように述べています。今夜彼にそれを言ってうれしい」と語った。 [39]

後のキャリア編集

パワーズは1962年から1970年までロッキードでテストパイロットとして働いていましたが、CIAは彼の給料を支払いました。 [ 要出典 ] 1970年に彼は本を書いた オペレーションオーバーフライト 共著者のカート・ジェントリーと。 [40] Lockheed fired him, because "the book's publication had ruffled some feathers at Langley." Powers then became a helicopter traffic reporting pilot for Los Angeles radio station KGIL. After that he became a helicopter news reporter for KNBC television. [ 要出典 ]

Powers was piloting a helicopter for KNBC Channel 4 over the San Fernando Valley on August 1, 1977, when the aircraft crashed, killing him and his cameraman George Spears. [41] [ 検証に失敗しました ] [ 非一次資料が必要 ] They had been recording video following brush fires in Santa Barbara County in the KNBC helicopter and were heading back from them. [ 要出典 ]

His Bell 206 JetRanger helicopter ran out of fuel and crashed at the Sepulveda Dam recreational area in Encino, California, several miles short of its intended landing site at Burbank Airport. The National Transportation Safety Board report attributed the probable cause of the crash to pilot error. [42] [ 信頼できないソース? ] According to Powers's son, an aviation mechanic had repaired a faulty fuel gauge without informing Powers, who subsequently misread it. [43] [ 信頼できないソース? ]

At the last moment, he noticed children playing in the area and directed the helicopter elsewhere to avoid landing on them. [42] He might have landed safely if not for the last-second deviation, which compromised his autorotative descent. [43]

Powers was survived by his wife, children Claudia Dee and Francis Gary Powers Jr., and five sisters. He is buried in Arlington National Cemetery as an Air Force veteran. [42] [ 信頼できないソース? ] [44]


History Film Forum: Secrets of American History

The pilot also expressed his doubts about U.S. foreign policy, and his desperate hopes for early release. In his cramped hand, Powers talks about becoming “a nervous wreck,” kept sane in part by Kruminsh, “one of the finest people I have ever known.”

Based on extensive research, the pilot’s son, Francis Gary Powers Jr., now believes that Kruminsh was probably “a plant,” assigned by the KGB to keep an eye on his fellow prisoner. He also thinks that his father was subjected to intense “psychological pressure.” “He was not tortured,” says Powers Jr., founder and chairman emeritus of the Cold War Museum in Warrenton, Virginia. “But there were bright spotlights, grueling questions, sleep deprivation, threats of death.”

On February 10, 1962, Powers was exchanged in Berlin for a Soviet spy, Rudolf Abel, on Glienicke Bridge, the site central to the Spielberg film.

Powers returned home to criticism that he should have activated his suicide pin rather than be captured a Congressional hearing in March 1962 exonerated him. He divorced in January 1963. As a civilian, he began test-flying U-2s for Lockheed. Later, he piloted traffic-reporting helicopters for a Los Angeles TV station. Powers died on the job in August 1977, when his aircraft, which had a faulty gauge history, ran out of fuel and crashed.

It took Powers’ family many years to refute the allegation that the pilot had a duty to kill himself. In 2012, the Air Force posthumously awarded the Silver Star Medal for Powers’ demonstration of “exceptional loyalty” to his country during his captivity. &#160

About Michael Dobbs

Michael Dobbs is a former ワシントンポスト reporter and foreign correspondent in Italy and the former Yugoslavia, best known for his Cold War coverage. Dobbs is the author of the Cold War Trilogy, which includes Six Months in 1945, One Minute to MidnightDown with Big Brother.


February 10 1962 Francis Gary Powers Spy Swap

On February 10th 1962, American spy pilot Francis Gary Powers was released by the Soviets in exchange for Soviet Colonel Rudolf Abel, a senior KGB spy who was caught in the United States five years earlier. The two men were brought to separate sides of the Glienicker Bridge, which connects East and West Berlin across Lake Wannsee.

As the spies waited, negotiators talked in the center of the bridge where a white line divided East from West. Finally, Powers and Abel were waved forward and crossed the border into freedom at the same moment𔃆:52 a.m., Berlin time. Just before their transfer, Frederic Pryor, an American student held by East German authorities since August 1961, was released to American authorities at another border checkpoint.

In 1957, Reino Hayhanen, a lieutenant colonel in the KGB, walked into the American embassy in Paris and announced his intention to defect to the West. Hayhanen had proved a poor spy during his five years in the United States and was being recalled to the USSR, where he feared he would be disciplined. In exchange for asylum, he promised CIA agents he could help expose a major Soviet spy network in the United States and identify its director. The CIA turned Hayhanen over to the FBI to investigate the claims.

During the Cold War, Soviet spies worked together in the United States without revealing their names or addresses to each other, a precaution in the event that one was caught or, like Hayhanen, defected. Thus, Hayhanen initially provided the FBI with little useful information. He did, however, remember being taken to a storage room in Brooklyn by his superior, whom he knew as “Mark.” The FBI tracked down the storage room and found it was rented by one Emil R. Goldfus, an artist and photographer who had a studio in Brooklyn Heights.

Emil Goldfus was Rudolf Ivanovich Abel, a brilliant Soviet spy who was fluent in at least five languages and an expert at the technical requirements of espionage. After decorated service as an intelligence operative during World War II, Abel assumed a false identity and entered an East German refugee camp where he successfully applied for the right to immigrate to Canada. In 1948, he slipped across the Canadian border into the United States, where he set about reorganizing the Soviet spy network.

After learning of Hayhanen’s defection, Abel fled to Florida, where he remained underground until June, when he felt it was safe to return to New York. On June 21, 1957, he was arrested in Manhattan’s Latham Hotel. In his studio, FBI investigators found a hollow pencil used for concealing messages, a shaving brush containing microfilm, a code book, and radio transmitting equipment. He was tried in a federal court in Brooklyn and in October was found guilty on three counts of espionage and sentenced to 30 years imprisonment. He was sent to the federal penitentiary in Atlanta, Georgia.

Less than three years later, on May 1, 1960, Francis Gary Powers took off from Peshawar, Pakistan, at the controls of an ultra-sophisticated Lockheed U-2 high-altitude reconnaissance aircraft. Powers, a CIA-employed pilot, was to fly over some 2,000 miles of Soviet territory to Bodo military airfield in Norway, collecting intelligence information en route. Roughly halfway through his journey, he was shot down over Sverdlovsk in the Ural Mountains. Forced to bail out at 15,000 feet, he survived the parachute jump but was promptly arrested by Soviet authorities.

On May 5, Soviet leader Nikita Khrushchev announced that the American spy aircraft had been shot down and two days later revealed that Powers was alive and well and had confessed to being on an intelligence mission for the CIA. On May 7, the United States acknowledged that the U-2 had probably flown over Soviet territory but denied that it had authorized the mission.

On May 16, leaders of the United States, the USSR, Britain, and France met in Paris for a long-awaited summit meeting. The four powers were to discuss tensions in the two Germanys and negotiate new disarmament treaties. However, at the first session, the summit collapsed after President Dwight D. Eisenhower refused to apologise to Khrushchev for the U-2 incident. Khrushchev also canceled an invitation for Eisenhower to visit the USSR.

In August, Powers pleaded guilty to espionage charges in Moscow and was sentenced to 10 years imprisonment–three in prison and seven in a prison colony.

At the end of his 1957 trial, Rudolf Abel escaped the death penalty when his lawyer, James Donovan, convinced the federal judge that Abel might one day be used either as a source of intelligence information or as a hostage to be traded with the Soviets for a captured U.S. agent. In his five years in prison, Abel kept his silence, but the latter prophecy came true in 1962 when he was exchanged for Powers in Berlin. Donovan had played an important role in the negotiations that led to the swap.

Upon returning to the United States, Powers was cleared by the CIA and the Senate of any personal blame for the U-2 incident. In 1970, he published a book, Operation Overflight, about the incident and in 1977 was killed in the crash of a helicopter that he flew as a reporter for a Los Angeles television station.


POWERS, Francis Gary ("Frank")

(NS。 17 August 1929 in Burdine, Kentucky NS。 1 August 1977 in Encino, California), pilot of the ill-fated U-2 reconnaissance flight over the Soviet Union on 1 May 1960 who was captured and later released in the first Soviet-American spy swap.

Powers was the sixth child and only son of Oliver Powers, a coal miner who managed a shoe-repair shop and worked in a defense plant, and Ida Ford, a housewife. He took his first airplane ride at the age of fourteen. Powers attended Grundy High School in Pound, Virginia. His father wanted him to become a physician and had him enroll in a premedical program at Milligan College, a church school near Johnson City, Tennessee. Powers dropped out of the program in his junior year but continued to study biology and chemistry. He graduated in June 1950, then enlisted in the U.S. Air Force, achieving the rank of first lieutenant in 1952.

Powers married Barbara Gay Moore in April 1955. He hoped to pilot commercial airliners after his enlistment expired in December 1955, but he was recruited to work for the Central Intelligence Agency (CIA). In January 1956 the CIA asked Powers to fly the Lockheed U-2 reconnaissance aircraft, which was designed for high-altitude flights to observe foreign military installations. The agency offered him the then-considerable sum of $2,500 a month. Powers flew a U-2 over the eastern Mediterranean in autumn 1956, monitoring the Anglo-French buildup prior to the invasion of the Suez Canal. The body of the shiny aircraft was so thin that a workman who bumped his tool kit against the plane left a four-inch dent. Technicians joked that the aircraft was made from Reynolds Wrap.

The U-2 had a ceiling of 20–21 kilometers, while Soviet fighters could not exceed 15–17 kilometers. Longer-range Zenith rockets had entered the Soviet arsenal in 1960. There were about twenty U-2 flights between 1956 and 1960, with the U-2s flown in circular paths, exiting the Union of Soviet Socialist Republics (U.S.S.R.) at different points. Powers was the first to fly in a line that could be plotted by Soviet radar. On 1 May 1960 he began his most famous mission: a nine-hour, 3,788-mile flight from Peshawar, Pakistan, over the missile launch site at Tiuratom in the Soviet Union. Powers was to pass Sverdlovsk and photograph the missile base under construction at Plesetsk before landing at Bodø, Norway. His aircraft, number 360, had experienced fuel-tank problems and made an emergency landing in Japan in September 1959. During his 1960 flight Powers had problems controlling the pitch of the plane.

Three missiles were fired at Powers's U-2 over Sverdlovsk. The first exploded near the aircraft, causing it to lose altitude, and the second hit the plane. The tail and both wings flew off. Without pressurization, pinned by G forces, and being strangled by his oxygen hoses, Powers somehow managed to bail out. A third missile, shot from a MiG-19, destroyed another Soviet fighter trying to intercept the U-2.

Powers's flight was the last U-2 mission scheduled before a summit between President Dwight D. Eisenhower and Soviet premier Nikita Khrushchev in Paris in May 1960. The leaders had planned to discuss a limited test-ban treaty, the first major agreement of the cold war. On 5 May, Khrushchev told the U.S.S.R. Supreme Soviet that an American plane had been shot down. Although the summit was cancelled, Khrushchev apparently wanted it to go ahead and blamed the spy flight on Pentagon militarists who had acted without Eisenhower's knowledge.

When Powers's U-2 disappeared, U.S. officials wrongly assumed that he was dead and the plane had been destroyed. They did not know Powers had been captured on a collective farm near Sverdlovsk. After sixty-one days of interrogation in Moscow's Lubianka Prison, he went on trial for espionage on 17 August 1960. The audience at the Hall of Trade Unions exceeded 1,000 people. Powers was convicted and sentenced to ten years in prison, and transferred to a jail in Vladimir, Russia, in September 1960. The wreckage of his U-2 aircraft was exhibited in the chess pavilion at Gorkii Park, and later was piled in a corner of the Central Museum of the Armed Forces of the U.S.S.R. in Moscow.

On 10 February 1962 Powers was exchanged for the Soviet spy Rudolf Ivanovich Abel in the first Soviet-American "spy swap." Khrushchev claimed that, because he delayed Powers's release until after the 1960 U.S. presidential election, the Republican candidate Richard Nixon failed to benefit from improved Soviet-American relations, and John F. Kennedy was able to clinch his narrow election victory.

Once back in the United States, Powers found work with the CIA in Virginia, but he soon resigned and later joined Lockheed in Burbank, California. He obtained a divorce from his first wife in January 1963 and married Claudia ("Sue") Edwards Downey, a CIA employee, on 24 October of the same year. Powers adopted his seven-yearold stepdaughter, and the couple had a son in 1965. Powers chronicled his U-2 experience in the book Operation Overflight (1970)。 He lost his job at Lockheed, and in the 1970s worked as a traffic-watch pilot for KGIL radio in Los Angeles, at an aircraft communications company, and as a reporter for KNBC.

Powers died at the age of forty-seven when his aircraft ran out of fuel and crashed on a baseball field in Encino. Boys playing on the field felt he had maneuvered his helicopter to spare their lives. Although Powers had received broad public criticism in 1960 for not committing suicide after he was captured by the Soviets, President Jimmy Carter granted permission for him to be buried in Arlington National Cemetery in Virginia.

Powers has been depicted as unexceptional and unlucky. An obituary characterized him as "a human element necessary only until robot satellites would come along." Indeed, the day Powers was sentenced, the United States recovered the first film from a spy satellite whose cameras had photographed more territory than all the U-2 missions combined. However, reconnaissance from U-2s proved crucial during the 1962 Cuban Missile Crisis, and these aircraft were still in use during the 1991 Gulf War.


It was around 6:20 on Sunday May 1, 1960 when a member of the crew pulled the ladder away and slammed the canopy shut. The pilot then locked it from the inside. As Francis Gary Powers taxied on to the runway out of Peshawar air base, Pakistan and carefully guided the U-2C, model 360, into the air, the J75/P13 engine roared with a distinctive whine. He never lost the thrill of hearing the familiar sound.

Quickly climbing toward his assigned altitude and switching into autopilot for his twenty-eighth reconnaissance mission, he headed toward Afghanistan and initiated a single click on the radio. Seconds later, he heard a single click as confirmation. As explained by Francis Gary Powers Jr. and Keith Dunnavant in their book Spy Pilot, this was his signal to proceed as scheduled, in radio silence.

Determined to pack as much surveillance as possible into one flight, Powers was scheduled to cross over the Hindu Kush range of the Himalayas and into the southern USSR, passing over a 2,900-mile swath of Soviet territory, from Dushambe and the Aral Sea, to the rocket center of Tyuratam, and on to Sverdlovsk, where he would head northwest, reaching the key target of Plesetsk facility to judge the Soviet ICBM progress before turning even farther northwest, toward the Barents Sea port of Murmansk. Exiting to the north, he was to land in Bodo, Norway, where a recovery team was waiting to transport the U-2 and secure the pilot. In the case of an emergency, such as running low on fuel, he was authorized to take a shortcut into the neutral nations of Sweden or Finland, which would be sure to cause complications for Washington. But as it was remarked at the time, “Anyplace is preferable to going down in the Soviet Union.”

The Soviets were especially dangerous if they knew the U-2 was coming. According to an official protest subsequently lodged with the US government by the foreign minister of Afghanistan, for violating their sovereign airspace on the way north, the Soviets provided an early warning of the spy plane’s incursion.

After flying into the thin, cold air of the stratosphere, Frank was no longer sweating in his pressure suit but he felt his pulse quicken. He always felt a bit uneasy crossing into the USSR. Nine hours was a long time to be in the air, nearly all of it over enemy territory, and the pilot realized he had never been more vulnerable.

Because his sextant—a device used to measure distance based on the angular width between two objects—had been set for a 6 a.m. departure, rendering all of the values off by nearly a half hour, Frank would have to rely heavily on his compass and clock to navigate. For about the first 90 minutes, he encountered heavy cloud cover, which made it more difficult to stay on course.

About the time the sky below turned into a blanket of blue, he saw something in the distance: the contrail of a single-engine jet aircraft, headed in the opposite direction, at supersonic speed. Soon he saw another contrail, heading toward him, at supersonic speed. He assumed it was the same plane, having turned around to follow him.

“I was sure now they were tracking me on radar he said, relieved by the enormous distance, which reflected the jet’s inability to approach the U-2’s altitude. “If this was the best they could do, I had nothing to worry about.”

The scramble to deal with the invader eventually reached the Kremlin. It was still early morning Moscow time when Premier Khrushchev’s telephone rang.

Khrushchev told Soviet defense minister Rodion Malinovsky: “You must do your very best! Give it everything you’ve got and bring that plane down!”

After telling his leader that a new SA-2 battery was stationed along the plane’s apparent route, Malinovsky said, “We have every possibility of shooting the plane down if our anti-aircraft people aren’t gawking at the crows!”

After switching on the camera while flying over the Tyuratam Cosmodrome, the launch site for Soviet space shots which had been confirmed and extensively photographed in previous U-2 missions, Powers worked through a slight course correction and proceeded north, eventually getting a nice view of the snow-capped Ural Mountains, the geo-graphic dividing line between Europe and Asia, to his left.

Passing various landmarks, he made notations for his debriefing. When his autopilot malfunctioned—a problem considered significant enough to consider aborting a mission—he switched it off and began flying the plane manually. The choice to head back or proceed was his, but since he was more than 1,300 miles into Soviet territory, he made the fateful decision to keep going. He had gone too far to turn back now.

Almost four hours into the flight, just southeast of Sverdlovsk, while recording figures in his flight log, he felt a thump. A violent shockwave reverberated through the aircraft as a bright-orange flash lit up his world.

“My God,” he said to himself. “I’ve had it now.”

Pulling tight on the throttle with his left hand while holding the wheel steady with his right, Powers checked his instruments. Everything looked normal. Then the wing tipped and the nose dropped. Suddenly realizing he had lost control of the aircraft, he felt a violent shudder, which jostled him from side to side in his seat. He believed the wings had broken off.

With what remained of his craft spinning out of control, Kelly Johnson‘s once-powerful machine was now overpowered by immutable gravity, and Powers reached for the self-destruct button, which worked on a 70-second delay timer, and prepared to eject. Then he changed his mind, pulling his finger back. Slammed forward by the enormous g-forces, in a suit that had inflated when the cabin lost pressurization, he immediately reached a rather-disheartening conclusion: If he ejected from this awkward position, the impact of his legs on the canopy rail would sever both of his legs, because they were trapped underneath the front of the cockpit.

Quickly thinking through his options, as the plane descended below 35,000 feet, Frank jettisoned the canopy, which flew off toward the heavens, and decided to climb out of the cockpit. When he released his seat belt, the resulting force threw him out.

But this solution created another problem: Because he was still tethered to his oxygen supply, and because the g-forces were so severe, he could no longer reach the self-destruct buttons. Even as his faceplate frosted over in the extreme cold, he fumbled in the dark on a bright sunny day, extending his fingers as far as they would go.運がない。 Now he had no way to destroy the plane, to keep it from falling into enemy hands.

Somehow he broke free from the oxygen hose and eventually felt a jerk, which yanked him forward. His parachute opened automatically at 15,000 feet and he descended slowly toward the countryside, near a small village.

“I was immediately struck by the silence,” he later recalled. “Everything was cold, quiet, serene. 。 。 。 There was no sensation of falling. It was as if I were hanging in the sky.”


How did the United States and USSR react to the Francis Gary Powers U2 incident?

On May 1, 1960, the pilot of an American U-2 spy plane was shot down while flying through Soviet airspace. The fallout over the incident resulted in the cancellation of the Paris Summit scheduled to discuss the ongoing situation in divided Germany, the possibility of an arms control or test ban treaty, and the relaxation of tensions between the USSR and the United States.

USSR rejects Eisenhower's "Open Skies" plan

As early as 1955, officials in both Moscow and Washington had grown concerned about the relative nuclear capabilities of the Soviet Union and the United States. Given the threat that the nuclear arms race posed to national security, leadership in both countries placed a priority on information about the other side’s progress. At a conference in Geneva in 1955, U.S. President Dwight Eisenhower proposed an “open skies” plan, in which each country would be permitted to make overflights of the other to conduct mutual aerial inspections of nuclear facilities and launchpads.

Soviet leader Nikita Khrushchev refused the proposal, continuing the established Soviet policy of rejecting international inspections in any form. Meanwhile, Khrushchev also claimed that the Soviet Union had developed numerous intercontinental ballistic missiles, which only motivated the United States Government to look for new ways to verify developments in the Soviet nuclear program.

U-2 spy planes fly over USSR to monitor Nuclear Activity

The U-2 spy plane program grew out of these concerns. The U-2 was a special high-altitude plane that flew at a ceiling of 70,000 feet. Because it flew at such heights, it was thought it would be possible for the planes to pass over the Soviet Union undetected by radar on the ground. It was important that the overflights be undetected, because normally an unauthorized invasion of another country’s airspace was considered an act of war. Operated through the U.S. Central Intelligence Agency (CIA), the first flight over Moscow and Leningrad (St. Petersburg) took place on July 4, 1956.

The flights continued intermittently over the next four years. It was later revealed that the Soviets did pick up the flights on radar, and the United States lost a plane over the Soviet Union in 1959, but as long as there was no definitive proof connecting the flights to the United States there was no advantage for the Soviets to raise the issue publicly lest it draw attention to the Soviet inability to shoot down the offending flights.

Francis Gary Powers' U2 shot down near the Ural Mountains in May 1960

On May 1, 1960, the situation changed. On the eve of the Paris Summit and during the May Day holiday, CIA pilot Francis Gary Powers took off from a base in Pakistan bound for another base in Norway, with his planned flight path transgressing 2,900 miles of Soviet airspace. Near the city of Sverdlovsk Oblast in the Ural Mountains, Powers' plane was shot down by a Soviet surface-to-air missile. Powers ejected and parachuted safely to the ground, where he was captured by the KGB, and held for interrogation. The plane crashed, but parts of it were recovered and placed on public display in Moscow as evidence of American deceit.

Powers Incident disrupts the Paris Summit

Although the capture of Powers provided the Soviets the concrete proof that the United States had been conducting the flights, it was not immediately clear what the impact would be for the Paris Summit. At first, and before they had confirmation that Powers had survived, U.S. officials claimed that the U-2 had been conducting a routine weather flight but experienced a malfunction of its oxygen delivery system that had caused the pilot to black out and drift over Soviet air space. On May 7, however, Khrushchev revealed that Powers was alive and uninjured, and clearly had not blacked out from oxygen deprivation.

Moreover, the Soviets recovered the plane mostly intact, including the aerial camera system. It became instantly apparent that the weather survey story was a cover-up for a spy program. Khrushchev had publicly committed himself to the idea of “peaceful coexistence” with the United States and the pursuit of détente, so from his perspective, if U.S. President Dwight Eisenhower denied any knowledge of the spy program and the United States apologized, he would have continued the summit.

Eisenhower admits to Spying on USSR

Related DailyHistory.org Articles

Spying was common, and of course, the Soviet Union had its own agents reporting on developments in the United States. Eisenhower, however, refused to issue a formal apology to the Soviet Union he had taken a great personal interest in the spyplane program, and considered the violation of Soviet airspace and the reconnaissance of Soviet nuclear facilities serious enough to personally approve each flight. On May 11, Eisenhower finally acknowledged his full awareness of the entire program and of the Powers flight in particular. Moreover, he explained that in the absence of an “open skies” agreement, such spy flights were a necessary element in maintaining national defense, and that he planned to continue them.

Eisenhower’s statement left Khrushchev in a difficult position. If he did nothing, that would be tantamount to acknowledging implicitly the right of the United States to spy. But any action Khrushchev did take had the potential to scuttle the upcoming conference and his larger plans for a Soviet-American détente. Ultimately, he demanded that Eisenhower apologize for the past flights and promise to discontinue them as a precondition for entering into the planned negotiations on Germany. Eisenhower’s refusal led the Soviet delegation to leave Paris just as the summit was about to begin.


ビデオを見る: フランシスゲーリーパワーズ