ピーター・スミス博士は彼の暴風雨で何をしましたか?

ピーター・スミス博士は彼の暴風雨で何をしましたか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ピーター・スミス博士は1850年にサンフランシスコで貧しい人々の世話をし、市は彼に利子のあるスクリップで支払いました。すぐに彼は64,000ドルの借金を負い、市は彼に返済するために不動産の繰り返し販売を強いられました。ナンシー・タニグチの「汚い行為」によると、デビッド・ブロデリック上院議員は「スミスロット」の多くを購入しました。

その莫大な金額で、ピーター・スミス博士はどこに行きましたか、そして彼は何をしましたか?


それは興味深い質問です。確かに、ピーター・スミス博士の話は、サンフランシスコ市の歴史の中で影響力のある話です。フランク・ソーレの 『サンフランシスコの年鑑』では、章全体がそれに捧げられています。 et al.


1850年、スミス博士は市と「貧しい病人」の世話をする契約を結びました。このために、彼は患者1人あたり1日4ドルの合計を支払われることになっていた。これはスクリップで支払われることになっており、後で3%の金利で償還することができました[Soulé et al、1855、p370]。

スミス博士の病院は「有名な売春宿」の隣に立っていた[Lavender、1987,220]。 1850年10月31日、ボルデッロでの火災(意図的に開始されたと考えられている)が隣接する病院に広がりました。約150人の患者が救助されましたが、病院は破壊され、スミスは40,000ドルから80,000ドルの個人的な経済的損失を被りました[Durham、1997、178](あなたが読んだアカウントによって異なります)。

いずれにせよ、これは重大な損失であり、せいぜい、市が彼に支払うべき金額のほぼ3分の2を占めていただろう。これは、彼が借りていたお金でサンフランシスコ市を訴えることになった出来事だったようです。市はそのexchequerに十分な資金を持っていなかった、そして借金を解決するために広大な土地を売らなければならなかった。その売却は誤って取り扱われ、その土地の多くは実際の価値よりもはるかに安い価格で売却されました。

彼は1851年2月に未払い金の最初の部分(19,239ドル)を受け取り、その年の後半に残り(45,538ドル)を受け取りました。残りの一部は、市が販売している75ロットの形で支払われたようです。スミスはこれらのロットの多く(おそらくすべて)を他の投資家にほぼ即座に売却したようです。

それで、火事での彼の損失と、彼が都市によって負っているものを取り戻す間、彼の費用を考慮に入れて、彼はポケットに財産を持ってほとんど立ち去りませんでした。 (都市から土地を購入した多くの人々については、確かに同じことは言えませんでした!)


彼がどこに行ったのか、そして彼が次に何をしたのかについては、私たちが本当に確実に言えるとは思いません。私は1860年7月23日にニューヨークタイムズで公開されたアカウントを見つけました。

彼はイリノイに行きました。それから彼はまた戻ってきました。それから彼はニューグラナダに行きました、そしてそこで今日まで彼は彼の鉄片をぶらぶらしています-「ピータースミス、M.D。」

おそらく、この場合、 ニューグラナダ 旧ニューグラナダ共和国に言及しました。

私は常に裏付けのない新聞記事に注意を払っていますが、ニューヨークタイムズの特派員が彼の信念に正しければ、ピータースミスは少なくともまでニューグラナダ(その時点ではグラナダ連合として知られていました)で医者として練習し続けました1860年。


ソース

  • ダーラム、フランク:ボランティアフォーティナイナーズ:テネシー人とカリフォルニアゴールドラッシュ、ヴァンダービルト大学出版局、1997年
  • Lavender、David Sievert:California:Land of New Beginnings、University of Nebraska Press、1987
  • Soulé、Frank、Gihon、John H、およびNisbet、James:The Annals of San Francisco、New York、1855

ピーター・スミス博士は当初「スクリップ」(IOU)で支払われましたが、彼は市に彼のスクリップを「現金化」するよう要求しました。その結果、市はサンフランシスコのウォーターフロントの一等地を64,000ドルの借金を清算するために彼に売却しました。彼は土地投機家になり、このラインでたくさんのお金を稼いだ(そして失った)。彼の投資の1つは、火事で破壊された40,000ドルの病院への投資でした(当時は保険がありませんでした)。 「ゲーム」はそれほど長くは続かなかった。彼は1854年に姿を消した。


ピーターナバロ

ピーターケントナバロ (1949年7月15日生まれ)はアメリカの経済学者および作家です。彼はトランプ政権で大統領補佐官、貿易製造政策局長、国防生産法政策コーディネーターを務めました。彼は以前、大統領令によって設立された新しい役割である貿易製造政策局に統合されるまで、ホワイトハウス事務局に新しく設立された組織であるホワイトハウス国家通商会議の大統領兼局長の副補佐官を務めていました。 [1] [2]彼はまた、カリフォルニア大学アーバイン校のPaul Merage School of Businessの経済学および公共政策の名誉教授であり、 中国による死、他の出版物の中で。 [3] Navarroは、カリフォルニア州サンディエゴのオフィスに5回出馬しましたが失敗しました。 [4]

貿易に関するナバロの見解は、経済思想の主流から大きく外れており、他の経済学者によってフリンジと広く見なされています。 [5] [6] [7] [8] [9]米国の貿易赤字削減の強力な支持者であるナバロは、ドイツと中国の批評家としてよく知られており、両国の通貨操作を非難している。 [10]彼は、アメリカの製造業の規模を拡大し、高い関税を設定し、「グローバルなサプライチェーンを本国に送還する」ことを求めた。 [11]彼はまた、NAFTA [12]や環太平洋パートナーシップ協定などの多国間自由貿易協定の反対者でもあります。 [13]

トランプ政権では、ナバロはトランプに貿易保護貿易政策の実施を奨励したため、貿易に関するタカ派の顧問でした。 [14] [15] [16] [17]トランプ政権における彼の役割を説明する際に、ナバロは「[トランプの]直感を[貿易]で確認する基礎となる分析を提供するためにそこにいる。そして彼の直感は常に正しい」と述べた。これらの問題で。」 [7] 2018年、トランプ政権が貿易制限政策を実施していたとき、ナバロは、実施直後に「私たちが世界で最も儲かる最大の市場であるという単純な理由で」米国の関税に報復する国はないと主張した。関税、他の国々は米国に対して報復関税を実施し、貿易戦争を引き起こしました。 [18] [19]

トランプ政権の最後の年に、ナバロは政権のCOVID-19対応に関与しました。早い段階で、彼はウイルスによってもたらされる脅威について行政内で個人的な警告を発しましたが、公の場でのリスクを軽視しました。ナバロがCOVID-19の治療法としてヒドロキシクロロキンを宣伝し、ウイルスの拡散を阻止するためのさまざまな公衆衛生対策を非難したため、彼は国立アレルギー感染症研究所の所長であるアンソニー・ファウチと公然と衝突した。 [21] [22]ジョー・バイデンが2020年の選挙に勝利し、ドナルド・トランプが譲歩を拒否した後、ナバロは不正選挙の陰謀説を進めた。 [23]


600万人以上のアメリカ人がアルツハイマー病に苦しんでいます

近年、ファイザーやベーリンガーインゲルハイムなど、一部の大手製薬会社は2018年に脳疾患の研究を断念しました。実際、Biogenは、数十年の失敗の後、2019年の臨床試験中のある時点で、決定を覆す前にAduhelmをあきらめていました。ブレークスルーを求めて。

潜在的なコストを含むバイオジェン薬をめぐる論争は、認知症治療の大規模で満たされていないニーズと、米国に年間2,590億ドルもの費用がかかる病気の状況に直面しています。アルツハイマー病協会の推定によると、600万人以上のアメリカ人がアルツハイマー病または別の形態の認知症を患っており、2050年までにその数は年間1兆ドルの費用で1200万人以上に達する可能性があります。

ネバダ大学ラスベガス校の神経内科医であるジェフリー・カミングス博士は、アルツハイマー病の医薬品開発パイプライン。彼の研究は、Biogenの承認前に99.6%の薬剤失敗率を一貫して示しました。これは、成功した5つの抗がん剤の1つ(20%)とはまったく対照的です。

カミングス氏によると、短期的には他の治験の負の副作用は、特定の疾患の承認を得る方法があることがわかったら、企業やベンチャーキャピタル、バイオテクノロジーの関心の高まりによって、どちらかといえば「克服される」とのことです。 。&quot

最近の歴史では、国立衛生研究所は認知症よりも心臓病と癌の研究に2〜3倍多くを費やしましたが、臨床試験の資格のある参加者の不足も進歩を遅らせました。


S.F.不動産取引は1800年代に本当に水中でした

サンフランシスコの不動産戦争は今や悪質かもしれませんが、ゴールドラッシュの間にウォーターフロントで起こったことと比較して何もありません。

エリス法と所有者の入居を忘れてください-当時、小作農立ち退きはスミス&ウェッソンの会社によって行われ、湾の底に衝突する大型船を送ることによって法的所有権が確立されました。

それらの冒険活劇時代の幽霊のような残骸はまだ存在しています。金融街の下と北東のウォーターフロントに沿って、数十隻のゴールドラッシュ船の埋葬された船体があります。

これらの船のほとんどは乗組員によって放棄され、湾を埋めるために使用されました。一部は解体前に店舗やホテルとして使用されていました。しかし、それらのいくつかは、よりカラフルな運命に遭遇しました。彼らは、当時水中にあった不動産である水場の所有権を確立するために意図的に自沈しました。

船を水場に沈めることに対する金銭的見返りは莫大でしたが、リスクも同様でした。ウォーターロットは、ゴールドラッシュの間に出現した多くの埠頭の1つの隣に常にありました。これらの埠頭の所有者は、明白な理由で、停泊スペースを埋めることに激しく反対し、それを防ぐために何もしませんでした。

その結果、船は通常真夜中に速く沈められなければならず、自沈をしている男性は武装した埠頭の従業員と彼らの命のために戦う準備をしなければなりませんでした。

サンフランシスコのチャンピオンスカットラーは、フレッドローソンというノルウェー海の船長でした。 1850年から1853年まで、彼は、デイビス、ドラム、パシフィック、ジャクソンに囲まれた水域のブロックに4隻を含む、多数の船を沈める責任がありました。彼の話は、1890年8月31日の審査官で述べたように、街の歴史の中で最も珍しいエピソードの1つに光を当てています。

ローソンは1837年にニューヨークに上陸し、1849年の秋にサンフランシスコに到着しました。金鉱での短いスティントの後、彼は不動産投機家になりました。

ロジャーとナンシーオルムステッドとアレンパストロンが1977年の著書「サンフランシスコウォーターフロント」で述べているように、ローソンとパートナーは1850年代初頭に、悪名高い「ピータースミスの販売」で3ブロックの水場を購入しました。破産した都市は、ピーター・スミス博士に有利な64,000ドルで、それに対する裁判所の判決を満たすために2,000エーカーのプライムランドを売却しました。

安く買った

ローソンは水没した区画を3,500ドルというとてつもなく低い価格で購入しました。そのタイトルが法的に争われていたため、市のウォーターフロントのブロックは町で最も価値があり、50万ドル以上の価値がありました。しかし、オルムステッドとパストロンが書いているように、「ローソンは、所持が法律の10分の9であるという珍しいことではない前提に基づいて活動する準備ができていた」。そして、彼が所有する方法は、杭を水に沈めるか、船を沈めることでした。

どちらの活動も気弱な人のためのものではありませんでした。

審査官の中で、ローソンはドラムストリートと旧クラークストリートの角でイギリスの船ベテルを沈めた日を思い出しました。

「彼女は私に450ドルの費用がかかった」と彼は言った。彼女が倒れる前に私たちはいくつかのショットを交換した。つまり、埠頭と私がしたことを意味する。 「」

埠頭は埠頭のボスであり、彼はローソンの同盟国でも、ベテルを自沈させる計画でもありませんでした。

「私は彼女を安定させるために埠頭に線を固定しました、そして彼は彼女が漂流するようにそれを切り始めました」とローソンは言いました。でも彼は最初にロープを切った。いや、その時は誰もけがをしていなかったが、あったかもしれない。」 「」

船は漂流し、ローソンはそれを別のロット所有者に売らなければなりませんでした。

クイックシンキング

別の機会に、ローソンはパシフィックワーフ社の隣にイネスと呼ばれる船を沈めました。

「 『私の部下が昼間、スリップで建物の山を運転したとき、(埠頭の従業員は)夜に彼らを引っ張らせた』とローソンは思い出した。私が彼女を望んでいたところまで彼女を走らせました、そして、彼女は数分で底にいました。


最後に、ピーター・ノーマンとブラックパワー・サリュートについての実話

ゆっくりと、しかし確実に、ピーター・ノーマンはついに彼にふさわしい、そして常に望んでいたヒーローとして認められています。

時間についても。たった半世紀しかかかりません。

火曜日は、ノーマンが1968年のメキシコシティーオリンピックでの男子200メートル決勝で銀メダルを獲得してから50年を迎えました。

彼の20.06秒という時間は今でもオーストラリアの記録であり、シドニーオリンピックで金メダルを獲得し、オーストラリアの陸上競技チームで最も成功したオリンピックの一部でした。

しかし、ノーマンが広く記憶されているのは、金メダルを獲得したアメリカのスプリンター、トミー・スミスとブロンズのメダリストであるジョン・カルロスの静かな抗議で彼が果たした役割です。

時間 雑誌は、これまでに撮影された中で最も象徴的な写真だと考えています。アメリカの国歌が演奏されている間、2人の黒いスプリンターが、両方とも黒い手袋で覆われた拳をメキシコシティの薄い空気に上げています。

大きな結果を伴う大きな決断:1968年のオリンピックで200メートルで銀を主張した後、トミー・スミスとジョン・カルロの抗議に参加することは、ノーマンと彼の近くの人々の人生を永遠に変えました。クレジット:AP

スミスとカルロスは、公民権運動が加速するにつれて米国が文字通り燃えているときに、自国でのアフリカ系アメリカ人の扱いに抗議していた。

やがて、スミスとカルロスは、2年前のリオ大会後、当時のバラク・オバマ大統領の招待でアメリカのオリンピックチームと一緒にホワイトハウスに出席するなど、彼らにふさわしい伝説的な人物になりました。

特に2006年に心臓発作で突然死した後、彼らは両方ともノーマンの遺産を引きずりました。特に、カルロスはあらゆる機会にノーマンに言及しています。 「神は正しい人を選んだ」と彼は言った。

アメリカでは、ノーマンはスミスやカルロスと同じように1968年に起こったことに執着しています。オーストラリアはもう少し時間がかかりました。

今年の初め、オーストラリアオリンピック委員会は死後、ノーマンにメリット勲章を授与しました。今月初め、Athletics Australiaとビクトリア州政府は、メルボルンのレイクサイドスタジアムの外に銅像を建てると発表しました。また、12年前の彼の死以来米国で祝われているピーターノーマンデーとして10月9日を採用します。

これは、2012年の連邦議会での労働党議員アンドリュー・リーによるオリンピックおよび陸上競技関係者による虐待に対する謝罪に続くものです。

注文のポイント、スピーカーさん!

ノーマンがどれだけブラックボールに入れられたか、ブラックリストに載せられたか、追放されたか、またはまっすぐに不当に扱われたかは、誰と話すかによって異なります。

ついに表彰:6月の故オリンピック選手ピーター・ノーマンの式典でのオーストラリアオリンピック委員会のジョン・コーツ会長とジャニタ・ノーマン。クレジット:AAP

先週、私がノーマンについて書いた本が出版社のパン・マクミランから出版されました。エキサイティングなプロジェクトとして始まったものは、非常に複雑な、そして非常に欠陥のある人間についての非常に複雑な物語に発展しました。

ノーマンの人生について多くの誤解や嘘が語られてきたため、事実とフィクションを区別するのに多くの作業が必要でした。最も愚かなのは、彼がスミスとカルロスの立場を公に非難した場合、シドニーオリンピックの組織委員会で有給の仕事を与えられたであろうという主張でした。

彼の話の他の部分を解明することはより問題がありました。

主に論争されているのは、4年前に起こったことのために彼が1972年のミュンヘンオリンピックへの出場を禁止されたかどうかです。それは決して答えられない質問です:アカウントはあなたがインタビューする人(まだ生きている)ごとに大きく異なります。レリーン・ボイルを含む当時の他のアスリートは、それが彼に費用がかかるとは信じていません。

尊敬:トミー・スミス(左)とジョン・カルロスは、2006年にメルボルンのウィリアムズタウン市庁舎からピーター・ノーマンの棺を運びます。クレジット:AAP

この本のリリース以来、再び提起された多くの誤解を読んだり聞いたりするのは興味深いことです。

私が最終的に思いついたのは、ノーマンは歴史のはしごで忘れられてほとんど傷ついたということでした。彼はもっと認めるに値すると思った。そして彼はそうしました。

私にとって、ノーマンの物語の中で最も説得力があり、見過ごされている部分は、1968年の名声が彼の人生のバランスを完全に崩したことです。

「ピーター・ノーマンは2人います」と、元イーストメルボルンハリアーズのチームメイトであるゲイリーホールズワースは言いました。 「その夜(1968年)に何が起こったのかについての話は大きくなりました。ピーターはそれとともに、その周り、その上で成長しました。」

ピーターの最初の妻であるルースは次のように述べています。「彼は家に帰って別の人でした。私たちの生活はもはや私たち自身のものではありませんでした。彼は他のみんなの人になるでしょう。」

本を書く最終段階で、その結婚からのルースとノーマンの子供たち–ジャニータ、サンディ、ゲイリー–はインタビューを受けることに同意しました。

エチューカの食堂のテーブルの周りに座って、彼らは苦悩を露わにし、彼が家族の上を歩いて、彼が関係を持っていた別の女性との関係を築くのを傷つけました。

スピードスター:ピーターノーマンは1968年にメキシコシティの200メートルでテープを破ります。クレジット:Fairfax Media

ルースはノーマンを法廷に連れて行き、彼から維持費を搾り取らなければならなかった、そして何年もの間、彼は彼の子供たちに会うことを拒否した。彼らは人生の後半に彼と再会しましたが、それは遅すぎました。彼は64歳で亡くなりました。

1968年に父親の行為について聞いたり読んだりするたびに、それは彼ら自身の個人的な悲劇を思い出させます。

「私たちはここにいて、遺産に巻き込まれています」とジャニータはインタビューの中で語った。 「多くの人々がさまざまな方法で苦しんでいます。しかし、全体像が必要です。」

ノーマンの葬式で、ジャニータは棺桶に手紙を入れました。

「私は彼を許したと彼に言った」と彼女は言った。 「ペテロがその夜にしたことの重要性は、私たちの傷以上のものを意味するからです。」

ピーター・ノーマン、私たちが本当に知り、理解し始めたばかりの欠陥のあるヒーロー。


スティーブン・ミットフォード・グッドソン:追悼

編集者注:以下は、昨年スティーブン・グッドソンが不思議なことに亡くなった後、ケリー・ボルトンによって書かれたものです。 Goodson&#8217s&#8220A History of Central Banking and the Enslavement of Mankind&#8221のコピーをお持ちでない場合は、ここですぐに購入する必要があります。グッドソン氏は、20世紀のすべての戦争は中央銀行家(ロスチャイルドら)によって引き起こされたものであり、私たちが信じるように導かれた誤った宣伝によってではないと信じていました(ドイツと日本は世界を支配しようとしています!)。

スティーブン・ミットフォード・グッドソンは、彼の名前が示すように、ダイアナ・モズレーのミットフォードとユニティの名声に関連していた。の編集委員を務めたこと バーンズレビュー、彼は、世界全体がユダヤ中心であると考えられているため、「ホロコースト否認」として、そして「反ユダヤ主義」であるために、非情で特に信頼性の低いウィキペディアやその他の雑多なスカムによって最も記憶されています。しかし、グッドソンは、経済学と金融の学問的および専門的背景を通じて結論に達しました。彼は8月4日の死後、彼の賛辞に入れられたので、「内側」の「外側」でした。

グッドソンはロシア皇帝に特別な共感を覚え、ロシア帝国の旗を自宅から飛ばした。 1994年に設立された所得税と高利貸しの廃止党の彼のリーダーシップは、文化的危機の症状とは異なり、本当の源を攻撃しようとする彼のコミットメントを反映していました。党は現在は機能していないが、銀行と歴史に関する詳細な声明はオンラインのままである。彼は、南アフリカの作家、探検家、考古学者であるマイケル・テリンジャーによって2012年に結成されたUbuntuPartyを支援しました。前政党と同様に、Ubuntuの主要な方針は、高利貸しのないクレジットを発行する州銀行の創設でした。グッドソンは2014年の選挙で党候補のリストの2番目でした。 Ubuntuはアフリカの概念に触発されたと言われていますが、グッドソンは彼自身が権利者であり、アフリカの白人の擁護者でした。

おそらく彼の最後の記事 バーンズレビュー 「ボーア人の虐殺:ロスチャイルドの貪欲が犯罪で果たした役割の絵画史」でした。 2016年から2018年の間に、彼の2冊の本 Hendrik Frensch Verwoerd:南アフリカの最高首相ローデシアのイアン・スミス首相:神話の暴言 英国の雑誌によって連載された、 遺産と運命。グッドソンは、数十年にわたる適切に配置された情報源を引用し、イアン・スミスが常にリベラルであったこと、およびヨハネス・フォルスターが関与したより深い陰謀の一部であるとしてフルウールの暗殺について説得力のある主張をしました。 2015年に、彼はステレンボッシュ大学の学長に手紙を書き、社会学と心理学のステレンボッシュ卒業生であったVerwoerd博士を称えるプラークを取り除く決定に反対しました。

「私たちの遺産を改ざんすることによって、前向きなことは何も達成されません。自由主義的左翼の政治的に正しい命令に蹂躙することは、アフリカーンス語を授業料の言語として廃止するよう要求される可能性があるときに、長期的には事態を悪化させるだけの魂のない運動です。 Verwoerd博士は、我が国の発展に顕著な貢献をしました。南アフリカのすべての人々は比類のない平和と繁栄の時代を経験しました、そしてその特異な業績のために彼は認められるに値します。」

Verwoerd博士と他のアフリカーナーナショナリストは、オッペンハイマー王朝が南アフリカを率いる国際資本主義がアフリカーナーの生存の最大の敵であることを認識し、Verwoerdはオッペンハイマーの影響力について率直に発言しました。グッドソンは、1990年にベテランの金融改革者であるジュディウォルマン夫人に会ったと述べました。彼は、フルウール暗殺の直前にウォルマン夫人に会い、銀行システムについて彼女と話し合い、この問題についてさらに話し合うつもりであると語りました。 1964年、経済学者のピエトホーク教授は、オッペンハイマーの英米公社の政治的および経済的権力に関する報告を開始しました。これは、フルウールが議会に提出することを意図したものです。 1966年の彼の暗殺はこれを防いだ。代わりに、この報告はフルウールの後継者であるフォルスターに渡され、二度と聞かれることはありませんでした。

グッドソンはステレンボッシュ大学とゲント大学で経済学と法学を学びました。彼は金融機関の投資ポートフォリオを管理しました。 2003年から2012年の間、彼は南アフリカ準備銀行の理事会の選出メンバーを務めました。世銀の汚職と不適切さを批判した彼は、取締役会から彼を解任するための計り知れない圧力と努力に耐えましたが、彼の第3期(最大許容)の終わり近くまで彼の立場を維持しました。

2014年、Black House PublishingはGoodson’sを発行しました 中央銀行の歴史と人類の奴隷化。グッドソンの本は、古代から現在までの高利貸しの発展をたどり、代替の銀行やクレジットシステムを使用して国際金融に抵抗した州の例を含んでいます。これらの例には、オーストラリアの州立銀行とロシアのツァーリスト、ガーンジーの実験、CHダグラスとアーヴィングフィッシャー教授の理論などが含まれていましたが、グッドソンはドイツ、イタリア、日本の銀行システムを含めるという知的誠実さも持っていました彼にopprobriumをもたらすのに十分すぎるほどでした。グッドソンは彼の本をクヌート・ハムスンに捧げました。「光の灯台と自然界の秩序への希望」です。ハムスンに関する記事の中で、グッドソンは今日の多文化ノルウェーの状況をハムスンの時代の状況と比較し、ハムスンとクイズリングが正しいかどうか疑問に思い、アパルトヘイトに反対するノルウェー政府の役割に注目しました。

最後に、ハムスンの死後60年間のノルウェーの進化について考えるかもしれません。ノルウェーは、ヨーロッパで最も外国人が集中している国の1つであり、総人口490万人のうち601,000人または12.2%です。これは、現在オスロでの出生の28%が非ヨーロッパ人であり、新生児に付けられた最も一般的な名がモハメッドであるという事実によって示されています。今日、イスラム教は2番目に人気のある宗教です(3.9%)。

ノルウェーは、1966年9月6日に国際銀行家の要請でヘンドリックフルウール首相が殺害されるまで首尾よく適用された、南アフリカ共和国の独立開発政策に対する最も著名な批評家の1人でした。今日、ノルウェーには、一見手に負えない性質の多民族の問題があります。

序文 中央銀行の歴史 国会議員であり、アフリカ民族会議と非常に嵐の関係にあったズールー人の著名な指導者であるインカタ自由党の党首であるマンゴスツブテレジ王子によって書かれました。特に興味深いのは、ブテレジ氏が序文の中で、彼と彼の党が「南アフリカは、たとえそれが私たちの国を不法な世界基準と歩調を合わせるという意味であっても、中央銀行と通貨制度を改革すべきだ」と主張したことです。

また、2014年に、ブラックハウスはGoodson’sを公開しました 南アフリカ準備銀行の内部、1860年にロシアの国家銀行を設立した皇帝アレクサンドル2世に捧げられました。グッドソンは、他の中央銀行と同様に、国際金融のメカニズムとして銀行の歴史をたどりますが、誤って国家の使用人と見な​​されていたため、「国民」と同様に、中央銀行が国家の監督下にあることを保証するための国民主義者と同盟労働者の政治家の両方による努力。何が 南アフリカ準備銀行の内部 特にユニークなのは、グッドソンが州の信用の問題に関する法案を含んでいることです。グッドソンは、世銀の株主の選出された代表として、世銀内の不適切さと汚職に立ち向かう数々の決議を提出しました。 2012年、グッドソンは最終任期の数か月前に取締役会から停止され、銀行以外の問題についてさえ彼がニュースメディアと話すことを阻止する試みがありました。数ヶ月後、グッドソンは「ホロコースト否認」としてニュースメディアにまみれました。

グッドソンの具体的な提案は、民間部門と準備銀行が関与する銀行スキャンダルに関する彼女のレポートで、「パブリックプロテクター」であるBusisiwe JoyceMkhwebaneによって採用されたことが判明した2017年に怒りを引き起こしました。彼女はグッドソンに2時間会った後、準備銀行に変更を提案しました。 南アフリカ準備銀行の内部。 会議中に、グッドソンは準備銀行が州の信用を発行するというその機能をどのように果たすことができるかについてアドバイスを提供しました。当時、グッドソンも彼女にくれました 中央銀行の歴史、 彼女は自分のFacebookページで「必読の本」と説明しました。グッドソンは再びニュースメディアにまみれた。ユダヤ人のロビーの怒りは迅速であり、グッドソンの本の特徴は、これらのユダヤ人が存在しない場合でも彼らに焦点を当てることを切望して、集団的な自己陶酔的な人格障害を持っているかどうか疑問に思うかもしれません。確かに、グッドソンの銀行に関する2冊の本のどちらにも、「ユダヤ人」自体へのこだわりはありません。

2015年には、準備銀行がグッドソンを起訴する試みがありました。 準備銀行の内部 おそらくビジネスの秘密を漏らしたため。グッドソンは元気に反応し、刑事優先調査ユニットのシルツ大佐に質問したことは喜ばしいことです。 「犯罪を暴くのは犯罪ですか?」グッドソンに要求した、シルツはそうではないと認めた。

スティーブン・グッドソンの早すぎる通過は、マモンとの戦いにとって何という損失です。それにもかかわらず、彼の本や記事は将来の世代に遺産を提供します。彼の葬式での賛辞の中で、LivingstoneFellowshipのDr.PeterHammondは次のように述べています。

「スティーブン・ミットフォード・グッドソンは、注目に値する経済学者、改革者、研究者、そして作家でした。スティーブンは、中央銀行の歴史と人類の奴隷化の非常に多くの事実と側面の秘密のベールを持ち上げることによって、将来の自由と繁栄のために途方もないサービスを提供しました。彼の爆発物 南アフリカ準備銀行の内部–その起源と秘密が明らかに、彼を銀行家と彼らのグローバリストの議題に対する勇気ある抵抗の最前線に置いた。彼はそれを信じていた 「真実は征服します。」


宝くじに当選すると、あなたの人生は本当に変わりますか?

USA Todayは、メガミリオンズが10億ドルのジャックポットを獲得したと報告しています。これは、メガミリオンズの史上最大の賞金です。しかし、どのように?

幸運な宝くじの当選者の中には、結局それほど幸運ではないという話を聞いたことがあるでしょう。突然の富に備えていない、一部のソロの勝者は、賞金を浪費したり、友人や親戚にパイのスライスを要求して木工品から出てきたり、処理するための設備が整っていない経済的暴風雨の圧力の下で座屈したりします。

職場のオフィスプールなどを通じてチケットをチームとして購入すると、勝者が10セント硬貨を見ることなく何年にもわたって訴訟に巻き込まれる可能性があります。 「月曜日に現れない」という気楽なジョークからはほど遠い、宝くじの賞金をめぐる訴訟は、終わりのない動議、法廷出廷、誰がいつ、どのくらいの金額を投入したか、誰が大当たりの前に現金を稼いだかについての議論を引きずります。さらに大きなオッズを作成するために「ロールオーバー」し、その結果、誰が賞金のいくらに値するかを示します。

ソロの勝者は、特に他の誰かのチケットを購入した場合、または仲間の常連客を彼らの前で優雅に列に並べさせた場合でも、訴訟の影響を受けません。騎士道がなければ彼らに販売されたであろう勝者のチケットを購入するだけです。

ステレオタイプとホラーストーリーはさておき、宝くじの当選者は実際にどのように行動しますか?研究結果はあなたを驚かせるかもしれません。

お金はあなたに幸せを買うことはできません—しかしスマートマネー管理はあなたに幸せを買うことができます

心理的な観点から、お金は幸福を買うことができないということに私たちは皆同意することができます。しかし、それは間違いなく多くの人々の生活を楽にすることができます—彼らがそれを管理する手段を探しているか、すでに持っていると仮定します。多くの宝くじの当選者は、突然の富が他の人にどのように悪影響を及ぼしているかを見て賢明に成長し、新たに獲得した金銭的豊かさをどのように使う(または節約する)かを冷静に決めるためにできる限り努力します。

In a piece entitled, “Finding Prosperity as a Lottery Winner: Presentations of Self after Acquisition of Sudden Wealth” (2011), Anna Hedenus examined how lottery winners strategize their approach to winning in a fashion that counters the reckless spending narrative.[ii] Interviewing 14 Swedish lottery winners, she explores the counter-position that lottery winners adopt to combat the squandering winner stereotype. She notes that by using lottery winnings to project “moderate, non-luxury consumption,” the winners achieve feelings of security, fortune, and yes — even happiness.

Lottery Winners Are Still Themselves — Only Richer

In “Becoming a Winner But Staying the Same: Identities and Consumption of Lottery Winners” (2011), Bengt Larsson found that, contrary to the myth of lottery winners escaping current circumstances and becoming “someone else somewhere else,” in reality lottery winners generally remain the same — except for indulging in higher levels of consumption.[iii] Larsson concluded that receiving large winnings is generally accompanied with an effort to maintain identity and social relationships.

Mega Million Money Management

How do lottery winners manage their money, and does it matter how much they receive up front? According to Larsson's research, the answer appears to be yes.

Larsson compared money management behaviors between those who received lump-sum lottery winnings versus installments. He found that winners who received lump sums tended to save and invest, as compared with winners who received monthly installments — who were more likely to spend the money. In the author's words, "wild" lump sums make winners “tame” their winnings more firmly, whereas “domesticated” monthly installments can be spent more thoughtlessly without changing identity or becoming an unfortunate winner.”

Millionaires in the Workplace: Lottery Winners Keep Working

Think if you hit the jackpot you would end up leaving town and buying a yacht in the South of France?もう一度考えてみて。 Believe it or not, research reveals that many lottery winners would choose to keep working.

Research by Bengt Furaker and Anna Hedenus (2009) found that a significant amount of lottery winners stayed in their same jobs.[iv] In their study, they found that less than 12 percent of winners quit working, and about 24 percent of participants took full-time unpaid leave. Of those who continued to work, 16 percent reduced their working hours, and 62 percent did not make any changes.

Furaker and Hedenus note that their results suggest that winning the lottery does not generally eliminate the desire to earn a living through employment. The size of the winnings, however, did have a significant impact on decisions to reduce work hours and take unpaid leave.

Winners and Losers

Research indicates that everyone reacts differently to the acquisition of sudden financial prosperity. Nonetheless, it is heartening to know that so many people choose to adopt sensible financial strategies to manage their winnings which manage wealth while maintaining relationships.

And of course, if you are holding a ticket for the big drawing — good luck!


The US Navy Saved a Boy Fleeing Vietnam — Now, He’s a Navy Doctor

Artillery impacted around the small fishing boat where a young family — 9-year-old Minh Van Nguyen, his mother, and his eight siblings — huddled for cover. Though 50 people were crammed on the boat as it rocked in the harbor of Vũng Tàu, 50 miles south of Saigon, the craft belonged to Nguyen’s family. It had been Nguyen’s father’s fishing boat, the luckiest boat that caught the biggest hauls in their home village of Phan Thiet. It also was the same boat his father was steering on a pre-dawn morning when he collided with another boat, falling over the side. His father’s death had left 9-year-old Minh — his name would become Peter Minh Van Nguyen when he eventually arrived in the US — with his mother and his eight siblings alone to face the end of the war and the arrival of communist forces.

Nguyen’s mother had lived under communist rule as a child and would not allow such a future for her children. As the North Vietnamese approached, she loaded her children onto her late husband’s boat with several other families.

“If we’re going to die, we die as free people,” Han Thi Nguyen told her children. “We’re not turning back.”

They were moored in the harbor as Vũng Tàu fell, with machine-gun fire zipping through the water near them.

“We didn’t have time to pull up the anchor because they were shooting at us, they were bombing. Bombs were exploding all around us,” Nguyen recalled. “My brother didn’t have time, and he just took a big axe and chopped the anchor rope off.”

The boat catapulted away as smoke from artillery hid their escape. Sam steered the boat clear of the harbor into open ocean.

They brought only food and water, no personal belongings.

“There’s nothing worth more than your life, just leave everything behind,” Nguyen remembers his mother saying. “If we get rescued and can start somewhere, we can rebuild — so my mom has a very, very strong will about that.”

The boat followed what they thought was a US military helicopter’s flight path into the South China Sea. One day turned to two, then three, then a week, and food and water began to run low. Nguyen’s mom refused to allow the boat to turn back.

On what Nguyen thinks was close to their 10th night at sea, the boat came upon what looked like a “floating city of lights,” a huge ship. They were out of food and water so, friend or foe, this would be the end of the line. When the sun rose, Nguyen’s eyes saw a massive hull, fearsome and gray and lined with jagged antennas and weapons. It was a US Navy warship. Those on Nguyen’s boat jumped and yelled and waved clothing and blankets on sticks. As they drew near, figures dressed in blue waved from the decks.

Nguyen raised his 9-year-old hand to wave back.

Earlier this month, nearly half a century later, Nguyen raised his hand again — his right hand — to join the same Navy his boat had stumbled upon. Now 54 and a doctor for almost 30 years, Nguyen directly commissioned into the Navy Reserve as a lieutenant commander in Victoria, Texas, two hours southeast of San Antonio.

“I have an opportunity to give back to the people that really saved my people, my family,” Nguyen said. “So, I did not hesitate to do it. I’m very grateful and very honored to be able to do that.”

On that fateful day in 1975, Nguyen and his family had stumbled onto not one ship but an American fleet, very likely Task Force 76 as its ships and air wing took part in Operation Frequent Wind, the final evacuation of Vietnam. In the US, the operation is famous for images of US sailors pushing helicopters off of flight decks into the ocean to make room for refugees. Task Force 76 rescued 100,000 Vietnamese “boat people” in the chaotic end of the war, the 50 on Nguyen’s boat among them.

The rear well of the destroyer opened, and a launch boat approached Nguyen’s boat. Nguyen said he will never forget how warm and welcoming the US sailors were.

In the weeks that followed, the Vietnamese villagers became de facto residents of the ship. Though none spoke English, they were treated well and the sailors made every effort to help them. Nguyen remembers the sailors giving him chocolate and other candy.

From the South China Sea, the US ship slowly made its way to the Philippines, then to Hawaii. Eventually, the US government settled Nguyen’s family in Louisiana, where he began to learn English. His family fit well into the routines and skills of the fishing industry along the Gulf of Mexico, and they soon moved on to a town — Seadrift, Texas, about 150 miles south of Houston — that was quickly becoming a hub of relocated Vietnamese fishing families. Nguyen and his family were one of the first refugee families to arrive in Seadrift. Though they worked hard to fit in, small-town America in the years after the Vietnam War was less ready for them.

“There was a lot of discrimination, a lot of bullying, a lot of intimidation,” Nguyen recalled. “Some of the people there didn’t like us and wanted to get rid of us, wanted to destroy our way of making a living.”

Eventually, the town became a flashpoint for racial tensions. In the 1970s and ’ 80s, chapters of the Ku Klux Klan operated openly in Texas, and the white supremacists made the Vietnamese in Seadrift a target, harassing families and threatening livelihoods. Tensions exploded in the town after a Seadrift resident was shot and killed after assaulting a Vietnamese fisherman.

Nguyen remembers how he was bullied so badly that he and a fellow Vietnamese friend would skip school to avoid the bullying. Eventually, the Vietnamese shooter was cleared of all charges after it was ruled self-defense, but the town’s tensions were too much, and the family fled.

“We were so scared for our lives. Like, we’re running from another war. We just came to America three, four years ago, and here we are trying to run away again,” Nguyen recalled. “We had to save our own lives again.”

In Vietnam, Nguyen had an uncle who was known in his village for local folk medicine. Nguyen took note of how his uncle would evaluate people and then prescribe herbal remedies. From a young age, he knew that he wanted to be a doctor.

“I always watched my uncle treat patients with different illnesses and how he used herbal medicine and folklore medicine to heal them,” Nguyen said. “I was interested in the disease process, and how you use different herbal medicine to treat people.”

Back in Louisiana, Nguyen finished high school and enrolled in college. Medical school was far too expensive, so he studied pharmacy, which reminded him of his uncle’s herbal practices. He even wrote a paper on treating high blood pressure with herbal remedies, which kindled a deeper love of medicine and treating people.

Nguyen graduated with a doctorate in pharmacy from the University of Louisiana Monroe in 1988. As he worked as a pharmacist, he again set his sights on medical school. In the early ’ 90s, he was accepted to Louisiana State University and graduated as an M.D. in 1995, and he qualified as an internal, emergency, and occupational specialist.

For the next two and a half decades, he built a practice and raised a family. But as he entered his 50s, the time when many doctors think about retirement, he decided to chase the one goal he hadn’t met: He contacted Navy recruiters to see if he could still join. After a lengthy interview, assessment, and waiver process, he direct-commissioned as a lieutenant commander in the Navy Reserve. He’s now the Post Acute Medical Rehabilitation Hospital’s president and chief of staff. Nguyen told Coffee or Die Magazine he will soon attend Officer Development School.

“Without being rescued by the US Navy and being brought to America and having the freedom and the opportunity to work hard, to learn, to excel — I mean I would never be here,” Nguyen said. “I would never have the opportunity that I have, and my children would never have the opportunity to attend college, either. I’m very grateful that America saved our family.”

And Nguyen’s leap may be starting a new family tradition: Nguyen’s son, Vincente Nguyen, will join the US Coast Guard this year.

“We’re not unique,” Nguyen said. “I mean, they saved thousands and thousands of Vietnamese refugees during that time. But, I have an opportunity to give back to the people that really saved my people, my family, so I did not hesitate to do it, so I’m very grateful. I’m very honored to be able to do that.”


On November 25, 2009, Dr. Robert Moors Smith died two weeks before he would have been 97. A pioneer of modern anesthesia practice, he was considered the “Father of Pediatric Anesthesiology” in the United States.

Dr. Smith was born in Winchester, Massachusetts and died there. While becoming an Eagle Scout, he and his four older siblings were home-schooled by their mother. He then entered Browne and Nichols School and subsequently graduated from Dartmouth College in 1934 and Harvard Medical School in 1938. After a rotating internship at the Faulkner Hospital near Boston, Dr. Smith underwent two years of surgical training at Boston City Hospital where each surgeon participated in anesthetizing patients. He then opened an office in a small town south of Boston and supplemented his income providing anesthesia for patients at a local community hospital helping establish a department of anesthesia at what is now South Shore Hospital in Weymouth, MA. When the United States entered WW II, his brief time as a general practitioner ended with his enlistment in the Army as a surgeon. However, because of the great need for anesthesiologists in the military, he was given a three-month training course in anesthesia at the Army Air Force Hospital in Greensboro, NC under the leadership of Dr. Frederic Clement and for the next four years he served as the Chief of Anesthesia with the 100 th General Hospital in France and Germany including at the Battle of the Bulge rising to the rank of Major.

Like many servicemen who became anesthesiologists during WW II, Dr. Smith pursued a post-war career in anesthesiology in a hospital near his hometown. In 1946 after he was released from the Army, he was appointed the first physician Chief of Anesthesia at Children’s Hospital Boston, a position he held until 1980 before moving to the nearby Franciscan (Rehabilitation) Hospital for Children where he worked until the age of 80. Though he initially had little experience caring for children, he supervised several nurses at Children’s Hospital Boston who until then provided the majority of anesthesia at the institution. The chief nurse anesthetist, Betty Lank, showed him the small blood pressure cuffs and masks an engineer at the hospital had fashioned for pediatric patients at her direction before any of these were commercially available. She used these items when providing anesthesia for the surgeon, Dr. Robert Gross, when he initiated the field of congenital cardiac surgery in 1938 by ligating the first patent ductus arteriosus. Dr. Gross went on to become Chairman of the Department of Surgery at Children’s Hospital Boston, and he and Dr. Smith worked together to help establish the modern era of pediatric surgery and anesthesia. In the days before the advent of cardiopulmonary bypass machines, they often did repairs of congenital heart lesions inside a hyperbaric chamber. Dr. Smith was particularly proud of the fact that the first intensive care unit which opened at the hospital in 1980 had two floors, one named in honor of him and the other in honor of Dr. Gross. Dr. Smith also worked with Ms. Lank for more than 20 years until her retirement in 1969 and they remained close friends until her death in 2001 at the age of 97.

During his time at Children’s Hospital Boston, Dr. Smith was a superb and compassionate clinician continually advancing practices in pediatric anesthesia to enable surgeons to perform increasing complex operations on smaller and younger patients. He was an advocate of “patient safety” many decades before the term became central to medicine. He was an early and adamant advocate of routine intubation of the trachea during anesthesia for children, with sterile and appropriately-sized tubes in order to prevent tracheitis and tracheal stenosis, and he encouraged wrapping small patients in order to prevent heat loss. In the 1950s when the monitoring of infants and children consisted primarily of visual observation of the patient and intermittent palpation of the patient’s pulse, Dr. Smith pioneered a new approach of continuous physiological monitoring by using a (precordial) stethoscope, taped on the chest wall over the trachea and heart, to assess ongoing changes in heart and breath sounds, as well as the regular use of the infant blood pressure cuff (sometimes referred to as the “Smith cuff”). These were progenitors in the development of elaborate monitoring systems that are the core of current and safe anesthesia care.

Dr. Smith was a well-mannered, soft-spoken gentleman. His presence in the operating room always had a calming influence even in the most trying circumstances. His quiet demeanor and great clinical competence inspired those around him to do their best, not always the style of behavior displayed by some of the surgeons dealing with a harrowing situation. One surgeon who knew him for more than half a century noted he never heard anyone say a bad word about Dr. Smith.

Dr. Smith was also energetic and physically fit. In the days before intensive care units were established, anesthesiologists were often the specialists summoned to handle emergencies throughout the hospital. Dr. Smith was frequently the first to respond to an overhead page by dashing through the stairs and corridors to reach the bedside for rescue. One of his former fellows recalls fondly that no one, not even the young students, could beat Dr. Smith in a race through the hospital – and he would always greet them with a grin on his face.

In addition, Dr. Smith was an excellent educator and father-like figure to many of his former trainees. He attracted students from all over the world who came to Boston to learn from him and witness the rapid growth of pediatric surgery during this time. He welcomed all who wanted tutelage regardless of experience or credentials. One former student tells how when he called Dr. Smith requesting to study under him, Dr. Smith’s response was a simple, “When can you be here?” More than 800 physicians received training with Dr. Smith at Children’s Hospital. He was also a faithful and regular visitor to the anesthesia residents at the nearby (but now defunct) Chelsea Naval Hospital despite his heavy work load at Children’s, he was grateful for the anesthesia training he received in the Army and this was one way he showed his appreciation.

In 1959 he published a comprehensive textbook entitled “Anesthesia for Infants and Children” which was one of the first of its kind specifically focused on the anesthetic management and care of young patients. It soon became a classic and he revised it through four editions before he retired from Children’s Hospital Boston in 1980. Shortly thereafter, Dr. Smith asked Dr. Etsuro K. Motoyama, one of his former fellows, to take over the editorship. He, together with Dr. Peter J. Davis as a co-editor, modified and expanded the book to a multi-authored volume and renamed it “Smith’s Anesthesia for Infants and Children” in Dr. Smith’s honor. It continues after more than half a century in a soon-to-be-published eighth edition, the longest ongoing textbook of pediatric anesthesiology in the world.

During his lifetime, Dr. Smith was the President of the Children’s Hospital Medical Staff, Chairman of the Committee on Pediatric Anesthesia of the American Academy of Pediatrics, and President of both the Massachusetts and New England Societies of Anesthesiologists. He received several prestigious awards and honors including being one of the few pediatric anesthesiologists to receive the Distinguished Service Award from the American Society of Anesthesiologists. In addition, he received a Special Recognition Award from the Section of Surgery of the American Academy of Pediatrics, and the Section on Anesthesiology and Pain Medicine of the American Academy of Pediatrics gives an annual Robert M. Smith Award to a pediatric anesthesiologist for a lifetime of achievement in the field. He was also an honorary Fellow of the Faculty of Anesthetists of the Royal Academy of Surgeons of Ireland and an honorary member of the Brazilian and Pan American Societies of Anesthesiologists. He was Clinical Professor of Anaesthesia at Harvard Medical School.

Dr. Smith lived by a simple phrase: be useful – enjoy yourself. For example, he once treated a young niece who developed croup by building a humidified tent with a card table and plastic sheeting in her living room. And he loved nature. He and his wife were avid bird watchers and he routinely extended overseas medical trips with bird watching expeditions. Always inventive, he once banished a surfeit of skunks by anesthetizing them with ether. He also was an excellent athlete enjoying golf as well as tennis, skiing and surfing. Well into his 80s, Dr. Smith continued to seek new thrills by trying roller-blading “I could blade fine, but stopping was a problem.” After moving into an adult assisted-living facility, he routinely organized educational programs.

A former colleague at the end of Dr. Smith’s memorial service uttered perhaps the most accurate tribute by noting that Bob would have complained that the service was “too long. I could have gotten a lot of stuff done.”

He is survived by one son, two daughters, eight grandchildren and two great-grandchildren. His beloved wife, Margaret, preceded him in death after 69 years of marriage.

Mark A. Rockoff, MD, Chair
Harry Bird, MD
W. Hardy Hendren, MD
Robert Holzman, MD
Etsuro Motoyama, MD
Jonathan Smith
David Waisel, MD


Recent Developments in the Field of Sleep Research

Sleep research, in recent years, has grown to encompass many other fields – from cardiovascular research, neurology, otolaryngology and more. The National Center for Sleep Disorders Research was created in 1993 to oversee the vast array of studies related to the diagnosis and treatment of sleep problems carried out every year. This governing body works to raise awareness about best practices and share information about new developments with professionals in the field of sleep research.

The treatment options and equipment designed to help with sleep disorders continues to improve. As research advances our knowledge of the function and dysfunction or sleep increases. In the past 15 years, there has been a clear shift towards in-home testing for people struggling with sleep problems.

This shift has made sleep testing much easier, more affordable, and accessible to the average person seeking better quality rest. In-home testing devices are now able to provide clinicians with data that is key to diagnosing the disorder. Additionally, mobile apps help improve treatment outcomes. Patients can easily track their progress and get sleep coaching support throughout the treatment program.