エメリーDE-28-歴史

エメリーDE-28-歴史

エメリー

1916年10月9日、カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれたジャックマンデビルエメリーは、1939年5月20日、米国海軍保護区の少尉に任命され、1939年11月13日、アリゾナ(BB-39)で現役であると報告されました。 1941年12月7日のパールハーバーへの攻撃で失われました。

DE-28:dp。 1,140- 1. 289'6 "-b。35'1"、dr。 8 '3 "-s。21k。;
cpl。 156; NS。 3 3 "、8 dcp。、1 dcp。(hh。)、2 dct。;cl。Evarts)

エメリー(DE-28)は、1943年4月17日にメアアイランド海軍造船所によって名前なしでBDE-28として打ち上げられました。米国に再割り当て。 1943年6月14日にアイズナーという名前を割り当てられました。 1943年7月14日にエメリーに改名。 1943年8月14日、USNRのR.G.コバーン少佐が指揮を執りました。

エメリーは1943年11月1日、フナフティとギルバート諸島への侵攻に備えて1か月の地元の護衛任務のためにパールハーバーを通過しました。その間、彼女は暴行船に燃料を供給する脆弱なタンカーと主要な戦闘員のカバー力をスクリーニングしました。彼女は訓練のために12月16日にパールハーバーに戻り、1944年1月16日にマーシャルへの襲撃中に再びタンカーを保護するために海に出ました。その後、彼女は3月9日までマジュロとフナフティの間の船団を護衛しました。

1944年3月から9月の間に、エメリーはポートパービスを出て、戦闘員、補助兵、商船をエミラウ、グリーンアイランド、ブーゲンビル、およびその他の太平洋南西部の港に護衛しました。彼女は9月27日にマヌスに到着し、ラッセル諸島への小さな護送船団を上映した後、対潜水艦パトロールとウリシ島への護衛航海のためにペリリュー島に向かった。彼女は11月に短いオーバーホールのためにウリシ島に戻り、その後、護送船団の任務でマリアナ諸島とマーシャル諸島を振り返り、3月4日にエニウェトクに到着しました。 1945年7月まで、グアム、サイパン、ウリシ、硫黄島、クェゼリンへの護衛任務を遂行した彼女の基地でした。このようにして、彼女は日本の海上前進に不可欠な人と物資の移動を守りました。 7月5日、彼女はサンフランシスコに向けて出航し、1945年11月15日に退役し、1947年7月21日に売却されました。

エメリーは第二次世界大戦の従軍星章を4つ受け取りました


USS エメリー (DE-28)

USS エメリー (DE-28) làmộttàukhutrụchộtốnglớp エヴァーツ đượcHảiquânHoaKỳchếtạotrongChiếntranhThếgiớithứhai。 NólàchiếctàuchiếnduynhấtcủaHảiquânMỹđượcđặttheotênThiếuúyHảiquânJackMandevilleEmery(1916-1941)、phụ アリゾナ (BB-39)vàđãtửtrậntrongvụtấncôngTrânChâuCảngvàongày7tháng12、1941。[1]Nóđãphụcvụchođếnkhichiếntran xóađăngbạvàongày28tháng11、1945.Contàubịbánđểtháodỡvàongày27tháng7、1947。 エメリー đượctặngthưởngbaNgôisaoChiếntrậndothànhtíchphụcvụtrongThếChiếnII。

  • 1.140tấnAnh(1.160 t)(tiêuchuẩn)
  • 1.430tấnAnh(1.450 t)(đầytải)
  • 283フィート6インチ(86,41 m)(mựcnước)
  • 289フィート5インチ(88,21 m)(チョン)
  • 4×độngcơdieselGeneralMotorsKiểu16-278Avớimáyphátđiện
  • 2×trụcchânvịt
  • 15sĩquan
  • 183thủythủ
    kiểuSA&ampSLKiểu128DhoặcKiểu144
  • Ăn-tenđịnhvịMF
  • Ăn-tenđịnhvịcaotầnKiểuFH4
  • 3×ファオ3インチ(76 mm)/ 50口径3インチ砲(3×1)
  • 4×pháophòngkhông1,1インチ/ 75口径(1×4)
  • 9×pháophòngkhôngエリコン20mm(9×1)
  • 8×máyphóngmìnsâuK3
  • 1×súngcốichốngtàungầmHedgehog(24nòng、144quảđạn)
  • 2×đườngraythảmìnsâu

コンテンツ

第二次世界大戦

エメリー 1943年11月1日、フナフティとギルバート諸島への侵攻に備えて1か月の地元の護衛任務のために真珠湾を通過しました。その間、彼女は攻撃船に燃料を供給する脆弱なタンカーと主要な戦闘員のカバー力をスクリーニングしました。彼女は訓練のために12月16日にパールハーバーに戻り、1944年1月16日にマーシャル諸島への襲撃中に再びタンカーを保護するために海に出ました。その後、彼女は3月9日までマジュロとフナフティの間の船団を護衛しました。

3月から9月まで、 エメリー 戦闘員、補助兵、商船を護衛するポートパービスを出て、エミラウ、グリーン島、ブーゲンビル島、その他の太平洋南西部の港に向かった。彼女は9月27日にマヌス島に到着し、ラッセル諸島への小さな護送船団を上映した後、対潜水艦パトロールとウリシ島への護衛航海のためにペリリュー島に向かった。彼女は11月に短いオーバーホールのためにウリシ島に戻り、その後、護送船団の任務でマーシャル諸島とマリアナ諸島を振り返り、3月4日にエニウェトクに到着しました。彼女がグアム、サイパン、ウリシ、硫黄島、クェゼリンへの護衛任務を遂行したとき、これは1945年7月までの彼女の基地でした。このように、彼女は日本の海上前進に不可欠な人と物資の動きを守った。

7月5日、彼女はカリフォルニア州サンフランシスコに向けて出航し、1945年11月15日に退役し、1947年7月21日にスクラップから売却されました。


ユタ州のオンライン公共図書館

1880年に設立されたエメリー郡は、州の東中央部に位置しています。面積は4,439平方マイル、人口は約10,012人です(米国国勢調査局、人口推計プログラム、V2019)。キャッスルデールは郡庁所在地です。

  • 名前の由来: ジョージ・W・エメリー準州知事(1875-1880年のユタ準州知事)
  • 国境を接する郡: 、Grand、San Juan、Sanpete、Sevier、Uintah、およびWayne

エメリー郡の簡単な歴史*

ユタ州南東部のエメリー郡は、北はカーボン郡(1894年にエメリーから作成された)、西はワサッチ高原、そして南はほとんどのエメリー郡入植者がやってきたサンピート郡とセビア郡の元々の集落に隣接しています。ウェイン郡との遠隔の人工境界線、および東のグリーン川(グランド郡との自然境界線(1890年にエメリー郡から作成された))。エメリー郡には3つの地理的領域があります。主要な集落が位置するワサッチプラトーキャッスルバレーの山々と、サンラファエルスウェルの砂漠、サンラファエルリーフ、シーダーマウンテン、そしてグリーンリバーの西に広がる遠く離れた土地です。 。郡の生命線であるサンラファエル川は、ワサッチ高原に源を発し、源流は農業用および工業用のいくつかの貯水池に貯水されています。キャッスルバレーには、ハンティントンクリーク、コットンウッドクリーク、フェロンクリークの3つの支流が流れ、コミュニティと隣接する農地を通過した後、合流してサンラファエル川を形成します。その後、岩と砂漠を通ってグリーン川との合流点まで曲がりくねっています。

サンラファエル地域の占領は数千年前にさかのぼり、紀元500年から1300年頃に現在のエメリー郡に住んでいたフリーモント文化の人々が続いたアルカイック時代の人々が含まれています。これらの人々の証拠は今でも多くの人々に見られます。テンプルマウンテンウォッシュ、マディクリーク、フェロンボックス、ブラックドラゴンキャニオン、バックホーンウォッシュなど、すべてのサイトが国家歴史登録財に登録されている絵文字とペトログリフのパネル。歴史的な時代には、ユト族のインディアンがキャッスルバレーの敷地を占領し、オールドスパニッシュトレイル沿いの旅行者も現在の郡を通過しました。

1875年、サンピート郡の家畜生産者は、この地域の定住の可能性を認識し、牛と羊をキャッスルバレーに連れて行って放牧しました。サンピート郡では十分な土地と水が不足しており、モルモン教会の指導者たちは非モルモン教徒よりも先にこの地域の空き地を取得したいという強い願望を持っていたため、若い家族は1877年の秋にキャッスルバレーに引っ越し始めました。ハンティントン、フェロン、キャッスルデール、オレンジビルの集落になります。

家畜と農業はその歴史のほとんどを通して郡の経済の中心であり続けましたが、2つの関連する出来事が地域の経済の安定に影響を及ぼしました:1883年のエメリーを通るデンバーアンドリオグランデ西部鉄道の完成とスコフィールドの炭鉱の開発、キャッスルゲート、1895年までにカーボンカウンティのサニーサイド。鉄道は農産物や家畜の輸送手段を提供し、鉱山は近くの動物や野菜の市場を提供し、一部のエメリーの住民は冬の間は鉱山で働き、夏の間は農業を行う機会を提供しました。 。 D&ampRGWはまた、グリーンリバーの町の設立につながりましたが、この場所はオールドスパニッシュトレイルの重要な部分であり、鉄道が完成する前にそこに郵便局が設立されていました。 1970年代、ユタパワーアンドライトカンパニーがキャッスルデールとハンティントンに大型発電所を建設し、発電所に燃料を供給するための大型炭鉱が開設されたため、エメリー郡の人口は大幅に増加しました。

*許可を得て使用しています。ビーハイブの歴史14:ユタ郡。 1988年。ユタ州歴史協会、300リオグランデ、ソルトレイクシティ、UT84101-1182。


175年の歴史を持つエメリー化学会社がラードをラードに変えました

ジェフ・スースが書いた2015年10月8日付けのCincinnati.comの記事

それは豚の脂肪から始まったと思います。

1840年に、トーマスエメリーは、シンシナティの巨大な肉産業から廃棄されたラードが、電灯の前の数日間にキャンドルとランプオイルに変換される可能性があることを発見しました。

その後、エメリー家は食肉処理場の副産物を世界的な化学製造会社に変え、何世代にもわたってこの都市に恩恵をもたらしてきた財産を築き上げました。

トーマスエメリーのラードオイル工場から派生したエメリーオレオケミカルズは、今年で175周年を迎えます。

現在マレーシアに拠点を置くエメリーは、動物性脂肪と植物油からオレイン酸とグリセリンを処理し、「レガシーの進化」によると、歯磨き粉やローションから潤滑剤や接着剤まで、多くの日用品に使用されています。会社の歴史。

9月、エメリーは、1885年以来工場を所有しているアイボリーデール近くのセントバーナードとウィントンヒルズにまたがる自社サイトで、5,000万ドルの工場拡張を発表しました。

イギリスのベッドフォードからの移民であるトーマス・エメリーは、シンシナティを西部最大の都市に膨らませる次の数十年のドイツ人移民の流入の直前に、1832年に彼の家族をオハイオリバーバレーに連れて行きました。

彼の最初のベンチャーはケンタッキー州でカイコを飼育することでしたが、1971年のEnquirer Magazineのプロフィールで、孫のジョンJ.エメリージュニアによると、桑の木は成長せず、カイコは死にました。

その後、エメリーの家長は川を渡って移動し、不動産業者として手を試し、売却したよりも多くの土地を購入したと伝えられています。

当時のシンシナティは食肉包装の首都でした。通りは食肉処理場に向かう豚で一杯になり、街に魅力のないニックネームのポルコポリスが付けられました。

ウィリアム・プロクターとジェームズ・ギャンブルが1837年に石鹸を作ったように、エメリーは動物性脂肪を転用して、滴りのないキャンドル、ランプオイル、羊毛糸の潤滑剤を作るという成功したビジネスを築き上げました。

トーマスエメリーのラードオイルカンパニー(後にエメリーキャンドルカンパニーとして知られる)は、1840年に8番街と9番街の間のシカモアストリートで始まり、1848年にリバーフロント沿いのウォーターストリートに移転しました。 #8220チャールズフォンテーヌとウィリアムS.ポーターによる1848年のシンシナティパノラマ&#8221ダゲレオタイプ。

エメリーは息子のトーマス・J・エメリーとジョン・ジョサイア・エメリーを家業に連れて行き、1857年12月30日に悲劇が襲った後、彼らは引き継ぎました。トーマス・エメリーは南東の角にある新しい製造施設の開いたハッチウェイで亡くなりました。つると水の通りの。

シンシナティデイリーガゼットは賞賛しました:&#8220Mr。エメリーは静かで気取らない男であり、すべての取引に厳格に誠実であり、彼の仲間の市民から非常に尊敬されていました。 &#8230彼は、仲間の生き物の欲求を和らげるために貢献したり、コミュニティの一般的な利益を促進したりすることを特権と見なしているようでした。&#8221

リバーフロントは洪水に見舞われがちだったため、1885年にエメリーの息子たちは工場を現在の工場と同じ場所であるセントバーナード近くの8.9エーカーの土地に移転しました。

1890年代、同社の最初の化学者であるErnst Twitchellは、脂肪酸を油脂から分離する触媒を使用した脂肪分解のTwitchellプロセスを発見し、開発しました。この分野での彼の業績により、シンシナティ大学の卒業生は、権威あるパーキンメダルを授与されました。

一方、トーマスとジョンは、トーマスエメリーの息子という名前で彼らの不動産取引に焦点を合わせました。 1870年代に、彼らは新しい噴水広場近くのフィフスストリート沿いにいくつかの区画を購入し、フィフスアンドレースにエメリーホテルとアーケードを建設しました。

さらに、エメリーの息子たちは、慈善団体への寄付、特にオーバーン山の子供病院やエイボンデールの着色された子供のための孤児の亡命のための建物への資金提供など、父親の原則を継続しました。

アフリカ系アメリカ人の新聞Unionの編集者であるWendellP。Dabneyは、1926年の著書「Cincinnati&#8217sColored Citizens」で、Emerysについて書いています。

&#8220金の文字で、エメリーという名前をすべてのシンシナティアンの心に飾る必要があります。その名前の創設者がやって来て、彼の人生は黄金律の例証でした&#8230 [The Emerys]は、その血が抑圧で発砲し、その心が慈善団体に暖まったことのある英国株でした。人間の兄弟愛を認めたため、色の線を認識した理由への寄付を拒否したため、機関への王子様の贈り物には、色の付いた人々の入場が含まれていました。&#8221

トマス・J・エメリーは1906年にエジプトのカイロで出張中に亡くなり、彼の2,000万ドルの財産は妻のメアリーエメリーに支払われました。

スティーブン・バーミンガムが著書「グランデス・ダムズ」で「最も孤独な億万長者」と呼んだ恥ずかしがり屋の控えめな女性、メアリー・エメリーは、夫と2人の息子の死を悼み、彼女の財産を寄付しました。最も価値のある原因。

彼女は病院、大学、YMCA、シンシナティ動物園に惜しみなく寄付し、クライストチャーチ教区の家、エメリーオーディトリアム、マリエモントの計画都市に資金を提供しました。 1927年に亡くなると、彼女はシンシナティ美術館に350万ドルのアートコレクションを寄贈しました。このコレクションは、現在、エメリーウィングに収蔵されています。

ジョン・J・エメリーはニューヨークに移り住み、1908年に息子のジョン・J・エメリー・ジュニア(ジャックとして知られる)が10歳のときに亡くなりました。

ジャックエメリーはイギリスのハーバードロースクールとオックスフォード大学に通い、第一次世界大戦中に海軍航空隊に勤務しました。1924年にニューヨークで出版するつもりでしたが、シンシナティを訪れて家業をチェックしました。

&#8220エメリーキャンドルカンパニーは、時代遅れの設備と一種のディケンジアンオフィスを備えた単なるグリース工場であることがわかりました。&#8221ジャックエメリーは、&#8220Town&amp Country&#8221誌に引用されました。 &#8220誰かがぶらぶらして問題を解決しなければ、家族は破産するだろうと私は決めました。&#8221

彼は、アーティストのチャールズダナギブソンの娘であるアイリーンラングホーンギブソンと結婚し、「ギブソンガール」の作成者であり、インディアンヒルの不動産であるピータールーンに住んでいました。

ジャック・エメリーはエメリー・インダストリーズを国際企業に推し進め、1968年まで同族会社を率いていました。

開発者として、彼はカリュータワーコンプレックス、ネザーランドプラザホテル、革新的なテラスプラザホテルを建設しました。

エメリーはシンシナティカントリーデイスクールと政治憲章党の創設者であり、50年間シンシナティ美術館の主要な恩人でした。彼は1976年に亡くなりました。

ジャックエメリーは家族の中で最後に事業を営んだ。キャンドル事業は1952年に売却され、現在はキャンドルライトであり、オフィスはブルーアッシュにあり、製造工場はオハイオ州リーズバーグにあります。ヘンケルとコグニスの名前でいくつかの合併を行った後、化学会社は2009年にエメリーオレオケミカルとしてエメリーの名前を再採用しました。

名前とともに、遺産があります。

&#8220Evolution of a Legacy&#8221で、同社は宣言しました。&#8220エメリー家は、真の富は優しさ、思いやり、寛大さにあることを示しました。&#8221


私たちの歴史

ねえ、私たちはおもちゃのバイクやトレッドミルの大物売りではありません。私たちは、自転車、トライアスロン、フィットネス機器の世界のスペシャリストです。問題は、違いを知らない人もいます。さて、共同所有者のブレントエメリーはそれをこのように言います。 「世界は、10ドルのジーンズ、10ドルの靴、99ドルの自転車、400ドルのトレッドミルで、記録的な速度で埋め立て地を埋め続ける必要はありません。」私たちは、真の価値と寿命を提供するリーズナブルな価格の製品を提供します。そして、私たちは素晴らしいサービスと一緒に私たちの価格を保証します!たぶんそれが私たちが過去数年間に何度もミルウォーキーのベストバイクショップに選ばれた理由です。

私たちが販売する商品を手に入れるのは私たちだけではありませんが、あなたに最適なものを見ると、あなたはあなたの店で買い物をしたいと思う可能性が非常に高くなります。あなたは正しく読んだ、あなたの店!あなたが私たちがここにいる理由です。さて、私たちの歴史、エメリー家、ブレントのオリンピックの話、最高の自転車フィッティングスタジオの1つへの発展、そしてスタッフに会う機会に移りましょう。

エメリー家は1963年に1号店をオープンしました。

マリリン&リチャードエメリーは1963年にミルウォーキーの23日とフォンドデュラックアベニューにエメリーズを設立しました。本当の家族経営の私たちの家は、店から2ドア離れていました。質の高い仕事、質の高い製品、個人的な顧客サービスへのこだわりが私たちのビジネスの基盤であり、マリリンが本を経営し、リチャードが店長を務めました。

何年にもわたって、エメリーの7人の子供たち(クリスティン、カレン、メアリーケイ、クレイグ、ブレント、エリザベス、ベン)はすべて、パートタイム、フルタイムでビジネスに携わってきました。息子、ブレント、ベンエメリーはそれを彼らのキャリアにすることを選択し、現在は会社を所有しています。これが私たちのビジネスのタイムラインです。私たちが提供してきた過去40年以上の逸話がある場合は、それらを私たちに転送してください。

1963:リチャードは、自分のビジネスを所有するという彼の本当の呼びかけを見る前に、アレンブラドリーで16年間働いていました。機械工および溶接工としてアレンブラドリーにいる間、彼は世界最大の4面時計である象徴的なアレンブラドリー時計の手を作った乗組員にいました。彼は彼のコミュニティと教会で活動し、人種平等のために働き、政治で活動し、ジョン・ケネディ大統領の選挙運動を地元で支援し、州の上院議席に立候補しました。マリリンは彼のすべての努力のために働き、支援しました。

エメリーズが自宅から角を曲がったところにある既存の自転車店を購入した後、ビジネスを増やすことがリチャードとマリリンズの最優先事項でした。彼らは境界線の外で考えることに創造的でした。リチャードは、日々の店内ビジネスに加えて、地元のシアーズストアと自転車部門の保証作業の契約を結びました。彼は、金属製の椅子とテーブルの溶接を行ういくつかの地元の家具店からの契約を確保しました。かつて、彼はおもちゃとオッズでいっぱいの7つのセミロードを購入し、JCペニーから終わり、商品を売りに出すためにビジネスの4つのフロアすべてをテーブルで埋めました。まるでアリの農場のようで、たくさんのお客様がいらっしゃいました。自転車に関する限り、その日の大きな売り手は3段自転車、ビーチクルーザー、キッズバイクでした。

1966: リチャードは、ドアからより多くの人を引き付けるために、テレビを販売したレン・スネルにショールームのスペースを貸し出しました。また、冬の間はアイススケートを販売して研ぎ澄ましました。冬は雪が多く、スケートをする頻度が高くなったようです。当時販売していた自転車のブランドは、Vista、Columbia、Roger Riviere、Ranger Ultra、Jeunetなどでした。 Jeunetは非常に軽いフランスの自転車で、米国で最初の真に軽い自転車の1つでした。私たちは米国のこの地域で彼らの最初のディーラーでした。リチャードは彼らが抱えていたアライメントの問題を見て修正しました。彼は彼らにそれを修正する方法を知らせるために工場を手に入れました。ジュネットの大統領は、リチャードの次の米国旅行に個人的に感謝しました。ロードバイクの販売が始まりました。

1967: これはミルウォーキーでのトラブルの時期であり、都市全体だけでなく、他の米国の都市にも影響を及ぼしました。 1967年の暴動。私たちのビジネスは交差点を見下ろす角にありました。建物の前面下部には、棚が付いた陸屋根がありました。その時点から、地元の警察は、リチャードとその隅からの他の数人のビジネスマンと一緒に指揮所を取りました。彼らはしっかりと保持していたので、その交差点は略奪されたり燃やされたりしませんでした。その年、私たちはローリーの自転車ディーラーになりました。

1968: エメリーズは64番街とリスボンアベニューに2番目の場所をオープンしました。それは後ろに居住区がある小さな店でした。本当に小さかったのは驚きですが、たくさんの製品と素晴らしいサービスで成功しました。当時のクリスマスの自転車の売り上げは、春の売り上げに匹敵しました。自転車は素晴らしいクリスマスプレゼントの1つです。 2011年に早送りすると、電子機器がこれらのクリスマスキッズバイクの多くに取って代わりました。思いやりのある親は今でも子供たちにクリスマス用の自転車を買っています。クリスマスに自転車を受け取った子供(または大人)に聞いてみれば、それについての話をすることができます。クリスマスの1、2年前から名前を付けることができる電子ウィジェットを覚えているかどうかを確認しますか?

1973: リチャードとマリリンは、再び成長する機会を見て、100番街とリスボンアベニューにある空のガソリンスタンドのコーナーを新しい店のために購入しました。リチャードは、元の構造を維持し、それに追加して他の2つの場所よりも大きな店舗を作るという点で革新的でした。当時、街中には廃ガソリンスタンドがありました。最終結果は、プロパティの素晴らしい使用でした。エメリーズは、前向きな考えで市から賞を受賞しました。振り返ってみると、今日世界がエネルギー危機の一部を解決するために自転車を探していることは皮肉なことであり、エメリーズは古いガソリンスタンドで自転車の問題の一部を解決しました。その年のガス危機により、人々は記録的なペースで自転車を購入しました。ロードバイクは、今ではひどい座席と見なされているにもかかわらず、急速に売れていました。今日の席はとても快適で、誰にとっても形が整っています。

1975:1963年のオープン以来、基本的なバイクフィッティングを行ってきたと考えていたエメリーズは、すべてのお客様に技術的なフィッティングを開始することを決定しました。この切り替えの理由の1つは、息子のブレントが数年前に自転車のレースを始めたことです。正しいフィット感が彼にとって重要である場合、すべてのライダーは素晴らしいバイクフィット感の恩恵を受けるはずです。ブレントは、ビジネスの適切な目的の技術的性質に興味をそそられました。彼は、エリート顧客の必要に応じて、カスタムフレームのカスタムジオメトリの設計を開始しました。すべてのストックバイクについて、すべてのお客様に完璧にフィットするように、必要に応じてバー/ステム/シートの交換を開始しました。顧客は、これらの変更を行うための余分な時間またはコストは努力する価値があるとすぐにフィードバックしました。

1976: この時までに、エメリーズは他の店舗を100番目のリスボンアベニューの場所に凝縮し、可能な限り最高のサービスに全力を注いでいました。

1977: エメリーズは、地元のレーシング出版物で息子のブレントのフィッティングサービスの宣伝を始めました。

1978: 数年前からの自転車事業のピークが収まり、1978年の高インフレと高金利と相まって、自転車事業の経済はその年と同じように荒れ果てていました。エメリーズが事業を救うために家を売ることを考えたのは、非常に近い時期でした。

1979: 荒れた冬がやって来て、経済は少し良くなり、太陽が出て、人々は再び自転車を買い始めました。その前年は、エメリーズのビジネスへの粘り強さと献身を示していました。 1979年後半、息子のブレントは、1980年のキロイベントでのオリンピックサイクリングチームを作ることを目的として、コロラドスプリングズのオリンピックトレーニングセンターのスポットを受け入れました。私たちの店の歴史の後にブレントレーシングキャリアについてもっと読む。

1980年代: マウンテンバイクは独自のものになりつつあります。 Emerysは、中西部でデュアルサスペンションバイクを運ぶ最初の店舗の1つになりました。ガービンデュアルサスペンションバイクがベストセラーでした。 GirvinはProflexになり、最終的にK2になりました。

1981: ブレントは、傾斜した前方フレームセット、「拡声器」ハンドルバー、およびより小さな前輪を備えた世界初のエアロバイクの1つを設計しました。ブレントは、ペンシルベニア州アレンタウンにあるVeloceCyclesのカスタムフレームメーカーであるJohnStinsmenの助けを借りて、最初のバイクを製造しました。ブレントが作成した青写真を使用して、彼らはこのプロジェクトに非常に興奮したので、彼らは彼らを続けるために食べ物とコーヒーをシャトルで運んで夜遅くまで働きました。次の夜、ブレントはペンシルバニア州トレクレルタウンのトラックでそのバイクをレースしました。最初のハンドルバーは栄光ではありませんでした。それは、それを形作るためにいくつかの愛情のこもった曲がりで、上下逆さまにされた3スピードのハンドルバーでした。そのバイクは、USA Cyclingチームが、1984年のオリンピックで世界とオリンピックの記録を樹立するために使用された「ファニーバイク」と呼ばれるものにさらに発展するきっかけとなりました。このバイクは、数年後にミルウォーキー公立博物館のウィザードウィングに展示されました。

1982: リチャードはトレック自転車ラインをもたらします。私たちは、過去20年以上にわたって、米国のトップ100ディーラーに一貫して存在するようにトレックビジネスを構築してきました。

1984: ブレントはロサンゼルスで銀メダルを獲得し、オリンピックで成功を収めました。以下のブレントの話を読んでください。

1985: ブレントは、20か国近くでレースのキャリアを成功させた後、フルタイムでファミリービジネスに復帰しました。トライアスロンは非常に新しく、ほとんどのディーラーがトライアスロンをまったく持っていなかったにもかかわらず、エメリーズは地元でトライアスロンバイクの最前線にいました。結局のところ、私たちはそれらを理解しました。ほとんどのブランドは、ブレントが可能にした機能を備えて作られていました。

1987: エメリーズにとってもう一つの大きな瞬間。ブレントは、スコット社(まだ市場に出ていないスコットDHエアロバー)からの新しい革新について聞いたとき、世界初のエアロクリップオンハンドルバーの独自のバージョンを開発しました!。当初、彼はウィスコンシン州ラクロスからウィスコンシン州ミルウォーキーまでの1日224マイルのタイムトライアルで自分の自転車でそれらを使用することに興味を持っていました。彼らはとてもうまく機能し、彼は数週間後、パンアメリカン競技大会TTTの数日前にインディ500トラックでウォームアップ中に米国チームに彼らをデモンストレーションしました。その同じ年、ブレントはハワイのアイアンマン世界選手権で使用するために彼らといくつかの競争相手を装備しました。当然のことながら、トライアスロン用のエアロバーをクライアントに装備する場合は、バイクのフィット位置を変える必要がありました。私たちはエアロバーを最初に作成した世界の1つであり、それ以来、新しい学校のトライアスロンポジショニングのスキルを開発してきました。

1989: エメリーズは再び拡大し、今回はメノモニーフォールズのメインストリート西部に店舗をオープンしました。ベンエメリーは最初は父親と一緒にその場所を運営し、その後全体を管理していました。私たちのビジネスのフィットネス機器の販売とサービスの側面は、その場所でのベンの努力に大きく成長していました。

1990年代: エメリーズは、ミルウォーキーストアでトライアスロン、ロードセレクションを拡大しています。より多くの製品と知識でフィットネス機器事業を拡大しています。レクリエーションのお客様に後部座席を任せないで、すべてのサイクリング、トライアスロン、フィットネスグループに対応する非常に興味深い製品の組み合わせを作成しました。ウィスコンシンにパフォーマンス自転車店を組み込んでいます。第一に、これは私たちのプロバイク部門の素晴らしい名前です。第二に、私たちはウィスコンシンでその名前を所有しているので、別の州の店がウィスコンシンでその名前で営業したい場合は、最初に私にどれだけの名前を話さなければなりませんか私がそれを売ることに決めたら、それを売るでしょう。

1993'ish: マリリン・エメリーは、1963年以来、簿記をした後(そして家業の平和を維持した後)引退しました。彼女の勤勉さと忍耐がなければ、この事業がどのように生き残ったかは想像できません。

1994: メノモニーフォールズ店をアップルトンアベニューのより広い場所に移動します。

1995: リチャード・エメリーは引退し、2人の息子に事業を売却しました。彼の家族の驚いたことに、引退は彼に同意します。彼はビジネスへの情熱と献身を示していたので、私たちは皆、彼が引退について少し不安になるだろうと思っていました。彼にとって良かった!彼は9歳の時から働いていました。いくつかの成功した労働集約的なキャリア、政治的キャリア、コミュニティへの関与、そして大家族。高校を卒業しなかったうつ病の赤ちゃんにとっては悪くない。彼は私たち(そして他の多くの人々)が知っている最も賢い人の一人です。

1998: emerys.comサイトを開始します。ああ、私たちが弱々しい最初の刺し傷を振り返ってどのように身をかがめるか。興味のある方はこちらをクリックしてご覧ください。私たちは、新しい自転車で無料の延長保証とサービスを提供し始めます。これは真の競争上の優位性です。世界の「変化」により、私たちは顧客を満足させるために価格を一致させるというコミットメントを強化します。これは今やインターネット競争に参加することを意味します。人々に真剣に受け止めてもらうには長い時間がかかりますが、ゆっくりと確実に、人々は私たちに価格を合わせて購入する機会を与えることを選択しています。

1999: 10年間の賃貸の後、ベンはメノモニーフォールズストアで購入するのに適した建物を見つけました。アップルトンアベニューからハイウェイ45の西2ブロックのメインストリートにある現在の場所に移動します。ミルウォーキーの場所でCervelo自転車を持ち込みます。これは、エメリーズにとって素晴らしい路線となるでしょう。

2000: Y2K非恐怖。少なくとも、それは私たちに私たちのコンピュータシステムを真剣に受け止めさせました。

2001: 9/11。私たちと多くの人々のために多くのことを変えました。 #1は、より多くの人々が私たちの偉大な国を祈り、感謝するようになったということでした。

2002:顧客は現在、他の州から旅行して、ブレントと協力して道路やトライアスロンの技術的なフィッティングを行っています。 2002年のウィスコンシンアイアンマンプロの女性の勝者であるヘザーゴルニックは、ブレントによって彼女のポジションを微調整するために何時間も費やしました。彼女の結果は、彼女と私たちのサービスを高く評価しています。ブレントがこれまで何年にもわたって取り組んできたトライアスロンバイクフィット理論の特定の側面は、トライアスロンポジションのトライアスロンコンセプトを変更し、バイクレッグの後のアスリートの走りを向上させました。ブレントが装着したほぼすべてのトライアスリートは、すぐに個人記録を樹立し、より良いバイクスプリットとより速い走りを実現しました。

2003: ベンは、私たちのフィットネスビジネスの主力となっているランディストレッドミルを私たちのビジネスにもたらします。

2003:PaulSwiftが最近Emerysを訪問しました。ポールは、足の角度を修正するためにクリートと靴の間に入る角度の付いたピースである「TheWedge」の作成者です。ポールは彼の製品を宣伝し、フィッティングクリニックを行っている何百もの店を訪れました。彼は、私たちがフィッティングプロセスをどのように進めているかに感銘を受け、「あなたは北米でフィッティングのトップ5または10のショップの1つです」と述べました。私たちの他の工場の担当者のほとんどは、私たちが米国のこの地域で彼らが知っている最もふさわしい店であることは間違いないと言っています。私たちの目標は#1になることです。

2004:ヘザーゴルニックは彼女の新しいQ.Rに適合します。ブレントが彼女のために特別に作ったカスタムエアロバーを備えたチームバイク。ヘザールは2週間後にワイルドフラワーのフィールドを吹き飛ばし続けます。彼女はブレントが勝利の一部であると信じています!この同じ年、ヘザーはアイアンマン世界選手権でコナで最初のアメリカ人フィニッシャーでした。

何年にもわたって、Emerysの2つの店舗のスタッフは、50,000人以上の人のためにフィッティングを行ってきました。ブレントは、顧客に合うより正確な方法を継続的に模索しているため、各顧客の立場を変えるための主観的な決定を下すための基準を開発しました。 This is why you should buy you next bike at Emerys, and your friends should buy their next bike at Emerys, and their friends, and so on. Call ahead, talk to our experienced staff. We can get the bike of your dreams built to you!

2005: Brent competes in Ironman Wisconsin.

2006: Emerys runs it's first Ironman party on the big hill Midtown Road during Ironman Wisconsin, a great event is born, growing every year.

2007: Brent races at the World Cycling Championships in Australia finishing 6th in three different events. We sell more "Best Buy" and top recommended bike and fitness brands than any local store.

2008: Our triathlon and fitness businesses have grown in importance that we give each their own 'branding'. Emerys Third Coast Triathlon Shops and Emerys Wisconsin Home Fitness are born. Though this is good marketing, we are still the Emerys, where great service reigns!

2009: Emerys Third Coast Tri Shops is the largest vendor at the USA's largest triathlon Expo, the Great lakes Multisport and Running Expo.

2010: We set our goals to bringing out our new website at year end with full e-commerce capability.

Over the years, the staff of Emerys two stores has done involved fittings for over 55,000 people. Continually searching for more precise ways to fit customers has led Brent to develop criteria for making those subjective decisions for varying the position for each customer. This is why you should buy you next bike at Emerys, and your friends should buy their next bike at Emerys, and their friends, and so on. Call ahead, talk to Brent and we can get the bike of your dreams built to you!


フェイスブック

Tonight, we look back at the history of the EVARTS class USS EMERY DE-28. She honored Jack Marvin Emery, who was born on 9 October 1916, in Los Angeles, California. He enlisted in the naval reserve on 21 August 1939 for officer training, and was commissioned an ensign on 21 August 1939. Then he reported aboard USS ARIZONA BB-39 on 13 November 1939, and served in the communications department. He was killed in action when ARIZONA was lost in the attack on Pearl Harbor, on 7 December 1941.

His namesake, USS EMERY (DE-28), was launched on 17 April 1943 for the Royal Navy, under Lend Lease by Mare Island Navy Yard, without a name, as BDE-28. When the decision was made that east coast ships should be given to the Brits to save time, BDE-28 was reallocated to the United States, and initially assigned the name EISNER on 14 June 1943, but renamed EMERY on 14 July 1943. She was commissioned on 14 August 1943, with Lcdr Robert Grimes Coburn, USNR, in command.

EMERY cleared Pearl Harbor on 1 November 1943 for Funafuti, and a month of local escort duty in preparation for the invasion of the Gilbert Islands. During the invasion, she screened vulnerable tankers that were fueling assault ships, and their covering force of major combatants. She returned to Pearl Harbor on 16 December for training. Then, on 16 January 1944, EMERY put to sea, to protect tankers again during the assault on the Marshalls. Afterwards, she escorted convoys between Majuro and Funafuti until 9 March.

Between March and September 1944, EMERY sailed out of Port Purvis escorting combatants, auxiliaries, and merchantmen to Emirau, Green Island, Bougainville, and other southwest Pacific ports. She arrived at Manus on 27 September, and after screening a small convoy to the Russell Islands, proceeded to Peleliu for antisubmarine patrol and an escort voyage to Ulithi.

She returned in Ulithi for brief overhaul in November, and then swung back through the Marianas and Marshalls on convoy duty, arriving at Eniwetok on 4 March. This was her base through July 1945, as she carried out escort missions to Guam, Saipan, Ulithi, Iwo Jima, and Kwajalein. Thus she guarded the movement of men and supplies essential to the sea borne advance on Japan.

On 5 July she sailed for San Francisco, where she was decommissioned on 15 November 1945. On 28 November, she was stricken from the Navy list. On 21 July 1947, she was sold for scrapping to the National Metal & Steel Corp., Terminal Island, in Los Angeles, California.


私たちの歴史

Emery and his son Rob from the 80s

He would bring his son, Rob Weinberger, who was only nine years old, to work with him every Saturday, and any other chance he got. In 1969, he moved to Southfield on Greenfield & 9 Mile, into an office building. He stayed there until 1974, when Emery and his wife Natalie opened Emery’s Creative Jewelers at the Charter House in Southfield. Luckily, he and Rob had a great imagination – an amazing vision for what could be – along with a lot of courage, which would bring us to Hunter’s Square in 1984.

Terri and Rob – brother and sister business partners.

Rob’s sister, Terri Herman, graduated with a Bachelor’s of Arts in Fine Arts from Arizona State University, and came home to work in the store. Rob continued working at the store after he graduated high school – taking design and gemology courses. All too soon, Emery passed away in July of 1993. Natalie retired in 2008, but always continued to be an influential part of the business until her passing in January of 2016. May their memory be for a blessing.

Rob’s daughter, Ali, pictured here with Terri “TT”

The legacy continues with Rob’s daughter, Ali Weinberger, who has worked at the store since about age nine – following in her father’s footsteps. She graduated from Michigan State University with a Bachelor’s of Arts in Psychology in December of 2012, and is employed full time at the store.

Rob and his wife Debe Terri and Howard Herman

Tragically, in 2019 Rob passed away after a heroic 8 month battle with cancer. May his memory be for a blessing. It is clear through the wonderful family and community he created and the kindness he instilled, that his memory will live on. Rob’s wife, Debe Weinberger, who has always been influential in Emery’s success, has taken on a new leadership role since his death. Terri’s husband, Howard Herman, also works at the store. The store is also run with help from many dedicated employees who have become family along the way. Although many things have changed in 30 years, one thing still remains – the integrity and love for people that Emery passed on to his children and grandchildren. Everyone is always welcome.

The below is an excerpt from the Mid-America Jewelry News:

Artisan Jewelry, Unique Gifts

Emery’s Creative is a full-service store with artisan jewelry and unique gifts in all price ranges, a great assortment of watches, custom designs and repair. The store is proud to offer the beautiful work of Michigan artists. “Of course, we do custom work ourselves, so we’re Michigan artists, too!” says Rob.

“When Dad died, we kept the business moving along,” he says. Terri is in charge of buying. Her husband, Howard Herman, and Rob’s wife, Debe, are involved in the business. And following in her father’s footsteps, Rob’s daughter Ali, 27, was initiated into Emery’s Creative at the age of 9. “Ali is involved in purchasing and inventory she’s involved in basically running the business.”

Emery’s Creative isn’t large – the showroom takes up about 420 square feet of the store’s total 1,050 square feet. It lends to a friendly, bustling atmosphere. “People walk in and say, ‘I haven’t seen a store this busy in years!’” Rob laughs.

He and his family actively promote the store with local television news appearances, offering gift ideas for special occasions. They showcase items such as wooden beads and stunning pens handcrafted by Michigan artists, a Father’s Day flask – items designed to draw customers into the store.

Since 1987, Emery’s has been offering ear piercing as well – Rob figures he’s done about 12,000 of them. “I have enough pictures to wallpaper the store several times over,” he laughs. “Babies, adults . 。 。 I pierced a grandfather and son who were 18 and 80 years old.”

Rob trained with GIA but describes himself as mostly self-taught. “My father also learned by watching other people. Then you learn how to do it your way.”

Of the many lessons learned from Emery, Rob holds these close: “Don’t get rich on one customer, and be a good person. When you’re good to the people, they’re good to you. Don’t assume a customer can’t afford something by the way they look.”

“It’s a fun store and a great place to be,” adds Rob, who employs 12 people besides family. “There’s no pressure here. No suits and ties. Everybody likes to come to Emery’s. Our motto is, ‘Curiosity brought you here – satisfaction will bring you back.’”

The store’s website says it all: “Although many things have changed in 30 years, one thing still remains, Emery’s integrity and his love for people that he passed on to his children. Everyone is always welcome.”


フェイスブック

Tonight, we look back at the history of the EVARTS class USS EMERY DE-28. She honored Jack Marvin Emery, who was born on 9 October 1916, in Los Angeles, California. He enlisted in the naval reserve on 21 August 1939 for officer training, and was commissioned an ensign on 21 August 1939. Then he reported aboard USS ARIZONA BB-39 on 13 November 1939, and served in the communications department. He was killed in action when ARIZONA was lost in the attack on Pearl Harbor, on 7 December 1941.

His namesake, USS EMERY (DE-28), was launched on 17 April 1943 for the Royal Navy, under Lend Lease by Mare Island Navy Yard, without a name, as BDE-28. When the decision was made that east coast ships should be given to the Brits to save time, BDE-28 was reallocated to the United States, and initially assigned the name EISNER on 14 June 1943, but renamed EMERY on 14 July 1943. She was commissioned on 14 August 1943, with Lcdr Robert Grimes Coburn, USNR, in command.

EMERY cleared Pearl Harbor on 1 November 1943 for Funafuti, and a month of local escort duty in preparation for the invasion of the Gilbert Islands. During the invasion, she screened vulnerable tankers that were fueling assault ships, and their covering force of major combatants. She returned to Pearl Harbor on 16 December for training. Then, on 16 January 1944, EMERY put to sea, to protect tankers again during the assault on the Marshalls. Afterwards, she escorted convoys between Majuro and Funafuti until 9 March.

Between March and September 1944, EMERY sailed out of Port Purvis escorting combatants, auxiliaries, and merchantmen to Emirau, Green Island, Bougainville, and other southwest Pacific ports. She arrived at Manus on 27 September, and after screening a small convoy to the Russell Islands, proceeded to Peleliu for antisubmarine patrol and an escort voyage to Ulithi.

She returned in Ulithi for brief overhaul in November, and then swung back through the Marianas and Marshalls on convoy duty, arriving at Eniwetok on 4 March. This was her base through July 1945, as she carried out escort missions to Guam, Saipan, Ulithi, Iwo Jima, and Kwajalein. Thus she guarded the movement of men and supplies essential to the sea borne advance on Japan.

On 5 July she sailed for San Francisco, where she was decommissioned on 15 November 1945. On 28 November, she was stricken from the Navy list. On 21 July 1947, she was sold for scrapping to the National Metal & Steel Corp., Terminal Island, in Los Angeles, California.


エメリー

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

エメリー, granular rock consisting of a mixture of the mineral corundum (aluminum oxide, Al2O3) and iron oxides such as magnetite (Fe3O4) or hematite (Fe2O3)。 Long used as an abrasive or polishing material, it is a dark-coloured, dense substance, having much the appearance of an iron ore. In addition to corundum and iron oxide, emery sometimes contains diaspore, gibbsite, margarite, chloritoid, and sillimanite.

Emery has been worked from very early times on the Greek island of Náxos it occurs there as loose blocks and as lenticular, or lens-shaped, masses or irregular beds in granular limestone associated with crystalline schists. Important deposits, similar to that on Náxos, occur in Turkey, where emery is found as detached blocks in a reddish soil and as rounded masses embedded in a crystalline limestone associated with mica schist, gneiss, and granite. Turkey is now the major world producer of emery. Emery has been worked at several localities in the United States, most notably at Peekskill, N.Y.

The Mohs hardness of emery is about 8, whereas that of pure corundum is 9. Emery’s hardness has made it popular as an abrasive, particularly in sandpapers, although it has largely been replaced by synthetic materials such as alumina. Its largest application now is that of a nonskid material in floors, stair treads, and pavements. A very fine emery dust is used by lens grinders, lapidaries, and plate-glass manufacturers, although here too synthetic abrasives are often preferred for their more uniform grain sizes and properties. Emery wheels, once quite common, were made by mixing the powdered material with a bonding medium such as clay and firing in a kiln. In emery sticks, cloth (also called crocus cloth), and paper, the powdered emery is bonded to the backing with adhesive.


ビデオを見る: RUSSIAN CYBERPUNK FARM. РУССКАЯ КИБЕРДЕРЕВНЯ