ブルックリンドジャースが最初のワールドシリーズで優勝

ブルックリンドジャースが最初のワールドシリーズで優勝


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1955年10月4日、ブルックリンドジャースがついにワールドシリーズで優勝し、ニューヨークヤンキースを2-0で下しました。彼らはすでにチャンピオンシップを7回失い、ヤンクだけで5回負けました。1941年、1947年、1949年、1952年、1953年です。 -古い左利きの投手ジョニー・ポドレス、彼らはついに最初の(そして最後の)爆撃機を打ち負かすことができました。

ドジャースはヤンキースタジアムでシリーズの最初の2試合を失いました。実際、チームが最初の2試合を失った後、7試合のワールドシリーズに勝つために戻ってきたのは歴史上初めてでした。その後、3試合で勝ちました。家の列。ヤンクは6番目に戻ってきて、ブロンクスの62,465人のファンの前でタイブレークの第7戦を余儀なくされました。

前回の試合の4イニングで、キャッチャーのロイ・キャンパネラがダブルをヒットし、ギル・ホッジスが適切に配置されたシングルで彼を家に送ったとき、ブルックリンは最初のランを獲得しました。 6番目に、ヤンキーエラーはドジャースが基地をロードするのを助けました。ベテラン投手トミーバーンは3ヒットしかあきらめなかったが、マネージャーのケーシーステンゲルは彼を引っ張って右利きのリリーフボブグリムを送り込んだ。しかしそれでもホッジスが長い犠牲フライを中堅手にノックするのを止めなかった。ピーウィーリースは無事に家に帰り、ドジャースは2勝しました。

そして、ゲームの決定的な瞬間。 6回裏、ポドレスはビリー・マーチンを歩き、ギル・マクドゥガルドは最初にバントを上回り、誰も出ていない状態で2つをつけた。その後、ヨギ・ベラが左翼のファウルラインを激しくスライスしました。確かに、バックアップの外野手サンディ・アモロスがどこからともなく走り出し、グローブを突き出し、スタンドに向かってボールを引っ掛けるまで、ゲームを結ぶダブルでした。 。彼は動かして遊撃手リースに投げました。リースは最初にそれをホッジスに投げました。ホッジスはマクダガルドをバッグからインチ単位で捕まえました。ヤンキーの確かなことは、ゲームを殺すダブルプレイに酸っぱいものでした。

最後の勝利は、エルストンハワードのグラウンダーであるリースにもたらされました。リースは、ドジャースが町を越えたライバルに5回敗れたことで、38歳のチームキャプテンでした。リースはボールをすくい上げ、最初に低くそして広く発射したが、どういうわけか-ジョン・ドレビンガーが書いたように タイムズ 翌日、「ギルはそのブロンクスの途中まで伸びていただろう」-ホッジスはハワードをダッグアウトに送り返してゲームを終了するのに間に合うようにそれをつかんだ。

1955年のシリーズは、ブルックリン・ドジャースがこれまでに勝った唯一のシリーズであることが判明しました。彼らは翌年再びヤンキーに敗れた。その翌年、チームのオーナーは、より良い近所のおしゃれなスタジアムでプレーしたいと思ったので、チームをカリフォルニアに移しました。ロサンゼルスドジャースはチャンピオンシップで5回優勝しています。


ブルックリンドジャースの歴史

NS ブルックリンドジャース メジャーリーグの野球チームであり、1884年から1957年まで主にナショナルリーグ(1876年設立)で活動し、その後、クラブはカリフォルニア州ロサンゼルスに移り、ロサンゼルスドジャースとしての歴史を続けています。チームは、長年のライバルであるニューヨークジャイアンツが同じくナショナルリーグに所属し、サンフランシスコジャイアンツとして北カリフォルニアのサンフランシスコに移転すると同時に西に移動しました。チームの名前は、ブルックリンの住民が市内のトロリー路面電車を回避するという評判の高いスキルに由来しています。ドジャースは、サウスブルックリンの2つのスタジアム(それぞれワシントンパークと呼ばれる)とブラウンズビルの近くのイースタンパークでプレーした後、1913年にクラウンハイツの近くのエベッツフィールドに移動しました。チームは1947年にジャッキーロビンソンに署名したことで有名です。現代のメジャーリーグで最初の黒人選手。 [1]


フランチャイズタイムライン

1950年代に、チームが1958年に西海岸に歴史的な移動を行ったため、ブルックリンドジャースはロサンゼルスドジャースになりました。場所が変わったにもかかわらず、ドジャースはナショナルリーグを支配し、5つのナショナルリーグペナントを獲得しました(1952、1953、1955)。 、1956、1959)および1955年と1959年の世界選手権。

10年のうち8年で、ドジャースは913試合で勝利し、2位を下回ったことはありませんでした。これは、ドジャースの歴史の中で10年で最も多くの勝利を収めました。

10年が始まると、ドジャースには、1941年にクラブ&アポスの弁護士に任命された新しい社長、ウォルターO&aposMalleyがいました。1950年10月、O&aposMalleyはドジャースの社長兼筆頭株主になりました。

O&aposMalleyは、1952年と1953年に、チャーリー・ドレッセン監督の下で彼のチームが連続してペナントを獲得するのを見ました。 1953年、ドジャースは、ジャッキーロビンソン、ピーウィーリース、ロイキャンパネラ、ギルホッジス、カールフリーロ、ドンニューカム、カールアースカイン、ジムギリアム、デュークスナイダーなど、有名な「ボーイズオブサマー」でクラブレコード105ゲームを獲得しました。説教者のRoeとClemLabine。

ウォルターオルストンは1954年にマネージャーになり、ドジャースを23シーズンにわたって指導し、2,042勝、4回の世界選手権、7回のN.L.ペナント、9つのオールスター出演、1983年の殿堂入り。

1955年、ドジャースはヤンキースを破り、7試合のワールドシリーズで史上初の世界選手権に勝ちました。ドジャースは、シリーズMVPのジョニーポドレスがヤンキースを2-0で締めくくったため、ヤンキースタジアムで第7戦に出場しました。

ドジャースは1956年にナショナルリーグチャンピオンとして繰り返され、再びヤンキースに直面しました。別の心停止するワールドシリーズでは、ヤンキースが7試合で勝ちました。

ドジャースの右利きのドン・ニューカムは、1956年にサイ・ヤング賞とMVP賞を同じシーズンに獲得した最初の選手になったときに、野球の歴史を築きました。

1957年のシーズンが始まると、フィールド上のチームは、チームの宣伝と西海岸への移動の可能性に影を落としました。 O&aposMalleyは、10年の初めから、ブルックリンにある彼のボールクラブのために、よりモダンなスタジアムを建設したいと考えていました。ニューヨークの当局者は適切な場所を思い付くことができませんでした。

1957年10月8日、O&aposMalleyは、ブルックリンで68シーズンを過ごした後、ドジャースがロサンゼルスに移住すると発表しました。野球を全国各地に持ち込むために、ジャイアンツはニューヨークからサンフランシスコに移転することも決定しました。 1958年4月18日、ドジャースはロサンゼルスで最初の試合を行い、コロシアムで78,672人のファンの前で、ジャイアンツを6-5で破りました。

10年の最後のシーズンに、移行中のチームであるドジャースは、ミルウォーキーブレーブスとの1位タイで終了しました。 2日後、ドジャースはN.L.彼らが3つのベストプレーオフでブレーブスを席巻したときのペナント。

その後、ドジャースは1950年代の5回目のワールドシリーズでシカゴホワイトソックスと対戦しました。タイムリーな打撃と卓越したピッチングを使用して、ドジャースはロサンゼルスに最初のチャンピオンシップをもたらし、6試合でソックスを破りました。ラリーシェリーは印象的で、2つのゲームに勝ち、2つを節約し、MVPの栄誉を獲得しました。チャーリーニールとチャックエッセジアンはそれぞれ2本塁打を放った。


1920年10月12日:クリーブランドインディアンスが最初のワールドシリーズで優勝

ブルックリンロビンスは1920年のワールドシリーズで排除の危機に瀕していた。彼らはクリーブランド・インディアンスに対して4ゲームから2ゲームダウンしました。彼らの攻撃はシリーズ全体を飛び散らせ、最初の6試合でわずか8ランを記録しました。シリーズが3ゲーム前にクリーブランドに移動したので、彼らのコウモリは2つのタリーだけを管理して、失敗しました。レギュラーシーズン中に平均4回以上の試合を行ったクラブにとっては失礼な目覚めでした。それでも、ブルックリンのスキッパーであるウィルバートロビンソンは、彼のチームがベストファイブオブナインシリーズのゲームシックスで1-0の決定を失った後も、依然として楽観的でした。 "ビート?私たちはそうではないと言うべきです」とロビーは言いました。 「私たちは打撃を受けていません。それが唯一の問題です。私たちは明日そこに出かけて、彼らがワールドシリーズを見たことがないことを望んでいるほど激しくそれらのインディアンに激突します。ブルックリンに戻ったとき、クリーブランドにはチャンスがありません。ルーブ・マーカードかバーリー・グライムスのどちらかを売り込み、どちらかがクリーブランドを止めることができます。」1

ロビンズのスター外野手であるザックウィートは、ロビンソンに同意しました。 「これからヒットします」とウィートは語った。 「コベレスキが明日ピッチングした場合、2回の勝利にもかかわらず、私たちは彼を箱から出して追い出します。」2

ロビンソンが本当にマーカードが第7戦を開始することを検討したかどうかは決してわかりません。クリーブランド警察の刑事のチケットをスキャルピングしたことでゲーム4の前にルーベが逮捕されたことは、ブルックリンクラブにとって大きな気晴らしでした。その後の民事訴訟裁判所への出廷もまた、痛ましい思い出でした。 (Marquardは1ドルの罰金を科されました。)彼はシリーズのゲーム1を開始しましたが、ローテーションから外され、ブルペンに移動しました。オフシーズンには、マークアードはシンシナティにダッチリューサーと交換されました。

グライムスは2日前のゲームファイブでピッチングしたが、3⅓イニングしか続かず、7ランを降伏した後に敗北した。彼はブルックリンの希望を生かすために第7戦でロビンソンからボールを​​与えられました。小麦は彼の願いを聞き、クリーブランドのマネージャーであるトリススピーカーはスタンコベレスキと対抗した。

新しい規則は、投手が野球に異物を使用したり、それをこすったりすることを禁止しました。 1920年のシーズンは、スピットボールのピッチャーが投げるのをやめることができるように、移行の年になるはずでした。しかし、「お金」のピッチとしてスピットボールに依存していたプレーヤーは、ピッチを使い続けることができるように働きかけました。グライムスとコベレスキを含む17人は、彼らのキャリアに日が沈むまで、スピッターを使用することを許可されました。 (グライムスは最後の合法的なスピットボール投手でした。彼は41歳になるまで急いで行きました。彼の最後の目的地は1934年にピッツバーグでした。)

サーカスの雰囲気は1920年10月12日にダンフィールドに戻りました。群衆は世界タイトルを渇望し、それが彼らの故郷で達成されるのを見ました。シリーズの最大の群衆である27,525人は、歴史を見ることを期待してターンスタイルを押し通しました。クリーブランドはとても暖かく晴れた秋の日でした。エルマー・スミスは、インド人の8対1の勝利でグランドスラムを打ったとき、ゲーム5での彼の英雄のために自動車とダイアモンドピンを提示されました。

ラリーガードナーが2塁でピートキルダフを過ぎてベースヒットを得たとき、インディアンは4回に最初に打った。スピーカーはひき逃げをし、ドック・ジョンストンは右翼手にシングルを義務付け、ガードナーを3位に動かした。ジョー・シーウェルは左翼手に飛び出したが、ガードナーは彼の場所を保持した。部族の捕手スティーブオニールがプレートに足を踏み入れた。グライムスとキャッチャーのオットーミラーは、オニールに基地をロードするためのフリーパスを発行することについて議論しました。しかし、彼らは彼に売り込むことに決めました。クリーブランドはダブルスティールを行い、ミラーはそのプレーをずっと読んだ。二塁に発砲する代わりに、彼はガードナーを三塁に保つためにグライムスに投げ返した。グライムスはジョンストンが鞄から3フィート離れているのを見た。彼は動かしてキルダフに投げた。しかし、スローはセンターフィールドに入り、ガードナーは簡単に最初のランを獲得しました。

インド人は5回に別のランをスクラッチした。チャーリージェイミーソンは三塁にシングル、2番目に盗み、スピーカーの右翼手にトリプルで得点しました。その間、コベレスキはロビンズをスコアボードから遠ざけた。彼は最初の5フレームで三振を1回だけ登録しましたが、指揮を執っていました。ロビンズが突破する最高のチャンスは3回でした。グライムスは1つ離れて、シングルになりました。元クリーブランド・ナップのアイビー・オルソンは、ジョー・シーウェルがエラーのために起動したことをショートに送った。 1位と2位のランナーで、ジャック・シーハンはオルソンを打った右に向かってグラウンダーを送った。シーハンはシングルでクレジットされ、オルソンは出て、グライムスは二塁に送り返されました。トミー・グリフィスはイニングを終えるために飛び出した。

ブルックリンは7回表に再び脅迫した。エド・コネッチーは、シーウェルがノックダウンしたがプレーできなかったボールのシングルでクレジットされました。キルダフも同様にシーウェルの方向にグラウンダーを送りましたが、若者はそれを消しました。再びロビンスは2人の男性を乗せていましたが、2人が出ていました。ビル・ラマーはミラーを代打し、イニングを終了するために接地した。

クリーブランドは3-0のリードを取るために別のランに取り組みました。グライムスは7イニングを投げた。彼は4回の散歩をあきらめ、2回を打ちました。全体として、グライムスはブルックリンを勝つための位置に置くのに十分なピッチでした。しかし、コベレスキは試合に3-0で勝つために90ピッチしか必要としませんでした。

クリーブランドのファンは、ヒーローを祝福するためにダンフィールドに群がりました。ブルックリンのオーナーであるチャーリーエベッツは、ホームプレートでインディアンを祝福し、祝賀会は「第5の都市」で始まりました。

第1ゲームと第4ゲームで優勝したコベレスキは疲れていましたが、活気にあふれていました。 「私と同じようにスピッターを使う仲間にとっては、2日間の休息では十分ではありません」とコベレスキは言いました。 「私の腕は死んでいた。私のスピッターがいつものようにスナップしているようには見えませんでした。

「私のピッチングについて話すときは、スティーブオニールを見落とさないでください。オニールのような仲間に売り込むのは素晴らしいことです。彼のサインで頭を振ることはめったにありませんが、今日の午後、ウィートが起きて、彼がゲームの最もハードなドライブにぶつかったときに一度それをしました。」3

小麦はにコラムを書いていました クリーブランドプレーンディーラー 読者に反対の見方を与えるため。第7戦でブルックリンの5つのヒットのうち2つを獲得したスター外野手は、シリーズをコンテキストに入れました。 「彼らは私たちを殴り、公正かつ正直に私たちを殴りました」とウィートは書いています。 「昨日の試合は、試合が進むにつれて良い球技でしたが、それはすべてコベレスキのものでした。彼はいくつかの投手であり、彼がシリーズで投げた3つのゲームの中で、彼は昨日最もよく働きました。グライムスもうまくいきましたが、鉄で武装したポールが立てたピッチングに勝つことはできませんでした。

シリーズを振り返ると、コベレスキの作品は、三重殺しや本塁打などのスタントプレーを凌駕する特徴として際立っています。」4

コベレスキは3-0で、シリーズでは0.67でした。オニールとチャーリー・ジェイミーソンがチームを率いて打撃を行い、それぞれの打率を上げました。333。スピーカー(.320)とエルマースミス(.308)は彼らのすぐ後ろにいました。ウィート(.333)とオルソン(.320)がブルックリンに出演しました。

次のシーズン、インディアンは新しいユニフォームを発表し、「ワールドチャンピオンズ」がトップスに飾られました。部族にとって残念なことに、その特定のスタイルは1年間しか流行していませんでした。彼らは1921年にアメリカンリーグでニューヨークに4½ゲーム差で2位に落ちました。彼らは1948年まで再び秋のクラシックに登場することはありませんでした。

ロビンソンは1931年のシーズン後にマックス・キャリーに置き換えられ、ブルックリンのニックネームはドジャースに戻りました。ブルックリンは1941年にポストシーズンに戻り、ニューヨークヤンキースと対戦しました。ニューヨークヤンキースは、1941年から1956年にかけて対戦した7つのワールドシリーズのうち6つでドジャースを破り、ドジャースを破りました。 1955年。

ノートに引用されている情報源に加えて、著者はこの記事に関連する資料としてBaseball-Reference.comおよびRetrosheet.orgのWebサイトを使用しました。

1「ロビンズは今日の勝利を確信している」 クリーブランドプレーンディーラー、1920年10月12日:18。


1941年のワールドシリーズ:ブルックリンドジャース対ニューヨークヤンキース

ブルックリンドジャース1941年のワールドシリーズスタメン

写真提供:デトロイト公立図書館デジタルコレクション/アーニーハーウェルスポーツコレクション

1941年、ドジャースはまだブルックリンに拠点を置いていました。ブルックリンは、チームの最初の「地下鉄シリーズ」であるヤンキースとの最初のワールドシリーズの対戦を行いました。 (しかし、ニューヨークの地下鉄が開通する14年前の1889年、ブルックリンブリデグルームズは、アメリカンアソシエーションの「トロリーシリーズ」でニューヨークジャイアンツと会いました。)ヤンキースは1940年にワールドシリーズに参加できませんでしたが、それ以外の場合は長い連勝を続けていた。それは1941年にヤンキースがチャンピオンシップを獲得することで再開しました-そして勝利はドジャースとヤンキースの間の競争を確固たるものにしました。そしてそれは何十年も続いています。


ドジャースの歴史:ブルックリンスーパーバスの簡単な統治

19世紀の最後の20年間は、メジャーリーグの最初の20年間でもあり、4つの王朝チームが登場しました。今日のカブスの先駆者であるキャップアンソンのシカゴホワイトストッキングは、1880年から86年にかけて5つのペナントを獲得しました。マネージャー/一塁手チャーリーが率いるアメリカンアソシエーションのセントルイスブラウンズは、1885年から88年にかけて4つのストレートペナントを獲得し、1886年のワールドシリーズでNLのホワイトストッキングを破りました。彼らは後にナショナルリーグに参加し、カージナルスになりました。現在ブレーブスとなっているボストンビーンイーターズは、マネージャーのフランクセレーの指導の下、キッドニコルズの主力投球の背後で、5つのペナントで1890年代を本で締めくくりました。その間に、NLのボルチモアオリオールズは3つのストレートペナントを獲得し、1894-98年から毎年.658以上の勝率を記録しました。

これらの4つのチームのうち、オリオールズは3つの理由で現代の想像力の中で最大に迫っています。 1つ目は、マネージャーのネッドハンロンの下で、チーム指向のプレースタイルを開拓し、その後の数十年を支配することです。ハンロンとオリオールズは、ヒットアンドラン、犠牲バント、または他の野手をバックアップすることを発明しませんでしたが、上記のすべてを新しいレベルの注目を集めました。彼らはまた、ナショナルリーグの試合を担当する唯一の審判が一度に1つのことしか見ることができなかったという事実によって、与えられたあらゆる機会にルールを曲げて破りました。彼らはベースの角を切り、ランナーを妨害し、外野手に余分なボールを隠して、外野手が人工的な速さでスローバックできるようにしました。彼らはまた、グラウンドキーパーを雇ってフィールドを有利に変更しました。たとえば、ホームプレートの前の土の下にコンクリートを注いで、後に都市の名前が付けられるボルチモアのチョップを支援しました。そのようなシェナニガンが示唆するように、オールドオリオールズは、20世紀に知られているように、紳士の娯楽としてゲームの起源から残っている装飾をすべて流しました。祝賀と苦情の中で実証的であり、彼らは審判、対戦相手、そして必要に応じてファンを口頭および肉体的に虐待していませんでした。

オリオールズの記憶が続く2つ目の理由は、チームのゲームへの非常に競争的なアプローチで、すべてではありませんが、最も粗いエッジの一部が削り取られたため、管理ツリーによって20世紀に持ち越されました。ハンロンとボルチモアのひどい三塁手ジョン・マグローから始まり、ケーシー・ステンゲル、ビリー・マーチン、ルー・ピネラなど、2010年シーズンまで最後までやり遂げました。シアトルのピネラの下で3年以上プレーし、2019年にルーキーマネージャーとしてNLを退場させた、現在のレッズのスキッパー、デビッドベルは、間違いなくその連続性を今日までもたらしています。

しかし、オリオールズを歴史から好奇心へと高めているのは、フランチャイズがその最大の10年を生き延びなかったという事実です。オリオールズは1898年に96試合に勝ち、1899年に.581勝率を記録した後、彼らは去りました。 1882年にアメリカンアソシエーションで生まれたオリオールズは、ナショナルリーグでわずか8シーズンを過ごし、最後の6シーズンは良かったか素晴らしかったが、その後はなくなった。ホワイトストッキング、ブラウンズ、ビーンイーターズとは異なり、彼らは子孫を残しませんでした。 1903年にニューヨークに移ってヤンキースになった元のアメリカンリーグオリオールズは公式の関係を持たず、現代のオリオールズは移転したアメリカンリーグセントルイスブラウンズであり、1901年にミルウォーキーブルワーズとして誕生しました。現在のフランチャイズは、19世紀の王朝にも、名前を共有している現代の拡張チームにも関係していません。したがって、オールドオリオールズは現代のチームの歴史の公式な部分ではありません。

しかし、いずれかのチームがそれらを主張できるとしたら、それはドジャースでしょう。 1898年のシーズンの終わりまでに、ドジャースは3つの敗北シーズンの間に財政難に陥り、その間に4人の所有者のうち2人、ジョセフドイルとチャールズバーンが亡くなり、3人目のジョージチョーンシーが彼の株をファーディナンドアベルに売却しました。 、残りのプリンシパル、そして新進チームのエグゼクティブ、チャールズ・エベッツ。オリオールズはまだ勝っていたが、ボストンに最後の2つのペナントを失っていた。両チームは、米西戦争の年である1898年に出席者が劇的に減少したことを確認しました。オリオールズはその年、1897年の半分以下のファンしか集めませんでした。

当時、複数のチームの株式を所有することに反対する規則はなかったため、ブルックリンのアベルとボルチモアのハリーフォンデルホルストの2つのクラブの所有者は、相互の悲惨さに対する解決策、つまりシンジケートの所有権を思いつきました。 AbellとVonder Horstは、各クラブの約40%の所有権を与える契約を結び、ボルチモアのマネージャーであるHanlonとBrooklynのチームプレジデントであるEbbetsが残りを分割しました。収益を最大化するために、シンジケートは2つのクラブの資産を組み合わせて、2つの市場のうち大きい方のブルックリンでHanlonが率いる勝者を構成しました。

1899年3月の1回の取引で、シンジケートは9人のオリオールズ選手をブルックリンに再割り当てしました。一塁手ダン・マッギャン。この動きはまた、オリオールズがシカゴとの合法的な取引で彼を買収してから2か月も経たないうちに、殿堂入りに値する遊撃手ビル・ダーレンをブルックリンに送りました。 1899年のシーズン中、ブルックリンはワシントンと2回の交易を行い、捕手であるデュークファレルとディーコンマクガイア、そして三塁手であるドクケイシーを追加しました。これらの2つの取引で取り扱われた5人のプレーヤーのうち4人、その中のMcGannは、合併前はオリオールズでした。

その才能を現職のエース、ブリックヤード・ケネディ、二塁手ジャック・ダン、二塁手トム・デイリー、中堅手フィールダー・ジョーンズの上に積み上げ、ブルックリンは1898年の10位フィニッシュから、1899年の記録的な101勝とペナントまで急上昇しました。 8ゲームで復活したビーンイーター。地元のマスコミは、スーパーチャージのブルックリンクラブをスーパーバスと呼んでいます。ハンロンブラザーズが上演した&#x201CSuperba&#x201D(シルクドゥソレイユを想像してください)と呼ばれる現代のアクロバット展にちなんで名付けられました。スキッパーのネッドとは関係ありませんが、協会は確かに意図していました。

スーパーバスは彼らの新しい名前に忠実でしたが、作家は彼らをオリオールズと合法的に呼んだ可能性があります。実際、スーパーバスは、ドジャースとして認識されているものよりも、1890年代のオリオールズのように見えました。家では、彼らのユニフォームは赤のアクセントが付いた白でした。空白の白いピルボックスキャップと赤い靴下を区別する唯一のマークは、襟付きシャツの左胸にある赤いオールドイングリッシュBでした。ドジャースのブルーは1902年まで到着せず、ブルックリンBは1909年まで到着しませんでした。

それでも、シンジケートはオリオールズの卸売りを移植していませんでした。マグロウとキャッチャーのウィルバートロビンソンは、ボルチモアにダイアモンドカフェと呼ばれるスポーツバーがあり、収入のかなりの部分を占めていたため、ブルックリンへの移動を拒否しました。皮肉なことに、どちらも次の世紀のドジャースとジャイアンツのライバル関係の重要人物になるでしょう。遊撃手での最上級のプレーのおかげもあって、全盛期のオリオールズのベストプレーヤーであるジェニングスは、事実上、ボルチモアに投げ腕を残し、負傷して一塁手に移動しました。

しかし、シンジケーションは縮小の舞台を設定しました。&#xA0ブラウンズは1898年のシーズン後にクリーブランドスパイダーズを消費し、パーフェクトスになり、クリーブランドはまだ比類のない20-134シーズンを通して苦しみました。&#xA0 10年の初めに論争の的となったプレイヤーの取引は、ルイビル大佐を盗む過程にありました。スーパーバスがオリオールズの最高の選手を吸い上げたため、リーグは1899年のシーズン後にクリーブランド、ルイビル、ワシントン、ボルチモアのフランチャイズを折りたたむことを選択しました。

その結果、ブルックリンは1900年にボルチモアの才能をさらに追加しました。特に、ホールオブフェイマーのジョーマクギニティ、正義のフランクキットソン、若い外野手ジミーシェッカード、スイングマンのハリーハウエルです。 #xA0前のオフシーズンに鉄の鋳造所で働いたことと6日間で5つのゲームに勝ったことの両方でニックネーム&#x201CIron Man&#x201Dを引き継ぎ、28勝343イニングでリーグを制覇した潜水艦マクギニティが率いるシーズン半ばに伸び、スーパーバスは1900年にNLチャンピオンとして繰り返され、41/2ゲームでパイレーツを破りました。

スーパーバスの治世は、それが始まったのとほぼ同じ速さで、そして同様の手段で終わった。 1901年シーズンの前に、バンジョンソンのウエスタンリーグは、NLに匹敵する新しいメジャーリーグであるアメリカンリーグとして生まれ変わり、シニアサーキットで戦争を宣言し、驚くべき速さでプレーヤーを密猟しました。スーパーバスは、マクギニティとハウエルをALの新しいオリオールズに、中堅手ジョーンズをホワイトソックスに、そして通常の三塁手レーブクロスを新しいフィラデルフィアアスレチックスに失った。ブルックリンにとってさらに悪いことに、ジョンソンはライバルリーグのバランスを崩し、その権力の中心をニューヨークから遠ざけるために、パイレーツを無傷のままにすることを選択しました。

出来た。スーパーバスは、シェッカードと正義のワイルドビルドノバンの成熟の恩恵を受けて、1901年もまだ良好でしたが、元ルイビル大佐のホーナスワグナーに率いられ、3連勝するパイレーツに次ぐ91/2ゲームを終えました。 NLペナント。 1901年のシーズン後、ケリーは新しいオリオールズにジャンプし、二塁手デイリーはホワイトソックスにジャンプし、キャッチャーのマクガイアはタイガースにジャンプしました。 1902年、ブルックリンは2位で終了しましたが、ピッツバーグ(1891年から1911年までHなしで行った)になんと271/2ゲーム差がありました。その冬、ドノバンとキットソンはタイガースにジャンプし、キーラーはニューヨークに移転したオリオールズにジャンプし、中堅手コージード​​ーランはホワイトソックスにジャンプし、キャッチャーのデュークファレルはALのボストンフランチャイズにジャンプしました。 1903年、ブルックリンは5位に沈みました。チームは、次の10年の半ばまで、より高く終了することはありませんでした。オールドオリオールズはすべてなくなり、スーパーバスもなくなりました。&#xA0


ワールドシリーズの歴史:ドジャースはタイトル7を探していますが、レイズは最初のタイトルを望んでいます

Fox NewsFlashのトップヘッドラインはこちらです。 Foxnews.comをクリックしているものをチェックしてください。

ロサンゼルスドジャースとタンパベイレイズは2020年のワールドシリーズで出会う予定です。

ドジャースは、ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズでアトランタブレーブスを破った後、7回目のワールドシリーズタイトルを探しています。ロサンゼルスは過去4年間で3回目のワールドシリーズに参加していますが、1988年以来タイトルを獲得していません。

レイズは、アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズでヒューストンアストロズを破った後、フランチャイズ史上初のワールドシリーズタイトルを探しています。タンパベイは2008年にワールドシリーズに出場しましたが、フィラデルフィアフィリーズに5試合で敗れました。

両方のチームは、歴史に彼らのマークを付けようとします。

ニューヨークヤンキースのようにワールドシリーズの支配に近づいたチームはありません。ブロンクス爆撃機は27でMLBフランチャイズの中で最も多くのワールドシリーズタイトルを持っています。セントルイスカージナルスは11で2番目に多く、オークランドアスレチックスとボストンレッドソックスはそれぞれ9です。

ワシントンナショナルズは、最新のワールドシリーズチャンピオンです。しかし、彼らはコロナウイルスのパンデミックが短縮されたシーズンにプレーオフを行うことができませんでした。

過去の受賞者を振り返るには、以下をお読みください。

2010年代

ワシントンナショナルズのフアンソトは、2019年のワールドシリーズへのチームの支援を行いました。(AP Photo / Manuel Balce Ceneta)

2010年代のワールドシリーズでは、いくつかの長い筋が壊れていました。シカゴカブスは1908年以来初めてワールドシリーズを獲得しました。カンザスシティロイヤルズは1985年以来初めてワールドシリーズを獲得しました。ワシントンナショナルズは史上初めてタイトルを獲得しました。サンフランシスコジャイアンツは5年間で3つのタイトルを獲得しました。ニューヨークヤンキースはこの10年間で優勝しませんでした。これは、1980年代以来初めてのことです。

2019:ワシントンナショナルズ

2014年:サンフランシスコジャイアンツ

2012年:サンフランシスコジャイアンツ

2010年:サンフランシスコジャイアンツ

2000年代

デビッド・オルティーズは「バンビーノの呪い」を破るのを手伝いました。 (AP Photo / Michael Dwyer)

ニューヨークヤンキースは、2000年代を27回目のワールドシリーズチャンピオンシップで締めくくりました。これは、チームが2000年以来初めてのことです。ボストンレッドソックスは、アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズの3-0の赤字から戻って、2004年に1918年以来の最初のタイトルを獲得しました。ヤンキース。フロリダマーリンズとアリゾナダイヤモンドバックスも、この10年間でホームチャンピオンシップを獲得しました。

2008年:フィラデルフィアフィリーズ

2001年:アリゾナダイヤモンドバックス

1990年代

デレク・ジーターは、1990年代にヤンキースの歴史に自分自身を刻みました。 (ゲッティイメージズ)

ヤンキースとアトランタブレーブスは1990年代を支配しました。アトランタは1995年にシリーズで優勝し、1991年、1992年、1996年、1999年にナショナルリーグチャンピオンシップシリーズで優勝しましたが、それを示すための指輪は1つしかありません。ヤンキースは4年間で3つのタイトルを獲得し、2000年に優勝しました。マーリンズは1997年にクリーブランドインディアンスで最初のワールドシリーズを獲得し、シンシナティレッズはオークランドAのタイトルで10年をスタートしました。トロントブルージェイズは、連続してタイトルを獲得しました。これは、カナダで最初に優勝したチームです。

1980年代

陸上競技とジャイアンツは、恐ろしい地震の中断プレイが少しあったベイエリアシリーズでプレイしました。ニューヨークメッツは、1986年に劇的な勝利を収めてボストンレッドソックスの頭痛の種に加わりました。ロサンゼルスドジャースは、10年間でワールドシリーズに2回優勝した唯一のチームでした。

1980年:フィラデルフィアフィリーズ

1970年代

陸上競技は1970年代を支配し、1972年から1974年まで3回連続でタイトルを獲得しました。レッズとヤンキースもこの時代に連続してタイトルを獲得しました。王朝はこの時代に生まれました。

1960年代

トムシーバーは1969年にメッツに売り込みました。(スポーツ/ゲッティイメージズのフォーカスによる写真)

「ミラクル」メッツは、フランチャイズ初のワールドシリーズで1960年代を締めくくりました。 1969年のメッツは、ワールドシリーズに出場するためにナショナルリーグチャンピオンシップシリーズで優勝した最初のチームでした。その前は、リーグで最高のチームがワールドシリーズに直接対決していました。ヤンキースとドジャースはそれぞれ、10年間で2回のワールドシリーズの勝利を収めました。

1950年代

ニューヨークヤンキースのヨギベラとジョーディマジオは、フィラデルフィアフィリーズに対して1950年のワールドシリーズで優勝したことを祝います。 (写真提供:Sporting News / Sporting News via Getty Images)

ヤンキースは1950年代に最高の地位を占めました。 1950年から1954年まで、ヤンキースはワールドシリーズチャンピオンであり、1956年と1958年に再びタイトルを獲得しました。ニューヨークは、組織が毎年期待するものの基準を実際に設定しました。

1940年代

それは1940年代にはほとんど同じでした。ヤンキースとカージナルスは野球のトップチームでした。ニューヨークは4回勝ち、カージナルスは3回勝ちました。

1930年代

ルーゲーリッグは、最高のヤンキースチームのいくつかに所属していました。 (AP)

ヤンキースは1930年代を終え、10年の最後の4つのワールドシリーズで優勝しました。ヤンキースは1930年代に5つのワールドシリーズタイトルを獲得しました。カージナルスもこの10年間で2つの称号を獲得しました。

1930年:フィラデルフィアアスレチックス

1920年代

ヤンキースは、1923年にベーブ・ルース、ウォーリー・ピップ、ハーブ・ペノックをチームに迎え、最初のワールドシリーズで優勝しました。チームはその10年間で3つのタイトルを獲得するでしょう。ニューヨークジャイアンツにも2つのタイトルがありました。

1929年:フィラデルフィアアスレチックス

1910年代

The Red Sox sold Babe Ruth's contract to the Yankees. (Photo by Mark Rucker/Transcendental Graphics, Getty Images)

The Red Sox dominated the 1910s. Boston won four World Series titles including their last one in 1918. It would take until 2004 for them to win a title again and legend had it was because the team sold Babe Ruth to the Yankees. Whether it was true or not, “The Curse of the Bambino” paid enormous dividends for the Red Sox and the Yankees.

The league was also plagued by the Black Sox Scandal in the 1919 World Series which accused eight players, including "Shoeless" Joe Jackson of throwing the World Series. All men involved were banned from baseball

1913: PHILADELPHIA ATHLETICS

1911: PHILADELPHIA ATHLETICS

1910: PHILADELPHIA ATHLETICS

1900s

There was no Major League Baseball World Series prior to the 1903 season. National League teams would either play each other or American Association teams. From 1884 to 1892, the Providence Grays, St. Louis Browns, Detroit Wolverines, New York Giants, and Boston Americans would all be champions before the 1903 game.

The Boston Americans defeated the Pittsburgh Pirates 5-3 in a best-of-eight-games series. The next World Series would be played in 1905.


Dodgers won first World Series title in 1955

The Brooklyn Dodgers won their first National League pennant in 1941, before losing to the New York Yankees. It was the beginning of the Dodgers-Yankees rivalry.

During the next 13 years, the Dodgers won the pennant four times, but then fell painfully each time to the hated Yankees. In 1955, the club finally had its breakthrough.

Led by the first Black player of the modern era in Jackie Robinson and three-time NL MVP Roy Campanella, the Dodgers managed to overcome their rivals to win the organization’s first World Series title in seven games. It turned out to be the club’s only title in Brooklyn.


1955 World Series Champion Brooklyn Dodgers

1955 World Series Champs! After years of frustration, the Dodgers finally win it all!

1955 Record: 98-55, 1st place Won National League Pennant
Postseason: Won the World Series over the New York Yankees, 4-3
Manager: Walter Alston

All-Stars: Roy Campanella, C (Campanella was selected but replaced by Stan Lopata of Philadelphia) Gil Hodges, 1B Don Newcombe, P Duke Snider, OF

Home Games played at: Ebbets Field

1955 World Series Championship Season Recap:
Perhaps the most memorable and satisfying season in Brooklyn Dodger history took place in 1955, as the skeletons of the previous 65 seasons were finally removed from the closet. Finally, this was next year and the wait was over. The Dodgers easily won the National League race by 13 1/2 games, as they started the season by winning 10 straight games and then went to 22-2. The Dodgers had the earliest National League Pennant-clinching in history on Sept. 8, 1955. They lost nine of their last 15 games following the clinch. Roy Campanella led the Dodgers with a .318 batting average with 32 home runs and 107 RBI to win his third National League Most Valuable Player Award.

After losing to the Casey Stengel-managed New York Yankees in the first two games of the World Series, the Dodgers charged back to win four of the next five. They were the first team in history to win a seven-game World Series after losing the first two games. The Dodgers lost 6-5 in Game 1, despite Jackie Robinson’s controversial eighth-inning steal of home plate. Yankee pitcher Whitey Ford and catcher Yogi Berra thought they had nailed Robinson, but a film showing the play reinforces that his foot touches the right side of the plate before the tag.

Left-hander Tommy Byrne pitched a 4-2 complete game against the Dodgers to put the Yankees up two games to none. Johnny Podres, pitching on his 23rd birthday on Sept. 30, defeated the Yankees at Ebbets Field in Game 3, 8-3.

In Game 4, home runs by Duke Snider, Campanella and Gil Hodges powered the Dodgers to an 8-5 win to even the Series. The Dodgers surged ahead with a Game 5 win, 5-3, as Snider hit two home runs off Bob Grim, becoming the first player to hit four home runs in two different World Series. Snider stepped on a sprinkler head at Yankee Stadium and had to come out of Game 6 and the Dodgers lost, 5-1, to Ford.

In the Game 7 finale, Johnny Podres was to face left-hander Byrne. Podres, who had said, “Just get me one run today. That’s all I’ll need. Just one” was true to his word. However, the Dodgers got him two runs, both off Gil Hodges’ bat. Alston decided to insert Sandy Amoros as the left fielder to shore up the defense in the sixth inning. In what was maybe his wisest move of the season, Alston watched the Yankees get runners on first and second with Berra at the plate. To Alston’s amazement, Berra sliced one down the left-field line and Amoros, who was a left-hand thrower, raced full speed over to the line and reached out his glove to barely flag the drive, assuredly preventing a double. Amoros got the ball back to Pee Wee Reese at shortstop who threw to Gil Hodges at first to complete a double play. It is still considered one of the greatest catches in World Series history because it shut down the mighty Yankees’ threat and they were not heard from again in the game. Podres jumped for joy when he blanked the Yankees 2-0 and the Dodgers became World Champions on Oct. 4, 1955 at Yankee Stadium before a crowd of 62,465.

Later, though, Podres and his father hugged and shed tears in the clubhouse. For his 2-0 record, two complete games and 1.00 ERA, Podres was named World Series MVP. The battered and bruised Borough of Brooklyn, with its second-class complex, finally was able to rejoice in their first and what turned out to be their only World Championship. A riotous and euphoric celebration continued throughout the night in Brooklyn and phone lines were jammed after the win.

Another smaller celebration took place in little Darrtown, OH, hometown of Manager Alston as an impromptu parade of cars and trucks drove down Main Street with horns blaring. After having lost in the previous seven World Series appearances — 1916, 1920, 1941, 1947, 1949, 1952, 1953 — the Dodgers were finally victorious. The Dodgers had changed personnel in left field and at third base from the 1954 campaign. Robinson played both positions, while Don Zimmer and Amoros, both promoted from Montreal, contributed heavily. Zimmer played second, third and shortstop, while Amoros was in left field part-time and made “The Catch.”

Don Newcombe jumped out to an 18-2 record on July 31, but finished the season with a 20-5 record, after winning two of his last seven starts. Clem Labine was 13-5, pitching 52 of 60 games in relief. Sandy Koufax, a bonus baby signing by Dodger scout Al Campanis, was 2-2 in his debut season for Brooklyn, including two shutouts. Walter O’Malley was named Major League Executive of the Year by The Sporting News.


1947 Brooklyn Dodgers

NS 1947 Brooklyn Dodgers won the National League pennant and took the 1947 World Series to seven games before bowing to the New York Yankees. However, the team is perhaps most famous for Rookie of the Year Jackie Robinson, who integrated major league baseball when he took the field on Opening Day. He was also fifth in the MVP voting. He hit .297 with a .383 OBP and 125 runs scored, which was second-best in the league. He led the league in stolen bases.

Leo Durocher was the team's manager in spring training and quickly saw Robinson's value as a player, inserting him in the starting line-up at first base (the Dodgers were already set in the middle infield with Pee Wee Reese as shortstop and Eddie Stanky at second). However, just before the start of the season, Commissioner Happy Chandler suspended him for one year for "actions detrimental to baseball" (being seen hanging out with known gamblers). That left GM Branch Rickey in a quandary, as he had no other manager lined up. Coach Clyde Sukeforth agreed to take the reins in the interim, but only until a new manager was found. That lasted for only two games, including the historic Opening Day when Robinson made his debut. Rickey then made a very surprising choice, picking an old friend, Burt Shotton, who had not managed since the 1930s (and had not been particularly successful then). A mild-mannered man who shunned conflict, he managed in street clothes, like Connie Mack, and was thus prohibited from coming onto the field to talk to his players or to argue with umpires. Shotton had started his major league managing career in 1928, and would go on to manage the Dodgers' 1949 pennant winner as well.

The Dodgers played badly in May and as of the middle of June were in fourth place. However, they recovered to win 18 games in June. They were in first place to stay by the end of June and had a very strong July, going 25-8. The St. Louis Cardinals, who had won the 1946 World Series, finished in second place in 1947.

The highest batting average on the team (for players with at least 100 at-bats) was 35-year-old backup Arky Vaughan, who hit .325. He was also the second-oldest player on the team, behind Dixie Walker. Vaughan had a higher OBP and SLG than any of the regulars. Walker and Pete Reiser had the highest OBP's on the team among regulars at .415 while Pee Wee Reese was close at .414.

The team slugging percentage was .384, fifth in the league, and Carl Furillo was the regular with the highest SLG, although Robinson and Reese tied for the team lead in homers with 12. Walker and Robinson had the most doubles, with 31, while rookie Spider Jorgensen and catcher Bruce Edwards tied for the most triples with 8. Walker had the most RBI with 94.

Ralph Branca was the star pitcher with a record of 21-12, while Joe Hatten went 17-8. Reliever Hugh Casey went 10-4 with 18 saves.

Erv Palica and Tommy Brown, both 19, were the youngest players on the team and both would stay with the team in future years. A couple of other young players, Duke Snider and Gil Hodges, each had fewer than 100 at-bats as they looked for playing time.


THE PLAY THAT BEAT THE BUMS THE 1941 WORLD SERIES, BETWEEN THE BROOKLYN DODGERS AND THE NEW YORK YANKEES, TURNED ON A DROPPED THIRD STRIKE

In all of baseball history few seasons have been the equal of
1941 for sustained drama and majestic achievement, and none has
matched its improbable conclusion. Author Robert Creamer called
it simply "the best baseball season ever."

It was a season played under the deepening shadow of World War
II, which the U.S. would enter two months after the final game
of the World Series. It was the year that the New York Yankees&apos
Joe DiMaggio hit in 56 straight games and the Boston Red Sox&apos
Ted Williams batted .406, feats of prolonged excellence
unsurpassed in the ensuing 56 years. It was the year the
Brooklyn Dodgers became part of American folklore. Finally, it
was the year that the pivotal game of the World Series was won
after the last out was called. That alone would give the &apos41
season a kind of goofy immortality.

But the events preceding that fantastic denouement were in
themselves extraordinary. Not the least of them was the
miraculous transformation of the Dodgers from the laughable
losers of the previous two decades to the beloved Bums of
legend. The Dodgers hadn&apost won a National League pennant since
1920, and they lost the World Series that year in part because
of an unassisted triple play. The 1920 season was followed by
nearly 20 years of unalloyed mediocrity: two seventh-place
finishes (in an eight-team league) and 10 sixth places,
including five in succession from 1925 through 1929. These
Brooklyn teams did, however, lose with a certain panache. These,
after all, were the Dodgers of Babe Herman, Dazzy Vance and Van
Lingle Mungo, players whose eccentricities earned them the merry
sobriquet Daffiness Boys.

Dodgers fortunes began to swing upward in 1938 with the hiring
as executive vice president of Larry MacPhail, a tempestuous but
imaginative executive who had introduced night baseball to the
major leagues during his tenure as general manager of the
Cincinnati Reds. In 1939 MacPhail hired as Brooklyn&aposs manager
the equally uproarious Leo (the Lip) Durocher. Through trades
and purchases these two rogues began building a team that would
lead the borough out of the baseball boondocks. Dolph Camilli,
Mickey Owen, Pete Reiser, Pee Wee Reese, Billy Herman, Whitlow
Wyatt, Ducky Medwick, Dixie Walker and Kirby Higbe all reached
Flatbush from the outside world.

The Dodgers finished a surprising third in 1939 and an even more
surprising second in &apos40. In &apos41 they created a legend. Years
earlier a voluble fan known as Abie the Truck Driver had been
addressing players from his seat in the second deck above third
base as "youse bums." It was not a term of affection. When
Durocher&aposs Dodgers started winning, it quickly turned into one.
Bums became the team&aposs unofficial nickname, and cartoonist
Willard Mullin created their insignia with his drawing of a
charmingly tattered bum who looked more than a little like the
famous clown Emmett Kelly.

The Bums, playing with a fury characteristic of their manager,
stormed through the National League with flashing spikes, edging
the St. Louis Cardinals by 21/2 games to win the pennant.彼ら
set a franchise record with 100 wins. Camilli, a heavily muscled
power hitter who was also an uncommonly graceful fielder at
first base, led the league in home runs with 34 and in RBIs with
120 and was named the National League&aposs Most Valuable Player.
(DiMaggio, like Camilli, an Italian-American from San Francisco,
was the American League MVP.) Reiser, the fiery Pistol Pete who
tried unsuccessfully to run through outfield walls in pursuit of
fly balls, led the league in hitting (.343), doubles (39) and
triples (17). Both Wyatt and Higbe won 22 games. Medwick hit
.318, Walker .311.

"No one man carried our club," says Camilli. "We all had great
years."

Now all the Brooklyn Bums had to do was beat the Bronx Bombers
in the World Series. The Yankees, too, were on a mission in &apos41.
Unaccountably, they had surrendered their proprietary claim on
the American League pennant the previous year to the Detroit
Tigers. Stunned by this event and inspired by the courageous
fight for life of former teammate Lou Gehrig (he died in
midseason at age 37), the Yankees played with much of their old
fervor, winning 101 games and finishing 17 ahead of the
second-place Red Sox. Their peerless outfielders, DiMaggio,
Tommy Henrich and Charlie Keller, all hit 30 or more homers.

"The Yankees then had great pride, great dignity," says Henrich.
But they were too coldly efficient to match in popularity a
Dodgers team that had been clasped to the national bosom.
"Rooting for the Yankees," it was said, "is like rooting for
U.S. Steel." So there was considerable resentment among these
proud warriors of their suddenly lovable opponents from that
other borough. And the Yankees had an abiding distaste for
Durocher&aposs ruthless tactics. "He was the kind of guy who&aposd run
over you to win," says Henrich. "We just didn&apost want to lose to
Durocher."

The Yankees beat Durocher in the first game of the Series at
cavernous Yankee Stadium. Ever the gambler, the Lip took a
chance on 38-year-old Curt Davis as his starter. The surprise
move didn&apost pay off, although Davis pitched well enough in a 3-2
loss to Yankees ace Red Ruffing. The Dodgers won the second game
by the same score behind Wyatt, who went the distance despite
giving up nine hits and five walks. The game was notable for a
hard slide by Owen in the fifth inning that upended the Yankees&apos
tiny rookie shortstop, Phil Rizzuto. "He must have gone 10 feet
out of his way to smack Phil down," said an angry DiMaggio after
ゲーム。 So Owen joined Durocher as a bete noir to the Yankees.
New York would soon exact terrible revenge on the Brooklyn
catcher.

The oddities and ironies that were so characteristic of this
Series began to assert themselves in the third game, at Ebbets
Field before a riotous crowd described by Red Smith, then a
columnist for the Philadephia Record, as "curious creatures that
are indigenous to Flatbush." For seven innings this game was a
scoreless pitching duel between the Dodgers&apos 40-year-old "Fat
Freddie" Fitzsimmons and the Yankees&apos Marius Russo, who was, of
all things, a Brooklyn native.

In the seventh inning, the final Yankees out was anything but
routine: Russo himself smacked a vicious line drive to the
mound, and the ball struck Fitzsimmons just above the left knee
with such force that it rebounded directly into shortstop
Reese&aposs glove without touching the ground. Fitzsimmons, who had
pitched masterfully, was helped off the field. "I don&apost think
the Yankees would have touched him the rest of the way if he&aposd
been able to stay in there," says Camilli of Fat Freddie.

Hugh Casey, who had won 14 games that season and saved seven,
came on in relief and gave up two runs on four straight hits in
the eighth inning. The Dodgers scored a run in their half of the
eighth, but Russo held on for a 2-1 win. All three Series games
had been decided by a single run.

Despite or maybe because of their similarities in temperament,
Durocher and MacPhail had an uneasy relationship. MacPhail had
fired his manager numerous times during the season, usually late
in an evening of serious tippling by MacPhail, only to rehire
him in the clear light of morning. Casey&aposs shoddy relief
performance had given MacPhail further cause for displeasure,
since he was convinced Durocher had not given the pitcher time
enough to warm up properly. But the Lip, faced with another
dismissal, held his ground. "There is a thin line between genius
and insanity," he once remarked. "In Larry&aposs case it&aposs sometimes
so thin you can see him drifting back and forth." Durocher
expressed renewed faith in his bullpen ace.

Casey himself was a most unusual character, even for a Dodger.
Supremely confident on the mound, mainly because of his dazzling
curveball, he was shy and moody off the field, "two different
guys in one," said the Yankees&apos Henrich. Casey was also a heavy
drinker, a common failing among ballplayers of his day. And he
was physically very tough, mean when he had to be.

Higbe started for the Dodgers in what was for them a must-win
fourth game. He lasted only 3 2/3 innings, giving up three runs
on six hits. Casey came into the game with two outs and the
bases loaded in the fifth inning, in relief of Johnny Allen. NS
batter was Joe Gordon, the hitting star of the Series thus far
with a .625 average. The ordinarily raucous Dodgers fans held
their collective breath. But Casey was equal to this occasion,
inducing Gordon to fly out to end the inning. He then pitched
flawlessly into the ninth as his teammates staked him to a 4-3
lead, the go-ahead run scoring on Reiser&aposs two-run homer in the
fifth.

Victory was clearly in sight as Casey retired Johnny Sturm and
Red Rolfe on infield grounders in the Yankees&apos half of the
ninth. The maligned reliever was, wrote Smith, "making a hollow
mockery of the vaunted Yankee power." He worked the count to
three balls and two strikes on the dangerous Henrich.ドジャース
fans were on their feet howling for the final out. Casey was but
"one pitch short of complete redemption for his sins," wrote
スミス。 Catcher Mickey Owen called for his pitcher&aposs surefire
curveball.

At first base Camilli was ready to rush the mound and embrace
his pitcher in joyous celebration of this heroic performance.
Camilli is 90 now, living in suburban San Francisco. Tanned and
fit, he swam daily in the frigid waters of San Francisco Bay
until he was sidelined by a recent illness. The &apos41 Series
remains for him unforgettable.

Henrich lives in Prescott, Ariz.--"God&aposs country," he calls it.
He&aposs 84 but, like Camilli, looks years younger. He can recount
the events of 1941 as if they occurred yesterday.

"I knew that Casey had a very good high curve, and that&aposs a
pitch that always gave me trouble," Henrich recalls. "Couldn&apost
hit it for the life of me. And so here I am with two strikes on
me, and here it comes. It was a beauty, one of the best and
craziest curveballs I&aposve ever seen. It was definitely not a
spitter, as some people have claimed. I thought it was going to
be a strike, so I started my swing. And then that pitch broke
sharply down. I tried to hold up, but it was too late. I&aposd
committed myself. The funny thing is that even in that instant,
while I was swinging, I thought to myself that if I&aposm having
this much trouble with the pitch, maybe Mickey Owen is, too.そう
I looked around behind me after I missed the ball."

Henrich missed the pitch badly. Umpire Larry Goetz shot his
right arm upward, signifying strike three. Game over.ドジャース
win. Series tied. There&aposs joy in Flatbush.

But no. Henrich was right the wicked curve he couldn&apost hit was
a pitch Owen couldn&apost catch. The ball bounced off the tip of the
catcher&aposs mitt and rolled off toward the box seats along the
first base line, where Dodgers fans looked on in amazement.
Henrich sped safely to first.

Roger Angell, now a writer and editor for The New Yorker, was in
Ebbets Field that steamy October Sunday, home in New York for
the weekend from his studies at Harvard. "The minute that
happened, as soon as Owen dropped the ball," he recalls, "you
knew somehow the Yankees were going to win."

Camilli, waiting hopelessly at first for an Owen throw that
never came, was fighting off a similar premonition. "There&aposs no
question that was the turning point of the entire Series," he
says. "I couldn&apost believe it. Mickey Owen was a great catcher
who hardly ever made an error [only three all season]. It looked
to me as if he just took his eye off the ball. All he had to do
was knock the darn thing down and throw it to me. But it didn&apost
happen."

"It was all my fault," a disconsolate Owen said after the game.
"I should have had it."

DiMaggio, the next hitter, singled cleanly to left, and Henrich
held at second. Then Charlie (King Kong) Keller--"Lord, how that
sensitive man hated that nickname," says Henrich--lofted a high
fly ball to rightfield that hit the screen above the 19-foot
concrete fence, then rolled lazily down the wall to the concave
bottom for an easy double.

"I scored from second with the tying run," says Henrich. "And
then, to my surprise, here comes DiMaggio. The ball Charlie hit
on the screen took just long enough to roll down for Joe to
score all the way from first. Joe, you know, always had an extra
gear. He could really run. He slid home so hard he finished up a
good eight feet past the plate."

The Yankees tasted Dodgers blood now. Bill Dickey walked then
Gordon followed with a screaming liner that hit the leftfield
fence so hard that it rebounded past a pursuing Jimmy Wasdell.
"Jimmy was really a first baseman," says Henrich. "He misplayed
that ball." Dickey and Keller scored on the double. Casey was
finished, and so were the Dodgers. "They&aposll never come back from
this," DiMaggio correctly predicted.

Devastated by the defeat, the Dodgers succumbed quietly the next
day, losing 3-1 to the Yankees&apos Ernie Bonham. But players on
both teams knew that this Series had been lost the day before.
"It could happen only in Brooklyn," Smith wrote. "Nowhere else
in this broad, untidy universe, not in Bedlam nor in Babel nor
in the remotest psychopathic ward. only in the ancestral home
of the Dodgers. could a man win a World Series game by striking
out."

WAIT TILL NEXT YEAR, the headline in the Brooklyn Eagle read.
But with a war on and several stars in the armed services, "next
year" wouldn&apost come to Brooklyn for six more. The Bums would be
supplanted by the Boys of Summer in the late 1940s and early
&apos50s. And then it would all end. Brooklyn would lose its Dodgers
and with them its very identity.

Casey lasted until 1949 in the big leagues and then, on July 3,
1951, at age 37, he committed suicide, despondent apparently
over a failed romance. MacPhail quit the Dodgers in September of
1942. "He fired me 60 times," said Durocher, "but I was there
when he left." MacPhail would later become president of the
despised Yankees, and Durocher would make the astonishing jump
in 1948 from the Dodgers to the New York Giants.

Owen and Henrich didn&apost say a word to each other that fateful
day, but years later they became fast friends.ときどき、
cautiously, they would discuss the infamous passed ball. "We
even posed for a picture together," says Henrich. "In it, Mickey
is choking me." He laughs. "Time&aposs a great healer, you know."

Well, that&aposs easy for him to say.

B/W PHOTO: JOHN DURANT "I should have had it," Owen said of the strikeout ball that would have retired Henrich and tied the Series. [Mickey Owen and Tommy Henrich in game]

B/W PHOTO: AP PHOTO DiMaggio&aposs slide for the winning run in Game 4 all but iced the last prewar Series for the Yankees. [Joe DiMaggio and Mickey Owen in game]


ビデオを見る: メジャーリーグワールドシリーズ優勝回数ランキング1903年2019年