カリフォルニア州フレズノの歴史

カリフォルニア州フレズノの歴史

カリフォルニア州フレズノには、かつてヨクツ族が住んでいました。ヨクツ族が故郷として選んだ土地は肥沃で当時の農業に最適です。カリフォルニアゴールドラッシュが始まったとき、この地域は1848年から急激に人口が増加しました。多くの人々がこの地域にやって来ましたが、 、1860年代後半まで正式に定住せず、1872年に正式に都市が設立されました。フレスノは白い灰の木が豊富な地域に定住しました。 1876年に、市は農民のための最初の灌漑システムを導入しました。20世紀を通して市が成長し続けるにつれて、それは多くの産業の中心地になりました。第一次世界大戦用の製品を生産する産業労働者を中心に大規模な労働争議が発生したのはその年でした。この争議は市内最大の紛争の1つでしたが、すぐに解決しました。その後40年間で、周辺の郡は全国最大の農業サプライヤーであり、全国に商品を届けています。 250以上の主要な市場には、綿、牛、鶏肉、乳製品、果物、野菜、ドライフルーツ、ワイン、綿製品、ガラス、カーペット、林産物、機械などがあります。フレズノは、多くの新技術や市場。新しい市場の多くは、電子機器、機械、科学の主要産業です。フレズノには、交響楽団、多数の美術館、動物園、ヨセミテ、シエラ、セコイアへの玄関口など、さまざまなアトラクションがあります。キングスキャニオン国立公園。教育はフレズノの人口にとって重要な要素であり、そのためこの都市には多くの高等教育機関があります。この地域のより大きな学校には、1944年に建てられたフレズノパシフィックカレッジと、1911年に建てられたカリフォルニア州立大学フレズノ校があります。