ジェームズグラハム。モントローズ伯爵

ジェームズグラハム。モントローズ伯爵

モントローズの第4伯爵の息子であるジェームズグラハムは1612年に生まれました。セントアンドリュースのセントサルバトール大学で教育を受けた後、彼はフランス、イタリア、オランダに旅行しました。

モントローズは1637年にスコットランドに戻り、その後すぐに長老派教会を支持して国民盟約を作成した4人の貴族の1人になりました。しかし、1639年に彼は契約について疑念を表明し、彼がチャールズ1世と連絡を取り合っていたことを告白した後、彼の主要な政敵であるアーガイル公爵は彼をエディンバラ城に閉じ込めるよう手配しました。

彼の釈放後、彼は南北戦争中に王を支援することを決心しました。 1644年8月、彼はティパミュアでエルチョ卿の下でカヴェナンターを破った。その後、彼はアバディーンを捕らえ(1644年9月)、田舎を略奪した。インバーロッキー(1645年2月)で、彼の軍隊は戦闘で1,500人のキャンベルを殺しました。彼はオールダーン(1645年5月)とアルフォード(1645年6月)でさらなる勝利を収めました。

モントローズはフィリップハウでデビッド・レスリーに敗れた(1645年9月)。彼はなんとかハイランド地方で別の軍隊を育てましたが、チャールズ1世の降伏後、彼はヨーロッパに逃げました。

モントローズはフランス軍の上級職に就任したが、1650年4月に小さな軍隊と共にスコットランドに戻った王族の大義に献身した。3週間後、彼はカービスデールで敗北した。

モントローズの第5伯爵であるジェームズグラハムは、1650年5月にエジンバラのメルカットクロスで首吊り、内臓摘出、四分の一にされました。彼の手足はグラスゴー、アバディーン、スターリング、パースで展示されました。


モントローズの処刑

リチャード・キャベンディッシュは、1650年5月21日にモントローズの侯爵であるジェームズ・グラハムが処刑されたことを説明しています。

ジェイムズ・グラハム、モントローズの侯爵、兵士、詩人、そして英国の歴史の中で最もロマンチックな人物の1人は、夏にスコットランドの王党派のキャプテン将軍として、カヴェナンターと彼の苦い個人的な敵であるアーガイルの侯爵に対して威勢のいい輝きのキャンペーンを主導しましたハイランダーズとアイリッシュの小さな素早い動きで、彼は9月まで大胆なリングを敵の周りに走らせ、9月にようやくピン留めされ、国境のフィリップハウで優れた数に敗れた。

モントローズは大陸に逃げましたが、彼は亡命の安全に慌てて行動した男であり、1650年にチャールズ2世のために戦うためにハイランドに戻りました。彼は十分な数の氏族を育てることに失敗し、4月に彼はカービスデールに閉じ込められてルーティングされました。色合いを持って丘をさまよい、彼に向かって叫んだ後、彼は空腹で手袋を食べることになり、アシントのニール・マクラウドと一緒にアードレック城に避難しましたが、彼とマクラウドにはかなりの報酬がありました彼を当局に引き渡した。マクラウドは彼のお金を手に入れました、そして、彼の名前はそれ以来スコットランドの鼻孔に刺されました。

モントローズの捕虜は彼をインバネスとダンディーによって南に動かし、その前に「彼の国への裏切り者であるジェームズ・グラハムがやってきた」と宣言したヘラルドがいた。カートホースに乗って、彼は大勢の群衆の前で、5月の寒い土曜日の午後にエジンバラに到着しました。ウォーターゲートで彼は絞首刑執行人に会い、絞首刑執行人のカートに移され、座席に縛られ、通りを通ってトールブース刑務所に連れて行かれました。アーガイルはルート上の家から見守っていたが、カートが横切ったとき、2人の男性の目が一瞬会ったと言われている。期待されていたように、囚人を石打ちで罵倒するどころか、見守る群衆は沈黙し、オブザーバーはしぶしぶ称賛と同情の空気を感じた。カートは夕方7時ごろトルブース刑務所に到着した。モントローズは日曜日を独房で過ごし、長老派教会の牧師たちにせがまれ、月曜日に彼らの攻撃を再開し、死刑判決を聞くために議会に連れて行かれた。

火曜日の朝、モントローズは地球上で最後に立ち上がり、準備を整えました。彼は長い髪を注意深く梳き、そのような時の彼の外見に非常に注意を払ったことでピューリタンの神の一人から非難されました。 「私の頭はまだ私自身のものです」とモントローズは答えました。 「今夜、それがあなたのものになるとき、あなたが好きなようにそれを扱ってください」。午後2時に、彼はハイストリートに沿って徒歩でメルカットクロスに連れて行かれました。そこでは、高さ30フィートの絞首台がプラットフォームに建てられていました。有罪判決を受けた男は、白い手袋、絹のストッキング、リボンの靴、帽子を手に、最高級の緋色とレースの服を着ていました。彼は37歳で、あるオブザーバーによれば、彼は犯罪者というよりは花婿のように見えました。別の人は彼の中に「群衆を支えたギャラントリー」を見ました。彼は彼が言うかもしれないことを恐れて、観客に演説することを許されなかった。彼は絞首刑執行人にいくらかのお金を与え、彼の腕は彼の後ろにピニオンされ、彼ははしごを登った。彼の最後の言葉は「神はこの苦しんでいる土地を憐れんでください!」と報告されました。彼が彼を押しのけたとき、涙が絞首刑執行人の顔を流れ落ちていました。

遺体は3時間吊るされたままにされ、その後、手足がスターリング、アバディーン、パース、グラスゴーで公開されるために切断され、解体されました。アーガイルの頭が代わりになったとき、頭は切断され、トールブースのスパイクに固定されました。そこでは、11年間腐敗し続けました。残りの死骸はバーグムーアの箱に埋葬され、チャールズ2世の修復後に救出され、今日の高貴な記念碑が墓を示すセントジャイルズ大聖堂で名誉ある埋葬が行われました。


モントローズと南北戦争

彼の名前はロバート1世やウィリアムウォレスほどよく知られていないかもしれませんが、モントローズ伯爵のジェイムズグラハムは、スコットランドがこれまでに生み出した最も偉大な英雄の1人でした。

ブルースやウォレスのように、モントローズは素晴らしい戦略家であり、恐れを知らない戦闘機であり、彼の部下をまばゆいばかりの勝利に駆り立てることができるという才能を持っていました。

最大の違いは、スコットランドの2人の偉大な中世の戦士が彼らの国のためだけに戦った愛国者であったのに対し、モントローズは彼の王とスチュワート君主の王党派のために戦ったということでした。

チャールズ1世を代表するジェームズ・グラハムのキャンペーンは非常に注目に値するものであったため、南北戦争で国会議員軍と戦っていたイギリス全土の王立派に心を奪われました。

スコットランドでは、モントローズの敵は カヴェナンター -チャールズ国王がスコットランドに英国と英国国教会の形式の崇拝を課そうとする試みから改革派カルヴァン主義の信仰を守るために1638年の国民盟約に署名したスコットランド人。

理論的には、モントローズは事実上すべてのターンで殴打されるべきでした。代わりに、彼は非常に巧妙にそしてそのような決意を持って戦ったので、彼は敵をルーティングし、スコットランドのスライスを何度も王のために主張しました。

南北戦争がイギリスで始まった時までに、モントローズは侯爵になり、スコットランドの王の副官として正式に任命されました。彼自身の狡猾さだけでなく、彼はまた、彼が素晴らしいサポートを持っていたという大きな利点がありました コロンゼーのアラステア・マクドナルド、元々はアイルランド出身で、CollKeitachとしても知られていました。 1644年、2200人の兵士だけで、ペアはカヴェナンターからダンフリースを捕らえ、ノーサンバーランドの町モーペスを占領しました。

モントローズは、その年の後半にカヴェナンター軍を ティバモア パース近郊。彼の敵の数はその2倍以上でしたが、彼の兵士はまだ3000人未満でした。

モントローズの軍隊のほとんどはハイランドから来ました、そして、彼らはティバーモアでの戦いに勝つのを手伝った後に家に帰りました。しかし、モントローズは押して北に移動した。彼がアバディーンに到着するまでに、彼にはたった1500人の男性がいました。

しかし、これは彼をそれ以上の戦いを延期しませんでした。もう一度、彼は非常に優れたコヴナンター軍を引き受け、もう一度勝ちました。彼はアバディーンを連れて行き、そこで援軍を獲得し、さらなる戦いの準備をすることができました。

今では、モントローズは敵の中心を攻撃しようとするのに十分な自信を持っていました。彼は引き受けることにしました アーチボルドキャンベル、インヴァレァリーの山岳地帯にある彼自身の領土にある、猛烈なカルヴァン主義のアーガイル公爵。

彼の戦術は狂人に少し足りないように見えた。冬が始まり、インヴァレァリーのキャンベルの位置は、3つの側面に海があり、4番目の側面に山があり、事実上難攻不落に見えました。しかし、アーガイルはモントローズが近づいていることを聞いたとき、パニックに陥り、ファイン湖から逃げ出し、何百人もの軍隊をモントローズの部下が簡単に選ぶことができるようにした。

次の2月、モントローズはキャンベルに対して別の攻撃を開始しました。彼は大胆な夜明けのゲリラ襲撃を行い、コル・ケイタッハのマクドナルドがインバーロッキーのベン・ネビス山の斜面を駆け下りました。もう一度、アーガイル自身が逃げ出し、もう一度、彼の部下は剣にかけられました。最終的な死体数は1500のカヴェナンター死者でしたが、10人の王族だけが死にました。

勝利後の勝利が続いた。モントローズは、カリスマ的なリーダーシップ、攻撃のスピード、戦闘での驚きの才能を使い続けて、敵を敗走させました。彼はダンディーを捕らえ、ハイランドが事実上彼になるまで、他の一連の小競り合いに勝った。

キャンベルを武装解除した後、モントローズは低地に注意を向けた。彼はグラスゴーに行進しましたが、この時点でColl Keitachは彼を残してハイランドに戻り、最終的にはアイルランドに戻りました。モントローズのハイランド軍も見捨てられた。しかし今でも、カヴェナンターが城の支配権を保持していても、彼はエジンバラを占領することができました。

キャンベルがベリックの安全な距離にあると、モントローズはチャールズ王の名でスコットランド政府を形成し始めました。しかし、彼の栄光は短命でした。カヴェナンターの最高将軍であるデビッド・レスリーは4000人の部隊でスコットランドに戻ってきており、彼の軍隊はモントローズがイギリスのチャールズと連携しようとする試みを阻止した。

双方はで会った フィリップハウ、セルカークの近く。今回、驚きをもたらしたのは、レスリーの下の契約軍でした。その後の戦いは血まみれになり、彼がその日を失ったことが明らかになったので、モントローズは彼自身の安全のために戦場から逃げるように説得されなければなりませんでした。

彼らの最大のスコットランドの敵が去勢されたので、カヴェナンター軍は優勢になりました。の条件の下で 国民盟約 彼らはイギリスの反王党派議員軍と署名しており、すでに国境の南でチャールズ1世と戦っていた。彼が1646年にニューアーク近くのサウスウェルに降伏したとき、それはスコットランド軍に向けられた。

王に契約に署名するよう説得することに失敗した後、スコットランド人は最終的に彼らの戦いの費用の見返りに彼をイギリス人に引き渡した。しかし、敗北した王にはまだ道がありました。厳粛なリーグと契約の主要な建築家の一人であるローダーデール伯爵は、彼に会いに行き、チャールズが3年間の試用期間中にイングランドを長老派教会に改宗させるのであれば、スコットランド軍の支援を提供しました。

失うものは何もない王は同意した。しかし、その動きは、 エンゲージメント、スコットランドの長老派教会を分割し、ハミルトン公爵が率いるスコットランド軍がランカシャーのプレストンでオリバー・クロムウェルの下で国会議員に敗北したとき、ついにペタリングした。

チャールズにとって、それは終わりでした。彼はイギリス議会によって裁判にかけられ、有罪となり、1649年1月にホワイトホールの外で首をかしげられました。現在ブリュッセルに亡命していたモントローズは、彼の死を復讐するために働くことを誓いました。

王は18歳の息子、チャールズも残しました。チャールズは父親の処刑でエジンバラのスコットランド王と宣言されました。しかし、父親が背を向けた文書、つまり国民盟約に署名するまで、彼は実際に王位に就くことはできませんでした。

モントローズはチャールズ2世に文書に署名しないよう警告し、代わりに軍事的手段で彼に王位を勝ち取ると述べた。王は密かに契約に署名することについてアーガイルと話し続けましたが、モントローズが彼の君主制を回復するキャンペーンに着手することができることに同意しました。

モントローズは、ドイツとデンマークから集められた約500人の傭兵の力でオークニーに上陸することから、彼の新しい軍事遠征を開始しました。その後、本土に向かう前に地元の新兵を集めました。しかし、彼の冒険は惨事でした。

彼がスコットランド軍と戦ったとき カービスデール、彼の軍隊は破壊されました。モントローズは戦場から逃げ出し、サザランドの荒野に隠れましたが、わずか2日後に捕らえられました。

エジンバラに連れて行かれた後、彼の処刑の準備がなされました。裁判の必要はありませんでした-都合の良いことに、カヴェナンターは1644年に彼を裏切り者と宣言しました。彼はメルカットクロスで首吊り、内臓摘出、四分の一にされました。

死刑執行の場合と同じように、暴徒が集まったが、今回は嘲笑する代わりに泣いていた。吊るされた後、彼の頭はエジンバラのトルブースのスパイクに置かれ、彼の体の他の部分はアバディーン、グラスゴー、スターリング、パースに送られました。

モントローズが死ぬ前に学ばなかったことは、不快なチャールズ2世が彼を二重に横切ったということでした。彼はアーガイルと契約を結び、最終的に国民盟約と国民盟約の両方に署名しました。

チャールズにとって、それは空虚な勝利でした。彼は彼を信用しなかった長老派教会の支配を受け入れることを余儀なくされ、効果的に支配することができませんでした。そして、別の問題がありました。イギリスでは、護国卿で南北戦争の勝利者であるオリバー・クロムウェルがスコットランドでも彼のデザインを持っていましたか?


ExecutedToday.com

1650年のこの日、モントローズ伯爵のジェイムズ・グラハムがエジンバラで絞首刑に処されました。

悲劇的な「グレートモントローズ」は、チャールズ1世が王冠と頭の両方を犠牲にした内戦中の戦場での彼の戦術的な天才で有名でした。モントローズは王党派として死ぬだろうが、スコットランドにトップダウンの宗教的統治を課すという王の入札に抵抗するカヴェナンター軍の一部として、1630年代の司教たちの戦争で最初にリストに入った。

しかし、モントローズは穏健派であり、主教戦争後は、キャンベル氏族の長であるアーガイル侯爵に激しく反対され、和解派の主要な指数であることに気づきました。

これらの2つは、スコットランドでのその後の内戦の反対の極となり、すぐに地元の氏族戦争と、アイルランドとイギリスにも吸い込まれた国境を越えた紛争の渦になりました。現在スコットランドのチャールズ国王中尉であるモントローズは戦いで尾を引くことができたが、彼の派閥は分裂し、最終的にはカヴェナンターによって数が多かった。モントローズは1646年に亡命のためにスコットランドから逃げなければなりませんでした。

チャールズ1世の処刑は、二重取引の古典的な事件の1つで、モントローズ自身の早すぎる終わりへの扉を開きました。追放されたチャールズ2世は、現在この主張を受け継いでおり、モントローズをスコットランドの副官に指名し、家族の長年のパラディンを故郷の地に送り返して軍隊を育てようとしました。しかし、そうしている間も、彼はアーガイルのカヴェナンターと交渉していました。カヴェナンターは、かつての敵とキングメーカーを演じることで、政治的および宗教的な目的を達成するチャンスを見ました。

そのため、モントローズが1650年に上陸したとき、彼はほとんど支援を見つけることができず、カービスデールの戦いに圧倒されました。数日放浪した後、彼は気づかなかった元の友人と一緒に避難を求めましたが、今では政府の側にもあり、すぐに逮捕され、処刑と死後の憤慨のために敵に引き渡されました:彼の頭はエジンバラのトルブースの頂上にあるパイクと、スターリング、グラスゴー、パース、アバディーンの門に釘付けにされた彼の4本の手足。

クロムウェルの保護領が終了し、チャールズ2世が実際に修復された後、これらの散在した遺跡が集められ、セントジャイルズ大聖堂に畏敬の念を抱きました。現在のモントローズ公爵は彼の直系の子孫です。

モントローズ伯爵のジェイムズ・グラハムと彼の処刑は、伝説の恐ろしい詩人ウィリアム・マッゴナガルによる詩の賛辞のさらにかなりの名誉を持っています。 (モントローズ自身も詩に挑戦することで知られていました。)

モントローズ侯爵、ジェイムズ・グラハムの処刑 歴史的な詩

&#8216Tは1650年で、5月21日でした。
エジンバラの街はがっかりした状態に置かれました
空気中に発生したドラムやトランペットの音によって、
その素晴らしい音がモントローズの注目を集めました。

警備員の船長にその原因を尋ねた人は、
それから、彼が最もふさわしいと思ったので、将校は彼に言いました、
議会が彼を救うための試みを恐れるのは、
兵士たちは武器を求められ、それが喧噪を引き起こした。

モントローズは言った、私はまだそのような恐怖を続けているのだろうか?
さて、これらの善人が私の血をこぼそうとしているとき、
しかし、私が死んだ後、彼らに自分自身を見させてください。
彼らの邪悪な良心は絶えず恐れられます。

ボリュームたっぷりの朝食をとった後、トイレを始めた。
それは、彼の最大の問題で、彼はめったに忘れませんでした。
そして、彼の髪をとかす行為中に、
彼は彼を凝視させた書記官登録によって訪問されました、

彼が彼に言ったとき、彼は彼の頭にそれほど特別であるべきではありません、
数時間で彼は死んでしまうでしょう
しかし、モントローズは答えました、私の頭は私自身のものですが、私はそれを安心して服を着せます、
そして明日、それがあなたのものになったとき、あなたが好きなようにそれを扱ってください。

彼は市の治安判事によって待っていました、
しかし悲しいかな!彼にとって彼らは同情しなかった。
彼は金と銀のレースで飾られた見事なマントに住んでいました
そして、処刑の時間の前に、巨大な人々の集まりがその場所の周りにありました。

刑務所から、裸頭で、カートに入れて、彼らはウォーターゲートに沿って彼を運びました
約3万人が待っていたハイストリートの処刑場所へ、
いくつかの泣きとため息、見るのに最も哀れな光景、
死刑執行人が高度な男であるモントローズを吊るすのを見るのを辛抱強く待っていた。

処刑の場所の周りでは、それらすべてが深刻な影響を受けました、
しかし、高貴な英雄であるモントローズは、少なくとも落胆しているようには見えませんでした
そして、彼が持っていた足場にいるとき、彼の伝記作家ウィシャートは言います、
そのような壮大な空気と威厳は人々を始めさせました。

彼が世界のadieuに入札しなければならなかったときに致命的な時間が近づいていたので、
彼は死刑執行人に急いで急いで通り抜けるように言いました、
しかし、死刑執行人は悲しげに微笑んだが、一言も話さなかった。
それから彼はモントローズの戦争の本を首に紐で結びました。

それから彼は死刑執行人に彼の敵は今後彼を覚えているだろうと言いました、
そして彼は、陛下が彼をガーター勲章にしたかのように喜んでいました
それから彼は彼の頭を覆うことを許されるように頼んだ、
しかし、彼は許可を拒否されました、それでも彼は恐れを感じませんでした。

それから彼は彼のマントを保つために休暇を求めました、
しかし、最も悲惨な脳卒中であったことも否定されました
それから彼は治安判事に、彼らが彼のためにこれ以上の拷問を発明することができるかどうかを話しました、
彼は自分が苦しんだ原因のためにそれらすべてに耐え、それは罪ではないと思いました。

はしごの頂上にしっかりと到着すると、
彼の英雄的な外見は、傍観者に大きな印象を与えました、
それからモントローズは死刑執行人に彼の体がどれくらいの期間吊り下げられるか尋ねました、
答えは3時間でしたが、モントローズはそれほど気分を害していませんでした。

それから彼は死刑執行人に3つか4つの金を贈った。
彼が誰を自由に許したか、彼の名誉のために、それは言われます、
そして、彼が手を上げたらすぐに彼を捨てるように彼に言いました、
死刑執行人が致命的な信号を見ている間、そして驚いて立っています。

そして、高貴な愛国者が手を上げると、死刑執行人は泣き始めました、
それからすぐに彼はロープをギベットから高く引き下げました、
そしてモントローズの首の周りで彼はロープをとても優しく固定しました、
そして一瞬にして、偉大なモントローズが永遠に打ち上げられました。

それから観客は一般的なうめき声によって彼らの不満を表明しました、
そして彼らは皆静かに散らばり、家に帰る道を進んだ
そして、その日彼の死を見た彼の最悪の敵は、
彼らの心は悲しみと落胆に満ちていた。

このようにして、38歳で、モントローズ侯爵のジェイムズ・グラハムが亡くなりました。
苦い敵によって早すぎる墓に連れて行かれたのは誰か
偉大な軍事的栄光を手に入れた司令官
短い時間の中で、それは物語の中で匹敵することはできません。


グラハム家の歴史

長老派教会の信仰の原則を粘り強く守ったこれらの敬虔な宗教的人々に与えられた扱いと拷問は、偽りの宗教のマントの下で、イングランド国教会によって、それ自体が意図されたものよりはるかに大きな量を占めるでしょう。これらのページでは、彼らがの教えであると信じていた原則から逸脱するのではなく、ポストからピラーに追いやられ、ほとんど耐えられない苦難と衰退に苦しんだ人々の厳格で揺るぎない性格を示すために単に言及されています聖書、そして彼らの良心の承認を得ています。このように、2世紀以上前、私たちの祖先の両親は彼らの美しい家を故郷に残し、グランピアンヒルズの緑の傾斜した剣で最後の時間を探し、父親と母親の墓に永遠に別れを告げ、置き去りにされました彼ら自身の素敵なスコットランドでさえ、彼らの近くで大切なものすべてがエメラルドアイルへの行進を始めましたが、これまで人生を恐ろしいものにしていた迫害と裁判が終わり、彼らが自由になることを無駄に望んでいました長い間彼らの良心の願望であった彼らの信仰を行使する[、]。 [3]しかし、残念ながら!人間の期待のために。彼らの滞在はしばらくの間ですが、大西洋を横切る広くて魅力的な土地が彼らにもう一度行進の列を取り、新世界に彼らの家を植えるまで、彼らは彼らの命令に従って自由に神を崇拝するでしょう教会や国家によって妨げられていない、自分の良心。このようにスコットランドからアイルランドに、そして後にアイルランドからアメリカに移住した多くの家族の中で、私たちは次の名前に言及するかもしれません:フォーブス、スチュアート、ハミルトン、モンゴメリー、アレクサンダー、グラハム、ショー、ムーア、ルイス、パットン、マシュー、プレストン、バクストン、Lyles、Grigsbys、Crawfords、Comminses、Browns、Wallaces、Wilsons、Caruthers、Campbells、McClungs、McCues、McKees、McCowns、Lockridges、Boyds、Barclays、McDonals、Baileys、スコットランドの騎士と紳士、そのプロ彼らはアイルランドの長老派であり、スコッチ抽出であり、スコッチ・アイリッシュと呼ばれていました。

[4]これらの名前は、私たち自身の土地の名前の今日のよく知られた家庭的な言葉であり、繰り返しであり、2世紀以上前にこれまでしっかりと立っていた彼らの高貴な祖先の同じ直系の子孫ですスコットランドの権利のマグナ・チャータは、彼らの勇敢な旗の下で結集し、有名な黄金の手紙で、彼ら自身の信条の信仰で飾られました。 。

私たちが言ったように、アイルランドでの彼らの滞在は、そこに移住した人々の大部分に関して、一時的なものにすぎませんでした。もちろん、貧困やその他の原因によって妨げられた多くの人々は、間違いなく彼らの恒久的な家になりました。

彼らが求めた救済は、彼らが見つけたが、アイルランドで新しく見つけた家で一時的なものだった。暴君の王の支配下では、彼らの苦しみと罰は、以前の苦しみとの対比のためにのみ耐えられました。教会を支援するために彼らの破壊された地所に要求された什分の一と税金は、彼ら自身の選択ではなく、彼らの信仰の敵の間に住む奇妙な土地に住む彼ら自身の意見を話すことを制限しました[5]。新しい家を待ち望んでいた静かなささやきは、メイフラワー号が何年も前に他の人を上陸させ、自分たちのように迫害し、青い海の向こう側に無事に迫害した海に出くわしました。これは彼らに希望を与えました。 &#147神よ、あなたは私たちを証明しました、そしてあなたは銀が試されるように私たちを試してみましたあなたは私たちを腰に苦しめ、私たちが火と水を通り抜けた私たちの頭の上に人を乗せましたしかし、私たちを裕福な場所に連れて行ってくれました。&#148彼らが持っていた小さな世俗的な品物を集めました。それは非常に貧弱で、しばしば何もありませんでしたが、彼らの聖書を救いました。彼らは新世界に乗り出し、デラウェアのほとりに上陸し[原文のまま]、多くの人がペンシルベニアの地で一シーズン休んだ。

ウィリアム・ペンは、以前はイングランド王の主題であり、彼自身の教会の迫害を目撃しました(彼自身はジェームズ王のお気に入りでしたが)これらの人々が新世界、旧世界で良心のために迫害されていたもの。

アメリカの未踏の森の中で新鮮な救済と新しい家を探した人々の中で、グラハムよりも高い位置に立ったり、より高い地位を占めたりした人はほとんどいませんでした。ジェームズ王が退位したイングランド、アイルランド、スコットランドでの血まみれで危険な、そしてこれまでにない記憶に残る闘争の間に、長老派のウィリアム・プライス・オブ・オレンジが後継者になりました。 、すべての人は、英国の確立された確立された教会のために、ジェームズ王の教皇庁、または彼らが聖典で教えられていると信じていたその信仰のために、宣言しなければなりません。彼ら自身の良心の指示によれば、グラハムはどちらの側でも卓越した地位を占めていました。

プレストン子爵として知られるリチャード・グラハムは、1685年頃、ジェームズ王の下でスコットランド国務長官の地位に就きました。歴史によれば、彼は枢密院の1人であり、王自身のものではなく、彼の計画と勧告がしばしば守られた王。庶民院の指導者として、彼は、教会と州の違いの平和的な解決を確保するために、国会議事堂を再建するようにジェームズ王に助言しました。彼はまた、カンバーランド郡とウェストモアランド郡の両方で主宰官に任命されました。この地位は非常にまれで、一人の男性が占めることは注目に値します。

反対派を恐れてソールズベリーに逃亡したジェームズ王が王位から不在の間、リチャード・グラハムと4人の仲間は、5世評議会として知られる委員会に任命され、王が戻るのに都合がよいと思われるような時間。

この一人の男が抱き、占領している高い名誉と信頼の地位は多く、それらすべてを詳細にリハーサルするには[8]、この短いスケッチで消費することがここでの目的よりも多くのスペースを必要とします。彼は、庶民院によって恐れられ、尊敬されている王たちに敬意を表され、信頼され、守られている外国の法廷で、市民と軍事の両方の問題で彼の党の指導者であったようです。庶民による最高の敬意を表して。彼は真実であり、ジェームズ王に献身的でしたが、愛国心の意味では、彼が王の宗教的見解とは異なる人々の迫害者であったようには見えません。

ダンディーの子爵であるクラバーハウスのジェームズ・グラハムも、その波乱に満ちた闘争の著名人であり、ジェームズ王の宗教的説得とは異なる人々への迫害は決して嘆かわしいことではありませんが、彼のマスターの命令と法令を実行しました。王への彼の忠実さは生涯を通じて、そして死の時でさえ、王の大義で波乱に富んだ人生を過ごした後の彼の最後の発言で完全に立証されています[9]。

ジェームズ王が王位を離れ、ウィリアムとメアリーが勝利を収め、ジェームズの軍隊が放棄されて散らばった後、グラハム将軍は不屈の意志と絶えず賞賛されるエネルギーを持って、希望に逆らって、次のように集まった。彼は逃亡した主人の残りの断片的な軍隊をスコットランドのハイランド地方に修理することができ、そこで彼は故国王の大義のために、それらのハイランド氏族のスコットランドの首長たちを面白くすることに成功した。戦争の活発な場面からのこれらの半野蛮人の遠隔性は、紛争の性質を彼ら自身に知らせることへの彼らの嫌悪感と相まって、すぐに彼らをグラハムの流暢なスピーチを通して彼の大義を支持するように導きました。さまざまな氏族のすべての首長の共感を求めて得た後、彼はそれらを集め、評議会が開かれ、戦争の方法が決定されました。グラハムがこれまで指揮していた軍の分断された断片は、かつての敗北に憤慨し、ウィリアム王の大義を支持した人々との戦いに抗議した。ハイランド氏族の指導者たちは、彼らの部下が争いに備えて熱心であると言って、即時の暴行を促した。

グラハム将軍はハイランダーズの助言に影響を受け、彼自身が彼の軍隊の前でこれに向かって行進することを彼らに勝利に導くことを彼らに保証した、と彼の部下の将校は反対し、彼は彼の人を暴露するにはあまりにも貴重な指導者であったと言った戦いの前で、そして彼に後部に留まり、迫り来る紛争で彼の軍隊の動きを指示するように促した。これに対してグラハムは答えました、「あなたの人々は戦いのバンで彼らのリーダーに会うことに慣れています、そしてそこで私は今日見られるでしょう、しかしこの日の決定の後、私は私の人にもっと注意を払い、自分自身を暴露しないでしょうこれまでのように行動することが私の習慣でした。&#148その声明の後、彼の軍隊は前進するように命じられ、彼自身が主導権を握っていました。 [11]

すぐに敵に遭遇し、キリクランキーの戦いが行われました。婚約の初期にグラハムは撃たれ、手を頭の上に上げ、あぶみに直立し、命令を出し、盾または鎧をウエストバンドの上に上げ、人を露出させました。ボールが発効すると、彼は馬から落ち、部下の将校の一人が彼のところにやって来て、彼の怪我が致命的かどうか尋ねたところ、グラハムは「王の原因はどうですか?」と答えました。あなたの主権?&#148グラハムは答えました、&#147それは私にとって重要ではないので、王の原因は安全です。&#148これらは彼の最後の言葉でした。彼の軍隊は野外で死にましたが、大勝利を収め、キリクランキーの戦いは当時の最も記憶に残る出来事の1つとして歴史に刻まれました。歴史は私たちにグラハムの他の名前を伝えています。彼らはその日と時間で多かれ少なかれ注目されていました。マルコム・グラハムは最後ですが、決して社会で高く立っていて、[12 ]ジェームズ2世がエレン・ダグラスに金色の鎖で縛り付けた。彼がとても愛していた少女は、あなたの忠実な名前を不名誉に思った。

グリームの束縛と監視員(グラハム)
彼の金の鎖は王が緊張を解いた
彼が投げたマルコムの首のリンク、
次に、きらびやかなバンドをそっと描きました。
そして、エレンの手に留め金を置きました。

SCOTT&#146S LADY OF THE LAKE。上記の選択から、名前のスペルがGreameであることがわかります。著者がこの誤った名称の詩的なライセンスを利用したのか、それとも名前がスコッツによってそのように綴られたのか、私たちは判断できません。

この国の初期の定住では、人々が名前の正書法にほとんど注意を払わなかったとき、名前はしばしばグライムスと綴られていました。しかし、この名前のゆがみには何の権威もなかったようです。

The only excuse that might be offered for this misapplication of the name is that the names of the early settlers were scarcely, if ever, seen in print and but seldom in writing, but were handed [13] orally from one to another, thus giving plenty of opportunity for misunderstandings. We can recall many names, which in our youth were pronounced differently from what they now are. To illustrate, the name Stevenson was called “Stinson” the name Withrow was called “Watherow” Stodghill was called “Stargeon” and so on. We even find in this day a few of the old-styled fathers and mothers who do not like to discontinue the old-fashioned way of expressing these names.

The Graham name in all English history and in the history of our country, as well as in all the legal writings pertaining to the family, from the earliest settlement in America down to the present time, is spelled as we now have it — Graham.

The people of Scotland of the same family tree were known as clans and these clans seem to have been bound together by very strong and endearing ties.

Such were the adhesion of these family clans that they kept themselves almost entirely aloof [14] from other clans marriage and intermarriage by members of one clan to another was scarcely admissible. If a member of one clan provoked or insulted a member of another clan, the insult was resented by the clan whose member had been insulted thus we find arose many of the clan feuds, with which Scottish history so much abounds.

Each clan had its official head chief or leader, whose duty it was to dictate to his people such a course as seemed to him most wise and discreet or that happened to please the whims of his own fancies. In military affairs this leader or chief was expected to occupy the most dangerous positions and to perform the most daring of the exploits in the heat of battle. He must either win a victory, in which he performed some noble part, or die in defeat.

The Graham clan was a very large and influential one, and, perhaps, at the time of its greatest power, had for its official head James Graham, the Earl of Montrose, who laid down his life for love to his king.

[15] It is claimed in Scottish history that the Graham family dates back for a thousand years, and has been conspicuous in the annal of their country, “from hovel to the palace, in arts, in eloquence and in song”. “It was a daring man by the name of Graham that first broke through the walls of Agricola which the Roman general had built between the firths of the Clyde and Forth to keep off the incursions of the Northern Britons, and the ruins of which, still visible, are called to this day the ruins of Graham’s Dyke”.

From Scotland to Virginia

The first immigration of the Grahams to this country, of which we have any account, occurred about the year 1720 to 1730, the exact date of which cannot now be known.

It is, however, a matter of history that one Michael Graham settled in Paxtong Township, Lancaster County, Pennsylvania, about the date referred to and that he was a direct descendant of the Earl of Montrose, who was beheaded. The descendants of Michael Graham afterwards settled in the Valley of Virginia and became noted [16] for their scholarly attainments, as well as their religious zeal.

Of these, however, we may speak further on. It is known that at or near the same period of the coming of Michael to this country other members of the same family, kith and kin, also settled in this country, among whom were John Graham (the writer’s great grandfather), who settled for a time, it is believed, in Pennsylvania and later moved to the Great Calf Pasture River in Augusta county, Virginia. It is to be regretted that we cannot give the exact date of the settlement on the Calf Pasture River, but conclude that not earlier than the year 1740, nor later than 1745.

We find that he purchased a tract of six hundred and ninety-six acres of land in the year 1746, from John Lewis and James Patton. It will be remembered that John Lewis was the first settler in Augusta county, or rather in the territory which afterwards became Augusta, having planted his home in the then remote wilderness in the [17] year 1732, at Belle Fontaine Springs near Staunton. He was the father of General Andrew Lewis who commanded in the famous battle of Point Pleasant in 1774. John Graham (whom we will call senior) reared a family of four sons and five daughters on the banks of the Calf Pasture and died there about the year 1771, born about the year 1700. His oldest son’s name was Lanty (Lancelot). The names of the other three were John, James and Robert. His daughters’ names were Jane, Elizabeth, Anne, Rebecca and Florence, who was the writer’s grandmother on his mother’s side, she having married James Graham (her cousin).


The Grahams: These Are Your People

…prayed a 17th century laird whose land was bordered by all four. And indeed, the pride of the Grahams was famous throughout Scotland for they were a close knit race deeply loyal to kith and kin. They also took pride in their unswerving devotion to their monarch even when this was sometimes rewarded with scant thanks. And lastly, they took pride in following their personal conscience, whatever the consequences.

Tradition says the first Graham was a Caledonian chief called Graym who attacked and burst through the mighty Antoine Wall which divided Scotland in two, and drove the Roman legions back to Hadrian’s Wall on the English border. More likely, the chiefs spring from an Anglo-Norman family who originally came to England with 征服王ウィリアム in 1066, and are recorded in his Doomsday Book as holding the lands of Graegham or Grey Home.

David I, king of Scots, was brought up in England and given a Norman education. He married a Norman heiress and through her acquired vast estates in England. Thus when he succeeded to the Scottish throne in 1124 he brought with him many of his Anglo-Norman friends to help create order in what was then a very primitive and savage land. He granted them large estates in the Lowlands and without exception these barons then intermarried into the local Celtic aristocracy. Within a generation or two they had become totally integrated with the older race and were soon exclusively Scottish.

William de Graham, the first recorded of that name, was granted land around Dalkieth and Abercorn in Midlothian and appears as a witness on David I’s charter of 1128 founding the Abbey of Holyroodhouse. His descendant, Sir David Graham, acquired the lands of Dundaff in Strathcarron in 1237, and built a castle there. This was probably a wooden fortification on a motte or artificial earth mound in the Norman style. The remains of the later stone castle can still be seen. Sir John de Graham of Dundaff だった ウィリアムウォレス’s right hand man and close friend in the first struggle for Scottish independence in the late 13th century. The contemporary poet Blind Harry calls him ‘’Schir Jhone the Grayme’’ and records his brave death at the battle of Falkirk in 1298 when the small, ragged Scottish army was crushed beneath the hooves of the heavy armoured cavalry of the English army of エドワード1世。 Sir John’s gravestone and effigy can be seen today at Falkirk Old Church and bear the inscription ‘”Here lyes Sir John the Grame, baith wight and wise, Ane of the chiefs who rescewit Scotland thrise, Ane better knight not to the world was led, Nor was gude Graham of truth and hardiment”.

Although principally a Lowland and Border clan the Grahams never forgot the Highlanders who had fought for them. NS 3rd Duke of Montrose、 いつ Marquis of Montrose and a Member of Parliament, was responsible in 1782 for the repeal of the law forbidding the wearing of Highland dress. Mugdock was the principal seat of the Graham chiefs until 1680 when they acquired the lands of the Buchanans and moved to Old Buchanan House near Drymen. In 1707 James Graham, 4th Marquess, was created the 1st Duke of Montrose by Queen Anne. He is perhaps better known for being firstly the partner, and then the foe, of the Highland folk-hero Rob Roy McGregor.

The Grahams had become the largest landowners in Stirlingshire by Victorian times and in 1857 built the huge Gothic Buchanan Castle on the foundations of a much older fortification. This became the residence of the Dukes of Montrose until the beginning of the Second World War when it was requisitioned as a military hospital. Here was kept Rudolf Hess, Hitler’s deputy, after he made his mysterious flight to Scotland in 1940. The roof was removed after the war and the castle is now a ruin. James Angus Graham, b. 1907, was the 7th Duke of Montrose and was also Earl of Kincardine Viscount Dunduff, Lord Graham Aberuthven Mugdock and Fintry. He became a farmer in Rhodesia (now Zimbabwe) and was a cabinet minister in the Rhodesian Government of Ian Smith. He moved to South Africa and later returned to Scotland before his death in 1992. His son, James, the 8th Duke of Montrose lives on the ancestral estates, at Auchmar near Loch Lomond. The name of Graham is an honourable one not only in Scottish history but also in more modern times. For example, it was the 6th Duke of Montrose who invented the aircraft carrier during the First World War. Others of note include the evangelist ビリー・グラハム Kenneth Graeme who wrote the classic “Wind in the Willows: Admiral Sir Cunningham Graham of the last war and many others too numerous to mention.

The “pride of the Grahams” is perhaps best summed up in the famous verse by James Graham, the Great Montrose,

He either fears his fate too much,
Or his deserts are small,
Who dare not put it to the touch,
To win or lose it all.

Sir John’s elder brother, Sir Patrick Graham, had fallen two years before at the battle of Dunbar in 1296 while carrying the royal banner of the King of Scots. Their father, Sir David Graham, had married into the ancient Celtic Earldom of Strathern and acquired land around Kincardine in south Perthshire. He was also the first to acquire land around Loch Lomond on the verge of the Highlands, still held today by the present Duke of Montrose. Sir Patrick’s son, also Sir David, supported the cause of Robert de Brus, another Anglo-Norman-Scot whose mother was a Celtic countess and he descended from the younger son of David I. When de Brus or Bruce became King Robert I, and independence was achieved, he granted Sir David land around Montrose in Angus in exchange for Graham lands near the River Clyde. The hero king built a fortified house for himself at the latter where he died in 1329. A branch of the Graham – the Cunningham – Grahams – continued to live nearby until recent years.

The Grahams continued a steady rise. They had acquired land at Mugdock to the north of Glasgow and began to build a huge castle here from about 1370. This became the principal seat of the chiefs until the beginning of the 18th century. In 1445 Sir Patrick was created Lord Graham and in 1460 gave his land around Loch Lomond to the chief of the Buchanans in exchange for some land around Mugdock. These lands were regained later when the bankrupt Buchanan chief was forced to sell his ancestral estates to the Grahams in 1682.

An unfortunate episode began in 1413 after the then chief’s half brother, Patrick Graham, was murdered by the Drummonds。 He had been created Earl Palatine of the royal Earldom of Strathearn after marrying the grand-daughter of Robert III, and had acquired the vastly rich estates. He had left his infant son in the care of his younger brother, Sir Robert Graham of Kilpont but in 1427 King James I seized the wealthy earldom and gave the boy only the poor Highland parish of Aberfoyle and the empty title of Earl of Menteith。 He also sent the unfortunate child as a hostage to England where he was imprisoned for nearly twenty five years.

The Grahams always resented injustice and Sir Robert Graham of Kilpont protested loudly. He tried to arrest the king in Parliament, and then publicly renounced his allegiance to a tyrant. On February 21, 1437, Sir Robert led a band of Highlanders to Perth where they trapped the king in the cellar of the Blackfriars Monastery and stabbed him to death. For this crime Sir Robert and his sons were tortured and executed in a most horrible manner at Stirling.

ウィリアム, 7th Earl of Menteith, was restored to the Earldom of Strathearn in 1603. He rose to high office as Justice – General of Scotland and President of the Scots Privy Council. But the pride of the Grahams was his undoing. His casual remark that he had a better right to the crown than the king reached the ears of チャールズ1世 who promptly stripped him of the Strathearn earldom. In 1680 the last Earl of Menteith, childless and in debt, left all his estates to his chief, the Marquess of Montrose, who thus regained all the old Graham land around Loch Lomond plus the lands of the Buchanans and also the land in Menteith. The Grahams now held a vast estate stretching right across Scotland from Loch Lomond to near Perth, and roughly comprising the ancient earldoms of Strathearn and Menteith. There were many cadet families established throughout these lands on the very verge of the Highlands. ウィリアム, 3rd Lord Graham, chief of the Clan, had been created Earl of Montrose in 1504 but had died with the rest of the Scottish nobility around their king James IV on Flodden field in 1513.

But without doubt the most famous Graham was ジェームズ, 5th Earl, born in 1612, and created a Marquis in 1644. He was the first to be given the Gaelic patrynomic An Greumach Mor, The Great Graham, or as he is better known to history, The Great Montrose. He was a poet and intellectual who was happiest in his study in one of his many castles or stately homes in Angus, Perthshire or Stirlingshire. In 1638 he was persuaded to sign the National Covenant which declared its opposition to the Episcopalian religion King Charles I wished to force upon Scotland. He then actively fought against the king’s forces who tried to enforce the king’s edicts. But as time went on James Graham became increasingly uneasy about the motives of the ultra-Protestant party headed by アーチボルドキャンベル, Marquess of Argyll. In 1643 the Solemn League and Covenant was drawn up which declared the Scottish Covenanters would assist the English Parliament in a Civil War against the king provided England would adopt a Presbyterian form of worship. This was more than James Graham could stomach. He left the Covenanters and offered his services to the king. He was created Captain-General of the King’s army in Scotland although this comprised a mere 400 men, mainly Grahams. Then they were joined by a 1000 Highlanders led by Alasdair MacColla MacDonald, a giant of a man and a fearsome fighter from the western isles.

During 1644 – 45 James Graham won a series of brilliant victories against far superior odds and became renowned as probably the finest strategist the world has ever seen. Unfortunately, with all Scotland almost conquered, the Highlanders slipped away to harry the キャンベル lands in Argyll. James Graham’s small force was cut to pieces at Philiphaugh in the Borders and he was forced to flee into exile. He returned in 1649 but was captured and taken to Edinburgh where he was hung, drawn and quartered. His quiet dignity on the scaffold won him the respect of all who watched. In 1660, when チャールズ2世 was restored to the throne, David Graham of Gorthie took his kinsman’s head off its spike and had the other remains gathered together for honorable burial in the Montrose Aisle of St. Giles Cathedral in Edinburgh. All the various branches and cadets of the family attended the funeral – the Grahams of Inchbrakie Orchill Morphie Balgowan Cairnie Deuchrie Drums Duntroon Fintry, Killearn Monzie and Potento.

Another Graham entered the history books in 1689 when John Graham of Claverhouse raised a Highland army in the name of the exiled Stuart king James VII。 He was created Viscount Dundee and was variously known as “Bonnie Dundee” or “Bloody Claverhouse”, depending on which side one was on. He met a government army on the hill above Killiecrankie gorge in Perthshire on July 27, 1689, and within minutes his screaming Highlanders had devastated the enemy with their claymores. But in the moment of victory Dundee fell dead. It is said he was killed by a silver button fired from a gun because his enemies believed he was the Devil incarnate and only silver would kill him. It is remarkable that although the Grahams were really a feudal Lowland family only these two were able to bring out the highland clans in a national cause and devise strategies which used their peculiar fighting methods to advantage.

The other principal Graham area was in the Borders. Sir John Graham of Kilbride, one of the cadet families, fell out of favor with the king towards the end of the 14th century and led his followers south into the Border country where they settled in Eskdale. They met violent opposition from the other unruly Border clans and also from the hostile English in this disputed area. Yet the Grahams not only flourished here but became the largest and strongest family in the Borders. By 1552 they held over thirteen Border towers and could raise over 500 mounted troopers. They continued to dominate the Borders by right of the sword until the early 17th century when measures were taken against them by the Commission for the pacification of the Borders. In truth this was an attempt by the English Earl of Cumberland to seize their lands for no action was taken against the other unruly Border families of Maxwells, Elliots, Armstrongs, ScottsKerrs。 The Grahams were hanged, transported, banished and imprisoned. Some came back with assumed names and the McHargsMahargs in Scotland and Northern England are simply Border Grahams with the name reversed.

The coat-of-arms of Sir David de Graham appears on the earliest known roll of Scottish arms dated 1332. These shows three scallop shells, used as pilgrim’s begging bowls, and indicate an early Graham had made the pilgrimage to the shrine of Santiago de Compostella in Spain. The scallops are also found on the earliest known Graham seal dated 1230.

The personal arms of the Duke of Montrose shows three scallop shells in the 1st and 4th quarters, and in the 2nd and 3rd quarters the rose for the title of Montrose.

The crest, entitled to be warn by clansmen, shows a falcon killing a stork. The motto is “Ne oublie” (Forget Not).

Reprinted with permission from The Highlander, Angus J. Ray Associates, Inc., 560 Green Bay Road, Suite 204, Winnetka, IL 60093


James Graham, Earl of Montrose / Famous Historical Figures

'Betrayed by a MacLeod and hanged in Edinburgh, enemies marvelled at his courage'.

Graham was the 5th Earl and 1st Marquess of Montrose, and was brought up in Kincardine Castle. Education was at St Andrews University. He was one of four noblemen who drew up the National Covenant at Greyfriars' Kirkyard in Edinburgh in 1638.

This Covenant renewed and expanded that of the one drawn up in 1581 into a public petition which presumed a direct Scottish relationship with God, without the interference of a king (in this case Charles I of course) and without 'all kinds of Papistry'. It was emotive and drew from upwards of 60 Scottish Acts of Parliament and many theological statements. In the end, over 300,000 signatures were appended in churches throughout Scotland.

Montrose was a moderate Presbyterian, and though fighting initially for the Covenant in the Bishops' War, he later distanced himself from the more extreme Presbyterians. After he refused to support the union of the Scottish Parliament with the English Roundheads, in effect bonded by the Solemn League and Covenant of 1643, he was imprisoned in Edinburgh Castle for five months. Made a change from the Tower of London.

The following year he was appointed King's Lieutenant in Scotland. He showed a great flair for military strategy and leadership, winning six battles in one year, despite leading an undisciplined Scottish-Irish force. With depleted forces however he was defeated by David Leslie at Philiphaugh near Selkirk, in 1645.

He escaped to Norway, having been ordered to disband by the captured King, but returned to Scotland to avenge the death by execution of Charles I. His return was fated shipwrecked in Orkney he survived with only 200 men. This small force was defeated at Carbisdale on 27 April 1650 and Montrose was betrayed by MacLeod of Assynt for a sum of £25,000, a huge sum in those days.

In Edinburgh, the Scottish Parliament were obviously in no mood for clemency or even justice without a trial they sentenced him to death and he was hanged and disembowelled on 21 May. His remains were given a proper tomb and monument in St Giles, Edinburgh, in 1888. Along with high standards of honesty, generosity and decent dealing (all conspicuously absent otherwise in 17th century Scottish politics), he has a claim to be a fair poet, with the publication of his collected works in 1990.

'Scotland's glory, Britain's pride, As brave a subject as ere for monarch dy'd Kingdoms in Ruins often lye But great Montrose's Acts will never dye'.


Census records can tell you a lot of little known facts about your Graham Earl Van Montrose ancestors, such as occupation.職業はあなたの先祖の社会的および経済的地位についてあなたに話すことができます。

There are 3,000 census records available for the last name Graham Earl Van Montrose. Like a window into their day-to-day life, Graham Earl Van Montrose census records can tell you where and how your ancestors worked, their level of education, veteran status, and more.

There are 642 immigration records available for the last name Graham Earl Van Montrose.乗客リストは、あなたの先祖がいつアメリカに到着したか、そして彼らがどのように旅をしたかを知るためのあなたのチケットです-船の名前から到着と出発の港まで。

There are 1,000 military records available for the last name Graham Earl Van Montrose. For the veterans among your Graham Earl Van Montrose ancestors, military collections provide insights into where and when they served, and even physical descriptions.

There are 3,000 census records available for the last name Graham Earl Van Montrose. Like a window into their day-to-day life, Graham Earl Van Montrose census records can tell you where and how your ancestors worked, their level of education, veteran status, and more.

There are 642 immigration records available for the last name Graham Earl Van Montrose.乗客リストは、あなたの先祖がいつアメリカに到着したか、そして彼らがどのように旅をしたかを知るためのあなたのチケットです-船の名前から到着と出発の港まで。

There are 1,000 military records available for the last name Graham Earl Van Montrose. For the veterans among your Graham Earl Van Montrose ancestors, military collections provide insights into where and when they served, and even physical descriptions.


James Graham. Earl of Montrose - History

"../mp3/dundee.mp3" type="audio/mpeg">

John Graham was the elder son of Royalists, and related to the Marquis of Montrose. Claverhouse spent his childhood in Glen Ogilvy near Dundee. He studied at St. Andrews University.

He began his career as a soldier in France, as a volunteer for Louis XIV (under the Duke of Monmouth and MacKay of Scourie). He joined William of Orange (of Holland, 1674) and is said to have saved William's life in battle. He was recommended to James, Duke of York at William's marriage to Mary Stuart (1677), and became one of James's personal advisors.

In 1678 he was assigned the duty of suppressing the Covenanters (Presbyterian rebels who opposed Anglicanism) in Dumfries and Galloway. In 1679 Covenanter's rebellion he was defeated at Drumclog. He also helped defend Glasgow, and fought at Bothwell Brig.

The years of 1681-1685 are known as the Killing Times because of the autrocities committed. James Graham was among those who committed them. He earned the name "Bloody Clavers" by his brutal suppression of the Coventanters. Two of those he dealt with were the Wigtown Martyrs - women who were tied to a post to be drowned by the incoming tide.

Although Claverhouse's reputation is for one of ruthless suppression in dealing with the convenanters, in 1674 he had married, Jean Cochrane, who was from a prominent Covenanter family. In addition, at one point he urged moderation.

Learning of Lochiel's Highland confederacy (to restore James II to the throne), and declared a rebel, Claverhouse left his wife and new born son in Glen Ogilvy and rode north-east to rally support for the Jacobite cause. In 1688 when William of Orange invaded, James II made Graham second-in-command of the Scottish army and named him Viscount Dundee.

In four months Dundee covered 800 miles (from Inverness on 8 May, he crossed Corrieyairack and Drumochter Passes to raid Perth on the 10th). General Hugh MacKay was dispatched to deal with the rebellion in Scotland. MacKay commanded met four thousand musketed men, Lowland Scots and veterans of the Dutch wars.

MacKay's Government army had to go through the pass of Killiecrankie. Dundee's troops hid in the braken and waited for MacKay. MacKay's troops outnumbered Dundee two to one. On July 17, 1689 Graham ambushed General Hugh Mackay at the Pass of Killicrankie.

The Battle of Killicrankie was one of the last last battles that saw the effective use of claymores and the highland charge. Graham's forces attacked Mackay's right flank. MacKay's forces firing a musket volley. However, because of their inexperience and the ferocity of the highland charge, they were too slow to reload. The Highlanders overwhelmed them. Mackay's left flank also retreated in disarray. Graham's troops performed the classic pincer movement and crushed the remainder of Mackay's troops. Graham's victory was absolute.

However, Graham himself had been mortally wounded. Surviving long enough to direct the battle and learn of his victory, he died soon after. The Jacobites had no leader as capable to replace Dundee. In August the Jacobites, under Colonel Alexander Cannon, were defeated at the Battle of Dunkeld by veterans of the Covenanter's Uprising led by William Cleland. The First Jacobite Uprising ended May Day, 1690.

Other Historical Links

Resources include:
The Encyclopedia Britannica
Encyclopedia Britannica, Inc.
Chicago, Copyright 1977


ビデオを見る: 己龍チャンネルコラボローズ伯爵が日本武道館アーティスト己龍のリーダー九条武政とメルヘンなレストランに行ってみたお得情報あり