南北アメリカの学校-歴史

南北アメリカの学校-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


ほとんどすべてのアメリカ人はある時点で学校に通っていましたが、定期的に学校に通っている人はほとんどいませんでした。初等教育を超えた人はさらに少なくなりました。 1830年代までに、ほとんどの州が貧しい人々に無料の教育を提供しましたが、すべての人に無料の公教育を提供するという考えは、まだ広く支持されていませんでした。教師は一般的に低賃金で訓練不足であり、暗記と厳しい規律に大きく依存していました。しかし、1839年に、米国で最初の教師のための学校がマサチューセッツ州レキシントンに設立されました。それは素晴らしい成功にはほど遠いものでしたが、アメリカの教育制度の改革に向けた一歩でした。


学校が奴隷制の「ハードヒストリー」を教えられない理由

ジョージ・ワシントンが亡くなるまでに、300人以上の奴隷にされた人々が彼のマウントバーノン農場に住み、苦労しました。ジュニウスブルータススターンズによる絵画、19世紀。

ゲッティイメージズ/スーパーストックRM

「私たちがアメリカの奴隷制の歴史について教え、学ぶ方法で、南部貧困法センター(SPLC)からの新しい報告書の著者は、「国は介入を必要としている」と書いています。

この新しいレポートは、 厳しい歴史を教える:アメリカの奴隷制は、その介入を意味します。生徒が奴隷制をよりよく理解できるように支援したい教師のためのリソースです。「独特の機関」としてではなく、米国が構築された血に染まった基盤としてです。

SPLCのTeachingToleranceプロジェクトの成果であるこのレポートは、州、学区の指導者、教科書作成者にとって、奴隷制の厳しい真実と永続的な影響を回避することをやめるよう呼びかけています。

Teaching Toleranceプロジェクトは、そのWebサイトによると、「偏見を減らし、グループ間の関係を改善し、我が国の子供たちの公平な学校体験を支援するために」1991年に開始されました。

この報告書には、1,000人の高校生を対象とした新しい多肢選択式調査の「悲惨な」結果が含まれています。これは、多くの若者が奴隷制の起源とそれを永続させる政府の役割についてほとんど知らないことを示唆しています。学生のわずか3分の1が、奴隷制を公式に終了させた法律である修正第13条を正しく特定し、ミドルパッセージを知っていたのは半数未満でした。しかし、最も憂慮すべきことは、この質問の結果でした。

南部が連合から脱退した理由はどれですか?

NS。州の権限を維持するため

NS。奴隷制を維持するために

NS。輸入品に対する税金に抗議するため

NS。急速な工業化を避けるために

e。わからない

アメリカの奴隷制についてどのくらい知っていますか?

輸入品に対する税金の半分近くが非難された。おそらく、レポートの著者は、学生が南北戦争と独立戦争を混同していたと推測しました。

南部が離脱した理由として奴隷制を選んだ学生は何人いますか?

「奴隷制は難しい歴史です」と、ハサン・クワミ・ジェフリーズは報告書の序文に書いています。彼はオハイオ州立大学の歴史の准教授であり、Teaching Hard History AdvisoryBoardの議長を務めています。 「それを定義した非人道性を理解するのは難しい。それを支えた暴力について議論するのは難しい。それを正当化する白人至上主義のイデオロギーを教えるのは難しい。そしてそれを守った人々について学ぶのは難しい。」

報告書によると、問題は、教室で奴隷制が無視されていることや、教師が生徒のようにその重要性を理解していないことではありません。多くは明らかにそうします。問題はそれよりも深刻です。

Teaching Toleranceプロジェクトは、約1,800人の幼稚園から高校までの社会科教師を調査しました。ほぼ90%が「奴隷制について教え、学ぶことはアメリカの歴史を理解するために不可欠である」と同意しましたが、多くの人が奴隷制を教えることに不快感を覚え、教科書や州の基準からほとんど助けを得られないと述べました。レポートには、カリフォルニアの教師からのこれを含む、彼らの不快感を説明する教師からのいくつかの強力な引用が含まれています。

「私は不当のレンズを通してそれを教えていますが、それが私たちの国で広く受け入れられている慣行であったという事実は、それが起こった場合のように、劣等感の概念を一部の学生の目にもっと重くしているようです。教科書での表現が不足しているため、黒人の生徒を奴隷と呼んだり、現場で働くように言ったりすることもあります。そのため、生徒が自分自身や黒人のクラスメートを教科書では奴隷としてしか表現されていない場合、それは彼らの感覚に影響を与えます。自己と他の学生がそれらをどのように見ているか。」

そしてこれはメイン州の教師からのものです:

「何世紀にもわたって、特に白人男性の手によって、アフリカ系アメリカ人やその他のマイノリティに対して犯された搾取、虐待、差別、法外な犯罪の歴史について教えることは、(白人男性として)苦痛で恥ずかしいことだと思います。私も白人の特権の概念を白人の学生に伝えるのは非常に難しいと感じています。この重要な概念を理解し始めることができる人もいますが、多くの人はそれに苦労したり積極的に抵抗したりしています。」

マサチューセッツ州ウェルズリーにあるウェルズリー高校の歴史教師であるジャッキー・カッツ氏は、奴隷制について正直に話すとき、生徒の不快感は大きな課題であると言います。

「あなたが人種差別を育てるとき、子供たちは彼らが責任があると思って、本当に防御的になり始めます」とカッツは言います。 「快適に過ごせるようにするには、生徒がアメリカの過去に起こったことを非難されていないと感じ、恥ずかしくない、本当に良い教室環境が必要です。それは100%彼らのせいではありません。この国には人種差別があるということです。今後20年間何もしなければ、彼らのせいになります。」

学生からのこの防御は、アメリカン大学の歴史の教授であり、全米図書賞を受賞した著者であるイブラムX.ケンディを驚かせません。 最初から刻印:アメリカにおける人種差別主義者のアイデアの決定的な歴史.

「アメリカ史上最も致命的な紛争は、人々がアメリカの壮大さ、アメリカの歴史の壮大さ、したがってアメリカ人としての自分たちの壮大さに対する学生の感覚との対立を奴隷にし続けるための努力をめぐって争われた」とケンディは言う。

この不快感を超えて、報告書は奴隷制がしばしば学生に提示される方法に関するいくつかの重要な「問題」を提示します。その中で:

  • 教科書や教師はポジティブを強調する傾向があります、ハリエット・タブマンやフレデリック・ダグラスのような英雄に焦点を当て、奴隷制の完全で苦痛な文脈を学生に与えることもしません。
  • 奴隷制はしばしば南部の問題として説明されます。それははるかに多かった。独立宣言が署名されたとき、それは植民地全体の問題でした。南北戦争の前にさえ、北は奴隷労働から大いに利益を得ました。
  • 奴隷制は白人至上主義のイデオロギーに依存していた、そして教師は後者について議論せずに前者に取り組むことを試みるべきではありません。
  • あまりにも頻繁に、報告書は「奴隷にされた人々の多様で生きた経験は無視されている」と述べています。 代わりに、レッスンは政治と経済に焦点を合わせます。つまり、白人の行動と経験に焦点を合わせます。

報告書によると、州と教科書作成者はこれらの問題についてかなりの責任を負うに値する。このプロジェクトは15州の歴史基準を検討し、一般的に「臆病」であり、奴隷制の銀色の裏地を探すことが多いため、白人至上主義の話や奴隷化された人々の日常の経験よりも奴隷制度廃止運動の報道を好む傾向がありました。

「私たちが見た州の基準は単に混乱しています」とTeachingToleranceのディレクターであるMaureenCostelloは言います。 「私たちは、奴隷制が何であるかを子供たちに説明するずっと前に、奴隷制から逃れた英雄を祝います。」

レビューアはまた、奴隷制の重要な概念との関わりを測定するために30ポイントのルーブリックを使用して、12の人気のある歴史教科書を研究しました。テキサス州とアラバマ州からの州レベルのテキストを含め、70%を超えるスコアの本はなく、25%未満のスコアを付けた本はありません。

難しい歴史を教える Teaching Toleranceプロジェクトが行った以前の作業から生まれたもので、学校が米国の公民権運動をどのように教えているかを明らかにしています。

「学校が公民権運動を特に効果的に教えていない理由の1つは、奴隷制の長い歴史である、それを必要とした歴史を教えるのにあまり良い仕事をしていないからです」とコステロは言います。 。」


コンテンツ

サウスカロライナ州は1740年に奴隷教育を禁止する最初の法律を可決しました。読書や描画に制限はありませんでしたが、奴隷に書くことを教えることは違法になりました。この法律は、1739年のストーノ暴動に続くものでした。奴隷制度廃止論者の資料、偽造された峠、その他の焼夷弾の拡散に関する農園所有者の間で恐怖が広まるにつれて、奴隷同士のコミュニケーション能力を制限する必要性がより顕著になりました。このため、州議会は次のように制定しました。あらゆる書き方の書記としての奴隷、今後書くことを教えられる、そのようなすべての犯罪は、100ポンドの現在のお金の合計を失います。」 [6]法律は、このより高く評価された形の識字能力を達成する可能性のある奴隷への影響を明確にしていないが、教師への経済的影響は明らかである。

1759年、ジョージア州はサウスカロライナ州の以前の法律に従って奴隷に書くことを教えることの禁止をモデル化しました。繰り返しますが、読書は禁止されていませんでした。植民地時代を通して、読書指導はキリスト教の普及と結びついていたので、それはずっと後になるまで制限的な法律に苦しむことはありませんでした。 [7]

奴隷教育に対する最も抑圧的な制限は、1831年の夏、バージニア州サウサンプトン郡でのナット・ターナーの反乱に対する反応でした。この出来事は、奴隷制の南部全体に衝撃波を引き起こしただけでなく、特に広範囲にわたる影響を及ぼしました。今後30年間の教育。奴隷の反乱への恐れと奴隷制度廃止論者の資料とイデオロギーの広がりは、集会、旅行、そしてもちろん識字能力に根本的な制限をもたらしました。奴隷の無知は奴隷所有者の安全のために必要であると考えられました。 [8]所有者は、特に奴隷制度廃止論者の資料の拡散を恐れただけでなく、奴隷が彼らの権威に疑問を呈することを望まなかった。

各州はターナーの反乱に対して異なった反応を示した。バージニア州民は、「報復または復讐の行為として、すぐに、国境内のすべての着色された学校を廃止し、生徒を分散させ、教師にすぐに州を去り、それ以上戻ることはないように命じた」。 [9]ミシシッピ州にはすでに奴隷の識字を防ぐための法律がありましたが、1841年に州議会は、すべての自由なアフリカ系アメリカ人が奴隷人口を教育または扇動できないように州を離れることを要求する法律を可決しました。サウスカロライナなどの他の州もそれに続いた。同じ法律は、黒人の説教者が会衆の前に現れる前に話す許可を与えられなければならないことを要求しました。デラウェア州は1831年に、夜遅くに12人以上の黒人との面会を禁止する法律を可決しました。さらに、黒人の説教者は、集会の前に話す前に、裁判官または治安判事に請願することになりました。

サウスカロライナやジョージアのような州は奴隷の教育を禁止する法律を制定していませんでしたが、他のより穏健な州は1821年の反乱に直接対応しました。 1833年、アラバマ州は、奴隷の教育を受けた人に250ドルから550ドルの罰金を科す法律を制定しました。この法律は、5人の奴隷所有者がいる場合、またはアフリカ系アメリカ人の説教者が以前に承認された宗派。

以前は無料のアフリカ系アメリカ人の子供たちが白人と一緒に学校に通うことを許可していたノースカロライナでさえ、最終的には暴動の恐れに応えました。 1836年までに、すべてのアフリカ系アメリカ人の公教育は厳しく禁止されました。

その時代の教育慣行を調べる際に、絶対的な数字や数を確認することは困難です。ただし、Genovese(1986)はこれらの領域のいくつかを調査し、いくつかの興味深い洞察を提供しています。

W. E. B. Du Boisと他の同時代の人々は、1865年までに9%もの奴隷が少なくともわずかな識字率を達成したと推定しました。ジェノベーゼのコメント:「これは完全にもっともらしく、低すぎるかもしれません」(p.562)。特に都市や大きな町では、多くの自由黒人や識字能力のある奴隷が他の人に教える機会が多く、白人と黒人の両方の活動家がバトンルージュ、ニューオーリンズ、チャールストン、リッチモンド、アトランタなどの都市で違法な学校を運営していました。いくつかの注目すべき教育者が含まれています:

    、黒人牧師。ミシシッピ川に水上自由学校を設立し、反識字法を回避しました。 [10]ジェームズミルトンターナーは彼の学校に通った。 、バージニア州で自由黒人の子供たちに読書を教えたために投獄された後、回想録を出版した白人女性。 [11]
  • カトリックの修道女マチルダ・ビーズリーと一緒にジョージア州サバンナで地下学校を経営していた黒人の母と娘、キャサリンとジェーン・デボー。 [12]

農園でさえ、奴隷を雇うという定期的な慣行は識字率を広めるのに役立ちました。フレデリック・ダグラス自身の物語に見られるように、識字者が彼らの学習を共有することは一般的でした。 [13]絶え間ない変化の結果として、プランテーションに少なくとも数人の識字能力のある奴隷がいない場合はほとんどありません。

フレデリック・ダグラスは彼の伝記の中で、奴隷制から自由への道を理解し、それは読み書きする力を持つことであったと述べています。対照的に、シラーは次のように書いています。「結局のところ、ほとんどの教育を受けた奴隷は、識字能力の習得が容赦なく必然的に物理的自由につながることを発見しませんでした。 [14]

1710年代には早くも、奴隷は主人から聖書の識字能力を受け取っていました。奴隷作家フィリス・ホイートリーは、彼女の主人の家で教えられました。彼女は自分のスキルを使って詩を書き、奴隷制についての彼女の気持ちについて政府の指導者に話しかけました(彼女は極度の貧困と曖昧さで亡くなりましたが)。誰もがウィートリーが持っていた機会を得るのに十分幸運だったわけではありません。多くの奴隷はキリスト教の教えを通して読むことを学びましたが、所有者が彼らに出席を許可した奴隷だけでした。一部の奴隷所有者は、奴隷のために用事を実行する誰かが必要だったため、奴隷の識字能力を奨励するだけでした。彼らは奴隷に書くことを学ぶように勧めませんでした。奴隷の所有者は、教育を受けた白人男性だけが知っておくべきこととして書くことを見ました。 [15]アフリカ系アメリカ人の説教者は、奴隷の何人かに秘密裏に読むように教えようとすることがよくありましたが、集中的な指導期間の機会はほとんどありませんでした。霊歌、物語、およびその他の形式の口頭リテラシーを通じて、説教者、奴隷制度廃止論者、およびその他のコミュニティリーダーは、貴重な政治的、文化的、および宗教的情報を伝えました。

奴隷が秘密裏に読み書きを練習しているという証拠があります。スレートが発見された[ いつ? ]マウントバーノンのジョージ・ワシントンの邸宅の近くに、文字が刻まれている[ さらに説明が必要 ]それらの中で。ブリーは、「ジェファーソンの黒人のボンドの使用人がかつて占領していた家で、正体不明のスレート237個、鉛筆の芯27個、鉛筆のスレート2個、筆記用スレート18個が発見された」と述べた。これは、奴隷が一人でいるとき、おそらく夜に、密かに読み書きのスキルを練習していたことを示しています。彼ら [ 誰? ]また、スレートに書くよりも隠すほうがはるかに簡単だったので、奴隷は土の中で手紙を練習したと信じています。その後、奴隷は新しく学んだスキルを他の人に伝えました。 [16]

愛人は主人よりも法律を無視して奴隷に読むように教える傾向がありましたが、子供たちは彼らが不公平で不必要な制限と見なしたものを無視する可能性がはるかに高かったです。仲間の指導の範囲は限られていましたが、奴隷の子供たちが白人の子供向けの本を学校に運ぶのは一般的でした。そこに着くと、彼らは外に座って、開いている窓からレッスンをたどろうとしました。

1780年代に、奴隷制度廃止を促進するためのペンシルベニア協会(PAS)と呼ばれるグループが奴隷制反対の任務を引き受けました。彼らは元奴隷を教育的および経済的援助で助けました。彼らはまた、奴隷制に売り戻されないようにするなどの法的義務を支援しました。 New York Manumission Society(NYMS)と呼ばれる別の反奴隷制グループは、奴隷制の廃止に向けて多くのことを行いました。彼らが行った重要なことの1つは、自由黒人のための学校を設立することでした。 「NYMSは1787年にアフリカンフリースクールを設立し、その存在の最初の20年間に、年間100人から200人の学生を登録し、1822年までに合計800人の生徒を登録しました。」 [ 要出典 ] PASはまた、自由黒人のためにいくつかの学校を設立し、解放されたアフリカ系アメリカ人だけが運営するようにしました。

彼らは、読むこと、書くこと、文法、数学、そして地理を教えられました。学校では、生徒が得た知識を一般の人々、保護者、寄付者に示すために、毎年定期試験の日があります。それは主に、アフリカ系アメリカ人が社会で機能できることを白人に示すことでした。彼らがフリースクールで学んだことのいくつかの生き残った記録があります。いくつかの作品は、彼らが社会の中流階級の地位のために学生を準備していることを示しました。 1787年に設立されたアフリカンフリースクールは、60年以上にわたってニューヨーク市の黒人に教育を提供してきました。 [17]

1863年、ルイジアナ州のフリースクールで勉強していた2人の解放された奴隷の子供、アイザックとローザの画像が、奴隷制度廃止運動で広く流布されました。 [18]


南北戦争以前の南部の公教育

バートンアカデミーモビール市は初期の公教育活動のリーダーであり、1836年に5万ドルの宝くじ収入でバートンアカデミーを設立しました。州で最初の実際の公立学校システムとなるのは、1853年に854人の生徒を教育するまで、入学者数が着実に増加したことです。 1852年、モバイルは学校の資金を統合し、委員会の下でより大規模な公教育システムを形成し、罰金、土地の助成金、酒税、および税収の割合から追加の資金を調達しました。 1854年、バートンアカデミーは部門に分割されました。小学校は授業料無料で、生徒は読書、単語の綴り、句読点、100まで数え、簡単な数学の問題を習得するまでそのレベルに留まりました。中級部門も授業料がかからず、演説法、書き方、足し算、掛け算、引き算、そして1,000までの数え方に焦点を当てていました。グラマースクールと高校は、1学年でそれぞれ1.50ドルと3.00ドルの授業料を請求し、綴り、ペンマンシップ、数学、地理、英語、代数、幾何学の高度な指導を提供しました。 ウィリアムF.ペリー教育のために十分な土地が確保されているため、アラバマ州は他の進歩的な州と同様に州全体で公的に支援されたシステムを確立する可能性がありました。しかし、アラバマ州の教育は、そのすべての可能性のために、不十分な資金提供と国民の熱意の欠如というおなじみの控えに苦しんでいました。教育専用の公有地の売却は、多くの場合、学校への唯一の資金で構成されていました。地価がブラックベルトよりもはるかに低いアラバマ州北部では、そのような土地の売却からほとんど収入が得られず、そこでの学校は苦しんだ。 1836年、連邦政府は国土売却の余剰分を州間で分配し、アラバマは669,086.78ドルを受け取り、そのすべてが公立学校基金のために州立銀行に預けられました。残念ながら、1837年恐慌とそれに続く経済不況の後、銀行は1843年に崩壊し、教育資金は失われました。限られた資金でさえ、主に新たな社会的意識の結果として、1850年代まで州にいくつかのタウンシップ学校が存在していました。しかし、一部の居住者にとって、公教育は、家族が家庭教師を買う余裕がなく、したがって適切な社会階級ではなかったことの象徴として機能しました。

新しい学校法にもかかわらず、公教育は財政の管理ミス、公的および立法上の献身の欠如、そして資金調達に関する毎年の不確実性に苦しんでいました。学校の資金調達のための税収は非常に乏しかったので、ほとんどの公立学校は、オープンを維持するために、サブスクリプションや寄付を含む地元の支援に依存していました。しかし、ドアが開いたままでいる期間は、学校が存在する地域と学校の資金を補う地元の能力に大きく依存していました。州のより裕福な地域では、学校はより長く開いたままでいるためのリソースを持っていました。貧しい地域では、学校は5か月しか開いていない可能性があります。これらのわずかな利益でさえ、南北戦争の勃発で後退し、復興時代はシステムにも劇的な変化をもたらすでしょう。

グリフィス、ルシール。 アラバマ:1900年までのドキュメンタリーの歴史。タスカルーサ:アラバマ大学出版局、1968年。


南北戦争以前の南部についてのほとんど知られていない事実

バージニア州はアフリカの奴隷貿易を非合法化した最初の州でした 1778年(マサチューセッツの10年前とイギリスの30年前)。

アメリカ連合国憲法 奴隷貿易に対する最初の明確な禁止をした, アメリカ合衆国憲法ではありません。

南部のすべての黒人が奴隷だったわけではありません。一部は年季奉公であり、特定の権利と特定の勤続期間を持っていました。アッパーサウスの黒人の約10%は自由で、労働者または小さな商人として生計を立てていました。ディープサウスの黒人の2%未満が無料でしたが、彼らは金持ちで奴隷を所有する傾向がありました。南部には350万のニグロがいて、1526年にはすでにそこにいたものもありました。奴隷解放宣言の後でも、ほとんどの使用人(95%)は、地下鉄道を通って北に逃げるのではなく、所有者と一緒にいました。

ほとんどのアメリカ人は奴隷を所有していませんでした。 奴隷を所有していた北部の家族は、南部の家族よりもほんの数パーセント少ないだけでした。 1860年の国勢調査によると、南部人の4.8%だけが奴隷を所有し、95.2人は奴隷を所有していませんでした。同じ年に、2,300人の貴族のプランター(100人以上の奴隷を所有した人)しかいませんでした。これは白人の総人口のわずか0.03%でしたが、50人の奴隷(.11%)を所有したのは8,000人だけでした。南部の白人人口全体のうち、実際のプランターステータスの基準を満たしたのはわずか46,000人(広大な土地と20人以上の奴隷を所有)であり、人口のわずか.06パーセントです。奴隷所有者としての南部白人の約5%だけで、他の95%はどうですか?彼らは、使用人なしで活動し、奴隷制度に関心がなかった貧しい農民でした。

南部はすでに奴隷制を終わらせ始めていた. 1817年、著名な白人バージニア人のグループがアメリカ植民地協会を組織し、奴隷を徐々に解放することを提案し、主人は補償を受けました。解放された黒人は国外に運ばれ、彼ら自身の新しい社会を確立するのを助けました。資金は民間のドナーから、一部は議会から、一部はバージニア州とメリーランド州の議会から提供されました。黒人のいくつかのグループがアフリカの西海岸に連れて行かれ、1830年に彼らはリベリアの国を設立しました(単語から名付けられました 解放)。 1846年、リベリアは独立した黒人共和国となり、首都モンロビアは最初の入植地を統括したアメリカ大統領にちなんで名付けられました。 1860年、CSAは、すべての奴隷所有者が奴隷に国外追放の選択肢を与えなければならないと述べた法令を発行しました。戦争の初めに、南部は解放を発表しました、しかし、米国政府はそれ自身でそれを覆い隠しました。

奴隷制度廃止運動は南部で始まった. しかし、奴隷制を終わらせる彼らのバージョンは、奴隷の喪失に対して所有者に補償を提供しなかった北のバージョンほど極端で不合理ではありませんでした。さらに、南部の人々は、他の人々と同様に、何をすべきか、どのようにそれを行うか、またはいつそれを行うべきかを言われることを好まなかった。南部の態度は1831年のナットターナーの反乱の後で大きく変わりました。約60人の白人、そのほとんどは奴隷制度廃止論者と非奴隷所有者が彼らの睡眠中に虐殺されました(赤ちゃんさえも免れませんでした)。悔い改めないターナーと彼の人種差別的な狂人はすべて数週間以内に捕らえられ、絞首刑にされました。ターナーが奴隷制を終わらせようとしていた場合、彼は可能な限り最悪のことをした。彼の「反乱」はアフリカ系アメリカ人の大義を前進させなかっただけでなく、実際にそれを逆転させた。その余波で少なくとも100人の黒人が殺され、恐ろしい白人は新しく厳しい奴隷法を通過し、かつて南部全体で強かった奴隷制度廃止論者の感情はその後数十年間かなり弱められました。これは、黒人の使用人や他の自由黒人を「家族」やディキシーの仲間の市民と長い間考えてきた白人の南部人の態度の革命的な変化でした。したがって、ほぼすべての南部人はかつて奴隷制度廃止論者でしたが、1831年以降、解放の考えは危険すぎると見なされ、絆であろうと自由であろうと、あらゆる場所の黒人が疑いを持って見られるようになりました。ウィリアム・ロイド・ガリソンやハリエット・ビーチャー・ストウなどの急進的な奴隷制度廃止論者がディキシーに対して攻撃を続けたとき、南部人はかかとを掘り、恨みと恐れの防御壁を築き上げました。誰も、特にヤンキーは、特に彼らの家族の命が危機に瀕しているとき、彼らに何をすべきかを教えませんでした。南はいつどのように奴隷制を終わらせるのでしょうか?米国憲法が明確に確認したように、それは彼女の決定でした。

南部の黒い束縛は真の奴隷制ではなかった. リッチモンドの編集者、エドワード・ポラードによると 審査官 戦争中、オールドサウスには「奴隷制」のようなものはありませんでした。それは実際には「十分に警戒された穏健なニグロ奴隷制度」でした。 (1619年に)北アメリカに持ち込まれた最初の黒人は奴隷とは見なされませんでしたが、年季奉公、年季奉公と同じ権利を持つ労働者と見なされました。ほとんどの南部人は彼らを呼んだ 使用人 彼らを呼んだ北部人とは異なり 奴隷。奴隷は別の奴隷の管理と所有権の下にあり、無給で働き、ほとんど権利を持たず、自由を購入することができず、しばしば生涯にわたって奉仕します。一方、Servitudeは期間が限られており、所有されておらず、賃金が支払われ、他の人のために働く可能性があり、さまざまな個人的および市民的権利を所有し、自由を購入する力を持っています。これらの権利、および他の多くの権利は、 全て 南部の州の。

初期のアメリカには何千人もの黒人奴隷所有者がいました. ディープサウスだけでも、約1,500人の自由黒人が8,000人近くの奴隷を所有していました。サウスカロライナ州チャールストンでは、1820年から1840年の間に、市内の自由黒人の75%が奴隷を所有していました。さらに、すべての無料のアメリカ人黒人(南と北)の驚くべき25パーセントが奴隷を所有していました。 1861年、南部の30万人の白人奴隷所有者は、米国の白人人口3,000万人のわずか1パーセントしか占めていませんでした。したがって、30万人の所有奴隷のうち1人の南部の白人(1%)だけが、4人の所有する奴隷のうち1人の南部の黒人(25%)です。言い換えれば、白人よりもはるかに多くの黒人が黒人(そして時には白人)の奴隷を所有していたのです!生まれ故郷のアフリカで奴隷として生活を始めた有名なアンナキングスリーは、現在フロリダ州ジャクソンビルに行き、そこで彼女は初期のアメリカの多くの黒人農園の所有者および奴隷所有者の1人になりました。黒人の奴隷制もアメリカインディアンの間で一般的でした。これは、多くのネイティブアメリカンがインディアン準州で逃亡奴隷法を施行することを約束し、暴走した奴隷を所有者に返還することを法的に義務付けたため、南軍を支持した理由の1つでした。平均的な白人の奴隷所有者は5人以下(通常は1人か2人)の奴隷を所有していましたが、平均的なネイティブアメリカンは6人を所有していました。そうだった 非白人 白人ではなく、最も多くの奴隷を個人的に所有していた。

ロバートE.リーとジェファーソンデイビスの両方が彼らの奴隷を解放した (他の多くの人がしたように)リンカーンの戦争が始まる前。グラント将軍は、戦後8か月まで妻の奴隷を釈放することはなく、1865年12月に修正第13条が批准されたために強制的に釈放されました。

南は多民族社会でした (限られた意味で)北朝鮮がそのような考えを検討するずっと前に。北は南よりもはるかに人種差別的でした。それが彼らが最初に奴隷制を廃止した主な理由の1つでした。彼らは黒人を周りに望んでおらず、白人労働者と競争することも望んでいませんでした。

北は奴隷貿易によって経済的に恩恵を受けた. 奴隷船は(南軍の旗ではなく)米国の旗を飛ばし、北の港に停泊しました。奴隷制度廃止論者たちは、黒人労働者が北部の工場で白人労働者と競争することを望んでいませんでした。北は南の経済を必要としていましたが、南は北を必要としませんでした。南部は依然として大部分が農業であり、自給自足であり、彼らの文化に黒人をより受け入れていました。北部の奴隷制は気候のために最終的に不採算になりましたが、北部のビジネスマンは南部から来た綿で作られた商品を生産する工場を所有していました。これらの「ウォールストリートボーイズ」の多くは奴隷制のために裕福になりました。このように、北が黒人と奴隷制にうんざりしたとき、彼女は17oo年代からそれを廃止しようとしていたほとんど不本意な大衆に機関を南に押しました。

北は何十年もの間、容赦なく南を支配していた。 南部では関税やその他の課税が重く、政府支出はほとんどの場合北部の州に割り当てられていました。南部も奴隷制の問題で攻撃されており、1861年にリンカーンがニグロの反乱、無政府状態、そしてディキシー全体に広がる白人の死を予測したことで、絶え間ない干渉に対する南部の反応は特に強かった。再び、反奴隷制の感情は崩壊し始め、恐れから、南部は廃止に抵抗し始めました。南部が反対したのは奴隷制の破壊ではなく、何十年もの間彼女を支配していた外国勢力による奴隷制の時期尚早で強制的な破壊でした。北は、南への絶え間ない圧力が頑固な抵抗の反応につながることを知っていました。それはリンカーンが南を「悪者」として描いていたものです。これはリンカーンに、戦争の性格を「連合の維持」から「奴隷制度廃止」に手に負えない形で変えた最終解放宣言を惜しみなく発行した日に、銃剣の先端で問題を強制する言い訳を与えた。要するに、ディキシーに対する北部の奴隷制度廃止論者の告発によって引き起こされた悪意は、南部の人々が廃止に向けた即時の動きをすることを不可能にした。

リンカーンは奴隷制に反対していませんでした 彼はそれの広がりに反対しました(誰もがそうであったように)。彼はアパルトヘイトを信じており、16世紀以来多くの黒人がここにいたとしても、すべての黒人をアフリカに送り返したいと考えていました。彼は、アフリカ系アメリカ人を彼ら自身の真っ黒な状態に囲い込むという考えを支持しました。彼はまた、当時ほ​​とんどの人が信じていたように、白人至上主義を信じていました。

リンカーンの両方の選挙は不正でした. Lincoln won his first election in 1860 with only 39.8 percent of the popular vote. He received nearly one million votes less than his opponents combined did. He won mainly due to the electoral college, and he won that because the Democrats had a four way split in the party. According to Judge George L. Christian of Richmond, Lincoln “was only nominated by means of a corrupt bargain entered into between his representatives and those of Simon Cameron, of Pennsylvania, and Caleb B. Smith, of Indiana, by which Cabinet positions were pledged both to Cameron and to Smith in consideration for the votes controlled by them, in the convention, and which pledges Lincoln fulfilled, and in that way made himself a party to these corrupt bargains.” Additionally, Lincoln won the election of 1864 because he rigged the election by stationing soldiers at voting stations, restricted free speech and the press, and cheated his way into office. His convention managers handed out patronage pledges like candy who later admitted that they would promise “anything and everything” to anyone who would vote for him. He won with a 55 percent majority, not really a landslide. If the Southern states had participated in 1864, he would have lost by a landslide.

Secession was legal. Southern secession in 1861 was better founded in law than the secession of the American colonies from Britain in 1776. State sovereignty was a cornerstone of American political philosophy. South Carolina’s declaration of independence from the Union was far less radical than the Colonies’ Declaration of Independence from Britain. That Declaration said, “…It is the Right of the People to alter or to abolish it, and to institute new Government….”

The South did all it could to avoid war. In early 1861, as threats of violence came from Washington, D.C., President Davis sent one peace commission after another to the White House in an attempt to prevent bloodshed. Lincoln only met once during the war.

The North uses deception and lies to denigrate the South.Terms like Civil War, Slavery, Rebel, Reconstruction, etc., often cause a different picture to be created into the minds of history students as to the real situation during Lincoln’s War. These terms discredit the legitimacy of the Confederacy and the founding documents of America, and are pure propaganda to make the Conqueror appear good. Americans today often say that the South should apologize for their use of slavery. The South has apologized many times on many occasions. Historian, Lochlainn Seabrook responds to this accusation:

What the South wants to know is why the North has not also apologized for its role in the “peculiar institution.” After all, it was Northerners who first introduced the slave trade to the American colonies in 1638 it was Northern ship builders who constructed America’s first slave ships it was Northern businessmen who financed these ships it was these Northern slave ships which first sailed to Africa it was Northern ports that harbored the first American slave ships it was a Northern state (the colony of Massachusetts) that first legalized slavery in 1641 it was Yankee businessmen who owned and operated the entire American slave trading business it was the North that first prospered from slavery and finally, it was the North that sold its slaves to the South when it finally found them to be both disagreeable and unprofitable. Also, an apology for African slavery in America is also due from the thousands of descendants of early slave owning African-Americans, Native-Americans, and Latin-Americans, as well as Africa herself: Africa not only practiced slavery long prior to the arrival of Europeans, but greatly expedited and even encouraged Europeans in developing the Atlantic slave trade. [Everything You Were Taught About the Civil War Was Wrong, 2012, p.93]

Not only was all this true of the North, but also Jews, Muslims, and various tribal Black factions participated in rounding up human resources of all races to be sold on the global market, most of which went to South America (50%) and the West Indies (42%). Only 4% went to the British Colonies of North America, 2% to Mexico, and 2% to Europe.

The purpose of this information is to give a more balanced view of history instead of the lopsided view we are usually given in our educational institutions. – Jim Jester, founder of White History Month (January April is Confederate History Month).


Resistance to Common Schools

Historian Carl Kaestle has maintained that the eventual acceptance of state common school systems was based upon American's commitment to republican government, the dominance of native Protestant culture, and the development of capitalism. While the convergence of these forces can be credited with the emergence and endurance of America's common schools, the arguments and fears of opponents of public education were not easily overcome. The hegemonic Pan-Protestant common school system may have had general popular support, but many Roman Catholics (and some Protestant sects) strenuously objected to the supposedly "nonsectarian" schools. Many Catholics agreed with New York City Bishop John Hughes, who argued that the public schools were anti-Catholic and unacceptable to his flock. When repeated pleas for a share of public funds dedicated to the support of religious schools failed to win legislative approval in New York and elsewhere, many Catholics rejected the nondenominational public school compromise, a situation that eventually led to the creation of a separate and parallel system of parochial schools.

Religious division was not the only obstacle to universal acceptance of the doctrine of universal public education. A desire to maintain strict local control over schools put many advocates of statewide organization on the defensive. Intermixed with class, race, and ethnic tensions, demands for local control of schools was&ndashand remains&ndasha hotly contested issue. Opposition to taxation, raised as an objection to publicly financed schemes of education during the colonial period, continued to provoke resistance. Related to issues of control and taxation were charges that government involvement in education was a repudiation of liberalism and parental rights. Advocates of this position championed the right of individuals to be left alone and responsible for their own lives.

Finally, if some of the more conservative members of society feared that public schools and democratic rhetoric might unsettle relations between capital and labor and lead to increased clamoring over "rights" on the part of the working classes, some of the more radical labor leaders contended that public day schools, while useful, did not go far enough toward creating a society of equals. Among the most extreme positions was that put forward by the workingmen's party in New York, of which Robert Dale Owen, social reformer and son of Robert Owen (founder of the utopian New Harmony Community in Indiana) was a member. In 1830 that body called for public support of common boardingschools in which all children would not only live together and study the same subjects, but would dress in the same manner and eschew all reminders of "the pride of riches, or the contempt of poverty" (Carlton, p. 58). Few reformers were willing to endorse so radical a proposal, however.


America in the Antebellum Period

Scott Willis
Dr. Register
History 201
12/11/08
Historians mark the year 1789 as the end of the Revolutionary period in America. Liberty had triumphed, and Americans under the leadership of a bright and resolute few, had fashioned a republic capable governing itself. Modern Americans tend to view the early years of the Republic with a sense of sentimental nostalgia. America had become a nation-- or had it? On the surface, this may have been the case. Certainly the events of the Colonial period brought forth drastic and long-awaited change, however the historical developments of the 19th century were equally as revolutionary. Independence was an extraordinary feat, yet it was not until the 19th century that a distinct American identity emerged.

America’s national identity was complex during the 1800’s nationalism was a powerful force, but a sectional force nonetheless. 19th century America was, what historian Robert Wiebe called “a society of island communities”.[i] The remarkable transformations that characterized the 19th century both unified and divided the Republic in its early years. Political upheaval, economic transformation, technological advances and social and religious reform led to both desired and unexpected changes. There was no single unifying force that brought the nation together. Instead, there existed a number of beliefs and movements that all Americans supported to some degree.

Before addressing the factors most significant in uniting and dividing America in the antebellum period, it is important to understand the turbulent environment that characterized the beginning of the 19th century. The stage was set for significant upheaval in 1800, with the election of Thomas Jefferson. Jefferson imagined a nation built on the genius of the American workingman.[ii] He supported the formation of an agrarian nation opposed to an industrialized one, hoping to spread agricultural institutions across the seemingly infinite frontier. The laboring man had become America’s hero, especially in the North. As stated by Jefferson “those who labour in the earth are the chosen people of God.” This ideology fueled the expansion of the country, both from an economic and territorial perspective.[iii]

The Jeffersonian admiration of labor corresponded with the rise of a unifying nationalism. America’s victory in the War of 1812 had opened up a tremendous amount of land for expansion. The British relinquished their hold on the Oregon territories, and the Indian tribes of the Northwest and the South were defeated and dispossessed. Americans were free to expand beyond their original boundaries. The construction of canals, national roads and railroads facilitated the movement of people and the exchange of goods. In the North, a new market society boomed, enhanced by this transportation revolution. The South also benefitted, strengthened by internal improvements, and technological advances such as Eli Whitney’s cotton gin. Agriculture flourished, especially in the South, where a slave-based labor system found new opportunities for expansion into Alabama, Mississippi, Louisiana and territories further west.

America in the early 19th century was growing at an astounding pace. With this development came the emergence of the two very different societies: a market society in the North and a slave society in the South. The different ideologies of labor in North and the South would prove to be the most divisive issue of the 19th century. The North and the South became increasingly opposed, due to fundamental differences in labor ideology and hierarchies of racial division. The sectional opposition between the two regions created a divide that not only could not be bridged, but also grew increasingly apart as these differences became institutionalized. Differing labor ideologies emerged simultaneously. In the South, labor remained contemptible as men aspired to.


Educational Reform in the Antebellum PeriodThe antebellum period (1781-1860) was characterised by significant changes in all social spheres. Besides the transformation in political, social and economic systems, educational reforms were also realized. However, it is worth noting that reforms did not immediately lead to efficient and sustainable structures until other improvements were made during subsequent years. Changes in educational systems that took place during this period have had major impacts on twenty-first-century learners.

One notable event during the antebellum era that brought about educational reforms was the rise of a ‘Common School Movement’. During the initial years of the antebellum period, education had been privatized to the extent that poor children did not have accessibility to education. Due to this, the ‘common school movement’ came into force to fight for the establishment of a common schooling system. The aim of the movement was to push for a system that would offer educational prospect for all children (Simpson, 2004).

According to them, education could eradicate poverty and maintain social stability (Simpson, 2004). It is through the movement’s effort that the government established publicly supported secondary and elementary schooling systems. These moves have had a great impact on me as a twenty-first-century learner in that I can access education. As it stands now, all children in America regardless of gender, ethnicity, religion or social class can access education. The initial common belief that public schools were for poor children is long gone.

This movement also fought for the expansion of schools. They compelled the government to allocate public funds towards public schooling systems so as to meet expansion needs. They also advocated the need of public schools to be accountable to state governments and school boards. As a result, the government was forced to finance public schools (Simpson, 2004). The government also came up with laws that made elementary school attendance compulsory. In subsequent years, education became universal.

The impact it has had on me as a twenty-first-century learner is the fact that through the government, I have the ability to access various learning resources. Consequent results of the movement’s fight also included government’s establishment of a practical educational curriculum system. Quality of education had become a major concern for most people. Most philosophers at the time insisted on a system that would not only enable people to read and write, but also one that would help eradicate poverty through innovation and creativity (Simpson, 2004).

Similarly, people developed the perception that, the more educated they were, the more productive they became. Over the years, these ideas have contributed to the general development and improvement of educational curriculums. As a learner in the 21st century, the impact these ideas have had on me is that I can access quality education that has expanded my thinking and reasoning capacity to a great extent. Moreover, I have developed a value system that has helped me to establish good morals firmly and exercise my duties and responsibilities as a citizen.

Through various reforms that were achieved through the ‘common school movement’, education has been able to eradicate or rather control various social challenges. For instance, it is through education that society can deal with class, gender, religious and racial differences. To a very large extent, political, social and economic sustainability has been achieved. As a learner, education has enabled me to develop skills and acquire knowledge that I could somewhat not have achieved if I lived before the antebellum period.


Schools in Antebellum America - History

More than five million immigrants arrived in the United States between 1820 and 1860. Irish, German, and Jewish immigrants sought new lives and economic opportunities. By the Civil War, nearly one out of every eight Americans had been born outside of the United States. A series of push and pull factors drew immigrants to the United States.

In England, an economic slump prompted Parliament to modernize British agriculture by revoking common land rights for Irish farmers. These policies generally targeted Catholics in the southern counties of Ireland and motivated many to seek greater opportunity and the booming American economy pulled Irish immigrants towards ports along the eastern United States. Between 1820 and 1840, over 250,000 Irish immigrants arrived in the United States. Without the capital and skills required to purchase and operate farms, Irish immigrants settled primarily in northeastern cities and towns and performed unskilled work. Irish men usually emigrated alone and, when possible, practiced what became known as chain migration. Chain migration allowed Irish men to send portions of their wages home, which would then be used to either support their families in Ireland or to purchase tickets for relatives to come to the United States. Irish immigration followed this pattern into the 1840s and 1850s, when the infamous Irish Famine sparked a massive exodus out of Ireland. Between 1840 and 1860, 1.7 million Irish fled starvation and the oppressive English policies that accompanied it. As they entered manual, unskilled labor positions in urban America’s dirtiest and most dangerous occupations, Irish workers in northern cities were compared to African Americans and nativist newspapers portrayed them with ape-like features. Despite hostility, Irish immigrants retained their social, cultural, and religious beliefs and left an indelible mark on American culture.

John Tenniel, “Mr. G’Orilla,” c. 1845-52, via Wikimedia.

While the Irish settled mostly in coastal cities, most German immigrants used American ports and cities as temporary waypoints before settling in the rural countryside. Over 1.5 million immigrants from the various German states arrived in the United States during the antebellum era. Although some southern Germans fled declining agricultural conditions and repercussions of the failed revolutions of 1848, many Germans simply sought steadier economic opportunity. German immigrants tended to travel as families and carried with them skills and capital that enabled them to enter middle class trades. Germans migrated to the Old Northwest to farm in rural areas and practiced trades in growing communities such as St. Louis, Cincinnati, and Milwaukee, three cities that formed what came to be called the German Triangle.

Most German immigrants were Catholics, but many were Jewish. Although records are sparse, New York’s Jewish population rose from approximately 500 in 1825 to 40,000 in 1860. Similar gains were seen in other American cities. Jewish immigrants, hailing from southwestern Germany and parts of occupied Poland, moved to the United States through chain migration and as family units. Unlike other Germans, Jewish immigrants rarely settled in rural areas. Once established, Jewish immigrants found work in retail, commerce, and artisanal occupations such as tailoring. They quickly found their footing and established themselves as an intrinsic part of the American market economy. Just as Irish immigrants shaped the urban landscape through the construction of churches and Catholic schools, Jewish immigrants erected synagogues and made their mark on American culture.

The sudden influx of immigration triggered a backlash among many native-born Anglo-Protestant Americans. This nativist movement, especially fearful of the growing Catholic presence, sought to limit European immigration and prevent Catholics from establishing churches and other institutions. Popular in northern cities such as Boston, Chicago, Philadelphia, and other cities with large Catholic populations, nativism even spawned its own political party in the 1850s. The American Party, more commonly known as the “Know-Nothing Party,” found success in local and state elections throughout the North. The party even nominated candidates for President in 1852 and 1856. The rapid rise of the Know-Nothings, reflecting widespread anti-Catholic and anti-immigrant sentiment, slowed European immigration. Immigration declined precipitously after 1855 as nativism, the Crimean War, and improving economic conditions in Europe discouraged potential migrants from traveling to the United States. Only after the American Civil War would immigration levels match, and eventually surpass, the levels seen in the 1840s and 1850s.

In industrial northern cities, Irish immigrants swelled the ranks of the working class and quickly encountered the politics of industrial labor. Many workers formed trade unions during the early republic. Organizations such as the Philadelphia’s Federal Society of Journeymen Cordwainers or the Carpenters’ Union of Boston operated in within specific industries in major American cities and worked to protect the economic power of their members by creating closed shops—workplaces wherein employers could only hire union members—and striking to improve working conditions. Political leaders denounced these organizations as unlawful combinations and conspiracies to promote the narrow self-interest of workers above the rights of property holders and the interests of the common good. Unions did not become legally acceptable—and then only haltingly—until 1842 when the Massachusetts Supreme Judicial Court ruled in favor of a union organized among Boston bootmakers, arguing that the workers were capable of acting “in such a manner as best to subserve their own interests.”

N. Currier, “The Propagation Society, More Free than Welcome,” 1855, via Wikimedia.

In the 1840s, labor activists organized to limit working hours and protect children in factories. The New England Association of Farmers, Mechanics and Other Workingmen (NEA) mobilized to establish a ten-hour day across industries. They argued that the ten-hour day would improve the immediate conditions of laborers by allowing “time and opportunities for intellectual and moral improvement.” After a city-wide strike in Boston in 1835, the Ten-Hour Movement quickly spread to other major cities such as Philadelphia. The campaign for leisure time was part of the male working-class effort to expose the hollowness of the paternalistic claims of employers and their rhetoric of moral superiority.

Women, a dominant labor source for factories since the early 1800s, launched some of the earliest strikes for better conditions. Textile operatives in Lowell, Massachusetts, “turned-out” (walked off) their jobs in 1834 and 1836. During the Ten-Hour Movement of the 1840s, female operatives provided crucial support. Under the leadership of Sarah Bagley, the Lowell Female Labor Reform Association organized petition drives that drew thousands of signatures from “mill girls.” Like male activists, Bagley and her associates used the desire for mental improvement as a central argument for reform. An 1847 editorial in the Voice of Industry, a labor newspaper published by Bagley, asked “who, after thirteen hours of steady application to monotonous work, can sit down and apply her mind to deep and long continued thought?” Despite the widespread support for a ten-hour day, the movement achieved only partial success. President Van Buren established a ten-hour-day policy for laborers on federal public works projects. New Hampshire passed a state-wide law in 1847 and Pennsylvania following a year later. Both states, however, allowed workers to voluntarily consent to work more than ten hours per day.

In 1842, child labor became a dominant issue in the American labor movement. The protection of child laborers gained more middle-class support, especially in New England, than the protection of adult workers. A petition from parents in Fall River, a southern Massachusetts mill town that employed a high portion of child workers, asked the legislature for a law “prohibiting the employment of children in manufacturing establishments at an age and for a number of hours which must be permanently injurious to their health and inconsistent with the education which is essential to their welfare.” Massachusetts quickly passed a law prohibiting children under the age of twelve from working more than ten hours a day. By the mid-nineteenth century, every state in New England had followed Massachusetts’ lead. Between the 1840s and 1860s, these statutes slowly extended the age of protection of labor and the assurance of schooling. Throughout the region, public officials agreed that young children (between nine and twelve years) should be prevented from working in dangerous occupations, and older children (between twelve and fifteen years) should balance their labor with education and time for leisure.

Male workers, sought to improve their income and working conditions to create a household that kept women and children protected within the domestic sphere. But labor gains were limited and movement itself remained moderate. Despite its challenge to industrial working conditions, labor activism in antebellum America remained largely wedded to the free labor ideal. The labor movement supported the northern free soil movement, which challenged the spread of slavery, that emerged during the 1840s, simultaneously promoting the superiority of the northern system of commerce over the southern institution of slavery while trying, much less successfully, to reform capitalism.


ビデオを見る: アメリカの学校給食100年の歴史. 100 Years of.. VOGUE JAPAN