ワルター(ワル)ハニントン

ワルター(ワル)ハニントン

ウォルターハニントンは1896年6月17日に生まれました。彼は1920年にイギリス共産党(CPGB)の創設メンバーでした。翌年、彼は全国失業者運動の全国主催者に任命されました。

1925年8月4日、ハニントンと他の11人の活動家、ジャックマーフィー、ロビンページアーノット、アーニーカント、トムウィントリンガム、ハリーポリット、アルバートインクピン、アーサーマクマヌス、トムベル、ウィリアムラスト、ウィリアムギャラチャー、ジョンキャンベルがイギリスの共産党であり、1797年の反乱法違反で起訴された。

トム・ベルは次のように説明しました。「12人に対する起訴は次のように読まれました。1924年1月1日から1925年10月21日までの間に、囚人は次のことを行いました。 1797年の反乱法への扇動。3。陛下の軍隊に仕える人々を誘惑し、特定の出版された本やパンフレット、証言、労働者の週刊誌、および起訴状に記載された他の特定の出版物を扇動するように共謀した。彼らは反逆する。」逮捕は、差し迫ったゼネストに備えて労働運動を弱体化させる政府による試みであると信じられていた。

イギリスの共産党は、ウィリアム・ギャラチャー、ジョン・R・キャンベル、ハリー・ポリットが自らを守るべきだと決定しました。トム・ベルは次のように付け加えた。共産党員になったり、共産党の意見を持ったりすることは犯罪でしたが、この共産党に所属することは犯罪でした。」

ジョン・キャンベルは後に次のように書いている。彼らの演説と時折の記事...以前に有罪判決を受けた5人の囚人、ガラチャー、ハニントン、インクピン、ポリット、ラストは、12か月の懲役とその他の刑を宣告された(裁判官の申し出を拒否した後、彼らは彼らの政治活動を放棄した)6ヶ月の刑を宣告された。」

1936年、ハニントンは全国失業者運動のリーダーとしての彼の経験について次のように書いています。 失業者の闘争1919-1936。これに続いて 被災地の問題 (1937), 失業者の短い歴史 (1938)と ファシストの危険と失業者 (1939)。第二次世界大戦が勃発する直前に、ハニントンは機械工合同組合の全国主催者になりました。

ウォルターハニントンは1966年11月17日に亡くなりました。


Walter(Wal)Hannington-歴史

1。1年
1.2政治的経歴
1.3死、遺産

ワルハニントン、ウォルターの最もよく知られているニックネーム、1896年6月17日、ロンドンのカムデンタウンで生まれました。父煉瓦工大家族。彼自身は工具製作者@ 14に弟子入りし、第一次世界大戦中に工具製作者協会に参加し、1917年に結婚した妻、ウィニー。期間中に英国社会党に参加しました。統合されたツールメーカーのロンドン委員会のメンバーになりました。 1920年の合併で機械工合同組合になりました。

1920年、イギリスの共産党のハニントン創設メンバー。

1921年の結成時から1939年の終了まで、ハニントンは全国失業者運動の責任者であり、cpgbの分派でした。

1924年8月のハニントン代表による全国少数派運動(nmm)の創設会議。全国少数派運動、ハリー・ポリット率いる、過激な圧力団体が確立された労働組合運動内でcpgb活動を結成した。 1つまたは2つの例外、共産党のnmmメンバーの実行委員会のメンバー。幹部が管理する組織の内輪のワル・ハニントン1は、専任の金属労働者部門の常勤リーダーとして働いています。

1925年、共産党の12人のメンバーのうち1人が、煽動扇動法1797年に@オールドベイリーで有罪判決を受けました。5人の被告のうち1人が12か月の禁固刑を言い渡されました。

1936年に、失業者の闘争と呼ばれるnuwmの本の経験のリーダーを書いた1919-1936:人生、失業者の間の闘争。ブックトークでは、多数の投獄の政治的立場、活動、政府が彼をどのように持っていたか、監視下にあるnuwmの仲間のメンバーが語っています。

1937年に、苦しめられた地域の本の問題は、勝利者ゴランツ(そのような作品の出版社ジョージオーウェルのロードウィガン桟橋)の序文教授ハロルドjを発表しました。ラスキ。

1939年、ハニントンは機械工合同組合の全国組織者になりました。


ソビエト委員会(イギリス)。

ワル・ハニントンは、戦争の間の英国での失業者闘争の悪名高い指導者でした。彼は1896年6月17日にロンドンのカムデンタウンのランドールストリートで大家族に生まれ、父親は職人でした。あるハーバートハニントンの親戚は、ウォルが彼の叔父であると疑っています。その場合、ウォルの父親はチョークファームで生まれたルイハニントンでした。彼の自伝では、彼は地方自治体の果てしない要求、TUCの代理人、警察、地方および全国の飢餓行進との戦いを鮮やかに説明しています。彼は、偽の棺と金持ちのおいしいレストランの職業を含む劇的なエピソードを語ります。彼は失業の影響を説明するために、オックスフォードストリートでの嘘を含む一連の活動を組織しました。彼は、1932年に議会で失業者が行進した後、「平和の妨害者」として数か月間刑務所に送られました。ハニントンは、1936年10月/ 11月に行われた最後の飢餓行進を主導し、1939年に発効するまでNUWMを主導しました。

デビッド・ブレイディがヴァルター・グロピウスの「新しい建築とバウハウス」を探る

7月は その壊れやすい商品、新しい本の出現のための静かな時期。夏に発売されたタイトルは、本を購入する一般の人々が休日になりがちな、2番目の文字列の査読者によって評価される可能性があります。それにもかかわらず、1935年7月にFaberが発行しました 新しいアーキテクチャとバウハウス 当時ナチスドイツからの難民としてロンドンに住んでいたヴァルターグロピウスによる。この手頃な価格の小さな八折り判は、グロピウスのドイツでの建築と教育の仕事に対する見方を要約し、彼のビジョンを明らかにしました。 der neue architektur。この本の登場に関して今興味深いのは、出版社の役割であり、通常は文学、特に詩を担当し、その後建築に浮気をします。批評家や関心のある一般の人々からのレセプションです。グロピウスの考えに。 Faberの元アーキビストであるEricaSomersのおかげで、私はこの本に関する彼らのアーカイブ資料へのアクセスを許可されました。特に明記されていない限り、引用はこのソースからのものです。

1919年にグロピウスはのディレクターに任命されました GrossherzoglicheSächsischeKunstgewerbeschule そしてその GrossherzoglicheSächsischeHochschulefürBildendeKunst。彼らの大公国の称号を刈り取り、統一し、名前を変更しました Staatliche Bauhaus、学校は、元首長のアンリ・ヴァン・デ・ベルデによって育まれていた芸術品や工芸品の美学から、モダニズムへと徐々に移行しました。 バウハウスグロピウスが引き継いだときに発明したかばん語は、すべての芸術は建築に向けられるべきであるという信念を表しており、最終的にはジョン・ラスキンにたどることができます。それは、1925年にグロピウスによって設計されたザクセンアンハルト州デッサウの新しい地区に物理的に移動しました。[i]これは機関の短い全盛期であり、その間に祝われました バウハウスブッチャー いくつかはグロピウス自身によって出版された。[ii]

ナチスが1933年に権力を握った後、グロピウスはドイツを離れてイギリスに向かい、そこでマックスフライは彼と短命のパートナーシップを築きました。[iii]彼らはいくつかの建物を一緒に生産しました。ケンブリッジの北。 「最高ではないにしても、イギリスでその時代の最高の建物の1つ。」[iv]の起源 新しいアーキテクチャとバウハウス 1934年3月に住宅改革者エリザベスデンビーのロンドンフラットで行われたパーティーに参加している[v]。ファーバーのディレクター、リチャード・デ・ラ・マーレ[vi]はパーティー中にグロピウスに紹介され、数日後に再び彼に連絡して、ハーバート・リードによって扇動されたと思われる本のアイデアを追求しました。[vii] Deラ・マーレは、フェイバーの別の監督であるアメリカ人のフランク・ビガー・モーリーとともに、プロジェクトを見抜いた。

新しいアーキテクチャとバウハウス モダニスト連帯の延長演習です。モーリーは、本についての彼の手紙の1つで、「宣伝に適した形式」について公然と言及しています。彼は「プリチャード氏に費用の援助を依頼する」ことを試みました。[viii]グロピウスの原稿の翻訳は、多言語のリンゴ愛好家であり、学者であり、頻繁に寄稿したフィリップ・モートン・シャンドによって行われました。 建築レビュー。ロンドントランスポートのディレクターであるフランクピックは、ハーバートリードの扇動で序文を寄稿しました。[ix]グロピウスアイザックスに関する彼の主要な本の中で、フランクピックの紹介に対するグロピウスの感性について言及しています。最近の初版は、バウハウス出身のもう一人の難民モダニスト教師であるハンガリーのラズロモホリナジによって設計されました。 「帽子をかぶって」ラッパーを考案したと思われるモホリも、当時イギリスに住んでいました。グロピウスのように、彼もアメリカに住み続けました。

シャンドはかなりの散文スタイリストであり、グロピウスのかなり神秘的なドイツ語のテキストを明確にするために注意を払ったので、本は読みやすいままです。ある特に形而上学的な一節が彼を完全に打ち負かしたので、彼は単にそれを省略しました。グロピウスの経歴の物語は不完全かもしれません—バウハウスの創設とその後の変遷についての彼の説明はそれ以来非常に詳しく説明されています—しかし彼のテキストの明快さと攻撃は衰えていません。彼は、現代建築を脅かす欠陥や罠を認識し、トロツキストのように聞こえることもあります。「元の施しを唯物論や誤解の拘束衣から救うには、運動を内部から一掃する必要があります。」グロピウスは、標準化とプレハブのための説得力のある嘆願を続けています。おそらく私たちは今、ヨーロッパの多くの都市のスラム街に蔓延していた、まったくひどい住宅事情を忘れています。ここでの状況は、少なくともそのタイトルの彼の本でウォル・ハニントンによって「苦しめられた地域」として分類された場所では、ほとんど良くなりませんでした。[xi]

この本でグロピウスが表現したいくつかの感情は、1935年までのように、イギリスの近代運動のより過激なメンバーに古くからあるように思われたかもしれません。注目すべきは、ウォールストリートクラッシュの後遺症のために、1931年から1934年の間に始まりました。商業ビルは依然として圧倒的に古典的なデザインでした。ホルボーンにあるクロフォードの広告代理店のオフィスビルは、ロンドンの建物の中でモダンなデザインの唯一の例でした。 新しいアーキテクチャ ショートで終わります 謝罪 おそらくグロピウスの伝統への敬意を示すために選ばれた、アングロサクソンの新古典主義の同時代人であるKFシンケルとジョンソーン卿を呼び起こし、一緒に冗談を言います。[xii]

読者は、建築雑誌の批評家がこの本を一様に寛大な歓迎をしたと予想するかもしれません。それは、MylesWrightの「今年の本」でした。 建築家の日記。ジム・リチャーズはそれがとても好きで、彼はそれを2回レビューしました 建築レビュー そして再び バーリントン 雑誌。グロピウスの本は、 NSohn O&#8217Londons’Weeklyクリスチャンサイエンスモニター。今日の「今週の本」になりますか イブニングスタンダード 1935年のように?現在は機能していないBBCマガジン、 リスナーはその後、熱狂的にモダニストであり、アイルランドの建築家レイモンドマクグラスは、グロピウスの本を敬虔な言葉でレビューし、彼をほとんど教祖として扱いました。リバプールの建築学部長であるCH Reilly教授は、 マンチェスターガーディアン。アンソニー・ブラント-彼を覚えていますか?-は熱心に熱心でした 観客。[xiii]グロピウス自身がこの本をアメリカでのキャリアを促進するための手段として使用しました。これについてはピータージョンの本で説明しています。[xiv]

検討中の特定のコピーは、からの学生賞でした ビルダー 雑誌、1937年1月にアーサーモンタギューフォイルに提示されました。「モンティ」フォイルは1939年12月にRIBAの準会員に選出されました。彼はバートレット建築学校で学び、後に教鞭をとり、1959年に「西アフリカの建築の発展」に関する博士号を書きました。学生として、フォイルはアルバート・リチャードソンとパトリック・アバークロンビーで働き、第二次世界大戦後に個人開業しました。ウィレスデンにアパートを建設し、サフォークの田舎の教会を修復します。モンティの妹のマージョリーは、親切にも彼女の兄弟についての情報を私に提供してくれました。モンティは彼の賞の本の最後の文に触発されたのだろうかと思うかもしれません。グロピウスは、これらの刺激的な言葉で道徳的要請を呼び起こします:

新しいアーキテクチャの倫理的な必要性は、もはや疑わしいとは言えません。

そして、これの証拠は、すべての国で若者がそのインスピレーションで解雇されているということです。

[i]WalterMüller-Wulckowに描かれています。 Deutsche baukunst der Gegenwart、Konigstein im Taunis&amp Leipzig、1929

[ii]例: Walter Gropius、&amp Laszlo Moholy-Nagy、 NeueArbeitenderBauhauswerkstätten、ミュンヘン、1925年ヴァルターグロピウス、 Internationale architektur、デッサウ、1927年


歴史

こんにちは!ウォルトディズニーは1923年の夏にカリフォルニアに到着しましたが、多くの希望がありましたが、それ以外はほとんどありませんでした。彼はカンザスシティでアリス&rsquosワンダーランドと呼ばれる漫画界の少女について漫画を作り、それを彼の&ldquopilot&rdquoフィルムとして使用して、これらの&ldquoAliceコメディ&rdquoのシリーズをディストリビューターに販売できると判断しました。カリフォルニアに到着してすぐに、彼は成功しました。ニューヨークのディストリビューター、M。J。ウィンクラーは、1923年10月16日に&ldquoAlice Comedies&rdquoのディストリビューションを契約し、この日付がディズニー会社の始まりとなりました。もともとはディズニーブラザーズカートゥーンスタジオとして知られており、ウォルトディズニーと彼の兄弟であるロイが対等なパートナーでしたが、ロイの提案により、会社はすぐにウォルトディズニースタジオに名前を変更しました。

ウォルトディズニーは4年間彼のアリスコメディを作りました、しかし1927年に、彼は代わりにすべての漫画シリーズに移ることに決めました。この新しいシリーズで主演するために、彼はオズワルド・ザ・ラッキーラビットという名前のキャラクターを作成しました。 1年以内に、ウォルトはこれらのオズワルドの漫画を26本作成しましたが、漫画の2年目にディストリビューターから追加のお金を稼ごうとすると、ディストリビューターが後ろを向いて、ほとんどすべての漫画にサインアップしたことがわかりました。アニメーターは、ウォルトディズニーなしで、自分のスタジオでオズワルドの漫画をより少ないお金で作ることを望んでいます。契約を読み直すと、ウォルトは自分がオズワルドの権利を所有していないことに気づきました。ディストリビューターは所有していました。若い漫画プロデューサーが学ぶのはつらい教訓でした。それ以来、彼は自分が作ったものすべてを所有していることに気づきました。

元のディズニースタジオはハリウッドのキングスウェルアベニューの不動産事務所の後ろ半分にありましたが、すぐにウォルトは隣に引っ越して彼のスタジオのために店全体を借りるのに十分なお金を手に入れました。その小さなスタジオは数年間は十分でしたが、会社は最終的にそれを超え、ウォルトは他の場所を探す必要がありました。彼はハリウッドのハイペリオンアベニューで理想的な物件を見つけ、スタジオを建設し、1926年にスタッフを新しい施設に移しました。

オズワルドを失った後、ウォルトが新しいキャラクターを考え出さなければならなかったのはハイペリオンスタジオで、そのキャラクターはミッキーマウスでした。ウォルトは、チーフアニメーターのUb Iwerksとともに、有名なマウスをデザインし、彼をすべての人に愛する個性を与えました。 Ubは2つのミッキーマウスの漫画をアニメ化しましたが、ウォルトは無声映画であり、音が映画業界に革命をもたらしたため、それらを販売することができませんでした。そこで、彼らは3番目のミッキーマウスの漫画を作成しました。今回は完全に同期したサウンドで、蒸気船ウィリーは1928年11月18日にニューヨークのコロニーシアターで絶賛されました。漫画スターのミッキーマウスが誕生しました。新しいキャラクターはすぐに人気があり、ミッキーマウスの漫画の長いシリーズが続きました。

ウォルト・ディズニーは、彼の栄光に甘んじることはできませんでしたが、すぐにミッキーシリーズに合わせて別のシリーズ「シリーシンフォニー」を制作しました。各映画の登場人物のキャストが異なり、アニメーターはミッキーの漫画のギャグや素早いユーモアに依存せず、気分、感情、音楽のテーマに依存するストーリーを試すことができました。最終的に、シリーシンフォニーは、アニメーションの長編映画の登場に備えて、すべてのディズニーアーティストのトレーニングの場になりました。愚かな交響曲であり、最初のフルカラー漫画である花と木は、アカデミーがそのようなカテゴリーを提供した最初の年である1932年にアカデミー賞と最優秀漫画賞を受賞しました。その10年の残りの間、ディズニーの漫画は毎年オスカー&レグを獲得しました。

漫画が映画館で人気を博している間、ディズニーのスタッフはキャラクターの商品化が追加の収入源であることに気づきました。ニューヨークの男性は、彼が製造していたいくつかの鉛筆タブレットにミッキーマウスを置くためのライセンスのためにウォルトに300ドルを提供しました。ウォルトディズニーは300ドルを必要としていたので、彼は大丈夫だと言いました。それがディズニーのマーチャンダイジングの始まりでした。すぐにミッキーマウスの人形、皿、歯ブラシ、ラジオ、置物が登場しました-あなたが考えることができるほとんどすべてがミッキーのようなものでした。最初のミッキーマウスの本は1930年に出版され、最初のミッキーマウスの新聞の漫画も出版されました。

1934年、ウォルトディズニーは、ある夜、アニメーターに長編アニメーションを制作することを通知し、その後、白雪姫と7人の小人の話をしました。グループには懐疑論者もいましたが、やがて誰もがウォルトの熱意を掴み、本格的に仕事が始まりました。 3年かかりましたが、1937年のクリスマスに映画が完成し、大ヒットとなりました。白雪姫はすぐに史上最高の売上高を記録し、風と共に去りぬに追い抜かれるまで記録を更新しました。現在、ウォルトディズニー&rsquosスタジオはより強固な基盤にありました。短編漫画が代償を払ったが、ウォルトは将来の利益が長編映画から来ることを知っていた。

すぐに他の機能プロジェクトの作業が始まりましたが、物事がバラ色に見えたのと同じように、第二次世界大戦が始まりました。次の2つの機能、ピノキオとファンタジアは1940年にリリースされました。これらは技術的な傑作でしたが、戦争のために海外市場のほとんどを失った企業にとってはコストが高すぎました。ダンボは1941年に非常に限られた予算で製作されましたが、1942年のバンビは別の高価な映画であり、スタジオを縮小させました。最高の口径のアニメーション機能が生産されるようになるまでには何年もかかるでしょう。

戦争中、ウォルトディズニーは、国務省の要請により、南米で2つの映画、SaludosAmigosとTheThreeCaballerosを制作しました。彼のスタジオは、軍隊のための宣伝と訓練映画の製作に集中していました。戦争が終わったとき、ディズニースタジオが戦前の基盤を取り戻すことは困難でした。 &ldquopackage&rdquoの長編映画のリリースから数年が経ちました。MakeMineMusicやMelody Timeなどの映画には、一緒にパッケージ化された短い漫画のグループが含まれています。ウォルトはまた、南部の唄とわが心にかく愛する人との実写制作に移行しましたが、観客はウォルトディズニーからのアニメーションを期待していたため、これらの映画にはアニメーションセグメントが含まれていました。ウォルトは、これまでにないスタイルの自然写真をフィーチャーした、受賞歴のあるTrue-Lifeアドベンチャーシリーズを開始することで、いくつかの新しい扉を開きました。

1950年はディズニーで大きな成功を収めました。最初の完全実写映画であるトレジャーアイランド、シンデレラによる古典的なアニメーション機能への復帰、そしてクリスマスの時期の最初のディズニーテレビ番組です。会社は再び前進していました。 2回のクリスマススペシャルの後、ウォルトディズニーは、ディズニーランドのアンソロジーシリーズの始まりとともに1954年に大々的にテレビに出演しました。このシリーズは、最終的に3つのネットワークすべてで実行され、6つのタイトル変更が行われますが、29年間放送され続け、これまでで最も長く実行されているゴールデンタイムのテレビシリーズになりました。テレビで最も人気のある子供向けシリーズの1つであるミッキーマウスクラブは、1955年にデビューし、才能のあるマウスケッターのグループのスターになりました。

ウォルトディズニーは、彼がすでに達成したことに決して満足していませんでした。彼の映画やテレビ番組が成功するにつれて、彼は分岐したいという願望を感じました。彼の興味をそそったエリアの1つは、遊園地でした。父親として、彼は2人の若い娘を動物園、カーニバル、その他の娯楽企業に連れて行きましたが、彼らがメリーゴーランドに乗って楽しんでいる間、彼はいつもベンチに座っていました。親子で楽しく過ごせる公園があるべきだと感じた。これがディズニーランドの起源でした。数年間の計画と建設の後、新しい公園は1955年7月17日にオープンしました。ディズニーランドはまったく新しい種類の公園でした。オブザーバーは「ldquothemepark」という用語を作り出しましたが、それでもディズニーランドの正義を実現していないようです。開園以来、あらゆる遊園地の型紙として利用され、国際的に有名になり、何億人もの観光客を魅了してきました。ウォルトは、世界に想像力が残っている限り、ディズニーランドは決して完成しないだろうと言いました、そしてその声明は今日も真実です。新しいアトラクションが定期的に追加され、ディズニーランドは1955年と同じくらい人気があります。

1950年代には、古典的な20,000リーグ・アンダー・ザ・シーがリリースされました。これは、奇抜なコメディーのシリーズの最初のシャギードッグであり、伝説のヒーローであるゾロに関する人気のテレビシリーズです。 1960年代には、ディズニーランドの魅惑のチキルームで開拓されたAudio-Animatronics&reg、1964年のニューヨークワールドフェアでの4つのショー、そしておそらくウォルトディズニーが長い映画製作のキャリアの中で学んだすべての集大成であるメリーポピンズが登場しました。しかし、&rsquo60sは時代の終わりももたらしました。ウォルトディズニーは1966年12月15日に亡くなりました。

ウォルトが残した計画は、ロイ・ディズニーの監督の下で何年もの間会社を運びました。 1967年のジャングルブックと1970年のおしゃれキャットは、会社がまだアニメの古典を作ることができることを示しました、そして1969年のラブバグはその年の最も高い売上高の映画でした。ディズニーは、1969年に教育子会社を設立したことで、教育用の映画や素材に大きく参入しました。

ディズニーランドの成功後、ウォルトが東海岸の別の公園を検討するのは当然のことでした。彼の死の前に、会社はフロリダの土地を購入し、オーランド近くの約28,000エーカーにあるウォルトディズニーワールドプロジェクトが発表されました。それは1971年10月1日にオープンしました。フロリダでは、会社はカリフォルニアでそれが不足していたスペースを持っていました。最後に、ディズニーランド周辺で育った都市の無秩序な広がりに邪魔されることなく、目的地のリゾートを作る余地がありました。ウォルトディズニーワールドには、ディズニーランドのようなマジックキングダムテーマパークだけでなく、ホテル、キャンプ場、ゴルフコース、ショッピングビレッジも含まれます。ウォルトディズニーワールドが世界で最高の休暇の目的地になるのにそれほど時間はかかりませんでした。

ウォルトの死後、ウォルトディズニーワールドの建設と資金調達を監督したロイO.ディズニーは、1971年後半に亡くなり、次の10年間、会社はカードウォーカー、ドンテイタム、ロンミラーなどのチームによって率いられました。ディズニー兄弟。 Walt Disneyの最後の計画の1つは、彼が呼んだように、Experimental Prototype Community of Tomorrow(EPCOT)のためのものでした。計画が改善される前に彼は亡くなりましたが、数年後に再び持ち出され、1979年にフロリダの新しい公園のために地面が壊されました。 1982年10月1日、10億ドル以上の投資を表すFutureWorldとWorldShowcaseを組み合わせたEpcotCenterがオープンし、高い評価を得ました。

公園の設計および開発部門であるWEDEnterprises(後にウォルトディズニーイマジニアリングに改名)は、1980年代初頭にいくつかのプロジェクトを実施していました。エプコットのデザインに加えて、最初の外国のディズニーパークである東京ディズニーランドの計画にも熱心に取り組みました。東京ディズニーランドは1983年4月15日にオープンし、常にディズニーを愛していた国ですぐに成功しました。日本人が自分たちのディズニーランドを持っていたので、彼らはますます多くのディズニーランドに群がりました。映画制作も1980年代初頭にアメリカで変化していました。長年当社の主力であった家族向け映画の視聴者は減少しており、ディズニーは巨大な10代および成人向け市場を魅了する映画の競争に対応していませんでした。その傾向を逆転させるために、ディズニーは1984年にスプラッシュをリリースして新しいレーベルTouchstone Picturesを設立しました。同時に、ディズニーの株は会社の資産に比べて過小評価されているという認識が広まったため、2人の&ldquocorporate raiders&rdquoが乗っ取ろうとしましたディズニー。会社が崩壊しないようにする努力は、マイケル・アイズナーとフランク・ウェルズがそれぞれ会長と社長になったときに終わりました。

新しい経営陣は、ディズニーが資産を最大化する方法をすぐに見つけました。同社は1983年にネットワークテレビを離れ、ケーブルネットワークであるディズニーチャンネルの立ち上げに備えていました。有料テレビサービスは成功しましたが、アイズナーとウェルズはディズニーにも強力なネットワークプレゼンスが必要だと感じたため、1985年にディズニーのタッチストーン部門が大成功を収めたゴールデンガールズを開始し、1986年にディズニーサンデーで日曜の夜のテレビに戻りました。映画(後のディズニーの魔法の世界とディズニーの素晴らしい世界)。ディズニーライブラリの映画がシンジケーション市場に選ばれ、古典的なアニメーション映画のいくつかがビデオカセットでリリースされました。セルスルー手法を使用して、ディズニークラシックスはすぐに史上最高の売り手リストのトップに到達しました。

ディズニーランドでは、映画製作者のジョージルーカスとフランシスコッポラとの新しいコラボレーションにより、キャプテンEOとスターツアーが公園にもたらされ、スプラッシュマウンテンが1989年にオープンしました。ディズニーのグランドフロリディアンビーチとカリビアンビーチリゾートが1988年にウォルトディズニーワールドにオープンし、3つの新しいゲート付きアトラクションがあります。 1989年にオープン:ディズニー/ MGMスタジオテーマパーク、プレジャーアイランド、タイフーンラグーン。 1990年と1991年にさらに多くのリゾートホテルがオープンしました。

ディズニーが初めてハリウッドのスタジオを興行収入でリードしたため、映画製作は1988年に新たな高みに達しました。ロジャー・ラビット、グッドモーニング、ベトナム、3人の男性と赤ちゃん、そして後にハニー、私は子供たちを縮めた、ディック・トレーシー、プリティウーマンとシスター法を組み立てた人は、1億ドルのマイルストーンを通過しました。ディズニーは、ハリウッドピクチャーズを立ち上げ、Wrather Corp.(Disneyland Hotelの所有者)とテレビ局KHJ(Los Angeles)(KCALに改名)を買収することで、新しい分野に参入しました。マーチャンダイジングでは、ディズニーはチャイルドクラフトを購入し、多くの非常に成功した収益性の高いディズニーストアをオープンしました。

ディズニーのアニメーションはさらに多くの視聴者に届き始め、リトルマーメイドは美女と野獣がトップになり、次にアラジン(1992)がトップになりました。ハリウッドレコードは、ラップから映画のサウンドトラックに至るまで、幅広いレコーディングを提供するために設立されました。 Live WithRegisやKathyLee、Empty Nest、Dinosaurs、Home Improvementなどの新しいテレビ番組は、Disney&rsquosのテレビベースを拡大しました。ディズニーは初めて出版に移り、Hyperion Books、Hyperion Books for Childre、Disney Pressを結成し、ディズニーとディズニー以外の主題に関する本をリリースしました。 1991年、ディズニーは毎月主要な消費者科学であるDiscoverマガジンを購入しました。まったく新しいベンチャーとして、ディズニーは1993年にナショナルホッケーリーグチーム、アナハイムのマイティダックスのフランチャイズを授与されました。

フランスでは、現在ディズニーランドパリとして知られている公園が1992年4月12日にオープンしました。待望の美しいデザインの公園は、最初の1年間で約1,100万人の訪問者を魅了しました。ディズニーランドパリは、6つのユニークなデザインのリゾートホテルとキャンプ場によって補完されています。ディキシーランディングとポートオーリンズ、そして評判の高いディズニーバケーションクラブがウォルトディズニーワールドリゾートでの宿泊の可能性を拡大し、ミッキーズトゥーンタウンとインディアナジョーンズアドベンチャーがディズニーランドへの参加者を増やすのに役立ちました。ウォルトディズニーワールドは、オールスターリゾート、ウィルダネスロッジ、トワイライトゾーンタワーオブテラー、ブリザードビーチ、ボードウォークリゾート、コロナドスプリングスリゾート、ディズニーインスティチュート、ダウンタウンディズニーウエストサイドをオープンし、マジックキングダムのトゥモローランドを再設計しました。

アニメーション映画でのディズニーの成功は、1994年にライオンキングで続きました。ライオンキングは、すぐに史上最高の売上を記録した映画の1つになりました。その後、1995年にポカホンタス、1996年にノートルダムの鐘、1997年にヘラクレス、1998年にムーラン、1999年にターザン、世紀の変わり目にファンタジア/ 2000が続きました。トイストーリーはコンピューターアニメーション技術の先駆者であり、成功した続編が続きました。ディズニーはまた、テレビ向けの子供向けアニメーション番組でもその存在感を維持し、ビデオ市場に直接リリースされたアニメーション機能の続編で成功を収めました。

1994年にディズニーはブロードウェイに挑戦し、美女と野獣の舞台制作で大成功を収めました。1997年にはライオンキングをベースにしたショーのユニークなステージングが続き、2000年にはアイーダが上演しました。ディズニーは、42番街にある歴史的なニューアムステルダムシアターを復元することで、有名なタイムズスクエアエリアのイメージチェンジを成功させるきっかけとなりました。ノートルダムの鐘の音楽版がドイツのベルリンでオープンしました。

1996年までに世界中に450を超えるディズニーストアがあり、1999年までにその数は最大725になりました。フロリダでは、ウォルトディズニーワールドの隣にある新しい都市セレブレーションで最初のホームサイトが販売されました。最終的には、2万人がCelebrationを自分たちの家と呼ぶでしょう。オーナーのジーンオートリーの死後、ディズニーはホッケーチームに追加するためにカリフォルニアエンゼルス野球チームを買収し、1997年にウォルトディズニーワールドにディズニー&rsquosワイドワールドオブスポーツをオープンしました。

1996年の初め、ディズニーはキャピタルシティーズ/ ABCの買収を完了しました。米国史上2番目に大きい190億ドルの取引により、10のテレビ局、21のラジオ局、7つの日刊紙、4つのケーブルネットワークの所有権に加えて、国内トップのテレビネットワークがディズニーにもたらされました。

近年、Mr。Holland&rsquos Opus、The Rock、Ransom、Flubber、Con Air、Armageddonなどの非常に人気のある実写映画のグループがリリースされ、大成功を収めたThe SixthSenseで最高潮に達しました。史上最高の売上高のリリースの中でスポット。コンピュータアニメーションは、A Bug&rsquos Life andDinosaurで紹介されました。

まったく新しい公園であるディズニー&rsquosアニマルキングダムが1998年にウォルトディズニーワールドにオープンしました。巨大な生命の木を中心に、500エーカーに及ぶディズニー&rsquos最大の公園でした。 A major attraction was the Kilimanjaro Safaris, where Guests could experience live African animals in an amazingly accurate reproduction of the African savannah. An Asian area opened at Animal Kingdom in 1999. In California, Tomorrowland at Disneyland was redesigned.

As the world moved toward a new century, Epcot became the host of Millennium Celebration, Test Track (the longest and fastest Disney park attraction) opened, and other attractions were revised and updated. The Walt Disney Company welcomed a new president &mdash Robert A. Iger &mdash and the Company reached the $25 billion revenue threshold for the first time.

Disney regional entertainment expanded with DisneyQuest and the ESPN Zone in 1998, and that same year, the Disney Magic, the first of two luxury cruise ships made its maiden voyage to the Caribbean, stopping at Disney&rsquos own island paradise, Castaway Cay.

2000 opened with the release in IMAX theaters of an almost totally new version of Fantasia entitled Fantasia/2000. Other classically animated features were The Emperor&rsquos New Groove, Atlantis: The Lost Empire, Lilo & Stitch, Treasure Planet and Brother Bear. Continuing collaborations with Pixar brought the computer-animated blockbuster, Monsters, Inc. Popular live action productions continued with Remember the Titans, Mission to Mars, Pearl Harbor, The Princess Diaries, and The Rookie. The new cable network, SoapNet, was launched, and award-winning productions on ABC included The Miracle Worker, Anne Frank, and Child Star: The Shirley Temple Story.

DVD releases became increasingly popular, especially when the company began adding generous amounts of bonus material for viewers. Snow White and the Seven Dwarfs&rsquo DVD in 2001 sold more than one million units on the first day of release.

For the first time, in 2001, Walt Disney Attractions opened two new theme parks in the same year. In February, Disney&rsquos California Adventure opened after several years of major construction which transformed the entire Anaheim area. The new park celebrates the history, culture and spirit of California, with areas ranging from a Hollywood Pictures Backlot to the amusements of Paradise Pier. Joining it was an upscale shopping area, Downtown Disney and the Grand Californian Hotel, celebrating the Craftsman style of architecture. Across the Pacific in Japan, Tokyo DisneySea opened in September, looking to the myths, legends and lore of the ocean as the inspiration for its attractions and shows. March, 2002, saw the opening of another foreign park, Walt Disney Studios, featuring the history and lore and excitement of the movies, adjacent to Disneyland Paris. Ground was broken in January, 2003, for Hong Kong Disneyland.

In 2001, the entire Walt Disney Company honored the 100th Anniversary of the birth of its founder, Walt Disney. The celebration, called &ldquo100 Years of Magic,&rdquo was centered at the Disney-MGM Studios theme park in Florida, and included several parades, an exhibit of archival memorabilia and the installation of a gigantic Mickey&rsquos sorcerer cap in the Chinese Theater plaza.

2003 saw two Disney films grossing over $300 million at the box office &mdash Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl and Disney-Pixar&rsquos Finding Nemo. In fact, Disney became the first studio in history to surpass $3 billion in global box office. In October, Mission: Space opened at Epcot to great acclaim, and the following month the Company celebrated the 75th anniversary of Mickey Mouse. As the year drew to a close the Pop Century Resort opened at Walt Disney World.

After years of partnering, Disney acquired The Muppets and Bear in the Big Blue House in April 2004. Senator George Mitchell became chairman of the board, and movie theaters welcomed The Incredibles. ABC had a rebirth with such popular series as Desperate Housewives, Lost and Grey&rsquos Anatomy. A major anniversary came in 2005 as Disneyland celebrated its 50th, and all of the Disney theme parks joined in a Happiest Celebration on Earth. A brand new theme park, Hong Kong Disneyland, opened in September and the fall saw the successful releases of Chicken Little and The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch, and the Wardrobe. Robert Iger took over as CEO on October 1 with the retirement of Michael Eisner.

2006 saw High School Musical air on Disney Channel and become an overnight sensation. In May, Disney made a major purchase of Pixar Animation Studios, at the same time gaining the services of Ed Catmull and John Lasseter to be creative heads of Disney Feature Animation. Disney-Pixar&rsquos Cars was released in June. Pirates of the Caribbean: Dead Man&rsquos Chest beat Company records to become the company&rsquos highest grossing feature after its July release. Disney parks celebrated the Year of a Million Dreams with special promotions.

With 2007 came another popular release from Pixar, Ratatouille, and Disney had its first co-production in China&mdash The Secret of the Magic Gourd. The year ended with the hits Enchanted and National Treasure: Book of Secrets. The third Pirates of the Caribbean feature, subtitled At World&rsquos End, became the top-grossing film of the year internationally. Disney Channel reached new heights with High School Musical 2, and Hannah Montana shot Miley Cyrus to stardom. In the summer, Disney acquired Club Penguin. At the parks, Disney built on the Pixar brand with the Finding Nemo Submarine Voyage at Disneyland, The Seas with Nemo and Friends at Epcot and Finding Nemo &mdash The Musical at Disney&rsquos Animal Kingdom.

At the Disney parks in 2008, Disney-MGM Studios was renamed Disney&rsquos Hollywood Studios, Toy Story Midway Mania! opened there and at Disney&rsquos California Adventure, and It&rsquos a Small World opened at Hong Kong Disneyland. The company reacquired ownership of the Disney Stores&rsquo retail locations from The Children&rsquos Place, and the first Disney-operated language training center, Disney English, opened in China. In theaters, audiences flocked to WALL&bullE and Bolt. Tinker Bell, the first of a series of Disney Fairies films, was released, and Camp Rock and Phineas and Ferb debuted on Disney Channel. The Little Mermaid opened on Broadway.

The big news in 2009 was the acquisition of Marvel Entertainment. Theaters presented Up (which would win two Oscars), the first Disneynature film, Earth, and a return to hand-drawn animation with The Princess and the Frog. The first Disney film locally produced in Russia, The Book of Masters, was released. D23: The Official Disney Fan Club launched, Disney twenty-three magazine began publication, and the first biennial D23 Expo was held in Anaheim. Bay Lake Tower opened at Walt Disney World, and a Disney Vacation Club section was added to the Grand Californian Hotel. Disney XD replaced Toon Disney, and at the end of the year the company mourned the passing of Roy E. Disney.

In business news in 2010, the company sold Miramax. Alice in Wonderland and Toy Story 3 were released, and they would go on to win two Oscars each. The latter picture would become the highest grossing animated film of all time. Also on movie screens were Tangled and Tron: Legacy. Video gamers entered the world of Epic Mickey, and World of Color debuted at the renamed Disney California Adventure.

The year 2011 saw the launch of the Disney Dream and the repositioning of the Disney Wonder to the West Coast. The company purchased the rights to the Avatar franchise for theme parks, the Aulani Resort opened in Hawaii, The Little Mermaid: Ariel&rsquos Undersea Adventure debuted at Disney California Adventure, and groundbreaking ceremonies were held for Shanghai Disneyland. In theaters, Disney began distributing DreamWorks films, with The Help winning wide acclaim and a Supporting Actress Oscar for Octavia Spencer. Disney films included Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides, Winnie the Pooh, The Muppets (Oscar for Best Song), and Cars 2. In New York, Sister Act opened on Broadway and Peter and the Starcatcher off-Broadway.

In theaters in 2012 were John Carter, Marvel&rsquos The Avengers, Brave, Wreck-It Ralph, Frankenweenie, and Lincoln (DreamWorks). Bob Iger took on the additional title of chairman of the board, and Alan Horn became chairman of Walt Disney Studios. The Disney Junior cable channel replaced SOAPnet. On Broadway, Newsies opened and won two Tony Awards. Cars Land opened at Disney California Adventure, and the Disney Fantasy set sail. At the Walt Disney World Resort, Disney&rsquos Art of Animation Resort, an enlarged and enhanced Fantasyland, and a new Test Track opened. D23 sponsored a Treasures of the Walt Disney Archives exhibit at the Ronald Reagan Presidential Library and Museum. The big corporate news was the acquisition of Lucasfilm, Ltd.

For nine decades, The Walt Disney Company has succeeded in making its name preeminent in the field of family entertainment. From humble beginnings as a cartoon studio in the 1920s to today&rsquos major corporation, it continues its mandate of providing quality entertainment for the entire family.


Who filed amicus curiae briefs on behalf of Walter Irvin?

Who filed amicus Curiae briefs on behalf of Walter Irvin (Groveland Four), if any? I have been reading the history regarding the Groveland Four and I am particularly interested in what amicus curiae briefs were filed, if any, during his parole hearing. The churches in Florida were very participatory in the court hearings for Irvin’s parole. It would be interesting to me if their interest extended into filing amicus curiae briefs on Irvin‘s behalf.

Re: Who filed amicus curiae briefs on behalf of Walter Irvin?
Cara Jensen 23.03.2021 10:53 (в ответ на Nancy Harris)

Thank you for posting your request on History Hub!

We suggest that you contact the State Library and Archives of Florida to request a search of the Inactive case files, 1941-1960 of the Florida Parole Commission for any amicus curiae briefs filed under Walter Irvin. 

Please review NARA’s Supreme Court Records web page and the FamilySearch Research wiki for Florida Court Records for more background information.


Walter (Wal) Hannington - History

A few steps from chalk lines that had circled shell casings and other evidence from a Monday afternoon police shooting in West Philadelphia, family, friends, and neighbors recalled 27-year-old Walter Wallace Jr.:

A father of eight who struggled with mental illness. A quiet neighbor. An Uber Eats driver and aspiring rapper.

A cousin opened the doors of her red Toyota Camry, plugged her phone into its speakers, and played one of Wallace’s songs, “Black Hearted," then doubled over in the middle of the 6100 block of Locust Street and wept.

Neighbors and family members sat on their steps and leaned over porch railings, swaying back and forth, their eyes closed, as the song’s lyrics described police violence and the Black Lives Matter movement.

The words played out in real life the day before, when two police officers responded to a call for help at the Wallace rowhouse and then ended up firing 14 bullets at a distraught young man who they said approached them armed with a knife.

“He was a family man,” said Tasha White, who lives a few doors down. “He walked with his kids and he walked with his mom.”

“He was a quiet kid," White said. “Whatever happened yesterday, that was different. That wasn’t normal.”

Adults with untreated severe mental illness account for one in every four fatal police shootings, according to experts. Wallace fits the pattern. He was also in and out of court throughout his young adulthood, with judges regularly ordering he receive mental health treatment as he faced charges of trespassing, resisting arrest, robbery and simple assault.

Shaka Johnson, a criminal defense lawyer now representing the family, said Wallace was prescribed lithium, which is primarily used to treat bipolar disorder and major depressive disorder.

He said Wallace’s family called 911 Monday afternoon for an ambulance to help a young man in crisis. Police arrived first, he said, and Wallace’s wife told officers that her husband was bipolar. It was reportedly the family’s third call for help that day.

“Officers who are properly trained should notice certain things when they arrive at a scene,” Johnson told reporters Tuesday on the steps of the family’s home. “Especially when his wife tells you, ‘Stand down officers, he’s manic bipolar.’ ”

Wallace’s wife, who is pregnant, is scheduled to have labor induced Wednesday, Johnson said.

A journey through the criminal justice system

Walter W. Wallace Jr., named after his father, also went by the artist name “Whohe” on YouTube, often recording rap songs about issues like gun violence and the time he spent in jail.

Since at least 2013, when he was 19, Philadelphia judges have sought to get him mental health treatment. Wallace was arrested four times that year, court records show, including a guilty plea for resisting arrest that started his adult contact with probation officers that spanned much of the next seven years.

During sentencing for an assault in 2016, Municipal Court judge Marsha Neifield was insistent that Wallace “continue medication management at JFK.” The note is likely a reference to John F. Kennedy Behavioral Health Center on North Broad Street. Neifield “strongly recommended that Supervision be by the Mental Health Unit of Probation.”

A robbery conviction the following year led Common Pleas Court judge Glynnis Hill to require more mental health supervision, a drug treatment assessment, and “Anger Management [is] ordered, if determined by probation.”

Wallace was charged again in March for allegedly making threats, but his trial was delayed repeatedly, along with many city court cases backlogged by the coronavirus pandemic.

Wallace Jr. was killed Monday around 4 p.m. after police responded to his family’s home on the report of a person with a weapon. When police arrived, Wallace Jr. was outside the home and holding a knife.

The two officers told Wallace Jr. to drop the knife, but he didn’t. His mother tried to grab her son and shield him from police as they had their guns drawn, witnesses said. She pleaded for police to put the guns down, and asked her son to drop the knife, but Wallace Jr. brushed her off, bystander video shows. He then walked around a car and as he slowly stepped toward officers, they both backed away and then fired a total of 14 times, police said Tuesday.

Anthony Fitzhugh, a cousin at the family home Tuesday morning, questioned the police response.

“They were advised that he had mental health issues. I understand he had a knife, and their job is to protect and serve. By all means do so, but do not let lethal force be the means by which you de-escalate the situation," said Fitzhugh, 49.

Family members believe the officers should have used Tasers to subdue Wallace, but the officers at the scene did not have such weapons with them. About a third of the city’s police force carries a Taser, according to the department.

“It didn’t have to happen that way. They didn’t have to shoot him that amount of times he was shot,” Fitzhugh said. "At what point do you draw a line and say, ‘OK, I’m going over a limit. This no longer falls under my job description, this is murder?’ ”

He said the family was upset to see looting break out throughout the night after Wallace’s death.

“That’s not being done in his name, that’s not being done in his honor, and the family does not agree with that," Fitzhugh said.

White, one of the family’s neighbors on Locust, said: “Mental illness is in the ‘hood. He could have been helped.”

It’s a statement many in the community have made, as a fatal police shooting renews questions about police tactics when responding to people in mental health crisis.

Adults with untreated severe mental illness account for one in every four fatal police shootings, according to a 2015 report by the Treatment Advocacy Center, a national nonprofit focused on making treatment for severe mental illness possible. They also are 16 times more likely to be stopped by the police than other people. And while Black adults are more likely to report persistent symptoms of emotional distress, only one in three Black or African American adults who need mental health care receive it.

John Snook, the CEO of the Treatment Advocacy Center, said that about 20% of officer time is spent responding to crises of someone with mental health issues, according to a May 2019 report by the nonprofit.

“It stands to reason that because they have so many interactions with people who are in crisis, all the training in the world can’t solve that problem,” Snook said. “What you’re talking about is a medical concern, and law enforcement officers are not the right people to deal with that.”

Because in Pennsylvania, patients must be a clear and present danger to themselves or someone else to qualify for inpatient commitment, many people can’t get their loved ones the help they need in time, Snook said.

“You run into situations when someone has an illness that is impacting their brain, and you can’t do anything unless they get sicker and act out in some way,” Snook said. “When that happens, police are called, so those situations are really being set up for violence. We’re not responding in the way that we should, so it’s hard to expect any other results.”

Later Tuesday night, outside the family home, two of Wallace’s young sons stood in front of dozens of cameras and reporters, tall but clearly shaken. They praised their dad. “And Black lives still matter,” one Wallace boy said, tears in his eyes

Walter Wallace Sr., who worked as a trash collector for the city for 33 years, in a strong voice laced with anguish, said when he closes his eyes, he can still see his son being “butchered” in front of him. “We got good cops, we got bad cops in the system. Everybody’s got to be held accountable for what they do.”


NFL Picks Against the Spread: Week 1, 2021

NFL Picks (2020): 138-124-7 (+$9,350)
NFL Picks (2019): 148-128-9 (+$1,200)
NFL Picks (2018): 140-134-12 (+$845)
NFL Picks (2017): 137-147-10 (-$4,300)
NFL Picks (2016): 148-127-10 (+$780)
NFL Picks (2015): 133-138-10 (-$3,215)
NFL Picks (2014): 143-133-7 (-$1,885)
NFL Picks (2013): 144-131-8 (+$7,825)
NFL Picks (2012): 130-145-8 (-$7,445)
NFL Picks (2011): 137-133-12 (-$1,335)
NFL Picks (2010): 144-131-8 (+$5,880)
NFL Picks (2009): 151-124-9 (+$4,235)
NFL Picks (2008): 136-125-6 (+$6,105)
NFL Picks (2007): 162-135-10 (+$3,585)
If you don't quite understand the line, total or anything else, go to my Sports Betting FAQ.
Vegas betting action updated . Follow @walterfootball for updates.

NFL Picks Week 1 - Early Games
Cowboys at Bucs, Eagles at Falcons, Steelers at Bills, Vikings at Bengals, 49ers at Lions, Cardinals at Titans, Seahawks at Colts, Chargers at Redskins, Jets at Panthers, Jaguars at Texans

NFL Picks Week 1 - Late Games
Browns at Chiefs, Dolphins at Patriots, Packers at Saints, Broncos at Giants, Bears at Rams, Ravens at Raiders

Get more free NFL picks for every game Doc's Sports

Sports bettors can get the statistics they need to break down the games or compare against the spread analysis with picks from professional handicappers. All for free at SportsBettingStats.com

Last Week's NFL Picks Against The Spread (Week 21, 2020): 1-0 (+$560)
Last Week's 2-3 Unit NFL Picks (Week 21, 2020): 0-0 ()
Last Week's 4-5 Unit NFL Picks (Week 21, 2020): 0-0 ()
Last Week Over-Under (Week 21, 2020): 1-0 ()
Last Week's Prop/ML/Teaser/Parlay Picks (Week 21, 2020 plus 2020 props): +$4,735

2020 NFL Picks of the Month: 3-2, 60.0% (+$665)

2020 Season NFL Picks Against The Spread: 138-124-7, 52.7% (+$9,350)
2020 Season 2-3 Unit NFL Picks: 47-43-3, 52.2% (-$1,965)
2020 Season 4-5 Unit NFL Picks: 37-22-1, 62.7% (+$5,515)
2020 Season Over-Under: 141-122-6, 53.6% ()
2020 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: +$4,975

1999 Season NFL Picks Against The Spread: 27-41-3 (39.7%)
2000 Season NFL Picks Against The Spread: 128-123-8 (51.0%)
2001 Season NFL Picks Against The Spread: 127-122-7 (51.0%)
2002 Season NFL Picks Against The Spread: 123-136-7 (47.5%)
2003 Season NFL Picks Against The Spread: 146-126-8 (53.7%)
2004 Season NFL Picks Against The Spread: 157-123-8 (56.1%)
2005 Season NFL Picks Against The Spread: 156-126-11 (55.3%)
2006 Season NFL Picks Against The Spread: 151-135-9 (52.8%)
2007 Season NFL Picks Against The Spread: 162-135-10, 54.5% (+$3,585)
2008 Season NFL Picks Against The Spread: 148-140-7, 51.4% (+$6,105)
2009 Season NFL Picks Against The Spread: 151-124-9, 54.9% (+$4,235)
2010 Season NFL Picks Against The Spread: 144-131-8, 52.4% (+$5,880)
2011 Season NFL Picks Against The Spread: 137-133-12, 50.7% (-$1,335)
2012 Season NFL Picks Against The Spread: 130-145-8, 47.3% (-$7,445)
2013 Season NFL Picks Against The Spread: 144-131-8, 52.4% (+$7,825)
2014 Season NFL Picks Against The Spread: 143-133-7, 51.8% (-$1,885)
2015 Season NFL Picks Against The Spread: 134-138-12, 49.3% (-$3,215)
2016 Season NFL Picks Against The Spread: 148-127-10, 53.8% (+$780)
2017 Season NFL Picks Against The Spread: 137-140-8, 49.5% (-$4,300)
2018 Season NFL Picks Against The Spread: 140-134-14, 51.3% (+$845)
2019 Season NFL Picks Against The Spread: 149-128-9, 53.6% (+$1,200)

2002 Season 2-3 Unit NFL Picks: 41-49-2 (45.6%)
2003 Season 2-3 Unit NFL Picks: 52-51-2 (50.5%)
2004 Season 2-3 Unit NFL Picks: 65-44-3 (59.6%)
2005 Season 2-3 Unit NFL Picks: 77-61-1 (55.8%)
2006 Season 2-3 Unit NFL Picks: 65-61-4 (51.6%)
2007 Season 2-3 Unit NFL Picks: 83-59-5, 58.5% (+$4,110)
2008 Season 2-3 Unit NFL Picks: 44-57-3, 43.6% (-$3,510)
2009 Season 2-3 Unit NFL Picks: 49-35-3, 58.3% (+$2,260)
2010 Season 2-3 Unit NFL Picks: 51-38-4, 57.3% (+$3,180)
2011 Season 2-3 Unit NFL Picks: 44-51-3, 46.3% (-$2,715)
2012 Season 2-3 Unit NFL Picks: 45-50-2, 47.4% (-$2,130)
2013 Season 2-3 Unit NFL Picks: 38-42, 47.5% (-$2,890)
2015 Season 2-3 Unit NFL Picks: 47-44-1, 51.6% (-$820)
2016 Season 2-3 Unit NFL Picks: 42-35-3, 54.5% (+$475)
2017 Season 2-3 Unit NFL Picks: 32-40-3, 43.8% (-$2,395)
2018 Season 2-3 Unit NFL Picks: 52-41-2, 55.9% (+$2,670)
2019 Season 2-3 Unit NFL Picks: 44-36-2, 55.0% (+$655)

2002 Season 4-5 Unit NFL Picks: 11-12 (47.8%)
2003 Season 4-5 Unit NFL Picks: 16-13-1 (55.2%)
2004 Season 4-5 Unit NFL Picks: 18-11 (62.1%)
2005 Season 4-5 Unit NFL Picks: 25-22-1 (53.2%)
2006 Season 4-5 Unit NFL Picks: 21-29-1 (42.0%)
2007 Season 4-5 Unit NFL Picks: 35-30-2, 53.8% (+$420)
2008 Season 4-5 Unit NFL Picks: 39-26-2, 60.0% (+$4,055)
2009 Season 4-5 Unit NFL Picks: 29-26, 52.7% (+$330)
2010 Season 4-5 Unit NFL Picks: 32-22, 59.3% (+$4,790)
2011 Season 4-5 Unit NFL Picks: 14-14, 50.0% (-$1,260)
2012 Season 4-5 Unit NFL Picks: 14-21, 40.0% (-$3,650)
2013 Season 4-5 Unit NFL Picks: 17-9-3, 65.4% (+$2,970)
2015 Season 4-5 Unit NFL Picks: 17-16-2, 51.5% (-$1,120)
2016 Season 4-5 Unit NFL Picks: 21-22-5, 48.8% (-$1,465)
2017 Season 4-5 Unit NFL Picks: 20-22-1, 47.6% (-$1,595)
2018 Season 4-5 Unit NFL Picks: 27-32-1, 45.8% (-$4,735)
2019 Season 4-5 Unit NFL Picks: 37-27-2, 57.8% (+$2,185)

2001 Season Over-Under: 3-2 (60.0%)
2002 Season Over-Under: 121-91-3 (57.1%)
2003 Season Over-Under: 126-132-2 (48.8%)
2004 Season Over-Under: 139-124-4 (52.9%)
2005 Season Over-Under: 117-145-4 (44.7%)
2006 Season Over-Under: 129-132-5 (49.4%)
2007 Season Over-Under: 136-145-3, 48.4% (-$1,900)
2008 Season Over-Under: 137-125-6, 52.3% (+$860)
2009 Season Over-Under: 128-135-4, 48.7% (-$3,195)
2010 Season Over-Under: 128-135-5, 48.7% (-$5)
2011 Season Over-Under: 131-131-5, 50.0% (+$135)
2012 Season Over-Under: 125-121-5, 50.8% (+$30)
2013 Season Over-Under: 132-130-5, 50.4% (-$340)
2015 Season Over-Under: 143-119-5, 54.6% ()
2016 Season Over-Under: 123-141-1, 46.6% (+$95)
2017 Season Over-Under: 136-139-2, 49.5% (+$640)
2018 Season Over-Under: 118-128-3, 48.0% (-$225)
2019 Season Over-Under: 126-133-4, 48.6% (-$50)

2007 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: +$1,035
2008 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: +$1,775
2009 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: +$865
2010 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: -$200
2011 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: +$590
2012 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: -$1,685
2013 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: +$2,245
2015 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: -$855
2016 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: -$275
2017 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: -$510
2018 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: +$1,495
2019 Season Prop/ML/Teaser/Parlay Picks: -$1,715

2006 NFL Picks of the Month: 3-3 (50%)
2007 NFL Picks of the Month: 3-3, 50.0% (-$400)
2008 NFL Picks of the Month: 6-1, 85.7% (+$3,720)
2009 NFL Picks of the Month: 3-2, 60.0% (+$640)
2010 NFL Picks of the Month: 2-4, 33.3% (-$1,810)
2011 NFL Picks of the Month: 5-2, 71.4% (+$1,870)
2012 NFL Picks of the Month: 3-2, 60.0% (+$560)
2013 NFL Picks of the Month: 6-0, 100% (+$3,900)
2014 NFL Picks of the Month: 2-4, 33.3% (-$1,350)
2015 NFL Picks of the Month: 3-3, 50.0% (-$100)
2016 NFL Picks of the Month: 5-1, 83.3% (+$2,780)
2017 NFL Picks of the Month: 4-2, 66.7% (+$1,040)
2018 NFL Picks of the Month: 4-3, 57.1% (-$640)
2019 NFL Picks of the Month: 3-3-1, 50.0% (-$625)

Career NFL Picks Against The Spread: 2,995-2,761-179, 52.0% (+$19,655)
Career 2-3 Unit NFL Picks: 957-859-49 (52.7%)
Career 4-5 Unit NFL Picks: 452-396-23 (53.3%)
Career Over-Under: 2,463-2,416-66 (50.5%)
Career Second-Half NFL Picks: 22-15-1 (61.1%)
Career NFL Picks of the Month: 45-29-1 (60.8%)

My Team-by-Team ATS Record
This section shows how well I do when picking each team this year. The purpose is to see how well I read each team. Pushes are not displayed. Winning/losing streak in parentheses.


Deaths for Jun 30, 2021

Copyright © 2021 Martin J Mosley | Mosley Families

Privacy Policy & Cookies

These are necessary cookies, they are used to remember your preferences for the site, including your logged in status, language preferences etc. These cookies do not store any visitor information. I highly recommend you do not turn them off as it will cause the website to not function properly.

These cookies are not necessary for the basic functioning of this site, however de-activating them may impede your user experience.

Google Analytics Cookies are used to identify unique users and allow me to see where users come from and which pages they visit. They do not personally identify you. If you disable these cookies, you will not be recognised when you return. The site will treat you as a new visitor.


Little Walter

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

Little Walter, byname of Marion Walter Jacobs, (born May 1, 1930, Marksville, Louisiana, U.S.—died February 15, 1968, Chicago, Illinois), American blues singer and harmonica virtuoso who was one of the most influential harmonica improvisers of the late 20th century.

Raised on a Louisiana farm, Little Walter began playing harmonica in childhood, and by the time he was 12 he was playing for a living on New Orleans street corners and in clubs. In his teens he gradually worked northward, settling in Chicago about 1946 there he began recording in 1947 and played in Muddy Waters’s blues band (1948–52).

After Little Walter’s 1952 harmonica solo “Juke” became a popular song, he successfully led his own bands in Chicago and on tours. In the 1960s alcoholism curtailed his career, and he died following a street fight.

Little Walter was one of the major figures in postwar Chicago blues. Influenced by guitarists as well as by senior harmonica players, he brought a singular variety of phrasing to the blues harmonica. His solos were cunningly crafted, alternating riffs and flowing lines. He was a pioneer of playing a harmonica directly into a handheld microphone and developed expressive techniques to enhance his playing. Though his vocal range was small, his singing often emulated Waters’s style. His most popular song was “My Babe,” and his finest work included “Sad Hours,” “Off the Wall,” and “Can’t Hold Out Much Longer.” Little Walter was chosen for the inaugural class (1980) of the Blues Hall of Fame, and in 2008 he was inducted into the Rock and Roll Hall of Fame.