ケント島AG-78-歴史

ケント島AG-78-歴史

ケント島

メリーランド州チェサピーク湾にある島で、1631年にウィリアムクレイボーンによって交易所が設立されました。

(AG-78:dp。5,766; 1. 441'6 ";b。56'11";dr。23 ';s。12.5k。;cpl。883;a。15 "、12 20mm。;cl。Belle島)

ケント島(AG-78)は、1945年1月9日、メイン州サウスポートランドのニューイングランド造船会社によって海事委員会の契約に基づいて進水しました。ナンハッチ夫人が後援。 1945年1月19日に海軍に移籍。同日委託され、ニュージャージー州ホーボーケンのトッド造船会社にフェリーで運ばれた。 1945年1月23日、兵舎と発行船への改造のために廃止されました。そして1945年8月に再就役した。 W. C. Ball、USNR、指揮下。

チェサピーク湾でのシェイクダウンの後、ケント島は太平洋艦隊の軍隊での任務のために8月31日にノーフォークをクリアした。彼女は10月9日にサンディエゴ経由でパールハーバーに到着し、ハワイの海域での作戦を開始しました。彼女は10月17日に沖縄に向けて出航し、米国への輸送のために海軍の退役軍人を受け入れ、11月30日にサンフランシスコに戻った。ケント島は1946年1月3日にサンフランシスコを通過し、パナマ運河を通過し、1月26日にハンプトンローズに到着した。維持管理の後、彼女は3月15日、テキサス州オレンジに入れられ、1946年6月22日に予備として任務から外されました。1951年8月18日にAKS-26に再指定され、1960年4月1日に海軍リストから削除されました。ケント島は売却されました。 1960年11月2日にSouthernScrap MaterialCo。に廃棄されます。


ケント島遺産協会

ケントアイランドヘリテージソサエティは、メリーランド州のケントアイランドの遺産を発見、特定、復元、保存することを目的として1975年に設立されました。それは、その若くて成熟した歴史愛好家の両方がメリーランドと私たちの国の歴史におけるケント島の場所の理解を得ることができるプロセスを促進するために熱心に働きます。

最新 ニュース!

スミソニアン/メリーランドヒューマニティーズ 声と投票 クイーンアンズ郡に展示品が到着しました!

クイーンアンズ郡歴史協会が主催 声と投票 ケナードアフリカンアメリカンカルチュラルヘリテージセンターで2021年6月12日から7月24日。センターはセンタービルの410リトルキッドウェルアベニューにあります。展示会は水曜日と金曜日の午後3時から7時まで開催されます。土曜日と日曜日、午前10時〜午後2時他の視聴機会のための特別な手配は、(410)708-0151に電話することによって要求することができます。アン女王の歴史協会とケナードアフリカ系アメリカ人文化遺産センターは、特定のCOVID安全プロトコルに従います。詳細については、www.QACHistoricalSociety.orgを参照するか、410.708.0151に電話してください。

8月の第1土曜日に再開する史跡!

スティーブンスヴィル(クレイハウス、トレインデポ、銀行、クライストチャーチ、郵便局)とチェスター(キルワンハウス、雑貨店、博物館)での歴史的な関係が、8月の第1土曜日から一般公開されることをお知らせします。正午から午後4時まで。 Docentsは、私たちのストーリーを伝え、あなたの質問に答えるために利用できるようになります。私たちは、他のすべての人と一緒に、Covid-19の嵐を乗り越えている間、すべての人の忍耐に感謝します。重要なお知らせについては、もう一度確認してください。

ケントアイランドヘリテージソサエティのドセント。

それまでの間、仮想的に私たちを訪問し、私たちがオンラインで提供しなければならないものを探索してください。今後のアップデートは、このページの上部からアクセスできる当社のWebサイトおよびTwitterとFacebookのアカウントで利用できるようになります。

健康を維持してください。またお会いできることを楽しみにしております。

ケント島の歴史(ケント島)

ウィリアムクレイボーンによる1631年のケント島の初期の入植地と、バージニア州ジェームズタウン(1607)、ハンプトンに次ぐ、米国で4番目に古い恒久的な英国人入植地であるにもかかわらず、メリーランド州で最初の英国人入植地と見なされない理由について学びます。バージニア州(1609–10)、およびマサチューセッツ州プリマス(1620)。ビーバーの毛皮、カキ、蚊、戦争、爆撃範囲など、島の歴史と文化を形作った紛争を下をクリックして発見してください!

ケント島遺産協会のプレゼンテーション

ケント島がかつてどのように見えたか疑問に思ったことはありますか?

現在から1937年までのケント島の様子をご覧ください。驚かれることでしょう。 2年を並べて比較することもできます!ここにリンクします。

履歴にズーム!

ケントアイランドヘリテージソサエティは、追って通知があるまで、すべての対面プレゼンテーションを一時停止しましたが、一部のプレゼンテーションをズームすることができます。更新にご期待ください!ヘリテージソサエティには、学校、地元の組織、またはグループが利用できるさまざまな歴史的なケント島のプレゼンテーションがあります。

以下のリンクをクリックして、過去のプレゼンテーションの要約を読むか、パンフレットをダウンロードしてください。

1か月前に通知してください。可能であれば、そのインタラクティブセッションにHeritageSocietyの講演者を提供します。

各プレゼンテーションは45分から1時間実行されます。

協会は、私たちの青年と成熟した歴史愛好家が私たちの州と国の歴史におけるケント島の位置を理解するのを支援するために熱心に取り組んでいます。

過去からの爆発!

ナンシークック(クイーンアンズ郡史跡の議長)とリンダコリアー(カーワンハウス雑貨店と博物館の学芸員)が主演する2012年のこのビデオをお楽しみください。 2分間の歴史

カーワンハウス美化

カーワンハウスの雑貨店の屋根は最近改装されました。家がどれほど美しいか見てみましょう。8月に何人かの訪問者の準備ができています!

販売のための歴史的な銀行

歴史的なスティーブンスビル銀行が売りに出されています! 1900年以前はケント島に銀行はありませんでした。限られたリソースと協調した努力により、1903年に会社が設立されました。会社の名前は「クイーンアンズカントリーのスティーブンスビル貯蓄銀行」でした。 1912年の後半、名前は「メリーランド州スティーブンスビル銀行」に変更されました。新会社の社長はチャールズB.ダウンズでした。元の銀行取締役には、チャールズパーシーケンプ、ミルトンハイソールプライス、イサックグロールマン、B。ハリソンブライト、ウィリアムE.デニー、シニアヒューA.レッグ、ジョンフレッチャールースが含まれていました。

ケントアイランドヘリテージソサエティは、銀行の買収の一部の支払いを支援するために、メリーランドヒストリカルトラストに助成金を提出しました。私たちは、コミュニティと訪問者に多くの必要な情報を提供する新しいヘリテージツーリズムセンターを作成することを計画しています。このエキサイティングな開発の詳細については、しばらくお待ちください。


私たちのコレクションを検索するには、次のリンクを使用してください

  • 検索語では大文字と小文字は区別されません。
  • 簡単な検索を行うには、キーワードメソッドを使用します。
  • 複数のキーワードを検索するには、すべての単語を入力すると、それらの単語をすべて(任意の順序で)含むレコードが返されます。
  • 特定の順序でキーワードを検索するには、正確な用語を引用符で囲みます。
    例: アメリカ独立戦争 (引用符なしで)これらの2つの単語を含むすべてのレコードが、相互に関連していなくても、任意の順序で表示されます。 「「アメリカ独立戦争」(引用符付き)は、それらの単語が互いに正確に関連しているすべてのレコードを提供します。
  • 検索するコンテンツとレコードを選択するには、「検索するコンテンツ[レコード]」という見出しの下にある適切なボックスをクリックします。
  • アルファベットの文字でレコードを閲覧するには、検索ページの上部にある[クリックして検索]オプションを使用します。
  • 特定のフィールドでキーワードを検索するには、検索ページの上部にある[詳細検索]オプションを使用します。

Libraryコレクションの書籍は、独自のシステムを使用してカタログ化されています。ライブラリには、地域および地域の歴史、メリーランド州とケント郡の系図資料、家族歴に焦点を当てた、発行済みおよび未発行の両方の本と小冊子が含まれています。

  • 特定の本のタイトルを入力して、そのタイトルをキーワード検索することができます。検索が具体的すぎないように、タイトルに主要な単語またはフレーズを入力することをお勧めします。例:ケント郡の意志。これにより、「Abstracts of Kent County Wills」というタイトルの本の検索と、検索語/件名「Wills-KentCounty」が返されます。
  • 主題や検索語のキーワード検索も効果的かもしれません。次のような一般的な検索を試してください:AmericanRevolution。その後、必要に応じて検索を絞り込むことができます。

マップコレクションには、元のマップのほか、主にケント郡とその町およびメリーランドの歴史的なマップのコピーが含まれています。私たちの地図の選択された画像は、このウェブサイトの「地図」セクションで見つけることができます。

  • すべてのマップのリストを検索するには、次を使用してHSKC MapsCollectionと入力します。
    キーワード検索。
  • キーワード検索を使用して、特定の場所または町の地図を見つけます。例:チェスタータウンの地図。

ドキュメント

協会は、ドキュメントのコレクションと、カテゴリおよびサブカテゴリごとにグループ化されたその他のドキュメントの両方を保持しています。その他のドキュメントのカテゴリは次のとおりです。建築およびエンジニアリングビジネスおよび産業文化教育民族および文化グループ家族/遺伝史政府の法的記録マップおよびアトラスメリーランド軍事および戦争自然史オーラルヒストリー組織および宗教。 2010年1月の時点で、その他のドキュメントは分類されています。これらのドキュメントを表示するには、ライブラリにアクセスしてください。

写真

協会は、写真のコレクションだけでなく、カテゴリやサブカテゴリごとにグループ化されたその他の写真を保持しています。主なカテゴリは次のとおりです。建築およびエンジニアリングビジネスおよび産業文化教育民族および文化グループ家族/遺伝史政府の法的記録マップおよびアトラスメリーランド軍事および戦争自然史オーラルヒストリー組織および宗教。写真の個別のコレクションは一緒にカタログ化され、可能な場合は個別に識別およびインベントリされます。これは時間のかかるプロセスになります。たとえば、Usilton / Kent County News Collectionには、5,000を超える画像が含まれています。最終的には、一部の画像がオンラインで利用できるようになる可能性があります。

史跡

協会は、もともとメリーランド歴史トラストによって実施されたケント郡史跡目録のすべての歴史的建造物のファイルを維持しています。追加のサイトと構造は、この「Kファイル」リストに引き続き追加されます。ファイルには、協会が収集した目録フォーム、写真、追加の文書が含まれています。

  • すべてのファイルのリストを見つけるには、キーワード検索を入力します:史跡目録
    *家や通りの名前を検索するには、キーワード検索でその用語またはフレーズを入力します。例:クイーンストリートまたはミドルホール。
  • Kファイルには、最終的に、キーワード検索を使用して見つけることができる検索用語の下にリストされた複数の主題が含まれます。例:アフリカ系アメリカ人。

オーラルヒストリー

協会は、将来これらの保有を拡大することを目標として、オーラルヒストリーの小さなコレクションを持っています。

  • すべてのオーラルヒストリーのリストを見つけるには、キーワード検索:オーラルヒストリーコレクションを使用します。
  • 特定のインタビューを見つけるには、名前または名で検索してみてください。
  • インタビューの主題の検索用語は、最終的に追加されます。例:農業。

垂直ファイル

垂直ファイルは、新聞の切り抜き、記事、およびドキュメントのコピーのコレクションであり、カテゴリとサブカテゴリのシステムに編成されています。主なカテゴリは次のとおりです。建築およびエンジニアリングビジネスおよび産業文化教育民族および文化グループ家族/遺伝史政府の法的記録マップおよびアトラスメリーランド軍事および戦争自然史オーラルヒストリー組織および宗教。

  • 「Verticalfile」(単数、「s」なし)のキーワード検索を実行すると、所蔵のすべての垂直ファイルのリストを見つけることができます。次に、1000を超えるすべてのファイルタイトルを参照します。
  • 各カテゴリのキーワードを検索することで、メインカテゴリのすべての垂直ファイルを検索できます。例:マップアトラス垂直ファイル。
  • 垂直ファイルのタイトルは、内容を説明するように設計されています。したがって、主題と用語垂直ファイルの簡単なキーワード検索とともに、ブラウジングが役立つ場合があります。例:Revolution垂直ファイル。

援助を見つける

これらの地図は、ケント郡とアン女王郡の湖、グリフィング、スティーブンソンの地図帳、1877年のものです。サムネイルを使用すると、より大きな地図を確認できます。私たちのライブラリには、さまざまな時代のその他の多くの地図もあり、ここで調査できます。

これらの地図の印刷されたコピーが、象牙の8-1 / 2&#8243 x 11&#8243の紙に印刷されています。いくつかの地図は8-1 / 2&#8243 x 14&#8243で入手でき、実際のサイズは約マップに応じて20&#8243 x 27&#8243。協会会員には割引が適用されます。ギフトショップで在庫のある地図を確認してください。私たちの地図の多くのコピーは、チェスタータウンのFinishing Touch、finishingtouchshop.comでも購入でき、販売手数料を受け取ります。

ケント郡

ベタートン、ロイズ、ターナーズクリーク

クイーンアンズ郡

クランプトンは、チェスター川を渡るカリスターズフェリーの場所です。これはチェスタータウンから上流を渡るフェリーでした。クランプトンは毎週水曜日のオークション販売で地元で有名です。

デルマーバ地域

これらの興味深いデルマーバ地域地図は私たちのファイルにあります。チェサピーク&デラウェア運河の地図は、目論見書からのものです。 1828年、ウィルミントンの地図は1845年の1736年の地図のコピーです。


少し初期の島の歴史

トーマス&エリザベスマーシュ&#8211 1715&amp 1718&#8211ケント島で見つかった最も古い墓石の2つ

少し初期の島の歴史

ウィリアムクレイボーンによって1631年に設立されたケント島は、バージニア州ジェームズタウン(1607)、マサチューセッツ州プリマス(1620)に続いて、英国の定住地の3番目に位置しています。クレイボーンが定住する前は、最初に呼ばれたケント島またはモノポンソンには、先住民のサスケハノック族とマタピーク族が住んでいました。もともとバージニア州の一部として設立されたクレイボーンは、故郷のイギリスのケントにちなんで名付けられたケント島を、12ポンド相当の「トラック」としてサスケハノックから購入しました。 KIの商業的に開発可能な土地の1エーカーあたりの平均コストを考慮すると、今日の取引は24万ドルを超えます。はい、クレイボーンはラフでダイヤモンドを見つけました。それは利益をもたらすのと同じくらい多くの痛みをもたらすでしょう。

1638年までに、人口は120人のイギリス人と女性と子供に成長しましたが、それまでの数年間は非常に混乱しており、アメリカで最初の海戦がチェサピーク湾にもたらされました。そうです、今日のウォーターマンがあなたのお気に入りのシーフードを捕まえる場所で、冒険活劇の小競り合いや大砲が燃えています。このすべての摩擦は、アメリカの歴史に大きな転換点をもたらすでしょう。

ケント島は貿易のホットスポットであり、イギリスのチャールズ1世を含め、誰もがそう知っていました。彼はメリーランドに植民地を設立するためにカルバート家にチャーターを与えた。カルバーツはケント島がこの土地の助成金の一部であると判断し、彼らのものであると主張しました。クレイボーンと彼のケント島民は明らかに反対した。 1635年は緊張が高まり、言葉が交わされ、開いた手はすぐに閉じた拳に変わりました。海戦の合図。

1635年に島周辺で少なくとも2回の海軍の交戦が行われ、4人が死亡し、そのうち3人はクレイボーンの男性でした。戦闘は、クレイボーンが1638年に商売でイギリスに戻るまで、3年間続きました。カルバートはこれを利用して、ケント砦を圧倒し、数を上回り、島を占領しました。長く失敗した法廷闘争の後、クレイボーンと彼の家族はバージニア州の彼の地所であるロマンコークに戻り、ケント島は最終的にメリーランドの一部として定住しました。快適な生活の地の一部になって以来、ケント島は他の多くの重要なイベントを経験し、伝承と伝説の洗濯物リストを開発しました。これらのイベントについては今後詳しく説明しますが、その間に注目すべきイベントをいくつか紹介します。


ケント島の公園

ケント島に住んでいると、いくつかの素晴らしい公園にアクセスできます。最大の1つは オールドラブポイントパーク スティーブンスビルにあり、30.5エーカーのスポーツフィールド、テニスコート、バスケットボールコートで構成されています。子供用の遊び場、ピクニックパビリオン、売店もあります。

テラピン自然 公園 276エーカーの敷地に、野花の牧草地、潮汐の池、森林、チェサピーク湾の砂浜を通る3.25マイルのトレイルがあります。

モーブレーパーク、同じくスティーブンスビルにある、家族連れに最適なもう1つのスポットです。テニスコート、ソフトボール施設、広い遊び場があり、マタピークスクールコンプレックスのそばにあります。

のために ドッグパーク 200パインストリートスティーブンスビルに向かいます。ケントアイランドドッグパークには2つのフェンスで囲まれたエリアがあり、1つは小さな犬用、もう1つは大型犬用です。それぞれがあなたの犬の喜びのために敏捷性の機器を備えています。公園には、ベンチ、ピクニックテーブル、人と犬の両方にサービスを提供するように設計された噴水もあります。

独自の指定されたスイミングエリアを持つ犬のためのもう一つの素晴らしい場所は マタピーククラブハウス とパブリックビーチ。スイミングビーチのほか、ピクニックエリアと屋外円形劇場があります。

フェリーポイントパーク 毎年7月4日には、釣り、トレイルの散歩、花火の鑑賞に最適なスポットです。

ケント島に住んでいると、次のようないくつかの素晴らしい釣り桟橋にもアクセスできます。 マタピークフィッシングピア ボートランプとロマンコークフィッシングピアはカヤックにも最適です。


南北戦争以前の南部の変遷

序章: 1800年代までに、ケント郡の国際貿易の時代は終わりました。ボルチモアは現在、小麦やその他の製品を海外に輸送するためのハブでした。帆から蒸気への移行は、イースタンショアの農民と商人が彼らの農産物を西に送る能力を非常に高めました。 1813年、チェサピークはボルチモアからロックホールに渡る最初の蒸気船になりました。 1827年までに、チェスタータウンにもサービスを提供していました。ケントの小麦と穀物への初期の移行、および農業技術の革新も経済を活性化し、ジョージバーギンウェストコットなどの新参者を引き付けました。 「小麦は需要があります…そして見上げています。 1829年11月13日、ボルチモアの商人であるウィリアムR.スチュアートは、チェスタータウンのジョセフウィックスに宛てて、前払い価格で計算することができます。政治的移行の。裕福な地主はもはやアッパーショアの地方政治を支配していませんでした、そして、小さな農民、商人、職人と労働者の上昇するクラスは政府で彼ら自身の場所を探しました。これらの緊張は1812年の戦争中に頭に浮かびましたが、南北戦争に至るまでの何年にもわたって続きました。

1812年の戦争

ボルチモアは、メリーランド州全体の生産的な農地のおかげで、1700年代後半に米国でトップの商業都市の1つとして浮上しました。しかし、1807年までに、アメリカ独立戦争を煽ったイギリスとの経済的緊張が再び燃え上がった。イギリスはアメリカをヨーロッパ戦争の中立党として認めることを拒否しました。それはアメリカが特に裕福な農民に壊滅的な経済的ボイコットを宣言するように導きました。この上陸した紳士は、商人や銀行家とともに、1812年に宣言された禁輸と戦争に反対した連邦党を支配しました。ケント郡では、小規模な農民、商人、職人、労働者で構成されるより傲慢な共和党の人気が高まりました。戦後、しかし市民は新たな戦争の危険を恐れた。ボルチモアでの小競り合いとフォートマクヘンリーの爆撃に対する不安は、反戦連邦党の一時的な支持をもたらしましたが、結局、1812年の米英戦争でのアメリカの勝利は、より「民主的な」共和党員の勝利を意味しました。

チェサピーク湾沿いの脅威は非常に現実的でした。 1813年までに、イギリスの封鎖により湾はほぼ閉鎖され、船は絶えず農場や町を脅かしていました。 1813年5月、イギリス軍はサッサフラス川の河口に配置され、ジョージタウンとフレデリックタウンを燃やすために約500名の分遣隊を派遣しました。町の下部を燃やした後、キャサリン(「キティ」)ナイトという女性が中に病気の老婆がいたので家を燃やさないように彼らに懇願したとき、イギリス人は丘の上のレンガ造りの家に火をつけました。キティナイトは、男たちが次の家に進む間、最終的に彼らが去るまで抗議し続けました。英雄的なキティは火を消し、後に彼女の名前で知られるようになる建造物を救いました。

1814年8月にワシントンで国会議事堂が燃えたため、両岸に不安の波が押し寄せました。チェスタータウンの西7マイルにあるフィリップリード大佐の指揮する第21メリーランド民兵隊は、イギリスのフリゲート艦と2隻の小型艦が彼らに向かっているというニュースが届いたときにフェアリーの近くに野営しました。イギリスの船長、ピーター・パーカー卿は、ボルチモアを守るために民兵が湾を渡るのを防ぐように命じられていました。 8月28日、パーカーはフェアリークリークの河口近くに100人の兵士を上陸させ、ジョンウォルサムの農場のすべての建物、穀倉の小麦、畑の山を燃やしました。 2日後、彼らはリチャード・フリスビーの農場を燃やし、リード大佐とその部下を捕まえる計画を立てました。代わりにリード大佐は奇襲攻撃を知り、彼らが到着するのを待っていた。両者はアイザックコーキングの畑で出会った。アメリカ人は数が多く弾薬が不足しているにもかかわらず、パーカーの部隊を撤退するまで押し戻しました。 40人以上のイギリス人が殺されたり負傷したりし、パーカーは死者の中にいた。

19世紀の企業

ケントでは国際貿易が減少しましたが、チェスタータウンでは周辺地域にサービスを提供するために繁栄している商店が増えました。トーマスエリアソン、アベルリース、B.B。パーキンス、トーマスヒンソン、ウィリアムアルバートビッカースは、19世紀半ばに衣料品、乾物、食料品、ハードウェア、農具を宣伝した人々の1人でした。メアリーパーキンスやエリザスミスなどの女性が帽子屋を経営していました。

アフリカ系アメリカ人のビジネスマンと女性も繁栄しました

Levi Rogersはアイスクリームサロンを運営し、季節にカキとテラピンを提供していました。ウィリアムパーキンスはライジングサンサルーンを所有し、男性専用の「オイスタールーム」と、女性とその紳士ゲスト用の「イーストルーム」を所有していました。ジェームズ・ジョーンズは、彼の食料品店と精肉店で高品質のローストで評判を得ました。 Maria Brackerは、スポンジケーキ、アイスクリーム、レモネードを顧客に提供するレストランを所有していました。

ここをクリックして、1700年代から現在までのメリーランド州チェスタータウンでのアフリカ系アメリカ人の歴史のウォーキングツアーのパンフレットの印刷可能なPDFをダウンロードしてください。

ケント郡とチェスタータウンの地下鉄道のアフリカ系アメリカ人の歴史地図のPDFをダウンロードするには、ここをクリックしてください。

以下のリンクは、この期間に関連する私たちの研究図書館に含まれている史跡調査のカタログ記録の一部です。これらの物件の詳細と写真については、図書館(水-金、10-3)をご覧ください。これらの記録の多くは、http://www.mdihp.net/dsp_county.cfm?criteria2 = KEでオンラインで見つけられるメリーランド歴史的財産の目録にあるメリーランド歴史トラストからもアクセスできます。これらのサイト調査は重要な成果物です。ケント郡歴史協会、チェスタータウンの町、ケント郡、およびメリーランド歴史トラストのパートナーシップを通じて1980年代に実施されたサイトドキュメンテーションプロジェクト。この調査に続いて、歴史協会は作成し、公開しました ケント郡の歴史的な家屋、建築史​​の比類のない作品であり、現在2回目の印刷であり、協会を通じて購入できます。

コーキングのフィールドハウス、1743年に建てられました
1814年の有名な戦いの場所の近くの構造。

ローズヒル、c。 1760年
マーサ・オグル・フォーマンは、1814年から1845年までのこのプランテーションでの生活を、デラウェア歴史協会が発行した日記に記録しました。

キティナイトハウスまたはアーチボルドライトハウス、建てられたc。 1773年
キティナイトが1813年にジョージタウンを襲撃した際にイギリス軍が燃えないように説得した家

グランサムとフォレストファーム、c。 1815年
ベンジャミン・ティロットソンは、1857年のキャンプの伝道集会で奴隷化から逃れた。ティロットソンは、彼の主人でプランテーションの所有者であるサミュエル・ジャーマンの死後、ジョージアから奴隷貿易業者に売られることを恐れた。ティロットソンは執拗に彼を追いかけた奴隷キャッチャーをかろうじて逃れた

初期のクリスマスの伝統
「ユールログ:「18世紀のケント郡のクリスマスを思い出す」、ペレグリンロスによる回想、1858年。

チェサピークでの1812年の戦争
チェサピーク地域での戦争に関するリソースと情報が掲載された「Rediscover1812」ウェブサイト。

フォートマクヘンリー
フォートマクヘンリー国定公園のウェブサイト。

フィリップリード
1806年から1813年にかけて、ケント郡の大佐と米国上院議員の簡単な伝記。

ケントの南北戦争以前の生活
本の簡単な説明、「ローズヒルでのプランテーション生活:マーサオグルフォーマンの日記、1814-1845」、ケント郡の歴史に関する貴重な一次資料(絶版)。 MDヒストリカルソサイエティー、MS1779のオリジナル。

フィリップリードとコーキングのフィールド
1902年にコーキングフィールドで行われた記念碑の奉献で行われた発言。

1790年ケント郡国勢調査
国勢調査記録の転写。

1800年ケント郡国勢調査
手書きの国勢調査記録の全文。

1810年ケント郡国勢調査
手書きの国勢調査記録の全文。

1820年ケント郡国勢調査
手書きの国勢調査記録の全文。

1830年ケント郡国勢調査
手書きの国勢調査記録の全文。

1840年ケント郡国勢調査
手書きの国勢調査記録の全文。

記念碑と旗 コークスフィールド 1813年にケント民兵がイギリスのフリゲート艦メネラーオスの兵士を打ち負かしたフェアリーの近く。

の部品 ジョージタウン 1813年にイギ​​リス軍によって焼かれました。

の肖像 フィリップリード、1813年にコーキングフィールドでケント郡民兵隊を率いた。

HMSメネラウス、ピーター・パーカーが船長を務め、1813年にフェアリークリークにいくつかの小さな船で停泊しました。

ピーターパーカー
コーキングフィールドの戦いで殺された、HMSメネラウスのイギリス軍司令官の肖像画。

ケント郡庁舎
1907年に作成されたチェスタータウンの鳥瞰図で、ケント郡の最も古いセクション、HSKCを示しています。

アーマリーアンドマーケットハウス、チェスタータウン
マルテネットの1860年のケント郡の地図からの武器庫と市場の家の図。

ケープメイサルーンの広告
無料の黒人のレヴィ・ロジャースは、1840年代にチェスタータウンでケープメイサルーンを運営しました。

チェスタータウン商人の広告
商人のウィルマー&フランシスとトーマスW.エリアソンは、1840年代に彼らの施設であらゆる種類の商品を販売しました。


アトラクション

音楽&#038コンサート

ロードアイランドで最高のカントリーミュージック会場の1つであり、すべての音楽イベントとメインステージコンサートが当日のフェア入場券に含まれています。

ミッドウェイライド

観覧車からジッパーまで、ロックウェルアミューズメントは、ニューイングランド最大の旅行用ジェットコースターやピエロ、ジャグラー、伝統的な演技をフィーチャーしたテントサーカスなど、魅力的な新しいアトラクションで、あらゆる年齢層向けの乗り物を備えたクラシックなミッドウェイを提供します。

食品&#038譲歩

興奮以上のものに飢えていますか?完全! 130以上の食品と工芸品のベンダーが、試飲と買い物の1日のために見本市全体に店を構えました。ハンバーガーからバーベキュー、シーフード、絞りたてのレモネードまで、多種多様なロディ料理と野外フェスティバルの料理をお楽しみください。


コンテンツ

1978年1月24日火曜日の遅く、表面地図は、米国南部で発達している湿気を含んだ低気圧を明らかにしましたが、別個の無関係な低圧システムが中西部上部に存在していました。約24時間で、亜熱帯ジェット気流(最大風速130ノットを含む)と極域ジェット気流(最大風速110ノットを含む)の合流により、低圧システムは急速に北上するにつれて爆発的な低気圧が発生しました。 1月25日の夕方(南大西洋と中部大西洋の一部で記録的な低気圧が記録されました)。 [3]爆発性低気圧発生に分類されるためには、嵐の中心気圧は、24時間にわたって、少なくとも24ミリバール、つまり1時間あたり平均1ミリバール低下する必要があります。時間。 [3]

嵐は最初は雨として始まりましたが、夜明け前の時間帯に(嵐の前に北極圏の空気が深まったため)すぐに大雪に変わり、1月26日の日中は頻繁にホワイトアウトと視程がゼロになりました。嵐がオハイオに向かうと、国立気象局によると、これは「前例のない規模」であり、冬の嵐の中で最も深刻なグレードのまれな激しい吹雪に分類されました。特に大きな打撃を受けたのは、イリノイ州、インディアナ州、ケンタッキー州、ミシガン州、オハイオ州、ウィスコンシン州南東部で、最大40インチ(102 cm)の雪が降りました。時速100マイル(161 km / h)までの突風により、ドリフトが発生し、一部の家がほぼ埋没しました。風冷えの値は、オハイオ州の大部分で-60°F(-51°C)に達し、合計70人の暴風雨関連の死亡のうち51人が発生しました。 [4]

カナダは、オンタリオ州南西部で吹雪の状態が一般的であったため、嵐の怒りを免れませんでした。オンタリオ州ロンドンは、41センチメートル(16インチ)の雪と風が時速128キロメートル(80マイル)に突風することで麻痺しました。

1月26日、嵐がミシガン州マウントクレメンスを通過したときに、熱帯低気圧を除いて、米国本土で記録された3番目に低い大気圧が発生しました。そこで気圧計は956.0mb(28.23 inHg)に落ちました。 [2]デトロイトでは、気圧は水銀柱28.34インチ(960 mbar)に低下しました。ほぼ同時に、カナダのオンタリオ州南西部にあるサーニアで絶対低圧が測定され、気圧計は955.5 mb(28.22 inHg)で底を打ちました。 [2]トロントの気圧は28.40インチに下がり、記録を0.17破りました。

ミシガン州マウントクレメンスで記録された956.0mb(28.23 inHg)の気圧測定値は、米国本土で記録された3番目に低い非熱帯大気圧であり[5]、米国中部で最も低い気圧でした。 [2]米国大陸の非熱帯システムで確認された最低気圧は、1913年1月の大西洋沿岸の嵐によって設定されました。 [2] 1978年の吹雪の最低中心気圧は、オンタリオ州サーニアで測定された955.5 mb(28.22 inHg)でした。 [2]まれに、中心気圧が水銀柱28インチまたは約95 kPa(950 mb)未満の温帯低気圧が、メイン州ウィスカセット(27.9 ")およびニューファンドランド(27.76")で記録されています。 [6]さらに、吹雪は地域降雪指数で最高ランクの冬の嵐であり、最大値は39.07であり、スケールでカテゴリー5に到達するのはわずか26の嵐の1つです。 [7]

吹雪はオハイオ州の歴史の中で最悪でした。嵐の結果として51人が亡くなりました。オハイオ国家警備隊の5,000人以上のメンバーが多数の救助を行うために呼ばれました。警察は、四輪駆動車やスノーモービルを持っている市民に、医師や看護師を病院に運ぶように頼んだ。 1月26日から27日まで、オハイオターンパイク全体が初めて閉鎖されました。 [8]オハイオ州の輸送に対する全体的な影響は、オハイオ州警備隊のジェームズC.クレム少将によって核攻撃に匹敵すると説明された。 [9]ミシガン州知事ウィリアム・ミリケンは非常事態を宣言し、立ち往生した運転手と道路乗務員を支援するためにミシガン州兵を呼びかけた。ミシガン州警察はミシガン州トラバースシティを「非公式に閉鎖」と宣言し、地域住民に家にいるよう警告した。前夜午後11時にベイフロントロケーションステーションを閉鎖したWTCMラジオスタッフのマーティスポールディングは、通行できない道路のために通常のスタッフがそこに着くことができなかったため、翌日の午前6時に再開するように呼ばれました。 Upon arriving after a 45-minute walk in waist-deep snow from his home 10 city blocks away, he had to dig down "a foot" to put the key in the front door. [ 要出典 ]

In Indiana on day two, just a half hour after the front blasted through, the Indianapolis International Airport was closed due to whiteout conditions. At 3 am, the blizzard produced peak winds of 55 mph. Temperatures dropped to zero that morning. Wind chills remained at 40 to 50 below zero nearly all day. Governor Otis R. (Doc) Bowen declared a snow emergency for the entire state the morning of the 26th. Snow drifts of 10 to 20 feet made travel virtually impossible, stranding an Amtrak train and thousands of vehicles and weary travelers. During the afternoon of the 26th, the Indiana State Police considered all Indiana roads closed. [10]

Classes at The Ohio State University in Columbus, Ohio and the University of Notre Dame in Notre Dame, Indiana were canceled for the first time in the history of those universities at Purdue University in West Lafayette, Indiana (where 25 inches of snow fell) for the third time in its history and, at Miami University in Oxford, Ohio for the first time since the assassination of President John F. Kennedy. An inch or more, usually much more, of snow remained on much of that area for nearly two months. In Indiana schools were closed for as much as three weeks, [11] and the historic state basketball tournament would have to be postponed for 17 days. [12] The storm did much damage to the Ohio valley and the Great Lakes.

In Brampton, Ontario (northwest of Toronto) on Thursday afternoon, school buses could not get through deep snow to the then-rural campus of Sheridan College to take students home. Neither could any other vehicles, so some community college students had to stay on campus overnight. Muskegon, Michigan, had the most extreme measurements: up to 52 inches of snow in 4 days due to heavy lake-effect snow squalls after the blizzard hit with a whopping 30 inches.

The most extensive and very nearly the most severe blizzard in Michigan history raged January 26, 1978 and into part of Friday January 27. About 20 people died as a direct or indirect result of the storm, most due to heart attacks or traffic accidents. At least one person died of exposure in a stranded automobile. Many were hospitalized for exposure, mostly from homes that lost power and heat. About 100,000 cars were abandoned on Michigan highways, most of them in the southeast part of the state. [3]


Local History & Heritage

Take a trip to the past, and relive the historic culture found within Queen Anne’s County while visiting nearly twenty well preserved historic sites! Get a true feel for what life back in the early days was like. History is plentiful in the over three-hundred-year-old county.

Kent Island, the largest island on the Bay, is located at the eastern terminus of The Chesapeake Bay Bridge. Home to the first English settlement (Kent Fort Manor, settled by William Claiborne in 1631) within Maryland, and the country’s third settlement after Jamestown and Plymouth Rock.

Explore our History & Heritage!

Take a trip to the past, and relive the historic culture found within Queen Anne’s County while visiting nearly twenty well preserved historic sites! Get a true feel for what life back in the early days was like. History is plentiful in the over three-hundred-year-old county.

Kent Island, the largest island on the Bay, is located at the eastern terminus of The Chesapeake Bay Bridge. Home to the first English settlement (Kent Fort Manor, settled by William Claiborne in 1631) within Maryland, and the country’s third settlement after Jamestown and Plymouth Rock.

Explore our History & Heritage!

Kent Narrows

The channel, which separates Kent Island from the Eastern Shore mainland, provides convenient access for vessels traveling between the broad Chester River to the north, and Eastern Bay to the south. The foot of the Kent Narrows Bridge is a good place to view numerous examples of the shallow draft work boats used by generations of waterman who deliver their daily catch to local markets, restaurants and packing houses. Although few remain today, there were once a dozen packing houses in “the Narrows,” and seafood was shipped from here to markets nationwide. The Chesapeake Heritage & Visitors Center welcomes visitors with information and exhibits about the unique heritage, culture, and attractions of the region.

Centreville Streetscapes

The core of Centreville lies along two parallel streets Commerce and Liberty. Architectural styles, ranging from early Federal though late Victorian, illustrate the town’s development. See magnificent Victorian homes with ornate facades situated on Commerce Street, some of the earliest surviving homes in the town, dating back to 1794. Greek revival home designs (1830s) can be found along Liberty Street, while additional stately Victorian homes can be seen along Chesterfield Avenue.

Wye Island (Natural Resources Management Area)

A 1668 deed refers to Wye Island (2,450 acres) as the “Great Island in the Wye River.” Two of Maryland’s leading Revolutionaries acquired the land in 1700s William Paca, signer of the Declaration of Independence, owned the eastern half of the island, and John Beale Bordley a jurist, owned the western half of the island. Attacked by Tories during the American Revolution, Wye Island was defended by a gunboat, the Experiment. Paca, who was twice Governor of Maryland, is said to be buried nearby, on the mainland.

Crumpton

In Crumpton, the Chester River narrows, providing a convenient crossing point. In 1759, Henry Callister established a ferry, operated by pulling a barge by ropes between the north and south banks. During the cold winter months the area river’s would often freeze, shutting down other ferries, but the current in Crumpton kept this specific point in the Chester River free of ice, allowing Callister’s Ferry to operate. After Callister’s death, the ferry at Crumpton remained in use until the first bridge was built in 1865.


Digging into Kent Island’s Past

Archaeologist Dr. Darrin Lowery sits behind his desk in his office lined with display cases of artifacts he’s found during his career. Affiliated with the University of Delaware, where he works with graduate students, and working as a research associate at the Smithsonian Institution, he has a wealth of knowledge about geology, archaeology, and history.

Born in Easton, Maryland and raised on Tilghman Island, his story begins while growing up in the ’70s, when he tagged along with his father to look for artifacts on Tilghman and Poplar Islands.

“My spark came when I was 13,” he says. “I was watching a program on PBS called オデッセイ、 which would be called Nova 今日。 The subject dealt with [wooly] mammoth remains found in New Mexico, which were about 13,000 years old.” That program greatly influenced him.

“What hooks you,” he says, “is the question—‘Why?’ Then that cascades into many ‘Whys.’” After he received his Bachelor’s degree from the University of Delaware, he was ready to begin answering some of those Why questions.

“I was a newbie fresh out of school in 1990, when I began working with some of the Kent Island Heritage Society members—Bill Denny, Audrey Hawkins, Marty Gibson, and Mary White.” They explored the fields and shores of the island looking for tangible evidence of its history.

He knocked on property owners’ doors and convinced them to give him permission to walk their fields and farms, and he managed to explore about 100 acres daily. He walked up the fields and then back down, which averaged 15–18 miles a day.

Between 1992 and 1997, Lowery estimates that he walked every tillable acre on the island, amounting to about 60,000 acres. Along the way, he found vessel fragments, remnants of clay tobacco pipes, projectile points (spearheads and arrowheads), and three clovis points, which are prehistoric tools used 10,000–13,000 years ago. On one memorable day, he discovered 42 projectile points all found on one site.

“It was the best education I ever got,” he says of those days.

After earning a Master’s degree at Temple University, he later he returned to the University of Delaware where he earned a Ph.D. Since then, he’s conducted numerous archaeological and geological explorations. He’ll often go out by himself or sometimes with Bill Denny, using tools such as shovels, spades, or trowels.

Every official archaeological site has to be documented. This is done by marking it by state, county, and by longitude. He then takes slides of the site.

“It’s easier these days because we now have GPS,” Lowery remarks.

When discussing the artifacts that he has found, which date back to William Claiborne’s settlement in 1631, Lowery holds up a segment of a small clay pipe and then two melted blue glass beads. The beads were commonly used for trade with the native tribes—two of which were known as the Matapeakes and the fiercer Susquehannocks. The beads and other trinkets were exchanged for tobacco, corn, and beaver furs. Lowery explains that the beads most likely melted when Claiborne’s fort caught fire in October 1631.

The settlement, located on the southern end of Kent Island, quickly recovered and by 1634, it was enclosed by a palisade that included a grist mill, courthouse, trading post, and a church.

In 1638, the Calverts, who maintained that Kent Island belonged to them since they had a charter from King Charles I, took control of the Island after fighting a few naval and legal battles with Claiborne, who had insisted that the Island was part of Virginia.

Today, no remnants of the settlement have been found. With shore erosion, whatever was left of it has most likely been swept away with the tides.

The Land that Once Was Eden

Meanwhile, the Native People, were being pushed out. Ravaged by disease and the insatiable push for land by the Europeans, they soon had no other option but to leave the Island.彼女の本の中で The Land that Was Once Eden, author Janet Freedman, includes a letter written by James Bryan, a Revolutionary War soldier, to a friend.

“I remember the Indians their last dwelling place was upon the northwest side of the Island near the mouth of Broad Creek, and they lived in their cabins of bark upon a small tract of woodland. They always seemed friendly. I also remember the time of their departure. They left the island near the mouth of the creek and turned their faces westward. They were the last of the Indians upon the island.”

Christ Episcopal Church

The Reverend Mark Delcuze is the Rector of Christ Church located on Kent Island on Route 8. It’s a spacious and modern church with a light-filled sanctuary that can accommodate 400 parishioners. It’s also a far cry from the rustic building that was the first house of worship on Maryland soil, built soon after Claiborne and his settlers arrived.

To minister to the small congregation was Claiborne’s cousin, the Reverend Richard James, who accompanied him to the Isle of Kent. Soon after their arrival, the record states, “Wee framed a church.” He also brought along “bibles and bookes of prayers for the howse and boates…and a black velvet cushion and black cloth for the pulpitt.”

“It must have been like being on the moon for them,” Rev. Delcuze says.

The Rev. James ministered to the congregation for three years and then left. As the settlement grew, so did the church, and in 1652 after the Calverts had chased out Claiborne, a new church was built near Broad Creek.

“During those days, everyone got around on water,” Rev. Delecuze says. “Everything was tied to the waterways because there were no roads.” This early church was used until 1712 when a new one was built on the same site. The 1712 church, which measured 25 feet by 40 feet,’ served the whole of the Island until it, too, was beyond repair. When it became quite apparent that a new church was needed, another structure was built in 1825 and was ready for occupation in 1826. Poorly built, this one didn’t last long.

According to historian Reginald V. Truitt, during a lecture to the Queen Anne’s County Historical Society, he stated that in 1959, a group of local citizens wanted to find the exact location and size of the 1652 church. Under the supervision of an archaeologist, the citizens were able to pinpoint where the remains of the church were buried. A digging team of 10 men shoveled up the earth and within an hour they struck the church’s foundation. Also, to their great delight, they struck another foundation—the cornerstones of the 1712 church. Both of the brick foundations were for the most part, intact.

Today, however, the excavations aren’t visible. “They were reburied to protect them from the weather and from vandalism,” Rev. Delcuze explains.

Along with the remains of the church are the remains of the many parishioners who were interred nearby in Broad Creek Cemetery, which was once the site of the church’s burial ground. “There’s been no excavations there,” Rev. Delcuze explains. “We want to respect their burial sites.”

One wonders about the lives of those who walked this ground so many years ago and now lie silently within it—interred in this sacred and beautiful place.

While the old churches have passed into history, a carefully preserved treasure remains. It’s Christ Church built in 1880, which still stands in the middle of Stevensville. When you step into this Gothic structure built in Queen Anne style, you first notice the thick, wooden beams arching up to the soaring ceiling. Topped by a steeply pitched slate roof and graced by stained glass windows, you marvel at the work and skill it took to build this church so many years ago. “That’s because the men who built this church were boat builders,” Rev. Delcuze says. “They knew how to build a solid structure.”

This unique church was acquired by Queen Anne’s County in 2003, which then began restoration projects. The church has been on the National Register of Historic Places since 1979. The rare 1754 Baskett Bible, 17 th century communion chalice, and the baptismal font from the 1712 church have been relocated to the present church near Broad Creek, where Rev. Delcuze proudly displays them. He’s also proud of the fact that he is currently serving the oldest continuous congregation in Maryland.

Kent Island Heritage Society

Jack Broderick, president of the Kent Island Heritage Society, enjoys nothing more than sharing his love of history with others, and you can often find him in front of a high school class impersonating a historical character. Or you might see him walking along the banks of Cox Creek looking for arrowheads and Native American tools, and he’s found a number of them. “There’s so much old stuff here,” he says. He doesn’t just read history, he looks for it.

He holds up one of his treasures—an old stone that resembles a dried-up russet potato. Thousands of years ago, it was in the hand of a prehistoric human who used it to grind corn, acorns, and seeds on a stone pestle. He points out the ancient fingerprints that are etched into the stone.

Next, he brings out a perfectly preserved black arrowhead. Then he displays his oldest treasure. “It’s a petrified oyster shell with a shiny black stone jutting out of it. It has to be about 20 million-years-old,” Broderick says.

As he brings out the stones, he remarks that when Claiborne came to the Island, bringing metal parts with him from England to build a pinnace (a small boat), the natives were anxious to trade their corn and tobacco for some of the metal—a much better material than their stone axes, arrows, and spearheads, some of which they had to fashion by chipping off a part of a stone with a piece of deer antler. These discarded pieces are called flakes by archaeologists.

Years later, when the natives had disappeared, their heaps of oyster shells called middens, were still discovered on Kent Island farms.

One of the Society’s interesting finds came when some of its members took metal detectors to the James Kirwan Farm and found tiny stamped tokens that the farm workers used as cash to buy goods at the Kirwan store.

Kirwin, who lived from 1848–1938, served in the Maryland senate for two terms. “He was an astute businessman and farmer—a renaissance man,” Broderick says. Kirwin is best remembered for using his influence to stop the federal government from designating Kent Island as an army base to test military ordnance. The base was then built at Aberdeen, Maryland.

This farm and the store the family owned now belong to the Heritage Society, along with the historic Stevensville post office and train station. One of the Society’s future endeavors is to build a working blacksmith shop on the Kirwin farm and open it up to the public.

To celebrate the 350 th anniversary of the founding of the “Isle of Kent,” a great celebration was held in 1981. Since then, an annual Kent Island Day has been celebrated in May.

From a small fort in the wilderness to a bustling metropolis, there’s still stories to tell about this island and places to look for them.