新しい研究は、人と犬が33、000年間親しい友人であったことを示唆しています

新しい研究は、人と犬が33、000年間親しい友人であったことを示唆しています

新しい研究によると、人間の親友の起源は、科学界が以前に信じていた場所や時期ではなかった可能性があります。さまざまな古代の犬のDNAの分析は、研究者が世界中の飼い犬の旅の地図を作成するのにも役立ちました。

これは、これまでの犬のゲノムの最も完全な研究であると考えられており、研究者がジャーナルにオンラインで公開された記事に書いているように 細胞研究 、「私たちの研究は、飼い犬が地球上を旅したという並外れた旅を初めて解明しました。」

スウェーデンのKTH王立工科大学のPeterSavolainen氏、および現在の研究の国際チームへの貢献者の1人は、過去の研究でも核ゲノム全体を分析したものの、東南アジアからのサンプルを含めることができなかったとPhys.orgに語った。飼いならされた犬は中東、中央アジア、またはヨーロッパで生まれたという信念。

今回、研究者たちは、世界のより多くの地域とさまざまな期間からのサンプルを使用してDNA分析を実施しました。彼らはこの情報を使用して、一連の混合物(2つ以上の別々の種からの個体が交配を開始したときに発生するイベント)を探しました。彼らの研究の結果は、飼いならされた犬が約33、000年前に東南アジアの灰色のオオカミの子孫である可能性が最も高いと彼らに主張させました。さらに、彼らは「創始者集団」が約4,600頭の犬歯を数えたと主張している。

灰色のオオカミ。 (( Gunner Ries / CC BY SA 3.0 )

サンプルは58匹のイヌ科のゲノムで構成されていました。具体的には、科学者は以下からDNAを分析しました。

「中央アジア(アフガニスタンハウンド)と北アフリカ(スロウィ)、ヨーロッパ(8種類の品種)、北極圏とシベリア(グリーンランド犬、アラスカンマラミュート、サモエド、シベリアンハスキー、イーストシベリアンライカ)、新世界(チワワ)の犬、メキシコとペルーの裸の犬)、およびチベット高原(チベットマスティフ)。これらの犬は、できるだけ多くの主要な地理的地域をカバーするために選ばれました。」

研究で配列決定された58匹のイヌ科動物の地理的位置。 (Guo-Dong Wang、et。アル )

彼らの研究を通して、彼らは飼いならされた犬の世界の他の地域への移住についての説明も提供しました:

「約15、000年前に、祖先の犬のサブセットが中東、アフリカ、ヨーロッパに移動し始め、約10、000年前にヨーロッパに到着しました。アジア以外の系統の1つも東に移動し、新世界に移動する前に、中国北部の固有のアジア系統と一連の混合集団を作成しました。」

DNA研究のために選ばれた3つの犬種:シベリアンハスキー( CC BY SA 3.0 )、 チベタン・マスティフ ( CC BY SA 3.0 )、およびペルーの裸/無毛の犬( CC BY SA 3.0 )

移住が遅れた理由は、気候条件によるものかもしれません。中国科学院昆明動物学研究所のYa-PingZhang氏、および現在の研究の共著者の1人は、DiscoveryNewsに次のように語っています。氷河期が犬のアジアからの移住を妨げた環境要因だったのではないかと推測した。」

現在の研究からの証拠に基づいて、世界中の飼い犬のために提案された渡り鳥の歴史。実線の矢印は完全な年代測定情報のある移動路を示し、破線の矢印は正確な年代測定のない移動路を示します。 (( Guo-Dong Wang、et。アル )

犬と人間の移動はしばしば相互に関連している可能性がありますが、最近の研究は、最初の動きが人間の仲間ではなく犬によって最初に選択された可能性があることを示唆しています。

  • 忠実な仲間とはるかに:古代中国の犬
  • Dog Eat Dog World:メソアメリカのコリマの犬の置物
  • 研究は犬の起源に新たな光を当てる
  • エジプトでこれまでに発掘された最も珍しい犬の埋葬

家畜化への道については、現在の研究は、以前の2つの仮定ではなく、3つの主要な段階の証拠を提供すると言われています。飼いならされた「非品種犬」に、そして最後に犬の特定の特性のための人間の選択-品種の選択と作成。

SavolainenはTheTelegraphに、家畜化のプロセスは迅速ではなく、「[…]表現型(突然変異)の選択の波が徐々に人間とのより強い結合を支持するようになった、自己家畜化と呼ばれるプロセス」によって作成された可能性があると語った。

ジャーマンシェパードの犬。ジャーマンシェパードは比較的新しい犬種であり、その強さ、知性、訓練能力、従順さでしばしば高く評価されています。

現在の研究の結果は興味深いものですが、人間の親友の起源についてはまだ議論が続いています-シベリアのアルタイ山脈の洞窟で見つかった部分的に飼いならされた犬の33、000歳の頭蓋骨の2011年の研究が主導しましたその地域への科学者。しかし、10月に発表された研究で報告されているように、中央アジアの犬の高い遺伝的多様性は、人類の忠実な仲間の始まりとしてネパールまたはモンゴルを示唆しています。

さらに、5月に発表された古代のオオカミの骨(これもシベリア産)の分析によると、オオカミから犬への遺伝的分裂は27、0000〜40、000年前に始まったとのことですが、この研究の科学者はこれらのオオカミと犬のハイブリッドを認めています遅くまで家畜化されていない可能性があります。

犬のコラージュ。ソース: Томасина/ CCBY 2.5

注目の画像:タマスカン犬。タマスカンはオオカミのような外観をしています。

投稿者:Alicia McDermott


研究:人間とつながるために目を使うように進化した犬

犬の愛好家は、犬が目とコミュニケーションをとる能力をよく知っています。現在、科学的研究は、犬が人間と一緒に暮らすことを学んだときに、この能力が時間とともに発達したことを示唆しています。

人間と同じように、目は犬にとって最も魅力的なものの1つであり、多くの文化で「人間の親友」として知られています。

しかし、新しい研究では、犬が物理的な方法で発達して「子犬 人間とのつながりを助ける方法としての犬の目」。英国と米国の研究者が研究を行いました。結果は、全米科学アカデミー(PNAS)の議事録に掲載されました。

この研究では、祖先の歴史を共有する犬とオオカミの顔の筋肉を比較しました。犬はオオカミになった後、オオカミから離れました 飼いならされた 約33、000年前。その間、犬は人間との生活に合うように身体的および行動的に変化しました。

研究者たちは、比較のために6匹の犬と2匹のオオカミの頭を調べました。彼らは、両方の動物の顔の構造がほとんど非常に似ていることを発見しました。しかし、目の上に大きな違いが1つ見つかりました。

犬は、オオカミには存在しなかった2つの整形式の筋肉を目の周りに持っていることがわかりました。これらの小さな筋肉は、犬が彼らの内側の眉を「激しく」上げることを可能にする、と研究は発見しました。

アン・バローズは、ペンシルベニア州ピッツバーグにあるデュケイン大学の教授です。彼女はこの研究の主任研究員でした。 「あなたはしません 通常 でそのような筋肉の違いを参照してください 種族 それは密接に関連している」と彼女はAP通信に語った。

英国のポーツマス大学の比較心理学者ユリアーネカミンスキーが研究を主導しました。チームは、この眉を上げる動きが「 育成犬の目が大きく見えるので、人間の感覚。

この表現はまた、犬を人間の赤ちゃんのように見せます。声明によると、目の動きは、人間が悲しんでいるときに行う動きと似ています。 「証拠は 説得力のある 犬はオオカミから飼いならされた後、内側の眉を上げるために筋肉を発達させた」とカミンスキーは言った。

研究の別の部分で、研究者たちは27匹の犬と9匹のオオカミが人間とどのように相互作用したかを観察しました。 「私たちは犬とオオカミの行動も研究しました。そしていつ 露出 人間に2分間、犬はオオカミよりも多く、より高い強度で眉の内側を上げました」とカミンスキーは言いました。

研究者たちは、犬が人間に何かをさせる方法として、眼球運動が時間とともに発達したことを示唆しています。これには、人間が食べ物、世話、注意を与えることが含まれる可能性があります。

アメリカのデューク大学のブライアンヘアが研究を編集しました。彼は調査結果を「深遠」は、これらの筋肉が人々との相互作用を助けるために発達した可能性が高いことを示しています。 「証拠はずっと彼らの子犬の犬の目にありました」とHareは言いました。

研究で筋肉を持たなかった唯一の犬種は、古代の種類であるシベリアンハスキーでした。ハスキーは、犬とオオカミの間のつながりがどのように見えたかの最良の生きた例である可能性があります。

アン・バロウズ氏は、この研究の主な制限は、使用された犬とオオカミの数が少ないことであると述べた。これは、さらなる研究が必要であり、他の古代の犬種を含める必要があることを意味します。バロウズ氏によると、この研究は、馬や猫など、人間が密接な関係を築いている他の動物にも拡大できるという。

ブライアンリンは、PNAS、ポーツマス大学、AP通信社およびフランス通信社からの報告に基づいて、VOAラーニングイングリッシュのためにこの物語を書きました。 CatyWeaverが編集者でした。

我々はあなたから聞きたい。コメントセクションで私たちに書いてください、そして Facebookページにアクセスしてください.


科学者たちは、人間と犬が最初に親友になったのは3万年前だと主張している

科学者によると、犬と人間の関係は何万年もの間耐えられた可能性があります。

新しい研究によると、緊密な絆は19、000年から30、000年前にヨーロッパの氷河期で始まった。

新しい遺伝的証拠によると、今日生きている飼い犬の祖先であるオオカミが最初に古代の狩猟採集民によって飼いならされたのはその時でした。

調査結果は、農業の導入後、約15、000年前に東アジアで犬の家畜化が起こったという以前の理論に異議を唱えています。

現実には、犬と人間の絆の歴史は、毛皮で覆われた人間が洞窟に住み、マンモスを狩っていた時代にまでさかのぼると思われます。

科学者たちは、DNA分析の実証済みの信頼できる技術を使用して、オオカミのどの集団が生きている犬に最も関連しているかを確認しました。

飼い犬のDNAは、古代ヨーロッパの氷河期のオオカミや現代のオオカミの化石の骨から抽出されたものと最もよく一致していました。

世界の他の地域のオオカミ、コヨーテ、ディンゴのDNAとの類似性はほとんどありませんでした。

初期の飼いならされたオオカミは、狩猟犬として訓練されたか、あるいは彼らの人間の主人を捕食者から保護したかもしれない、と研究者達は信じています。

フィンランドとドイツのチームは、サイエンス誌に次のように書いています。

「大きくて危険な肉食動物」の犬の家畜化は、おそらくオオカミが新鮮な肉の匂いでハンターキャンプ場に引き付けられた後、部分的に偶然に起こった可能性があります。

この研究は、初期の農業が村の周りを嗅ぐオオカミをもたらし、人間との関係を形成するという以前の考えと矛盾しています。

ドイツのテュービンゲン大学の研究者の一人であるヨハネスクラウス教授は、「ヤギ、ヒツジ、ウシを飼うずっと前から、犬は私たちの仲間でした」と述べています。

科学者たちは、エネルギーを生成する細胞内の小さな発電所であるミトコンドリアで見つかった特定の種類のDNAを分析しました。

細胞の心臓に見られる核DNAとは異なり、ミトコンドリアDNAは母親からのみ受け継がれています。これにより、祖先を追跡するための強力なツールになります。

この研究には、18匹の先史時代のオオカミと他の犬のような動物、および現在の77匹の犬と49匹のオオカミの遺伝子データが含まれていました。

先史時代の遺跡の中には、2セットのドイツの犬の化石がありました。1つはボン近くの14、700年前の人間の埋葬地からのもので、もう1つはメッヒャーニッヒ近くの洞窟からのものです。

現代の犬からのDNAのほとんどは、スイス北部の洞窟で見つかったオオカミの骨格のDNAと密接に関連して、たった1つの系統まで追跡可能でした。

フィンランドのトゥルク大学の研究リーダーであるオラフ・タルマン氏は、「今日生きているすべての犬が、すべてヨーロッパに由来する4つの遺伝的系統に戻ることを彼らがどれほど明確に示したかに驚いた」と述べた。


新しい研究では、新石器時代の人間が4、000年前に犬を埋葬した理由を調べています

人間は犬の仲間の長い歴史を楽しんできました。犬が最初に飼いならされた時期が正確にわからない場合でも(そしてそれが複数回起こった可能性があります)、考古学は人間との関係の性質に関するいくつかの手がかりを提供します。

関連性のあるコンテンツ

最新の手がかりは、3、600年から4、200年前に南ヨーロッパに住んでいた人間が、定期的に墓地を共有するのに十分な犬の世話をしたことを示唆しています。バルセロナを拠点とする研究者は、イベリア半島北東部の4つの異なる遺跡からの26匹の犬の遺体を調査しました。

犬の年齢は1ヶ月から6歳までの範囲でした。ほぼ全員が、人間と一緒に、または近くの人間と一緒に墓に埋葬されました。 「これらが人間の近くに埋葬されたという事実は、死と葬儀の意図と直接的な関係があったことを示唆している」と、バルセロナ大学の動物考古学者である筆頭著者のシルビア・アルビズリはプレスリリースで述べている。

犬と墓に加わった人間との関係をよりよく理解するために、アルビズリと彼女の同僚は骨の同位体を分析しました。中性子の数が異なる同じ化学元素の同位体を研究すると、原子の構成要素の1つである植物や動物の分子にはさまざまな同位体の比率が異なるため、食事に関する手がかりが明らかになります。分析によると、主に肉ベースの食事を食べた犬はほとんどいませんでした。ほとんどの人が人間と同じような食事を楽しんでおり、小麦や動物性タンパク質などの穀物を摂取していました。 2匹の子犬と2匹の成犬でのみ、サンプルは食事が主に菜食主義であったことを示唆しました。

これは、犬が人間から与えられた餌で生活していたことを示しています。 考古学ジャーナル。 「これらのデータは、犬と人間の密接な共存を示しており、おそらく、野菜をベースにした食事の場合には明らかな、犬の栄養の特定の準備を示しています」と、研究の共著者である生物学者のEul&#224lia Subir&#224は述べています。バルセロナ自治大学の人類学者。

上:ラ・セレッタと呼ばれる遺跡で見つかった犬の残骸。下:ネクロポリスB&#242bilaMadurelの人間の骨格の間に見つかった犬の骨格の図。 (UB-UAB)

遺跡はすべてヤムナヤ文化、またはピット墓文化の人々に属しています。これらの遊牧民は、黒海とカスピ海の北の草原からヨーロッパに押し寄せました。彼らは牛乳生産と羊のために牛を飼育し、言語学者が今日ヨーロッパとアジアからインド北部まで話されている言語のほとんどを生み出したと思われる言語を話しました。

埋葬された犬は、人間の墓で見つかった最古の犬ではありません。その区別は、現代のドイツの14、000年前の墓で見つかった子犬に属しています。病気で子犬を育てるためにその子犬に与えられた世話は、それを発見した研究者にとって特に興味をそそられました。 「少なくとも一部の旧石器時代の人間は、功利主義的な価値の観点から、犬の一部を単に物質的に見なしただけでなく、すでにこれらの動物と強い感情的なつながりを持っていました」と、発見と学芸員に関する論文の共著者であるLianeGiemschは述べています。 Arch&#228ologisches Museum Frankfurtは、MaryBatesに次のように語った。 ナショナル・ジオグラフィック 2018年に。

新しい研究の研究者が彼らが研究した地域で非常に多くの犬を見つけたという事実は、人間と犬を埋める習慣が当時、銅器時代後期から青銅器時代初期まで一般的であったことを示しています。おそらく、犬の仲間は家畜の群れや警備を助けました。確かなことは、古代の人間は動物が死んでも近くにとどまるのに十分重要であると思ったということです。

マリッサ・フェッセンデンについて

マリッサ・フェッセンデンは、小さなものや広いオープンスペースを高く評価するフリーランスのサイエンスライター兼アーティストです。


犬の最も近いオオカミの祖先が絶滅した、DNA研究が示している

現代の犬とオオカミの新しい遺伝子分析は、人間の親友が農業の前に家畜化されたことを示唆しています。

しかし、この家畜化の起源は頑固に謎のままです。研究者は、3つの家畜化の可能性のある場所(中東、アジア、東ヨーロッパ)からのオオカミのゲノムを分析し、現代の犬は3つのいずれともより密接に関連していないことを発見しました。実際、今日の犬の最も近いオオカミの祖先は絶滅し、野生の子孫を残していないようです。

「犬はすべて1つのグループを形成し、オオカミはすべて1つのグループを形成します。これらの犬が、私たちがサンプリングした3つの犬の中でより密接に関連しているオオカミはありません」と大学の遺伝学教授である研究研究者のジョンノベンブルは述べています。シカゴ。 「それは研究の大きな驚きです。」 【犬について知らなかった10のこと】

家畜化の謎

飼い犬の起源は根強い謎です。家畜化の化石の証拠は、頭蓋骨の形状と古代のDNA分析に基づいて、33、000年前までさかのぼります。しかし、犬のような犬の存在は、化石が飼いならされた犬を表しているとしても、現代の犬の起源を証明するものではありません。それは、子孫を残さなかった失敗した系統であった可能性があります。

研究者は、犬が約10、000年前までに人間と定期的に暮らしていたこと、そして犬と人が早くも14、000年前に一緒に埋葬されていることを知っています。さまざまな遺伝学的研究により、今日の飼いならされた犬の起源として、中国、中東、ヨーロッパが指摘されています。

Novembreと彼の同僚は、高品質の完全なゲノムを使用して家畜化の理解を深めたいと考えていました。彼らは、イスラエルのオオカミ、中国のオオカミ、クロアチアのオオカミから完全な遺伝子配列を収集し、元の犬の家畜化の可能性のある場所を網羅しました。次に、彼らはまた、オーストラリアのディンゴ、東南アジアで発生したと考えられている野生の犬種、およびアフリカのバセンジーの全ゲノムを配列決定しました。これらの犬はどちらもオオカミと重なる領域を持っていないので、研究者は、犬とオオカミがどのように分裂するかについての話をしばしば混乱させる家畜化後の交配がほとんど見られないことを望んでいました。

研究者たちはまた、ボクサーのために以前に行われた全ゲノム配列を持っていました。

複雑な犬

高品質で完全な配列により、研究者はゲノム全体にわたる遺伝的変異を調べることができました。これは重要だ、とNovembreはLiveScienceに語った。以前の研究は、犬種ごとに異なることが知られているために選択されたDNAの断片に限定されていたからである。 [最もクールな動物ゲノム]

「これらを犬やオオカミの観察に適用すると、オオカミには存在したが犬では消えたバリエーションを見ることができないため、全体像を把握することはできません」とNovembre氏は述べています。

本日(1月16日)ジャーナルPLOS Geneticsに発表された新しい結果は、犬が現代のオオカミと同じ血統から生まれていないことを明らかにしています。複数の家畜化イベント。たとえば、オーストラリアのディンゴはアジアのオオカミに最も関連があり、アフリカのバセンジーは中東のオオカミに最も関連があります。

代わりに、犬はすべて互いに最も密接に関連しています。このパターンは、犬が現在絶滅したオオカミの系統から生まれたことを示唆している、とNovembreは述べた。その後、飼いならされた犬の歴史の初期に、彼らはまだ野生のオオカミと交配し、今日まで犬の遺伝学研究者を苛立たせる遺伝的唸りを引き起こしました。

シーケンスはまた、最初の犬が彼らの日に住んでいた非常に少数のオオカミから生まれたことを明らかにしました、とNovembreは言いました。家畜化の頃、オオカミと犬の両方が、人口のボトルネックとして知られているものを経験しました—彼らの数は減少しました。遺伝子はこれらの落下が起こった理由を説明できない、とNovembreは言った、しかしオオカミの場合、人間の侵入と大きな獲物をめぐる競争がおそらく役割を果たした。

最後に、比較によれば、オオカミと犬は9、000年から34、000年前に分裂し、農業が台頭する前の11、000年から16、000年前の間隔である可能性があります。これらの発見は化石の記録と一致している、とNovembreは言った。

以前の研究では、おそらく犬の家畜化は、現代の犬の祖先がでんぷんを消化しやすくする遺伝子変異からの推進力を得た、つまり人間のゴミの山から取り除くことができると示唆していました。新しい研究はその遺伝子突然変異を調べて、それが確かに起こったことを発見しました、しかしおそらく犬がすでに飼いならされた後に。たとえば、ディンゴは間違いなく犬であり、オオカミではありませんが、デンプンに優しい遺伝子のコピーはほとんどありません。

「あなたは人間の狩猟採集民グループの周りに犬がぶら下がっている状況で家畜化が起こっていました、そして後でこれらのグループが農業に切り替え始めたとき、彼らは彼らの食事を変えました」とNovembreは言いました。

もっと答えが来る?

しかし、まだ多くの質問に答える必要があります。家畜化の起源が25、000年というこのように広い範囲である理由は、研究者がゲノムの突然変異率に基づいて推定を行わなければならなかったためです。 Novembre氏によると、突然変異はまれであり、突然変異が発生する頻度を推定することは難しい提案です。最良の方法は、親と子孫のゲノムを比較することですが、その作業はまだ犬では行われていません。 Novembre氏によると、これが完了すると、チームは見積もりを精緻化できるようになります。

しかし、現代のオオカミと現代の犬が祖先と子孫よりも姉妹グループのように見えるという発見は、現代のDNA配列が家畜化の起源を明らかにしない可能性が高いことを意味します。その質問に答えるために、ノベンブルは、古代のDNA分析が必要になるだろうと言いました。

これまでのところ、化石から抽出されたDNA配列は不完全です。しかし、研究者が完全なネアンデルタール人のゲノムを配列決定したように、彼らは化石の犬とオオカミからの完全なゲノムを配列決定しようとしています。

Novembre氏は、この問題について「いくつかのグループが槌を打っている」と述べ、完全な古代の犬のゲノムはわずか9か月先にある可能性があると付け加えた。


イスラエルのカナーンドッグは9、000年前の親友でしたか?

Amanda Borschel-Danは、タイムズオブイスラエルのユダヤ人世界および考古学の編集者です。

サウジアラビアとイスラエルは今日、正式な外交関係を結んでいない可能性がありますが、約9、000年前には、少なくともイスラエルの国民的品種であるカナーンドッグに対して、明らかに国境開放政策がありました。

最近、サウジアラビアの乾燥したシュワイミスとジュバ地域の巨大な血色の良い岩で、カナーンドッグのように見えるものを描いた何百もの巨大なペトログリフが見つかりました。考古学記録にある犬の最も初期の描写は、鮮やかな狩猟シーンで犬のひもでつながれた犬の詳細なスナップショットを示しています。

研究、「アラビアにおける犬支援狩猟戦略の新石器時代以前の証拠」が最近、Journal of AnthropologicalArchaeologyに掲載されました。 Maria Guagnina、Angela R. Perrib、Michael D. Petragliaによって書かれ、人間の親友が獲物を駆け下りて致命的な打撃を与える前に疲れさせるように訓練されたと考えられる初期の狩猟戦略についての洞察を提供します。犬の牙、または人間の槍と矢による&#8212。

サウジアラビアでは、Shuwaymisは、砂岩の断崖に隣接するワディの溶岩原の北端に位置しています。 9、000年前でさえ、居住は挑戦でした。一方、ジュバは古湖が特徴で、動物の描写の種類は、今回は湿度が高く、少し涼しい気候を示しています。

&#8220シュワイミスとジュバでの狩猟犬の描写は、アラビア半島での犬の最も初期の証拠を表しており、研究によると、犬の最初の動物相の証拠よりも数千年前のものです。

この新しいサウジアラビアの発見の前に、犬の最も初期の画像は、紀元前6、000年頃のイランの陶器の破片で発見されました。カナーンドッグの絵は、紀元前2、200年頃からエジプトのベニハッサン寺院でも見つかりました。

新しいサウジアラビアのシーンの多くで前例のないことは、犬がハンターにひもでつながれているように見えることです。 &#8220鎖はハンターの腰につながれているように見え、弓と矢のために手を自由にしたままになっています。ハンターの中には、個々の犬をひもでつないでいる人もいれば、複数の犬を飼っている人もいます。

科学者たちは、これらのテザーは、「完新世の初期のハンターが犬をどのように制御し、さまざまなタスクにさまざまな犬を利用する可能性があるか」を示していると主張しています。

&#8220これは、アラビア半島での複雑な犬による狩猟戦略が新石器時代以前に始まったことを示唆しています。&#8221はこの研究を読んでいます。 &#8220犬は、たとえば、貴重な香りの犬が怪我をしないように保護したり、保護のために犬をハンターの近くに置いたりするためにひもでつなぐことができます。また、狩猟の訓練を受けている若い犬や、怪我をしやすい年配の犬を表す場合もあります。&#8221

カナーンドッグの第一人者であるマーナシボレスは、9、000年前のハンターが犬を「コントロール」できたことに懐疑的です。

&#8220複雑な狩猟戦略?&#8221は、「The Israel Canaan Dog」の著者であるシボレスが、今週のタイムズオブイスラエルへの電子メールで最近の研究を引用しているのではないかと疑問に思いました。 &#8220私は彼らが複雑な犬の訓練の考えを持っていたとは思いません&#8217t。 [ハンター]は犬の自然な本能を利用して狩りをし、犬を放して狩りをしたり、ゲームを捕まえたり、追跡してゲームを見つけたりしました。&#8221

シボレスは、ひもを使用すると、ハンターが4本足の狩猟仲間をコントロールできるようになることに同意しました。

&#8220犬はロボットではなく、犬です。小さな子供にいつもあなたの言うことを聞くことを頼りにすることができないのと同じように、犬にも同じことが言えます。狩りのどこかで彼が邪魔をしないようにしたいのなら、あなたは彼を飼うでしょう。ひもでつながれた、&#8221彼女は書いた。

今日、世界には2,000〜5,000頭の純血種のカナーン・ドッグしかおらず、イスラエルには約1,000頭がいます。しかし、国のほとんどの野生の犬、そして避難所で見つかった犬の大部分は、品種と混合されています。

カナーンドッグは、1965年に登録された品種としてイスラエルで最初に認識され、1997年にアメリカンケネルソサエティがそれに続きました。AKSによると、遺伝的または健康上の問題はほとんどなく、その品種基準には、簡単なトレーニング、警戒、警戒、献身、従順さが含まれます。家族と一緒ですが、見知らぬ人との予約とよそよそしさ。それは非常に領土的で、非常に声高であるという特徴があり、人々に対する内気または支配に苦しむ可能性があります。

サウジの2つのサイトで見つかった数百匹のエッチングされた犬すべてが、研究の著者を書き、特徴的な刺された耳、短い鼻、深い角度の胸、およびカールした尾を表示し、同じ&#8216タイプのように見えます。 '&#8221&#8230これらのイヌ科動物は、現代のカナーンドッグに非常によく似ていることをお勧めします。&#8221著者を書いています。

タイムズ・オブ・イスラエルとの以前の会話で、シボレスはカナンの品種が典型的な主従関係ではなく、人間とのパートナーシップにあると説明しました。

&#8220このように言います。ジャーマンシェパードと一緒に崖の端に行き、ジャンプするように指示すると、ジャンプします。カナーンドッグと一緒に崖の端に行き、ジャンプするように言うと、あなたの方を向いて、「最初にあなたが」と言います。

カナーンドッグはどこから来て、どうやってそこに着いたのですか?

科学者たちは、ペトログリフがレバントを起源とするカナーンドッグを描いているかどうかは定かではありません。ペトログリフに描かれている犬は、現代のカナン種の祖先である可能性もありますが、アラビアで生まれ、後の時期にイスラエルに移住し、その逆ではない、と著者は書いています。

&#8220シュワイミスとジュバの犬の描写が非地元の犬(レバントなど)を表しているのか、アラビア半島の局所的な家畜を表しているのかは不明です&#8221人類学考古学研究の著者を書いています。

&#8220アラビア半島の犬の描写と現代のカナーンドッグは、収斂進化の事例、または過酷で乾燥した環境に適応した2つの無関係な犬のグループを表す可能性があります。&#8221はこの研究を示唆しています。

2015年のネイチャーの記事によると、犬は33、000年前に東南アジアで最初に飼いならされました。 2011年にロシアで半飼いならされたペットの犬の化石化した頭蓋骨が発見されました。

&#8220東南アジアの犬は、他の個体群と比較して遺伝的多様性が著しく高く、灰色オオカミに関連する最も基本的なグループであり、33、000年前の東南アジアの飼い犬の古代の起源を示しています。 2015年の記事によると、約15、000年前に、祖先の犬のサブセットが中東、アフリカ、ヨーロッパに移動し始め、約10、000年前にヨーロッパに到着しました。

1978年のネイチャーの記事は、12、000年前のイスラエルでの犬の家畜化の証拠を示しています。サウジアラビアの岩の彫刻は約9、000年前にさかのぼります。これは、この地域への犬の移動のかなり後のことでもあります。

非常にunInstagram

科学者によると、ロックアートの制作にはかなりの時間がかかったでしょう。

&#8220チセリングストーンは時間と労力を要するため、その背後には努力が必要でした&#8230したがって、このような永続的な媒体に記録するのに十分重要であるとアーティストが考える主題は、考古学者が考えているものそのものです。サウジのペトログリフの文書化を任務とする詳細なプロジェクトに関する情報を提供するウェブサイト、アラビアンロックアートヘリテージによると、非常に興味深いです。

ShuwaymisとJubbahで見つかったペトログリフは、アイベックスとガゼルの首にあるデスグリップスに閉じ込められた犬のグラフィックシーンを表しています。科学者たちは、犬が本能的に簡単な賞を選ぶ能力のためにも使用されたと信じています。

明らかなのは、シーンが刺激的であるということです。

「それは少し心が痛むことです。ウマは通常、若い子が攻撃されている母親です」と、過去3年間で1,400以上のペトログリフのパネルを分析したグアグニンはニューヨークタイムズに語った。 &#8220死にゆく動物たちと一緒にこれらのシーンを見るのは非常に興味深いことであり、犬がぶら下がっています。&#8221

Gauginは、ドイツのMax Planck Institute for the Science of Human Historyの同僚、動物考古学者のAngelaPerriとシーンを共有しました。

「マリアがロックアートの写真を持って来て、何か意味があるのか​​と尋ねられたとき、私は頭がおかしくなった」とペリーはサイエンス誌に語った。 &#8220百万の骨は、これらの画像が私に何を伝えているかを教えてくれません&#8230これはあなたがYouTubeビデオに到達しようとしている最も近いものです。&#8221

イスラエルとユダヤ人の世界に関する正確で洞察に満ちたニュースをタイムズ・オブ・イスラエルに頼っていますか?もしそうなら、参加してください タイムズオブイスラエルコミュニティ。 月額わずか6ドルで、次のことができます。

  • サポート 私たちの独立したジャーナリズム
  • 楽しみ ToIサイト、アプリ、メール、および
  • アクセスを取得する イスラエルのロック解除されたバーチャルツアーシリーズや創設編集者のデビッドホロビッツからの毎週の手紙など、ToIコミュニティとのみ共有される独占的なコンテンツに。

あなたが読んだことを本当に嬉しく思います Xタイムズオブイスラエルの記事 先月。

だからこそ、私たちは毎日働きに来ています。あなたのような目の肥えた読者に、イスラエルとユダヤ人の世界の必読の報道を提供するためです。

だから今私たちはリクエストがあります。他の報道機関とは異なり、ペイウォールは設置していません。しかし、私たちが行うジャーナリズムは費用がかかるため、タイムズ・オブ・イスラエルが重要になった読者を招待して、参加することで私たちの仕事を支援してください。 タイムズオブイスラエルコミュニティ.

月額わずか6ドルで、The Times of Israelを楽しみながら、質の高いジャーナリズムをサポートできます。 広告なし、およびTimes of IsraelCommunityメンバーのみが利用できる独占コンテンツへのアクセス。


犬がどのようにして私たちの親友になったのかという秘話

犬と人間は非常に長い間BFFでした- 少なくとも 10、000年。

しかし、犬や他の動物がどのようにして飼いならされたのか、そしてその理由について疑問に思ったことはありませんか?そして、今日の飼いならされた動物は、野生の前任者とどのように異なりますか?話は想像以上に複雑です。

To learn more about how man's best friend came to be -- and how dogs changed the course of human history -- check out the video above, and/or read the transcript below.

Don't forget to leave your thoughts in the comments. Talk nerdy to me!

They’re our best friends! Around 144 million Americans own a dog or cat as a pet. But how did our domesticated companions make the transition from wild creatures to tamed animals? And what does their history have to do with our history?確認してみましょう。

Hey everyone. Jacqueline Howard here. Evidence for animal domestication can be found in ancient texts, wall paintings, Egyptian tombs and burial grounds. From all of this evidence along with modern genetic testing, we can piece together a pretty good timeline as to what animals were domesticated and where and when this took place.

For instance, we know that dogs were humans’ first pets. Some scientists say they evolved from wolves, but a new study suggests that dogs and gray wolves rather evolved from a common ancestor. Regardless, archaeologists know, from digging up artifacts and animal bones, that dogs have been a part of human lives way before the advent of agriculture -- so at least 10,000 years ago. In fact, mummified dogs have been found in ancient tombs in Egypt.

So this evidence strongly suggests that we were still hunter-gatherers when the earliest dogs most likely arose, and they likely played a big role in protecting us. For instance, a dog’s barking could have been like a prehistoric alarm system letting us know when dangerous animals or other tribes of foragers were nearby.

Then, how did domestic dogs, which are all of the subspecies Canis lupus familiaris, grow and branch out into so many different breeds all around the world? Artificial selection. That means we humans, for thousands of years, selected the dogs we liked the most -- because of their fluffy fur or friendly personality or intelligence or even ferocity -- and we kept those dogs around, and we bred them. In a span of less than 10,000 years, breeders have changed dogs’ personality traits and body shapes so they’d have aspects that we preferred. For instance, a dog may have been bred for its hunting and herding behavior.私が何を意味するのか分かりますか?

Some scientists say that as humans realized that we could domesticate and use dogs for everyday tasks, like hunting, we then started to domesticate other animals for various tasks and resources too -- like sheep, goats, cattle, and pigs.

The domestication of animals played a key role in the rise of agriculture, and the expansion of early civilizations around 10,000 years ago. Just think, domesticating work animals -- from cattle and oxen to dogs and cats -- creates larger farms, which thus means more food and more people. When the population in one area grows so does infrastructure, social hierarchies, monumental architecture, I could go on and on. Around this time, different civilizations also traded and used livestock like currency. Horses and camels became the go-to form of transportation to trek long-distance trade routes. These beasts of burden transformed our way of life.

Of course, the domesticated animals that impacted certain communities varied around the world. Cattle, oxen, sheep, goats, horses, donkeys, camels, chickens, and pigs were all native to Afro-Eurasia while the people of the Americas domesticated llamas, turkeys, and guinea pigs…not exactly animals that could pull heavy plows or take you on long-distance trip. Because you can’t ride a llama or turkey, there wasn’t much opportunity to travel long distances to trade and develop -- which sheds light on how and why the civilizations in the Americas took a bit longer to develop than those in Afro-Eurasia. So you see, fluffy had way more to do with the evolution of human civilization than you probably thought.


When did dogs become man's best friend?

Man's best friend may have been domesticated about 15,000 years ago, evolving from wolves around the time that humans were establishing their first settlements, new evidence suggests.

Using sophisticated 3D imaging to analyze several fossil skulls, a study in this week's Nature Scientific Reports found dogs emerged much more recently than previously thought. Other studies in recent years had suggested dogs evolved as early as 30,000 years ago, a period known as the late Paleolithic, when humans were hunter-gatherers.

Abby Grace Drake, a biologist at Skidmore College and one of the co-authors of the latest study, said there is an abundance of evidence -- including the skulls as well as genetic and cultural evidence -- to show dogs arrived instead in the more recent period known as the Neolithic.

"The dog remains from the Neolithic are found buried with humans and adorned with ornaments such as necklaces of deer teeth," Drake told CBS news in an interview.

"Whether dogs were domesticated in the Paleolithic or the Neolithic creates two different scenarios for how domestication may have taken place," she explained. "In the Paleolithic humans were hunter-gatherers. In the Neolithic is when we started to build permanent settlements that would have required 'dumps.' These piles of food and human waste would have attracted scavengers. Some scientists propose that wolves that scavenged at these dumps would have access to valuable food and those that could tolerate the presence of humans would be more successful."

The skulls of a German Shepherd and a Grey Wolf are put side by side to show their subtle differences

To come to this conclusion, Drake, along with Michael Coquerelle of the University Rey Juan Carlos and Guillaume Colombeau from the University of Bordeaux, reanalyzed two skulls as much as 32,000 years old from Russia and Belgium which had been identified as dogs. They used 3D technology to examine 36 points on the skull, including including the muzzle, palate, teeth, and braincase, as well as CT scans of the fossil skulls.

Then they compared those findings to the skulls of more than 100 other dog and wolves, including modern breeds.

The end result: those ancient skulls were from wolves, not dogs. Their findings called into question the theory that dogs had domesticated for 30,000 years.

"I have been using this 3D technique on dogs and wolves for my previous studies so I already had a very large database of skulls to compare the fossils to," Drake said. "Since I had this database I was curious as to how these early fossils would compare. Would they appear as primitive dogs? Dog-wolf hybrids? I was surprised when I discovered they were shaped like the wolf skulls."

Drake said this new 3D technique "allows us to test parts of the skull which were not measured before." The skulls had previously been only measured by caliper, which Drake said, "do not distinguish between dogs and wolves and miss important aspects of the skull such as the angle of the orbits and angle of the muzzle."

"The 3D technology captures these subtle shape changes very well," she said.

This is the latest chapter in a long-running debate over just when and where dogs were domesticated.

A 2013 study in PLOS One, looking at a different fossil skull found in the Altia Mountains of Siberia, concluded that dogs were domesticated 33,000 years ago. They based their findings on a genetic sequence from the skull compared with genetic sequences of 72 modern dogs from 70 breeds, 30 wolves, four coyotes and 35 prehistoric canid species from the Americas.

Armed with much more data, the researchers writing in Science later that year and using several of the same skulls concluded that dogs were domesticated in Europe about 18,000 to 32,000 years ago.

One of the authors on both studies, Olaf Thalmann of the University of Turku in Finland, responded to the new findings by saying that "every new measurement of the remains reveals a different story."

But while calling the study interesting, he remained unconvinced by the new evidence that dogs could have evolved as late as the Neolithic.

"I wonder, why Drake et al. argue that domestication must have happened later in time during the Neolithic instead of the late Pleistocene. The authors simply use a potential 'misclassification' of two samples to reject a hypothesis that has been supported by independent research before," he said in an e-mail to CBS News.

"At least a handful of genetic studies based on diverse markers (including complete genomes) has demonstrated that the onset of domestication must have occurred before at least 15,000 years ago," he said. "Aside from this genetic evidence I wonder, if the domestication originated in the Neolithic, say around 10,000 years, how would other fossils fit into the picture?" He cited the example of three specimens that appear to be much older.

Drake was confident in her findings, adding that several researchers had applauded their technique for bringing much greater accuracy to the work of assessing the skulls. But she admitted it by no means ends the debate on dog domestication -- noting that she had tried to test the Altia skull and was denied access by the scientists who said they are still examining it.

"Every time we find more fossil material, we will have test it with this new methodology," she said. "There also the fossil out there like the skull from Altai that we would also to examine to determine if it's a dog or wolf. We can't say unless we are able test it."


How dogs tracked their humans across the ancient world

Sometime toward the end of the last ice age, a gray wolf gingerly approached a human encampment. Those first tentative steps set his species on the path to a dramatic transformation: By at least 15,000 years ago, those wolves had become dogs, and neither they nor their human companions would ever be the same. But just how this relationship evolved over the ensuing millennia has been a mystery. Now, in the most comprehensive comparison yet of ancient dog and human DNA, scientists are starting to fill in some of the blanks, revealing where dogs and humans traveled together—and where they may have parted ways.

“It’s a really cool study,” says Wolfgang Haak, an archaeogeneticist at the Max Planck Institute for the Science of Human History. “We’re finally starting to see how the dog story and the human story match up.”

Dogs are one of the biggest enigmas of domestication. Despite decades of study, scientists still haven’t figured out when or where they arose, much less how or why it happened. A 2016 study concluded that dogs may have been domesticated twice, once in Asia and once in Europe or the Near East, but critics said there wasn’t enough evidence to be sure. A few years later, researchers reported signs of dogs in the Americas as early as 10,000 years ago, yet those canines appear to have vanished without a genetic trace. Other studies have found evidence of ancient dogs in Siberia and elsewhere, but scientists don’t know how they got there or how they’re related.

To fill in some of the blanks, two big names in dog and human genetics teamed up: Greger Larson, an evolutionary biologist at the University of Oxford, and Pontus Skoglund, a paleogenomicist at the Francis Crick Institute. Larsen, Skoglund, and colleagues sifted through more than 2000 sets of ancient dog remains dating back nearly 11,000 years from Europe, Siberia, and the Near East. In the process, they added 27 ancient dog genomes to the five already on record. They then compared those with the genomes of 17 humans living in the same places and times as the dogs.

The dog DNA alone revealed some surprises. As early as 11,000 years ago, there were already five distinct dog lineages these gave rise to canines in the Near East, northern Europe, Siberia, New Guinea, and the Americas, the team reports today in 化学。 Because dogs had already diversified so much by that time, “domestication had to occur long before then,” Skoglund says. That fits with archaeological evidence: The oldest definitive dog remains come from Germany about 15,000 to 16,000 years ago.

Remarkably, pieces of these ancient lineages are still present in today’s pooches. Chihuahuas can trace some of their ancestry to early American dogs, for example, whereas Huskies sport genetic signatures of ancient Siberian dogs, the team found. “If you see a bunch of different dogs in a dog park,” Skoglund says, “they may all have different ancestries that trace all the way back 11,000 years” (see figure below).

Today’s dogs can trace their ancestry to canines that lived up to 11,000 years ago.

When the researchers compared their dog DNA with modern and ancient wolf DNA, they got another surprise. Most domesticated animals pick up genetic material from their wild relatives—even after domestication—because the two species often live in close proximity and can still mate (think pigs and wild boars). But dogs show no such “gene flow” from wolves. Instead, the wolves gained new DNA from the dogs—a one-way street.

Larson chalks this up to the intimate relationship between dogs and humans. If your pig or chicken becomes a bit wilder thanks to an infusion of feral DNA, it doesn’t matter, because you’re going to eat them anyway, he explains. But dogs that go native make bad guards, hunting companions, and friends. “If you’re a dog and you have a bit of wolf in you, that’s terrible,” Larson says. People will “get rid of the dog.”

The wolf-dog analysis also suggests dogs evolved only once, from a now-extinct wolf population. Still, Larson, who led the 2016 study on multiple domestication events, says more data are needed to seal the deal.

Then the scientists brought humans into the mix. They selected human DNA samples from the same places and eras for which they had ancient canine DNA, and traced the genetic history of each. “It’s like you have an ancient text in two different languages, and you’re looking to see how both languages have changed over time,” Skoglund says.

In many places, the team found a strong overlap between human and dog genomes. For example, farmers and their pups in Sweden about 5000 years ago both trace their ancestry to the Near East. This suggests early farmers took their dogs with them as agriculture spread throughout the continent. “Writ large, as humans moved, they moved with their dogs,” Larson says.

But sometimes the stories didn’t match up. Farmers in Germany about 7000 years ago also came from the Near East and also lived with dogs. But those animals seem more similar to hunter-gatherer pups, which came from Siberia and Europe.

That suggests many early migrants adopted local dogs that were better adapted to their new environment, Haak says. The benefits were many, adds Peter Savolainen, a geneticist at the Royal Institute of Technology and an expert on dog origins. “They were cute. You could use them. You could even eat them.”

Savolainen calls the study “very thorough,” and adds it’s “fantastic” that the researchers were able to bring together so many data. But he has long argued that dogs arose in Southeast Asia and says the work is incomplete without samples from that corner of the globe. “Without those, you could be missing an important part of the picture.”

For now, Larson says his team is analyzing “a ton” of wolf and dog genomes. He and his colleagues have also begun to look at ancient skull shape and genetic markers that could give clues to what early dogs looked like. Whatever he finds, he’s counting on being surprised. “We have to expect the unexpected,” he says, “because that’s all ancient DNA ever gives us.”


Dogs' Closest Wolf Ancestors Went Extinct, Study Suggests

A new genetic analysis of modern dogs and wolves suggests that man's best friend was domesticated before agriculture.

But the origin of this domestication remains stubbornly mysterious. Researchers analyzed the genomes of wolves from three likely sites of domestication (the Middle East, Asia and eastern Europe), and found that modern dogs were not more closely related to any of the three. In fact, it seems that the closest wolf ancestors of today's dogs may have gone extinct, leaving no wild descendants.

"The dogs all form one group, and the wolves all form one group, and there's no wolf that these dogs are more closely related to of the three that we sampled," said study researcher John Novembre, a professor of genetics at the University of Chicago. "That's the big surprise of the study." [10 Things You Didn't Know About Dogs]

Domestication mystery

The origin of the domestic dog is a persistent mystery. Fossil evidence for domestication dates back as far as 33,000 years, based on the shape of the skull and on ancient DNA analysis. But the presence of a dog-like canine doesn&rsquot prove the origin of modern dogs even if the fossil represents a domesticated dog, it could have been a failed lineage that left no descendants.

Researchers know that dogs regularly lived with humans by about 10,000 years ago, and dogs and people are found buried together as early as 14,000 years ago. Various genetic studies have pointed to China, the Middle East and Europe as the origin for today's domesticated dogs.

Novembre and his colleagues wanted to refine the understanding of domestication using high-quality, full genomes. They gathered full gene sequences from a wolf in Israel, a wolf in China and a wolf in Croatia to encompass the possible sites of the original dog domestication. Next, they also sequenced the full genomes of an Australian dingo, a feral dog species thought to have originated in Southeast Asia, and an African basenji. Neither of these dogs have territories that overlap with wolves, so researchers hoped they would see little of the post-domestication interbreeding that so often confuses the story of how dogs and wolves split.

The researchers also had a previously done full genome sequence for a Boxer.

Complicated canines

The high-quality, full sequences allowed the researchers to look at genetic variations across the entire genome. That's important, Novembre told LiveScience, because previous work was limited to snippets of DNA, chosen because they were known to vary from dog breed to dog breed. [The Coolest Animal Genomes]

"When we apply these to looking at dogs and wolves, we don't get a complete picture, because we can't see the variations that existed in wolves but vanished in dogs," Novembre said.

The new results, published today (Jan. 16) in the journal PLOS Genetics, reveal that dogs do not hail from the same lineage as modern wolves &mdash a big surprise, said Novembre, who was hoping to see evidence for either a single domestication or multiple domestication events, where, for example, the Australian dingo would be most related to the Asian wolf and the African basenji would be most related to the Middle Eastern wolf.

Instead, the dogs are all most closely related to each other. The pattern suggests that dogs arose from a now-extinct line of wolves, Novembre said. Later, early in domesticated doggie history, they interbred with still-wild wolves, causing a genetic snarl that frustrates dog genetics researchers to this day.

The sequences also revealed that the first dogs arose from a very small number of the wolves that lived in their day, Novembre said. Around the time of domestication, both wolves and dogs experienced what's known as a population bottleneck &mdash their numbers dropped. Genes can't explain why these drops occurred, Novembre said, but in the case of wolves, human encroachment and competition for large prey probably played a role.

Finally, the comparisons suggest that wolves and dogs split between 9,000 and 34,000 years ago, with a likely interval being between 11,000 and 16,000 years ago, before the rise of agriculture. Those findings are in line with the fossil record, Novembre said.

Previous research had suggested that perhaps dog domestication got a push from a genetic mutation that made it easier for modern dogs' ancestors to digest starch &mdash meaning they could scavenge from human garbage piles. The new study looked at that gene mutation and found that it certainly occurred, but likely after dogs were already domesticated. Dingos, for example, are unquestionably dogs and not wolves, but they have few copies of the starch-friendly gene.

"You had domestication occurring in the context of dogs hanging around human hunter-gatherer groups, and only later, when these groups began to switch to farming, did they change their diets," Novembre said.

More answers coming?

However, there are still many questions left to answer. The reason for such a wide range of 25,000 years for the origin of domestication is that researchers had to base the estimate on rates of mutation in the genome. Mutations are rare, Novembre said, and estimating how often they happen is a tricky proposition. The best way is to compare the genomes of parents and offspring, but that work has not yet been done with dogs. Once it's done, Novembre said, the team will be able to refine its estimates.

However, the discovery that modern wolves and modern dogs seem to be more like sister groups than ancestors and descendants means that modern DNA sequences likely won't reveal the origin of domestication. To answer that question, Novembre said, ancient DNA analyses will be necessary.

So far, DNA sequences extracted from fossils are incomplete. But just as researchers have now sequenced a complete Neanderthal genome, they're on the cusp of sequencing full genomes from fossil dogs and wolves.

"Several groups are hammering away" at the problem, Novembre said, adding that a full ancient dog genome could be as few as nine months away.