ギルベルトアルバラド

ギルベルトアルバラド

Gilberto Alvaradoは、1940年にニカラグアで生まれました。彼は、キューバのフィデルカストロの活動に触発されたゲリラグループであるFrente de Liberacion Nacional(FLN)に参加しました。しかし、彼はCIAの情報提供者でもありました。

1963年、FLNは、妨害工作の訓練を受けることが期待されていたキューバへの入国を取得するために、アルバラドをメキシコに派遣しました。

1963年11月25日、アルバラドはメキシコシティの米国大使館に連絡し、ジョンF.ケネディを暗殺したとして最近逮捕され非難されたリーハーヴェイオズワルドに関する重要な情報を持っていると述べました。

トマス・C・マンは情報をウィンストン・スコットに渡し、翌朝、スコットの副官であるアラン・ホワイトと別のCIA役員がアルバラドにインタビューした。 -髪のネグロ男。アルバラドによれば、オズワルドは誰かを殺すのに十分な人間であることについて何かを言った。彼はまた、両替商を見たと主張した。彼は当時の情報を米国大使館に報告したが、彼らは「私たちの時間を無駄にするのをやめなさい。私たちはここで働いており、遊んでいない」と答えた。

ウィンストン・スコットは、アルバラドがアラン・ホワイトに言ったことについて、デビッド・アトリー・フィリップスに語った。 11月26日、フィリップスはセーフハウスでアルバラドと会談しました。アルバラドはフィリップスに、赤毛の黒人男性がオズワルドに費用として1,500ドル、前払いとして5,500ドルを与えたと語った。日付は定かではありませんが、9月18日頃だと思いました。

マンとデビッドアトリーフィリップスはアルバラドを信じていましたが、ウィンストンスコットはそれほど確信がありませんでした。彼は、それが米国がキューバに侵入することを望んでいたニカラグアの右翼政府によって設立されたかもしれないという「外部の可能性」があると主張した。しかし、ジェファーソン・モーリーが指摘したように メキシコの私たちの男:「ホワイトハウスから発せられた無言のメッセージは、マンにはではないが、今では勝つことは明らかだった。オズワルドの動機についての憶測は、追求されるのではなく、断ち切られることになっていた。」

11月27日、ルイス・エチェベリアはウィンストン・スコットに、シルビア・デュランがメキシコを離れてキューバに向かおうとしたために再逮捕したと語った。マンはスコットに次のようなメッセージを送った。「デュランは、完全な物語を知っていた唯一の生きている非キューバ人として、暗殺前はオズワルドとまったく同じ立場にあったと言われるべきです。彼女の唯一の生存のチャンスは来ることです。ストーリー全体をきれいにし、完全に協力します。詳細に直面すると、彼女はひびが入ると思います。」

11月28日、ウィンストン・スコットはルイス・エチェベリアに連絡し、ワシントンがメキシコ人にギルベルト・アルバラドに尋問することを望んでいると伝えた。11月29日、スコットはジョンM.ウィッテンから次のようなメッセージを受け取った。デュラン、アルバラドなどは、情報をできるだけ早く入手できると考えています。」

J.エドガーフーバーは、トーマスC.マン、ウィンストンスコット、デビッドアトリーフィリップスとの面会のために、FBI捜査官のラリーキーナンをメキシコシティに派遣しました。マンは、フィデル・カストロとDGIがジョン・F・ケネディの暗殺の背後にあり、米国がキューバに侵攻するのは時間の問題であるという信念を表明することから会議を開始しました。しかし、キーナンは、フーバー、リンドンB.ジョンソン、ロバートケネディはすべて、リーハーヴェイオズワルドが単独で行動したと信じていると答えました。

マンは後にディック・ラッセルに次のように語った。これ以上調査するのではなく、ただ黙らせたいだけだ……米国がオズワルドについてあまり前向きではなかったと思う…それは私の人生で最も奇妙な経験だった」と語った。

実際には、J。エドガーフーバーはジョンF.ケネディを殺す共産主義の陰謀の可能性を排除していませんでした。 11月29日の1.40に、フーバーは電話でリンドンB.ジョンソンに次のように語った。その事実を証明することはできませんが、彼が9月18日にメキシコシティにいたという情報があり、彼がその日にニューオーリンズにいたことを決定的に証明することができます。日付を変更しました。日付を9月28日に変更し、彼は28日にメキシコシティにいました。今度はメキシコ警察がキューバ大使館のメンバーであるこの女性デュランを再び逮捕しました...そして私たちは「お金が通過するのを見た元の情報提供者と彼女に立ち向かうつもりなので、彼は言います、そして私たちは彼に嘘発見器テストをかけるつもりです。」

その夜、フェルナンド・グティエレス・バリオスはウィンストン・スコットに、ギルベルト・アルバラドが辞任し、キューバ大使館でリー・ハーヴェイ・オズワルドを見たという彼の話が完全に間違っていたことを認める声明に署名したと語った。彼の動機は、米国にフィデル・カストロに対して行動を起こさせることであると彼は言った。

数日後、ギルベルト・アルバラドは元の話に戻りました。彼はニカラグアのハンドラーに、彼が辞任した唯一の理由は、彼の尋問者が「彼の睾丸に彼を吊るす」と脅したことであると語った。しかし、その後まもなく、彼は再び辞任した。デビッド・アトリー・フィリップスは後に、アルバラドが「ソモザ兄弟によってメキシコシティに派遣された...彼らがキューバに反対するようにアメリカ政府に影響を与えるための秘密の行動と見なした」と主張した。ジェファーソン・モーリーは、フィリップスが不誠実であると主張している。「フィリップスは、アルバラドのCIA情報提供者としてのサービスについてずっと知っていた。FBIでさえ、彼がCIAの管理下にあることをずっと知っていた」。

シルビア・デュランは、リー・ハーヴェイ・オズワルドとの関係について質問されました。荒らされたにもかかわらず、彼女はオズワルドとの性的関係を持つことを否定した。彼女はまた、アルバラドがオズワルドに渡されるお金について嘘をついていると主張した。ルイス・エチェベリアは彼女を信じ、解放されました。


若いころ

ペドロの正確な生年は不明です。おそらく1485年から1495年の間でした。多くの征服者と同様に、彼はエストレマドゥーラ州、この場合はバダホス市出身でした。マイナーな貴族の多くの若い息子のように、ペドロと彼の兄弟は相続の方法で多くを期待することができませんでした。土地で働くことは彼らの下で考えられていたので、彼らは司祭または兵士になることが期待されていました。 1510年頃、彼は数人の兄弟と叔父と一緒に新世界に行きました。彼らはすぐに、キューバの残忍な征服を含む、イスパニョーラ島で始まった征服のさまざまな遠征で兵士としての仕事を見つけました。


オールドモントレーについて

モントレーのダウンタウンは、文化的および歴史的多様性のメッカであり、さまざまな飲食店、小売店、娯楽施設があります。その風景は、モントレーの過去と現在のイメージを組み合わせており、海辺の町のモダンな魅力を体験しながら、かつて偉大な歴史上の人物が歩いた通りを常連客が歩くことができます。ダウンタウンを訪れている間、訪問者はおいしい食事を楽しんだり、立ち寄るまで買い物をしたり、時間をかけて旅行したりして、モントレーのダウンタウンが提供する豊かな歴史を体験することができます。

モントレーのダウンタウンのメインストリートはアルバラドストリートで、ナショナルトラストヒストリックプリザベーションによって「メインストリートコミュニティ」として認識されています。この通りは、アルタカリフォルニアの元知事だったフアンバウティスタアルバラドにちなんで名付けられました。アルバラドストリートは、コルトンホール、ラーキンハウス、クーパーモレラアドビ、スティーブンソンハウス、カスタムハウス、カリフォルニアのファーストシアターなどのいくつかの歴史的建造物に隣接しています。これらのランドマークやその他のランドマークは毎日見学でき、そのほとんどは無料です。または、ダウンタウンエリア全体の歩道に埋め込まれた丸い黄色のタイルでマークされた歴史の道で見ることができます。

オールドモントレーは歴史的なダウンタウンの中心です。居住者と訪問者の両方のニーズに対応するために、私たちは、著名な歴史の道だけでなく、460以上のショップ、レストラン、ホテル、および個人的および専門的なサービスを提供する企業を提供しています。

ダウンタウンには、毎週火曜日に雨でも晴れでも、アルバラドストリート(私たちの街の歴史的なメインストリート)で開催されるオールドモントレーマーケットプレイスがあります。営業時間は、10月から4月の午後4時から7時、および5月から9月の午後4時から8時です。認定ファーマーズマーケットとして、魅力的なベイカーズアレイ、新鮮な有機農産物、数十のユニークな芸術品や工芸品のベンダーを提供しています。

オールドモントレービジネスアソシエーション(OMBA)は、オールドモントレーの経済的活力とコミュニティ精神の強化と促進に取り組む非営利団体です。 1992年以来ナショナルメインストリートプログラムの認定メンバーであるOMBAは、地元のダイニングガイド、毎月の商業スペース利用可能リスト、モントレーのエキサイティングな過去のお祝いを通して地元の人々と訪問者の両方をガイドする歴史の道のパンフレットを作成しています。


決済履歴

ここでは先史時代の遺跡は特定されていませんが、人類学研究センターはアルバラドガーデンで先史時代の特徴の可能性を発見しました。庭師は時折、アルバカーキ地域に住んでいたティワスが残したと思われる鉢植えや加工石を発掘します。スペインの入植者はおそらく18世紀から19世紀にかけてこの地域を耕作しましたが、川の流れの変化と定期的な洪水により、1930年代の洪水調節の取り組みまで家を建てることができませんでした。

サブディビジョンプレーティングと最近の開発

米本家は、治水対策を講じた後、トラック農園を経営し、キャンデラリアロードの端に自分たちと労働者のために家を建てました。キャンベルロードの終わり近くに建てられたルイスパーマー食肉処理場は、川に向かう広い未舗装の道路を牛が駆け抜ける目的地でした。内臓の処分には、明確な溝または&ldquoacequia madre&rdquoに隣接する小さな溝が使用されました。カンデラリアの南側、リオグランデブルバード近くで政府の実験用羊ステーションが運営されていました。これらの農業事業は、住宅の数が増えた後、閉鎖されました。この地域は1952年10月にアルバカーキの一部になりました。AlvaradoGardens地区のゾーニングは1950年にすべてA&#82091でした。1954年5月、Duranes溝とGlenwoodRoadの間の地域のR&#82092ゾーニングが変更されました。 1978年、リオグランデネイチャーセンターの敷地のゾーニングはSU&#82091に変更されました。アルバカーキ市内にある最後の広大な農地は、ネイチャーセンター内のキャンデラリアファームです。ここでは、アルファルファとソルガムが飼育されており、センターの鳥の個体数とリース農家に利益をもたらしています。

Alvarado Gardensは1931年に植民地化されました。それ以来、家はゆっくりと着実なペースで建てられてきました。控えめな日干しの長方形、ヴィンテージのトレーラーハウス、大きな太陽熱の別荘、モダンなタウンハウス、頑丈なフレームまたは日干しの家は、灌漑用水路によって作成された支配的な土地パターンに一致する区画で不規則な順序で通りを共有します。造園は、カジュアルなものから正確なものまで、不毛なものから豊かなものまでさまざまです。アルバラドガーデンズコミュニティは、オロビスタとリオグランデの消防署、トレリスのオールフェイスレシービングホーム、カンデラリアのリオグランデネイチャーセンターを歓迎し、支援してきました。これらの機関は、雨水管の排水ポンプ場や自転車用トレイルと同様に、アルバカーキのより大きなコミュニティにサービスを提供しています。毎週末、カンデラリアのトレイルの終わりから何百人ものジョガーや自転車が現れ、アルバラドガーデンをファンアウトして家に帰るか、近所のマラソンループを完了します。


アルバラド

Alvarado Boy(PDF)— 1880&#8217年代にAlvaradoで育った歴史小説。ティム・スウェンソンによって研究され、書かれました。

Alvarado&#8217s Chinatown / Little Tijuana(PDF)—当局によって閉鎖されたAlvaradoの種の多いセクションの最終日を詳細に調べます。アンソニーGualcoによって書かれました。

アルバラド小学校&#8211歴史プレゼンテーション(PDF)—アルバラド学区とアルバラド小学校の歴史のスライドプレゼンテーション。

アルバラド小学校&#8211歴史プレゼンテーション(PowerPoint)—アルバラド学区とアルバラド小学校の歴史のスライドプレゼンテーション。

Alvarado Elementary&#8211 History Report(PDF)— 1850年から1965年頃までのAvarado学区とAlvarado小学校の歴史。

アルバラド小学校&#8211学習ガイド(PDF)—アルバラド小学校の歴史に関する学習ガイド。

1850年のアルバラド(PDF)— 1850年から1870年までのアルバラド(ユニオンシティとニューヘブン)の詳細な歴史。

アルバラドテンサイ工場とそれを設立したダイアー家(PDF)&#8211 100年余りの間、単純なテンサイを取り、精製された白砂糖に変える工場がアルバラドに存在していました。

カリフォルニア州アルバラドの国勢調査記録の分析(PDF)— 1860年から1930年までのアルバラドの国勢調査記録の分析。アルバラドは、ユニオンシティの一部になる前は、ワシントンタウンシップにある5つの大きな法人化されていない町の1つでした。

Charles S. Eigenbrodt南北戦争の英雄(PDF)— Charles Eigenbrodtは、カリフォルニア州アラメダ郡ワシントンタウンシップのアルバラドに住んでいた南北戦争の英雄でした。ティム・スウェンソンによる調査と執筆

バレイヨストリートの家(PDF)— 1860年以降、ユニオンシティのバレイヨストリートの西側は家を所有する場所でした。この論文は、家とその有名な所有者を文書化しています。

アルバラドのスカンジナビアのカキ(PDF)—サンフランシスコベイエリアの商業用カキ産業は、1869年に東部のカキの輸入と、湾にカキのベッドを設置することから始まりました。ティムスウェンソン脚本の作品

2つの郡庁舎(PDF)—アルバラードのアラメダ郡庁舎の2枚の写真の詳細な分析。

アルバラドウォーキングツアー(ティモシースウェンソン)(PDF)—ユニオンシティの歴史的なアルバラド地区のセルフガイドツアー。


州対アルバラード

アリゾナ州、上訴人、v。IvanALVARADO、上訴人。

No.1 CA-CR07-0738。

決定:2008年12月26日

¶1刑務所の禁制品を宣伝する犯罪は、人が「故意に禁制品を矯正施設またはそのような施設の敷地に持ち込んだ」ときに発生します。 Ariz.Rev.Stat。 (A.R.S.)§13-2505(2001)。第一審裁判所は、刑務所の禁固刑を助長した罪で無罪判決を求める被告の判決後の申立てを認めた。被告は、逮捕されたときに彼の人に隠されていたため、逮捕後にマリファナを「自発的に」刑務所に入れなかったと理由付けた。州は、第一審裁判所の判決に対して上訴します。証拠は、被告が「自発的に」矯正施設に入ることを選択しなかったとしても、刑務所の禁制品を宣伝する犯罪を犯したという陪審の決定を裏付けていると結論付ける。したがって、私たちは、第一審裁判所によって入力された無罪判決を覆し、陪審員の有罪判決を復活させるよう裁判所に指示します。

¶2私たちは、陪審員の評決を支持するのに最も有利な観点から、裁判での証拠を検討します。 Statev。Moody、208 Ariz。424、435n。 1、94 P.3d 1119、1130n。 1(2004)。証拠は、警察官が家族の戦いの可能性を報告する電話に応えて、彼が武器のために彼を軽くたたいたとき、彼が被告のコートのポケットのパイプであると信じているものを感じたことを示しました。被告はそれが彼のマリファナパイプであると警官に話し、彼のポケットからそれを取り除く許可を警官に与えた。警官が手錠で被告を確保していたとき、被告は彼が別のコートのポケットにマリファナを持っていることを志願しました。警官は、被告が示したポケットから71ミリグラムの重さのマリファナの袋を回収し、ヤバパイ郡刑務所への輸送のために被告をパトカーに乗せる前にパットダウンを完了した。

¶3刑務所に入る前に、警察官は被告に麻薬や武器を持っているかどうか尋ね、麻薬や武器を刑務所に入れた場合は追加料金が発生することを警告した。被告は「いいえ」と答えた。警察官は、被告が刑務所に入る前に質問と警告を繰り返し、被告は再び「いいえ」と答えた。被告が予約プロセスを開始するために施設に連れてこられた後、拘留官はまた、被告に武器や麻薬を持っているかどうかを尋ねた1。しかし、拘留官は被告人を捜索し、被告人のポケットの1つからコンテナを取り出しました。このポケットを開けると、790ミリグラムのマリファナが入っていました。 2被告は、マリファナの俗語である「ああ、私はその慢性のために一生懸命働いた」と志願した。

¶4裁判官は、刑務所禁制品を宣伝する犯罪には「被告が故意かつ自発的に禁制品を矯正施設に持ち込んだ」という証拠が必要であるという予備的指示を求める被告の要求を否定したが、予備的指示に「自発的行為」の定義を追加することに同意した。 。州の訴訟の終結時に、被告は、州が「自発的に禁固刑を刑務所に持ち込んだことを証明する」という責任を果たさなかったという理由で、無罪判決を求めて動いた。裁判官は、「彼が刑務所に入れられたときに彼の人にあったという証拠に基づいて」陪審員に行くのに十分な証拠を見つけて、動議を否定した。裁判官は、被告が自発的行為に従事していることを示す証拠が提供されていないことを陪審員に主張することを許可し、州が被告人が自発的行為を行ったことを証明しなければならないことを陪審員に指示しました。意識的にそして努力と決意の結果として。」陪審員は、刑務所の禁制品、マリファナの所持、麻薬関連器具の所持を促進したとして被告に有罪判決を下した。

¶5被告は、州対ティペット、180 Or.Appに対する彼の回答に依拠して、裁判後の無罪判決の申立てを更新した。 350、43 P.3d 455、459-60(2002)では、オレゴン州の上訴裁判所は、被告が過失に必要な自発的行為を行ったことを証拠が示さなかったという理由で禁制品を刑務所に密輸したという有罪判決を覆した。裁判官は、無罪判決を求める被告の新たな申立てを認め、「ティペットに記載され、依拠された事実と法律は、この場合の事実と法律と実質的に同一である。ティペットで明確かつ明確に述べられている理論的根拠と保持は、このケースの決定要因です。」

¶6州は適時に上訴した。当社はA.R.S.に準拠した管轄権を有します。 §13-4032(7)(Supp.2008)。

¶7州は、裁判官が「アリゾナ州の刑事責任に関連する「自発的」行為の定義を誤解した」ため、無罪判決の新たな申立てを認めることに誤りがあったと主張している。裁量権の濫用による無罪判決の有罪判決後の第一審裁判所の許可を検討します。 State exrelを参照してください。ハイダー対上級裁判所、128 Ariz。216、224、624 P.2d 1264、1273(1981)。 「陪審が訴訟を起こす前に証拠が十分であったが、後ではないことを発見することは、陪審側の事実ではなく、裁判所側の法律の誤りに基づいてのみ正当化することができます。」 Id。 at 224、624 P.2d at1272。私たちのレビューを実施するにあたり、陪審員の評決を支持するのに最も有利な観点から事実を検討します。 State v.Carrasco、201 Ariz。220、221、¶1、33 P.3d 791、792(App.2001)。 「証拠の不十分さに基づく可逆的エラーは、有罪判決を裏付ける証拠となる事実が完全に欠如している場合にのみ発生します。」 Statev。Soto-Fong、187 Ariz。186、200、928 P.2d 610、624(1996)。純粋に法的な問題を新たに検討します。 Mejakv。Granville、212 Ariz。555、556、¶7、136 P.3d 874、875(2006)。

¶8A.R.S。に従い、州は被告を起訴した。 §13-2505(A)(1)、マリファナをヤヴァパイ郡刑務所に故意に持ち込むことによって禁制品を宣伝する。この控訴で問題となっているのはA.R.Sです。 §13-201(2001)は、次のように規定しています。実行の。」立法府は、「自発的行為」を「意識的に、そして努力と決意の結果として行われる身体運動」と定義しています。 A.R.S. §13-105(37)(2001)。 3

¶9ティペットでは、オレゴン州の上訴裁判所は、同様の状況下でマリファナを刑務所に持ち込んだことで有罪判決を受けた被告の控訴を検討しました。 Id。 at 456.逮捕されたとき、マリファナは被告のズボンのポケットに入っていた。 Id。刑務官は、彼を捜索してマリファナを発見する前に、彼が麻薬や武器を持っているかどうかを被告に尋ねたが、被告は明らかに何の反応もしなかった。 Id。上訴において、被告は、自発的行為の証拠が彼の有罪判決の必要な前提条件であり、「彼が逮捕されると、彼はマリファナを刑務所に連れて行くことを避けられなかった」ため、そのような証拠が欠落していると主張した。 Id。

¶10ティペッツ裁判所は、被告が「禁制品の刑務所への導入を開始したり、刑務所に導入させたり」しなかったことに同意しました。自発的な行為。」 43 P.3d at 457.「むしろ、警察が彼の意志に反して被告(および密輸品)を刑務所に連れて行ったという理由だけで禁制品が刑務所に導入された。」 Id。過失の概念は選択する能力を意味し、これらの事実に基づいて、「彼はマリファナを刑務所に導入することを選択したとは言えない」ので、これはそうです、と裁判所は説明しました。 Id。 at 458.裁判所はさらに、自発的行為の要件は、「被告が逮捕される前に自発的に薬物を所持していたという事実だけでは、後の刑務所に薬物を導入する行為に対して刑事責任を問われるには不十分である」と述べたと説明した。 Id。 at 459.裁判所はまた、自己負罪に対する憲法上の特権が「州が被告に規制物質の所持を認めるか、その物質を矯正施設に導入した罪で起訴されるかを選択することを強制すること」を妨げたと推論した。 Id。 457nで。 2.2。

¶11薬物とともに刑務所に入る「非自発的行為」が、薬物を刑務所に運ぶという有罪判決の根拠を提供するために、裁判所は、「非自発的行為は、少なくとも、合理的に予見可能または可能性が高いものでなければならない。国家が刑事責任の根拠としようとしている自発的な行為の結果。」 Id。 459-60で。その前の事実について、裁判所は、「禁制品の刑務所への導入がそれを所持することの合理的に予見可能な結果であると合理的な陪審員が発見することはできなかった」と判示した。 Id。むしろ、裁判所は、これらの事実の下で、警察官の「被告を逮捕し、彼を刑務所に移送する行為は、マリファナが刑務所に持ち込まれる結果となった介入原因であった」と推論した。 Id。したがって、ティペット裁判所は、禁制品を刑務所に導入したという被告の有罪判決を覆した。 Id。

¶12この管轄外の裁判所は、薬物を所持して不本意に刑務所に入ることが禁制品を刑務所に導入するための有罪判決の根拠を形成できるかどうかについて意見が分かれています。 3つの管轄区域は、ティペットに概説されている理由に従って、逮捕されたときに薬物が単に彼の人にあった場合、被告が薬物を刑務所に密輸したことで有罪判決を受けることを排除しました。 Statev。Cole、142 NM 325、164 P.3d 1024、1026-27(App.2007)を参照(ティペットの推論に同意し、「禁固刑を刑務所に持ち込んだ罪で有罪とされる」と主張する。自発的に刑務所に入る」)Statev。Sowry、155 Ohio App.3d 742、803 NE2d 867、870、¶¶18-19(2004)(被告は拘置所に薬物を運ぶ責任を負わせることができなかったと主張する彼が逮捕された後、彼は彼の人を制御できなかったので)州対イートン、143Wash.App。 155、177 P.3d 157、160-65(2008)(Tippettsに同意し、立法府は「被告の不本意な行為に対して被告を罰することのありそうもない、不条理な、または緊張した結果を意図していなかった」と推論)、イートンによって付与されたレビュー、164 Wash.2d 1013、195 P.3d 88(2008)。

¶13しかし、5つの管轄区域の裁判所は、禁制品を所持していることを知っている刑務所への入所は、準拠法の明白な条件によって要求されているだけであると主張して、ティペットの分析から逸脱または拒否しました。 People v.Ross、162 Cal.App.4th 1184、76 Cal.Rptr.3d 477、479-82(2008)(武器を刑務所に持ち込むことを禁止する法律を解釈する際の政策上の理由でティペットを拒否し、第5修正はしなかったと主張する)を参照してください。被告を、彼女が武器を持っていなかったという予約担当官への嘘の結果から保護する)4 Statev。Carr、2008 WL 4368240 at 5(Tenn.Crim.App.2008)(「健全な政策」および「この犯罪の制定における」議会の意図)Statev。Winsor、110 SW3d 882、886-88(Mo.App.2003)(刑務所で管理された物質を所持しているという被告の有罪判決を確認彼が非自発的に刑務所にいるという彼の議論に直面して、刑務所での自発的な存在は犯罪の要素ではなく、そうでなければ保持することはばかげた結果につながると推論しました)Brownv。State、89 SW3d 630、633(Tex.Crim .App.2002)(マリファナを自発的に刑務所に持ち込まなかったという被告の主張を拒否し、テキサス州法の下では、「自発的に」という用語は、単に「偶発的な行為、不作為、または所持の欠如」を意味します)Statev。Canas、597 NW2d 488、496-97(Iowa 1999)(被告が自発的にしなかったという主張を拒否するマリファナを刑務所に持ち込み、被告が刑務所に入る前に薬物を開示するオプションを持っていたと推論し、この選択は黙秘権を保持する彼の第5修正権に容認できないほどの負担をかけなかった)、州対ターナーによって他の理由で部分的に廃止された、 630 NW2d 601、606n。 2(アイオワ2001)。

¶14「自発的行為」の要件に関する最高裁判所の解釈、および禁制品の宣伝を禁止する法律の明白な条件と目的が異なる分析と結論を指示するため、私たちはティペットとその子孫に従うことを拒否します。制定法を解釈するとき、私たちは立法府の意図を実行するためにあらゆる努力をします。 Mejak、212Ariz。at557、¶8、136 P.3d at 876.私たちは、法定言語がその意図の最良の指標であると考えており、法定言語が明確で明確であるかどうかを確認することはこれ以上ありません。 Id。私たちは常識的なアプローチを採用し、定められた目的とそれが一部を構成する関連法令のシステムの観点から法令を読みますが、不条理な結果を避けるように注意します。 State v.Rodriguez、205 Ariz。392、396、¶11、71 P.3d 919、923(App.2003)Statev。AffordableBailBonds、198 Ariz。34、37、¶13、6 P.3d339を参照してください。 、342(App.2000)。

¶15Statev。Lara、183 Ariz。233、234-35、902 P.2d 1337、1338-39(1995)において、私たちの最高裁判所は、行為が「自発的」であるという要件は単に犯罪行為のコモンロー要件、人は自分の考えだけで起訴することはできないという原則に基づいた要件、および自主的行為の要件は、犯罪に必要な過失故意を変更しないという要件。したがって、裁判所は、被告が「反射によるかのように」激怒する脳障害に苦しんでいるという専門家の証言は、自発的な行動の指示を支持するには不十分であると結論付けました。 Id。裁判所は、その行為に「意識的に行われ、努力と決意の結果として行われる身体の動き」が含まれるという法定要件は、被告が「意識的に行われる身体の動きとは対照的に、自律神経系。」 idを参照してください。 5

¶16しかし、被告は、被告がマリファナを刑務所に入れていることを知っているだけでなく、「自発的に」刑務所に入っていることを国が証明することを要求する準拠法を解釈するように私たちに求めます。この要求を行う際に、被告は「自発的行為」の概念を、犯罪に必要な責任のある精神状態と混同します。繰り返しになりますが、Lara、183Ariz。at235、902 P.2d at 1339で説明されているように、「「[V]自発的行為」とは犯罪行為を意味します。一方、「自発的」は、特定の責任のある精神状態を推測することを正当化する可能性のある行動を説明するためにも使用されています。」 Id。 at 235、902 P.2d at 1339.この場合の証拠は、被告がマリファナを刑務所に「故意に」連れて行くのに必要な過失故意を持っていたことを証明するのに十分すぎる。その慢性のために一生懸命働いた。」被告の解釈を採用した場合、この法律は、薬物を携行しながら「自発的に」刑務所に入る従業員や訪問者などの非受刑者にのみ適用されます。制定法はそれほど限定されておらず、解釈を装って、その平易な表現に反する方法で制定法を修正することを拒否します。 Winsor、110 S.W.3d at 887を参照してください(「郡刑務所の敷地内での上訴人の存在が自発的であったか、または彼の意志に反していたかどうかは、彼が犯罪を犯したかどうかを判断する目的には関係ありません。」)。 6

¶17また、禁止された犯罪行為を構成する被告の行動を別の行為者が実際に管理している状況下で、被告が必要な自発的行動を行わなかったと主張する他の法域からの不適切な事例も見つかります。たとえば、Martinv。Stateでは、31Ala.App。 334、17 So.2d 427(1944)、警察官が彼を逮捕し、彼を高速道路に連れて行ったとき、被告は彼の家で飲んでいた。そこで彼は騒々しく冒涜した。裁判所は、人が公共の場所に出頭することを禁じ、「騒々しいまたは下品な行為、または大声で冒涜的な言説によって酔った状態を明らかにする」ことを禁じた法律の明白な条件が前提としているため、公衆酩酊に対する彼の有罪判決を覆した。公共の場所での自発的な出演。 Id。しかし、アリゾナでは、私たちが説明したように、§13-2505(A)(1)に従って刑務所の禁制品を宣伝する犯罪は、人が法令違反で起訴される前に自発的に刑務所に入ることを要求しません。

¶18最後に、逮捕官と拘留官の両方が、禁制品を刑務所に持ち込んだ結果を被告に知らせ、禁制品を放棄する機会を事前に与えたという状況は、被告が「意識的かつ彼が禁制品を刑務所に運んだときの努力と決意の結果」。 That defendant chose not to disclose that he possessed an additional amount of marijuana on his person does not somehow absolve him of responsibility for his actions on the theory that providing him an opportunity to choose between admitting to possession of the marijuana and being charged with introducing that substance into the jail violates the self-incrimination clause of the Fifth Amendment. See Canas, 597 N.W.2d at 496 (“Sometimes the choices faced by a defendant may have the effect of discouraging the exercise of constitutional rights but that does not mean such choices are prohibited.”). In this regard, we agree with the Court of Criminal Appeals of Tennessee:

Appellant's possession of a controlled substance was voluntary in that, after being advised of the consequences of bringing drugs into the jail, the Appellant consciously chose to ignore the officers' warnings, choosing instead to enter the jail in possession of cocaine. Under these circumstances, the Appellant was the author of his own fate.

Carr, 2008 WL 4368240 at 5.

¶ 19 Because the evidence in this case sufficiently demonstrated that defendant consciously, with effort and determination, engaged in the prohibited conduct of carrying marijuana into the Yavapai County Jail, the trial court erred in entering a judgment of acquittal. We therefore reverse the judgment of acquittal, direct the court to reinstate the jury's verdict, and remand for further proceedings consistent with this Opinion.

1. According to the detention officer, the precise question he asked defendant is one he usually asks: “Do you have any hand grenades, rocket launchers, missiles, drugs, guns, knives, or anything else I need to know about?”

2. The officer described the container as a “Carmex container-a small white, round container.” Carmex is a lip balm that is commonly sold in white opaque jars with a screw-on lid. See http://​www.​mycarmex.​com/​our-​products/​default.​aspx (last visited December 19, 2008).

3. The definitions have since been renumbered, but have not changed in substance. See A.R.S. § 13-105(41) (Supp.2008).

4. The California Supreme Court has granted review of two cases in which California's intermediate appellate court has issued inconsistent rulings regarding a related statute criminalizing the act of bringing drugs into jail. In People v. Gastello, 57 Cal.Rptr.3d 293, 294 (App.2007), review granted June 13, 2007, the court held that the evidence failed to support a conviction because the defendant “entered the jail only due to being arrested and brought there in custody” and therefore he did not engage in the necessary voluntary act. In People v. Low, 2007 WL 756952 at 2 (Cal.App.2007) (unpublished disposition), review granted June 13, 2007, however, the court upheld the defendant's conviction, explaining the statute did not require that the defendant “ ‘voluntarily’ enter a detention facility carrying illegal drugs.”

5. Defendant's argument that the Lara court did not address the requirement that the act be the “result of effort and determination” is incorrect. In interpreting the “voluntary act” requirement, the court characterized the evidence as showing that Lara was both conscious and “relentless in his effort and determination.” 183 Ariz. at 234, 902 P.2d at 1338 (offering examples of involuntary bodily movements that would not be “performed consciously and as a result of effort and determination”). See Model Penal Code § 2.01(2) (1985) (explaining reflexes, convulsions, movements during unconsciousness or sleep, conduct during hypnosis, and other bodily movements that otherwise are not the result of the effort or determination of the actor, are not “voluntary acts”).

6. We note that Tippetts has been extended to inmates who are charged with possessing contraband while in a correctional facility. See State v. Gotchall, 180 Or.App. 458, 43 P.3d 1121, 1121 (2002) (per curiam) (“If defendant did not voluntarily introduce contraband into the correctional facility, we do not see how ․ she could voluntarily possess that contraband once she was confined in the facility.”).

CONCURRING: LAWRENCE F. WINTHROP, Presiding Judge and PATRICK IRVINE, Judge.


Gilberto Alvarado

Gilberto Alvarado 82, of Rock Hill SC passed away peacefully February 28, 2021 of natural causes.

He was born in Manati, Puerto Rico in 1939 and resided in New York City, Waterbury, CT and final destination and residence in Rock Hill, SC.

Gilberto retired after 35 years of employment with P/Kaufman INC. Prior to employment he served in the United States Army and was part on the 101st Airborne Division and was stationed in Fort Campbell, Kentucky. He was honorably discharged in May of 1958.

Some of his favorite hobbies included bowling and doing household projects. He was an avid traveler.

Gilberto is survived by his wife Alba Alvarado of 47 years, 3 sons Dagoberto Alvarado, Tito Alvarado and Daniel Alvarado, 8 grandchildren and 2 great grandchildren.

Funeral Services for Gilberto Alvarado will be held 2:00pm Thursday at Rawlinson Road Baptist Church conducted by Rev. Michael Beeks.

Interment will follow at Rock Hill Memorial Gardens with Military Honors.

The family will receive friends Wednesday evening from 6:00pm until 8:00pm at Bass-Cauthen Funeral Home.

You may view the service live by liking the Facebook page, Palmetto Funeral Group

Following the service our staff will post it to our Facebook page so you may watch the service at a later time.

Bass-Cauthen funeral home staff provides the streaming services for those who can not attend or are uncomfortable in a group setting.

The funeral home staff and the family of Mr. Alvarado would like for us all to be safe and ask that we follow the appropriate guidelines for public gatherings.

To send flowers to the family or plant a tree in memory of Gilberto Alvarado, please visit our floral store.


コンテンツ

The Alvarado Terrace Historic District is within the original Spanish Pueblo of Los Angeles boundaries established in 1781. During the late 19th century, the land was owned by Doria Deighton Jones, the widow of a wholesale grocer. In 1897, the Los Angeles Golf Club (predecessor of the Los Angeles Country Club) leased the land and built a nine-hole golf course that came to be known as "Windmill Links," due to the use of an old windmill as the clubhouse. [2] [3]

Jones subdivided the land into residential lots in 1902. The lots were sold for $10 each, with the caveat that the buyer was required to build a house costing at least $4,000. [4] The area was promoted as a "second Chester Place," referring to the city's most prestigious street in the West Adams district. [2] By 1906, the development was full. [4]

In an effort to enhance the neighborhood, one of its chief promoters (and president of the City Council), Pomeroy Powers, persuaded the city in 1904 to construct a park along Alvarado Terrace. Originally called Summerland Park, the park was soon renamed Terrace Park. The park included a fish pond, rosebeds, an underground tool shed, and a full-time gardener. The park was later remodeled with only grass and trees. There is a small strip of brick-paved street at the north end of the park known as "Powers Place" that holds the distinction as the "shortest street in Los Angeles." [3] [5] The park and brick-paved street were declared a Historic-Cultural Monument (HCM #210) in February 1979. [6] By 1983, Terrace Park was suffering from neglect and was described as "so bare it's hardly recognizable as a park." [5]

Alvarado Terrace has the distinction of having six houses on a single block (all on the north side) designated as Historic-Cultural Monuments by the City of Los Angeles Cultural Heritage Commission. The six houses were designated as Historic-Cultural Monument nos. 83-88 in July 1971. [6] The houses were built on a raised terrace overlooking Terrace Park. The designated homes were built between 1902 and 1905 and reflect a rich eclecticism in their architectural style. They include Craftsman, Victorian, Mission, Tudor, and Shingle style architecture. A real estate brochure from 1903 described the neighborhood this way: "The only exclusive Residential Tract in the city. Beautiful Parks. Shade Trees Planted. High Class building restrictions. No flats, cottages or stores. Wide streets conforming to the contour of the land with cement sidewalks, curbs and gutters. Perfect sewer system, water, gas, electric lights. " [4] With the park and well-preserved homes, the district provides a complete historic neighborhood that has been featured in motion picture and television productions. While the surrounding area has been described as "low-income and multicultural," the ロサンゼルスタイムズ in 1991 described Alvarado Terrace as "a slice of L.A.'s genteel and moneyed past preserved." [7]

Boyle-Barmore House Edit

As one enters Alvarado Terrace from the north, the first of the designated homes is Boyle-Barmore House, located at 1317 Alvarado Terrace (pictured, above left). Built in 1905, the house was designed by architect Charles E. Shattuck in a Craftsman style with Tudor influences, including a three-gabled dormer. The house was built for Calvin A. Boyle, one of the founders of the Hollywood Board of Trade. The house was acquired in 1908 by Edmund H. Barmore, president of the Los Angeles Transfer Company. The house was used in the 1980s as a women's shelter by the Union Rescue Mission. [2]

Cohn House Edit

The second of the designated homes on the north side of the street is the Cohn House at 1325 Alvarado Terrace. Built in 1902, the house was designed by Frank D. Hudson and William Munsell. Hudson and Munsell also designed the Museum of Science and Industry, the first museum built in the city's Exposition Park. Cohn House combines Craftsman style in its first floor of rock-faced sandstone, and a second level reflecting the Shingle style. The house also has three gabled dormers that give the house the look of a Swiss chalet. The house was built for Morris Cohn, a textile manufacturer. Cohn has the distinction of having both his residence and his textile factory designated as Historic-Cultural Monuments (HCM #84 and HCM #110). [6] Cohn House was used in the 1980s as a men's shelter by the Union Rescue Mission. [2]

Gilbert House Edit

Gilbert House, located at 1333 Alvaardo Terrace (pictured above right), was built on speculation in 1903 by Ida and Pomeroy Powers, who also built and lived in the Powers House next door. Gilbert House is one of the most eye-catching homes in the district built with a mix of Victorian, Shingle-Style and Craftsman styles. The house was first purchased and occupied by Wilbur F. Gilbert, a wealthy Texas oil man. Gilbert's daughter, Carolyn McCulloch (d. December 24, 1992), was still living in the house in the 1980s.

Powers House Edit

Powers House at 1345 Alvarado Terrace (HCM #86) was built in 1903 for Pomeroy Wells Powers and his wife Ida. Designed by Arthur L. Haley, the home is built in the Mission Revival style, and has been described as "exuberant" and the "flashiest on the block" for its fanciful stucco curlicue. [5] The stucco house has an arcaded veranda that supports a second-floor balcony. Rising from the balcony are towers connected by a curved parapet wall. The large corner tower has a loft room accessible only from the home's exterior.

Pomeroy Powers was a lawyer who was one of the original developers of Alvarado Terrace. He was also a member of the City Council and an officer of the Juanity Mining Company and the Short Line Beach Company. [2] The house was restored in the mid-1970s by owner Ann Gutierrez, including new walls, plumbing, wiring and ceilings. [5] In the 1990s, the house was used as a restaurant known as Salisbury Manor, with dining downstairs and the upstairs consisting of restored bedrooms available for viewing by patrons. A review of the restaurant noted that, "with some myopia and imagination," the restaurant and neighborhood allowed a glimpse of an earlier era. [7] "What with the good decent food, a dose of history tempered with nostalgia, a seat in a shaft of afternoon sun and a cup of chamomile tea in my hand, I couldn't help but think there are far worse things in life than a meal on Alvarado Terrace." [7]

Raphael House Edit

The Tudor-style Raphael House at 1353 Alvarado Terrace (HCM #87), built in 1903, was designed by architects Sumner P. Hunt and Wesley A. Eager. Hunt was also responsible for the Raymond Hotel in Pasadena, the Casa de Rosas in North University Park, the Automobile Club building at Figueroa and West Adams, and Ebell of Los Angeles. Originally owned by Robert H. Raphael, the owner of Raphael Glass Company, the house is noted for its extensive use of both stained and leaded glass. [2] Over the Labor Day weekend in 1995, the owner stripped Raphael House of some of its finer accessories, including stained glass windows, wooden fireplaces, and even the plaques identifying its historical status. The city's Department of Building and Safety stepped in and ordered the owner to return the fixtures or face fines and possible jail time. [8]

Kinney-Everhardy House Edit

Built in 1902, the Kinney-Everhardy House at 1401 Alvarado Terrace (HCM #88) was built by the same architects (Hunt & Eager) who designed the Raphael House next door. The house has been described as "an eclectic combination of elements from both the Queen Anne and Shingle styles." [2]

The district also includes the former First Church of Christ, Scientist built in 1912 on an odd-shaped lot at the corner of Alvarado and Hoover Streets. The church was designed by architect Elmer Grey, who was also responsible for the Beverly Hills Hotel (1911), the Huntington Gallery and Library (1910), and the Pasadena Playhouse (1924–25). The church has been variously described as Beaux-Arts, Italian and Spanish Romanesque, and Mediterranean. The building's most notable features include its semi-circular porch with fluted columns, brick tower, rounded arches, and tiled roof. [2]

The building has had a colorful history, having housed Jim Jones' Peoples Temple from 1970 until their move to Jonestown, Guyana in 1977. [2] [9] In 1975, the ロサンゼルスタイムズ noted the Peoples Temple's move into the old church: "People's Temple, a Disciples of Christ church, now occupies the old First Church building." [10] After the mass suicide in Jonestown, the Times noted that the Peoples Temple had moved out of the "huge Italian Renaissance-style church" in 1977. [11]

The church was designated as Historic-Cultural Monument no. 89 in 1971. [6] In 2008, the church was operated as the "Iglesia Adventista Central," as shown in the adjacent picture. An interesting profile and several photographs of the church can be found on the Big Orange Landmarks web site.

In 1983, the Alvarado Terrace area was submitted to the Department of Interior to be considered for designation as the city's third officially recognized historic district. (Wilton Place and Whitley Heights were designated earlier.) To draw attention to the effort, many of the homes were opened to tours. [5] The district obtained the recognition it sought in 1984 with its inclusion in the National Register of Historic Places. Pico Union became the city's 19th Historic Preservation Overlay Zone Historic Preservation Overlay Zone on August 10, 2004. HPOZ Map


ビデオを見る: Perdóname