アンガスリーチ

アンガスリーチ

鉄道での旅行者は、遠くにひそむ何千もの煙突に汚染された鈍い鉛色の空によって、産業の偉大な北の席への彼のアプローチに気づきます。路線沿いの駅はより密集しており、国の人口がますます増えていることを示しています。その後、小さな製造村が出現し始めます。それぞれは、かつてのコテージが城の周りに集まっていたように、工場の周りに集まった2つまたは3つの不規則な通りで構成されています。

あなたは町ごとに撮影します-偉大な綿の大都市の離れた衛星。それらはすべて同様の機能を備えています-それらはすべて小さなマンチェスターです。数え切れないほどの窓の列、そびえ立つシャフト、茶色の汚れた壁からのあえぎの噴出で絶えず噴出する廃蒸気の噴流を備えた、巨大で形のない見苦しい工場。そのように特徴づけられた数十マイルほど、あなたは綿の都市の女王に入ります-そして煙と騒音、そして絶え間ない苦労のハムの中で、あなたは屋根を越えて終点のプラットフォームに運ばれます。あなたはマンチェスターに立っています。

頭上には煙のような茶色の空があります-煙のような茶色の街路は倉庫の長い山の周りにあり、それらの多くは柱状で風格のある正面を持っています-偉大な汚れた工場、醜い建築のリヴァイアサン、煙を注ぐシャフト。きらびやかな店や広大なホテルがある通りもあれば、険しくてあまり頻繁ではない通りもあり、倉庫の列と積み重ねで形成されています。均一なれんが造りの家の多くの意地悪で悲惨な単調なビザ。

彼らの際立ったファスチアンには、機械工と職人の群れがあります-工場の工作員、一般的には小さめの、くすんだように見える男性-そして工場の女の子の群れはやや発育不全で青ざめていますが、薄汚いドレスと暗いショールでフレークが点在し、スマートでアクティブに見えます彼らの頭の周りに包まれた脱脂綿の。

少女でも少年でも、ラバが前進したり後退したりするときに、ラバに沿って歩き、壊れた糸を捕まえて巧みに再結合します。スカベンジャーは、小さな男の子または女の子で、ラバが静止しているときに時々ラバの下を這い回り、余分な油、ほこり、汚れからメカニズムを取り除きます。

私が工場と健康の問題について話し合ったマンチェスターの2人の医療紳士の意見は、マンチェスターとマンチェスターの工作員の不幸は工場の労働ではなく、欠陥のある人によって引き起こされているというものです。清潔さと換気のための国内の取り決め。

マンチェスターで最も低く、最も不潔で、最も不健康で、最も邪悪な地域は、エンジェルメドウと呼ばれています。それはオールダムロードのそばにあり、地下室でいっぱいで、売春婦、彼らのいじめっ子、泥棒、キャジャー、浮浪者、トランプ、そして最悪の汚物と暗闇の場所に住んでいます。私のガイドは警察の副検査官でした-ある点では優れた指揮者でしたが、別の点では不利でした。彼の存在がどこへ行ってもパニックを広めたのを見て。その夜訪れた人々の多くは、疑いもなく、法の守護者の一人の存在に神経質になっている十分な原因を持っていました。

私たちが訪れた家にはアイルランド人はいませんでした。彼らはまだもっと惨めな場所、つまり地下室に住んでいます。私たちは1つに降りました。小さな火のまぶしさを除いて、その場所は暗かった。あなたは部屋に身をかがめることなしに立つことができませんでした、それはおよそ12フィート×8であるかもしれません。火の周りの石の床に腰掛けたりしゃがんだりして、少なくとも十数人の男性、女性、子供がいて、暑さと匂いは抑圧的でした。これは宿泊施設の地下室ではないため、警察は、石の上に群がって眠った囚人の数、または散らかったぼろきれ、削りくず、わらの塊を制御できませんでした。

巣窟に住んでいた人々の半数はまだ戻っておらず、まだルシファー、マッチ、そして魔女の箒を振っていました。彼らは全員、メイヨー郡のウェストポート出身のアイルランド人でした。去った後、女性が私を通りに連れて行って、私がウェストポートから来たかどうかを知り、否定的に答えられたことに大いに失望した。

オールダムへの訪問者は、それが本質的に意地悪な見た目の行き詰まった町であり、両側に建てられ、隣接する「イングランドのバックボーン」であるマンチェスターから分岐する郊外の拍車の1つの尾根を戴冠していることに気付くでしょう。場所全体がぼろぼろの過小評価されています。工作員の家の一般的な外観は不潔でくすぶっています。

空気のない小さな裏通りや近くの厄介な裁判所が一般的です。泥の花輪と黒くなったレンガとゴミの山で覆われた悲惨な廃棄物の地面の断片は、しばしば小さな寸法で閉じ込められて混雑した外観の工場を分離します。お店を褒めることはできず、いくつかのホテルは居酒屋に勝るものはなく、音楽的な直喩を借りる場所は、コンサートピッチのはるか下にあるようです。

駅から歩いていくと、憂鬱な群れのあざけり、汚い、とげのない男たちが歩道でのんびりしているのを観察しました。私が聞いたこれらは主に嫌悪者であり、その多くは失業中です。この場所のもう1つの特徴は、あらゆる種類の犬の数が多かったことです。ドッグレースと闘犬は、どちらも住民の最下位層の間で一般的です。

ディーンストンのスミス氏は、1837年頃に作成された衛生報告書の中で、ブラッドフォードはイギリスで最も汚い町であると説明しています。製粉所は非常にたくさんあり、その数は日々増加していますが、町自体も同様の割合で広がっています。ブラッドフォードは本質的に新しい町です。半世紀前は、それは単なる小屋の集まりでした。現在、それが中心である地区には、132,000人以上の住民がいます。生命の価値は約40分の1です。ブラッドフォードでは、製造地区でもほぼ比類のない速さで財産が作られています。

労働者の家は非常に劣っています。それらはすべて1つであり、屋根の尾根に沿って仕切りが走っている、背中合わせに構築されているか、むしろ二重に構築されています。これは、現在の建物の列や通りにも当てはまります。 「この計画は、その安さ、そして地代を節約するために採用された」と私の情報提供者は言った。

ブラッドフォードは排水に適しています。十分な秋があり、町を流れる急流である「ブラッドフォードベック」は、アーチ型になっていると、首都の主要な下水道になります。現在、小川はインクの色を流しています。私が町を視察した救援隊員は、汚れた水が半ダースの蒸し工場の汚れた壁を洗った場所を私に見せてくれました。 「そこにいる」と彼は言った。「私が少年だったとき、私はヨークシャーのどこよりも明るい小川でマスを捕まえていました。」

ハリファックスの街は恥ずかしそうに無視されています。これは特に、非常に貧しい人々が住む裁判所や袋小路に当てはまります。もちろん、アイルランド人も含まれます。私はいくつかを非常に綿密に調べたところ、彼らが悪臭と最悪の種類の嫌悪感を持っているのを発見しました。アッシュピットは嫌なほどに詰まっていて、不潔で不潔な停滞した糞が自由にそして深く散らばっていて、しばしば群がる住居のまさに敷居にありました。そして、このすべての泥の中で、スコアによって広がった子供たちの世話をせず、半ダースでくつろいだ怠惰な女性たち。

私は彼らの地下室で何人かと話しました。イギリスに30年以上住んでいたある老婆は、ホーキング貿易の衰退についてひどく話しました。彼女は若い頃に頻繁に1つの家から20代を作ったと彼女は言った。しかし、貧しい人々は今では、大変な一日の仕事のためにせいぜいシリング以上のものを稼ぐことはめったにありません。

2人の紐で縛られた仲間がくすぶっている火のそばで喫煙していました。ベッドは脂っこいマットレスで、部分的に汚れたぼろきれで覆われ、隅に丸められていました。ほぼ完全に暗い別の地下室では、その居住者は週に9日を支払い、白髪のニグロ(老人の戦争の男)は17年間住んでいました。彼はめったにまたは決してかき混ぜることはありませんでした-土と暗闇の世界でそこに植生しました。

リーズの会社は、これまで無視されてきた自治区の部分で、舗装、排水などの大規模なシステムの形成に非常に多額(約30,000ポンドまたは40,000ポンド)を費やそうとしていると私は理解しています。衛生改革がこれほど緊急に求められることはありませんでした。豪華で重要なリーズの町の広大な地区の状態は、非常に強い言語が誇張することができないようなものです。

ここでの最近のコレラの攻撃のように毒性があり致命的ですが、私の不思議は、コレラ、または致命的とほぼ同じくらいの病気がこれまでにないことです。たとえば、大きな不規則な裁判所や庭にある1つの家(2つの部屋を含む小さな家)から、4つの死体が最近運ばれました。私は周りを見回し、驚かなかった。床は汚物の深さが2〜3インチでした。これは、その場所の通行可能な部分でさえ、正常な状態であるように見えました。オープンな場所の中央には、豚舎、プライバシー、汚水溜まりが集まっていて、うんざりした嫌悪感でいっぱいでした。そして、このおいしい核から半ダースの場所は、厩舎や周りの家から集められた半液体の肥料で非常に縁まで満たされた約5フィート四方の穴でした。

リーズの東と北東の地区はおそらく最悪です。ブリゲートから歩いてすぐ、ディーンズゲートがメインの入り口から分岐する方向に進むと、訪問者は完全な荒野の汚れに導かれます。私は、邪魔されていない泥が壁から壁へと花輪を捧げている通りを30分ほど歩いてきました。そして、中央のオアシスからさまよう豚が、ただ大きなものもらいを歩き回っているように見えた、家々から見下ろされた広場を横切って。確かに、豚はそのような場所の自然の住民のようです。リーズの一部の地域では、犬や猫よりも一般的であると思います。

シェフィールドには、古くて混雑した不潔な地域がたくさんあり、工作員の住居のかなりの割合が背中合わせに建設されています。一般的に言えば、コテージの家には小さな地下室、約12フィート四方の居間、同じサイズの部屋、そしておそらく全体の半分で、部屋の高さ約7フィートの屋根裏部屋があります。複数の職人の家族が同じ家に住んでいて、地下室の住居がまったく知られていないというケースはまれです。

肺と気道の病気は、よく知られているように、シェフィールドの最も致命的で特徴的な不満です。気道の病気の中には、気管支炎、胸膜炎、喘息、カタル、および結核の症例が数えられています。

いくつかの粉砕プロセスは、大気中に放出される非常に細かい鋼粉の量によって、それらに従事する人々にとって頻繁かつ急速に致命的です。乾式だけでなく湿式のすべての粉砕に必要な曲げと前かがみの姿勢は、必然的に徐々に不利な影響を及ぼします。シェフィールドの紳士と専門家の平均死亡年齢は45.90歳、製材業者の平均死亡年齢はわずか13.94歳、さまざまなグラインダーの平均死亡年齢は18.15歳です。

ノッティンガムの住宅の約4分の3は労働者階級のために建設され、労働者階級によって占められており、原則として、彼らは法廷で背中合わせに建てられています。建設の一般的な計画は、それらを3つの明確なストーリーに分割します。各ストーリーは1つの部屋で、非常に不便で配置に欠陥があります。階段は非常に急で、暗く、狭いです。

下の部屋は一般的に住居です。それはほとんどレンガで床が張られているか、またはまれにあるかもしれないが、搭乗した場合、砂がカーペットの場所を供給します。通りのドアは常に部屋のドアです。家具の点では、ノッティンガムの工作員の住居、特にフレームワークニッターの住居は、綿、羊毛、および北部の石炭地区の労働者の大衆の住居よりも明らかに劣っていると言わなければなりません。私は頻繁に部屋のむき出しの外観に感銘を受けました、そしてこれはおそらく数十または数十の編み物フレームが働いていたホーザリー業界の仲介業者の家でもそうです。しかし、劣った種類のソファと時計が一般的です。レース労働者の家はやや良い内装です。後者のいくつかは、より高いクラスの賃金を稼いでいる工作員に属しています。 1階のアパートは常に寝室です。その上にあるのは寝室かワークショップのどちらかで、そこには編み機と時折ワープレースフレームが設置されています。

コレラの後半の訪問で、ノッティンガムはほとんどスコットランド人なしで降りました。発生したが、8例が発生し、そのうち6例が死亡した。この比較免疫の原因の1つは、1832年以降に実施された衛生状態の改善に間違いなく見られるかもしれません。その年以降の給水は、最も豊富であり、現在も最も豊富です。下水道と舗装の仕事は着実に進歩しています。衛生委員会が任命され、プライバシーと灰ピットの上に建てられた34の住居が撤去され、多くの場合、この変更により、これまで換気されていなかった裁判所や騒々しい路地が開かれました。 「危険な糞尿のコレクション」を含む21の豚舎と24の汚水プールを含む、同様のクラスの多数の不快な迷惑行為が取り除かれ、多くの裁判所や小さな通りが舗装され、排水されました。

ダービーの貿易のさまざまな部門に従事している約35の絹工場があり、さまざまな工場で約5,000人が雇用を見つけていると推定されています。町はその鉄の創設施設にわずかな資源を持っています。 1841年の町の人口は35,019人でした。 1840年の結婚の総数は450でした。これらのうち、382は教会の儀式に従って祝われ、74は他の方法で祝われました。結婚した456組のカップルのうち、103人の男性と189人の女性が彼らのマークで署名しました。 1846年の非嫡出出生数は111人でした。

下水道と排水管は非常に欠陥があります。ごみは家の排水路にかなりの程度蓄積します。体系的な排水に関する地域の規制はありませんが、スカベンジャーの定期的なサービスがあります。町には、主にポンプや井戸から水が供給されています。物質の衛生的および構造的状態は特に好ましいものではありません。それにもかかわらず、建物の手配の点で、ダービーの労働人口はノッティンガムの隣人よりも明らかに良いです。実際、ダービーには常に肘のスペースがありました。その郊外は自由に広がり、町はノッティンガムの特徴であるその構造的な積み重ねや群れをまったく示していません。

レスターの町は穏やかなくぼみにあり、東を除いて、デーンとスピニーの丘の起伏によって保護されています。ソアの緩慢な流れが町を通り抜けます。雨天時には、隣接する牧草地は湿地で、しばしば溢れます。その結果、町の最も低い場所で頻繁に発熱が発生します。イギリスの平均寿命は29。11年です。レスターでは25年です。

排水は悲惨なほど欠陥があります。 242の街路と3,417の裁判所、路地、庭のうち、完全にカルバートされているのは112のみで、部分的にカルバートされているのは約130です。下水道の出口は9つあり、すべて町にあり、その内容物をソアの最も停滞している水域に注いでいます。表面排水も同様に欠陥があります。これは、汚れた水を運び去るのに十分な落下ではありません。

より普通のクラスの家の各ブロックの後ろには、居住者が使用するための、プライバシー、汚水溜まり、および灰の溜まりがある共通の庭があります。これらの場所からは、下層土の排水はほとんどまたはまったくありません。スロップと液体ごみは蒸発するために残され、それらの騒々しい流出物を送り出します。

レスターの13,991戸の家のうち、水洗トイレが供給されているのは120戸だけです。それぞれの平均費用は31ポンドで、4部屋の家を建てるのに必要な金額の半分に相当します。汚水溜まりの多くは非常に深いものです。それらのいくつかは25フィート以上です。その結果、多くの場合、表面のさらに近くにある水は、有害な浸透によって毒されます。


英国人名事典、1885-1900 /リーチ、アンガスベスーン

到着、ANGUS BETHUNE(1821–1856)、ジャーナリスト、ロデリックリーチの息子、インバネスの弁護士は、1821年1月23日にインバネスで生まれ、インバネスロイヤルアカデミーで教育を受けました。エディンバラ大学在学中、父親がかつて所有していた「インバネスクーリエ」に文学記事を寄稿しました。 1842年に家族はロンドンに移り、そこでチャールズマッケイ博士[q。 v。]、「モーニングクロニクル」の副編集者であり、中央刑事裁判所およびその後庶民院ギャラリーで記者として彼の論文で若いリーチの雇用のために取得されました。 1848年のコラムには、「ジャーナリズムにおける比類のない悪用」と評されている「労働と貧困」に関する一連の記事のほとんどを寄稿しました(Fox Bourne、 英語の新聞、ii。 154)。彼はまた、「ベントレーの雑貨」、「商工会議所の日記」、「時代」、「アトラス」、「ブリタニア」、「ロンドンのガヴァルニ」、「人形劇」など、新聞や雑誌に多くの記事を書いています。 「サンデータイムズ」は、「イラストレイテドロンドンニュース」に「タウントークとテーブルトーク」と題された機知に富んだゴシップの週刊要約を提供している間、1848年から9年にかけて、月刊誌「クレメントロリマー」またはコレクターの間で作品に高い価値を与えるCruikshankによる12のエッチングで、1850年に2巻の小説「LeonardLindsay、またはバッカニアーの物語」で「鉄の留め金で予約してください。」1849年に彼はに参加しました「パンチ」のスタッフ。1850年、彼は「モーニングクロニクル」によるイギリスとヨーロッパの労働状態と貧しい人々への調査に関連してフランスを訪れました。特別委員として、彼はフランスのブドウ園でその論文に手紙を書き、「クラレットとオリーブ」(1852)として本の形で再出版し、イギリス北部の製造業と石炭地区についても報告しました。長年にわたり、彼は「モーニング・クロニクル」の音楽および美術評論家であり、主な評論家でもありました。また、「グラスゴー市民」のロンドン特派員でもあり、1853年に父親が亡くなった日からロンドン特派員を務めました。 『インバネス・クーリエ』のリーチは 『コミック・ブラッドショー、またはボイラーからの泡』(1848年)の著者であり、多くの面白い雑多なものや劇的なファースであり、アルバート・スミスと一緒に 『月の男』を指揮した。大売り出しの連載(5巻1847–9)。 1854年に彼の健康は失敗し、100の助成金l。彼のためにロイヤルバウンティファンドから入手しました。フィールディングクラブは彼の利益のためにバーレスクを演じました。そこではイェーツとアルバートスミスが現れ、10リットルで売られていました。彼は1856年11月25日に亡くなり、ノーウッド墓地に埋葬されました。彼の親しい友人であるシャーリーブルックスが「モーニングクロニクル」でリーチの仕事を引き受ける前の1年間、リーチはいつもの給料を引き出していました。サラはリーチについて次のように書いています。「彼は私が今まで出会った中で最も骨の折れる多作の作家の一人でした。彼が1日16時間働くことは珍しいことではありませんでした。」

注目された作品に加えて、リーチは次のように書いています。

  1. 「ボアの自然史」、ロンドン、1847年、32か月。
  2. 「ハンバグの自然史」、ロンドン、1847年、12か月。
  3. 「タフトハンターとトーディーの自然史」、ロンドン、1848年、12か月。
  4. 「「ホーク」族の博物学」、ロンドン、1848年、12か月。
  5. 「ミンスパイのロマンス、40ウィンクのジョン・チャーラップの生涯における事件」、ロンドン、1848年、32ヶ月。
  6. (シャーリー・ブルックスと)「復讐の物語、または、いくつの関節が物語に行くのか?」ロンドン、1852年、8折り判。
  7. 「Menofthe Hour」、ロンドン、1856年、12か月。
  8. (J.HannayとAlbertSmithと共に)「ChristmasCheer」、ロンドン、1856年、12か月。
  9. (アルバート・スミスらと)「ロンドンの生活と性格のスケッチ」、ロンドン、1858年、12か月。

Reachという名前はReach(dissyllable)と発音されます。

[Allibone'sDictionaryAthenæum、1856年11月29日Inverness Courier、1856年12月4日Dr. C. Mackayの40年の回想、i。 143–57スピルマンのパンチの歴史、1895年のサラの人生と冒険。]


アンガス

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

アンガス、スコットランド北東部を起源とする、長年にわたってアバディーン・アンガスとして知られている、黒くポーリングされた肉用牛の品種。その品種は、英国で最も古い品種と呼ばれることもある、カーリーコーテッドギャロウェーと密接に関連しているように見えますが、その祖先はあいまいです。品種は改良され、現在のタイプの牛は、ヒュー・ワトソンとウィリアム・マコービーが最も有名であった多くの建設的なブリーダーによって19世紀初頭に固定されました。

この品種の特徴は、黒色、ポーリングヘッド、コンパクトで低セットのボディ、上質な肉質、高いドレッシング率です。アンガスは最高ランクの肉用牛であり、純血種または交雑種のアンガス去勢牛は、英国と米国の主要な脂肪ストックショーで高い評価を得てきました。この品種は1873年に米国に導入され、その後、その影響は米国内および他の国々に広く広がりました。

品種の中で、レッドアンガスとして知られている株は、特に異系交配と交配の目的で、20世紀半ばから人気が高まっています。ブラフマンとアンガスの株から開発されたブランガスは、耐熱性で有名です。


コンテンツ

REACHが完全に施行されると、化学物質を製造または欧州連合に年間1トン以上の量で輸入するすべての企業が、これらの物質をテラッカカツ(ヘルシンキ)の新しい欧州化学物質庁(ECHA)に登録する必要があります[fi ]、フィンランド。 REACHは、オブジェクトに含まれる一部の物質に適用されるため(記事 REACHの用語では、ヨーロッパに商品を輸入する企業が影響を受ける可能性があります。 [4]

欧州化学機関は、化学物質の登録について3つの主要な期限を設定しています。一般に、これらは製造または輸入されたトン数によって決定され、1000トン/年です。 2010年12月1日までに100トン/年の登録が必要です。 2013年6月1日および1トン/年までに。 [5]さらに、懸念または毒性の高い化学物質も2010年の期限に間に合わせる必要があります。

欧州連合で販売されている約143,000の化学物質は、2008年12月1日の期限までに事前登録されていました。事前登録は必須ではありませんが、潜在的な登録者が完全に登録するまでにはるかに長い時間をかけることができます。事前登録または登録されていない物質のヨーロッパ市場への供給は違法です(REACHでは「データなし、市場なし」として知られています)。

REACHは、化学物質の継続的な使用にも対応しています 高懸念物質 (SVHC)人の健康や環境に悪影響を与える可能性があるため。 2011年6月1日以降、使用される総量が年間1トンを超え、SVHCが対象物の質量の0.1%を超えて存在する場合、欧州化学機関は物品にSVHCが存在することを通知する必要があります。 SVHCの一部の使用は、欧州化学機関からの事前承認の対象となる場合があり、承認の申請者は、SVHCの使用をより安全な代替物に置き換える計画を含める必要があります(または、より安全な代替物が存在しない場合、申請者は1つを見つける)-として知られている 置換。 2015年6月15日[更新]の時点で、承認の候補リストには168のSVHCがあります。 [6]

REACHは、EUで輸入または生産されたすべての化学物質に適用されます。欧州化学機関は、REACHシステムの技術的、科学的、および管理的側面を管理します。

143,000物質の登録をいくらか簡素化し、脊椎動物の試験を可能な限り制限するために、同じ物質を扱っている法人(製造業者、輸入業者、データ保有者など)の間で物質情報交換フォーラム(SIEF)が形成されています。 。 [7]これにより、彼らは力と財政を結集して1つの登録書類を作成することができます。ただし、これは一連の新しい問題を引き起こします。SIEFは、以前はまったく知り合っていなかったが、突然次のことを行わなければならない、時には1000の法人間の協力であるためです。

  • お互いを見つけて、率直かつ正直にコミュニケーションを始めましょう
  • データの共有を開始
  • 公正かつ透明な方法でコストの共有を開始する
  • 民主的かつ完全なコンセンサスで最も複雑な決定を下す

限られた時間で数千のエンドポイント書類を完成させるために。

欧州委員会は、化学的性質と影響に関するデータの取得、管理、提出を簡素化するソフトウェアアプリケーション(IUCLID)を無料で配布することにより、REACHの影響を受ける企業をサポートしています。このような提出は、登録プロセスの必須部分です。特定の状況下では、化学物質の安全性評価(CSA)の実施が義務付けられており、物質の安全な使用を保証する化学物質の安全性レポート(CSR)を書類とともに提出する必要があります。書類の提出は、WebベースのソフトウェアREACH-ITを使用して行われます。

REACHの目的は、化学物質の固有の特性を特定することにより、人間の健康と環境の保護を改善することです。同時に、EUの化学産業の革新的な能力と競争力を強化する必要があります。 [8]

「将来の化学戦略」に関する2001年の欧州委員会(EC)ホワイトペーパーは、1トンを超える量で製造された化学物質を「登録」し、100トンを超える量で製造された化学物質を「評価」することを要求するシステムを提案しました。 、および懸念の高い特定の物質(たとえば、発がん性、変異原性、生殖毒性-CMR)は「認可」されます。

ECは、2003年10月に、ヨーロッパでの化学物質の製造、輸入、供給を管理する新しいスキームの提案を採択しました。この提案は、欧州議会がREACHの最終テキストを正式に承認すると、最終的に法制化されました。 2007年6月1日に発効しました。[9]

REACH規制の主要な要素の1つは、サプライチェーンの上下にある化学物質に関する情報を伝達する必要があることです。これにより、製造業者、輸入業者、およびその顧客は、供給された製品の健康と安全に関する情報を確実に認識できます。多くの小売業者にとって、消費者からの要求を受け取ってから45日以内に製品に含まれる物質に関する情報を提供する義務は特に困難です。製品に含まれる物質に関する詳細な情報を入手することで、小売業者は製造拠点と協力して、製品から潜在的に有害な物質を代替または除去することができます。有害物質のリストは継続的に増加しており、組織はREACHスコープへの発表や追加を常に監視する必要があります。これは、欧州化学機関のWebサイトで行うことができます。

登録編集

要件は、年間1トンを超える量で製造またはEUに輸入されたすべての物質(ポリマーおよび非分離中間体を除く)の危険な特性に関するデータを収集し、照合して、欧州化学機関(ECHA)に提出することです。発がん性、変異原性、生殖毒性物質(CMR)など、懸念の高い特定の物質は認可を受ける必要があります。

化学物質は、物質評価のトン数に応じて3つのフェーズで登録されます。

年間1000トン以上、または最も懸念される物質は、最初の3年間に登録する必要があります

最初の6年間で年間100〜1000トンを登録する必要があります

最初の11年間は、年間1〜100トンを登録する必要があります。

さらに、業界はリスク評価を準備し、下流のユーザーに物質を安全に使用するための管理手段を提供する必要があります。 [9]

評価編集

評価は、当局が登録者、そして非常に限られたケースでは下流のユーザーにさらなる情報を提供することを要求する手段を提供します。

評価には、書類評価と物質評価の2種類があります。

関係書類の評価は、不必要な動物実験と費用が回避されることを確認するための試験の提案を検討し、登録書類が登録要件に準拠しているかどうかを確認するために当局によって実施されます。欧州化学機関の2018年の年次進捗報告によると、化学会社は当局によってチェックされたケースのほぼ4分の3(74%または286の211)で「重要な安全情報」を提供できませんでした。 「数字は前年と同様の状況を示している」と同氏は述べた。業界団体のセフィック氏はこの問題を認めた。

物質の評価は、物質が人の健康または環境にリスクをもたらすと疑われる理由がある場合(たとえば、他の物質との構造的類似性のため)、関係当局によって実行されます。したがって、物質について提出されたすべての登録書類は一緒に検査され、その他の入手可能な情報が考慮されます。 [9]

物質評価は、コミュニティローリングアクションプラン(CoRAP)として知られるプログラムの下で実施されます。 2018年後半に発表された国家当局による進捗状況の独立したレビューでは、これまでに352の物質が物質評価のために優先され、94が完了したことがわかりました。 94人のほぼ半数について、当局は、この物質の既存の商業的使用は人の健康および/または環境にとって危険であると結論付けました。 REACHの発効以来、12物質のリスク管理が開始されました。物質の74%(46のうち34)について懸念が示されましたが、実際の規制のフォローアップはまだ開始されていません。さらに、国家当局は、評価中の物質の64%(196のうち126)が、不十分な業界データのためにヨーロッパで販売されている化学物質の安全性を実証するために必要な情報を欠いていると結論付けました。

承認編集

REACHは、認可を条件として、非常に懸念の高い制限物質の使用を継続することを許可します。

この認可要件は、代替物質またはプロセスに関する入手可能な情報を考慮に入れて、そのような物質の使用によるリスクが社会経済的理由によって適切に管理または正当化されることを保証しようとしています。

この規則により、使用制限を欧州共同体全体に導入することが可能になり、これが必要であることが示されています。加盟国または委員会はそのような提案を作成することができます。 [10]

2019年3月までに、承認は185回付与され、適格なリクエストが拒否されることはありませんでした。 NGOは、より安全な代替案が存在するにもかかわらず認可が与えられており、これが代替を妨げていると不満を述べています。 2019年3月、欧州司法裁判所は、より安全な代替案を特定できなかったとして欧州化学機関を批判した判決の承認を取り消しました。

情報交換編集

製造業者および/または輸入業者は、下流での使用を含む、化学物質のすべての既知の使用に対するリスク低減策を開発する必要があります。プラスチックパイプ製造業者などの下流のユーザーは、その使用法の詳細をサプライヤーに提供する必要があります。下流のユーザーがこの情報を開示しないことを決定した場合、彼らは彼ら自身のCSRを持っている必要があります。 [11]

REACHは、EUの化学政策の広範囲にわたる見直しの成果です。 It passed the first reading in the European Parliament on 17 November 2005, and the Council of Ministers reached a political agreement for a common position on 13 December 2005. The European Parliament approved REACH on 13 December 2006 and the Council of Ministers formally adopted it on 18 December 2006. Weighing up expenditure versus profit has always been a significant issue, with the estimated cost of compliance being around €5 billion over 11 years, and the assumed health benefits of saved billions of euro in healthcare costs. [12] However, there have been different studies on the estimated cost which vary considerably in the outcome. It came into force on 20 January 2009, and will be fully implemented by 2015.

A separate regulation – the CLP Regulation (for "Classification, Labelling, Packaging") – implements the United Nations Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS) and will steadily replace the previous Dangerous Substances Directive and Dangerous Preparations Directive.

The REACH regulation was amended in April 2018 to include specific information requirements for nanomaterials. [13]

The legislation was proposed under dual reasoning: protection of human health and protection of the environment.

Using potentially toxic substances (such as phthalates or brominated flame retardants) is deemed undesirable and REACH will force the use of certain substances to be phased out. Using potentially toxic substances in products other than those ingested by humans (such as electronic devices) may seem to be safe, but there are several ways in which chemicals can enter the human body and the environment. Substances can leave particles during consumer use, for example into the air where they can be inhaled or ingested. Even where they might not do direct harm to humans, they can contaminate the air or water, and can enter the food chain through plants, fish or other animals. According to the European Commission, little safety information exists for 99 percent of the tens of thousands of chemicals placed on the market before 1981. [4] There were 100,106 chemicals in use in the EU in 1981, when the last survey was performed. Of these only 3,000 have been tested and over 800 are known to be carcinogenic, mutagenic or toxic to reproduction. These are listed in the Annex 1 of the Dangerous Substances Directive (now Annex VI of the CLP Regulation).

Continued use of many toxic chemicals is sometimes justified because "at very low levels they are not a concern to health". [14] However, many of these substances may bioaccumulate in the human body, thus reaching dangerous concentrations. They may also chemically react with one another, [15] producing new substances with new risks.

A number of countries outside of the European Union have started to implement REACH regulations or are in the process of adopting such a regulatory framework to approach a more globalized system of chemicals registration under the Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS). [16] Balkan countries such as Croatia and Serbia are in the process of adopting the EU REACH system under the auspices of the EU IPA programme. Switzerland has moved towards implementation of REACH through partial revision of the Swiss Chemical Ordinance on February 1, 2009. The new Chemicals Management Regulation in Turkey is paving the way for the planned adoption of REACH in 2013. China has moved towards a more efficient and coherent system for the control of chemicals in compliance with GHS.

Over a decade after REACH came into force, progress has been slow. Of the 100,000 chemicals used in Europe today, “only a small fraction has been thoroughly evaluated by authorities regarding their health and environmental properties and impacts, and even fewer are actually regulated,” according to a report for the European Commission.

Apart from the potential costs to industry and the complexity of the new law, REACH has also attracted concern because of animal testing. Animal tests on vertebrates are now required but allowed only once per each new substance and if suitable alternatives cannot be used. If a company pays for such tests, it must sell the rights of the results for a "reasonable" price, which is not defined. There are additional concerns that access to the necessary information may prove very costly for potential registrants needing to purchase it.

An opinion in 自然 in 2009 by Thomas Hartung and Constanza Rovida estimated that 54 million vertebrate animals would be used under REACH and that the costs would amount to €9.5 billion, set against the annual European industry annual turnover of €507 billion. [17] Hartung is the former head of European Centre for the Validation of Alternative Methods (ECVAM). [ 要出典 ] In a news release, ECHA criticised assumptions made by Hartung and Rovida ECHA's alternative assumptions reduced sixfold the number of animals. [18] [ 要出典 ]

On 8 June 2006, the REACH proposal was criticized by non-EU countries, including the United States, India and Brazil, which stated that the bill would hamper global trade. [19]

Non-EU consultancies offer "only representative" services, though according to REACH it is not possible to register a substance if your "only representative" consultancy company is not based in the EU, unless it is subcontracted to an EU-based registrant.

Only representatives are EU based entities that must comply with REACH (Article 8) and should operate standard, transparent working practices. The Only Representative assumes responsibility and liability for fulfilling obligiations of importers in accordance with REACH for substances being brought into the EU by a non-EU manufacturer.

The SIEFs will bring new challenges. An article in the business news service Chemical Watch described how some "pre-registrants" may simply be consultants hoping for work ("gold diggers") while others may be aiming to charge exorbitant rates for the data they have to offer ("jackals"). [20]

  • Regulation (EC) Nr. 1907/2006 (REACH)
  • AICS – Australian Inventory of Chemical Substances
  • DSL – Canadian Domestic Substances List
  • NDSL – Canadian Non-Domestic Substances List
  • KECL (Korean ECL) – Korean Existing Chemicals List
  • ENCS (MITI) – Japanese Existing and New Chemical Substances
  • PICCS – Philippine Inventory of Chemicals and Chemical Substances
  • TSCA – US Toxic Substances Control Act
  • Giftliste 1 (Swiss list of toxic substances, repealed in 2005) [22]

The European Chemical Agency (ECHA) has published the REACH Authorisation List, [23] in an effort to tighten the use of Substances of Very High Concern (SVHCs). The list is an official recommendation from the ECHA to the European Commission. The list is also regularly updated and expanded. Currently the Candidate List for Authorisation comprises a total of 209 SVHCs (see ECHA list at https://echa.europa.eu/candidate-list-table), some of which are already active on the Authorization List.

To sell or use these substances, manufacturers, importers, and retailers in the European Union (EU) must apply for authorization from the ECHA. The applicant is to submit a chemical safety report on the risks entailed by the substance, as well as an analysis of possible alternative substances or technologies including present and future research and development processed.


Angus Reach - History

Our mission is to provide programs, services, technology and leadership to enhance the genetics of the Angus breed, broaden its influence within the beef industry, and expand the market for superior tasting, high-quality Angus beef worldwide.

See Management for Calculators/Tables

管理

The Angus breed is home to the industry’s largest beef cattle performance database, fueling genetic progress through each generation. Breeders rely on the comprehensive set of data to continue growing the nation’s quality beef supply.

マーケティング

Angus Media provides unrivaled marketing opportunities for cattle producers with Association programs that allow breeders to set their calves apart from the crowd.

販売

Registered-Angus cattle continue to set the industry pace for quality genetics. Demand remains strong year after year, as reflected by strong sales trends and an increase in Angus cattle on the market.

商業

The American Angus Association and its members are proud to offer comprehensive programs and services aimed at improving productivity and profitability in the commercial sector of the cattle industry.

Stay up-to-date on the latest headlines in the American Angus Association’s Newsroom, where you can read articles, watch videos and learn more about the organization’s programs and services.

イベント

Continued education is central to driving progress within the beef cattle industry. Through Association events, connect with fellow breeders and discover applications that make a real difference on the farm or ranch.

The American Angus Association store features both high quality, yet attractively affordable apparel and home décor. Items were personally curated to fit the aesthetic of any hardworking, yet stylish ranch lifestyle. Proceeds directly benefit the Angus Foundation and its mission of youth, education, and research.

だいたい

As the nation’s largest beef breed organization, the American Angus Association serves more than 25,000 members across the United States and Canada.

When George Grant transported four Angus bulls from Scotland to the middle of the Kansas Prairie in 1873, they were part of the Scotsman's dream to found a colony of wealthy, stock-raising Britishers. Grant died five years later, and many of the settlers at his Victoria, Kansas, colony later returned to their homeland. However, these four Angus bulls, probably from the herd of George Brown of Westertown, Fochabers, Scotland, made a lasting impression on the U.S. cattle industry.

When two of the George Grant bulls were exhibited in the fall of 1873 at the Kansas City (Missouri) Livestock Exposition, some considered them "freaks" because of their polled (naturally hornless) heads and solid black color (Shorthorns were then the dominant breed.) Grant, a forward thinker, crossed the bulls with native Texas longhorn cows, producing a large number of hornless black calves that survived well on the winter range. The Angus crosses wintered better and weighed more the next spring, the first demonstration of the breed's value in their new homeland.

Early Importers and Breeders

The first great herds of Angus beef cattle in America were built up by purchasing stock directly from Scotland. Twelve hundred cattle alone were imported, mostly to the Midwest, in a period of explosive growth between 1878 and 1883. Over the next quarter of a century these early owners, in turn, helped start other herds by breeding, showing, and selling their registered stock.

The American Angus Association

The American Aberdeen-Angus Breeders' Association (name shortened in 1950s to American Angus Association) was founded in Chicago, Illinois, on November 21, 1883, with 60 members. The growth of the Association has paralleled the success of the Angus breed in America.

In the first century of operation, more than 10 million head were recorded. The Association records more cattle each year then any other beef breed association, making it the largest beef breed registry association in the world.


Since Angus beef is a specific breed of cattle and not a specific type of beef, you cook it the same way you would cook any other meat. If you purchase ground Angus beef, you need to cook it until there is no longer any pink showing (unless you use it to make burgers—then simply cook to your liking) if you are making a roast or grilling a steak, you should cook it until it reaches your preferred doneness. Because Angus beef is generally more expensive than other beef, you want to make sure you don't overcook the cut, dry out the meat, and ruin your meal.

All beef in the United States is inspected by the U.S. Department of Agriculture this is mandatory and is performed for the reason of food safety. However, when it comes to determining whether the beef is Angus or not, it is the breeder's responsibility to prove to the USDA that the beef is Angus—and this is as basic as showing that the cattle's hide is at least 51 percent black. To be classified as Angus, the breed of cattle is legally determined by visual inspection only (known as its phenotype). There is no genetic testing done to say exactly which breed it is.

This means that meat and meat products labeled as Angus might or might not be mostly Angus. Because Angus is the most common breed of cattle in the United States, you can feel confident that most of the meat you buy is Angus or at least partly Angus. Of the 86 USDA recognized certified brands representing 25 percent of all produced beef in the United States, 63 contain the term Angus. Angus is the magic word for beef marketing, and with that Angus label, you will pay more for the beef.

There is a lot of deception in beef labeling. Stores sell lower grade beef with stickers that say things like "Butcher's Choice" or "Prime Value." Similarly, lower graded beef or frequently ungraded beef get the Angus stamp and are sold to fast food chains as well as a whole host of other uses. This is not to say that these products are not made with Angus beef it is just a reminder that if the label says Angus, it doesn't necessarily mean quality.

Good quality Angus beef will be labeled with the logo "Certified Angus Beef," a brand created by the American Angus Association. This brand, established in 1978, requires the beef to pass 10 quality standards falling into three categories: marbling and maturity, consistent sizing, and quality appearance and tenderness.   The cattle must also be Angus by more than just a 51 percent black definition.


How to Raise Black Angus Cattle

This article was co-authored by Karin Lindquist. Karin Lindquist earned a BSc in Agriculture as an Animal Science major from the University of Alberta, Canada. She has over 20 years of experience working with cattle and crops. She's worked for a mixed-practice veterinarian, as a sales representative in a farm supply store, and as a research assistant doing rangeland, soil, and crop research. She currently works as a forage and beef agriculture extension specialist, advising farmers on a variety of issues relating to their cattle and the forages they grow and harvest.

There are 10 references cited in this article, which can be found at the bottom of the page.

wikiHowは、十分な肯定的なフィードバックを受け取った記事を読者承認済みとしてマークします。 In this case, 91% of readers who voted found the article helpful, earning it our reader-approved status.

This article has been viewed 257,191 times.

Black Angus or Angus cattle are beef cattle that can be raised in a variety of conditions, from on a ranch where the cattle have to pretty well look after themselves, to the feedlot. Each individual producer has his/her own way to raise Angus cattle, and none of them are the same. So only the basics are given for an Angus cow-calf herd, not for finishing or backgrounding cattle. The more finite details of how you choose to raise your Angus herd is up to you.


OUR HISTORY

“Success in the feedyard and packing plant requires feeder cattle that do three things well – stay healthy, grow fast and efficiently, and reach a high quality grade.”

Tom Brink, Top Dollar Angus founder

Top Dollar Angus is the brainchild of owner and founder J. Tom Brink. Well-known throughout the U.S. beef industry, Brink earned a reputation as one of the foremost experts on beef production and supply chain economics.

Brink spent 14 years in the cattle feeding business in various leadership positions at JBS Five Rivers Cattle Feeding and ContiBeef. He also served as President and COO of J & F Oklahoma Holdings, Inc., the cattle ownership sister company to Five Rivers. Brink has overseen feeder cattle procurement and risk management for a cattle-feeding business that went on to procure and market over 1.6 million head per year. In addition, Brink has conducted extensive research on the factors that create valuable cattle both in the feedyard and from a carcass standpoint and has been a featured speaker throughout the nation on these and other beef industry topics.

In September 2013, Brink used his years of experience and valuable knowledge to start Top Dollar Angus with the goal of facilitating relationships at every segment within the beef industry and helping producers see their cattle reach their value potential.


Angus Reach - History

On 13th February, 2001, the European Commission adopted a White Paper setting out the strategy for a future Community Policy for Chemicals.

The European Commission's original legislative proposal on REACH COM(03) 644 (01) and COM(03) 644 (02) amending Directive 67/548/EEC was adopted on 29 October 2003 and was communicated to both the European Parliament and the Council in November 2003.

The work in the European Parliament has been led by the Committee on the Environment, Public Health & Food Safety, with – in first reading - the assistance of nine other parliamentary committees. The European Parliament adopted its first reading opinion on 17 November 2005.

The Council reached a Political Agreement for a Common Position (pdf 865KB) on 13 December 2005.

The Environment Council formally adopted the Common Position (pdf 1,7MB) (press release - pdf 312KB) on June 2006 which served as the basis of discussion during the second reading in the European Parliament, which started in September 2006.

A Commission Communication on the Common Position (COM (2006) 375) was adopted on 12 July 2006 and submitted to the European Parliament and Council allowing the second reading to commence.

The representatives of the European Parliament and the Council found a negotiated agreement of the final version of REACH in early December 2006. This agreement was subsequently endorsed at second reading in the European Parliament on 13 December 2006 (press release) and got finally adopted at the Environment Council on 18 December 2006 (press release).

The text of the law was published on 30 December 2006 in the Official Journal of the European Union L 396.

The new EU chemicals Regulation REACH entered into force on 1 June 2007 (press release). The new European Chemicals Agency in Helsinki, Finland, will be fully operational on 1 June 2008, in time for the industry's obligation to submit pre-registration dossiers for existing substances and registration dossiers for new substances.


ビデオを見る: Can We Go NOOB vs PRO vs HACKER In!? MAX LEVEL!