海戦は新しい武器を手に入れる

海戦は新しい武器を手に入れる



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イタリアは、取り外し可能な弾頭を使用してイギリスの巡洋艦を沈め、クレタ島のスーダ湾でイギリス艦隊を攻撃します。有人魚雷が海戦で採用されたのはこれが初めてであり、世界の海軍の兵器に新しい武器が追加されました。

「戦車」としても知られる有人魚雷は独特でした。主にまだ港にいる敵の船を攻撃するために使用され、戦車は彼らを彼らの目標に「追いやる」ために「パイロット」を必要としていました。パイロットは、魚雷を両方とも輸送する車両にまたがって座り、ミサイルをターゲットにできるだけ近づけて誘導し、通常は潜水艦まで車両を戻します。戦車は大きなアドバンテージでした。開発前は、戦車に最も近い兵器は日本軍でした。 回天–明らかな欠点を持っていた人間魚雷、または自爆テロ。

戦車の最初の成功した使用はイタリア海軍によるものでしたが、彼らは彼らのバージョンを マイアリ、 または「豚」。 3月26日、イタリア海軍司令官のルイージ・ファギオーニ中尉が指揮する6隻のイタリアのモーターボートがクレタ島のスーダ湾に入り、そこの港にあるイギリスの護送船団に沿ってマイアリを植えました。巡洋艦 ヨーク 爆風によってひどく損傷したので、浜に打ち上げなければなりませんでした。

有人魚雷は、イタリアの海軍兵器廠で最も効果的な兵器であることが証明され、1941年12月にエジプトのアレクサンドリアで再びイギリス軍に対して首尾よく使用されました。イタリアの魚雷がイギリスの戦艦を沈めました エリザベス女王ヴァリアント、 タンカー1隻も同様です。また、ジブラルタルや他の場所で商船に対しても使用されました。

しかし、イギリス軍は新しいイタリア巡洋艦を沈めることでイタリア軍に復讐しました。 ウルピオトラヤヌス 1943年1月初旬、シチリア島のパレルモ港で。同じ攻撃で8,500トンの遠洋定期船も損傷した。

イタリアの降伏後、イギリス、そして後にドイツは、有人魚雷を使い続けました。実際、ドイツは1944年7月に2隻のイギリスの掃海艇をノルマンディービーチから沈めることに成功しました。 ニグロ 魚雷。

続きを読む:第二次世界大戦はどのように終わりましたか?


戦闘自体の活動であるため、戦術は文字通りの比喩的な戦争の暴力の中心で考案され実行されます。戦術科学はこれらの活動の整然とした説明であり、戦術芸術は戦闘でそれらを実行するために必要なスキルです。

勝利を達成するためには、意志力と勇気が常に戦術的な芸術と科学を伴わなければならず、しばしば戦いの結果を支配しなければならないということを言わなければなりません。これらの資質は戦術ではありませんが、健全な決定がそれが実装される解決策に関連している方法で戦術に関連しています。ホレーショ・ネルソンほど素晴らしい例はありません。ナイルの海戦(1798年8月1〜2日)では、ネルソン提督の戦術的決定が素晴らしかっただけでなく、彼は船長に彼の考えを吹き込みました。フランス艦隊、彼らはすぐにそれをつかみ、決定的なアドバンテージを得ました。それでも、彼らの決定は、フランス人が必死に戦ったため、その偉大な勝利の基礎を確立しただけであり、勝利の約束を果たすには、ネルソンのカリスマ的なリーダーシップに触発されたイギリスのタールによる激しい戦いが必要でした。

同様に、新技術は戦術ではありませんが、戦いの様相を変えることとその結果に影響を与えることの両方に決定的な影響を与える可能性があります。海軍は軍艦と航空機に特に重点を置いています。地上では男性が武器を提供し、海上では男性が武器を提供するとよく言われています。読者がエランと闘志に夢中になりすぎないように、ブラッドリー・アレン・フィスケ大将は 戦闘機としての海軍 (1916年)。彼は、南北戦争では南軍の装甲艦が バージニア、10門の銃で、北軍のスループ型砲艦を手軽に打ち負かしました 会議カンバーランド、合計74門の砲を搭載しました。翌日、ユニオンの モニター、砲塔に2門の大砲を搭載し、 バージニア 停止します。勇気と決意は進歩と鎧に対して無力でした。

アメリカの海軍ストラテジスト、アルフレッド・セイヤー・マハンは、おそらく技術進歩の戦術にあまりにも多くの影響を与えました。彼の独創的な 海の力が歴史に与える影響、1660年から1783年 (1890)、彼は、新しい戦闘システムのために、「時々、戦術の構造は完全に破壊されなければならないが、戦略の基礎は、まるで岩の上に置かれたかのように、今のところ残っている」と書いた。マハンは、戦略定数の発見のための海軍の歴史の有用性、つまり、技術の変化を通して有効であり続けている戦略の原則を高く評価しました。一方、戦術家は、戦術定数、特に次のことも意識しています:集中力の力(歴史上、海軍の戦術家が予備を差し控えることはめったにありません)音によってもたらされる結束の永続的な必要性を驚かせる特別な価値指揮と戦闘の教義は、最初に効果的に攻撃するという完全な目標と、タイミングと適時性によって果たされる独特の役割です。


アメリカ海軍の5つの最も致命的な戦争兵器

アメリカは、正確には5つの理由で波を支配しています。

アメリカ海軍は、空母や海上哨戒機から潜水艦、駆逐艦、無人ヘリコプターに至るまで、世界で最大かつ最先端の海軍です。

したがって、編集者から海軍の​​最も致命的な5つの兵器システムを選択するように求められた場合、最も難しい課題は、それを5つの選択肢に絞り込むことです。この記事では、空母や強襲揚陸艦などのより大きなプラットフォームをバイパスしました。確かに、これらは実際には海軍の兵器の中で最も致命的な武器ですが、誰もが知っています。大きなプラットフォームとして、実際には多くの小さな武器の合計です。

代わりに、私はある特定の方法で傑出したプラットフォームを強調したいと思いました。また、航空機や特定のミッションを無視して、水上艦や潜水艦を含めるのが簡単な選択肢を広げたかったのです。

先に進む前に、海軍は現在、技術革命の最前線にあり、新しい船、戦闘機、レーダー、レーザー、レールガン、無人システムが間近に迫っていることは注目に値します。 10年以内に、このリストの繰り返しは非常に異なって見えるかもしれません。

アーレイバーク級誘導ミサイル駆逐艦:

伝説的な第二次世界大戦の提督にちなんで名付けられたアーレイバーク級駆逐艦は、現代の海軍が戦う最もバランスの取れた有能な船の一部です。バーク級は艦隊のバックボーンであり、海軍の全船の5分の1以上を占める約62隻の船があります。

バークの戦闘システムの心臓部は、イージスレーダーシステムにあります。イージスレーダーシステムは、さまざまな防空ミサイルを到来する標的に向けることができます。イージスは海軍の水上グループ全体の防御を調整でき、新しい共同交戦能力により、バークスはE-2Dホークアイなどのプラットフォームからのターゲットデータを使用して、広範囲のターゲットに発砲できます。

バーク級は、短距離および中距離の標的に対しては進化型シースパロウ防空ミサイルを発射でき、長距離の空中標的に対してはSM-2およびSM-6ミサイルを発射することもできます。多くの駆逐艦は弾道ミサイル防衛能力も備えており、弾道ミサイルの交戦に特化したSM-3ミサイルを発射できます。

対潜水艦戦のために、クラスにはSQQ-89ソナーシステムが組み込まれており、曳航ソナーシステムは将来のアップグレードが予定されています。船は6隻のMk.46対潜水艦魚雷を搭載しています。船に搭載されたMH-60R対潜ヘリコプターは、長距離対潜水艦機能を提供しますが、バーク級の後期バージョンのみが格納庫で建造されました。

現代の船の場合、バーク級は従来の銃で重装備されています。 5インチ、127 mmの主砲が船首に搭載されており、対艦、対空砲撃、さらには限定的な対空の役割も可能です。 1999年のUSSコールへの自爆攻撃の後、2基の25 mm機関銃と4基の.50口径機関銃が追加されました。 、UAV、小型ボートも同様です。

バーク級が不足している分野の1つは、敵艦と交戦する能力です。船は対艦能力が貧血であり、8隻の老朽化したハープーン対艦ミサイルを配備しているのは古い船だけです。信頼できる表面の脅威は存在せず、海軍は対テロ戦争の任務に集中しているため、これは設計によるものです。ノルウェー海軍ストライクミサイルやロッキードマーティン長距離対艦ミサイルなどのミサイルは開発中であり、艦隊の将来の対艦ミサイルとして大きな期待が寄せられています。

この船は、1991年に米国海軍のアーレイバーク自身が就役した史上最長の生産クラスになる可能性があり、生産はさらに15年間続くと予想されています。これは、単一タイプの駆逐艦のほぼ連続的な生産が40年近く続くことを意味します。

EA-18Gグローラー電子攻撃機:

成功したF / A-18Fスーパーホーネットに基づいたEA-18グローラーは、戦闘機の性能を備えた電子戦機です。その前身であるEA-6Bプラウラーとは異なり、グローラーはより積極的に使用することができ、危険な任務で高性能戦闘爆撃機のペースを調整します。

グローラーは基本的に2席のスーパーホーネットであり、2つの飛行機の間のいくつかの機能に90%の共通性があります。スーパーホーネットの内部M61ガンは、AN / ALQ-227通信妨害システムに対応するために削除され、AN / ALQ-99レーダー妨害ポッドが飛行機の兵器ステーションに取り付けられています。

グローラーには3つの重要な機能があります。第一に、ドローンやUAVを支援する敵防空任務の抑制を実施できます。グローラーは地上で通信や敵のレーダーを妨害し、レーダーに対抗するHARMミサイルでレーダーを積極的に攻撃することができます。

第二に、グローラーは、地上の防空、敵の早期警戒管制、および敵の戦闘機に対して、スタンドオフおよび護衛妨害を行うことができます。グローラーは、対空掃引を行う戦闘機に遅れずについていくことができ、敵のレーダーと通信をスクランブルし続けることができます。第三に、Growlerは、いわゆる「非伝統的な電子攻撃」も可能です。これは、「地上防衛との統合」を可能にする、やや不思議な機能です。

これらの機能に加えて、グロウラーは自己防衛することもでき、そうでなければ護衛する戦闘機を他の場所で使用することができます。グローラーはF / A-18Fと同じくらい速くて機動性があり、防御的な使用のためにAMRAAM空対空ミサイルを運ぶことができます。電子戦の指定にもかかわらず、APG-79マルチモードAESAレーダーと空対空戦闘用のヘルメット搭載キューイングシステムが装備されています。

2014年5月の時点で100機のグロウラーが納入され、2015年の議会防衛予算の一部としてさらに15機の航空機が承認されました。

バージニア級攻撃型潜水艦:

冷戦後の最も成功した兵器プログラムの1つであるバージニア級攻撃型潜水艦は、最先端の核攻撃型潜水艦の1つと手頃な造船プログラムを組み合わせたものです。少なくとも33ユニットが計画されています。

バージニア級の各クラスは、長さ377フィート、直径34フィートで、水没した重量は7,800トンです。それぞれに、トマホークミサイル用の12本の垂直発射管と、Mk 48 ADCAPホーミング魚雷、地雷、および魚雷発射管で発射される無人水中車両を発射できる533mm魚雷発射管が4本あります。このクラスの潜水艦には、ダイバー用のロックアウトチャンバーも装備されており、SEALミニ潜水艦を運ぶことができます。

バージニア級原子力潜水艦は、攻撃任務に加えて、有用な監視プラットフォームでもあります。それぞれに、前半球を覆う電球、帆、あごのソナー、側面のソナーアレイ、および潜水艦の後流にある物体を検出するための曳航アレイを備えた大規模なソナースイートがあります。船には、敵の信号を検出するための電子支援対策センサーとオプトロニックセンサーが装備されています。これらのセンサーは、UUVや特殊部隊からのデータで補強することができます。その後、インテリジェンスは、高速データ送信機を介して表面およびそれを超えて中継することができます。

バージニア級は、コストの観点からも成功しています。それ以前のシーウルフ級は金融危機でした。29隻の潜水艦が計画されましたが、最初の3隻の平均はそれぞれ44億ドルであり、さらなる潜水艦の計画は打ち切られました。

一方、バージニア州は、それぞれ平均20億ドル弱で入ってきました。さらに良いことに、2011年までに、それらは早期に予算内で納品されていました。 USSミシシッピは、1年早く委託され、予算を6,000万ドル下回りました。 5月、米海軍はジェネラルダイナミクスエレクトリックボートとハンティントンインガルスに10隻の潜水艦を176億ドルで注文し、1隻あたりのコストは17.6億ドルとお買い得になりました。合意に基づき、各造船所は5年間、1年に潜水艦を解約し、2隻の潜水艦が毎年艦隊に加わることを保証します。

オハイオ級巡航ミサイル潜水艦:

の4つの誘導ミサイル潜水艦(SSGN) オハイオ-クラス: オハイオ, ミシガン, フロリダ、 と ジョージア —世界で最も武装した4隻の船です。それぞれに154基の巡航ミサイルが装備されており、最大4個小隊の海軍シールを搭載できます。

もともと弾道ミサイル潜水艦として建造された各潜水艦は、24基の核先端のD-5トライデント潜水艦発射弾道ミサイルを搭載していました。 START II条約の条件の下で、米国は4つの過剰な弾道ミサイル潜水艦の船体を残されました。アメリカ海軍は、それらを廃止するのではなく、40億ドルを支払って、従来の武装のトマホーク陸上攻撃巡航ミサイルを搭載するように改造しました。

トライデントミサイルサイロのうち22基は、それぞれ7基のトマホークミサイルを搭載するように改造されました。その結果、154基のトマホークミサイルを発射できるステルス巡航ミサイルプラットフォームが実現しました。これは、米海軍の火力を大幅に向上させる独自の機能です。

各潜水艦の正確な搭載量は分類されていますが、ブロックIIIトマホークミサイルとブロックIVトマホークミサイルの混合物が含まれています。トマホークブロックIII / Cには、1,000ポンドの通常弾頭が1つあり、射程は1,000マイルです。ブロックIII / Dには、166個のクラスター爆弾のペイロードと800マイルの範囲があります。各ミサイルは複数のナビゲーション方法を備えており、慣性航法システム、地形輪郭マッチング、デジタルシーンマッチングエリア相関器、およびGPSによってターゲットに誘導できます。

トマホークブロックIV / Eは、各ミサイルが偵察、爆撃被害評価、および再標的化を行う機能を追加します。ミサイルは、戦闘エリアの画像を順番に送り返し、新しいターゲットデータが作成されている間、ロイター飛行し、古いターゲットの代わりに新しいターゲットを使用できます。ミサイルはまた、以前のトマホークよりも大幅に安価です。


ペンタゴンの武器テスターが海軍の新しい長距離対艦ミサイルの最新情​​報を提供します

ワシントン—運用テストと評価のディレクターからの2020年の年次報告書によると、米国海軍の新しい長距離対艦ミサイルは、より厳密で現実的なテストを経る必要があります。

DOT&ampEレポートは、LRASMミサイルの最初の反復で「複数のハードウェアとソフトウェアの障害」を引用し、海軍に新しいLRASM 1.1を現実的な戦闘条件下で厳格なテストプロセスにかけ、「運用上現実的なミッション能力を実証する」ことを保証するよう求めています。環境。」

LRASMは、海軍の指導者の間で大きな興奮を生み出した武器です。公表されている航続距離は約300海里で、ジャムに強く、ドローンのセンサーや別の船などの別のソースからのガイダンスに頼るのではなく、搭載されたセンサーでターゲットを特定するように設計されています。ミサイルも検出が困難です。

ミサイルは2018年にB-1Bランサー爆撃機でテストされ、翌年にはF / A-18スーパーホーネットでテストされました。また、9月の海軍の勇敢な盾演習でも試射されました。今年は日本を拠点とする空母ロナルドレーガンと強襲揚陸艦アメリカが関与しました。

ミサイルを製造するロッキード・マーティンは、垂直発射システムからそれを成功裏に実証しました。これは、海軍が選択した場合、ある時点でミサイルが地対地兵器になる可能性があることを意味します。

海軍はLRASMの2番目の増分を計画しており、これは2028〜2030年の時間枠で競合します。その間、サービスはLRASM1.1のLRASM1.0からのバグを解決しています。

報告書は、海軍が「予想される運用条件のフルセットを使用してシステムにストレスをかける」ことにより、LRASM1.1をすぐに初期運用テストと評価にかけることを推奨しています。


イスラーム黄金時代(西暦600年から1600年)は、ローマ帝国の崩壊後の古典文明の進歩を救います。

銃器の技術は急速に発展し、エジプトの兵士は1260年のアインジャールートの戦いでハンドキャノンやその他の小型武器を最初に使用しました。

しかし、イスラム科学は17世紀以降衰退しています。

アジャンクールの戦いは、中世のロングボウテクノロジーの頂点を示しています。射手の割合が高いイギリス軍は、フランス軍を5倍から10倍大きくします。


米軍史からの10の奇妙な武器

伝説的なM1ガーランドから、今日のM4およびM16ライフルまで、標準的な歩兵用ライフルは、それらを運ぶ軍隊の至る所に存在するアイコンでした。しかし、アメリカの戦争中、特定の状況や状況で独自の武器が必要になったときに、明らかに非標準の小型武器が使用されてきました。

1.スティンガーマシンガン

この第二次世界大戦の兵器は、アメリカの武器設計者や軍の兵器委員会からではなく、第5海兵師団の数人の海兵隊員の創造的な精神から生まれました。回収されたバージョンのANM2と呼ばれるブローニングM1919機関銃の航空機搭載バージョン(上の写真)を使用して、スティンガーはM1カービン銃床、単純なトリガー、ブローニング自動小銃バイポッド、および即興の100ラウンドボックスマガジンを使用して構築されました。 ANM2をベースにしているため、スティンガーの発射速度は1分あたり1200発を超え、通常のM1919の3倍でした。それは歩兵用の携帯型パッケージで本当に壊滅的な火力でした。ワンマリーン、伍長。トニースタインは、1945年2月19日の硫黄島上陸時にスティンガーの有効性を実証しました。

最初の水陸両用攻撃では、スタインは自分のスティンガーを片手で使用して、複数の敵のピルボックスを抑制して攻撃しました。スタインはブーツとヘルメットを脱ぎ捨ててより速く移動し、ビーチを前後に8回移動し、より多くの弾薬を回収して負傷者を避難させました。スティンガーとの彼の行動に対して、スタインは名誉勲章を授与されました。これは、3月1日に戦死した後に彼が死後に受け取ったものです。

スティンガーは6つしか作られていない珍しい武器であり、今日生き残っている例はありません。しかし、それは彼らの小さな武器から新しい能力を引き出したいと思った巧妙で創造的な入隊した軍隊の創意工夫の証拠でした。スティンガーはまた、7.62x51mm M240機関銃のような武器で今日例示されている、中型または汎用機関銃の概念を予見しました。

2.M3カービン

バックロジャーズのSF小道具のように見えるかもしれませんが、この兵器システムは時代を先取りしていました。それは第二次世界大戦後期のプロトタイプとして始まりました。暫定的にT3と呼ばれるこのシステムは、初期バージョンの画像増強スコープと、特注のM2カービン銃に取り付けられ、外部バックパックバッテリーから電力を供給される赤外線照明装置で構成されていました。いくつかのT3は沖縄の侵攻中に仕え、日本軍にかなりの数の死傷者を負わせ、アメリカ軍の夜間侵入に対して効果的でした。戦後、変換キットを使用して標準のM1およびM2カービン銃に取り付けることができる改良版が開発されました。タイプはM3に分類され、光学系も改善され、視界が125ヤードに拡大しました。 M3は朝鮮戦争でも使用されましたが、M3は軍隊に人気がなく、重いバッテリーパック、壊れやすい電子機器、そして動力不足の.30口径の弾丸は6ポンドのライフルを34に変えるという考えに軍隊を売りませんでした。 -ポンドモンスター。しかし、M3は夜間戦闘兵器の可能性を実証し、今日の赤外線および熱光学システムの舞台を設定しました。

3.SOG-ModifiedRPDマシンガン

RPD機関銃は通常、初期のソビエト軍およびさまざまな第三世界の兵器に関連付けられています。それにもかかわらず、武器は型破りなアメリカのユニットからいくつかの型破りな変更を取得しました。ベトナム戦争中、軍事援助司令部、ベトナムは、無害な響きの研究観察グループの指定の下で「黒い」特殊作戦グループを設立しました。新しいユニットは、陸軍特殊部隊、海軍SEAL、および海兵隊偵察要員で構成されていました。 1965年と1966年に、このユニットは、ホーチミン・トレイルでの論理的作戦を監視および阻止する目的で、ラオスとカンボジアへの国境を越えた作戦を開始する許可を与えられました。彼らの任務の秘密の性質を考えると、SOGオペレーターはしばしば米国以外の武器を野外に持ち込んだ。

RPDは、第二次世界大戦の終わりにソビエトの小型武器設計者ヴァシーリー・デグチャリョフによって開発されたガスピストン式機械でした。有名なAK-47と同じ7.62x39mmの中間ライフルに収容されていました。ベトコンと北ベトナムの手にあることを考えると、RPDはSOGの型破りなニーズに適していましたが、一歩先を行きました。 SOGオペレーターは、R​​PDのバレルをガス管の端まで切断し、ストックを短くして、全長をわずか31インチに短縮しました。 SOGはまた、RPDのドラムマガジンを通常の100発ではなく125発に変更し、ドラム内でガタガタと音を立てるリノリウムを追加しました。これらの変更により、重量がわずか12ポンドのコンパクトでありながら制御可能な機関銃が作成されました。追跡部隊との接触を断ち切ろうとしている小規模で数が多いSOG偵察チームにとって、カスタムRPDは携帯型火力の最後の言葉でした。

4.チャイナレイクグレネードランチャー

ベトナム戦争では、グレネードランチャーにいくつかの進化が見られました。 M79は古いライフル銃口スピゴットタイプのランチャーに取って代わり、アンダーバレルに取り付けられたXM148ランチャーがテストに入った。しかし、いくつかの特殊作戦部隊はまだ満足していませんでした。ベトナムで活動しているSEALチームは、M79とXM418の両方を使用しましたが、シングルショットの容量が不足していることがわかりました。雑誌で供給されるランチャーは信頼できないことが判明しました。シールはより良い武器を求めました。

彼らが手に入れたのは、グレネードランチャーとショットガンの間のクロスでした。ユーザーはポンプアクションショットガンのように新しいラウンドをチャンバーに入れました。正式な指定はありませんでしたが、この武器は、開発されたチャイナレイク海軍兵器センターにちなんで名付けられました。チャイナレイクは、ショットガンスタイルのマガジンチューブに40 mmグレネード弾を3発、さらにチャンバーに1発搭載していました。チャイナレイクがあれば、SEALチームは数秒で複数のフラググレネードを届けることができ、待ち伏せを行ったり敵の戦闘位置を破壊したりするのに適しています。その品質にもかかわらず、チャイナレイクは実験段階のリボルバースタイルのグレネードランチャーを超えて完全に進化することはなく、ショットガンの設計よりも多くの弾薬容量を提供しました。しかし、チャイナレイクの役割は、M32マルチグレネードランチャーのような武器で存続し、瞬間的に爆発物の雨を降らせます。

5.ストーナー63モジュラーウェポンシステム

この兵器システムは、後に軍によってM16として採用されたオリジナルのアーマライトAR-15ライフルの作成者である伝説的なアメリカの武器設計者ユージンストーナーから来ました。アーマライトを離れた後のストーナーの次のプロジェクトは、キャデラックゲージで開発されたモジュラー兵器システムでした。これは、ライフル、カービン銃、または機関銃として構成できる7.62&#21551mm口径の兵器です。ストーナーと彼の設計チームは、5.56 x 45 mm口径の人気が高まっているのを見て、より重い7.62mmの弾丸から切り替えました。

Stoner 63システムは、さまざまな構成を可能にするさまざまなサブアセンブリを備えていました。フルサイズのライフル、コンパクトなカービン銃、さらにはソレノイド式の車両用機関銃も利用可能でした。しかし、ストーナー63の最も人気のあるバージョンは、軽機関銃でした。 SEALやMarineForce Reconnaissanceなどの特殊作戦部隊は、63の軽量性を高く評価しました。これは、標準のM60機関銃よりも11ポンド軽量でした。武器の5.56mm口径は、M60のより重い7.62ラウンドよりも大幅に制御可能でした。

ストーナー63ファミリーは、1963年から1967年までさまざまな構成でテストを実施した海兵隊から注目を集めました。ブートキャンプのトレーニング環境で好評を博し、限られた戦闘試験で好成績を収めました。しかし、陸軍は反対し、陸軍兵器司令部はM16に固執することを選択しました。

SEALは武器を高く評価していましたが、その複雑な組み立てと面倒なメンテナンス要件により、特殊作戦サークル以外では広く受け入れられることはありませんでした。しかし、そのモジュラー設計は、小型武器設計への革新的なアプローチであり、皮肉なことに、AR-15に関するStoner&apossの以前の作業の改良版で最もよく例示されます。しかし、ARの最新バージョンでさえ、1960年代にストーナー63が行ったことをまだ提供していません。

6.コルトRO635サブマシンガン

この兵器は、1989年に米国がパナマに侵攻してマヌエルノリエガを追放したジャストコーズ作戦中に簡単に登場しました。ライフルのM16ファミリーと外見上同様に、コルトRO635は、5.56 mmの兄弟の直接ガス衝突システムではなく、ブローバック操作メカニズムを使用しています。 1982年に導入され、9&#21519 mmの人気のあるNATO標準拳銃口径用にチャンバー化されたRO635は、イスラエルのUziサブマシンガンと同様の改造マガジンを受け入れます。当時の他のサブマシンガンと比較して、RO635はクローズドボルト設計であるため、全自動射撃でより正確です。この兵器は1985年に海兵隊によって限られた数で採用され、海兵隊保安隊のメンバーがパナマでの戦闘中にそれを運びました。

使用が制限されているにもかかわらず、RO635は、プラットフォームの優れた人間工学と操作しやすい防火制御を利用して、AR-15の設計を他の役割や口径に適合させることができることを証明しました。また、ARスタイルのライフルが将来の設計に与える大きな影響を予見し、民間兵器と軍用兵器の両方が、元のAR-15と同じ基本設計要素を模倣しながら、代替の口径と構成に発展しました。

7. HK MK23 Mod0ハンドガン

このドイツのピストルは、オフェンシブハンドガンウェポンシステム(OHWS)プログラムの製品でした。 1990年代、特殊作戦司令部は、すべての部下ユニットに共通の小型武器を使用させることに熱心でした。拳銃は改善の余地があり、OHWSコンペティションは1991年に開始されました。このコンペティションでは、高圧の185グレイン「+ P」弾を発射できる.45自動コルトピストル(ACP)口径のピストルが指定されました。新しいピストルが特定の特殊作戦の役割で主要な武器として使用されるため、サプレッサーとレーザー照準モジュールも提供されることになりました。ドイツの武器メーカーHeckler&#038 Kochは、1996年にMark 23 Mod0として採用されたエントリーで優勝しました。

マーク23は確かにOHWSプログラムのすべての要件を満たしていました。テストに失敗する前に平均して約6,000ラウンドで、信頼性がありました。マッチグレードの精度を誇っています。レーザー照準モジュールと光のレール取り付けシステムは、当時革新的でした。

しかし、マーク23はおそらく過剰に設計されていました。この武器は、当時の他の戦闘用拳銃と比較してサイズが大きいため、「世界初の乗組員用拳銃」と嘲笑されることがよくありました。銃は、特別なオペレーターではなく、映画やビデオゲームのキャラクターの手に渡ってより象徴的になります。 Mark 23はSOCOMに最適ではなかったかもしれませんが、.45 ACPピストルの傾向は2011年も続いており、SOCOMはMark 23の代わりにHeckler&#038 Koch HK45Compactを購入しました。

8.クオーターズバトルレシーバーキットを閉じる

スタンドアロンの武器システムよりも多くの変換キットであるCloseQuarters Battle Receiverは、M16ファミリーの武器の開発における重要なステップです。 CQBRは、M4カービン銃の下部レシーバーと連動するように設計されており、10.3インチのバレルを備えた上部レシーバーアセンブリで構成されています。これは、標準のM4バレルの長さよりも約4インチ短く、コンパクトな武器になります。バレルが短いとM16スタイルのガス衝突システムで問題が発生するため、信頼性の高い機能を確保するためにCQBRのガスブロックに変更が加えられました。このアセンブリには、標準のKnight&aposs ArmamentCompanyレールアタッチメントシステムも搭載されていました。 CQBRは、SEALチームが搭乗し、押収する船の狭い範囲を操縦できる5.56 mm兵器の海軍特殊戦要件を満たすために、クレーン部門の海軍水上戦センターによって設計されました。

CQBRの開発は、近接兵器の海の変化を示しました。 CQBRは、以前の短銃身のM16バリアントが抱えていた歯が生える問題のいくつかを解決することにより、短機関銃の人気を低下させました。特殊作戦部隊は、ピストル口径の短機関銃と同じサイズの短いカービン銃を持ちながら、はるかに強力な5.56mmの弾丸を発射できるようになりました。 CQBRキットは、Mark 18を備えた完全な既製の銃に変形しました。これは、Special Operations Peculiar Modified BlockIIプログラムからアップグレードされたアクセサリで引き続き使用されます。

9.FNハースタルマーク17

この7.62mmライフルは、冷戦の概念を21世紀にもたらします。マーク17は、2004年に特殊作戦軍の戦闘突撃ライフルプログラムの一部としてSOCOMによって選択されたFNハースタルの武器ファミリーに由来します。SCARファミリーの2つの主要な要素は、5.56 mmSCAR-Lightと7.62mmSCAR-です。重い。どちらも当初、SOCOMによってそれぞれMark16およびMark17として採用されました。しかし2010年、SOCOMは、Mark17を支持してMark16の注文をキャンセルすると発表しました。

この逆転の理由は役割の問題でした。 5.56 mm Mark 16は、想像力を働かせても悪い武器ではありませんが、それに取って代わるはずのM4カービン銃と比べて劇的な性能の違いはありませんでした。一方、マーク17は、古い概念であるバトルライフルを現代にもたらしました。冷戦の初めに、多くの歩兵ライフルはまだ7.62 x 51mmラウンドのようなフルパワーのライフル弾薬を収容していました。これらの兵器は、M16のような中口径兵器の開発に取って代わられました。しかし、米国が9/11の後にアフガニスタンで戦っているのを発見すると、7.62mmのライフルが劇場で見られる極端な射程に適していることは明らかでした。余剰のM14ライフルは、一時的なものとしていくつかの最新のアップグレードでサービスに戻されましたが、それだけでは十分ではありませんでした。 The Mark 17 fulfills the battle rifle role with modern AR-style fire controls, a rail systems, and better ergonomics than the old M14.

The SCAR family continues development with SOCOM, as the Mark 17 has been upgraded to be a common receiver capable of switching between calibers. FN Herstal developed a modified version of the Mark 16 for the Marine Corps Infantry Automatic Rifle competition, but lost to Heckler & Koch’s entry. The weapon was also considered during the Army’s aborted Individual carbine competition that was looking to replace the M4 in service.

10. XM25 Punisher Airburst Launcher

An advanced weapon, the XM25 rose from the ashes of a failed rifle program. It was originally designed as part of the XM29 Objective Individual Combat Weapon, an attempt to make a computerized assault rifle coupled with an 20 mm airburst grenade launcher. The program was canceled in 2005, but the airburst concept lived on. Enlarging to 25 mm grenade rounds, the XM25 Counter Defilade Target Engagement System began operational testing in 2010.

The bullupu-style XM25 feeds from a five-round magazine. It uses a laser rangefinder to determine when to detonate the round to engage the designated target. The airburst function makes it simple to engage target behind cover or inside structures. The XM25 earned a reputation for lethality in Afghanistan, with troops nicknaming it the “Punisher”.

After some delays due to safety malfunctions, the XM25 is now undergoing qualification trials with the Army. If all goes well, troops could be carrying one of the most advanced small arms ever designed as soon as 2017.


Naval warfare gets new weapon - Mar 26, 1941 - HISTORY.com

TSgtジョーC。

On this day, Italy attacks the British fleet at Suda Bay, Crete, using detachable warheads to sink a British cruiser. This was the first time manned torpedoes had been employed in naval warfare, adding a new weapon to the world’s navies’ arsenals.

The manned torpedo, also known as the “Chariot,” was unique. Primarily used to attack enemy ships still in harbor, the Chariots needed “pilots” to “drive” them to their targets. Sitting astride the torpedo on a vehicle that would transport them both, the pilot would guide the missile as close to the target as possible, then ride the vehicle back, usually to a submarine. The Chariot was an enormous advantage before its development, the closest weapon to the Chariot was the Japanese Kaiten–a human torpedo, or suicide bomb, which had obvious drawbacks.

The first successful use of the Chariot was by the Italian navy, although they referred to their version as Maiali, or “Pigs.” On March 26, six Italian motorboats, commanded by Italian naval commander Lt. Luigi Faggioni, entered Suda Bay in Crete and planted their Maiali along a British convoy in harbor there. The cruiser York was so severely damaged by the blast that it had to be beached.

The manned torpedo proved to be the most effective weapon in the Italian naval arsenal, used successfully against the British again in December 1941 at Alexandria, Egypt. Italian torpedoes sank the British battleships Queen Elizabeth and Valiant, as well as one tanker. They were also used against merchant ships at Gibraltar and elsewhere.

The British avenged themselves against the Italians, though, by sinking the new Italian cruiser Ulpio Traiano in the port of Palermo, Sicily, in early January 1943. An 8,500-ton ocean liner was also damaged in the same attack.

After the Italian surrender, Britain, and later Germany, continued to use the manned torpedo. In fact, Germany succeeded in sinking two British minesweepers off Normandy Beach in July 1944, using their Neger torpedoes.


From Minneapolis to St. Louis

The military tested how a biological or chemical weapon would spread throughout the country by spraying bacteria as well as various chemical powders — including an especially controversial one called zinc cadmium sulfide. Low flying airplanes would take off, sometimes near the Canadian border, "and they would fly down through the Midwest," dropping their payloads over cities, says Cole.

These sprays were tested on the ground too, with machines that would release clouds from city rooftops or intersections to see how they spread.

In the book, Cole cites military reports that documented various Minneapolis tests, including one where chemicals spread through a school. The clouds were clearly visible.

To prevent suspicion, the military pretended that they were testing a way to mask the whole city in order to protect it. They told city officials that "the tests involved efforts to measure ability to lay smoke screens about the city" to "hide" it in case of nuclear attack, according to Cole's account.

The potential toxicity of that controversial compound zinc cadmium sulfide is debated. One component, cadmium, is highly toxic and can cause cancer. Some reports suggest a possibility that the zinc cadmium sulfide could perhaps degrade into cadmium, but a 1997 report from the National Research Council concluded that the Army's secret tests "did not expose residents of the United States and Canada to chemical levels considered harmful." However, the same report noted that research on the chemical used was sparse, mostly based on very limited animal studies.

These air tests were conducted around the country as part of Operation Large Area Coverage.

"There was evidence that the powder after it was released would be then located a day or two later as far away as 1,200 miles," Cole says. "There was a sense that you could really blanket the country with a similar agent."


Naval Ordnance Station Louisville

Naval Ordnance Station Louisville ("NOSL") is a major employer of Louisville, Kentucky, near Standiford Field. For over fifty years, starting in late 1941, it provided maintenance and equipment for the United States Navy. Since the end of the Cold War Naval Ordnance was the main hub for repair and replace of major guns and equipment on battleships along with work for NASA, after which most of it has been turned over to private companies, and the complex is currently named the Greater Louisville Technology Park.

The area for Naval Ordnance was chosen due to being so far inland, that it would be difficult for enemies to strike it. Construction began on January 29, 1941, ten months prior to the Attack on Pearl Harbor and America's official entry into World War II. It was officially commissioned on October 1, 1941. [1]

During World War II, Westinghouse Electric Corporation held the work contract for the facility, even though it was (and still is) a private company. At its height it would employ 4200 workers at one time. It specialized in torpedo tubes and gun mounts. In February 1946 operational control reverted to the Navy, and the number of workers declined to 500. In 1948 it spiked to 850, and then decreased to only 100 in 1950. The Korean War caused employment at NOSL to increase to 1800. [1] [2]

During the Cold War, it would mostly repair naval equipment, but would also provide general support, research and development of gun weapon systems, and construct ordnance for the Navy. By the 1990s, it was the only facility that the Navy had that could give its surface weapon systems complete engineering, technical support services, and major overhauling. It was the only facility approved to give the Phalanx CIWS engineering and overhauling. [1] [2]

In 1990, NOSL was on a list for base closures, but the Gulf War caused the facility to remain open, hiring 107 permanent workers. [3] Immediately after the conclusion of Operation: Desert Storm, it was decided for NOSL to merge some activities with Indiana's Crane Naval facility, allowing it to remain open. [4] On June 27, 1993, it survived another base-closure movement, despite efforts by a private contractor in Minnesota. [5]

United Defense and Hughes Missile Systems was given control of the facility on August 15, 1996. A collection of private companies, it would serve as a contractor for the Navy. The facility's name officially changed to "Greater Louisville Technology Park", but would continue to be called "Naval Ordnance" by locals. It was the first former military facility to continue to supply contracted military supplies, but at a much reduced rate than it had during the World War II/Cold War era. The workforce in the 1990s started at 1850, but was reduced to 870, which included 200 workers of non-military articles. 500,000 square feet (46,000 m 2 ) of the facility, one-third of its total, was not in use, and much of the rest were burdened by state and local ordinance codes it was previously immune to, as its many 1940s and 1950s buildings could be considered environmental hazards. The name "Naval Surface Warfare Center Port Huemene Division Louisville Detachment" was given to what was left of the official government presence on the site. [1] [2]

In 2005, the United States Department of Defense made plans concerning the facility's function, to either consolidate operations for either the 179th Airlift Wing or the 118th Airlift Wing's C-130Hs. Another plan was to take Louisville's "gun and ammunition Research and Development & Acquisition" to New Jersey, which would cost the Louisville economy up to 506 jobs by 2011. [2] USS Louisville's (CA 28) ship's bell is on display at the Navy Operational Support Center in Louisville, Kentucky.

The facility has had trouble attracting new employers, as the environmental studies each employer would have to pay for before they could start business there makes it unattractive. [6]


Naval warfare gets new weapon - HISTORY

World War I introduced many advances in science and technology into modern warfare. These advances changed the nature of warfare including battle strategies and tactics. Scientists and inventors on both sides worked throughout the war to improve weapon technology in order to give their side an edge in the fight.

World War I was the first war where the airplane was used. Initially, airplanes were used to observe enemy troops. However, by the end of the war they were used to drop bombs on troops and cities. They also had mounted machine guns that were used to shoot down other planes.


German Albatros by a German official photographer

Tanks were first introduced in World War I. These armored vehicles were used to cross "No Man's Land" between the trenches. They had mounted machine guns and cannon. The first tanks were unreliable and hard to steer, however, they became more effective by the end of the war.


A tank during the Battle of the Somme
by Ernest Brooks

Much of the war along the western front was fought using trench warfare. Both sides dug long lines of trenches that helped to protect the soldiers from gunfire and artillery. The area between enemy trenches was called No Man's Land. Trench warfare caused a stalemate between the two sides for many years. Neither side gained ground, but both sides lost millions of soldiers.

Changes in Naval Warfare

The most dangerous ships during World War I were large metal-armored battleships called dreadnoughts. These ships had powerful long-range guns, allowing them to attack other ships and land targets from a long distance. The main naval battle in World War I was the Battle of Jutland. Besides this battle, Allied naval ships were used to blockade Germany to prevent supplies and food from reaching the country.

World War I also introduced submarines as a naval weapon in warfare. Germany used submarines to sneak up on ships and sink them with torpedoes. They even attacked Allied passenger ships such as the Lusitania.

  • Artillery - Large guns, called artillery, were improved during World War I including anti-aircraft guns to shoot down enemy planes. The majority of the casualties in the war were inflicted using artillery. Some large artillery guns could launch shells nearly 80 miles.
  • Machine gun - The machine gun was improved during the war. It was made much lighter and easier to move around.
  • Flame throwers - Flame throwers were used by the German Army on the western front in order to force the enemy out of their trenches.
  • Chemical weapons - World War I also introduced chemical weapons to warfare. Germany first used chlorine gas to poison unsuspecting Allied troops. Later, the more dangerous mustard gas was developed and used by both sides. By the end of the war, troops were equipped with gas masks and the weapon was less effective.


Vickers machine gun crew with gas masks
by John Warwick Brooke


ビデオを見る: השייטת מתרגלת השתלטות על המשט לעזה