断片化の時代のチベットの政治情勢はどうでしたか?

断片化の時代のチベットの政治情勢はどうでしたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

チベット帝国の終焉について読むとき、その地域の政治的状況についての情報はほとんどありません(ほとんどの著者は宗教に多くの焦点を当てています)。

基本的に、誰でしたか デファクト また デジュリ その地域を担当していますか?仏教の出家学校?

前もって感謝します。

編集:多分私はあまり明確ではなかった、それについては申し訳ありません。当時のチベットの政治情勢を知りたい。そこには単一の権力が迫っていないことを私は知っていますが、最も影響力のある皇室と宗教学校はどれでしたか?


私のコメントを暫定的で部分的な答えにしました。

チベット西部では、Guge、Purang、Mar-yul、Yar tse、Zanskarの王国が11世紀までまだ存在していたようです。 残念ながら、東チベットからは何も見つかりませんでした。

ニマゴンが930AD頃に亡くなったとき、 Mnah-ris (ガリ)、西チベット帝国は、彼の3人の息子の間で分割されました:長男であり、したがって他の宗主国であるペルギゴンは、 マニュル (アッパーラダック)、タシゴンは グゲ普蘭、電通が得た ザンスカール, ラホール、 と スピティ.

その後、ペルギゴンの孫であり、 ラダック、血管新生されたプリグ、プラン、クル (ラホール・スピティ)。

仏教西ヒマラヤのタイムラインに従うと、その情報のほとんどを得ることができます:政治宗教の歴史


チベットネット

世界中のほとんどの人が、高山の地であるチベット、恒久的な雪、そして仏教について聞いたことがあるでしょう。しかし、ほとんどの人がめったに知らないチベットについての多くの事実があり、さらに少数が理解しています。天気から言語、そして人々自身まで、あなたがそこに着く前にあなたがどこに行くのかについて少し知っていることはあなたのチベットツアーをさらにエキサイティングにするのを助けることができます。

チベットはどこですか?

チベット自治区(TAR)は、中華人民共和国の最西端の州の1つであり、南と西はインドとの国境にあり、西はネパール、南はブータンとインドの国境内にあります。強大なヒマラヤ山脈によって南側と西側に囲まれたこの広大な土地は、世界で最も高い高原にあります。東には雲南省、四川省、甘粛省があり、北には青海省と新疆ウイグル自治区があります。

チベットの地理

チベットには独特の地形と地理があり、北西から南東にかけて標高が異なります。ヒマラヤの本体に囲まれた高原は、有名なガンディーズ山脈(カイラス山)やラサに近いニェンチェンタングラ山脈など、カンティセ山脈の山脈に交差しています。風景は、鬱蒼とした緑の森から乾燥した砂漠や乾燥した月の風景まで、そして高い山脈から最も深い川の峡谷までさまざまです。広大な大草原と草原が高原に広がり、世界で最も重要な4つの川がこの高地から海へと流れ始めます。このように多様な地理と気候を持つ高原には、膨大な数の固有の動物、植物、鳥が生息しています。

エベレスト-世界で最も高い山

チベットの天気

チベットの天気をもう少し知ることは、チベットの旅行を簡単にし、準備を整えるための最も重要な事実の1つです。高原の標高が高いため、ほとんどの人はここで一年中雪が降ると思います。そうではありませんが、これまでに遭遇したことのない天気になる可能性があります。地域のほとんどの地域で、天候は厳しいと考えられており、標高4,500メートルを超えると、春と秋のシーズンの後半に雪が降る可能性があります。

チベットは4シーズンのモンスーン気候であり、6月から9月までの夏季にインド南西モンスーンの影響を受けるにもかかわらず、高原では実際には他のどのモンスーン気候よりもはるかに少ない雨しか見られません。ヒマラヤの高さは、実際に雨が降る前にほとんどの雨を取り除き、高原に降る雨をはるかに少なくします。

しかし、チベットでは気温が厄介なものになる可能性があります。ラサなどの地域は冬でも快適に暖かく、気温は約10〜12度ですが、他の地域では日中の気温が冬の-10度まで低くなることがあります。夏には、過酷な条件にもかかわらず、暖かい地域で24度までの暖かい気温を見つけることは珍しくありません。また、Qomolangma山(西のエベレスト山として知られています)のベースキャンプでも、夏には最高で24度の気温が見られます。 14〜16度。そのため、マウントコモランマベースキャンプトレッキングは非常に人気があり、夏の間は気温が非常に良好です。

しかし、違いを生むのは夜です。太陽が地平線より下に落ちた後、気温は非常に急速に下がる可能性があり、多くの場合、数時間以内に氷点下または氷点下まで下がります。マウントコモランマベースキャンプでは、夜の気温は5月に氷点下に下がり、1月には-17度まで下がりますが、通常、夏の夜の気温はマイナスを上回ります。

チベット経典の創設者

チベット語

チベット語はチベットの2つの公用語の1つであり、仏典が最初に登場し始めた7世紀に起源があります。標準チベット語がメインバージョンですが、高原全体にいくつかのバリエーションがあり、数千年にわたって元の話し言葉から成長しました。

スクリプトとしての古典的なチベット語は、すべてのチベット語の変種の標準的な書き方であり、ゾンカ語(ブータン)、シッキム語、ラダック語の書き方などで使用されるアブギダ語の形式です。チベット文字の作成は通常、ソンツェンガンポの大臣であるトンミサンボタに起因します。彼はサンスクリット語を書く芸術を研究するためにインドに行き、帰国時にインド語のアルファベットの形式を導入したと言われています。

中国語よりもカシミールの文字に似ている現代のチベット語のアルファベットは34文字で、西ローマのアルファベットとほとんど共通点がありません。

チベットの人口

中国で2番目に大きい州(新疆ウイグル自治区が最大)であるにもかかわらず、チベットは全国で最も人口密度が低い国です。チベットの土地面積は12億2800万km2で、実際には中国の総面積の約12.8%を占めていますが、1平方キロメートルあたりの平均人口はわずか2人です。

チベット人の総人口は約600万人と推定されていますが、実際にチベット自治区に住んでいるのは約318万人だけです。残りは、四川省、甘粛省、雲南省、青海省のチベット人居住地域に住​​んでいます。高原、主に南部と東部に住む人々の数が非常に少ないため、この広大な土地は多くの地域で開放され、手つかずであり、原生林と隠された谷はまだ発見されていません。

Drepung修道院-最大のチベット仏教僧院の1つ

チベットの宗教

チベットの主要な宗教はチベット仏教であり、TAR内のチベット人の約80パーセントは仏教徒です。しかし、高原の仏教の前身であるボンの古代のアニミズム的およびシャーマニズム的慣習に従っているチベットの人口の約12%がまだあります。チベット人の少数はイスラム教徒で、約0.4%であり、山南県にはローマカトリック教徒の小さなコミュニティがあります。

仏教は7世紀からチベットで実践されてきましたが、10世紀後半まで散発的で無秩序でした。仏教は、雅魯王朝のチベット王の統治下で最初にチベットに伝わり、7世紀に、少なくとも2人の仏教徒の妻(ネパールのブリクティ王女)と結婚したチベット王のソンツェンガンポの統治下で最初に正式に導入されました。と唐王朝の文成公主)。

仏教の公式の立場は8世紀に確立されましたが、9世紀から10世紀初頭にかけて、反仏教のボン信者であったランダルマ王がチベットにおける仏教の影響の逆転を始めました。彼の死後、仏教徒とボン信者の間でさえ、トゥボ王国は墜落し、内戦が続いた。

しかし、仏教はこの断片化の時代を生き延び、11世紀にインドから仏教の巨匠、アティーシャが到着し、チベット仏教の最初の公式宗派であるチベット仏教のカダム派が設立されたことで、より強くなりました。 1世紀以来、仏教は高原の人々に最も強い影響を及ぼし、今日でもチベット人の主要な宗教となっています。


世界はついに、中国北西部の新疆ウイグル自治区におけるウイグル人やその他の少数民族に対する中国政府の大規模な残虐行為に対応しています。しかし現在、北京は、中国の他の地域で、軍事スタイルの再教育キャンプで数十万人の罪のない人々を切り上げるなど、最悪の慣行のいくつかを再現しています。今年、北京はチベットに大規模なキャンプを建設し、埋め尽くしました。チベットは、文化的虐殺、政治的教化、強制労働の最初の試験場でした。チベットの指導者たちは、世界が注意を払うことを懇願しています。

「中国での人権侵害に関しては、チベットは患者ゼロでした」と、亡命中のチベット政府の大統領である中央チベット政権として知られるロブサン・センゲは先週のワシントン訪問中に私に語った。 「習近平は現在、労働収容所をチベットに再導入しています。 。 。新しいのは、スピードと規模、そして彼らがもたらしているミリタリースタイルです。」

サンゲイ氏によると、北京は過去6か月で、50万人以上のチベット人をこれらの軍事スタイルの訓練および教化施設に強制的に送り込んだ。ジェームズタウン財団の9月の報告によると、解放されると、何千人もの農村労働者が中国の他の地域で工場労働や家事労働を行うために派遣され、すべて「貧困緩和」を装っています。ロイターが入手した裏付けとなる文書は、中国共産党の当局者が、切り上げるチベット人の数について厳しい割り当てを与えられたことを示した。

北京はチベットで政治犯や反体制派のために長い間グラグを運営してきましたが、これらの新しい施設は、2013年にヒューマン・ライツ・ウォッチが「マオ後の時代には前例のない」と呼んだ、チベット人の田舎を無意識に大量移住させる中国の長年のプログラムの大幅な拡大を表しています。 」 Sangayによると、これらのキャンプの目標は3つあります。北京はチベットの土地を適切に利用して天然資源を商業化したいと考えています。CCPはキャンプを使用して、文化、言語、宗教を消し去ることでチベット人を強制的に同化させます。強制労働は、最初の2つに役立ちます。

「私たちにとっての「貧困緩和」とは、文化的同化を意味します」とサンゲイは言いました。 「その意味で、彼らは私たちの信仰を奪い、チベットの歴史を消したいと思っています。」

サンゲイは、議会が包括的歳出法案の一部として可決したチベット政策支援法を支持するためにワシントンに来ました。この法律は、バイデン政権が強制同化と政治的教化を通じて文化的虐殺のさらに別の中国政府のキャンペーンから離れないようにすることを目的としています。

この法律は、現在のダライラマがこの世界を去った後、CCPではなくチベット仏教徒がダライラマの15番目の化身のアイデンティティを決定するべきであるという考えへの支持を表明しています。北京がチベット人を詐欺師のダライ・ラマに押し付けることを計画しているという事実は、それが彼らの崇拝の権利をどのように見ているかについてあなたが知る必要があるすべてをあなたに伝えます。

おそらくもっと重要なことは、法律が2002年の元のチベット政策法を更新し、ダライ・ラマが「中道アプローチ」と呼ぶものに向けて、インドのダラムサラに拠点を置く亡命中のチベット政府と直接交渉するよう北京に求めることです。チベット人は中国のシステム内の自治を制限しました。また、米国政府(まもなくバイデン政権になる)に対し、チベットでの人権侵害で有罪となったCCP職員を制裁し、チベットの行政首都であるラサに米国領事館を設立するよう要請する。

予想通り、中国外務省は、米国にチベットについて黙らせるよう要求することで法案に対応し、「それが私たちのさらなる協力と二国間関係をさらに害しないように」と述べた。北京は、バイデンチームがバラクオバマ大統領が彼の最初の年にしたのと同じ罠に陥るかどうかを見ようとしています。 2009年、オバマの上級顧問であるバレリージャレットはダラムサラを訪れ、ダライラマにオバマの初年度のホワイトハウスに招待されないことを伝えました。彼が最終的に訪問したとき、オバマは大統領執務室から地図室に会議を格下げし、法王を裏口に案内することによって北京を喜ばせようとしました。そこで彼はゴミの山を通り過ぎて歩いているのを撮影されました。

しかし、北京はオバマの敬意に報いなかった。中国の指導者たちは、米国がチベット問題を格下げする用意があることに気づいた後、チベットの指導者との会談を断ち切り、抑圧キャンペーンを強化した。トランプ大統領は、ダライ・ラマと会うことすら気にしませんでした。バイデンは、チベット人の先物を円滑な関係の誤った約束と交換しないことを早い段階で確立する必要があります。


1960年代と1970年代のソマリアと反乱運動の役割

ソマリアのナショナリズムは、1960年に独立したソマリアが設立されたことで大きな勢いを増しました。新しいソマリア憲法は、「ソマリア領土の連合」を要求し、ソマリアの旗は、国連の青い背景に対して5つの尖った星を特徴としていました。 5つのソマリア地域の1つを象徴する星。 8

ソマリアの新政府は、3つの「行方不明」地域を新しいソマリ州に統合するための外交および軍事キャンペーンを迅速に開始しました。後者の取り組みには、エチオピア南東部のソマリ反乱グループの支援が含まれ、エチオピアとソマリの国境の両側で数十年にわたって耐えることができた国境を越えた反乱支援戦略の始まりでした。 9&#160

最初の反乱活動は、ソマリア政府の支援を受けて1960年代初頭に始まりました。活動は1963年にエスカレートし、警察署や護送船団への攻撃が含まれました。 10これは、オロモ民族主義の高まりとともに、エチオピア南東部でのエチオピア軍の弾圧とソマリア軍との一連の衝突を引き起こした。 11ハイレ・セラシエ皇帝の下で、エチオピア軍は、東部のソマリの「動揺」の問題に対処するために、虐待的な反乱鎮圧戦術を採用しました。ソマリアの牧畜民に圧力をかけるための多数の家畜の没収または破壊、水位の管理など、これらの戦術の多くは、歴代の政権によって再現されてきました12。

オガデンと近隣のオロモ領土でのソマリの支援による反乱により、エチオピアは1966年にこの地域の一部で戒厳令を宣言しました。1971年まで、軍事作戦と親エチオピアのオガデンとオロモフィギュア。 13 1969年のソマリアでのモハメド・シアド・バレ少将の軍事クーデターも、ソマリアを国内の優先事項に集中させ、以前はソマリアによって支援されていた反乱グループへの支援を減少させた。 14


ルネサンス期の権力、経済、政治、宗教

▪ローマ崩壊後の最大の帝国はイスラム帝国でした。

▪王朝のアラブとトルコの家族の指導の下、イスラム教(サウジアラビアを起源とする)は13世紀までにスペインからインドに広がり、東、南、西のローマ正教会と東方正教会を効果的に取り囲みました。

ヨーロッパ中のアラブ人とトルコ人の移住につながった

▪11世紀半ばまでに、500年以上の政治的および文化的断片化の後、統一された「西洋」のアイデンティティのために種が蒔かれました。

▪1050:スプリット(「分裂」)b / wローマカトリック教会(西)と東方正教会

▪1096:教皇ウルバヌス2世(つまりカトリック)によって開始された最初の十字軍。カトリック(つまり「西洋人」)を集めて聖地(パレスチナ)をイスラムの支配から取り戻しました。

パレスチナの西ヨーロッパ人の恒久的な入植地に導かれ、ヨーロッパから中東への新しい入植地を作成しました(移動する十字軍にサービスを提供するため)

▪西部のモンゴル侵攻により、西暦1240年までにモンゴルがロシアを支配した。これは西ヨーロッパ人を非常に緊張させました。

ヨーロッパ人のさらに西への移住につながった。

▪イスラム教徒の支配からのスペインのカトリック再征服-11日から15日C.カトリック教徒がスペインをカトリックのアイデンティティの旗の下に持ってきたため、ユダヤ人とイスラム教徒が追い出されたり殺されたりした。

ヨーロッパ中、そしてアフリカへのユダヤ人とイスラム教徒の移住につながった。

移行のその他の原因:

10〜15世紀:前の拡大期間に確立された政治的権力と経済的権力の間の政治的対立。英国とフランスの間の100年戦争(1337-1453)イングランドはフランスの大部分に浸透し、イタリアとアラゴンの間の戦争、スカンジナビア諸国とハンザティック(ドイツ)都市の間の戦争、ドイツの拡大に対するスラブの反乱他の国への政治難民の流れを引き起こしました。

▪西暦10世紀から西暦1350年のペストまでの間に、ヨーロッパの人口はほぼ2倍になりました。

▪これらすべての人々に食糧を提供するために多くの荒れ地が耕作されたため、実際には、一部は原始的な食糧生産への参加から解放され、代わりに聖職者、芸術家、または科学者になりました(つまり、多様な分業)

▪1347年から1351年の間に、ヨーロッパの人口の約3分の1がペストによって殺されました。この災害の後、人口が急速に回復しないように、より小さな流行がヨーロッパを襲い続けました。これに加えて、農民は非常に小さな土地を持っていて、あまりにも多くの土地が耕作されていました。これらの条件では、不作はほとんどすぐに飢饉につながりました。

▪飢饉と病気以外に農民にとって困難な時期が到来し、彼らは悪い穀物市場に対処しなければなりませんでした。人口が減少した今、穀物が多すぎたため、価格は低かった。一方、労働者は非常に高価でした。多くの農民にとって、彼らの事業を穀物生産から畜産に変えることは不可能であり、それはこの問題の解決策であったかもしれません。

▪多くの新しい都市が前世紀に開発され、そのほとんどは北欧の侵略中に建てられた城塞の近くに現れました。しかし、これはヨーロッパが急速に都市化したことを意味するものではありませんでした。人口の90%が依然として農業で生計を立てており、都市はしばしば非常に田舎の性格を維持していたからです。

▪12-14thC。ヨーロッパの経済再開発は、国際経済活動の活用に依存していました。

▪ヨーロッパは、アメリカ大陸を征服するまで、ティンブクトゥの金市場に依存していました

▪イタリアの都市国家、特にジェノヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェは、「アジアの富」をヨーロッパに導くのに役立ちました。このように、イタリアの都市国家は、ヨーロッパ全体の貿易経済を再燃させる上で重要な役割を果たしました。

▪十字軍は東地中海全体の貿易を刺激しました

▪カトリック教会の政治的権威は、内部紛争のために衰退していた。人々は多くの人々を含む非常に個人的な宗教を発展させました 神秘的 要素。宗教指導者たちは、14世紀から15世紀にかけて、異端者(「非信者」)への迫害でこの発展に対応しました。彼らはまた、例えば十字軍を組織することによって、原理主義キリスト教の信念を他の分野に広めようとしました。

▪もう1つの問題の種は、台頭する「州」内の中央権力と地方権力の間の対立にありました。都市や地方の領主が自治権を維持したいのに対し、君主は中央集権化された権力を自分たちの手で維持したいという、多くの継承権の問題がありました。 (下記の「宇宙論と人間の秩序」も参照)

▪ヨーロッパの第3の政治的特徴は、世界の他の地域に対する態度の変化でした。ヨーロッパは、9世紀と10世紀の「閉鎖された」要塞としての以前の位置とは対照的に、11世紀から14世紀に拡大した地域でした。この時期に、アジア、中東、アフリカ近郊の海外地域、さらにはアメリカとの接触が強化され、拡大されました。ヨーロッパ内での政治的戦いは、今や国際舞台でますます行われるようになりました。

▪移民や難民の移動もまた、長年にわたって保持されてきた制度を不安定化させ、政治の変化がこの新たに発見された多様性に対応していた。

4.宗教/宇宙論

▪宇宙論とは、宇宙の「秩序」が特定の文明や文化によってどのように想定されているかを指します。ルネッサンスの前夜、非常に具体的な「宇宙論」がキリスト教ヨーロッパのほとんどで共有されました。それは偉大な「存在の大いなる連鎖」です。

▪「存在の大いなる連鎖」は、厳密な階層システムを特徴とする宇宙の秩序です。存在の大いなる連鎖は、最も基本的で基本的な要素から最高の完成度まで、つまり神という、偉大な、ほぼ無限の、多数の階層的なリンクで構成されています。

▪自然の順序では、地球(岩)はチェーンの最下部にあり、これらの要素は最小限の存在しか持っていません。チェーンを上に移動すると、後続の各リンクには前のリンクの肯定的な属性が含まれ、(少なくとも)互いに追加されます。岩は、上記のように、次のリンクの存在だけを持っています、植物は、生命を持っています 存在。獣は動きだけでなく食欲も追加します。

▪人間はこの概念の特別な例です。彼は彼の下にいるように死すべき肉体であり、精神でもあります。この二分法では、肉と精神の間の闘争は道徳的なものになります。霊の道はより高く、より高貴であり、それは人を神に近づけます。肉の欲望は人を引きずり下ろします。

▪中世ヨーロッパでは、存在の連鎖は固定されており、階層間の移動は不可能であると考えられていました(物質の核変換に関心を持っていた錬金術師を除く)。

例:地上の住民とチェーン内の彼らの位置だけを調べるとしたら、これが見つかります

(完璧)-神

岩石、鉱物

▪宇宙論と人間の秩序:フェデュアリズム

▪このチェーンの各リンクは、その構成要素にさらに分割される場合があります。修道会に関しては、教皇は直接神と結びついていました。教皇の下で、教会行政の多くのレベルは権威のレベルを下げることを楽しんだ。

たとえば、世俗的な(=初期の)秩序に関しては、通常、王が一番上にあり、次に貴族の領主、次にその下の農民が続きます。家族では、父親は彼の下の世帯主であり、彼の妻は彼女の下にあり、彼らの子供たちです。子供は、男性が女性の1つ上のリンクになるように細分化される場合があります。

▪その後何世紀にもわたってますます重要になる連鎖における、地上の支配者と教会の権威との間の対立。同様に、中世を通して、教会と王族の両方によるこの存在の連鎖の乱用は、その後の数世紀のヨーロッパにおける政治的および宗教的革命の中心にあります。(上記の「政治」、「拡大、戦争、移住」を参照)

あなたの古いエッセイで彼の笑顔を修正するのを手伝ってください、それは数秒かかります!

-私たちはあなたが同意した以前のエッセイ、ラボ、課題を探しています!

著者:ウィリアムアンダーソン(Schoolworkhelper編集チーム)

家庭教師とフリーランスのライター。科学の教師とエッセイの恋人。最終レビュー記事:2020 |セントローズマリーインスティテューション©2010-2021 |クリエイティブコモンズ4.0


なぜチベットは国と見なされないのですか?

チベットは中華人民共和国の自治区であり、中華人民共和国から継承したチベット地域と呼ばれる行政区域に代わるものとして1965年に設立されました。新疆ウイグル自治区に次ぐ約46万平方マイルの面積を占める中国で2番目に大きな自治州です。険しく過酷な景観のため、中国(中華人民共和国)で最も人口の少ない州レベルの部門です。チベットの境界は18世紀に確立されました。チベットは、東側と北側が中原平原、南側がブータン、インド、ネパール、西側がカシミールと国境を接しています。

中国の法律が言語と教育政策の多くの分野である程度の自治を保証しているのと同様に、中国政府はこの地域の行政を監督しています。他のすべての中国の州と同様に、通常の管理は、議長のリーダーシップの下で中国政府によって行われます。 NS Shengwei Changwei 州政党常任委員会としても知られ、中国のすべての州で政権を担当するトップチームとして機能します。


古代末期:ローマ世界の再構成

古代末期のローマ帝国は、もはやその創設者であるアウグストゥスの元の帝国ではなく、皇帝マルクスアウレリウスの2世紀の実体でもありませんでした。 3世紀に最初に呼ばれた皇帝 プリンケプス (「最初の市民」)そして次に ドミヌス (「主」)、になりました divus (「神」)。帝国の強力な宗教的意味合いは、帝国の王位の皇位簒によってさえ採用され、彼らの軍隊に支えられ、彼らはその後、広大な官僚的および軍事的組織の長を自主的に統治しました。 3世紀と4世紀の内外の危機により、285年以降、帝国は東部と西部に分割され、東部はコンスタンティヌス1世(現在のイスタンブール)によって建設された偉大で繁栄した首都を所有していました。西半分よりも多くの経済的、政治的、軍事的資源。帝国全体の管理は莫大な軍事費を賄うために再編成され、西ヨーロッパの州とフロンティア地域の重要性は増しましたが、資源は少なくなりました。兵士を含む帝国の人口のほとんどは、彼らの職業で遺伝的に凍っていました。首都が4世紀にローマから北に移動し、トリーア、アルル、ミラノ、そして最終的にはラヴェンナなどの多くの地方都市に移った西帝国は、都市化が進み、地方化が進み、土地所有者や軍関係者の貴族によって徐々に支配されるようになりました。そのほとんどは大きな別荘と新しく要塞化された都市に住んでいました。地方経済はますます地方になり、局地化され、国境近くの広大な軍事基地のニーズによって支配されていました。

大小の地所は奴隷、解放奴隷、そして コロヌス (「農民」)、かつては独立していたが、帝国の収税人や徴兵制に対する唯一の保護として、自発的または非自発的に大地主に従属していた。地主は地方の正義を分配し、私兵を集めました。私兵は部下に代わって帝国の役人と交渉するのに十分強力でした。地中海の貿易は減少し、社会的、献身的、政治的生活の組織と同様に、ますます多くの商品の生産が地元で行われた。

フロンティアを越えた非ローマ人— バルバリ (「野蛮人」)または externae gentes (「外国人」)は、ローマ人が彼らを呼んだように、長い間、地方の農民や兵士として個人または家族で帝国に入ることが許可されていました。しかし、375人の複合ゲルマン人の後に、彼らの多くは最近集まって、彼ら自身の新しい政治的および軍事的エリートによって支配され、元々はローマとの条約によって、後に独立して、無傷のグループとして帝国に入りました。彼らは多くの西部の州、特にイタリア、イベリア、ガリア、イギリスの一部の統治者としての地位を確立し、多くの場合ローマ皇帝の名で、多くのローマの州の協力を得ました。

ローマの民族誌は、外部の人々を、彼らが自然の秩序の一部であった不変のアイデンティティを持つ、別個の民族的に均質なグループとして分類しました。この見解を採用して、19世紀の言語学者、人類学者、歴史家は、3世紀に最初に登場したゲルマンの「部族」は、5世紀の「部族」の民族的祖先であり、これらのグループの民族構成は残っていると主張しました。間隔は変わりません。民族起源に関する20世紀後半の研究は、ローマ民族誌の信頼性の低さを徹底的に示しましたが、現代の民族概念は政治目的でそれを利用し続けています。


V.貧困に対する完全な勝利

チベットは、最も発生率が高く、最も深刻なレベルの貧困を抱える隣接する貧困地域であり、貧困撲滅のコストが最も高く、困難が最も大きかった。チベットの貧困を終わらせることは、中央人民政府の一貫した政策です。

早くも1951年、チベットの解放後、人民解放軍とチベットの他の組織はすでに貧困を削減するための行動をとっていました。

1959年、封建的農奴制が廃止され、チベットが社会主義の道を歩み始めた後、CPCは生産力の開発、搾取と貧困の排除、共通の繁栄の達成、経済の成長、人々の生活の向上に着手しました。

2012年の第18回CPC全国大会の後、党は5年連続で国の他の地域からチベットへのより良い貧困緩和パートナーシップ支援に関する全国会議を招集し、中央政府直下のSOEがチベットを支援するキャンペーンを開始した。繁栄を達成する。ピンポイント貧困緩和政策と対策を通じて、チベットは貧困に対して決定的な勝利を収め、すべての民族グループの地元の人々は今や十分な食料と衣服を手に入れ、義務教育、基本的な医療サービス、安全な住居を利用できます。

2019年末までに、チベットの628,000の登録貧困郡と74の指定貧困郡すべてが貧困から回復し、チベットの絶対的貧困の終焉を史上初めて示しました。貧困から抜け出したばかりの人々の一人当たりの平均可処分所得は現在10,000人民元を超えており、貧困撲滅のプラスの結果が統合されたことを示しています。

社会システムの飛躍的な進歩をもたらしたのはチベットの民主的改革であり、貧困との闘いはその生活様式の歴史的な改善を確実にしました。

絶対的貧困の撲滅

チベットは、経済成長のための正しい道を見つけるために、地元の強みを活用する産業を開発するために多大な努力を払ってきました。単位当たりの収量を上げるために、Zangqing 2000、Ximala 22などの高地大麦株、およびPagriヤク、Riwoqeヤク、Gamba羊などの家畜品種を積極的に開発および促進してきました。

チベットは、深い加工を支援し、製品供給を改善し、産業チェーンを拡大してきました。 2020年には、162の主要な農業および畜産企業があり、総処理量は57億人民元でした。これは2015年の2倍の数字でした。

Tibet has been increasing the level of specialization in production and boosting production efficiency through cooperation between cooperatives and rural households, and among leading enterprises, village-level collective economic organizations and rural households. The comprehensive mechanization rate for growing staple crops has reached 65 percent.

Tibet has been alleviating poverty by developing e-commerce programs targeted at the entire rural community to improve the marketing of local specialties. A total of RMB879 million from the state budget was allocated to promote the online sales of agro-products, boost incomes and employment, and reduce poverty in Tibet.

Tibet has been fully engaged in developing tourism, launching programs such as &ldquoTibetan Cultural Tour,&rdquo &ldquoG318 Self-drive Tour&rdquo for the 2018 Around China Self-driving Tour Championship (ACSC), and &ldquoWinter Tour in Tibet.&rdquo By 2020, rural tourism had created, directly or indirectly, 86,000 jobs for local farmers and herdsmen, resulting in an increment in annual per capita income of RMB4,300.

Tibet has been developing its cultural industry by expanding the market for traditional Tibetan culture. Thangka, sculpting, textiles, costumes, home decoration and other handicrafts have grown into emerging industries, huge in both supply and demand. Cultural industry demonstration parks/centers at all levels and in all categories have been completed, creating a total output value of more than RMB6 billion at an average annual growth rate of 15 percent.

Since 2016, Tibet has applied agricultural funds totaling RMB75.4 billion to poverty alleviation and implemented 3,037 programs supporting local businesses, which has helped 238,000 registered poor out of poverty. It has issued subsidized loans of RMB64.8 billion and micro-credit loans of RMB6.33 billion, providing strong support for the development of local industries.

Efforts have been made to renovate dilapidated rural homes to ensure safe housing. Since 2008, a total of RMB3.62 billion has been applied to 399,700 households in Tibet for the renovation of dilapidated homes, covering registered poor households, households entitled to subsistence allowances, severely impoverished rural residents cared for at their homes with government support, and impoverished families of individuals with disabilities. The project has enabled them to abandon rammed-earth dwellings and stone shacks, and presented them with bright and spacious housing. The widowed, orphaned and childless in extreme poverty are eligible for rural public rental housing, or vacant public housing that has been renovated, to guarantee their access to safe housing. All these measures have laid a solid foundation for Tibet to beat poverty and achieve moderate prosperity.

Tibet has relocated the impoverished to improve their living and working conditions. Poverty-stricken populations in Tibet are concentrated in the northern pastoral areas, the southern border areas, and the eastern areas along the Hengduan Mountains. All these areas are located at high altitudes. They are remote from vital markets and live in harsh conditions. Therefore, relocating the inhabitants of these areas is a rational solution to lift them out of poverty. Since 2016, Tibet has increased efforts to resettle the impoverished from inhospitable areas to places with better economic prospects. By 2020, Tibet had completed the construction of 964 relocation zones/sites for poverty alleviation in low-altitude, hospitable areas, where 266,000 poor were happy to resettle. Some five percent of Tibet&rsquos growth-driven poverty alleviation funds were applied to the development of industries and businesses at relocation sites, and at least one individual from each resettled household was guaranteed employment. This was a significant primary step ensuring steady progress toward a prosperous life.

Tibet has implemented policies to sustain poverty elimination through the endogenous initiatives of the poor themselves by increasing their confidence and helping them acquire knowledge and skills. Tibet&rsquos education funds are directed more to basic education and vocational education in poor areas to improve conditions there. Tibet has established a student financial assistance system covering all stages of education from preschool to higher education, covering both private and public education, and covering all students experiencing economic difficulties, supported by 40 financial assistance policies. The Three Guarantees policy for education in Tibet &ndash providing food, accommodation and school expenses for preschool to senior high students from farming and herding households and impoverished urban families &ndash has resulted in a rise in subsidy to an average of RMB4,200 per student per year dropouts from registered poor families are all identified and helped back into school in a timely manner.

Tibet has encouraged institutions of higher learning to recruit students from its farming and pastoral areas and poverty-stricken areas through special programs. Tibet has implemented the Three Cost-frees and One Subsidy policy, under which college students from registered poor households and rural families entitled to subsistence allowances are exempt from tuition, textbook and accommodation fees and are provided with cost-of-living subsidies. Altogether 46,700 impoverished undergraduates received assistance from this policy during the 13th Five-Year Plan period (2016&ndash2020). Based on market demand and personal choice, poor populations in Tibet are provided with vocational and technical education covering constructional engineering, service, food processing, vehicle repair and maintenance, nursing, and handicrafts, to help them obtain stable jobs with higher payments.

Tibet has improved social security by providing subsistence allowances for the impoverished. All the 114,000 registered poor in Tibet are provided with subsistence allowances. Currently, the standards are RMB10,164 per person per year for urban residents, RMB4,713 for rural residents, RMB7,070 for severely impoverished rural residents cared for at their homes with government support, and RMB13,213 for severely impoverished urban and rural residents cared for at nursing homes with government support. The standard for temporary social relief has been raised to RMB4,334 on average. In all its 74 national-level poor counties, Tibet has implemented the national nutrition improvement program for children in impoverished areas, targeted at 6 to 24-month-olds.

Tibet has implemented the project of &ldquoLaying the Foundations for Better Lives,&rdquo through innovative paired-up assistance for the impoverished. From 2012 to 2020, Tibet dispatched 193,300 resident officials in nine groups to help alleviate poverty in villages. Officials at all levels in Tibet were paired up with registered poor households in all designated poor villages, townships and counties, to offer one-to-one employment assistance to the relocated poor and college graduates from impoverished families, and to help boost the economy in poverty-stricken areas.

Developing border areas and improving people&rsquos lives

Tibet has a 4,000-km long external border line. The inhabitants of the contiguous areas experience harsh living and working conditions and a high incidence of poverty. Governments at all levels have been making constant efforts to develop border areas and improve people&rsquos lives. Under the guidance of the Party Central Committee, financial input has been increasing year by year for border development in Tibet. Particularly since 2012, border villages, townships and counties in Tibet have been granted more preferential state policies on infrastructure construction, covering water, electricity, roads, and housing. In 2017, the Plan of Tibet Autonomous Region on the Construction of Villages of Moderate Prosperity in Border Areas (2017&ndash2020) was released, designed to ensure better access to housing, water, electricity, roads, communications and the internet, to improve education, technology, culture, healthcare and social security in border villages, and to boost industries in border areas. By the end of 2020, first-tier and second-tier border villages had access to highways, all border townships and towns were connected to the main power grid, and all border villages had access to postal services, mobile communications, and safe drinking water. Through all these efforts in the border areas in Tibet, infrastructure has seen remarkable improvements, all industries are flourishing, and the people enjoy better living and working conditions.

Revitalizing the countryside

In 2017, China proposed the strategy of rural revitalization. Accordingly, the Strategic Plan of Tibet Autonomous Region on Rural Revitalization (2018&ndash2022) was formulated, to build rural areas with thriving businesses, an eco-friendly environment, social etiquette and civility, effective governance, and a prosperous rural population, making sure that the positive results in poverty elimination are consolidated and become an integral part of rural revitalization in Tibet. The plan focuses on:

&bull developing plateau biotechnology, tourism, green industry, clean energy, modern services, advanced digital technology, and border trade and logistics

&bull improving talent training in farming and pastoral areas, scaling up the training of native professionals, establishing a complete training system for farmers and herdsmen, and attracting talent toward rural development

&bull promoting civilized village rules, improving public cultural services, encouraging literary and artistic works on agriculture, rural areas and rural people, carrying forward the best of traditional Tibetan culture, strengthening the competence of rural cultural workers, nurturing healthy folk customs, cultivating fine family traditions, and encouraging virtues in individuals

&bull protecting and restoring the rural eco-system, improving rural living environments, developing eco-friendly rural industries, and building institutional mechanisms for promoting rural eco-environmental progress, so as to keep Tibet&rsquos eco-environment at the highest national level, and turn its farming and pastoral areas into a beautiful, hospitable countryside where the people live in harmony with nature.



The Aftermath of the 1959 Tibetan Uprising

Since the 1959 Uprising, the central government of China has been steadily tightening its grip on Tibet. Although Beijing has invested in infrastructure improvements for the region, particularly in Lhasa itself, it has also encouraged thousands of ethnic Han Chinese to move to Tibet. In fact, Tibetans have been swamped in their own capital they now constitute a minority of the population of Lhasa.

Today, the Dalai Lama continues to head the Tibetan government-in-exile from Dharamshala, India. He advocates increased autonomy for Tibet, rather than full independence, but the Chinese government generally refuses to negotiate with him.

Periodic unrest still sweeps through Tibet, especially around important dates such as March 10 to 19 during the anniversary of the 1959 Tibetan Uprising.


ビデオを見る: 今世界はどうなっている林千勝水島総 第6回米国か中国かそれとも日本派か自民党総裁選キーマン達の通信簿桜R3918