エトルリア神話のタイムライン

エトルリア神話のタイムライン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


紀元前600〜500年

紀元前6世紀は世界史のターニングポイントでした。バビロンのネブカドネザルやペルシャのダレイオスのような強力な征服者は彼らの境界を拡大していましたが、独裁政権は衰退し、ヨーロッパの民主的自由は増加していました。アッシリア帝国の神々は、紀元前612年の強力なニネベの崩壊から彼らを守ることができませんでした。当時、バビロンは世界最大の都市でしたが、エジプトのファラオの記憶が薄れていくのと同じように、バビロンも崩壊しました。ローマ法は成文化され、共和国は紀元前6世紀の後半に向けて設立されました。ギリシャの領土では、人々は自給自足を余儀なくされ、非常に岩だらけの地形に住んでいて、独裁者がそれを征服するのは困難でした。そのため、自由と独立はギリシャの人々の中心でした。世界の偉大な宗教の多くは紀元前6世紀に生まれたことに注意することも重要です。紀元前6世紀には確かに強力な征服者、新しい宗教の拡大、自由への憧れが見られましたが、世界は人類の運命を支配する方の手によって形作られていました。世界は、神が愛を通して世界を征服する救い主を送り、真に世界を変える永遠の自由のメッセージを伝える「時間の充満」に備えていました。

600エトルリア人は、イタリア北部から中央部に広がる都市を確立します。

600未知の時期に、ペルシャの人々は中央アジアからsに移住します。イラン

600人のギリシャ人がsに沿って都市国家を設立します。イタリアの海岸とシチリア島。

600人のエトルリア王がローマを支配

アルゴス、スパルタ、セラでの600の最後のギリシャ君主制

600中国で最も早く知られている鉄の使用

598エホヤキン(エホヤキン)が597年までユダの王となる

597ゼデキヤ(マタニア)は587年までユダの王となる

594アテネの唯一のアルコンであるソロンによって改革されたアテンの法則

593エゼキエルは573年までユダの預言者です

587バビロニアのネブカドネザル2世がエルサレムを襲う

587ユダはバビロニアの州になります

586ユダヤ人のバビロンへの流刑

586バビロニアのネブカドネザル2世がフェニキアを征服

586オバディアはユダの預言者です

582ピタゴラスの誕生、ギリシャの哲学者および数学者

581ネブカドネザル2世がエルサレムを燃やす

580ネブカドネザル2世がバビロンの空中庭園を建設

566後に仏として知られるようになったシッダールタゴータマ王子の誕生

560クロイソスのリディアがギリシャのイオニア植民地を征服する

551孔子の誕生(中国の哲学者、カン・フーツ

550老子が中国で道教を設立

559キュロス大王パルサがメデスに反逆し、ペルシャ帝国を創設

550ペルシャがメデスを征服する

547ペルシア人がサルディスの戦いであるリディアを征服し、小アジアを移動する

543ビンビサーラは領土を拡大し、新政権を導入

540ヴァルダマナ(マハヴィーラジーナ)禁欲主義者がジャイナ教を創設

540暴君がアテネを支配するPeistratus

539人のギリシャ人がカルタゴ人を打ち​​負かす

539キュロス大王がバビロニアを征服する

539キュロス大王は、ユダヤ人がユダ(ペルシャの州)に戻ることを許可します

539キュロス大王がフェニキアをペルシャ帝国に吸収

534タルクィニウススーパーバス(誇り高き)、ローマの最後の王になる

533ガンダーラがアケメネス朝のペルシャ帝国へのサトラップになる

530サイラスは小アジアのすべてを征服します

530サイラスが戦闘で死ぬ

530カンビュセス(サイラスの息子)がペルシャの支配者になる

525エジプトがペルシャ人に征服された

525ペルシャ帝国はインドから小アジアに広がる

522ダリ​​ウス私はペルシャで反乱を起こし、王になります

521ダレイオス1世は帝国を20の州(サトラップ)に分割します

520エルサレムの神殿建設プロジェクトが再開されました

520ハガイ書は515年までユダの預言者です

520ゼカリヤは515までユダの預言者です

519ペルシャの将来の王、クセルクセスの誕生

519ギリシャの哲学者(いわゆる半神)のピタゴラスが音楽のオクターブを紹介します

510改革は、クレイステネスによってアテネに導入され、アテネに民主主義を導入します

最後のエトルリア王である509タルクィニウススーパーバスがローマから追い出された

509共和政ローマの誕生、エトルリアの支配は終了

509ネブカドネザル2世が空中庭園を建設

509ローマや他のイタリアの住民(エトルリア人とギリシャ人)との多くの戦争。

508ラルスポルセン(エトルリアの支配者)がローマを攻撃し、テヴェレ橋で敗北

507スパルタ人はアテネの貴族を回復しようとしますが、クレイステネスは権力を与えられます

北ヨーロッパの500人のゲルマン人が領土を拡大


エトルリア神話のタイムライン-歴史

-エトルリア人が元々どこから来たのかは誰にもわかりません。彼らは、エトルリアに定住する前に、小アジア(現在はトルコと呼ばれています)から移住した可能性があります。

-歴史家はエトルリアの書物(つまり神々と女神)をあまり解読しておらず、エトルリアの歴史についての直接の説明を読むことはできません。

-エトルリア人は、小アジアからのほとんどの移民のようにインド・ヨーロッパ語族を話しませんでした。

-建物の泥、レンガ、木はすべて消えており、考古学者はいくつかのエトルリアの都市の基礎を発掘しましたが、エトルリアの文化についてはほとんど明らかにされていません。

-エトルリア人の知識のほとんどは彼らの埋葬室で発見されましたが、あまり明らかにされていません。

-多くのエトルリアの墓の絵は、彼らがスポーツ、宗教儀式、音楽、そしてごちそうを楽しんだことを明らかにしています。

-装飾品は、家具、衣類、陶器、道具、宝石などの墓で発見されており、「裕福な地中海の商人」と同じように話されていたことが明らかになっています。

-学者たちは、彼らの社会は征服された人々の奴隷を作った裕福な大君主、捕虜を犠牲にした貴族の司祭で構成されていると判断し、怒った神々をなだめるために彼らを死に決闘させました。

-エトルリア人はイタリアに定住した最初の文明人であり、ローマ人に大きな影響を与えました。

-エトルリア人は紀元前800年頃から紀元前400年まで繁栄していました。

-6セントで。紀元前。彼らは100年間ローマを占領し支配しました。

-イタリア中北部の彼らの近くにある広大な鉄鉱石の堆積物は、彼らを貿易から非常に豊かにしました。

-エトルリア人はギリシャ文字を採用しました。

-彼らには青銅、鉄、貴金属の熟練労働者がいました。

-彼らの権力の絶頂期に、彼らはポー川からナポリまで支配していました。

-ローブを着たのはエトルリア人で、後にローマ人には「トガ」として知られていました。

-エトルリア人はローマで最初の排水システムを構築しました。

-エトルリアの兵士は、「fasces」と呼ばれる公式のシンボルを持っていました。これは、ハンドルが棒で囲まれ、ロープで結ばれた斧でした。

-エトルリア文明とローマ文明は、小アジア、ギリシャ、フェニキア、イスラエル、エジプト、ペルシャの断片から集められました。

-ローマ人は、紀元前4世紀に同じ技術を使用してエトルリア人を征服し、エトルリア人の武器や鎧のデザインを含む、ほとんどすべての優れた戦争技術を採用しました。

-エトルリアの女性は男性と同等と見なされていました

-ローマの優雅さはエトルリア人から採用され、豪華な宴会はソファに寄りかかり、ダンサーや他の芸能人を見て、奴隷から上質な食べ物や飲み物のコースを提供されました。

-共和政ローマの高官は、大官椅子、紫の縁取りのトーガ(toga praetexta)、棒の束(ファスケス)などの記章をエトルリア人から派生させました。


エトルリア文明:エトルリア文化

エトルリアでの実際の仕事の多くは、おそらく奴隷ではないが、征服者のエトルリア生まれの貴族が排他的なカーストを形成した先住民によって行われた。女性は古代ギリシャ人やローマ人に比べて異常に高い地位にありました。エトルリアの富と権力は、部分的には、鉄工に関する知識と、エトルリアに豊富にある鉄鉱床の開発に基づいていました。主に粘土と金属の彫刻、フレスコ画、上質な陶器で構成されたエトルリア美術は、ギリシャと東洋の芸術に起源があり、ローマの芸術に非常に影響を与えました。音楽、ゲーム、レースが好きなエトルリア人は、戦車をイタリアに紹介しました。彼らはまた非常に宗教的でした。彼らは自然に秩序を課すことを求めて、人と神との関係を統治するための厳格な法律を制定しました。ギリシャ人の科学的合理主義を欠いて、彼らは家のように彼らの墓を飾ることによって死者の寿命を延ばそうとしました。宗教はおそらくエトルリア文明の最もよく知られた側面ですが、それでもかなり謎めいたままです。

エトルリア語も学者に困難をもたらします。簡単に読むことができますが(アルファベットはギリシャ語で抽出されており、記号の音の値はわかっています)、ほんの数語を除いて、語彙は理解されていません。この言語には、インド・ヨーロッパ語族と非インド・ヨーロッパ語族の両方の要素と、古代地中海の異言の痕跡が含まれているようですが、既知の言語グループに分類することはできません。エトルリア語は、7セントからの約10,000の碑文記録から知られています。紀元前1セントまで。 ADのほとんどは、簡潔で反復的な献身です。エトルリア文明の謎の1つは、書かれた記録が非常にまばらである理由と、ローマ人がエトルリア語やその文学についてほとんど何も書かなかった理由です。

コロンビア電子百科事典、 第6版Copyright©2012、コロンビア大学出版。全著作権所有。

以下に関する百科事典の記事をもっと見る: 古代史、ローマ


エトルリア人

西暦前900年頃、新しい人々のグループがイタリア半島に到着しました。彼らがどこから来たのかは誰にも分かりませんが、考古学者は彼らがおそらく南西アジアから移住したと信じています。

エトルリア文字はギリシャ文字に基づいていました。エトルリアの神々はギリシャの神々のように人間のように見えました。しかし、エトルリア人はギリシャ人ではありませんでした。彼らの言語は異なり、ギリシャ人とは異なり、彼らは女性を平等に扱った。

ギリシャ人のように、エトルリア人は町を都市国家に組織し、都市国家はリーグ、つまりエトルリアリーグで協力しました。

都市国家の連盟は主に貿易と戦争で協力しましたが、時には互いに戦ったこともありました。彼らの交易路には、ローマの村、テヴェレ川沿いの小さな町が含まれていました。ローマ人はラテン人であり、エトルリア人ではなく、エトルリアリーグのメンバーではありませんでした。しかし、ローマが王国であった初期のローマでは、ローマ人には多くのエトルリア人の王がいました。ローマが強くなるにつれて、エトルリア人の力は弱くなりました。すぐに、エトルリアリーグはなくなりました。

最後のエトルリア王がローマから追い出された後、人々は二度と王に支配されることはないと誓いました。ローマはもはや王国ではありませんでした。その代わりに、新しい形の政府、共和国、ローマ共和国が誕生しました。


エトルリア神話のタイムライン-歴史

  • 食料の入手可能性----在来の動植物、輸入品
  • テクノロジー---調理方法と科学的プロセス/進歩
  • 季節と気候---食材の入手可能性の干ばつと飢饉に応じて用意されたメニュー
  • 宗教---習慣、儀式、タブー
  • 社会経済階級---貴族?商人?労働者?農民?奴隷?
  • 政治---外国の影響、移民パターン、規制、配給
  • 地域のアイデンティティ---地域ごとに食品を比較対照することで、「国の美食」の神話を打ち破る
  • ケンブリッジ世界の食の歴史、ケネスF.カイプル&クリーミルドコニーオルネラス
    -第2巻、パートV:世界中の食べ物と飲み物(9年生以上)には、さらなる研究のための広範な参考文献が含まれています
  • フードラバーズアトラスオブザワールド、マーサローズシュルマン
    -主な食材、人気の料理、美しい写真(すべてのグレード)
  • 世界の食品 (国別シリーズ)、タイムライフ
    -各国の人気料理、食事の伝統、レシピの概要、写真に最適
  • オックスフォードコンパニオントゥフード、アラン・デビッドソン
    -簡単な国の料理のプロファイルは、主要な記事で言及されている多くの伝統的な食品の個別のエントリが追加情報を提供します。 (6年生以上)
  • 世界の偉大な地域料理へのグルメガイド、The World Atlas of Food (全グレード)
  • あなたはあなたが何であるかを食べる:人々、文化、そして食の伝統、Thelma Barer-Stein
    -55か国で人気のある食品、食習慣、休日の食事には、食品の用語集が含まれています。 (グレードK-8)
  • プロのシェフ/料理芸術研究所(第8版)
    ---世界の地域と選択された国による主要な食材と料理の要約の優れた情報源。
  • 独自の文化。伝統的な食べ物、レシピ、食習慣、宗教-人々は「知っていること」を食べます。
  • 移行パターン。これらの人々はどこに定住しましたか?
  • 経済学と労働。彼らはどこで働いたのですか?農場、漁師?
  • 適応と同化。ウィンナーシュニッツェルとチキンフライドステーキを考えてみてください。エスニック料理の「アメリカ化」。経済的生存と調和した材料の入手可能性(中国系アメリカ人のレストラン)
  • 消費者行動。第二次世界大戦から戻ってきた兵士たちは、海外で味わった国際的な食べ物を切望していました
  • アメリカ移民文化:国家の建設者、デビッド・レビンソン&メルヴィン・エンバー
  • アメリカ移民のアトラス、スティーブンA.フランダース
  • 多文化アメリカのゲイル百科事典、Robert Von Dassoanowsky
  • アメリカ民族グループのハーバード百科事典、Stephan Thernstrom
  • American Cooking:The Melting Pot/ジェームズ・P・シェントン他アル
  • アメリカ料理:美食の物語/エヴァン・ジョーンズ
  • アメリカで食べる/ウェイブレイ・ルート&リチャード・デ・ロシュモン
  • アメリカへの飢え:移住の時代のイタリア、アイルランド、ユダヤ人の食道/ハシア・R・ダイナー
  • 97果樹園:1つのニューヨークの長屋における5つの移民家族の食用の歴史/ジェーン・ジーゲルマン

    、カナダ国立図書館
  • カナダ料理の言葉/ビル・キャセルマン。州ごとに整理
  • センテニアルフードガイド:おいしい食事の世紀/ピエールとジャネットバートン。ヴィンテージレシピとイラストをフィーチャー
  • アイスランドの料理佐賀:ウィニペグ湖のほとりからのレシピ/クリスティンオラフソン-ジェンキンス
  • ノーザンバウンティ:カナダ料理の祭典/ジョー・マリー・パワーズ&アニタ・スチュワート
  • パイオニアクック:カナダのプレーリーフードの歴史的な眺め/NS。バーズ
  • 歴史の味/マーク・ラフランス&イヴォン・デスログ。ケベック、レシピが含まれています
  • ケベックの味/ジュリアンアームストロング。歴史ノート付きのモダンレシピ

  • フランス、ワールドシリーズのタイムライフフード。学校のレポートに最適で、写真とレシピが含まれています
  • 食品の世界アトラス、ジェーン・グリグソン寄稿編集者。郷土料理の紹介
  • あなたはあなたが何であるかを食べる、Thelma Barer-Stein、伝統的な食べ物と食事の習慣
  • ケンブリッジ世界食品史、Kiple&Ornelas、第2巻
    ---「フランス」、学術文献を含む5ページの要約
  • 文化と料理:食の歴史を巡る旅/ジャン=フランソワレベル
    ---思慮深い歴史的調査は、古典的なフランス料理の重要なターニングポイントを文書化しています
  • Larousse Gastronomique (1938年と1961年のエディションは歴史ノートに好まれます)
    ---フランスの食材、レシピ、シェフ、調理法の歴史。アルファベット順に並べました。
  • オックスフォードコンパニオントゥフード、アラン・デビッドソン
    ---「フランス」、2ページの概要と特定のレシピの歴史。
  • フランスの美食、レイモンオリバー
    ---先史時代から現在まで、調理方法と選択された歴史的なメニュー
  • 食事の手配:フランスのテーブルサービスの歴史/ジャン=ルイ・フランドリン
    。食事の構造と一連のコース、14世紀-現在。
  • 初期のフランス料理/NS。エレノア・スカリー
  • 中世のパリでの生活と食事/ニコールクロスリー-オランダ
  • 文化と料理:食の歴史を巡る旅/ジャン=フランソワ・レベル(18世紀)
  • 過去を味わう:1300年から1789年までのフレンチキッチンとテーブル/バーバラケチャムウィートン
  • 王様のための料理:最初の有名シェフ、アントニン・カレームの生涯/イアンケリー
  • 習得した味:現代料理のフランスの起源、T。サラピーターソン
  • フランスでの食事の芸術:9世紀のマナーとメニュー/ジャン・ポール・アロン
  • 高級料理:フランス人が料理の職業をどのように発明したか/エイミー・B・トルベック
  • エスコフィエの世界/ティモシーショー
  • [14世紀]ル・ヴィアンディエ/ Taillevant& Le Menagier De Paris
  • [17世紀]La Vareenne's Cookery:The French Cook The French Pastry Chef The French Confectioner、Francois Pierre、Sieur de la Varenne、テレンス・スキャリーによる現代英語の翻訳と解説
  • [1817]Le Cuisinier Royal、アレクサンドルビアード
  • [1826]Le Physiologie du Gout/ジャン・アンテルム・ブリラット・サヴァリン
  • [1869]ロイヤルクッカリーブック/ジュールズ・グーフ、アルフォンス・グーフ訳
  • [1897]La Cuisiniere Provencale/J.B。リブール
  • [1907]Escoffer:現代料理の芸術への完全なガイド、H.L。CracknellとR.J.による英語への最初の翻訳のカウフマン Le Guide Culiniare その完全に。
  • [1913]L'Art du bien manger/エドモンドリチャーディン。 16〜19世紀の厳選された歴史的なメニューが含まれています
  • [1914]ル・レパートリー・ド・ラ・キュイジーヌ/ルイスサルニエ。エスコフィエ時代の料理のカタログレゾネ
  • [1927]ラボンヌ料理/ Madame E. Saint-Ange [FTライブラリは元のフランス語のテキストとPaulAratowの2005年の翻訳を所有しています。]
  • [1960]フランスの地方料理/エリザベスデイビッド

[1913]
「ディナール(フランスのリゾートタウン)もアメリカ人で賑わっています。その中には、来年の冬にパリで大流行する可能性のある新しいファッションを設定した人もいます。あるホストは、夕食前に男性と女性のゲストが集まるカクテルパーティーを開始しました。小さなテーブルでゴシップをして、不思議な混合物を飲みましょう。」
---「フランスのリゾートで1日100ドルのスイート」 ニューヨーク・タイムズ、1913年8月10日(p。C2)

[1926]
「フランスでは「アメリカンバー」として知られているものが、最近フランスのカントリーハウスの付属品になりました。現在、そのようなバーが図書館やスモークルームに設置され、プロの白いコーティングされたバーキーパーが後ろにいる多くのシャトーがあります。 「顧客」のカウンターと高いスツール。これらはほぼすべて「カクテルアワー」で占められており、別のアメリカの機関と見なされています。これらの「アメリカンバー」のほとんどは、アメリカ人と言われる飲酒習慣を構築し、国内で家を購入または賃貸したパリジャンによって設置されました。」
---「フレンチホームズインスタレーションバー:「カクテルアワー」もアメリカの習慣として採用されました。」 ニューヨーク・タイムズ、1926年2月21日(p.2)

[1929]
「近年ヨーロッパを悩ませてきたアメリカニゼーションの最も注目すべき側面の1つであるカクテルの流行の高まりは、フランス医学アカデミーの注目を集めたばかりです。ギラン教授の意見では、この主題についてアカデミーに取り組んだ神経学の権威は、カクテルが真の危険になっていた。これは、フランスでアメリカの危機と見なされている段階であり、過去数年間に適切なサイズの図書館が作成されました。アメリカの自動車は確かに脅威です。それはとてもよくできているからです。同じことがカクテルにも当てはまります。アメリカでは、すべてのアルコール飲料の公式処方とほぼ同時に、カクテルが前例のない社会的重要性を獲得したことが起こりました。そしてヨーロッパは、より保守的な人々の率直な失望に、今やアメリカの流行を、良いことも悪いことも、すぐにカクテルに熱心にとらえています。アルコール依存症、M。ギリアンは言った。裕福な人々の間で増加していました。その理由は、過度の興奮、胃のトラブル、うつ病、てんかん発作を引き起こし、多くの交通事故の直接の原因であったカクテルであることがわかりました。多くの若い女性がカクテルの習慣の犠牲者であることが指摘されました。フランス人の料理人なら、彼の台所から出てきます。彼のゲストが彼の作品をどのように楽しんでいるかを確認するために、彼のプーレットココットを味わう前に彼らがカクテルを飲んでいるのを見つける必要があります。彼はキッチンに戻って次のコースにヒ素を入れたいと思います。それが皿の間にタバコを吸うことでない限り、彼をこれ以上深く怒らせることはできませんでした。それは彼がまた凶悪なアメリカの習慣と見なしていました。フランスでは、カクテルは古代の料理芸術への脅威と見なされています。その鋭さは味覚を鈍くし、料理の傑作の優れた品質を十分に理解することができなくなります。フランス人は、料理の仕方を知っている人々がカクテルを発明したことは決してないだろうと断言します。ワインは、料理と一緒に調理する場合でも、食事中に飲む場合でも、フランスでは料理と呼ばれることもあるように、8つの芸術に感覚を高める香りと風味をもたらします。しかし、カクテルは、感謝の力を弱める粗野な刺激物と見なされます。戦争の衝撃から生じたフランスの伝統の弱体化であるフランスの味の特定の限られたサークルでのその人気。パリの多くの地域では、アメリカ人が行かない遠隔地でも、カフェの日よけに「アメリカンバー」の看板が見えることがあります。 19世紀のフランスでは、賢明なことは英語を類人猿にすることでした。最近はおしゃれです。アメリカ人を類人猿にするために、5時から7時の間にカクテルパーティーは、特にフランス人、イギリス人、アメリカ人が習慣的に混ざり合うサークルで、社会制度の地位を獲得し始めました。アングレームとトゥールーズでは、カクテルパーティーは言うまでもなく、コスモポリタンなパリではカクテルが何であるかをおそらく知らず、ファッショナブルと見なされている海辺や山岳リゾートでは、カクテルは確立された流行になっています。フランスの医師のような英国の医師。ワインとスピリッツが混ざっていることが多く、カクテルの製造に使用されることもあるアブサンとベルモットは神経刺激剤であり、誤った食欲をそそるという理由で、カクテルを不承認にしています。しかし、最もひどい批判は、最近の英国のコメンテーターによるものであり、彼は彼の英国の同胞にカクテルは「育ちが悪い」と言った。
---「カクテルの脅威はフランスで見られる」ハロルド・カレンダー、 ニューヨーク・タイムズ、1929年6月16日(p。XX2)

どの国も、その地理、歴史、人々に基づいてユニークなビュッフェを提供しています。人々がいつでもどこでも何を食べるかは、彼らが住んでいる場所(国?都市?)、彼らが誰であるか(宗教/民族的背景)、そして彼らが持っているお金(通常、裕福な人は貧しい人よりもよく食べる)の関数です。

  • 英国料理:並外れた千年の歴史、コリン・スペンサー
    ---食事の習慣、人気のある食べ物、貿易と経済学の詳細
  • 英国の食べ物と飲み物:石器時代から19世紀まで、C。アンウィルソン
    ---商品ごとにグループ化された食品とレシピの進化
  • オックスフォードコンパニオントゥフード、アラン・デビッドソン
    ---料理/食材の歴史的概要と歴史
  • 7世紀の英国料理、マキシムデラファレーズ
    ---時代の概要とモダンなキッチンの選択されたレシピ
  • 歴史の味:英国での10、000年の食、Peter Brears etal。
    ---時代の料理、調理技術、食事の習慣、モダンなキッチンの厳選されたレシピ

「[海軍]の紙の配給は十分に合理的でした。船員は1日1ポンドのビスケットと1ガロンのビールを持ち、週4日は1ポンドの塩肉を持ち、他の3つの兵士の配給で魚を食べることになりました。彼の賃金に含まれ、バターとチーズの毎日の配給量と時々野菜(悲しいことに海で不足している)が実行可能であったことを除いて、ほとんど同じラインで走りましたが、肉や魚は週に一度だけ来て、他のディンクで地元で補うことができる、それほど寛大ではないビールの許容量しかし、これらの配給はしばしば紙にのみ存在し、兵士は可能な限り「田舎に住む」必要がありましたが、船員は食べ物が行くことを主な問題としていましたひどくてビールが酸っぱくなった、ただ飢えなければならなかった。」
---エリザベス朝イングランド、A.H。ドッド[B.T. Batsord Ltd:London] 1973(p.214)

ドレイクのゴールデンハインドの食べ物と配給量とメアリーローズの食べ物:メアリーローズ。

クックの船ではどのような食べ物や飲み物が消費されましたか?

「1772年7月の彼の日記で、クックは船上に置かれた規定について次のように述べています。 解像度冒険。ビスケット、小麦粉、塩牛肉、塩豚肉、ビール、ワイン、スピリット[蒸留アルコール]、ピーズ[乾燥エンドウ豆]、小麦、オートミール、バター、チーズ[ハード]、砂糖、オイルオリーブ[オリーブオイル]、酢、スープ、レーズン、塩、モルト、サワークロウト[ザウアークラウト]、塩漬けキャベツ、持ち運び可能なスープ[乾燥スープ]、サループ、マスタード、ニンジンのマーマレード[マーメレード]、水。 「」
---船員とザウアークラウト:すべてが一致するレシピを持つ食品に関連するキャプテンクックの遠征のジャーナルからの抜粋、Barbara Burkhardt、Barrie Andugs McLean&Doris Kochanek [Grey's Publishing:Sidney BC] 1978(p。23)

生きている動物はどこに連れて行かれましたか?
はい。 「牛、羊、豚、鶏。家畜はそのような証明者を必要とする無人島に残すためのものであり、家禽は航海中に卵を提供するためのものでした。」
---船員とザワークラウト (p。12)

乗組員は自分の食べ物を船に持ち込むことができますか?
はい。一般的に、ランクが高いほど、より「個人的な」食品が詰め込まれました。これは経済(裕福な人々が自分の消耗品を供給する余裕がある)とスペース(役員の宿舎は通常の乗組員よりも広い)の問題でした。

「個人、特に役員は、個人的なプロビジョニングでニーズを補いました。これは、マデイラ[甘いワイン]が自分で使用するために船上に持ち込まれた可能性があります。乗組員の場合、それは通常、セレンディピティが彼らの膝にもたらしたものでした。疲れたアホウドリ。」
---船員とザワークラウト (p。15-16)

乗組員のための典型的な毎週のメニューは何でしたか? 「各男性は、毎日1ポンドのビスケット[厚くて硬いクラッカー]に、飲むことができる量の小さなビール[非常に低アルコール]、または1パイントのワイン、または半パイントのブランデー、ラム酒、またはアラック[アルコール飲料]を許可されました。 ]、彼らは他に持っているでしょう

壊血病とは何ですか?
壊血病はビタミンCの不足によって引き起こされる病気です。治療なしでは、それは致命的です。長い航海では新鮮な果物や野菜は入手できなかったため、他の食品に置き換える必要がありました。キャプテンクックは、彼の乗組員がたくさんのビタミンCを確実に受け取れるようにすることを約束しました。

キャプテンクックはどのようにして乗組員が壊血病になるのを防いだのですか?
「通常、3か月以上続く海の航海では、壊血病が乗組員を壊血病にしました。この栄養欠乏症の犠牲者に備えて、スタッフを2倍にするのが一般的でした。18世紀半ばまでに壊血病を予防する方法が知られていました。ジェームズ・クックは、その知識を実用化した最初の海の船長であり、3回の航海のいずれにおいても壊血病で死ぬことはなかったほどの活気でこれらの原則を実践しました。」
---船員とザワークラウト (p。13-14)

壊血病を防ぐためにどの食品が持ち込まれましたか?
ビタミンCを多く含む保存食品はクックから提供されました。これらにはザワークラウトと塩漬けキャベツが含まれていました。

    、アンブローズヒース(1939年)。 「MakingtheBest of it」(第一次世界大戦と1939年の違い)「Rationing:Making the Best of It」(平均的な主婦のための実用的なヒント)と「TheProblem with Numbers」(送られる子供を養う方法)というタイトルの章が含まれています田舎の親戚と暮らす)、「経済レシピ」、「シンプルメニュー」。栄養価に特に重点を置いています。
  • 料理のABC、英国食品省(1945)..には「健康的な食事のために従うべき食事のパターン」が含まれています。
  • 米国、カナダ、英国の食品消費レベル、英国の複合食品委員会によって設立された特別合同委員会の報告(1944)
  • 栄養マニュアル、英国食品省(1947、1949、1955)
  • ビクトリークックブック:1940年から1954年までのノスタルジックな食べ物と事実、マルグリートパッテン[同じ著者による私たちは再び食べるでしょう歴史的な解説なしで同じレシピが含まれています]
  • 爆撃機とマッシュ、レインズミンズ。歴史ノートとレシピ
  • 戦時中のレシピ:戦時中のレシピ集、ジャロルド出版
  • 配給本の料理:レシピと歴史、ギル・コービシュリー
  • 配給チャレンジ、インタラクティブなレッスンプラン

米国、ドイツ、オーストラリアの配給と比較してください。

[1924]
アレック・ウォーの楽しい話「私がカクテルパーティーを発明したときに彼らは笑った」がに掲載されました エスクァイア、1974年7月。ウォー氏は彼の最初のパーティーが1924年4月に開催されたと述べています。アイデアは気まぐれでしたが、ゲストが現れました。ウォー氏はカクテルを作りませんでした、彼はその駅のためにアメリカ大使館のメンバーを雇いました。ダイキリが出されました。何人かのゲストは甘やかされて、夕食から彼ら自身を許さなければなりませんでした。レシピは含まれていません。

[1926]
「カクテルパーティーは今、ロンドン社会で大流行しています。ウィルフレッドアシュリー夫人は、政治家のためのイブニングカクテルパーティーから始めました。それ以来、アーティストのグリノーリ郡は、教会の後の日曜日の朝にカクテルパーティーを開催し、トレバードーソン夫人でさえもカクテルパーティーを開催しました。セントアンドリュースイブボールの利益。」
「イングランドには新しい社会的機能があります。「ナイジェル・ノーマン夫妻は、ヘストン空港で午後6時に飛行機とカクテルのために会社の喜びを要求します。」
---「エアフリップ:フライングカクテルパーティーはイギリスで人気があります。」 ワシントンポスト、1933年8月20日(p.R12)

[1937]
パーティーのためのより良い料理や料理、X.M。 Boulestinは、「カクテルかシェリー酒か」というタイトルの楽しい短い章を提供しています。彼は、夕食の直前にカクテルを飲むと、読者に「致命的な」影響を与えると警告しています。彼は次のように付け加えています。「適切に混合されたカクテルは、楽しくて強力であり、死体や疲れ切った食欲を復活させることができます。」 Boulestin氏は、「Drinks for Partys」というタイトルの別の章を提供しており、シャンパンとフランスワインの美徳を賞賛しています。レシピは含まれていません。

[1956]
コンスタンス・スプライ料理の本 「カクテルパーティー」というタイトルの章から始まります。 Spry氏は、この種のパーティーについて彼女がどのように感じているか、そしてアルコールが口蓋に及ぼす悪影響について非常に率直です。それが、この特定のパッセージとその配置を最も興味深いものにしている理由です。彼女の本は、サービスと食事に関する一般的な指示を提供していますが、アルコール飲料サービスに関するものは何も提供していません。対象となる唯一のアルコール(料理目的を除く)はワインです。クリームチーズカナッペ、セレリファルチ、チーズストロー、クルミのセーブル、香ばしいエクレア(細切りチキン、ハム、舌、サーモン、イワシを詰めたもの)、トーストしたイワシのサンドイッチ、アンチョビロール、貝のカナッペ(カニ、ロブスター、エビ)、デビルドなどのレシピクロメスキー、マッシュルームロール、ドロップスコーンのベーコンロール、スタッフィンググレープ、スタッフィングプルーン、塩味とデビルナッツ、カクテルソーセージ、ポテトスティック、チャトニービスケット、ブーシュ(p。1-20レシピをスキャンして送信してください)。

  • 食品の世界アトラス/ジェーン・グリグソン。概要と料理の地図。
  • あなたはあなたが食べるものです:人々、文化、そして食の伝統/ ThemlaBarer-Stein。伝統的な料理、主な食材、食事の時間、食事の習慣。

  • インド料理/ Santa Rama Rau(Time-Life Foods of the Worldシリーズ)
  • 古代インドの食べ物と飲み物/ Dr。オムプラカシュ。 1200ADの先史時代、学術文書
  • インドの食文化/コリーンテイラー上院議員6年生から12年生に適しています。
  • インド料理の歴史的辞書/ K / T。あちゃや。クイックリファレンスガイド、十分に文書化されている
  • インド料理:歴史的な仲間/K.T。あちゃや。全体的な歴史のための最高の情報源
  • テーブルでのラージ/デビッドバートン。イギリス/インドの文化と料理を記録する

[注:Food Timelineライブラリは、上記の書籍を所有しています。リクエストに応じてページの調査とスキャンを行ってください。]

イタリア料理の歴史は魅力的で複雑なテーマです。必要な情報の量がよくわからないため、プロジェクトを開始するためのさまざまなソースをお送りします。

  1. デリツィア!イタリア人と彼らの食べ物の壮大な歴史/ジョン・ディッキー
  2. イタリア料理と飲み物の辞書/ジョン・マリアーニ
  3. イタリアの食文化/ファビオパラセコリ
  4. イタリアの食品/ウェイブレイルート
  5. 世界の食品:イタリア/タイムライフブック
  6. イタリア料理/エリザベスデイビッド、第2版。
  7. オックスフォードコンパニオントゥフード/アラン・デビッドソン「イタリア」 (特定の食品についても個別のエントリがあります)
  8. イタリア料理のオックスフォードコンパニオン/ジリアン・ライリー
  9. 食品の世界アトラス/ジェーン・グリグソン、編集者
  10. あなたはあなたが何であるかを食べる/ Thelma Barer-Stein
  1. ケンブリッジ世界食品史、Kiple&Ornelas、第2巻
    ---地中海、南および北ヨーロッパ(さらなる研究のための広範な参考文献)
  2. イタリアの食卓の宝物、バートンアンダーソン
  3. 華やかさと栄養:25世紀のシチリア料理、メアリーテイラーシメティ
  4. 食品:料理の歴史、ジャン=ルイ・フランドリン&マッシモ・モンタナリ(いくつかの章)
  5. イタリア料理:文化史、アルベルト・カパッティ&マッシモ・モンタナリ
    ---期間/地域固有の本が数十冊あります。特定の時間や場所に集中する必要がある場合は、学校の司書が必要な情報源を見つけるのを手伝ってくれます。
  6. 地中海の饗宴、クリフォードA.ライト(レシピを含む)
  • ローマの食卓周辺:古代ローマでの食事とごちそう/パトリックファース(最新のレシピを含む)
  • クッキングアピシウス:今日のローマのレシピ/サリー・グレインジャー(最新のレシピを含む)
  • 古代文明での料理/キャシー・K・カウフマン(最新のレシピを含む)
  • デアグリカルチュラ (農業について)/ Cato(Andrew Dalbyの翻訳:PropectBooks)
  • インペリアルローマの料理と食事/ Apicius(Joseph Dommers Vehling翻訳)
  • 喜びの帝国:ローマ世界の贅沢と耽溺/アンドリュードルビー
  • 古代世界の食べ物、Joan P. Alcock(6年生から12年生に最適)
  • AからZまでの古代世界の食べ物/アンドリュードルビー
  • 自然史、本12-16/プリニー(食品と農業の主要な文書)
  • ローマ料理、マーク・グラント(最新のレシピを含む)
  • クラシッククックブック、アンドリュー・ダルビーとサリー・グレインジャー(最新のレシピを含む)
  • 古代ローマの味、Ilaria Gozzini Giacosa(最新のレシピを含む)
  • 中世の台所:フランスとイタリアからのレシピ/オディール・ルドン他
  • イタリア料理の芸術/ Giuliano Bugialli(16世紀のディナーメニューp。7-15)
  • 近世ヨーロッパの食べ物/ケンアルバーラ(イタリアのセクション)
  • 正しい喜びと健康について/ Platinuma(15世紀の料理本、Mary Ellen Milhamの翻訳)
  • ナポリのレシピコレクション (15世紀の料理本、テレンス・スキャリーの翻訳)
  • 料理の芸術/ Martino(16世紀の料理本、Jeremy Parzenの翻訳)

19世紀: 台所の科学とよく食べる芸術/ペッレグリーノアルトゥージ[1891]

  • アメリカへの渇望:移住の時代のイタリア、アイルランド、ユダヤ人の食道、Hasia R. Diner / Maria Gentile [1919
  • アメリカの飲食のオックスフォード百科事典、アンドリューF.スミス

どの国も、その地理、歴史、人々に基づいてユニークなビュッフェを提供しています。人々がいつでもどこでも何を食べるかは、彼らが住んでいる場所(国?都市?)、彼らが誰であるか(宗教/民族的背景)、そして彼らが持っているお金(通常、裕福な人は貧しい人よりもよく食べる)の関数です。

    一般的な概要
  • ドイツ、ワールドシリーズのタイムライフフード---優れた概要と伝統的なレシピ
  • 北ヨーロッパ-ドイツとその周辺地域/ケンブリッジ世界食品史/ Kiple&Ornelas(学術)
  • 食品の世界アトラス、ジェーン・グリグソン編集者---一般的な歴史と選択されたレシピ
  • あなたは何を食べている、ThelmaBarer-Stein ---伝統的な食べ物と食事の習慣

米国の新聞に掲載された一次会計の調査

[1937]
「ドイツの女性団体は、少なくとも2人の子供がいる140世帯を対象に公式調査を行ったところです。この調査によると、収入の50〜70%が食料に使われています。この食料は主にジャガイモ、キャベツ、麺、オート麦、または黒パン、魚(特にニシン)、チーズ、牛乳、大麦、そして最後にクジラ油のマーガリン、ラード、そしておそらくバター。肉は週に1〜2回だけ含まれる贅沢であり、それでも主にパンのために予約されています-家族の収入のあるメンバー。原則として、ドイツ人の家族の朝食は、マーガリンまたはラードで覆われたパンと大麦のコーヒーで構成されています。 。家族は家で再び集まり、ほとんどの場合、利用可能なすべての食品が入れられた1つの料理と、前の食事の残り物で構成されます。この労働者の1皿の食事は、国民によって導入された1皿の日の基本です。社会主義体制t冬の救援基金キャンペーンを支援するために、各冬の月の1つの日曜日に全国を巡回します。」
---「帝国の主婦はナチズムに恩恵をもたらす」オットーD.トリシウス、 ニューヨーク・タイムズ、1937年9月6日(p.4)

[1938]
「ベルリン。ドイツでは宝くじとブックメーカーが合法であり、健康的な食欲を持っている人は誰でも毎日少なくとも2回賭けをします。これは食品の宝くじです。コーヒーとロールパンは朝食に欠かせないものですが、誰もが彼のことを疑うでしょう。食事が楽しみであり、必需品である人々は、もはや自問することはありません。「今日は何を食べましょうか?」しかし、精神的に推測します:「今日私は何を得ることができますか?」レストランで食事をし、ヘッドウェイターの名を知っている遊牧民や観光客は、フードギャンブルをそれほど真剣に受け止める必要はありません。レストランのメニューには、通常、平均的な顧客が意図したものを忘れさせるのに十分な提案があります。夜は、ステーキ、チョップ、その他100の通常のアイテムに加えて、26の魚料理と肉料理を名物として提供しました。現在の状況が十分長く続くと、家庭を愛するドイツ人、確かに都市の住人は、ダイナーズアウト。主婦の日記ショーからの抜粋として、家の鍋やフライパンを埋める責任があるのは、毎日のフードギャンブルの絶望的な中毒者です: '日曜日-半分のレモンがホテルで私のグリルしたヒラメを飾りました-そのような贅沢- -そして、ダイニングルームでのすべての注文は、飢えた荷役作業に十分でした。当然、その多くは食べられず、明日私たちは家事を始めます。 「月曜日-朝食時に、夕食にポークチョップを決めました。近隣の店には豚肉はありませんでしたが、1つはジューシーすぎない小さなビーフステーキを2つ生産しました。野菜トレーにはインゲン、コールラビ、ピーマンしか入っていませんでした。玉ねぎやラードはありませんでした。 「火曜日-女の子の店員がカウンターの後ろに隠していたと思われる卵を3個購入しました。女性は店内にある2ポンドの新鮮なインゲンを欲しがっていましたが、所有者は、人々が手に入れることができるものをとらなければならないので傲慢で、外の古いものが売られるまでそれらを手に入れることができないと言いました。私が最初に見たラムチョップをいくつか手に入れました、そして店はザワークラウトで煮ることができるシチュービーフとポークを持っていました。 「水曜日-もっと卵を手に入れようとしましたが、もしそうなら、来週まで卵がないと言われました。街は玉ねぎがなくなっていた。 [そして]ニンニク。 '木曜日-小さなグレープフルーツを見つけました。通常の桃、プラム、ブドウを変えるために。サラダにぴったりのトマトとレタスも週に2回くらい出てきます。 [ストア]の所有者。犬がポンドを売る前に、私たちが犬に[米]を与えないようにした。彼の注文は最初にドイツのリンゴを売ることでしたが、彼は私に2つのオレンジを売りました。 「金曜日-夕食には新鮮な魚がおいしいが、レモン、芽キャベツ、赤キャベツ、インゲン、ニンジンをトレイに載せて無駄に買い物をした。まだ玉ねぎはありません。 「土曜日-ある店にはロースト用の子羊の脚があり、他の店には牛肉と豚足のピクルスがありました。燻製肉を扱う人の窓はハムや数え切れないほどの種類のソーセージでいっぱいですが、冷たい昼食は単調になります。すべてが殻の中にグリーンコーンを持っていました。これはアメリカからのアイデアですが、キャビアの価格でした。それはフィールドコーンで、味がなく、木質だったので、調理したときの失望。 「日曜日-レストランで食事をし、彼らが混雑している方法から、ベルリンのほとんどは外食しているに違いありません。ベルリンでは、毎週の市場や店の早い鳥がチョップを手に入れます。豚肉が手に入らない日もあれば、マトンや他の定番の日もあります。バターとラードはすでに配給されており、冬が終わる前に警察が肉のカードを発行するという話があります。ラードがある場合は、各大人に毎週0.5ポンドのバターと同量のラードを許可します。各配給カードは、指定された店舗で有効です。混ぜ物をしたバターの供給で十分です。肉や他の食品の平時の配給は、それがさらに進んだ場合、不快な結果をもたらす可能性があります。店に売られていないものはめったになく、倹約家のドイツ人は現在の価格で絶対に必要以上に購入していないので、供給のいずれかが今無駄になっているとしてもほとんどありません。ほとんどのドイツ人は常に毎日購入しています。アイスボックスを持っている人はほとんどいません。ドイツでは、肉だけでなく、ほとんどすべての野菜、果物、その他の食品がポンド単位で販売されています。アメリカポンドはドイツポンドの9-10分の1で、1ドルは2.495 / 8ライヒスマルクの価値があります。いくつかの典型的な記事の店頭価格(特に明記しない限り、アメリカンポンドあたり)は次のとおりです:ビーフテンダーロイン、68セントビーフポットロパスト、36セントスープビーフ、骨付き、31セントスープビーフ、ボーンレス、43セントハンバーガー、38セントグーラッシュベール、 45セントのポークテンダーロイン、54セントのポーク腎臓、38セントのマトンチョップ、41セントのボイルドハム、65セントのチキン、45セントのスモークウナギ、86セントのヘッドチーズ、36セントのレバーソーセージ、65セントのサマーサラミ、70セントのコーヒー、1.08ドルのパン、8セントのバター、58セントのフレッシュトマト、8 1/4セントのレタス(頭)、4セントのグリーンコーン、9 1/3セントのグリーンストリングビーンズ、9セントのプリンセスストリングビーンズ、14 1/2セントのドライオニオン(ペック) 、51セントから1.13ドルのキャベツ、4セント、マッシュルーム、26セントの卵(ダース)、60セント。桃18セントパイナップル(1個)$ 1.80カンタロール、68セントバナナ、18セントグレープフルーツ(1個)20セントクリーム(クォート)、41セントシュガーローフ16セント砂糖、粉砕、14セントリンゴ、16セント、ドイツカマンベール、36セント。これらの価格は、ドイツに住んでいて、ライヒスマルクに40セントを支払うアメリカ人または他の外国人のためのものです。また、基本給が44時間の週で17.50ドルから26.50ドルの間であるドイツ人の価格もあります。熟練労働者の賃金は高く、現在、産業および都市建設のための労働力が不足しているため、1日2シフトで働く可能性があります。ドイツは必要なすべての食料を栽培したことはなく、残りは輸入されなければなりません。近隣諸国からの生鮮食品は常に自国の農民が育てたものを補い、今やドイツは食品の輸入を減らしています。言い訳は、国が戦争資材を輸入するために外国為替を必要としているということです。本当かどうかは別として、それが人々が信じ、お互いに話し合うことです。」
---「毎日のフードギャンブルはドイツ人がたくさんいます」、ジュニウスB.ウッド、 ニューヨーク・タイムズ、1938年9月19日(p.7)

[1939]
「ドイツ国民は本日、緊急事態のため、近隣の店舗で大量の品物を購入するには公式の証明書が必要であると通知されました。目的は必需品の公正な配布であることが本日正式に発表されました。ドイツ人は、第二次世界大戦中にそれを思い出しました。同様の配給制度は、戦争が約2年続くまで導入されませんでした。現在、ドイツは、緊急事態が深刻になる前に、明らかに不足しているいくつかの材料の供給を節約することを決定しました。」
---「ナチスの最も重い銃のアメリカでの最初の写真」 ロサンゼルスタイムズ、1939年8月27日(p.3)

[1939]
「ベルリン地域のソーセージを含む肉の配給量は、今後2週間で毎週700グラムから500グラムに減らされます。パン、小麦粉、肉、脂肪、マーマレード、砂糖用に別々のカードが提供されました卵、米、穀物、その他の物品など、食品関係者が決定する農産物用のカードも1枚提供されます。6歳から6歳までの子供向けの特別なパン、肉、脂肪のカードがあります。 14。」
---「ベルリンの肉の配給量が削減されました」 ニューヨーク・タイムズ、1939年9月13日(p.3)

[1939]
「ドイツでは、上流階級ではなく労働者が食糧配給のピンチを感じています。ベルリンにはまだかなり快適に暮らす人々がたくさんいますが、彼らはそれをするためにたくさんのお金を費やしています。肉や他の食べ物の選択カット必要に応じて物資を手に入れることができ、価格もあります。配給カードが提供する量をはるかに超えるものを手に入れることはできないのは事実ですが、配給カードは品質については何も述べていません。重要なホテルや特定のレストランベルリンでは、非常に印象的なメニューを提供し続けています。米国では、80セントから1ドルの種類の食事を手に入れるのに約3ドルかかるということです。いつでもステーキを提供できるレストランが1つあります。値段があれば一流のニューヨークのレストランに。しかし、ドイツ料理がどれほど悪くて貧弱になったかを理解するには、普通のレストランで食べてみなければなりません。食事の時間に手に入る野菜は数回しかありませんでした。肉と魚はbを持っていた掃除をしましたが、早く到着しました。そして、平均的なレストランが提供する肉は、何年もの間保管されていたに違いありません。牛肉、豚肉、子牛肉はすべて同じ味です。つまり、まったく味がありません。そのような場所での昼食は65から75セントに相当し、これは高価であるか、平均的なドイツ人です。本当に安いレストランの食べ物は、急いで忘れないものです。食べられませんでした。食事は、液体絆創膏のような味わいの奇妙な肉汁で飾られた、2年間保管されていたはずのジャガイモで構成されていました。時々、これは魚、キャベツ、そしておそらくほうれん草を伴い、少量で、明らかに同じ古代の状態で提供されます。パンは、消費を抑えるために、ますます古くなっています。明らかに、パン屋の製品をできるだけ口に合わないようにすることで、消費を最小限に抑えるという考えです。しかし、食糧配給に対する持続的な恨みの兆候はまだほとんどありません。」
---「ドイツの労働者は高価格で貧しい食べ物のピンチを感じる」、アルビオン・ロス、 ロサンゼルスタイムズ、1939年9月20日(p.3)

[1940]
「長い戦争でドイツの支持に反する要因の1つは、彼女の食糧供給です。」砂糖、ジャガイモ、パンの穀物、キャベツ、ニンジン、プラム、サクランボについては、完全またはほぼ自給自足が達成されています。ドイツの生産量は依然として赤字側に大きく残っています。「脂肪のギャップ」は、通常の必要量のほぼ半分を輸入しなければならないため、ドイツが直面している最も深刻な食糧問題です。通常、ドイツは約180万トンを消費します。バター、マーガリン、ラードおよび同様の製品の形の油脂、ドイツで加工され、マーガリンの製造業者で主に利用されている輸入油糧種子は、食用油の必要量の約60万トンを占めています。ドイツで導入された食品配給規制の下で1939年8月27日、通常の消費者向けの食糧手当は、戦前の消費量を大幅に下回りました。ただし、重労働を行う人々や武装勢力のメンバーes、追加の手当を受け取ります。報告書は、人口の大部分を占める通常の消費者のための配給は、適切で適切な栄養を与えるのに十分ではないことを示しています。」
---「ニュースに続いて:ドイツの食品」、B.H。マコーミック、 ウォールストリートジャーナル、1940年5月11日(p.4)

[1945]
「ナチスの食糧システムの本当の崩壊の最初の兆候は、最悪の軍事的敗北よりも帝国でより多くのパニックを引き起こすでしょう。これまでのところ、ドイツの食糧配給と供給システムは、配給量、特に脂肪が不足していますが、非常にうまく機能しています。しかし連合国食糧工場や倉庫の爆撃、輸送システムの破壊、そして東部でドイツで最も豊かな農地の喪失が状況を変えました。ドイツ人は現在、その期間を食糧供給と関連付けています。DaghensNyeterは昨日、公園がジャガイモや野菜を植えるために、帝国全体でスポーツフィールドが耕作されていました。ヒットラーが政権を握って以来、ドイツの人々は食糧の組織的な配給に慣れてきました。急速に悪化している。ヴィスチュラが後退した後、ベルリンで最初に行われたことは、体重の週の配給量を9に伸ばすことでした。配給規律の最初の重大な違反は、十分な情報に基づいたパーティーの男性と卸売業者が、一般の人々に通知される数日前に追加の売り上げについて密かに互いに通知したことで発生しました。その結果、大衆が並んだとき、すべての最高のものはなくなっていました。これはこの1年でますます勇敢になり、一般の人々はそれに気づきました。ロシア人がオーデルに到着し、ベルリン市民が数時間以内に首都が包囲されるかもしれないと思ったとき、彼らは突然商人がもはや売るものがないことに気づきました。翌日、商品が再登場しました。これは、配給の最前線での非難の最も深刻な兆候でした。ドイツの公式データによると、働く家族の1937年の食事はでした。 1927 ..レベル以下。 '"
---「ドイツの食糧危機は拡大する」、Christer Jaederlund、 ロサンゼルスタイムズ、1945年3月26日(p.6)

[1946]
「昨夜、食品工場が奪われ、2トン近くの砂糖と1トンのシロップが盗まれました。泥棒は300以上のソーセージとベーコンの両面を食肉処理場のバーラリーに入れて逃げました。ハンブルクのドイツの労働者階級の態度はまだドイツ人は英国人が十分な食料を提供できなかったことを非難している。ハンバー警察は今夜、食料品店の経営者に5,000部の命令を出し、閉店時間中に店に警備員を置くよう警告した。すべての食品の陳列を店の窓から遠ざけるため。また、所有者は、カウンターに最小限の食品のみを保管し、鍵と鍵の下の地下室と貯蔵室に残りを置くように命じられました。」
---「ハンブルク工場での33滴の飢餓」 ニューヨーク・タイムズ、1946年3月23日(p.4)

  • 中世ポーランドの食べ物と飲み物/マリアデンビンスカ
  • 古いポーランドの伝統:キッチンとテーブルで/ Maria Lemnis&Henryk Vitry
  • オールドワルシャワクックブック/リシア。レシピと歴史ノート
  • ポーランドの遺産料理/ Robert&Maria Strybel(拡張版とイラスト版)
  • 食品の世界アトラス/ジェーン・グリグソン。料理の地図と一般的な歴史のメモ
    おすすめの読み物:料理の歴史とレシピ
  • ロシアの味/ダラゴールドスタイン。伝統的なレシピと歴史のヘッドノート
  • ケンブリッジ世界食品史/ Kiple&Ornelas(第2巻)。学術概要と参考文献
  • 古典的なロシア料理:エレナ・モロホヴェッツの若い主婦への贈り物/ JoyceToomreによる1861クラシックの翻訳
  • ロシアの歴史と文化における食品/ムシア・グランツ&ジョイス・トゥームレ。社会の歴史
  • 食品の世界アトラス/ジェーン・グリグソン。料理の地図と一般的な歴史のメモ
  • ロシア料理の食べ物/レスリー・チェンバレン。歴史的なヘッドノートを使った伝統的なレシピ
  • 最高のロシア料理/アレクサンドラ・クロポトキン。アメリカのhomneキッチンのために書かれました

モダンなスペイン料理
「スペイン料理についての最も一般的な誤解は、辛いということです。実際、スペイン料理は新鮮な自然の風味と最小限の調味料で有名であり、他の場所で作られた本物のスペイン料理の多くは、品質の欠如とスペインのキッチンの定番はオリーブオリ、トマト、ニンニク、玉ねぎです。焼きたてのパンは、食事だけでなく、デザートを除く各コースでも常にテーブルにあります。新鮮なため、スペインの料理人は、地域の価格と好みもあって、陸や海の郷土料理を主食に加えて、独特の郷土料理を生み出しています。Cocidaとgazpachoはスペインの郷土料理ですが、キッチンと同じくらい多くのバリエーションがあり、それぞれのバリエーションがあります。果物と微妙な軽い調味料、果物とナッツと肉と魚の組み合わせ、米をベースにした料理はすべてイスラム教徒の影響を受けています。回。しかし、スペインの食卓に追加された最も古いワインとオリーブオイルは、その重要性を失ったことはありません。」
---あなたはあなたが何であるかを食べる:人々、文化、そして食の伝統、Thelma Barer-Stein [Firefly Books:Ontario] 1999(p。394)

  • アンダルシア/クリフォードA.ライトの食べ物
  • スペインの食品とワイン、ペネロペカサス
    ---詳細な歴史と数十のレシピ
  • オックスフォードコンパニオントゥフード、アラン・デビッドソン
    ---スペインの料理の歴史と厳選された料理の概要
  • 食品の世界アトラス、ジェーン・グリグソン
    ---人気のある/伝統的な食べ物と地域のお気に入りの素敵な要約
  • あなたはあなたが何であるかを食べる、Thelma Barer-Stein(スペイン)
    ---基本的な食べ物、休日の食事、食事の習慣に最適

「アラブ人による紹介は、スペインの将来にとって根本的に重要でした。特に、柑橘系の果物(レモンを含む)の紹介に伴うアーモンド(多くのスペインのデザート、焼き菓子、菓子類の必須成分)の使用に関連しています。苦い(セビリア)オレンジ。サトウキビとそのジュースから砂糖を精製するプロセス多くの野菜、その中でオーベルジーヌ(ナス)は傑出しており、シナモン、ナツメグ、ゴマ、コリアンダー、アニスなどの多くのスパイスがあります。アラブ人現在のバレンシアの干潟に米を導入しました。パエラでのサフランの使用も、アラブの導入に由来するものです。」
---オックスフォード・コンパニオン・トゥ・フード、アラン・デビッドソン[オックスフォード大学出版局:オックスフォード] 1999(p。741)

「ムーア人によるイベリアの700年間の占領は、スペインとポルトガルの両方の文化的および料理の発展に大きな影響を与えました。ムーア人は、イベリア人とローマ人に新しい生き方をもたらした文化的で洗練された人々でした。当時半島に住んでいた入植者。灌漑の専門家であるムーア人は、今では主食となっている米の栽培を紹介し、イチジクや柑橘系の果物、桃、バナナ、そしてクミンやアニスを含む東部のスパイスの可能性を探りました。レバンテ海岸とアルガルヴェに沿ったアーモンドの木の巨大な果樹園は、もともとムーア人によって植えられました。今日では、ムーア人がかつて支配していた半島の地域、豊かで多様な米料理、卵とアーモンド、シナモン、バターと蜂蜜から作られた小さなケーキと菓子、そして結晶化した果物と特別なトゥロン、甘いヌガーは、東からのイベリアの遺産の一部です。」
---食品の世界アトラス、ジェーン・グリグソン編集者[Mitchell Beaszley:London] 1974(p。170)

  • アンダルシア料理本/ 13世紀
  • 中世のアラブ料理/ Maxime Rodenberry et al
  • 送信されたソビの本:カタルーニャからの中世のレシピ/ Joan Santanach編集者(14世紀の料理本、歴史的な紹介と翻訳されたレシピ付き)。
  • 中世の食べ物/メリッタワイスアダムソン。 115〜123ページはスペインに焦点を当てています
  • 近世ユーオープの食べ物/ケンアルバーラ。 141〜150ページはスペインとポルトガルに焦点を当てています
  • ヨーロッパでの料理、1250〜 1650年/ケンアルバーラ。近代化されたレシピ、国ごとにリストされたレシピ

ムーア/アラブ料理の影響を受けたスペイン料理の2つの人気のある例は、ポルボロンとパエリアです。

「パエリア、正確にはスペイン料理の伝統的な料理として広く知られているバレンシアのパエリアは、それが調理される道具と、2つの重要な結合と遺産が存在する地中海沿岸のスペイン地域にちなんで名付けられました。文化、私たちに道具を与えてくれたローマ人、そして何世紀にもわたって人類の基本的な食べ物を私たちにもたらしたアラブ人:米。この言葉の語源は興味深いものです。長い道のりを遡ると、スペイン語で「pa」という言葉が見つかります。これは飲むことを意味し、ラテン語のパエリア、緑青、パエリアは、揚げ物を含むさまざまな目的に使用されるカリスまたは調理器具を意味します。カスティーリャには、原始的な形のパエリアとタペラが存在しました。古代の辞書では、パエリアは揚げ物の鍋またはパエリアであると読むことができます。スペインのアンダルシアでは、明確な伝統的で象徴的な特徴を持つ米、米のキャセロール、スパイスを使った魚をベースにした料理がありました。家族や宗教的なごちそうで食べられました。その後、ご飯が日常の料理の特徴を帯び始めたとき、それは野菜、豆類、そしていくつかの干し鱈と組み合わされ、このようにして四旬節のメニューの一部を形成しました。海岸沿いでは、魚は常にご飯が主流です。おそらくこれらのイスラムの習慣の二日酔いとして、バレンシアの果樹園で、そして特別なお祝いとして、ご飯は季節の野菜、鶏肉、ウサギ、またはアヒルと一緒にパエリア鍋で野外で調理されました。 19世紀の社会学的変化に伴い、社会生活はより活発になり、田舎への再会や外出を引き起こしました。男性がパエリアの料理をするという、まだ非常に生きている伝統もありました。特別な日のためのこの米は、バレンシアのパエリアに進化しました。 1840年に地元の新聞でそれは実際にバレンシアのパエリアの名前を与えられました。自然のプロセスによって、伝統はすでに生まれていました。伝統的な料理の材料は次のとおりです。米、新鮮なインゲン豆、トマト、オリーブオイル、パプリカ、サフラン、カタツムリ(または、好奇心旺盛な代替品、新鮮なグリーンローズマリー)、水、塩。古代の伝統は、パエリアを鍋から直接食べることでした。そのため、椅子に囲まれた丸い鍋は、見事な「丸いテーブル」に変わりました。スプーンが上質なフィンシーの箱の木でできていた仲間が食べ始め、それぞれが三角形と限界を引き出し、パエリアの幾何学的中心に出会った。」
---オックスフォードコンパニオントゥフード、Alan Davidson [Oxford University Press:Oxford] 1999(p。566-7)

「パエリアとは、さまざまなシーフードと通常は鶏肉を使ったスペイン料理を意味するように世界中で使われている言葉です。しかし、この言葉は元々、料理が調理された鍋、つまりパエリアのみを指していました。パエリアは実際には無限にあります。シェフや地域の特産品に応じて品種が異なります。パエリア鍋で作られる米料理は、材料に関係なく、しばしばパエリアと呼ばれますが、米料理の名前はその成分の説明であることがよくあります。パエリアにはさまざまなバリエーションがあり、パエリアとほとんどのスペインの米料理の本拠地がバレンシアであることに異議を唱える人は誰もいません。千年以上前にローマ人が灌漑を導入したときに、バレンシアでの米の栽培が可能になりました。これらの同じアラブの征服者が8世紀にバレンシアに米をもたらしたと考えられています。しかし、米が今日のバレンシアの食事の主食になる前に、何世紀も経ちました。 dはバレンシア経済の基本的な作物になります。純粋主義者はそれを主張します。バレンシアは、適切に準備されたパエリアを食べる世界で唯一の場所です。スペイン人に完璧なパエリアを作るものを尋ねて、2つの意見が一致することを決して期待しないでください。」
---スペインの食品とワイン、ペネロペカサ[アルフレッドA.クノフ:ニューヨーク] 1982(p。173-4)
[注:カサスさんは、この本にパエリアのレシピをいくつか含めています。]

FoodTimelineライブラリは、2300冊以上の本、数百の20世紀の米国食品会社のパンフレット、および数十のビンテージ雑誌を所有しています(グッドハウスキーピング, アメリカンクッカリー, レディスホームジャーナル &c。)歴史的な雑誌、新聞、学術データベースにもすぐにアクセスできます。サービスは無料で、どなたでも大歓迎です。質問がありますか?聞く!


グルナナク開発

10人の教祖の最初の教祖NanakDevは、シーク教の信仰を確立し、1つの神の概念を導入しました。彼はKalyanDas ji(Mehta Kalu ji)とMata Tripta jiの息子であり、BibiNanakiの兄弟でした。彼はSulakhanijiと結婚し、SiriChandとLakhmiDasの2人の息子がいました。

グルナナクデヴは1469年10月20日にパキスタンのナンカナサヒブで生まれました。彼は1499年に30歳頃に正式にグルになりました。彼は1539年9月7日に69歳でパキスタンのカルタルプールで亡くなりました。


エトルリア神話のタイムライン-歴史

世界の主要な3つの宗教、つまりユダヤ教、キリスト教、イスラム教の一神教の伝統はすべて中東で生まれ、互いに密接に関連しています。キリスト教はユダヤ教の伝統の中から生まれ、イスラム教はキリスト教とユダヤ教の両方から発展しました。

これらの宗教の間には違いがありましたが、何世紀にもわたってイスラム教のスペインや他の場所で起こったユダヤ人、キリスト教徒、イスラム教徒の間の豊かな文化的交流がありました。

ユダヤ教は、西暦前2千年紀に地中海東岸で発生した、現存する最古の一神教です。アブラハムは伝統的に最初のユダヤ人であり、神と契約を結んだと考えられています。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教はすべてアブラハムを最初の預言者として認めているため、アブラハムの宗教とも呼ばれています。

歴史的なパレスチナには常に小さなユダヤ人コミュニティがありましたが、西暦73年、ローマ帝国はローマの権威に対する反乱の後でユダヤ人を解散させました。その後、ほとんどのユダヤ人は、1948年にイスラエル国が設立されるまで、コミュニティの少数派としてディアスポラに住んでいました。

世界中のユダヤ人が現代のイスラエルに定住するようになったとき、彼らはさまざまなサブカルチャーが独特の歴史、言語、宗教的慣習、習慣、そして料理でさまざまな地域で発展したことに気づきました。

ドイツと東ヨーロッパからのユダヤ人はアシュケナジムとして知られていました(「アシュケナジム」からドイツのヘブライ語)。ドイツ語とヘブライ語の融合であるイディッシュ語は、アシュケナージの話し言葉でした。ヨーロッパでは、ユダヤ人はキリスト教徒の人口から(自発的であろうとなかろうと)隔離される傾向がありました。 19世紀後半から20世紀前半にかけて、多くのアシュケナージユダヤ人が、宗教のために直面​​した迫害と差別から逃れるためにパレスチナにやって来ました。

セファルディムのユダヤ人は彼らの祖先をイベリア半島にさかのぼります(現代のスペインとポルトガルの「セファルディム」はヘブライ語でスペインを意味します)。彼らはかつて、ヘブライ語とスペイン語の混合物であるラディーノ語を話しました。

ミズラヒムユダヤ人(ヘブライ語で東部を意味し、オリエンタルユダヤ人とも呼ばれる)は、その起源を北アフリカとアジアにまでさかのぼります。ミズラヒムとセファルディムのユダヤ人コミュニティは、それぞれの社会に統合される傾向がありました。

イスラエルのユダヤ人の間では、ユダヤ人の宗教法が州で果たすべき役割について意見の大きな違いがあります。最近まで、正統派ユダヤ教はイスラエルで正式かつ法的に認められた唯一の宗教形態でした。ユダヤ教の保守的ではない部門は現在部分的に認識されていますが、正統派は政治的および法的に支配的なままです。

多くのイスラエル系ユダヤ人は、ユダヤ人の法律を遵守する度合いの観点から自分たちを説明しています。約半数が自分たちを世俗的だと呼び、約15〜20%が自分たちを正統派または超正統派と見なし、残りは自分たちを伝統的に注意深いと表現していますが、正統派ほど厳格ではありません。

米国では、ユダヤ法を遵守する必要性についての議論が、3つの主要な運動の発展につながりました。正統派ユダヤ人は、ユダヤ人の法律は不変で義務的であると信じています。保守派のユダヤ人は、神の法則は時間とともに変化し進化すると主張しています。改革派および再建派のユダヤ人は、これらの法律は、個人が従うかどうかを選択できる単なるガイドラインであると信じています。さらに、米国には世俗的または無神論者である多くのユダヤ人がいます。彼らにとって、彼らのユダヤ教は宗教ではなく文化です。

ユダヤ人は、神が律法を与えられた預言者としてモーセを特別に尊重し、一人の神とその預言者を信じています。ユダヤ法は、トーラー(ペンタチュークとしても知られています)とタルムード(西暦5世紀に完成したトーラーに関する解説を集めたもの)に具体化されています。

ユダヤ教は教義よりも行動に関心があります。言い換えれば、人間の行動を規制する規則の遵守は、ユダヤ人の伝統に対する信念についての議論よりも懸念されてきました。正統派ユダヤ教、ユダヤ法、または ハラーハーには、律法で神から与えられた613の戒めと、学者や習慣によって練られた規則や慣習が含まれています。ユダヤ人の法律は、祈りと儀式、食事、個人の地位を規制する規則(結婚、離婚、出生、死、相続など)、休日の遵守(ヨム・キプル、贖罪と過越の日、祝う祝宴など)などの事項を対象としています。エジプトの奴隷制からのユダヤ人の脱出)。

ユダヤ人は、イエスやムハンマドを含むユダヤ人の預言者の後の預言者を信じていません。したがって、彼らはイエスがメシアであり神の子であるという考えに同意せず、イスラム教の教えを信じません。

キリスト教は西暦1世紀にユダヤ教の分派として始まりました。コンスタンティヌス1世が西暦324年にキリスト教に改宗するまで、初期のキリスト教コミュニティはしばしば迫害されていました。ローマ帝国が神聖ローマ帝国になり、その首都がローマからコンスタンティノープル(以前はビザンチウム、現在はイスタンブール)に移転したのはその時でした。メジャースプリットとマイナースプリットから派生したクリスチャングループの発展。

正教会とその総主教は、政治的および教義上の違いのために、西暦1054年にローマカトリック教会と教皇から分離しました。 16世紀、カトリック教皇の腐敗に動揺したマルティンルターは、プロテスタントの発展につながる改革運動を主導しました。

キリスト教の宣教師は世界中で改宗し、実践されるキリスト教の形態はさまざまですが、地球上のすべての大陸にキリスト教徒の大規模な人口があります。

多くの初期キリスト教の聖人が中東に住んでいました。禁欲主義(神に近づくための肉体的快楽の否定)の伝統は中東で最初に発展しました、そして、修道院の伝統はそこにそのルーツを持っています。

今日の中東のキリスト教徒には、コプト派、マロナイト派、ロシア正教、ギリシャ正教、ローマカトリック教徒、アルメニア正教会、アルメニアカトリック教徒、アッシリア人、プロテスタントが含まれます。これらのグループには、さまざまな典礼言語、儀式、習慣があり、信仰を導くさまざまな指導者がいます。

エジプトのキリスト教の支配的な形態であるコプト教会は、451年にカルケドン公会議で教会の教義上の分裂から生じました。エジプト政府は、彼らの文化を崇拝し維持するコプト人の権利を支持していますが、過激派イスラム教徒によるコミュニティ。

マロン典礼カトリック教会は、5世紀にマロンというシリアの司祭の信者によって始められました。レバノンに本拠を置くマロナイト派の総主教は、マロナイト派や他の聖人たちの教えを彼の信者に導きます。マロナイト派は今でもレバノンで最も強力な政治コミュニティの1つです。

今日、シリア(人口の10%)、ヨルダン川(6%)、ヨルダン川西岸(8%)、イラク(3%)にはさまざまな宗派のキリスト教コミュニティがあり、他の中東諸国ではその割合が少なくなっています。

19世紀から20世紀初頭にかけて、現在のシリアとレバノン(当時はオスマン帝国)からの多くのキリスト教徒が米国やその他の国に移住しました。今日の中東ではキリスト教徒は少数派ですが、アラブ系アメリカ人の75パーセント以上がキリスト教徒です。

キリスト教はユダヤ教の一神教の伝統から発展しました。その創設者であるイエスは、ローマパレスチナのユダヤ人コミュニティのメンバーでした。その聖典は旧約聖書(ユダヤ教の律法と追加)と新約聖書(イエスの死後の信者によって書かれ、イエスのライフストーリーと他の初期のキリスト教の書物を含んでいます)です。

クリスチャンは、神は父、子(イエス・キリスト)、聖霊の3つの次元を通して明らかにされると信じています。イエスは神の子と見なされ、聖母マリアに生まれ、人類の罪の贖いを提供するために地球に来られます。イエスはローマ人によって十字架につけられ処刑された後、死からよみがえり、天国に昇天しました。このイベントはイースターで祝われ、イエスの誕生はクリスマスで祝われます。

クリスチャンは、良い人生を送った人々が神と共に天国に住み、悔い改めない罪の人生を生きた人々が地獄で罰せられる来世を信じています。

キリスト教はユダヤ教のテキストから発展しましたが、キリスト教徒はユダヤ人の法律に従いません。代わりに、彼らは、儀式的なユダヤ法が廃止され、すべての人類のための普遍的な福音と「あなたの隣人をあなた自身として愛する」というキリスト教の教えを支持したと信じています。

ユダヤ人とキリスト教の共同体の間の関係は、特にキリスト教のヨーロッパでは、しばしば困難でした。そこでは、ユダヤ人コミュニティはしばしばキリスト教徒の手による差別と暴力の対象となりました。

キリスト教もイスラム教と問題のある関係を持っています。クリスチャンはムハンマドを預言者として受け入れません。中東の多くのキリスト教徒は7世紀中およびその後にイスラム教に改宗しましたが、ローマとコンスタンティノープルの教会のヒエラルキーはイスラム教を政治的および神学的な脅威と見なしていました。十字軍は、東地中海と3つの一神教すべての聖地のイスラムによる征服を覆す試みに失敗しました。

イスラム教は西暦7世紀初頭、メッカの定住した砂漠のコミュニティ(現在のサウジアラビア)で発生しました。それは、ユダヤ教とキリスト教の伝統とアラビアの遊牧民のベドウィン部族の文化的価値観の両方から発展しました。

イスラム教は、ビザンチン帝国(主にギリシャ語と正教会のキリスト教徒ですが、人口は多様です)とサーサーン朝(正式にはゾロアスター教とペルシア語を話すが、多様性もあります)によって支配されている地域に拡大しました。 8世紀半ばまでに、イスラム教は西に北アフリカとヨーロッパに、そして東に中央アジアに広がりました。何世紀にもわたって、イスラム教はサハラ以南のアフリカ、南アジア、東南アジアで成長を続けました。

イスラム教が拡大するにつれて、新しいイスラム社会は彼らが遭遇した多くの習慣を適応させ、統合しました。その結果、世界のさまざまな地域のイスラム教徒は、自分たちのためにさまざまな文化的伝統を生み出しました。

たとえば、イスラム教のスペインの文化は非常に国際的であったため、一部のキリスト教徒とユダヤ人の両親は、子供たちがそれぞれラテン語やヘブライ語を学ぶよりもアラビア語の知識を深めることに興味があると不満を漏らしました。イスラム社会の多くの要素は、騎士道の概念、特定の形式の音楽(リュート、アラベスク)や詩など、中世およびルネッサンスのヨーロッパ文化の不可欠な部分になりました。

イスラム世界の東端では、多くのインドネシア人が15世紀から17世紀の間にイスラム教に改宗しました。既存のアニミストの信念は、しばしばイスラム教の地元の慣習に組み込まれました。

イスラム教の中には、多くの異なるコミュニティがあります。スンニ派、シイス派、イスマーイール派、アレヴィー派/アラウィー派、ドルーズ派など、これらの部門の多くは、コミュニティの政治的および教義上の違いに端を発しています。イスラム教の支持者は、多かれ少なかれ注意深く、保守的またはリベラルである可能性があります。

スーフィズムはイスラム教の神秘的な伝統であり、神の直接の経験が強調されています。 13世紀の詩人ジャラルディンルミは有名なスーフィーの人物であり、その作品は今日米国で人気を博しています。旋舞教団は、スーフィズムの経験に夢中になっているダンサーです。

イスラム教徒は、アッラー(アラビア語で神を意味する)が西暦7世紀に彼の啓示であるコーランを預言者ムハンマドに送って人類に宣べ伝えたと信じています。コーランには詩が含まれています (スーラ) アラビア語で、イスラム教徒に1つの神を崇拝するように伝え、他の神を適切に扱う方法を説明します。

ムハンマドの死後、学者によって書かれた別の歴史的テキスト、ハディースは、ムハンマドの人生を敬虔な行動の例として説明し、コーランとムハンマドの例に基づいてコミュニティの法律を禁止し、特定の儀式がどのように行われるべきかを説明しています。

観察力のあるイスラム教徒はイスラム教の5つの原則(柱)を実践しています:彼らの信仰を口頭で宣言する (シャハーダ) 1日5回祈る (サラッ) ラマダンの月の日中の断食 (sawm) チャリティーのために彼らの収入の一部を与える (ザカート) そして、彼らがそれを買う余裕があれば、彼らの生涯に少なくとも一度はメッカへの巡礼をします (メッカ巡礼)。 多くのイスラム教徒はまた、ユダヤ教と同様の食事規則を遵守しており、特定の食品(豚肉など)を禁止し、アルコールを禁止し、動物を食肉処理する方法を規定しています。

イスラム暦は月暦であり、太陽暦に関連して変化します。キリスト教徒がイエスの誕生の年から始まる年を数えるのと同じように、イスラム教徒は西暦622年にムハンマドがメッカからメディナに移ったことから始まる年を数えます。イスラム教徒の年はA.H.とラベル付けされています。 安野へぎらえ、または「ヒジュラの年」。

主要なイスラム教徒の祭りには、イドアルフィトル(ラマダンの終わりに祝われる速攻祭)とイドアルアドハー(犠牲の祭り、巡礼の月の間に行われるイシュメールを犠牲にするアブラハムの意欲の記念)が含まれます。

イスラム教徒は、義人が天国に行き、悪行者が地獄に行く審判の日を信じています。

イスラム教は、ユダヤ教とキリスト教をイスラム教の初期のバージョンと見なしています。啓示は、アッラーによって同じ伝統の中で与えられましたが、彼らの信者によって時間とともに誤解されていました。イスラム教徒は、イスラム教を3つの信仰の一神教の伝統における最後の完全で正しい啓示と見なしています。

イスラムの伝統は、アブラハム、モーセ、イエスを含む多くのユダヤ教とキリスト教の預言者を認めています(彼は神の子とは見なされていませんが)。多くの非イスラム教徒は、ムハンマドがイスラムの伝統においてイエスと同等であると誤って信じています。実際、イスラム教においてイエスがキリスト教において行っているのと同じ中心的な位置に立っているのはコーランです。ムハンマド自身は神ではありませんが、彼のメッセージとエミュレートする信心深さの例を伝えるために神によって選ばれた預言者です。

ユダヤ人とキリスト教徒は、啓典の民としてコーランで特別に保護されており、神からの啓示を与えられたおかげで、イスラム教との精神的なつながりを強化しています。イスラム法の伝統は、ユダヤ人とキリスト教徒がイスラムの土地のコミュニティ内で彼らの信念と実践を維持する権利を支持しており、この寛容の方針は一般的に支持されてきました。

王国の内部-パートII:
http://www.pbs.org/newshour/bb/middle_east /jan-june02/saudi_2-15.html
NewsHour サウジアラビアのイスラム教、教育、文化をめぐる議論を探ります。

中東のクリスチャン:
http://search.npr.org/cf/cmn/cmnpd01fm.cfm?PrgDate = 04/23/2002&ampPrgID = 5
国家の話 イスラエルとヨルダン川西岸に住むクリスチャンの役割に注目します。この物語は、ベツレヘムの降誕教会での軍事的スタンドオフ中に放映されました。

教皇の旅:
http://www.pbs.org/newshour/bb/religion/ jan-june01 / pope_5-8.html
NewsHour 教皇ヨハネパウロ2世のギリシャ、シリア、マルタへの和解の旅について話し合います。

イスラム教:信仰の帝国:
http://www.pbs.org/empires/islam/index.html
のコンパニオンWebサイト イスラム教:信仰の帝国、 世界で最も急速に成長している宗教についてのPBS映画

イスラム教の観察:
http://www.pbs.org/newshour/bb/religion/ july-dec01 / islam_11-16.html
好奇心と懸念の中でラマダンが始まると、イスラム学者たちはイスラムの未来について話し合います。 (2001年11月)

裏返し:革命的なイスラム教:
http://insideout.wbur.org/documentaries/revolutionaryislam/
このラジオドキュメンタリーは、世界中の政治的イスラムの兆候を調べています。

世界の宗教へのガイド:
http://www.bbc.co.uk/worldservice/people / features / world_religions /
仏教、キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教、ユダヤ教、シーク教の6つの世界の宗教へのガイド

Beliefnet Webサイト:
http://www.belief.net/
宗教に関するWebサイト

ユダヤ教101のWebサイト:
http://www.jewfaq.org/index.htm
ユダヤ教に関するオンライン百科事典

イスラエルの「英語」の語彙:
http://www.iyba.co.il/lexicon.htm
英語の出版物に見られるイスラエルの用語、頭字語、および略語の用語集

宗教を探る:
http://uwacadweb.uwyo.edu/religionet/er/default.htm
仏教、キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教、ユダヤ教に関する情報

東方キリスト教徒は誰ですか?:
http://www.arimathea.co.uk/whoare.htm
東方キリスト教の起源と定義

アメリカのペルシャの詩人トップセラー:
http://www.csmonitor.com/durable/1997/11/25/us/us.3.html
神秘的なイスラム詩人ジャラルディン・ルミの人気に関する記事

イランのイスラム教:
http://www.pbs.org/visavis/islam_in_iran_mstr.html
Vis&agrave Vis イランにおけるイスラムの起源とその進化を探ります。

サウジ時限爆弾?:
http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/shows/saudi/
最前線 イスラム過激派の隠れた底流、その広範囲にわたる範囲、およびサウジアラビア王国への脅威を調査します。

宗教と文化:
http://www.pbs.org/wnet/wideangle/classroom/lp5.html
学生は、インドのグジャラート州でのヒンズー教徒とイスラム教徒の紛争について学びながら、宗教と文化のテーマを検討します。

エルサレムとそれ以降の歴史、宗教、政治を理解する:
http://www.pbs.org/pov/pov2001/promises/intheclassroom.html
学生は、この地域のイスラエル人とパレスチナ人の間の紛争の歴史的知識を習得し、複数の視点から紛争を解釈する方法を学び、視点を提唱し、より優れた紛争解決スキルを身に付けます。

イスラームにおけるジェンダー問題:
http://www.pbs.org/wgbh/pages/frontline/teach/muslims/
学生は、映画で取り上げられた6か国のさまざまなトピックに関して、男性と女性の役割を比較対照します。

偉大な思想家とイスラム教の成果:
http://www.pbs.org/empires/islam/lesson4.html
学生は偉大なイスラム学者の多様な業績について学びます。

神の反撃:1978-1992:
http://www.pbs.org/wgbh/peoplescentury/teachers/tggod.html
1970年代に、疎外されたイラン人はイスラム原理主義の約束に群がり、エジプト人とアルジェリア人はすぐに続きます。 1980年代に、疎外されたアメリカ人はキリスト教原理主義の約束に群がります。

イスラムの魅力的な世界:
http://www.pbs.org/empires/islam/lesson2.html
学生はイスラムの歴史を形作った人々、場所、そして出来事を研究します。

イスラームとムハンマドの紹介:
http://www.pbs.org/empires/islam/lesson1.html
学生は、世界の一神教の主要な信念体系を比較します。

中東:信仰と対立の交差点(地図):

補足 ナショナル・ジオグラフィック、 2002年10月


エトルリア神話のタイムライン-歴史

220以上 パワーポイント! これらのプレゼンテーションのサイズは、それぞれ1ダースほどのスライドから145を超えるスライドまでさまざまです。いくつかのPPTには、大きなサウンド/音楽ファイルが含まれています。そのため、読み込みに時間がかかる場合があります。我慢して!教師にとっては、保存、変更、教室での使用が必要ですが、このサイトからPPTを実行しないでください。それらをダウンロードして、自分のハードドライブに保存します。 私[またはリストされている他の教師]を元のソースとして保持してください。教師の有料タイプのウェブサイトでこれらを[変更の有無にかかわらず]販売しようとすると、著作権違反となり、起訴されます。

APUSHの最終レビューを始めましょう!これらの新しい多肢選択問題を試してください 私が作成した 以下の新しい2015形式。


あなたをテストするためにここに多くのクイズ
歴史の知識!



すべてのAPコースの試験準備資料!!
(以前の学習者)


産業革命のタイムライン

産業革命は18世紀から19世紀半ばまで起こり、製造業と生産の増加のプロセスを示し、産業を後押しし、新しい発明と革新を促進しました。

1828年、ロンドンの東インド会社の本社

1600-東インド会社の設立。株式会社は後に、需要、生産、利益の増加に役立つ貿易独占を維持する上で重要な役割を果たします。同社は、英国がヨーロッパの隣国と競争し、経済力と貿易力を高めるのを支援しました。

1709-エイブラハムダービーは彼が初めて首尾よく使用した炉をリースします。ダービーはその年に81トンの鉄製品を売ることができました。彼は、木炭ではなくコークスを燃料とする銑鉄の製造方法を発見し、業界で重要な人物になるでしょう。

1712年-トーマスニューコメンが最初の蒸気機関を発明。

1719年-シルク工場はジョン・ロンベによって始められました。ダービーシャーにあるLombe’s Millは、イギリスで最初に成功した製糸工場としてオープンしました。

1733-シンプルな織り機は、フライングシャトルとして知られるジョンケイによって発明されました。新しい発明は、より広い布を織り、製造プロセスをスピードアップすることができる自動機械織機を可能にした。

1750年-海外から輸入した原綿を使用して綿布を生産していた。綿花の輸出は、英国を商業的に成功させるのに役立つでしょう。

1761年-イギリスで最初のブリッジウォーター運河が開通。ウォースリーの鉱山から石炭を輸送するためにそれを委託したブリッジウォーターの第3公爵であるフランシス・エジャートンにちなんで名付けられました。

1764年-ランカシャーのジェームズハーグリーブスによるスピニングジェニーの発明。アイデアは、8つの木製のスピンドルを備えた金属フレームで構成されていました。本発明は、労働者がはるかに迅速に布を生産することを可能にし、したがって生産性を高め、さらなる機械化への道を開いた。

1764年-スコットランドの発明家ジェームズワットは、トーマスニューコメン蒸気機関の修理を依頼され、はるかに効率的に動作するように変更できる方法をすぐに認識しました。シリンダーの加熱と冷却の方法を変えることにより、蒸気を生成するために水を加熱するために使用される石炭の量を60%以上減らすことができました。

1769年-ジェームズワットは、彼の新しい蒸気エンジンのユニークなデザインで彼の最初の英国特許(No. 913)を取得しました。彼の新しいエンジンの巨大なパワーを定量化するために、ジェームズ・ワットは新しい測定単位である馬力も発明しました。ジェームズ・ワットの蒸気機関は、蒸気動力の鉄道機関車の導入を通じて文字通り世界を動かし、蒸気船の輸送は完全に革命を起こすでしょう。彼の蒸気機関はまた、インダストリアルノースに現れ始めていた新しい工場に電力を供給し続けました。

1769年-新しいスピニングジェニーによって生産された糸は特に強くはありませんでしたが、リチャードアークライトがスピニングマシンを水車に取り付けることができるウォーターフレームを発明したとき、これはすぐに変わりました。

1774年-英国の発明家サミュエル・クロンプトンは、紡績と製織のプロセスを1つの機械に組み合わせて、業界に革命をもたらす紡績ミュールを発明しました。

1779年-発明者のリチャード・アークライトは起業家になり、彼の発明した水力紡績機を使用して紡績工場を開設しました。

1784年-鉄器製造業者のヘンリー・コートは、鉄を作るための代かき炉のアイデアを思いつきました。これには、棒で攪拌された反響炉で棒鉄を作ることが含まれていました。彼の発明は鉄の精製技術に成功したことが証明されました。

1785年-力織機が発明され、前年にエドモンド・カートライトによって設計されました。エドモンド・カートライトはその後、水を使用して製織プロセスの生産性を高める機械式織機の特許を取得しました。彼のアイデアは、繊維産業向けの自動織機を作成するために、何年にもわたって形作られ、発展してきました。

1790年-エドモンドカートライトは、梳毛機と呼ばれる別の発明を生み出しました。彼は羊毛の繊維を配置した発明の特許を取得しました。

1799年-結合法は7月に国王の裁可を受け取り、イングランドの労働者が賃金の向上と労働条件の改善のために団体交渉や労働組合を通じて団体交渉を行うことを阻止した。同じ年の10月9日、マンチェスターの英国の繊維労働者のグループは、熟練した工芸品を脅かす機械の導入に反抗しました。これは、ラッダイト運動の下で発生する最初の暴動の1つでした。

1800年-英国では約1,000万トンの石炭が採掘されました。

トレビシック機関車

1801-鉱山技師で発明家のリチャード・トレビシックは、コーンウォールのカムボーンの通りを蒸気機関車で運転しました。彼は蒸気輸送のパイオニアであり、最初の実用的な鉄道機関車を製造しました。

1803-綿は、羊毛を追い越して、英国の最大の輸出品になります。

1804-最初の機関車の鉄道の旅は2月に行われ、トレビシックの発明はマーサーティドビルの路面電車に沿って列車を運ぶことに成功しました。

1811年-最初の大規模なラッダイト暴動がノッティンガムのアーノルドで起こり、機械が破壊された。

1812年-暴動に対応して、議会は産業機械の破壊を死刑に処する法律を可決した。

1813年-1日の裁判で、14人のラッダイトがマンチェスターで絞首刑にされた。

1815年-コーニッシュの化学者であるハンフリーデービー卿と英国のエンジニアであるジョージスティーブンソンは、どちらも鉱山労働者用の安全ランプを発明しました。

1816年-エンジニアのジョージ・スチーブンソンが蒸気機関車の特許を取得し、「鉄道の父」の称号を獲得しました。

1824年-苛立ち、不満を引き起こし、暴力を引き起こしたと考えられていた結合法の廃止。

1825年:最初の旅客鉄道が開通し、ロコモーション・ナンバーワンが公共路線で乗客を運びました。

1830年-ジョージ・スチーブンソンは、マンチェスターとリバプールの北の大都市を結ぶ世界初の公共都市間鉄道を作成しました。産業大国で内陸国のマンチェスターは、リバプールの港を通じて世界にすばやくアクセスできるようになりました。アメリカのプランテーションから到着した綿は、マンチェスターとランカシャーの繊維工場に供給され、完成した布はリバプールに戻され、大英帝国全体に輸出されました。

1833年-工場法は、9歳未満の子供を繊維産業で働くことから保護するために可決されました。 13歳以上の子供は週69時間以上働くことができませんでした。

1834年–貧しい人々のための救貧院を作るために救貧法が可決されました。

1839年-ジェームス・ナスミスは、大きな鉄鋼部品の成形の必要性を満たすために作られた蒸気ハンマーを発明しました。

1842年-鉱山労働者に適用される法律。10歳未満の子供と女性が地下で働くことを禁止。

1844年-法律は、8歳未満の子供は働くことを禁止されていると述べています。同年、フリードリヒ・エンゲルスは、産業革命の影響に関する彼の観察結果を「イギリスの労働者階級の状況」に発表しています。

1847年-繊維工場での女性と子供の労働時間を1日10時間に制限することを定めた新法。

1840年のマンチェスター&#8211&#8216コットノポリス&#8217&#8211

1848年-工業化と都市の創造の影響により、英国の町全体でコレラの流行が発生しました。

1851年-地方から都市への移住により、現在、英国の人口の半分以上が町に住んでいます。

1852年-イギリスの造船会社PalmerBrothers&ampCoがジャローにオープン。同じ年、最初の鉄製スクリューコリアーであるジョンボウズが発売されました。

1860年-最初の鉄の軍艦、HMSウォリアーが発売されました。

HMSウォリアー、現在ポーツマスの博物館船

1867年-工場法が拡張され、50人以上の労働者を雇用しているすべての職場が含まれるようになりました。

1868年-TUC(労働組合会議)が結成される。

1870年-義務教育を実施するための最初の暫定的な措置を講じるフォースターの教育法。

1875年-新しい法律により、少年は煙突を登って掃除することが禁止されました。

1912年-イギリスの産業はピークに達し、繊維産業は約80億ヤードの布を生産しています。

1914年-第一次世界大戦は産業の中心地を変え、海外市場は独自の製造業を設立しました。英国産業の黄金時代は終わりを告げました。

一連の出来事により、英国は貿易と製造の世界的な舞台で主要なプレーヤーとなり、英国の社会経済史における大きな転換点を示すだけでなく、主要な商業国になることができました。

ジェシカブレインは歴史を専門とするフリーランスのライターです。ケントを拠点とし、歴史的なものすべてを愛する人。


ビデオを見る: 未知の新ピラミッド発見で歴史が覆される