ジェームズガスリーRC-歴史

ジェームズガスリーRC-歴史



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジェームズガスリー

レベニューカッターサービスの名前。
(RC)

メリーランド州ボルチモアのH.A.ラムジーによって1881年に建設され、ボルチモア地域の歳入カッターサービスによって使用されたカッターであるジェームズガスリーは、米西戦争中に海軍と協力するように命じられました。海軍に必要とされなかった彼女は、5月9日から7月20日まで、以前の任務を再開したときにボルチモア港を警備する軍当局の下で活動しました。

アメリカが第一次世界大戦に突入し、フィラデルフィアを守ったとき、彼女は海軍に移送されました。


ジェームズの本の紹介

A.外部の証拠:決定的ではありませんが、ヤコブの手紙の良い証拠があります:

1.ジェームズは、特定の住所がないために名前が付けられた最初の「カトリック」または「一般」書簡です。

2. 1人のペトロと1人のヨハネを除いて、カトリック書簡はパウロの手紙よりもキリスト教会の形成に大きな役割を果たしてきました。

3.オリゲネスがジェームズの信憑性を疑ったかどうかという疑問もありますが1、聖書としてのジェームズへの彼の豊富な言及はこの懸念を無効にします2

4.ムラトリ正典では言及されていませんが、これはこの大砲の腐敗した状態にあった可能性があります(ヘブライ人とペトリン書簡も欠落しています)。

5.エウセビオスは、論争のある本の中でジェームズを引用しています(抗レゴメナ)、しかし彼はそれが本物であるかのようにそれを参照します3

6. M.市長は、ジェームズへの引用またはほのめかしを見つけると主張している ディダケー, バルナバ, Xiiの証 族長, イグナティウス, ポリュカルポス, エルメス そして後の2世紀の父親4

7.ガスリーは、次のように書いています。「この短いヤコブの手紙が初期の時代にあまり引用されていなかったのは、全体としてまったく驚くべきことではありません。それは簡単に無視できる種類の手紙であり、実際、現代の教会でのそれの扱いは豊富に示され、一度無視されると、特に偽の作品が原因であるときに、将来の疑いのために肥沃な土壌が提供されました使徒の名前に」5

B.内部証拠:独断的になることはできませんが、この手紙の著者を主の異母兄弟であるジェームズと同一視することは合理的であるように思われます。

1.著者は自分自身をジェームズ1:1として識別します

NS。このジェームズの称号を果たすことができたのは2人のNTの人々6だけであり、主イエスの異母兄弟がより合理的な選択です。

1)十二使徒のゼベディーの息子であるヤコブ-しかし、彼はヘロデによって西暦44年に殉教したので、おそらく除外されており、書簡はその後に書かれたようです。

2)エルサレム教会の指導者となったイエスの異母兄弟ヤコブ

a)これは説明の単純さによるサポートです(例:よく知られているジェームズ)

b)教会の歴史では、エルサレムの初期の教会に大きな影響を与えた主の異母兄弟のジェームズがいるようです(使徒15 21)。

3)名前は権威を追加するために手紙に付けられた仮名にすぎないと考える人もいれば、敬礼を後の追加と見なす人もいますが、これらは必ずしも結論ではありません7

2.他の内部証拠がこの結論を支持するよりも、主の異母兄弟が2つの可能な選択の中でより合理的である場合:

NS。著者はユダヤ人の経歴を持っています:

1)彼はヘブライ語聖書を利用しています(1:2 2:8、11、23、25 3:9 4:6 5:2、11、17、18)

2)彼はギリシャ語の背後にあるヘブライ語のイディオムとスタイルを採用しています

3)彼はユダヤ人のディアスポラに関心があり、ユダヤ人の用語を使用しています(5:4-「サバオトの主」を参照)

NS。ジェームズと使徒158のジェームズに起因するスピーチと手紙の間には類似点があります

NS。ヤコブとイエスの教えには類似点があります。ガスリーは次のように書いています。「この書簡には、他のどの新約聖書の本よりも、福音書における私たちの主の教えとの類似点がたくさんあります」9

NS。ノーザンテリトリーの残りの部分は、権威を持ってこの手紙を書いた可能性のある著名な人物としてジェームズを支持しています:10

1)はい、彼は福音書を信じていませんでした(マル3:21ヨハネ7:5)

2)しかし、ジェームズは使徒行伝の兄弟の一人です(1:14)

3)ジェームズは復活の出現のために特別に選ばれました(1コリント15:7)

4)ジェームズは、パウロがエルサレムで出会った指導者でした(ガラテヤ1:19)

5)ジェームズは、エルサレム会議の教会で権威ある地位にありました(使徒15:13ff)

6)ジェームズは3回目の宣教師の旅の終わりにエルサレムに戻ったときにパウロと話しました。パウロはジェームズの要求に同意します(使徒21)

e。コミュニティはエルサレムの崩壊前の期間に属しているようです:

1)貧しい人々を捕食した金持ちの土地所有者は、エルサレムの崩壊前の事件でした11

2)ガスリーは、「実際、コミュニティの社会的環境に加えて、キリスト教徒の間の喧嘩の内部条件は、多くの成熟に達する前のコミュニティの歴史の初期段階を示している可能性があります」と書いています12

3)4:1での「戦争と戦い」への言及は、タイタス​​によるエルサレムの包囲の前の文脈を持っているかもしれません

4)「手紙の完全にユダヤ人の背景は、主人と奴隷への言及がないことと、偶像崇拝の非難の省略によって証明されています。どちらも、そのような献身的なユダヤ人キリスト教徒に起因​​する書簡では不適切でした。ジェームズ」13


軍事資源

ミシシッピ文化は、軍隊で奉仕してきた長い歴史があります。このサービスを文書化した資料は、アーカイブのコレクション全体に存在します。政府の記録には、南軍の記録、州の監査人の南軍の年金ファイル、軍事部門/副将軍のシリーズ、退役軍人委員会の記録、および米軍の記録が含まれます。アーカイブには、ミシシッピ文化が奉仕したさまざまな戦争に関連する400近くの写本コレクションがあります。ミシシッピアナコレクションには、軍事史の本だけでなく、サービス記録や年金ロールのインデックスも含まれています。アーカイブには、軍事的な主題を含む多くの写真もあります。これらの資料はすべて、オンラインカタログで検索できます。

アーカイブには、1812年の戦争(1812–15)、米墨戦争(1846–48)、内戦(1861–65)、米西戦争(1898)のミシシッピ人の奉仕記録のマイクロフィルムコピーと登録草案があります。第一次世界大戦(1917–18)のカード。アーカイブには、1917〜19年のミシシッピ第一次世界大戦のサービスカードの声明も含まれています。


ジェームズGハウデン

ジム・ハウデンはポイント・ロンズデールで育ち、クイーンズクリフ高校と後にジーロング大学に通いました。彼は1950年にジーロング大学の2番目の乗組員を2位に撫でました。翌年、彼は最初の乗組員を撫でたが決勝戦は行わず、1952年には2位の最初の乗組員の6席にいた。

ジムはMUBCで競争力のあるボートのほとんどを行い、後に他の著名な漕ぎ手であるトニーウォーカー、ピーターギロン、イアンブルトと一緒にヤラヤラに加わりました。ジムはヤラヤラローイングクラブのキャプテンでした。その後、彼の子供たちが漕ぎ始めたので、彼はマーカンタイル漕艇クラブに加わりました。彼の子供たちのうちの3人はクラブのために競争しました。

上:大学間オーモンドカレッジの乗組員に漕ぎながら、ボブエイトケンコーチのすぐ隣に座っている若いジェームズハウデン

ジムのボートのキャリアのハイライトは、同じ年にキングスカップで優勝した後、1956年のメルボルンオリンピックで8回の銅メダルを獲得したことです。

上:1956年のオリンピックでのレース終了

おそらく彼のスポーツへの最大の貢献は、スポーツの重要な時期にローイングオーストラリアのセレクター会長として、ラインホールドバッチにプロのヘッドコーチを紹介したことでした。ジムはこの変更のイニシエーターの1人であり、彼が到着したときはラインホールドの偉大な支持者でした。これはスポーツにとって物議を醸す大きな変化であり、ジム・ハウデンの同類の人々の支援なしには成し遂げられませんでした。

この決定の結果、スポーツは劇的に良くなりました。

ジム・ハウデンは、郡裁判所の裁判官に任命された弁護士でした。死亡記事の中で、郡裁判所の最高裁判事であるウォルドロン裁判官は、ジムを「肉体的および個人的に非常に魅力的な男」と表現し、彼と接触したすべての人から高い尊敬を集めました。 「彼は私たちの社会の恵まれない人々に心からの共感と理解を持っていました。」

1986年3月11日に郡裁判所に任命されてから15か月後、彼は悪性黒色腫と診断されました。彼は6年後にようやく癌との戦いに敗れたが、この時間のほとんどの間座り続けた。 Waldron裁判官は、次のように述べています。

ジムとエレイン・ハウデンには5人の子供、3人の男の子と2人の女の子がいて、そのほとんどが漕ぎ、マーカンタイルにいました。ジムはポイントロンズデールに埋葬されています。

Andrew Guerin(The Age新聞の死亡記事の資料を使用)
2018年10月

提供された情報の正確性を確保するためにあらゆる努力が払われていますが、エラーが存在する可能性があります。エラーや不正確な点については、次の宛先に電子メールでアドバイスを送信してください。

また、あなたのコメント、提案、写真は、このサイトを強化するために求められます。

この歴史のアイデアは、オーストラリアのチームハンドブックのためにアンドリューゲリンとマーゴットフォスターが1991年、1992年、1993年に書いたオリンピックローイングと世界シニアローイング選手権の歴史に端を発しています。 Andrew Guerinは、2004年にこれらの履歴を開発して現在の形式に拡張し、2004年に公開してから、サイトを拡張しました。

スティーブロールは、エラーを見つけ、漕ぎ手のキリスト教の名前を見つけることにおいて、ウェブサイトへのかけがえのない貢献者でした。彼の素晴らしい作品は認められています。

&copy Andrew Guerin&ndash 2004
この歴史のこれらの内容は著作権です。著作権法で許可されている、私的な調査、調査、批評、またはレビューを目的とした公正な取引を除き、書面による許可なしに、いかなるプロセスによっても一部を複製することはできません。ただし、歴史の目的が漕ぎ手と漕艇クラブを支援することであることを考えると、承認がなされれば、漕ぎ手と漕艇クラブによる非営利目的の使用について書面による許可は必要ありません。

免責事項: 提供された情報の正確性を確保するために多大な努力が払われていますが、編集者は、この作業に含まれる不正確さから生じるいかなる損失または損害についても責任を負いません。


現代の偽の教師

偽預言者の存在を心配しているクリスチャンが非常に少ないのはなぜですか。私たちの多くがこの主題について話している方法から、教師がそのように分類されるに値すると私たちが信じているかどうか疑問に思うかもしれません。私たちの文化に残された唯一の異端は、誰かを異端者と呼ぶことであるかのようです。しかし、なぜ?対立は、一部の人にとっては不快すぎるかもしれません。誰かを異端者と呼ぶことは、あまりにも批判的に思えるかもしれません。多くの人は、聖書に従うのではなく、単に群衆を追いかけ、彼らが育てられた信仰に異議を唱えることを望まず、装備もされていません。これを深く考えるのは難しいかもしれません。しかし、イエスは、「破壊につながる道は簡単です」と言われましたが、それは困難な「人生につながる狭い道」です。したがって、クリスチャンは偽預言者に対して武装しなければなりません..そして彼らが誰であるかを認識するには知識が必要です。そして知識は神の言葉の研究を必要とします。

イエス、使徒パウロ、ペテロ、ヨハネは皆、そのような人々が私たちの間で立ち上がり、目に見える教会の中でさえ、多くの人を迷わせるだろうと繰り返し警告しました。彼らは、偽りの教師がたくさんいるだけでなく、彼らの信者もたくさんいるだろうと警告しました。人々は&quotto自分の欲望に合う。彼らの周りにたくさんの教師が集まり、彼らのかゆい耳が聞きたいことを言います。」(テモテへの手紙第二4:3)。悲しいことに、自分の牧師を考えるときに宿題をする人はほとんどいないので、オオカミはこの事実を利用して多数の人々を盲目の状態に保ちました。明らかに、私たちは他の人々を異端者と簡単に呼ぶべきではありませんが、彼らが教会によって長い間偽りであると認められた教義を公に教えているなら、私たちはそれを呼びかけるべきです。

これは、マークされて回避されるべき、より明白な異端者/偽の教師のリストです:(網羅的ではありません)


チャールズフィニーの邪魔な遺産

チャールズ・グランディソン・フィニーほど、私たちの時代のキリスト教の真理のゆがみに責任を負っている人は一人もいません。彼の「新しい措置」は、現代の決定神学と福音主義のリバイバル主義のための枠組みを作成しました。この優れた記事の中で、マイク・ホートン博士は、チャールズ・フィニーが救いの重要な教義をどのように歪めたかを説明しています。

ジェリー・ファルウェルは彼を「私のヒーローの一人であり、ビリー・グラハムを含む多くの福音派のヒーロー」と呼んでいます。数年前にビリー・グラハム・センターをさまよって、最初の私がクリスチャン大学で受けた神学の授業では、フィニーの仕事を読む必要がありました。ニューヨークのリバイバル主義者は、キリスト教歌手のキース・グリーンとユース・ウィズ・ア・ミッション組織のよく引用され、称賛されたチャンピオンでした。彼は特に、ジェリー・ファルウェルとジム・ウォリス(Sojourners&rsquoマガジン)の両方から、キリスト教右派とキリスト教左派の指導者の間で高く評価されており、彼の痕跡は多様に見える動きに見られますが、実際にはフィニーの相続人にすぎません。遺産。ブドウ園運動や教会成長運動から、政治的および社会的十字軍、伝道師、プロミスキーパーズ運動まで、ウィートンカレッジの元学長として、「フィニーは生き続けている」と熱烈に歓声を上げました。

それは、フィニーの道徳的衝動が、恩寵の手段である言葉と聖餐が信者に利用可能にされ、信者が福音を世界にもたらす制度ではなく、大部分が個人的および社会的改革の機関である教会を想定したためです。 19世紀になると、福音主義運動は、奴隷制や児童労働法の廃止から女性の権利やアルコールの禁止まで、政治的原因とますます特定されるようになりました。この制度的権力と「クリスチャンアメリカ」の栄光(想像力では常に強力であるが、ピューリタンニューイングランドの崩壊後、とらえどころのないビジョン)を取り戻すための必死の努力で、世紀の変わり目のプロテスタントの設立は道徳を開始しました移民を「アメリカ化」し、道徳的指導と「性格教育」を実施するキャンペーン。福音伝道者は、個人と国にとっての実用的な有用性の観点からアメリカの福音を売り込みました。

それがフィニーがとても人気がある理由です。彼は、大覚醒(エドワーズとホワイトフィールドの下)からアルミニウス(実際にはペラギウス)のリバイバル主義に明らかな、改革の正統性からの移行の中で最も高いマーカーです。第二次大覚醒から現在まで明らかです。フィニーに対する現代の福音主義の負債を実証するために、私たちは最初に彼の神学的な逸脱に気づかなければなりません。これらの出発から、フィニーは福音派教会内の今日の最大の課題のいくつか、すなわち教会の成長運動、ペンテコステ派、政治的リバイバルの前身の父になりました。

フィニーは誰ですか?

大覚醒の蔓延するカルヴァン主義に反応して、神の霊のその偉大な運動の後継者は、客観的な内容の説教(すなわち、キリストと彼が十字架につけられた)から、人に「決定を下す」ことを強調することへと、神から人間へと変わりました。 。&quot

チャールズ・フィニー(1792-1875)は、「第2の目覚め」と呼ばれていることをきっかけに奉仕しました。長老派教会の乗り継ぎであるフィニーは、ある日、「聖霊の強力なバプテスマ」を経験しました。これは、「私を通り抜ける電気の波のようです」。翌朝、彼はその日の最初の依頼人に、「私には主イエス・キリストから彼の大義を弁護するための家臣がいますが、あなたの大義を弁護することはできません。 &quotプリンストン神学校(または、さらに言えば、任意の神学校)への出席を拒否する。フィニーはニューヨーク州北部でリバイバルを始めました。彼の最も人気のある説教の1つは、「自分の心を変えるために縛られた罪人」でした。

フィニーは、与えられた教えに対する1つの質問は、「罪人を改宗させるのにふさわしいのか」というものでした。フィラデルフィアとニューヨークの長老派教会がアルミニウス派とカルヴァン派に分裂したことです。彼の「新しい措置」には、「不安なベンチ」(今日の祭壇の呼びかけの前身)、失神や泣き声につながる感情的な戦術、その他の「興奮」が含まれていました。

Finney&rsquos神学?

彼の目次以上に行く必要はありません 組織神学 フィニーの神学全体が人間の道徳を中心に展開していることを学ぶために。第1章から第5章は道徳的統治、義務、そして道徳的行動の統一に関する第6章と第7章は「完全な服従」であり、第8章から第14章は愛、利己主義、美徳と悪徳の属性について一般的に論じています。贖罪について、第21章まで、特にクリスチャンの関心事を読むことはありません。続いて、再生、悔い改め、信仰について話し合います。義認に関する1つの章があり、その後に聖化に関する6つの章があります。言い換えれば、フィニーは実際には組織神学を書いたのではなく、倫理に関するエッセイのコレクションを書いたのです。

しかし、それはフィニー&rsquosということではありません 組織神学 神学のいくつかの重要なステートメントが含まれていません。

まず、「クリスチャンは罪を犯すたびに、クリスチャンでなくなるのですか?」という質問に答えて、フィニーは次のように答えます。

&quot彼が罪を犯すときはいつでも、彼は当分の間、聖なることをやめなければなりません。これは自明です。彼が罪を犯すときはいつでも、彼は神の律法の罰を受けなければならないと非難されなければなりません。教訓がまだ彼を拘束していると言われているが、クリスチャンに関しては、ペナルティは永久に取っておかれる、または廃止されると私は答えます、ペナルティを廃止することは、ペナルティのない教訓のために、教訓を廃止することです法律ではありません。それは助言または助言にすぎません。したがって、クリスチャンは、彼が従うよりももはや正当化されておらず、彼が従わない場合、または反律法主義が真実である場合、非難されなければなりません。したがって、これらの点で、罪を犯しているクリスチャンと回心していない罪人は、まったく同じ立場にあります(p.46)。

フィニーは、神が絶対的な完全さを要求されたと信じていましたが、それが彼をキリストに完全な義を求めるように導く代わりに、彼はそのように結論づけました。現在の完全な従順は正当化の条件です。しかし、繰り返しになりますが、質問に対して、罪が彼の中に残っている間、人は正当化されることができますか?確かに、法律が廃止されない限り、法律または福音の原則に基づいて、彼はできません。しかし、福音の意味で、罪、あらゆる程度の罪が彼の中に残っている間、彼は赦され、受け入れられ、正当化されることができますか?確かにそうではありません」(p.57)。

フィニーは改革とrsquosの公式を宣言します simul justus et peccator または「同時に正当化され罪深い」この誤りは、これまで世界を呪ったすべての普遍主義よりも多くの魂を殺したのではないかと私は恐れています。失われた」(p.60)。

フィニーの義認の教義は、原罪の教義の否定に基づいています。ローマカトリックとプロテスタントの両方によって開催されたこの聖書の教えは、私たち全員がアダムの罪悪感と堕落を受け継いでこの世界に生まれていると主張しています。したがって、私たちは罪深い性質に束縛されています。誰かが言ったように、「私たちは罪人であるために罪を犯します」:罪の状態は、その逆ではなく、罪の行為を決定します。しかし、フィニーは、この教義を否定することで、教会史上他のどの人物よりも多くの教会評議会によって非難された5世紀の異端者であるペラギウスに続きました。

フィニーは、原罪を「反聖書的で無意味な教義」と呼んで、人間は彼らが本質的に堕落するか、贖われるかを選択できると信じていました(p.179)。明確に言えば、フィニーは人間が罪深い性質を持っているという考えを否定しました(同上)。したがって、アダムが罪悪感と堕落を引き継ぐことによってではなく、彼の貧しい模範に従うことによって私たちを罪に導くならば、これは論理的に、模範によって救うという第二のアダムであるキリストの見方につながります。贖罪についての彼の説明の中で、これはまさにフィニーがそれをとるところです。

贖罪について私たちが最初に注意しなければならないことは、キリストは自分の罪以外の人の罪のために死ぬことはできなかったということです。彼の律法への従順と彼の完全な義は彼を救うのに十分でしたが、他の人に代わって合法的に受け入れることはできませんでした。フィニーの神学全体が道徳的改善への情熱によって推進されているということは、まさにこの点で見られます。 必須条件 私たちの救いの」(p.206)?言い換えれば、キリストの働きが十分であるならば、なぜ神は私たち自身の従順によって私たち自身を救うと主張するのでしょうか?読者は、この点に関して聖パウロの言葉を思い出す必要があります。「私は神の恵みを無効にしません。なぜなら、正当化が法律によってもたらされた場合、キリストは無のために死んだからです。」フィニーの返事は合意の1つであるように思われます。違いは、彼はそれらの両方の前提を信じるのに困難はないということです。

もちろん、それは完全に公平ではありません。なぜなら、フィニーはキリストが誰かのためではなく、何かのために死んだと信じていたからです。言い換えれば、彼は目的のために死んだが、人々のためではなかった。その死の目的は、アダムの模範が私たちを罪に興奮させたように、神の道徳的統治を再び主張し、模範によって私たちを永遠の命に導くことでした。なぜキリストは死んだのですか?神は、「贖罪が生き物に美徳への可能な限り最高の動機を与えるであろうことを知っていました。例は、発揮できる最高の道徳的影響力です。贖罪に現れた慈悲が罪人の利己心を鎮めないのなら、彼らの事件は絶望的です」(p.209)。したがって、私たちは贖われる必要のある無力な罪人ではなく、利他主義をやめることに興奮するほど感動的な無私無欲の実証を必要とする利他的な罪人です。フィニーは、贖罪の「道徳的影響」理論が、彼が明示的に代用贖罪を否定した十字架を理解するための主要な方法であると信じただけでなく、

&quotは、償還が文字通りの債務の支払いであったと想定していますが、これは償還の性質とは一致していません。確かに、贖罪それ自体は、だれの救いも保証しません」(p.217)。

次に、償還を適用する問題があります。フィニーは、改革の正統性を捨てて、新生は神の贈り物であるという信念に激しく反対し、「再生は罪人が彼の究極の選択、意図、好みを変えること、または利己主義から愛や慈悲に変わることである」と主張しました。キリストの感動的な例の道徳的影響(p.224)。 「元々の罪、肉体的再生、そしてそれらのすべての親族と結果として生じる教義は、同様に福音を破壊し、人間の知性に反発します」(p.236)。

原罪、代用の贖罪、そして新生の超自然的な性格とは何の関係もなく、フィニーは「教会が立ったり倒れたりする記事」を、信仰だけを通して恵みだけで正当化することを攻撃し始めます。

義認の枢機卿の教義を歪める

改革派は、明確な聖書のテキストに基づいて、正当化(ギリシャ語では「義を宣言する」ではなく「義を宣言する」)は法医学的(すなわち合法的な)評決であると主張しました。言い換えれば、ローマは正当化は悪い人をより良くするプロセスであると主張しましたが、改革派はそれが他の誰かの義(すなわちキリスト)を基礎として持っていた宣言または宣言であると主張しました。したがって、それは完全な、かつてないほどの正しい立場の評決でした。

この宣言は、クリスチャン生活の途中や終わりではなく、初めに宣告されることになっていました。福音主義の教義のキーワードは、「法」(法)と「帰属」(人の魂の中の義の「注入」の考えとは対照的に、1つのアカウントを信用する)です。このすべてを知っているフィニーは、次のように宣言します。

&quotしかし、罪人が法的に正しく発音されることは不可能であり、ばかげています。これから見ていくように、罪人の正当化には多くの条件がありますが、根拠は1つだけです。すでに述べたように、法的または法医学的な意味での正当化はあり得ませんが、普遍的で、完全で、途切れることのない法への服従を理由にしています。もちろん、これは、福音の正当化、または悔い改めた罪人の正当化は、法医学的または司法的な正当化の性質であると考える人々によって否定されています。彼らは、人が他人によって行うことは彼自身が行うという法諺を保持しているので、法律は、彼が私たちのために従ったという理由で、キリストの従順を私たちのものと見なしています。

これに対して、フィニーは次のように答えています。「帰属された義の教義、またはキリストの法への従順は私たちの従順として説明された」は、最も誤った無意味な仮定に基づいています。それは私たちに帰属することはできません。それで、彼が私たちに代わって従うことは当然不可能でした。「罪人の正当化の根拠としての贖罪のこの表現は、多くの人につまずく悲しい機会でした」(pp.320-2)。

信仰が正当化の唯一の条件であるという見解は、「反律法主義的見解」であるとフィニーは主張します。 &quot私たちは、人生の終わりへの従順の忍耐も正当化の条件であることがわかります。一部の神学者は、聖化を正当化の条件にするのではなく、正当化を聖化の条件にしました。しかし、これは私たちが見るであろう主題の誤った見方です。」(pp.326-7)。

今日のフィニー

著名なプリンストン神学者B.B.ウォーフィールドが非常に雄弁に指摘したように、歴史を通して、ペラギウス主義が宗教的表現であるヒーザニズムと超自然的な贖いの2つの宗教しかありません。

ウォーフィールドと、フィニーと彼の後継者の間でこれらの誤りについて兄弟姉妹に真剣に警告した人々とともに、私たちもアメリカのプロテスタントにおける非常に異教的な緊張に同意しなければなりません。フィニーのリバイバル主義にルーツがあるので、おそらく福音主義とリベラルなプロテスタント主義はそれほど離れていません。彼の「新しい措置」は、今日の教会成長運動のように、人間の選択と感情を教会のミニストリーの中心にし、神学を嘲笑し、キリストの説教を回心の説教に置き換えました。

キリスト教の政治的および社会的十字軍が人類とその資源への自己救済への信仰を築くのは、フィニーの自然主義的道徳に基づいています。理神論のように聞こえるフィニーは、次のように宣言しました。「宗教には、通常の自然の力を超えるものはありません。それは完全に自然の力の正しい行使から成ります。それだけで、他には何もありません。人類が真に宗教的になるとき、彼らは以前に出すことができなかった努力をすることができなくなります。彼らは以前とは異なる方法で力を発揮し、神の栄光のためにそれらを使用するだけです。」新生はフィニーにとって自然現象であるため、リバイバルも同様です。「リバイバルは奇跡ではなく、依存していません。なんらかの意味での奇跡。それは、構成された手段の正しい使用の純粋に哲学的な結果であり、手段の適用によって生み出される他の効果と同じくらいです。」

新たな誕生と復活は必然的に神の活動に依存しているという信念は有害です。 「教義はありません」と彼は言います。「教会の繁栄にとってこれよりも危険であり、それ以上に馬鹿げたことはありません」(Revivals of Religion [Revell]、pp.4-5)。

教会成長運動の指導者たちが神学が成長の邪魔になると主張し、特定の教会が何を信じているかは問題ではないと主張するとき、成長は適切な原則に従うことの問題であり、彼らはフィニーへの負債を示しています。

ブドウ園運動の指導者たちが、このサブクリスチャンの事業と、吠える、吠える、叫ぶ、笑う、その他の奇妙な現象を「うまくいく」という理由で賞賛し、その実によってその真実を判断しなければならないとき、彼らはフィニーと同様にアメリカのプラグマティズムの父、ウィリアム・ジェームズは、真実は「経験的な言葉での現金価値」に基づいて判断されなければならないと宣言しました。

したがって、フィニーの神学では、神は主権者ではなく、人間は本質的に罪人ではなく、贖罪は罪の真の支払いではなく、帰属による正当化は理性と道徳を侮辱し、新生は単に成功した技術の効果です、そして復活は巧妙なキャンペーンの自然な結果です。 Finney&rsquosの200周年記念版への彼の新鮮な紹介で 組織神学、ハリー・コンはフィニーの実用主義を称賛します。「私たちの主の多くの僕たちは、&lsquoworks&rsquoの福音を熱心に探しているべきです。そして、彼らがこの巻でそれを見つけることができると述べてうれしいです。」

ホイットニーR.クロスが注意深く文書化したように、フィニーのリバイバルが最も頻繁に行われた領域は、その世紀を悩ませた完璧主義のカルトの発祥地でもありました。熱心な完璧主義者のために一瞬「働く」福音は、幻滅し、過ごしたスーパーセインツを単に明日へと導きます。言うまでもなく、フィニーのメッセージは福音主義の信仰とは根本的に異なります。リバイバル主義(またはその現代的なラベル。教会成長運動)やペンテコステ派の完全主義など、彼の痕跡を残している今日私たちの周りに見られる運動の基本的な方向性も同様です。そして感情主義、または「クリスチャン・アメリカ」の理想に基づく政治的勝利、または多くのアメリカの福音主義者とファンダメンタリストの反知性的で反教義的な傾向。

リバイバル主義者は義認の教義を放棄しただけでなく、彼を原罪や代用の贖罪など、ローマカトリック教徒とプロテスタントによって同様に受け入れられてきた福音主義キリスト教に対する反逆者にしました。したがって、フィニーは単なるアルミニウス主義者ではなく、ペラギウス主義者です。彼は福音派のプロテスタント主義の敵であるだけでなく、最も幅広い種類の歴史的なキリスト教の敵でもあります。

フィニーが絶対に正しかったことの1つは、彼が直接攻撃した改革派によって保持され、実際に福音派の会社全体によって保持された福音は、チャールズ・フィニーによって宣言されたものとは異なる「別の福音」です。私たちの瞬間の問題は、私たちはどちらの福音を支持するのかということです。

(からの許可を得て転載 現代の改革.)

特に明記されていない限り、すべての引用はCharles G. Finney、Finney&rsquos Systematic Theology(Bethany、1976)からのものです。

Dr. Michael S. Horton is Member of the Alliance of Confessing Evangelicals and cohost of the popular White Horse Inn radio program.


New for 2019 The Stonewall Inn IPA by Brooklyn Brewery

The Stonewall Inn IPA is a fearless IPA for all. With unabashed notes of citrus peel and grapefruit, this unapologetic and refreshing IPA reminds us of where we’ve been and celebrates where we’re going. This is a beer for everyone, no exceptions. In 2021, our partnership will grow beyond the United States and we’ll be pouring SWIIPA to support The Stonewall Inn Gives Back initiative and queer communities around the world.

In 2019 The Stonewall Inn celebrated the 50th anniversary of the historic Stonewall Uprising and welcomed World Pride to NYC. To commemorate this milestone in LGBTQ history we have partnered with Brooklyn Brewery to craft THE STONEWALL INN IPA. Brooklyn Brewery will be contributing a portion of the proceeds to the official charitable giving organization of the Stonewall Inn, The Stonewall Inn Gives Back Initiative (SIGBI).

Please support SIGBI’s mission to bring critically needed educational and financial assistance to grassroots organizations providing advocacy, guidance, and shelter to LGBTQ youth in mostly rural and underserved communities throughout the United States and abroad.


For the last four years, I have spoken at a conference on the West Coast called &ldquoResolved.&rdquo The name is drawn from the Resolutions of Jonathan Edwards and is aimed at college students and &ldquotwenty-somethings&rdquo in the next generation. As …Read More

The healing of the demon possessed boy (Matt. 17:14&ndash20) at first glance seems to be only one more in a series of miraculous healings recorded by Matthew. What makes this one unique is Jesus&rsquo emphasis on the role of faith. …Read More


State Center is very proud of its heritage and history. To that end, many community-minded people pitched in to purchase and preserve the historic Watson’s Grocery Store on Main Street. The store originally was a turn-of-the-century grocery and dry goods store. Most of the antique fixtures remain, and the museum today preserves the look and feel of what was commonplace in State Center from 1895 until it closed in the 1980s

The community has made a commitment to save itself from becoming another economic ghost town by providing its full support to the “Main Street Program”, and as a result, the downtown has begun to bloom again in the “Rose Capital of Iowa”. In June of 2003, just in time for the 45th annual Rose Parade, the three-block area of State Center’s historic Main Street was given a complete facelift with new sidewalks, street lighting, street resurfacing, and infrastructure.

The mission of the State Center “Main Street Program” is to create an environment for positive growth through volunteerism, community involvement, and regional partnerships within the context of historic preservation. The four point approach for economic revitalization includes: Business Improvement, Organization, Promotions and Design.
Please come visit State Center soon.


From Fr. John's Desk

I want to begin by offering a very Happy Father’s Day to all the fathers, grandfathers, and spiritual fathers in our parish.

Seeing so many Father’s Day envelopes come in, with the names of fathers both living and deceased on them, tells me that many of us both appreciate and want to pray for our fathers and grandfathers. We will keep those envelopes near the Altar throughout this month, and include the names on them in all the Masses that are offered. Let’s also be sure to keep our fathers and grandfathers, and all those men who have been a blessing to us, in our personal prayers as well.


Articles Featuring Dalton Gang From History Net Magazines

They rode in from the west through a crisp, brilliant October morning in 1892, a little group of dusty young men. They laughed and joked and ‘baa’ed at the sheep and goats along the way. In a few minutes they would kill some citizens who had never harmed them. And in just a few minutes more, four of these carefree riders were going to die.

For they planned to rob two banks at once, something nobody else had ever done, not even the James boys. They had chosen the First National and the Condon in pleasant, busy Coffeyville, Kan. Three of the young men were brothers named Dalton, and they knew the town, or thought they did, for they had lived nearby for several years. Coffeyville was a prosperous town, with enough loot to take them far away from pursuing lawmen.

Now, 110 years after the raid, much of what happened is lost in the swirling mists of time. Today it’s hard to sort out fact from invention, and one of the remaining questions is this: How many bandits actually rode up out of the Indian Territory (now Oklahoma) to steal the savings of hard — working Kansas citizens? Most historians say there were five raiders … but some say there was a sixth rider, one who fled, leaving the others to die under the citizens’ flaming Winchesters.

オンラインで購読すると、40%近く節約できます。

Coffeyville was unprepared, a peaceful little town, where nobody, not even the marshal, carried a gun. The gang might have gotten away with stealing the citizens’ savings that October 5 morning except for Coffeyville’s penchant for civic improvement. For the town was paving some of its downtown streets, and in the course of the job the city fathers had moved the very hitching racks to which the gang had planned to tether their allimportant horses. So the outlaws tied their mounts to a fence in a narrow passage, called Death Alley today. They walked together down the alley, crossed an open plaza, and walked into the two unsuspecting banks. Tall, handsome Bob Dalton was the leader, an intelligent man with a fearsome reputation as a marksman. Grat, the eldest, was a slow — witted thug whose avocations were thumping other people, gambling, and sopping up prodigious amounts of liquor. He was described as having the heft of a bull calf and the disposition of a baby rattlesnake. Emmett, or Em, was the baby of the lot, only 21 on the day of the raid, but already an experienced robber. The boys came from a family of 15 children, the offspring of Adeline Youngeraunt to the outlaw Younger boys — and shiftless Lewis Dalton, sometime farmer, saloonkeeper and horse fancier.

Backing the Dalton boys were two experienced charter members of the gang, Dick Broadwell and Bill Power (often spelled Powers). Power was a Texas boy who had punched cows down on the Cimarron before he decided robbing people was easier than working. Broadwell, scion of a good Kansas family, went wrong after a young lady stole his heart and his bankroll and left him flat in Fort Worth.

Grat Dalton led Power and Broadwell into the Condon. Em and Bob went on to the First National. Once inside, they threw down on customers and employees and began to collect the banks’ money. However, somebody recognized one of the Daltons, and citizens were already preparing to take them on.

Next door to the First National was Isham’s Hardware, which looked out on the Condon and the plaza and down Death Alley to where the gang had left their horses, at least 300 feet away. Isham’s and another hardware store handed out weapons to anybody who wanted them, and more than a dozen citizens were set to ventilate the gang members as they left the banks. The first shots were fired at Emmett and Bob, who dove back into the First National and then out the back door, killing a young store clerk in the process.

Grat was bamboozled by a courageous Condon employee who blandly announced that the time lock (which had opened long before) would not unlock for several minutes. Grat, instead of trying the door, stood and waited, while outside the townsmen loaded Winchesters and found cover. When bullets began to punch through the bank windows, Grat, Broadwell and Power charged out into the leadswept plaza, running hard for the alley and snapping shots at the nest of rifles in Isham’s Hardware. All three were hit before they reached their horses — dust puffed from their clothing as rifle bullets tore into them.

Bob and Emmett ran around a block, out of the townspeople’s sight, paused to kill two citizens and ran on, turned down a little passage and emerged in the alley about the time that Grat and the others got there. Somebody nailed Bob Dalton, who sat down, fired several aimless shots, slumped over and died. Liveryman John Kloehr put the wounded Grat down for good with a bullet in the neck. Power died in the dust about 10 feet away. Broadwell, mortally wounded, got to his horse and rode a half — mile toward safety before he pitched out of the saddle and died in the road.

Emmett, already hit, jerked his horse back into the teeth of the citizens’ fire, reaching down from the saddle for his dead or dying brother Bob. As he did so, the town barber blew Emmett out of the saddle with a load of buckshot, and the fight was over. Four citizens were dead. So were four bandits, and Emmett was punched full of holes — more than 20 of them. Which accounted for all the bandits… or did it?

Emmett always said there were only five bandits. However, four sober, respectable townsfolk, the Hollingsworths and the Seldomridges, said they had passed six riders heading into town, although nobody else who saw the raiders come in thought there were more than five. And, two days after the fight, David Stewart Elliott, editor of the Coffeyville Journal, had this to say: It is supposed the sixth man was too well — known to risk coming into the heart of the city, and that he kept off some distance and watched the horses.

Later, in his excellent Last Raid of the Daltons, Elliott did not mention a sixth rider, although he used much of the text of his newspaper story about the raid. Maybe he had talked to the Seldomridges and Hollingsworths, and maybe they had told him they could not be certain there were six riders. Maybe — but still another citizen also said more than five bandits attacked Coffeyville. Tom Babb, an employee of the Condon Bank, many years later told a reporter that he had seen a sixth man gallop out of Death Alley away from the plaza, turn south and disappear.

If Tom Babb saw anything, it might have been Bitter Creek Newcomb, also a nominee for the sixth man. He was a veteran gang member, said to have been left out of the raid because he was given to loose talk. One story has Bitter Creek riding in from the south to support the gang from a different angle. If he did, Babb might have seen him out of the Condon’s windows, which faced south.

The trouble with Babb’s story is not the part about seeing a sixth bandit — , it’s the rest of it. After Grat and his men left the Condon, Babb said he ran madly through the cross — fire between Isham’s Hardware and the fleeing bandits, dashed around a block and arrived in the alley as the sixth man galloped past: He was lying down flat on his saddle, and that horse of his was going as fast as he could go. Finally, he stood right next to Kloehr, the valiant liveryman, as he cut down two of the gang. Maybe so. Babb was young and eager, and as he said, I could run pretty fast in those days.

Still, it’s a little hard to imagine anybody sprinting through a storm of gunfire unarmed, dashing clear around a city block, and fetching up in an alley ravaged by rifle slugs. To stand next to Kloehr he would probably have had to run directly past the outlaws, who were still shooting at anything that moved. And nobody else mentioned Babb’s extraordinary dash, even though at least a dozen townsmen were in position to see if it had happened.

Still, there is no hard evidence to contradict Babb. Nor is there any reason to think that his memory had faded when he told his story. Maybe he exaggerated, wanting just a little more part in the defense of the town than he actually took… and maybe he told the literal truth. So, if Babb and the others were right, who was the fabled sixth man?

オンラインで購読すると、40%近く節約できます。

Well, the most popular candidate was always Bill Doolin, who in 1896 told several lawmen he rode along on the raid. No further questioning was ever possible, because in 1896 Doolin shot it out with the implacable lawman Heck Thomas and came in second. A whole host of writers supported Doolin’s tale. His horse went lame, the story goes, and Doolin turned aside to catch another mount, arriving in town too late to help his comrades. The obvious trouble with this theory is that no bandit leader would have attacked his objective short — handed instead of waiting a few minutes for one of his best guns to steal a new horse.

Nevertheless, the Doolin enthusiasts theorized that Doolin had gotten his new horse and was on his way to catch up with the gang when he met a citizen riding furiously to warn the countryside. The man stopped to ask Doolin if he had met any bandits. Doolin naturally said he hadn’t, and, ever resourceful, added: Holy smoke! I’ll just wheel around right here and go on ahead of you down this road and carry the news. Mine is a faster horse than yours. Doolin, according to oneaccount, started on a ride that has ever since been the admiration of horsemen in the Southwest… Doolin… crossed the Territory like a flying wraith,… a ghostly rider saddled upon the wind.

The flying wraith fable is much repeated. One writer says Doolin never stopped until he reached sanctuary west of Tulsa, a distance of at least 101 miles.

But before anybody dismisses Doolin as the sixth bandit, there’s another piece of evidence, and it comes from a solid source. Fred Dodge, an experienced Wells, Fargo Co. agent, stuck to the Daltons like a burr on a dogie. He and tough Deputy Marshal Heck Thomas were only a day behind the gang on the day of the raid.

Dodge wrote later that during the chase an informant told him Doolin rode with the other five bandits on the way north to Coffeyville, but that he was ill with dengue fever. Although Heck Thomas remembered they received information that there were five men in the gang, Dodge had no reason to invent the informant. And, if Dodge’s information was accurate, Doolin’s dengue fever would explain his dropping out just before the raid a great deal better than the fable about the lame horse.

Not everybody agreed on Doolin or Bitter Creek as the mystery rider. After the raid some newspapers reported the culprit was one Allee Ogee, variously reported as hunted, wounded and killed. Ogee, it turned out, was very much alive and industriously pursuing his job in a Wichita packing house. Understandably irritated, Ogee wrote the Coffeyville Journal, announcing both his innocence and his continued existence.

A better candidate is yet another Dalton, brother Bill, lately moved from California with wrath in his heart for banks and railroads. Bill had few scruples about robbing or shooting people after Coffeyville he rode with Doolin’s dangerous gang. Before Bill was shot down trying to escape a batch of tough deputy marshals in 1894 , he said nothing about being at Coffeyville, and he couldn’t comment after the marshals ventilated him. So nothing connects Bill Dalton with the sixth rider except his surly disposition and his association with his outlaw brothers.

In later years, Chris Madsen commented on the Coffeyville raid for Frank Latta’s excellent Dalton Gang Days. If whatMadsen said was true, neither Doolin nor Bill Dalton could have been the sixth bandit. Madsen was in Guthrie when the Coffeyville raid came unraveled, was advised of its outcome by telegram, and forthwith told the press. Almost immediately, he said,Bill Dalton appeared to ask whether the report was true. Madsen believed that Bill and Doolin both had been near Guthrie,waiting for the rest of the gang with fresh horses. You have to respect anything Madsen said, although some writers have suggested that the tough Dane was not above making a fine story even better. We’ll never know.

Other men have also been nominated as the One Who Got Away, among them a mysterious outlaw called Buckskin Ike, rumored to have ridden with the Dalton Gang in happier times. And there was one Padgett, a yarn spinner of the I bin everwhar persuasion. Padgett later bragged that he left whiskey — running in the Cherokee Nation to ride with the Daltons. At Coffeyville he was the appointed horse holder, he said, and rode for his life when things went sour in that deadly alley.

Some have suggested that the sixth rider might even have been a woman, an unlikely but intriguing theory. Stories abound about the Dalton women, in particular Eugenia Moore, Julia Johnson and the Rose of Cimarron. The Rose was said to be an Ingalls, Okla., girl, who loved Bitter Creek Newcomb and defied death to take a rifle to her beleaguered bandit boyfriend. And there was Julia Johnson, whom Em married in 1907. Emmett wrote that he was smitten by Julia long before the raid, when he stopped to investigate celestial organ music coming from a country church. Entering, he discovered Julia in the bloom of young womanhood, and it was love at first sight. Well, maybe so, although Julia’s granddaughter later said Julia couldn’t play a lick, let alone generate angelic chords from the church organ.

Julia, Em said, was the soul of constancy, and waited patiently for her outlaw lover through all his years in prison. Never mind that Julia married two other people, who both departed this life due to terminal lead poisoning. Never mindthat she married her second husband while Emmett was in the pen. The myth of maidenly devotion is too well — entrenched to die, and she has been proposed as the sixth rider more than once, on the flimsiest theorizing. However, aside from the fact that Julia probably never laid eyes on Emmett until he left prison–that’s what her granddaughter said, anyway — there’s no evidence Julia rode on any Dalton raid, let alone Coffeyville.

Bob’s inamorata and spy was Eugenia Moore. Eugenia, we are told, rode boldly up and down the railroad between Texas and Kansas, seducing freight agents and eavesdropping on the telegraph for news of money shipments. Eugenia might have been Flo Quick, a real-life horse thief and sexual athlete, who dressed as a man to ride out to steal and called herself Tom King. NS Wichita Daily Eagle rhapsodized: She is an elegant rider, very daring. She has a fine suit of hair as black as a raven’s wing and eyes like sloes that would tempt a Knight of St. John her figure is faultless Even if the reporter overdid the description, Flo was no doubt someone who would have caught Bob Dalton’s eye. There is no evidence, though, to suggest she rode with him on the raid.

And so, if there was a sixth bandit, who was he? He could have been some relative unknown, of course, Padgett or somebody like him, but that is unlikely. This was to be a big raid, the pot of gold at the end of Bob Dalton’s rainbow. He would not take along anybody but a proven hardcase, even to hold horses. Doolin is the popular candidate, with substantial support in the evidence. Still, I’m inclined to bet on Bill Dalton, in spite of Chris Madsen’s story. Although there is no direct evidence to link him with the raid, he gathered intelligence for the gang before they rode north to Kansas, and he certainly turned to the owlhoot or outlaw trail in a hurry after Coffeyville. He repeatedly proved himself to be violent and without scruple, and he loathed what he considered the Establishment: banks and railroads.

For those who scoff at the idea of a sixth bandit, there’s one more bit of information, a haunting reference that was apparently never followed up. In 1973, an elderly Coffeyville woman reminisced about the bloody end of the raid: Finally they got on their horses… those that were left. Several of ’em, of course, were killed there, as well as several of the town’s people. And they got on their horses and left…

オンラインで購読すると、40%近く節約できます。

This article was written by Robert Barr Smith and originally published in October 1995 Wild West Magazine.

For more great articles be sure to subscribe to Wild West magazine today!