1785年の条例

1785年の条例


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

トーマス・ジェファーソンは、西部の土地がもたらす大きな潜在的利益を痛感していました。ジェファーソンは以前、1784年の条例で、州としての新しい地域を準備するための体系的な手段を提供していました。翌年、彼は、境界を決定する以前の方法の落とし穴を回避する可能性のある土地を調査するためのシステムの設計に注意を向けました。元の州では、所有権の争いに巻き込まれていました。なぜなら、その敷地境界線は岩、小川、樹木で定義されていたためです。これらはいずれも消えたり移動したりする可能性があります。初期の土地所有マップはジグソーパズルのようでした。ジェファーソンの提案ははるかに秩序だった。所有権の基本単位は タウンシップ —6マイル四方または36平方マイル。 (ジェファーソンは実際には10マイル四方のタウンシップを支持していましたが、議会はそれらの区画が大きすぎて販売が難しいと信じていました。)各タウンシップは36に分割されました。 セクション、それぞれ1マイル四方または640エーカー。南北の町並みは、 範囲。ニューイングランドの慣行から借りて、条例はまたそれを提供しました セクション16 各タウンシップでは、公教育の利益のために予約されていました。他のすべてのセクションはオークションで一般に公開されることになっていた。条例は、セクションが1エーカーあたり1ドルまたは合計640ドルの最低入札価格で一般に提供されることを規定した。連合会議のわずかな財務省は、見つけることができるすべてのドルを切実に必要としていました。1785年の条例は画期的な法律でした。将来の法律は基本的なシステムを無傷に保ちますが、最小作付面積の要件を減らします。北西部条例の州の規定の改訂は1787年の北西部条例で行われました。


北西部条例

NS 北西部条例 (正式には オハイオ川の北西にあるアメリカ合衆国領土政府の条例、および別名 1787年の条例)1787年7月13日に制定されたのは、米国連合会議の有機的な行為でした。それは、北にイギリス領北アメリカと五大湖、南にオハイオ川の間のアパラチア山脈を越えた土地から、新しい国で最初に組織化された準州である北西部領土を作成しました。ミシシッピ川上流は、領土の西の境界を形成しました。ペンシルベニアは東の境界でした。

アメリカ独立戦争を正式に終結させた1783年のパリ条約で、イギリスはこの地域をアメリカに譲り渡した。しかし、連合会議は、オハイオバレーへのアメリカ人入植者の無許可の移動など、地域の先住民との暴力的な対立など、土地の支配権を獲得する多くの問題に直面しました。空の米国財務省。 [1]この条例は、州がいつか地域内に形成されることを宣言した1784年の公有地条例、および連合会議がどのように土地を民間人に売却するかを説明した1785年の公有地条例に取って代わった。この地域の開発と定住の青写真として機能するように設計された1787年の条例には、それを実施するための強力な中央政府がありませんでした。この必要性は、1789年に設立された米国連邦政府によってまもなく対処されました。第1議会は、1787年の条例を再確認し、わずかな修正を加えて、 1789年の北西部条例. [2]

連合規約の最も重要な立法行為の1つと見なされ、[3]連邦政府が主権を持ち、既存の州の拡大とその確立された主権ではなく、新しい州の承認によって西に拡大する前例を確立しました。連合規約の下で。それはまた、アメリカの公有地に関する立法上の先例を設定しました。 [4]米国最高裁判所は、該当する北西部領土内の1789年の北西部条例の権限を憲法として認めました。 ストレーダー対グラハム、[5]しかし、それらが連合に認められた後、それはそれぞれの州をカバーするために条例を拡張しませんでした。

領土内での奴隷制の禁止は、奴隷州とアパラチア山脈からメイソン・ディクソン線の延長であるミシシッピ川までの自由州との間の地理的境界としてオハイオ川を確立するという実際的な効果をもたらしました。それはまた、19世紀から南北戦争までの奴隷制をめぐるその後の連邦政治紛争の舞台を整えるのにも役立ちました。


  • テキストによると、土地条例を履行するために測量士が行う必要のある主要なタスクは何でしたか?
  • テキストは、線をマークする際に測量士にどのような提案をしますか?
  • 測量士と地理学者は、どのようにして直線をマークしたかを確認しましたか?

アメリカ合衆国大陸会議、キング、ルーファス&ウィリアム・サミュエル・ジョンソン、「西部領土の土地の処分方法を確認するための条例:議会で合衆国によって定められたものであるかどうか、領土は個々の州によってインドの住民から購入された米国は、次の方法で処分されるものとします。」1785年5月18日。議会図書館提供


1785年の条例-歴史

1785年5月20日に連合会議で可決されたこれは、アメリカの歴史の中で最も重要な立法行為の1つと見なされています。

1780年、元の13州は、アパラチア山脈とミシシッピ川の間に上陸するという主張を放棄し始めました。同時に、それらの土地が連邦政府によって取得された後、それらの土地をどのように処分するかについての議論が展開されました。一部の人々は、土地を売却前に均一な単位で調査する必要があると考えていましたが、他の人々は、個々の投機家が適切と思われる主張をすることができるはずだと考えました。 1785年の条例は妥協案でした。

条例は、連邦政府が土地を個々のタウンシップに調査することを布告しました。各タウンシップは6マイル四方でした。これらのタウンシップは、それぞれ640エーカー(1平方マイル)の36区画に分割されます。これらのロットは、さらに長方形のユニットに分割できます。これが完了すると、タウンシップは1エーカーあたり1ドル以上で公売にかけられることになりました。条例には、公立学校を維持するための資金を提供するために、各タウンシップに1つの区画を確保する規定も含まれていました。

1803年のルイジアナ買収の場合のように、米国がさらに領土を取得すると、条例がこれらの新しい土地に適用され、最終的にその管轄は太平洋に拡大しました。

西部の土地の最初の連邦調査は1781年に東部で実施されました オハイオ トマス・ハッチンソン著。その調査により、以下の地図が作成されました。


1785年の公有地条例と1787年の北西部条例の影響により、米国はほぼ2倍の規模になりました。奴隷制の慣行は北に広がりました。探検家は大陸を横断する水路を探しました入植者とアメリカインディアンの間で増加した紛争

1785年の条例は、土地を売却して決済するためのメカニズムを提供することにより、1784年の決議を実行に移しました。一方、1787年の北西部条例は、政治的ニーズに対応しました。 1785年の条例は、1862年にホームステッド法が成立するまで土地政策の基礎を築きました。

説明:それは州を認めるためのシステムを作成し、北西部での奴隷制を禁止し、領土を統治するためのシステムを作成し、入植者に権利を与えました。あなたはちょうど2つの用語を勉強しました!

1785年の公有地条例と1787年の北西部条例の影響は、入植者とアメリカインディアンの間で紛争が増加したことでした。

北西部条例は正式には、オハイオ川の北西にあるアメリカ合衆国政府の命令であり、1787年7月13日に制定された1787年の条例としても認められており、連合会議の本質的な行為でした。アメリカ合衆国の連合。

アメリカ独立戦争を終結させたパリ条約(1783年)で、イギリスはこの領土をアメリカに放棄しました。それにもかかわらず、連合会議は、これらが組み込まれた土地の制限を増やすさまざまな問題に直面しました:オハイオバレーへのアメリカ移民の無許可のデモンストレーション、地域の国内の人々との極端な出会い、地域の援軍を連動させたイギリス軍の継続的な占領、および放棄された米国財務省。

制定法は1784年の公有地条例を継承し、州はいつかこの地域内で訓練されることを示し、1785年の公有地条例は国の拡大と補償の青写真として支援するために考案されました。1787年の条例に欠けていたのは強力でした。それを実行するための中央管理。

1.最高裁判所によると、エドワーズ対サウスカロライナで抗議者の逮捕を促した可能性が最も高いのはどれですか?

2.法案が家を通過する方法の適切な順序は何ですか?

トピック:公有地条例1785

公有地条例、示された、訓練された、装置、管理、インターロック、補強、財務、デモンストレーション、移民、出会い。


知ってますか。

  • タウンシップとセクションのシステムは整然としていて、購入者は特定の土地の所有権を保証されていましたが、欠点もありました。このシステムは、入植者に、ブロック内にあるものは何でも、良い土地で悪い土地を購入することを強制しました。それはまた、一部の独立志向の入植者にとって、構造化されたコミュニティをあまりにも多く設定しました。 「境界線」システムは、しばしば境界紛争を引き起こしましたが、入植者は彼らが良質であるとみなし、彼ら自身をマークした土地のみを購入することを許可しました。それはまた、創造的な境界を持つより自由奔放なフロンティアを作りました。
  • 1790年代半ばまでに、入植者は測量士を上回りました。入植者は土地が調査される前に土地を選び、「境界線」によって彼らの財産の境界を設定しました。郡と州の21世紀の土地測量図では、これらのプロパティは、コミュニティの中心にあるとりとめのない土地区画として表示されます。それらは、入植者がそれを主張する前に測量士が到達した土地である正方形の区画に囲まれています。
  • 第16代米国大統領の家族であるエイブラハムリンカーン(1809〜 1865年は1861〜65年に奉仕)は、「境界」システムの下で設立されたケンタッキー州の農場に住んでいました。リンカーンがまだ幼い頃、リンカーンの父親が財産の境界をめぐる法的紛争に敗れた後、家族は財産から根こそぎにされました。 1816年、家族は1785年の公有地条例に定められたタウンシップ制度の下で調査された明確な境界のある土地にインディアナ州に再定住しました。

翻訳

サミュエル・ジョンストン
選出されたが辞任した

*共和党---ジョン・クインシー・アダムズとアンドリュー・ジャクソンの間の分裂をめぐって存在しなくなった、1791年にトーマス・ジェファーソンとジェームズ・マディソンによって組織された政党。今日、便宜のために、政治学者はそれを民主共和党と誤って呼んでいます。当時の党員は、共和党だったため、民主共和党という名前を使用したことはありませんでした。


ヒストリークラブ&#8211オールド

西部領土の土地の処分方法を確認するための条例。

連合会議で合衆国によって定められたとしても、インドの住民から購入された、個々の州によって合衆国に譲渡された領土は、以下の方法で処分されるものとする。

各州の測量士は、議会または州の委員会によって任命され、米国の地理学者の前で、その義務の忠実な遂行を宣誓します。同様の宣誓は、彼が行動する測量士によって、各チェーンキャリアに適用されるものとします。

測量士がその指示の下で行動する地理学者は、必要であるとみなし、事務所での違法行為のためにそれらを一時停止する権限を有するため、時折、その行動に関する規則を作成し、議会または委員会に報告するものとする。州のおよび彼は、病気、死亡、または測量士の辞任の場合に報告を行うものとします。

測量士は、それぞれの資格があるので、上記の領域を6マイル四方の町に分割し、南北に走る線と、境界がない限り、可能な限り直角にこれらを横切る線で分割するものとします。遅いインドの購入は同じことを実行不可能にするかもしれません、そしてそれから彼らはそのような特定の状況が必要とするかもしれない限りこの規則から逸脱しなければなりませんそして各測量士は1マイルごとに2ドルのレートで許可されそして支払われなければなりません、彼は走ります、チェーンキャリアの賃金、マーカー、およびそれに伴う他のすべての費用を含みます。

前述のように南北に走る最初の路線は、ペンシルベニア州の南の境界として走っている路線の西側の終点から真北にあることが判明した地点で、オハイオ川から始まります。そして、東西に走る最初の線は、同じ地点から始まり、領土全体に伸びる。ただし、ペンシルベニア州の西側の境界を固定するものとして、ここでは何も解釈されないものとします。地理学者は、タウンシップまたはタウンシップの小数部分を南から北に向かって徐々に番号で指定し、常に各範囲を1から始め、範囲は西に向かって番号で区別するものとします。オハイオ州からエリー湖までの最初の範囲は、ナンバーワンとマークされています。地理学者は、最初の東西線の走行に個人的に注意を払い、最初の北線と南線の両極端、および主要な河川の河口の緯度を取得するものとします。

線はチェーンで測定され、木の上のチャップスによってはっきりとマークされ、測量士が適切な距離で、すべての地雷、塩泉、塩のなめ、および製粉所の座席に注意を払うべき場所に正確に記述されなければならない。彼の知る限り、すべての水路、山、その他の注目に値する恒久的なもの、その上とその近くを通過するもの、そして土地の質。

タウンシップの区画はそれぞれ、外線と同じ方向に1マイル四方、つまり640エーカーの区画に細分化され、1から36までの番号が付けられ、常に次の番号で区画の後続の範囲が始まります。前のものが結論したものに。また、前述の原因から、タウンシップの一部のみを調査し、その上に延長された区画は、タウンシップ全体であるかのように同じ数を保持するものとします。また、測量士は、タウンシップの外線を走る際に、1マイルごとに、隣接する区画の角に印を付け、常にタウンシップとは異なる方法で同じものを指定するものとします。

地理学者と測量士は、磁気針の変化に最大限の注意を払い、真の子午線によってすべての線を走らせて記録し、すべてのプラットで、その上に線を走らせたときの変化が何であったかを証明するものとします。

南から北の方向の7つの範囲のタウンシップとタウンシップの一部が調査されるとすぐに、地理学者はその区画を財務委員会に送信し、財務委員会はそれを報告書に記録します。その目的のために保管される製本された本。そして、地理学者は、調査される可能性のある7つの範囲ごとに、時々同様の収益を上げるものとします。陸軍長官はそれに頼り、そこから、いくつかのタウンシップとタウンシップの小数部分、および全体として販売されるものから、ロットで販売されるものから、1に等しいものを抽選で受け取るものとします。後期大陸軍の使用のために、そのような7つの範囲全体の7番目の部分であり、彼は、同じものを満たすのに十分な量が引き出されるまで、時々、同様の草案を作成するものとします。以下に指示する方法で適用されます。財務委員会は、時折、残りの数と、ロットで販売されるものと同様に、割り当てに応じて、それぞれ13の州の名前で引き出されるようにするものとします。提供されたすべての州に対する前回の要求では、その割合よりも多くの土地が販売に割り当てられた場合、どの州でも、どの分布でも、したがって次に控除が行われます。

財務委員会は、以前にその上に記されていた元の区画のコピー、タウンシップ、および前述の配布によっていくつかの州に落ちたタウンシップの小数部分を、いくつかのローンオフィスのコミッショナーに送信するものとします。州は、2か月以上6か月以内に、裁判所またはすべての郡の他の著名な場所に広告を掲載し、1つの新聞に掲載することにより、次の州で発行された。彼らの住居はそれぞれ、次の方法で、公の場でタウンシップまたはタウンシップの小数部分の販売に進むものとします。つまり、タウンシップまたはタウンシップの小数部分N 1は、最初の範囲で販売されるものとします。全体とN2は、同じ範囲で、ロットごとに、したがって最初の範囲全体を通して交互の順序で。タウンシップ、またはタウンシップの小数部分である2番目の範囲のN 1は、ロットごとに販売され、N 2は同じ範囲で全体として販売されるため、2番目の範囲全体と3番目の範囲全体で交互に販売されます。 1番目と同じ方法で、4番目は2番目と同じ方法で販売され、したがって、提供されたすべての範囲で交互に、上記の領域内のどの土地も1ドルの価格で販売されないことを条件とします。エーカー、種で支払われる、またはローンオフィスの証明書、減価償却の規模によって種の価値に減らされる、または調査の費用とそれに伴うその他の費用に加えて、利子を含む米国の清算された債務の証明書これにより、タウンシップは、前述のように種または証明書で36ドルと評価され、タウンシップの小数部分またはロットの一部に対して同じ割合で、販売時に支払われることになります。土地は再び売りに出される。

すべてのタウンシップから、8、11、26、29の番号が付けられた4つのロット、およびタウンシップのすべての小数部分から、米国のために予約されます。将来の販売のため。公立学校の維持のために、すべてのタウンシップのロットN 16が予約され、当該タウンシップ内には、すべての金、銀、鉛、銅の鉱山の3分の1が売却されるか、議会が行うように処分されます。以降、直接。

タウンシップまたはタウンシップの一部が前述のように売却され、その結果として金銭または証明書を受け取った場合、ローンオフィサーは次の条件で証書を提出するものとします。

これらのプレゼントが来るすべての人にアメリカ合衆国は挨拶します:

あなたがたを知ってください、私たちが与えた[空白]ドルの検討のために、そしてこれにより、範囲内の[空白]に番号が付けられたタウンシップ(または場合によってはタウンシップの小数部分)を[空白]に付与して確認します[空白]それを除き、将来の販売または処分のために、同じロットN 8、11、26、および29内のすべての金、銀、鉛、銅の鉱山の3分の1を予約し、ロットN16を公立学校の維持。上記の[空白]に彼の相続人を永久に譲渡する(または、複数の購入者が上記の[空白]に彼らの相続人を永久に譲渡し、共通のテナントとして譲渡する場合)。その証人として、(AB)ローンのコミッショナー[空白]の州の事務所は、合衆国が議会で可決した条例に従って、5月20日、私たちの主の年に、ここに彼の手を置き、私たちの主[空白]とアメリカ合衆国の独立[空白]の年の[空白]のこの[空白]の日に彼の印章を貼った。

また、タウンシップまたはタウンシップの一部が前述のようにロットで販売される場合、ローンオフィスのコミッショナーは次の形式で証書を提出するものとします。

これらのプレゼントが来るすべての人にアメリカ合衆国、挨拶:

あなたがたを知ってください、[空白]ドルの検討のために、私たちは許可しました、そしてこれによって[空白]にロット(または場合によっては、タウンシップまたはタウンシップの小数部分のロット)を付与して確認しますケースは)将来の販売または処分のために、同じ内のすべての金、銀、鉛、銅の鉱山の3分の1を除いて、[空白]の範囲で[空白]の番号が付けられます。上記の[空白]に彼の相続人を永久に譲渡する(または複数の購入者がいる場合は、上記の[空白]に彼らの相続人を永久に譲渡し、共通のテナントとして譲渡する)。その証人として、(AB)[空白]の状態の大陸ローン事務所の長官は、米国が議会で可決した条例に従って、5月20日、私たちの主1785年に集まった。ここに彼の手を置き、彼の印章を貼った、私たちの主[空白]の年の[空白]のこの[空白]の日とアメリカ合衆国の独立[空白]の日。

どの証書は、ローンオフィスのコミッショナーによって適切な帳簿に記録され、購入者に引き渡される前に記録されたことが証明され、同じ説明で土地を伝えるのに有効であるものとします。

貸付事務所のコミッショナーは、それぞれ3か月ごとに財務委員会に、タウンシップの説明、タウンシップの小数部分、および販売先の名前と金額を明記した担当ロットを送信するものとします。同じために受け取ったお金または証明書の、そして受け取ったすべての証明書を円形のパンチで打ち抜くものとし、それらは財務省の帳簿に、同じものを区別する金額または証明書で正当に請求されるものとします。 、前述のように受け取った彼らによって。

プラットが受領されてから18か月間、タウンシップ、またはタウンシップまたはロットの一部が売れ残っている場合は、ローンオフィスのコミッショナーがそれを財務委員会に返還し、議会が今後指示するような方法。

そして、議会は1776年の9月16日と18日の決議、および1780年8月12日の決議によって、後期大陸軍の特定の将校と兵士への土地の付与を規定し、1780年9月22日の決議によってしたがって、そのような約束を遵守するために、後期大陸軍の病院部門の特定の将校に土地の付与を規定しました、それは叙階されているか、戦争中の秘書、彼のオフィスでの帰国、または事件の性質などの他の証拠から上記の決議と約束の対象者、およびそのような人またはその代表者がそれぞれ権利を与えられている土地の量を認め、決定し、タウンシップ、またはタウンシップの一部を、これまで後期の使用のために予約することができます大陸軍は、公平な分配の目的に答えるために、彼が都合がよいと考える方法で引き寄せられる。彼は時折、軍の請求者がそれぞれ所属する異なる州のローン事務所のコミッショナーに、党の名前と階級、彼の婚約の条件と時間を指定した証明書を送信するものとします。彼の奉仕、および彼が所属していた師団、旅団、連隊または会社、彼が権利を与えられている土地の量、およびタウンシップ、またはタウンシップの一部、および彼の部分が取られる範囲。

貸付事務所のコミッショナーは、陸軍長官からの証明書に適合させる程度にのみ変化する、前述の方法と形式で、そのような分割されていない比率の証書を実行するものとします。

陸上での報奨金の軍事請求者が特定の州の系列に属していない場合、同様の証明書が財務委員会に送付され、財務委員会はそのために当事者に証書を執行するものとします。

陸軍長官は、適切な返還から、後期大陸軍の病院部門の複数の請求者の名前とランク、および各請求者が権利を有する土地の量を指定する証明書を財務委員会に送信するものとします。 、およびタウンシップ、またはタウンシップの小数部分、およびその範囲から彼の部分が取得され、その後、財務委員会はそのような請求者への行為を実行するために進むものとします。

財務委員会および州の貸付事務所のコミッショナーは、18か月以内に、引き渡されたすべての証書、およびそのように返還された証書が最初に記録された申請者の欲求は、当事者またはその代表者が同じことを要求するまで、事務所に保存されるものとします。

さらに、エリー湖に隣接する3つのタウンシップは、役員、男性など、カナダからの難民、ノバスコシアからの難民の使用のために、今後議会によって処分されるように予約されています。現在存在する、または今後それらを尊重して行われる可能性のある議会の決議の下で、および議会が今後指示する可能性のある他の目的のために、土地の付与を受ける権利があります。

そして、さらに叙階されたとしても、ムスキンガムにあるナデンハッテン、シェーンブルン、セーラムの町、およびこれらの町に隣接する土地の多くは、建物と改良が施され、キリスト教徒のインド人だけが使用するために予約されます。以前そこに定住していた、またはその社会の残骸は、地理学者の判断で、彼らが耕作するのに十分である可能性があります。

バージニア州からの寄付または報奨金により、オハイオ州の北西側に土地を譲渡する権利を有するすべての役員および兵士、ならびに彼らの下で主張するすべての人に対して、彼らがそのように権利を与えられているすべての権利を、 1784年3月1日にバージニア州の代議員によって実行された割譲の証書、およびそれを受け入れる議会制定法:そして最後に、真実によれば、前述の権利は完全かつ効果的に確保される可能性がありますオハイオ川の北西側にある、リトルマイアミとシオタと呼ばれる川の間に含まれる土地のいかなる部分も売却されたり、何らかの方法で疎外されたりしないことは、前述の譲渡および行動の意図と意味です。 、最初に解雇され、上記の役員と兵士、およびそれらの下で主張する人々に割り当てられるまで、彼らが権利を有する土地は、上記の譲渡証書およびそれを受け入れる議会制定法に同意するものとします。

5月20日、私たちの主1785年、そして私たちの主権と独立の9日目に、合衆国が議会で行いました。


1785年の条例-歴史

1787年の北西部条例と1785年の公有地条例は、西側の入植者の間で何らかの秩序を確立するために設計されました。公有地条例は、土地を6マイル四方の町に分割することを規定しました。 1820年までに、イリノイ州の南部にタウンシップが配置され、イリノイ川の北西側にしっかりとしたバンド(バウンティランド)が並び、シカゴのサイトに向かって進んでいました。

一方、連合部族は1816年に、これらのインドの境界線の間にシカゴから南西に伸びる土地の回廊を連邦政府に譲渡することに同意しました。運河が建設されることになりました。 1820年代初頭、この回廊にはバウンティランドとつながるタウンシップが配置されました。 By 1830, the site of Chicago itself had been surveyed, as the eastern terminus of the canal corridor, and during the 1830s further surveys covered the whole of the future metropolitan area, west to the Fox River and north to the Wisconsin border. In 1827, the federal government had assigned to the canal commissioners 286,000 acres within the canal corridor. From their headquarters in Lockport, the commissioners then sold this land, so that between 1836 and 1848 they were able to construct the Illinois & Michigan Canal, the basis for Chicago&aposs emergence. As the city grew, its streets tended to develop on the section lines platted in 1830, so that the early surveyors in effect determined much of the outline of the modern grid. Indeed, the streets followed the grid so faithfully that in time the effect became wearisome, and in new suburbs like Riverside (platted in 1869) there was a determined attempt to set the streets out in more “natural,” flowing lines.

With the adjacent metropolitan area now covered by the township-and-range grid, the surveyors&apos townships in many cases became civil townships, with names like Hanover, Lemont, and York, which survive to the present day. The townships for some years also had important administrative functions, but these withered over time, until today they are chiefly known for their role as school districts. As time went by, municipal entities emerged that overlapped the townships, more and more blurring their outlines. But these offspring of the Land Ordinance of 1785 had played an important role in early settlement, and continued in many cases as the origin of modern roads.


V. The Ordinance of 1784By the UNITED STATES in CONGRESSassembled, April 23, 1784

CONGRESS resumed the consideration of the report of a committee on a plan for a temporary government of the western territory, which being amended, was agreed to as follows:

Resolved, That so much of the territory ceded or to be ceded by individual states to the United States, as is already purchased or shall be purchased of the Indian inhabitants, and offered for sale by Congress, shall be divided into distinct states in the following manner, as nearly as such cessions will admit that is to say, by parallels of latitude, so that each state shall comprehend from north to south two degrees of latitude, beginning to count from the completion of forty five degrees north of the equator and by meridians of longitude, one of which shall pass through the lowest point of the rapids of Ohio, and the other through the western cape of the mouth of the great Kanhaway but the territory eastward of this last meridian, between the Ohio, Lake Erie, and Pennsylvania, shall be one state, whatsoever may be its comprehension of latitude. That which may lie beyond the completion of the 45th degree between the said meridians shall make part of the state adjoining it on the south and that part of the Ohio, which is between the same meridians coinciding nearly with the parallel of 39° shall be substituted so far in lieu of that parallel as a boundary line.

That the settlers on any territory so purchased and offered for sale shall, either on their own petition or on the order of Congress, receive authority from them, with appointments of time and place, for their free males of full age within the limits of their state to meet together, for the purpose of establishing a temporary government, to adopt the constitution and laws of any one of the original states so that such laws nevertheless shall be subject to alteration by their ordinary legislature and to erect, subject to a like alteration, counties, townships, or other divisions, for the election of members for their legislature.

That when any such state shall have acquired twenty thousand free inhabitants, on giving due proof thereof to Congress, they shall receive from them authority with appointments of time and place, to call a Convention of representatives to establish a permanent constitution and government for themselves. Provided that both the temporary and permanent governments be established on these principles as their basis.

初め。 That they shall for ever remain a part of this confederacy of the United States of America.

2番。 That they shall be subject to the articles of confederation in all those cases in which the original states shall be so subject, and to all the acts and ordinances of the United States in Congress assembled, conformable thereto.

三番目。 That they in no case shall interfere with the primary disposal of the soil by the United States in Congress assembled, nor with the ordinances and regulations which Congress may find necessary for securing the title in such soil to the bona fide purchasers.

第4。 That they shall be subject to pay a part of the federal debts contracted or to be contracted, to be apportioned on them by Congress, according to the same common rule and measure by which apportionments thereof shall be made on the other states.

5番目。 That no tax shall be imposed on lands the property of the United States.

6番目。 That their respective governments shall be republican.

Seventh. That the lands of non resident proprietors shall in no case be taxed higher than those of residents within any new state, before the admission thereof to a vote by its delegates in Congress.

That whensoever any of the said states shall have of free inhabitants, as many as shall then be in any one the least numerous of the thirteen original states, such state1 shall be admitted by its delegates into the Congress of the United States, on an equal footing with the said original states provided the consent of so many states in Congress is first obtained as may at the time be competent to such admission. And in order to adapt1 the said articles of confederation to the state of Congress when its numbers shall be thus increased, it shall be proposed to the legislatures of the states, originally parties thereto, to require the assent of two thirds of the United States in Congress assembled, in all those cases wherein by the said articles, the assent of nine states is now required, which being agreed to by them shall be binding on the new states. Until such admission by their Delegates into Congress, any of the said states after the establishment of their temporary government shall have authority to keep a member in Congress, with a right of debating, but not of voting.

That measures not inconsistent with the principles of the confederation, and necessary for the preservation of peace and good order among the settlers in any of the said new states, until they shall assume a temporary government as aforesaid, may from time to time be taken by the United States in Congress assembled.

That the preceding articles shall be formed into a charter of compact shall be duly executed by the President of the United States in Congress assembled, under his hand, and the seal of the United States shall be promulgated and shall stand as fundamental constitutions between the thirteen original states, and each of the several states now newly described, unalterable from and after the sale of any part of the territory of such state, pursuant to this resolve, but by the joint consent of the United States in Congress assembled, and of the particular state within which such alteration is proposed to be made.

Charles Thomson , Secretary

Text from Va. Gaz . description begins Virginia Gazette (Williamsburg, 1751–1780, and Richmond, 1780–1781). Abbreviations for publishers of the several newspapers of this name, frequently published concurrently, include the following: C & D (Clarkson & Davis), D & H (Dixon & Hunter), D & N (Dixon & Nicolson), P & D (Purdie & Dixon). In all other cases the publisher’s name is not abbreviated description ends (N & P), under the dateline “Annapolis May 6.” This text was obviously printed from the two-leaf publication of the Ordinance of 1784 issued by authority of Congress, bearing the same title, and being circulated by Thomson (see Ford, description begins Paul Leicester Ford, ed., The Writings of Thomas Jefferson, “Letterpress Edition,” N.Y., 1892–1899 description ends III, 430, note). It varies from that in the manuscript Journals of Congress only in spelling and punctuation and, of course, in the fact that the latter lacks title, preamble, and attest.

1 . In copying this word in the Journals, Thomson committed the same error that the printer had made in the official broadside described in Document IV (see notes 22 and 24), but he then corrected his mistake. From this it is clear that, in inserting the text in the Journal, Thomson must have been copying from the amended text described as OB in Document iv .


Land Ordinance of 1785 / The Seven Ranges

Side A: Land Ordinance of 1785 In April 1784, the Continental Congress adopted the Report of Government for the Western Territory, a broad plan drafted primarily by Thomas Jefferson for organizing the United States' new western lands that were ceded by the states and purchased from Native Americans. One of the most far-reaching legislative acts in American history, the resulting Land Ordinance of 1785, passed on May 20th, established the public land system by which all federal land was surveyed and distributed. The Ordinance established a rectilinear survey system that divided land into townships of six miles square aligned by north-south and east-west baselines, and set aside certain lands for Revolutionary War veterans and for public schools.

Side B: The Seven Ranges In late 1785, Thomas Hutchins, geographer of the United States, began the first federal land survey according to the terms of the recent Land Ordinance of 1785. Hutchins' party extended a base line (the Geographer's Line) from the Pennsylvania border due westward from the north bank of the Ohio River, laying out the northern boundary of seven ranges of townships. Each six-mile-square township was subdivided into one-mile-square sections with a north-south row called a range. A one-mile-square

section (640 acres) was the smallest unit offered for sale at public auction. As few could afford to purchase a section at $1.00 per acre, land sold slowly. The presence of illegal settlers and tensions with Native Americans slowed the surveying process and only Ohio's Seven Ranges was completed under the first survey.

Erected 2003 by Ohio Bicentennial Commission, The Marietta Chapter NSDAR, The Ohio Historical Society. (マーカー番号 18-15.)

トピックとシリーズ。 This historical marker is listed in these topic lists: Education &bull Native Americans &bull Settlements & Settlers. In addition, it is included in the Former U.S. Presidents: #03 Thomas Jefferson, and the Ohio Historical Society / The Ohio History Connection series lists. A significant historical month for this entry is April 1784.

位置。 40° 38.547′ N, 80° 31.147′ W. Marker is in East Liverpool, Ohio, in Columbiana County. Marker is on Harvey Avenue (Ohio Route 39) 0.4 miles east of Bushwick Street, on the right when traveling east. Located at a roadside pull off at the Ohio/Pennsylvania state line.タッチして地図を表示します。 Marker is in this post office area: East Liverpool OH 43920, United States of America.道順をタッチします。

他の近くのマーカー。 At least 8 other markers are within one mile of this marker, measured as the crow flies. Gateway To The Northwest (here, next to this marker) The Point of Beginning (a few steps from this marker in Pennsylvania) Beginning Point of the U. S. Public Land Survey

(within shouting distance of this marker) The Sandy and Beaver Canal (approx. 0.4 miles away in Pennsylvania) First Paper Mill / Little Beaver Creek Bridge (approx. 0.9 miles away) Smiths Ferry (approx. 0.9 miles away in Pennsylvania) The Penna - Virginia Boundary (approx. 0.9 miles away in Pennsylvania) Georgetown (approx. one mile away in Pennsylvania). Touch for a list and map of all markers in East Liverpool.