ジェームズミル

ジェームズミル


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

モントローズの靴職人の息子であるジェームズミルは1773年に生まれました。彼はエジンバラで宣教のために学び、1798年に叙階されました。1802年にミルはジャーナリズムのために教会を去り、ロンドンに移った後、 エディンバラレビュー とセントジェームスクロニクル。

ロンドンでは、ジェームズ・ミルはジェレミー・ベンサムの友人であり弟子になり、功利主義に関する彼の考えを完全に支持しました。ミルは、ベンサム、デヴィッド・リカード、ジョージ・グロート、ジョン・オースティンを含むグループである哲学ラジカルの著名なメンバーになりました。

1817年にジェームズミルは彼の主要な仕事を終えました、 英国インドの歴史。この本の結果、彼は東インド会社の役職に就くことができました。ミルは新聞や雑誌の記事を書き続け、1824年にジェレミベンサムに加わって設立を支援しました。 ウェストミンスター評論。ミルの息子、ジョン・スチュアート・ミルも ウェストミンスター評論 そして最終的にジャーナルの編集者になりました。

ミルは以下を含むいくつかの重要な本を書いた 政治経済学の要素 (1821)と 人間の心の現象の分析 (1829)彼は功利主義の心理的基礎を提供しようとしました。

ジェームズミルは1836年に亡くなりました。


人生[編集|ソースを編集]

ミルは、スコットランドのアンガスにあるローギーパートの教区にあるノースウォーターブリッジで、靴職人のジェームズミルの息子として生まれました。ジャコバイト蜂起とのつながりに苦しんでいた良い家族の母親、イザベルフェントンは、一流の教育を受けるべきだと決心し、最初に教区学校に送り、次にモントローズアカデミーに送りました。 17歳半の珍しい年齢。その後、彼はエジンバラ大学に入学し、そこでギリシャの学者としての地位を確立しました。

1798年10月、彼は説教者として免許を取得しましたが、ほとんど成功しませんでした。 1790年から1802年まで、彼はさまざまな指導を行うことに加えて、歴史的および哲学的研究に専念しました。スコットランドでのキャリアの見込みがほとんどないことに気づき、1802年に彼は当時キンカーディンシャーの国会議員だったジョン・スチュアート卿と一緒にロンドンに行き、文学作品に専念しました。 1803年から1806年まで、彼は野心的な定期刊行物の編集者でした。 文芸雑誌、それは人間の知識のすべての主要な部門の要約ビューを与えることを公言しました。この間、彼はまた編集しました セントジェームズクロニクル、同じ所有者に属しています。 1804年に、彼は穀物の輸出に関する報奨金に反対して、トウモロコシ貿易に関するパンフレットを書きました。 1805年に、彼は、教皇制度の悪徳とされるものの惜しみない露出である、改革に関するCF Villersの研究の翻訳(メモと引用を含む)を発表しました。今年の終わりごろ、彼は彼を始めました 英国インドの歴史、予想されていた3、4年ではなく、12年かけて完成しました。

1808年に、彼はジェレミーベンサムと知り合いになり、長年にわたって彼の主な仲間であり、味方でした。彼はベンサムの原則を完全に採用し、それらを世界にもたらすことに全力を注ぐことを決意しました。 1806年から1818年の間に、彼は アンチジャコビンレビュー、 NS 英国のレビューエクレティックレビュー しかし、彼の貢献を追跡する手段はありません。 1808年に、彼はエディンバラレビューのために書き始め、1813年まで着実に貢献しました。彼の最初の既知の記事は「お金と交換」です。彼はまた、スペイン系アメリカ人、中国、フランシスコ・デ・ミランダ、東インド会社、そして報道の自由について書いた。の中に 年次レビュー 1808年には、彼の2つの記事が追跡されます。「フォックスの歴史のレビュー」と「ベンサムの法改正」に関する記事で、おそらく彼が最初に発表したベンサムの通知です。 1811年に彼はクエーカー教徒で化学者であるウィリアムアレン(1770-1843)と定期刊行物で協力しました。 慈善家。彼は主にすべての数に貢献しました—彼の主要なトピックは教育、報道の自由、そして刑務所の規律です(その下で彼はベンサムのパノプティコンを説明しました)。彼はベルとランカスターの論争に関連して教会に強力な猛攻撃を加え、1825年にロンドン大学の設立につながった議論に重要な役割を果たしました。1814年に彼は功利主義、第5版の補足のために [ブリタニカ百科事典、最も重要なのは「法学」、「刑務所」、「政府」に関するものです。

1818年、 英国インドの歴史 が発行され、すぐに大きな成功を収めました。それは作者の運命に変化をもたらしました。翌年、彼はインド通信の審査官の重要な部門で、インディアハウスの職員に任命されました。彼は徐々にランクを上げ、1830年に事務所の長に任命され、給与は1900ポンドで、1836年に2000ポンドに引き上げられました。

その間、ミルは経済学の古典派リカード派を鍛造するのに忙しかった。エネルギッシュな男であるミルは、デヴィッド・リカードに価値と流通に関する1817年の論文を発表するように勧め、議会に立候補するように促しました。 1821年、ミルはロンドンに政治経済クラブを設立するのを手伝いました。このクラブは、リカード派の経済学者とベンサム人の過激派の踏み台になりました。リカルドの死後、ジェームズ・ミル、ジョン・ラムジー・マカロック、トマス・ド・クインシーがリカード経済学の大祭司になりました。

ジェームズミルの 政治経済学の要素、(1821)はすぐに、教科書のリカード経済学の主要な教科書博覧会になりました。これは、彼が幼い息子のジョン・スチュアート・ミルに行った政治経済学の講義から編集されたものであるため、不運な「賃金基金」の教義を除いて、斬新なものはほとんどありませんでした。

「それなら、普遍的には、資本と人口の比率が同じであれば、資本と人口の比率が上がると賃金は変わらない、他のことは変わらない、と断言するかもしれない。人口と資本の比率が上がると、賃金は下がる」と語った。 (J.ミル、1821年:p.44)

1824年から1826年まで、ミルは ウェストミンスター評論、彼の党の機関として始まった、彼が攻撃した多くの記事 エディンバラ四半期ごと レビューと教会の施設。 1829年に登場しました 人間の心の現象の分析。 1831年から1833年まで、ミルはその憲章の更新に伴う論争の間、東インド会社の防衛に大部分を占めていました。彼は彼の事務所のおかげで取締役会のスポークスマンでした。のために ロンドンレビュー、1834年にウィリアムモールスワース卿によって設立された彼は、「教会とその改革」というタイトルの注目すべき記事を書きましたが、当時はあまりにも懐疑的で、負傷しました。 レビュー。彼の最後に出版された本は マッキントッシュの断片 (1835).


ジェームズミル

ジェームズミル(ジェームズミルン生まれ)は、スコットランドの歴史家、経済学者、政治理論家、そして哲学者でした。彼はリカード経済学部の創設者に数えられています。彼の息子であるジョン・スチュアート・ミルは、自由主義、功利主義、大英帝国の文明化の使命の著名な哲学者でもありました。

彼は人生のどの時点でもインドに足を踏み入れたことはありませんでしたが、ジェームズ・ミルは記念碑的なものを書く仕事を引き受けました 英国インドの歴史、インドの文化と文明の完全な非難と拒絶を含み、亜大陸でのイギリスの文明の使命を奨励し、賞賛する植民地の自己祝福の古典。彼はインドの歴史を3つの部分に分けた最初の作家でした。ジェームズミル(ジェームズミルン生まれ)はスコットランドの歴史家、経済学者、政治理論家、そして哲学者でした。彼はリカード経済学部の創設者に数えられています。彼の息子であるジョン・スチュアート・ミルは、自由主義、功利主義、大英帝国の文明化の使命の著名な哲学者でもありました。

彼は人生のどの時点でもインドに足を踏み入れたことはありませんでしたが、ジェームズ・ミルは記念碑的なものを書く仕事を引き受けました 英国インドの歴史、インドの文化と文明の完全な非難と拒絶を含み、亜大陸でのイギリスの文明の使命を奨励し、賞賛する植民地の自己祝福の古典。彼は、インドの歴史をヒンドゥー、イスラム教、イギリスの3つの部分に分けた最初の作家でした。この分類は、インドの歴史研究の分野で非常に影響力があることが証明されていますが、ここ数十年で深刻な問題があると見なされています。 。もっと


序文
1.スコットランドでの初期の生活。 1773〜1802
2.ロンドンから始めます。 1802–8
3.インドの歴史、エディンバラレビュー、慈善家、教育運動。 1808–18
4.インディアハウスへの任命。 1819〜23年
5.ブリタニカ百科事典の補足の記事。 1816〜23年
6.ウェストミンスターレビュー
7.締切年:インド憲章、ロンドンレビュー:「マッキントッシュの断片」
8.最新の著作のレビュー:政治経済学:「人間の心の分析」:マッキントッシュの断片
9.性格と影響力
付録。

このタイトルの電子版は、CambridgeCoreを介して機関で購入できます。

ケンブリッジ図書館コレクションは、今日の読者に、最近まで専門図書館でしか利用できなかった本へのアクセスを提供します。


統治されていない想像力:ジェームズ・ミルの英国インドとオリエンタリズムの歴史

植民地主義と異文化間の出会いに関する現代の批判的な研究を利用して、この本は、18世紀後半から19世紀初頭の英国における新しい政治言語としての功利主義の出現の研究です。この言語と当時のインドでの大英帝国の経験の複雑さとの関係に焦点を当てています。ジェームズ・ミルとウィリアム・ジョーンズ卿の作品、そして詩人のロバート・サウジーとトーマス・ムーアの作品を調べると、この本は、インドに対する英国の見解の形成において美的および言語的態度が果たした役割を強調し、明らかにしています。もっと

植民地主義と異文化間の出会いに関する現代の批判的な研究を利用して、この本は、18世紀後半から19世紀初頭の英国における新しい政治言語としての功利主義の出現の研究です。この言語と当時のインドでの大英帝国の経験の複雑さとの関係に焦点を当てています。ジェームズ・ミルとウィリアム・ジョーンズ卿の作品、そして詩人のロバート・サウジーとトーマス・ムーアの作品を調べると、この本は、インドに対する英国の見解の形成において美的および言語的態度が果たした役割を強調し、これらの態度がどれほど密接であったかを明らかにします文化的アイデンティティの定義にリンクされています。この目的のために、ミルのインドの功利主義的研究は、その時代の保守的なオリエンタリズムへの攻撃として、そして英国社会自体のより大きな批判の一部として機能することが示されています。そうすることで、この本は、18世紀後半から19世紀初頭にかけての英国のインドに対する態度がいかに複雑であったか、そしてこれが国内および帝国の文脈に照らしてどのように説明されるかを示しています。


遺産

ミルは功利主義の影響を受けましたが、それでもなお、個人の権利の重要性を擁護し、特に女性参政権と教育における平等な権利の両方を擁護するために何度も書いています。 (彼のエッセイ「TheSubjection of Women」[1869]は初期の、そして当時はかなり物議を醸した、ジェンダー平等の擁護であり、そのため彼はしばしばプロトフェミニストと見なされています。)ミルの信念大多数はしばしば個人の自由が社会改革への彼の興味を駆り立てたことを否定し、彼は政治改革、労働組合、農業協同組合を代表して熱心な活動家でした。彼は「19世紀で最も影響力のある英語を話す哲学者」と呼ばれ、社会的および政治的理論に関して歴史の偉大な思想家の1人として記憶されています。


アクセスオプション

1私は、R。F。Storchのそのタイトルの記事、Studies in Romanticism(Autumn 1982)21:448–56から「想像力の政治」というフレーズを取りました。

2マーシャル、P。J。、ベンガル:ブリティッシュブリッジヘッド。インド東部1740〜 1828年。インドの新しいケンブリッジの歴史、II:2(ケンブリッジ:CUP、1988)129、131 .CrossRefGoogle Scholar

3たとえば、1788年3月19日、コーンウォリスへの彼の手紙、ウィリアム・ジョーンズ卿の手紙の手紙485を参照してください。ガーランドキャノン、2巻(オックスフォード:クラレンドンプレス、1970年)2:794–6。

4ベンサム、ジェレミー、「法律の問題における時間と場所の影響に関するエッセイ」、ジェレミー・ベンサムの作品、編。 Bowring、John、12巻(1843)1:177 –81.Google Scholar

5ウィリアム・ジョーンズ卿の作品、編。 Jones、A。M.(1799、6 vols)6:313 –92.Google Scholar賛美歌のこれらの側面の議論については、Majeed、J。、「Orientalism、Utilitarianism、and British India:JamesMill's」を参照してください。 英国インドの歴史 とロマンチックなオリエント」、D。フィル。論文(オックスフォード、1988)68 –9.Google Scholar

6コップ、デビッド、ブリティッシュオリエンタリズムとベンガルルネッサンス。インドの近代化のダイナミクス1773–1835(Berkeley&amp Los Angeles:University of California Press、1969)46 –7.Google Scholar

7キャノン、ガーランド、「サーウィリアムジョーンズとエドマンドバーク」、Modern Philogy 54(1956 – 1957):174 .Google Scholar

8 Mill、James、The History of British India、ed。 Wilson、H。H.、9 vols(1858)2:105以降Mill、 HBI.Google Scholar

9ベンサム、ジェレミー、道徳と立法の原則の紹介、ジェレミー・ベンサムの収集された作品、編。 Burns、J。H. and Hart、H。L. A.(London:The Atholone Press、1970)274 .Google Scholar


この記事はレスリースティーブンによって書かれ、1894年に公開されました

功利主義の哲学者であるジェームズミルは、1773年4月6日にフォーファーシャーのローギーパートの教区にあるノースウォーターブリッジで生まれ、キリミュア地区の農民の娘である妻イザベルフェントンによって田舎の靴職人であるジェームズミルの息子でした。父親はバークレイという名前の農夫の下で別荘を占領しました。その家族は後に息子の友人でした。フェントンはより高い社会的地位から降りてきたはずだった。近所の人たちは、ミル夫人が彼女の起源の強さについて自分自身に空気を与えたと思いました、そして健康または気質は彼女をかなり気難しいものにしました。彼女は長男を紳士として育てることを決心した。彼はおそらく初期の約束を示していたでしょう、そして確かに彼の父の取引に従う代わりに勉強に専念することを許されました。彼は教区の学校に送られ、その後、ローギー・パートの大臣であるピーターズ氏と親しくなりました。彼はモントローズアカデミーに出席し、町に2秒間搭乗しました。 6d。一週間。彼はそこで彼の学友であるジョセフ・ヒューム(1777-1855)と友達になり、その後彼の政治的同盟者となった。彼はフェッターケーンのジョン・スチュアート卿(以前はベルシェ)に知られるようになりました。ジョン卿は、リーブン伯爵とメルビルの妻であるジェーン・レスリー夫人と一緒に、夏はノースウォーターブリッジから8 km(5マイル)のフェッターケーンハウスで過ごし、冬はエジンバラで過ごしました。ジェーン・スチュアート夫人は慈善団体であり、同省のために貧しい若者を教育するための基金を始めたと言われています。ジェームズミルはピーターズによってその目的のために推薦されました。彼はまた(日付は不明)、スチュアートの一人っ子であるウィルヘルミナ(1776年10月生まれ)の家庭教師を務め、その後スコットの初期の情熱の対象となり、その後ウィリアムフォーブス卿の妻とジェームスデイビッドフォーブスの母親となった。

ミルは、何らかの形でフェッターケーンハウスで多くの時間を過ごしました。そこでは、ジェーンスチュアート卿とジェーンスチュアート夫人の両方が彼に強く愛着を持ち、娘は&lsquoher最後の息で彼について愛情を込めて話しました。&rsquoスチュアートの後援により、彼は次のことができました。彼の父が彼を意図していたアバディーンの代わりにエジンバラで勉強する。彼は1790年にエジンバラ大学に入学し、当時は異常に遅い17歳でした。彼は最初のセッションでギリシャ語とラテン語の上級クラスに参加しました。彼はデュガルド・スチュワートの講演を聞いて、ずっと後、ピットもフォックスも雄弁にスチュワートに近づかなかったとマックイー・ネイピアに話しました。 1794年に彼は神学の研究を始め、それは4つの冬まで続きました。図書館の記録は、彼が哲学に興味を持っていたことを示しています。通常のスコットランド当局に加えてプラトンを研究し、マシロンとルソーを読んでフランス語の知識を示しています。彼は非常に優秀なギリシャの学者になったので、1818年にグラスゴーでギリシャの椅子を支持するという話があり、彼は常にプラトンの熱心な学生でした。彼は友達をほとんど作りませんでした、そして後に彼ら自身を区別した彼の多くの同時代人のほとんどのように、投機的社会に属していませんでした。しかし、彼は著名な化学者であるトーマス・トムソンと彼の兄弟と親密な関係を築きました。彼は1798年10月4日に説教する許可を得て、自分の地区でいくつかの説教を行いましたが、大成功を収めたようには見えませんでした。彼は部分的に家に住んでいて、部屋の隅が勉強と寝室としてカーテンで覆われ、いくつかの指導を受けました。

彼はアバディーンのバーネット氏の家族とツイードデール侯爵の家族の家庭教師だったようです。彼が夕食の席でわずかに受け取られた結果としてこの地位をあきらめ、ロンドンで彼の財産を探すことを決心したという漠然とした話があります。別の噂は、クレイグの大臣に任命されなかったことに失望した結果、彼がスコットランドを去ったというものです。いずれにせよ、彼は文学的な雇用を求めて1802年の初めにロンドンに行きました。彼はキンカーディンシャーの議員として議会に出席する予定だったジョン・スチュアート卿に同行しました。スチュアートは彼に庶民院のギャラリーへの頻繁な入場を調達し、そこで彼はいくつかの素晴らしい議論に耳を傾け、熱心な政治家になりました。彼の友人であるトムソンは、ジョンギフォードに見せるために彼に代わって推薦状を書き、&lsquoAnti-Jacobin Reviewを編集しました。&rsquoギフォードは彼にいくつかの仕事を与え、彼は徐々に他の仕事を見つけました。彼はヘンリーハンター博士と協力して&lsquoNature Delineated&rsquoという作品を書き直しました。この本に興味を持った出版社の1つはボールドウィンで、1802年10月のハンターの死後、&lsquoLiterary Journal&rsquoという定期刊行物のスキームを変更しました。そのうちミルが編集者になりました。彼はトムソンと他の友人の協力を得て、最初の番号は1803年の初めに登場しました。それは毎週シリングとして3年間続き、さらに1年を通して「第2シリーズ」が毎月登場しました。 1805年とその後2、3年間、ミルは&lsquoStも編集しました。ジェームズのクロニクル。&rsquo1804年に彼は穀物の輸出に関する賞金に関するパンフレットを発行し、1805年にVillersの&lsquoSpiritとLutherの改革の影響の翻訳を発行しました。&rsquo彼はこうして生計を立てることに成功し、最初に書いています1804年に、彼は6か月間ボランティアをしており、その結果、少なくとも21ギニアまたは22ギニアを費やしました。ベイン教授は、二重編集期間中の収入を年間500ポンド以上と見積もっています。したがって、彼は自分が結婚することを正当化すると考えました。 1804年に彼はホクストンで彼女の夫によって始められた狂気の亡命を管理した未亡人の娘であるハリエットバロウと婚約しました。彼らは1805年6月5日に結婚し、ペントンビルのロドニーテラス12番地に、義母が購入した家に定住しました。彼はその家に年間50ポンドを支払いました。

多くのエネルギッシュな若いスコットランド人のように、ミルは厳格な倹約によって借金を避けることができましたが、闘争は長い間厳しいものでした。彼の編集権の喪失は彼に記事を書くこと以外のリソースを残しませんでした。彼は彼にもっと永続的な地位を与えるかもしれない作品を書くことを決心しました。 1806年の終わりごろ、彼はこの見解からインドの歴史の構成を始めました、そしてその仕事は彼が予想していたよりはるかに骨の折れるものでした。 3年は10年に広がりました。彼の家族は増えていき、彼は最終的に9人の子供の父親になりました。その見落としは、長男が謝罪しました。その間、スコットランドの彼の親戚は苦しんでいました。母親はイギリスに出発する前に亡くなりました。彼の父親は麻痺し、友人に安全を与えることに無礼で破産した。もう一人の息子、ウィリアムはその後すぐに亡くなりました。父親は、彼の唯一の子供であるメイと一緒に家に住み続けました。メイは、彼の旅人の1人であるグレイグと結婚し、事業を続けました。父親は1808年に亡くなり、グレイグスは長い間非常に貧しかったが、2人の息子は最終的に事業を確立することに成功した。グレイグ夫人は1837年に亡くなりました。彼女の家族は、ジェームズミルが良い兄弟ではなかった、そして彼の教育の費用が彼の妹の手段の不当な減少を引き起こしたという印象を持っていました。彼らはおそらく、英国社会で良い地位に上がっていた兄弟の繁栄を誇張していたのでしょう。ベイン教授からの友人へのバークレイズへの手紙は、ミルが実際に父親の借金を清算し、姉妹の家族を助けることを申し出ただけでなく、彼の支援に貢献したことを示しています。彼自身の大きな困難を考えると、不満の理由はないようであり、Greigはおそらく最初から自分自身を不快にさせました。ミルは自分の義務を怠る人ではありませんでしたが、優雅に利益を与える人でもありませんでした。当時彼が自立していたはずの定期刊行物への貢献は特定できない。彼は&lsquoBritish&rsquoと&lsquoMonthly&rsquoのレビュー、特に&lsquoEclectic&rsquoで、当時は福音派の異議申し立てを行ったと言われています。エジンバラで彼を知っていたかもしれないブロアムは、1808年から1813年にかけていくつかの記事を書いた&lsquoEdinburgh Review&rsquoへの入場を手伝いました。ほぼ同時に、彼はベンサムと重要な関係を築きました。知人は1808年に始まりました。ミルはペントンビルからウェストミンスターのベンサムと食事をするために歩いていました。彼はすぐにベンサムの最も暖かい弟子になりました。デュモンはすでに海外でベンタミズムの発布者として知られていたが、ミルはすぐにイギリスでプロパガンダを続けた彼の信頼できる中尉になった。彼はベンサムの著作を改訂し、ベンタマイトが哲学的コアを形成した根本的な動揺に積極的に参加した。ベンサムは彼の最高の弟子を常に手元に置いておきたいと思っていました。

1810年、ミルは以前はミルトンが所有していた家を占領し、その後、ベンサムが所有していたハズリットが彼の庭を見ました。それは不健康であることが判明し、数ヶ月後に放棄されました。ミルはニューイントングリーンより近くの家を見つけることができなかったので、ウェストミンスターへの定期的な巡礼を続けましたが、1814年にベンサムは彼に別の家、1クイーンスクエア(40クイーンアンズゲートに変更)を年間50ポンドで許可し、その後、100ポンドに引き上げました。ミルは全額を支払うことができました。ここで彼らはすぐ隣にいて、何年もの間絶えず会いました。 1809年の夏以降、ミルは家族と2、3か月間、サリー州オクステッド近くのバロウグリーンハウスで過ごしました。ベンサムは1814年から1818年まで、チャード近くのフォード修道院でベンサムと一緒に過ごしました。 、サマセット、一緒に9か月から10か月も過ごします。ベンサムとの住居はミルにとって非常に重要であり、おそらく金銭的に有利でした。 1814年にミルがベンサムに宛てた注目に値する手紙は、ベンサムの空想的な体液の1つから生じるいくつかの違いについて語っています。ミルは、ベンサムからの義務を受け取ったことを誇りに思っていると言いますが、金銭的義務を回避することは彼の人生の大きな目的の1つであり、その結果、彼は&lsquopenuryに住んでいます。彼の家の家賃が安いが、そうではない。しかし、彼は、今後、接続が近すぎるという危険を回避する必要があると提案しています。このように彼らの友情を維持することによって、ベンサムは彼の生涯を「システムの伝播」に捧げることができ、切望する弟子を持つでしょう。和解が続いたに違いありません、そしてミルは真の信仰を広めるという彼の約束を十分に果たしました。 J. S.ミルによると、この期間中、ジェームズミルは、&lsquoHistory&rsquoを追求し、彼の子供たちの唯一の教師であると同時に、書くことによって彼の家族をサポートしました。 1812年に知人のミルが作ったフランシスプレイスとのいくつかの未発表の通信は、この期間を示しています。プレイスは1814年に、ミルの知らないうちにミルの利益のために3,000ポンドを調達することを提案していました。ミルの精神の独立が彼の申し出の受け入れを妨げると感じられたという理由もあり、計画は失敗に終わった。ミルは明らかにお金を大いに必要としており、プレイスは&lsquoHistory&rsquoの期待利益にいくらかの進歩を遂げたようです。1814年12月、彼はプレイスに語ったように、午前5時から午後11時まで働いていました。ミル夫人。フォード修道院での彼の通常の仕事は、午前6時から午後11時までほとんど中断することなく続きました。 10時から1時までの3時間、教育に専念し、数回の短い散歩で彼の唯一のリラクゼーション。ミルの初期の宗教的意見は、ベンサムとの知り合いの後でようやく放棄されたようです。以前の著作では、彼は時折、少なくともキリスト教に対する資格のある信念の言葉を使用していました。彼は今、すべての神学を放棄しました。 J. S. Millによると、彼の心の&lsquoturning-pointは、バトラーの&ldquoAnalogy&rdquo&rsquoを読んでいたということです。ベイン教授の報告によると、最終的な変化は、1808-10年にイギリスに滞在し、ベンサムの熱心な弟子であった南米の愛国者ミランダ将軍との友情によるものです。ベンサムサークルはキリスト教を信じていませんでしたが、そのメンバーは彼らの著作の中で研究された寡黙を観察しました。

ミルの懐疑論は、彼がクエーカー教徒のウィリアム・アレン(1770-1843)と結成した同盟を妨害しなかった。ミルは、1811年から1817年にアレンによって出版された&lsquoPhilanthropist&rsquoのために記事を書きました。そこでは、ベンサムの法改正の原則が奴隷制度廃止運動を支持し、特にベルとランカスターの大きな論争に積極的に参加したことを説明する機会がありました。功利主義者は、内外学校協会に発展したランカステリアの教育機関を支援することで反対派に同意しました。また、ホイッグ党と&lsquoEdinburgh Reviewによって取り上げられました。&lsquoEdinburgh&rsquoの&rsquo Millの最後の記事(1813年2月)は、システムを擁護していました。全国協会は1811年11月に発足し、貧しい人々に確立された教会の原則を教育し、トーリー党と四半期レビューに支えられ、しばらくの間激しい論争が繰り広げられました。ミルは、ベンサム(&lsquoChurch of Englandism&rsquoには国民社会への長い攻撃が含まれています)の承認を得て、Allen、Placeなどの支援を受けて、1813年に、テンプルの西にあるすべての子供たちを教育するための&lsquoWest London Lancasterian Institution&rsquoを設立することを決議しました。非宗派の原則を禁止する。 1813年8月に公開会議が開かれ、計画が開始されました。ほぼ同時に、ミルの&lsquoSchoolsが、教会員専用の学校よりもすべての人に匿名で登場しました。&rsquo多くの困難が発生しましたが、1814年2月に、&lsquoChrestomathic&rsquo学校を設立するための協会が設立されました。同じ路線の高等教育のために。マスターシップのためにミルの考えを置きます。ベンサムは彼の庭の一部を提供し、彼の論文、&lsquoChrestomathia&rsquoを書いて原則を説明しました。ミルはこの事件で非常に活発で、ロミリー、ブロアム、マッキントッシュの支援を受けましたが、多くのトラブルの後、1820年にようやく落ち込みました。この運動の主な成果はロンドン大学の設立でした。 1825年にミルと計画について話し合ったプレイスに詩人のトーマス・キャンベルによって提案された。ミルは1825年12月に任命された最初の評議会のメンバーであり、ブロアム、ジョセフ・ヒューム、グロートの支援を受けて、計画を実施することに積極的だった。彼は友人のトムソンを化学の議長に任命しようとしました。ジョン・オースティンとICullochは、どちらも学校の健全な支持者であり、法学と政治経済学の最初の教授でした。哲学の議長として、彼はジョン・ホッパスの選挙に同意しました。ジョン・ホッパスは反対派の聖職者ですが、ハートリーを信じていました。

この激越の中でミルの同僚であり、ウェストミンスターの過激な側の偉大なマネージャーであるプレイスは、ミルと非常に親密になり、常に政治問題について彼に相談しました。ミル自身は、1818年6月にバーデットとキンナードをロミリーに対して提起した委員会の積極的なメンバーでした。ロミリーは、ベンサムの個人的な友人ではありますが、穏健すぎると見なされていました。ミルはその後の11月2日のロミリーの死の影響を大きく受け、家族に彼の助けを提供するためにワージングに行きました。彼は、過激な候補者であるホブハウスがジョージ・ラムに敗れた後の選挙には参加しなかった。

ミルはその間に、1818年の初め頃に登場した「インドの歴史」を完成させました。彼が始めた目的は完全に達成されました。彼の事柄は今や繁栄した。 &lsquoHistory&rsquoはすぐに成功し、標準的な作品になりました。ミルは残念ながら利益の分配を出版社のボールドウィンに任せ、彼は生涯にわたって利息を受け取ったが、その後ボールドウィンの破産により資本は家族に失われた。この本は、乾いていて厳しい口調でしたが、欲求を与え、社会的な質問について多くの興味深い考察を含んでいました。彼は不公平であると非難されており、彼の偏見は間違いなく強かった。しかし、彼の長所は予想外の認識に直面しました。彼は東インド会社の欠点を非難し、急進的な政治家として知られていましたが、1819年にインディアハウスの場所に任命されました。彼の本に示されているインドの知識は強い推薦であり、彼の友人のリカルドとジョセフ・ヒュームは彼に代わって彼らの影響力をすべて利用しました。当時の長官であったキャニングは、彼に有利だったと言われています。彼は1819年5月12日に&lsquoインド通信の審査官補佐に任命され、&rsquoは1821年4月10日に&pound800の給与で&lsquo2番目の審査官補佐&rsquoに&rsquo年間&pound1,000で任命され、EdwardStracheyは1823年4月9日に最初の助手となった&lsquoassistant Examiner、&rsquo with&pound 1,200、&rsquo with&pound 1,200、1830年12月1日にStracheyを通過&lsquoexaminer、&rsquo with&pound1,900、したがって、オフィスの長であり、1836年2月17日に彼の給与は&pound2,000に引き上げられました1年。ミルは自分のオフィスで10時間から4時間の時間を費やさなければなりませんでしたが、ビジネスが不規則に行われたため、他の仕事のために時間を割くことがよくありました。彼の息子は、信じられないかもしれませんが、彼は上司に大きな影響を与え、実際に採用されたインドの政策について多くの意見を得ることができたと語っています。

During the inquiries which preceded the renewal of the charter in 1833, Mill was examined at great length before committees of the House of Commons, his evidence upon the revenue system occupying eight days in August 1831, while in the beginning of 1832 he was examined upon the whole administrative and judicial systems. Mill also wrote the despatches in which the company stated its case in the final correspondence with the government. In spite of his dogmatic radicalism in home politics, Mill showed in this discussion that he was not prepared to apply his à priori method to India. His official experience had convinced him that the natives were totally unfit for self-government, and that even free trade would not produce a miraculous improvement. He showed remarkable knowledge and power in arguing the case. Mill's situation did not exclude him from continuing to take a very important though not a conspicuous share in political movements. His master, Bentham, was a recluse, difficult of access, growing old, and little acquainted with practical business. Mill therefore became the recognised head of the party. His dearest friend was David Ricardo, first known to him in 1811. Bentham said: &lsquoI was the spiritual father of Mill, and Mill the spiritual father of Ricardo.&rsquo It was by Mill's encouragement that Ricardo was induced to publish his &lsquoPolitical Economy,&rsquo and to enter parliament, and Ricardo's sudden death in 1823 affected Mill to a degree which astonished those who had only recognised his sternness. Brougham was also a warm friend of Mill and though J. S. Mill, who regarded Brougham as a humbug, says that his father kept up the friendship on account of Brougham's powers of carrying out utilitarian principles in practice, it seems that Brougham was really able to fascinate the elder Mill. Mill certainly wrote to Brougham in terms of the warmest admiration, and declares in 1833, &lsquothe progress of mankind would lose a century by the loss of you.&rsquo

The Political Economy Club, founded in 1820, arose from some meetings of Mill and others at Ricardo's house for economic discussions. Mill drafted the rules, and was conspicuous from the first in the debates. In the same year he published the &lsquoElements of Political Economy,&rsquo which was the substance of verbal instructions given to his son John. A younger generation was now rising, which looked up to Mill as a leader. Henry Bickersteth, afterwards Lord Langdale, was already an intimate. George Grote, John Austin and his brother Charles, William Ellis (1800-1881), Walter Coulson, and others were friends of the younger Mill, who sat at the feet of the father, and were sufficiently pugnacious and dogmatic expounders of utilitarian principles. John Black, editor of the &lsquoMorning Chronicle,&rsquo and Albany Fonblanque of the &lsquoExaminer&rsquo represented the party in the press. The &lsquoMorning Chronicle&rsquo was for some ten years after 1817 their recognised organ. Fonblanque contributed to it under Black, and afterwards gave a general support to the same side in the &lsquoExaminer.&rsquo Mill had been invited by Macvey Napier in 1814 to contribute to the supplement to the &lsquoEncyclopædia Britannica,&rsquo and between 1816 and 1823 wrote a number of articles which expounded utilitarianism in the most uncompromising fashion. The most remarkable of these articles, that upon &lsquoGovernment,&rsquo appeared in 1820, and is substantially a terse statement of the radical creed of the time as based upon Benthamite principles. It was regarded, says John Mill, as a &lsquomasterpiece of political wisdom&rsquo by the so-called &lsquophilosophical radicals.&rsquo The essays had been twice reprinted in 1825, when Mill says that they had &lsquobecome text-books of the young men of the Union at Cambridge&rsquo. They were reprinted again in 1828. In 1829 the essay upon &lsquoGovernment&rsquo was attacked by Macaulay in the &lsquoEdinburgh Review.&rsquo Mill took no part in the controversy which followed, although his line of reply is given in his &lsquoFragment on Mackintosh&rsquo. He bore no grudge to Macaulay, whose appointment to the Indian council he supported, and they had friendly relations, which induced Macaulay not to reprint the articles during his life.

The starting of the &lsquoWestminster Review&rsquo in the beginning of 1824 provided the party with an organ of their own. Mill had long discussed the plan of such a publication with Bentham, and it appears that Bentham was to have provided the funds at starting. Mill's official position prevented him from accepting the editorship, which was divided between Bowring and Southern. The first number contained an article upon the &lsquoEdinburgh Review&rsquo by James Mill. It caused the Longmans to decline publishing the new periodical, which was undertaken by Baldwin, and it made a considerable sensation, which secured an encouraging start for the review. It was a vigorous attack upon the Edinburgh reviewers as mere trimmers, courting the favour of the aristocracy, being in fact a radical indictment of the whigs. The attack was carried on by John Mill in the second number, and the &lsquoQuarterly Review&rsquo was assailed by James Mill in the fourth. Mill continued to write energetic articles, attacking Southey's &lsquoBook of the Church&rsquo in January 1825, denouncing church establishments in April 1826, and in the following October discussing the &lsquoState of the Nation&rsquo as an illustration of the incapacity of the governing classes. The review had never paid its way, and Bowring was not in favour with the Mills. Though a Benthamite, he disapproved of the religious part of the creed, and his personal attentions led to his partly superseding Mill in Bentham's favour. The review was increasingly unsatisfactory to the Mills, and James Mill did not write after 1826, except that in July 1830 he was persuaded to contribute a defence of the ballot. In 1828 the review passed into the hands of Colonel Perronet Thompson. In 1827 Mill contributed an article on parliamentary reform to the &lsquoParliamentary History and Review,&rsquo set up by Mr. Marshall of Leeds.

In 1822 Mill took a house at Dorking, where his family spent six months for several successive summers, while he joined them for his six weeks' holiday, and stayed from Friday to Monday. In the first of these holidays he began his &lsquoAnalysis of the Human Mind,&rsquo which was continued during successive holidays, and finally published in 1829. In 1830 Mill moved from Queen Square to a house in Vicarage Place, Church Street, Kensington. He had moved his summer residence from Dorking to Mickleham. His friends visited him there, and accompanied him on long Sunday walks. Bickersteth took a house at Mickleham, to be near him, and Brougham when chancellor drove down to see him on Sundays, and kept up an affectionate correspondence. J. S. Mill and some of his friends from the India House often joined him, and he continued to be consulted in political matters, especially during the crisis of the Reform Bill, by Place and others. His health was growing weaker, and he suffered much from gout, to which he had long been subject. He was less able to write, although after 1830 he composed the &lsquoFragment on Mackintosh,&rsquo the publication of which was delayed till 1835 on account of Mackintosh's death. His last writings were articles in the &lsquoLondon Review,&rsquo founded by Sir William Molesworth, a recruit gained by the philosophical radicals in 1833, and virtually edited by J. S. Mill. Four articles by James Mill appeared in 1835, the most remarkable of which (in the July number) is a plan of church reform, proposing in substance the abolition of dogmas and ceremonies, and the transformation of the clergy into a body of officials paid by results, and preaching morality and natural theism. The curiously unpractical line of argument shows Mill's entire ignorance of the religious movements outside his own circle. His last writings were an article upon &lsquoThe Aristocracy&rsquo and a dialogue upon the utility of political economy in the same review for January 1836.

Mill had begun to suffer from disease of the lungs, aggravated, it was thought, by the dusty three-hour journeys on the coach-top to Mickleham. In August 1835 he was seized with a haemorrhage from the lungs, and in the following June he was attacked by bronchitis, and died peacefully 23 June 1836, retaining his faculties and spirits to the last. He was buried in Kensington Church. Mill had nine children, who all survived him: (1) John Stuart, born in 1806 (2) Wilhelmina Forbes, named after Sir John Stuart's daughter, d. 1861 (3) Clara (4) Harriet (5) James Bentham, who entered the Indian civil service in 1835, and died 1862 (6) Jane, named after Lady Stuart (7) Henry, a young man of great promise, called by John the &lsquonoblest and worthiest of us all,&rsquo who died of consumption at Falmouth in 1840 (8) Mary and (9) George Grote, who entered the India House, showed much ability, and died of consumption in 1853. Four of the daughters were married, and three of them, but none of the sons, left children.

Mill was of middle height, of well-knit figure, and nervous temperament. He had a massive forehead, projecting eyes, and an expressive and mobile face. A portrait from a drawing in possession of Mrs. Grote is prefixed to Professor Bain's &lsquoLife.&rsquo He had a strong voice, and was singularly animated and impressive in conversation. To this power was partly due the remarkable influence which he exercised upon all who came in contact with him. His force of character is sufficiently apparent from the struggles by which he achieved independence in spite of many difficulties, and from the ardent devotion of his whole abilities to the propagation of his doctrines. His powerful though rigid and unimaginative intellect was applied to the support and extension of the positions which he shared with Bentham. In jurisprudence he did not go beyond applying the theories already taught by Bentham. His political views were equally those of his master, but his far greater powers of dealing with men enabled him to exert a more potent, direct influence upon the operations of the party, and he cast the theories into a form more immediately applicable. He was more original in the psychological inquiries, to which Bentham had contributed little, although the essential principles are taken for granted in Bentham's ethical speculations. Mill's &lsquoAnalysis&rsquo is a book of singular merit, from the terse and lucid exposition of a one-sided point of view. He was greatly influenced by Hobbes, Locke, Hume, and by the French writers, such as Condillac, Helvetius, and Cabanis but his chief master was Hartley, whose theory of association he applied and extended. The book marks a distinct stage in the development of the empirical school, and many of J. S. Mill's logical and ethical doctrines are evidently suggested by the attempt to solve problems to which his father's answers appeared unsatisfactory. The &lsquoFragment on Mackintosh&rsquo is one of the most characteristic expressions of utilitarian morals.

In James Mill utilitarianism showed all its most characteristic qualities. The resolution to keep to solid facts, and not to be misled by words the attempt to treat all problems by a scientific method, the blindness to opposite schemes of metaphysical thought, and the contempt for the mystical and the sentimental apparent in all Mill's writings, explain both the attractions of the doctrine for some temperaments and the repulsion which it aroused in others. In domestic life Mill was a curious example of a man who, while resolutely discharging every duty, somehow made even his virtues unamiable. He seems to have despised his wife, and to have allowed his contempt to appear in his conversation, though in his letters he always refers to her respectfully. He spared no labour in the attempt to teach his children thoroughly, though his habitual repression of his feelings and his constitutional irritability made the task trying on both sides, and the children, though not unhappy, were never at ease in his presence. His son observes that he was, &lsquoin the ancient sense of the words,&rsquo a stoic in his personal qualities, an epicurean as regarded his standard of morals, and a cynic in that he set little value upon pleasures, and thought that human life was &lsquoa poor thing at best,&rsquo after the freshness of early years had decayed.

These materials may be freely used for non-commercial purposes in accordance with applicable statutory allowances and distribution to students.
Re-publication in any form is subject to written permission.


James Mill - History

Scottish writer, utilitarian philosopher, Radical political leader and prominent Classical economist.

Of humble background, James Mill (n e Milne) was born in Montrose, Scotland, the son of a cobbler. Encouraged by his mother, Mill attended to his studies and eventually, in 1790, enrolled at the University of Edinburgh with the help of a local gentleman, Sir John Stuart (after whom Mill later named his son). At Edinburgh, he came under the influence of the philosopher Dugald Stewart and imbibed the legacy of the Scottish Enlightenment, including the economic works of Adam Smith.

Originally intending to become a minister of the Church of Scotland, Mill received his M.A. in 1794. Mill left Edinburgh in 1797, with a license to preach but gradually lost his faith. He worked for a while as an itinerant tutor in Scotland until 1802, when Stuart invited Mill join him in London. James Mill immigrated to England with a mind to become a professional writer. He tried his hand at journalism, landing a steady job at the Literary Journal and feeling confident enough to marry Harriet Burrow in 1805. However, the journal folded in 1806, and soon enough Mill's only source of income (often precarious) was as a freelance writer of articles, editorials and essays for a wide assortment of newspapers and journals, notably the rising Whig journal, NS Edinburgh Review, founded by fellow Scottish immigrants.

While still at the Literary Journal in 1804, James Mill published his first economic treatise reviewing the history of the Corn Laws, calling for the removal of all export bounties and import duties on grains and criticizing Malthus for defending them. Soon afterwards, he came across the tracts of Cobbett and Spence, who had made a series of controversial points: that land (rather than industry) was the source of wealth, that there were losses to foreign trade between nations, that the public debt was not a burden, that taxes were productive and that crises were caused by a general glut of goods. In response, James Mill wrote his Commerce Defended (1807) dismantling all these arguments one by one. It was here that Mill articulated his version of Say's Law of Markets (after Say, of course, who's Traite he had reviewed in 1805). Mill argued that "annual purchases and sales" will "always balance" (1807: p.82) so the excess supply of any good was necessarily counterbalanced by excess demand for other goods. Or, more accurately, he argued that the overproduction of of one good had to be made from capital withdrawn from other goods, which were thus left, necessarily, underproduced:

"A nation may easily have more than enough of any one commodity, though she can never have more than enough of commodities in general. The quantity of any one commodity may easily be carried beyond its due proportion, but by that very circumstance is implied that some other commodity is not provided in sufficient proportion. What is indeed meant by a commodity's exceeding the market? Is it not that there is a portion of it for which there is nothing that can be had in exchange. But of those other things then the proportion is too small. A part of the means of production which had been applied to the preparation of this superabundant commodity, should have been applied to the preparation of those other commodities till the balance between them has been established. Whenever this balance is properly preserved, there can be no superfluity of commodities, none for which a market will not be ready." (Mill, 1807 [1808] p.84-5).

A partisan of the "Banking School", James Mill also participated in the Bullionist Controversies of the time (e.g. Mill, 1808).

It was around 1808 that Mill forged long-lasting friendships with two very influential men: David Ricardo and Jeremy Bentham. Ricardo would provide him his economics, a continuation of his own, while Bentham would guide his political and social philosophy. Interestingly, the two influences seemed to never have met each other in the mind of James Mill. With a few exceptions, it never occurred to him to bring the Benthamite concept of utility into his economics, nor even to bring the utilitarian "greatest happiness" principle to bear on the analysis of economic policy. For all their close collaboration, Bentham never completely exorcised the Scottish liberal heritage in James Mill. The influence was returned. Mill has been greatly credited with pushing Ricardo to explore, articulate and publish his ideas, and with pushing Bentham in a democratic direction, embracing parliamentary reform, ballots and universal suffrage.

It is alleged (not least by Mill himself) that the Edinburgh Review stifled and edited out Mill's radical political arguments. But in the series of supplements to ブリタニカ百科事典 from 1816 to 1824, Mill found fewer restrictions and took the opportunity to articulate his political philosophy, culminating in his famous radical essay on 政府 (1820), the most complete defense on democracy on the basis of utilitarian philosophy, rather than any "natural law" considerations. Widespread democracy and civil rights were, Mill argued, the best way to ensure a good, stable and efficient government. This essay was famously torn apart by Thomas Macaulay.

Throughout this time, Mill's financial precariousness had not ceased. Throughout the 1810s, he depended on the generosity of his friends, notably Jeremy Bentham and even his own young disciple and personal manager, Francis Place. From 1814, despite a near-break with Bentham over a personal slight, Mill subleased a house on Queen's Square, London, from Bentham at a subsidized rent and lived with him on his country residences during the season. But Mill (and his son, John Stuart Mill) found himself obliged to return the kindness by vigorous collaboration with their eccentric landlord, sorting through the Aegean stables of Bentham's manuscripts on legal and utilitarian topics, hammering them into presentable and publishable form.

In 1817, Mill produced his massive History of India, which he had been working on the side for many years. Its analysis was clearly inspired by the conjectural histories typical of the Scottish Enlightenment: India was deemed a nation just emerging out of its barbarian stage and saw the English role as a civilizing mission (although he would later famously claim that the British Empire was "a vast system of outdoor relief for the upper classes"). He defended the rule of the East India Company (rather than the English government). Mill recommended several reforms for India, perhaps the most interesting was his call for the elimination of taxes and the complete nationalization of land (EIC fiscal revenue would thus arise from rents -- which he believed were easier to collect and less distortionary). The success of his 歴史 led him to be hired by the London office of the East India Company in 1819, which finally provided him with financial security for the remainder of his life.

In the meantime, Mill was busy forging the Classical Ricardian School in economics. An energetic man, it was Mill who encouraged David Ricardo to publish his 1817 treatise on value and distribution and then pushed him to run for Parliament. In 1821, Mill helped found the Political Economy Club in London, which became a stomping ground for Ricardian economists and Benthamite radicals.

After Ricardo's death, James Mill, Ramsey McCulloch and Thomas de Quincey became the high priests of Ricardian economics. James Mill's Elements of Political Economy, (1821) quickly became the leading textbook exposition of doctrinaire Ricardian economics. As this was compiled from the lectures on political economy he had given to his young son, John Stuart Mill, there were was little that was novel in it -- except for the ill-fated "Wages Fund" doctrine:

"Universally, then, we may affirm, other things remaining the same, that if the ratio which capital and population bear to one another remains the same, wages will remain the same if the ratio which capital bears to population increases, wages will rise if the ratio which population bears to capital increases, wages will fall." (J. Mill, 1821: p.44)

Mill continued advancing the utilitarian doctrines of Bentham and the "Philosophical Radicals" until the end. Although, the Mill-Bentham relationship had its complicated and heated moments, nonetheless, Mill remained an uncritical admirer of Bentham's philosophy and its principal propagator.

It must also be noted that Mill, unlike Bentham, was a great advocate of government non-intervention in the economy, and thus very much a classical liberal. Mill was a strict "welfarist", excluding social justice and any other such considerations from all utilitarian "greatest happiness" calculations. Consequently, Mill argued that fiscal policy should be designed so as to leave the status quo in place (e.g. proportional rather than progressive taxation). It was Mill who was mostly responsible for forwarding the argument that since each individual acts in his own self-interest, then any collection of people necessarily acts in the interest of the whole.

Mill was also a great advocate of widespread education. He believed, like Bentham, that people need to be educated so as to best be able to figure out what is their own best interest. But he added that what is in their own self-interest is often quite complicated. This includes consideration of the impact of their actions on other people, choosing the right government and pushing for the right policies. Wage claims by trade unions or protection against foreign commerce, for instance, might 思われる to be in the self-interest of workers, but a truly educated workforce would realize that their long-run interests are best served otherwise. His belief that people were myopic, in the sense that they underestimated their future utility, was one of the earliest articulations of the "time preference" idea.

In psychology, Mill is widely regarded as the father of "monism" or "association of ideas" in mental states. Mill's 1829 分析 originated as an attempt to decipher the psychological foundations of utilitarianism. However, he ended up closer to the "moral sentiments" theories of Adam Smith and the Scottish philosophers than to anything Bentham would have envisioned.

Mill helped found the ウェストミンスター評論, the publishing organ of the Philosophical Radicals, in 1824. He is also largely responsible for the foundation of University College and the Society for the Diffusion of Useful Knowledge (an working class adult education movement), which probably owes more to his earlier work on education reform than to Bentham.

After another personal quarrel with Bentham in 1828, Mill moved out of the Queen's Square and acquired a new home of his own in Kensington in 1830. He continued working with the East India Company, famously defending the company before the Parliamentary Select Committee of 1831-32. In the political field, he as a moving force behind the Reform Bill and served as an advisor to the chancellor, Lord Brougham before his death in 1836.

Mill's role in the history of both economics and philosophy is largely as a popularizer of existing theories, rather than as an original thinker. To posterity, James Mill's greatest claim to fame was undoubtedly his legendary role as the father of John Stuart Mill. As it turns out, this may perhaps have been his most important contribution to the development of economics, politics and philosophy in the 19th Century.


1 This is what Haakonssen has called Mill's “emasculation of the Smith–Millar tradition.” Haakonssen , Knud , “ James Mill and Scottish Moral Philosophy ,” Political Studies 33 / 4 ( 1985 ), 628–41, at 628 CrossRefGoogle Scholar .

2 Leslie Stephen's history of utilitarianism also played a large role in establishing Mill's image as Bentham's “lieutenant.” Stephen , Leslie , The English Utilitarians , 3 vols. ( London , 1900 ), 2: 7 – 25 Google Scholar .

3 Grint , Kris , “ The Freedom of the Press in James Mill's Political Thought ,” Historical Journal 60 / 2 ( 2017 ), 363 –83CrossRefGoogle Scholar Plassart , Anna , “ James Mill's Treatment of Religion and the History of British India ,” Journal of the History of European Ideas 4 / 34 ( 2008 ), 526 –34CrossRefGoogle Scholar .

4 Mill , James , “ The Church, and Its Reform ,” London Review 1 / 2 ( 1835 ), 257 –95Google Scholar . See Bain , Alexander , James Mill: A Biography ( New York , 1967 ), 388 Google Scholar Ball , Terence , “ The Survivor and the Savant: Two Schemes for Civil Religion Compared ,” in Ball, Reappraising Political Theory: Revisionist Studies in the History of Political Thought ( Oxford , 1995 ), 131 –57Google Scholar , at 142.

5 For Mill on India see in particular William Thomas, “Editor's Introduction,” in Mill , James , The History of British India , ed. Thomas , William ( Chicago , 1975 ), xi – xli Google Scholar Forbes , Duncan , “ James Mill and India ,” Cambridge Journal 5 ( 1951 ), 19 – 33 Google Scholar .

6 Secondat , Charles Louis , Montesquieu , Baron de , The Spirit of the Laws , ed. Cohler , Anne , Miller , Basia and Stone , Harold ( Cambridge , 1989 first published 1748), 459 Google Scholar , Book 24, chap. 1.1。



コメント:

  1. Shiye

    かわいい=)愛らしい、ただ素晴らしいgyy、私は愚かなコメントを書きたくありませんでしたが、私の頭は私が読んだものの分析でいっぱいでした

  2. Beowulf

    今私が表現できないのは残念です-それは去ることを余儀なくされています。私は戻ります-私は必然的に意見を表明します。

  3. Marzuq

    私はあなたが正しくないということです。説明してください。



メッセージを書く