カムチャツカの司令官は陸軍または海軍の出身でしたか?

カムチャツカの司令官は陸軍または海軍の出身でしたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ロシア帝国海軍は、サンクトペテルブルクの隣のクロンシュタットで活動していました。送信する前に ナデジダネヴァ 1803年に太平洋に入ると、帝国にはオホーツクのような太平洋の港があり、ヤクーツクから陸路でアクセスできました。また、カムチャツカのいくつかの港は一般に海路でアクセスできました。オホツクには造船所と海軍本部に裁判にかけられた司令官がいましたが(@PieterGeerkensに感謝)、カムチャツカの司令官も海軍にいたかどうかはまだわかりません。

エカチェリーナ2世の統治(1762〜 1796年)の間に、ボルシェレツクとニジニカムチャツクのカムチャツカ分遣隊はどの軍隊と司令官に責任がありましたか?


原則として、コマンドは最も多く使用されます 関連する 役員。

たとえば、水陸両用作戦は 海軍 司令官。つまり、船が敵の岸に水陸両用部隊を上陸させた場合、全体的な指揮官は水陸両用部隊の指揮官ではなく、船の船長になります。また、船を紛失しても 全て 軍隊は現在上陸しており、指揮は船長に委ねられています。

同様に、港は通常、海軍士官によって指揮されます(土地の包囲下にある場合を除く)。

答えは質問よりもさらに広いことを私は知っています…


第二次世界大戦編集

予備軍からの部隊は、 スタフカ (最高司令部)個人へ 前線 (軍集団)主要な作戦を行っていた。これらのフォーメーションは、あらゆる形態の作戦をサポートするように設計されましたが、特にソビエトの縦深攻撃の教義に従った侵入と搾取をサポートするように設計されました。 [1]

1943年以降、予備軍のフォーメーションと部隊は大隊から全軍(予備軍など)にまで及び、砲兵と機械化されたフォーメーションに重点を置いており、大規模で独立した作戦が可能でした。たとえば、1943年4月の時点で、砲撃部隊にはそれぞれ1,500本もの砲管とロケットランチャーが含まれていました。同じく1943年に出現した戦車軍には、1つまたは2つの戦車軍団、1つの機械化軍団、および支援ユニットが含まれていました。これらの機械化されたフォーメーションは、最大500キロメートルの運用上の搾取を行うことができました。 [2]

現代のロシアでは、最高司令官の唯一の予備軍は空挺部隊です。最高司令官予備軍の一部である空挺部隊のほとんどの軍事部隊も警備員です。ロシア空挺軍に関して、最高司令官の予備として、公式には2つのほぼ同等の用語を使用しました:予備と資金-後者は、軍事的および非軍事的性質の他の一連の手段の中で軍の道具的地位を反映しています国の最高指導者が自由に使える国家権力の実施。

空挺部隊は常に最高司令官の予備役でした。空挺部隊を最高司令官の予備軍にする最も重要な、しかし唯一の要因ではないが、その機動性である-ロシアのような大規模な国の領土の防衛を確保することは、空挺部隊の使用によってのみ可能である化合物。これはいつでもあらゆる作戦劇場にパラシュートで降下する可能性があります。このタスクを達成するには、空挺部隊が最適であり、事実上、急速な反力の機能を果たします。


コマンド:イタリアの極東軍と海軍

1943年9月のイタリアの連合国への降伏は、極東軍と大日本帝国陸軍との間に開かれた敵対行為をもたらしました。イタリア人は、他の多くのヨーロッパ諸国とともに、中国で国際的な譲歩が認められたとき、義和団の乱の終結後、1901年から極東での存在感を維持していました。イタリアは、貿易権を確保し、他の帝国主義勢力と共通の利益を守るために、北京、上海、天津のカントンメントの近くに軍隊を駐留させ、小さな海軍の存在を維持しました。次の40年間、イタリアは中国に軍隊を増強しました。

ベニート・ムッソリーニが1940年9月にドイツと日本との三国同盟に署名したとき、それはイタリアをイギリスとその連邦に対する枢軸国同盟のジュニアパートナーの位置に置いた。次の3年間、中国と極東での海軍のプレゼンスは増加しました。イタリアの砲艦2隻、 レパントカルロット、上海に係留された補助巡洋艦、 カリテア II と植民地時代のスループ エリトリア 神戸と蒸気船にいた コンテヴェルデ 上海にもいました。さらに、ドイツ人はイタリア人に彼らの大型潜水艦を貨物運搬船に変えるように説得しました。 ライヒ 日本人から大量のゴム、キニーネ、各種原材料を受け取る。イタリア人はまた、ドイツ人に潜水艦を使って光学機器、武器、各種店の貴重な貨物を日本人に届けさせました。

1943年の休戦協定は、イタリアが連合国と一緒に戦っていたことを意味し、極東での兵士と船員の位置はせいぜい不安定になりました。 エリトリア 休戦協定が発表されたときは海上にあり、すぐにインド洋を通ってセイロンのコロンボに向かった。日本の空と海でのイタリア船の捜索を避けた。一部のイタリア海軍の乗組員は、彼らの船が日本人に捕らえられることを許可しないことを決心しました。休戦の翌日、 カリテア II 神戸港で自沈し、すぐに レパント, カルロットコンテ ヴェルデ 上海で。それらの船の乗組員は捕虜収容所に送られ、新しいイタリアのファシスト国家の側でアクシスの大義のために戦い続けた人々を除いて、戦争の残りの間日本人によって奴隷労働者として使われました。

日本人は残りのイタリアの潜水艦のうち3隻を捕獲しました— カッペリーニ, ギリアーニトレリ—乗組員は、アクシスのために戦い続けたいと述べていましたが、乗組員は、日本人が連合軍の捕虜に示したのと同じ残忍さで扱われましたが、元のボートがドイツに引き渡されたときに最終的に恩赦を受けました海軍。ドイツ人はマラヤのペナンにUボート基地を設立し、イタリアの船員は1945年5月にドイツが降伏するまで、ドイツのUボートマンと一緒に元のボートを運航し、アクシスの大義に奉仕し続けました。潜水艦 カグニ 休戦協定の学習について南アフリカに向けてダッシュし、イギリス軍に降伏した。ナチスドイツの降伏後、約20隻のイタリア潜水艦が日本海軍で働き続けました。 トレリ 1945年8月30日まで日本軍に留まり、搭乗していたイタリアの対空砲手が北米のB-25ミッチェル爆撃機を撃墜しました。皮肉なことに、第二次世界大戦中に日本海軍の部隊が最後に認定した殺害を記録しました。

中国の土地に駐留しているイタリア軍にとって、軍隊は日本の捕虜収容所での特定の抑留を意味した。少佐の指揮下にある100人の小さな混合陸軍と海軍。イタリア王立海軍のバルダッサーレは、イタリアの譲歩の中で北京のラジオ局を駐屯させた。 Baldassarreは歩兵兵器で軽く武装していましたが、大砲と15両の軽戦車に支えられた約1,000名の歩兵連隊に抵抗することを決意しました。イタリア人は降伏する前に24時間以上戦った10対1の数を上回りました。その後、イタリア人の大多数は枢軸国側で戦い続けたいと思った。しなかった29人は韓国の日本人捕虜収容所に移送された。

天津では、北京よりも手ごわい勢力がありました。天津は中国とのイタリア貿易の商業の中心地であったため、女性や子供を含む多くのイタリアの民間人がそこに住んでいました。白人女性の日常的なレイプと日本軍によって捕らえられた非戦闘員の一般的な虐待はよく知られており、イタリア領事は彼のスタッフとイタリア国民をカルロ・デラクの下で約600人の兵士と船員によって守られたイタリアの譲歩の地域に撤退させました。アクアの命令。北京のイタリア人よりもかなり装備が整っていたこのグループには、75mm砲が4基設置されていました。さらに、駐屯軍には1週間分の食料と薬が供給されていました。

しかし、イタリア人は再び10対1で数を上回り、今回は軽装甲車両と大砲で補強された約6,000人の日本軍を指揮した田中中佐に対抗しました。イタリアのカントンメントに向けて発砲するために銃も川に配備されており、日本軍の空軍爆撃機飛行隊から航空支援が利用可能でした。

田中はすぐには攻撃しなかったが、代わりにデルアクアに降伏を求めた。防衛を担当するイタリアの将校は、授与し、拒否した。日本人は、守備隊が何に反対していたかを示すために、短い砲撃を開始しました。イタリア人はまた、田中が戦車やより多くの砲兵とともに、日本の師団全体によってまもなく強化されることを学びました。それは、抵抗が無駄であると多くの警官を説得しました。通常のイタリアの兵士と船員の大多数は戦いたいと思っていましたが、命を救うためにdell’Acquaは降伏することにしました。

天津のイタリア駐屯軍は、1943年9月12日にムッソリーニがドイツ軍のパラトルーパーによって解放された後に設立された新しいファシストイタリア社会共和国への忠誠を誓った170人の男性を除いて、日本の捕虜になりました。残りの戦争。天津駐屯軍の残りは、市外の捕虜収容所に分散されるか、韓国と日本に運ばれ、1945年9月まで他の連合軍捕虜と一緒に苦しみました。

もともとの2004年9月号に掲載されました 第二次世界大戦。購読するには、ここをクリックしてください。


カムチャツカの司令官は陸軍または海軍の出身でしたか? - 歴史


陸軍省と海軍省は、1819年から1879年までホワイトハウスの隣にある別々の建物を占領していました。
出典:米国議会図書館、ワシントンD.C.市の地図

1800年に連邦政府がワシントンDCに移転したとき、海軍と戦争の部門は、ペンシルバニアアベニューの北西21番街と22番街の間にある2つの異なる建物に移転しました。彼らは1947年に国防総省が設立されるまで別々の部門のままであり、その間、別々の本部に別々の建物を使用していました。

海軍は当初、ペンシルベニア通りの北側にある「6つの建物」の1つを占領していました。それらは私有の建物であり、ホワイトハウスの隣の財務省の建物に押し込むことができなかったさまざまな連邦政府の事務所によって占められていました。陸軍は通りの南側にある建物に移動しましたが、1800年11月8日の火災により、建物とすべての陸軍省の記録が破壊されました。 1


海軍省の本部は、ペンシルベニアアベニューの「6つの建物」の1つにありました(右端の7つ目は後で追加されました)。
出典:米陸軍戦史センター、陸軍長官、陸軍長官(p.10)

1801年にジェームズマディソン大統領が就任した直後、ホワイトハウスの南西側に財務省に匹敵する2番目の主要な建物が完成しました。財務省と並行して南東側に建設されました。国務省と同様に、陸軍と海軍の両方が新しい公共の建物に移転しました。

1814年8月24日、イギリス軍はワシントンを占領し、その公共の建物、エグゼクティブマンション、財務省の建物を燃やしました。今回、陸軍省は、イギリス軍が首都を占領することを認識した後、事前にそれらを削除したため、火事でほとんど記録を失いませんでした。 2

2階建てのレンガ造りの建物の壁は火事を乗り越えました。 1816年までに再建され、戦争、海軍、州の各部門によって再び占領されました。スペースは狭く、1819年に国務省と陸軍省が移転しました。国務省は、ホワイトハウスの北東、財務省の建物の北にある独自の新しい建物に移転しました。


陸軍省は1819年に、ペンシルベニアアベニューに面したイオニア式の柱廊玄関がある2階建てのレンガ造りのオフィスに移転しました。
出典:米陸軍戦史センター、陸軍長官、陸軍長官(p.11)

陸軍省は、ホワイトハウスの北西、海軍省が南西部のエグゼクティブビルに残っていた古い場所の北にある同等の構造に移動しました。 1848年に完成した後、通りの向かいにあるワインダービルも占領しました。

南北戦争中、陸軍長官のエドウィンM.スタントンは、陸軍省の建物に2つのフロアを追加しました。エイブラハムリンカーンはホワイトハウスから歩いて行き、陸軍本部の陸軍省の電信オペレーターから最新情報を入手しました。 3



1862年以降、陸軍省の建物は4階建てでした。
出典:ニューヨーク公立図書館、ワシントンD.C.の国立および大都市圏の風景(1865年から1885年の間に)およびワシントンD.C.の戦争部(1864年から1871年の間に)

海軍省はまた、陸軍省の建物の南にある別の本部に2つのフロアを追加しました。


海軍省は、南北戦争中に本部を4階建ての建物に拡張しました。これは、陸軍省の拡張に匹敵します。
出典:米国議会図書館、米国海軍省、Pa。Ave。近くの17th St.(1867〜69年)

1870年、米国議会は、ホワイトハウスの西に州戦争と海軍の部門を収容するための新しい建物を建設することを決定しました。新しい州、戦争、海軍の建物は段階的に建設されました。 1879年に戦争部門と海軍部門が新しい建物の一部に移転した後、古い家屋(当時はノースウェストエグゼクティブビルとサウスウェストエグゼクティブビルとして知られていました)が取り壊され、今日ドワイトDとして知られている残りの建物のためのスペースが確保されました。 。アイゼンハワー行政府ビル。 4


1878年に国防総省が配置されるエリア
出典:米国議会図書館、ワシントン周辺15マイルのアトラス(G. M.ホプキンス著、1878年)

第一次世界大戦後、海軍省は州、戦争、海軍の建物を去りました。 1918年、海軍はモールに「一時的な」海軍本部ビルを建設しました。この建物には、本部のすべての将校、スタッフ、民間人労働者を収容する9つの翼があります。陸軍省は、隣に8棟の「一時的な」軍需品ビルを建設しました。完成すると、構造物はコンスティテューションアベニューの南側の17番街から21番街まで埋め尽くされました。 5


メイン海軍ビル(前景)と陸軍省の軍需ビルは、リンカーン記念館の前にあるリフレクティングプールとともに1918年に建設されました。
出典:Naval History and Heritage Command、NH2502「MainNavy」および「Munitions」の建物

陸軍省のほとんどの事務所は1930年に軍需ビルに移転し、議会は州、戦争、海軍のビルを「国務省」に改名しました。アメリカ合衆国陸軍大将の事務所は、1938年に最終的に軍隊ビルに移転するまで、国務省ビルにとどまりました。


軍需ビルは1938年から41年の間に陸軍省の本部を収容していました
出典:米陸軍戦史センター、陸軍長官、陸軍長官(p.14)


20thストリートとコンスティテューションアベニューの軍需ビル(写真上部の反射プール)
出典:国防総省:最初の50年(p.8)

海軍本館と軍需品館は一時的なものではなく、長寿命でした。


第二次世界大戦中のナショナルモール。ポトマック川に架かる「一時的な」建物と記念橋があります。
出典:国立公園局、HPC_001930

これらの1918年の建造物は、1970年にようやく取り壊されました。プールと手入れの行き届いた丘のある憲法庭園が敷地内に建設されました。 6


1938年、陸軍省は本部をホワイトハウスの隣にある州、戦争、海軍の建物からリフレクティングプールの隣にある軍隊の建物に移しました。
出典:国立公園局、「一時的な」陸軍省の建物

ルーズベルト大統領が1936年に第2期に選出された後、彼は孤立主義の有権者とナチスドイツの台頭に対する懸念に苦しんでいました。イギリスが戦争用品を購入したことでアメリカ経済は復活し、ルーズベルトは将来の紛争に備えるために陸軍と海軍を拡大しようとしました。

軍需ビルは、動員を監督し、ヨーロッパの紛争へのアメリカの対応のためのオプションを準備する、拡大し続ける陸軍スタッフを収容するのに十分な大きさではありませんでした。陸軍省は、ワシントンDCのフォギーボトム地区にあるホワイトハウスの西21番地とCストリートノースウェストに新しい建物の建設を手配しました。その場所は、軍需ビルからわずか2ブロック離れていました。


一部の陸軍省の事務所は、第二次世界大戦の開始時にフォギーボトムの新しい建物に移転しましたが、ハリーSトルーマンビルは現在、国務省の本部になっています。
出典:ウィキペディア、ハリーSトルーマンビル

陸軍長官ヘンリー・L・スティムソンが1941年4月の建設終了間際に新しい建物を訪れた後、彼はそれがまだ小さすぎると判断しました。彼は、17の別々のサイトに散在するオフィスの24,000人の労働者と、ヨーロッパでの戦争に対応して雇用すると予想した10,000人以上の新しい労働者を統合するために、追加のより大きな構造を必要としていました。

スティムソン長官は、宇宙に対する米陸軍の要件だけを検討していました。 1941年、米海軍は別の部隊でした。海軍本部の本部を超えて拡張する予定でしたが、新しい本部を建設する予定はありませんでした。海軍は、米陸軍がその構造を離れると、隣の軍需品ビルを引き継ぐことを計画しました。

スティムソンとルーズベルトは、オフィススペースの問題の解決策は、いくつかの陸軍事務所をフォギーボトムの建物に移し、バージニア州の陸軍省に新しい本部を建設することであると判断しました。連邦政府は、南北戦争中に北軍が南軍のロバートE.リー将軍の家族のクスティスリー邸とアーリントン邸宅を占領したときに取得したポトマック川のウォーターフロントに沿って広大な土地を所有していました。 7

フォギーボトムに陸軍省を収容することを目的とした新しい建物は、現在、米国国務省の本部の一部です。バージニア州のポトマック川を渡って建設された陸軍省を収容する新しい構造は、国防総省として知られるようになりました。

米国議会が1947年の国家安全保障法を可決した後、国防総省は米国の歴史の中で最初の統合された国防総省の本部になりました。海軍と陸軍の長官は、別々の部門を監督する大統領の内閣のメンバーとしての地位を失い、新しい国防長官の部下になりました。空軍は別の機関になり、海軍は本部をコンスティテューションアベニューの本海軍ビルから陸軍と空軍と同じビルに移すことを余儀なくされました。

ペンタゴン

バージニア州の軍事基地


1930年代に米国陸軍省の本部として計画された構造は、現在、フォギーボトムにある国務省の本部ビルの一部です。
出典:ESRI、ArcGIS Online


2.海軍は独立戦争後に解散しました。

ボストン港のイギリス海軍艦艇。独立戦争中。

大陸海軍、州海軍、ワシントンの小艦隊、私掠船はすべて、独立戦争中にイギリス軍と戦いました。しかし、たとえば、ジョン・ポール・ジョーンズ司令官以外のいくつかの注目すべき勝利はフリゲート艦を捕獲しました HMSセラピス 叫んだ後、&#x201CIはまだ戦い始めていません!&#x201D&#x2014アメリカの海上での存在感は、イギリスの全能のイギリス海軍に比べて最小限でした。&#xA0

1781年8月までに、大陸海軍は2隻の現役軍艦に縮小しました。入植者にとって幸運なことに、フランスは彼らの側に加わっていました。 1781年9月の大規模な海戦で、フランス軍はチェサピーク湾の支配権を獲得し、翌月のヨークタウンでのイギリス軍の降伏への道を開いた。資金が逼迫し、維持する明確な理由がないため、大陸海軍の残りの船は売却または譲渡されました。 1785年に最後に行ったのは、ちょうど2年前にフロリダ沖での戦争の最後の小競り合いに参加したフリゲート艦であるアライアンスでした。


軍事史を作った7人の悪いお尻の女性

女性はあなたが思っているよりもずっと長い間この国のために戦い、犠牲を払ってきました-奉仕する男性に変装することさえあります。

2017年9月、海兵隊の将校は、最初の女性歩兵将校になるという厳しい要件を通過しました。さらに、2人の警官は、伝統的にすべて男性の米国陸軍レンジャー学校を卒業した最初の女性になることで歴史を築きました。

女性は革新の道を切り開き、軍事史を作りました。現代の軍事情勢を永遠に変えた先駆的な女性を次に示します。

プライベートキャセイウィリアムス、別名ウィリアムキャセイポスト南北戦争 ミズーリ州ジェファーソンシティの近くで奴隷として生まれたキャセイウィリアムスは、アメリカ陸軍で奉仕した最初のアフリカ系アメリカ人女性として知られており、彼女が女性であるという事実を隠すために「ウィリアムキャセイ」という名前で入隊しました。陸軍のアーカイブによると、「私が参加した連隊はズアーブ兵の制服を着ており、従兄弟と連隊のメンバーである特定の友人の2人だけが私が女性であることを知っていた」とウィリアムズは述べた。 「彼らは私が陸軍に入隊した原因の一部でした。別の理由は、私が自分の生計を立て、関係や友人に依存しないようにしたかったからです。」文書によると、ウィリアムズは、天然痘にかかって病気になるまで、女性として認識されることなく、ユニット内の男性と一緒に奉仕していました。この病気により、彼女は女性であることが発見され、すぐに退院するまで、軍病院に出入りしました。

プライベートオファメイジョンソン第一次世界大戦

Opha May Johnsonは、米国海兵隊に参加した最初の女性でした。彼女は第一次世界大戦中の1918年に海兵隊予備役に加わり、正式に最初の女性海兵隊員になりました。

ジョンソンは、その日の最初の列に並ぶ幸運のために、第一次世界大戦中に米国海兵隊女性保護区に参加した300人以上の女性の最初の人でした。1918年の新聞記事と出版された歴史によると第一次世界大戦中の女性海兵隊員、ジョンソンの最初の任務は、海兵隊本部の書記官として、彼女が参加した後に参加した他の女性予備軍の記録を管理することでした。

1919年7月11日、米国在郷軍人会は、女性の海兵隊予備軍の最初のポストにチャーターを付与しました。ベローウッドポストNo.1として知られるそのメンバーシップは、本部海兵隊で働いていた90人の女性で構成されていました。ジョンソンはこのポストのチャーターメンバーでした。第一次世界大戦の終わりに、海兵隊は、すべてのサービスと同様に、ジョンソン夫人を含む女性の現役からの着実な登録解除を開始しました。彼女の短い軍事的キャリアの後、彼女は陸軍省の事務員になりました。

グレース・ブリュースター後部提督マレーホッパー第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム

「アメイジンググレイス」として知られるアメリカ海軍の歴史におけるホッパー提督の重要性は、どこを向いても明らかです。駆逐艦は、Cray XE6「ホッパー」スーパーコンピューターと同様に、彼女にちなんで名付けられました(USSホッパー、DDG-70)。今日の多くのソフトウェアコードアプローチの前身であるCOBOLプログラミング言語の創設者として、彼女の仕事はコンピューター科学者や数学者の間で伝説的です。 1943年、第二次世界大戦中、彼女は米国海軍予備役に加わりました。彼女は海軍兵站局計算プロジェクトに配属されました。そこで彼女は、MarkIと呼ばれる世界初の大規模コンピューターの3番目のプログラマーになりました。

彼女がそれを見たとき、彼女が考えることができたのはそれを分解してそれを理解することだけでした。 「それは印象的な獣でした。彼女は長さ51フィート、高さ8フィート、深さ5フィートでした」とホッパーは言いました。その後、彼女はMark I、Mark II、およびMarkIIIコンピューターを習得しました。マークIを修理しようとしているときに、彼女はリレーに引っかかった蛾を発見しました。彼女はログブックに蛾を録音し、そこから「コンピューターのバグ」というフレーズを作り出しました。

彼女はキャリアの中で、最初の大規模電子コンピューターであるUNIVAC Iを習得し、記号数学コードを機械語に翻訳するプログラムを作成しました。この画期的な進歩により、プログラマーはコードを磁気テープに保存し、必要なときにコードを呼び出すことができました。これは基本的に最初のコンパイラーです。 1966年、ホッパーは海軍予備役を指揮官として引退しましたが、1年後、海軍の要請により、コンピュータープログラムとその言語の標準化を支援するために、現役に復帰しました。

1983年、フィリップクレイン議員(共和党)が法案を提出し、「海軍は、10年半以上前に引退から呼び戻されたこの将校による傑出した貢献を認め、彼女をコモドールのランク。」

法案は下院によって承認され、76歳で彼女は特別大統領の任命によってコモドールに昇進した。彼女のランクは1985年11月に海軍少将に昇格し、アメリカ海軍の歴史の中で数少ない女性提督の1人になりました。 1992年に亡くなるまでに、ホッパーは30以上の大学から名誉博士号を取得し、彼女の分野でメンターおよび巨人として有名でした。彼女はアーリントン国立墓地で完全な軍の名誉で休むために置かれました。

ルビーブラッドリー大佐第二次世界大戦と朝鮮戦争 ルビーブラッドリー大佐は、刑務所収容所と飢餓状態の2つの戦争の生き残りであり、米軍史上最も装飾された女性の1人です。彼女の軍事記録には、34個のメダルと勇敢な引用が含まれています。これには、2つの功績メダル、2つのブロンズスター、2つの大統領の紋章、第二次世界大戦の勝利メダル、および国連従軍記章が含まれます。彼女はまた、赤十字の最高の国際的栄誉であるフローレンスナイチンゲールメダルの受賞者でもありました。ウェストバージニア州出身のルビーブラッドリーは、1934年に外科看護師として米陸軍看護隊に加わりました。1941年、彼女はフィリピンで奉仕している間、日本軍に捕らえられました。彼女と仲間の投獄された看護師は彼らの仲間の囚人の世話を続け、彼らに「疲労の天使」というニックネームを付けました。監禁された37か月の間に、ブラッドリーは230の主要な手術と13人の赤ちゃんの出産を支援しました。彼女は1983年にワシントンポスト紙に、「過去数か月で多くの人が亡くなった。ほとんどが年配の人で、それを受け入れることができなかった」と語った。サントトーマス収容所では、軍と民間の捕虜がブラッドリーと呼ばれ、彼らに治療を提供した他の投獄された看護師「AngelsinFatigues」を吹き替えました。捕虜は主に米(朝は半分、夜は半分)で生活していましたが、ブラッドリーは限られた食料を子供たちと共有しました。 「子供たちが泣き始めて空腹になったとき、私は子供たちのために私の食べ物の一部を節約したい」と彼女は言った。ブラッドリーはまた、「かなり良い泥棒であることを学びました。私は食べ物を取り、子供たちのためにポケットに入れます」と彼女は言いました。 1945年2月3日にキャンプがアメリカ人によって解放されるまでに、以前は110ポンドだったブラッドリーは84ポンドに縮小していました。 1945年2月、米軍は日本軍陣営の門を襲撃し、ブラッドリーとその仲間の囚人を解放しました。ブラッドリーは3年間拘束されていました。ブラッドリーは釈放後も朝鮮戦争で陸軍看護隊に勤務し続けた。彼女は30年間軍隊に専念し、大佐に昇進した米国史上3番目の女性になりました。

ダーリーン・イスクラ湾岸戦争司令官 ダーリーン・イスクラ司令官は、21年間海軍に勤務し、アメリカ海軍の船を指揮した最初の女性でした。イスクラ博士は2000年に海軍を引退し、博士号を取得しました。メリーランド大学で社会学を専攻。

彼女は「「真鍮」の天井を突破する:成功のためのエリート軍の女性の戦略」と「米国軍の女性:問題へのガイド」の著者です。彼女の最初のコマンドの話は以下の通りです:

ナポリに到着するまで、最初に船を指揮する女性がどんなに大したことかわからなかった。机の上には、知らない人からのお祝いのカードや手紙が山積みだった!」彼女は言いました。 「文字通り何十年も聞いたことのない人からも数枚のカードをもらいました。その後まもなく、ナポリの広報担当官がインタビューを依頼しました。それは、私が指揮を執った直後に、世界中の報道機関に発行されたものでした。サウジアラビアでも、当時もテロが心配だったので、夫を驚かせました。私が指揮を執った約3週間後、湾岸で砂漠の嵐が始まり、運河が採掘されたり、その他の方法で封鎖されたりした場合に備えて、スエズ運河に向かって介入するように命じられました。私たちはサルデーニャ島のラマッダレーナで[爆発物処理]チームを迎え、運河の地中海側の地域に向かい、戦争中ずっと滞在しました。いくつかの興味深い事件がありましたが、地雷は敷設されませんでしたが、それらは別の日の話です。

マーサ・マクサリー中佐イラク戦争

マーサ・マクサリーは、1991年に戦闘中の女性の禁止が解除された後、戦闘で飛行した最初のアメリカ人女性でした。彼女は、サザンウォッチ作戦中に、フェアチャイルド共和国A-10サンダーボルトII「ウォートホッグ」近接航空支援航空機をイラクとクウェート上空で飛行させました。彼女はまた、デイビス・モンサン空軍基地に拠点を置く第354戦闘飛行隊(354 FS)であるUSAF戦闘飛行隊を指揮した最初の女性でもあります。

2002年、パイロットとしての在職中、彼女はまた、すべての女性軍人にイスラム教徒のアバヤを着用することを要求する物議を醸す訴訟に巻き込まれました。男性。

彼女は、軍の服装政策がマクサリーの平等な保護と宗教と言論の自由に対する憲法上の権利を侵害しているという理由で、国防長官のドナルド・ラムズフェルドと米国国防総省に対する訴訟に勝った。

現在共和党議員であるマクサリーは、軍の将校が、国内外のすべての敵に対して憲法を支持し、擁護するという宣誓は、下院議員にとっても同じであるとすぐに指摘します。 「私は26年間制服を着て国に仕えました」と46歳の女性はインタビューで語った。 「私は個人的に、これは私の国への奉仕の継続に過ぎないと考えています。」

Sgt。リーアンヘスターイラク戦争

Sgt。ケンタッキー州リッチモンドの州兵部隊である第617憲兵隊のリー・アン・ヘスターは、第二次世界大戦以来、並外れた勇気でシルバースターを獲得した最初の女性です。ヘスターの分隊は、反イラクの戦闘機が護送船団を待ち伏せしたとき、2005年3月20日に補給船団に影を落としていました。部隊は道路の脇に移動し、反乱軍に隣接し、彼らの脱出ルートを遮断した。

ヘスターはチームを「キルゾーン」から側面に導き、グレネードとM203グレネードランチャーラウンドで塹壕線を攻撃しました。彼女とスタッフ軍曹。その後、分隊長のティモシー・ネインは2つの塹壕をクリアし、その時点で彼女はライフルで3人の反乱軍を殺害しました。 When the fight was over, 27 insurgents were dead, six were wounded, and one was captured. Hester, 23, who was born in Bowling Green, Ky., and later moved to Nashville, Tenn., said she was surprised when she heard she was being considered for the Silver Star. "I'm honored to even be considered, much less awarded, the medal," she said in an interview with the Army Times. Being the first female soldier since World War II to receive the medal is significant to Hester, but she doesn't dwell on the fact. "It really doesn't have anything to do with being a female," she said. "It's about the duties I performed that day as a soldier." Hester, who has been in the National Guard since April 2001, said she didn't have time to be scared when the fight started, and she didn't realize the impact of what had happened until much later. "Your training kicks in and the soldier kicks in," she said. "It's your life or theirs. . You've got a job to do -- protecting yourself and your fellow comrades."


Were commandants in Kamchatka from the Army or the Navy? - 歴史

Ships and Men of the Army Transport Service (ATS)

The Army Transport Service (ATS) was organized in late 1898 as an integral part of the Army Quartermaster Department. The concept for an Army operated fleet had its origins with the experiences of the military sealift during the Spanish-American War when U.S. flag commercial shipping was found in part unresponsive to the Army's needs.

During the early twentieth century, the Army operated a large transpacific sealift consisting of its own ships as well as a number of commercial bottoms partly of foreign registry which it time-chartered for support of American troops during the Philippine Insurrection and for the Relief of Peking. Following 1904, a somewhat skeletonized fleet remained in service until the entry of the United States into World War I.

Rapidly expanded, by early 1918 the Army was manning with its own crews in excess of fifty ships in support of the American Expeditionary Force in France. In July of 1918, beset by disciplinary problems with its employees, the War Department requested that the Navy's Overseas Transportation Service take over the Army operated fleet, but this had not been completely accomplished by the time of the Armistice.

Starting in early 1919, the Army began taking back its historic sealift function. With the severe reduction in military requirements which took place beginning in 1921, the fleet reverted to a small nucleus of mainly transports engaged in serving American holdings in the Pacific.

With the beginning of World War II, the fleet was again expanded. In 1942, the Army Transport Service was absorbed into the Army's Transportation Corps , becoming part of the Water Division, its civilian seamen employees being classified as members of the Water Division's "Civilian Branch."

At peak force during WWII, the Army's owned and bareboat chartered fleet have been enumerated as follows:

Self Propelled Vessels Over 1,000 gross tons and over 200 feet LOA:

35 large troop transports
16 cargo
55 inter-island
2 cable laying
1 news and communication
36 floating, self-propelled warehouse, repair, spare parts, and miscellaneous
23 hospital

With but few exceptions, the large tonnage ships were manned by civilian seamen of the Water Division. Of the large tonnage fleet, 31 vessels were lost to either enemy action or marine casualty .

Self propelled vessels less than 1000 gross tons and less than 200 feet LOA but which were over 65 feet in length:

510 freight supply
104 Y class tankers
746 tugs of various classes

[All of the above statistics are inclusive of both the Army Transport Service and the later Transportation Corps (Water Division)]

The small craft were in part manned by the Civilian Branch of the Water Division and in part by military crews. The military crews were Army and/or Coast Guard, the latter operating under Army control. Of the small tonnage fleet, 28 vessels were lost to either enemy action or marine casualty .

During WWII, the Army's civilian seamen labor force numbered at its peak strength approximately 15,000 men . Taken throughout the war, it has been estimated that around 20,000 civilians in the aggregate were employed by the Army aboard those vessels which saw service outside of the US continental limits. The Transportation Corps, Water Division (Civilian Branch) suffered a total of 529 men lost to enemy action or marine casualty .

During the early 1950s, the Navy's Military Sea Transport Service took over the Army's prior role in oceangoing shipping. The Army Transportation Corps still operates a substantial fleet of small craft, the crews of which are now all military.


Moral Waivers

If you need a waiver, that means you are ineligible to join the military. The waiver is the process of you asking the service to make an exception in your particular case. The recruiter is the first step. Only a military recruiter can initiate a moral waiver request. Keep in mind this is the recruiter's decision, not yours.ありません right to have a moral waiver processed. If the recruiter doesn't think there is a good chance of approval, he/she doesn't have to waste time by submitting one on your behalf.​ Finding a recruiter willing to work with you is typically the issue. Most people give up after the first NO response from a recruiter, but there have been many successful waivers passed because a recruiter was willing to work with a candidate who was mature, respectful, and persistent with a never give up attitude. These characteristics can go a long way to getting a recruiter to work on your behalf up the chain of command.

One primary consideration is the current recruiting needs of the service branch. If they are doing well meeting their recruiting numbers, the chances of waiver consideration/approval go down. If the service is struggling to meet their recruiting needs, the chances of waiver consideration/approval goes up.

The Army has the reputation of approving the most moral waivers. The Air Force and Coast Guard approve the fewest. The Navy and Marine Corps fall somewhere in between. However, that's not always the case. There have been times, during extremely good recruiting periods, where the Army won't consider any applicant who needs a moral waiver, at all.​ During times of downsizing of the military, not being at war, and when the civilian economy slow, the need of fewer recruits meets receiving more applications - this is the formula for fewer waivers getting approved. However, the opposite situation will improve the chances of waiver approval.

Another important factor is how attractive of an applicant you are to the service. Generally, those with high ASVAB AFQT scores and/or a high school diploma/college credits have a higher chance of favorable waiver consideration than a candidate who scores low on the ASVAB, and/or has a GED.

Other factors include the seriousness of the criminal offense(s), how old you were when it happened, and how much time has passed since then. There are some categories where I feel safe to say are virtually never considered for waivers:

  • Adult felonies. The services almost never (I'm tempted to say never) consider waivers for felony convictions that happened as an adult.
  • Juvenile felonies that involved violence.
  • Offenses involving the sale or transfer of illegal drugs.
  • Sex offenses.
  • Domestic violence that falls under the Lautenberg Amendment. The 1996 Lautenberg Amendment to the Gun Control Act of 1968 makes it unlawful for anyone who has been convicted of a misdemeanor of domestic violence to possess firearms. If you can't carry a firearm, you're not worth very much to the military.

The waiver process is very subjective. More serious offenses require a higher level of approval in the recruiting chain-of-command than less serious offenses. However, regardless, a human being (usually a commanding officer) is going to make the final decision, and humans are usually more subjective than they are objective. For example, let's say your offense was burglary, and the final approval authority -- some colonel --had his house robbed. Do you think he's going to look kindly on a burglary waiver?


Were commandants in Kamchatka from the Army or the Navy? - 歴史

Welcome to the Naval Historical Foundation

Our Mission: To preserve and commemorate America’s naval heritage and to educate and inspire current and future leaders in understanding the importance of the maritime domain and sea power.

Founded in 1926, the Naval Historical Foundation is a registered 501(c)(3) non-profit organization. Our members, sponsors, and contributors help us preserve and honor the legacy of those who came before us, so we can educate and inspire the generations to follow.

Book Review Program

The Naval Historical Foundation is proud to host a thriving book review program, written by our members.

Interested in finding excellent military history writing? Scan through our reviews to find just the right book for you.

Pull Together - The Quarterly Journal of the Naval Historical Foundation

Pull Together magazine, the flagship publication of the Naval Historical Foundation, has provided historical content and Foundation news to our members and the public for more than a decade.

Click below to go to our digital archive to catch-up on your reading today!

Thursday Tidings

Each week, our members and friends receive our newsletter, "Thursday Tidings," with relevant historical content, recent book reviews, and more.


When military personnel (of any service) board U.S. Navy ships, either as an individual or as a unit leader, they salute according to naval procedures.

When boarding a naval ship, upon reaching the top of the gangway, face and salute the national ensign. After completing this salute, salute the officer of the deck who will be standing on the quarter deck at the head of the gangway. The officer of the deck may be a commissioned officer, warrant officer, or petty officer (enlisted). When saluting the officer of the deck, request permission to board, "Sir (or Ma'am), Request permission to come aboard." The officer of the deck will return the salute.

When leaving the ship, render the same salutes in reverse order, and request permission to leave, "Sir" (or Ma'am), Request permission to go ashore."


ビデオを見る: . Pacific Commander Harris Deing Awarded The Japans Order