第313軍空母打撃群

第313軍空母打撃群

第313軍空母打撃群

歴史-本-航空機-タイムライン-司令官-メインベース-コンポーネントユニット-割り当て先

歴史

313番目の軍隊キャリアグループ(USAAF)は、シシリー侵攻、サレルノ上陸作戦、Dデイ上陸作戦、マーケットガーデン作戦、ライン川渡河に参加した輸送部隊でした。

このグループは、1942年にマッハで米国で活性化され、C-47スカイトレインとC-53スカイトルーパーを組み合わせて訓練されました。それは1943年4月から5月に北アフリカに移動しましたが、チュニジアでのキャンペーンには遅すぎました。代わりに、それはシチリアの次の侵略のために訓練し始めました。

グループの戦闘デビューは、グループがゲラの近くに空挺部隊を落とした1943年7月9日に来ました。 7月11日の2回目の任務中に、フレンドリーファイアを押し進めたことで、Distinguished UnitCitationを授与されました。これらの最初の着陸の後、グループはシチリア島から負傷者を避難させるために使用されました。

9月、連合国はイタリア本土のサレルノに上陸しました。ドイツ軍はサレルノの海岸堡に対して断固とした反撃を仕掛けました。 9月13日、313番艦はジャイアント作戦に参加し、セレ川のすぐ南の降下区域にある第504落下傘連隊、米国第82空挺師団の一部を落下させました。グループは翌日に同様の任務を遂行し、その後、より通常の輸送業務を再開しました。

1944年2月、グループは地中海を離れ、イギリスの第9空軍に加わり、D-Dayキャンペーンに参加する準備が整いました。 D-Day自体に、ピコヴィルに空挺部隊を投下し、6月7日に同じ地域に援軍を飛ばしました。このグループは、侵略に参加したことで2回目の殊勲部隊章を授与されました。

このグループはマーケットガーデン作戦に参加し、9月17日にアーネムとナイメーヘンに空挺部隊を投下しました。その後、9月18日と23日に援軍を戦闘に投入しました。

1945年2月、グループはフランスに移り、そこでカーチスC-46コマンドーに改宗しました。 1945年3月のライン川渡河中に新しい航空機を使用し、3月24日にヴェーゼルの近くに空挺部隊を投下しました。

グループは1945年8月から9月に米国に戻り、1945年11月15日に解散しました。

保留中

航空機

1942-45:ダグラスC-47スカイトレインとダグラスC-53スカイトルーパー
1945年:カーチスC-46コマンドー

タイムライン

1942年1月28日313番目の輸送グループとして構成
1942年3月有効化
1942年7月再指定された第313軍空母打撃群
1943年4月-5月北アフリカと第12空軍へ
1943年7月9日コンバットデビュー
1944年2月イギリスと第9空軍へ
1945年8月-9月アメリカ合衆国へ
1945年11月15日不活化

司令官(任命日付き)

フレッドWネルソン大尉:1942年3月7日
ジェームズ・J・ロバーツ・ジュニア大佐:1942年6月26日
ウィリアム中佐ファイラー:1945年3月18日
ポールWスティーブンス中佐:1945年3月26日
中佐カールWキャンベル:c。 1945年8月15日11月

主な拠点

ジョージア州ダニエルフィールド:1942年3月2日
ケンタッキー州ボウマンフィールド:1942年6月21日
サウスカロライナ州フローレンス:1942年8月4日
ノースカロライナ州マクストン:1942年12月13日-1943年4月3日
フランス領モロッコ、ウジダ:1943年5月9日
チュニジア、ケルアン:1943年6月16日
シチリア島シャッカ:1943年8月23日
トラパニ/ミロ飛行場、シチリア島:1943年10月3日
イギリス、フォーキンガム:1944年2月4日
フランス、アシエ:1945年2月28日〜8月5日
ベアフィールド、インディアナ州:1945年9月14日〜11月15日。

コンポーネントユニット

29日:1942-1945
47日:1942-1945
48日:1942-1945
49日:1942-1945

に割り当てられた

1942年:第52軍隊キャリアウィング
1942年:第53軍隊キャリアウィング
1942年-1943年4月:第52回アカデミー賞;米国ベース
1943年4月-1944年2月:第52軍空母翼;第12空軍
1944-45:第52軍隊キャリアウィング; IX Troop Carrier Command;第9空軍


IX軍隊キャリアコマンド

NS IX軍隊キャリアコマンド アメリカ陸軍空軍部隊でした。その最後の任務は、サウスカロライナ州のグリーンビル陸軍空軍基地に拠点を置く第9空軍でした。 1946年3月31日に非アクティブ化されました。イギリスに拠点を置く第9空軍のコンポーネントコマンドとして。


歴史[編集|ソースを編集]

系統[編集|ソースを編集]

  • として設立 313番目の軍隊キャリアウィング 1947年7月28日
  • 再指定 313番目の軍隊キャリアウィング、ヘビー 1948年8月23日に発動
  • 再指定 313番目の軍隊キャリアウィング、ミディアム 1952年11月26日
  • 1964年6月15日に発効

割り当て[編集|ソースを編集]

    、1947年8月15日-1948年8月26日1948年8月23日、1948年10月25日、1948年11月5日
  • 第1エアリフトタスクフォース、1948年11月18日〜1949年1月20日、1953年2月1日〜8月25日

ステーション[編集|ソースを編集]

    、テキサス、1947年8月15日〜1948年10月22日、ドイツ、1948年11月9日〜1949年1月20日、ニューヨーク、1953年2月1日〜8月25日、カンザス、1964年10月1日〜1973年9月30日。

コンポーネント[編集|ソースを編集]

  • 第313戦術空輸グループ:1947年8月15日-1948年8月26日1948年8月23日-1949年1月20日1953年2月1日〜8月25日
    :1964年10月1日-1966年2月1日
  • 第38戦術空輸飛行隊:1969年7月1日から1971年11月15日(非稼働、1969年7月1日から12月31日まで分離1970年11月4日から1971年1月12日および1971年9月9日から11月15日):1964年10月1日から1973年7月6日(7月26日分離-1965年11月19日、1月25日〜1966年6月23日、9月2日〜1966年11月、1967年1月〜3月25日、1969年9月27日〜12月4日、1970年2月16日〜3月19日、1970年6月5日〜8月11日、1971年5月3日〜7月12日、1971年12月6日〜1972年2月14日、1972年8月3日〜10月20日、1972年12月31日〜1973年2月11日)
  • 第48戦術空輸飛行隊:1965年1月1日から1967年6月25日(1965年11月17日から1966年1月28日まで、1966年6月23日から1966年9月まで、1966年11月から1967年1月頃まで)1971年11月15日から1973年8月6日( 1972年4月3日から6月28日および1972年10月3日から12月30日まで分離)。

航空機[編集|ソースを編集]

運用履歴[編集|ソースを編集]

1946年9月30日にオーストリアで発動。ヨーロッパの在欧アメリカ空軍に配属され、C-47およびC-54航空機を装備。

1947年6月25日に人員と装備なしで米国に移送され、戦術航空軍団に配属されました。グライダーとC-82で訓練されています。 1948年7月に第313空母打撃群(重)に再指定されました。

1948年10月から11月にドイツに移り、ベルリン空軍に参加するためにヨーロッパの在欧アメリカ空軍に加わった。 1948年11月から1949年9月まで、石炭、食料、医薬品などの貨物を西ベルリンに輸送しました。1949年2月に第313軍航空隊グループ(特別)に再指定されました。1949年9月18日にドイツで非アクティブ化されました。

1953年に軍隊の空母作戦で訓練を受けました。1964年から1973年にかけて、戦術的な空輸作戦で熟練し、戦闘準備を維持するための訓練を受けました。海外コマンドの空輸要件をサポートするために、グローバルベースで頻繁に配備される戦術飛行隊またはそのセグメント。定期的に戦術演習や災害救援に参加。最後のC-130は1973年8月6日に移管されました。その後、不活性化されるまで、翼はフォーブスAFBの閉鎖を支援しました。


第313空輸飛行隊

313番目の空輸飛行隊はワシントン州のマコード空軍基地にあります。これは第446空輸航空団の一部であり、C-17グローブマスタージェット輸送機を運用上飛行します。 313 ASの使命は、世界規模での空中給油、空中給油、空中給油で構成されています。空輸任務の大部分は太平洋とアラスカで実施されますが、任務はヨーロッパ、アフリカ、南アメリカにも飛行します。

ミズーリ州セデーリア陸軍飛行場で1943年10月23日に第313部隊空母飛行隊として構成され、1943年11月1日に発足しました。

349番目の軍隊キャリアグループの一部として、戦隊はすぐにヨーロッパ劇場に移されました。 313 TCSはイギリスのバークストンにあり、後にフランスのロイ陸軍飛行場にあり、C-53とC-47を飛行する空中輸送に参加しました。

第二次世界大戦後、ユニットは1946年9月に非アクティブ化されました。1949年に保護区にアクティブ化されました。

1951年の現役への短いリコールの後、この飛行隊は1952年5月26日に第313戦闘爆撃機飛行隊として再指定されました。313FBSはカリフォルニア州ハミルトン空軍基地にあり、T-6、F-51、Tを飛行しました。 -第349戦闘爆撃機グループの一部としての28、T-33、およびF-80。

1957年9月1日に第313部隊空母飛行隊として再指定され、ユニットはオレゴン州ポートランド国際空港に移されました。飛行隊はC-46とC-119フライングボックスカーを飛行し、1958年9月に米国本土の外で最初の予備任務を飛行し、R-33エンジンをアラスカのエルメンドルフ空軍基地に運びました。飛行隊は、キューバのミサイル危機の間、1962年に1か月間現役を命じられました。 1963年に第939空母打撃群の一部となり、1967年7月1日に第313戦術空母打撃群に再指定されました。

1968年7月25日、飛行隊はワシントン州マコードAFBに移管され、そこで第939空中給油グループの一部として第313空中給油飛行隊として再指定されました。マコードでは、C-141Aスターリフターを操縦し、グローバルな戦略的使命を持って、313人目の搭乗員が東南アジアに空輸を提供する多くのサービスを見ました。

第313軍空軍殊勲部隊は、1970年6月に空軍殊勲部隊賞を、1973年1月にベトナム共和国武勲章を授与されました。イスラエル防衛のためのニッケルグラス作戦に参加した後、1974年6月に第2空軍殊勲部隊賞が授与されました。 。 1973年7月に第446軍用空輸棟の一部となりました。

第313空輸飛行隊も数々の安全賞を受賞しており、最近39年と168,000時間以上の無事故飛行を完了しました。

系統: 1943年10月23日に313軍空母飛行隊として構成されました。1943年11月1日に発動しました。1946年9月7日に非活動化されました。1949年5月10日に中型の313軍空母飛行隊に再指定されました。1949年6月27日に予備軍で発動しました。 1951年4月。1951年4月2日に非アクティブ化。1952年5月26日に313戦闘機ボンバー飛行隊に再指定。1952年6月13日に予備でアクティブ化。1957年9月1日に中型313軍空母飛行隊に再指定。1962年10月28日に現役に命じられた。 1962年11月28日に現役から解放されました。再指定:1967年7月1日の戦術空輸飛行隊313 1968年7月25日の軍事空輸飛行隊(準)1992年2月1日の空輸飛行隊(準)313 1994年10月1日の空輸飛行隊。

割り当て: 349軍空母打撃群、1943年11月1日-1946年9月7日。349空母打撃群、1949年6月27日-1951年4月2日。 939軍空母打撃群(後の939戦術空母打撃群939軍事空母打撃群)グループ、1963年2月11日446軍空母打撃群(後の446空母打撃群)ウィング、1973年7月1日446作戦グループ、1992年8月1日-。

ステーション: セダリアAAFld、MO、1943年11月1日アライアンスAAFld、NE、1944年1月20日ポープフィールド、NC、1944年3月11日ベアフィールド、IN、1945年3月7-15日イギリス、バークストン、1945年4月3日ロイ/エイミー飛行場、フランス、4月18日-1945年7月13日、テキサス州バーグストロムフィールド、1945年9月17日-1946年9月7日。ハミルトン空軍基地、カリフォルニア州、1949年6月27日-1951年4月2日。または、1957年11月16日、ワシントン州マコードAFB、1968年7月25日-。

司令官: 1Lt Mathieu T. Slater、1943年12月1日大尉William H. Corwin、1943- 1945年12月4日Unkn、1945年10月-7 1946年9月。Unkn、1949年6月27日-1951年4月2日。Unkn、1952年6月13日-1955年6月L.ノール、1955年6月までベントンM.クレイ中尉、1955年12月までギルバートG.ティプトン中尉、1957年12月までバーノンE.アッカー大佐、1959年6月までレナードE.ラントン中尉、1963年6月までハーバートF中尉メラー、1963年12月までエドマンドG.ヘプナー中尉、1970年10月18日ドナルドG.ターナー中尉、1971年9月までハワードH.バウアー中尉、1973年7月1日までローレンスD.リュードケ中尉、1975年6月までナイル中尉E.ウォルトマン、1975年10月15日ローレンスD.リュードケ中尉、1977年12月までセオドアM.トクターマン中尉、1981年12月14日ロナルドP.ハフマン中尉、1983年7月5日ジョージH.スーター中尉、1985年2月4日ロバート中尉A.スチュワート、1986年5月1日ウィリアムE.トムリンソン中尉、1989年11月18日チャールズP.リトル中尉、1992年8月17日ブルースK.マクレー中尉、1993年10月16日ロジャーS.パーソンズ中尉、1997年6月30日-unkn Ltエリック・ニューハウス大佐、2006年1月1日、リチャード・O・グレイソン中尉、2008年5月、トニー・アンジェロ中尉、 2011年10月-。 (リストを完成させるのに助けが必要です。)-

航空機。主にC-53、1943-1944 C-47、1944、1945-1946 C-46、1944-1946。 C-46、1949-1951 T-7、1949-1951 T-11、1949-1951。 T-6、1952-1954 F-51、1952-1954 T-33、1953-1956 F-80、1954-1956 F-84、1956-1957 C-46、1957-1958 C-119、1958-1968 C -141、1968- 1999 C-17、1999-。

サービスストリーマー: 第二次世界大戦:アメリカンシアターEAMEシアター。

キャンペーンストリーマー: 南西アジア:サウジアラビア解放の防衛とクウェートの防衛。

軍隊遠征ストリーマー: なし。

装飾: 空軍優秀ユニット賞:1964年12月23日-1965年1月22日1969年7月1日-1970年6月30日1973年7月1日-1974年6月30日1982年9月1日-1984年8月31日1990年8月1日-1992年7月31日。 1969年7月25日-1973年1月28日。


第313軍空母打撃群

職員は、ノルドホルツで第313軍輸送機グループのC-47スカイトレイン(シリアル番号42-100646)に搭乗する準備をします。ジョンクインシー経由の画像。

B-17フライングフォートレスを備えた第313部隊キャリアグループのC-46コマンドー(N3-A、シリアル番号44-77541)。アメリカ空軍の写真。スライドケーシングに書かれている:「Thurliegh」。

313番目の軍用輸送機グループのC-47スカイトレイン(シリアル番号42-100646)がノルドホルツから離陸します。 StanWyglendowskiによる画像。

フォーキンガムで離陸するために、第313軍輸送機グループのC-47スカイトレインが並んでいます。裏面の手書きキャプション: 'C-47s、313 TCG、フォーキンガム、1944年9月。D。ベンフィールド。エア9thエンドペーパー。

フォーキンガムの第313軍隊キャリアグループのC-46コマンドー。裏面の手書きキャプション: 'C-46、313 TCG、フォーキンガム。 D.ベンフィールド。」

フォーキンガムの第313軍空母打撃群のCG-4Aワコグライダー。裏面の手書きキャプション: 'D。ベンフィールド写真。 CG-4A。フォーキンガム。 313TCG。」

B-17フライングフォートレスを備えた第313部隊キャリアグループのC-46コマンドー(N3-A、シリアル番号44-77541)。アメリカ空軍の写真。スライドケーシングに書かれている:「Thurliegh」。

歴史家ビル・ベイゲルが調査した第313空母打撃群の少尉ジェームズFクラウセンの個人死亡者ファイル(IDPF)からの抜粋。このファイルには、私物の返却、状況と死因、および堕落した空軍兵の追悼について論じた一次文書のコピーが含まれています。編集されていない完全なファイルへのアクセスが必要な場合は、Bill BeigelのWebサイト(www.ww2research.com)またはAAMチーム([email protected])に連絡してください。

ケイティ夫人の乗組員-1944年5月

1942年1月28日に第313輸送グループとして構成されました。1942年3月2日に発動しました。1942年7月に第313軍輸送機グループに再指定されました。C-47およびC-53で海外勤務の訓練を受けました。

1943年4月から5月に北アフリカに移り、第12空軍に配属された。シチリア侵攻の訓練を受け、1943年7月9日の夜、ジェーラの近くに空挺部隊を投下して戦闘に参加しました。 7月11日の夜にシチリア島に援軍を運んでいる間に地上と海軍に攻撃されたが、グループは任務を完了し、パフォーマンスのためにDUCを受け取った。グループがイタリア侵攻のためにシチリア島に移動した8月下旬まで、地中海地域で物資を輸送し、負傷者を避難させた。 1943年9月13日の夜、サレルノの南にある第82空挺師団の空挺部隊を投下し、翌夜、増援任務を遂行しました。

1944年2月まで劇場での輸送活動を再開し、その後イギリスの第9航空軍に加わった。フランスの侵攻に備え、1944年のD-Dayに、ピコヴィル近くの解放された空挺部隊が6月7日に同じ地域に援軍を投下し、侵攻の一部として2番目のDUCを授与されました。

オランダへの空挺攻撃中に9月17日に空挺部隊をアルンハイムとナイメーヘンの近くに投下し、9月18日と23日にその地域に援軍を運ぶグライダーを解放した。1945年2月から3月にフランスに移動し、ラインは3月24日にウェーゼル近くの第17空挺師団の空挺部隊を投下した。

空挺作戦に従事していないとき、グループは負傷した人員と元捕虜を避難させ、また、V-E Dayが終わるまで、弾薬、ガソリン、医薬品、食料などの貨物を輸送しました。 1945年8月から9月に米国に帰国。1945年11月15日に非アクティブ化


1943年後半にC-47スカイトレイン軍輸送機飛行隊として発足し、米国のI軍輸送機司令部の下で訓練を受けました。 1945年の春までイギリスに配備されず、第9空軍の第9空軍空軍司令部に配属されました。戦闘作戦では使用されなかったが、補給品と装備を主にドイツへの最前線の地上部隊に輸送し、死傷者を後部地域に避難させた。 1945年9月に米国に戻り、1946年9月に非アクティブ化されるまで、大陸空軍の輸送戦隊でした。

1957年9月1日に第313部隊空母飛行隊として再指定され、ユニットはオレゴン州ポートランド国際空港に移されました。飛行隊はC-46とC-119フライングボックスカーを飛行し、1958年9月に米国本土の外で最初の予備任務を飛行し、R-33エンジンをアラスカのエルメンドルフ空軍基地に運びました。飛行隊は、キューバのミサイル危機の間、1962年に1か月間現役を命じられました。 1963年に第939空母打撃群の一部となり、1967年7月1日に第313戦術空母打撃群に再指定されました。

1968年7月25日、飛行隊はワシントン州マコードAFBに移管され、そこで第939空中給油グループの一部として第313空中給油飛行隊として再指定されました。マコードでは、C-141Aスターリフターを操縦し、グローバルな戦略的使命を持って、313人目の搭乗員が東南アジアに空輸を提供する多くのサービスを見ました。

第313軍空軍殊勲部隊は、1970年6月に空軍殊勲部隊賞を、1973年1月にベトナム共和国武勲章を授与されました。イスラエル防衛のためのニッケルグラス作戦に参加した後、1974年6月に第2空軍殊勲部隊賞が授与されました。 。 1973年7月に第446軍用空輸棟の一部となりました。

第313空輸飛行隊も数々の安全賞を受賞しており、最近39年と168,000時間以上の無事故飛行を完了しました。


コンテンツ

第二次世界大戦

C-47とC-53で海外勤務の訓練を受けました。 1943年4月から5月に北アフリカに移住し、第12空軍に配属されました。

シチリア侵攻の訓練を受け、1943年7月9日の夜、ジェーラの近くに空挺部隊を投下して戦闘に参加しました。 7月2日の夜にシチリア島に援軍を運んでいる間に地上と海軍に攻撃されたが、グループは任務を完了し、パフォーマンスのためにDUCを受け取った。グループがイタリア侵攻のためにシチリア島に移動した8月下旬まで、地中海地域で物資を輸送し、負傷者を避難させた。 1943年9月13日の夜、サレルノの南にある第82空挺師団の空挺部隊を投下し、翌夜、増援任務を遂行しました。

1944年2月まで劇場での輸送活動を再開し、その後イギリスの第9空軍に加わりました。フランスの侵攻に備え、1944年のD-Dayに、ピコヴィル近くで解放された空挺部隊が6月7日に同じ地域に援軍を投下し、侵攻の一部として2番目のDUCを授与されました。

オランダへの空挺攻撃中に9月17日に空挺部隊をアーネムとナイメゲンの近くに投下し、9月18日と23日にその地域に援軍を運ぶグライダーを解放した。ヴァーシティー作戦の一環として、3月24日にヴェーゼル近くの第17空挺師団の空挺部隊を投下した。

空挺作戦に従事していないとき、グループは負傷した人員と元捕虜を避難させ、また、V-E Dayが終わるまで、弾薬、ガソリン、医薬品、食料などの貨物を輸送しました。

1945年8月から9月に米国に帰国。1945年11月15日に非アクティブ化。

冷戦

1946年9月30日にオーストリアで発動。ヨーロッパ占領軍の米国空軍に配属され、C-47およびC-54航空機を装備し、トゥルン空軍基地に配属され、ホストユニットになりました。

1947年6月25日に人員と装備なしで米国に移送され、戦術航空軍団に配属されました。グライダーとC-82で訓練されています。 1948年7月に第313空母打撃群(重)に再指定されました。1948年10月から11月にドイツに移り、ベルリン空母に参加するためにヨーロッパの在欧アメリカ空軍に加わりました。 1948年11月から1949年9月まで、石炭、食料、医薬品などの貨物を西ベルリンに輸送しました。1949年2月に第313軍航空隊グループ(特別)に再指定されました。1949年9月18日にドイツで非アクティブ化されました。

再指定された第313空母打撃群(中)、1953年2月に米国で発動。戦術航空軍団に配属。 C-119で訓練されています。 1955年6月8日、第313軍の空母翼が三副組織に転換され、すべての運用コンポーネントが翼に直接​​割り当てられたときに非アクティブ化されました。

1978年にイギリスのRAFミルデンホールで再活性化され、空中港での軍事空輸軍団の活動を管理し、米国との間のC-5ギャラクシーおよびC-141スターリフターのフライトを処理するターミナルを運営しました。また、ミルデンホールで「ブラボー」戦隊を主催し、米国からローテーションベースで16機のC-130E / Hヘラクレス輸送機を運用しました。 MACの非アクティブ化の一部として1992年に非アクティブ化され、ミッションはUSAFEに引き継がれました。

系統

  • として構成 313番目の輸送グループ 1942年1月28日
  • 1946年9月30日に発動
  • 再指定 第313空母打撃群(中) 1953年2月1日に発動
  • 再指定 第313戦術空輸グループ 1964年6月15日に発動
  • 再指定 第313戦術空輸グループ 1978年9月15日にアクティブ化されました

割り当て

    、1942年3月2日〜1943年4月24日
    、1943年5月9日、1944年2月4日〜1945年8月5日、1945年9月14日〜11月15日
    、1947年6月25日、1947年7月28日〜1949年9月18日1953年2月1日、1953年8月25日〜1955年6月8日、1978年9月15日〜1992年2月1日

ステーション

    、ジョージア、1942年3月2日、ケンタッキー、1942年6月21日、サウスカロライナ、1942年8月4日、ノースカロライナ、1942年12月13日〜1943年4月24日、フランスのモロッコ、1943年5月9日、チュニジア、1943年6月16日
  • シャッカ飛行場、シチリア島、1943年8月23日
  • トラパニ/ミロ飛行場、シチリア島、1943年10月3日(AAF-484)、イギリス、1944年2月4日
  • アキエット飛行場(B-54)、フランス、1945年2月28日〜8月5日、インディアナ、1945年9月14日〜11月15日、オーストリア、1946年9月30日〜1947年6月25日、バージニア、1947年6月25日、テキサス、1947年7月15日〜10月22日1948年、ドイツ、1948年11月9日〜1949年9月18日、ニューヨーク、1953年2月1日、テネシー州、1953年10月2日〜1955年6月8日、イギリス、1978年9月15日〜1992年2月1日

コンポーネント

    (27)、1942年3月2日-1945年9月22日1946年9月30日-1949年9月18日1953年2月1日-1955年6月8日(N3)、1942年3月2日-1945年9月22日1946年9月30日-1949年9月18日1953年2月1日-1955年6月8日(5X)、1942年3月2日-1945年9月22日1946年9月30日-1949年9月18日1953年2月1日-1955年6月8日(H2)、1942年3月2日-1945年9月22日1946年9月30日-1949年9月18日1953年2月1日-1955年6月8日

航空機


連合国の勝利を確保するためのD-Dayヒーローズブレイブドフラック

「イントゥザナイト」:マットホールのイラストは、IX Troop Carrier CommandのダグラスC-47が、1944年6月6日の午前1時にノルマンディー上空の第82空挺師団と第101空挺師団から空挺部隊を投下する様子を描いています。

Troop Carrier Commandは、ノルマンディー以降で重要な役割を果たし、大規模な空輸で敵のラインの後ろの地面にブーツを急速に配置しました。

75年前のD-Dayの前夜、2人の米陸軍大佐が賭けをしました。第9空軍の第439空母打撃群の39歳の指揮官であるチャールズ・ヤング中佐は、ノルマンディーの目的の着陸帯から300ヤード以内に彼の「リフト」の空挺部隊を配置できると確信していました。第101空挺師団の第506パラシュート歩兵連隊(PIR)を率いたロバート・シンク大佐は懐疑的でした。彼は賭けをしました:5英国ポンド。

オーヴァーロード作戦の最終ブリーフィング中のその交換は、陸軍空軍の軍隊空母司令部と世界中の降下区域に配達された空挺兵士TCCとの間の親密な関係を表しています。

第二次世界大戦の戦闘航空ユニットが今日まで評価されていない場合、それは軍隊の空母司令部です。海兵隊の「ブラックシープ」、AAFのタスキーギエアメン、および女性空軍サービスパイロットは引き続き称賛を受けていますが、TCCの戦争で勝利を収めた貢献はほとんど見過ごされています。それでも、軍隊空挺部隊は真に世界大戦を戦い、その数は驚くべきものです。グライダー空挺部隊やOSSエージェントを除いて、21,800人の空挺部隊による約30の主要な戦闘作戦です。

TCCの主力製品は、ダグラスC-47スカイトレインで、約380機のC-53スカイトルーパー要員輸送機が含まれていました。典型的なスカイトレインの戦闘負荷は18から22の空挺部隊でしたが、C-53は28人の兵士を収容しました。伝説的な1935年のDC-3旅客機から派生した「グーニーバード」は、歴史上最も重要な航空機の1つです。


空挺部隊は1943年7月9日にC-47に搭乗し、連合国のシチリア侵攻に参加しました。 (キーストーン/ゲッティイメージズ)

米陸軍は1940年5月にテストパラシュートユニットを結成しましたが、2年間TCCを設立しませんでした。航空輸送司令部とは別ですが、TCCはまた、戦争中、航空機を輸送し、ATCと一緒に物資を配達しました。それにもかかわらず、TCCは、敵の背後に空挺歩兵を派遣するための教義と方法を迅速に開発しました。空挺部隊は方程式の半分に過ぎませんでしたが、グライダーを曳航するための機器、手順、戦術も開発されました。

アメリカの最初の3回の空挺作戦は、1942年11月から12月にかけてモロッコ、アルジェリア、チュニジアに飛行し、第509歩兵連隊による938回のジャンプが行われました。最初の2回の北アフリカの落下は、古典的な空中飛行場の発作でしたが、3回目は、わずか32人の男性が関与し、重要な橋を爆破しました。そこから、軍隊のキャリアの割り当ての範囲とサイズが拡大しました。

1943年7月、連合国はシチリアの侵攻であるハスキー作戦を開始しました。 7月9日の夜、チュニジアから226機のスカイトレインに搭載された第82空挺師団の部隊が、ゲラ港から内陸の道路と高地を確保するために進水しました。これは、米軍がこれまでに実施した最初の主要な空中作戦であり、2,700人の兵士が深刻な問題に直面しました。航行ミスと強風のため、落下傘兵は海岸線の50から60マイルに沿って散らばり、1個大隊の一部だけがその目的の近くに着陸しました。それにもかかわらず、数え切れないほどの空の兵士は安心するまで持ちこたえました。

10日、米海軍と王立海軍は、中央地中海を支配する重要な島を占領するために約17万人の軍隊を上陸させました。ドイツ空軍の航空機が侵攻艦隊を攻撃し、3隻の船を沈め、船員の神経を鋭くしました。海軍の砲手は、指揮統制が不十分で、視界にある飛行機を撃つ傾向がありました。

ジェラが確保されていたため、当初7月10日に予定されていた降下は7月11日の夜まで延期されました。連合軍の航空司令官はすでに海軍の対応者に警告を発し、船にスケジュールの変更を警告していました。

しかし、軍隊では避けられないように思われるように、一部の人々はその言葉を理解しませんでした。さらに厄介なことに、ドイツ空軍は11日の真夜中直前にC-47の直前に機動部隊に対して最も重い努力を開始しました。

その夜のインバウンドでは、9機のVフォーメーションを飛行しながら電波の沈黙を観察し、144機のC-47が400フィート(好ましい降下高度)で巡航しました。最初の2つのフォーメーションは、ブリーフィングコースを飛行し、シチリア島の南海岸で計画どおりに兵士を降ろしました。

次のビーが浜辺に近づくと、神経質な、または知識のない砲手が発砲しました。今日のフレーズは「発火の伝染」です。 1人のシューティングゲームが開くと、全員も開きます。

輸送SSに乗った沿岸警備隊 レオナルドウッド 「私たちは多くの飛行機を撃墜しましたが、彼らが誰であるかを知りませんでした。」と言いました。 AAFの公式の歴史は、「ゆっくりと飛ぶ雄大な柱は…座っているアヒルのようでした」と結論付けました。そして、ウイングショットの鳥のように、飛行機が次々と炎を上げ、バラバラになって水に落ちました。

パイロットは思い切った決断に直面しました:引き返すか、彼らの軍隊を時期尚早に落とすか、夜の着水を試みます。最終的に、8機のC-47が、兵士を無事に乗せてチュニジアに戻ることに成功しました。

計算が完了するまでに、恐ろしい犠牲者には23機の輸送機が撃墜、墜落、または投棄され、318人の兵士が死亡または負傷し、60人の空軍兵が死亡した。生き残ったC-47の半分以上が戦闘ダメージを受けました。

劇場司令官のドワイト・D・アイゼンハワー将軍の報告は、次のように述べています。 」海軍史家のサミュエル・エリオット・モリソンは、次のように述べています。 。」

1944年6月5日の夜の満月の下で、スカイトレインはノルマンディーに向けて南に向かってイギリスの海岸から離れて登りました。第9空軍の部隊運搬船の戦力は、1944年1月の250名未満から、5月の1,115名まで、6か月で劇的に増加しました。


C-47の空挺部隊は、1944年6月5日の夜に離陸を待ちます。(国立公文書館)

戦闘デビューでは、IX Troop Carrier Commandは、D-Dayに第82空挺師団と第101空挺師団を配備するために約1,200の輸送機と1,400のグライダーを持っていました。リフターは14のグループを代表し、それぞれに4つの戦隊がありました。全部で、アメリカ人とイギリス人は輸送機関とグライダーで約24,000人の兵士を配達しました。

天気が問題でした。チャネルとフランスの上の雲のデッキはチェックポイントを覆い隠し、沿岸の霧が多くのドロップゾーンをブロックしました。それにもかかわらず、スカイトレインの乗組員は前に進み、多くの人が致命的な高射砲に遭遇しました。そのDZに近づくと、435番目のグループは数分以内に3機の飛行機を吹き飛ばしました。

一方、ボブシンク大佐の第506歩兵連隊は、約4マイル内陸のドロップゾーンCに飛び込みました。ヤング中尉と彼の連載の14のスカイトレインは、ほぼすべての兵士を標的に置きました。1人は、シンクの指揮所として指定された家の後ろに木を引っ掛けました。

ヤングのナビゲーターの1人であるロバートデインズ中尉は次のように回想しました。私たちは79番目の飛行機でした。私は前に現れるショーのかなり良い眺めを持っていました。フランスの海岸を渡ったとき、私たちは雲の甲板に遭遇しました。いくつかの飛行機は雲の上に行きました。ドロップゾーンに到達するためのチェックポイントを確認できるように、下にとどまりました。突然、私たちの周りの空中に落下傘兵がいました。雲の上の飛行機が彼の兵士を落とした。何もヒットしなかった神に感謝します。

「真正面の機関銃の位置が、私たちの前の飛行で発砲し始めました。彼はそれが鼻を鳴らしたリードプレーンにぶつかり、着陸灯が点滅し、左翼で落ち、地面に火の玉で墜落した。火の玉から突き出ているのが見えたのは、翼端と尾翼だけでした。

「それから、私たちの時代は機関銃の位置から攻撃を受けるようになりました。彼は緑色のトレーサーを発射し、それらを私たちの飛行機に向かって歩いていました。彼らは飛行機の右側にやってきた。私たちはそれを手に入れるつもりだと思った。副操縦士は身を守るために腕を投げた。私は高射砲のヘルメットと高射砲のスーツを着ていました。 I ducked my head down, waiting for the impact. The tracers were so close they lit up the cockpit with a green flow, then stopped. We didn’t get a scratch. Another second and the shells would have penetrated the gas tanks. I wouldn’t be here to tell this story.”


C-47A 43-15665 of the 434th Troop Carrier Group, en route to Normandy with parapacks under its wings, later became the first airplane to land on the North Pole, on May 3, 1952. (National Archives)

Eleven of the U.S. TCC groups lost 20 aircraft, including four of Lt. Col. Young’s 439th Group. However, after the 506th Infantry returned to England in July, an officer appeared at the 439th’s field at Upottery. Because most of Sink’s command element had landed within 200 yards of the goal, the paratrooper handed Young a £10 note from Bob Sink—twice the amount of the bet.

Troop carriers also contributed to Operation Dragoon, the Allied invasion of southern France on August 15, 1944. Three TCC wings with 396 planes from Italy delivered some 5,600 troopers into the Riviera, surely the most glamorous venue of the war. The drop included a parachute regiment, two independent battalions and a glider infantry battalion plus artillery and engineers. The Americans also carried the British 2nd Parachute Brigade, with three battalions. Despite overcast and fog, the C-47 crews delivered their cargos accurately. The airborne force subsequently covered Seventh Army’s right flank while driving on Nice, secured at month’s end.

Three months after D-Day, Operation Market Garden was supposed to shorten the European war. But the September 17-25 air-ground assault into Holland encountered one snag after another, resulting in a bitter defeat for British Field Marshal Bernard Montgomery, who had organized the effort.

The First Allied Airborne Army lifted 36 battalions of infantry by 1,274 U.S. and 164 RAF C-47s and Dakotas, plus more than 3,100 gliders. But the transports could only deliver 60 percent of the ground forces in one mission. On the first day 90 percent of the Ninth Air Force planes dropped paratroopers, flipping to 90 percent gliders on the second day.


Operation Market Garden, the airborne assault on Holland and Belgium had over 1,400 C-47s, plus more than 3,100 gliders deliver 36 Battalions of infantry. Unlike the dark of night drops during D-Day, these missions were flown in daylight. (国立公文書館)

Troop Carrier Command delivered nearly 90 percent of its paratroopers within 1,000 yards of their drop zones, and 84 percent of the gliders. That record contrasted vividly with the drop at Nor­mandy, where some troopers landed up to 12 miles off course.

Lieutenant Colonel Lawrence McMurtry of the 15th Troop Carrier Squadron, 61st Group, recounted: “We took off from Barkston Heath at 1150 hours. No difficulties were experienced as all planes easily assumed formation. Weather was excellent on the run in and return home—a factor that measured immeasurably in delivering our troops with minimum of inconvenience to them. Very few cases of sickness in flight were reported, and all airborne troops were dropped.

“The good weather conditions and adequate briefing enabled all planes to reach our DZ on schedule and very effective blue smoke positively identified our DZ. All aircraft—18 C-47s—reported dropping on the DZ.

“Heavy and light flak was experienced at four miles from the DZ. Several planes were hit and one had to be grounded when it reached home base. We suffered no casualties and all our aircraft returned by 1645 hours.

“Several planes experienced difficulties releasing supply bundles and radio silence was broken to inform these planes of their failure to release. One aircraft made a second pass but the bundle would not release. Ten bundles were returned. Cause of the trouble was: inexperience in attachment of bundles on the part of the airborne troops.”

TCC lost 27 C-47s on the first day and 17 on the second, with 21 more lost through the 25th—a total of 65 transports. But those losses were sustainable, and operations continued.

After Overlord and Market Garden, airborne commitments expanded. By 1945 the strength of a troop carrier group’s four squadrons was 80 to 110 aircraft, with 128 crews among 1,837 personnel.

The Rhine was the prize on March 24, 1945, as the Allies launched Operation Varsity, crossing into Germany. Airborne forces were committed to secure bridges and areas on the east bank around Wesel while amphibious units crossed over. However, nine months after D-Day, the Allies still lacked enough airlift. Consequently, the U.S. 13th Airborne Divi­sion was dropped from the plan, and the operation proceeded with the 17th (9,400 men) and the British 6th (7,200 men). The total airlift constituted more than 1,600 transports and 1,300 gliders.


Paratroopers of the 17th Airborne Division get ready to board their new Douglas C-46 planes of the 52nd Troop Carrier Wing for Operation Varsity, March 24, 1945. (National Archives).

The TCC groups operated near Paris, where the 17th Division was camped. Wesel, the target area, lay 270 miles northeast. The 17th was lifted in part by 226 C-47s and 72 new Curtiss C-46 Commandos towing more than 900 gliders, while 750 RAF Dakotas towed another 420 gliders. Coordination was important: Most U.S. serials cruised at 140 mph, passing under Dakotas towing Airspeed Horsa gliders at 115 mph.

Varsity was the first European operation for the C-46, and the last. Though bigger and faster than the C-47, with superior altitude (irrelevant to airborne ops), the Commando was maintenance intensive, with a succession of post-production modifications from the trouble-plagued Curtiss company. Lieutenant Colonel William Filer’s 313th Troop Carrier Group was the only unit to fly C-46s in ETO combat.

Almost 900 U.S. fighters swept the region, establishing air superiority. Meanwhile, observers on the ground noted that the procession extended almost 200 miles, taking 2½ hours to pass overhead.

Unlike most previous airborne operations, in Varsity the troop carriers flew at low level in daylight, within range of German light and medium anti-aircraft guns. Anticipating battle damage, many C-47s were retrofitted with self-sealing fuel tanks, but the C-46s retained standard equipment. That probably accounted for the heavy C-46 losses: 19 of 72 Commandos, more than one in four.

Captain Victor Anderson of the 61st Troop Car­rier Group carried 16 British troopers in his Sky­train. “It was after completing my second pass at the DZ and on my turn to the left…that I received concentrated small arms fire,” he remembered. “One of the shells penetrated the cockpit on the right side and shot out a gauge, releasing hydraulic pressure. The point of penetration was to the right and below the copilot’s seat. Before takeoff, the copilot, 2nd Lt. James A. Oien, and I noticed two extra flak suits in our aircraft. We used them to improvise additional armor by placing them under the seats and the two sides of the cockpit. It was that portion of the flak suit that Lt. Oien placed to the right of his seat and next to the side of the cockpit that ultimately stopped the shell, thus preventing a possible casualty. The shell was recovered and shows to be a German .30-caliber.” Landing in France, Anderson’s crew found hits in the elevator, rudder, belly and creased main gas lines.

In addition to the 19 Commandos lost by the 313th Group, the 315th wrote off seven Skytrains. In all, 30 U.S. transports were lost from nine groups. Varsity remains the largest single-drop airborne operation of all time, delivering 16,600 sky soldiers in transports and gliders.

Given the island-hopping nature of the Pacific War, airborne operations were essential to supporting Allied amphibious landings. The first Pacific operation of note occurred in New Guinea on September 5, 1943. General Douglas MacArthur provided a battalion of the 503rd PIR to seize Nadzab ahead of an Australian brigade en route to capturing the strategic Markham Valley. The 317th Troop Carrier Group had trained with the 503rd PIR in Australia, forming a strong team. Flying in daylight, the 317th contributed 24 of the 84 aircraft, leading elements of the 375th and 403rd groups. Captain Herbert Waldman, a 24-year-old statistician from New York, reported looking down the runway at Port Moresby and seeing “Skytrains as far as the eye could see—an amazing sight!”

Weather delayed takeoff, but at length the procession crossed the Owen Stanley Range beneath an umbrella of P-38s, P-39s and P-47s, while B-25s and A-20s prepared to suppress Japanese defenses. Douglases droned over the target at 400 feet, slowing from 155 to 100 mph.


Crewmen inspect flak damage to the 317th Troop Carrier Group C-47 ”Jungle Skipper” upon its return from dropping paratroopers over Corregidor Island on February 16, 1945. (U.S. Air Force)

Maintaining tight formations, the aircrews delivered a concentration of 1,700 paratroopers into Nadzab’s tall grass. There was no opposition from enemy aircraft or AA guns. MacArthur observed the drop and messaged, “Gentlemen, that was as fine an example of discipline and training as I have ever witnessed.”

The next significant Pacific airborne op came 10 months later at Noemfoor Island off New Guinea’s northwest coast. On July 3-4, 1944, troop carriers delivered two battalions of the 503rd PIR in Operation Table Tennis, reinforcing amphibious forces already ashore.

Japan had owned the Philippine Islands since May 1942, but the archipelago remained a vital U.S. interest. American forces returned to the Philippines in overwhelming strength in October 1944, with combat lasting into June 1945. A small but important objective was Corregidor Island near the entrance to Manila Bay.

The veteran 317th “Jungle Zippers” delivered troopers into Corregidor’s two square miles, a challenging terrain with ravines and 500-foot cliffs. Planners selected two small drop zones, each assigned two troop carrier squadrons.

Fifty-one Skytrains of the 317th delivered 2,000 troopers in four waves on February 16 and 17, 1945. Owing to the extremely small targets, transports only dropped six to eight troopers per pass to keep them concentrated on the ground. Thus, most planes made three passes through groundfire to complete delivery.

Half the aircraft took hits, and despite the low drops, 12 troopers were killed in their chutes. But the mission succeeded, with Corregidor secured 10 days later.

Troop Carrier Command stood down in late 1945, but airborne assault operations continued in the Korean War. Transport planes flew 19 missions totaling 7,000 jumpers, with two major opera­tions in 1950 and 1951.

During the Cold War the troop carrier mission passed to Air Mobility Command. Today it belongs to Air Combat Command, heir to a historic legacy seven decades old.

Frequent contributor Barrett Tillman is the author of more than 40 books on military history, including D-Day Encyclopedia. Further reading: Into the Valley: The Untold Story of USAAF Troop Carrier in World War II, by Col. Charles H. Young and World War II Army Airborne Troop Carriers, by David Polk.

This feature originally appeared in the July 2019 issue of 航空の歴史。 ここで購読してください!


コンテンツ

系統

  • Constituted as 313th Transport Group on 28 Jan 1942
  • Activated on 30 Sep 1946
  • Redesignated 313th Troop Carrier Group (Medium) and activated on 1 Feb 1953

割り当て

    , 2 Mar 1942-24 Apr 1943
    , 9 May 1943 , 4 Feb 1944-5 Aug 1945 , 14 Sep-15 Nov 1945
    , 25 Jun 1947 , 28 Jul 1947-18 Sep 1949 1 Feb 1953 , 25 Aug 1953-8 Jun 1955

ステーション

    , Georgia, 2 Mar 1942 , Kentucky, 21 Jun 1942 , South Carolina, 4 Aug 1942 , North Carolina, 13 Dec 1942-24 Apr 1943 , French Morocco, 9 May 1943 , Tunisia, 16 Jun 1943
  • Sciacca Airfield, Sicily, 23 Aug 1943
  • Trapani/Milo Airfield, Sicily, 3 Oct 1943 (AAF-484), England, 4 Feb 1944
  • Achiet Airfield (B-54), France, 28 Feb-5 Aug 1945 , Indiana, 14 Sep-15 Nov 1945 , Austria, 30 Sep 1946-25 Jun 1947 , Virginia, 25 Jun 1947 , Texas, 15 Jul 1947-22 Oct 1948 , Germany, 9 Nov 1948-18 Sep 1949 , New York, 1 Feb 1953 , Tennessee, 2 Oct 1953-8 Jun 1955.

Components

  • 29th Troop Carrier Squadron (27), 2 Mar 1942-22 Sep 1945 30 Sep 1946-18 Sep 1949 1 Feb 1953-8 Jun 1955
  • 47th Troop Carrier Squadron (N3), 2 Mar 1942-22 Sep 1945 30 Sep 1946-18 Sep 1949 1 Feb 1953-8 Jun 1955
  • 48th Troop Carrier Squadron (5X), 2 Mar 1942-22 Sep 1945 30 Sep 1946-18 Sep 1949 1 Feb 1953-8 Jun 1955
  • 49th Troop Carrier Squadron (H2), 2 Mar 1942-22 Sep 1945 30 Sep 1946-18 Sep 1949 1 Feb 1953-8 Jun 1955

航空機

Operations

第二次世界大戦

Trained for overseas duty with C-47's and C-53's. Moved to North Africa, Apr-May 1943, and assigned to Twelfth Air Force.

Trained for the invasion of Sicily and entered combat on the night of 9 Jul 1943 by dropping paratroops near Gela. Although attacked by ground and naval forces while carrying reinforcements to Sicily on the night of II Jul, the group completed the mission and received a DUC for the performance. Transported supplies and evacuated wounded in the Mediterranean area until late in Aug when the group moved to Sicily for the invasion of Italy. Dropped paratroops of 82d Airborne Division south of Salerno on the night of 13 Sep 7943 and flew a reinforcement mission the following night.

Resumed transport activities in the theater until Feb 1944, and then joined Ninth Air Force in England. Prepared for the invasion of France and on D-Day 1944, released paratroops near Picauville dropped reinforcements over the same area on 7 Jun, being awarded second DUC for its part in the invasion.

Dropped paratroops near Arnheim and Nijmegen on 17 Sep during the airborne attack on Holland and released gliders carrying reinforcements to that area on 18 and 23 Sep. Moved to France, Feb-Mar 1945, and received C- 46's for the airborne assault across the Rhine dropped paratroops of 17th Airborne Division near Wesel on 24 Mar. When not engaged in airborne operations the group evacuated wounded personnel and ex-prisoners of war, and also transported cargo such as ammunition, gasoline, medical supplies, and food until after V-E Day.

Returned to the US, Aug-Sep 1945. Inactivated on 15 Nov 1945.

Cold War

Activated in Austria on 30 Sep 1946. Assigned to United States Air Forces in Europe Army of Occupation and equipped with C-47 and C-54 aircraft was assigned to Tulln Air Base, becoming host unit.

Transferred, without personnel and equipment, to the US on 25 Jun 1947 and assigned to Tactical Air Command. Trained with gliders and C-82's. Redesignated 313th Troop Carrier Group, (Heavy) in Jul 1948. Moved to Germany, Oct-Nov 1948, and joined United States Air Forces in Europe for participation in the Berlin airlift. Transported cargo such as coal, food, and medicine into West Berlin from Nov 1948 to Sep 1949. Redesignated 313th Troop Carrier Group (Special) in Feb 1949. Inactivated in Germany on 18 Sep 1949.

Redesignated 313th Troop Carrier Group (Medium), Activated in the US on Feb 1953. Assigned to Tactical Air Command. Trained with C-119's. Inactivated on 8 Jun 1955 when 313th Troop Carrier Wing converted to Tri-Deputate organization and assigned all operational components directly to the wing.


コンテンツ

The 29th Weapons Squadron conducts graduate-level instruction in weapons and tactics employment with the Lockheed C-130J Hercules. [5] A detachment of the squadron at Rosecrans Field performs the same mission for Air National Guard and Air Force Reserve C-130H crews. [6]

第二次世界大戦編集

The squadron was activated as the 29th Transport Squadron in March 1942 as the original squadron of the 313th Transport Group. The group was expanded from a headquarters and a single squadron in June, when the 47th, 48th, and 49th Transport Squadrons were activated to fill out the 313th. [7] [8] The 29th trained under Air Transport Command (later I Troop Carrier Command) and equipped with Douglas C-47 Skytrain aircraft and other military models of the Douglas DC-3, including the C-53 Skytrooper in the southeastern United States. [2] [8]

Mediterranean operations Edit

The squadron, now named the 29th Troop Carrier Squadron, moved to Oujda Airfield, French Morocco after the Operation Torch landings. It performed airlift of supplies and personnel to ground forces advancing through Algeria into Tunisia as part of Twelfth Air Force. The unit also evacuated wounded personnel to rear areas. [8]

The 29th, along with the 47th and 48th Squadrons of the 313th Group, took part in Operation Husky, the invasion of Sicily. Although blown far off course on the first airdrops on the island by strong winds, the squadron managed to drop their paratroops near Avola, where they were able to assist British forces in seizing that town. [9] Two days later, 11 July 1943, the squadron was part of a formation of troop carrier units of the 52d Troop Carrier Wing bringing reinforcements, planning to drop paratroops near Gela. Planes of the 313th Group led the stream of troop carriers. However, attacks in the Gela area by enemy aircraft had sunk two ships and forced other ships in the invasion force to disperse. The heaviest enemy attack came at 2150 hours. Fifty minutes later, the first 313th Group aircraft approached the drop zone. The 48th was able to successfully make its drop on Farello Airfield. Mistaking the troop carriers for another enemy attack, ships of the assault force and antiaircraft units ashore began a heavy fire on squadron's C-47s as they departed. Of the 144 planes of the 52d Wing that participated in the mission, 23 were shot down and an additional 37 were heavily damaged. [10] [11] For its completion of this mission the squadron earned its first Distinguished Unit Citation (DUC). [2]

It moved to Sicily for Operation Avalanche, the invasion of Italy. It dropped paratroopers of 82d Airborne Division south of Salerno on the night of 13 September 1943 and flew a reinforcement mission the following night. [8]

European operations Edit

In February 1944, the squadron moved to RAF Folkingham, England, where it became part of IX Troop Carrier Command and began training for the assault on the continent of Europe. On D-Day the squadron dropped paratroopers near Picauville, Normandy and dropped reinforcements the following day. The squadron's efforts during Operation Overlord earned it a second DUC. [8]

On 17 September, the squadron participated in Operation Market Garden, the airborne assault on the Netherlands, when it dropped troopers near Arnhem and Nijmegen. In February 1945, the squadron moved to Achiet Airfield in France, where it began converting to Curtiss C-46 Commandos in preparation for Operation Varsity, the airborne assault across the Rhine. On 24 March 1945 it dropped elements of the 17th Airborne Division near Wesel. [8]

The squadron continued to operate from Achiet during 1945, performing transportation of personnel and supplies within Europe. It evacuated wounded and former prisoners of war and brought gasoline, ammunition to forward areas. After V-E Day, it continued to transport medical equipment and other supplies. In September, the squadron's personnel returned to the United States and it was inactivated on arrival at the Port of Embarkation. [2] [8]

In August 1945 the squadron returned to the United States, and was inactivated at the Port of Embarkation in September. [2]

Army of Occupation and Berlin Airlift Edit

The squadron was activated at Capodichino Airport near Naples, Italy at the end of September 1946, absorbing the mission, personnel and equipment of the 305th Troop Carrier Squadron, which was simultaneously inactivated. [12] It once again was equipped with C-47s. The squadron briefly moved to Tulln Air Base, Austria in the spring of 1947. [2]

The squadron transferred without personnel and equipment to the States in June 1947. At Bergstrom Field, Texas it trained with Fairchild C-82 Packets and gliders. The squadron departed Bergstrom for in late October 1948 for Germany, arriving in early November to reinforce airlift units in Operation Vittles, the Berlin airlift as winter approached and the demand for supplies increased. Operating from a Royal Air Force base because of congestion at United States Air Forces Europe bases in Germany, the unit used Douglas C-54 Skymasters to transport cargo including coal, food, and medicine into West Berlin. As airlift forces in Europe were reduced following the lifting of the Soviet blockade, and faced with President Truman’s smaller 1949 defense budget, the Air Force was required to reduce the number of its groups to 48. The squadron was inactivated in September 1949. [8] [13] [14]

Cold War Edit

The squadron was activated at Mitchel Air Force Base, New York in February 1953, assuming the personnel and Fairchild C-119 Flying Boxcars of the 335th Troop Carrier Squadron, an Air Force Reserve unit that had been called to active duty for the Korean War and was transitioning to the C-119 from the Curtiss Commando. [15] The squadron trained to maintain combat readiness in tactical airlift operations. It was inactivated on 8 June 1955. [2]

ベトナム戦争編集

The squadron was reactivated at Forbes Air Force Base, Kansas in 1964, flying Lockheed C-130 Hercules. [2] In March 1965, the 29th became the first combat-ready unit of Tactical Air Command at Forbes. It then assumed a commitment to rotate aircraft to the Panama Canal Zone. The squadron frequently deployed to support airlift requirements of overseas commands, participate in tactical exercises and disaster relief. [ 要出典 ]

In December 1965 the squadron left Forbes for Clark Air Base, Philippines, arriving in late January 1966 to perform theater airlift in Southeast Asia as part of 315th Air Division. [2] The unit deployed aircraft and crews to provide intra-theater airlift for United States military civic actions, combat support and civic assistance throughout the Republic of Vietnam, particularly from the C-130 operating location at Tan Son Nhut Airport outside Saigon. [ 要出典 ] In May 1969, the unit assumed the Commando Vault mission, dropping a 10,000-pound bomb designed to clear helicopter landing zones out of jungle from its cargo bay. [2] The squadron was inactivated in October 1970 [2] and its remaining aircraft and crews were distributed among the 463d Tactical Airlift Wing's other squadrons.

The squadron was reactivated in April 1971 at Langley Air Force Base, Virginia and began training with C-130s. Shortly after becoming combat ready, in November its mission, equipment and personnel were transferred to the 38th Tactical Airlift Squadron and the 29th was inactivated. [2]

Weapons system training Edit

The squadron was redesignated the 29th Weapons Squadron and reactivated in June 2003 at Little Rock Air Force Base, Arkansas as part of the USAF Mobility Weapons School and equipped with C-130 Hercules. The squadron was reassigned to the USAF Weapons School at Nellis Air Force Base, Nevada in 2006. [2] In August 2014 the squadron established a detachment at Rosecrans Field, Missouri to conduct the Weapons Instructor Course for Air National Guard and Air Force Reserve aircrews flying the C-130H. This allowed the elements at Little Rock the ability to focus primarily on the C-130J. [6]


ビデオを見る: קונצרט ביום הטנקיסט קבוצת הקונצרטים של חיל האוויר וכוחות ההגנה האווירית שרה