恐竜:アロサウルス、「異なる」超捕食者

恐竜:アロサウルス、「異なる」超捕食者

アロサウルスファイル

翻訳:奇妙なトカゲまたは「別のトカゲ」
別名:Antrodemus、Creosaurus
説明:肉食動物、二足歩行
注文:Saurischia
サブオーダー:Theropoda
インフラオーダー:Tetanurae
マイクロオーダー:カルノサウリア
家族:Allosauridae
高さ:5.2メートル
長さ:12.2メートル
重量:1,814 kg
限目: ジュラ紀 遅い

アロサウルスは最もよく知られているカルノサウルスの1つです そして、その名前は「異なるトカゲ」を意味し、その独特の凹状の椎骨を指します(発見時)。

ユタ州の1つの場所で、若い人から大人まで60人の骸​​骨が発見されました。 アロサウルスはアッパージュラシックの最も一般的なカルノサウルスでした。これらは1877年に古生物学者OthnielCharlesMarshによって発見されました。

アロサウルスの特徴

ザ・ アロサウルス それは大きな二足歩行の捕食者でした。その頭蓋骨は大きく、何十もの鋭い鋸歯状の歯を備えていました。

彼らの平均の長さは 8.5メートル、発見された断片的な遺物は 12メートルに達する可能性があります.

大きくて力強い後肢に比べて、彼の3本指の前肢は小さく、 ティラノサウルス・レックス、長くて筋肉質な尾のおかげでバランスが取れています。

その最も特徴的な機能は 各目の上と前にある2つの短い角の存在.

モリソンフォーメーションエリア(コロラド、アメリカ)で最大かつ最も豊富な捕食者として、 アロサウルスは超捕食者と見なされます フードチェーンのトップにいて、おそらく他の大きな草食性の恐竜や他の捕食者を食べています。

アロサウルスはどのように狩りをしましたか?

一部の古生物学者は アロサウルスは協力的な社会的行動をしました、彼は群れで狩りをしました。一方、他の専門家は これらの恐竜はお互いに攻撃的だった可能性があります、そして群れは彼らに彼ら自身の体を食べさせるだけだろうと。

それは他の大きな肉食動物よりもはるかに弱い咬合力とはるかに広い口を持っていたので、 アロサウルスが獲物を待ち伏せした可能性が非常に高い、斧のように彼の上顎を使用します。

そのサイズにもかかわらず、それは信じられています アロサウルスは素早いハンターでした、最大32 km / hの速度で3.7メートルの長さのストライドで実行されます。

画像:ストック写真-ShutterstockのAnton_IvanovとChengWei

大学で歴史を学び、以前の多くのテストを経て、レッドヒストリアが誕生しました。このプロジェクトは、考古学、歴史、人類の最も重要なニュースだけでなく、興味のある記事、好奇心などを見つけることができる普及手段として登場しました。要するに、情報を共有し、学び続けることができるすべての人のための待ち合わせ場所です。


ビデオ: ARK文武両道テリジノサウルス32ARK Survival Evolved