Dionsaurs:Anchiceratopsとその顔の3つの角

Dionsaurs:Anchiceratopsとその顔の3つの角

Anchiceratopsプロファイル

翻訳:角のある顔
説明:草食動物、4倍
注文:Ornithischia
サブオーダー:Marginocephalia
インフラオーダー:セラトプシア
ネオセラトプシアマイクロオーダー
家族:Ceratopsidae
高さ:2.1メートル
長さ:4.9メートル
重量:1.2トン
限目: 白亜紀 より高い

Anchiceratopsは草食性の恐竜でした カナダのアルバータで発見されました。その巨大な頭は大きなオウム風のくちばしと3つの角で覆われ、2つは目の上に、もう1つは鼻にあり、肩は長い骨のフリルで覆われていました。

Anchiceratopsの最も特徴的な点は、その尾でした。、その端(後頭)に大きくて厚い三角形の骨の突起がある長方形の形で、それらのいくつかはそのフリルの側面にも見られます。

それはアメリカの古生物学者によって発見されました バーナムブラウン 1914年に、当時のそれを モノクロニウス そしてその トリセラトプス.

大学で歴史を学び、以前の多くのテストを経て、レッドヒストリアが誕生しました。このプロジェクトは、考古学、歴史、人類の最も重要なニュースだけでなく、興味のある記事、好奇心などを見つけることができる普及手段として登場しました。要するに、情報を共有し、学び続けることができるすべての人のための待ち合わせ場所です。


ビデオ: The Day the Mesozoic Died: The Asteroid That Killed the Dinosaurs HHMI BioInteractive Video