Megaloceros matritensis:プレストセンのマンサナレス川渓谷に生息する巨大な鹿

Megaloceros matritensis:プレストセンのマンサナレス川渓谷に生息する巨大な鹿

国立自然科学博物館(MNCN-CSIC)の研究者Jan van der Madeは、 Megaloceros savini、巨大な鹿のグループの矮星の形です。

名前の付いた新種 Megaloceros matritensis、の属の他のものと密接に関連しています 巨大な鹿メガロセロス。 「それは確かに約35万年前にはかなり一般的な動物でした。当時、それはより有名な親戚であるM.giganteusの同時代人でした」とVanderMadeは言います。

種の定義の基礎となる化石は、MNCNのコレクションに保管されています。 昨年2月7日以降、サンプルをご覧いただけます これは、この鹿がどのようなものであったか、そして川の段丘の地質学的特徴を説明しています。それらが属する時期はヨーロッパで十分に文書化されており、その種がこれまでに検出されていないことは驚くべきことです。

「これまで、マンサナレステラスの化石は前任者のM. saviniのものであると考えられていたため、リバーテラスの年代測定に矛盾が生じました。この発見により、テラスの年齢に関する混乱は解決されました。テラスは40万年から30万年前に形成されたものです」と、研究者は明らかにしています。

小さな巨大な鹿

枝角の形や歯や骨の大きさの違いに加えて、 種は咀嚼適応を持っていた、特に大きな前臼歯、特に厚いエナメルを含む歯、および顆(顎と頭蓋骨を結合する関節)の低い位置など。

「この鹿の食事はわかりませんが、その化石によって提供されたデータから、多くの食べ物を選んだのはブラウジング草食動物であったと推測できます。その歯のエナメルの厚さは、それが通常巨大な鹿の食事を形成するものよりも硬い植物を食べた可能性があると私たちに思わせます。同様に、その化石が発見された地域の地質学的特徴は、おそらく彼らの食事の一部であった石膏が豊富な土壌に適応した植物の成長に有利に働きます」と古生物学者は説明します。

種はのおかげで説明されています テラスで集められた化石材料 それは何千年もの間、マドリッドの南にあるマンサナレス川を形成していた。

「私たちは、高度に文書化された地質学的段階について話している」とファンデルメイドは説明する。 「私たちの主人公は当時マンサナレス盆地の住民の食事の一部だったので、私たちが現在M. matritensisに属していることがわかっている多くの資料は、AcheuleanおよびMousterianの石材産業とともに考古学的な場所で発見されました」と続けます。専門家。

「この研究の好奇心の1つは、種がサイズを大きくすることによって進化する傾向があるというCopeの規則と矛盾することです。これは、cervidsが準拠しているように見える規則です。しかし、巨大な鹿の血統の最後のメンバーであるM. matritensisは、 中期プレストセン」とファンデルメイドは言います。

書誌参照:

Jan van derMade。 «矮小化した「巨大な鹿」Megalocerosmatritensis n.sp.マドリッドの中部プレストセンから-M.saviniの子孫であり、M。giganteusと同時代«。 (2018)クォータナリーインターナショナル。 DOI:https://doi.org/10.1016/j.quaint.2018.06.006。


ビデオ: 閲覧音声注意腹空かせたクマに襲われシカが絶叫