恐竜:アンキロサウルス、装甲トカゲ

恐竜:アンキロサウルス、装甲トカゲ

アンキロサウルスプロファイル

翻訳:装甲トカゲ
説明:草食動物、4倍
注文: Ornithischia
サブオーダー:Thyreophora
インフラオーダー:アンキロサウルス
家族:Ankylosauridae
高さ:3.4メートル
長さ:10メートル
重量:4,536 kg
限目: 白亜紀 より高い

装甲恐竜の中で最もよく知られている、 アンキロサウルス の最後で最大だった アンキロサウリダエ、そのサイズを長さ約10メートル、高さ3メートル以上、重量4,000キロ以上と見積もっています。

彼は四つんばいで、広くて丈夫な体を持っていました。その丈夫な肌は骨のプレートで覆われており、強大な尻尾を振って敵を攻撃し、たとえば捕食者をしなやかにさせることができました。

その頭蓋骨は非常に広くて低く、2つの角が後頭部から後ろを向いており、他の2つの角がこれらの下にありました。

アンキロサウルスはアンキロサウリダエ科に属しています、そして彼の近親者の間で私たちは見つけることができます アノドントサウルス とに Euoplocephalus.

この恐竜は モンタナとアルバータで見つかった化石.

アンキロサウルスの餌やり

アンキロサウルスは草食性でした 他のornithischiaのように。彼らの食事には、丈夫な葉と肉質の果物、そしておそらく繊維質で木質の植物があったと考えられていますが、後者は検討中です。

さらに、それはおそらくシダと低成長の低木を食べました、 1日60キロに達する.

アンキロサウルスの防御

アンキロサウルスは 非常によく保護された恐竜 それらの下の筋肉組織はかなり弱かったと信じられているが、強い骨のプレートによって。

これらのプレートは骨組織に直接埋め込まれます、アンキロサウルスのユニークな特徴であり、軽くて耐久性のある鎧を与え、捕食者から完璧に保護します。

古生物学者 ケネス大工 1982年に、鎧も重要な役割を果たしたと示唆しました。 温度調節、現在のワニで起こるのと同じように。

アンキロサウルスの生息地

ザ・ アンキロサウルス 6800万年から6600万年前、白亜紀のマーストリヒチアンに住んでいた。 白亜紀-古生物の絶滅イベント.

画像: ストック写真-ShutterstockのDanielEskridge(表紙)とWarpaintenによる.

大学で歴史を学び、以前の多くのテストを経て、レッドヒストリアが誕生しました。このプロジェクトは、考古学、歴史、人類に関する最も重要なニュースだけでなく、興味のある記事、好奇心などを見つけることができる普及手段として登場しました。要するに、情報を共有し、学び続けることができるすべての人のための待ち合わせ場所です。


ビデオ: アンキロサウルスvsメトリアカントサウルスジュラシックワールドエボリューション