恐竜:南のトカゲ、アンタルクトサウルス

恐竜:南のトカゲ、アンタルクトサウルス

アンタルクトサウルスファイル

翻訳:サザントカゲ
説明:草食動物、4倍
注文:Saurischia
サブオーダー:Sauropodomorpha
インフラオーダー:サウロポダ
家族:チタノサウリダエ
高さ:6.1メートル
長さ:18メートル
重量:36,300-45,360 kg
限目: 白亜紀 より高い

ザ・ アンタルクトサウルス のジャンルです チタノサウルス 地球に住んでいた 南アメリカの白亜紀、今度は南半球に住んでいた最大の恐竜の1つです。

この恐竜の残骸は1916年に最初に印刷されましたが、古生物学者のフリードリッヒ・フォン・ヒューネがモノグラフを書いた1929年まで完全には説明されていませんでした。

一般的な信念に反して、 南極サウルスは南極大陸からその名前を取得していません、しかしその名前はギリシャ語の同じ派生に由来しています ""、 それは何ですか "反対”, “arktos"、 どういう意味ですか "「、Y」サウルス"、 どういう意味ですか "トカゲ”.

1912年に地質学者によってアルゼンチンで初めて発見されました リカルド・ウィッチマン.

もあります Antarctosaurus jaxarticus それはカザフスタンで発見されましたが、大腿骨からのみ知られています。

画像:StockPhotos-ShutterstockのSebastianKaulitzkiによる

大学で歴史を学び、以前の多くのテストを経て、レッドヒストリアが誕生しました。このプロジェクトは、考古学、歴史、人類に関する最も重要なニュースだけでなく、興味のある記事、好奇心などを見つけることができる普及手段として登場しました。要するに、情報を共有し、学び続けることができるすべての人のための待ち合わせ場所です。


ビデオ: 最大級の海トカゲハイノサウルスで大量の海怪獣を倒してみた#41 Jurassic World: The Game 実況