ADIPROPEは、ノートルダムでの火災後、スペインの世界遺産のケア、安全性、予防を強化する必要性について警告しています

ADIPROPEは、ノートルダムでの火災後、スペインの世界遺産のケア、安全性、予防を強化する必要性について警告しています

象徴的な世界遺産のシンボルがひどい火事の影響を受けたパリで最近経験した悲しい出来事に直面して、 スペインの世界遺産の普及と促進のための協会、ADIPROPEは、まず第一に、この深刻な出来事を後悔するとともに、フランスの人々との連帯を示し、ノートルダム大聖堂の火災後の世界遺産のケア、セキュリティ、予防を強化する必要性について警告したいと考えています。

ADIPROPEの社長であるIgnacioBuqueras y Bach氏は、次のように述べています。スペインは、ユネスコによって世界遺産として宣言されたスペースの数が最も多い3番目の国です。、いつかノートルダム大聖堂と同様の悲劇に見舞われる可能性のあるユニークな宝石」。

「国家緊急計画と文化遺産のリスク管理が作成され、その実施からわずか5年前に、ロルカでひどい地震に見舞われる必要があったことを思い出してください。」

「現在、47のスペースでリスク管理計画を世界遺産として宣言することは必須ではありません。 最近の出来事の後で理解するのが難しい何か そして、スペインの世界遺産の普及と促進のための協会–ADIPROPE–から、私たちは規則の迅速な更新を要求します」とIgnacio Buqueras yBach氏は言います。

ブケラス大統領は、「フランスが経験している悲劇、そしてそれとともにヨーロッパと世界が経験している悲劇」を説明することで発言を締めくくります。 すべての責任ある市民が前進するように動機付けする必要があります。私たちは皆、パリで経験したような事件を防ぐために協力することができ、また協力しなければなりません。私たちの提案、アイデア、協力の申し出、経済的貢献などは、スペイン全土に存在する市民社会の代表的な実体を通じて、また連帯を呼びかけるソーシャルコミュニケーションメディアを通じて伝達することができます。 ADIPROPEは、提案をチャネル化するためのプラットフォームとして、電子メール[email protected]を提供しています。

フェデリコ市長サラゴサさん、 ADIPROPEの諮問委員会の会長-ユネスコ1987/1999の局長 -、「世界の遺産の保護は、何世紀にもわたって文化間の架け橋を築くことに貢献してきました。私たちは、将来の世代、つまり最も関連性の高い普遍的な遺産であるこの遺産の管理と改善を保証する責任があります。」

ADIPROPEについて

私たちの世界遺産の知識を広め、促進する協会、私たちの幅広く多様な世界遺産を支持して働きたいと願うすべての人々の集合体であると同時に、専門家、機関、企業、個人、…国内外の人々が自分自身を見つけて動機付けることができる国際的なベンチマークでもあります。

協会は5つの主要なポイントに取り組んでいます:

  • スペインの世界遺産の普及と促進
  • 大学院課程修了(修士)
  • スペインの世界遺産の宣言と拡大を支援する
  • スペインの世界遺産保護のための資金調達プロジェクト
  • 宣言を宣言し、促進し、広めたい国に助言する

ビデオ: カズエリどうでしょう首里城パワースポット巡り