恐竜:バラパサウルス、長い脚を持つ爬虫類

恐竜:バラパサウルス、長い脚を持つ爬虫類

バラパサウルスプロフィール

翻訳:長い脚を持つ爬虫類
説明:草食動物、4倍
注文:Saurischia
サブオーダー:Sauropodomorpha
インフラオーダー:サウロポダ
家族:Vulcanodontidae
高さ:7.6メートル
長さ:18.3メートル
重量:
限目: 初期のジュラシック

バラパサウルス おかげで知られています インドで見つかった少なくとも6つの個々の標本の300以上の遺体の一部にしかし、頭蓋骨はまだ回収されていません。

しかし、それにもかかわらず、 バラパサウルスは、Vulcanodontidaeファミリーの中で最も古い既知のサウロポッドです。、見つかった最も古いサウロポッドの1つであり、 その骨格は、ジュラ紀の恐竜の中で最も完成度の高いものの1つです。.

それは知られています 群れに集まったバラパサウルス 多くのサウロポッドと同じですが、足が比較的細いという点で他の種とは異なります。

バラパサウルスの発見

知られているすべての化石は、インド南部のテランガナのナルゴンダ地区にあるマンダルであるポチャンパリ村の近くの単一の地域から来ています。これは、インドのシルク市として一般に知られています。

最初の骨は1958年に発見されましたが、ほとんどの標本は1960年から1961年の間に発掘されました。

1975年に古生物学者のSohanJainと彼の同僚は調査結果を科学的に説明し、2010年にBandyopadhyayと彼の同僚はバラパサウルスのより詳細な骨学的説明を発表しました。

画像: クリエイティブコモンズ

大学で歴史を学び、以前の多くのテストを経て、レッドヒストリアが誕生しました。このプロジェクトは、考古学、歴史、人類に関する最も重要なニュースだけでなく、興味のある記事、好奇心などを見つけることができる普及手段として登場しました。要するに、情報を共有し、学び続けることができるすべての人のための待ち合わせ場所です。