原稿「聖アウグスティヌスの福音書」(6世紀末)

原稿「聖アウグスティヌスの福音書」(6世紀末)



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ザ・ 原稿「聖アウグスティヌスの福音書」は、ケンブリッジ大学のコーパスクリスティカレッジのパーカーライブラリーにある作品です。

次に、それは作家クリストファー・デ・ハメルによってそこで守られ、彼の作品に追加されました«偉大な中世の原稿«.

中世の原稿「聖アウグスティヌスの福音書」

これはイタリアで制作された本で、おそらくカンタベリーの聖アウグスティヌスによってイギリスに持ち込まれたものです。 英国の伝道 597年の、または601年に教皇グレゴリー大王から受け取った。

その本が中にあったことは確かです 10世紀のカンタベリー修道院.

間に 中世、原稿は図書館に保管されていませんでしたが、宗教的な儀式で使用するために祭壇に残っていました。

本はに寄贈されました パーカー図書館 マシューパーカー、 カンタベリー大司教、1575年.

もともと含まれていたコーデックス 4人の伝道者の表現、しかしそれだけ セントルーカス.

全ページのイラストが2つしかないにもかかわらず、コーデックスは、余白に表されているキリストの生涯の元のシーンにとって非常に興味深いものです。

作品「偉大な中世の写本」の写本

クリストファー・デ・ハメル、彼の作品によってこの本と密接に関連している、彼に対応する章の終わりにある彼の本の中で、次のように語っています。 カンタベリー大司教と教皇ベネディクト16世 彼らは2010年に英国を訪れた際に彼の前でうずくまってしまった。