クリストファー・デ・ハメルによる「偉大な中世の写本」のあらすじ

クリストファー・デ・ハメルによる「偉大な中世の写本」のあらすじ

クリストファー・デ・ハメル、ケンブリッジのコーパスクリスティカレッジの名門パーカー図書館の照らされた原稿と名誉図書館員の主要な専門家の1人が収集します。偉大な中世の原稿」 ヨーロッパ大陸の最も重要で美しいテキストのサンプル.

選ばれたそれぞれの本を通して、デ・ハメルは私たちを王、女王、聖人、筆記者、芸術家、図書館員、泥棒、コレクターに紹介し、彼に参加するように私たちを招待します 宗教、芸術、文学、音楽、科学、歴史を巡る魅力的な旅.

偉大な中世の原稿 私たちは、時間と地理を通してこれらの貴重で例外的なコードの足跡をたどり、西洋の政治ゲームで彼らが果たした役割とその所有者が誰であったかについて学びます。

著者の学術的なナレーションのおかげで、私たちはいくつかを発見するでしょう 私たちの文化の最もまばゆいばかりの芸術作品 そして、知識が何世紀にもわたってどのように伝わってきたか。

クリストファー・デ・ハメルの旅(ケンブリッジ、ニューヨーク、フローレンス、サンクトペテルブルクなどの多様な場所に私たちを連れて行く)は、ある意味で、読者にとって謙虚な運動です。

この博識な作品は、デジタルだけでなく、紙自体に本を機械的に複製する前の瞬間に私たちを置きます。

一部の旅行本、一部の探偵物語、 偉大な中世の原稿読者とのおいしい会話 その中で これらのボリュームは、文化の魅力的な主人公になります と物語 ヨーロッパが造られた千年紀の間に。

ハメルの書誌的宝石のそれぞれを実行するために必要なスキルと時間を考えると、これらの作品はさらに立派になります。

この分野で最も優れたスペシャリストの1人の手から、これらの美しいオブジェクトに対する彼の魅力を共有することができました。

「偉大な中世の写本」のファイル

題名: 偉大な中世の原稿
著者: ハメルのクリストファー
コレクション:屋根裏の歴史、No。27
翻訳: クラウディア・カサノバ
PVP: 49,90 €
フォーマット: 15 x 23 cm、ダストジャケット付きハードカバー
ページ: 688pp。
発行日: 11/03/2020
ISBN: 978-84-16222-50-6
エディトリアル:本の屋根裏部屋


ビデオ: 迷惑系の元祖つまようじ少年事件ゆっくり解説あのニュースは今