フィンランド神話における創造神話

フィンランド神話における創造神話

ザ・ Kalevalaによるフィンランドの神話の創造神話、フィンランドの叙事詩の本は、イルマタールまたはルオンノタールが天の金庫の領域を離れて海に身を投げたときに始まります。

東風が波を揺らしながら吹き始め、その時点で 海は彼女を肥やす そしてまだ浮かんでいる間、鷲は彼の膝に寄り添って堆積しました 6つの金の卵と1つの鉄 (別のバージョンによると、彼は卵を1つだけ産みました)。

三日目に、 Luonnótarは彼の肌に燃えるような熱を感じます そして、膝を曲げると、卵が波に激突した。

ザ・ 卵のかけら 地球は下部から、空は上部から、太陽は黄色い部分から、月は白い部分から、星と雲は他の部分から形成されました。

9年後、 Luonnótarは彼の周りに物を作り始めました:岬、魚の穴、深い割れ目を上げ、地球を平らにしたり掘ったりし、湾を作り、島を出現させます。

Luonnótarの息子には30年かかりました。 ヴァイナモイネン, 生まれました.

まだ何年も海に沈んでいた ついに彼は未知の岬に立ち寄り、そこから太陽、月、星を眺めることができました。

このようにして、フィンランドの神話における創造神話は終わります。

ただし、 ラップの神話 それは 神の夫婦への人間の創造:Mader-AtchaとMader Akka、最初の魂と彼の妻、体を作成します。


ビデオ: Gods of the Fallen Land - 作った村に押し寄せる敵を倒すアクションストラテジーゲーム実況