シベリアの遺跡で発見された2万年以上前の象牙の破片がどのように彫られたかを明らかにしている

シベリアの遺跡で発見された2万年以上前の象牙の破片がどのように彫られたかを明らかにしている

研究者らは、顕微鏡検査を使用して、断片の彫刻中に使用されたマークとノッチを分析しました。

シベリア連邦大学とノボシビルスク州立大学のロシアの考古学者のグループは、2万年以上前に人間が巨大な象牙を彫るために使用した製造プロセスと技術を詳細に特定することに成功しました。アジアの考古学研究で事前に発表された研究.

研究者たちは、さまざまな形やサイズの一連のビーズ、ブレスレットの断片、機能が不明確なさまざまなオブジェクト、巨大な象牙から彫られた巨大な置物を研究しました。作品は、クラスノヤルスクのシベリア地域にあるウストコバの古石上部の遺跡で発見されました。

調査中、「各物体の詳細な顕微鏡分析を実施して、それらが残したマークによってそれらの製造に使用された工具を特定した」、ニコライ・ドロズドフは説明した、シベリア連邦大学の教授であり、研究の共著者。

顕微鏡検査の結果、製造順序や、マンモス象牙の加工に使用されたと思われる石器を特定することができました。見つかったアーティファクトに存在するインパクトマークとノッチは、レベリングブレード、ハンドドリル、およびバーリンの使用を示しています。

科学者によると、製造プロセスは、巨大な牙をさまざまなセグメントに分解し、小さなプレートを使用してビーズを作成し、石のドリルを使用して掘削することから始まりました。

その間、最大の象牙の部分が置物を作るのに使われました。マンモスを彫るために、職人はレベリングブレードで頭と脚の輪郭を描き、カッターで余分な骨を取り除きました。フィギュアが完成すると、目と髪を模倣するパターンで装飾された、と出版物は説明しています。

同様に、科学者たちはマンモスの置物に存在する赤と黒の顔料の残骸の化学組成を分析し、使用された塗料がカルシウムから作られていることを発見しました。カルシウムは、おそらく遠くない岩から抽出された元素です。地点。

また、考古学者は、いくつかのビーズの表面と穴のいくつかの塗料の層を特定することができ、それらがさまざまな場面で使用され、再装飾されたことを示唆しています。

著者にとって、この研究は「ユーラシア北部の古美術品の製造に関連する古代技術の起源と進化の理解」を改善し、さまざまな人間グループが使用する技術とツールを比較するための新しいパラメーターを提供するのに役立ちます近くの領土で。

クレジット:EurekalertとRT。


ビデオ: 近年発見された衝撃の発掘品選