人間はどのようにしてユーラシアにたどり着きましたか?サウジアラビアで見つかった12万年前の足跡はヒント

人間はどのようにしてユーラシアにたどり着きましたか?サウジアラビアで見つかった12万年前の足跡はヒント

これらは、アラビア半島で発見された人間の存在の最初の直接的な兆候です。

研究者のチームは、約12万年前、ホモサピエンスのグループが、現在サウジアラビア北部として知られている浅い湖の近くで、おそらく水を飲んだり群れを追いかけたりするために立ち止まった方法を詳細に再構築することに成功しました。それらの沼地に頻繁に訪れたラクダ、象、野生のロバの。彼らの足跡は乾燥して化石化し、科学者たちはアラビア半島に人間が存在するというまれな証拠を残しました。

このシーンは、今週木曜日にジャーナルScience Advancesが発表した、ネフッド砂漠で見つかった12万年前の人間の足跡からの研究で説明されています。

マックスプランク人類史科学研究所の研究チームのリーダーである考古学者マイケルペトラリアは、「彼らはアラビアで最初の本物の人間の足跡である」と述べました。この地域は長い間古代人の移動ルートと見なされていました。アフリカから中東、ユーラシアまで、私たちの種の代表。

以前は、アラビア半島の人間による探索は、その地域で見つかった石の道具によってのみ証明されていました。これまで、この地域に他のホミニンだけでなく人間が住んでいたという唯一の証拠は、88、000年前の人間の指の骨でした。

科学者たちは、ネフド砂漠にあるものを含む、何万もの古代の淡水貯留層を特定しました。アラタール、これはアラビア語で「道」を意味します。そこで彼らはベッドに何百もの足跡を見つけ、そのほとんどがラクダ、象、巨大な水牛、または野生のロバによって残され、そのうちの7つが人間のものであることを発見しました。

それらの足跡のサイズと形状をNeanderthalsのものと比較するとき、研究者たちは、おそらくホモサピエンスの代表者によって残されたと主張しました。 。

彼らはまた、足跡の上下の堆積物がそれぞれ121、000〜112、000年前のものであり、中東にネアンダーサルが存在しなくなった時期であると判断しました。研究の共著者であるマシュー・スチュワートは説明しました。

スチュワートはAFPと話して、彼の作品は次のことを示していると主張しました。湖や川をたどる内陸ルート それらは人間がアフリカから分散するために特に重要だったかもしれません。

ペトラリアは、同じ機関に次のように語った。「象やカバなどの大きな動物の存在は、開いた草原や大きな貯水池とともに、アラビア北部を作った可能性があります。特に魅力的な場所 アフリカとユーラシアの間を移動する人間のために。

しかし、ケンブリッジ大学の古人類学者マルタ・ミラゾン・ラーは、個人的に最も可能性の高い候補としてホモ・サピエンスを支持しているものの、研究者はネアンダーサルがそれらの痕跡を残した可能性を完全に排除することもできないと主張している。


ビデオ: 日本人の祖先偶然漂着に非ず列島目指し大航海 2020年12月4日