ペルーは、7ヶ月近く入場を待っていた日本人観光客のためだけにマチュピチュをオープンします

ペルーは、7ヶ月近く入場を待っていた日本人観光客のためだけにマチュピチュをオープンします

この地域の住民は、高山を「マチュピチュの最後の観光客」としてバプテスマを施しました。これは、この間ずっと、彼が考古学的な場所の再開を待って町に残された唯一の外国人だったからです。

ペルー当局は、パンデミックのために待たなければならなかった日本人観光客の訪問を許可するためにのみ、マチュピチュの遺跡を開放しましたほぼ7ヶ月 インカの城塞に入る。

ペルー文化大臣のアレハンドロ・ネイラは今週月曜日、ジェシー・タカヤマ(26歳)が「特別リクエスト」 3月中旬から近くの町アグアスカリエンテスで立ち往生した後。声明は、外国の報道機関とのビデオ会議を通じてなされた。

高山がラテンアメリカの国に到着したことを指摘し、「日本人は私たちの公園の長と一緒に入って、彼が帰国する前にこれを行うことができるようにした」と述べた。「入ることができるという夢を持って」。実際、その若者はすでに3月に入場券を購入していました。

地元メディアによると、高山はこの間、遺跡の再開を待って町に残された唯一の外国人だったため、この地域の住民は「マチュピチュへの最後の観光客」として高山にバプテスマを施した。したがって、今週の土曜日、若い男は7か月間遺跡への最初の訪問者になりました。

若い男の当初の計画は、インカ市を訪問するためにわずか3日間ペルーに滞在することでした。しかし、covid-19の発生を封じ込めるために当局によって閉鎖されたため、彼の滞在は予想よりも長かった。「これはすごい、ありがとう!」高山氏は付け加えた。

ネイラは、再開の日程はまだ決まっていないが、考古学遺跡は11月まで閉鎖されたままになると発表した。しかし、彼はその場所が国内外の観光客のために可能になるが、その容量の30%または1日あたり675人.


ビデオ: 124登山で不倫イメージ払しょくへ日本外国人観光客を事実上無制限受け入れK紙報道文は不道徳ソウル大学生が文おろし ほか忙しい方の為のウリナラニュースヘッドライン