イエメンのユネスコ遺産都市シバムの改修が始まる

イエメンのユネスコ遺産都市シバムの改修が始まる

イエメン南東部のハドラモウト州の地方自治体は、 歴史的な街シバムにある数十の廃墟の家を改修するプログラムの開始、1982年以来ユネスコによって世界遺産に指定されています。

このプログラムは、ユネスコとイエメン社会開発基金を通じてEUから資金提供を受けています。

最初のフェーズの費用は509,000ドルで、 過去5年間に改装されていないadobeの家政府機関であるイエメンの歴史的都市保存総局のシバム事務所の所長であるハサン・エイドは説明した。

「優先事項は、雨や爆発で大きな打撃を受けた家と、街のメイン広場に面している家です」とエイドはアラブニュースに語った。

古くて堂々としたアドベハウスで知られるシバム、2014年後半から重要なメンテナンスが奪われています。 イエメンの首都を占領した後、国際的な保護の専門家が街から逃げ出したとき、Sanaa、Houthisとその後の軍事的拡大による。

さらに悪いことに 今年7月にシバムを襲った大雨、数十のアドベハウスが崩壊の危険にさらされています。

Aydedは、Shibamの被害の程度を評価するために地方自治体によって割り当てられた政府委員会は、500軒の家のほぼ半分が緊急の注意を必要としていることを発見したと述べた。

「私たちが今介入しなければ、問題はより大きくなり、より多くの資金が必要になるだろう」と彼は言い、プログラムの第2段階で40の老朽化した家を改修するために彼の事務所は緊急に10万ドルを必要とするだろうと付け加えた。彼は地方自治体、援助団体、ユネスコに資金を動員するよう促した。

「人道的支援はフードバスケットに限定されるべきではありません。シバムで家を救い、家族を中に保つことも人道的援助です」と彼は言いました。

地方当局はまた、イエメンのユネスコ世界遺産が前例のない気候変動と極端な天候に適応するのを助ける方法についての研究を求めています。

サナアHouthisによって制御され、 別のユネスコ世界遺産である旧市街の家々、大雨と集中豪雨により、8月上旬から崩壊している。

ユネスコは声明の中で次のように述べています。「ユネスコは、国際的なパートナーとともに、民家の都市再生と能力構築に焦点を当てた一連のプロジェクトの実施を通じて、イエメンの文化遺産を保護するためのリソースと専門知識を動員しています。地方自治体のために。

表紙画像: .


ビデオ: 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産日本語版