人工心臓患者が死亡

人工心臓患者が死亡


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1983年3月23日、バーニークラークは、世界で初めて恒久的な人工心臓を受け取ってから112日後に亡くなりました。 61歳の歯科医は、生涯の最後の4か月を、ソルトレイクシティにあるユタ大学医療センターの病院のベッドで過ごしました。このベッドは、アルミニウムと空気を出し入れする350ポンドのコンソールに取り付けられていました。ホースのシステムを介したプラスチックインプラント。

19世紀後半、科学者たちは心臓の動きに一時的に取って代わるポンプの開発を始めました。 1953年、人工心肺装置は、人間の患者の手術中に初めて成功裏に採用されました。現在でも使用されているこの手順では、機械が一時的に心臓と肺の機能を引き継ぎ、医師がこれらの臓器を広範囲に操作できるようにします。しかし、数時間後、血液はポンピングと酸素化によって損傷を受けます。

1960年代後半、心臓移植手術が開始されたとき、心臓に修復不可能な損傷を負った患者に希望が与えられました。しかし、ドナーの心臓の需要は常に利用可能性を超えており、健康な心臓が利用可能になるのを待っている間、毎年数千人が死亡しました。

1969年4月4日、心臓が完全に崩壊する寸前で、ドナーの心臓が利用できなくなった患者である、ハスケルカープにあるテキサス心臓研究所の外科医デントンクーリーによって歴史的な手術が行われました。カープは、彼の病気の心臓を人工心臓に置き換えた歴史上最初の人でした。一時的なプラスチックとダクロンの心臓は、医師がドナーの心臓を見つけるのにかかった3日間、カープの寿命を延ばしました。しかし、人間の心臓が胸に移植された直後、彼は感染症で亡くなりました。さらに7回の試みが失敗し、多くの医師が人間の心臓を補綴物に置き換える可能性への信頼を失いました。

しかし、1980年代初頭、先駆的な新しい科学者は、実行可能な人工心臓を開発するための取り組みを再開しました。ロバート・K・ジャービックは、父親が心臓病で亡くなった後、医学と工学を学ぶことを決心しました。 1982年までに、彼はユタ大学でJarvik-7人工心臓を使って動物裁判を行っていました。

1982年12月2日、ウィリアムC.デブリーズ博士が率いるチームがジャービック-7をバーニークラークに移植しました。ジャービックの人工心臓は永続的であることが意図されていたため、クラーク事件は世界中の注目を集めました。クラークは最後の112日間を病院で過ごし、合併症と圧縮空気を体に出し入れすることによる不快感にかなり苦しんでいました。彼は1983年3月23日にさまざまな合併症で亡くなりました。クラークの経験は、恒久的な人工心臓の時代がまだ来ていないという多くの感覚を残しました。

次の10年間、Jarvikらは、病気の心臓を置き換えるのではなく、心臓を補助するための機械式ポンプの開発に力を注いできました。これらのデバイスにより、多くの患者は、ドナーの心臓を見つけるのにかかる数か月または数年も生きることができます。電池式のこれらのインプラントは、心臓病の患者に可動性を与え、比較的正常な生活を送ることを可能にします。一方、1990年代には、Jarvik-7は、心臓が損傷しすぎて機械式ポンプインプラントで補助できない150人以上の患者に使用されました。これらの患者の半数以上は、移植を受けるまで生き残った。

2001年、Abiomedという会社が、最初の完全に自己完結型の交換用心臓であるAbioCorを発表しました。


人工心臓患者が死亡

カリフォルニア州ロサンゼルス(CNN)- UCLAメディカルセンターは、自己完結型の人工心臓を受け取った74歳の男性が、先駆的な装置を装着してから56日後に死亡したと発表しました。

名前が公表されなかった患者は水曜日に亡くなりました。彼は、AbioCor人工心臓の装着に成功した5人の患者のうちの1人であり、デバイスを数週間使用した後に2番目に死亡しました。 3人目のAbioCor心臓病患者は、デバイスを装着している間に死亡し、手術から抜け出すことはありませんでした。

病院の声明によると、人工心臓は機能し続けていたが、男性は多臓器不全のため生命維持を続けており、家族はその支持を撤回するよう要請した。

「患者と彼の家族は大きな勇気を示しました」と、UCLAの医学部の心臓胸部外科の責任者であり、センターの心臓、肺、心肺移植プログラムの責任者であるヒレル・ラックス博士は言いました。 「彼の寿命をさらに延ばし、より良い生活の質に戻すことができなかったことを私たちは皆悲しんでいます。この臨床試験への彼の参加は、この人工心臓の有効性と信頼性を証明する上で非常に価値がありました。」

患者は10月17日に手術を受けました。

病院によると、彼は妻、7人の子供と10人の孫によって生き残っています。

自己完結型の人工心臓を受け取った世界で最初の患者であるロバート・ツールズは、11月30日にケンタッキー州ルイビルのユダヤ人病院で亡くなりました。彼はこのデバイスで151日(ほぼ5か月)生き残った。

6人目の人工心臓レシピエントは、ヒューストンのテキサス心臓研究所でデバイスを移植する手術中に重度の出血があったため、11月27日に死亡しました。

心臓の製造業者であるアビオメッドによると、残りの3人の患者は順調に回復しています。

ユダヤ人病院の医師によると、人工心臓を3か月間使用しているトム・クリスターソンは、助けを借りて歩き、自分で呼吸することができます。

アビオメッドによると、2つの異なる病院にいる​​他の2人の患者も、77日後と37日後に「意味のある臨床的問題はない」とのことです。

すべての患者は、デバイスの臨床試験の一環として人工心臓を受け取りました。資格を得るには、患者は重度の心不全を治療するための他の選択肢がなく、30日以上生存する可能性が低い必要があります。 4つの追加のインプラントが食品医薬品局によって承認されましたが、まだ実行されていません。


SchroederはJarvikHeartで620日後に54歳で死去

強いあごと強い意志を持った「タフな古いナッツ」であるウィリアム・J・シュレーダーは、心臓が非常に弱く、世界で2番目の人工心臓を受け取ったとき、生きるのに数時間しかありませんでした。

6歳の54歳のインディアナ州の父親は、プラスチックと金属のJarvik-7心臓で、1年、8か月、12日(これまでのどの人よりも長い)生存し、5人の患者の中で最後の生存者でした。人間の心臓の恒久的な代替品としてポンプを受け取っていた人。

ルイビルのヒューマナ病院オーデュボンの医師は、シュローダーが呼吸能力を損なう一連の脳卒中の後に死亡したと述べた。

シュローダーは無気力になり、火曜日の朝に呼吸困難になり、蘇生が必要になったと、主任インプラント外科医のウィリアムC.デブリーズ博士は述べた。シュローダーの妻マーガレットとシュローダーの子供たちは、彼の状態が悪化した後、彼のベッドサイドに呼ばれました。彼は午後1時35分に亡くなりました、と病院のスポークスウーマンであるドナ・ハズルは言いました。

シュローダーの家族は水曜日の夜に簡単な声明を発表しました。「私たちは過去21か月で多くの困難な時期を経験しましたが、過去2日間は最も困難でした。私たちは皆、本当に素晴らしい人である父を失ったことに悲しんでいます。

「620日前に、私たちはヒューマナとデブリーズ博士に来て、私たちがとても愛していた父親に新しい命を与える絶望的なチャンスをつかみました。私たちは今日、この勇敢で先駆的な男の甘い思い出を持って出発します。」

シュローダーの生存期間とケンタッキー病院の外に住む彼の能力は、実験的インプラントプログラムの進歩の兆候でした。しかし、すべて明らかに人工ポンプに関連していると思われる以前の3回の脳卒中は、彼の発話と可動性を著しく損ない、デバイスのリスクと受信者が期待する生活の質について疑問を投げかけました。

「彼は生命と周囲の人々を愛し、他の人を助けたいと思ったので、人工心臓に志願しました」とDeVriesは言いました。

「ビルは、620日間の間に心を込めて多くのマイルストーンを設定しました。しかし、私たちが覚えている主なものは、彼の不屈の精神が後を追う人々の道を照らした方法です。」

Schroederの医師の1人であるPhilDawkins博士は、彼の患者の遺産は、人工心臓に関する「彼の経験から多くの知識が得られた」ということだと述べました。

シュローダーの新しい人生は、約束と目覚ましい進歩から始まりましたが、衰弱させる脳卒中によって後退するだけでした。岩だらけの4か月後、シュローダーは病院から解放され、通りの向かいにある特別装備のアパートに引っ越しました。

彼の脳卒中によって引き起こされたスピーチの問題にまだ苦しんでいるが、シュローダーは治療中であるように見えた。彼はバンでルイビルを頻繁に旅行し、4月の晴れた土曜日にも釣りに行きました。しかし、1985年5月6日、彼は2回目の脳卒中を患い、体の一部が一時的に麻痺したままになり、病院に再入院しました。

彼は8月11日にアパートに戻り、数週間以内に助けなしで食事とひげそりをしていました。彼のインプラントの1周年が近づくと、彼の医師はシュローダーが永久にジャスパー、インディアナ州に戻ることを許可する計画を立て始めました。

しかし、別の挫折がありました。 11月9日の週末、彼は3回目の重度の脳卒中を患い、再び入院した。彼の神経内科医であるゲイリー・フォックス博士は、シュローダーの生きる意志の強さに驚嘆しました。シュローダーがどれだけ多く取ることができるかを尋ねられたフォックスは、次のように答えました。彼は私を驚かせました。」

シュローダーの最初の手術後の最初の要求から-ビールのために-シュローダーの機知に富んだ地味な態度は、彼の医者と彼の進歩を追った世界中の何百万もの人々を喜ばせ、カードと贈り物を送り、彼に迅速な回復を望みました。

シュローダーと彼の家族は、ふりをすることなく世界的な注目を集めました。彼は医者が彼のために何をしたかについて話し合い、彼が生きていることがどれほど幸せであったかを話すとき、感謝の涙を流しました。

手術後数日以内に、彼は車椅子で病院を見学していました。彼のJarvikポンプは、人工心臓病患者が病院から帰宅したときにほぼ正常な可動性を提供するように設計されたポータブルドライバーによって頻繁に駆動されていました。

手術痕を見せびらかしたり、訪問者に胸に手を置いて「私の心を感じて」と誘ったり、心臓手術を待っているジャスパー出身の仲間を安心させたりする場合でも、シュローダーは病院の周りに楽しい存在でした。

レーガン大統領が彼の幸福を祈るように呼びかけたとき、シュローダーは社会保障局の人々から得た回り道について最高経営責任者の耳を傾けました。

心を込めた最初の2週間は、退職した連邦職員にとって良い時期でした。シュローダー自身は「素晴らしい」と感じたと語った。

しかし、12月13日の19日の夕方、レーガンへの苦情に駆り立てられた手渡しの社会保障小切手を受け取ってからわずか数時間後、彼は脳卒中を患いました。

彼は約1時間意識を失い、右側が麻痺して目が覚め、話すことができなくなった。 DeVriesは後に、患者を失ったのではないかと恐れていると述べた。

シュローダーは目覚めたが、家族を認識し、それが何日であったかを思い出すのに苦労し、彼のスピーチは不明瞭だった。神経学的検査は、シュローダーが実際に小さな脳卒中を患い、彼の脳の3つの領域に深刻な損傷を与えたことを示しました。

DeVries氏は、脳卒中は心臓内または心臓の近くに形成され、脳に向かう途中で細かく砕けた血栓が原因であると考えたと述べた。人工心臓の発明者であるロバート・K・ジャービック博士も同意しました。

しかし、両方の男性は、ジャービック-7の心臓が脳卒中のせいであるかどうかはおそらく確信が持てないと述べた。将来のインプラントは、心臓と脳卒中の間の関連にいくらかの光を当てるかもしれないと彼らは言った。

ストロークがシュローダーの進歩を後退させ、明らかに彼の精神に一時的なたるみを引き起こしたが、彼の医師は彼が病院を去ることができるだろうと楽観的であり続けた。

Schroederが退院する前でさえ、DeVriesは彼の研究プロジェクトを再開し、1985年2月17日にルイビルから引退した自動車労働者であるMurray P.Haydonに人工心臓を移植しました。

ヘイドンは今年の6月19日に亡くなりました。クラークは、1982年12月2日にユタでデバイスを受け取ってから112日後に亡くなりました。

デブリーズの4人目の患者であるジャックC.バーチャム(63歳)は、イリノイ州ルロイから引退した鉄道技師で、人工心臓を受け取ってから10日後の1985年4月24日に亡くなりました。彼の死は、彼の自然な心臓の残骸の上に集まって血流を遮断した凝固した血液からの圧力によって引き起こされた、と剖検が示した。

DeVriesはそれ以来、この手順を実行していませんが、さらに3つの恒久的な人工心臓インプラントについて連邦政府の承認を得ています。しかし、この手順はスウェーデンで行われ、レイフ・ステンバーグは永久人工心臓を受け取る5人目の人物になりました。彼は1985年4月7日に手術を受け、7か月後に亡くなりました。

DeVriesは人工心臓を恒久的な装置として使用することに引き続き取り組んでいますが、アリゾナ、ペンシルベニア、ミネソタの医師は、移植用のヒトドナーの心臓が見つかるまで、失敗した患者を生かし続けるための一時的な手段として機械式心臓ポンプを使用しています。

ヒューマナのインプラントチームのチーフメディカルスポークスマンであるアランM.ランシング博士は、ストラップ付きの6フィートのシュローダーは、宗教的で意欲的な男性であり、「純粋な中米、中米の小さな町」でした。 「彼のルーツは、アメリカ合衆国について強くて基本的なすべてのものにあります。」

彼の前向きな姿勢は、実験手順のために彼を選ぶ際の彼の体調と同じくらい重要であった、と医師は言いました。

シュローダーの心臓病は、50歳で心臓発作を起こすまで診断されませんでした。彼は、1年後の1983年に二重冠状動脈バイパス手術を受けましたが、心筋の進行性の衰弱が続きました。

彼は50歳以上であり、一般的に移植の年齢制限と考えられていたため、また糖尿病患者であったため、心臓移植の候補者として拒否されました。

11月、ヒューマナのDeVriesと他の医師は、実験的な代替案についてSchroederに詳細に話しました。

彼らはシュローダーに話しかけようとはしなかった。 「それはあなたに野菜を残すかもしれません」とDeVriesは彼に言いました。 DeVriesとSchroederは、17ページの同意書について話し合いました。この同意書には、クラークの場合に何がうまくいかなかったのか、2番目の心臓インプラントで何がうまくいかなかったのかについての詳細な説明が含まれていました。

「私たちはちょっと座って、「お父さん、あなたは何をしたいですか?」と尋ねました」と彼の妻、マーガレットは言いました。 「彼は言った、「私は他に何も考えていません。ずっと行きたいです。」

しかし、移植から1年後、シュローダー夫人はタイムズに、彼女と彼女の夫が移植前に「彼が私たちに望んでいたことのどこまで進んでいるか」について話し合ってほしいと語った。

「私にとって、車椅子での1年は、地下6フィートよりもはるかに優れています」と彼女は言いました。 「しかし、ビルにとって、彼が地獄を経験したかどうかはわかりません。」

マーガレット・シュローダーは、最初の年の終わりに向かって、ストロークの影響でコミュニケーションが困難になったにもかかわらず、彼に尋ねようとし始めたと言いました。

「ハニー、もう十分ですか?ひどいですか?」彼は、それが多すぎることや、続けたくないことを決して示しません」と彼女は言いました。 「彼が先に進みたくないのなら、まばたきをしたり、私の手を握ったりして知らせてくれると思います。」

それにもかかわらず、彼に会うためにジャスパーからルイビルまで90マイルを頻繁に運転した彼の子供たちは、ジャービック-7の心臓を受け取るという父親の決定を後悔していないと言いました。彼らは、シュローダーが長生きしたという理由だけで出席できたイベントの例として、結婚式、ピクニック、釣りの外出、誕生日パーティーを挙げました。

シュローダーはジャスパーで生まれ、両親が所有していたのと同じ家で家族を育てました。彼は1950年にジャスパー高校を卒業し、15年間空軍に勤務し、そのほとんどの時間は軍の航空管制官として勤務していました。空軍と共に、彼はテキサス、ミシガン、ノースカロライナ、ニューファンドランド、サウジアラビアで時間を過ごしました。

空軍を引退した後、彼は生産労働者であり、その後弾薬検査官であり、最近ではインディアナ州クレーンのクレーン陸軍弾薬活動で花火の品質管理スペシャリストでした。

クレーンセンターの管理責任者であるディック・ガーベイ氏は、シュローダーは「このようなものに適したタフな古いナッツのようなものだ」と語った。 Schroederの職場でのニックネームは「TheBull」でした。なぜなら、彼は物事に頭を悩ませ、何も彼を失望させたがらない傾向があったからです。

彼はまた、米国政府従業員組合連合のメンバーであり、インディアナ、ケンタッキー、オハイオの労働者を代表する支部の会長を務めていました。彼はコロンブス騎士団に加わり、ミシガン州に住んでいたときに支部を見つけるのを手伝いました。

彼は2年間の心臓病の後、1984年に引退しました。その心臓発作の時、シュローダーは約50ポンドの太りすぎで、1日に1パックのタバコを吸っていました。彼は30年間喫煙していましたが、心臓発作の後でやめました。

シュローダーの家族は心臓病の病歴がありました。彼の母親は心臓発作で57歳で亡くなりました。彼の父親も心臓病を患っていましたが、63歳で肺がんで亡くなりました。

手術の前夜、シュローダーはとても弱っていたので、医者は彼が朝まで生き残れないのではないかと恐れていました。

移植の数日後、シュローダー夫人は、将来何が起こっても、夫の人生は人工心臓がなかった場合よりもすでに長く豊かであったと思ったと述べました。

シュローダーは土曜日にジャスパーに埋葬されます。

現在ケニアのタイムズに拠点を置くスコットクラフトは、この新聞の中西部の特派員である間、ヒューマナ病院の人工心臓プログラムを取り上げました。

マネージングエディターとして、スコットクラフトは、コラム1、エンタープライズ、調査、スポーツなど、ロサンゼルスタイムズのニュースルームを監督しています。タイムズでの30年以上の間、クラフトは国内外の特派員であり、副編集長/ニュースおよび全国編集者でもありました。彼は、シカゴ支局のスタッフライターとしてタイムズに入社する前は、AP通信のニューヨークを拠点とする全国的なライターでした。彼は後にナイロビ、ヨハネスブルグ、パリのタイムズ支局長を務めました。彼は、ネルソンマンデラの解放とアパルトヘイトの終焉、そしてソマリアでの不運な米軍の任務などを取り上げました。アフリカでのエイズの流行に関するロサンゼルスタイムズ誌の彼の話は、SPJ Distinguished Service Award for ForeignCorrespondenceを受賞しました。全国編集者として、彼は4つのピューリッツァー賞を受賞した作品を監督しました。ピューリッツァー賞の特集記事のファイナリストであり、2014年には国際報道のピューリッツァー賞審査員、2015年には公務員審査員、2020年には国際報道審査員を務めました。また、海外の理事会にも参加しています。プレスクラブオブアメリカ。クラフトはミズーリ州カンザスシティで生まれ、カンザス州立大学でジャーナリズムの学士号を取得しています。

長い間愛、光、そして受容を受け入れてきた世界は、今や他の何かのための余地を作っています:QAnon。

カリフォルニア州は、これまでで最も伝染性の高いコロナウイルスの亜種である可能性があるものと闘っています。当局は、ワクチン接種を受けないと住民が重大なリスクに直面することを警告しています。


WILLIAMSCHROEDERは人工心臓を受け取ってから620日後に死亡します

永久人工心臓の世界で最後に残り、最も長く生存しているレシピエントであるウィリアムJ.シュローダーは、一連の脳卒中の後、今日ここヒューマナ病院-オーデュボンで亡くなりました。

実験的なJarvik-7人工心臓を恒久的に受けた5人の患者の2番目であるSchroeder氏は、1984年11月25日にWilliam C. DeVries博士がヒューマナにデバイスを移植した後、生き残った620日間で数回の脳卒中を患いました。 A25。 ]彼の生存と、488日間生きたレシピエントのマレーP.ヘイデンの生存は、人々がプラスチックと金属の装置で長期間生きることができることを示しました。しかし、彼らが受けた脳卒中やその他の合併症は、彼らの生活の質を損ない、心臓に対する最初の熱意を鈍らせました。

病院のスポークスマン、ドナ・ハズル氏によると、シュローダー氏の妻マーガレットとその6人の子供たちは、午後1時35分に亡くなったときに一緒にいました。

デブリーズ博士によると、火曜日に家族は彼が一連の脳卒中を患っていると医師が判断した後、彼のベッドサイドに呼ばれた。家族は、シュローダー氏がこれ以上脳卒中を起こした場合、医師に蘇生しないよう要請することを決定した、とデブリーズ博士は今夜の記者会見で記者団に語った。 &#x27&#x27彼が呼吸を止めたとき、私たちは彼らの決定を尊重しました、&#x27&#x27彼は言いました。

病院のスポークスマンであるトム・ノーランド氏によると、彼の死の時、シュローダー氏は慢性感染症と肺の問題に苦しんでいたという。

家族の声明の中で、シュローダー氏の長男であるメル氏は次のように述べています。&#x27&#x27私たちは将来の人々に利益をもたらすことを考えました。私たちは、世界中の21人の移植者の知識を持って出発します。将来は、ビル・シュローダーと他の永久的な心臓インプラント患者が人類に行った貢献について語ります。&#x27&#x27

シュローダー氏は土曜日、故郷のインディアナ州ジャスパーに埋葬されます。心臓の使用を再評価する

人工心臓の受信者が苦しんでいる合併症の深刻さは、デバイスの開発者がその基本的な設計をもう一度見直すことを示唆しています。

しかし、ここ数ヶ月、人工心臓は、人間の心臓が移植に利用できるようになるまで患者を生かしておくための架け橋として、いくつかの例でうまく使用されてきました。当分の間、ほとんどの医療専門家は、人工心臓をブリッジとして使用することがその主な価値であると信じています。

医師は1985年以来恒久的な人工心臓を移植していません。

DeVries博士は、このデバイスを引き続き使用するつもりであると述べています。連邦食品医薬品局は彼に合計7つの恒久的な人工心臓を移植する許可を与えました。また、他のいくつかの医療センターの外科医に、Jarvik-7とペンシルベニア州立大学で開発された2種類の人工心臓を移植する許可を与えました。

しかし、諮問委員会の勧告に基づいて、連邦政府機関は昨年、政府の厳重な監督の下でのみインプラントを許可することを決定しました。その結果、代理店は現在、患者ケアに関する追加の報告と提案されたレシピエントのケースバイケースのレビューを要求しています。

同庁のスポークスマンであるデイブ・ドゥアルテ氏は、デブリーズ博士はこの作戦の新しい候補者を提案していないと述べた。 &#x27&#x27彼らは患者がいるときに教えてくれます&#x27&#x27ドゥアルテ氏は言いました。

彼は、シュローダー氏の死が他の制限につながるとは信じていないと述べた。諮問委員会は、彼が重病であることを認識していたとドゥアルテ氏は述べた。病院の外に住む最初の人

54歳の引退した連邦労働者であるシュローダー氏は、病院の外に住む最初の心臓インプラント患者でした。彼の人工心臓は、空圧装置であり、インプラント手術から1か月以内に苦しみ始めた衰弱性脳卒中など、多くの医学的挫折にもかかわらず、完璧にポンプでくみ上げられました。

1985年に病院近くの特別設備のアパートに2回短期間住んでいたシュローダー氏は、1985年11月10日に別の脳卒中を患い、11月11日から入院していた。彼の状態は火曜日に悪化し、彼の家族のメンバーが召喚された。彼のベッドサイドに。

他の4人は恒久的なJarvik-7人工心臓を受け取りました。 DeVries博士はそれらのうちの3つを移植しました。

最初のものは、1982年12月にユタ大学のシアトルの歯科医であるバーニーB.クラーク博士にありました。クラーク博士はデバイス上で112日間生存し、1983年3月23日に多臓器不全で亡くなりました。合併症は彼の人工心臓に直接関係していませんでした。ルイビルに移動

1984年、デブリーズ博士はルイビルのヒューマナ病院-オーデュボンに移り、そこでシュローダー氏と他の2人の患者にジャービック-7&#x27を移植しました。

1つは、イリノイ州ルロイのジャックバーチャムシニア(62歳)で、5番目の恒久的な人工心臓のレシピエントでした。彼は10日間生きた後、1985年4月24日に大量出血で亡くなりました。

もう1人は、1985年2月17日に人工心臓を受け取ったルイビルのヘイデンさん(59歳)でした。慢性的な肺の問題のために人工呼吸器の使用を必要としたヘイデンさんは、集中治療室に住んでいました。 1年以上のケアユニット。彼は6月19日に脳死を宣言されました。彼はまれな機会に短期間退院しました。

スウェーデンのレイフ・ステンバーグは、1985年4月7日にストックホルムのカロリンスカ病院で行われた手術で世界で4番目のJarvik-7受信者になりました。彼は1985年11月21日に亡くなりました。そのデザイナーであるソルトレイクシティのロバート・ジャービック博士にちなんで名付けられたJarvik-7ハートは、彼が率いるSymbionInc。によって製造されています。このデバイスは、小型冷蔵庫とほぼ同じサイズの323ポンドの空気圧縮機を搭載しています。また、大きなカメラバッグと同じサイズのポータブル11ポンドシステムを搭載するように設計されています。デバイスの危険性

これは実験装置ですが、食品医薬品局が心臓外科での使用を許可している4つの人工弁の一部で構成されています。人工弁は、赤血球の破壊に起因する貧血から弁内および弁の近くの凝固物の形成に至るまで、いくつかの医学的問題を引き起こす可能性があります。そのような血塊は、脳や他の臓器に供給している動脈に壊れて留まり、生命を維持する酸素を奪う可能性があります。

科学者たちは、血液が凝固することなく自由に流れることができるという点で、人間の血管の内層に匹敵する合成材料をまだ開発していません。

人工心臓のレシピエントの間で発生した脳卒中は、脳の動脈に留まる血栓、または抗凝固療法による出血のいずれかが原因です。血流のコンピュータモデル

将来のモデルの設計に影響を与える可能性のある人工心臓とは独立して行われた研究で、ニューヨーク大学のクーラン研究所の研究者は、心臓を通る血流の最初のコンピューターモデルとして説明するものを考案しました。このモデルはすでに、心臓弁コンポーネントの世界最大のサプライヤーであるヒューストンの会社であるCarbo-medicsによってテストされている新しい弁の設計につながっています。

クーラントのコンピューターは、研究者が鮮やかに認識できる鼓動する心臓の劇的な動画を作成するために使用する図を生成します。血液の粒子を表す何百もの点が弁を通って流れ、心臓の弾性壁を伸ばし、渦巻く渦を作り出します。

写真は、研究者が血塊が形成される可能性のあるプールされた血液の領域を見つけることを可能にします。


移植待機リスト

人工心臓は何十年にもわたって使用されてきましたが、通常、機能不全の心臓が体の周りに血液を送り出すのを助ける手段として使用されています。

いくつかの企業は、ドナーの心臓が利用可能になるまで、損傷した臓器から完全に引き継ぐデバイスに取り組んでいます。

2011年、マシューグリーンは、心臓を人工臓器に完全に置き換えた英国で最初の患者になりました。

40歳の彼は重度の心臓病に苦しんでおり、それは彼がいつでも死ぬ可能性があることを意味しました。

グリーン氏は、米国の企業SynCardiaによって作られた人工心臓は、彼の人生を「革命化」させ、散歩や地元のパブに出かけることができたと語った。

ケンブリッジシャーのパプワース病院の昨年の夏の外科医は、彼のプラスチック製のデバイスをドナーの臓器に交換しました。

グリーン氏はBBCに対し、人工心臓は「2年間非常にうまく機能し」、適切な心臓を待っている間も生き残ることができたと語った。

人工心臓の必要性は、ドナー臓器の不足によって推進されています。

患者さんは1年以上かけて適切な心臓を待つのが一般的で、臓器移植を待っている間に1日3人が死亡すると推定されています。


先駆的な心臓病患者が死ぬ

ケンタッキー州ルイビルのユダヤ人病院の医師によると、ロバート・ツールズ(59歳)は金曜日に死亡した。

「ボブは私たち全員にとって親愛なる友人になりました。ボブの笑い声、ユーモアのセンス、そして闘志が恋しいです」と、人工心臓を移植した外科医の1人であるロバートダウリング博士は言いました。 「私たちの同情とサポートは、彼の家族とボブを知っていて愛していたすべての人々に向けられています。彼の開拓者精神は、心臓病との闘いにおいて長く生き続けます。」

その日の早い段階で、医師はツールが重度の腹部出血と多臓器不全を発症したと発表しましたが、それから回復することは期待されていませんでした。

病院は、出血はアビオコアの人工心臓にも、11月11日にツールが受けた脳卒中にも関連していないが、ツールの慢性疾患によって引き起こされた血液凝固の問題に関連していると述べた。 2001年7月2日、Toolsは、医師が心臓全体を切り取り、完全に埋め込まれたバッテリー駆動のAbioCor人工心臓に置き換えることを可能にした世界初の人物になりました。

プラスチックとチタンのデバイスがなければ、医師はツールに1か月でも生き残る可能性をわずかに与えました。彼は心不全を治療するための他のすべての選択肢を使い果たしており、腎不全と糖尿病が彼の状態を悪化させていたため、病気で人間の心臓移植を受ける資格がありませんでした。

しかし、手術から数日以内に、外科医はツールの健康状態の改善を見ました。

「確かに、患者の進歩は非常に喜ばしいものであり、私がこれまでに経験したどんな期待も本当に上回っていると思います」と、インプラントを行った外科医の一人であるラマン・グレイ博士は当時言った。

ツールは、マサチューセッツ州ダンバーズのアビオメッドによって製造されたデバイスの臨床試験の一環として人工心臓を受け取りました。

リスクは大きかったが、ツールは実験に参加するという選択は簡単なものだと言った。

「決定はありませんでした」と彼は手術の7週間後の彼の最初の公の場で言った。 「つまり、私には選択肢がありました。家に座って死ぬか、ここに来てチャンスをつかむことができました。ここに来てチャンスをつかむことにしました。家族も一緒に行きました。」

彼の処置以来、他の5人の男性が彼の足跡をたどってきました。最近の患者は手術中に死亡し、他の4人はさまざまな回復段階にあります。

医師は、ツールを回復することを非常に決意していると説明しました。彼は過去数週間で体重が増えていて、回復中に病院から約20回の遠足をしていました。

「それは驚異的です」と、同じく手術チームにいたロバート・ダウリング博士は言いました。 「それは私たちが望んでいたことですが、私たちはしばしば可能な限り最良のシナリオを望んでいます。あなたはしばしばそれを手に入れませんが、この場合私たちはそれを手に入れました。」

ツールはケンタッキー州フランクリンの自宅で休暇を過ごすことを望んでいましたが、医師が彼の願いを叶える前に脳卒中を患いました。

それでも、ツールは、アビオコアの移植を受けることで、彼が交渉したよりも多くの時間を費やしました。

His wife, Carol, said they had more fun during the last few months than in the two years he struggled with a weak heart, and that neither she nor Tools had any regrets.


The Artificial Heart: Prototypes, Policies, and Patients (1991)

NSY THE LATE 1990s, patients with heart failure may be able to receive a fully implantable device to assist their weakened hearts. A small battery pack will be the only visible evidence of the technology, in contrast to the large console needed to power earlier models of these devices. Five to ten years after assist devices are perfected, a fully implantable total artificial heart (TAH)&mdasha device that replaces the natural heart instead of only assisting it&mdashmay be technologically possible.

As soon as 1992, the first patient will receive a fully implantable, long-term ventricular assist device (VAD). The implant will begin a clinical trial of a VAD developed by the Novacor Division of Baxter Healthcare Corporation and is the result of a major effort by the artificial heart program of the National Heart, Lung, and Blood Institute (NHLBI). In the trial, 20 patients will receive the device over a 2-year period, 10 at St. Louis University and 10 at the University of Pittsburgh each patient will be followed for up to 2 years, and extensive data analysis will be performed. Formal reports of the trial's outcome thus will be available in the latter half of the 1990s.

The longest use of a temporary Novacor VAD (similar but externally powered) in either animals or human beings has been about one year, but the cumulative experience since the first human use in 1984 suggests that the forthcoming trial of the fully implanted model will yield positive results in some patients. Because the two technologies have similar components and face similar problems, the Novacor trial results will have considerable relevance not only for VAD development but also for the future of TAHs. Nevertheless, TAHs are very different devices replacing a natural heart presents many more challenges than does supporting left ventricular function.

At present, four TAH developers are just beyond the mid-point of NHLBI contracts for continuing R&D. If NHLBI funding continues, the next phase of extensive device readiness testing might require up to five years this would be followed by another five or more years of clinical trials. TAHs are not likely to be a candidate for wide use until at least 2005.

This report of an Institute of Medicine (IOM) study is primarily intended to help NHLBI determine the extent of its support of the next step of TAH development after the current contracts end in September 1993. The report also considers the need to continue developing additional VAD models and examines issues related to both types of devices, such as appropriateness of technology use and access by patients to this technology. Finally, the report suggests several methods that can assist NHLBI in allocating resources among R&D programs and examines related R&D policy issues. (Temporary-use devices are not considered, except as their experience provides a basis for projecting the performance of long-term devices.)

END-STAGE HEART DISEASE

Consideration of the future role of TAHs and VADs&mdashreferred to collectively as mechanical circulatory support systems (MCSSs)&mdashis helped by a basic understanding of the heart's functioning. As Figure 1.1 illustrates, the heart is a double pump. Oxygenated blood from the lungs flows into the left atrium and from there into the left ventricle. The left ventricle pumps the blood via the aorta into arteries throughout the body. After oxygen has been removed in organs and capillaries, the blood flows through veins back to the heart's right atrium and then to the right ventricle. This chamber sends the venous blood to the lungs to be oxygenated, completing a pumping cycle that normally occurs 70 to 90 times per minute.

Because considerably more pumping force is needed to move arterial blood throughout the body than to move venous blood through the lungs, the left ventricle's muscle strength is greater than the right ventricle 's and it is also more likely to fail than is the right ventricle. Heart failure is identified as left-sided, right-sided, or both (biventricular) end-stage heart disease occurs when one ventricle (or both) is unable to perform the necessary pumping function. As the name indicates, the typical case of end-stage heart disease becomes steadily more severe, until death occurs.

End-stage heart disease may result from a variety of cardiovascular causes &ldquoheart failure&rdquo&mdashsometimes called congestive heart failure&mdashis, technically speaking, not itself a disease but a condition that is caused by many different disease processes. The most common causes of end-stage heart disease and heart failure are hypertension and coronary atherosclerosis (also called coronary artery disease or coronary heart disease, a constriction of the arteries that convey blood to the heart muscle itself).ウイルス性


Haydon, Artificial Heart Patient, Dies

Murray P. Haydon, a retired auto worker who lived for 488 days with a Jarvik-7 mechanical heart, died Thursday, leaving only one survivor among the five men who have received permanent artificial hearts. He was 59.

The third recipient of the mechanical heart, Haydon was declared brain dead at 10:45 a.m., said Dr. William DeVries, the surgeon who implanted all the permanent artificial hearts used in the United States.

Haydon’s failing kidneys caused his nervous system to deteriorate over the past 10 days, DeVries said at a news conference at Humana Hospital Audubon, where Haydon had lived since he received his artificial heart on Feb. 17, 1985.

Haydon’s doctors and his family agreed not to place him on dialysis to help his kidney function, DeVries said. The family did not believe that it would improve his quality of life.

“Haydon’s deterioration and death was similar to what happened to Barney Clark,” the first recipient of the Jarvik-7 artificial heart, who died 112 days after the Dec. 2, 1982, implant at Utah Medical Center, DeVries said.

“We are sad now that he is no longer with us,” Haydon’s family said in a statement read by DeVries. “We are also grateful that he lived 16 months longer than he would have without the artificial heart.”

Haydon’s attitude remained good in his last days “and he continued to enjoy life,” DeVries had said in an earlier statement.

“We came to know him not just as a patient but also as a good friend,” he said.

Haydon, who would have celebrated his 60th birthday June 28, was the third person to receive a Jarvik-7 heart and the second longest-living recipient. He had spent most of his time in the hospital’s intensive-care unit and required a respirator to help him breathe much of the time.

William Schroeder’s artificial heart was implanted Nov. 25, 1984, and he is still a patient at Humana Audubon. DeVries said Schroeder “looked better today than he’s looked in four months.” He was told of Haydon’s death and “it did sadden him,” the doctor said.

“One of his friends had not made it,” DeVries said.

Leif Stenberg, 53, of Sweden received an artificial heart on April 7, 1985, and died Nov. 21. Jack Burcham became the fifth recipient on April 14, 1985 he died 10 days later at Humana Audubon.

“The contributions of these individuals, like Haydon, have been enormously beneficial in leading up to a better mechanical device and improved patient treatment post-operatively,” DeVries said. “There’s no doubt in my mind their participation in this research will help save thousands of lives in the future.”

Haydon left the hospital only three times, visiting neighbors in January, taking a van ride the next month and stopping briefly at his suburban Louisville home in March.

DeVries’ implant program has come to a standstill because of fewer patient referrals, stricter federal regulations and virtual abolishment of age limits for patients to qualify for heart transplants. On Jan. 8, the U.S. Food and Drug Administration adopted new restrictions on the Jarvik-7, including case-by-case approval of further implants, new procedures for treating patients and periodic reports to the government on patient status.

Haydon, a retired auto assembly-line worker known to friends as “M. P.,” had battled cardiomyopathy, a progressive deterioration and swelling of the heart, since 1981. In January, 1985, his children asked family physician Jerome Lacy about the possibility of an artificial heart.

“They had seen Haydon wasting away and becoming exhausted from such simple tasks as brushing his teeth,” Lacy said.

Haydon made satisfactory progress until blood began accumulating in his chest. On March 2, 1985, surgeons closed a tiny opening inside Haydon’s chest and returned him to a respirator.

Haydon spent seven years in the Army and Air Force. He operated a barber shop with an uncle, then worked at Ford Motor Co.'s Kentucky truck plant for 14 years before retiring in June, 1983, for health reasons.

He was described by friends and relatives as a quiet man, always willing to lend a helping hand. He had a passion for history and geography and enjoyed working puzzles.

Such has been the medical progress in a year that “if Haydon came to us today, we wouldn’t do him,” DeVries said. He said Haydon had been turned down by three natural-heart transplant programs because he was too old, but now men his age are routinely accepted for natural heart transplants.

In addition to his wife, Haydon is survived by a son, two daughters and five grandsons.


Artificial Heart

Heart disease is one of humankind’s most pervasive killers. Often, heart disease may be so severe that a patient has little chance of surviving while he or she awaits a donor heart. Taking their lead from the successful invention of an artificial kidney dialysis machine in the 1950s, medical scientists began to work on creating an artificial heart. At the very least they hoped artificial hearts could be used to keep people alive while they awaited a donor heart, which were, and are, always in short supply.

Willem Kolff, the Dutch-born inventor of the artificial kidney, was one of the first medical scientists to begin work on an artificial heart. In 1957 Kolff and his team of scientists tested their model in animals to identify problems. In 1969 a team led by Denton Cooley of the Texas Heart Institute used a model they had created to keep a human patient alive for over thirty-six hours. Anticipation grew that the artificial heart, which could potentially save thousands of people each year and would clearly be one of humankind’s greatest achievements, was on the verge of becoming reality.

The first artificial heart implanted in a patient was the known as the Jarvik-7, named after its designer Robert K. Jarvik, an American physician at the University of Utah. Designed to function just like a natural heart, the Jarvik-7 had two pumps (like the ventricles), each with a disk-shaped mechanism that pushed the blood from the inlet valve to the outlet valve. Though the artificial heart mimics the action of the natural heart, there is one crucial difference that cannot be avoided: the natural heart is alive, while the artificial heart is made of plastic, aluminum, and Dacron polyester. As a result, the artificial heart must rely on some external source to “live.”

In 1982, William DeVries of the University of Utah, along with a team of experienced assistants, implanted the Jarvik-7 into a patient named Barney Clark. Clark, a dentist from Provo, Utah, was too sick to be eligible for a donated heart the team decided Clark’s implant would have to be permanent. The procedure was a huge media event. People across the globe counted, undoubtedly along with Clark and his family, each day that the artificial heart continued to function and prolong his life. But though the artificial heart did prolong Clark’s life, it also cost him his freedom. Clark was bound to the washing machine-sized air compressor needed to power the heart. Tubes from the compressor passed through Clark's chest wall, binding him to his bed. Infections were common. Furthermore, Clark's blood clots kept forming as blood passed through the imperfect man-made pump. After suffering a number of strokes, Clark died 112 days after his implantation, much to the sorrow of everyone. Five more artificial hearts were placed in patients through 1985. The longest survivor was William Schroeder, who was supported by the Jarvik-7 for 620 days. By the late 1980s, surgeons at 16 centers, including the Texas Heart Institute, had implanted more than 70 Jarvik-7 devices in patients as a bridge to transplantation.


Present and future perspectives on total artificial hearts

Due to shortages in donor organ availability, advanced heart-failure patients are at high risk of further decompensation and often death while awaiting transplantation. This shortage has led to the development of effective mechanical circulatory support (MCS). Currently, various implantable ventricular-assist devices (VADs) are able to provide temporary or long-term circulatory support for many end-stage heart-failure patients. Implantation of a total artificial heart (TAH) currently represents the surgical treatment option for patients requiring biventricular MCS as a bridge to transplant (BTT) or destination therapy (DT). However, the clinical applicability of available versions of positive displacement pumps is limited by their size and associated complications. Application of advanced technology is aimed at solving some of these issues, attempting to develop a new generation of smaller and more effective TAHs to suit a wider patient population. Particular targets for improvement include modifications to the biocompatibility of device designs and materials in order to decrease hemorrhagic and thromboembolic complications. Meanwhile, new systems to power implanted driving units which are fully operational without interruption of skin barriers represent a potential means of decreasing the risk of infections. In this review, we will discuss the history of the TAH, its development and clinical application, the implications of the existing technological solutions, published outcomes and the future outlook for TAHs.

Keywords: Mechanical circulatory support (MCS) heart failure total artificial heart (TAH).


ビデオを見る: 心臓震盪死戦期呼吸心肺停止胸骨圧迫心肺蘇生法現場の3分間2017年