独立戦争-歴史

独立戦争-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

北米のインディアンは独立戦争中にさまざまな立場を取りました。植民地人を支持する人もいれば、イギリス人を支持する人もいれば、中立を維持する人もいました。

独立戦争

独立戦争
アメリカは独立宣言を燃料として、イギリスとの独立戦争、つまり独立戦争に突入しました。戦争を通して、アメリカは最初の本当のナショナリズムの感情を発達させ、自由のための戦いで勝利を収めることになりました。

英国の長所/短所: イギリス軍は設備が整っていて、よく訓練されていて、よく訓練されていました。彼らは、軍隊を上陸させ、軍隊を輸送し、通信と補給線を守るために強力な海軍を持っていました。また、彼らは外国の傭兵を雇うために使うことができる多額のお金を持っていました。しかし、彼らは米国よりも数が多かった。

米国の長所/短所: 多くの入植者は銃器の使い方を知っていました。彼らは滑腔砲のブリティッシュマスケット銃よりも優れたライフル射程と精度を持っていました。ワシントンは非常に尊敬され、経験豊富な最高司令官であり、彼らは自分たちの領土で戦っていました。しかし、彼らの海軍力はイギリスよりも小さかった。

ロイヤリスト/トーリー党: 彼らは英国国教会の聖職者、少数民族および宗教的少数派、政府関係者であり、ロイヤリストを構成する裕福な商人もいました。人口の約5分の1から3分の1は英国に忠実であり続けました。彼らは、入植者の権利を守るために戦争は不要であると感じ、君主制への敬意を維持した。しかし、少数民族および宗教的少数派の大多数は革命の支持者でした。 8万人のロイヤリストが去り、彼らの立場を他の人に任せた。

ジョン・アダムズ: 彼は革命が始まったときにアメリカの独立を提案した最初の男性の一人でした。さらに、彼は独立委員会の委員を務め、また、第二回大陸会議に独立宣言を採択するよう説得するのを手伝いました。議会や海外の外交使節団で、彼は愛国者の大義に仕えました。

アビゲイルアダムス:
彼女は正式な教育を受けていませんでしたが、特にファッションと社会的仲介者のリーダーとして、当時最も影響力のある女性の1人でした。彼女はジョン・アダムズの妻であり、ジョン・クインシー・アダムズの母親でした。また、彼女は女性の平等の欠如に挑戦し、独立戦争の強力な支持者でした。

マーシーオーティスウォーレン:
帝国の危機の前は、彼女は非政治的な詩で知られていましたが、すぐに1770年代初頭に政治風刺を書き始めました。そうすることで、彼女は女性が自然に男性に依存しているという仮定に異議を唱えました。当然のこととされていた女性の従属は、後に議論の対象となった。

ジョージワシントンと革命: ジョージ・ワシントンは、イギリスと戦った大陸軍を創設しました。彼は州に憲法制定会議に参加するよう説得するのに強い影響力を持っていました、そして彼は憲法の批准を得るために彼の名声を利用しました。彼は1763年のフレンチ・インディアン戦争で高い評価を得ました。彼の初期の軍事経験は、敗北に直面したときの自信過剰の危険性と決意の必要性を彼に教えました。

エドマンド・バーク:私n1766年彼は議会に選出された。ほぼ即座に、バークは印紙法の廃止を求めた。彼はパンフレット「現在の不満の原因についての考え」と「アメリカの課税について」と「アメリカとの和解」の2つの演説で、アメリカの植民地に対する正義と和解を促した。

ベンジャミン・フランクリンと革命: ペンシルベニア州から、1776年に独立委員会の委員を務めました。さらに、英国の首相として、ジョン・アダムズとジョン・ジェイとともに、11月に新しいアメリカの国境に関係するアメリカとイギリスの間の平和条約に署名しました。 30、1782。

ラファイエット: 1778年のラファイエット侯爵とフランスの裁判所との緊密な関係は、ルイ16世が米国の独立を認め、英国との宣戦布告を行う可能性があることを示していました。フランスと米国が英国に対して同盟を結んだ後、ラファイエットはアメリカ人への財政的および軍事的援助の付与を促進するためにフランスに戻った。

ジョージロジャースクラーク: ジョージロジャースクラークは、175人の民兵とフランスの志願兵をオハイオ川に沿って導き、1778年の春にオハイオ渓谷北西部に沿っていくつかのイギリスの砦を占領しました。西部フロンティア。

ベネディクトアーノルド:
彼は大陸軍の1つをカナダに導きましたが、敗北しました。熱心な愛国者であった彼は、後に裏切り者になりました。彼は1775年4月に400人の兵士を擁し、同じ目的で軍隊を編成したイーサン・アレンと共にタイコンデロガ砦を攻撃しましたが、命令はありませんでした。

ロバート・モリス: 合衆国が連合規約の下で国の破産を防ぐことができなかったとき、議会は彼に目を向けました。彼は国をパニックにして国の定期的な歳入源を作ることを望んで、アレクサンダーハミルトンと共にニューバーグの陰謀を設計した。

ジョンポールジョーンズ: アメリカのキャプテン、ジョン・ポール・ジョーンズがイギリスの領土を攻撃し、アメリカの士気と名声を高めました。彼はまた、有名な船、ボノム・リシャールをイギリスの船、セラピスに対して率いました。そこでは戦争がイギリスの海岸にもたらされ、アメリカの士気と信頼性を高めました。

海での戦争: ジョンポールジョーンズのようなアメリカの船長は、イギリスとの独立戦争の間にこの海での戦争で戦った。イギリスの海軍の優位性にもかかわらず、1779年9月23日、ジョーンズは北海でイギリスのフリゲート艦セラピスと交戦しました。これは戦争で最も有名な海戦でした。

大陸軍:
大陸軍は植民地時代の男性で構成され、一度に任務に備えた10,000人未満の男性で構成されていました。植民地に住む潜在的な25万人の男性のうち、大陸軍は戦争の夜明けにかなり小柄でした。ジョージ・ワシントンが率いるこの軍隊は、バレーフォージなどのさまざまな戦いで戦った。

独立戦争におけるネイティブアメリカン:
入植者のオハイオ渓谷への拡大により、西部のインディアンはイギリスと同盟を結ぶようになりました。東部では、ニューヨークのイロコイ族は1777年まで中立であり、イロコイ連邦の6か国が分裂し、タスカローラ族とほとんどのオナイダ族を除くすべてがイギリス側に残されました。

アメリカ独立戦争における黒人アメリカ人: 約5,000人の黒人が陸軍と海軍、主にニューイングランドの自由人に仕え、戦争のすべての主要な戦いで戦った。しかし、南部は奴隷反乱の可能性を恐れており、南部での黒人の使用を妨げていた。ダンモア知事はイギリス軍に加わった奴隷に自由を提供した。

カナダ侵攻作戦: リチャード・モンゴメリー米軍将軍は、1775年にイギリス軍にモントリオールからの避難を強要し、カナダに侵攻しました。ベネディクトアーノルドが率いる第2部隊がケベックへの攻撃を組み合わせて土地に侵入したが、モンゴメリが殺され、ベネディクトが撃たれ、植民地軍の3分の1が殺されたか捕らえられたという失敗だった。

バンカーヒルの戦い(ブリードの丘): 1775年5月、イギリス軍の3人の将軍が、ゲージ将軍を支援するためにボストンに到着しました。ブリードの丘へのイギリス軍の攻撃が2回失敗した後、入植者は弾薬を使い果たし、イギリス軍は成功しました。入植者たちは今、2つの選択肢を持っていました:本格的な革命にコミットするか、イギリスの支配を受け入れるかです。

「ボノムリシャール」と「セラピス」: ジョンポールジョーンズは再建されたフランスの商船を指揮し、それを米国に改名しました。ボノムリシャール。 1779年9月23日、彼は北海でイギリスのフリゲート艦セラピスと交戦した。これはアメリカ独立戦争で最も有名な海戦でした。

コンウェイカバル:
アメリカ合衆国少将のトーマス・コンウェイはホレイショ・ゲイツ将軍に手紙を書き、大陸軍の指導者としてのワシントンの解任を目的としたコンウェイ陰謀団の軍事的側面を明らかにした。コンウェイはその後の公の暴露の後に辞任し、フリードリッヒ・フォン・スチューベンに取って代わられた。

1778年のフランス同盟の理由: フランスは1778年2月にアメリカと2つの条約を締結しました。最初の条約は善意と商業の条約であり、最恵国待遇を相互に付与しました。 2番目の条約は1778年のフランス同盟であり、イギリスとフランスの間で戦争が起こった場合に発効するものでした。

サラトガ: イギリスのジョン・バーゴイン将軍は、自分の3倍の力に圧倒され、1777年10月17日に降伏しました。これにより、イギリスは戦争を継続するかどうかを検討する必要がありました。サラトガの戦いでの米国の勝利は、米国が外交的承認に値することをフランス人に確信させた。

バレーフォージ: ブランディワインクリークでの戦いからのアメリカ人の生存者は、1777年12月初旬にバレーフォージを行進しました。大陸軍はバレーフォージを行進し、イギリス軍は何マイルも離れたフィラデルフィアで休息しました。フリードリッヒ・フォン・スチューベン男爵の到着後、大陸軍はバレーフォージから出現しました。

ヘッセ人: 彼らは、独立戦争中にイギリス軍の約3万人の兵士で構成されたドイツの傭兵でした。彼らは162,000人の他の英国人と忠誠者の間で戦ったが、大陸軍の22万人の軍隊よりも数が多かった。

「黒い」連隊:
彼らは1765年にイギリスの専制政治とイギリスの権威に対する抵抗に対して説教した威厳のある聖職者のグループでした。説教は非常に一般的なコミュニケーションの形態であったため、ほぼすべての入植者が公の断食とコミュニケーションを見て、それは罪ではないという考えに感染しましたイギリスを拒絶する。

トマス・ゲイジ将軍:
彼は1763年から1775年までアメリカのイギリス軍の最高司令官でした。1775年4月、彼はイギリス軍に、そこに保管されているアメリカの武器を調整して押収するように命令を出しました。最高司令官としてのキャリアの中で、彼はマサチューセッツ州の新しい知事に任命されました。

イギリスの将軍: ヘンリー・クリントン、ウィリアム・ハウ、ジョン・バーゴイン:ハウ将軍は、1776年にニューヨークに本部を設置することを計画していましたが、ワシントンがロングアイランドに逃亡したために遅れました。バーゴイン将軍は1777年にサラトガに閉じ込められ、降伏を余儀なくされました。クリントン将軍は1778年に最高司令官としてハウを引き継いだ。

ヨークタウン、コーンウォリス卿: ワシントンは、ドグラス提督のフランス艦隊とともに、ヨークタウン半島でイギリス軍のコーンウォリス将軍を捕らえました。ヨークタウンの包囲戦は1781年9月に始まり、コーンウォリスがヨークタウン周辺の3つの重要なポイントを失い、降伏したことに気づいたときに終了しました。

第一次武装中立連盟: ロシアの皇后、エカチェリーナ2世は、1780年に宣言を行い、コントラバンドのカテゴリーを軍需品と戦争の不可欠な道具に制限しました。彼女はまた、交戦者の港にさえ、中立国の航行の自由を確保しました。アメリカは独立戦争で戦っていたため、参加できませんでした。

パリ条約、1783年: イギリスとアメリカは9月3日にアメリカ独立戦争を終わらせるパリ条約に署名しました。イギリスは前の13の植民地を自由で自治的なアメリカ合衆国として認めました。

(パリ条約で)米国の境界を越えたフランスとイギリスの陰謀: フランスとイギリスは、独立戦争後のアメリカ領土に多くの関心を共有しました。フランス人はバージニアでの彼らの居住をさらに続けたいと思っていました、そしてそれは彼らと入植者の間のさらなる論争につながりました。

戦争の社会的影響:
女性は、アメリカ独立戦争の理想によって暗示される地位を獲得しませんでした。革命は自由の名の下に戦われましたが、奴隷制は依然として存在し、奴隷制と自由の間にパラドックスを生み出しました。しかし、奴隷制は革命の時代に事実上北で終わった。

どのように革命的ですか?: 以前の植民地は連合規約によって提供された中央政府の下で参加しましたが、それでもさまざまな分野で独立して行動していました。いくつかの州憲法は、それらを統治していた英国憲章と同一でした。一方で、政教分離の考え方が強まり、少数派の宗教への寛容が広まり、インフレが広まり、産業が刺激され、外国との貿易が増加した。

バージニア信教の自由の崩壊、バージニア信教の自由の像: トーマス・ジェファーソンは、独立が宣言された後、バージニア信教の自由法に取り組みました。それは1786年に法律となり、信教の自由を保証する憲法修正第1条の条項のモデルとなりました。政教分離はより一般的になりました。

新しい州の憲法:
1775年にイギリスの権威が崩壊した後、旧植民地は新しい州政府を結成する必要がありました。マサチューセッツ州の有権者は、憲法は立法府よりも暗黙のうちに優れていることを期待して、立法府ではなく条約によって作成されたと主張しました。ほとんどの州憲法には権利章典が含まれていましたが、憲法は非常に民主的なモデルから一院制の立法府にまで及びました。

ニューバーグの陰謀:
連合規約に基づく新国家は金融危機に陥っていた。アレクサンダー・ハミルトンとロバート・モリスによって設計されたニューバーグ陰謀を通じて、賃金が滞っていた軍隊は、州に国家政府により多くの権力を放棄させると脅迫した。


コンテンツ

インドネシアの独立運動は1908年5月に始まり、「国民の目覚めの日」(インドネシア語: ハリケバンキタンナシオナル)。ブディ・ウトモ、インドネシア国民党(PNI)、サレカット・イスラム、インドネシア共産党(PKI)など、オランダのナショナリズムとオランダ植民地主義からの独立を支持する運動は、20世紀前半に急速に成長しました。ブディ・ウトモ、サレカット・イスラムなどは、オランダの開始に参加することにより、協力の戦略を追求しました フォルクスラード (「人民評議会」)インドネシアが自治権を与えられることを期待して。 [15]他の人々は、オランダ領東インドの植民地に自治の自由を要求する非協力的な戦略を選択した。 [16]これらの指導者の中で最も注目に値するのは、オランダ道徳政策の教育改革の恩恵を受けた2人の学生でナショナリストの指導者であるスカルノとモハマドハッタでした。

第二次世界大戦中の3年半にわたる日本によるインドネシアの占領は、その後の革命の決定的な要因でした。オランダは日本軍に対して植民地を守る能力がほとんどなく、最初の攻撃からわずか3か月以内に、日本人はオランダ領東インドを占領しました。ジャワ島では、そしてスマトラ島(インドネシアの2つの支配的な島)ではそれほどではありませんが、日本人はナショナリストの感情を広め、奨励しました。これは、インドネシア独立の政治的支援よりも日本の政治的利益のために行われたが、この支援は、新しいインドネシアの機関(地元の近隣組織を含む)とスカルノのような高貴な政治指導者を生み出した。その後の革命と同じくらい重要なことに、日本人はオランダが作った経済的、行政的、政治的インフラの多くを破壊し、取り替えました。 [17]

1944年9月7日、日本人にとって戦争がひどくなり、小磯首相はインドネシアの独立を約束したが、日付は決まっていなかった。 [18]スカルノの支持者にとって、この発表は彼の日本人との協力の証拠と見なされていた。 [19]

過激で政治化された圧力の下で ペムダ (「若者」)グループ、スカルノとハッタは、1945年8月17日、日本の天皇が太平洋に降伏した2日後、インドネシアの独立を宣言しました。翌日、インドネシア独立準備委員会(PPKI)がスカルノを大統領に、ハッタを副大統領に選出した。 [20] [21] [22]

宣言

私たちインドネシア国民は、ここにインドネシアの独立を宣言します。

権力の移転等に関する事項は、慎重かつ最短時間で実施いたします。

ジャカルタ、1945年8月17日[23]

インドネシアの人々の名において、

[署名済み]スカルノハッタ

(外務省による翻訳、1948年10月) [24]

革命とベルシアップ編集

独立宣言のニュースが離島に広まる前の9月中旬で、首都ジャカルタから遠く離れた多くのインドネシア人はそれを信じていませんでした。ニュースが広まるにつれ、ほとんどのインドネシア人は自分たちを共和党支持者と見なすようになり、革命のムードが国中に広まった。 [25]連合軍の海運がインドネシアに入るまでに数週間かかるだろう(オーストラリアでは、亡命中のオランダ領東インド政府が拠点を置いていたオーストラリアからのオランダ領東インドの合体、積み込み、人員配置によるボイコットとストライキのせいで)。 。これらのストライキは1946年7月に完全に破られた。[26]一方、日本人は降伏の条件により、武器を日本の訓練を受けた者に渡すことで解決した矛盾を維持し、武器を置くことの両方を要求された。インドネシア人。 [27] [28]

日本の降伏後の数週間で結果として生じた権力の真空は、不確実な雰囲気を作り出しましたが、共和党にとってもチャンスの1つでした。 [27]多く ペムダ 親共和国闘争グループに参加しました(バダンペルジュアンガン)。最も訓練されたのは、日本軍の兵士でしたが、解散しました ぎゆぐん (PETA、志願軍)と 兵補 (日本軍に雇われている地元の兵士)グループ。多くのグループは、彼らの形成の状況と彼らが革命的精神として認識したものの両方のために、規律がありませんでした。最初の数週間、日本軍は対立を避けるために都市部から撤退することが多かった。 [29]

1945年9月までに、ジャワの最大の都市の鉄道駅や路面電車を含む主要なインフラ設備の管理が共和党に引き継がれました。 ペムダ 日本の抵抗にほとんど遭遇しなかった。 [29]革命的なメッセージを広めるために、 ペムダ 独自のラジオ局と新聞を設置し、落書きはナショナリストの感情を宣言しました。ほとんどの島では、闘争委員会と民兵が設立されました。 [30]共和党の新聞や雑誌は、ジャカルタ、ジョグジャカルタ、スラカルタで一般的であり、 アンカタン45 (「45世代」)彼らの多くは自分たちの仕事が革命の一部である可能性があると信じていました。 [29]

共和党の指導者たちは、一部の人々が情熱的な武力闘争を望んでいた他の人々に、より合理的なアプローチを求めて、人気のある感情を受け入れるのに苦労しました。左派のタン・マラカなどの一部の指導者は、これはインドネシア人が主導し勝利するための革命闘争であるという考えを広めました。 ペムダ。対照的に、スカルノとハッタは、外交を通じて独立を達成するために政府と機関を計画することにもっと興味を持っていました。 [31]革命前のデモは、9月19日にジャカルタで行われたものを含む大都市で行われ、20万人以上が参加し、スカルノとハッタは暴力を恐れて鎮圧に成功した。 [32]

1945年9月までに、自称の多くは ペムダ「100%の自由」のために死ぬ準備ができていた、は焦り始めていました。オランダ人の抑留者、ユーラシア人、アンボン人、中国人などの民族の「集団外」や、スパイと見なされる人は誰でも、脅迫、誘拐、強盗、殺人、組織的な虐殺にさらされるのが一般的でした。このような攻撃は革命の過程を通して続くだろうが、ベルシアップとして知られている1945年から46年の期間に最も多く見られた。 [33] [34] [35]

1947年のベルシアップの後、オランダ当局は犠牲者の遺体を取り戻そうとし、その期間の数人の生存者が司法長官事務所に法的な証言を提供しました。革命的な戦争が続いたため、遺体はほとんど発見されず、裁判にかけられた事件もほとんどありませんでした。約3,500の墓 ベルシアップ 犠牲者はで見つけることができます ケンバンクニン スラバヤなどの戦没者墓地。 [ 要出典 ]

NS シンパンソサエティクラブスラバヤ のペムダによって流用されました PartaiRakyatインドネシア (P.R.I.)そしてP.R.I.の本部になりました数百人の民間人の即決処刑を個人的に監督したストモ司令官。 1945年10月22日の事件のアーカイブされた目撃証言は次のように述べています。

毎回の処刑の前に、ストモはこの「人民の敵」をどうしたらいいのかと嘲笑して群衆に尋ねた。群衆は「ブヌ!」と叫んだ。 (殺す!)その後、ルスタムという死刑執行人は、彼の剣の一撃で犠牲者を斬首した。その後、犠牲者は10、11、12歳の少年の血の渇きに任せられました。 。 [誰が]さらに体を切断した。」「女性は裏庭の木に縛られ、死ぬまで「バンブーランシング」(竹の槍)で性器を突き刺した。

ストモの命令により、斬首された遺体は海に捨てられ、女性たちは川に投げ込まれた。 [36]の死者数 ベルシアップ 期間は数万に達します。 3,600人のインドヨーロッパ人の遺体が殺害されたと特定されました。しかし、2万人以上の登録されたインド・ヨーロッパ語族が拉致され、二度と戻ってこなかった。インドネシアの革命家は少なくとも2万人、しばしば若い戦闘員を失った。リードアップとスラバヤの戦いの間に殺されたインドネシアの戦闘機の推定数は6,300から15,000の範囲です。 [37]日本軍は約1,000人の兵士を失い、イギリス軍は660人の兵士、主に在英インド人を殺害したとして登録した(同様の数の兵士が行動を欠いている)。 [38]実際のオランダ軍はほとんど関与していなかった[39]。彼らは1946年3月と4月にインドネシアに戻り始めただけだった。


独立戦争-歴史

戦争は、議会が独立を宣言する1年以上前に、レキシントンとコンコードで始まりました。 1775年、イギリス軍は、戦争の脅威と物資を奪うためのわずかな侵入で植民地の反乱を鎮圧するのに十分であると信じていました。しかし、これらの軽微な侵入は、全面的な軍事紛争に変わりました。ボストンでの初期のアメリカの勝利にもかかわらず、新しい国は世界最大の軍隊を引き受けるという困難な課題に直面しました。

1776年の夏、ボストンにいた部隊がニューヨークに到着した。その後すぐに、「ヘシアン」として知られる数万人のドイツ傭兵を含む、英国史上最大の遠征軍が続きました。ニューヨークは、ハドソン川の支配権を掌握し、ニューイングランドを他の大陸から隔離することを目的とした遠征を開始するのに最適な場所でした。また、ニューヨークには、特に商人や英国国教会のコミュニティの間で、多くの支持者が含まれていました。 10月、イギリス軍はついにブルックリンとマンハッタンへの攻撃を開始しました。大陸軍はニュージャージーを通って撤退する前に深刻な損失を被りました。冬の始まりとともに、ワシントンは士気を高め、再入隊を奨励するために何かを必要としていました。そのため、彼はクリスマスの日にトレントンのヘシアンキャンプで、夜に隠れてデラウェア川を渡って残した数千人の兵士を運び、奇襲攻撃を成功させました。勝利は、ニューヨークでの災害の後、大陸軍に多くの必要な物資と士気の向上をもたらしました。

ニューヨーク州北部では、さらに大きな成功が続きました。 1777年、ハドソン川を確保するために、イギリス軍のジョン・バーゴイン将軍がカナダからニューヨーク州北部まで軍隊を率いました。そこで、彼はマンハッタンから北に行進しているハウ将軍の分遣隊と会うことになっていた。しかし、ハウはバーゴインに告げずに計画を放棄し、代わりにフィラデルフィアに出航して新しい国の首都を占領しました。大陸軍はニューヨーク州サラトガでバーゴインの部隊を打ち負かした。この勝利は戦争の大きな転換点を証明した。ベンジャミン・フランクリンは、フランスとの同盟条約を確保しようとしてパリ​​にいました。しかし、フランス人は、ありそうもない原因のように思われることを支持することに消極的でした。サラトガでの勝利のニュースは、原因が彼らが思っていたほどありそうになかったかもしれないとフランス人に確信させました。 1778年2月6日に「米仏通商条約」が調印されました。イギリスとフランスの間の戦いがすぐにヨーロッパとインドで勃発したため、条約は植民地の反乱を事実上世界的な戦争に変えました。

ハウは1777年にフィラデルフィアを占領しましたが、冬が終わるとニューヨークに戻りました。彼は、ヨーロッパの軍事戦術が北米では機能しないことにゆっくりと気づきました。ヨーロッパでは、軍隊は主要都市を占領するために正面からの戦いをしました。しかし、1777年、イギリス軍はフィラデルフィアとニューヨークを占領しましたが、それでも彼らの立場を弱めていました。一方、ワシントンはニューヨークの後、ほとんど訓練を受けていない大陸軍がプロのイギリス軍との正面からの戦いに対抗できないことに気づきました。それで彼は彼自身の戦争の論理を開発しました、それはより小さく、より頻繁な小競り合いを含み、そして彼の軍全体を危険にさらすであろうどんな主要な関与も避けました。彼が軍隊を無傷に保つ限り、イギリスがいくつの都市を占領したとしても、戦争は続くでしょう。

1778年、イギリス軍は彼らの注意を南部に移し、そこで彼らはより人気のある支援を享受したと信じた。バージニアからジョージアへのキャンペーンは主要都市を占領しましたが、イギリスには軍事的支配を維持するための人的資源がありませんでした。そして、彼らの出発時に、地元の愛国者と忠誠者の間で激しい戦いが起こり、しばしば家族を互いに争いました。南部の戦争は本当に内戦でした。

1781年までに、イギリス軍はフランス、スペイン、オランダとも戦っていました。北米での費用のかかる戦争に対するイギリス国民の支持は急速に衰えていました。アメリカ人はフランス軍と海軍からの多大な援助でイギリス南部戦略を利用しました。 10月、ワシントンはチャールズコーンウォリス将軍の指揮下でイギリス南部軍を捕らえるために、ニューヨークからバージニアに軍隊を進軍させました。コーンウォリスはヨークタウンで部下を掘り起こし、ニューヨークからの物資と援軍を待っていた。しかし、大陸軍とフランス軍が最初に到着し、すぐにフランス海軍の派遣団が到着し、コーンウォリスの軍隊を取り囲み、都市を包囲した後、彼の降伏を余儀なくされました。別の軍隊の捕獲は、新しい戦略なしで、そして戦争を続けるための公的支援なしでイギリスを去りました。フランスで和平交渉が行われ、1783年9月3日に戦争は公式に終結した。

コーンウォリス卿の降伏は、彼らが英国の専制的支配であると考えていたものに対するアメリカの革命家の勝利を示しました。この瞬間は、アメリカのオリジンストーリーの中心的な瞬間としてアメリカの記憶に残り、1817年にアーティストのジョントランブルにこのイベントの絵を作成するよう依頼するよう米国政府に促しました。ジョントランブル、コーンウォリス卿の降伏、1820年。ウィキメディア。

アメリカ人は彼らの勝利を祝ったが、それは多大な犠牲を払った。兵士たちは、不十分な資源で残酷な冬に苦しみました。バレーフォージでの単一の冬の間に、2,500人以上のアメリカ人が病気と曝露で亡くなりました。銃後の生活も楽ではありませんでした。紛争の両側にいる女性は、しばしば彼らの家庭の世話をするために一人にされました。女性は、既存の職務に加えて、通常、農場や店や居酒屋で男性に割り当てられている役割を担っていました。アビゲイル・アダムスは、マサチューセッツ州ブレーンツリーの農場で「家族の問題を考えている」ときに遭遇した困難に対処しました。アビゲイルは、深刻な労働力不足とインフレの中で、作物の植え付けと収穫を管理し、アダムズの所有地のいくつかのテナントと取引し、子供を育て、衣類やその他の家庭用品を作りました。ジョンの頻繁な不在と戦争の不確実性の間に家族を経済的に支援するために、アビゲイルはまた、いくつかの投機的な計画に投資し、輸入品を販売しました。

アビゲイルは無事に争いから抜け出しましたが、他の女性はそれほど幸運ではありませんでした。革命は、本質的に、女性の家の隣の畑で、女性の玄関口で内戦が行われたものでした。女性が紛争、またはそれが引き起こした混乱と荒廃を回避する方法はありませんでした。革命中の州民兵の指導者として、メアリーシリマンの夫であるゴールドは紛争の多くのために彼らの家を欠席しました。 1779年7月7日の朝、イギリス艦隊がコネチカット州フェアフィールドの近くを攻撃したとき、子供や使用人を含む家族をノースストラトフォードに静かに避難させたのはメアリーでした。ゴールドが忠誠者に捕らえられて囚人にされたとき、2番目の子供を妊娠して6か月のメアリーは、彼の釈放を確保するために手紙を書いた。そのような訴えが効果がなかったとき、メアリーは夫の自由と交換するために著名なトーリー党の指導者を捕らえる努力を主導しました。

男性と女性は一緒に何年もの戦争と苦難に苦しんでいました。しかし、勝利でさえ不確実性をもたらしました。革命は死体と同じくらい多くの機会を生み出しました、そしてそれは新しい国の未来を決定するために生存者に任されました。

1817年に国会議事堂に委託された別のジョントランブルの作品であるこの絵は、新しいアメリカ合衆国が共和国になった瞬間に記憶されるものを描いています。 1783年12月23日、革命の英雄と広く見なされていたジョージワシントンは、以前の13植民地で最も強力な人物としての地位を辞任しました。陸軍の最高司令官としての彼の役割を放棄することは、文民の支配が新しい国を定義し、独裁ではなく共和国が設置されることを保証しました。ジョン・トランブル、ジョージ・ワシントン将軍が委員会を辞任、c。 1817年-1824年。ウィキメディア。


北米における新しいイギリスの戦略-1781

チャールズ・コーンウォリス卿の降伏後、植民地との戦いで今や孤独な将軍であるヘンリー・クリントン将軍は、ロンドンから新たな命令を受けました。クリントン将軍は彼の最上級将校と会談し、厳しく残忍であるように設計された戦略と戦術作戦の新しい計画を実行せざるを得なかったが、英国が戦争を継続したいのであれば今や必要である。反乱軍の港、東海岸沿いの町を破壊し、ロイヤリスト軍を刺激して規制し、大規模なゲリラ戦争を繰り広げました。植民地との戦いでネイティブアメリカンの同盟国を強力に支援し、供給し、失われた土地の返還を約束します。


ロバートI(1306–29)

その後の数年間の混合された幸運の中で、ロバート・ブルースはスコットランド内でイギリス人と彼の敵の両方と戦う必要がありました。 1307年のエドワード1世の死と、エドワード2世の下でのイングランドでの不和は、ロバートが最大限に活用した資産でした。彼は政治家として優れており、戦術を実践することを専門とする軍事指導者として、1314年にバノックバーンで発生して勝利した非定型の会戦で彼が最もよく覚えられるべきであることは皮肉です。1320年のアーブロース宣言はおそらくより有益です彼の方法について。表面上はスコットランドの権力者から教皇への手紙であり、ロバート王への支持を誓っていますが、実際にはロバートの首相であるバーナードデリントンによって組み立てられたようです。ロバートに独立闘争を見ることを約束することで、それは同様に彼らの封印をそれに設定した人々を約束しました。 Some of them were waverers in the national cause, whether or not Robert had proof of this at the time, and his hand was now strengthened against them.

In 1328 Robert secured from England, through the Treaty of Northampton, a recognition of Scotland’s independence the following year the pope granted to the independent kings of Scots the right to be anointed with holy oil. However, Robert also died in 1329. By the appropriate standards of medieval kingship, his success had been total, but, because of the nature of medieval kingship, his successor was left with the same struggle to wage all over again.


War for Independence : A Military History

The American victory in the Revolutionary War came as a surprise to people all over the world. Believing that successful wars were fought by professionals and aristocrats, they could not understand how ragged and hungry troops of ill-assorted civilians were able to defeat one of the world's strongest professional armies.

This book is an effort to explain how and why that upset was accomplished. Alternating with scene and summary, the narrative has pace and proportion. Battles fall into campaigns, and campaigns interpret strategy. Commanders are deftly characterized, and flashes of insight illuminate victories and defeats. There emerges a picture of American soldiers as tougher and more deeply motivated fighters than the uncommitted British and German professionals. The book also demonstrates how highly prized were the rights that the revolutionists sought to confirm or establish, and serves as a reminder today that some ideas are worth risking life for.

"What is most amazing about this excellent history is Prof. Peckham's ability to retell these . . . legendary events . . . in a way which enriches and absorbs the reader."—Robert Kirsch, Los Angeles Times


Lies My Teacher Told Me: The True History of the War for Southern Independence

We Sons of Confederate Veterans are charged with preserving the good name of the Confederate soldier. The world, for the most part, has acknowledged what Gen. R. E. Lee described in his farewell address as the “valour and devotion” and “unsurpassed courage and fortitude” of the Confederate soldier. The Stephen D. Lee Institute program is dedicated to that part of our duty that charges us not only to honour the Confederate soldier but “to vindicate the cause for which he fought.” We are here to make the case not only for the Confederate soldier but for his cause. It is useless to proclaim the courage, skill, and sacrifice of the Confederate soldier while permitting him to be guilty of a bad cause.

Although their cause was lost it was a good cause and still has a lot to teach the world today.

In this age of Political Correctness there has never been a greater need and greater opportunity to refresh our understanding of what happened in America in the years 1861–1865 and start defending our Southern forebears as strongly as they ought to be defended. There is plenty of true history available to us. It is our job to make it known.

All the institutions of American society, including nearly all Southern institutions and leaders, are now doing their best to separate the Confederacy off from the rest of American history and push it into one dark little corner labeled “ Slavery and Treason.” Being taught at every level of the educational system is the official party line that everything good that we or anyone believe about our Confederate ancestors is a myth, and by myth they mean a pack of lies that Southerners thought up to excuse their evil deeds and defeat.

It was not always so. Franklin D. Roosevelt, Harry Truman, and Jimmy Carter were not ashamed to be photographed with a Confederate flag. Dwight Eisenhower wrote a letter rebuking and correcting someone who had called R.E. Lee a traitor. In the newsreels of World War II and Korea our flag can be seen painted on fighter planes and flying over Marine tents. In the first half of the 20th century every single big Hollywood star played an admirable Confederate character in the movies at least once.

Those days are gone forever as you well know, although I doubt if you know how really bad it is. When we had the controversy over the flag in South Carolina a few years ago, some 90 or more historians issued a statement declaring that the war was about slavery and nothing but slavery and that all contrary ideas are invalid. They claimed that this was not simply their opinion, it was irrefutable fact established by them as experts in history. They did not put it exactly this way, but they were saying that our ancestors were despicable and that you and I are stupid and deluded in thinking well of them.

There are a hundred different things wrong with this statement. These historians are not speaking from knowledge or evidence, they are merely expressing the current fashion in historical interpretation. It is a misuse of history, indeed an absurdity, to reduce such a large and complex event as the War for Southern Independence to such simplistic and self-righteous terms. Historical interpretations change over time. Fifty years ago the foremost American historians believed that the war was primarily about economic interests and that slavery was a lesser issue. Fifty years from now, if people are still permitted to voice ideas that differ from the official government party line, historians will be saying something else.

Remember this. History is human experience and you do not have to be an “expert” to have an opinion about human experience. Furthermore, the kindergarten lesson of history is that human experience can be seen from more than one perspective. Never let yourself be put down by a so-called expert who claims to know more about your ancestors than you do. The qualities needed for understanding history are not some special expertise, but are the same qualities you look for in a good juror—the ability to examine all the evidence and weigh it fairly.

And history is not some disembodied truth. All history is the story of somebody’s experience. It is somebody’s history. When we talk about the War it is our history we are talking about, it is a part of our identity. To tell libelous lies about our ancestors is a direct attack on who we are.

It is right and natural for all people to honour their forefathers. We have every right to honour our Confederate forebears because they are ours, but there is more to it than that. We Southerners are especially fortunate in our forefathers. They not only won a place in the hearts of us, their descendants. They also won the lasting admiration of everyone in the civilized world who values an indomitable spirit in defense of freedom. That is why our battle-flag, which is being suppressed in this country, appeared spontaneously at the fall of the Berlin Wall and among peoples celebrating their liberation from communism.

Our Confederates are admired by the world to a degree seldom granted to lost causes. I find that thoughtful Europeans speak respectfully of the Confederacy, as did Winston Churchill. Foreigners have a great advantage in judging the right and wrong of the War between the States. They do not automatically assume that everything Yankees do and say is righteous, true, and unselfish. They view Yankees without the rose-coloured glasses with which Yankees view themselves.

The most basic simple fact about the War is that it was a war of invasion and conquest. Once you get clear on this basic fact, everything else falls into place. This is no secret. It is plain in the record. The rulers of the North openly declared that it was a war of conquest, to crush and punish disobedience to government, to create a powerful centralised state, and to keep the South as a captive source of wealth for Northern business and politicians. Lincoln’s pretty words about saving government of, by, and for the people are window dressing and the exact opposite of the truth. This is not preserving the Union. It is using war to turn the Union into something else that it was not meant to be.

The U.S. government, under the control of a minority party, launched a massive invasion of the South. They destroyed the democratic, legitimate, elected governments of fourteen States, killed as many of our forefathers as they could, deprived them of their citizenship, subjected them to military occupation, and did many other things that no American, North or South, could previously have imagined were possible.

Though they had four times our resources, they were not able to defeat our men, so the U.S. government launched an unprecedentedly brutal war of terrorism again Southern women and children, white and black. The war was so unpopular in the North that thousands of people were imprisoned by the army without due process, elections were conducted at bayonet point, and they had to import 300,000 foreigners to fill up the army.

This was the war—a brutal war of conquest and occupation against the will of millions of Americans. Was the reason for this the righteous desire to free the slaves?

I want to talk about the Constitution and the rights of the States as our forefathers understood them. No subject in American history has been more neglected or dealt with more trivially and dishonestly, and yet there are not many subjects in American history that are more important. The more one studies it, the clearer it becomes that our forefathers were right. The Southern understanding of the Constitution has never been refuted. It can’t be. It was simply crushed.

According to the Declaration of Independence, governments rest on the consent of the people, who may alter or abolish them when they no longer serve their rightful ends. This is the bedrock American principle.

In every system there must be, at least in theory, a sovereign —a final authority for the settlement of all questions. All Americans are agreed that the people are sovereign. (Actually the people are not sovereign any more, which is part of the tragedy of our lost cause. Sovereignty is now exercised by the President and the Supreme Court .)

But if we say, as earlier Americans did, that the people are sovereign, what do we mean by the people? Our forefathers had a very clear answer to this. State rights was not, despite what they will tell you, something that was made up to defend slavery. It was the most honoured American tradition, implicit in the way the United States Constitution was set up and made valid. The right of the people of a State to exercise their sovereign will and secede from the Union was taken for granted at the Founding of the United States.

James Madison, called the Father of the Constitution, said that the Constitution should be interpreted according to the opinion of the people of the states when they ratified it, and that the Tenth Amendment, which limited the government to specific powers and left all others to the states and the people, was the cornerstone of the Constitution. Just before his election as President Thomas Jefferson drafted the Kentucky Resolutions which stated in absolutely clear language that sovereignty rested in the people of each state. He maintained this before, during, and after he was President. (I know of a case where a graduate student wrote about Jefferson’s and Madison’s position on State rights. A tenured professor of American history at a large state university told the student that he had made it up because it couldn’t be true. Remember this when you hear “expert” professors laying down the law about history.)

Even Alexander Hamilton, the greatest advocate of a strong central government, stated that the government would never have any right to coerce a State. Jefferson in his later years took it for granted that the Union would break up—probably into eastern and western confederacies. There was nothing wrong with that. The sacred thing was not the Union but the consent of the people, which might be better represented in two or three confederacies rather than one. What, after all, is wrong with Americans creating other Unions if that is what the people want?

If time allowed I could give you quotations from now until Christmas proving that the right of secession was clearly understood at the establishment of the Constitution and for long after. But let me try to illustrate my point.

In 1720 the people of South Carolina, acting through their own legislature and militia, exercised their sovereign will by declaring themselves independent of the Lords Proprietors who claimed to own their territory. In 1775, acting in the same exercise of their sovereign will, they threw out the King’s government and became an independent nation. And they made this good well before the joint Declaration of Independence by defeating a British attack on Charleston. In 1787 the people through a convention specially elected to express their sovereign will considered whether or not to ratify the United States Constitution. If you believe that government rests on the consent of the people, then this is the only place the consent could be given. And it was an entirely free act of a sovereign who could say yea or nay without responsibility to any other authority. They ratified the Constitution under the understanding that they were joining in a Union that would be of mutual benefit to all the partners. This was the will of the only sovereign, the people of each State.

In 1860, the people of South Carolina assembled once more in a convention and repealed their previous ratification of the Constitution, which as a sovereign people they were entitled to do. They were now once more an independent nation as they had been before they had given their consent to the Union. They did this because the Union was no longer to their benefit but had become a burden and a danger. They said: We have acted in good faith and been very patient. But obviously you people in control of the federal government intend permanently to exploit our wealth and interfere in our affairs. Our contract with you no longer serves it purpose of mutual benefit and is hereby dissolved.

As you know, our North Carolina people did not want to bring on a crisis. They did not rush into secession, though they were never in doubt about their right. Then Lincoln announced that the legitimate governments of the seven seceded States were not States at all but are merely what he called “combinations of lawbreakers.” According to him, the act of the people was merely a crime problem. Once you had accepted the federal government the consent of the people could never be exercised again . He ordered the States to disperse within 30 days and obey his authority, or else. The issue was now clear for our State and the sovereign people of North Carolina elected a convention that unanimously seceded from affiliation with the United States.

Our forefathers were right, and they knew they were right. Their Lost Cause was a loss for all Americans and for the principle that governments must rest on the consent of the people. Imagine for a moment how different our situation would be today if we were able to get together and disobey the federal government which has usurped our right to consent to our rulers.

But I am of good cheer. One of the bad South-hating historians recently whined in print that even though he and other brilliant experts have declared the truth over and over, people still continue to admire the Confederacy and honour that mythical Lost Cause. They think we are not as wise as they. Why, people still write novels and songs about Lee and even about his horse! Why doesn’t anyone write about Grant and his men like that? That they can’t understand this tells you what kind of people they are.

Here is our great advantage. Our Confederate ancestors are truly admirable, and decent people all over the world know it. Let’s always remember that.

About Clyde Wilson

Clyde Wilson is a distinguished Professor Emeritus of History at the University of South Carolina where he was the editor of the multivolume The Papers of John C. Calhoun. He is the M.E. Bradford Distinguished Chair at the Abbeville Institute. He is the author or editor of over thirty books and published over 600 articles, essays and reviews and is co-publisher of www.shotwellpublishing.com, a source for unreconstructed Southern books. More from Clyde Wilson


The Battle of Sag Harbor In The War For Independence

Monument at the site of the Battle of Sag Harbor on Long Island. Dedicated May 23, 1902.

Long Island was a war zone during the American Revolution. At times, with tightening British military control of New York City and its environs, the glorious cause for independence appeared to turn into a lost cause for local Patriots and the American army.

A major battle had ended in defeat for the Patriots on the Heights of Guan. General George Washington and his army barely escaped capture through the fog of night. Thousands of Americans suffered from disease and infections from the deplorable conditions on British prison ships anchored in Wallabout Bay. Many died and their remains were committed to watery graves. Farther east, the farms and woods of Long Island witnessed clandestine activities by a rebel spy network that extended to Setauket while frequent confrontations between Loyalist and Patriot citizenry, many from the same families, resulted in death. Skirmishes and raids involving rival militias, the Continental Army, British regulars and Hessian mercenaries blanketed the plains and probed the shores from Hempstead to Montauk.

Patriot raids on the crown’s outposts on the island initiated in Connecticut. Americans crossed Long Island Sound at night. They navigated the bays and coves on its north shore, marched quietly to prevent discovery and penetrated fortifications across the width and along the length of the island. Throughout the war, the daring excursions generated several rewarding results for the American cause.

The Battle of Sag Harbor possessed these same tactics. However, in this fight, the Patriots faced the duel challenge of negotiating the twin forks at the end of Long Island.

Sag Harbor Raid

The Battle of Sag Harbor, also known as Meigs Raid, was a response to a successful British raid on a Patriot supply depot in Danbury, Connecticut, during late April 1777. The Battle of Ridgefield was part of that campaign. Associated with this battle are the celebrated ride of 16-year-old Sybil Ludington to turn out the Patriot militias and the heroism of General Benedict Arnold for the American side.

The Long Island retribution was organized in New Haven by Brigadier General Samuel Holden Parsons. According to his report to General Washington, a force of 234 men from several regiments assembled at New Haven under the command of Connecticut Colonel Return Jonathan Meigs. The troops rowed 13 whaleboats to Guilford on May 21. Rough seas and high winds prevented the force from crossing Long Island Sound until the afternoon of May 23. Two armed sloops and one unarmed sloop accompanied the raiders. Only 170 arrived near Southold on the North Fork of Long Island at approximately 6 p.m.

British troops had occupied Sag Harbor on the South Fork of Long Island since the August 1776 Battle of Long Island (also known as the Battle of Brooklyn). A strong defensive position had been established on Meeting House Hill. Earthworks protected about 70 soldiers attached to the Loyalist unit of Lieutenant Colonel Stephen De Lancey (the family spelling also is listed as de Lancy and Delancey). These troops were under the command of Captain James Raymond. The ships of the Royal Navy that patrolled the eastern end of Long Island Sound obtained provisions from Sag Harbor when anchored in nearby Gardiner’s Bay.

Following his arrival in Southold, Colonel Meigs scouted the area. He learned that most of the British soldiers had been dispatched to New York City and only the small force of De Lancey’s Loyalists remained at Sag Harbor. Miegs’ men carried 11 of the whaleboats across the island’s North Fork to reach one of the bays between the two forks. The boats were relaunched with 130 men rowing toward Sag Harbor. By midnight, the Patriots landed about four miles from the harbor. Meigs formed his men for the short march, arriving at the harbor at about two o’clock in the morning.

The commander then divided his force. One detachment stormed the earthworks on nearby Meeting House Hill. The second detachment of about 40 men was assigned to destroy British boats and eliminate or capture provisions.

The attack on the hill was conducted in silence with fixed bayonets. Only one shot was reported to have been fired by a soldier. At the waterfront, a British schooner of 12 guns opened fire on the Americans as they burned the boats. Twelve boats were destroyed. Six Loyalists were killed. The Americans did not suffer any casualties. The raiders grabbed 53 prisoners at the garrison and 37 at the wharf. The prisoners were evacuated to Connecticut.

Aftermath And Today

The victory at Sag Harbor marked the first significant American success in New York State since New York City and Long Island had fallen to the British. Additional Patriot operations, including raids and Washington’s spy network, continued on Long Island for the remainder of the war.

In recognition for his success, Colonel Meigs was awarded “an elegant sword” by the Second Continental Congress. A stone commemorating the battle was placed on the site on May 23, 1902.

Today, the hill that was occupied by the Loyalist garrison and attacked by the Patriots is a local cemetery. Many headstones date to the late 1700s and a considerable number of the interred are local Patriots. At the battle site, by blocking out modern intrusions, a visitor can gaze upon the slope of the property and visualize the fight for independence that took place here almost 250 years ago.

Mike Virgintino is the author of Freedomland U.S.A.: The Definitive History, the story about America’s theme park published by Theme Park Press. It can be found on Amazon, eBay, Goodreads and Barnes & Noble. Just click on pic for a direct link to Amazon.

A listing of the Revolutionary War soldiers interred in the cemetery.

A headstone for a Revolutionary War soldier on the site of the Battle of Sag Harbor.

The Battle of Sag Harbor at the end of Long Island occurred on this hill that is the final resting place for local Patriots who fought for independence.


Great American War for Independence Activity Ideas

I love these books so I can find extra activities to toss into my lessons. Plus, many of the books also contain lots of interesting information that I can share with my students. Also look for "George Washington for Kids: His Life and Times with 21 Activities" (For Kids series) by Brandon Marie Miller, "The American Revolution" (History Comes Alive Teaching Unit, Grades 4-8) by Jacqueline Glasthal, �sy Simulations: American Revolution: A Complete Toolkit With Background Information, Primary Sources, and More That Help Students Build Reading and . Deepen Their Understanding of History” by Renay Scott, 𠇊merican Revolution (Hands-On History)𠇛y Michael Gravois, “Revolutionary War Days: Discover the Past with Exciting Projects, Games, Activities, and Recipes𠇛y David C. King, and “Hands-On History: American History Activities” by Garth Sundem.


ビデオを見る: アメリカ独立戦争わかりやすく解説激動のアメリカ史世界最強の自由国家誕生に迫る