USSニュージャージーBB-16-歴史

USSニュージャージーBB-16-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

USSニュージャージーBB-16

ニュージャージー
(BB-16:dp。14,948; 1. 441'3 ";b。76'3";dr。23'9 ";s。19k。cpl。812;a。412"、8 8 "、12 6 "、4 21" tt。; cl。バージニア)

最初のニュージャージー(BB-16)は、1904年11月10日にフォアリバー造船会社のキノイマサチューセッツ州によって打ち上げられました。

ニュージャージー州のドーバーフランクリンB.マーフィーの娘であるウィリアムB.ケニー夫人が後援しました。 1906年5月12日、ウィリアムW.キンボール大尉が指揮を執った。

ニュージャージーの大西洋とカリブ海での最初の訓練は、1906年9月にオイスターベイでセオドア・ルーズベルト大統領がレビューしたことと、キューバによって脅かされているアメリカ人の生命と財産を保護するために9月21日から10月13日までキューバのハバナにいたことによって強調されました。保険。 1907年4月15日から5月14日まで、彼女はジェームズタウン博覧会で海軍を代表するハンプトンローズに横たわっていました。

ニュージャージーは他の15隻の戦艦と6隻の駆逐艦と協力して、1907年12月16日にハンプトンローズを通過しました。海軍。国際情勢は米国の強さの説得力のある展示を必要としました、この世界一周の巡航は戦争のような行動なしで平和を保つ海の力の能力の最も注目に値する実例の1つを提供することでした。日本との脅迫された紛争が回避されただけでなく、米国は時代遅れであり、世界のどこにでも影響力を感じさせることができる国際的な大国であることが世界に知らされました。

最初にロブリー・D・エヴァンス少将が指揮し、後にチャールズ・S・スペリー少将が指揮した艦隊は、ホーン岬を一周したトリニダードとリオデジャネイロに向けて進路を定めました。プンタアレナス、バルパライソ、カラオで封鎖した後、戦艦はサンフランシスコで勝利を収めて米国に戻りました。 1908年7月7日、艦隊は西に航海し、ハワイ、オークランド、オーストラリアの3つの港に向かった。シドニー、メルボルン、アルバニー。各都市は、アメリカの船員とその強力な船に対して、前回よりも熱狂的な歓迎を提供しているように見えましたが、起こりうる事件の緊張と噂により、10月18日の東京湾への到着はエルイーズのすべての中でユニークでした。

ニュージャージーの男性と彼女の姉妹は、入念に計画された娯楽と自発的なデモンストレーションの両方を通じて、特別な予防措置が必要でなかったことがすぐにわかりました。大統領は、このエルイーズへの最大の希望の達成を満足して観察した。「エルイーズの最も注目すべき事件は、日本での私たちの艦隊へのレセプションでした。」

グレート・ホワイト・フリートはアモイに向けて航海し、一時的に横浜に戻り、フィリピンで標的のプレティエを保持した後、12月1日に長い帰路を開始しました。戦艦は1909年1月4日にスエズ運河を通過し、ポートサイド、ナポリ、ヴィルフランヘに寄港し、2月6日にジブラルタルを後進した。セオドア・ルーズベルトは、大統領職の最後の儀式の1つで、2月22日にハンプトンローズに停泊するグレートホワイトフリートをレビューしました。

1910年5月2日から1911年7月15日までボストンで予備の任務がなかった期間を除いて、ニュージャージーは西大西洋とカリブ海で通常のパターンの訓練と訓練を行い、 1912年と1913年。アメリカの利益を脅かすメキシコの政治的混乱により、ニュージャージーは1913年の秋に西カリブ海に保護を提供するように命じられました。 1914年4月21日、

フランク・F・フレッチャー少将が指揮する部隊は、タンピコでのアメリカ海軍への侮辱を謝罪することをメキシコが拒否した後、船員と海兵隊員がベラクルスに上陸し、メキシコ政府の変更が避難するまで、神とその税関を所有しました。可能。ニュージャージーは8月13日にベラクルスから出航し、サントドミンゴとハイチの問題のある状況を観察して報告し、10月9日にハンプトンローズに到着しました。第一次世界大戦が勃発するまで、彼女は東海岸とカリブ海で通常の作戦に戻った。

第一次世界大戦中、ニュージャージーは戦時中の海軍の拡大に大きく貢献し、チェサピークバブで砲手と船員の新兵を訓練しました。休戦後、彼女はフランスへの4回の航海のうち最初の航海を開始し、1919年6月9日までに5,000人のAEFメンバーを帰国させました。ニュージャージーは1920年8月6日ボストン海軍造船所で廃止され、9月5日ハタラス岬から沈没しました。ブリークによって実施された陸軍爆弾テストで1923年。ウィリアム・ミテヘル将軍。


USSニュージャージーBB-16-歴史

最初の行: ブロンズスターとの戦闘行動章と海軍ユニット表彰 2列目: 海軍の「E」リボン、海軍遠征勲章、中国戦線従軍章 3列目: アメリカ従軍章、銀星1個、ブロンズスター4個のアジア太平洋従軍章、第二次世界大戦勝利メダル 4列目: 海軍占領功労章、ブロンズスター1個の国防勲章、ブロンズスター4個の朝鮮従軍章 5行目: 軍隊遠征メダル、3つのブロンズスターを備えたベトナム戦争従軍記章、海上サービス展開リボン 6列目: フィリピン大統領勲章、韓国会長勲章、ベトナム共和国功労勲章(パーム付きギャラントリークロスメダルカラー) 7列目: フィリピン解放章、国連従軍章、ベトナム共和国キャンペーンメダル

1.マーシャル諸島の作戦
クェゼリン環礁とマジュロ環礁の占領:1944年1月29日から2月8日
ミル環礁の砲撃:1944年3月18日

2.アジア太平洋従軍章-1944年
トラック攻撃:1944年2月16日-17日
パラオ、ヤップ、ウリシ、ウォレアイ襲撃:1944年3月30日〜5月1日
トラック、サタワン、ポナペ襲撃:1944年4月29日-5月1日

3.ホーランジア作戦
アイタペ、フンボルト湾、タナメラ湾:1944年4月21日-5月14日

4.マリアナ作戦
サイパンの占領と占領:1944年6月11日から24日
フィリピン海の戦い:1944年6月19日〜20日
グアムの占領と占領:1944年7月12日から8月15日
パラオ、ヤップ、ウリシ襲撃:1944年7月25日〜27日

5.西カロリン諸島の作戦
パラオ南部諸島の占領と占領:1944年9月6日から10月14日
フィリピンの島の暴行:1944年9月9日から24日

6.レイテ作戦
第3艦隊支援作戦-沖縄攻撃:1944年10月10日
北部ルソンとフォルモサの攻撃:1944年10月13日から14日
ルソン攻撃:1944年10月15日、17日〜19日、1944年11月5日〜6日、19日〜25日
ビサヤ攻撃:1944年10月21日

7.ルソン操作
フォルモサ攻撃:1945年1月3日-4、9、15、21日
ルソン攻撃:1945年1月6日〜7日
チャイナコーストアタック:1945年1月12日、16日

8。硫黄島作戦
本州と南星松濤に対する第5艦隊襲撃:1945年2月15日-16日、25日1945年3月1日
硫黄島の暴行と占領:1945年2月15日-3月4日

9.沖縄軍刀作戦
沖縄軍刀作戦を支援する第5&第3艦隊襲撃:1945年3月17日-4月14日

アジア・太平洋従軍章第二次世界大戦
第二次世界大戦勝利メダル:1943年5月23日-1946年12月31日
海軍占領功労勲章/アジア:1945年10月23日-1946年1月29日

1.共産主義の中国の春の攻勢
a)1951年5月16日〜11月24日
b)1951年4月22日〜7月8日

2.国連夏/秋攻勢
1951年7月9日〜11月27日

3.韓国の第3冬
1952年12月1日-1953年4月30日

4.韓国の1953年夏/秋
1953年5月1日&#150 1953年7月27日

朝鮮従軍章:朝鮮戦争従軍章は、軍のすべての支部の資格のあるメンバーに朝鮮従軍章を授与することによって認められました。朝鮮従軍章は1950年11月8日に大統領令によって承認され、1950年6月27日から1954年7月27日までの間に奉仕に対して授与されました。

1.ベトナムの反撃、フェーズV
1968年9月17日-11月1日

2.ベトナムの反撃、フェーズVI
1968年11月2日-1969年2月22日

3. TET1969反撃
1969年2月23日-1969年4月1日

ベトナム戦争従軍記章、1968年9月29日-1968年11月8日
ベトナム戦争従軍記章、継続的に授与-1968年11月
シードラゴン作戦のミッションエクセレンスに対する戦闘効率賞「E」賞、爆撃が停止するまで北ベトナムを砲撃-1968年11月1日
ベトナム共和国功労勲章-1968年9月30日-10月4日
火の下でのパフォーマンスのための戦闘行動章-1968年10月26日および1968年10月31日
東南アジアにおける米国の取り組みへの貢献に対する海軍称賛部隊-1968年9月17日-1969年4月11日

軍隊遠征メダル-1983年9月23日-1984年4月3日
海軍遠征メダル-1983年7月1日-1984年12月31日
ミッションエクセレンスの戦闘効率賞&quotE&quot賞
部門優秀賞

1 。ペルシャ湾、国防勲章
1989年12月

2.ペルシャ湾、軍隊遠征
1989年12月2日〜14日


USSニュージャージーBB-16-歴史

33ノット以上 (時速約38マイル)

第二次世界大戦:134人の将校、2,400人の入隊
ベトナム:80人の将校、1,556人の入隊
1980年代:70人の役員、1,400人の入隊

3門の砲塔に9門の16インチ/ 50口径砲。 (範囲:23マイル-発射体:徹甲弾2,700ポンドおよび大容量1,900ポンド-粉末:​​標準負荷6個の110ポンドバッグ-発射速度:1銃あたり1分あたり2発)

10個のツインマウントに20基の5インチ/ 38口径の両用砲。 (範囲:9マイル-発射体:55ポンド-粉末:​​30ポンド-発射速度:1銃あたり1分あたり15発)

16門のクワッドマウントで64門の40mm対空砲が、後に20門で80門に増加しました。 (すべてが1967年に削除されました-68の近代化)

49の20mm対空砲は、第二次世界大戦中に57に増加しました。 (1947年から48年の不活性化の間にいくつかを除いてすべて削除され、残りは1952年に削除されました)

クワッドトマホーク装甲ボックスランチャー8個、クアッドハープーンキャニスターランチャー4個、バルカン/ファランクスCIWS 4個はすべて、1981年の近代化中に追加されました。

船体の主装甲帯は13.5インチで、垂直方向に19度で1.62インチになっています。後部では、プロペラとシャフトを保護するために、装甲は13.5インチの厚さです。その他の装甲の厚さには、タレットフェイス17インチ、タレットトップ7.25インチ、タレットバック12インチ、タレットサイド9.25インチ、セカンドデッキアーマー6インチ、司令塔サイド17.3インチが含まれます。

各アンカーは、30,000ポンドの重さのストックレスバウアータイプで、各チェーンは12ショット、つまり船外スイベルショットを含めて1,080フィートの長さです。各リンクの重量は110ポンドです。

8つのバブコック&ウィルコックスエクスプレスタイプ、蒸気圧634ポンド/平方インチ。

4つのギア付きウェスティングハウスタービン

フィラデルフィア海軍造船所で製造

5枚のブレード-53,000シャフト馬力

4つのブレード-53,000シャフト馬力

5枚のブレード-53,000シャフト馬力

4つのブレード-53,000シャフト馬力

1943-45、3ヴォートOS2Uカワセミフロート水上機

1945-47、2カーチスSC-1シーホークフロート水上機

1951-53、1シコルスキーHO3S-1ヘリコプター

1983-91、1カマンSH-2シースプライトヘリコプター

32個のトマホーク巡航ミサイル用に8個の装甲ボックスランチャーを追加しました。

16ハープーン対艦ミサイル用に4つのクワッドキャニスターランチャーを追加しました。

航空機/ミサイル防衛用に4つのバルカン/ファランクスCIWSを追加しました。 (20mm砲弾-発射速度3,000発/分)

高度な通信および空中捜索レーダーシステムを追加しました。

ファンテイルのヘリコプター着陸エリアを拡大し、ヘリコプター制御ブースを追加しました。

ブラックオイルの代わりに海軍留出燃料を燃焼するように発電所を改造。


歴史的背景

元USS ニュージャージー (BB-16)。 1906年初頭、マサチューセッツ州クインシーのフォアリバー造船所で艤装。画像を拡大するには、ここをクリックしてください。写真:米国海軍歴史センター

元USS ニュージャージー (BB-16)は、14,948トンのバージニア級戦艦で、マサチューセッツ州クインシーに建造され、1906年5月に就役し、そのキャリア全体を大西洋艦隊で過ごしました。 1907年12月から1909年2月まで、 ニュージャージー ルーズベルト大統領の「グレートホワイトフリート」の一環として複数年の旅を終え、米国の現代の戦闘艦隊とその戦略的な機動性と力を実証するために世界中を巡航しました。

ワールドクルーズの後、 ニュージャージー 近代化されました。グレーに塗装され、新しい「ケージ」マストが装備されています。 ニュージャージー 大西洋西部とカリブ海で運営されています。 1914年、この船はメキシコ革命中のベラクルス介入に参加しました。第一次世界大戦中、 ニュージャージー 戦時中の海軍に加わった膨大な数の男性に船上訓練を提供するために、他の古い戦艦に加わった。戦後、退役軍人をヨーロッパから帰国させるために大西洋を横断する4回の航海を行いました。元USS ニュージャージー 1920年8月に廃止されました。

廃止措置に続いて、 ニュージャージー、その姉妹戦艦と一緒に バージニア と古い戦艦 アラバマは、ビリーミッチェル将軍の監督の下、米陸軍航空部が実施する兵器試験に割り当てられました。 1923年9月5日、第2爆撃グループのマーチンNBS-1爆撃機が爆撃テストを開始しました。 ニュージャージー。テストはノースカロライナ州ダイアモンドショールズ沖の大西洋で行われ、オブザーバーは陸軍輸送船に乗船していました。 NS. ミヒエル.

4つのNBS-1が攻撃しました ニュージャージー 高度10,000フィート(3,000 m)に600ポンド(270 kg)の爆弾があり、4回のヒットといくつかのニアミスが発生し、船舶に重大な洪水が発生しました。別の攻撃が行われ、今回は6,000フィート(1,800 m)に2,000ポンド(910 kg)の爆弾があり、そのうち7発が船の近くに着弾しました。この時までに、砲廓のガンポートが水没するまで洪水が増加していた。さらに2機のNBS-1が、1発あたり1,100ポンド(500 kg)の爆弾2発で攻撃しました。最初の2つは失敗しましたが、3つ目は直撃でした。それは大爆発を引き起こし、 ニュージャージー 転覆し、24分後に沈没しました。元USSのこの最終サービス ニュージャージー その最も価値があったかもしれません。

元USS ニュージャージー (BB-16)マサチューセッツ州ボストン、1919年5月3日。拡大画像はこちらをクリックしてください。写真:米国海軍歴史センター


ニュージャージーBB16

このセクションでは、船がその寿命の間に持っていた名前と呼称をリストします。リストは時系列になっています。

    バージニア級戦艦
    キールレイド1902年4月2日-1904年11月4日発売

海軍カバー

このセクションには、船に関連するカバーを表示するページへのアクティブなリンクが一覧表示されます。船の化身ごとに(つまり、「船の名前と指定の履歴」セクションのエントリごとに)個別のページのセットが必要です。表紙は時系列で(または決定できる限り最良に)提示する必要があります。

船には多くの表紙がある場合があるため、それらは多くのページに分割される可能性があり、ページが読み込まれるのに永遠にかかることはありません。各ページのリンクには、そのページの表紙の日付範囲を付ける必要があります。

消印

このセクションでは、船が使用する消印の例を示します。船の化身ごとに(つまり、「船名と指定履歴」セクションのエントリごとに)個別の消印のセットが必要です。各セット内で、ポストマークは分類タイプの順にリストする必要があります。複数の消印が同じ分類である場合は、最も古い既知の使用日でさらに並べ替える必要があります。

クローズアップ画像および/またはその消印を示す表紙の画像を伴わない限り、消印を含めるべきではありません。日付範囲は美術館の表紙のみに基づいている必要があり、表紙が追加されると変更されることが予想されます。
 
&gt&gt&gtいずれかのポストマークのより良い例がある場合は、既存の例を自由に置き換えてください。


USS ニュージャージー (BB-16)

USS ニュージャージー (BB-16) 5つのうち4つ目でした &#8197バージニア-United&#8197States&#8197Navyのクラスの戦艦であり、彼女の名前を冠した最初の船です。彼女は1902年5月にマサチューセッツ州クインシーのフォア&#8197リバー&#8197造船&#8197カンパニーに配置され、1904年11月に進水し、1906年5月に艦隊に就役しました。インチ(305 mm)砲と8インチ(203 mm)砲、そして彼女は19ノット(35 km / h 22 mph)の最高速度が可能でした。

ニュージャージー 彼女のキャリア全体をAtlantic&#8197Fleetで過ごしました。 1906年後半、彼女はキューバの第2占領に参加し、1907年4月から5月にかけてジェームズタウン博覧会に参加しました。年末に、彼女は世界一周のためにグレート&#8197ホワイト&#8197艦隊に加わりました。 1909年まで続いた地球。船は次の5年間平時の訓練を行った。 1914年4月、 ニュージャージー メキシコ革命の際にベラクルスの占領に参加した。世界戦争中、彼女は訓練船として使用され、戦後、彼女はアメリカ兵をヨーロッパから輸送する任務を負いました。 ニュージャージー 1920年に廃止され、1923年の爆撃試験で破壊される予定でした。Martin&#8197NBS-1爆撃機は1923年9月5日に一連の爆弾攻撃で船を沈めました。


米国ニュージャージー

アメリカ海軍はUSSをもたらしました ニュージャージー 大西洋での最初の作戦に続いて、船は1944年初頭に太平洋に報告しました。彼女はマーシャル諸島の侵攻中に初めて戦闘を見ました。次の数ヶ月間、彼女はマリアナ諸島への侵攻、日本のさまざまな基地への襲撃、フィリピン海とレイテ湾の戦いに参加しました。 1945年に、USS ニュージャージー 硫黄島と琉球の侵略に参加した。マイナーなオーバーホールの後、第二次世界大戦が終結したとき、彼女は第5艦隊の旗艦を務めました。

戦後、彼女は1946年初頭まで極東に留まりました。海軍は1948年6月に彼女を退役させました。朝鮮戦争の開始により、彼女は1950年11月に就役しました。韓国での2回の戦闘ツアーの後、海軍は再び彼女を連れ出しました。朝鮮戦争は1968年4月に再び蛾から彼女を連れ出しました。彼女の唯一の活発なツアーの間に、彼女はベトナムの海岸線の爆撃を提供しました。海軍は1969年12月に3度目の彼女を連れ出しました。彼女の最後の奉仕ツアーは1982年12月に始まりました。彼女はレバノン危機の間に行動を見て太平洋中を巡航しました。彼女の最後の廃止措置は1991年2月に発生しました。彼女は将来、ニュージャージー州カムデンの博物館になる予定です。


BB-62のアメリカ海軍戦闘船エントリの辞書

ウェブマスターのメモ:アメリカ海軍戦闘船の辞書は、1970年に本が出版されるまで、ニュージャージーの歴史をカバーしています。1982年から1991年の期間をカバーするこのウェブページの別のセクションを追加したいと思います。

From:DICTIONARY OF AMERICAN NAVAL FIGHTING SHIPS、James L. Mooney、ed。、Naval Historical Center、Department of the Navy、Washington、DC。、1970

転写および編集者:Larry W. Jewell [email protected]

クラスIOWA
排気量:45,000
長さ:887'7 "
ビーム:108'1 "
ドラフト:28'11 "
速度:33ノット以上
補足:1921
兵装:9 16 "、20 5"

2番目のニュージャージー(BB-62)は、1942年12月7日、ニュージャージー州知事エジソンの妻で元海軍長官のチャールズエジソン夫人が後援し、1943年5月23日にフィラデルフィアに就役したフィラデルフィア海軍造船所によって打ち上げられました。 。コマンドでホールデン。

ニュージャージーは、西大西洋とカリブ海で最初の乗組員の艤装と訓練を完了しました。 1944年1月7日、彼女はエリス諸島のフナフティに向かうパナマ運河戦争を通過しました。彼女はそこで1月22日に第5艦隊の任務について報告し、3日後にマーシャル諸島への攻撃のためにタスクグループ58.2と合流した。ニュージャージーは、1月29日から2月2日まで、クェゼリン環礁とエニウェトクに航空機が攻撃を仕掛け、敵の攻撃から空母を選別し、後者の侵攻を和らげ、1月31日に上陸した軍隊を支援した。

ニュージャージーは、第5艦隊を指揮するレイモンドA.スプルーアンス提督が旗をメインから壊したとき、2月4日にマジュロラグーンで旗艦としての彼女の卓越したキャリアを開始しました。旗艦としての彼女の最初の行動は、カロリン諸島のチュークにあるおそらく難攻不落の日本艦隊基地に対する機動部隊による大胆な2日間の水上および空爆でした。この打撃はクェゼリンへの攻撃と協調し、マーシャルの征服に対する日本の海軍の報復を効果的に阻止した。 2月17日と18日、タスクフォースは2隻の日本の軽巡洋艦、4隻の駆逐艦、3隻の補助巡洋艦、2隻の潜水母艦、2隻の駆潜艇、武装トロール漁船、飛行機フェリー、および小型船を除く23隻の補助艇を占めました。ニュージャージーはトロール船を破壊し、他の船とともに駆逐艦舞風を沈め、彼女の編隊を攻撃した敵機に発砲しました。機動部隊は2月19日にマーシャルに戻った。

3月17日から4月10日まで、ニュージャージーは最初にマークA.ミッチャー少将の旗艦レキシントン(CV-16)と一緒にミレの空爆と水上爆撃を行い、その後タスクグループ58.2に再び加わって、パラウスでの海運に対するストライキを行い、爆撃しました。ウォレアイ。マジュロに戻ると、スプルーアンス提督は旗をインディアナポリス(CA-35)に移しました。

ニュージャージーの次の戦争クルーズ、4月13日から5月4日は、マジュロで始まり、終わりました。彼女は4月22日、アイタペ、タナメラ湾、フンボルト、ベイ、ニューギニアの侵攻を空中支援する空母攻撃部隊を上映し、4月29日から30日までトラックで海運と陸上施設を爆撃した。ニュージャージーと彼女の隊形は、トラックで2機の敵の雷撃機を飛ばしました。彼女の16インチのサルボは、5月1日にポナペを襲い、燃料タンクを破壊し、飛行場にひどい損傷を与え、本部の建物を破壊しました。

マリアナ諸島の侵攻のためにマーシャルでリハーサルを行った後、ニュージャージーはミッチャー提督のタスクフォースのスクリーニングおよび砲撃グループで6月6日に海に出ました。侵攻前の空爆の2日目である6月12日、NEW JERSEYは敵の雷撃機を撃墜し、次の2日間、彼女の重い銃がサイパンとテニアンを攻撃し、海兵隊が6月15日に突撃するビーチに鋼鉄を投げつけました。

マリアナ作戦に対する日本の対応は、アメリカの侵略軍を攻撃して全滅させなければならないその機動艦隊への命令でした。シャドウイングアメリカの潜水艦は、スプルーアンス提督がミッチャー提督と機動部隊に加わって敵に会ったとき、日本艦隊をフィリピン海に追跡しました。ニュージャージーは、アメリカと日本のパイロットがフィリピン海の戦いで決闘したとき、6月19日に空母の周りの保護スクリーンに駐屯しました。その日と次の日は、この「マリアナ沖海戦」で日本の海軍航空隊の運命を宣言することでした。日本人は約400機の飛行機を失いました。訓練を受けたパイロットと航空機のこの喪失は、潜水艦と航空機による3隻の日本の空母の沈没、および2隻の空母と戦艦の損害と同等でした。ニュージャージーと他のスクリーニング船の対空砲火は事実上侵入できないことが証明されました。被害を受けたのはアメリカの船2隻だけで、それらはわずかでした。この圧倒的な勝利で、しかし17機のアメリカの飛行機は戦闘のために失われました。

マリアナ諸島の征服に対するニュージャージーの最後の貢献は、グアムとパラオへのストライキであり、そこから彼女は真珠湾に向けて出航し、8月9日に到着しました。ここで彼女は8月24日にウィリアムF.ハルゼージュニア提督の旗を破り、第3艦隊の旗艦になりました。彼女が真珠湾から出航してから8か月間、8月30日ニュージャージーはウリシを拠点としていました。太平洋戦争のこのクライマックスのスパンでは、高速空母任務部隊がフィリピン、沖縄、フォルモサ沖の海域に広がり、飛行場、海運、海岸基地、侵略ビーチを何度も攻撃しました。ニュージャージーは、これらの部隊が必要とする本質的な保護を提供し、常に敵の空中攻撃や地表攻撃を撃退する準備ができていました。

9月の標的は、ビサヤとフィリピン南部、次にマニラとカビテ、パナイ、ネグロス、レイテ、セブでした。 10月20日のレイテ上陸に備えて、沖縄とフォルモサを拠点とする敵の空軍力を破壊するための襲撃が10月初旬に開始された。

この侵略は、大日本帝国海軍の絶望的な、ほとんど自殺的な、最後の偉大な出撃をもたらしました。レイテ沖海戦の計画には、ハルゼー提督が上陸を保護していた戦艦、巡洋艦、高速空母を引き離すための飛行機のない重攻撃空母の北軍によるフェイントが含まれていました。これは、日本軍がサンベルナルディノ海峡を通って湾に入ることができるようにするためでした。ニュージャージーによって守られた空母からの戦闘機のオープニングで、日本の南軍と中央軍の両方に激しく攻撃し、10月23日に戦艦を沈めました。翌日、おとりの力が発見された後、ハルシーは彼のコースを北に形作った。彼の空母からの飛行機は、駆逐艦と巡洋艦だけでなく、日本の空母4隻を沈めました。一方、ニュージャージーは、新たに開発されたセンター軍の脅威に対応するために、側面速度で南に蒸気を送りました。彼女が到着したとき、それは見事な敗北で引き返されました。

ニュージャージーは、ルソン島中部と南部でのストライキのために、10月27日にサンベルナディーノ近くで彼女の高速空母に再び加わった。 2日後、部隊は自爆攻撃を受けました。船からの対空射撃と戦闘空中哨戒の乱闘の中で、ニュージャージーはパイロットがそれをINTREPID(CV-11)のポートガンギャラリーに操縦した飛行機を撃墜し、INTREPIDからの機関銃の射撃はニュージャージーの3人の兵士を負傷させた。同様の行動の間に、11月25日、3機の日本軍機が、ハンコック(CV-19)の飛行甲板に炎上した1機の一部である部隊の合同射撃によって飛散した。 INTREPIDは再び攻撃され、自殺の可能性のある人を撃墜しましたが、ニュージャージーの砲手が攻撃者にヒットを記録したにもかかわらず、別の人に墜落しました。ニュージャージーは、カボット(CVL-28)で飛び込みをする飛行機を撃墜し、別の飛行機にぶつかり、カボットの船首に激突しました。

12月、ニュージャージーはルソン島への空襲のためにレキシントンタスクグループと一緒に航海し、12月14日から16日まで、3隻の駆逐艦を沈めた猛烈な台風に遭遇しました。巧みな操船術で彼女は無傷でした。彼女はクリスマスイブにウリシに戻り、チェスターW.ニミッツ艦隊提督に会いました。

ニュージャージーは、ハルゼー提督の旗艦としての最後の巡航で、1945年12月30日から1月25日まで広範囲に及んだ。彼女は、フォルモサ、沖縄、ルソン、インドシナ、香港、スワトウ、アモイの海岸、そしてフォルモサと沖縄でのストライキで空母を守った。 1月27日のウリシ島で、ハルゼー提督はニュージャージーで旗を降ろしましたが、2日後、オスカー・バジャー少将が戦艦第7師団を指揮する旗に取って代わられました。

ニュージャージーは硫黄島への攻撃を支援するため、2月19日から21日までの島での空襲でESSEX(CV-9)グループを上映し、2月25日の東京での最初の主要な空母襲撃に同じ重要なサービスを提供しました。特に航空機の生産を目的としています。次の2日間、沖縄は同じ攻撃力で空中から攻撃されました。

ニュージャージーは3月14日から4月16日まで沖縄の征服に直接従事した。キャリアが本州と本州でのストライキで侵略の準備をしている間、ニュージャージーは空襲を撃退し、水上飛行機を使ってダウンしたパイロットを救出し、自殺飛行機からキャリアを守り、少なくとも3機を撃墜し、他の人の破壊を支援しました。 3月24日、彼女は再び重爆撃という重要な戦艦の役割を果たし、1週間後の襲撃に備えて侵攻ビーチを準備しました。

戦争の最後の数ヶ月間、ニュージャージーはピュージェットサウンド海軍造船所でオーバーホールされ、そこから7月4日、サンペドロ、真珠湾、グアム行きのエニウェトクに向けて出航しました。ここ8月14日、彼女は再びスプルーアンス提督の下で第5艦隊の旗艦になりました。 9月17日に東京湾に到着する前にマニラと沖縄に短期滞在し、1946年1月28日にIOWA(BB-61)によって救援されるまで、日本海域での海軍の歴代指揮官の旗艦を務めました。ニュージャージーは、2月10日にサンフランシスコに到着した約1,000人の帰国軍に乗船しました。

西海岸での作戦とピュージェット湾での通常のオーバーホールの後、ニュージャージー州のキールは、1947年5月23日の4歳の誕生日を迎えるためにニュージャージー州バヨンヌに帰国したとき、再び大西洋を切りました。ウォルターE.エッジと他の高官。

6月7日から8月26日まで、ニュージャージーは第二次世界大戦の開始以来、北ヨーロッパの海域を巡航する最初の訓練飛行隊の一部を形成しました。 6月23日、スコットランドのロサイスにあるNEW JERSEYで旗を破った、東大西洋および地中海海軍司令官のリチャードL.コノリー提督の指揮の下、2,000人を超える海軍兵学校とNROTCの士官候補生が海上経験を積んだ。彼女は、7月2日にノルウェーのホーコン7世が乗組員を視察したオスロと、イギリスのポーツマスでの公式レセプションのシーンでした。練習艦隊は、カリブ海と西大西洋での演習のために7月18日に西向きに拘束されました。

9月12日から10月18日まで、戦艦第1師団の司令官であるヘーバーH.マクリーン少将の旗艦としてニューヨークに勤務した後、ニューヨーク海軍造船所でNEWJERSEYが非アクティブ化されました。彼女は1948年6月30日にバイヨンヌで退役し、ニューヨークグループの大西洋予備艦隊に配属されました。

ニュージャージーは1950年11月21日にバイヨンヌで再就役し、デビッドM.タイリー大尉が指揮を執った。カリブ海では、彼女は朝鮮戦争の厳しい要件を明確に満たす効率的な組織に乗組員を溶接しました。彼女は1951年4月16日にノーフォークから出航し、5月17日に韓国の東海岸沖で日本から到着した。第7艦隊を指揮するハロルド・M・マーティン副提督。次の6か月間ニュージャージーに彼の旗を置いた。

ニュージャージーの銃は5月20日に元山で彼女の韓国の空母の最初の海岸爆撃を開始しました。韓国海域での2回の任務中、彼女は何度も海上自走砲の役割を果たしていました。ニュージャージーは、国連軍への直接支援、地上行動の準備、共産主義者の補給と通信ルートの阻止、補給と部隊の位置の破壊において、鋼鉄の重さを投げつけ、陸上砲の能力をはるかに超えて発砲し、急速に移動し、ある標的から別の標的への大規模な攻撃がなく、同時に、空母が保護を必要とする場合に、空母を守るためにすぐに利用できる可能性があります。彼女が朝鮮戦争の唯一の戦闘死傷者を受け取ったのは、元山でのこの最初のそのような任務でした。彼女が第1砲塔の沿岸砲台から攻撃を受け、港の後方でヒヤリハットを受けたとき、彼女の部下の1人が死亡し、2人が重傷を負いました。

5月23日から27日までと5月30日の間、ニュージャージーはヤンヤンとカンソンの近くで標的を攻撃し、軍隊の集中を分散させ、橋の支間を落とし、3つの大きな弾薬庫を破壊した。エアスポッターは、ヤンヤンがこの行動の終わりに放棄されたと報告しましたが、鉄道施設と車両は澗松美術館で破壊されました。 5月24日、乗組員がダウンした飛行士を探して燃料の限界に達したとき、彼女はヘリコプターの1つを失いました。 They themselves were able to reach friendly territory and were later returned to their ship.

With Admiral Arthur W. Radford, Commander in Chief Pacific Fleet, and Vice Admiral C. Turner Joy, Commander Naval Forces Far East aboard, NEW JERSEY bombarded targets at Wonsan 4 June. At Kansong two days later she fired her main battery at an artillery regiment and truck encampment, with Seventh Fleet aircraft spotting targets and reporting successes. On 28 July off Wonsan the battleship was again taken under fire by shore batteries. Several near misses splashed to port, but NEW JERSEY's precision fire silenced the enemy and destroyed several gun emplacements.

Between 4 and 12 July, NEW JERSEY supported a United Nations push in the Kansong area, firing at enemy buildup and reorganization positions. As the, Republic of Korea's First Division hurled itself on the enemy, shore fire control observers saw NEW JERSEY's salvos hit directly on enemy mortar emplacements, supply and ammunition dumps, and personnel concentrations. NEW JERSEY returned to Wonsan 18 July for an exhibition of perfect firing: five gun emplacements demolished with five direct hits.

NEW JERSEY sailed to the aid of troops of the Republic of Korea once more 17 August, returning to the Kansong area where for four days she provided harassing fire by night, and broke up counterattacks by day, inflicting a heavy toll on enemy troops. She returned to this general area yet again 29 August, when she fired in an amphibious demonstration staged behind enemy lines to ease pressure on the Republic of Korea's troops. The next day she an a three day saturation of the Changjon area, with one of her own helicopters spotting the results: four buildings destroyed, road junctions smashed, railroad marshaling yards afire, tracks cut and uprooted, coal stocks scattered, many buildings and warehouses set blazing.

Aside from a brief break in firing 23 September to take aboard wounded from the Korean frigate APNOK (PF-62), damaged by gunfire, NEW JERSEY was heavily engaged in bombarding the Kansong area, supporting the movement of the U.S. Tenth Corps.. The pattern again was harassing fire by night, destruction of known targets by day. Enemy movement was restricted by the fire of her big guns. A bridge, a dam, several gun emplacements, mortar positions, pillboxes, bunkers, an two ammunition dumps were demolished.

On 1 October, General Omar Bradley, Chairman of the Joint Chiefs of Staff, and General Matthew B. Ridgeway, Commander in Chief Far East, came on board to confer with Admiral Martin.

Between 1 and 6 October NEW JERSEY was in action daily at Kansong, Hamhung, Hungnam, Tanchon, and Songjin. Enemy bunkers and supply concentrations provided the majority of the targets at Kansong at the others NEW JERSEY fired on railroads, tunnels, bridges, an oil refinery, trains, and shore batteries destroying with five inch fire a gun that straddled her. The Kojo area was her target 16 October as she sailed in company with HMS BELFAST, pilots from HMAS SYDNEY spotting. The operation was well planned and coordinated ad excellent results were obtained.

Another highly satisfactory day was 16 October, when the spotter over the Kansong area reported "beautiful shooting every shot on target - most beautiful shooting I have seen in five years." This five hour bombardment leveled ten artillery positions, and in smashing trenches and bunkers inflicted some 500 casualties.

NEW JERSEY dashed up the North Korean coast raiding transportation facilities from 1 to 6 November. She struck at bridges, road and rail installations at Wonsan, Hungnam, Tanchon, Iowon, Songjin, and Chongjin, and left smoking behind her four bridges destroyed, others badly damaged, two marshaling yards badly torn up, and many feet of track destroyed. With renewed attacks on Kansong and near the Chang-San-Got Peninsula 11 and 13 November, NEW JERSEY completed this tour of duty.

Relieved as flagship by WISCONSIN (BB-64), NEW JERSEY cleared Yokosuka for Hawaii, Long Beach and the Panama Canal, and returned to Norfolk 20 December for a six month overhaul. Between 19 July 1952 and 5 September, she sailed as flagship for Rear Admiral H. R. Thurber, who commanded the NROTC midshipman training cruise to Cherbourg, Lisbon, and the Caribbean. Now NEW JERSEY prepared and trained for her second Korean tour, for which she sailed from Norfolk 5 March 1953.

Shaping her course via the Panama Canal, Long Beach, and Hawaii, NEW JERSEY reached Yokosuka 5 April, and next day relived MISSOURI (BB-63) as flagship of Vice Admiral Joseph H. Clark, Commander Seventh Fleet. Chongjin felt the weight of her shells 12 April, as NEW JERSEY returned to action in seven minutes she scored seven direct hits, blowing away half the main communications building there. At Pusan two days later, NEW JERSEY manned her rails to welcome the President of the Republic of Korea and Madame Rhee, and American Ambassador Ellis O. Briggs.

NEW JERSEY fired on coastal batteries and buildings at Kojo 16 April on railway track and tunnels near Hungnam 18 April and on gun emplacements around Wonsan Harbor 20 April, silencing them in five areas after she had herself take several near misses. Songjin provided targets 23 April. Her NEW JERSEY scored six direct 16 inch hits on a railroad tunnel and knocked out two rail bridges.

NEW JERSEY added her muscle to a major air and surface strike on Wonsan 1 May, as Seventh Fleet planes both attacked the enemy and spotted for the battleship. She knocked out eleven Communist shore guns that day, and four days later destroyed the key observation post on the island of Hodo Pando, commanding the harbor. Two days later Kalmagak at Wonsan was her target.

Her tenth birthday, 23 May, was celebrated at Inchon with President and Madame Rhee, Lieutenant General Maxwell D. Taylor, and other dignitaries on board. Two days later NEW JERSEY was all war once more, returning to the west coast at Chinampo to knock out harbor defense positions.

The battleship was under fire at Wonsan 27-29 May, but her five- inch guns silenced the counter fire, and her 16 inch shells destroyed five gun emplacements and four gun caves. She also hit a target that flamed spectacularly: either a fuel storage area or an ammunition dump.

NEW JERSEY returned to the key task of direct support to troops at Kosong 7 June. On her first mission, she completely destroyed two gun positions, an observation post, and their supporting trenches, then stood by on call for further aid. Then it was back to Wonsan for a day long bombardment 24 June, aimed at guns placed in caves. The results were excellent, with eight direct hits on three caves, one cave demolished, and four others closed. Next day she returned to troop support at Kosong, her assignment until 10 July, aside from necessary withdrawal for replenishment.

At Wonsan 11-12 July, NEW JERSEY fired one of the most concentrated bombardments of her Korean duty. For nine hours the first day, and for seven the second, her guns slammed away on gun positions and bunkers on Hodo Pando and the mainland with telling effect. At least ten enemy guns were destroyed, many damaged, and a number of caves and tunnels sealed. NEW JERSEY smashed radar control positions and bridges at Kojo 13 July, and was once more on the east coast bombline 22-24 July to support South Korean troops near Kosong. These days found her gunners at their most accurate and the devastation wrought was impressive. A large cave, housing an important enemy observation post was closed, the end of a month long United Nations effort. A great many bunkers, artillery areas, observation posts, trenches, tanks and other weapons were destroyed.

At sunrise 25 July NEW JERSEY was off the key port, rail and communications center of Hungnam, pounding coastal guns, bridges, a factor area, and oil storage tanks. She sailed north that afternoon, firing at rail lines and railroad tunnels as she made for Tanchon, where she launched a whaleboat in an attempt to spot a train known to run nightly along the coast. Her big guns were trained on two tunnels between which she hoped to catch the train, but in the darkness she could not see the results of her six-gun salvo.

NEW JERSEY's mission at Wonsan, next day, was her last. Here she destroyed large caliber guns, bunkers, caves and trenches. Two days later, she learned of the truce. Her crew celebrated during a seven day visit at Hong Kong, where she anchored 20 August. Operations around Japan and off Formosa were carried out for the remainder of her tour, which was highlighted by a visit to Pusan. Here President Rhee came aboard 16 September to present the Korean Presidential Unit Citation to the Seventh fleet.

Relieved as flagship at Yokosuka by WISCONSIN 14 October, NEW JERSEY was homeward bound the next day, reaching Norfolk 14 November. During, the next two summers she crossed the Atlantic with midshipmen on board for training, and during the rest of the year sharpened her skills with exercises and training maneuvers along the Atlantic coast and in the Caribbean.

NEW JERSEY stood out of Norfolk 7 September 1955 for her first tour of duty with the Sixth Fleet in the Mediterranean. Her ports of call included Gibraltar, Valencia, Cannes, Istanbul, Suda Bay and Barcelona. She returned to Norfolk 7 January 1956 for the spring program of training operations. That summer she again carried midshipmen to Northern Europe for training, bringing them home to Annapolis 31 July. NEW JERSEY sailed for Europe once more 27 August as flagship of Vice Admiral Charles Wellborn, Jr., Commander Second Fleet. She called at Lisbon, participated in NATO exercises off Scotland, and paid an official visit to Norway where Crown Prince Olaf was a guest. She returned to Norfolk 15 October, and 14 December arrived at New York Naval Shipyard for inactivation. She was decommissioned and placed in reserve at Bayonne 21 August 1957.

NEW JERSEY's third career began 6 April 1968 when she recommissioned at Philadelphia Naval Shipyard, Captain J. Edward Snyder in command. Fitted with improved electronics and a helicopter landing pad and with her 40 millimeter battery removed, she was tailored for use as a heavy bombardment ship. Her 16 inch guns, it was expected, would reach targets in Vietnam inaccessible to smaller naval guns and, in foul weather, safe from aerial attack.

NEW JERSEY, now the world's only active battleship, departed Philadelphia 16 May, calling at Norfolk and transiting the Panama Canal before arriving at her new home port of Long Beach, California, 11 June. Further training off Southern California followed. On 24 July NEW JERSEY received 16 inch shells and powder tanks from MOUNT KATMAI (AE-16) by conventional highline transfer and by helicopter lift, the first time heavy battleship ammunition had been transferred by helicopter at sea.

Departing Long Beach 3 September, NEW JERSEY touched at Pearl Harbor and Subic Bay before sailing 25 September for her first tour of gunfire support duty along the Vietnamese coast. Near the 17th Parallel on 30 September, the dreadnought fired her first shots in battle in over sixteen years. Firing against Communist targets in and near the so-called Demilitarized Zone (DMZ), her big guns destroyed two gun positions and two supply areas. She fired against targets north of the DMZ the following day, rescuing the crew of a spotting plane forced down at sea by antiaircraft fire.

The next six months self into a steady pace of bombardment and fire support missions along the Vietnamese coast, broken only by brief visits to Subic Bay and replenishment operations at sea. In her first two months on the gun line, NEW JERSEY directed nearly ten thousand rounds of ammunition at Communist targets over: 3,000 of these shells were 16 inch projectiles.

Her first Vietnam combat tour completed, NEW JERSEY departed Subic Bay 3 April 1969 for Japan. She arrived at Yokosuka for a two-day visit, sailing for the United States 9 April. Her homecoming, however, was to be delayed. On the 15th, while NEW JERSEY was still at sea, North Korean jet fighters shot down an unarmed EC-121 "Constellation" electronic surveillance plane over the Sea of Japan, killing its entire crew. A carrier task force was formed and sent to the Sea of Japan, while NEW JERSEY was ordered to come about and steam toward Japan. On the 22nd she arrived once more at Yokosuka, and immediately put to sea in readiness for what might befall. As the crisis lessened, NEW JERSEY was released to continue her interrupted voyage. She anchored at Long Beach 5 May 1969, her first visit to her home port in eight months. Through the summer months, NEW JERSEY's crew toiled to make her ready for another deployment. Deficiencies discovered on the gun line were remedied, as all hands looked forward to another opportunity to prove the mighty warship's worth in combat. Reasons of economy were to dictate otherwise. On 22 August 1969 the Secretary of Defense released a list of names of ships to be inactivated at the top of the list was NEW JERSEY. Five days later, Captain Snyder was relieved of command by Captain Robert C. Peniston.

Assuming command of a ship already earmarked for the "mothball fleet," Captain Peniston and his crew prepared for their melancholy task. NEW JERSEY got underway on her last voyage 6 September, departing Long Beach for Puget Sound Naval Shipyard. She arrived on the 8th, and began pre inactivation overhaul to ready herself for decommissioning. On 17 December 1969 NEW JERSEY's colors were hauled down and she entered the inactive fleet, still echoing the words of her last commanding officer: "Rest well, yet sleep lightly and hear the call, if again sounded, to provide fire power for freedom." NEW JERSEY earned the Navy Unit Commendation for Vietnam service. She has received nine battle stars for World War II four for the Korean conflict and two for Vietnam.


USS New Jersey (BB-16)

The battleship USS New Jersey was commissioned in 1906 and she was a member of the Great White Fleet that sailed around the world in a show of United States Naval strength in 1907-1909. New Jersey was serving in the Caribbean in the fall of 1913 when Ensign Charles P. McFeaters sent this registered letter to who was probably his mother.

The cover used a common 2 cent Washington for the postal rate and was also franked with a less common usage of Scott Q6, a 10 cent parcel post stamp. Originally issued for use only on parcel post packages effective January 1, 1913, the stamps were declared legal for use as regular stamps effective July 1, 1913. This cover, mailed October 25, 1913 was sent via registered mail, 10 cents paying the registration fee for up to $50 indemnity. The cover was postmarked with the ship’s Type 1 cancel.

The parcel post stamp features the German passenger steamship Kronzprinz Wilhelm with mail tender. The Kronzprinz Wilhelm served as an auxiliary cruiser in the German Navy during the early years of World War I, 1914-1915. She was then interned by the United States in April 1915. When the United States entered the war, the ship was seized and pressed into service with the United States Navy as USS Von Steuben as a troop transport.

McFeaters would attain the rank of Captain and served during World War II in command of a division of transports during the Battle of the Solomons and would receive the Navy Cross.


USS New Jersey BB-62

NS USS New Jersey is a WWII Iowa Class Battleship. BB-62's specifications are:

  • 長さ: 890 feet
  • ビーム: 108フィート
  • 下書き: 36 feet
  • クルー: 2,700
  • 変位: Surface - 45,000 tons (52,000 tons fully loaded)
  • マックス・スピード: 33kts (38mph)
  • 燃料容量: 2,400,00 gallons of fuel oil
  • 武装:
    9 16" 50 cal. in 3 turrets
    20 5" 38 cal. in 10 dual gun mounts
    80 40mm Bofors AA
    50 20mm Oerlikon AA
    In post war operations many of the smaller mounts were deleted and Phalanx gatling gun mounts and Harpoon missile launchers were added
  • 鎧: 側面に16インチ
  • 航空機: 2つのカタパルトを備えた3つのヴォートカワセミ水上飛行機
  • 発電所: 12 oil fired boilers powering geared steam turbines driving 4 screws with 200,000 Shaft Horsepower
  • 発売日: February 22, 1943 at the Philadelphia Navy Yard
  • Cost: $100,000,000+

あなたは訪問することができます Battleship USS New Jersey in Camden, NJ right across the Delaware river from Philadelphia. When I visited in May of 2006 our guide was included in the museum admission price. If you are interested in getting good exterior photos, go early in the morning (the museum opens at 9:00am). The battleship is really quite striking at that time with the early morning light and much bigger in person than you'd imagine. When you walk out of the parking garage and get your first good view of the ship from the shoreline walkway you'll say "Wow!" I arrived at 9am, and our guide said that was the best time to get there. There were only 2 other people in our tour on that spring morning. I can't speak for all the guides but ours gave us a good 2 hours of his time. And these guys are all volunteers.

The interior compartments of the USS New Jersey that are currently open to the public have been restored to a very high standard. The bridge and surrounding compartments were freshly painted and it was apparent the staff and volunteers had done a good deal of work to get as much of the original equipment in place as possible and looking good. I especially liked the crew's artwork. Keep an eye open as you make your way around the ship for them. My favorites were located in the main sixteen inch turret that is open to the public. There's a bit of climbing and ducking to get in, but it's worth the effort.

Our tour guide Dave was not a USS New Jersey veteran, but he was a WWII Marine veteran, and knew this Iowa Class Battleship well. One story that Dave told us was of the blast damage to a maintenance shack on the stern deck of the ship. The battleship's main guns were test fired with the muzzles of the gun barrels a bit too close to the shack. The side of the shack is buckled in from the shockwave of the muzzle blast and you can see the outer dent and the cracking it caused to the interior of the maintenance shack (have a look at the Aft Deck gallery to see photos of the blast damage). Dave said that all crew personnel were cleared of the decks before the main 16 inch guns were fired. He also told us of the single casualty the this battleship had in wartime. The ship was off the coast of Korea during the Korean War. A North Korean artillery crew on the shore fired a round that impacted on or near the number 1 turret, killing a crew member who was on deck when he wasn't supposed to be there. When the ship returned fire the everything in the area where the artillery fire came from was obliterated and the firing from the shore ceased.

When I visited the USS New Jersey a second time in December of 2007 I was pleasantly surprised to find a number of new areas that had been freshly restored. The battleship's barbershop was open for visitors as well as the brig and laundry areas. A lot of time and care had gone into the preparation and restoration of those compartments. Also there was a small commissary open where you could get a hot sandwich. I ordered a "pulled pork" sandwich. I was going to get something else, but two other staff members who had just ordered it said it was pretty good and they were right. I'd never had pulled pork before and it was very tasty. The commissary is in the galley area and prices were pretty reasonable. And you're eating in the galley of an actual WWII battleship!

A couple of people have written asking why my photos didn't have the large awnings you may see at the forward sections of the battleship. Those are erected in the hotter summer months to give the volunteers some relief as they wait for and greet visitors boarding the ship. They are removed in the winter months so if you want to get shots of the USS New Jersey without them, go in the winter. Visitor traffic is very light at that time. Also the photo of the starboard side of the ship were taken from the early battleship Olympia museum across the Delaware on the Philadelphia side of the river.

Even if it's a long drive for you if you're interested in Naval or Military history, set aside a day to make a trip down to Camden NJ to see the USS New Jersey. The ship is awe inspiring and the largest battleship on the east coast. The staff were very helpful and friendly too, and I was pleasantly surprised by the food served on board (Having lunch on a battleship - how cool is that. ). When you arrive at the waterfront, parking is located at a parking garage next to the Camden Aquarium. Although it is about a third of a mile from BB-62, there is a shuttle bus continually going from the parking garage to the museum's visitor center. If you're physically capable, I'd recommend walking from the parking lot to the wharf. That way you'll have more time to let how big this battleship really is soak in.

Take a trip down there. You won't be disappointed.

USS Iowa Veteran David Henry has put together a good USS Iowa Website with details and photos of his service aboard the USS New Jersey's sister battleship. His page also provides news on the efforts to bring BB-61 to port near Los Angeles, CA as a WWII Museum ship.

Here is an interesting Youtube video of a wartime training film for the operation of the Iowa Class Battleship's 16 inch guns. It gives good insight into the workings and manpower needed to feed and fire these big naval rifles.


ビデオを見る: Naval Legends: USS New Jersey. World of Warships