マイケルジョーダン-歴史

マイケルジョーダン-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

マイケルジョーダン

1963-

アメリカのアスリート

マイケルジョーダンは1963年2月17日にブルックリンニューヨークにいました。彼の家族は、彼が小さいときにノースカロライナ州ウィルミントンに引っ越しました。高校2年生のとき、彼はジュニア代表チームのスターになりました。

史上最高のバスケットボール選手として広く認められているマイケルジョーダンは、シカゴブルズでのキャリアを通じて、一貫してトップスコアラーでありリーグMVPでした。

彼はチームを前例のない6つのNBAチャンピオンシップに導き、2つの金メダルを獲得した米国オリンピックバスケットボールチームのメンバーでもありました。ジョーダンはまた、プロになる前は大学のアスリートとして成功していました。

彼はプロ野球のキャリアを追求するためにl993年にバスケットボールを引退した。彼は信頼できる努力をしましたが、野球での彼の相対的な成功の欠如は、彼をバスケットボールに戻し、ブルズをさらに3つのチャンピオンシップに導き、1998年に商業的裏書やその他のビジネス活動でのキャリアのために引退しました。


マイケルジョーダンは1963年2月17日、ニューヨークのブルックリンで、ジェームズとデロリスジョーダンの5人の子供のうちの1人として生まれました。マイケルが幼い頃、家族はノースカロライナ州ウィルミントンに引っ越しました。彼の父親はゼネラルエレクトリックのプラントスーパーバイザーとして働き、母親は銀行で働いていました。彼の父は彼に一生懸命働き、通りの生活に誘惑されないように教えた。彼の母親は彼に縫い物、掃除、そして洗濯をするように教えました。ジョーダンはスポーツが好きでしたが、高校のバスケットボールチームを2年生にすることができませんでした。彼は練習を続け、翌年チームを作りました。高校卒業後、彼はノースカロライナ大学へのバスケットボール奨学金を受け入れ、そこでヘッドコーチのディーン・スミスの下でプレーしました。

ノースカロライナでのジョーダンの最初のシーズンで、彼は1982年のアトランティックコーストカンファレンス(ACC)ルーキーオブザイヤーに選ばれました。チームはACCチャンピオンシップを獲得し、ジョーダンは全米大学のチャンピオンシップでジョージタウン大学を破ったクラッチジャンプショットを行いました。アスレチックアソシエーション(NCAA)。ジョーダンは2年生と3年生としてACCの得点をリードしました。 NS スポーツニュース 彼を両年の年間最優秀大学選手に指名した。彼は3年生の後にノースカロライナを離れ、1984年のドラフトの3番目のピックとして全米バスケットボール協会(NBA)のシカゴブルズに選ばれました。ブルズに入社する前、ジョーダンはカリフォルニア州ロサンゼルスで金メダルを獲得した1984年夏季米国オリンピックバスケットボールチームのメンバーでした。


MJの野球のキャリアの実話

キャッチャーはスライダーを要求した。ケビン・ライチェルは彼を振り払った。

ライチェルは、何年も経った今でも、なぜこれをしたのかを自問しています。当時、パイレーツの組織でマイナーリーグで7年間のキャリアを積んでいたとき、彼はキャッチャーを振り払うことはめったにありませんでした。しかし、アラバマ州バーミンガムでのこの蒸し暑い7月の夜、この瞬間だけ記憶に残るダブルAのボールゲームで、ライチェルの心は霞んでいて、彼の肩はすでに裂けた唇となるもので病んでいた。彼の速球への彼の信仰は、振り返ってみると、過度に野心的でした。

[注:このストーリーのバージョンは、もともと2014年にMLB.comで実行されました。]

それで彼はそれをメンドーサレベルの打率でやせっぽちの外野手のために真ん中に置き去りにしました、そしてバットはその33オンスの重さとそれに何千もの目を期待することにつながりました。ボールは左翼のフェンスを越えて航海し、群衆は噴火し、ライチェルは頭を下げた。

「あなたはただ何をしましたか?」彼は自問した。

ゲームから引き離された訪問クラブハウスに戻ると、ライチェルはカロライナマドキャッツチームのマネージャーから同じ質問に直面しました。ボビー・ミーチャムはゲームから退場していたので、フーバーメトロポリタンスタジアムの観客の咆哮は、ちょうど起こったことへの彼の唯一の手がかりでした。ライチェルはロングボールをあきらめる傾向がなかった。実際、彼は彼のキャリアの過程で9イニングあたり0.5の完全に合理的な割合でそれらを許可しました。したがって、Meachamは、Rychelがこの意味のある瞬間の間違った終わりにいるのではなく、彼のイメージが「SportsCenter」に貼り付けられたものであり、彼のホテルの電話が翌日フックから鳴るのだとは思っていませんでした。

"それは起こった?" Meachamは尋ねました。

「うん」とライチェルは答えた、「それは起こった」。

マイケルジョーダンは彼の最初のホームランを打った。

1994年に、エアジョーダンはダブルAボールの光を打つルーキーとしてホワイトソックスとのスティントで、地面で彼の時間を過ごしました。

プロ野球での短命なキャリアを追求するために、NBAを最大限の力で去るというジョーダンの決定は、依然として好奇心の源です。ジョーダンのブルズに関するESPNの「最後のダンス」ドキュメンタリーがスポーツの生中継なしでまれに注目を集めるにつれて、なおさらです。

ジョーダンは、彼の名声の重みに圧倒され、バスケットボールコートでの彼自身の輝きによって燃え尽き、愛する父親の殺害によって感情的に消耗したが、新しい挑戦と歓迎された気晴らしとして野球を追求したという話があります。そして、ジョーダンと一緒に働いて遊んだ野球の人々は、この努力の真剣さに感銘を受け、確信して立ち去りました。

「彼はゲームを尊重しました」と、バーミングハムバロンズでジョーダンを管理したインディアンマネージャーのテリーフランコーナは言います。 「私はその男が大好きです。そして、私はマスコミだけでその男を愛していません。私はその男が大好きです。私は彼を尊敬しています。彼がすべてをどのように扱ったかに感謝します。」

ジョーダンがメジャーに到達できたかもしれないという彼の意見では、フランコーナだけではありません。おそらくスターとしてではなく、少なくとも予備として、彼が神から与えられた才能を磨くことに注いだ意志と労働倫理を考えれば。

当時31歳だったジョーダンは、さまざまな速筋を根本的に曲げるスポーツ、10代の頃に放棄したスポーツ、父親と息子。 Sports Illustratedは、象徴的な人物からの将来の引用を犠牲にする見出しでマイケルに「それを袋に入れる」ように頼んだことで有名ですが、これとすべての運動の追求におけるジョーダンの探求は、征服可能なものを征服し、達成不可能なものを達成することでした。

「SIはその話を完全に見逃していました」とジョーダンのエージェントであるデビッドフォークは言います。 「マイケル・ジョーダンは、マイナーリーグの野球をするためにバスケットボールの王として獲得したすべてのものをあきらめ、批判を受けました。彼は何も得ることなく、競争するためにすべてをラインに入れました。それがスポーツの本質です。今日まで、SIはマイケルに謝罪したことはなく、彼は決して彼らと話をしません。」

これが彼のエアネスの競争本能です。

「あなたが彼にノーと言ったら、彼はそれをイエスにする方法を見つけるつもりだった」とフランコーナは言う。

ジョーダンはバーミンガムで.202を打ちました、そしてその数は異なる人々にとって異なることを意味します。

ある人にとっては、.202は、ジョーダンが頭上にいること、未成年者の残骸で屈辱を与えるためにバスケットボールの素数を1年無駄にしたことの確認でした。

フランコーナにとって、.202はプライドの源です。なぜなら、彼はラウンドボールとラウンドバットの出会いが本質的にどれほど難しいか、そして長い夏が続くにつれてジョーダンがどれだけ向上したかを知っているからです。

その春、ジョーダンと熱心に協力した元ホワイトソックスの打撃の第一人者であるウォルト・リニアックにとって、.202は実際には失望の源でした。

「私は彼がそれを引き裂くとは思っていませんでした」とHriniakは言います。

ジョーダンがダブルAデビューの準備をするために行った作業を深く掘り下げてみると、Hriniakの一見珍しい意見はそれほど珍しく聞こえません。

ジョーダンが唖然としたNBAコミュニティへの引退を公に発表し、ブルズとソックスのオーナーであるジェリーラインズドルフにスポーツを切り替える意向を非公開で発表した後、実験を最初に知った人の1人は、ソックスの長年のアスレティックトレーナーであるヘルムシュナイダーでした。ラインズドルフは、93年の感謝祭の直前に、「特別なプロジェクト」という言葉でシュナイダーに電話をかけました。すぐに、シュナイダーは、手を強くするためにコアと手のひらのトレーニングを強化するようにローテーショントレーニングについてジョーダンに指示しました。

"彼は 素晴らしい バスケットボールのアスリート」とシュナイダーは言います。 「野球に関して言えば、彼は少し水から出たアヒルのようでした。彼は野球が好きでしたが、必ずしもあなたが必要とするその体の認識を持っていませんでした。だから私たちは彼に教えなければなりませんでした。」

これが史上最高のバスケットボール選手で、彼は私を見て「教えて」と言っています。

元ホワイトソックス外野手でジョーダンのトレーニングパートナーであるマイクハフ

その冬の仕事のために連れてこられた別の家庭教師は、ジョーダンが実際にキャンプの名簿の場所を争うであろう外野手の一人であるマイク・ハフでした。

優れた防御スキルを持つシカゴ地域の居住者として、ハフはラインズドルフから直接、コミスキーパークの腸とイリノイ工科大学の巨大なジムでM.J.との協力を支援するよう要請されました。ソックスが前シーズンにビッグスとマイナーズの間でハフを前後に引っ張っていて、彼が競争するための彼自身の立場を持っていたことを考えると、これは本質的に厄介な取り決めでした(実際、彼は最後にトロントにトレードされます次の春)。しかし、ハフは、キャンプが崩壊したとき、ソックスはベスト25人以外は何も連れて行かないという結論に達しました。

その上、これは マイケルがジョーダンを狂わせる。誰がノーと言うことができますか?

「私にとって、シカゴで育ち、彼が最初の3つのチャンピオンシップで優勝するのを見て、すべてがシュールでした」とハフは言います。 「ここは史上最高のバスケットボール選手であり、彼は私を見て「教えて」と言っているからです。」

ハフは彼に、野球を正しく保持する方法、投げる方法、スライドする方法、ポジションのフットワークの準備をするために足を訓練する方法を教えました。ジョーダンは熱心で飽きのこない学習者だったので、ハフは時々、彼が扱っていた有名人のレベルを忘れてしまいました。

ある金曜日の朝、ジョーダンがシカゴベアーズのディフェンシブエンドであるリチャードデントと一緒に現れ、その日の午後、チャールズバークレーとのゴルフの週末に2人がフェニックスに飛ぶと言った。日が暮れるにつれ、ハフは時計を見続け、ジョーダンがオヘアで飛行機に乗るのに十分な時間があるかどうか心配して尋ね続けました。ジョーダンはついに彼をまっすぐにしなければならなかった。

「マイク」とジョーダンは言いました。「私は自分の飛行機を持っています。そこに着いたら出発します。」

「ああ、そうだ」とハフは思いました。「この男はたくさんのお金を持っています。」

あまりにも多くのお金、多くの名声、そして野球の経験がほとんどないので、ハフのような男(グラインダーがある程度のビッグリーグの安定を達成しようとしているだけ)がこの取り組みに憤慨する十分な理由があったでしょう。ジョーダンの決定が94年2月初旬に公表され、月の半ばにスプリングトレーニングキャンプに報告したとき、彼は一般の人々の詮索好きな目だけでなく、彼がいるであろう男性にも自分自身を証明する必要がありました一緒に似合う。

みんながM.J.のようだったら、ゲームはもっといいでしょう。

ウォルト・リニアック、元ホワイトソックスの打撃の第一人者

Hriniakはそのキャンプに到着し、記者や好奇心旺盛なファンでいっぱいであることに気づき、ソックスがどのような犬やポニーのショーに参加したのか心配しました。それで彼はジョーダンがケージで最初のラウンドを終えるのを待ち、ジョーダンがフライボールを振っている外野に行き、新しい獲得を目で見ました。

「私はただ一つのことを知りたいのです」とHriniakは彼に尋ねました。 「あなたはこれについて真剣ですか?」

「深刻な死者」とジョーダンは答えた。

「大丈夫です」とHriniakは言った。 「助けが必要な場合は、午前7時に追加の打撃練習をする時間があります。1秒遅れても打撃はありません。」

ジョーダンは一日を逃したことはなく、遅刻することもありませんでした。

「誰もがM.J.のようだったら、ゲームはもっと良くなるでしょう」とHriniakは言います。

ジョーダンの献身は、チームメイト、ファン、メディアとの交流にまで及びました。

ソックスのマネージャー、ジーン・ラモントは、その春の3日ごとに記者だけがヨルダンを利用できるようにするというチームの計画に気付いたとき、ヨルダンに再考を求めました。

「(ジョーダンが心配していたのは)それ以上のことをした場合、彼は他の男たちから離れていたと思う」とラモントは言う。 「しかし、フランク[トーマス]やロビン[ベンチュラ]、または他のプレーヤーが、マイケルが話していなかった日にマイケルについて話す必要があるとは思いませんでした。彼はそれを受け入れていました。」

彼はまた、彼のチームメイトとスタンドの人々の両方からのサインの十分な要求を受け入れました。

「それは素晴らしかったです」と、ソックスの元公園運営責任者であるデビッド・シャファーは言います。 「彼は一日中ゲームに参加していました。気温は80〜90度で、太陽は出ていません。湿度は約300%です。彼はそこに立って、署名し、署名し、署名するだけでした。他のみんなはすでにシャワーを浴びて家に帰っていましたが、彼は毎日そこに立っていました。そして、それはマスコミがそこにいたという理由だけでなく、彼らもすでに去っていたからです。」

ジョーダンはチームメイトにサインをしたいものは何でもシュナイダーのオフィスに置いておくように言い、彼は毎日の終わりにそれを世話しました。男が靴やギアについて尋ねると、ジョーダンはナイキの連絡先に連絡し、パッケージは1、2日以内に配達されました。

「ベネズエラの男が彼にバスケットボールにサインするように頼んだ」とシャファーは思い出す。 「彼はマイケルに言った、「あなたが私のために野球にサインをするなら、それは100ドルの価値があります。このバスケットボールにサインをして家に持ち帰れば、家族に1か月間食事を与えることができます。」

当然のことながら、ジョーダンは、その春のサラソタの街やその夏のバーミンガムで赤いコルベットが赤信号で止まったときに赤いコルベットを群がらせるファンのために署名するのと同じように、それに署名しました。

男爵は自宅で467,000人以上のファンを集め、そのシーズンの道路のすべての停留所で満員の家で遊んで、すぐに破られることのない出席記録を確立しました。そのため、野球はバスケットボールのバーンアウトにアクセスできない機会をあまり与えませんでした。

しかし、サザンリーグでの生活に伴う長いバスの乗り物は、ジョーダンに外の世界を調整するために必要な機会を与えました、そして彼のチームメートが地元のバスでの承認と引き換えに彼が提供した豪華な新しいリグを歓迎したように、彼はそれらを歓迎しました会社。

ジョーダンはまた、男爵が集まったさまざまなラキンタインの宿泊施設についても文句を言いませんでした。

「今はわかりませんが、当時はスイートがありませんでした」とフランコーナは笑顔で言います。

数十年後、ジョーダンの野球の時間の分析は明らかに不完全です。その夏、バーミンガムで彼が.202をヒットし、114回ヒットし、11回のエラーを犯したことを私たちは知っています。彼が30の基地を盗み、51のランで運転したことも知っています。彼はバーミンガムのシーズンをアリゾナフォールリーグでの励ましの努力でフォローし、ゲームのエリート候補のいくつかに対して.252を打った。

しかし、話を傷つけるのは、エンディングの突然のことです。ジョーダンは1995年にスプリングトレーニングキャンプに報告しましたが、展示会が始まるまでに所有者と選手組合の間で進行中の戦争が解決されない場合は、ピケラインを越えないことを誓いました。ジョーダンの状況で一部の選手がストライキの機会を見たかもしれないところで、ジョーダンは組合の誠実さを高く評価した過去のNBA選手代表でした。そのため、代替選手が召喚されたとき、ジョーダンは3月上旬にサラソタから滑り降りました。彼は約2週間後にブルズのラインナップに戻った。

ストライキが介入しなければ、ジョーダンの野球のキャリアがずっと長く続いていたかどうかはわかりません。フランコーナは、その夏の終わりまでに男爵と一緒に、ジョーダンが再びスーパースターになるために彼の最初の愛に戻るかゆみを感じていたと感じました。

しかし、野球-そして忍耐と忍耐に対するその固有の要求-はヨルダンに何か基本的なことを教えているようでした。

ブルズのフィル・ジャクソン監督は、数年後、95年に戻ったジョーダンは93年に出発したジョーダンとは異なっていたと述べた。このジョーダンは彼の時間にもっと寛大で、彼のチームメイトにもっと励ましました。そして、ジョーダン自身は、場合によっては10歳年下の男たちが、気取らないダブルAの設定で野球の夢を情熱的に追求しているのを見て、彼の魂に何かをかき立てたことを認めるでしょう。

「(私は)バスケットボールで私に起こっていたことの領域で、それを少し失ってしまった」と彼はかつて言った。 「私は長い間台座の上にいたので、そこにたどり着くまでの手順を忘れていました。それがマイナーリーグベースボールが私にしたことです。」

そして、スティントは確かに彼の周りの人々に印象を残しました。

ハフは、青少年育成施設であるブルズ/ソックスアカデミーの長年の副社長として行った仕事の完璧な前兆として、これらの冬のトレーニングを懐かしく振り返ります。フランコーナの経営者としてのキャリアの初期段階でのスーパースターとの経験は、10年後に特大の個性を備えたレッドソックスクラブを引き継いだときに遭遇したものの完璧な前兆でした。ラモントは、ヨルダンの状況がその春のディフェンディングディビジョンチャンピオンに引き起こした可能性のあるすべての気晴らしのために、彼は単にそれからキックを得たことを認めています。シャファーは、ジョーダンを30年以上ソックスで扱った中で最も上品な人々の1人だと考えています。

そして、ライチェルがいます。彼はずっと前に彼の大きなリーグの夢をあきらめ、食品業界でのキャリアに入り、現在はファストカジュアルのメキシコチェーンのオペレーション担当副社長を務めています。今日まで、彼はまだそのスライダーをマイケルジョーダンに投げたかったのです。

1994年7月30日までの数週間で、サザンリーグでは、ジョーダンが改善を示し、ボールをより強く打ち、より多くのミスを利用しているという噂が広まりました。そしてその夜、ライチェルは高価なものを作りました。彼は今、エアジョーダンによって「ポスタライズ」された夜について笑うことができます。振り返ってみると、彼のピッチの選択は彼の唯一の後悔ではありません。

「すべてを通して、私はサインさえもらえなかった」とライチェルは笑いながら言います。

しかし、1994年にマイケルジョーダンの道を渡った他の多くの野球選手のように、彼は1つの記憶を持っていました。


高校と大学のマイケルジョーダン

6. ノースカロライナ州ウィルミントンのエムズリーA.レイニー高校 彼は3つのスポーツをしました: 野球、サッカー、バスケットボール。

7. 伝説に反して、ジョーダンはそうではありませんでした&#8217t 彼の高校のチームからカット。 彼は実際に5&#821711&#8221 2年生としてバーシティバスケットボールチームに挑戦し、6&#82177&#8243であった彼の友人のリロイスミスを支持して渡されました。 (レイニーは背の高い選手を切実に必要としていました。)彼は代わりにジュニア代表チームに配置されました。

8. わずかな伝説の本当の部分は、ジョーダンがこの知覚された&#8220slight&#8221を 一生懸命働く動機 改善するために、彼はまた彼の3年生を始める前に4インチ成長しました。彼の父はマイケルが競争力のある生まれであり、彼が最も最善を尽くしたのは彼自身であると言うことで知られていました。

9. 彼が高校の高校を始める前に、彼の 父は彼に整備士になるように忠告した 手で働いていた人はいつも良い仕事をしていたからです。それからジョーダンはバスケットボールでブレイクアウトのシニア年を過ごし、彼の将来は進路を変えました。トリプルダブル(29.2ポイント、11.6リバウンド、10.1アシスト)を平均するシニアとして、彼はマクドナルドのオールアメリカンチームに選ばれました。

10. 1981年、ジョーダンはノースカロライナ大学チャペルヒル校にバスケットボール奨学金で入学し、文化地理学を専攻しました。彼はチームが1982年にNCAAディビジョンIチャンピオンシップを勝ち取るのを手伝い、ジョージタウン大学に勝つために必要な最後のバスケットを獲得しました。ジョーダンが入学する前は、ノースカロライナタールヒールズの最後の全国選手権は1957年でした。

11. ジョーダンは NCAAカレッジプレーヤーオブザイヤーに選ばれました 1983年と1984年の両方で。

12. ジョーダンが選ばれました 米国オリンピックバスケットボールチームのメンバー 1984年の夏に初めて。チームはその年のロサンゼルスの試合で金メダルを獲得しました。

13. 卒業から1年も経たないうちに、マイケルジョーダンはNBA1984ドラフトで総合3位に選ばれました。彼 シカゴブルズに参加 1984年。


マイケルジョーダンのエアジョーダンの裏話

あなたが見ていなかったら 最後のダンス、シカゴブルズでのマイケルジョーダンのキャリアについてのESPNの10部構成のドキュメンタリー、まあ、あなたは逃しています。スポーツ以外の狂信者としても(私は自分自身を ダブラー)、私は象徴的なアスリート、彼の名高いキャリア、そしてもちろん、彼の有名なナイキスニーカーについてもっと学ぶことを完全に楽しんでいます。エピソード5では、歴史上最も有名な靴のいくつかであるエアジョーダンの歴史を掘り下げます。

エアジョーダンがどのように作成されたか

靴は1984年に契約が締結された後に生まれました。当時、コンバースはNBAの公式​​靴でした。同社は、ラリーバードやマジックジョンソンなどの選手を含む、スポンサーとなっている他のアスリートよりもジョーダンを上に置くことはできないと語ったため、ジョーダンは彼らとの提携に反対することにしました。当時の彼のお気に入りの靴は実際にはアディダスでしたが、ブランドは当時靴を機能させることができなかったと彼に言いました。ジョーダンのエージェントであるデイヴィッド・フォークは、当時トラックシューズで有名だったナイキと一緒に行くことを望んでいましたが、ジョーダンは興味がありませんでした。そこでフォークは、ジョーダンの母親であるデロリスに訴えた。 「私の母は、 『あなたは耳を傾けるつもりです、あなたはそれを気に入らないかもしれませんが、あなたは耳を傾けるつもりです』と言いました」とジョーダンは思い出します。ナイキは彼に新人としては前代未聞の大金を提供しました、そして彼の父は彼がそれを取らないためにばかでなければならないと言いました。だからジョーダンはそうしました。

エアジョーダンの名前の由来

そこから、それはすべてジョーダンを彼自身の靴にすることでした。 「ナイキは、エアソールと呼ばれるランニングシューズ用のこの新しいテクノロジーを発表したばかりでした」とフォークは言います。 「そして明らかにマイケルは空中で遊んだので、私は言った、「私はそれを手に入れました、私たちはそれをエアジョーダンと呼ぶつもりです」。

「私たちが契約に署名したときのナイキの期待は、4年目の終わりに、300万ドル相当のエアジョーダンを売ることを望んでいた」とフォークは回想する。 「1年目には、1億2600万ドルを売り上げました。」


ESPNの「最後のダンス」

10部構成のマイケルジョーダンのドキュメンタリー「TheLastDance」は、ESPNアプリで入手できます。

ノースカロライナコーチのロイウィリアムズは「最後のダンス」を見ていて、マイクジョーダンを採用したときのことを思い出しています。ロイはブルーリッジ山脈で育ち、シングルマザーによって貧困で育ちました。数年前、彼はウィルミントンでゴルフをするためにチャペルヒルから運転していることに気づきました。彼は一人で、州間高速道路から滑り降り、ゴードンロードの家に車で行きました。州間高速道路40号線を運転している場合は、ペンダー-ニューハノバー郡の路線に、この道路がマイケルジョーダンにちなんで名付けられていることを示す標識があります。しかし、ロイ・ウィリアムズが117をやっているのなら、あなたの心の目は、ゴードン・ロードの前で働いているマイケルの父親に焦点を合わせています。おそらく車のエンジンで、彼の舌は集中して突き出ていて、彼は祖父から習得した習慣であり、彼の息子は彼から習得しました。 「私がそこに行くたびに、私はマイケルジョーダンハイウェイを運転します。それはちょうどその時を思い出させます。ジェームズとデロリスは私にとても親切でした。あなたは両親にすべての信用を与えることはできませんが、彼らは模範を示して彼を導いた。彼らは彼に勤勉を教えた。」

マイケルジョーダンは非常に公になり、まるで彼が完全に形成されて生まれたかのように見えるかもしれません。もちろん、それは真実ではありません。彼の家族は、ハイウェイ117とその周辺のウィルミントン近郊の田舎の郊外と農村の沼地と農地の1つの小さな区画で、少なくとも6世代を過ごしました。彼は祖父母がまだ土と粘土を食べていたことを覚えています。アフリカからの南部-土地から必要な鉄を手に入れる。マイケルは、オレンジと赤の粘土を訪ねると、デザートにオレンジと赤の粘土を食べていました。

彼は消えゆく世界について聞いただけでなく、その最後の部分も見て育ちました。これは、世紀の変わり目にアメリカの大部分で亡くなったが、どういうわけか、70年以上にわたって米国117を回り続けた一種の生活です。彼はその歴史を残しましたが、それでも彼の中にすべてを持っています。つまり、マイクをマイケルから解き明かす方法は、ノースカロライナの田舎のルーツが静かに彼のキャリアを形作った場所と時期を調べ、彼が育った土地が彼を形作った祖先をどのように形作ったかを考えることです。

マイケルジョーダンのセキュリティチームは、生計を立てるために働くことがどのようなものかを知っていた、引退した非番のシカゴ警官のグループでした。 「彼らは私の親友になりました」とジョーダンは言います。ゲッティイメージズ経由のナサニエルS.バトラー/ NBAE

5日曜日前、 「最後のダンス」が初演される前の最後の1時間に、マイケルジョーダンはテキストメッセージを受け取りました。彼は自分の電話を見下ろし、それが彼の古い警備員の一人の息子からのものであるのを見ました。それらの人はマイケルの心をたくさん横切っています。彼の名声の頂点の間、引退した非番のシカゴ警官のグループが彼を隔離し、接続し続けました。スニフブラザーズ、彼らは冗談めかして自分たちを呼んだ。ジョックスニファーのように。 5人か6人のコアな人がいました。ジョーダンは彼のプレーのキャリアが終わったずっと後に彼らの世話をしました、そして彼はそれ以来何年にもわたって死んだ3人を深く恋しく思います:ガスレット、クラレンストラビスとジョンマイケルウォズニアック、その息子ニコリはテキストを送りました。ニッキーはマイケルがNBAチャンピオンシップのトロフィーを持っている写真を送り、いつものようにバックグラウンドで彼の父親がいました。スニフブラザーズはいつも周りにいました。家族での休暇中、ホテルのスイートルームのトランプで、ロサンゼルスで「スペースジャム」を撮影し、試合の数時間前にユナイテッドセンターの下に隠れました。

ニッキーはマイケルの幸運を祈り、長年にわたるすべてのサポートに感謝しました。マイケルはすぐに返信しました。

大好きです。私は彼と一緒に、ガスとCTを心から見守っていきます。

シンボルであるパブリックジョーダンは、ゲームの最大のプレーヤーとして、絶え間ないセキュリティ保護を必要としていました。個人的な人は、中流階級のシカゴの警官、麻薬やギャングの部隊で働いていた人、弾丸を持ってドアを蹴った人、そして生活のために働くことと生きることが何を意味するのかを知っていた人たちの周りで最もくつろいだ気分になりました簡単なコードで。彼に家を思い出させた男たち。

「彼らは私の親友になりました」とジョーダンは何年も前に私に言った。


ナイキがマイケルジョーダンを上陸させた方法

マイケルジョーダンが着たかったのはNBAのアディダスだけでした。

彼はノースカロライナでコンバースを着用していましたが、コーチのディーン・スミスがプレーヤーにブランドを付けるために年間約10,000ドルの支払いを受けていたため、ドイツ製が彼の夢でした。

しかし、アディダスは申し出をしていませんでした。ジョーダンは悪い時期に捕まったばかりの価値がないと彼らが思ったのは無理だった。会社の創設者であるアディ・ダスラーが1978年に亡くなった後、彼の妻であるケイトが事業を引き継ぎました。しかし、彼女には息子のホルストと4人の娘がそれぞれ別々の部門を運営していました。

娘たちの夫も深く関わっていたので、物事は楽になりませんでした。ヨルダンの交渉の時までに、緊張は高く、ケイトは健康状態が良くなかったので、後継者計画の考えが最優先事項でした。彼女はその年の後半に亡くなりました。

&ldquo彼らは間違いなく流動的な状態にありました&rdquoは当時ホルストを代表していたフランク・クレイグヒルは言いました。 &ldquo分割するのは簡単なことではありませんでした。」

ジョーダンは非常に失望した。

マイケルはコンバースの本部に現れたくなかったが、スミスとの関係のために行った。

&ldquoWe&rsquoreは会議室に座っていて、&lsquoWeはバスケットボールです&rsquo&rdquoジョーダンのエージェントであるDavidFalkが思い出しました。 &ldquoThey&rsquoreは、Magic、Bird、Dr。J、Mark Aguirreがいることを示しています。&rdquo

当時コンバースのマーケティングを担当していたジョー・ディーンによると、マイケルは会社の売り込みに非常に興味を持っていたそうです。

&ldquo私は彼に多くの信用を与えます&rdquoディーンは言いました。 &ldquo彼は尋ねていました、&lsquoこれらすべての星で、私は会話のどこに収まりますか?&rsquo&rdquo

Converseの社長であるJohnO&rsquoNeilがその質問に答えました。

&ldquoWe&rsquollはあなたを他のすべてのスーパースターと同じように扱います。

マイケル&rsquosの父、ジェームズは、で欲しかった。

&ldquoDon&rsquotあなたたちは新しい革新的なアイデアを持っていますか?&rdquo彼は尋ねました。

コンバースにはチャンスがありませんでした。当時、このブランドは、スポーツシューズの国内トッププロデューサーとしての地位を失い始めていました。コンバースは革の使用が遅く、ナイキはより大きな金額でコーチに署名していましたが、コンバースはジョーダンとの交渉で持っていたはずの絶望を持っていませんでした。

&ldquo私たちは厳しい状況にありました&rdquoディーンは言いました。 &ldquoマイケルにもっとあげたら、マジック、バード、ドクターJで何をしたでしょうか?&rdquo

O.J.シンプソン、それを呼んだすべての人々の中で:マイケルジョーダンはスポーツの最高の新しいスターになるでしょう。

ジョーダンが彼の溺愛者を持っていたならば、彼はノースカロライナを去った後にアディダスを選んだでしょう。 AP写真/アランモスナー

&ldquoノースカロライナのこの子供、彼は次の私です&rdquo O.J. 1984年の夏に言った。&ldquo私たちは彼のために行くべきです。&rdquo

当時、シンプソンは、NFL在籍中にジュースモバイルを着用するためにシンプソンに支払いをしたハイドアスレチックという会社が所有する靴であるSpot-Biltブランドのプロモーション担当副社長でした。今、彼はクリートをチームに売ってお金を稼いだ会社から定期的に給料を受け取っていました。

そこで、当時スポットビルトのマーケティング担当副社長だったジョンH.フィッシャーは、父親のところに行き、どうしたらよいか尋ねました。

&ldquo彼は私に言った、&lsquoDon&rsquotはドアに10セント硬貨を残します&rsquo&rdquo若いフィッシャーは言いました。

そこでフィッシャーは、ワシントンD.C.で、フォークが働いていた代理店であるプロサーブの本部で、マイケル、父親のジェームズ、フォークと会いに行きました。

内側のエッジとして、Spot-BiltはNike&rsquosの古い広告代理店であるJohn Brown&Partnersを雇っていました。彼らはフォークとジョーダンにいくつかのストーリーボードとアイデアを示しました。彼らはO.J.彼らができることの例として、ジョーダンがSpot-Biltブランドを身に付けた場合、ポートフォリオの中で最も重要なアスリートになると説明しました。

ナイキは急上昇中のスターでした。同社の収益は1973年の2,870万ドルから1983年末までに8億6,700万ドルになりました。しかし、年末に向けて事態は好転し始めました。 1984年2月、同社は史上初の四半期損失を報告しました。その夏のロサンゼルスでのオリンピックは、士気を高めました。特に、カールルイスは、ナイキで4つの金メダルを獲得しましたが、売り上げの即時の翻訳はありませんでした。

コンバースとアディダスはジョーダンの準備ができていませんでしたが、突然、ナイキは彼を必要としていました。会社が彼を飛行機に乗せることしかできなかったら。

彼はオリンピックから戻ったばかりで、大学バスケットボールのシーズンが終わった後、フォークに疲れ果てたと語った。

&ldquo私はそこに行くことに興味がない&rdquoフォークはジョーダンが彼に言ったと言った。 &ldquo私をアディダスに連れて行くために必要なことをするだけです。&rdquo

フォークはそれを持っていません。彼は彼の会社で最もシニアのパートナーではなく、ジョーダンと直接会ったのは数回だけでしたが、彼はナイキでジョーダンを連れて行かなければなりませんでした。

ナイキはFalk&rsquosの頼りになる会社であり、彼はすべての取引を行ったRobStrasserと素晴らしい関係を築いていました。 &ldquoI&rsquodはRobに、Nikeでプレーヤーにサインさせるのにどれだけ必要かを伝え、彼はそれを機能させました&rdquoFalkは思い出しました。バーナードキング、フィルフォード、モーゼスマローンなど、フォークのクライアントのほとんどがナイキを着用していました。

フォークは運を押し上げたくなかったし、ジョーダンにたどり着かなかったので、ジョーダンの両親であるジェームズとデロリスに電話した。彼はプレゼンテーションで息子が必要だと彼らに言いました。 And the next thing Falk knew, Jordan was packing his bags with his parents in tow.

When they arrived in Beaverton, Ore., they went into an office in one of the two buildings that stood at Nike at the time. The group met with Strasser, designer Peter Moore, and those responsible for basketball at the company, Howard White and Sonny Vaccaro.

Jordan was shown a highlight tape of himself to the Pointer Sisters "Jump," a song that had recently debuted. Moore showed him a red-and-black shoe design. Jordan said that one of the reasons he liked adidas was because they were lower to the ground than the higher shoes that Nike was making. Moore said he could tailor them to Jordan&rsquos liking.

No one was doing that at the time. You were given what the company gave you.

"They really made a great effort of trying to have my input on the shoe," Jordan told me five years ago, adding that he had never put on a Nike shoe to this point in his life.

Then they moved into another room, where Jordan was shown more potential plans. During the talk, Nike president and co-founder Phil Knight walked into the room. Strasser knew that Jordan was a car nut, so he said to Jordan, "If you come with Nike. "

It was at that point that Falk's head swiveled to the back of the room and saw Knight clutching his chest, as if Strasser had the keys to a car in his pocket. Strasser reached in and took out two die-cast Mercedes cars.

"I think Phil almost had a heart attack," Falk said.

Later that night, after the group went out to dinner, Falk asked Jordan -- who was emotionless the whole trip -- what he thought.

"I don't want to go to another meeting," Jordan told Falk.

On the advice of Vaccaro, Nike offered Jordan $500,000 a year in cash for five years, which was a ridiculous number at the time. The previous highest contract was James Worthy's deal with New Balance, an eight-year deal worth $150,000 a year. Adding stock options and other parts of the deal, Falk said Jordan would earn $7 million over those five years, as long as Nike didn't sever the contract.

It took some work to persuade Michael Jordan, including a phone call to his parents, but in the end, he chose Nike. Nathaniel S. Butler/NBAE via Getty Images

In order to protect the company, Nike included a clause in Jordan's deal that said if he didn't accomplish one of three things -- win Rookie of the Year, become an All-Star or average 20 points per game -- in his first three years, it could end the deal two years early. Falk then asked, "What happens if he doesn't do any of those three, but still sells shoes?" Nike's response, according to Falk, was if Jordan sold at least $4 million worth of shoes in his third year, he'd get the final two years of the deal.

When Jordan was told the terms, he said he made one last private pitch.

"I was very loyal," Jordan said at the time. "I went back to my adidas contract and said, 'This is the Nike contract -- if you come anywhere close, I'll sign with you guys.'"

As for Spot-Bilt, Fisher knew going up against Phil Knight was going to be hard. Nike was almost 10 times as big as his company. The Spot-Bilt brand made shoes in the U.S. Nike made shoes in Asia.

Knight was also killing the team business that was so profitable to Hyde&rsquos Spot-Bilt brand by giving shoes to teams for free.

&ldquoOur shoes were good, but they weren&rsquot better than free,&rdquo Fisher said.

Fisher saw the writing on the wall when the equipment manager at the University of Oklahoma, a big account, called him and said they didn&rsquot have any choice but to wear Nikes.

&ldquoPhil understood that the bigger prize was the promotional value instead of the revenue from the team business alone,&rdquo Fisher said.

Knight had boldly proclaimed at a shoe industry conference in Chicago in the mid-'70s that he wasn&rsquot in the shoe business. He was in the entertainment business. He might have given away his secret, but he was the best at it.

That's why when it came time to give an offer, Fisher gave it his best shot.

"Phil was who he was and Falk was a great negotiator, so I only had one time to do it," Fisher said. When the numbers were revealed, Falk was impressed. In straight-up cash, Spot-Bilt's deal would be worth more than what Nike offered.

If it came down to which company offered top dollar, Spot-Bilt would have landed Jordan, but Falk knew Nike had the marketing muscle. In fact, he said he made them commit to putting $1 million into marketing Jordan's shoes in their first six months on the shelves.

In the coming weeks, Falk came up with the Air Jordan name and Nike was working hard to make a splash.

No one comes close to selling as many shoes as Nike's Air Jordans. Mario Tama/Getty Images

But first, Falk had to call Fisher to tell him that Jordan would not be wearing Spot-Bilt.

"David called me and told us we had the highest bid, even though I always assumed Nike did," Fisher said. "He was very respectful to me and said that Michael and his father really appreciated the time we spent with them."

So what would have happened if Spot-Bilt had landed Jordan?

"We wouldn't have had Jordan wear those black-and-red shoes," Fisher said. "We were a family company, more conservative. We would have probably made a white shoe with a red stripe on it."

As for whether the brand would have been able to keep up with the Jordan craze, Fisher said he'd like to think it would have, but not at the pace of Nike.

When the 1984-85 season rolled around, everything went right.

The shoes were banned by the NBA because of their lack of uniform color scheme. Nike paid the fines and made a commercial.

"On October 15th, Nike created a revolutionary new basketball shoe," the voice in the commercial said. "On October 18th, the NBA threw them out of the game. Fortunately, the NBA can't keep you from wearing them."

Jordan played every game of his rookie season, averaged 28.2 points per game, and won the Rookie of the Year award. Kids wanted to "Be Like Mike."

The Air Jordan Is, at an unheard of price of $65 a pair, hit stores nationwide in March 1985. By May, Nike had sold $70 million worth. By year's end, the Air Jordan franchise had yielded more than $100 million in revenues.

In the company's annual report that year, Knight called it "the perfect combination of quality product, marketing and athlete endorsement."

In 2012, the Jordan brand sold $2.5 billion worth of shoes at retail, its best year ever, according to market retail tracking firm SportsOneSource. Air Jordans made up 58 percent of all basketball shoes bought in the U.S. and 77 percent of all kids' basketball shoes. Most of those kids didn't even see Michael Jordan play.

"Sonny kept saying, 'He's the guy, he's the guy,'" White said. "But we didn't know what that really meant. None of us thought it would be like it has been."

"Would the brand have been as strong if it was adidas?" Jordan asked. "We'll never know."

But Jordan is thankful that adidas made it easier for him to walk away from the brand he always loved.

"In hindsight, it was perfect for me because it made my decision that much easier, and I ended up with Nike."


The Swoosh has pretty much been synonymous with Michael Jordan. Despite its impressive stable of the best athletes in the world today, “His Airness” remains as Nike’s biggest, not to mention most lucrative, investment of all time.

What began as an initial five-year, $250,000 deal he signed in 1984 — which also marked as the release of Jordan’s now-iconic signature shoe — evolved into a disruptor of the shoe injury now known as the Jordan Brand.

Jordan’s Jumpman logo has become a massive standalone business, which hauls in $3 billion in revenue each year for Nike. MJ rakes in around $100 million a year from Nike in royalties alone.

The Air Jordan line continues to bring in big bucks, as the NBA’s brightest young stars like Zion Williamson, Jayson Tatum, and Rui Hachimura currently represent the brand.


Michael Jordan: A Player Who Changed the Culture of an Entire City

No other player in NBA history has meant more to the city and team he represented than Michael Jordan.

Jordan’s importance stretches past the confines of just basketball. When an average sports fan thinks of Chicago sports, Michael Jordan is most assuredly at the top of the list.

There is no other team in the history of the NBA for which one athlete has become synonymous with the team itself. Throughout NBA history, players have passed the torch of their legacy on to the next generation of up-and-coming superstars to carry the team in the future.

Most of the NBA powerhouses have gone through various phases in which a new superstar was leading the team. The Lakers and Celtics in particular have long lists of Hall of Famers that have all contributed to the franchises’ successes as a whole. However, no one player has truly stood above another within the time line of those teams and others.

Michael Jordan single-handedly shaped and molded the Chicago Bulls into a winning organization. In the years prior to his arrival in 1984, the Bulls were far from being considered a contender and this remained true even in his first few seasons with the team.

The league at the time was under the control of the Big Three in Boston, the Showtime Lakers, and the Bad Boys of Detroit. On paper, the Bulls were easily the underdogs but that’s the beauty of Michael Jordan’s leadership.

As the 90’s were introduced, so was a newly-transformed Michael Jordan, ready to take over the league.

Jordan was responsible for six of the 10 championships won in the decade, even though he retired for a season and a half during the 1993-94 and 1994-95 seasons.

Jordan built the Chicago Bulls from the ground up and transformed them into the unstoppable team we witnessed during the championship years.

The Bulls of the 90’s were a team that, regardless of your own team loyalty, you had to watch and cheer for. His achievements during that time span set a bar that has been unreachable ever since.

From the time he announced his second retirement in 1998, sportswriters and other league representatives have been looking for a replacement—someone to fill the enormous shoes of such a legendary figure.

It’s not simply the winning attitude His Airness brought the city of Chicago and its fans, but also his loyalty to the city that decided to take the chance and draft him third overall in the 1984 NBA Draft.

All but two of his 15 NBA seasons were played in a Bulls uniform. He was a part of the team back when they played in the old Chicago Stadium and was there to usher in the new United Center arena upon his return from his initial retirement in 1995.

That type of loyalty is unheard of in today’s NBA. Players have more of a “win now” attitude and are willing to go through every means from free agency to demanding trades to achieve that goal. But MJ stayed true to his first team and stayed with them through the bad times long enough to reach the great times that were ahead.

There have not been too many players in league history for which the same can be said.


How Michael Jordan became a brand

Wilson Smith, Nike Design Archivist, and Kevin Dodson, vice president of basketball footwear, discuss the history of designer sneakers for basketball players.

Michael Jordan remains the OG signature shoe king 16 years after his last NBA game and 21 years after his last championship.

Introduced by the Chicago Bulls superstar in 1984 and later marketed by Nike in 1985 as the Air Jordan 1, created the basketball sneaker branding market. In fiscal 2018, Nike revenue from the Jordan Brand line hit nearly $2.9 billion, the company said, part of it coming from buyers who weren’t alive during Jordan’s last title run.

The Jordan Brand stretches from shoes to clothing and gear, including bags, backpacks and hats. Nike last year opened a mash-up of retail store and consumer experience called Jumpman L.A. on downtown Los Angeles’ South Broadway, which includes shoe and clothing customization, virtual reality training simulation and a rooftop basketball court.

But what today seems like the no-brainer that should have enticed bids from every major athletic shoe brand should be viewed more accurately as a first-of-its-kind gamble that almost never happened. Jordan laughed at the “Air Jordan” name, hated the look of the shoe and almost skipped the meeting with Nike.

“He didn’t even want to fool with Nike,” said Roland Lazenby, author of the 2014 book “Michael Jordan: The Life.”

Jordan’s mother, Deloris, Lazenby said, part of a family of former North Carolina sharecroppers who believed strongly in economic empowerment, insisted he attend. “And Nike gave him an unbelievable deal, a 25% royalty. And it would take years before someone else in the shoe industry would get that,” he said.

Nike too needed a lot of convincing. In 1984, Jordan had been part of a historic NBA draft that included one of the league’s best big men, Hakeem Olajuwon one of its most dominant power forwards, Charles Barkley and the league’s all-time best at dishing out assists, John Stockton.

The fact that Nike would wind up throwing virtually all of its shoe marketing money behind Jordan was hardly assured. Lazenby said it took a small cadre of Jordan backers, including Nike marketing legend Sonny Vaccaro, to convince a very skeptical Phil Knight, one of Nike’s co-founders.

“Phil Knight was mildly interested at best,” Lazenby said. “But Vaccaro was relentless, and he soon formed an allegiance with Rob Strasser and with Peter Moore. They were both at Nike, and they were essential guys in driving the whole Jordan idea forward.”

The third intangible, Lazenby said, was Jordan’s play. “He was the guy who could fly,” Lazenby said. “Ultimately it was his competitiveness that wowed global audiences.”

Jordan has been as surprised as anyone about his lasting appeal.

“‘First I thought it was a fad,’” Lazenby said the normally reticent Jordan told him in 2014. “’But it’s far greater now than it used to be. The numbers are just outrageous.”

That, however, doesn’t fully explain Jordan’s remarkable brand staying power at age 55. Three Jordan Brand shoes remain among the current 10 top-selling athletic shoes: the Jordan XI Low, Jordan 1 High OG and the Jordan IX Mid, according to market research firm NPD Group.

“What you have here is a once-in-a-generation athlete who has transcended his sport and has become ingrained not only in the sports world, but in popular culture as well,” said sports marketing expert George Belch, professor and chairman of the marketing department at San Diego State University.

Jordan is “kind of the epitome of cool in many ways,” Belch said. “His influence just seems to go from one generation to the next. He played before they were even born, yet he becomes this very trustworthy, almost timeless brand image that just really seems to represent winning and excellence and everything else.”


ビデオを見る: エアジョーダン1の歴史


コメント:

  1. Maujind

    よくやった、素晴らしいアイデア

  2. Domi

    私の意見では、あなたはエラーを犯します。午後に私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  3. Gwernach

    私に何か個人的なメッセージはありません、それが何を間違えるか

  4. Baris

    絶対にあなたに同意します。これにおいて、何かが素晴らしいアイデアであり、素晴らしいアイデアです。それはあなたをサポートする準備ができています。

  5. Voodookinos

    ブラボー、あなたのフレーズは役に立ちます



メッセージを書く