モナリザ

モナリザ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


NS モナリザ とその影響

の影響 モナリザ ルネッサンス以降は巨大で、現代のポートレートペインティングに革命をもたらしました。 4分の3のポーズが標準になっただけでなく、レオナルドの予備の絵は、他の芸術家が自分の絵をより自由に研究するように促し、愛好家にそれらの絵を集めるように促しました。素描を通して、彼のミラノの作品はフィレンツェ人に知らされました。また、芸術家および思想家としての彼の評判と身長は彼の仲間の芸術家に広がり、彼らに行動の自由と彼自身と同様の考えを保証しました。そのような画家の1人は、進行中のレオナルドの作品を​​スケッチし、 モナリザ 彼の肖像画のフォーマットは、彼の明確なモデルとして役立ちました マッダレーナドニの肖像 (1506年頃)。

レオナルドは、アーティストが主題を着飾るファッションにも影響を与えました。彼の中で 絵画の扱い、彼の死後ずっと出版された彼は、アートはファッションを避けるべきだと書いた:

自分の時代の衣装は極力避けてください…墓石にならないと時代の衣装を描いてはいけません。後継者に笑われて男性の狂ったファッションに笑われて、物だけを残してしまうからです。それは彼らの尊厳と美しさで賞賛されるかもしれません。

NS モナリザ La Giacondaは、当時人気のあったタイトな服ではなく、色のついたシフトに身を包み、首にゆるくプリーツをつけているという点で、彼の論文のこの側面を完全に示しています。


モナリザ-歴史書誌-ハーバードスタイル

あなたの参考文献: ブリタニカ百科事典。 2017年。 モナリザ|歴史と事実。 [オンライン]次のURLで入手可能:&lthttps://www.britannica.com/topic/Mona-Lisa-painting> [2017年11月13日アクセス]。

公開されたモナリザ:影響

本文: (モナリザ公開:影響、2017年)

あなたの参考文献: Hepguru.com。 2017年。 公開されたモナリザ:影響。 [オンライン]次のURLで入手可能:&lthttp://www.hepguru.com/monalisa/impact.htm> [2017年11月13日アクセス]。

アートインパクト

本文: (アートインパクト、2017年)

あなたの参考文献: レオナルド・ダ・ヴィンチ。 2017年。 アートインパクト。 [オンライン]次のURLで入手可能:&lthttps://leonartodavinci.weebly.com/art-impact.html> [2017年11月13日アクセス]。

モナリザ–フランチェスコデルジョコンドの妻、リザゲラルディーニの肖像|ルーブル美術館|パリ

本文: (モナリザ–フランチェスコデルジョコンドの妻、リザゲラルディーニの肖像|ルーブル美術館|パリ、2017年)


リザデルジョコンド

リザデルジョコンド
&#8220モナリサ&#8221
1479&#8211 1542 A.D.

フィレンツェの美しい女性、リザデルジョコンド。その肖像画、レオナルドダヴィンチの&#8220モナリサ&#8221は、世界の有名な写真の1つです。彼女の旧姓de&#8217 Gherardiniは、古代の高貴なForentinesの家族の名前でしたが、彼女はナポリで生まれ、そこで女の子として暮らしていました。 1495年に彼女は裕福なフィレンツェの商人であるセルフランチェスコデルジョコンドと結婚し、彼女の残りの人生の間、知られている限り、彼女はフィレンツェに住んでいました。彼女は幸せな妻と母親だったようですが、晩年の記録はありません。

彼女が偉大な芸術家と出会ったのはおそらく結婚の最初の年であり、友情が始まり、それはプラトニックな愛情に成長し、多くの作家がロマンスの魅力を織り交ぜました。モナリザは、肉体的、道徳的、知的に、レオナルドに何度も何度も絵を描いたことがないのでアピールしました。彼の最高の写真はすべて彼女の個性を再現しているため、彼女が彼の作品にどれほど大きな影響を与えたかは明らかです。モナリザの笑顔は、レオナルドと彼の生徒たちの作品が見られる北イタリアの至る所で、彼女が絶対に比類のない活力と繊細な表現でファッションを設定したことを歓迎します。

1516年、レオナルドダヴィンチはフランスのフランソワ1世の宮廷に行き、彼を心から歓迎し、彼に名誉を与えました。アーティストは彼に肖像画「モナリサ」を持ってきて、王が彼に4,000ポンドを支払いました。これは当時の莫大な金額です。 3年後、レオナルドは亡くなりましたが、彼の有名な「モナリサ」は、ルイ14世が彼女をヴェルサイユに連れて行くまで、1世紀以上フォンテンブローに留まりました。革命後、「魅力的で謎めいた笑顔」の絵は、ルーヴル美術館の壁に最後の休憩所を見つけました。

1910年、「モナリサ」が盗まれたというニュースに芸術界は衝撃を受けましたが、数か月の失踪の後、不思議なことに返還され、現在では、ルーヴル美術館、そしてフランスで最も貴重な写真の1つ。

ディミトリー・メレコフスキーの「レオナルド・ダ・ヴィンチのロマンス」は、モナリザの鮮やかな肖像画を表しています。

参考:有名な女性ジョセフ・エーデルマンによる500人の著名な女性のライフストーリーを持つ時代を通しての女性の業績の概要。 Copyright、1926 by Ellis M. LonowCompany。


アイルワースのモナリサ

アイルワース、ロンドン、イングランド、イギリス

アイルワースのモナリザとして知られ、初期のモナリザとしても知られるモナリザのバージョンは、1778年に英国の貴族によって最初に購入され、1913年に芸術愛好家のヒューブレイカーによって再発見されました。この絵は、モナリザ財団によって2012年にメディアに提示されました。レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザと同じ主題の絵です。この絵は、大多数の専門家によって、16世紀初頭にさかのぼるレオナルドのオリジナル作品であると主張されています。 ZöllnerやKempを含む他の専門家は、帰属を否定しています。


コンテンツ

英語で知られている絵のタイトル モナリザは、ルネサンス美術史家のジョルジョヴァザーリによる、「レオナルドはフランチェスコデルジョコンドのために、妻のモナリザの肖像画を描くことを約束した」と書いた記述から来ています。 [13] [14] モナ イタリア語では、 マドンナ - に似ている マダム, マダム、 また 私の女性 英語で。これは マドンナ、およびその収縮 モナ。絵のタイトルは、伝統的に綴られていますが モナ (Vasariで使用されているように)[13]は、現代イタリア語でも一般的に次のように綴られています。 モナリザ (モナ 一部のイタリア語方言では下品です)が、これは英語ではまれです。 [ 要出典 ]

ヴァザーリのアカウント モナリザ アーティストの死から31年後の1550年に出版されたレオナルドの伝記から来ています。それは長い間、仕事の出所とシッターのアイデンティティに関する最もよく知られた情報源でした。レオナルドの助手サライは、1524年に亡くなったときに、彼の個人的な論文で名前が付けられた肖像画を所有していました ラジョコンダ、レオナルドが彼に遺した絵。

レオナルドがそのような作品を描いたこととその日付は、ハイデルベルク大学の学者が古代ローマの哲学者シセロによる1477年の印刷物で傍注を発見した2005年に確認されました。 1503年10月の日付で、このメモはレオナルドの現代的なアゴスティーノヴェスプッチによって書かれました。このメモは、レオナルドをテキストで言及されている有名なギリシャの画家アペレスに例え、レオナルドは当時リザデルジョコンドの絵に取り組んでいたと述べています。 [15]

この文書の発見の発表に応えて、ルーヴル美術館の代表であるヴィンセント・デリューヴィンは、「レオナルド・ダ・ヴィンチは、1503年にリザ・デル・ジョコンドという名前のフィレンツェの女性の肖像画を描いていました。これについて、私たちは今確信しています。残念ながら、このリザデルジョコンドの肖像画がルーブル美術館の絵画であるとは絶対に確信できません。」 [16]

モデルのリザ・デル・ジョコンド[17] [18]は、フィレンツェとトスカーナのゲラルディーニ家の一員であり、フィレンツェの裕福な絹商人フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻でした。 [19]この絵は彼らの新しい家のために、そして彼らの次男アンドレアの誕生を祝うために依頼されたと考えられています。 [20]絵画のイタリア名、 ラジョコンダは、「jocund」(「happy」または「jovial」)、または文字通り「jocund one」を意味し、リサの結婚した名前、Giocondoの女性形のしゃれです。 [19] [21]フランス語で、タイトル ラジョコンデ 同じ意味です。

その発見の前に、学者は絵の主題に関していくつかの代替的な見解を開発しました。リザデルジョコンドは別の肖像画の主題であり、少なくとも4つの他の絵画を モナリザ Vasariによって参照されます。 [22]他の何人かの女性が絵の主題として提案された。 [23]アラゴンのイザベラ、[24]チェチーリア・ガレラーニ、[25]フランカヴィッラ公爵夫人、コスタンツァ・ダヴァロス、[23]イザベラ・デステ、パシフィカ・ブランダーノまたはブランディーノ、イザベラ・グアランダ、カテリーナ・スフォルツァ、ビアンカ・ジョヴァンナ・スフォルツァ、さらにはサライレオナルド自身—この絵に描かれているモデルのリストにはすべて含まれています。 [26] [27] [28] 21世紀の美術史家のコンセンサスは、絵画がリザ・デル・ジョコンドを描いているという長年の伝統的な意見を維持しています。 [15]

NS モナリザ 当時女性にとって理想的であると見なされていた聖母マリアの多くのルネッサンスの描写と非常によく似ています。 [29]女性は腕を組んで「ポゼット」アームチェアに著しく直立して座っており、これは彼女の控えめな姿勢のしるしである。彼女の視線は観察者に固定されています。レオナルドが輪郭を描かない彼の方法によって達成した異常な程度に女性は生きているように見えます(スフマート)。ソフトなブレンドは、「主に口の角と目の角の2つの特徴で」曖昧なムードを作り出します。 [30]

4分の3のプロファイルでのシッターの描写は、ロレンツォディクレディとアグノロディドメニコデルマッツィエールによる15世紀後半の作品に似ています。 [29]Zöllnerは、シッターの一般的な位置はフランドルのモデルにまでさかのぼることができ、「特にパネルの両側の縦の列のスライスは、フランドルの肖像画で前例があった」と述べています。 [31]ウッズ-マースデンは、ハンス・メムリンクのベネデット・ポルティナリ(1487)の肖像画、またはバスティアーノ・マイナルディのペンダントの肖像画などのイタリアの模造品を引用しています。 ロッジア、シッターと遠くの風景の間を仲介する効果があります。これは、レオナルドの以前の肖像画にはない機能です。 ジネヴラデベンチ. [32]

この絵は、架空の風景の前に座っている人を描いた最初の肖像画の1つであり、レオナルドは空気遠近法を使用した最初の画家の1人でした。 [34]謎めいた女性は、両側に暗い柱の基部がある開いたロッジアのように見える場所に座って描かれています。彼女の後ろでは、広大な風景が氷の山に後退しています。曲がりくねった小道と遠くの橋は、人間の存在をほんのわずかしか示していません。レオナルドは、彼が行ったように、水平線を首ではなく配置することを選択しました ジネヴラデベンチ、しかし目と同じ高さで、このように人物と風景を結びつけ、絵画の神秘的な性質を強調しています。 [32]

モナリザ はっきりと見える眉毛やまつげはありません。一部の研究者は、これらの髪は見苦しいと見なされていたため、現時点では上品な女性がこれらの髪を抜くのが一般的であったと主張しています。 [35] [36] 2007年、フランスのエンジニア、パスカル・コットは、彼の超高解像度の絵画スキャンが、次のような証拠を提供すると発表しました。 モナリザ もともとまつげと目に見える眉毛で描かれていましたが、おそらく過剰洗浄の結果として、これらは時間の経過とともに徐々に消えていきました。 [37]コッテは、モナリザの顔のサイズと彼女の視線の方向に変更が加えられて、絵が数回作り直されたことを発見した。彼はまた、1つの層で、対象が多数のヘアピンと真珠で飾られた頭飾りを身に着けて描かれていることを発見しました。 [38]

絵のモデルと風景に関して多くの憶測がありました。たとえば、レオナルドは、「クワトロチェント後期(15世紀)または21世紀の基準で測定した場合でも」、彼女の美しさが最高の1つとは見なされていないため、モデルを忠実に描いたと考えられます。 [39]矢代幸雄などの東洋美術の美術史家の中には、絵の背景の風景が中国の絵画の影響を受けていると主張する人もいるが[40]、この論文は明確な証拠がないことで争われている。 [40]

ハーバード大学のマーガレット・リビングストーン教授による2003年の調査によると、中心窩と呼ばれる直視で観察すると、モナリザの笑顔は消えます。人間の目が視覚情報を処理する方法のため、影を直接拾うことはあまり適していませんが、周辺視野は影をうまく拾うことができます。 [41]

ウルビーノ大学の地形学教授と芸術家写真家による2008年の調査では、 モナリザ イタリアのペーザロエウルビーノ州とリミニ州のモンテフェルトロ地方のいくつかの景色への風景。 [42] [43]

作成と日付

レオナルドダヴィンチの作品のうち、 モナリザ 真正性が真剣に問われたことのない唯一の肖像画であり[44]、4つの作品のうちの1つであり、他の作品は 荒野の聖ヒエロニムス, 東方三博士の礼拝最後の晩餐 –その帰属は論争を避けました。 [45]彼は、リザ・デル・ジョコンドのモデルであるリザ・デル・ジョコンドの肖像画の制作を始めていた。 モナリザ、1503年10月までに。[15] [16]一部の人々は、 モナリザ 1503年か1504年にフィレンツェで始まりました。ルーヴル美術館は「1503年から1506年の間に間違いなく描かれた」と述べているが[8]、美術史家のマーティン・ケンプは日付を確実に確認するのにいくつかの困難があると述べている。 [19]アレッサンドロ・ヴェッツォージは、この絵がレオナルドの人生の最後の数年間、1513年以降のスタイルの特徴であると信じています。 [47]他の学者は、歴史的文書を考えると、レオナルドは1513年から作品を描いていただろうと主張している。[48]ヴァザーリによれば、「彼は4年間それを長引かせた後、それを未完成のままにした」。 [14] 1516年、レオナルドはフランソワ1世から招待され、アンボワーズ城近くのクロリュセで働きました。 モナリザ 彼と一緒に、彼がフランスに引っ越した後もそれに取り組み続けました。 [26]美術史家のカルメン・C・バンバッハは、レオナルドはおそらく1516年か1517年まで作品を洗練し続けたと結論付けた。[49]レオナルドの右手は1517年頃麻痺していた[50]。 モナリザ 未完成。 [51] [52] [53] [a]

1505年頃、[55]ラファエルはペンとインクのスケッチを実行しました。このスケッチでは、主題に隣接する柱がよりはっきりと見えます。専門家は、それがレオナルドの肖像画に基づいていることに普遍的に同意しています。 [56] [57] [58]他のその後のコピー モナリザ国立美術館、建築デザイン美術館、ウォルターズ美術館などにも、大きな側面の柱が展示されています。その結果、 モナリザ トリミングされていました。 [59] [60] [61] [62]しかし、1993年までに、フランク・ツェルナーは塗装面が一度もトリミングされていないことを観察し[63]、これは2004年の一連のテストを通じて確認された。ルーヴル美術館で16世紀のイタリア絵画のキュレーターを務めるヴィンセント・デリューヴィンは、スケッチとこれらの他のコピーは別のバージョンに触発されたに違いないと述べています[65]。 [63]

ルイ・アラゴンによる1517年10月の訪問の記録は、 モナリザ 1513年から1516年の間にベルヴェデーレ宮殿でレオナルドの執事であった故ジュリアーノデメディチのために処刑された[66] [67] [b] —しかし、これはおそらく誤りだった。 [68] [c]ヴァザーリによると、この絵はモデルの夫であるフランチェスコ・デル・ジョコンドのために作成されたとのことです。 [69]多くの専門家は、レオナルドが2つのバージョンを作成したと主張している(その日付とコミッショナーに関する不確実性、および1519年のレオナルドの死後の運命、およびラファエルのスケッチの詳細の違いのため-これは次のように説明される可能性があります彼が記憶からスケッチを作った可能性)。 [55] [58] [57] [70]目立つ柱を表示する架空の最初の肖像画は、1503年頃にジョコンドによって依頼され、1524年に亡くなるまで、レオナルドの弟子とサライ助手の所持で未完成のままでした。 1513年頃のジュリアーノ・デ・メディチによって、1518年にサライからフランシス1世に売却され[d]、今日のルーヴル美術館にあるものです。 [58] [57] [70] [71]他の人は、真実は1つしかなかったと信じています モナリザ、しかし、前述の2つの運命に関して分けられます。 [19] [72] [73] 16世紀のある時点で、ワニスが絵に塗られました。 [3]ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に移すまでフォンテーヌブロー宮殿に保管され、フランス革命までそこに留まりました。 [74] 1797年、ルーヴル美術館に常設展示された。 [11]

避難、盗難、破壊行為

フランス革命後、絵画はルーヴル美術館に移されましたが、テュイルリー宮殿のナポレオン(1821年)の寝室で短期間過ごしました。 [74] モナリザ 芸術界以外ではあまり知られていませんでしたが、1860年代に、フランスのインテリシアの一部がルネサンス絵画の傑作としてそれを称賛し始めました。 [75]普仏戦争(1870年〜1871年)の間に、絵画はルーヴル美術館からブレストアーセナルに移された。 [76]

1911年、この絵はまだ一般の人々の間で人気がありませんでした。 [77] 1911年8月21日、ルーヴル美術館から絵画が盗まれた。 [78]翌日、画家ルイ・ベルーがこの絵を最初に見逃した。絵画がどこかで撮影されているかどうかについて混乱した後、ルーヴル美術館は調査のために1週間閉鎖されました。フランスの詩人ギヨーム・アポリネールが疑惑を抱き、逮捕され、投獄されました。アポリネールは、尋問のために連れてこられた友人のパブロ・ピカソを巻き込んだ。両方とも後で免罪されました。 [79] [80]本当の犯人は、絵画のガラスケースの製作を手伝ったルーヴル美術館の従業員ビンセンツォペルージャでした。 [81]彼は通常の時間に建物に入り、ほうきのクローゼットに隠れ、博物館が閉まった後、コートの下に絵を隠して出て行って盗難を行った。 [21]

ペルージャは、レオナルドの絵がイタリアの美術館に戻されるべきだと信じていたイタリアの愛国者でした。 [82]ペルージャは、絵画の盗難後にオリジナルのコピーの価値が大幅に上昇するであろう仲間によって動機付けられた可能性があります。 [83] モナリザ 彼のアパートで2年間、ペルージャは焦り、フィレンツェのウフィツィ美術館のディレクターであるジョヴァンニポッジにそれを売ろうとしたときに捕まりました。それは2週間以上ウフィツィ美術館に展示され、1914年1月4日にルーヴル美術館に戻った。[84]ペルッジャは犯罪で6か月の刑務所に服役し、イタリアでの愛国心で歓迎された。 [80]盗難から1年後、 サタデーイブニングポスト ジャーナリストのカール・デッカーは、盗難の首謀者であると主張するエドゥアルド・デ・ヴァルフィエルノという共犯容疑者に会ったと書いています。 Forger Yves Chaudronは、オリジナルの場所を隠しながら、米国で販売するために6枚の絵のコピーを作成することになっていた。 [83]デッカーは、1932年にこの盗難の報告を発表した。[85]

第二次世界大戦中、ルーヴル美術館から再び撤去され、最初にアンボワーズ城に運ばれ、次にシャンボール城とシャンボール城に運ばれ、最後にモントーバンのイングレス博物館に運ばれました。

1956年12月30日、ボリビアのUgo UngazaVillegasは モナリザ ルーヴル美術館に展示されていたとき。彼はそれがガラスケースを粉砕し、左肘の近くの顔料の斑点を取り除くほどの力でそうしました。 [86]数年前、絵を愛していると主張する男がかみそりの刃でそれを切り、それを盗もうとしたので、絵はガラスで保護されていた。 [87]それ以来、防弾ガラスはそれ以上の攻撃から絵画を保護するために使用されてきました。その後、1974年4月21日、東京国立博物館に展示されていたときに、東京国立博物館が障害者のアクセスを提供できなかったことに抗議して、女性が赤い絵の具をスプレーしました。 [88] 2009年8月2日、フランス国籍を拒否されたことで取り乱したロシア人女性が、ルーブル美術館で購入したセラミック製のティーカップをガラスの囲いにぶつけて投げた。 [89] [90]どちらの場合も、絵は無傷でした。

ここ数十年で、ルーヴル美術館の改修に対応するために、1992年から1995年、2001年から2005年、そして2019年の3回、絵画が一時的に移動されました。[91] 2019年に導入された新しい待ち行列システムにより、時間が短縮されます。美術館の訪問者は、絵を見るために並んで待つ必要があります。待ち行列を通過した後、グループは絵を見るのに約30秒かかります。 [92]

現代の分析

21世紀初頭、フランスの科学者パスカルコットは、絵画の表面の下に隠された肖像画を仮定しました。彼は2004年からルーヴル美術館の絵画を反射光技術で分析し、彼の理論の状況証拠を作成しました。 [93] [94] [95]コッテは、彼の調査は彼の仮説を支持するためにのみ行われたものであり、決定的な証拠と見なされるべきではないことを認めている。 [94] [72]下にある肖像画は横向きのモデルのようであり、側面の柱がない[96]が、絵画の歴史的記述とは一致しない。ヴァザーリとジャンパオロロマッツォはどちらも、コッテの想定される肖像画の主題とは異なり、主題を笑顔であると説明しています[13] [97]。 [94] [72] 2020年に、コッテは、キャンバスに下絵があり、準備図から spolvero 技術。 [98]

NS モナリザ は500年以上生き残っており、1952年に召集された国際委員会は、「写真は驚くべき保存状態にある」と述べています。 [64]完全に復元されたことがないため、[99]現在の状態は、絵画が受けたさまざまな保存処理によるものです。マダム・ド・ジロンドによる1933年の詳細な分析は、初期の修復者が「かなりの抑制をもって行動した」ことを明らかにしました。 [64]それにもかかわらず、絵画へのワニスの塗布は16世紀の終わりまでに暗くなり、1809年の積極的な清掃と再生により、塗料層の最上部の一部が除去され、色あせた外観になりました。図の顔。治療にもかかわらず、 モナリザ パネルのゆがみはキュレーターに「いくらかの心配」を引き起こしたが[100]、2004-05年の保護チームは仕事の将来について楽観的だった。 [64]

ポプラパネル

ある時点で、 モナリザ 元のフレームから削除されました。拘束されていないポプラのパネルは湿度の変化に伴って自由に反り、その結果、パネルの上部近くに亀裂が発生し、図の生え際まで伸びていました。 18世紀半ばから19世紀初頭にかけて、2つの蝶の形をしたクルミのブレースが、パネルの厚さの約3分の1の深さまでパネルの背面に挿入されました。この介入は巧みに実行され、亀裂を安定させることに成功しました。 1888年から1905年の間のある時点で、またはおそらく写真の盗難中に、上部ブレースが脱落しました。後の修復者は、得られたソケットを接着して裏打ちし、布でひびを入れました。 [101] [102]

写真は、防弾ガラスのケースに入れられ、厳格な気候管理された条件下で保管されています。湿度は50%±10%に維持され、温度は18〜21°Cに維持されます。相対湿度の変動を補正するために、ケースには、55%の相対湿度を提供するように処理されたシリカゲルのベッドが追加されています。 [64]

フレーム

なぜなら モナリザ のポプラサポートは湿度の変化に応じて伸縮しますが、画像に多少のゆがみがあります。第二次世界大戦中の保管中に経験した反りや腫れに対応し、レオナルド生誕500周年を記念する展示用の写真を準備するために、 モナリザ 1951年にブナのクロスピースを備えた柔軟なオークフレームが取り付けられました。このフレキシブルフレームは、以下に説明する装飾フレームに加えて使用され、パネルに圧力をかけてさらに反らないようにします。 1970年、ブナ材に昆虫が蔓延していることが判明した後、ブナの横木はカエデに切り替えられました。 2004年から2005年にかけて、保全および研究チームがメープルクロスピースをシカモアクロスピースに交換し、パネルの反りを科学的に測定するために追加の金属クロスピースが追加されました。 [ 要出典 ]

NS モナリザ 何世紀にもわたって味の変化のために、その歴史の中で多くの異なる装飾的なフレームがありました。 1909年、アートコレクターのコンテスデベーグは肖像画に現在のフレームを与えました[103]。 モナリザ。絵の端は、絵をさまざまなフレームに合わせるために、その歴史の中で少なくとも1回はトリミングされていますが、元のペイントレイヤーの一部はトリミングされていません。 [64]

クリーニングと修正

の最初で最も広範囲に記録されたクリーニング、再生、および修正 モナリザ ナポレオン美術館の絵画の修復を担当したジャン=マリー・フーストエルが1809年に行った洗浄と修復でした。仕事には、精霊による掃除、色の修正、そして絵の再生が含まれていました。 1906年、ルーヴル美術館の修復者であるユージーンデニザードは、パネルのひび割れによって乱されたペイント層の領域に水彩画のレタッチを行いました。デニザードはまた、最初は古いフレームで覆われていた領域をマスクするために、画像の端をニスで修正しました。 1913年、盗難後に絵画が回収されたとき、デニザードは再び モナリザ。デニザードは、溶剤を使わずに絵をきれいにし、水彩で絵にいくつかの傷を軽く修正するように指示されました。 1952年、絵画の背景の上のニス層が均一になりました。 1956年の2回目の攻撃の後、修復者のジャンガブリエルグーリナートは、 モナリザ の左ひじは水彩で。 [64]

1977年に、絵画が歪まないように取り付けられたクロスピースの結果として、パネルの背面に新しい昆虫の侵入が発見されました。これをその場で四塩化炭素で処理し、その後エチレンオキシド処理で処理しました。 1985年、予防策として、スポットは再び四塩化炭素で処理されました。 [64]

画面

2005年4月6日、キュレーターによるメンテナンス、記録、分析の期間を経て、絵画は美術館のモナリザの間の新しい場所に移されました。防弾ガラスの後ろにある専用の温度管理されたエンクロージャーに展示されています。 [104] 2005年以来、この絵はLEDランプで照らされており、2013年には、この絵のために特別に設計された新しい20ワットのLEDランプが設置されました。ランプの演色評価数は最大98で、塗装を劣化させる可能性のある赤外線および紫外線を最小限に抑えます。 [105]絵画が現在置かれているギャラリーの改修は、日本の放送局日本テレビによって資金提供された。 [106] 2019年の時点で、毎年約1,020万人がルーブル美術館でこの絵を鑑賞しています。 [107]

ルーヴル美術館は、マスターの死後500周年を記念して、2019年10月24日から2020年2月24日まで、レオナルド作品の史上最大の単一展示を開催しました。モナリサは、美術館の訪問者の間で非常に需要が高いため、含まれていませんでした。そのギャラリーに展示されたままでした。 [108] [109]

NS モナリザ 完成する前から、現代​​のフィレンツェ絵画に影響を与え始めました。レオナルドのワークショップに数回行ったことのあるラファエルは、肖像画の構成と形式の要素を、次のような彼の作品のいくつかですぐに使用しました。 一角獣を抱く若い女性 (c。1506)、[110]および マッダレーナドニの肖像 (1506年頃)。 [55]ラファエロによる後の絵画、 ヴェールを被る (1515–16)および バルダッサーレカスティリオーネの肖像 (c。1514–15)、レオナルドの絵から借り続けました。ゾルナーは次のように述べています。「レオナルドの作品のどれも、ジャンルの進化に大きな影響を与えることはありません。 モナリザ。それはルネサンスの肖像画の決定的な例となり、おそらくこの理由から、実在の人物の肖像としてだけでなく、理想の具現化としても見られています。」[111]

ヴァザーリやアンドレフェリビアンなどの初期のコメンテーターは、そのリアリズムで絵を賞賛しましたが、ビクトリア朝時代までに、作家は モナリザ 神秘とロマンスの感覚が染み込んでいるように。 1859年、テオフィルゴーティエは次のように書いています。 モナリザ は「不思議な笑みを浮かべる美のスフィンクス」であり、「表現された形の下には、漠然とした、無限の、表現できない思考が感じられます。感動し、悩み、抑圧された欲望、絶望へと駆り立てる希望、痛々しいほどかき混ぜる」。 1869年のウォルターペイターの有名なエッセイは、シッターを「彼女が吸血鬼のように座っている岩よりも古く、何度も死んでいて、墓の秘密を学び、深海でダイバーであり、彼らを守っている」と説明しました彼女についての堕落した日。」 [112]

20世紀初頭までに、一部の批評家は、絵画が主観的な聖書釈義や理論の保管場所になっていると感じ始めました。 [113] 1911年に絵画が盗まれたとき、ルネッサンスの歴史家バーナード・ベレンソンは、それが「単に夢魔になり、彼女を追い払って喜んだ」と認めた。 [113] [114]ジャン・メッツァンガーの Legoûter(ティータイム) 1911年のサロン・ドートンヌに展示され、美術評論家のルイ・ヴォークセルがジル・ブラスの表紙に「ラ・ジョコンデ・アラ・キュイエ」(スプーンを持ったモナリザ)と皮肉を込めて説明しました。 [115]アンドレ・サルモンはその後、この絵を「キュービズムのモナリザ」と表現した。 [116] [117]

前衛芸術の世界は、 モナリザ の紛れもない人気。絵画の圧倒的な身長のために、ダダイストとシュルレアリスムはしばしば修正と似顔絵を作成します。 1883年、 Le rire、 の画像 モナリザ パリで開催された「インコヒーレント」ショーでは、サペック(ユージーンバタイユ)によるパイプの喫煙が披露されました。 1919年、最も影響力のある現代アーティストの1人であるMarcelDuchampが作成しました。 L.H.O.O.Q.、 NS モナリザ 安価な複製品を口ひげとヤギで飾って作ったパロディー。デュシャンは、フランス語で大声で読み上げると、「彼女は熱いお尻を持っている」という意味の「Elle a chaud au cul」のように聞こえる碑文を追加しました。これは、絵の中の女性が性的興奮の状態にあり、フロイトのジョークとして意図されていることを意味します。 [118]ロンダ・R・シアラーによれば、見かけの複製は実際、デュシャン自身の顔を部分的にモデル化したコピーである。 [119]

シュルレアリスム作品で有名なサルバドール・ダリが描いた モナリザとしての自画像 [120]アンディ・ウォーホルは複数のセリグラフプリントを作成しました モナリザs、と呼ばれる 30は1よりも優れています、1963年に絵画が米国を訪れた後。[121]インベーダーとして偽名で知られているフランスの都市芸術家は、 モナリザ パリと東京の城壁にモザイク風に。 [122] 2014年 ニューヨーカー 雑誌の漫画のパロディーは、 モナリザ 次第にマニアックな笑顔を見せてくれるアニメーションの笑顔。

Le rire (笑い)EugèneBataille、またはSapeck(1883)

今日は モナリザ 世界で最も有名な絵画、目的地の絵画と見なされていますが、20世紀までは、多くの高く評価されている芸術作品の1つにすぎませんでした。 [123]かつてフランスのコレクションのフランソワ1世の一部であった モナリザ was among the first artworks to be exhibited in the Louvre, which became a national museum after the French Revolution. Leonardo began to be revered as a genius, and the painting's popularity grew in the mid-19th century when French intelligentsia praised it as mysterious and a representation of the femme fatale. [124] The Baedeker guide in 1878 called it "the most celebrated work of Leonardo in the Louvre", [125] but the painting was known more by the intelligentsia than the general public. [126]

The 1911 theft of the Mona Lisa and its subsequent return was reported worldwide, leading to a massive increase in public recognition of the painting. During the 20th century it was an object for mass reproduction, merchandising, lampooning and speculation, and was claimed to have been reproduced in "300 paintings and 2,000 advertisements". [125] The Mona Lisa was regarded as "just another Leonardo until early last century, when the scandal of the painting's theft from the Louvre and subsequent return kept a spotlight on it over several years." [127]

From December 1962 to March 1963, the French government lent it to the United States to be displayed in New York City and Washington, D.C. [128] [129] It was shipped on the new ocean liner SS France。 [130] In New York, an estimated 1.7 million people queued "in order to cast a glance at the Mona Lisa for 20 seconds or so." [125] While exhibited in the Metropolitan Museum of Art, the painting was nearly drenched in water because of a faulty sprinkler, but the painting's bullet-proof glass case protected it. [131]

In 1974, the painting was exhibited in Tokyo and Moscow. [132]

In 2014, 9.3 million people visited the Louvre. [133] Former director Henri Loyrette reckoned that "80 percent of the people only want to see the Mona Lisa." [134]

Financial worth

Before the 1962–1963 tour, the painting was assessed for insurance at $100 million (equivalent to $660 million in 2019), making it, in practice, the most highly-valued painting in the world. The insurance was not purchased instead, more was spent on security. [135]

In 2014, a France 24 article suggested that the painting could be sold to help ease the national debt, although it was observed that the Mona Lisa and other such art works were prohibited from being sold due to French heritage law, which states that "Collections held in museums that belong to public bodies are considered public property and cannot be otherwise." [136]

Prado Museum La Gioconda

A version of Mona Lisa known as Mujer de mano de Leonardo Abince ("Woman by Leonardo da Vinci's hand", Museo del Prado, Madrid) was for centuries considered to be a work by Leonardo. However, since its restoration in 2012, it is now thought to have been executed by one of Leonardo's pupils in his studio at the same time as Mona Lisa was being painted. [137] The Prado's conclusion that the painting is probably by Salaì (1480–1524) or by Melzi (1493–1572) has been called into question by others. [138]

The restored painting is from a slightly different perspective than the original Mona Lisa, leading to the speculation that it is part of the world's first stereoscopic pair. [139] [140] [141] However, a more recent report has demonstrated that this stereoscopic pair in fact gives no reliable stereoscopic depth. [142]

Isleworth Mona Lisa

A version of the Mona Lisa known as the Isleworth Mona Lisa was first bought by an English nobleman in 1778 and was rediscovered in 1913 by Hugh Blaker, an art connoisseur. The painting was presented to the media in 2012 by the Mona Lisa Foundation. [143] It is a painting of the same subject as Leonardo da Vinci's Mona Lisa。 The current scholarly consensus on attribution is unclear. [144] Some experts, including Frank Zöllner, Martin Kemp and Luke Syson denied the attribution to Leonardo [145] [146] professors such as Salvatore Lorusso, Andrea Natali, [147] and John F Asmus supported it [148] others like Alessandro Vezzosi and Carlo Pedretti were uncertain. [149]


The Theft of the Masterpiece

At the beginning of the 20th century, The Mona Lisa wasn’t that popular among the public. On August 21, 1911, the portrait disappeared from the Louvre museum and that caught media and public attention immediately. Initially, there was some confusion as to whether the painting was taken somewhere for photography. When confronted, The Director of the National Museums, Théophile Homolle, said,

“You might as well pretend that one could steal the towers of Notre Dame!”

The museum was then closed for one week for the investigation of the incident and it was confirmed that the painting had been stolen. The famous Spanish painter Pablo Picasso and the French poet Guillaume Apollinaire were arrested as suspects. Both, however, were exonerated after a detailed investigation. Following an investigation report, the Museum director Homolle was forced to resign.


Mona Lisa

Da Vinci started painting the piece in 1503. It was originally a commission. (COMIC: Art Attack) He was still working on the piece in 1505, and according to one source his model for the painting was Clara Oswald. The Twelfth Doctor remarked that da Vinci hadn't captured her likeness well but had captured her smirk. (COMIC: The Swords of Kali) According to another account, the model was a contemporary of Da Vinci. (TV: Mona Lisa's Revenge)

Da Vinci had to borrow oil paint from Giuseppe di Cattivo, his neighbour, to finish the paintings, but this paint was in fact part of a sentient meteorite that di Cattivo had recovered. (TV: Mona Lisa's Revenge)

The Doctor writes "THIS IS A FAKE" on the boards Leonardo da Vinci would use to paint six copies. (TV: City of Death)

Later that year, Scaroth of the Jagaroth, posing as a human known as Captain Tancredi, commissioned da Vinci to paint at least six duplicate copies of the Mona Lisa。 While the Fourth Doctor did not destroy the six "forgeries" (if, in fact, they could be considered forgeries, since they were all painted by da Vinci), he did ensure that future X-ray machines would be able to discover their provenance by writing "THIS IS A FAKE" on the blank boards each of the fakes would be painted on, and leaving a note in mirrored writing for da Vinci apologising for the state of the canvases and telling him to just paint over the words. (TV: City of Death)

Fate of the painting [ edit |ソースを編集]

Da Vinci carried the original painting around with him for many years, despite it being a commission. He eventually had to sell it to King Francis in 1516, which "broke his heart", according to the Ninth Doctor. (COMIC: Art Attack) Before it was sold, Helen Sinclair saw it in his studio. (AUDIO: The Doomsday Chronometer)

In 1770, the Mona Lisa was in the Palace of Versailles, (AUDIO: Masquerade) and it was put on display in the Louvre in 1797. (PROSE: The Time Lord Letters)

The six "fakes" were sealed away in a secret cellar room inside a house in Paris until 1979. At some point, the "original" of the seven paintings came to hang in the Louvre gallery, also in Paris.

In 1979, Scaroth, posing as Count Scarlioni, stole the one known copy from the Louvre, intending to sell all seven in an attempt to raise money to fund his time travel research. Before they could be sold off, a fire seemingly destroyed all but one of the "fakes". It was this Mona Lisa that was returned to the Louvre. Duggan later bought a postcard of the Mona Lisa from a gift shop at the top of the Eiffel Tower. (TV: City of Death)

一つ Mona Lisa was recovered after the fire and stored in the Leamington Spa Lifeboat Museum. (GAME: Security Bot)

The Seventh Doctor had one of the copies of the Mona Lisa in his art gallery on board the TARDIS. (AUDIO: Dust Breeding)

Mona Lisa in human form. (TV: Mona Lisa's Revenge)

In 2009, the Mona Lisa was lent by the Louvre to the International Gallery in London. Because di Cattivo's work, The Abomination, also painted with the sentient meteor, was nearby, Mona Lisa reanimated in human form and made her way out of the frame, replacing herself with Phyllis Trupp. She animated a Sontaran blaster from a painting by Clyde Langer and, along with her number one fan, Lionel Harding, went about to find The Abomination. She put various policemen and Sarah Jane Smith into paintings, while she animated The Dark Rider to take care of Clyde, Luke Smith and Rani Chandra. By the time Mona Lisa found the Abomination, she realised that to set him free, she needed di Cattivo's Chinese Puzzle Box, which Harding destroyed. Clyde was made to draw another Puzzle Box, which she animated. Just as the Abomination rose, Luke used her energy to animate Clyde's drawing of K9, who destroyed the Abomination, therefore returning Mona Lisa to her rightful place, inside her frame, where she would remain forever. (TV: Mona Lisa's Revenge)

As late as December 2009, the painting had been returned to the Louvre. (COMIC: A Date to Remember)

The Monk had stolen a copy of the Mona Lisa for his collection during the second Dalek invasion of Earth in the 2190s. (AUDIO: Lucie Miller)

NS Mona Lisa survived being destroyed in World War V, and was on display at the grand opening of the Oriel art gallery. The Ninth Doctor took Rose Tyler to the Oriel in the 37th century to see the Mona Lisa。 (COMIC: Art Attack)

Despite Paris being destroyed in 2086 by the Ice Warriors, (PROSE: Transit) the painting clearly survived, since at some point during the 51st century, the Doctor helped carry the Mona Lisa up Mount Everest on a camel to preserve it from a war. (PROSE: The Art of Destruction)

By his eleventh incarnation, the Doctor kept a version of the Mona Lisa in his TARDIS, adorning his office. (COMIC: The One)

Imitations [ edit |ソースを編集]

According to the Monks' false version of history, the Mona Lisa's model was a Monk. (TV: The Lie of the Land)

When the Monks invaded Earth, their mind-controlling propaganda claimed that Mona Lisa's model was a Monk, rather than a woman. (TV: The Lie of the Land)

There were at least thirteen other copies of the Mona Lisa held by UNIT in the Underbase in Sydney, Australia. (COMIC: The Age of Ice)

A copy of the Mona Lisa, made of fabric or paper rather than the wooden panels the genuine articles were painted on, was seen in the art gallery entertainment zone of the Two Streams Facility on Apalapucia. The Eleventh Doctor told Rory Williams that the Apalapucians took "pieces" of planets they liked, causing Rory to note there was "a little bit of Earth" in the gallery because of the painting. Later, while battling Handbots, Rory smashed one over the head with the Mona Lisa to save Amy Pond, disabling the Handbot. (TV: The Girl Who Waited)

At some point in the future, a recreation of Paris called Perfect Paris was made as an example of the perfect city. In the city's version of the Louvre hung a replica of the Mona Lisa。 (COMIC: A Date to Remember)


A New Formula

With Leonardo’s portrait, the face is nearly frontal, the shoulders are turned three-quarters toward the viewer, and the hands are included in the image. Leonardo uses his characteristic sfumato—a smokey haziness, to soften outlines and create an atmospheric effect around the figure.

Figure 3. Hans Memling Portrait of a Young Man at Prayer (c. 1485–94)

When a figure is in profile, we have no real sense of who she is, and there is no sense of engagement. With the face turned toward us, however, we get a sense of the personality of the sitter.

Northern Renaissance artists such as Hans Memling (see figure 3) had already created portraits of figures in positions similar to the Mona Lisa。 Memling had even located them in believable spaces. Leonardo combined these Northern innovations with Italian painting’s understanding of the three dimensionality of the body and the perspectival treatment of the surrounding space.


10 Facts You Might not Know about the Masterpiece

1. She lived with Francois I, Louis XIV and Napoleon

Although da Vinci began work on his masterpiece while living in his native Italy, he did not finish it until he moved to France at King Francois I's request. The French king displayed the painting in his Fontainebleau palace where it remained for a century. Louis XIV removed it to the grand Palace of Versailles. At the outset of the 19th century, Napoleon Bonaparte kept the painting in his boudoir.

2. Some historians believe Mona Lisa is a Self-Portrait of Leonardo da Vinci.

Leonardo da Vinci died in 1519, and he is buried at a French castle. Italy's National Committee for Cultural Heritage is undertaking an investigation, and plans to dig up his skull. They want to rebuild Leonardo's face, using CSI-style technology. Will he resemble the mysterious Mona Lisa?

3. She has her own room in the Louvre Museum in Paris.

After the Louvre launched a four-year, $6.3 million renovation in 2003, the painting now has its own room. A glass ceiling lets in natural light, a shatter-proof glass display case maintains a controlled temperature of 43 degrees F. and a little spotlight brings out the true colors of da Vinci's original paints.

4. It is a painting but not a canvas.

Da Vinci's famous masterpiece is painted on a poplar plank. Considering he was accustomed to painting larger works on wet plaster, a wood plank does not seem that outlandish. Canvas was available to artists since the 14th century, but many Renaissance masters preferred wood as a basis for their small artworks.

5. Jackie Kennedy invited her to visit.

Over the centuries, French officials have only rarely let the painting out of their sight. However, when first lady Jackie Kennedy asked if the painting could visit the U.S., French President de Gaulle agreed. "Mona Lisa" went on display at the National Gallery of Art in Washington D.C. and then at the Metropolitan Museum of the Arts in New York City.

6. A thief made her famous.

Although in the art world, the painting had always been an acknowledged masterpiece, it wasn't until it was stolen in the summer of 1911 that it would capture the attention of the general public. Newspapers spread the story of the crime worldwide. When the painting finally returned to the Louvre two years later, practically the whole world was cheering.

7. Picasso was under suspicion for the theft. During the investigation, the gendarmes went so far as to question known art dissidents such as Pablo Picasso about the theft. They briefly arrested poet Guillaume Apollinaire, who had once said the painting should be burned. Their suspicions proved to be unfounded.

8. She receives fan mail.

Since the painting first arrived at the Louvre in 1815, "Mona Lisa" has received plenty of love letters and flowers from admirers. She even has her own mailbox.

9. Not everyone is a fan.

Various vandals have tried to harm da Vinci's famed masterpiece, and 1956 was a particularly bad year. In two separate attacks, one person threw acid at the painting, and another individual pelted it with a rock. The damage is faint but still noticeable. The addition of bulletproof glass repelled subsequent attacks with spray paint in 1974 and a coffee cup in 2009.

10. She cannot be bought or sold.

Truly priceless, the painting cannot be bought or sold according to French heritage law. As part of the Louvre collection, "Mona Lisa" belongs to the public, and by popular agreement, their hearts belong to her.


ビデオを見る: מונה ליזה עירית בולקא