カナダの侵略-歴史

カナダの侵略-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


1838年のカナダ侵攻

1838年のセントローレンス川の11月の寒い朝でした。イギリス海軍のウィリアム・フォウェル中尉は、アメリカの海岸にある陛下の蒸気船の注意深い目の甲板に立っていました。の 実験、朝の早い時間を保ちながら、侵入者はオンタリオ州プレスコットに上陸しようとして失敗しました。しかし、フォーウェルは、侵入が阻止されたのではなく、遅れただけであることを知っていました。

1812年の戦争は数十年前でしたが、アメリカとカナダの国境に沿ってすべてが静かではありませんでした。カナダへの脅威は、米国政府からではなく、パトリオットハンターと呼ばれる秘密の組織から来ました。セントローレンス沿いの状況は不安なものでした。ニューヨーク州北部の地方検事であるナサニエル・S・ベントンは、状況が爆発的になりつつあることをマーティン・ヴァン・ビューレン米国大統領に伝えました。カナダに対する暴力」。ヴァンビューレン大統領は、「カナダの反乱から生じた相互に不安で苛立たしい出来事と、その起訴への[アメリカの]市民の無許可の参加」に言及して、緊張の高まりが懸念の原因であることに同意した。

英国は米国との別の紛争を望んでいませんでしたが、戦争がなければカナダを保護する方法はないようでした。英国当局は、米国の指導者たちに、「反政府勢力または海賊」をアメリカの領土に追い込む必要があることを後悔するが、「境界線を少し越える」必要があるかもしれないと伝えた。リスクは、「境界を越える」ことは、両国が熱心に避けたいと望んでいたまさに戦争につながるということでした。しかし、選択肢は限られているようでした。

ハンターは、カナダ人がイギリスの専制政治のくびきを捨てることを切望していると確信していました。彼らは、よく組織され、よく武装した軍隊の存在が、本格的な蜂起を助長する火花を提供すると信じていました。ハンターの旗がカナダの土壌に植えられた瞬間、押しつぶされた大衆は大義に群がり、彼らの抑圧者を倒すために集結しました。ハンターはすぐに彼らがどれほどひどく誤算したかを知るでしょう。

侵略は縁起の良いものではありませんでした。武装勢力は2人のスクーナーを使用することを計画しました。 オスウィーゴのシャーロットトロントのシャーロット、11月12日の早朝にプレスコットに部隊を着陸させるため。パイロットはすぐに主要な目的地に着陸できないことに気づきました。埠頭は修理のために引き裂かれました。そこで彼らはボートを次の着陸地点に移動しました。しかし、ロープが壊れたとき、そこで縛る試みは失敗しました。 3回目の着陸が試みられるまでに、プロマー・ヤング中佐は軍隊と共にウォーターフロントに到着し、ボートが身元を明かさない限り発砲すると脅迫していた。着陸が不可能であることに気づき、2隻の船は向きを変え、霧の中に姿を消し、アメリカ側に戻った。

夜明けは、着陸が中止された後、ハンターズの運に改善が見られなかったことを明らかにしました。霧と闇の中で、 オスウィーゴのシャーロットトロントのシャーロット ニューヨーク州オグデンズバーグ沖の泥だらけに座礁し、お互いの列に絡まっていた。ハンターの唯一の慰め:スクーナーはアメリカの海域にいました。

ウィリアム「ビル・ザ・パイレーツ」ジョンストンはオグデンズバーグで平底船を調達し、 トロントのシャーロット 小さいボートに降ろされた。それはスクーナーを泥だらけから解放するのに十分に軽くし、それはすぐに下流に移動し、アメリカの海域に留まるように注意した。しかし、その姉妹船はそれほど幸運ではありませんでした。どんな努力も解放できませんでした オスウィーゴのシャーロット。けん引が必要でした。ジョンワードバージはオグデンズバーグに部隊を率いて乗客汽船を指揮した アメリカその新しいキャプテン、オリバーB.ピアスは、「酔った骨相学者」と呼ばれていました。

その間 トロントのシャーロット 弾薬を運ぶ平底船は、合意された着陸地点まで下流に移動しました。 アメリカ 救助に行きました オスウィーゴのシャーロット。しかし、泥だらけのせいで、汽船は座礁したスクーナーに十分に近づくことができなかったため、オグデンズバーグに戻ってより長い間曳航した。いつ アメリカ 2回目の救助の試みのために到着しました、それはそれがまた接地されるのを防ぐために泥岸に広い寝台を与えました。その過程で、汽船が登場しました シャーロットの北側。これは間違いでした– アメリカ 今はカナダの海域にいました。

乗って 実験、フォーウェルはアメリカ海域への冒険が禁止されていることをよく知っていました。米国政府はハンターズを支援しませんでしたが、アメリカのウィンフィールドスコット将軍は、自国の海域に入るイギリスの船を容認しないことを明らかにしました。米英戦争の記憶はまだ新鮮なので、ブリティッシュインベイジョンに似たものは許可されません。スコット将軍はイギリス軍に、「私たち自身の土壌や水域を違反から守る」ことを意図しており、「陛下の武装スクーナーからのショットや砲弾の水域への放出を検討する義務がある」と助言した。両国の中立性。」

によって作られたエラーで アメリカのキャプテン、しかし、フォーウェルは自由に攻撃できました。彼の船はありそうもないイギリスの軍艦でした。 30馬力のエンジンを搭載した元民間船で、3ポンド砲2門と18ポンドカロネード砲を搭載していました。ありそうもないが、 実験 カナダと侵略の間に立っていたのはそれだけでした。フォーウェルは彼の立場に立つことを決心した。彼はハンターの船の1つが間違いを犯す可能性を待って横たわっていました、そして彼の銃の乗組員はカナダの海域で終わったものに対する行動の準備ができていました。

NS アメリカ 近づいた 実験、甲板上のハンターがライフルの発砲を開始した。フォーウェルはカロネード砲と3ポンド砲で火を返しました。ショットが船体に当たる アメリカ しかし、ダメージはありませんでした。 トロントのシャーロット すでにスカウで着陸地点に到達していた。男性と軍需品が降ろされていて、侵略が進行中でした。との短い争いの後 実験, アメリカ 暴行を支援するために下流に移動した。

フォーウェルは、プレスコットがまだ本当の標的であり、ハンターが彼を誘惑するつもりだったのではないかと恐れて、引き返した。 実験。彼がしたように、彼は汽船が ポール・プライ 救助に来ていた オスウィーゴのシャーロット、泥だらけからそれを解放します。そうすることで、両方の船はカナダの海域に冒険しました。フォーウェルは今、新しい目標を持っていました。

実験 至近距離で発砲。 ポール・プライ 引き綱を切り落とし、オグデンズバーグに向けて急いで向かった。その時、乗っていた男達は シャーロット 彼らは降伏したいと言った。しかしその時までに 実験 起こる、 シャーロット アメリカ海域の安全に達していた。乗船していた人々はすぐに降伏の嘆願を撤回した。フォーウェルはスクーナーを手放さなければなりませんでした。にとって 実験、しかし、戦いは終わっていませんでした。 アメリカ 最高速度でそれに耐えていた。

実験 100トンを移動させ、 アメリカ 450トンを移動しました。したがって、アメリカ人の観点からは、積極的な動きは当時は良い考えのように思えたに違いありません。もしも アメリカ 体当たりで小さな船を沈めることができなかった、それは維持するのに十分なダメージを与える可能性が高いように見えた 実験 それ以上の行動から。

乗船中のハンター アメリカ とても傷つきやすいように見えた小さなイギリスの船に嘲笑した。フォーウェルは発砲したが、もう一度ショットは効果がなかった。小さい方の機体は、体当たりの試みを回避するのに問題はなく、次のように再び発砲しました。 アメリカ 合格した。今回は、1発で右舷エンジンを外し、もう1発で操舵室を破り、パイロットを斬首した。乗組員の1人が損傷した船をオグデンズバーグに戻すことができた間、ハンターズの嫉妬はすぐに消えました。

トロントのシャーロット、フォローしていた アメリカ 上流で、何が起こったのかを見て、アメリカ海域に向かった。すべての米国の船が安全にアメリカ側にいる状態で、フォーウェルはプレスコットに戻り、行動を報告した。

しかし、ハンターズの侵入はまだ終わっていませんでした。プレスコットの東の翌日の風車の戦いは最後のあえぎでした。イギリスの常連と地元のカナダのミリシアが決定的に勝ちました。ハンターの旗に群がるどころか、カナダ人は侵略に抵抗するために武器を取りました。

パトリオットハンターのカナダ侵攻は悲惨な失敗でした。殺されなかった反乱軍は捕らえられた。一部は、タスマニアに亡命するために赦免または出荷されました。 11人が処刑された。

イギリス海軍の最も奇妙な交戦の1つと戦った後、勇敢な少し 実験 その輝かしい奉仕の誇りを支持して、尊厳をもって引退することができました。


カナダの侵略-歴史

アール・エシェルベリー

1775年の夏にタイコンデロガ砦を占領したばかりのベネディクトアーノルド大佐は、セントローレンス川下流への遠征を指揮し、ケベックのイギリスの要塞を攻撃する許可を得るために大陸会議に懸命に働きかけました。アーノルド氏は、「計画を実行に移し、天国の笑顔で、その成功に答える準備ができていた」と語った。しかし、慎重に検討した後、議会はブリークと共にニューヨークの著名な地主であるフィリップ・スカイラー少佐に命令を下しました。元イギリス大尉のリチャード・モンゴメリー将軍が2番目の指揮官を務めた。
[text_ad]

アーノルドは激怒し、マサチューセッツ州ケンブリッジに急いで行き、アメリカ軍の最高司令官であるジョージ・ワシントン将軍との即時のインタビューを要求した。ワシントンはアーノルドの支持と火事に非常に感銘を受けたので、彼はカナダへの2回目の補完的な侵略を主導することを彼に許可しました。ワシントンが入手できる最良の情報によると、イギリス軍はケベックに1つの会社しかありませんでしたが、モントリオールや他の砦からさらに1,100人の軍隊を引き寄せることができました。ワシントンは、ガイ・カールトン将軍の指揮下にある弱い部隊でさえ、シュイラー・モンゴメリーの攻撃に打ち勝つかもしれないと恐れていました。侵略の成功の可能性を高めるために、ワシントンはアーノルドの迂回部隊を含むように彼の当初の攻撃計画を修正しました。彼は、カールトンがアーノルドの力に従った場合、それはスカイラーのために道を開いたままにするだろう、または彼がスカイラー-モンゴメリー遠征を阻止した場合、これはケベックがアーノルドの手に落ちることを可能にするだろうと推論した。

ワシントンのカナダ侵攻

ワシントンの計画の背後にある後方支援の難しさは手ごわいものでした。第一に、迂回遠征には、3つのライフル銃会社を含む大隊に相当する約1,100人の部隊が必要となるでしょう。彼らはメイン州に上陸し、平底のボート(バトー)でケネベック川を上ってから、デッド川へのハードポーテージを交渉しました。そこから彼らはポール・オブ・ランドに向かい、最後にショディエール川をケベックの反対側の河口まで移動しました。このトレッキングは地図上で実行可能に見えました。しかし、計画、地図、調査はすべて、重い滝、急流の沸騰、急な尾根の上のポーテージの殺害、そして男性がバトーで旅行するときに遭遇する可能性のある通常の事故を考慮に入れていませんでした。何よりも、計画は男性が直面しなければならない容赦のない気候を考慮に入れていませんでした。

アーノルドは、「冬のシーズンが進んでいるので、可能な限りの実行を使用する」というワシントンのアドバイスに従い、ケンブリッジ周辺に駐留している軍隊から志願兵を募集するという仕事に真っ向から立ち向かった。彼の熱意と行動の約束の結果として、アーノルドはニューイングランド植民地から10社の男性を集めることができました。これらの数に、ワシントンは3つのライフル銃会社を追加しました。2つはペンシルベニア州から、もう1つはバージニア州から抽選で引き出されました。男性は、典型的なバックウッドマンのように、バックスキン、ハンティングシャツ、モカシンを着ていました。つばの広い帽子の前面に、LIBERTY ORDEATHという言葉を縫い付けました。

アーノルドの指揮はこれで行進する準備ができました。スピードが第一の必要条件でした—夏が去る前に行進が始まらなければなりません。ワシントンは、遠征隊を率いるアーノルドを選ぶ際に賢明な選択をしました。彼はスタミナ、エンタープライズ、野心、そして大胆な男であり、生まれながらのリーダーでしたが、ドライバーではなく、彼の本来の能力に完全な自信を持っていました。

陸軍の組織化

大佐のドレスブルーのベネディクトアーノルド。

アーノルドはウィリアム・ヘンドリックス大尉とマシュー・スミスをペンシルベニアの2つのライフル銃会社の責任者に任命し、ダニエル・モーガン大尉はバージニアンの責任者でした。最初の大隊はロジャー・イーノス中佐が率い、ジョナサン・メイグス少佐が助手を務めた。最初の大隊は、キャプテンのトーマス・ウィリアムズ、ヘンリー・ディアボーン、オリバー・ハンチェット、ウィリアム・グッドリッチが率いる4つの会社で構成されていました。第2大隊は、クリストファー・グリーン中佐とティモシー・ビゲロウ少佐が率いた。第2大隊の中隊長は、サミュエルウォードジュニア大尉、シメオンセイヤー、ジョントッパム、ジョナスハバード、サミュエルマッコブでした。ルーベン・コルバーン大尉が率いる50人の職人の分遣隊が、ケネベック川の上昇に先立って遠征隊に加わりました。遠征には、外科医のIssac Senter博士と、外科医の配偶者、2人の助手、2人の副官、2人の軍需品係将校、牧師のSamuelSpringもいました。また、19歳のアーロンバー(「ゴールデンサイ」と呼ばれる10代のアベナキインディアンの王女が同行した)、マティアスオグデン、エレザーオズワルド、チャールズポーターフィールド、ジョンマクガイアを含む5人の「執着していないボランティア」がいました。

カールトンはボストンのトマス・ゲイジ将軍を強化するために軍隊を解任したので、ワシントンがアーノルドの部下に話しかけ、財産権と良心の自由を尊重するように彼らに命じたので、成功の見通しは素晴らしいようでした。彼はまた、カナダ人への演説を作成しました。「アメリカと自由の原因は、彼の宗教や子孫が何であれ、すべてのアメリカ人の原因です。さあ、あなたがたの寛大な市民は、専制政治のすべての力と技巧が決して勝つことができない一般的な自由の基準の下であなた自身を範囲に入れてください。」アーノルドに、ワシントンは、「この事業の成功により、神の下で大陸全体の安全と福祉が依存するかもしれない」と忠告した。

挑戦的な上流トレッキング

9月19日の危険なほど遅い日に、アーノルドはニューベリーポートから約1,100人の兵士と共に出航しました。彼らは3日後にガーディナーズタウンに上陸し、そこでアーノルドは彼の部下をケネベック川の河口に運ぶためにコースターと漁船の小さな艦隊を手配しました。翌日、船団は曲がりくねった厄介な川を49マイル上り、ルーベンコルバーンの造船所に向かいました。地主たちが下船し、彼らの下にしっかりとした地面があることに大喜びしたとき、彼らはケネベック川を上る彼らの輸送手段となるバトーを見ました。フォートウエスタンの湾の上で、アーノルドの部隊と物資はバトーに移されました。アーノルドは次の数日を費やして、荒野を385マイル突入するために軍隊を編成しました。 25日には、2回の事前偵察パトロールが上流に送られ、進路をクリアした。翌日、グリーンとビゲローが率いる第2大隊に続いて、銃士の3つの会社が続いた。メイグスは最初の大隊の一部を続け、エノスと残りの部隊は後衛を構成した。各企業は45日分の準備を実施しました。

当初から大変でした。ハリファックス砦までの最初の18マイル上流をカバーするのに本体は2日かかりました。タガノック滝で、男性は最初の挑戦に直面しました。滝の周りの半マイルのポーテージです。痛む肩と生の肩で、男性は65トン以上の物資を運び、その後、各バトー(1個あたり400ポンドの重さ)を持ち上げて滝の反対側に運びました。次にファイブマイルフォールズの急流が沸騰し、続いてスカウヒーガンフォールズへの危険な半マイルのアプローチが続きました。

濡れた服と凍った服で、彼らは続けました。大雨の中を旅して、10月1日にスカウヒーガンの滝に到着しました。岩の表面を分割する隙間が急で危険だったため、滝にボートを乗せることは不可能に思えました。それでも男たちは、ぎこちないバトーを引きずりながら、前に進んだ。上部では、ボートにパッチを当ててリロードし、軍は前進する準備をしました。 10月4日、彼らは文明の最後の痕跡を通過しました。ノーリッジウォックの集落と家を離れて、彼らは次の3日間をノーリッジウォックの滝をナビゲートするのに費やしました。

漕ぎ、引きずり、時には船を運びながら、彼らは急流や白内障を通り過ぎ、沼地や岩だらけの高地を横切って移動しました。それぞれのポーテージで、ますます多くの物資が台無しにされました。アーノルドは自分の位置を確認したところ、旅行に割り当てられた時間の2倍を費やしており、まだケネベック川にいることがわかりました。アーノルドは、準備の半分がすでに使われていることに気づき、毎日の食料を0.5インチの生の豚肉と半分のビスケットにカットしました。センター博士が男性の間で蔓延している赤痢と下痢に気づき始めるのはそう長くはありませんでした。

10月9日、コラムは次の主要なポーテージであるCurritunkFallsに向かって前進しました。グレートキャリングプレイスに到着すると、ケネベックからデッドリバーまでの最短のポーテージをマークするために、7人の事前パーティーが派遣されました。松、バルサムモミ、杉、ヒノキ、ツガ、キハダカンバの森を8マイルにわたって移動し、3つの池を4マイル漕いだ後、11日にデッドリバーの茶色の海に到着しました。残りの兵士たちは、ボート、荷物、店、弾薬を持って追随し、翌日、遠征隊はデッド川に到着しました。

侵略軍の削減

アーノルドは、ケネベックの口からケベックまでの距離はわずか180マイルであり、20日間の移動が必要であると判断しました。彼は45日間食糧を提供していたが、彼の軍隊は行進全体で計算したよりも7日長く旅に出ており、途中まで来ていなかった。食料が不足し、彼の部下は今や生皮とろうそくを沸騰させてゼラチン状のスープにした。誰かがマスコットとして連れてきた不幸な犬は、空腹のトレッカーによって殺され、「即座に食い尽くされました」。

12月2日、モントリオールはアーノルドと連携し、モントリオールで捕獲された新鮮な衣服、大砲、弾薬、およびさまざまな種類の食料をもたらしました。

アーノルドは10月24日までに、何かをする必要があることに気づき、グリーンとエノスに2つの後部師団を指揮して、「残りの15日間の準備を残すように、彼らの分遣隊の最貧の男性の多く」として送り返すように命じました。グリーンとエノスは、彼らが引き返すべきかどうかを決定するために彼らの役員を一緒に呼びました。 「ここにしかめっ面の評議会がありました。彼らの部下に不可侵性と非忍耐力の教義を説教していた憂鬱な側面」とセンターは言いました。グリーンの部隊が進軍することを決議した間、エノスは約300人の部隊、彼自身の師団に加えてストラグラーと他の師団からの病人で後方に進み始めました。リトリートは、比較的簡単な11日間の旅行で達成されました。

ケベックに到達

17のポーテージの後、本体はショディエール川への玄関口であるハイトオブランドに到着しました。残りの数人のバトーの荷の下で、飢えた、半死の男たちは、池の鎖を通り抜け、雪に覆われた高地の花崗岩の壁を上って戦いました。山は9月から雪に覆われていました。冬の風が彼らの周りを吠えている今、疲れた男たちは地面に落ち、数分以内に死んだ人もいました。彼の仲間の多くは、彼の日記に一人の兵士を書いています。悲しみに溺れて座っている多くの人のそばを通りかかった。私が今まで見たことがないような自己憐憫の表情。私の心は破裂する準備ができていました。」

軍隊は飢餓の危機に瀕している700人未満の男性に減らされました。アーノルドは臆することなく、弱体化して憤慨した男たちのために食料を手に入れることを望んで、圧力をかけました。 10月27日、ショーディエールで、アーノルドは心強いニュースを受け取りました。 2人のインド人が彼に手紙を持ってきて、ケベックの人々は彼の接近を喜んで、イギリス軍を征服するためにアメリカ人に加わるだろうと言った。食料はプールされ、軍がカナダの入植地に到着する前の最後の100マイルの間、彼を支えるために、各人に5パイントの小麦粉と約2オンスの豚肉が支給されました。

シャウディエールの岩だらけの水路を下りたいという男性の熱意の中で、弾薬と貴重な店を積んだ3隻のボートが転覆しました。飢餓がまだ彼らの前にある状態で、軍はセントローレンス川に向かって押しました。彼らがChaudiereを進むと、フランス系カナダ人の入植地に出くわしました。そこで彼らは慈善的に受け取られ、新鮮な野菜と牛肉の天国からの食事を与えられました。 「私たちは座った」とセンターは述べた。「私たちの食料を食べ、私たちの星を祝福しました。」

ワシントンはアーノルドに、行進中に問題が発生した場合、エクスプレスメッセンジャーをケンブリッジに送り返すように言っていた。アーノルドの楽観的な報告によると、彼の準備はさらに25日間続き、10日でショーディエールの海に到達し、ケベックのすぐそばにいるとのことでした。ワシントンは、アーノルドが11月5日までにケベックにいると想定しました。日が来たとき、アーノルドは新しい問題に直面していました。彼には650人の男性しか残っておらず、彼らの多くは冬の風からシャツを着て震えていました。

11月8日、飢餓、天候、地形との壮大な戦いの中で、アーノルドの部下は悲惨なショディエール川の最後の部分を押し下げました。最後に、11月9日、不規則な男たちが雪に覆われた森からセントローレンスの南岸に現れました。彼らの足は生の皮をかぶり、ボロボロの服を着て、男性たちは上流のオルレアン島のポイントレヴィに向かって行進しました。 350マイルをカバーするのに、推定20日ではなく45日かかりました。しかし、彼らは到着し、ケベック要塞を効果的に攻撃するには弱すぎたにもかかわらず、それでも攻撃しようとしていました。

セントローレンス川を渡る

農民の変装で、カールトンはモントリオールのモンゴメリーをうまく回避しました。田園地帯を横断して、彼は11月19日にケベックに到着し、すぐにそこに駐留しているイギリス軍の指揮を執りました。フレンチ・インディアン戦争の間、カールトンはブリッグの下で仕えていました。ジェームズ・ウルフ将軍は、ケベックの城壁の外での戦いの危険を冒して、フランスのルイ・ジョセフ・ド・モンカルム・ド・サン=ヴェラン将軍の無謀さを目撃していました。カールトンは、アーノルドが川を渡って軍隊をフェリーで運ぶのを防ぐために、彼の部下にセントローレンス川のすべてのボートを燃やさせた。

さらに別のつまずきに直面したアーノルドは、カヌー、掘り出し物、はしごをスケーリングする作業に部下を設定しました。男性が力を回復する時間を与えた後、アーノルドはついにマイル幅のセントローレンスを横断する準備ができました。彼の計画は、夜の交差点を作り、ウルフの入り江に着陸することでした。アーノルドは、フレンチ・インディアン戦争中にウルフが使用したのと同じ険しい道を使用して、アブラハムの平原に登ることを意図していました。そこからアメリカ人は大胆に守備隊に挑戦するでしょう。モンカルムが守備隊の境界の外で戦闘に引き込まれたように、アーノルドはカールトンが同じ過ちを犯すことを期待していました。

11月13日までに、アーノルドは彼がポイントレヴィに残した約150人の男性を除いて、彼の軍隊を輸送するのに十分なボートを持っていました。午後9時に、アーノルドは30隻の船で渡河を開始しました。アーノルドは一度に200人未満の兵士を動かし、14日の夜明け前に2隻の武装したイギリス艦を3回すり抜けました。アーノルドは大砲がなく弾薬が不足しているウルフの入り江に着陸し、500人の半武装の銃士を、街から1マイル半のアブラハムの平原として知られる広大な土地へと急な道を上った。アーノルドはケベックの壁に向かって行進し、バンドに歓声を上げるように命じました。騒音は町の中で好奇心を刺激するようでしたが、それ以上のものはありませんでした。内部では、ウルフとのサブアルタンを務めていたカールトンは、数年前にイギリスがケベックで使用したのと同じ戦略にだまされることはありませんでした。

モンゴメリーはアーノルドとリンクしています

住民の同情を疑って、カールトンは彼の部下を要塞の中に閉じ込めました。その夜、アーノルドは停戦の旗の下でメッセンジャーを送り、砦の降伏を要求した。アーノルドは、イギリス軍が彼の使者に発砲したときに彼のブラフが呼ばれたことを知っていました。アーノルドは、大きな要塞のそびえ立つ壁の前に立っていたが、彼の力が弱すぎて、大きな自然の要塞に対抗する動きを試みることができないことに気づいた。彼の唯一の望みは、壁の中の住民が立ち上がることでしたが、その兆候はありませんでした。攻撃を仕掛ける火力がなく、部下は1発あたり5発しかなかったため、大砲なしで町を包囲しようとするのは無意味であることに気づき、アーノルドは残りの唯一の選択肢を行使し、ポワントオートランブルへの秩序ある撤退を求めました。モンゴメリーの到着。

モントリオールがモントリオールを離れる準備をする前でさえ、ケベックを征服する唯一の方法は、そのような攻撃が伴う人命の損失にかかわらず、暴行によるものであるという結論に、しぶしぶ到達していました。彼は、包囲は長く引き延ばされた事件であり、春に氷が溶けてイギリス軍の援軍がセントローレンス川を下ることを可能にしたときに終わると推論した。

モンゴメリーの指揮は800人強で構成されており、征服を守備し、ケベックを攻撃するために必要でした。 11月の冷たい風が吹くと、モンゴメリーはアーノルドに、すぐにポワントオートランブルに加わるとの知らせを送りました。 11月26日、モントリオールは300人の兵士と共にケベックの門の前でアーノルドに加わり、セントジョンズをマリナスウィレット大尉の指揮下に置き、モントリオールをブリッグに任せました。デイビッド・ウースター将軍。

12月2日、モントリオールはアーノルドと連携し、モントリオールで捕獲された新鮮な衣服、大砲、弾薬、およびさまざまな種類の食料をもたらしました。アーノルドの有名な退役軍人の指揮をとると、モンゴメリの合同部隊は約1,000人のアメリカ軍と約200人のカナダ人の志願連隊で構成されていました。 12月5日、モンゴメリの部隊は新雪の中、ケベックに向かって前進しました。モンゴメリーは、セントロシュとケープダイアモンドの間のアブラハムの平原に本部を設置し、アーノルドの部下を半焼けのセントロシュ郊外に配置しました。

自信のあるカールトン

アメリカの狙撃兵が露出した位置で歩哨を拾い上げたとき、モンゴメリーは土工を投げて、6つの9ポンド砲と榴弾砲のバッテリーを上げようとしました。

アメリカの司令官間のメッセージを傍受して、カールトンは植民地軍の強さと処分をよく知っていました。アーノルドの無駄な挑戦の後、カールトンはアラン・マクリーン中尉にソレルから400人の新兵を派遣することで部隊を強化した。これらの追加の男性により、カールトンは現在、1200人の男性を自由に使えるようになりました。彼は自信を持ってモンゴメリーの前進を待っていました。

カナダの猛烈な冬が始まると、雪が積もり始め、ケベック周辺の避難所のない高さで、生の猛烈な風が吠えました。モンゴメリーは、彼の弾薬と物資がケベックを飢えさせて服従させるのに十分な長さではないことに気づき、最後通告で要塞の降伏を要求する農民の女性を砦に送りました。彼の要求を強調するために、彼はケベックの壁の近くでライフルマンを進めました。しかし、カールトンは再び降伏を拒否し、反政府勢力との交渉はしないと述べた。彼の主張を強調するために、彼はドラマーの少年にトングのセットで女性の手から手紙を取り、それを未読のまま暖炉に投げ入れさせました。アメリカの狙撃兵が露出した位置で歩哨を拾い上げたとき、モンゴメリーは土工を投げて、6つの9ポンド砲と榴弾砲のバッテリーを上げようとしました。

バッテリーによって投げられた小さな砲弾は、守備隊に本質的な傷害を与えませんでした。停戦の2番目の旗の下で、モンゴメリーは再びカールトンに降伏を強要しようとした。再び彼は拒絶されました。モンゴメリーにとって、彼の爆風と銃がカールトンに目に見える印象を与えることができなかったことは明白でした。ケベックの壁を攻撃する重機関銃がなく、食糧が不足し、入隊が間もなく終了する中、モンゴメリーは全面的な暴行に備えました。モンゴメリーとアーノルドは、次の吹雪まで待って町からの動きを隠し、崖の街を攻撃することにしました。クリスマスの夜に一般的なレビューを命じて、モンゴメリーは彼の部下に「嵐に私たちはついに来なければならない」と率直に言った。

暴行の計画

カールトンは、ケベックが持ちこたえるために何をしなければならないかを知っていた有能な​​指揮官でした。モンゴメリの攻撃が下町に向けられることを感知して、彼はそれに応じて防御を設定しました。モンゴメリーも有能な人物でしたが、カールトンの主な利点である大きな三角形の石造りの城塞がありませんでした。代わりに、モンゴメリーは夜明け前の攻撃のための大胆な計画を思いついた。そびえ立つ崖のふもとに沿って走る道をたどると、モンゴメリーは西から1師団を率い、アーノルドは北から2度目の攻撃を率いた。下の町で力を合わせて、彼らはそれから斜面を上って上の町に追いやるでしょう。同時に、アブラハムの平原に面した嘆きの壁に対してフェイント運動が開始されました。

準備が急いでいた。男性は、白兵戦を期待して、はしごを槌で打ち、手斧と槍で武装しました。モンゴメリーは、彼の軍隊を鼓舞するように設計された宣言を発表しました。彼らの後ろにいる惨めな駐屯軍によって。」カールトンは攻撃を予期して、要塞の壁に沿って一晩中フレアを燃やし続けました。

ケベックへの攻撃

12月30日(土)の午後、北東から雪雲が集まり強風が吹き込みました。最終命令が出され、男性は午前2時に始まる攻撃を開始する準備をしました。 31日の早朝までに、ケベックの周りで吹雪が吠え、2つの誤った攻撃が予定より早く開始されました。ジェームズ・リヴィングストン大佐の小さなカナダ軍がセントジョンズゲートに近づきましたが、すぐに壊れて走りました。一方、ジェイコブブラウン大尉のマサチューセッツの部隊は、大きな影響を与えることなく、ケープダイアモンドの要塞に対して持続的な砲撃を行いました。現在警告を受けているイギリス軍の駐屯軍は、太鼓を叩き、教会の鐘を鳴らし始めました。将校たちはケベックの街を駆け抜けて部隊を出しました。すぐに、より低い町のバリケードは有人でした。

早朝、イギリス軍曹ヒュー・マッカーターズは、アブラハムの平原から降りてきたランタンの灯りと信号ロケットによって警告を受けました。ウルフの入り江から東に続く線路に沿って見ると、彼はすぐに動きを見つけました。渦巻く雪の中で動きはより明確になり、最終的には慎重に前進する形成中の男性の体に自分自身を解決しました。目がくらむような吹雪の中、モンゴメリの部下はアブラハムの平原から降りて、ポイントダイアモンドの周りを無事通過しました。最初の障壁に到達し、それが無防備であることがわかったとき、モンゴメリーは彼の部下に急いで行くように促すメッセンジャーを送りました。狭い隘路を進んでいくと、彼はマスケットの抜け穴とぶどう弾を積んだ2つの3ポンド砲を含むログハウスを見つけました。ブロックハウスの中で、マックォーターズは火のついたヒューズで敵の接近を待っていました。

モンゴメリーは約60人の男性が彼に加わるまで待ちました。 Then, urging his men forward, he rapidly advanced on the battery. McQuarters, in charge of the loaded cannon, held his fire. The Americans closed to within about 50 yards and halted in the blinding snow. Trying to make out the nature of the obstacle ahead, Montgomery slowly moved forward, followed by two or three others. McQuarters dropped his match to the breech of the cannon. A sheet of flame spewed forth, and a devastating blast of grapeshot tore through the advancing Americans. Montgomery was instantly cut down, along with most of his advance party, leaving the cluster of bodies lying dead in the snow. The balance of the men fell back in panic. Morale shattered, Colonel Donald Campbell assumed command and, leaving the bodies of the slain Montgomery and his men where they fell, ordered an immediate retreat.

The long and arduous march that took its toll on Arnold’s men.

Arnold, meanwhile, led his troops in single file on a path along the St. Charles. They passed the Palace Gate unchallenged. No sooner had the main body passed the Palace Gate, however, than the city bells began to ring and the drums beat a general alarm. From the ramparts above came a tremendous fire. Pelted by musketballs, Arnold and his men ran the gauntlet for a third of a mile. Driving forward into the narrow street, they came upon a barricade mounted with two guns. A musket ball struck Arnold in his left leg, pitching him forward into the snow. Trying to continue the charge in spite of a broken leg, he was finally led to a military surgeon a mile from the battle.

Morgan assumed command, and his men rushed to the portholes in the first battery and fired into them while others mounted ladders and quickly carried the battery. Greene, Bigelow, and Meigs soon joined Morgan at the head of his Virginians and a few Pennsylvanians, swelling their meager force to 200 Americans. They quickly pressed down a narrow lane toward the second barricade at the extremity of Sault au Matelot. Upon reaching the barricade, Greene made a heroic effort to carry it, but upon scaling its walls he was met with a wall of bayonets. The Americans were exposed to heavy fire from both sides of the narrow street. Unable to push forward or retreat, the attackers were quickly overpowered and forced to surrender. A few individuals managed to make their way back to their own lines, but Morgan and 425 other colonials were taken prisoner. Another 60 were killed outright.

The Campaign into Canada Crumbles

The fight for Quebec was over. Arnold and Montgomery’s attempt to seize Canada died during the howling snowstorm on December 31. Everything had conspired against its success. Arnold’s long trek through the wilderness and Montgomery’s delay at St. John’s placed their armies before Quebec ill-equipped to either breach the citadel’s walls or mount a siege. Their ensuing attack resulted in Montgomery’s death and Arnold’s wounding. Recuperating quickly, Arnold assumed command of the remnant army outside Quebec. Stubbornly attempting to maintain the siege, he began pulling his forces together, checking the flight of deserters, and imploring the lethargic Wooster, Montreal’s commander, to send as many men and equipment as he could spare. Wooster replied that he could send little help. This, along with the refusal of the New York regiment to reenlist, caused Arnold’s chances for a renewal of the conflict to disappear.

Meanwhile, Carleton bided his time safe inside the walls of Quebec, allowing the winter cold and sickness to further reduce the American force. General John Thomas replaced Wooster and assumed command of the Canadian expedition. Shortly after his arrival in May 1776, British ships sailed up the St. Lawrence, their decks crowded with the scarlet and white of the British Army and the blue and white of 2,000 German mercenaries. This eliminated any hope the Americans had of capturing Quebec. Thomas issued orders for a retreat toward Montreal. The colonial army began a slow withdrawal toward Richelieu, St. John’s, Ile aux Nois, Crown Point, and Ticonderoga.

At St. John’s, Brig. Gen. John Sullivan replaced Thomas, who had died of smallpox during the retreat. Sullivan briefly considered making a stand at Montreal, but decided against it. Arnold wrote to Schuyler, “The junction of the Canadians with the Colonies—an object which brought us into this country—is at an end. Let us quit then and secure our own country before it is too late. There will be more honor in making a safe retreat than hazarding a battle against such superiority which will doubtless be attended with the loss of our men and artillery. These arguments are not urged by fear for my personal safety. I am content to be the last man who quits the country.”

Arnold assumed charge of the rear guard and waited until the British army came into view before firing off one last pistol shot and joining the retreating soldiers in boats ferried south to Isle aux Noix. From there, the remnants of Montgomery’s and Arnold’s commands fell back to Crown Point. Strangely, Carleton broke off his pursuit and withdrew, leaving the shaky garrison at Ticonderoga in American hands. The ambitious Canadian campaign had ended in defeat, but once again the American forces had lived to fight another day.


The White House wasn’t opposed to the plan.

Far from some whiskey-fueled daydream, the Irish-American plan to invade Canada was carefully crafted for months by veteran Civil War officers, including the one-armed general Thomas William Sweeny. Although an attack on a foreign country with which the United States maintained peaceful relations ran afoul of American neutrality laws, the plan also had the tacit approval of the White House.

Indeed, President Andrew Johnson proved more than willing to let the Fenian Brotherhood twist the tail of the British lion as he sought to pressure Great Britain to pay reparations for the damage caused by Confederate warships, such as the CSS アラバマ, that had been built in British ports. In addition, many Americans hoped Canada would become the next territory to be absorbed by the United States as it fulfilled its expansionist Manifest Destiny. The U.S. govern­ment sold surplus weapons to the Irish militants, and Johnson met personally with their leaders, reportedly giving them his implicit backing. The Irishmen were free to establish their own state in exile𠅌omplete with their own president, constitution, currency and capital in the heart of New York City.


War of 1812, Invasion of Canada.

The US States in the North did not support the Invasion, many of the active troops that participated in the campaign were from southern states. Several revolutionary war veterans from the Kings mountain campaign were active in the campaign such as Isaac Shelby.

Many of the war hawks in congress that pushed for war were slave owning politicians who feared Canada’s declaration of emancipation and their plans to create an Indian State was seen as a potential safe haven for run away slaves.

The drill of the US officers, soldiers was very poor prior to the war the politicians didn’t field their best generals. The best generals were those who had previous field experience, they chose men who were mostly administrators (the equivalent of placing Horatio Gates in charge of the Southern Army by Congress in 1780).

The campaign itself was flawed from the start and the objectives were not clear was Canada to be Annexed? Or was it to be considered liberated by British rule? The US annexation of Canada doesn’t seem likely because they simply didn’t have the troops to occupy the entire nation nor the navy to defend its ports. The US Military was also in poor supply of regular troops and artillery for sieges of fortified areas. Most offensive operations were conducted with Militia who were unreliable and often left the field.

You're laying down an awful lot of your own suppositions for someone who is looking for answers.

They're not suspicions just lots of observations from small reads, video's.

You should read Pierre Berton's books on the War of 1812. There is no evidence to suggest annexation was the aim - The U.S. didn't even have a standing army when the war was declared.

Those books are fantastic but put the sword to a lot of misconceptions on both sides.

Thanks, I'll def jump on that. I always hear that Annexation was an aim of the Americans, I could see that potentially being so in 1776 however in 1812 I don't thing it was realizable.

How do you think this relates to the failed Invasion of Québec in 1775?

Its worth noting in regard to item #3 that here on the Canadian side, we only had a small garrison of professional English troops, most of the numbers were made of militia (not to minimize the participation of native irregulars) who were likely of comparable quality to the US troops.

and to note the Canadians were able to out maneuver the Americans with very reliable Indian scouts. The Americans really did mimic the mistakes of the Quebec invasion of 1776. Over extended marches, shortness of supplies, theft of enemy merchandise and private property, failure to synch the navy with the movements of the army etc. The only really successful military campaign in Canada was in the French and Indian War when the armies of Wolf and Amherst converged on Montreal, York, and Quebec with the combined navy, land forces and militia. The French were completely overwhelmed.

It seems the Militia combined with a regular force is best suited for defensive positions. As far as offensive maneuvers militia are best used in guerrilla war tactics, such as how the Americans conducted themselves at concord and Lexington and in the South during the revolutionary war.

Almost more than half the American troops were milititia, very bad decision by Henry Dearborn and Hull.

CBC Ideas recently did a great show about the war of 1812. It seems like the US feels they won, Canada feels they beat the US, Britain feels it's hardly important but they won.

I love this College Originals skit on the War of 1812. I think it basically sums up what people in general know about it:

Americas objective at the onset of the war was the expulsion of Britain from North America as well as the capture of Canada and the cessation of British impressment of US sailors. A large majority of upper Canada consisted of American loyalists who moved up prior to and after the revolution. This lead the American brass to assume they could march on places like York(Toronto) and be hailed as liberators. Instead they razed the city and united a nation. Canada is still a country, Britain never left and the only reason they stopped impressment was Napoleons defeat and exile.

All in all I don't know how anyone could view it as a US victory. It was by and large a blunder of war on both sides and the only clear cut winners are the people of Canada who exist because Britain was able to defend against and repel superior forces.

See I'm from the US and it always seemed like we got the shit kicked out of us till the very end.

Canada did defeat the US the only claim the US has to victory in Canada were the few victories they had on America Soil at Thames, the second battle of Detroit and Plattsburgh.

The closest the US came to any sort of victory in Canada was in the Nigra offensive campaign, but once gain a lack of good leadership made the difference for America.

The way I've always seen it presented in America is that we won the sea war and got our asses kicked in the ground war up until the very end in New Orleans and that the war overall was basically a draw leaning towards a US victory.

The US States in the North did not support the Invasion, many of the active troops that participated in the campaign were from southern states. Several revolutionary war veterans from the Kings mountain campaign were active in the campaign such as Isaac Shelby.

This is not really true - rather than being based on regional or sectional lines, votes for the war tended to be along party lines - federalists opposed the war, democratic-republicans did not. Pennsylvania was one of the biggest supporters of the war, for example. New England federalists opposed the war, New England democratic-republicans were for it. While some D-R's opposed the war, all federalists did.

Many of the war hawks in congress that pushed for war were slave owning politicians who feared Canada’s declaration of emancipation and their plans to create an Indian State was seen as a potential safe haven for run away slaves.

What's your source for this statement? While I've heard support for Native Americans and a potential Native American state being among the reasons the US went to war, I've never heard that potential emancipation and a safe haven for runaway slaves factored into the war.

The campaign itself was flawed from the start and the objectives were not clear was Canada to be Annexed? Or was it to be considered liberated by British rule?

I don't think this is true - modern scholarship has settled quite firmly that Canada was a means to an end - a way to get Britain to the negotiation table where economic sanctions had backfired horribly, by cutting off a large supply of its food and timber.


第二次世界大戦

On September 9, 1939, eight days after Germany’s invasion of Poland, Canada’s Parliament voted to declare war on Germany, which the country did the next day. (Its separate declaration of war was a measure of the independence granted it in the 1931 Statute of Westminster in 1914 there had been no such independence and no separate declaration of war.) The vote was nearly unanimous, a result that rested on the assumption that there was to be a “limited liability” war effort that would consist primarily of supplying raw materials, foodstuffs, and munitions and the training of Commonwealth air crews, mainly for the Royal Air Force. Canadian men were to be actively discouraged from serving in the infantry, which was expected to take high casualties, and it was anticipated that few infantry units would be formed. If this plan were followed, King and other government leaders reasoned, conscription would be unnecessary. King and the leader of the Conservative opposition had both pledged themselves to a “no conscription” policy even before the war began.

The expulsion of the British from the Continent and the fall of France in the spring of 1940 totally changed the circumstances. Canada’s overseas allies had fallen or were in danger of doing so, and the country immediately concluded an agreement at Ogdensburg, New York, with the United States for the defense of North America. Moreover, Canada now stood in the forefront of the war. After Britain, it was (prior to the U.S. entry into the war in December 1941) the second most powerful of Germany’s adversaries. The emphasis on supply gave way to a focus on combat forces. King’s “no conscription” policy had been modified in 1940 when the government introduced conscription for home defense, but at the same time King renewed his pledge not to send conscripts overseas for “active” duty. In 1942 the King government called a national plebiscite asking Canadian voters to release it from that pledge nearly two-thirds of Canadian voters supported conscription, though in Quebec three-fourths opposed it. Thereafter the government enforced compulsory service for home defense, but King, fearing an Anglo-French cleavage, did not send conscripts overseas during the early years of the war, preferring to avoid such a move unless absolutely necessary.

Still, Canadians were deeply enmeshed in the war. Under increased pressure from military leaders to move Canadian troops into battle, two battalions were sent to help defend Hong Kong (then a British colony), but the results were disastrous, as the Japanese imperial forces swept to victory. An ill-planned and poorly executed raid on the German-occupied French port of Dieppe was attempted, largely by Canadian troops, in August 1942, with significant casualties. Lessons learned from the disaster, however, later proved useful during the planning for the Normandy (France) Invasion in 1944. What became known as the Battle of the Atlantic marked one of Canada’s largest commitments. Canadian escorts helped protect the convoys that traversed the Atlantic bringing supplies to Britain. Again Canada suffered many casualties, both in the naval service and in the merchant marine. Under the British Commonwealth Air Training Plan, Canadians flew in both Royal Canadian Air Force and combined Royal Air Force (RAF) squadrons from the Battle of Britain through the bombing campaigns over Germany to eventual victory. Aircrew losses were particularly heavy in the RAF Bomber Command.

At Normandy in June 1944, Canada was assigned one of the five invasion beaches. Casualties began to mount quickly as the offensive in France dragged on, and the Canadian army became strapped for infantry reinforcements. The Canadian army, which had been fighting in Sicily and Italy since July 1943, was crippled by particularly high infantry casualties in late summer and early fall 1944. King’s minister of national defense, J.L. Ralston, supported sending conscripts overseas and was forced to resign as a result. Ralston’s resignation precipitated a cabinet crisis, which was resolved in November 1944 when King relented and agreed to send conscripts to the front to reinforce the army’s infantry units.

Not only was Canada’s war effort in World War II far more extensive than that in World War I, but it also had a much more lasting impact on Canadian society. By the end of the war, more than 1,000,000 Canadians (about 50,000 of whom were women) had served in the three services. Although total casualties were lower than in the previous war, still some 42,000 were killed or died in service, and 54,400 were wounded. The domestic war effort was no less significant. Canada hosted, and paid much of the cost of, the British Commonwealth Air Training Plan, which trained more than 100,000 Commonwealth airmen. Canadian factories turned out everything from rifles to Lancaster heavy bombers, and Canadian scientists, technicians, and engineers worked on advanced weapons technology, including the atomic bomb (for which Canada supplied the uranium ore). Canadian foods, direct cash contributions to Britain, and munitions for the Allies, including the Soviet Union, contributed to the overall war effort.

The government intervened in almost all aspects of Canadian life to regulate the war effort, ensure a smooth flow of troops and supplies, and curtail inflation. Agencies such as the Wartime Prices and Trade Board and the National War Labour Board represented a massive growth in the federal government, bringing a surge of government spending and a vast increase in the civil service. Toward the end of the war, the King government launched even further social welfare policies, introducing a major veterans’ benefits program, family allowances, farm price supports, compulsory collective bargaining, and a national housing program. It would undoubtedly have gone even further than it did in 1945 and 1946—a national health insurance plan was under consideration—but for the opposition of provincial governments, particularly Ontario and Quebec. Despite that opposition, however, the war produced a significant shift of power toward Ottawa. World War II had been a watershed in Canadian history, as the role of the federal government in engineering national economic growth had been considerably strengthened.


コンテンツ

United States President Election in 2012

The 59th quadrennial presidential election of the United States is held in November 3, 2020. Frank Joseph Roberts defeated Barack Obama and other candidates and became the President of the United States. He pursued more land for the United States.

Alaska Crisis

Soon after Frank Joseph Roberts became the POTUS, Alaska is filled with soldiers of the US Army, and multiple warships nearby. This caused suspicion of a possible invasion of Canada by the United States. In December 2012, Canada moved its troops to the Alaska border.

戦争の勃発

On February 2, 2013, the United States forces in garrisoned Alaska broke the border and attacked the Yukon territories. Soon after the attack, the Commonwealth including the United Kingdom, Australia, New Zealand and the Bahamas joined the Canadians and declared war on the United States. Russian territories near Alaska set up defenses and resupplied the Commonwealth forces. The Canadians took massive casualties and retreated to British Columbia and Northwest territories.


The Irish Invasions of Canada: Yes, the Irish really did Invade Canada – They Won Some Battles Too

The Irish have had a rough time in the era of modern history. They suffered from the awful potato famine and faced intense hostility when they came in droves to America. The British occupation of Ireland was also a tense subject, greatly exacerbated by the thought that British lack of aid during the potato famine was almost as bad as a full genocide against the Irish.

Many American Irish simply put their heads down and worked hard to find their place in America, but some were simply angry and wanted to do something. The Fenian Brotherhood was an Irish Republican group, largely based in New York City and Ireland, that bordered on a terrorist organization, though it did contain a large international faction aimed at simply giving humanitarian aid to Ireland.

One of their main goals was to free Ireland from British rule. Though technically not under orders from Ireland, the Fenians were a large contingent of Irish fighting on behalf of Ireland.

For the thousands of Fenian supporters in America, freeing their home island from British rule was a tough ask, seeing as it was across the Atlantic. But a massive British possession loomed just to the north. The idea was formed that the Fenian Brotherhood would form an armed invasion force to seize as large of a chunk of Canadian territory as they could. They could then use this as a bargaining chip, trading Irish independence for giving back their occupied territories of Canada.

The Irish Famine caused a lot of emigration as well as resentment towards the British whom the Irish thought could have helped more.

Before the large, planned attack, a group of about 700 Fenians invaded New Brunswick, but scattered very quickly at fast approaching British warships. A discouraging result for the Irish, but apparently not too much, for the other main attack would commence just two months later.

The plan was to cross the Niagara River between the Great Lakes of Erie and Ontario. The area was possibly defensible after it was secured and was able to be taken by surprise. Additionally, the US patrolling gunboat USS Michigan was sabotaged by crew loyal to the Fenian Brotherhood the morning of the invasion on June 1 st , allowing most of the Fenian invaders to get across in multiple barges.

A map of the raids in the heart of the Great Lakes region.

For such a bold attack it could be assumed that the Fenian Brotherhood had about 10,000 soldiers or more, considering their aspirations of invading Canada. Well, they probably had about 900, with a possible maximum of 1,500 men.

So, manpower was lacking, but firepower, command structure and experience were not. Many of the Fenian Brotherhood volunteers were veterans of the American Civil War. The war being very recent, they were skilled down to the individual level, being expert riflemen. They also had the ability to perform tactical maneuvers on command. The Irish also had plenty of weapons and apparently so much ammunition that they had to dump some in the river to lighten their load.

Once the USS Michigan was repaired, it was able to cut off the remaining Fenians and their supplies. Despite their position the Fenians across the river kept on marching, setting up an ambush for the soon to respond Canadian militia. The Fenian commander, John O’Neill, had extensive military experience and set up a trap to lure the Canadians to a ridge where the bulk of the Fenians were entrenched.

The Battle of Ridgeway.

The battle of Ridgeway started with the larger Canadian force pushing back the forward units of Fenian troops. This progressed according to the Fenian plan to lure the Canadians to their fortifications on the ridge. As the Canadians were pressing onward, however, their discipline absolutely fell apart. It seems that one unit formed a square formation fearing an ultimately nonexistent cavalry charge. When the order was reversed the unit fell apart and the line of advance wavered.

The Fenians noticed the wavering of the lines and decided to rally their forces and launched a bayonet charge that broke the Canadians and prompted a full withdrawal. The Canadians suffered about 22 dead and 37 wounded to the Fenian’s five dead and 16 wounded.

The Fenians knew that they couldn’t hold the town of Ridgeway and decided to take the lightly defended Fort Erie. Here, 79 Canadians made a brave stand against the hundreds of Fenian attackers. After some fierce fighting, the Fenians captured the better-defended town.

Things didn’t change too much, however, as several thousand men of the Canadian militia and British regulars were advancing towards the Fenians. Despite their successes, the Fenians were losing hope in their cause with a massive sense of impending doom. About half of O’Neil’s forces deserted, many making makeshift rafts to cross the river back to America.

In the face of sure defeat, the Fenians marched back to American soil, being apprehended by American troops just on the other side of the river. The Fenians banked on some US support or at least US recognition of the Irish holding lands in Canada, but they were mistaken. The Americans did indeed make little effort to stop the rallying of the Fenians and have been accused of giving some support. It seems that the US saw the earlier failed “invasion” and figured that the second one would have a similar outcome, so it wasn’t worth the expense to root out and apprehend the invaders.

Irish freedom was not just an idea limited to the Fenian movement, though they had some of the most aggressive and deadly tactics.

Despite the victories, the Irish invasion of Canada was a total failure, as no possessions could be held long enough to negotiate on behalf of Ireland. Despite these failures, many Fenians still held on to the idea of attacking Canada. The Fenian efforts redoubled after news that a Fenian made bomb was set off in London in an effort to break out a fellow Fenian. 120 people were injured and 12 killed by the blast. Aims for the radical Fenians seemed to shift from securing territory to simply causing enough problems to force negotiations.

This political cartoon paints a very unflattering image of the Fenians and their violent acts.

Several more raids were launched over the next several years all were utter failures. US treatment of the raiders was usually quite lenient and they often simply ferried them away from the Canadian border. Despite their best efforts, Fenian raids and bombing fostered British resentment against the Irish and greatly undermined peaceful Irish independence movements. The raids also unified the Canadian territories as the citizens and militia had to rely on themselves to defend against these attacks that could happen at any time. This sense of unity would lead to the formation of an independent Canada.


Invasion of Canada - History

On July 12, 1812, US forces under General Hull invaded Canada. The invasion was met with fierce opposition and American forces are forced to withdraw. By August 16, Hull surrendered Detroit to the British.

One of the main American goals of the war was to attack and capture Canada. The plan was to attack Canada in three places. That attack should have taken place simultaneously, but the American forces were not ready, so the western leg of that attack began first. General William Hull who had led Massachusetts's troops during the Revolutionary War led it. He was the governor of Michigan territory and as such the head of Michiganâ's territorial militia. Hull believed it was dangerous to enter Canada as long as the British controlled Lake Erie. Despite his concerns Hull went forward with his plan to march on Detroit and on to Canada.


Hull made his first mistake by sending the schooner Cuyahoga ahead on the Maumee River with some sick men and more importantly his correspondence. When the British captured it they became aware of Hulls plans.
On July 5th Hull and his soldiers arrived at Detroit. A week later Hull and his troops, (less two hundred Ohio militia member who refused to cross the border) enter Canada unopposed.


Hull headed south along the Detroit River. He attempted to lay siege to Fort Malden, but failed to capture it. At this point he began to fear that his supplies lines were too long. He sent a force of 150 to meet a supply train coming from Ohio. They were beaten back by Indian forces led by Tecumseh. Hull then sent a second larger force of 600 they to were attacked and forced back.


Meanwhile a worse setback was occurring on Mackinac Island. Lieutenant Porter Hanks commanded the Fort. His opponent was Captain Charles Robert who was the commander of the British fort of St Joseph. On July 16th he set off with 46 British regulars, 180 Canadian militia and 400 Indians to capture Fort Mackinac. Hanks had not known that a state of war existed between the United States and Great Britain. Faced with a much larger force then his own Hanks quickly surrendered to the superior British force.
As a result of the fall of Fort of Mackinac ordered the evacuation of Fort Dearborn. Captain Herald who marched out with 54 regulars, twelve militia nine women and 18 children commanded Fort Dearborn. A mile from the fort the column was attacked and surrendered. The Indians slaughtered two woman, 12 children and many of the soldiers.
Hull withdrew from Canadian territory and pleaded for reinforcements. That reinforcement coming from Ohio were unfortunately tied down on the Raisin River. The British brought to bear cannons on Fort Detroit and began an intermittent bombardment. After a British demand to surrender Hull agreed. The Northwest frontier was now unprotected. Thus ended the first American assault on Canada.


コミュニティレビュー

When I was a college intern in Washington, D.C., I got into an argument with a student from Canada over who won the War of 1812. I, as a good and patriotic American, was perfectly aware that 私達 had won the War of 1812. She, as a good and patriotic Canadian, was equally adamant that that 彼ら had won. It wasn&apost until later that I learned we had both been right. The U.S. claimed victory over Britain in the War of 1812, but Canada claimed victory over the U.S. because it successfully repulsed multi When I was a college intern in Washington, D.C., I got into an argument with a student from Canada over who won the War of 1812. I, as a good and patriotic American, was perfectly aware that 私達 had won the War of 1812. She, as a good and patriotic Canadian, was equally adamant that that 彼ら had won. It wasn't until later that I learned we had both been right. The U.S. claimed victory over Britain in the War of 1812, but Canada claimed victory over the U.S. because it successfully repulsed multiple American attempts to invade and annex it.

The Invasion of Canada by Pierre Berton is a masterful narrative history of why that effort failed – and why Americans have all but forgotten it. He documents thoroughly the utter bumbling incompetence exhibited by both sides in the war, but especially by an American military force that was skeptical of non-democratic concepts such as chain of command and following orders and relied heavily for leadership on aging Revolutionary War heroes unwilling to take the risks necessary to successfully invade another nation.

As a result, the battles of 1812-13 along the Canadian border ranged from the farcical, as in Canada's bloodless capture of Mackinac Island and Detroit, to the needlessly horrific, as in the abominable atrocities committed by Americans against Native tribes followed by the natives' in-kind response in the Battle of Frenchtown. And all of it caused by a handful of "War Hawks" in the American Congress who blithely assumed war against Canada could be won in mere weeks and worked their will despite widespread opposition among the people and soldiers asked to fight it.

In many ways, Berton's account is an indictment of war in general. The War of 1812, as he shows, is a particularly egregious example of those things that make war so evil – the Americans declared war after Britain had capitulated to their demands (but hadn't heard the news yet, a situation that would reverse itself when the Battle of New Orleans was needlessly fought after the war's official end) rushed into battle without enough troops, supplies or popular support and managed to permanently alienate both native tribes and the previously friendly Canadian provinces through their arrogance and brutality. Breton in fact argues that if not for the American invasion, Canada would likely have drifted closer to the United States and eventually allowed itself to be annexed willingly. Instead, American hostility not only repelled Canada but actually hastened the creation of a founding national myth and sense of common purpose so important to nationhood.

Berton's account only covers the first year of fighting the American-Canadian frontier was a focus of the war until its end, but the tone was set by its first year, when even minimally competent American military leadership could have indeed conquered Canada with a minimum of blood shed. That did not happen, and Breton is unsparing in recounting the tragedy that was a needless front in a needless war.

[EDIT to add: This is indeed a work of narrative history Berton does his duty in describing troop movements and the strategy (or lack of it) conceived by the Great Men of the War, but he also delves deep into diaries and newspaper accounts to provide common touches of individual soldiers thrust into a conflict they barely understood.]

As a Canadian himself, Berton clearly brings a perspective to his writing, as we all do, but I never got the sense that he was interested in anything other than laying out the causes and effects of the battles over the border as clearly and fairly as possible. He succeeded with flying colors. This is an excellent book! 。もっと

I think that without question this is the finest history book I&aposve ever read.

The narrative thrill of McCullough or Shelby Foote, the insight of Ellis or Remini, Pierre Berton manages to tell you everything you need to know in half a page, dripping with excitement and insight, yet somehow leaving nothing out.

So what is this book about? The book covers the first amazing and turbulent year of the War of 1812, focusing on the engagements in the "Northwest", really meaning today&aposs I think that without question this is the finest history book I've ever read.

The narrative thrill of McCullough or Shelby Foote, the insight of Ellis or Remini, Pierre Berton manages to tell you everything you need to know in half a page, dripping with excitement and insight, yet somehow leaving nothing out.

So what is this book about? The book covers the first amazing and turbulent year of the War of 1812, focusing on the engagements in the "Northwest", really meaning today's upper-Midwest: Illinois, Michigan, Ohio, Indiana, New York, and adjacent portions of Southern Canada, called Upper Canada at the time. Readers will meet an amazing pantheon of figures, such as Tecumseh, Issac Brock, Winfield Scott, William Henry Harrison, and many others.

Honestly the book is wonderful enough that I'm unable to tell you much more than that if you consider yourself a fan of history at ALL, then you should consider this a book that you need to read as soon as possible. I mean it when I say I think this is the best history book I've ever read, and this comes from a very serious amateur historian. Outstanding! 。もっと


ビデオを見る: World War II: Crash Course World History #38