奴隷は性的自主性に対してどの程度の選択をしましたか?

奴隷は性的自主性に対してどの程度の選択をしましたか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アメリカ合衆国の動産奴隷はどの程度の選択をしましたか1彼らの性的自主性を超えていますか?

これはどの法律でも成文化されましたか?

1. OPが述べた、ルーツTVシリーズのソースを考慮して、スコープが米国であると想定します。


簡単な答えは次のとおりです。 全然ない.

ハリエットジェイコブスの「奴隷少女の人生の事件」によると:

女性の奴隷と法

南部のレイプ法は、人種に基づく二重基準を具体化した。南北戦争以前の南部では、レイプで告発された黒人男性が死刑に処せられました。白人男性は、罰を恐れることなく、女性の奴隷をレイプしたり性的に虐待したりすることができた。子供、自由な女性、年季奉公、黒人男性も、主人、さらには主人の子供や親戚からの同様の扱いに耐えました。無料または白人の女性は加害者をレイプで起訴することができたが、奴隷の女性には法的手段がなかった。彼らの遺体は、技術的には法律により所有者のものでした。奴隷の性的虐待は、黒人と白人を問わず、すべての女性を財産または動産として扱った家父長制の南部文化に部分的に根ざしていました。

1662年以降、南部植民地は、父親の身元に関係なく、奴隷女性の子供が母親の地位を獲得するという、partus sequiturventremの原則を法に採用しました。これは、子供が父親の地位を占めるとされていた英語の科目に適用された英語のコモンローからの逸脱でした。一部の奴隷所有者の父親は子供を解放しましたが、多くは解放しませんでした。法律は男性を彼らの子供を支援する責任から解放し、異人種間混交の「秘密」を奴隷地区に限定した。

混血の子供たち

人種的な「純粋さ」への信念は、白人女性と黒人男性の間の性的関係の南部文化の激しい禁止を駆り立てましたが、この同じ文化は本質的に白人男性と黒人女性の間の性的関係を保護しました。その結果、多くの混血の子供たちが生まれました。白人の父親と奴隷の母親の子供たちは、一般的にムラートに分類される混血の奴隷でした(この用語は、最初は白人と黒人の両親を持つ人を意味しましたが、明らかに混血の人を含むようになりました)。

多くの混血家族は植民地時代のバージニア植民地にまでさかのぼります。そこでは白人女性、一般的に年季奉公が、奴隷と自由の両方のアフリカ系の男性と子供を産みました。母親の地位のために、それらの子供たちは自由に生まれ、しばしば他の有色自由人と結婚しました。

奴隷育種

奴隷繁殖とは、奴隷所有者の利益と富を増やすために奴隷の繁殖に影響を与えることを目的とした奴隷所有の慣行を指します。このような繁殖は、1808年に連邦政府が奴隷の輸入を禁止したことと、綿花生産における西側の競争に照らして、部分的に動機付けられました。奴隷育種には、男性と女性の奴隷間の強制的な性的関係、奴隷の子供を産むことを意図した主人と奴隷の性的関係、そして比較的多くの子供を産んだ女性の奴隷を支持することが含まれていました。

家族

奴隷制の下で、奴隷所有者は奴隷の家族全員を所有し、管理し、そして売却しました。奴隷所有者は、家族や家族を利益のために、罰として、または借金を支払うことを決定するかもしれません。奴隷所有者はまた、結婚式の集落として成長した子供や他の家族に奴隷を配りました。彼らは、奴隷の子供たちが12〜14歳になると、仕事をして家を出る準備ができていると考えました。

側室と性的奴隷

「ファンシーメイド」と呼ばれる一部の女性奴隷は、オークションで側室または売春に売られ、「ファンシートレード」と呼ばれました。側室奴隷は、熟練した男性奴隷よりも高い価格で売られた唯一のクラスの女性奴隷でした。

ルイジアナ植民地の初期には、フランス人男性は奴隷の中から妻と愛人を連れて行きました。彼らはしばしば混血の子供たちを解放し、時には愛人たち自身を解放しました。ニューオーリンズとモバイルの周辺で開発された有色自由人のかなりのクラス。 1700年代後半までに、ニューオーリンズはスペインの支配下で続いた色のクレオールの間で比較的形式化されたプラセージュのシステムを持っていました。母親は、娘が白人男性の愛人になるための和解または持参金について交渉しました。男性は時々彼らの子供たち、特に彼らの息子たちの教育のためにお金を払った。彼らは時々彼らが学校教育と兵役のためにフランスに送った。

肌の色と治療の関係

多くの家庭では、奴隷の肌の色による奴隷の扱い。肌の色の濃い奴隷は畑で働き、肌の色の薄い奴隷は家の使用人として働き、衣服、食べ物、住居は比較的良かった。時々、トーマス・ジェファーソン大統領の家庭のように、プランターは彼ら自身の子供または親戚の子供であったので、家の使用人または好意的な職人として混血の奴隷を使用しました。ジェファーソンの後期の家庭奴隷のうちの6人は、義父のジョン・ウェイルズとウェイルズの愛人ベティ・ヘミングスの成長した子供たちでした。ジェファーソンの妻マーサは、父親の死後、ジェファーソンとの結婚から1年後に、ベティヘミングスや他の奴隷と一緒に彼らを相続しました。当時、ヘミングス・ウェイルズの子供たちの何人かはとても若かった。サリー・ヘミングスは、妻の死後、後にジェファーソンの愛人になったと多くの人が信じていますが、マーサの相続の時点では幼児でした。彼らは熟練した家事使用人として訓練され、モンティセロの奴隷階層の最上位を占めました。

奴隷取締法は州ごとに個別化されていましたが、言及された性的自治を見つけることができなかった、あるいはあらゆる種類の性に直接関係したことさえありませんでした。彼らは所有権と責任にもっと関心があり、ホワイト・エスタブリッシュメントに対する奴隷による暴動や反乱の可能性をコントロールしていました。

性的(虐待)が成文化された場所は、レイプなどのために書かれた不平等な法律にありました。しかし、レイプ法は、あなたが想像するよりも、実際には南部の州でははるかに悪かった。奴隷は彼らの所有者の所有物でした。期間。この考え方は、多かれ少なかれ、白人男性に翻訳されて、奴隷に満足しているようにできるでしょう。

放火、白人女性のレイプ、または反逆者への陰謀で有罪となった奴隷は死刑に処せられた。しかし、奴隷の女性は動産だったので、彼女をレイプした白人男性は、主人の所有物への不法侵入についてのみ有罪となりました。プランテーションではレイプが一般的であり、報告された症例はほとんどありませんでした。
スレーブライフとスレーブコード

しかし、真ちゅう製の鋲に至ると、白人男性なら誰でも無理矢理奴隷になり、レイプの罪に問われることはありませんでした。それは単にそうではありませんでした。白人女性なら誰でも、黒人レイプ犯をそのように起訴することができた(そしてそうするだろう)。実際、長い間ニグロの恋人がいる南部の白人ベルは、恥ずかしい方法で発見された場合、単にレイプの奴隷を非難し、男は殺されます。

しかし、粘着性のある改札は、白人の南部紳士がレイプで起訴されることはできなかった(または起訴されることはない)ということでした。 どれか あらゆる人種または奴隷の地位の女性。白人男性が白人女性を性的暴行した場合、彼はレイプで有罪判決を受けたり、起訴されたりすることはありませんでした。彼はかもしれない 支払わされた (金銭的であろうと、おそらく強制結婚によるものであろうと、隠れ家からであろうと)、関係する女性の親戚によって、そして彼らが十分につながっている場合に限ります。小作人の娘が紳士に性的に連れて行かれたとしたら、誰も気付かないでしょう。犯罪が行われていなかったため、実際の請求は行われず、受け入れられませんでした。


(このポップアップウィンドウを閉じて、このページにとどまります)

ミズーリ州の農場の奴隷である19歳のセリアにとって、中年の所有者に繰り返しレイプされた5年で十分でした。 1855年6月23日の夜、彼女は後に記者に「悪魔が私に入った」と言い、セリアはキャビンで彼女に近づいたときに彼女の主人を致命的に殴りました。奴隷制の問題をめぐる論争が新たな高みに達したときに起こった奴隷セリアの殺人裁判は、奴隷制の最悪の虐待と戦う奴隷の権利について根本的な疑問を投げかけた。


1820年頃、ロバート・ニューサムと彼の家族はバージニアを離れて西に向かい、最終的にミズーリ州キャラウェイ郡南部のミドルリバー沿いの土地に定住しました。 1850年までに(国勢調査によると)、ニューサムは、馬、乳牛、肉牛、豚、羊、および2頭の牛を含む800エーカーの土地と家畜を所有していました。
キャラウェイ郡の大多数の農民のように、ニューサムも奴隷を所有していました- 1850年の時点で5人の男性奴隷。

1850年の夏、ニューサムは購入しました 隣接するアウドレイン郡の奴隷所有者から 6番目の奴隷、セリアという名前の14歳の少女。セリアと一緒に農場に戻った直後、ニューサムは彼女をレイプした。女性の奴隷にとって、レイプは「今までにない脅威」であり、あまりにも頻繁に現実でした。次の5年間で、ニューサムは、本館から少し離れた果樹の木立にあるセリアの奴隷小屋に数え切れないほどのトレッキングを行い、彼が側室と見なした10代の若者にセックスを要求しました。セリアは1851年から1855年の間に2人の子供を出産し、2人目はロバートニューサムの息子でした。

1855年より前のある時期に、ニューサムの奴隷の1人であるジョージという本当の恋人がセリアの人生に入った。ジョージは何度かセリアの小屋に「滞在」しましたが、数時間か一晩かは不明です。 1855年の2月または3月初旬の冬の終わりに、セリアは再び妊娠しました。妊娠はジョージに影響を及ぼし、セリアがその時まで続いたニューサムによる性的搾取のパターンに終止符を打つことを彼に主張させました。ジョージはセリアに「彼女が老人を辞めなければ、彼は彼女とは何の関係もないだろう」と伝えた[ジェファーソン・ジョーンズの裁判の証言]。

セリアはニューサムの娘であるバージニアとメアリーに近づき、ニューサムに「病気のときに彼女を強制するのをやめる」ように助けを求めた。ニューサムの娘のどちらかがセリアに代わって介入しようとしたかどうかは明らかではありませんが、性的暴行が続いたことが知られています。必死になって、セリアはニューサムに少なくとも妊娠中は彼女を放っておくように頼んだが、奴隷所有者は彼女の嘆願を受け入れなかった。

1855年6月23日、ニューサムはセリアに「彼はその夜彼女の小屋に来ていた」と語った。午後10時頃、ニューサムは寝室を出て、50ヤード歩いてセリアのレンガ造りの小屋に行きました。ニューサムがセリアにセックスの時間だと言ったとき、彼女はキャビンの隅に引っ込んだ。彼は彼女に向かって進んだ。セリアはそれからその日の早い時間にそこに置かれた棒をつかみました。セリアは「ウィンザーチェアの上部と同じくらいの大きさですが、それほど長くはありません」とスティックを持ち上げ、マスターの頭を強く叩きました。ニューサムはうめき声を上げ、「椅子の上または床に向かって沈んだ」。セリアはニューサムをもう一度頭上でクラブし、彼を殺した [ジェファーソンジョーンズの証言] .

「彼が死んだ」ことを確認した後、セリアは1時間ほど彼女の次のステップを熟考しました。ついに彼女は暖炉でニューサムの体を燃やすことにした。彼女は外に出て杖を集め、それを使って猛烈な火を作りました。それから彼女は死体を暖炉に引きずり込み、炎の中に押し込みました。彼女は一晩中火を消し続けた。早朝、彼女は灰から骨片を集め、炉床の石にぶつけて砕き、その粒子を暖炉に投げ戻しました。彼女が「炉床の下、そして寝台車と暖炉の間の床の下」に置いたいくつかの大きな骨片。夜明けの少し前に、セリアは灰の一部を庭に運び出し、それから寝ました。

朝、ニューサムの家族がロバートの失踪を心配するようになると、セリアはニューサムの孫であるコーヒーウェインズコットの助けを借りて、暖炉からバケツに灰をかき集めました。コーヒーは後で証言し、奴隷が「私が灰を運び出すなら、彼女は私に20ダースのクルミをくれるだろう」と言ったとき、彼は助けることに決めました。セリアの指示に従って、コーヒーは厩舎に通じる道に沿って祖父の遺骨を配りました。

調査と調査

24日の朝、バージニアニューサムは、溺死したのではないかと恐れて、近くの小川の土手や入り江に沿って父親を探しました。午前中までに、捜索隊は数人の隣人とニューサムの息子、ハリーを含むようになりました。何時間も無駄な捜索を続けた後、疑惑はジョージに向けられ始めました。ジョージは、嫉妬からニューサムを殺そうと動機付けられたのかもしれません。奴隷と隣接する160エーカーの農場の両方の所有者であるウィリアム・パウエルはジョージに質問した。ジョージはニューサムに何が起こったのかについての知識を否定したが、疑わしいことに、「家の近く以外の場所で彼を狩る価値はなかった」と付け加えた。恐らく深刻な脅威に直面したジョージは、最終的にはさらにひどい情報を提供しました。彼はパウエルに、「[ニューサム]が最後に行ったのは小道に沿っており、家から黒人の小屋に通じる小道を指していると信じていた」と語った。ジョージのコメントはすぐに、ニューサムがセリアの小屋で殺されたという結論に調査官を導きました。

セリアの小屋を捜索してもニューサムの遺体が見つからなかったとき、パウエルと他の人々は、ニューサムの家の台所で彼女の通常の任務を遂行しているセリアを見つけました。パウエルは、ジョージが捜索隊に「彼女は自分の主人がどこにいるのか知っていた」と言ったと誤って主張し、このアプローチがセリアからの迅速な告白を促すかもしれないことを望んでいた。代わりに、セリアは彼女の主人の運命についての知識を否定しました。セリアは、子供たちを連れ去るという脅威を含む、エスカレートする脅威に直面し、彼女の無実を主張し続けました。 (彼女は間違いなく、彼女の主人の殺害を告白することは彼女の子供たちとの関係にとってさらに深刻な脅威になることを理解していました。)しかし、最終的に、セリアはニューサムが前夜セックスを求めて彼女のキャビンを実際に訪れたことを認めました。彼女は、ニューサムが自分のキャビンに入ることは決してないが、彼が窓の内側に寄りかかって「彼は外に倒れ、彼女は彼のことを何も見なかった」と彼を殴ったと主張した。最後に、「しばらくの間、それ以上のことを言うこと」を拒否した後、セリアは、パウエルが「2人の男性[ニューサムの2人の息子]を部屋から送り出す」かどうかをもっと話すことを約束した。ハリーとデビッドが去ったとき、セリアはロバート・ニューサムの殺害を告白した。

セリアの告白に続いて、捜索隊は厩舎への道に沿ってニューサムの遺灰を見つけました。彼らはまた、セリアの暖炉から骨片、炉床石の下から大きな骨片、ニューサムの焦げたバックル、ボタン、黒くなったポケットナイフを集めました。集められたアイテムは、来るべき審問中に展示するために箱に入れられました。

ミズーリ州対セリアの事件であるデビッド・ニューサムによって提出された宣誓供述書に基づいて行動し、奴隷が始まりました。 6月25日の朝、2人の治安判事、6人の地元住民が陪審員を構成し、3人の召喚された証人が全員、ニューサム邸に集まった。 。 12歳のCoffeeWaynescotは、Celiaの要求の陪審員に、祖父の遺灰であることが判明したものを道に沿って配布するように求めたと語った。 3番目で最後の目撃者はセリアでした。彼女はニューサムを殺したことを再確認しましたが、「彼女は彼を殴ったときに彼を殺すつもりはなく、彼を傷つけたいだけだった」と主張しました。死因審問の陪審員は、セリアがロバート・ニューサムを凶暴かつ故意に殺害したと考えられる原因が存在することをすぐに判断し、奴隷の少女はニューサム農場の北9マイルにあるフルトンのキャラウェイ郡刑務所に連れて行かれるよう命じられました。

セリアが助けなしに彼女の犯罪をやめさせることができたかどうかについての疑いは長引いた、そしてキャラウェイ郡保安官ウィリアム・スネルは二人の男、ジェファーソン・ジョーンズとトーマス・ショートマンが彼女の独房でセリアのさらなる質問をすることを許した。セリアは、ニューサム農場に到着した直後に始まったレイプと性的搾取の歴史を説明する、彼女の元の物語にいくつかの追加の詳細を追加しましたが、彼女は
ジョージがニューサムの死や彼の体の処分に何らかの役割を果たしたことを否定し続けた。

セリアの裁判は、奴隷制の問題をめぐる緊張が高まったときに起こりました。 1854年、議会はカンザス・ネブラスカ法を可決し、1820年のミズーリ妥協を廃止し、これらの地域の入植者が自分たちの境界内で奴隷制を許可するかどうかを自分で決定できるようにしました。新しい法律に対する北部の反対は、共和党の設立と、カンザス州の選挙の結果に影響を与えるための奴隷制支持グループと奴隷制反対グループの両方によるキャンペーンにつながりました。ミズーリ州の著名な人物、
米国上院議員のデイビッド・アチンソンとミズーリ大学のジェームズ・シャノン学長は、奴隷制を維持することを期待してカンザスに移住していた廃止主義者の努力に対抗するよう奴隷州の住民に奨励した。ミズーリア人の奴隷制の暴徒は、カンザス州の自由土地党の有権者を攻撃し、いじめの戦術をあえて批判した仲間のミズーリアンを脅迫した。 1855年の夏までに、ミズーリ州は、カンザスが奴隷州として連合に入るのを確実にするために組織された奴隷制のレトリックとますます活発な自警団で溢れかえっていました。セリアの裁判開始の3日前の10月6日、ジョンブラウンは、カンザス州の自由州としての承認を支持する州議会と奴隷法を制定する州議会の2つの州議会を含むカンザス州に到着しました。ミズーリ州の西側の国境では、内戦の可能性が現実に見えた。

セリアの裁判の政治的影響は、巡回裁判所のウィリアム・ホール裁判官から逃れることはできなかったでしょう。確かに、彼は知っていました、proslaveryMissouriansはセリアがぶら下がることを期待していました。セリアの被告側弁護士、ジョン・ジェームソンとしてのホールの選択は安全なものでした。バーの有能で親切なメンバーとしてのジェイムソンの評判と、(奴隷所有者自身であるにもかかわらず)激しい奴隷制の議論への関与の欠如は、彼の選択が真剣に争われないことを保証しました。ジェムソンは被告に満足のいく(しかしあまり満足ではない)表現を提供することができた。さらに、ホールはジェムソンの弁護を支援するために、2人の若い弁護士、アイザック・ボールウェアとネイサン・コウンズを任命しました。

もちろん、セリアの陪審員は全員男性でした。彼らの年齢は34歳から75歳で、1つの例外を除いて、子供と結婚していました。全員が農民でした。何人かは奴隷の所有者でした。

検察の最初の目撃者であるジェファーソン・ジョーンズは、キャラウェイ郡刑務所でのセリアとの会話について説明しました。彼は陪審員にセリアの殺人事件の説明と彼女がどのように遺体を処分したかを語った。尋問で、ジェムソンはジョーンズに、セリアが故人との関係の性的性質について何と言ったかについて質問した。ジョーンズは、ニューサムがアウドレイン郡の農民から購入した直後に彼女をレイプしたことを「聞いた」と証言し、セリアはニューサムがその後の5年間セックスを要求し続けたと語った。ジョーンズはまた、セリアがニューサムを「殺すつもりはなかった」、「彼を傷つけるためだけに」と彼に言ったことを認めた。

次に、ニューサムの長女であるバージニアウェイネスコットが証言した。彼女は、「洞窟や小川沿い」を含め、「私は彼のためにすべての小道や散歩、そしてあらゆる場所で狩りをした」と証言し、直接の調査で父親を探したと説明したが、「彼の痕跡は見つからなかった」。 バージニア州は、セリアの殺害の考えられる動機に関する尋問についての質問に直面した。彼女は、セリアが2月に妊娠した(「病気になった」)ことを認め、「それ以来ずっと病気でした」-ニューサムのために料理することすら病気でした。

Coffee Waynescotが陪審員に祖父の遺灰の無意識の投棄について説明した後、WilliamPowellが立候補しました。ジェムソンはパウエルを精力的に尋問し、捜索隊のリーダーから、セリアが子供を失い、告白を得るために絞首刑にされたと脅したことを認めた。パウエルはまた、セリアがニューサムが繰り返しセックスを要求し、奴隷の少女がレイプを止めようとして無駄に他のニューサムの家族に近づいたと不平を言ったと証言した。パウエルはまた、セリアがニューサムへの攻撃は絶望から来たものであり、彼女は主人を殺すのではなく、傷つけることだけを意図していると彼に言ったことを認めた。パウエルの証言の後、検察はセリアの小屋で見つかった骨片を成人のものであると特定した2人の医師を呼んだ。医師の証言に続いて、州はその訴訟を休んだ。

フルトンの医師であるジェームズ・マーティン博士は、最初に弁護について証言しました。 (奴隷としてのセリアは証人として呼ばれなかった。ミズーリ州と他のほとんどの州の現行法の下では、刑事被告は「利害関係者の規則」の下で証言することができなかった。)ジェムソンはマーティンの質問に対して提起したセリアが他の人の助けなしに容疑者の犯罪を犯すことができなかったことを示唆するため。被告側弁護士は、単純な暖炉の中でたった6時間かそこらの間に人体を完全に破壊できるかどうか尋ねたが、その質問は検察側の反対に直面し、ホール裁判官はそれを支持した。ジェイムソンはいくつかの異なる方法で質問を言い換えようとしましたが(たとえば、「科学医師としてのあなたの意見では、成人の人体を破壊するのに必要な時間は何ですか?」)、反対意見にうまくいかず、強制されました。その質問の行を放棄します。

2番目で最後の弁護人であるトーマス・ショートマンは、刑務所でのインタビュー中に、セリアが初めてニューサムを襲った後、「彼は彼女を捕まえるために手を上げた」と述べたと証言した。しかし、裁判官は再び証言に対して起訴の異議を唱え、陪審員は、セリアが物理的に脅かされた後にのみ2回目の致命的な打撃があったことを示唆する証拠を無視するように指示されました。おそらく、陪審員が少なくともセリアの絶望的な行動の理由を聞いたことに満足し、ジェムソンは彼の訴訟を休んだ。

ホール裁判官の陪審説示は無罪判決をほとんど不可能にしました。彼は、動機または過失の程度の問題に対処する9つの提案された防衛命令すべてを拒否しました。投げ出されたものの中には、陪審員がセリアが彼の性的進歩と戦うためにニューサムを殺したと信じた場合、陪審員が「無罪」の評決を返すことを可能にするであろう指示があった。たとえば、弁護側は、陪審員が「強制的な性交の差し迫った危険にさらされている」と信じる場合、自己防衛理論でセリアを無罪にすることができると陪審員に告げることを提案した。ホールは、実行可能な護身術の議論を提案する代わりに、陪審員に「被告はキャビンに入って彼女や他の何かと性交することについて話していたので、[ニューサム]を殺す権利はなかった」と指示した。奴隷のごくわずかな権利に関する確立された理解に提示された防衛の提案された指示の脅威を考えると、ホールの検察側の指示は当然のことでした。 10月10日、陪審員がセリアを1度の殺人ですぐに有罪判決を下したとき、キャラウェイ郡庁舎の誰も驚かなかった可能性があります。

セリアの弁護士は翌日再び法廷に出廷し、訴訟中のホール裁判官の証拠となる判決と彼の誤った指示に基づいて、新しい裁判に移りました。ホール裁判官は、防衛運動を検討するのに24時間かかり、それを拒否し、セリアに「1855年11月16日に死ぬまで首に絞首刑にされた」と宣告した。ミズーリ州最高裁判所に裁判官の判決を上訴することを許可されるという弁護運動が認められた。

彼女の処刑を待っている刑務所で、セリアは死産の子供を出産した。彼女の処刑の日が近づいたとき、ミズーリ州最高裁判所に提出された彼女の控訴について、ジェファーソンシティからまだ何の連絡もありませんでした。彼女の訴えが決定される前に彼女が絞首刑にされる可能性は、セリアの防衛チームと彼女が彼女の支持者の中に数えるかもしれない他の誰にとってもこれまで以上に現実的であるように見えました。何かをしなければなりませんでした。

11月11日、絞首台との予定日の5日前に、セリアと別の受刑者は、彼女の弁護人の支援または知識のいずれかにより、キャラウェイ郡刑務所から連れ去られました。防衛チームは、逃亡後1か月も経たないうちに最高裁判所のアビエル・レオナルド判事に宛てた手紙の中で、セリアは「誰かに刑務所から連れ出された」と述べ、「少女に代わって通常以上の関心を持っている」と感じたと述べた。彼女の行為の状況のた​​めに「セリア」。セリアは、彼女の死刑執行日が過ぎた後、11月下旬に刑務所に戻されました。彼女の帰国後、ホール裁判官は12月21日の新しい死刑執行日を設定しました。これは、最高裁判所が上訴に関する決定を下す時間を与えることになると、弁護側が望んでいた日付です。

最高裁判所は、彼女の控訴においてセリアに反対する判決を下しました。 12月14日の命令で、州の裁判官は、「彼女の訴えの考えられる理由はない」と判断し、「申立人の祈りを拒否することが適切であると考えた」と述べた。裁判官が書いた死刑執行の停止は「拒否された」。


スレーブコード

奴隷取締法は、奴隷の地位とその所有者の権利を定義するために各州で制定された法律でした。

学習目標

スレーブコードの目的と、それらが米国全体でどのように実装されたかを説明します

重要なポイント

キーポイント

  • 奴隷取締法は、奴隷の地位とその所有者の権利を決定するために制定された州法でした。
  • 奴隷取締法は、しばしば反乱や脱出を先取りするために、奴隷にすでに制限された自由を厳しく制限し、奴隷所有者に奴隷に対する絶対的な権力を与えました。
  • 各州の奴隷取締法は、その特定の地域の法律に合うように変化しました。
  • 一部の法典では、奴隷が武器を所持し、所有者の農園を許可なく残し、護身術であっても白人に対して手を上げることを禁じていました。

重要な用語

  • スレーブコード:奴隷取締法は、奴隷の地位とその所有者の権利を定義し、奴隷所有者に奴隷に対する絶対的な権力を与える米国の各州の法律でした。

奴隷取締法は、奴隷と所有者の関係を規制し、奴隷制度を合法化するために制定された州法でした。それらは、奴隷の地位とその所有者の権利を決定するために使用されました。実際には、これらのコードは奴隷に厳しい制限を課し、すでに制限された自由を奴隷所有者に彼らの奴隷に対する絶対的な力を与えました。

17世紀のバージニアで、未知の芸術家によって働いていたアフリカの奴隷、1670年:奴隷は、奴隷法の制定、または奴隷の地位と権利を規定する法律を通じて、厳重に管理されていました。

多くの規定は、奴隷人口を管理し、反乱を先取りするために設計されました。たとえば、奴隷は読み書きが禁止されており、所有者は不審な活動について奴隷の住居を定期的に検索することを義務付けられていました。一部の法典では、奴隷が武器を所持し、所有者の農園を許可なく残し、護身術であっても白人に対して手を上げることを禁じていました。時折、奴隷法は、法的な紛争が発生した場合に奴隷に法的保護を提供しましたが、それは奴隷の所有者の裁量によるものでした。

奴隷が銃器を携行したり、読むことを学んだりすることを禁じられることは一般的でしたが、州によって奴隷法に重要な違いがしばしばありました。たとえば、アラバマ州では、奴隷は書面による同意なしに所有者の敷地を離れることは許可されておらず、奴隷同士で商品を取引することも許可されていませんでした。バージニア州では、奴隷は主人から1マイル以内の公共の場で、または公の集会中に飲むことを許可されていませんでした。オハイオ州では、解放された奴隷は奴隷にされていた状態に戻ることを禁じられていました。

北部植民地の奴隷取締法は南部植民地の奴隷取締法よりも厳しくないが、多くの同様の規定が含まれていた。これらには、奴隷が所有者の土地を離れることを禁じること、白人が奴隷にアルコールを売ることを禁じること、そして逃げようとしたことに対する罰を指定することが含まれていました。

スレーブコードのサンプル

タバココロニー(デラウェア、メリーランド、ノースカロライナ、バージニア)の奴隷法は、1667年に制定されたバージニア法をモデルにしています。1682年のバージニア法は、奴隷が武器を所持することを禁じ、所有者のプランテーションを許可なく残し、自衛でさえ、白人に対して手を差し伸べる。さらに、降伏を拒否した暴走した奴隷は罰なしに殺される可能性があります。

サウスカロライナ州は1712年に奴隷取締法を確立し、次の規定を設けました。

  1. 奴隷は、許可を得たり、白人の同伴がない限り、所有者の所有物を離れることを禁じられていました。
  2. 逃げ出して植民地を離れようとする奴隷は死刑を宣告された。
  3. 20日以上捕獲を回避した奴隷は、最初の犯罪が2番目の犯罪の右頬に「#8220R&#8221」の文字でブランド化されるように公に鞭打ちされ、3番目の犯罪が30日間欠席した場合に片方の耳を失うことになりました。犯罪と4回目の犯罪のために去勢される。
  4. 奴隷法の遵守を拒否した所有者は罰金を科され、奴隷の所有権を失いました。
  5. 奴隷の家は2週間ごとに武器や盗品を探しました。違反に対する罰には、耳の喪失、ブランド化、鼻をすり抜ける、そして死が含まれていました。
  6. 奴隷は、有料の植物のトウモロコシ、エンドウ豆、米の飼育用の豚、牛、馬がボートを所有または運営したり、&#8220ネグロ布よりも細かい服を購入、販売、または着用したりすることを許可されていませんでした。

サウスカロライナ州の奴隷取締法は、1739年に黒人法によって改訂されました。これには次の改正が含まれていました。

  1. 奴隷は、書くこと、日曜日に働くこと、または夏に1日15時間以上、冬に14時間以上働くことを教えることができませんでした。
  2. 奴隷を故意に殺害すると700ポンドの罰金が科せられ、「情熱」で350ポンドの罰金が科せられました。
  3. 暴走した奴隷を隠蔽した場合の罰金は1,000ポンドで、最高1年の懲役が科せられました。
  4. 黒人または奴隷を事務員として雇用したこと、奴隷にアルコール飲料を販売または提供したこと、および奴隷に読み書きを教えることに対して、100ポンドおよび6か月の懲役の罰金が科されました。
  5. 奴隷を解放することは、証書を除いて、そして1820年以降、立法府の許可によってのみ禁止されました。

コロンビア特別区の奴隷に対する規制は、そのほとんどが政府のエリートの使用人であり、1850年代まで有効でした。一部の南部の条例と比較して、コロンビア特別区の規制は比較的穏やかでした。奴隷は彼らのサービスを雇い、彼らの主人から離れて住むことを許されました、そして自由黒人は都市に住んで学校を運営することさえ許されました。このコードは、契約書やブリーフを作成するときに参照した弁護士や事務員によってよく使用されていました。

1850年の妥協後、ワシントンD.C.内で奴隷の販売は非合法化され、コロンビア特別区での奴隷制は1862年に終了し、3,000人近くの奴隷所有者に補償が提供されました。地区の公式の印刷された奴隷取締法は、わずか1か月前に発行されました。


My Body, My Choice: Why the Principle of Bodily Autonomy Can Unite the Left

September 13, 2017

A woman dressed as the Statue of Liberty participates in a reproductive rights rally in New York City. Right now, the principle of bodily autonomy is most often invoked in the fight for reproductive justice. (Reuters / Henny Ray Abrams)

申し込む 国家

取得する 国家の週刊ニュースレター

サインアップすることにより、16歳以上であることを確認し、サポートするプログラムのプロモーションオファーを時折受け取ることに同意したことになります。 国家のジャーナリズム。あなたは私たちを読むことができます プライバシーポリシー here.

Books&Artsニュースレターに参加する

サインアップすることにより、16歳以上であることを確認し、サポートするプログラムのプロモーションオファーを時折受け取ることに同意したことになります。 国家のジャーナリズム。あなたは私たちを読むことができます プライバシーポリシー here.

申し込む 国家

プログレッシブジャーナリズムをサポートする

今すぐワインクラブにサインアップしてください。

In the face of the constant terrors brought about by the misrule of President Donald Trump and his GOP enablers, how do we organize politically? Come up with a laundry list of laudable policies? Abandon identity politics (as if there are any politics that aren’t about some form of identity)? Micro-target the needs of specific communities? The diversity of the American left is where we find our strength, but it presents challenges to organizers and sloganeers alike.

As an advocate for disability rights, I’ve been seeking ways to link my core issues to those of other groups—people who prioritize reproductive justice, racial justice, decriminalization of narcotics, queer rights, antipoverty measures, and so much more. Each of us exists at specific intersections of needs and concerns. To win, we must find ways to unite our struggles without erasing our differences. One place they connect: the need to defend bodily autonomy.

“Bodily autonomy,” as an abstract philosophical principle, dates back at least to the ancient Greek philosophers. Over the centuries, legal scholars and political philosophers have thought hard about the relationship between rights and laws, the individual and the group, and the sovereign state and the autonomous individual. In American activist circles, bodily autonomy is most often invoked around the fight for reproductive rights. But what I haven’t seen is an effort to harness this principle in a way that binds our seemingly separate movements together.

Let’s start with the disability piece. I’m the father of a boy with Down syndrome. My concerns for him and for the extended disabled community include opposition to institutionalization, forced sterilization and other eugenic practices, involuntary surgery, mandatory drug regimes, denial of rights for disabled parents, protection for disabled children from violent caregivers and teachers, and lack of accommodations for non-typical bodies. In each case, these issues require a government that refrains from coercing disabled bodies and protects disabled bodies from private coercion. Bodily autonomy extends over these seemingly quite disparate issues.

Related Article

We’re Failing Our Test Run for the Age of CRISPR

Reproductive rights has long been the most obvious place where we must empower each individual to exercise sovereignty over their bodies. Time and again, “pro-life” Democrats demand to be included within the party. Despite Democratic National Committee Chair Tom Perez’s flirtation with that faction, our response should be clear. Everyone is entitled to their beliefs and to develop practices based on those beliefs, but the government may not regulate anyone’s access to full reproductive choice. A woman exercises sovereignty over her body and that’s not subject to debate, whether we are talking about abortion, birth control, or stopping sexual violence.

Reproductive rights and disability rights are often seen as being in tension, but they don’t have to be. As recently argued by attorney and autistic activist Shain Neumeier, history shows us that allowing the government to exercise control over reproduction always goes badly for disabled people. This is most famously visible in the history of eugenic sterilization of disabled men and women in the United States, but continues in more subtle battles about whether disabled people should be allowed to have sex at all. Disability rights and reproductive rights find common ground over resisting governmental intrusion into individual reproductive decisions. The abstract principle of bodily autonomy unites rather than fragments.

Bodily autonomy can extend into other rights campaigns, protecting, for example, Americans who identify as LGBTQ. The principle supports the basic right of transgender people to access surgery, hormones, and other medical care without discrimination. Moreover, while we’ve largely decriminalized non-heterosexual sexual practice, far-right theocrats always loom, looking to find new ways to legally punish homosexuality. Vice President Mike Pence allegedly supported conversion therapy when was he running for Congress in 2000 (Pence has denied this). Bodily autonomy gives us yet another way to articulate our opposition to this barbaric practice.

Current Issue

In fact, the rights of children emerge as particularly important, beyond the troubling issue of conversion therapy. Female genital mutilation, for example, runs against the right to control one’s own body, as does pain-based corporal punishment in all contexts.

Concerned about mass incarceration and the war on drugs? The principle works here too. You have the right to put substances in your body so long as you do so in a way that does not endanger others. We’re also going to need to decriminalize sex work as part of our respect for bodily autonomy. To all the libertarians disappointed in Attorney General Jeff Sessions, welcome back to the Democratic Party.

Black lives do matter. The basic human-rights and racial-justice framing remains paramount. But if we organize around the principle that a body is sovereign to itself, we are required to push back at stop-and-frisk and to limit the use of lethal force by cops. Black bodies deserve autonomy equal to all others’.

When we prioritize rights over one’s body, we have to defend universal access to healthy food, safe housing, and clean air and water. We fight against sexual assault and torture, and defend the rights of prisoners (including disabled prisoners, an issue of special concern to me).

There’s no use in pretending that coalition building is easy. No principle, including bodily autonomy, should be adhered to absolutely, as we’re going to need compassion and flexibility in order to coalesce. We live entangled lives filled with conflicting rights and choices. At the far limits where we argue extreme cases, basic principles often break down (think free speech or pacifism, for example). But a commitment to bodily autonomy could emerge as a core tenet of today’s left-wing movements.

In this difficult time, the forces afraid of change will try to divide us. If each activist group is fixated only on one slice of policy, then we can be pushed to compete over the scraps of reform. That’s not a recipe for electoral victory, let alone for justice.

Principles reveal the places where seemingly divergent campaigns overlap. We can join together around the fight for bodily autonomy and support specific policy initiatives that might otherwise seem outside our area of activism. It’s vital for a person chiefly focused on disability rights to labor for decriminalization of narcotics. Those who want to legalize marijuana should also join the struggle for reproductive freedom. These specific agendas are, and always have been, part of the same battle.


The complex leverage of concubines

Among the most complicated “relationships” during slavery were the intimate ones between enslaved women and their white enslavers. “These relations ran the gamut from rape and sodomy to romance, from chance encounters to obsession, concubinage and even ‘marriage,’” notes Brenda E. Stevenson, a professor of history at University of California, Los Angeles.

For the most part, scholars refer to the enslaved women in these relationships as 𠇌oncubines.” Often described as attractive mixed-race women who planters saw as desirable, many worked in the domestic realm, wore finer clothing than most enslaved women and experienced their first sexual encounter as a result of this “relationship.” History has recorded the names of many such women forced to be concubines𠅊mong them, Sally Hemings and her mother Elizabeth Hemings, Corinna Omohundro, Elizabeth Ramsey and her daughter Louisa Picquet, Julia Dickson and Elizabeth Keckley. Some shared their experiences in narratives, while others’ stories appear in the autobiographies of relatives or were buried in the private papers of their enslavers. 

In North Carolina, Harriet Jacobs became one white man&aposs concubine, hid in a tiny attic garret for seven years and fled to the north, all to avoid being sexually exploited by her enslaver and to keep her children out of slavery. She later published a book called Incidents in the Life of a Slave Girl, becoming a prominent abolitionist and one of the first people to publicly broach the topic of sexual harassment of enslaved women.

We cannot know whether or not these exchanges were consensual, but we do know that enslaved women were usually the property of the men who exploited them, and this fact alone complicates our interpretation of this history. It’s hard to ignore the power dynamic involved, the often-significant age gap, the sometimes-incestuous connections or the varying social status of all people involved in these 𠇌onnections.” It’s even difficult to find appropriate nouns to describe them: “unions” and “relationships” seem presumptuous while “interactions” and 𠇎xchanges” seem benign, given that many concubines were sexually abused. 

But despite the inherent power imbalance, some enslaved women used these forced interactions to find a better space for themselves, or secure freedom for their offspring. Some might have entered (assuming they could go into these willingly) these “unions” in order to escape the auction block, the field or other work spaces. But could enslaved women 𠇎nter” such relationships? Did they have a choice? If they did, could they exercise it? What was their negotiation angle?

Foremost was their capacity to bring new lives𠅊nd laborers—into the world. In an economy where black bodies were commodities, childbearing women were crucial economic multipliers. If they reliably added to their enslaver’s net worth, perhaps they could earn small privileges for themselves and their family—such as time off to nurse newborns or care for sick children, or visit a family member at a nearby plantation. And concubines who bore children to their white enslavers could sometimes leverage those deeper familial connections to secure better situations for themselves and their offspring, such as relief from certain work assignments, the chance to be educated and eventually set free. However, enslaved women who tried to leverage this power, and these interactions, had varying degrees of success. And these strategies were not always premeditated, as many enslaved women dreaded the idea of motherhood and preferred not to bring children into a world of captivity.

Lisa Picquet haggled for months with an enslaver, trying to purchase her mother&aposs freedom. She eventually got the price dropped from $1,000 to $900.


12 Years a Slave Examines the Old South’s Heart of Darkness

The audience leaving the theater after a recent screening of 12 Years a Slave looked deeply shaken. When asked about their intense reaction to the film, some described feeling as though they had just 経験豊富 奴隷制。 The movie felt believable, they reported, due not only to the caption indicating its basis in fact, but because the settings and characters 見た authentic. Director Steve McQueen succeeded in connecting emotions to history, making viewers care about Solomon Northup's sudden descent into slavery.

Apologists may dismiss the gut-wrenching picture of human bondage drawn in 12 Years a Slave as over-the-top, Hollywood melodrama-arguing that master-slave relations were never as bad as the movie suggests-but McQueen has a convenient response: this is a movie based substantially on Solomon Northup's 1853 narrative, Twelve Years a Slave 。 At least two historians, Sue Eakin and Joseph Logsdon, have confirmed that Northup presented a remarkably accurate picture of antebellum slavery and plantation society near the Red River in Louisiana.

As indicated in both the book and movie, Solomon Northup lived as a free man with his wife and children in Saratoga Springs, New York. In 1841 two visitors tricked him into traveling to Washington, DC, to earn money in a circus. Once Northup was in the nation's capital, the men drugged him, marketed him as a slave, and earned several hundred dollars for their crime. Northup was shipped to the slave auctions of New Orleans and thereafter spent 12 years laboring in the cotton and sugar plantations of Louisiana until a white carpenter from Canada sent a communication to Northup's friends in New York. After some delay, help arrived. In 1853 Solomon Northup returned to his family as a free man.

With assistance from legal authorities, Northup endeavored to make his kidnappers pay for their crime. He failed to win convictions in a court of law, but succeeded in a broader sense. Twelve Years a Slave , written with assistance from David Wilson, a New York lawyer, became enormously popular, selling 30,000 copies. Twelve Years a Slave educated Americans about slave life in the Deep South and contributed to the growth of anti-slavery sentiment before the Civil War.

Steve McQueen's movie feels more like an unrelentingly hellish view of slavery than does Northup's book, which depicts the occasional opportunities slaves had for relief from the brutal plantation regimen-a few days during the Christmas holidays for rest, celebration, and good eating. Talented slaves could experience small degrees of liberty. On Sundays, Northup visited other locales, played his fiddle for whites at social events, and kept some of the earnings. Although McQueen portrays some of these activities, his two-hour movie cannot present the full range of observations that Northup offered in his 336-page narrative. McQueen's principal message concerns the horrors of slavery, both physical and psychological. The director cannot be faulted in this choice, for virtually all of the tragic scenes in his production are documented in Northup's book.

Much of the book and movie are devoted to the ten years that Northup (Chiwetel Ejiofor) lived and worked on the plantation of Edwin Epps, played by Michael Fassbender as a deranged sadist. In the book, Northup attributes much of Epps's violence to bouts with the bottle, but also provides enough evidence to give a director license to explore a more psychological interpretation. The movie shows Epps frequently using the whip or urging its use, a portrayal Northup's narrative supports: "It was rarely that a day passed by without one or more whippings." A "delinquent" slave who failed to bring in the requisite weight of cotton "was taken out, stripped, made to lie on the ground, face downwards, when he received a punishment proportional to the offense." McQueen dramatizes another disturbing aspect of Epps's behavior. Northup wrote about Epps's sexual exploitation of a talented slave woman, Patsey. "Her back bore the scars of a thousand stripes," wrote Northup, "because it had fallen her lot to be the slave of a licentious master and a jealous mistress."

The shortcoming in McQueen's depiction of slave life lies elsewhere. The movie's persistent focus fails to capture the small ways that slaves influenced their situations, managing to establish degrees of social and economic autonomy. Some discovered ways to negotiate relationships with masters and overseers on their own terms, and the slave community sustained its members during the harshest periods of Louisiana's cotton and sugar booms. Northup's book presents a more complex picture of slave life than does the movie, which concentrates sharply on themes of oppression and victimization.

まだ、 12 Years a Slave offers many teachable moments for historians. Attention to details in the story can open opportunities for classroom discussion.

In the film's early scenes, Northup and other chattel are shipped from Washington, DC, to the market in New Orleans as part of the interstate slave trade that historian Ira Berlin has called the "Second Middle Passage." Those relocations created profound disruption in the lives of more than a million slaves. In the movie's scenes of a slave market in New Orleans, McQueen characterizes the slaves as helpless victims, never suggesting the degree of agency over their lives that some historians have argued slaves achieved.の Soul by Soul (1999), for instance, Walter Johnson shows the ways that slaves sometimes manipulated relationships in the marketplace, influencing potential buyers through facial expressions, body language, and responses to questions.

McQueen's movie gives a brief nod to Eugene D. Genovese's influential book Roll, Jordan, Roll (1974)。 Genovese argued that religion created an important survival mechanism for the slaves. Near the end of the film, Northup suffers emotional pain while members of the slave community sing the spiritual " Roll, Jordan, Roll. " Gradually, Northup finds comfort in the music's message and adds his robust voice to the singing.

In the book and in the movie, Northup's first master is a kindly man, who treated Northup and his other slaves relatively well. Yet, rather than diminish Northup's hunger for freedom, Master Ford's generosity stoked it. The Narrative of the Life of Frederick DouglasNS, an American Slave provided a memorable and similar commentary on this idea: "I will give Mr. Freeland the credit of being the best master I ever had, till I became my own master."

Historians have long asked why so many slaveless whites, victims too of a political and economic system that favored slaveholders, defended the "peculiar institution." McQueen's film suggests that poor whites felt elevated socially through their oppressive behavior toward blacks. Northup believed southern whites acted with excessive aggression in their relationships with each other because they had long been in the habit of beating slaves. Slavery fostered a culture of violence, a fact that historians have documented extensively.

Audiences may be curious about events that occurred after the film ends. Information about Northup's last years is incomplete. He purchased property with the $3,000 he earned from sales of his book and lived for several years with his wife and son in the home of his son-in-law. The date of Northup's death is not known. Samuel Bass, the Canadian carpenter who was instrumental in Northup's rescue, remained in Louisiana. Whites living near the plantation where Northup worked did not learn about Bass's role in Northup's freedom because Northup refused to reveal Bass's name to the press. Bass died in 1853 at the home of a free black woman.

In 1863, when Union troops invaded the region of Louisiana where Northup worked, a New York lieutenant recorded in a diary that his men were in the vicinity of "old Epp's plantation," a man "made famous by the circumstance of his owning Solomon Northup." Later, when Union troops pulled out, 4,000 of the region's slaves quickly chose freedom. They marched off with the Union army.

The unique character of Northup's narrative made his book an unusually attractive subject for cinematic development. Most of the popular slave narratives of the antebellum period describe an individual's escape from slavery to freedom. Northup's case involved the unusual trajectory of freedom to slavery. Audiences can easily relate to the protagonist's situation, since Northup is depicted early in the movie as a proud, hard-working family man. The setting is 1841, but viewers cannot miss the connections to middle-class life in our times. McQueen's drama follows Northup as he descends into the hell of slavery.

Hollywood has produced several history-based films about wars and famous people in recent years, but has largely overlooked the subject of American slavery. Now, with the screening of 12 Years a Slave , curiosity about slavery in the antebellum South has been refreshed. Commentators on radio and television have been discussing the veracity and relevance of the portrayals in McQueen's film. Several movie reviewers have suggested 12 Years a Slave could receive several Oscars. Interest in Solomon Northup's once-obscure book is now intense. Electronic and print copies of his 1853 narrative are selling briskly. In recent weeks executives at the History Channel have announced they will sponsor a remake of the famous 1977 television miniseries ルーツ 。 The popularity of 12 Years a Slave evidently influenced that decision. These reactions suggest that Steve McQueen's searing depiction has engaged the public's interest in a tragic chapter from American history.


Rise of the Democrats and the Advent of Jim Crow

In 1870, the conservative Democrats gained control of the North Carolina legislature and forced Superintendent Ashley out. His replacement, Alexander McIver, did not believe in integrated schools, nor did he seem to care about African American education in general. Democrats immediately adopted an amendment mandating segregated schools and enacted legislation that transferred public school funding from a state tax to a county tax, crushing the previous Republican system. 59 The efforts of white supremacy within the Democratic party were gaining steam.

School segregation was a topic of heated debate during the Constitutional Convention of 1875. White Republicans abandoned African American legislators in the state General Assembly, leaving them no choice but to acquiesce in order to preserve the rights they had. 60 White Republicans pushed instead for &ldquomutuality,&rdquo essentially arguing that African Americans should have control over their communities separate from whites. Mutuality later morphed into a Democratic argument for segregation. Voters ratified the new state constitution in 1876, legally mandating segregated schools. 61

In the early to mid-1880s, the education system in North Carolina remained ineffective for both African Americans and poor whites. Nearly half the state&rsquos population was illiterate. Racial and class conflict bred a general animosity towards education, especially publicly funded education. Whites, in particular, did not want their taxes to help fund black education, feeling, as the Greenville Eastern Reflector wrote in 1887, that educating blacks &ldquoruined a field hand.&rdquo 62 Sharecropping had, in effect, replaced slavery and guaranteed a reliable black labor force, but education could threaten everything.

Dayton Industrial School in Carthage, Moore County around 1880s.

In 1881, the federal government began offering aid to states that met certain requirements under the Blair Bill, which &ldquocalled for a direct appropriation from the national treasury, to be distributed to the states based on illiteracy.&rdquo 63 The Republican-controlled state senate championed a series of Blair&rsquos bills over the next decade, but the Democrat-controlled house blocked their efforts every time. While Democrats did support the idea of federal aid for education, they did not believe the federal government should place requirements on that aid, especially tax increases. 64

The most ardent supporters of federal aid for education were African American legislators and educators. For example, James E. O&rsquoHara, an African American state legislator, introduced companion legislation to the Blair Bill in 1886 that died in committee. African American educator and editor Charles N. Hunter convinced Blair himself to speak on the subject of education at the Negro Fair in Raleigh on November 11, 1886. In his speech Blair proclaimed that freedmen needed &ldquoland and education&rdquo and that &ldquothe first quality of a freeman is knowledge, for knowledge is power.&rdquo 65

Political debates over federal aid raged throughout the 1880s meanwhile, the state system of educational funding through taxes became highly unequal. In 1881, the General Assembly passed a bill providing property taxes from white landowners to fund white schools and from black landowners to fund black schools. Because whites made up the vast majority of landowners in North Carolina, this bill was a boon to white schools. For example, in 1886 in New Bern, per-pupil spending at the local public schools was $11 per white student, but $5 per black student. 66 Said the Democratic Raleigh News and Observer: &ldquoEach race should be responsible for the education of its children.&rdquo 67

Though segregation and Jim Crow continued to strengthen in the state, in 1886 the state Supreme Court found the 1881 tax law unconstitutional, citing the discrepancy in public education funding based upon race. 68 White backlash over this decision reverberated throughout the state, as shown when a local paper in New Bern said,

&ldquoA constitution that will not allow the white people to tax themselves for the benefit of their schools, after they have contributed liberally to negro schools, is not the constitution that the white people of North Carolina want.&rdquo 69

During the gubernatorial campaign of 1900, Charles B. Aycock tapped into the racism of white North Carolinians and used it to his political advantage. Aycock, a Democrat who had been lauded as the state&rsquos &ldquoeducation governor,&rdquo ran on a platform of black voter disenfranchisement and universal education. After his electoral triumph in 1900, Aycock and the Democrats soon etched obstacles to voting into the state constitution.

Charles Brantley Aycock, North Carolina governor 1901-1905.

Indeed, Aycock was no progressive southerner when it came to education his intentions were directly connected to suffrage and white supremacy. According to North Carolina&rsquos grandfather clause, all white males whose ancestors could vote in 1867 would be allowed to vote, whether they were literate or not. Most African Americans could not satisfy such criteria, since free blacks were banned from voting in North Carolina in 1835, while newly freedpeople did not gain the right to vote until 1868. Moreover, any white man who could read and write by 1908 would be able to vote thereafter, yet black men faced more difficult challenges to voting, such as the threat of white violence, even if they were literate. Thus, Aycock began advocating education for poor whites in order to ease illiterate whites&rsquo fears of disenfranchisement. 70

The Aycock administration also changed the tax code as it related to education funding, placing a higher tax burden on African Americans while disproportionately allocating funds towards white schools. James Y. Joyner, a staunch ally of Aycock and the North Carolina superintendent of public instruction from 1902 to 1919, traveled the state advising local districts on how to allocate education funds to favor whites. In one letter to a local superintendent, Joyner wrote: &ldquoIn most places it does not take more than one fourth as much to run the negro schools as it does to run the white schools for about the same number of children. The salaries paid to teachers are very probably much smaller&hellipif quietly managed, the negroes will give no trouble about it.&rdquo 71

James Y. Joyner.

The gap between black and white public education in North Carolina increased dramatically. From 1904 to 1920, annual spending per white school averaged $3,442 but only averaged $500 for black schools. School terms were longer in white majority counties that levied local taxes than in black majority counties. For example, in 1914 the average term for locally taxed white counties was 137 days, compared to 120 days in black counties. 72 Funds for rural black schools in North Carolina often went instead to rural white schools: Charles More, field organizer and inspector of rural schools in North Carolina at the time, wrote the State Department of Education that,

&ldquothousands of dollars earmarked for black education had actually been spent to build schools, hire additional teachers, or increase the school term for whites.&rdquo 73

Funding discrepancies created daunting obstacles for African American teachers and students. Most African American teachers were women because their lack of education, plus the opportunity to make more money in industrial and agricultural labor, steered many African American men away from the profession. Even educated black women had few professional options, so many became educators, despite significant challenges. Historian Valinda Littlefield found that African American teachers in North Carolina were paid an average of $20 less per month than white teachers, regardless of education or experience. Black teachers faced much larger classroom sizes and were given highly inadequate resources compared to white teachers. 74 According to one contemporaneous African American teacher in North Carolina, named Lola Solice,

&ldquo[T]he only supplies black teachers received from the county were a broom and a bucket [&hellip.] [T]extbooks for the black schools were rented by African American parents, and they were always second hand books from the white schools.&rdquo 75

Conditions were so poor that white northern philanthropists, pitched by Booker T. Washington and other black southern education leaders, began to send aid to southern black schools.


5 Creole Slave Revolt

NS Creole was a slave ship headed for New Orleans with a &ldquocargo&rdquo of 135 slaves&mdashbut it would never make it to port, because there was a real-life Django on board. Madison Washington was the ship&rsquos cook and a man who&rsquod escaped from slavery once before. He&rsquod fled to Canada, but returned to Virginia to rescue his wife, Susan. Unfortunately, he was captured and sold, but he had every intention of finishing his mission.として Creole sailed through the Atlantic, Washington began making escape plans with 18 other slaves.

On the night of the rebellion, the chief mate suspected that something was going on. He confronted Washington, but the cook fought back, sparking the revolt. The rest of the slaves rushed their captors, and in the struggle, one slave and one slave owner were killed, and the captain was wounded. The slaves were now in control of the ship, and unlike the captives aboard the アミスタッド, these guys were experts in slave law, sailing, and geography. They knew their best chance was to sail for the Bahamas, a British colony where slavery was illegal. They also knew about navigation so they weren&rsquot going to be fooled like the アミスタッド slaves. They ordered the crew to take them to the Bahamas or be thrown overboard. The sailors chose wisely.

When they arrived in the Bahamas, all the slaves were freed except for Washington and his 18 conspirators, who were tried for mutiny. Fortunately, they were found not guilty and released. While the incident led the American government to create the Negro Seaman Act of 1842, which made life harder for black sailors, the story had a happy ending for Madison Washington. In a cliche straight from a Hollywood movie, it turned out that, unbeknownst to Washington, his wife had been a slave aboard the Creole the entire time, and the two were finally reunited.


What degree of choice did slaves have over their sexual autonomy? - 歴史

The Meaning of Freedom:
Black and White Responses to the End of Slavery

Confederate defeat and the end of slavery brought far-reaching changes in the lives of all Southerners. The destruction of slavery led inevitably to conflict between blacks seeking to breathe substantive meaning into their freedom by asserting their independence from white control, and whites seeking to retain as much as possible of the old order.

The meaning of freedom itself became a point of conflict in the Reconstruction South. Former slaves relished the opportunity to flaunt their liberation from the innumerable regulations of slavery.

Immediately after the Civil War, they sought to give meaning to freedom by reuniting families separated under slavery, establishing their own churches and schools, seeking economic autonomy, and demanding equal civil and political rights .


Slave Resistance and Uprisings

ストーノ暴動

One notable uprising that became known as the Stono Rebellion took place in South Carolina in September of 1739. A literate slave named Jemmy led a large group of slaves in an armed insurrection against white colonists, killing several before militia stopped them. The militia suppressed the rebellion after a battle in which both slaves and militiamen were killed, and the remaining slaves were executed or sold to the West Indies.

Jemmy is believed to have been taken from the Kingdom of Kongo, an area where the Portuguese had introduced Catholicism. Other slaves in South Carolina may have had a similar background: Africa-born and familiar with whites. If so, this common background may have made it easier for Jemmy to communicate with the other slaves, enabling them to work together to resist their enslavement even though slaveholders labored to keep slaves from forging such communities.

In the wake of the Stono Rebellion, South Carolina passed a new slave code in 1740 called An Act for the Better Ordering and Governing of Negroes and Other Slaves in the Province—also known as the Negro Act of 1740. This law imposed new limits on slaves’ behavior, prohibiting slaves from assembling, growing their own food, learning to write, and traveling freely.

The New York Conspiracy Trials of 1741

Eighteenth-century New York City contained many different ethnic groups, and conflicts among them created strain. In addition, one in five New Yorkers was a slave, and tensions ran high between slaves and the free population, especially in the aftermath of the Stono Rebellion. These tensions burst forth in 1741.

That year, 13 fires broke out in the city, one of which reduced the colony’s Fort George to ashes. Ever fearful of an uprising among enslaved New Yorkers, the city’s whites spread rumors that the fires were part of a massive slave revolt in which slaves would murder whites, burn the city, and take over the colony. The Stono Rebellion was only a few years in the past, and throughout British America, fears of similar incidents were still fresh. Searching for solutions and convinced slaves were the principal danger, nervous British authorities interrogated almost 200 slaves and accused them of conspiracy. Rumors that Roman Catholics had joined the suspected conspiracy and planned to murder Protestant inhabitants of the city only added to the general hysteria. Very quickly, 200 people were arrested, including a large number of the city’s slave population.

After a quick series of trials at City Hall, known as the New York Conspiracy Trials of 1741, the government executed 17 New Yorkers. Thirteen black men were publicly burned at the stake, while the others (including four whites) were hanged. Seventy slaves were sold to the West Indies. Little evidence exists to prove that an elaborate conspiracy, like the one white New Yorkers imagined, actually existed. The events of 1741 in New York City illustrate the racial divide in British America, where panic among whites spurred great violence against and repression of the feared slave population. In the end, the Conspiracy Trials furthered white dominance and power over enslaved New Yorkers.

The New York Conspiracy Trials of 1741: In the wake of a series of fires throughout New York City, rumors of a slave revolt led authorities to convict and execute 30 people, including 13 black men who were publicly burned at the stake.