ケネディ大統領が平和部隊の法律に署名

ケネディ大統領が平和部隊の法律に署名



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

冷戦外交政策の重要な勝利で、ジョンF.ケネディ大統領は平和部隊を恒久的な政府機関として設立する法律に署名しました。ケネディは、平和部隊が共産主義との戦いにおいて新しくユニークな武器を提供できると信じていました。

1960年の大統領選挙で、民主党のジョンF.ケネディ候補は米国の外交政策を活性化することを約束しました。彼は、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領の政権が、特にいわゆる第三世界諸国に関して、共産主義の脅威に対処することにおいて停滞し、想像を絶するようになったと非難した。 1961年1月の就任直後、ケネディは新しく積極的な外交政策の約束を果たしました。 1961年3月1日、彼は平和部隊を設立する大統領命令を出しました。ケネディが説明したように、この新しい組織は、ラテンアメリカ、アフリカ、アジアなどの発展途上国に派遣され、それらの人々を支援する民間のボランティア(教師、エンジニア、農業科学者など)の「軍隊」になります。地域。

ケネディは、発展途上国の人々の生活を改善することによって、共産主義の魅力に抵抗し、アメリカの誠実さと彼らを助ける能力を確信するようになることを望んでいました。しかし、議会の多くは納得していませんでした。プログラムはかなり高額な値札を運びました。参加者はボランティアでしたが、彼らは基本的な自給自足、そしてもっと重要なことに、彼らが支援するために送られた人々を助けるための道具とお金を必要としました。議会の一部の議員は、それを新しいリボンに包まれた高価な広報策、外国援助(議会やアメリカ国民にこれまで人気がなかった)と見なしていました。しかし、このプログラムは実際に人気のある魅力を持っていることが判明しました。人々がより良い作物を育てたり、学校を建てたり、井戸を建設したりするのを助けるために外国での貧困に勇敢に立ち向かう理想主義的な若いアメリカ人についての話は、米国にとって良い広報資料でした。 1961年9月、議会は平和部隊を恒久的に設立する法律を可決しました。次年度の4000万ドルの予算が承認されました。

1961年以降、何千人もの平和部隊のボランティアが世界中に派遣されました。無関心に直面した人もいれば、危険に直面した人もいました。しかし、ほとんどの場合、平和部隊の「軍隊」は、米国にとって価値があり、比較的安価な冷戦兵器であることが証明されました。ほとんどの国は理想主義的なボランティアを歓迎し、彼らの労働は何十万人もの人々のより良い生活を作るのに役立ちました。平和部隊はもはや共産主義に対する武器とは見なされていませんが、生活を改善するというその目標は損なわれていません。


フルブライト・ヘイズ法1961年

NS フルブライト・ヘイズ法1961年 正式には 1961年の相互教育文化交流法 (Pub.L. 87–256、75Stat。527)。これは、アメリカ合衆国上院議員J.ウィリアムフルブライト(D-AR)によってマーシャルされ、1961年9月16日に第87回アメリカ合衆国議会で可決されました。同月、1961年の外国援助法と1961年の平和部隊法が制定されました。

  • ハウスで紹介なので H.R. 8666 ウェイン・ヘイズ(D–OH) オン 1961年8月31日
  • による委員会の検討下院外交委員会、上院外交委員会
  • 上院を通過 1961年7月14日(S. 1154の代わりに79-5)
  • 家を通過した 1961年9月6日(329-66)
  • に関する合同会議委員会による報告 1961年9月15日 上院が合意した 1961年9月15日(合意) と家によって 1961年9月16日(合意)
  • 大統領が法に署名ジョンF.ケネディオン 1961年9月21日

この法律は、1961年9月21日にジョンF.ケネディ大統領によって制定されました。[1]


9月22日のドキュメント: 大統領命令10924:平和部隊の設立

大統領命令10924、国務省における平和部隊の設立と管理、1961年3月1日米国政府記録グループ11国立アーカイブの一般記録。

1961年3月1日、ケネディ大統領は平和部隊を設立するこの大統領命令に署名しました。 1961年9月22日、議会は平和部隊を正式に承認した法律を承認しました。平和部隊の目標は次のとおりです。1)関心のある国や地域の人々が訓練を受けた労働者のニーズを満たすのを助ける2)ボランティアが奉仕した国のアメリカ人の理解を深めるのを助ける3)他の国の人々の理解を深めるのを助けるアメリカ人の側で。
詳細については、ドキュメントをご覧ください。
今日のドキュメントTumblrブログで新しいドキュメントを共有、コメント、提案する

昨日の文書: 9月21日
北朝鮮の亡命者からのMiG-15

明日のドキュメント: 9月23日
リトルロックの危機

PDFファイルには無料のAdobeReaderが必要です。
Adobe Acrobat PDFファイルの詳細については、アクセシビリティページをご覧ください。

今日の文書6月25日:大統領命令8802


創設の瞬間

大統領選挙運動の1日の後、ジョンF.ケネディ上院議員は、国際的なボランティア組織の設立を提案するのではなく、睡眠を取るために1960年10月14日午前2時にミシガン大学アナーバーに到着しました。 。報道関係者は、何も面白いことが起こらないと信じて、その夜のために引退した。

しかし、大学の1万人の学生が大統領候補の話を聞くのを待っていました。そして、ミシガン連合の階段で、公共サービスの大胆な新しい実験が開始されました。集まった学生たちは、将来の大統領が挑戦を発表するのを聞いた。彼らの何人が、発展途上国に住み、働くことによって、彼らの国と平和の大義に奉仕することをいとわないだろうかと彼は尋ねた。

その反応は迅速かつ熱狂的であり、1961年以来、24万人以上のアメリカ人がこの永続的な挑戦に応えてきました。そしてそれ以来、平和部隊はアイデアの力がどのように国全体の想像力を捕らえることができるかを示してきました。

ミシガン大学で立ち上げたアイデアに続いて、ケネディ大統領は1961年3月1日に平和部隊を設立する大統領命令に署名しました。3日後、R。サージェントシュライバーが初代所長になりました。展開は迅速でした。ボランティアは1961年に5か国で奉仕を開始しました。6年弱で、シュライバー監督は55か国で14,500人以上のボランティアを擁するプログラムを開発しました。

ケネディの発言の全文

&quotハーバード大学東部ミシガン大学の卒業生として、あなたに感謝の意を表したいと思います。

&quot私は今夜ここに来て、過去3週間に予定されているこのキャンペーンについて1つか2つの言葉を話す機会を得てうれしく思います。

「多くの点で、これは1933年以来最も重要なキャンペーンであると思います。これは主に、米国を圧迫する問題と、1960年代に私たちに提示される機会のためです。大統領の判断、行政府の活力、そして議会の協力を通じて、機会をとらえなければならない。これらを通して、私たちは可能な限り最大の違いを生み出すことができると思います。

&quot医師になる予定のあなたのうち、ガーナでの日々を喜んで過ごす人は何人いますか?技術者やエンジニア、あなたの何人が外国人サービスで働き、世界中を旅して人生を過ごすことをいとわないでしょうか? 1年か2年の奉仕だけでなく、人生の一部をこの国に貢献したいというあなたの意欲は、自由な社会が競争できるかどうかという答えにかかっていると思います。できると思います!そして、私はアメリカ人が貢献する用意があると思います。しかし、その努力は私たちがこれまでに行ったよりもはるかに大きくなければなりません。

「したがって、私はミシガン、この大学に来ることを嬉しく思います。なぜなら、この学校にそれらのリソースがない限り、あなたがあなたに求められていることの性質を理解しない限り、この国はおそらく次の10年間を移動することができないからです。相対的な強さの期間。

&quotだから私は今夜ここに来て寝ます!しかし、私も今夜ここに来て、あなたに努力に参加するように頼みます。

&quotこの大学。これは私がこれまでに行った中で最も長い短いスピーチです。したがって、私はそれを終了します!結論として、この大学は、卒業生が人生の闘いにおいて経済的優位性を持つのを助けるためだけに、卒業生や州によって維持されているわけではありません。確かにもっと大きな目的があります、そして私はあなたがそれを認識していると確信しています。つきましては、本キャンペーンへのご支援を賜りますようお願い申し上げます。私は今夜​​ここに来て、次の10年にわたるこの国へのあなたの支援を求めます。


グリーンベレー

ジョン・F・ケネディ大統領は、対反乱作戦と不正規戦争の実施における米国国防総省の能力を高めるための彼の努力において先見の明を持っていました。彼は、専制的反乱との闘いにおける米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」の独自の能力と価値を認識し、自由のための彼の世界的なイニシアチブで彼らの優位性を確保しました。

1961年10月12日、大統領はフォートブラッグと陸軍特殊部隊の本拠地である米陸軍特殊部隊を訪問しました。彼らの会合の過程で、大統領はウィリアム・P・ヤーボロー准将に次のように尋ねました。緑色のベレー帽はどうですか?」ヤーボロー将軍は、「彼らは元気です、サー。ずっと欲しかった」と語った。

ヤーボロー将軍と彼の「グリーンベレー帽」による印象的な能力のデモンストレーションの後、最高司令官は将軍にメッセージを送りました。

この古いが新しい形態の作戦の挑戦は現実のものであり、あなたとあなたの司令部のメンバーは、価値があり、刺激的な方法で私たちと自由な世界のために続けていくと私は知っています。緑色のベレー帽は、これからの試練の時代の際立った特徴になると確信しています。

その後まもなく、大統領は「グリーンベレー帽」をすべての米陸軍特殊部隊の公式ヘッドギアとして承認し、これらの型破りな戦​​士はその後、「グリーンベレー帽」として知られるようになりました。

大統領はさらに、1962年4月11日付けの米国陸軍への公式ホワイトハウス覚書の発行において、特殊部隊に対する彼の絶え間ない支持を示しました。自由のための戦いにおける区別の印。」

大統領が運命的にフォートブラッグを訪れてから2年以内に、グリーンベレーは現役の4つの追加グループと、州兵および陸軍特殊部隊の4つの新しいグループによってランクを拡大しました。 Green Beretsは、すでにいくつかの海外拠点で活動しており、すぐにさらに多くの国に展開され、ヨーロッパからアジア、中南米、アフリカ大陸に至るまで、世界中でより強力に展開されました。

しかし、暗い雲が1963年11月22日に特殊部隊と米国に降りてきました。大統領の早すぎる死後数時間以内に、ケネディ家の親しいメンバーは、グリーンベレーが彼の葬式のために名誉警備隊に参加することを要求しました。特殊部隊センターは、翌日、46のグリーンベレー帽がワシントンDCに旅行するようにとの命令をすぐに発表しました。

大統領の葬式の日に、その派遣団の主要メンバーであるフランシス・ラディ曹長は、自分のグリーンベレー帽を外し、大統領の墓に厳粛に置きました。この緑色のベレー帽は現在、ジョンF.ケネディ大統領図書館の博物館に常設展示されており、ケネディ大統領を記念して、すべての特殊部隊の兵士、特に国に奉仕している間に命を落とした兵士を記念して展示されています。現在、ノースカロライナ州フォートブラッグにあるジョンF.ケネディ特別戦センターアンドスクールは、陸軍の特別作戦大学として機能しています。

その後数十年間、グリーンベレー帽はアーリントン国立墓地の墓にグリーンベレー帽をかぶることでケネディ大統領を称えました。これは今日まで続く名誉ある伝統です。


平和部隊、ベトナムは歴史的な合意を祝う

平和部隊長のジョディ・オルセンは、平和部隊とベトナム教育訓練省との間の実施協定の署名を祝うイベントに出席します。

ワシントン–平和部隊長のジョディ・K・オルセンは本日、国務省でのレセプションに出席し、平和部隊と教育訓練省との間で英語教育における平和部隊プログラムを正式に設立するための実施協定のベトナムによる署名を祝った。

アメリカ合衆国とベトナム社会主義共和国との外交関係樹立25周年を記念したこのイベントには、東アジア局のデビッド・ヘイル国務次官補が含まれていました。太平洋問題のデビッド・スティルウェル、駐米ベトナム大使ハ・キム・ノック、国務次官補ホアン・ティ・タン・ガ。

ベトナムは、1961年にジョンF.ケネディ大統領によって平和部隊が設立されて以来、平和部隊のボランティアを受け入れる143番目の国になります。

「この歴史的なパートナーシップに参加できることに興奮しています」とオルセン所長は述べています。 「私は、平和部隊のボランティアに心、学校、家を開放してくれた人々とベトナム政府に光栄に思い、深く感謝しています。このプログラムは、異文化交流と能力開発に重点を置いており、何世代にもわたって両国の人々に利益をもたらすでしょう。」

平和部隊ベトナムは英語教育に焦点を当てます。ベトナムに到着後、ボランティアは2年間の任務を与えられる前に、3か月間の包括的な文化、言語、技術のトレーニングを受けます。平和部隊の最初のクラスのボランティアは、2022年半ばにベトナムに到着し、訓練を完了し、9月初旬に学年度が始まるときに奉仕を開始する準備が整う予定です。

オルセン所長は来週、ハノイから原本が届いたときに実施協定に署名する予定です。ベトナム教育訓練副大臣は本日、ダニエル・クライテンブリンク米国大使とのレセプションでハノイでこれらの文書に署名しました。プログラムの枠組みを確立した国別協定は、2016年に署名されました。

「平和部隊のボランティアは隣人と一緒に暮らし、働き、平和と友情を追求するために人々を結びつけています」とオルセン所長は言いました。 「これは、ベトナムのパートナーと平和部隊の家族にとって特別な機会です。」


56b。ケネディのニューフロンティア


ジョン・F・ケネディの若々しい外見、陽気な家族、そして魅力的な態度は、これまでほとんど大統領がやったことのないようなアメリカの想像力を捉えました。ここでは、ケネディは妻のジャクリーンと2人の子供であるジョンとキャロラインとポーズをとります。

アーサー王やグィネヴィアのように、ダイナミックな若いリーダーと彼の美しい花嫁が国を率いました。ホワイトハウスは彼らの故郷であり、アメリカは彼らの王国でした。彼らはジョンF.とジャクリーンケネディでした。

1960年の選挙でリチャード・ニクソンがきしむと、ジョンF.ケネディは米国に新たな挑戦を打ち出しました。彼の就任演説で、彼は仲間のアメリカ人に「あなたの国があなたのために何ができるかを尋ねないでください-あなたがあなたの国のために何ができるかを尋ねてください」と挑戦しました。


1960年代後半にアメリカの宇宙飛行士が月に到着したとき、宇宙における地球の位置は劇的な新しい視点から見られました。月面への最初の着陸は1969年まで行われませんでしたが、この「地球の出」の写真は1968年のアポロ8号のデータ収集ミッションで撮影されました。

「トーチは新世代のアメリカ人に受け継がれた」と宣言し、若くてかっこいいケネディは大胆かつ誇らしげに勇敢に就任した。多くのアメリカ人は、新しく結成された平和部隊に参加するか、社会正義に向けて取り組むためにアメリカで志願することによって彼の呼びかけに応えました。国は団結し、前向きで、前向きでした。フロンティアはそれほど遠くありませんでした。

最新のフロンティアは宇宙でした。 1957年、ソビエト連邦は、軌道上に配置された最初の衛星であるスプートニク号を打ち上げ、アメリカ人に衝撃を与えました。議会は、アイゼンハワー大統領の下に米国航空宇宙局(NASA)を創設することで対応しました。ケネディが就任したとき、ユナイテッドスペースはさらに遅れをとった。ソビエトはすでに犬を宇宙に配置しており(マスコミにとっては「mutnik」)、ケネディの最初の年に、ソビエトの宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンは地球を周回する最初の人間になりました。


ジョンF.ケネディは公民権運動を支持し、ミシシッピ大学へのジェームズメレディスの入学を支持しました。彼の出席に対する激しい反対がいつでも噴火する可能性があることへの恐れは、メレディスが米国の元帥によってクラスに護衛されなければならないことにつながりました。

ケネディは、10年の終わりまでに月に人を置くようにアメリカの人々と政府に挑戦しました。議会はその努力に数十億ドルを充当することで熱心に対応した。ケネディ政権の間に、アランシェパードは宇宙に入る最初のアメリカ人になり、ジョングレンは地球を周回する最初のアメリカ人になりました。 1969年、ニールアームストロングが月に足を踏み入れた最初の人間になったとき、多くの人がケネディ大統領の挑戦について考えました。

国内では、ケネディは自由民主党のルーズベルトとトルーマンの伝統をある程度続けた。彼は最低賃金を引き上げ、社会保障給付を増やす法律に署名した。彼は精神疾患の研究のために資金を調達し、貧しい農村地域を開発するために資金を割り当てました。彼は、ジェームズ・メレディスのミシシッピ大学への入学の試みを支持し、彼の司法長官であるロバート・ケネディ兄弟に南部のフリーダム・ライダーを保護するよう命じることにより、公民権運動の承認を示しました。


わずか184ポンドの重さのスプートニクは、世界初の人工衛星でした。 1957年にロシアが打ち上げた結果、米国に米国航空宇宙局(NASA)がほぼ即座に設立されました。 「宇宙開発競争」が始まった。

しかし、ケネディのより革命的な提案のほとんどは、保守的な議会で衰退しました。彼は何百万エーカーもの荒野を開発から保護したかったが、議会は拒否した。小学校と中学校に連邦資金を提供する彼の努力は否定された。国の高齢者に健康保険を提供する彼のメディケア計画は、必要な支援を達成することができませんでした。議会は、ニューディールをこれ以上拡大することを拒否した共和党と保守的な南部民主党の連立によって支配されていました。

ケネディは略称の大統領職で、国内で望んでいたことをすべて達成できませんでした。しかし、彼が支持したアイデアと提案は彼の暗殺を生き延びました。メディケア、教育に対する連邦政府の支援、および荒野の保護はすべて、リンドンジョンソンの偉大な社会の一部になりました。

リーハーヴェイオズワルドは1963年11月にケネディを暗殺しました。彼の死は、これらの重要なプログラムに人気のある任務を提供しました。その後の激動の年に、多くの人が幸せなケネディの年を切望し、キャメロットに戻ってきました。


リーダーシップ

キャロル・スパーン

キャロル・スパーン

局長代理

キャロル・スパーンは平和部隊の代理ディレクターを務めています。

彼女は25年以上の公的および民間部門の経験を持ち、中小企業の発展から感染症の予防や女性のエンパワーメントに至るまで、世界中の国々で働いてきました。

最近では、キャロルはアフリカ東部と南部をカバーするアフリカ地域の平和部隊の最高執行責任者を務めました。以前は、平和部隊/マラウイのカントリーディレクターとして5年間の任期を務めました。

キャロルの平和部隊のルーツは、1994年から1996年までルーマニアでボランティアとして奉仕し、スモールビジネスアドバイザーを務めたことにまでさかのぼります。

キャロルは、カントリーディレクターとして平和部隊に戻る前は、紛争の影響を受けた国々で社会的に疎外され、社会的に疎外されている女性に奉仕する組織であるWomen for WomenInternationalのオペレーション担当上級副社長を務めていました。それ以前は、アフリカの健康に優れた持続可能なセンターを作ることに焦点を当てた非営利団体であるAccordia Global HealthFoundationの事務局長を務めていました。彼女は、開発途上国の中小企業に投資する非営利のプライベートエクイティファンドマネージャーである中小企業支援ファンドの副社長、最高財務責任者、および財務担当者を務めました。彼女はまた、GEキャピタルやKPMGピートマーウィックなどの主要な民間機関で役職を歴任しました。

キャロルは、アメリカカトリック大学で学士号を取得し、ジョージワシントン大学エリオット国際問題大学院で国際開発の修士号を取得しています。

米国政府

米国大統領は平和部隊長と副長官を任命し、その任命は米国上院によって確認されなければならない。平和部隊の過去の理事についてもっと読む。

平和部隊は、1961年3月1日に大統領命令によりジョン・F・ケネディ大統領によって最初に設立され、1961年9月22日に議会によって正式に承認され、平和部隊法が可決されました。

平和部隊は議会で超党派の支持を楽しんでいます。上院議員と両党の代表がボランティアを務めました。

上院外交委員会と下院外交委員会は、平和部隊の活動とプログラムの全般的な監督を担当しています。平和部隊の年間予算は、議会の予算と歳出プロセスによって毎年決定されます。平和部隊への資金提供は、州、外国の作戦、および関連プログラムの歳出法案に含まれています。一般的に、平和部隊の予算は海外事業予算の約1パーセントです。平和部隊は、特に健康、安全、セキュリティの分野で、ボランティアに最高品質のサポートを提供するために継続的に取り組んでいます。

平和部隊についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。オフィスとサポートの連絡先情報を取得します。


進歩のための同盟と平和部隊、1961年から1969年

ラテンアメリカにおけるソビエトとキューバの影響力の増大に対する恐れから成長した1961年から1969年の進歩のための同盟は、本質的にラテンアメリカのマーシャルプランでした。米国は200億ドルの支援(助成金と融資)を約束し、ラテンアメリカ政府に自国の経済に800億ドルの投資資金を提供するよう求めました。それはそれまでの発展途上国に向けた最大の米国の援助プログラムであり、ラテンアメリカの制度の大幅な改革を求めた。

ワシントンの政策立案者は、同盟を資本主義の経済成長を阻止し、最貧のラテンアメリカ人を助けるための社会改革に資金を提供し、民主主義を促進し、米国とその近隣諸国との関係を強化する手段と見なしました。同盟の重要な要素は、この地域の友好的な政権に対する米軍の支援でした。これは、1963年後半にリンドンB.ジョンソン大統領が政権を握ったことで目立つようになりました(同盟の他の構成要素が軽視されたため)。同盟は、その高い目標をすべて達成したわけではありません。ある研究によると、1960年代のラテンアメリカの経済成長のわずか2%が貧困層に直接利益をもたらし、1960年代の終わりまでに米国とラテンアメリカの関係は全般的に悪化しました。

1961年に設立されたとき、「ケネディのキディ隊」と嘲笑された人もいましたが、平和部隊は時とともに重要な外国の政策立案機関であることが証明されました。平和部隊は、第三世界で最も必要とされている分野で経済的および社会的開発の仕事をするために、知的で勤勉で理想主義的な若いアメリカ人を派遣することによって(2年間のツアーで)、若いアメリカ人が世界について学びますが、前向きな変化を促進します。かなりの数の平和部隊のボランティアが、米国政府の役人として働き続けました。

平和部隊は依然として重要で活気のある外交政策機関です。平和部隊の創設以来、187,000人以上の男性と女性が平和部隊に参加し、139か国で奉仕しています。現在、世界73か国に7,749人の平和部隊ボランティアが奉仕しています。


公民権に向けた暫定的なステップ

キューバとベトナムでの米国の政策を導いた冷戦の懸念も、人種平等に向けたケネディ政権の歩みを動機付けました。法的な人種差別と広範な差別が、アフリカ、アジア、ラテンアメリカで同盟を結ぶ可能性を損なうことを認識し、連邦政府は1960年代にアフリカ系アメリカ人の公民権を確保するための取り組みを強化しました。ケネディは大統領選挙運動中に公民権への支持を表明し、公民権指導者のマーティンルーサーキングジュニアの釈放を確保するための努力が彼にアフリカ系アメリカ人の投票を勝ち取った。しかし、議会での広範な支持がなく、白人の南部人を怒らせないことを切望していたケネディは、完全な市民権のための戦いでアフリカ系アメリカ人を支援することに慎重でした。

彼の最も強い焦点は、アフリカ系アメリカ人の投票権を確保することでした。ケネディは、南部の白人民主党員からの支持が失われ、公民権をめぐる闘争が彼の外交政策の議題と1964年の再選に与える影響を恐れた。しかし、彼は有権者登録がボイコット、座り込み、そして、過去数年間にそのような激しい世界的なメディア報道を生み出した統合行進。ケネディは、連邦裁判所が有権者の投票登録を保証するためにレフェリーを任命することを許可した1960年の公民権法の議会の可決に後押しされ、人頭税を非合法化する憲法改正案の可決に焦点を合わせました。アフリカ系アメリカ人の有権者の権利を剥奪します。トルーマン大統領の公民権委員会によって最初に提案されたこのアイデアは、アイゼンハワーの在任中にほとんど忘れられていました。しかし、ケネディはそれを復活させ、保守的なフロリダ上院議員であるスペサード・ホーランドに議会で提案された修正案を紹介するよう説得した。それは両方の議会を通過し、1962年9月に批准のために州に送られました。

ジェームズ・メレディス(中央)は、米国の元帥と公民権担当の副検事総長に付き添われて、白人南部人の激しい抗議をめぐってミシシッピ大学に入学しました。メレディスはその後、1966年に「恐怖に反対する行進」を試み、アフリカ系アメリカ人南部の投票不能に抗議した。通りすがりの運転手が彼を撃って負傷させたとき、彼の散歩は終わりました。 (クレジット:米国議会図書館)

ケネディはまた、教育の平等を求める公民権運動の要求にも応えました。たとえば、アフリカ系アメリカ人の学生であるジェームズメレディスが、ケネディの演説に勇気づけられて、1962年に隔離されたミシシッピ大学に入学しようとしたとき、キャンパスで暴動が発生しました。大統領は、司法長官である兄のロバートが派遣した米連邦保安官を支援するために、米陸軍と国家警備隊をミシシッピ州オックスフォードに派遣することで対応した。

1963年に2人のアフリカ系アメリカ人学生、ビビアンマローンとジェームズフッドが入学を試みたときのアラバマ大学での同様の暴力に続いて、ケネディは連邦政府に学校の人種差別を強制し、公共施設での人種差別を禁止するより大きな力を与える法案で応えました。雇用における差別を非合法化します。ケネディは、1964年の公民権法としてリンドンジョンソン政権の間に法案が成立するのを見るために生きることはありませんでした。


ガイド付きの歴史

フィデル・カストロ(左)とジョン・F・ケネディ(右)

マニーポーラによる研究ガイド

1960年代初頭のキューバを含むシナリオは、冷戦のユニークなポイントを示しました。アメリカ合衆国の海岸からわずか90マイル離れた小さな島であるキューバは、フィデル・カストロという独裁者によって率いられました。米国を安全に保つために彼に反対したのはジョン・F・ケネディ大統領でした。冷戦におけるキューバの重​​要性と位置付けについては議論の余地があります。キューバはソビエト連邦の単なるポーンでしたか?カストロは本当に脅威でしたか?ケネディの政策と行動によれば、カストロの政権がこの戦争において非常に重要なプレーヤーであると彼が信じていたことは明らかです。 1960年代初頭を通して、主要なイベントがキューバのカストロ政権に注目を集めました。キューバミサイル危機とピッグス湾侵攻の試みは、世界的な注目を集めた2つの主要な出来事でした。しかし、キューバに対するケネディの外交政策を深く調べることは、彼がカストロに置いた重要性の大きさを示しています。この調査ガイドは、誤解や陰謀を明らかにし、カストロに対するケネディの行動の実際の方針と世論に注目することを目的としています。

ジョン・F・ケネディについて話し合うとき、陰謀に陥らないようにするのは難しいです。彼の生と死はいくつかの本、映画、ドキュメンタリーの話題であり、多くの場合、事実は歪められています。この予備調査ガイドは、主に1990年代後半にCIAからリリースされた機密解除されたドキュメントに焦点を当てています。さまざまなアーカイブやライブラリを使用すると、陰謀を回避し、確固たる証拠に基づいて意見をまとめることが簡単になります。焦点は、事実を調べて、ケネディがカストロに夢中になっている理由を判断することです。公開された文書のいくつかは、暗殺計画の試み、政権を打倒するための秘密作戦、そしてより有名なピッグス湾の侵略に焦点を当てています。この期間に時々無視される歴史学の一部は、この問題に関する世論です。ケネディの行動に関する世論は、当時のさまざまな人気新聞からの一次資料に見ることができます。なぜケネディはキューバの小さな島に集中して時間を無駄にするのでしょうか?彼らが独裁者を恐れたとき、世界は米国をどのように認識しますか?人々は、ケネディがカストロに夢中になっているように見える理由に興味を持っていました。一般的な概要のセクションに含まれている本は、米国とキューバの関係の長い歴史への政策、イベント、および背景知識への洞察を提供します。この背景情報は、ケネディがカストロ政権にそのような重点を置いた理由を明らかにするのに役立つかもしれません。彼らがアメリカの土壌にとても近かったからでしょうか?それとも、カストロを削除して、彼が支配していることをソ連に示す方法でしたか?この調査ガイドは、摩擦から事実を解読するだけでなく、これらのいくつかの質問に答えようとするための情報源を提供します。

ケネディ大統領がとった政策と行動の重要性は、冷戦の最も記憶に残る重要な出来事のいくつかを生み出しました。これらの政策はたまたまフィデル・カストロと彼のキューバ政権に向けられたものであり、それがカストロに対するケネディの行動が非常に重要である理由です。

キューバで可能なミサイルの射程を描いた写真

1.フセイン、アイヤズ。 &#8220キューバでのコバート行動と米国冷戦戦略、1961-62。&#8221 冷戦の歴史 5、いいえ。 1(2005年2月):23-53

This source sheds light on the declassified documents that were released in 1997 that covered the Kennedy administration’s role in Cuban from 1961 to 1962. Examining the declassified documents allow for further knowledge of the policy towards Cuba during these crucial years of the Cold War. Furthermore, major questions can be raised from this source including whether a second Bay of Pig project would have been attempted. Also, Operation Mongoose and other covert actions are highlighted which would provide abundant background information on the Kennedy policy towards Castro and Cuba.

2. Suchlicki, Jaime. Cuba: from Columbus to Castro and Beyond。 Washington: Brassey’s, 1997: 137-195.

When trying to understand the policies under John F. Kennedy it is vital to comprehend the relationship between Cuba and the United States beforehand. Suchlicki’s work provides good background knowledge crucial in making sense of the various policies. More specifically it includes background knowledge about Castro’s revolution and the American involvement throughout the rise of the Castro regime.

3. Kennedy, Robert F. Thirteen Days: A Memoir of the Cuban Missile Crisis, New York: W. W. Norton and Company, Inc., 1971.

Robert Kennedy’s memoir on the events of the Cuban Missile Crisis gives an insightful look into the actions and views of his brother John F. Kennedy. This will provide more firsthand accounts behind the relationship between Castro and Kennedy during one the most important events of their relationship.

4. Rasenberger, Jim. The Brilliant Disaster: JFK, Castro, and America’s Doomed Invasion of Cuba’s Bay of Pigs, New York: Scribner. 2011.

The history presented here by Rasenberger draws important connections to the importance of the public during the crucial years of the 1960s. Rasenberger uses the declassified documents and focuses his attention on Kennedy, Castro, and some of the other major figures during this time. Furthermore he draws upon the two most famous previous books about the Bay of Pigs. Most importantly, this source raises an important issue about whether ideology and morality should play a role in government decision making. Moreover, this source from a contemporary journalist ties in well with the article from the Chicago Tribune in the 1960s.

5. Barrass, Gordon. The Great Cold War: A Journey Through the Hall of Mirrors, California : Stanford University Press. 2009年。

The work done by Barrass in this book provides several insights into the Cold War. This source is not specifically focused on US and Cuba relations however, Barrass does talk about the subject significantly because of its tremendous importance. Furthermore, Barrass worked for the British intelligence during some of the most crucial years of the Cold War so this book provides an insider’s perspective. Lastly, the focus throughout the book is placed on the key policy makers and strategists of the Cold War.

This collection of declassified documents provides ample amounts of primary documents from the Kennedy administration and the CIA. Moreover, the site allows for plenty of research and insight into the major moments of the Castro and Kennedy relationship including the Bay of Pigs and Cuban Missile Crisis.

Two Examples from the site

This link leads to a this large document of close to 400 pages focuses on the American foreign policy with Cuba released in 1998.

This source leads to a report that documents the CIA’s internal probe of the Bay of Pigs Affair. This source provides insight behind how the Kennedy administration operated before, during, and after the Bay of Pigs failure.

Public protest over Cuba situation

1. McGovern, George. “Is Castro an Obsession With Us?: A Senator says emphatically yes–and claims it does scant justice to our dignity as a world leader and masks the real causes of the Latin-American crisis. Is Castro an Obsession?” ニューヨークタイムズ, May 19, 1963.

This primary newspaper source provides a more personal account of how the country was feeling about Cuba at the time. The article at some points attacks Kennedy and states that he obsessed with Castro. Moreover, the article goes as far as to say that Kennedy’s obsession is actually making the country appear weaker to the rest of the world and even to Americans.

2. “U. S. Urged: Help Unseat Fidel: State Dept. Aid Says It’s Up to Cubans.” シカゴトリビューン, September 9, 1963.

This article in the Chicago Tribune highlights another area of public opinion. The focus for this article was to show that the American policy was to help the Cubans overthrow Fidel Castro. The urgency came from Latin American officials and a Cuban exile. Also, these officials mention the moral duty of Americans as a great people to help the Cuban exiles regain their country. These two newspaper articles vary the point of view and provide for an argument about how the Cuban situation was viewed by the general public.

3. Healy, Robert. “The Political Circuit: Cuba Critics Losing Steam.” ボストングローブ, April 19 th , 1963.

This newspaper article includes the ideas and thoughts of senators around the US about what Kennedy was doing with Cuba. The most important part of the article was Senator Keating criticizing Kennedy about his failure to communicate his policy on Cuba to the public. This provides the amount of confusion the public felt about what was going on with President Kennedy and his policies.

4. Farris, Fred. “Kennedy Won’t Dicker on Inspection: Tells Soviet Castro Must Agree–Soon, or Face Tougher Measures.” ボストングローブ, November 5 th , 1962.

This article can be valuable because it was written shortly after the Cuban Missile Crisis. While the crisis was over this article still shows the tension between all the parties involved. Moreover, the article demonstrates that the public was still seeing a dangerous scenario unfold. This source provides a look into how Kennedy was perceived by the journalists and public shortly after the Cuban Missile Crisis had ended.

The archive at GWU provides various declassified documents as well as electronic briefing books. The subsections offered by the site include Latin America and US Intelligence Community which provides the sources needed for research on the topic. The organization from the archive allows for plenty of information to be found in a timely manner.

These various examples from the GWU archive demonstrate the other possibility for the Kennedy administration which was to bring Castro to the American side. This topic is less known than the major moments of the Cold War, for example the Bay of Pigs, but it does provide a look into the secretive and ever- changing approach Kennedy took to Castro. Moreover, this type of paper would benefit from various different parts of the foreign policy. Solely focusing on the major events and policy would not do justice for all the Kennedy administration had planned concerning Cuba.

This source provides several audio clips and the manuscripts for some of conversations about the Cuban Missile Crisis. The clips include candid conversations between John Kennedy and his brother Robert as well as conversations between Kennedy and several officials.

This audio clip demonstrates the severity of the events in Cuba. The conversation between JFK and his brother Robert about a full invasion of Cuba shows how serious the foreign policy options were getting. The two understood that if an invasion of Cuba were to occur that the Soviet Union would respond and a war would have been brought to American shores.

The online library collection given by the University of Texas has several declassified documents on the major moments of the relationship between Kennedy and Castro. The difference with this source is that it provides an updated look at the Cuban Missile Crisis and the Cold War events for the 50 th anniversary of the crisis. This allows for a more modern look at the moments that could have changed the world.

This press release from the National Archive and JFK library explains the new exhibit that commemorates the 50th Anniversary of the Cuban Missile Crisis. This source is important because of the video that includes brief audio tapes from the president.

The digital archive of the JFK Library gives several primary sources from the President himself. The searches with the digital archive include several papers written by the President and audio and visual tapes.

While the previous sources all dealt with the American foreign policy towards Cuba during the early 1960s, this source from the Wilson Center actually provides some insight into what Castro was thinking in Cuba. This source contains a collection of primary sources “mainly from Cuban archives and in Spanish” from the years 1961 to 1979. The documents deal with the secret agreements made between the USSR and Cuba as well as some of the Cuban foreign policy at that time. Moreover, the source includes letters, resolutions, memorandums, and even minutes of conversations.

This printed version of the conversation between Mikoyan and Castro shows how Castro was disappointed about the removal of missiles from Cuba without his participation in the discussion. Castro puts much of the focus on how the crisis affected his people and how the Cuban people became very confused. This draws a parallel between Castro’s relationship with his people and Kennedy’s relationship with Americans (the newspaper sources). This source was from the Russian Foreign Ministry archives. Because Cuba is still a Communist nation getting primary sources from them is very difficult so most of the sources from this archive come from Russia.

This source is actually written in Spanish so it is more important as a source because it was not translated (translation of a text usually involves some interpretation even if not intended). This source presents the discussion between Castro and USSR officials in Cuba after the crisis. The conversation ranges from several different topics including Cuba and its importance to Marxism to the possibility of economic sanctions placed against Cuba by the United States. Moreover, it shows how Castro emphatically placed central importance on protecting the Cuban people.